2021/04/01 更新

写真a

カミヤ ユキコ
神谷 由紀子
KAMIYA Yukiko
所属
大学院工学研究科 生命分子工学専攻 分子生命化学 准教授
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(薬学) ( 2008年3月   名古屋市立大学 ) 

研究キーワード 12

  1. 結晶構造解析

  2. 細胞内輸送

  3. 糖鎖

  4. 核酸医薬

  5. 核酸化学

  6. 品質管理

  7. レクチン

  8. siRNA

  9. RNA結合タンパク質

  10. RNAi

  11. NMR

  12. miRNA

研究分野 7

  1. ライフサイエンス / 薬系化学、創薬科学  / 核酸医薬

  2. ライフサイエンス / 薬系分析、物理化学  / 核酸, タンパク質

  3. ナノテク・材料 / 生物分子化学  / 核酸, タンパク質

  4. ライフサイエンス / 薬系衛生、生物化学

  5. ナノテク・材料 / 生体化学  / Bio-functional chemistry

  6. ライフサイエンス / 構造生物化学

  7. ナノテク・材料 / ケミカルバイオロジー  / Chemical biology

▼全件表示

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 機能性核酸を用いたRNAi機構の分子基盤の解明

  2. 核酸医薬開発

経歴 7

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科 生命分子工学専攻 分子生命化学   准教授

    2017年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   大学院工学研究科 物質制御工学専攻 有機材料設計   准教授

    2016年4月 - 2017年3月

  3. 名古屋大学   未来材料・システム研究所   講師

    2015年10月 - 2016年3月

      詳細を見る

    備考:(改組による)

  4. 名古屋大学   エコトピア科学研究所   講師

    2013年4月 - 2015年9月

  5. 名古屋大学   大学院工学研究科   助教

    2012年1月 - 2013年3月

  6. 自然科学研究機構 分子科学研究所   特任助教

    2009年4月 - 2011年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 自然科学研究機構 分子科学研究所   研究員

    2008年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋市立大学   大学院薬学研究科   創薬生命科学専攻

    2005年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋市立大学   薬学部

    - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 16

  1. 日本化学会

  2. 高分子学会

  3. 日本薬学会

  4. タンパク質科学会

  5. NMR討論会

  6. 糖質学会

  7. 生化学会

  8. 日本核酸医薬学会

  9. NMR討論会

  10. 糖質学会

  11. 生化学会

  12. 日本薬学会

  13. 日本核酸医薬学会

  14. 日本核酸化学会

  15. 日本化学会

  16. タンパク質科学会

▼全件表示

受賞 7

  1. 名古屋大学 令和元年度「女性研究者トップリーダー顕彰」

    2019年   名古屋大学  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 日本化学会第94春季年会 優秀講演賞

    2014年4月   日本化学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 第23回バイオ・高分子シンポジウム 若手研究者奨励講演賞

    2013年7月   高分子学会 バイオ・高分子研究会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. 第77回日本生化学会中部支部例会 日本生化学会中部支部奨励賞

    2013年5月   日本生化学会中部支部  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  5. 糖鎖科学名古屋拠点 若手奨励賞

    2010年3月   糖鎖科学名古屋拠点  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  6. 特定領域研究「タンパク質の社会」平成20年度全体班会議 ポスター優秀賞

    2008年   特定領域研究「タンパク質の社会」  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  7. 日米合同糖質会議 ポスター賞

    2004年   日本糖質学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 59

  1. Development and Modification of Pre-miRNAs with a FRET Dye Pair for the Intracellular Visualization of Processing Intermediates That Are Generated in Cells 招待有り 査読有り 国際誌

    Kamiya Yukiko, Kamimoto Hiroshi, Zhu Hongyu, Asanuma Hiroyuki

    SENSORS   21 巻 ( 5 )   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/s21051785

    Web of Science

  2. Intrastrand backbone-nucleobase interactions stabilize unwound right-handed helical structures of heteroduplexes of L-aTNA/RNA and SNA/RNA 査読有り 国際誌

    Kamiya Yukiko, Satoh Tadashi, Kodama Atsuji, Suzuki Tatsuya, Murayama Keiji, Kashida Hiromu, Uchiyama Susumu, Kato Koichi, Asanuma Hiroyuki

    COMMUNICATIONS CHEMISTRY   3 巻 ( 1 )   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s42004-020-00400-2

    Web of Science

  3. Investigation of Strand-Selective Interaction of SNA-Modified siRNA with AGO2-MID 査読有り 国際誌

    Kamiya Yukiko, Takeyama Yuuki, Mizuno Tomonari, Satoh Fuminori, Asanuma Hiroyuki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   21 巻 ( 15 )   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms21155218

    Web of Science

    PubMed

  4. Incorporation of Pseudo-complementary Bases 2,6-Diaminopurine and 2-Thiouracil into Serinol Nucleic Acid (SNA) to Promote SNA/RNA Hybridization 査読有り 国際誌

    Kamiya Yukiko, Sato Fuminori, Murayama Keiji, Kodama Atsuji, Uchiyama Susumu, Asanuma Hiroyuki

    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL   15 巻 ( 8 ) 頁: 1266 - 1271   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asia.201901728

    Web of Science

    PubMed

  5. Development of Visible-Light-Responsive RNA Scissors Based on a 10-23 DNAzyme. 査読有り 国際誌

    Kamiya Y, Arimura Y, Ooi H, Kato K, Liang XG, Asanuma H

    Chembiochem : a European journal of chemical biology   19 巻 ( 12 ) 頁: 1305 - 1311   2018年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cbic.201800020

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. DNA Microcapsule for Photo-Triggered Drug Release Systems. 査読有り 国際誌

    Kamiya Y, Yamada Y, Muro T, Matsuura K, Asanuma H

    ChemMedChem   12 巻 ( 24 ) 頁: 2016 - 2021   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cmdc.201700512

    Web of Science

    PubMed

  7. Introduction of 2,6-Diaminopurines into Serinol Nucleic Acid Improves Anti-miRNA Performance. 査読有り 国際誌

    Kamiya Y, Donoshita Y, Kamimoto H, Murayama K, Ariyoshi J, Asanuma H

    Chembiochem : a European journal of chemical biology   18 巻 ( 19 ) 頁: 1917 - 1922   2017年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cbic.201700272

    Web of Science

    PubMed

  8. A triplex-forming linear probe for sequence-specific detection of duplex DNA with high sensitivity and affinity 査読有り 国際誌

    Chen Yanglingzhi, Murayama Keiji, Kashida Hiromu, Kamiya Yukiko, Asanuma Hiroyuki

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   56 巻 ( 40 ) 頁: 5358 - 5361   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d0cc01865a

    Web of Science

    PubMed

  9. Designer Biopolymers: Self-Assembling Proteins and Nucleic Acids 国際誌

    Sugawara-Narutaki Ayae, Kamiya Yukiko

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   21 巻 ( 9 )   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms21093276

    Web of Science

    PubMed

  10. Crystallographic snapshots of the EF-hand protein MCFD2 complexed with the intracellular lectin ERGIC-53 involved in glycoprotein transport 査読有り 国際誌

    Satoh Tadashi, Nishio Miho, Suzuki Kousuke, Yagi-Utsumi Maho, Kamiya Yukiko, Mizushima Tsunehiro, Kato Koichi

    ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION F-STRUCTURAL BIOLOGY COMMUNICATIONS   76 巻 ( Pt 5 ) 頁: 216 - 221   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1107/S2053230X20005452

    Web of Science

    PubMed

  11. Improved secretion of glycoproteins using an N-glycan-restricted passport sequence tag recognized by cargo receptor 査読有り 国際誌

    Yagi Hirokazu, Yagi-Utsumi Maho, Honda Rena, Ohta Yusaku, Saito Taiki, Nishio Miho, Ninagawa Satoshi, Suzuki Kousuke, Anzai Takahiro, Kamiya Yukiko, Aoki Kazuhiro, Nakanishi Mahito, Satoh Tadashi, Kato Koichi

    NATURE COMMUNICATIONS   11 巻 ( 1 ) 頁: 1368 - 1368   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-020-15192-1

    Web of Science

    PubMed

  12. The DNA Duplex as an Aqueous One-Dimensional Soft Crystal Scaffold for Photochemistry 査読有り 国際誌

    Asanuma Hiroyuki, Murayama Keiji, Kamiya Yukiko, Kashida Hiromu

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   91 巻 ( 12 ) 頁: 1739 - 1748   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/bcsj.20180278

    Web of Science

  13. Bifacial Nucleobases for Hexaplex Formation in Aqueous Solution 査読有り 国際誌

    Kashida Hiromu, Hattori Yuhei, Tazoe Kaho, Inoue Tadashi, Nishikawa Keiji, Ishii Kentaro, Uchiyama Susumu, Yamashita Hayato, Abe Masayuki, Kamiya Yukiko, Asanuma Hiroyuki

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   140 巻 ( 27 ) 頁: 8456 - 8462   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.8b02807

    Web of Science

    PubMed

  14. Strand-invading linear probe combined with unmodified PNA 査読有り 国際誌

    Aasanuma, H.; Niwa, R.; Akahane, M.; Murayama, K.; Kashida, H.; Kamiya, Y.

    Bioorg. Med. Chem.   ( 24 ) 頁: 4129-4137   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmc.2016.06.055

  15. Dynamics of Inter-DNA Chain Interaction of Photoresponsive DNA 査読有り 国際誌

    Nakasone, Y.; Ooi, H.; Kamiya, Y.; Asanuma, H.; Terazima, M.

    J. Am. Chem. Soc.   29 巻 ( 138 ) 頁: 9001-9004   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.6b02525

  16. Terminus-free siRNA prepared by photo-crosslinking activated via slicing by Ago2 査読有り 国際誌

    Yukiko Kamiya, Kazuki Iishiba, Tetsuya Doi, Kouki Tsuda, Hiromu Kashida, Hiroyuki Asanuma

    Biomaterials Science   12 巻 ( 3 ) 頁: 1534-1538   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C5BM00231A

  17. Isotope effect on the circular dichroism spectrum of methyl α-D-glucopyranoside in aqueous solution 査読有り 国際誌

    Kanematsu, Y.; Kamiya, Y.; Matsuo, K.; Gekko, K.; Kato, K.; Tachikawa, M.

    Scientific Reports   ( 5 ) 頁: 17900   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep17900

  18. Forcible destruction of severely misfolded mammalian glycoproteins by the non-glycoprotein ERAD pathway 査読有り 国際誌

    Ninagawa, S.; Okada, T.; Sumitomo, Y.; Horimoto, S.; Sugimoto, T.; Ishikawa, T.; Takeda, S.; Yamamoto, T.; Suzuki, T.; Kamiya, Y.; Kato, K.; Mori, K.

    J. Cell Biol.   ( 211 ) 頁: 775-784   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Redox-coupled structural changes of the catalytic a' domain of protein disulfide isomerase 査読有り 国際誌

    Inagaki Koya, Satoh Tadashi, Yagi-Utsumi Maho, Le Gulluche Anne-Charlotte, Anzai Takahiro, Uekusa Yoshinori, Kamiya Yukiko, Kato Koichi

    FEBS LETTERS   589 巻 ( 19 ) 頁: 2690-2694   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.febslet.2015.07.041

    Web of Science

  20. Ultrasensitive Molecular Beacon Designed with Totally Serinol Nucleic Acid (SNA) for Monitoring mRNA in Cells. 査読有り 国際誌

    Murayama K, Kamiya Y, Kashida H, Asanuma H

    Chembiochem : a European journal of chemical biology   16 巻 ( 9 ) 頁: 1298-301   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cbic.201500167

    PubMed

  21. Molecular design of Cy3 derivative for highly sensitive in-stem molecular beacon and its application to the wash-free FISH 査読有り 国際誌

    Kashida Hiromu, Osawa Takuya, Morimoto Kazuhiro, Kamiya Yukiko, Asanuma Hiroyuki

    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY   23 巻 ( 8 ) 頁: 1758-1762   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmc.2015.02.030

    Web of Science

  22. Highly sensitive and robust linear probe for detection of mRNA in cells 査読有り 国際誌

    Asanuma, H.; Akahane, M.; Niwa, R.; Kashida, H.; Kamiya, Y.

    Angew. Chem. Int. Ed.   54 巻   頁: 4315-4319   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Synthetic gene involving azobenzene-tethered T7 promoter for the photocontrol of gene expression by visible light 査読有り 国際誌

    Kamiya, Y.; Takagi, T.; Ooi, H.; Ito, H.; Liang, X.G.; Asanuma, H.

    ACS Synth. Biol.   4 巻   頁: 365-370   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Enhancement of Stability and Activity of siRNA by Terminal Substitution with Serinol Nucleic Acid (SNA) 査読有り 国際誌

    Kamiya Yukiko, Takai Junya, Ito Hiroshi, Murayama Keiji, Kashida Hiromu, Asanuma Hiroyuki

    CHEMBIOCHEM   15 巻 ( 17 ) 頁: 2549-2555   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cbic.201402369

    Web of Science

  25. Recent advances in glycoprotein production for structural biology:toward tailored design of glycoforms 招待有り 査読有り 国際誌

    Kamiya, Y.; Satoh T.; Kato, K.

    Current Opinion in Structural Biology   ( 26 ) 頁: 44-53   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  26. EDEM2 initiates mammalian glycoprotein ERAD by catalyzing the first mannose trimming step 査読有り 国際誌

    Ninagawa, S.; Okada, T.; Sumitomo, Y.; Kamiya, Y.; Kato, K.; Horimoto, S.; Ishikawa, T.; Takeda, S.; Sakuma, T.; Yamamoto, T.; Mori, K.

    J. Cell Biol.   206 巻   頁: 347-356   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. De Novo Design of Functional Oligonucleotides with Acyclic Scaffolds 査読有り 国際誌

    Asanuma, H.; Kashida, H.; Kamiya, Y.

    Chem. Rec.     頁: -   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/tcr.201402040

  28. Light-driven DNA nanomachine with a photoresponsive molecular engine 査読有り 国際誌

    Kamiya, Y.; Asanuma, H.

    Accounts of Chemical Research   47 巻   頁: 1663-1672   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  29. Selective labeling of mature RISC using siRNA carrying fluorophore-quencher pair 査読有り 国際誌

    Kamiya, Y.; Ito, A.; Ito, H.; Urushihara, M.; Takai, J.; Fujii, T.; Liang, X.G.; Kashida, H.; Asanuma, H.

    Chem. Sci.   ( 4 ) 頁: 4016-4021   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Application of metabolic 13C labeling in conjunction with high-field NMR spectroscopy for comparative conformational analysis of high mannose-type oligosaccharides 査読有り 国際誌

    Kamiya, Y.; Yanagi, K.; Kitajima, T.; Yamaguchi, T.; Chiba, Y.; Kato, K.

    Biomolecules   ( 3 ) 頁: 108-123   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Endoplasmic reticulum lectin XTP3-B inhibits endoplasmic reticulum-associated degradation of a misfolded α1-antitrypsin variant 査読有り 国際誌

    Fujimori, T.; Kamiya, Y.; Nagata, K.; Kato, K.; Hosokawa, N.

    FEBS J.   ( 280 ) 頁: 1563-1575   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Terminal Spin Labeling of a High-mannose-type Oligosaccharide for Quantitative NMR Analysis of Its Dynamic Conformation 査読有り 国際誌

    Yamaguchi, T.; Kamiya, Y.; Choo, Y.M.; Yamamoto, S.; Kato, K.

    Chem. Lett.   ( 42 ) 頁: 544-546   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. An archaeal homolog of proteasome assembly factor functions as a proteasome activator 査読有り 国際誌

    Kumoi, K.; Satoh, T.; Murata, K.; Hiromoto, T.; Mizushima, T.; Kamiya, Y.; Noda, M.; Uchiyama, S.; Yagi, H.; Kato, K.

    PLoS ONE   ( 8 ) 頁: e60294   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. The unfolded protein response transducer ATF6 represents a novel transmembrane-type endoplasmic reticulum-associated degradation substrate requiring both mannose trimming and SEL1L protein. 査読有り 国際誌

    Horimoto, S.; Ninagawa, S.; Okada, T,; Koba, H.; Sugimoto, T.; Kamiya, Y.; Kato, K.; Takeda, S.; and Mori, K.

    J. Biol. Chem.   ( 288 ) 頁: 31517-31527   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Ero1-α and PDIs constitute a hierarchical electron transfer network of endoplasmic reticulum oxidoreductases 査読有り 国際誌

    Araki,K.; Iemura, S.; Kamiya, Y.; Ron, D.; Kato, K.; Natsume, T.; and Nagata, K.

    J. Cell Biol.   ( 202 ) 頁: 861-874   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Molecular and structural basis for N-glycan-dependent determination of glycoprotein fates in cells 査読有り 国際誌

    Y. Kamiya, T. Satoh, and K. Kato

    Biochimica et Biophysica Acta - General Subjects   1820 巻   頁: 1327-1337   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  37. NMR characterization of the interaction between the PUB domain of peptide:N-glycanase and ubiquitin-like domain of HR23 査読有り 国際誌

    Y. Kamiya, Y. Uekusa, A. Sumiyoshi, H. Sasakawa, T. Hirao, T. Suzuki, and K. Kato

    FEBS Letter   586 巻   頁: 1141-1146   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. N-Glycosylation Profiles of Chicken Immunoglobulin Y Glycoproteins Expressed by Different Production Vehicles 査読有り 国際誌

    Sachiko Kondo, Hirokazu Yagi, Yukiko Kamiya, Akihiko Ito, Motoki Kuhara, Ayako Kudoh, Noriko Takahashi, Koichi Kato

    Journal of Glycomics and lipidmics     頁: S5   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Overexpression of a Homogeneous Oligosaccharide with 13C Labeling by Genetically Engineered Yeast Strain 査読有り 国際誌

    Y. Kamiya, S. Yamamoto, Y. Chiba, Y. Jigami, and K. Kato

    Journal of Biomolecular NMR   50 巻   頁: 397-401   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Structural and Molecular Basis of Carbohydrate-Protein Interaction Systems as Potential Therapeutic Targets 査読有り 国際誌

    Y. Kamiya, M. Yagi-Utsumi, H. Yagi, and K. Kato

    Current Pharmaceutical Design   17 巻   頁: 1672-1684   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  41. The role of MRH domain-containing lectins in ERAD 査読有り 国際誌

    Hosokawa Nobuko, Kamiya Yukiko, Kato Koichi

    GLYCOBIOLOGY   20 巻 ( 6 ) 頁: 651-660   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/glycob/cwq013

    Web of Science

  42. Structural Basis for the Cooperative Interplay between the Two Causative Gene Products of Combined Factor V and Factor VIII Deficiency 査読有り 国際誌

    M. Nishio, Y. Kamiya, T. Mizushima, S. Wakatsuki, H. Sasakawa, K. Yamamoto, S. Uchiyama, M. Noda, A.R. McKay, K. Fukui, H.P. Hauri, and K. Kato

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   107 巻   頁: 4034-4039   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. 糖鎖によるタンパク質社会の秩序維持 査読有り 国際誌

    神谷由紀子、加藤晃一

    化学工業   61 巻   頁: 23-31   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  44. Redox-Dependent Domain Rearrangement of Protein Disulfide Isomerase Coupled with Exposure of its Substrate-Binding Hydrophobic Surface 査読有り 国際誌

    O. Serve*, Y. Kamiya*, A. Maeno*, M. Nakano*, C. Murakami, H. Sasakawa, Y. Yamaguchi, T. Harada, E. Kurimoto, M. Yagi-Utsumi, T. Iguchi, K. Inaba, J. Kikuchi, O. Asami, T. Kajino, T. Oka, M. Nakasako, and K. Kato(*These authors contributed equally to this work)

    Journal of Molecular Biology   396 巻   頁: 361-374   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. EDEM1 Accelerates the Trimming of α1,2-linked Mannose on the C Branch of N-glycans 査読有り 国際誌

    N. Hosokawa, .L. Tremblay, B. Sleno, Y. Kamiya, I. Wada, K. Nagata, K. Kato, and A. Herscovics

    Glycobiology   20 巻   頁: 567-575   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. MANNOSE 6-PHOSPHATE RECEPTOR HOMOLOGY DOMAIN-CONTAINING LECTINS IN MAMMALIAN ENDOPLASMIC RETICULUM-ASSOCIATED DEGRADATION 査読有り 国際誌

    Hosokawa Nobuko, Kato Koichi, Kamiya Yukiko

    METHODS IN ENZYMOLOGY, VOL 480: GLYCOBIOLOGY   480 巻   頁: 181-197   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0076-6879(10)80010-2

    Web of Science

  47. Sugar-binding activity of the MRH domain in the ER alpha-glucosidase II beta subunit is important for efficient glucose trimming 査読有り 国際誌

    Hu Dan, Kamiya Yukiko, Totani Kiichiro, Kamiya Daiki, Kawasaki Norihito, Yamaguchi Daisuke, Matsuo Ichiro, Matsumoto Naoki, Ito Yukishige, Kato Koichi, Yamamoto Kazuo

    GLYCOBIOLOGY   19 巻 ( 10 ) 頁: 1127-1135   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/glycob/cwp104

    Web of Science

  48. Human OS-9, a Lectin Required for Glycoprotein ERAD, Recognizes Mannose-Trimmed N-glycans 査読有り 国際誌

    N. Hosokawa*, Y. Kamiya*, D. Kamiya, K. Kato, and K. Nagata (*Both authors contributed equally to this work)

    Journal of Biological Chemistry   284 巻   頁: 17061-17068   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. 糖鎖認識を介した糖タンパク質の細胞内運命の決定機構 査読有り 国際誌

    神谷由紀子、加藤晃一

    生物物理   49 巻   頁: 62-69   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  50. Defining the Glycan Destruction Signal for Endoplasmic Reticulum-Associated Degradation 査読有り 国際誌

    Quan Erin M., Kamiya Yukiko, Kamiya Dailki, Denic Vladimir, Weibezahn Jimena, Kato Koichi, Weissman Jonathan S.

    MOLECULAR CELL   32 巻 ( 6 ) 頁: 870-877   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.molcel.2008.11.017

    Web of Science

  51. Deletion of 3 residues from the C-terminus of MCFD2 affects binding to ERGIC-53 and causes combined factor V and factor VIII deficiency 査読有り 国際誌

    Nyfeler Beat, Kamiya Yukiko, Boehlen Francoise, Yamamoto Kazuo, Kato Koichi, de Moerloose Philippe, Hauri Hans-Peter, Neerman-Arbez Marguerite

    BLOOD   111 巻 ( 3 ) 頁: 1299-1301   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2007-09-112854

    Web of Science

  52. Molecular Basis of Sugar Recognition by the Human L-type Lectins ERGIC-53, VIPL and VIP36 査読有り 国際誌

    Y. Kamiya, D. Kamiya, K. Yamamoto, B. Nyfeler, H.P. Hauri, and K. Kato

    Journal of Biological Chemistry   183 巻   頁: 1857-1861   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. 細胞内レクチンによる糖タンパク質の輸送と品質管理の構造基盤 査読有り 国際誌

    神谷由紀子、加藤晃一

    蛋白質 核酸 酵素   53 巻   頁: 1662-1669   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  54. 920 MHz Ultra-High Field NMR Approaches to Structural Glycobiology 査読有り 国際誌

    K. Kato, H. Sasakawa, Y. Kamiya, M. Utsumi, M. Nakano, N. Takahashi, and Y. Yamaguchi

    Biochimica et Biophysica Acta-General Subjects   1780 巻   頁: 619-625   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  55. Structural views of glycoprotein-fate determination in cells 査読有り 国際誌

    Kato Koichi, Kamiya Yukiko

    GLYCOBIOLOGY   17 巻 ( 10 ) 頁: 1031-1044   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/glycob/cwm046

    Web of Science

  56. Fbs1 Protects the Malfolded Glycoproteins from the Attack of Peptide:N-glycanase 査読有り 国際誌

    Y. Yamaguchi, T. Hirao, E. Sakata, Y. Kamiya, E. Kurimoto,Y. Yoshida, T. Suzuki, K. Tanaka, and K. Kato

    Biochemical and Biophysical Research Communications   362 巻   頁: 712-716   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Sugar recognition by intracellular lectins that determine the fates of glycoproteins 査読有り 国際誌

    Kamiya Yukiko, Kato Koichi

    TRENDS IN GLYCOSCIENCE AND GLYCOTECHNOLOGY   18 巻 ( 102 ) 頁: 231-244   2006年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  58. Sugar-Binding Properties of VIP36, an Intracellular Animal Lectin Operating as a Cargo Receptor 査読有り 国際誌

    Y. Kamiya, Y. Yamaguchi, N. Takahashi, Y. Arata, K. Kasai, Y. Ihara, I. Matsuo, Y. Ito, K. Yamamoto, K. Kato

    Journal of Biological Chemistry   280 巻   頁: 37178-82   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. NMRを利用した糖鎖構造生物学 査読有り

    神谷由紀子、山口芳樹、加藤晃一

    糖鎖科学の新展開-機能解明・次世代型材料・医薬品開発に向けて-(谷口直之、伊藤幸成編) エヌ・ティー・エス     頁: 76-83   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

▼全件表示

書籍等出版物 8

  1. 医薬品開発における中分子領域(核酸医薬・ペプチド医薬)の開発戦略

    神谷由紀子( 担当: 分担執筆)

    株式会社 情報機構  2019年10月 

     詳細を見る

    担当ページ:33-42   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. ナノマテリアルとしての光応答性DNA

    浅沼浩之, 神谷由紀子( 担当: 共著)

    エヌ・ティー・エス  2018年12月  ( ISBN:9784860435356

     詳細を見る

    担当ページ:581-587   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. 非環状骨格型人工核酸:aTNA, SNA

    神谷由紀子, 村山恵司, 樫田 啓, 浅沼浩之( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2016年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. Conformational dynamics of oligosaccharides characterized by paramagnetism-assisted NMR spectroscopy in conjunction with molecular dynamics simulation

    Zhang, Y.; Yamaguchi, T.; Yagi-Utsumi, M.; Kamiya, Y.; Sakae, Y.; Okamoto, Y.; Kato, K.( 担当: 共著)

    Springer (Switzerland)  2014年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  5. 核酸医薬を目指した機能性siRNA

    神谷由紀子、浅沼浩之( 担当: 共著)

    -  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. ナノ環境に優しい光応答性DNAの設計

    神谷由紀子、浅沼浩之( 担当: 共著)

    コロナ社  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. Redox-Dependent Chaperoning, Following PDI Footsteps

    O. Serve, Y. Kamiya, and K. Kato( 担当: 共著)

    NOVA Science Publishers  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  8. Sophisticated Modes of Sugar Recognition by Intracellular Lectins Involved in Quality Control of Glycoproteins

    Y. Kamiya, D. Kamiya, R. Urade, T. Suzuki, and K. Kato( 担当: 共著)

    NOVA Science Publishers  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

▼全件表示

MISC 3

  1. Design of photofunctional oligonucleotides by copolymerization of natural nucleobases with base surrogates prepared from acyclic scaffolds 招待有り 査読有り

    Hiroyuki Asanuma, Keiji Murayama, Yukiko Kamiya, Hiromu Kashida  

    POLYMER JOURNAL49 巻 ( 3 ) 頁: 279 - 289   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:NATURE PUBLISHING GROUP  

    Further development of DNA nanotechnology requires new functional oligonucleotides composed of nucleobases beyond the native four. In this review, we demonstrate new methodology for DNA and RNA functionalization using a base surrogate prepared from D-threoninol (2-amino-1,3-butanediol). Using this nucleobase surrogate, we can introduce functional molecules at any position of the sequence. Our methodology is conceptually similar to the copolymerization of multiple monomers: phosphoramidite monomers corresponding to the base surrogate and natural nucleotides are copolymerized on a solid support to prepare the functional oligonucleotides. Copolymerization allows for stable functional motifs, including wedges, interstrandwedges, dimers and clusters. By selecting suitable functional molecules and motifs, we can design photofunctional oligonucleotides, such as: (1) photoresponsive DNA that enables reversible formation and dissociation of the duplex by photoirradiation; (2) [2+ 2] photocycloaddition of stilbene derivatives; (3) orientation-dependent FRET (fluorescence (Forster) resonance energy transfer) systems; (4) sequence-specific fluorescent probe for the detection of DNA and RNA; and (5) functional siRNA for fluorescent labeling of mature RISC (RNA-induced silencing complex).

    DOI: 10.1038/pj.2016.120;

    Web of Science

  2. Design of photofunctional oligonucleotides by copolymerization of natural nucleobases with base surrogates prepared from acyclic scaffolds

    Hiroyuki Asanuma, Keiji Murayama, Yukiko Kamiya, Hiromu Kashida  

    POLYMER JOURNAL49 巻 ( 3 ) 頁: 279 - 289   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:NATURE PUBLISHING GROUP  

    Further development of DNA nanotechnology requires new functional oligonucleotides composed of nucleobases beyond the native four. In this review, we demonstrate new methodology for DNA and RNA functionalization using a base surrogate prepared from D-threoninol (2-amino-1,3-butanediol). Using this nucleobase surrogate, we can introduce functional molecules at any position of the sequence. Our methodology is conceptually similar to the copolymerization of multiple monomers: phosphoramidite monomers corresponding to the base surrogate and natural nucleotides are copolymerized on a solid support to prepare the functional oligonucleotides. Copolymerization allows for stable functional motifs, including wedges, interstrandwedges, dimers and clusters. By selecting suitable functional molecules and motifs, we can design photofunctional oligonucleotides, such as: (1) photoresponsive DNA that enables reversible formation and dissociation of the duplex by photoirradiation; (2) [2+ 2] photocycloaddition of stilbene derivatives; (3) orientation-dependent FRET (fluorescence (Forster) resonance energy transfer) systems; (4) sequence-specific fluorescent probe for the detection of DNA and RNA; and (5) functional siRNA for fluorescent labeling of mature RISC (RNA-induced silencing complex).

    DOI: 10.1038/pj.2016.120;

    Web of Science

  3. Pre-organized guide RNA in Cas9 complex is ready for selection of the target double-stranded DNA 招待有り 査読有り

    Kamiya, Y.; Asanuma, H.  

    ChemBioChem ( 211 ) 頁: 775-784   2015年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等 93

  1. Helix of life:New study shows how 'our' RNA stably binds to artificial nucleic acids

    神谷由紀子

    第3回 ExCELLSシンポジウム  2020年12月21日  自然科学研究機構生命創成探究センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  2. Pseudo complementary塩基対を用いたSNA型アンチセンス核酸の高活性化

    神谷由紀子, 佐藤史経, 村山恵司, 浅沼浩之

    第14回バイオ関連化学シンポジウム  2020年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月8日 - 2020年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  3. RNAを認識する非環状型人工核酸の結晶構造解析

    神谷由紀子, 佐藤匡史, 兒玉篤治, 鈴木達哉, 内山 進, 加藤晃一, 浅沼浩之

    第30回バイオ・高分子シンポジウム  2020年7月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月30日 - 2020年7月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  4. 非環状型人工核酸とRNAの結晶構造解析

    神谷由紀子, 佐藤匡史, 兒玉篤治, 鈴木達哉, 内山 進, 加藤晃一, 浅沼浩之

    日本化学会第100春季年会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月22日 - 2020年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  5. 核酸医薬開発を目指した非環状型人工核酸の活用 招待有り

    神谷由紀子

    核酸化学懇話会2020 北海道・東地区セミナー  

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月9日 - 2020年1月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  6. SNA modification on siRNA and anti-miRNA oligonucleotide for improvement of their performance 国際会議

    Yukiko Kamiya, Jumpei Ariyoshi, Hiroshi Kamimoto, Yuka Donoshita, Junya Takai, Keiji Murayama, Hiroyuki Asanuma

    15th Annual Meeting Of The OTS 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月13日 - 2019年10月16日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  7. 光クロスリンク法によるDicerとRNAの相互作用部位の検出

    神谷由紀子, 横田徳子, 津田弘貴, 浅沼浩之

    第13回バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月4日 - 2019年9月6日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  8. Design of siRNA and anti-miRNA oligonucleotude by using acyclic nucleic acid 国際会議

    Yukiko Kamiya, Jumpei Ariyoshi, Hiroshi Kamimoto, Yuka Donoshita, Keiji Murayama, Hiroyuki Asanuma

    CISNAC2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月22日 - 2019年7月24日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Port Island Campus, Konan Unversity   国名:日本国  

  9. 色素対導入型siRNAを用いたRISCの可視化解析

    神谷由紀子、佐武真有、伊藤杏奈、浅沼浩之

    日本核酸医薬学会第5回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月10日 - 2019年7月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ホテル阪急エキスポパーク   国名:日本国  

  10. 遺伝子発現制御を目指した可視光応答性10-23DNAzymeの開発

    神谷由紀子, 有村 優, 大威英晃, 加藤憲司郎, 梁 興国, 浅沼浩之

    日本化学会第99春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月16日 - 2019年3月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:甲南大学   国名:日本国  

  11. 非環状型人工核酸を活用した次世代型核酸医薬の開発

    神谷由紀子

    名古屋大学 予防早期医療創成センター 第8回ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  12. 人工核酸を活用した遺伝子発現を制御する機能性核酸の開発 招待有り

    神谷由紀子

    サントリー生有研シンポジウム 分子で解き明かす生命現象 ~生体分子を「視る」「捕まえる」「操作する」~ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:サントリーワールドリサーチセンター   国名:日本国  

  13. Development of visible light-responsive 10-23 DNAzyme 国際会議

    Yukiko Kamiya, Yu Arimura, Hideaki Ooi, Kenjiro Kato, Xingguo Liang, Hiroyuki Asanuma

    The 45th International Symposium on Nucleic Acid Chemistry (ISNAC2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月7日 - 2018年11月9日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kyoto University   国名:日本国  

  14. 非環状骨格型人工核酸を活用したRISC形成を制御するsiRNAの設計

    神谷由紀子, 竹山雄貴, 高井順矢, 村山恵司, 浅沼浩之

    第12回バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月9日 - 2018年9月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学 吹田キャンパス   国名:日本国  

  15. 色素導入pre-miRNAの開発とmiRNA成熟過程の解析

    神谷由紀子, 竹山雄貴, 浅沼浩之

    第28回バイオ・高分子シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月26日 - 2018年7月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東工大 大岡山キャンパス   国名:日本国  

  16. 非環状型人工核酸を骨格とするanti-miRNA oligonucleotideの開発

    神谷由紀子、堂下裕香、神元 寛、高井順矢、有吉純平、村山恵司、浅沼浩之

    日本核酸医薬学会第4回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月9日 - 2018年7月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:九州大学医学部百年講堂   国名:日本国  

  17. RNA干渉を理解し制御する人工核酸の開発 招待有り

    神谷由紀子

    第67回高分子学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月23日 - 2018年5月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋国際会議場   国名:日本国  

  18. RNAiに作用する機能性核酸の高性能化に向けた非環状型人工核酸SNAの活用

    神谷由紀子、堂下裕香、神元 寛、高井順矢、村山恵司、有吉純平、浅沼浩之

    日本化学会第98春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月20日 - 2018年3月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部   国名:日本国  

  19. 非環状型人工核酸を活用した次世代型核酸医薬の開発

    神谷由紀子、有吉純平、村山恵司、浅沼浩之

    名古屋大学 予防早期医療創成センター 第7回ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月23日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  20. Development of anti-miR oligonucleotide by using serinol nucleic acid and 2,6-diaminopurines 国際会議

    Yukiko Kamiya, Yuka Donoshita, Hiroshi Kamimoto, Keiji Murayama, Jumpei Ariyoshi, Hiroyuki

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月14日 - 2017年11月16日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tokyo University of Science   国名:日本国  

  21. miRNAの成熟過程を解析する色素導入型pre-miRNAの開発

    神谷由紀子、神元寛、浅沼浩之

    第11回バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月7日 - 2017年9月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学 弥生キャンパス   国名:日本国  

  22. 色素導入pre-miRNAの開発とmiRNA成熟過程の解析

    神谷由紀子、神元寛、浅沼浩之

    第27回バイオ・高分子シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東工大 大岡山キャンパス   国名:日本国  

  23. 非環状骨格型人工核酸を用いたanti-miR oligonucleotideの開発

    神谷由紀子、堂下裕香、村山恵司、浅沼浩之

    第10回バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月7日 - 2016年9月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  24. 非環状骨格型人工核酸を用いたmiRNAを標的とするアンチセンス核酸の開発

    神谷由紀子、堂下裕香、村山恵司、浅沼浩之

    第26回バイオ・高分子シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月28日 - 2016年7月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. 人工核酸によるRNA干渉機構の理解と制御 国際会議

    神谷由紀子

    分子研シンポジウム2016  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岡崎コンファレンスセンター   国名:日本国  

  26. 人工核酸を用いたRNA干渉機構の理解と制御法の開発

    神谷由紀子

    第160回名古屋市立大学薬学談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋市立大学   国名:日本国  

  27. Ago2によるスライシングを介して活性化する架橋型siRNAの開発

    神谷由紀子, 飯柴一輝, 土居哲也, 樫田 啓, 浅沼浩之

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月24日 - 2016年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学   国名:日本国  

  28. Fluorescent monitoring of siRNA by modification with dye pairs in cell 国際会議

    Y. Kamiya, A. Ito, and H. Asanuma

    Pacifichem2015  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月15日 - 2015年12月20日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  29. Fluorescent monitoring of intracellular trafficking of siRNA 国際会議

    Yukiko Kamiya

    9th International Symposium on Nanomedicine  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月10日 - 2015年12月12日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  30. 色素対導入型siRNAによる細胞内イメージング解析

    神谷由紀子、伊藤杏奈、浅沼浩之

    BMB2015(第38回日本分子生物学会 第88回日本生化学会大会 合同大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月1日 - 2015年12月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸ポートアイランド   国名:日本国  

  31. Development of photoresponsive microcapsule made by DNA 国際会議

    Y. Kamiya, Y. Yamada, T. Muro, K. Matsuura, H. Asanuma

    International Symposium on EcoTopia Science (ISETS'15) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月21日 - 2015年11月23日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  32. 糖骨格を持たない人工核酸を用いたRNAi機構の理解と高性能siRNAの開発

    神谷由紀子

    第13回 糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム -糖鎖研究と多領域との統合- 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月19日 - 2015年10月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:ウインク愛知   国名:日本国  

  33. Fluorescent imaging of intracellular trafficking of siRNA 国際会議

    Yukiko Kamiya, Anna Ito, Hiroyuki Asanuma

    The 42nd International Symposium on Nucleic Acid Chemistry (ISNAC2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月23日 - 2015年9月25日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  34. 酵素耐性能を持つ両末端架橋型siRNAの開発と活性化機構の解明

    神谷由紀子、飯柴一輝、土居哲也、樫田 啓、浅沼浩之

    第64回高分子討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月15日 - 2015年9月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学 川内キャンパス   国名:日本国  

  35. siRNAの活性化機構に着目した細胞内イメージング解析

    神谷由紀子、伊藤杏奈、樫田 啓、浅沼浩之

    第9回バイオ関連化学シンポジウム  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月10日 - 2015年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本大学 黒髪南地区キャンパス   国名:日本国  

  36. 非環状骨格を介した光応答性分子の導入による高機能核酸材料の開発

    神谷由紀子、浅沼浩之

    平成27年度生理学研究所研究会「膜システムの機能的・構造的統合」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月1日 - 2015年9月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:生理研研究所   国名:日本国  

  37. 両末端架橋型siRNAの開発と活性化機構の解析

    神谷由紀子、飯柴一輝、土居哲也、樫田 啓、浅沼浩之

    第25回バイオ・高分子シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月23日 - 2015年7月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東工大 大岡山キャンパス   国名:日本国  

  38. 光応答性DNAデバイスを用いた遺伝子発現を制御する人工システムの開発

    神谷由紀子

    国際高等研究所 研究プロジェクト「分子基盤に基づく生体機能への揺らぎとダイナミックネットワークの解明」2014年度第1回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月14日 - 2014年12月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:国際高等研究所, 京都   国名:日本国  

  39. Photoregulation of gene expression with functional oligonucleotide involving azobenzene derivatives 国際会議

    Yukiko Kamiya

    7th Korea-Japan Seminars on Biomolecular Sciences:Experiments and Simulations 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月26日 - 2014年11月28日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:大韓民国  

  40. Photo-triggered collapse of 3D microsphere by photo-driven DNA nanodevice 国際会議

    Yukiko Kamiya,Yoshinobu Yamada, Takahiro Muro, Xingguo Liang, Kazunori Matsuura, and Hiroyuki Aasanuma

    The 41st International Symposium on Nucleic Acid Chemistry  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月5日 - 2014年11月7日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. Light-triggered signal conversion of DNA to RNA 国際会議

    Yukiko Kamiya, Toshiki Takagi, Hiroshi Ito, Xingguo Liang and Hiroyuki Asanuma

    20th International Conference on DNA computing and Molecular Programming (DNA20) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月22日 - 2014年9月26日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  42. 色素対導入型siRNAの開発とRISCの細胞内可視化解析

    神谷由紀子、伊藤杏奈、高井順矢、樫田 啓、浅沼浩之

    第8回バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月11日 - 2014年9月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山大 津島キャンパス   国名:日本国  

  43. 非環状骨格を持つ人工核酸の導入によるsiRNAの高機能化

    神谷 由紀子、伊藤 杏奈、高井 順矢、伊藤 浩、村山 恵司、樫田 啓、浅沼 浩之

    アンチセンス・遺伝子・デリバリーシンポジウム2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月8日 - 2014年9月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京医科歯科大 M&Dタワー   国名:日本国  

  44. Intracellular Monitoring of siRNA by Conjugation of Fluorescent Probe 国際会議

    Yukiko Kamiya, Anna Ito, Hiroshi Ito, Masaaki Urushihara, Junya Takai, Taiga Fujii, Xingguo Liang, Hiromu Kashida, and Hiroyuki Asanuma

    XXI Round Table on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月24日 - 2014年8月28日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ポーランド共和国  

  45. 人工核酸SNAの導入によるsiRNAのRNAi活性と酵素耐性の向上

    神谷由紀子、高井順矢、村山恵司、伊藤 浩、樫田 啓、浅沼浩之

    第24回バイオ・高分子シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月24日 - 2014年7月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東工大 大岡山キャンパス   国名:日本国  

  46. 非環状骨格を導入したsiRNAによるRNAi活性の向上と酵素耐性の獲得 国際会議

    神谷由紀子、高井順矢, 伊藤杏奈、村山恵司、伊藤浩, 樫田啓、浅沼浩之

    日本化学会第94春季年会(2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月27日 - 2014年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本化学会第94春季年会(2014)   国名:日本国  

  47. Regulation of gene expression by visible light irradiation with T7 promoter involving azobenzene derivatives 国際会議

    Yukiko Kamiya, Toshiki Takagi, Hiroshi Ito, Xingguo Liang, Hiroyuki Asanuma

    The 40th International Symposium on NucleicAcids Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月13日 - 2013年11月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. RISCを選択的に可視化する色素導入型siRNAの開発と細胞内イメージング解析

    神谷由紀子、伊藤 杏奈、高井 順矢、漆原 雅朗、伊藤 浩、藤井 大雅、梁 興国、樫田 啓、浅沼 浩之

    第23 回バイオ・高分子シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月31日 - 2013年8月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京工業大学大岡山キャンパス   国名:日本国  

  49. mature RISCを選択的に可視化する修飾siRNAの開発

    神谷 由紀子, 伊藤 杏奈, 高井 順矢, 樫田 啓, 浅沼 浩之

    第14回 日本RNA学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月24日 - 2013年7月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ひめぎんホール(愛媛)   国名:日本国  

  50. Development of Modified siRNA for Improvement of RNAi Activity and Monitoring in Cells

    Yukiko Kamiya, Junya Takai, Masaaki Urushihara, Hiroshi Ito, Xingguo Liang, Anna Ito, Kenji Yoshida, Taiga Fujii, Hiromu Kashida, Hiroyuki Asanuma

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月29日 - 2013年5月31日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  51. アンチセンス鎖と結合したmature RISCの選択的な可視化

    神谷由紀子、伊藤杏奈、高井順矢、漆原雅朗、伊藤 浩、藤井大雅、梁 興国、樫田 啓、浅沼浩之

    第77回日本生化学会中部支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  52. 色素対型siRNAを用いたRISCの細胞内可視化解析

    神谷由紀子、伊藤杏奈、高井順矢、漆原雅朗、伊藤浩、藤井大雅、梁興国、樫田啓、浅沼浩之

    日本薬学会 第133年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月27日 - 2013年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  53. Design and development of the functionalized siRNA 国際会議

    Yukiko Kamiya, Junya Takai, Masaaki Urushihara, Hiroshi Ito, Xingguo Liang, Anna Ito, Kenji Yoshida, Taiga Fujii, Hiromu Kashida, and Hiroyuki Asanuma

    The 39th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月15日 - 2012年11月17日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  54. 色素対型siRNAを用いたRISC形成過程の可視化解析

    漆原雅朗・伊藤浩・藤井大雅・梁興国・伊藤杏奈・樫田啓・神谷由紀子•浅沼浩之

    第6回 バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月6日 - 2012年9月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道大学(札幌)  

  55. 小胞体関連分解に関わる脱糖鎖酵素はPUBドメインを介してユビキチンおよびユビキチン様ドメインと結合する

    神谷由紀子、住吉 晃、植草義徳、鈴木 匡、加藤晃一

    日本薬学会第132年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月28日 - 2012年3月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  56. Development of metabolic isotope-labeling techniques for NMR spectroscopic analyses of high-mannose-type oligosaccharides 国際会議

    Yukiko Kamiya, Sayoko Yamamoto, Yasunori Chiba, Yoshifumi Jigami, and Koichi Kato

    ISNMR 2011 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月15日 - 2011年11月18日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  57. Molecular basis of glycoprotein-fate determination through interactions with intracellular lectins

    Yukiko Kamiya

    Global COE Mini-Symposium: Toward Systems Glycobiology-Biosynthesis and catabolism of glycoproteins 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月7日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  58. 遺伝子改変酵母を用いて安定同位体標識を施した高マンノース型糖鎖の超高磁場NMR解析

    神谷由紀子、山本さよこ、千葉靖典、喜多島敏彦、地神芳文、加藤晃一

    糖鎖科学名古屋拠点 第9回若手の力フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  59. Development of metabolic 13C-labeling techniques for NMR analyses of high-mannose-type oligosaccharides using genetically engineered yeast strains 国際会議

    Yukiko Kamiya, Sayoko Yamamoto, Yasunori Chiba, Yoshifumi Jigami, and Koichi Kato

    The 71st Okazaki Conferenc-New Perspectives on Molecular Science of Glycoconjugates 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月12日 - 2011年10月14日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  60. 糖タンパク質の細胞内運命決定機構の構造基盤

    神谷由紀子、住吉 晃、植草義徳、鈴木 匡、加藤晃一

    生化学若い研究者の会 第3回名古屋支部セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  61. 安定同位体標識と超高磁場NMR計測を用いた高マンノース型糖鎖の立体構造解析

    神谷由紀子、千葉靖典、喜多島敏彦、地神芳文、加藤晃一

    日本薬学会第131年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月28日 - 2011年3月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  62. Development of metabolic 13C-labeled techniques for NMR spectroscopic analyses of high-mannose-type oligosaccharides 国際会議

    Yukiko Kamiya, Yasunori Chiba, Yoshifumi Jigami, and Koichi Kato

    The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月15日 - 2010年12月20日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  63. Molecular basis of the glycoprotein-fate determination governed by the intracellular lectins 国際会議

    Yukiko Kamiya, Miho Nishio, and Koichi Kato

    The 2nd ACGG conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月27日 - 2010年10月29日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  64. 糖タンパク質の品質管理を担う超分子複合体の作動メカニズムの構造基盤の解明

    神谷由紀子、西尾美穂、加藤晃一

    糖鎖科学名古屋拠点 第8回若手の力フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  65. Development of metabolic 13C-labeling techniques for NMR structural analyses of high-mannose-type oligosaccharide 国際会議

    Yukiko Kamiya, Yasunori Chiba, Yoshifumi Jigami, and Koichi Kato

    The 25th International Cabohydrate Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月1日 - 2010年8月6日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  66. 糖タンパク質の小胞体-ゴルジ体間の輸送を司る積荷輸送体の構造解析

    神谷由紀子、西尾美穂、水島恒裕、若槻壮市、山本一夫、内山 進、野田勝紀、Hans-Peter Hauri、加藤晃一

    日本薬学会第130年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月28日 - 2010年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  67. Structural basis of the molecular recognition by ERGIC-53 involved in the glycoprotein traffic in the cell 国際会議

    Yukiko Kamiya, Miho Nishio, Tsunehiro Mizushima, Kazuo Yamamoto, Susumu Uchiyama, Katsunori Noda, Hans-Peter Hauri, and Koichi Kato

    20th International Symposium on Glycoconjugates 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月29日 - 2009年12月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  68. Molecular Basis of Fate-Determination of Glycoproteins Governed by the Sugar-Recognizing Proteins in Cells 国際会議

    Y. Kamiya, D. Kamiya, M. Nishio, and K. Kato

    Korea-Japan Seminars on Biomolecular Sciences-Experiments and Simulations 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月27日 - 2009年3月2日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  69. 超高磁場NMRによるタンパク質・複合糖質の動的高次構造解析

    加藤晃一、山口拓実、神谷由紀子

    新学術研究領域 第1回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  70. 糖タンパク質の品質管理を司る細胞内レクチンの分子認識

    神谷由紀子、神谷大貴、西尾美穂、加藤晃一

    第28回日本糖質学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月18日 - 2008年8月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  71. Molecular and Structural Basis of the Mechanisms Underlying the Glycoprotein-Fate Determination by the Intracellular Lectins 国際会議

    Y. Kamiya, D. Kamiya, M. Nishio, and K. Kato

    The 23rd international lectin meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月11日 - 2008年7月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  72. Sugar-binding Properties of VIP36, an Intracellular Animal Lectin Operating as a Cargo Receptor 国際会議

    Y. Kamiya, H. Tsukakoshi, Y. Yamaguchi, N. Takahashi, Y. Arata, K. Kasai, Y. Ihara, I. Matsuo, Y. Ito, K. Yamamoto, and K. Kato

    18th International Symposium on Glycoconjugates 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月4日 - 2005年9月9日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  73. Structural Basis of Sugar Recognition by the Cargo Receptor VIP36 国際会議

    Y. Kamiya, Y. Yamaguchi, I. Matsuo, Y. Ito, M. Toyomoto, N. Matsumoto, K. Yamamoto, and K. Kato

    USA/Japan Glyco 2004 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月17日 - 2004年11月20日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  74. Interaction between the Transport Lectin VIP36 and N-glycans as Studied by NMR Spectroscopy 国際会議

    Y. Kamiya, Y. Yamaguchi, I. Matsuo, Y. Ito, M. Toyomoto, N. Matsumoto, K. Yamamoto, and K. Kato

    The 21st International Lectin Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月23日 - 2004年5月28日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  75. Design of siRNA and anti-miRNA oligonucleotude by using acyclic nucleic acid

    Yukiko Kamiya, Jumpei Ariyoshi, Hiroshi Kamimoto, Yuka Donoshita, Keiji Murayama, Hiroyuki Asanuma

    CISNAC2019  2019年7月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Port Island Campus, Konan Unversity  

  76. 色素導入pre-miRNAの開発とmiRNA成熟過程の解析 国際会議

    神谷由紀子, 竹山雄貴, 浅沼浩之

    第28回バイオ・高分子シンポジウム  2018年7月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東工大 大岡山キャンパス  

  77. 色素導入pre-miRNAの開発とmiRNA成熟過程の解析 国際会議

    神谷由紀子, 神元寛, 浅沼浩之

    第27回バイオ・高分子シンポジウム  2017年6月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東工大 大岡山キャンパス  

  78. 色素対導入型siRNAを用いたRISCの可視化解析 国際会議

    神谷由紀子, 佐武真有, 伊藤杏奈, 浅沼浩之

    日本核酸医薬学会第5回年会  2019年7月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ホテル阪急エキスポパーク  

  79. 核酸医薬開発を目指した非環状型人工核酸の活用 招待有り 国際会議

    神谷由紀子

    核酸化学懇話会2020 北海道・東地区セミナー  2020年1月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  80. 光クロスリンク法によるDicerとRNAの相互作用部位の検出 国際会議

    神谷由紀子, 横田徳子, 津田弘貴, 浅沼浩之

    第13回バイオ関連化学シンポジウム  2019年9月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  81. 人工核酸を活用した遺伝子発現を制御する機能性核酸の開発 招待有り 国際会議

    神谷由紀子

    サントリー生有研シンポジウム 分子で解き明かす生命現象 ~生体分子を「視る」「捕まえる」「操作する」~  2018年12月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:サントリーワールドリサーチセンター  

  82. SNA modification on siRNA and anti-miRNA oligonucleotide for improvement of their performance

    Yukiko Kamiya, Jumpei Ariyoshi, Hiroshi Kamimoto, Yuka Donoshita, Junya Takai, Keiji Murayama, Hiroyuki Asanuma

    15th Annual Meeting Of The OTS  2019年10月13日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  83. RNA干渉を理解し制御する人工核酸の開発 招待有り 国際会議

    神谷由紀子

    第67回高分子学会年次大会  2018年5月23日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋国際会議場  

  84. RNAiに作用する機能性核酸の高性能化に向けた非環状型人工核酸SNAの活用 国際会議

    神谷由紀子, 堂下裕香, 神元 寛, 高井順矢, 村山恵司, 有吉純平, 浅沼浩之

    日本化学会第98春季年会  2018年3月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部  

  85. miRNAの成熟過程を解析する色素導入型pre-miRNAの開発 国際会議

    神谷由紀子, 神元寛, 浅沼浩之

    第11回バイオ関連化学シンポジウム  2017年9月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学 弥生キャンパス  

  86. Development of visible light-responsive 10-23 DNAzyme

    Yukiko Kamiya, Yu Arimura, Hideaki Ooi, Kenjiro Kato, Xingguo Liang, Hiroyuki Asanuma

    The 45th International Symposium on Nucleic Acid Chemistry (ISNAC2018)  2018年11月7日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kyoto University  

  87. Development of anti-miR oligonucleotide by using serinol nucleic acid and 2,6-diaminopurines

    Yukiko Kamiya, Yuka Donoshita, Hiroshi Kamimoto, Keiji Murayama, Jumpei Ariyoshi, Hiroyuki

    The 44th International Symposium on Nucleic Acid Chemistry (ISNAC2017)  2017年11月14日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tokyo University of Science  

  88. 遺伝子発現制御を目指した可視光応答性10-23DNAzymeの開発 国際会議

    神谷由紀子, 有村 優, 大威英晃, 加藤憲司郎, 梁 興国, 浅沼浩之

    日本化学会第99春季年会  2019年3月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:甲南大学  

  89. 非環状骨格型人工核酸を活用したRISC形成を制御するsiRNAの設計 国際会議

    神谷由紀子, 竹山雄貴, 高井順矢, 村山恵司, 浅沼浩之

    第12回バイオ関連化学シンポジウム  2018年9月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学 吹田キャンパス  

  90. 非環状型人工核酸を骨格とするanti-miRNA oligonucleotideの開発 国際会議

    神谷由紀子, 堂下裕香, 神元 寛, 高井順矢, 有吉純平, 村山恵司, 浅沼浩之

    日本核酸医薬学会第4回年会  2018年7月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:九州大学医学部百年講堂  

  91. 非環状型人工核酸を活用した次世代型核酸医薬の開発 国際会議

    神谷由紀子, 有吉純平, 村山恵司, 浅沼浩之

    名古屋大学 予防早期医療創成センター 第7回ワークショップ  2018年1月23日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  92. 非環状型人工核酸を活用した次世代型核酸医薬の開発 国際会議

    神谷由紀子

    名古屋大学 予防早期医療創成センター 第8回ワークショップ  2019年1月29日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  93. 非環状型人工核酸とRNAの結晶構造解析 国際会議

    神谷由紀子, 佐藤匡史, 兒玉篤治, 鈴木達哉, 内山 進, 加藤晃一, 浅沼浩之

    日本化学会第100春季年会  2020年3月22日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 7

  1. 非環状型人工核酸が形成するユニークな三重鎖構造に基づくRNA機能制御法の開発

    2021

    公益財団法人稲盛財団  2021年度稲盛研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:1000000円

  2. 構造情報に基づいた抗 RISC 核酸の設計基盤の開発

    2020

    公益財団法人野口研究所  2020年度野口遵研究助成金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2200000円

  3. 核酸医薬への応用を目指した非環状型人工核酸の開発

    研究課題番号:19am0401007  2019年09月 - 2024年03月

    先端的バイオ創薬等基盤技術開発事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  4. Dicerによる基質RNA認識選別機構の解明

    2019

    公益財団法人アステラス病態代謝研究会  2019年度研究助成金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2000000円

  5. 完全人工核酸による抗miRNA活性を示す革新的アンチセンス核酸の開発

    2018 - 2020

    公益財団法人内藤記念科学振興財団  2018年度内藤記念女性研究者研究助成金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6000000円

  6. リボース骨格を持たない非環状型の核酸で狙うマイクロ RNA 制御法の開発

    2018

    公益財団法人持田記念医学薬学振興財団  平成30年度持田記念研究助成金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3000000円

  7. 細胞内動態を追跡するプローブ型siRNAの開発と蛍光イメージング解析による活性化制御機構の解明

    2015

    公益財団法人内藤記念科学振興財団  第46回内藤記念科学奨励金研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3000000円

▼全件表示

科研費 9

  1. RNAiを標的とする核酸医薬の作用機序解明に向けたイメージング解析

    研究課題/研究課題番号:20K05745  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    神谷由紀子

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. siRNA可視化プローブによる細胞内イメージング解析

    研究課題/研究課題番号:16K17932  2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 人工核酸により発動する細胞様機能の構築

    研究課題/研究課題番号:16H00762  2016年04月 - 2018年03月

    科学研究費助成事業  新学術領域研究(研究領域提案型)

    神谷 由紀子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6370000円 ( 直接経費:4900000円 、 間接経費:1470000円 )

    生体高分子は、可逆的な分子修飾、集合・離散、プロセシングといった分子状態の変容によって、機能のOn/Offをスイッチングする仕組みを有している。したがって、分子間相互作用が、細胞機能へと変換される仕組みを理解し活用する手法の一つとして、生命作動システムの概念を人工的な分子で再構築すること、また、人工的な分子でシステムを単純化することがあげられる。本研究では、人工核酸を活用したシステムを開発し、生命システムにおける分子の相互作用、結合・解離などをヒントに人工分子の創出を行った。主な成果を以下に述べる。
    ①リポソームによる人工系の構築は、細胞様モデルや細胞内小胞モデルとして広く研究されている。本研究では、細胞や小胞の膜間の相互作用を人工核酸を用いて模倣するシステムの確立を試みた。
    ②細胞内での物質輸送は、クラスリンなどのタンパク質を裏打ち骨格とする小胞によって担われており、pHなどの外部環境の変化に応じて、小胞内の物質の荷下ろしが行われている。このことを 光応答性DNAを用いた物質輸送システムに応用した。具体的には、三種類の光応答性DNAによって形成するthree way junction構造(TWJ)を、TWJの末端部位(粘着末端)の間の相補的な二重鎖形成によって集積させることで、DNAからなるマイクロカプセルを構築した。粘着末端部位に光応答性分子を導入しておくことで、光刺激に応じて内包した物質を放出する仕組みを設計した。実際に、特定の波長の光刺激によって、このマイクロカプセルが崩壊し、それと同時に内包した物質を放出させることに成功した。
    ③人工核酸を用いた細胞内遺伝子発現の人工制御システムの開発、光応答性DNAの二重鎖形成と解離のダイナミクスに関する共同研究を推進した。
    29年度が最終年度であるため、記入しない。
    29年度が最終年度であるため、記入しない。

  4. 光応答性DNAによるK+チャネルKcsAの集合・離散構造の制御と協同的機能の解明

    研究課題/研究課題番号:16K15178  2016年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  萌芽研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. DNAを相互作用素子として細胞様運動する人工システムの構築

    研究課題/研究課題番号:26102518  2014年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

    神谷由紀子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 蛍光挿入型siRNAアナログを用いたRNA干渉の作動機構の解明

    研究課題/研究課題番号:24750173  2012年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. 糖鎖認識を介したタンパク質社会の秩序維持機構の構造基盤の解明

    研究課題/研究課題番号:22020039  2010年04月 - 2012年03月

    科学研究費補助金  特定領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 細胞内レクチンとCa結合タンパク質と連携による生体機能発現の分子基盤の探求

    研究課題/研究課題番号:21870052  2009年04月 - 2010年03月

    科学研究費補助金  研究活動スタート支援

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. ポスト小胞体品質管理における細胞内レクチンの分子認識と超分子形成の構造基盤の解明

    研究課題/研究課題番号:21370050  2009年04月 - 2012年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    加藤晃一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 32

  1. 生物化学1

    2020

  2. 生物化学

    2020

  3. 生化学1及び演習

    2020

  4. 分子生命化学セミナー 2D

    2020

  5. 分子生命化学セミナー 2C

    2020

  6. 分子生命化学セミナー 2B

    2020

  7. 分子生命化学セミナー 2A

    2020

  8. 分子生命化学特別実験及び演習4

    2020

  9. 分子生命化学特別実験及び演習3

    2020

  10. 分子生命化学特別実験及び演習2

    2020

  11. 分子生命化学特別実験及び演習1

    2020

  12. 分子生命化学セミナー 1D

    2020

  13. 分子生命化学セミナー 1C

    2020

  14. 分子生命化学セミナー 1B

    2020

  15. 分子生命化学セミナー 1A

    2020

  16. 生物機能工学演習

    2020

  17. 化学生命工学実験2

    2020

  18. 分子生命化学基礎論

    2020

  19. 基礎化学実験

    2019

  20. 生化学1および演習

    2019

  21. 実験安全学

    2019

  22. 基礎化学実験

    2018

  23. 生化学1および演習

    2018

  24. 分子生命化学基礎論

    2018

  25. 生化学1および演習

    2017

  26. 基礎化学実験

    2017

  27. 分析化学実験第一

    2017

  28. Core Biochemistry

    2017

  29. 分析化学実験第一

    2016

  30. 生物機能工学演習

    2015

  31. 生物機能工学実験

    2015

  32. 分析化学実験第一

    2015

▼全件表示

 

社会貢献活動 4

  1. テクノWebinar名大 座談会

    パネリスト

    名古屋大学工学部  テクノWebinar名大  2020年11月28日

     詳細を見る

    対象: 中学生, 高校生

  2. 女子中高生向けサイエンスカフェ「物理や化学で紐解く生命科学の魅力」

    出演, 司会, 講師

    2018年3月

  3. 女子中高生向けサイエンスカフェ「物理や化学で紐解く生命科学の魅力」

    2015年11月

  4. 女子中高生向けサイエンスカフェ「物理や化学で紐解く生命科学の魅力」

    2015年3月

メディア報道 1

  1. 先端人 新聞・雑誌

    朝日新聞  朝日新聞 名古屋本社版  30面(東海経済)  2020年1月19日

     詳細を見る

    執筆者:本人