2021/04/02 更新

写真a

オオタガキ シュンゴ
太田垣 駿吾
OTAGAKI Shungo
所属
大学院生命農学研究科 植物生産科学専攻 植物生産科学 講師
職名
講師
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(農学) ( 2010年3月   北海道大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 園芸学

  2. エピジェネティクス

  3. 次世代シーケンサー

  4. 植物ウイルスベクター

研究分野 1

  1. 環境・農学 / 園芸科学  / トマト,バラ,リンゴ,果実形質,花弁形質

経歴 3

  1. 名古屋大学大学院生命農学研究科園芸科学研究室   講師

    2018年1月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学大学院生命農学研究科 園芸科学研究分野   助教

    2012年4月 - 2017年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 国立遺伝学研究所   特任研究員

    2010年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 1

  1. 北海道大学   大学院農学院   生物資源科学専攻

    - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 2

  1. 園芸学会

  2. 育種学会

 

論文 13

  1. RNA-seq Analysis of Meristem Cells Identifies the FaFT3 Gene as a Common Floral Inducer in Japanese Cultivated Strawberry

    Koembuoy Khoem, Hasegawa Shiori, Otagaki Shungo, Takahashi Hirokazu, Nagano Soichiro, Isobe Sachiko, Shiratake Katsuhiro, Matsumoto Shogo

    HORTICULTURE JOURNAL   89 巻 ( 2 ) 頁: 138 - 146   2020年

  2. Dissecting promoter of InMYB1 gene showing petal-specific expression

    Azuma Mirai, Oshima Yoshimi, Sakamoto Shingo, Mitsuda Nobutaka, Ohme-Takagi Masaru, Otagaki Shungo, Matsumoto Shogo, Shiratake Katsuhiro

    PLANT BIOTECHNOLOGY   35 巻 ( 3 ) 頁: 243 - 248   2018年9月

  3. Tomato ATP-Binding Cassette Transporter SlABCB4 Is Involved in Auxin Transport in the Developing Fruit. 査読有り

    Ofori PA, Geisler M, di Donato M, Pengchao H, Otagaki S, Matsumoto S, Shiratake K

    Plants (Basel, Switzerland)   7 巻 ( 3 )   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/plants7030065

    PubMed

  4. Genome-wide analysis of ATP binding cassette (ABC) transporters in tomato 査読有り

    Ofori PA, Mizuno A, Suzuki M, Martinoia E, Reuscher S, Aoki K, Shibata D, Otagaki S, Matsumoto S, Shiratake K

    PLOS ONE   13 巻 ( 7 ) 頁: e0200854   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0200854

    Web of Science

    PubMed

  5. Upregulation of MdMYB110a is responsible for ABA-mediated colouration of type 2 red-fleshed apples 査読有り

    Sato H*, Otagaki S*, Ono Y, Shiratake K, Matsumoto S (*equally contributed)

    The Journal of Horticultural Science and Biotechnology     2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/14620316.2018.1452638

  6. Genome structure of Rosa multiflora, a wild ancestor of cultivated roses 査読有り

    Nakamura N, Hirakawa H, Sato S, Otagaki S, Matsumoto S, Tabata S, Tanaka Y

    DNA RESEARCH   25 巻 ( 2 ) 頁: 113-121   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/dnares/dsx042

    Web of Science

    PubMed

  7. Varietal differences in phenolic compounds metabolism of type 2 red-fleshed apples 査読有り

    Sato H*, Otagaki S*, Saelai P, Kondo S, Shiratake K, Matsumoto S (*equally contributed)

    SCIENTIA HORTICULTURAE   219 巻   頁: 1-9   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.scienta.2017.02.041

    Web of Science

  8. Functional analyses of cultivated strawberry FT and TFL1 homologs 査読有り

    Koembuoy K., Nakajima R., Otagaki S., Kurokura T., Takahashi H., Nakazono M., Shiratake K., Matsumoto S.

    VIII INTERNATIONAL STRAWBERRY SYMPOSIUM   1156 巻   頁: 95-102   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.17660/ActaHortic.2017.1156.13

    Web of Science

  9. Corrigendum: Enhancement of RNA-directed DNA methylation of a transgene by simultaneously downregulating a ROS1 ortholog using a virus vector in Nicotiana benthamiana 査読有り

    Otagaki S, Kasai M, Masuta C, Kanazawa A

    Frontiers in genetics   8 巻   頁: 5   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fgene.2017.00005

    PubMed

  10. The petal-specific InMYB1 promoter functions by recognizing petaloid cells 査読有り

    Azuma M, Mitsuda N, Goto K, Oshima Y, Ohme-Takagi M, Otagaki S, Matsumoto S, Shiratake K

    Plant and Cell Physiology   57 巻 ( 3 ) 頁: 580-587   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Molecular genetic studies on the continuous-flowering roses that are not originated from Rosa chinensis 査読有り

    Horibe T, Yamada K, Otagaki S, Matsumoto S, Kawamura K

    Acta Horticulturae     頁: 185-192   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.17660/ActaHortic.2017.1156.13

  12. Virus-mediated efficient induction of epigenetic modifications of endogenous genes with phenotypic changes in plants 査読有り

    Akira Kanazawa, Jun-ichi Inaba, Hanako Shimura, Shungo Otagaki, Sayuri Tsukahara, Akihiro Matsuzawa, Bo Min Kim, Kazunori Goto, Chikara Masuta

    the plant journal   65 巻 ( 1 ) 頁: 156-168   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Rapid induction of transcriptional and post-transcriptional gene silencing using a novel Cucumber mosaic virus vector 査読有り

    Shungo Otagaki, Makoto Arai, Kazunori Goto, Jin-Sung Hong, Chikara Masuta, Akira Kanazawa

    Plant Biotechnology   23 巻 ( 3 ) 頁: 259-265   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 3

  1. リンゴの自家摘果性に寄与する植物ホルモンの探索

    太田垣駿吾

    第10回超異分野学会  2021年3月6日  株式会社リバネス

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  2. 画像解析によるバラ花弁形状の定量評価

    小林宏輔,落合正樹,白武勝裕,松本省吾,太田垣駿吾

    園芸学会令和3年度春季大会  2021年3月27日  園芸学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  3. リンゴFYPr606系統が示す側果特異的離層形成機構の解析

    山田真子,伊藤朱里,金丸京平,山口維尚,小嶋美紀子,竹林裕美子,榊原均,白武勝裕,松本省吾,太田垣駿吾

    園芸学会令和3年度春季大会  2021年3月28日  園芸学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

科研費 1

  1. 内在性プロモーターの機能改変による良着色赤果肉リンゴ品種作出に向けた基盤研究

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 5

  1. 園芸科学特論

    2020

  2. 生物学実験

    2020

  3. 資源生物科学科基盤実験実習

    2020

  4. 資源生物科学実験実習

    2020

  5. データサイエンス4

    2020