2022/04/12 更新

写真a

シミズ ヒロヒコ
清水 裕彦
SHIMIZU Hirohiko
所属
大学院理学研究科 理学専攻 物理学第二 教授
大学院担当
大学院理学研究科
学部担当
理学部
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(理学) ( 1992年1月   京都大学 ) 

研究分野 1

  1. 自然科学一般 / 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする実験

経歴 12

  1. 名古屋大学・教授

    2012年1月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学

    2012年1月 - 現在

  3. 名古屋大学   大学院理学研究科 素粒子宇宙物理学専攻 原子物理学   教授

    2012年1月 - 現在

  4. 高エネルギー加速器研究機構・教授

    2005年11月 - 2011年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 高エネルギー加速器研究機構・教授

    2005年11月 - 2011年12月

  6. 理化学研究所・研究ユニットリーダー

    2003年10月 - 2005年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 理化学研究所・研究ユニットリーダー

    2003年10月 - 2005年11月

  8. 理化学研究所・研究ユニットリーダー

    2003年10月 - 2005年11月

  9. 理化学研究所・室長(副主任研究員)

    2000年8月 - 2003年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 理化学研究所・先任研究員

    2000年4月 - 2000年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 理化学研究所・研究員

    1995年7月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  12. 高エネルギー物理学研究所・助手

    1992年4月 - 1995年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 4

  1. 京都大学   理学研究科   物理学第二専攻

    1998年4月 - 1992年1月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    備考: 博士(理学)

  2. 京都大学   理学研究科   物理学第二専攻

    1986年4月 - 1988年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    備考: 理学修士

  3. 京都大学   理学部

    1982年4月 - 1986年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    備考: 理学学士

  4. 京都大学   理学研究科   物理学第二専攻

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本物理学会

  2. 日本中性子科学会

  3. 日本中性子科学会

  4. 日本物理学会

受賞 3

  1. 日本中性子科学会第2回技術賞

    2004年12月   日本中性子科学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 日本物理学会第7回論文賞

    2002年3月   日本物理学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 第60回注目発明

    2001年4月   文部科学省  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 324

  1. Measurement of nuclear spin relaxation time in lanthanum aluminate for development of polarized lanthanum target

    Ishizaki K., Hotta H., Ide I., Iinuma M., Iwata T., Kitaguchi M., Kohri H., Miura D., Miyachi Y., Ohta T., Shimizu H. M., Yoshikawa H., Yosoi M.

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT   1020 巻   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment  

    The nuclear spin–lattice relaxation time (T1) of lanthanum and aluminum nuclei in a single crystal of lanthanum aluminate doped with neodymium ions is studied to estimate the feasibility of the dynamically polarized lanthanum target applicable to beam experiments. The application of our interest is the study of fundamental discrete symmetries in the spin optics of epithermal neutrons. This study requires a highly flexible choice of the applied magnetic field for neutron spin control and favors longer T1 under lower magnetic field and at higher temperature. The T1 of 139La and 27Al was measured under magnetic fields of 0.5–2.5 T and at temperatures of 0.1–1.5 K and found widely distributed up to 100 h. The result suggests that the T1 can be as long as T1∼ 1 h at 0.1 K with a magnetic field of 0.1 T, which partially fulfills the requirement of the neutron beam experiment. Possible improvements to achieve a longer T1 are discussed.

    DOI: 10.1016/j.nima.2021.165845

    Web of Science

    Scopus

  2. Pendellösung interferometry probes the neutron charge radius, lattice dynamics, and fifth forces

    Heacock B., Fujiie T., Haun R.W., Henins A., Hirota K., Hosobata T., Huber M.G., Kitaguchi M., Pushin D.A., Shimizu H., Takeda M., Valdillez R., Yamagata Y., Young A.R.

    Science   373 巻 ( 6560 ) 頁: 1239 - 1243   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Science  

    Structure factors describe how incident radiation is scattered from materials such as silicon and germanium and characterize the physical interaction between the material and scattered particles. We used neutron Pendellösung interferometry to make precision measurements of the (220) and (400) neutron-silicon structure factors and achieved a factor-of-four improvement in the (111) structure factor uncertainty. These data provide measurements of the silicon Debye-Waller factor at room temperature and the mean square neutron charge radius 〈rn2 〉 ¼ -0:1101T0:0089 square femtometers. Combined with existing measurements of the Debye-Waller factor and charge radius, the measured structure factors also improve constraints on the strength of a Yukawa modification to gravity by an order of magnitude over the 20 picometer–to–10 nanometer length scale range.

    DOI: 10.1126/science.abc2794

    Scopus

  3. New high-sensitivity searches for neutrons converting into antineutrons and/or sterile neutrons at the HIBEAM/NNBAR experiment at the European Spallation Source

    Addazi A., Anderson K., Ansell S., Babu K.S., Barrow J.L., Baxter D.V., Bentley P.M., Berezhiani Z., Bevilacqua R., Biondi R., Bohm C., Brooijmans G., Broussard L.J., Cederc ll J., Crawford C., Dev P.S.B., Dijulio D.D., Dolgov A.D., Dunne K., Fierlinger P., Fitzsimmons M.R., Fomin A., Frost M.J., Gardiner S., Gardner S., Galindo-Uribarri A., Geltenbort P., Girmohanta S., Golubev P., Golubeva E., Greene G.L., Greenshaw T., Gudkov V., Hall-Wilton R., Heilbronn L., Herrero-Garcia J., Holley A., Ichikawa G., Ito T.M., Iverson E., Johansson T., Jönsson L., Jwa Y.J., Kamyshkov Y., Kanaki K., Kearns E., Kokai Z., Kerbikov B., Kitaguchi M., Kittelmann T., Klinkby E., Kobakhidze A., Koerner L.W., Kopeliovich B., Kozela A., Kudryavtsev V., Kupsc A., Lee Y.T., Lindroos M., Makkinje J., Marquez J.I., Meirose B., Miller T.M., Milstead D., Mohapatra R.N., Morishima T., Muhrer G., Mumm H.P., Nagamoto K., Nepomuceno A., Nesti F., Nesvizhevsky V.V., Nilsson T., Oskarsson A., Paryev E., Pattie R.W., Penttil S., Perrey H., Pokotilovski Y.N., Potashnikovav I., Ramic K., Redding C., Richard J.M., Ries D., Rinaldi E., Rizzi N., Rossi N., Ruggles A., Rybolt B., Santoro V., Sarkar U., Saunders A., Senjanovic G., Serebrov A.P., Shimizu H.M., Shrock R., Silverstein S., Silvermyr D., Snow W.M., Takibayev A.

    Journal of Physics G: Nuclear and Particle Physics   48 巻 ( 7 )   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Physics G: Nuclear and Particle Physics  

    The violation of baryon number, is an essential ingredient for the preferential creation of matter over antimatter needed to account for the observed baryon asymmetry in the Universe. However, such a process has yet to be experimentally observed. The HIBEAM/NNBAR program is a proposed two-stage experiment at the European Spallation Source to search for baryon number violation. The program will include high-sensitivity searches for processes that violate baryon number by one or two units: free neutron-antineutron oscillation via mixing, neutron-antineutron oscillation via regeneration from a sterile neutron state , and neutron disappearance (n → n′); the effective process of neutron regeneration is also possible. The program can be used to discover and characterize mixing in the neutron, antineutron and sterile neutron sectors. The experiment addresses topical open questions such as the origins of baryogenesis and the nature of dark matter, and is sensitive to scales of new physics substantially in excess of those available at colliders. A goal of the program is to open a discovery window to neutron conversion probabilities (sensitivities) by up to three orders of magnitude compared with previous searches. The opportunity to make such a leap in sensitivity tests should not be squandered. The experiment pulls together a diverse international team of physicists from the particle (collider and low energy) and nuclear physics communities, while also including specialists in neutronics and magnetics.

    DOI: 10.1088/1361-6471/abf429

    Scopus

  4. Energy-dependent angular distribution of individual γ rays in the la 139 (n,γ) la 140 ∗ reaction

    Okudaira T., Endo S., Fujioka H., Hirota K., Ishizaki K., Kimura A., Kitaguchi M., Koga J., Niinomi Y., Sakai K., Shima T., Shimizu H.M., Takada S., Tani Y., Yamamoto T., Yoshikawa H., Yoshioka T.

    Physical Review C   104 巻 ( 1 )   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Physical Review C  

    Neutron energy-dependent angular distributions were observed for individual γ rays from the 0.74 eV p-wave resonance of La139+n to several lower excited states of La140. The γ-ray signals were analyzed in a two-dimensional histogram of the γ-ray energy, measured with distributed germanium detectors, and neutron energy, determined with the time-of-flight of pulsed neutrons, to identify the neutron energy dependence of the angular distribution for each individual γ rays. The angular distribution was also found for a photopeak accompanied with a faint p-wave resonance component. Our results can be interpreted as interference between s- and p-wave amplitudes, which may be used to study discrete symmetries of fundamental interactions.

    DOI: 10.1103/PhysRevC.104.014601

    Scopus

  5. Measurement of γ rays from <sup>6</sup>LiF tile as an inner wall of a neutron-decay detector

    Koga J., Ieki S., Kimura A., Kitaguchi M., Kitahara R., Mishima K., Nagakura N., Okudaira T., Otono H., Shimizu H.M., Sumi N., Takada S., Tomita T., Yamada T., Yoshioka T.

    Journal of Instrumentation   16 巻 ( 2 )   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Instrumentation  

    A neutron lifetime measurement conducted at the Japan Proton Accelerator Research Complex (J-PARC) is counting the number of electrons from neutron decays with a time projection chamber (TPC). The γ rays produced in the TPC cause irreducible background events. To achieve the precise measurement, the inner walls of the TPC consist of 6Li-enriched lithium-fluoride (6LiF) tiles to suppress the amount of γ rays. In order to estimate the amount of γ rays from the 6LiF tile, prompt gamma ray analysis (PGA) measurements were performed using germanium detectors. We reconstructed the measured γ-ray energy spectrum using a Monte Carlo simulation with the stripping method. Comparing the measured spectrum with a simulated one, the number of γ rays emitted from the6LiF tile was (2.3+0.7-0.3) × 10-4 per incident neutron. This is 1.4+0.5-0.2 times the value assumed for a mole fraction of the 6LiF tile. We concluded that the amount of γ rays produced from the 6LiF tile is not more twice the originally assumed value.

    DOI: 10.1088/1748-0221/16/02/P02001

    Web of Science

    Scopus

  6. Neutron Imaging Using a Fine-Grained Nuclear Emulsion

    Hirota Katsuya, Ariga Tomoko, Hino Masahiro, Ichikawa Go, Kawasaki Shinsuke, Kitaguchi Masaaki, Mishima Kenji, Muto Naoto, Naganawa Naotaka, Shimizu Hirohiko M.

    JOURNAL OF IMAGING   7 巻 ( 1 )   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Imaging  

    A neutron detector using a fine-grained nuclear emulsion has a sub-micron spatial resolution and thus has potential to be applied as high-resolution neutron imaging. In this paper, we present two approaches to applying the emulsion detectors for neutron imaging. One is using a track analysis to derive the reaction points for high resolution. From an image obtained with a 9 µm pitch Gd grating with cold neutrons, periodic peak with a standard deviation of 1.3 µm was observed. The other is an approach without a track analysis for high-density irradiation. An internal structure of a crystal oscillator chip, with a scale of approximately 30 µm, was able to be observed after an image analysis.

    DOI: 10.3390/jimaging7010004

    Web of Science

    Scopus

  7. Neutron lifetime measurement with pulsed cold neutrons

    Hirota K., Ichikawa G., Ieki S., Ino T., Iwashita Y., Kitaguchi M., Kitahara R., Koga J., Mishima K., Mogi T., Morikawa K., Morishita A., Nagakura N., Oide H., Okabe H., Otono H., Seki Y., Sekiba D., Shima T., Shimizu H.M., Sumi N., Sumino H., Tomita T., Uehara H., Yamada T., Yamashita S., Yano K., Yokohashi M., Yoshioka T.

    Progress of Theoretical and Experimental Physics   2020 巻 ( 12 )   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Progress of Theoretical and Experimental Physics  

    The neutron lifetime has been measured by comparing the decay rate with the reaction rate of 3He nuclei of a pulsed neutron beam from the spallation neutron source at the Japan Proton Accelerator Research Complex (J-PARC). The decay rate and the reaction rate were determined by simultaneously detecting electrons from the neutron decay and protons from the 3He(n,p)3H reaction using a gas chamber, the working gas of which contains diluted 3He. The measured neutron lifetime was 898 ± 10stat+15-18 sys s.

    DOI: 10.1093/ptep/ptaa169

    Scopus

  8. A candidate secular variation model for IGRF-13 based on MHD dynamo simulation and 4DEnVar data assimilation

    Minami T., Nakano S., Lesur V., Takahashi F., Matsushima M., Shimizu H., Nakashima R., Taniguchi H., Toh H.

    Earth, Planets and Space   72 巻 ( 1 )   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Earth, Planets and Space  

    We have submitted a secular variation (SV) candidate model for the thirteenth generation of International Geomagnetic Reference Field model (IGRF-13) using a data assimilation scheme and a magnetohydrodynamic (MHD) dynamo simulation code. This is the first contribution to the IGRF community from research groups in Japan. A geomagnetic field model derived from magnetic observatory hourly means, and CHAMP and Swarm-A satellite data, has been used as input data to the assimilation scheme. We adopt an ensemble-based assimilation scheme, called four-dimensional ensemble-based variational method (4DEnVar), which linearizes outputs of MHD dynamo simulation with respect to the deviation from a dynamo state vector at an initial condition. The data vector for the assimilation consists of the poloidal scalar potential of the geomagnetic field at the core surface and flow velocity field slightly below the core surface. Dimensionless time of numerical geodynamo is adjusted to the actual time by comparison of secular variation time scales. For SV prediction, we first generate an ensemble of dynamo simulation results from a free dynamo run. We then assimilate the ensemble to the data with a 10-year assimilation window through iterations, and finally forecast future SV by the weighted sum of the future extension parts of the ensemble members. Hindcast of the method for the assimilation window from 2004.50 to 2014.25 confirms that the linear approximation holds for 10-year assimilation window with our iterative ensemble renewal method. We demonstrate that the forecast performance of our data assimilation and forecast scheme is comparable with that of IGRF-12 by comparing data misfits 4.5 years after the release epoch. For estimation of our IGRF-13SV candidate model, we set assimilation window from 2009.50 to 2019.50. We generate our final SV candidate model by linear fitting for the weighted sum of the ensemble MHD dynamo simulation members from 2019.50 to 2025.00. We derive errors of our SV candidate model by one standard deviation of SV histograms based on all the ensemble members.[Figure not available: see fulltext.].

    DOI: 10.1186/s40623-020-01253-8

    Scopus

  9. 超流動<sup>4</sup>He中の流れ場可視化にむけた中性子<sup>3</sup>He吸収反応による<sup>4</sup>He励起分子集団生成の実証

    松下 琢, Volker Sonnenschein, 井口 哲夫, 伊藤 大介, 北口 雅暁, 鬼柳 善明, Wei Guo, 齊藤 泰司, 篠原 武尚, 清水 裕彦, 鈴木 颯, 辻 義之, 富田 英生, 林田 洋寿, 菱田 真由, 廣井 孝介, 広田 克也, 丸山 巧, 脇 慎一郎, 和田 信雄

    波紋   30 巻 ( 4 ) 頁: 192 - 196   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本中性子科学会  

    DOI: 10.5611/hamon.30.4_192

    CiNii Research

  10. A Multi-Center Contouring Study of Spinal Cord Comparing MRI and Myelo-CT Fusion

    Tanaka H., Aoyama T., Shimizu H., Tachibana H., Koide Y., Miyauchi R., Wakabayashi K., Ooshima Y., Adachi S., Kozai Y., Kodaira T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS   108 巻 ( 3 ) 頁: E377 - E377   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  11. Development and application of a <sup>3</sup>He Neutron Spin Filter at J-PARC

    Okudaira T., Oku T., Ino T., Hayashida H., Kira H., Sakai K., Hiroi K., Takahashi S., Aizawa K., Endo H., Endo S., Hino M., Hirota K., Honda T., Ikeda K., Kakurai K., Kambara W., Kitaguchi M., Oda T., Ohshita H., Otomo T., Shimizu H.M., Shinohara T., Suzuki J., Yamamoto T.

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment   977 巻   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment  

    We are developing a neutron polarizer with polarized 3He gas, referred to as a 3He spin filter, based on the Spin Exchange Optical Pumping (SEOP) for polarized neutron scattering experiments at Materials and Life Science Experimental Facility (MLF) of Japan Proton Accelerator Research Complex (J-PARC). A 3He gas-filling station was constructed at J-PARC, and several 3He cells with long spin relaxation times have been fabricated using the gas-filling station. A laboratory has been prepared in the MLF beam hall for polarizing 3He cells, and compact pumping systems with laser powers of 30 W and 110 W, which can be installed onto a neutron beamline, have been developed. A 3He polarization of 85% was achieved at a neutron beamline by using the pumping system with the 110 W laser. Recently, the first user experiment utilizing the 3He spin filter was conducted, and there have been several more since then. The development and utilization of 3He spin filters at MLF of J-PARC are reported.

    DOI: 10.1016/j.nima.2020.164301

    Web of Science

    Scopus

  12. 3-D Intrinsic and Scattering Seismic Attenuation Structures Beneath Kyushu, Japan

    Shito A., Matsumoto S., Ohkura T., Shimizu H., Sakai S., Iio Y., Takahashi H., Yakiwara H., Watanabe T., Kosuga M., Okada T., Yoshimi M., Asano Y.

    Journal of Geophysical Research: Solid Earth   125 巻 ( 8 )   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Geophysical Research: Solid Earth  

    The attenuation of seismic wave energy is caused by intrinsic absorption and scattering. The former involves the conversion of seismic wave energy to heat energy via internal friction due to the anelasticity of the medium, whereas the latter involves the scattering of seismic wave energy due to random elastic heterogeneities in the medium. Quantifying both intrinsic ((Formula presented.)) and scattering ((Formula presented.)) attenuation is therefore important for understanding the physical properties of the Earth's interior and predicting seismic wave propagation. Here we develop a new procedure to separately map three-dimensional (3-D) (Formula presented.) and (Formula presented.) structures. The path-averaged (Formula presented.) and (Formula presented.) values are obtained via an envelope-fitting approach that employs a multiple-scattering model. The path-averaged (Formula presented.) and (Formula presented.) structures are then mapped into 3-D space using a tomographic inversion technique based on sensitivity kernels, which are calculated from a Monte Carlo simulation of the radiative transfer equations. We apply this method to map the crustal structure beneath Kyushu, Japan, and obtain 3-D (Formula presented.) and (Formula presented.) structures for the 1–2, 2–4, and 4–8 Hz frequency bands. The spatial attenuation patterns are similar for each of the analyzed frequency bands, with the spatial variability in (Formula presented.) being more pronounced than that in (Formula presented.). The high- (Formula presented.) and (Formula presented.) regions correspond to the locations of active volcanoes. Conversely, the northern Kyushu area possesses low- (Formula presented.) and (Formula presented.) zones that correspond to low heat flow and Cretaceous granite, respectively. The overall (Formula presented.) and (Formula presented.) distributions correlate with thermal and geological structures, respectively.

    DOI: 10.1029/2019JB018742

    Scopus

  13. Neutron spin dynamics in polarized targets

    Gudkov Vladimir, Shimizu Hirohiko M.

    PHYSICAL REVIEW C   102 巻 ( 1 )   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Physical Review C  

    We present the neutron elastic scattering amplitude for an arbitrarily polarized target in an irreducible spherical-tensor representation. The general approach for the description of neutron spin dynamics for propagation through the medium with an arbitrary polarization is discussed in relation to the search for a time-reversal invariance violation in neutron scattering.

    DOI: 10.1103/PhysRevC.102.015503

    Web of Science

    Scopus

  14. Transverse asymmetry of gamma rays from neutron -induced compound states of La-140

    Yamamoto T., Okudaira T., Endo S., Fujioka H., Hirota K., Ino T., Ishizaki K., Kimura A., Kitaguchi M., Koga J., Makise S., Niinomi Y., Oku T., Sakai K., Shima T., Shimizu H. M., Takada S., Tani Y., Yoshikawa H., Yoshioka T.

    PHYSICAL REVIEW C   101 巻 ( 6 )   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Physical Review C  

    An sp-mixing model, which describes a compound nuclear reaction by mixing partial waves, predicts a correlation term in this reaction. A detailed study of the sp-mixing model is required to study the feasibility of a new type of time reversal symmetry violation search experiment. The correlation term σn·(kn×kγ) in the La139(n - ,γ) reaction has been studied by measuring γ-ray and neutron energies utilizing epithermal polarized neutrons and germanium detectors. The transverse asymmetry for single γ-ray transition was measured to be 0.60±0.19 in the p-wave resonance.

    DOI: 10.1103/PhysRevC.101.064624

    Web of Science

    Scopus

  15. An experimental setup for creating and imaging <sup>4</sup> He 2∗ excimer cluster tracers in superfluid helium-4 via neutron-<sup>3</sup>He absorption reaction

    Sonnenschein V., Tsuji Y., Kokuryu S., Kubo W., Suzuki S., Tomita H., Kiyanagi Y., Iguchi T., Matsushita T., Wada N., Kitaguchi M., Shimizu H.M., Hirota K., Shinohara T., Hiroi K., Hayashida H., Guo W., Ito D., Saito Y.

    Review of Scientific Instruments   91 巻 ( 3 )   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Review of Scientific Instruments  

    For the purpose of future visualization of the flow field in superfluid helium-4, clusters of the triplet state excimer 4He2* are generated along the micro-scale recoil tracks of the neutron-absorption reaction n + 3He → 3T + p. This reaction is induced by neutron irradiation of the 3He fraction contained in natural isotopic abundance liquid helium with neutron beams either from the Japan Proton Accelerator Research Complex, Materials and Life Science Experimental Facility (JPARC)/Materials and Life Science Experimental Facility or from the Kyoto University Institute for Integrated Radiation and Nuclear Science. These 4He2* clusters are expected to be ideal tracers of the normal-fluid component in superfluid helium with several advantageous properties. Evidence of the excimer generation is inferred by detection of laser induced fluorescence emitted from the 4He2* clusters excited by a purpose-built short pulse gain-switched titanium:sapphire (Ti:sa) laser operating at a wavelength of 905 nm. The setup and performance characteristics of the laser system including the Ti:sa and two continuous wave re-pumping lasers are described. Detection at the fluorescence wavelength of 640 nm is performed by using optical bandpass filtered photomultiplier tubes (PMT). Electrical noise in the PMT acquisition traces could successfully be suppressed by post-processing with a simple algorithm. Despite other laser-related backgrounds, the excimer was clearly identified by its fluorescence decay characteristics. Production of the excimer was found to be proportional to the neutron flux, adjusted via insertion of different collimators into the neutron beam. These observations suggest that the apparatus we constructed does function in the expected manner and, therefore, has the potential for groundbreaking turbulence research with superfluid helium.

    DOI: 10.1063/1.5130919

    Web of Science

    Scopus

  16. J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験:SFCアップグレード

    岡部 宏紀, 日野 正裕, 広田 克也, 家城 斉, 猪野 隆, 岩下 芳久, 北口 雅暁, 北原 龍之介, 古賀 淳, 三島 賢二, 森下 彩, 中野 祐輔, 長倉 直樹, 小田 達郎, 生出 秀行, 音野 瑛俊, 関義 親, 関場 大一郎, 嶋 達志, 清水 裕彦, 角 直幸, 角野 浩史, 竹谷 薫, 富田 龍彦, 上原 英晃, 山田 崇人, 山下 了, 横橋 麻美, 吉岡 瑞樹

    日本物理学会講演概要集   75.1 巻 ( 0 ) 頁: 72 - 72   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.75.1.0_72

    CiNii Research

  17. NOPTREX実験に向けた偏極La標的の開発-超偏極実験用クライオスタットの立ち上げ-

    堀田 大稀, 石崎 貢平, 井出 郁央, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 飯沼 昌隆, 郡 英輝, 與曽井 優, 吉川 大幹, 石元 茂

    日本物理学会講演概要集   75.1 巻 ( 0 ) 頁: 335 - 335   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.75.1.0_335

    CiNii Research

  18. NOPTREX実験に向けた偏極La標的の開発-LaAlO<sub>3</sub>のスピン格子緩和測定-

    井出 郁央, 石崎 貢平, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 飯沼 昌隆, 郡 英輝, 與曽井 優, 吉川 大幹, 宮地 義之, 三浦 大輔, 石元 茂

    日本物理学会講演概要集   75.1 巻 ( 0 ) 頁: 311 - 311   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.75.1.0_311

    CiNii Research

  19. MTV実験の報告3

    尾﨑 早智, 梶原 拓真, 川村 広和, 北口 雅暁, 後藤 文也, 坂元 祐子, 清水 裕彦, 清水 裕太, 竹中 黎, 田中 佐季, 田沼 良介, 田村 晃太郎, 戸塚 祐実, 中谷 祐輔, 馬場 秀忠, 益田 英知, 山脇 友志, 横橋 麻美, 吉田 立, 渡辺 悦子, 村田 次郎

    日本物理学会講演概要集   75.1 巻 ( 0 ) 頁: 280 - 280   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.75.1.0_280

    CiNii Research

  20. MTV実験の報告2

    後藤 文也, 尾﨑 早智, 梶原 拓真, 川村 広和, 北口 雅暁, 坂元 祐子, 清水 裕彦, 清水 裕太, 竹中 黎, 田中 佐季, 田沼 良介, 田村 晃太郎, 戸塚 祐実, 中谷 祐輔, 馬場 秀忠, 益田 英知, 村田 次郎, 山脇 友志, 横橋 麻美, 渡辺 悦子

    日本物理学会講演概要集   75.1 巻 ( 0 ) 頁: 279 - 279   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.75.1.0_279

    CiNii Research

  21. MTV実験の報告1

    田村 晃太郎, 尾崎 早智, 梶原 拓真, 川村 広和, 北口 雅暁, 後藤 文也, 坂元 祐子, 清水 裕彦, 清水 裕太, 竹中 黎, 田中 佐季, 田沼 良介, 戸塚 祐実, 中谷 祐輔, 馬場 秀忠, 益田 英知, 村田 次郎, 山脇 友志, 横橋 麻美, 渡辺 悦子

    日本物理学会講演概要集   75.1 巻 ( 0 ) 頁: 278 - 278   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.75.1.0_278

    CiNii Research

  22. J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験:バックグラウンドと系統誤差の評価

    市川 豪, 広田 克也, 家城 斉, 猪野 隆, 岩下 芳久, 梶原 昇吾, 加藤 悠, 北口 雅暁, 北原 龍之介, 古賀 淳, 牧瀬 壮, 三島 賢二, 茂木 駿紀, 森川 滉己, 森下 彩, 長倉 直樹, 中野 祐輔, 生出 秀行, 岡部 宏紀, 音野 瑛俊, 關 義親, 関場 大一郎, 嶋 達志, 清水 裕彦, 杉澤 悠紀, 角 直幸, 角野 浩史, 竹谷 薫, 田辺 友彦, 富田 龍彦, 上原 英晃, 山田 崇人, 山下 了, 矢野 浩大, 横橋 麻美, 吉岡 瑞樹

    日本物理学会講演概要集   75.1 巻 ( 0 ) 頁: 70 - 70   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.75.1.0_70

    CiNii Research

  23. パルス中性子対応干渉計の開発

    山本 奈々, 北口 雅暁, 清水 裕彦, 関 義親, 三島 賢二

    日本物理学会講演概要集   75.1 巻 ( 0 ) 頁: 318 - 318   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.75.1.0_318

    CiNii Research

  24. 結晶回折を用いた中性子EDM測定のための結晶内電場測定

    菱田 真由, 伊藤 茂, 福村 省三, 北口 雅暁, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   75.1 巻 ( 0 ) 頁: 276 - 276   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.75.1.0_276

    CiNii Research

  25. 弱い相互作用におけるローレンツ不変性の破れ探索実験

    竹中 黎, 尾崎 早智, 梶原 拓真, 北口 雅暁, 後藤 文也, 清水 裕彦, 清水 裕太, 田村 晃太郎, 益田 英知, 山脇 友志, 渡辺 悦子, 村田 次郎

    日本物理学会講演概要集   75.1 巻 ( 0 ) 頁: 313 - 313   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.75.1.0_313

    CiNii Research

  26. 余剰次元重力による中性子干渉性散乱を記述するモデルの開発

    近藤 亮太, 廣本 政之, 堀 太地, 大井 法子, 広田 克也, 猪野 隆, 北口 雅暁, 三島 賢二, 嶋 達志, 清水 裕彦, 原 周平, 吉岡 瑞樹

    日本物理学会講演概要集   75.1 巻 ( 0 ) 頁: 315 - 315   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.75.1.0_315

    CiNii Research

  27. 中性子複合核共鳴吸収における時間反転対称性探索に向けた偏極標的研究の進捗 2019

    石崎 貢平, 飯沼 昌隆, 池田 陽一, 池上 弘樹, 石黒 亮輔, 石元 茂, 井出 郁央, 猪野 隆, 岩田 高広, 上坂 友洋, 大友 季哉, 奥 隆之, 神田 浩樹, 北口 雅暁, 郡 英輝, 嶋 達志, 清水 裕彦, 高橋 大輔, 高橋 義朗, 藤田 全基, 堀田 大稀, 松下 琢, 三浦 大輔, 宮地 義之, 吉川 大幹, 與曽井 優, 和田 信雄, 他 NOPTREX collaboration

    日本物理学会講演概要集   75.1 巻 ( 0 ) 頁: 310 - 310   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.75.1.0_310

    CiNii Research

  28. 中性子干渉性散乱を用いた未知短距離力探索実験における検出器の性能評価

    中部 倫太郎, 清水 裕彦, 広田 克也, 北口 雅暁, 近藤 亮太, 嶋 達志, 原周 平, 廣本 政之, 猪野 隆, 三島 賢二, 吉岡 瑞樹

    日本物理学会講演概要集   75.1 巻 ( 0 ) 頁: 317 - 317   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.75.1.0_317

    CiNii Research

  29. 中性子干渉性散乱による未知短距離力探索実験に向けたナノ粒子標的の応答測定

    廣本 政之, 中部 倫太郎, 近藤 亮太, 広田 克也, 猪野 隆, 北口 雅暁, 三島 賢二, 嶋 達志, 清水 裕彦, 吉岡 瑞樹, 原 周平

    日本物理学会講演概要集   75.1 巻 ( 0 ) 頁: 316 - 316   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.75.1.0_316

    CiNii Research

  30. 中性子回折を用いた未知相互作用の探索について

    藤家 拓大, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 山形 豊, 細畠 拓也, 竹田 真宏

    日本物理学会講演概要集   75.1 巻 ( 0 ) 頁: 74 - 74   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.75.1.0_74

    CiNii Research

  31. 中性子EDM探索実験のための結晶内電場によるスピン回転の測定

    伊藤 茂康, 福村 省三, 菱田 真由, 北口 雅暁, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   75.1 巻 ( 0 ) 頁: 275 - 275   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.75.1.0_275

    CiNii Research

  32. Measurement of the total neutron-scattering cross-section ratios of noble gases of natural isotopic composition using a pulsed neutron beam

    Haddock Christopher C., Hiromoto Masayuki, Hirota Katsuya, Ino Takashi, Kitaguchi Masaaki, Mishima Kenji, Oi Noriko, Shima Tatsushi, Shimizu Hirohiko M., Snow W. Michael, Yoshioka Tamaki

    PHYSICAL REVIEW C   100 巻 ( 6 )   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Physical Review C  

    Precision measurements of slow neutron cross sections with atoms have several scientific applications. In particular, the n-He4 s-wave scattering length is important to know both for helping to constrain the nuclear three-body interaction and for the proper interpretation of several ongoing slow neutron experiments searching for other types of neutron-atom interactions. We present new measurements of the ratios of the neutron differential scattering cross sections of the noble gases He, Ar, Kr, and Xe to Ne. All gases used were of natural isotopic abundance. These measurements were performed using a recently developed neutron-scattering apparatus for gas samples located on a pulsed slow neutron beamline which was designed to search for possible exotic neutron-atom interactions and employs both neutron time of flight information and a position-sensitive neutron detector for scattering event reconstruction. We found agreement with the literature values of scattering cross sections inferred from Ar/Ne, Kr/Ne, and Xe/Ne differential cross-section ratios over the q range of 1-7 nm-1. However, for the case of He/Ne we find that the cross section inferred differs by 11.3% (7.6σ) from previously reported values inferred from neutron phase-shift measurements, but is in reasonable agreement with values from other measurements. The very large discrepancy in the He/Ne ratio calls for a new precision measurement of the n-He4 scattering length using neutron interferometry.

    DOI: 10.1103/PhysRevC.100.064002

    Web of Science

    Scopus

  33. 中性子ビームの速度均等化による高密度超冷中性子生成

    北口 雅暁, 清水 裕彦, 岩下 芳久

    加速器   16 巻 ( 3 ) 頁: 161 - 166   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本加速器学会  

    DOI: 10.50868/pasj.16.3_161

    CiNii Research

  34. Improved accuracy in the determination of the thermal cross section of <sup>14</sup>N(n, p) <sup>14</sup>C for neutron lifetime measurement

    Kitahara R., Hirota K., Ieki S., Ino T., Iwashita Y., Kitaguchi M., Koga J., Mishima K., Morishita A., Nagakura N., Oide H., Otono H., Seki Y., Sekiba D., Shima T., Shimizu H.M., Sumi N., Sumino H., Taketani K., Tomita T., Yamada T., Yamashita S., Yokohashi M., Yoshioka T.

    Progress of Theoretical and Experimental Physics   2019 巻 ( 9 )   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Progress of Theoretical and Experimental Physics  

    In a neutron lifetime measurement at the Japan Proton Accelerator Complex, the neutron lifetime is calculated from the neutron decay rate and the incident neutron flux. The flux is obtained by counting the protons emitted from the neutron absorption reaction of 3He gas, which is diluted in a mixture of working gas in a detector. Hence, it is crucial to determine the amount of 3He in the mixture. In order to improve the accuracy of the number density of the 3He nuclei, we have suggested using the 14N(n, p)14C reaction as a reference because this reaction involves similar kinetic energy to the 3He(n,p)3 H reaction and a smaller reaction cross section to introduce reasonable large partial pressure. The uncertainty of the recommended value of the cross section, however, is not satisfied with our requirement. In this paper we report the most accurate experimental value of the cross section of the 14N(n,p)14C reaction at a neutron velocity of 2200 m s-1, measured relative to the 3He(n,p)3H reaction. The result was 1.868 \pm 0.003 (stat.) ± 0.006 (sys.) b. Additionally, the cross section of the 17O(n,α)14C reaction at the neutron velocity is also redetermined as 249 ± 6 mb.

    DOI: 10.1093/ptep/ptz096

    Web of Science

    Scopus

  35. Ultra-violet imaging of the night-time earth by EUSO-Balloon towards space-based ultra-high energy cosmic ray observations

    Abdellaoui G., Abe S., Adams J.H., Ahriche A., Allard D., Allen L., Alonso G., Anchordoqui L., Anzalone A., Arai Y., Asano K., Attallah R., Attoui H., Ave Pernas M., Bacholle S., Bakiri M., Baragatti P., Barrillon P., Bartocci S., Bayer J., Beldjilali B., Belenguer T., Belkhalfa N., Bellotti R., Belov A., Belov K., Benmessai K., Bertaina M., Biermann P.L., Biktemerova S., Bisconti F., Blanc N., Błȩcki J., Blin-Bondil S., Bobik P., Bogomilov M., Bozzo E., Briz S., Bruno A., Caballero K.S., Cafagna F., Campana D., Capdevielle J.N., Capel F., Caramete A., Caramete L., Carlson P., Caruso R., Casolino M., Cassardo C., Castellina A., Catalano C., Catalano O., Cellino A., Chikawa M., Chiritoi G., Christl M.J., Connaughton V., Conti L., Cordero G., Cotto G., Crawford H.J., Cremonini R., Csorna S., Cummings A., Dagoret-Campagne S., de Castro A.J., De Donato C., de la Taille C., De Santis C., del Peral L., Di Martino M., Diaz Damian A., Djemil T., Dutan I., Ebersoldt A., Ebisuzaki T., Engel R., Eser J., Fenu F., Fernández-González S., Ferrarese S., Flamini M., Fornaro C., Fouka M., Franceschi A., Franchini S., Fuglesang C., Fujii T., Fujimoto J., Fukushima M., Galeotti P., García-Ortega E., Garipov G., Gascón E., Genci J., Giraudo G., González Alvarado C., Gorodetzky P., Greg R.

    Astroparticle Physics   111 巻   頁: 54 - 71   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Astroparticle Physics  

    The JEM-EUSO (Joint Experiment Missions for the Extreme Universe Space Observatory) program aims at developing Ultra-Violet (UV) fluorescence telescopes for efficient detections of Extensive Air Showers (EASs) induced by Ultra-High Energy Cosmic Rays (UHECRs) from satellite orbit. In order to demonstrate key technologies for JEM-EUSO, we constructed the EUSO-Balloon instrument that consists of a ∼1 m 2 refractive telescope with two Fresnel lenses and an array of multi-anode photo-multiplier tubes at the focus. Distinguishing it from the former balloon-borne experiments, EUSO-Balloon has the capabilities of single photon counting with a gate time of 2.3 µs and of imaging with a total of 2304 pixels. As a pathfinder mission, the instrument was launched for an 8 h stratospheric flight on a moonless night in August 2014 over Timmins, Canada. In this work, we analyze the count rates over ∼2.5 h intervals. The measurements are of diffuse light, e.g. of airglow emission, back-scattered from the Earth's atmosphere as well as artificial light sources. Count rates from such diffuse light are a background for EAS detections in future missions and relevant factor for the analysis of EAS events. We also obtain the geographical distribution of the count rates over a ∼780 km 2 area along the balloon trajectory. In developed areas, light sources such as the airport, mines, and factories are clearly identified. This demonstrates the correct location of signals that will be required for the EAS analysis in future missions. Although a precise determination of count rates is relevant for the existing instruments, the absolute intensity of diffuse light is deduced for the limited conditions by assuming spectra models and considering simulations of the instrument response. Based on the study of diffuse light by EUSO-Balloon, we also discuss the implications for coming pathfinders and future space-based UHECR observation missions.

    DOI: 10.1016/j.astropartphys.2018.10.008

    Web of Science

    Scopus

  36. Generation of <sup>4</sup> He 2∗ Clusters via Neutron- <sup>3</sup> He Absorption Reaction Toward Visualization of Full Velocity Field in Quantum Turbulence

    Matsushita T., Sonnenschein V., Guo W., Hayashida H., Hiroi K., Hirota K., Iguchi T., Ito D., Kitaguchi M., Kiyanagi Y., Kokuryu S., Kubo W., Saito Y., Shimizu H.M., Shinohara T., Suzuki S., Tomita H., Tsuji Y., Wada N.

    Journal of Low Temperature Physics   196 巻 ( 1-2 ) 頁: 275 - 282   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Low Temperature Physics  

    For flow visualization study of quantum turbulence in superfluid 4He, He2∗ excimers are unique tracers which follow only normal-fluid component flow above 1 K. To generate detectable small He2∗ clouds (clusters) required for full-space velocity field measurements, we have adopted a new method based on neutron absorption reaction of 3He impurities in 4He and conducted proof-of-principle experiments. Generation of the He2∗ excimers was detected by laser-induced fluorescence using photomultiplier tubes. The fluorescence was observed to increase proportionally to the neutron flux, suggesting that a sufficient amount of He2∗ excimers were generated by neutrons. We also estimated the number of He2∗ excimers possibly generated by γ-rays and found that the relevant contribution was less than 40%. Thus, the majority of the He2∗ excimers was confirmed to be generated via n-3He absorption reactions.

    DOI: 10.1007/s10909-018-02112-3

    Web of Science

    Scopus

  37. First ultracold neutrons produced at TRIUMF

    Ahmed S., Altiere E., Andalib T., Bell B., Bidinosti C.P., Cudmore E., Das M., Davis C.A., Franke B., Gericke M., Giampa P., Gnyp P., Hansen-Romu S., Hatanaka K., Hayamizu T., Jamieson B., Jones D., Kawasaki S., Kikawa T., Kitaguchi M., Klassen W., Konaka A., Korkmaz E., Kuchler F., Lang M., Lee L., Lindner T., Madison K.W., Makida Y., Mammei J., Mammei R., Martin J.W., Matsumiya R., Miller E., Mishima K., Momose T., Okamura T., Page S., Picker R., Pierre E., Ramsay W.D., Rebenitsch L., Rehm F., Schreyer W., Shimizu H.M., Sidhu S., Sikora A., Smith J., Tanihata I., Thorsteinson B., Vanbergen S., Van Oers W.T.H., Watanabe Y.X.

    Physical Review C   99 巻 ( 2 )   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Review C  

    We installed a source for ultracold neutrons at a new, dedicated spallation target at TRIUMF. The source was originally developed in Japan and uses a superfluid-helium converter cooled to 0.9K. During an extensive test campaign in November 2017, we extracted up to 325000 ultracold neutrons after a one-minute irradiation of the target, over three times more than previously achieved with this source. The corresponding ultracold-neutron density in the whole production and guide volume is 5.3cm-3. The storage lifetime of ultracold neutrons in the source was initially 37 s and dropped to 24 s during the 18 days of operation. During continuous irradiation of the spallation target, we were able to detect a sustained ultracold-neutron rate of up to 1500s-1. Simulations of UCN production, UCN transport, temperature-dependent UCN yield, and temperature-dependent storage lifetime show excellent agreement with the experimental data and confirm that the ultracold-neutron-upscattering rate in superfluid helium is proportional to T7.

    DOI: 10.1103/PhysRevC.99.025503

    Web of Science

    Scopus

  38. Pendellosung interferometry by using pulsed neutrons (vol 908, pg 78, 2018)

    Itoh Shigeyasu, Nakaji Masaya, Uchida Yuya, Kitaguchi Masaaki, Shimizu Hirohiko M.

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT   918 巻   頁: 99 - 99   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment  

    Miller indices that the Pendellösung fringes were observed was not [Formula presented], but [Formula presented]. Therefore the description of [Formula presented] should be replaced to [Formula presented] for all in the statement and figures. In connection with this, the sentences from second line to fifth line in section 3 of 80 page should be renewed as follows. “Four diffraction peaks were observed for the [Formula presented], [Formula presented], [Formula presented], [Formula presented] planes. The diffraction peak of the [Formula presented] plane, which was in the Laue geometry condition, was analyzed for the demonstration of the Pendellösung fringes”. And Fig. 4 is replaced. The conclusion of this article is not affected due to these corrections.

    DOI: 10.1016/j.nima.2018.10.218

    Web of Science

    Scopus

  39. 今後の展望2

    清水 裕彦

    波紋   29 巻 ( 1 ) 頁: 41 - 43   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本中性子科学会  

    <p>Analytic framework to quantitatively evaluate the performance of existing neutron scattering instruments would be valuable to find out new possibilities and potentials of slow neutron beams. A conceptual introduction of ongoing exploration for building up a framework is discussed.</p>

    DOI: 10.5611/hamon.29.1_41

    CiNii Research

  40. Verification of the compound nuclear model for T-violation search

    Yamamoto T., Shimizu H.M., Ishizaki K., Niinomi Y., Kitaguchi M., Takada S., Koga J., Makise S., Yoshioka T., Kimura A., Sakai K., Oku T., Okudaira T., Endo S., Tani Y., Fujioka H., Yoshikawa H., Hirota K., Shima T.

    Proceedings of Science   356 巻   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Proceedings of Science  

    Large sources of parity violation have been observed in compound nuclear reactions. These enhancements are described by the compound nuclear model, which can be used to describe the angular correlation of γ-rays produced in (n; γ) reactions in medium-heavy nuclei. It has also been suggested that these same reactions could lead to a similar enhancement in time reversal violating processes. Therefore, we are interested in verifying the compound nuclear model by studying the (n; γ) reaction using polarized neutrons. In this paper, we discuss the installation and characterization of a neutron polarizer used in the (n; γ) measurement with transversely polarized neutrons.

    DOI: 10.22323/1.356.0042

    Scopus

  41. Polarized lanthanum target for the t-violation search in slow neutron transmission

    Ishizaki K., Shimizu H.M., Kitaguchi M., Matsushita T., Iinuma M., Kohri H., Yoshikawa H., Yosoi M., Shima T., Iwata T., Miyachi Y., Ishimoto S., Fujita M., Ikeda Y.

    Proceedings of Science   379 巻   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Proceedings of Science  

    The Nd3+ doped LaAlO3 crystal is a good candidate of a polarized 139La target for the search of the P-odd and T-odd interaction in the low-energy neutron absorption of 139La. As the first step for realizing the polarized 139La target, we grow the undoped LaAlO3 crystal and the La1−xNdxAlO3 (x = 5 ×10−4) crystal by floating-zone method with four halogen lamps. The ESR measurements of Nd3+ in the latter crystal indicated that the linewidth was about 6 gauss, whose value is the same as the crystal in which 50 % 139La polarization was achieved in the previous DNP experiment. As the result, the crystals grown by this method can be applicable to the target study for the T-violation search.

    Scopus

  42. Development of the neutron polarizer for the T-violation search using compound nuclei

    Okudaira T., Oku T., Sakai K., Ino T., Hayashida H., Hiroi K., Shinohara T., Kakurai K., Aizawa K., Shimizu H.M., Kitaguchi M., Yamamoto T.

    Proceedings of Science   356 巻   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Proceedings of Science  

    The fundamental parity violation is enhanced by 106 times at maximum in several neutron induced compound nuclei. There is a theoretical prediction that fundamental T-violating effects can be also largely enhanced in compound nuclei implying that T-violation can be searched for by making very sensitive measurements. A T-violation search experiment using compound nuclei is planned at J-PARC. Polarized epithermal neutron beam, polarized nuclear target, and high count rate neutron detector are necessary for the experiment, and therefore a development of the neutron polarizer using polarized 3He is ongoing at J-PARC in JAEA. Recently, a clean vacuum system to fabricate 3He spin filters was constructed, and several 3He spin filters were fabricated. The current status of the development of the 3He spin filter was reported.

    Scopus

  43. J-PARC/BL05における中性子−希ガス散乱を用いた未知相互作用探索実験−2018データ解析−

    廣本 政之, 嶋 達志, 清水 裕彦, 広田 克也, 北口 雅暁, 吉岡 瑞樹, 三島 賢二, 猪野 隆

    日本物理学会講演概要集   74.1 巻 ( 0 ) 頁: 306 - 306   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.74.1.0_306

    CiNii Research

  44. MTV実験の報告2

    尾崎 早智, 梶原 拓真, 川村 広和, 北口 雅暁, 後藤 文也, 坂元 祐子, 清水 裕彦, 清水 裕太, 竹中 黎, 田中 佐季, 田沼 良介, 田村 晃太郞, 戸塚 祐実, 中谷 祐輔, 馬場 秀忠, 益田 英知, 山脇 友志, 横橋 麻美, 吉田 立, 渡辺 悦子, 村田 次郎

    日本物理学会講演概要集   74.1 巻 ( 0 ) 頁: 304 - 304   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.74.1.0_304

    CiNii Research

  45. MTV実験に関する報告1

    後藤 文也, 尾崎 早智, 梶原 拓真, 川村 広和, 北口 雅暁, 坂元 祐子, 清水 裕彦, 清水 裕太, 竹中 黎, 田中 佐季, 田村 晃太郞, 戸塚 祐実, 中谷 祐輔, 馬場 秀忠, 益田 英知, 村田 次郎, 山脇 友志, 横橋 麻美, 渡辺 悦子

    日本物理学会講演概要集   74.1 巻 ( 0 ) 頁: 303 - 303   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.74.1.0_303

    CiNii Research

  46. J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験:SFCアップグレード

    岡部 宏紀, 日野 正裕, 広田 克也, 家城 斉, 猪野 隆, 岩下 芳久, 北口 雅暁, 北原 龍之介, 古賀 淳, 三島 賢二, 森下 彩, 中野 祐輔, 長倉 直樹, 小田 達郎, 生出 秀行, 音野 瑛俊, 関 義親, 関場 大一郎, 嶋 達志, 清水 裕彦, 角 直幸, 角野 浩史, 竹谷 薫, 富田 龍彦, 上原 英晃, 山田 崇人, 山下 了, 横橋 麻美, 吉岡 瑞樹

    日本物理学会講演概要集   74.2 巻 ( 0 ) 頁: 94 - 94   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.74.2.0_94

    CiNii Research

  47. J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験:SFCアップグレード

    岡部 宏紀, 広田 克也, 家城 斉, 猪野 隆, 岩下 芳久, 北口 雅暁, 北原 龍之介, 古賀 淳, 三島 賢二, 森下 彩, 中野 祐輔, 長倉 直樹, 生出 秀行, 音野 瑛俊, 関 義親, 関場 大一郎, 嶋 達志, 清水 裕彦, 角 直幸, 角野 浩史, 竹谷 薫, 富田 龍彦, 上原 英晃, 山田 崇人, 山下 了, 横橋 麻美, 吉岡 瑞樹

    日本物理学会講演概要集   74.1 巻 ( 0 ) 頁: 163 - 163   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.74.1.0_163

    CiNii Research

  48. SiO<sub>2</sub>結晶内電場測定と中性子EDM測定に向けて

    伊藤 茂康, 菱田 真由, 福村 省三, 北口 雅暁, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   74.2 巻 ( 0 ) 頁: 266 - 266   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.74.2.0_266

    CiNii Research

  49. 超冷中性子リバンチャー2号機の性能評価実験結果

    今城 想平, 岩下 芳久, 三島 賢二, 北口 雅暁, 清水 裕彦, 猪野 隆, 山下 了, 広田 克也, 後藤 文也, 不破 康裕, 片山 領

    日本物理学会講演概要集   74.2 巻 ( 0 ) 頁: 93 - 93   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.74.2.0_93

    CiNii Research

  50. 複合核共鳴を用いた時間反転対称性の破れの探索実験のための偏極核標的開発

    飯沼 昌隆, 清水 裕彦, 池上 弘樹, 池田 陽一, 石崎 貢平, 石黒 亮輔, 石元 茂, 猪野 隆, 岩田 高広, 上坂 友洋, 大友 季哉, 奥 隆之, 神田 浩樹, 北口 雅暁, 郡 英樹, 嶋 達志, 高橋 大輔, 高橋 義朗, 藤田 全基, 松下 琢, 宮地 義之, 與曽 井優, 和田 信雄, 他 NOPTREX collaboration

    日本物理学会講演概要集   74.1 巻 ( 0 ) 頁: 277 - 277   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.74.1.0_277

    CiNii Research

  51. 結晶回折を用いた中性子EDM測定のための結晶内電場の測定2

    内田 裕也, 伊藤 茂康, 福村 省三, 山本 奈々, 北口 雅暁, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   74.1 巻 ( 0 ) 頁: 298 - 298   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.74.1.0_298

    CiNii Research

  52. 結晶回折を用いた中性子EDM測定のための、結晶の評価

    菱田 真由, 伊藤 茂康, 福村 省三, 北口 雅暁, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   74.2 巻 ( 0 ) 頁: 267 - 267   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.74.2.0_267

    CiNii Research

  53. 結晶回折を用いた中性子EDM測定のための、X線による結晶の評価

    福村 省三, 伊藤 茂康, 内田 裕也, 山本 奈々, 北口 雅暁, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   74.1 巻 ( 0 ) 頁: 299 - 299   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.74.1.0_299

    CiNii Research

  54. 名古屋大学加速器駆動中性子源 NUANS におけるイメージングポートの構築

    粟野 章吾, 市川 豪, 今城 想平, 岩下 芳久, 瓜谷 章, 北口 雅暁, 鬼柳 善明, 清水 裕彦, 土川 雄介, 土田 一輝, 釣田 幸雄, 広田 克也, 三和田 靖彦, 山形 豊, 山崎 淳, 吉橋 幸子, 渡辺 賢一

    日本物理学会講演概要集   74.1 巻 ( 0 ) 頁: 416 - 416   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.74.1.0_416

    CiNii Research

  55. 低エネルギー中性子照射ターゲットとしての<sup>139</sup>Laの核偏極標的開発

    石崎 貢平, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 松下 琢, 飯沼 昌隆, 藤田 全基, 池田 陽一, 郡 英輝, 池上 弘樹, 石黒 亮輔, 石元 茂, 猪野 隆, 岩田 高広, 上坂 友洋, 大友 季哉, 奥 隆之, 神田 浩樹, 嶋 達志, 高橋 大輔, 高橋 義朗, 宮地 義之, 與曽井 優, 和田 信雄, 他NOPTREX collaboration

    日本物理学会講演概要集   74.2 巻 ( 0 ) 頁: 299 - 299   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.74.2.0_299

    CiNii Research

  56. 中性子-反中性子振動探索実験のための高分解能飛跡検出器の開発

    久村 さら, 北口 雅暁, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   74.2 巻 ( 0 ) 頁: 323 - 323   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.74.2.0_323

    CiNii Research

  57. 中性子干渉性散乱による未知短距離力探索に向けた原理実証実験

    廣本 政之, 堀 太地, 大井 法子, 広田 克也, 猪野 隆, 北口 雅暁, 三島 賢二, 嶋 達志, 清水 裕彦, 原 周平, 吉岡 瑞樹

    日本物理学会講演概要集   74.2 巻 ( 0 ) 頁: 269 - 269   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.74.2.0_269

    CiNii Research

  58. 中性子回折を用いた未知相互作用の探索について

    藤家 拓大, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 山形 豊, 細畠 拓也, 竹田 真宏

    日本物理学会講演概要集   74.2 巻 ( 0 ) 頁: 95 - 95   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.74.2.0_95

    CiNii Research

  59. 中性子回折を用いた未知相互作用の探索について

    藤家 拓大, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 山形 豊, 細畠 拓也, 竹田 真宏

    日本物理学会講演概要集   74.1 巻 ( 0 ) 頁: 162 - 162   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.74.1.0_162

    CiNii Research

  60. パルス中性子対応干渉計の開発

    山本 奈々, 北口 雅暁, 清水 裕彦, 関 義親, 三島 賢二

    日本物理学会講演概要集   74.2 巻 ( 0 ) 頁: 265 - 265   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.74.2.0_265

    CiNii Research

  61. Pendellösung interferometry by using pulsed neutrons 査読有り

    Itoh S., Nakaji M., Uchida Y., Kitaguchi M., Shimizu H.M.

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment   908 巻   頁: 78 - 81   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment  

    Pendellösung interferometry is one of the technique for accurate determination of the structure factors of crystals. Observation method of Pendellösung fringes by using pulsed cold neutrons and the time-of-flight analysis were established. We measured the nuclear scattering length of silicon by the Pendellösung fringes with pulsed neutrons as (4.125±0.003(stat.)±0.028(syst.)). This indicates the applicability of Pendellösung interferometry at high-intensity pulsed neutron facilities for various precision measurements.

    DOI: 10.1016/j.nima.2018.08.043

    Web of Science

    Scopus

  62. A cold/ultracold neutron detector using fine-grained nuclear emulsion with spatial resolution less than 100 nm

    Naganawa N., Ariga T., Awano S., Hino M., Hirota K., Kawahara H., Kitaguchi M., Mishima K., Shimizu H.M., Tada S., Tasaki S., Umemoto A.

    European Physical Journal C   78 巻 ( 11 )   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Physical Journal C  

    A new type of cold/ultracold neutron detector that can realize a spatial resolution of less than 100 nm was developed using nuclear emulsion. The detector consists of a fine-grained nuclear emulsion coating and a 50-nm thick 10B 4C layer for the neutron conversion. The detector was exposed to cold and ultracold neutrons (UCNs) at the J-PARC. Detection efficiencies were measured as (0.163 ± 0.015 (stat) ± 0.013 (sys))% and (10.3 ± 1.3 (stat) ± 1.1 (sys))% for cold and ultracold neutrons consistently with the 10B content in the converter. Positions of individual neutrons can be determined by observing secondary particle tracks recorded in the nuclear emulsion. The spatial resolution of incident neutrons were found to be in the range of 11–99 nm in the angle region of tanθ≤ 1.9 , where θ is the angle between a recorded track and the normal direction of the converter layer. The achieved spatial resolution corresponds to the improvement of one or two orders of magnitude compared with conventional techniques and it is comparable with the wavelength of UCNs.

    DOI: 10.1140/epjc/s10052-018-6395-7

    Web of Science

    Scopus

  63. The general relativistic effects on the magnetic moment in Earth's gravity (vol 2018, 063B07, 2018) 査読有り

    Morishima Takahiro, Futamase Toshifumi, Shimizu Hirohiko M.

    PROGRESS OF THEORETICAL AND EXPERIMENTAL PHYSICS   2018 巻 ( 8 )   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Progress of Theoretical and Experimental Physics  

    The authors originally denoted the muon g-factor as gμ, whichwas mistyped as "gμ" in the published manuscript during the editing process. Equation (59) should be corrected as (Formula Presented).. The publisher apologises for any inconvenience caused.

    DOI: 10.1093/ptep/pty085

    Web of Science

    Scopus

  64. 中小型加速器中性子源の構築のための日本加速器学会と日本中性子科学会の連携に関して

    広田 克也, 清水 裕彦, 岩下 芳久, 内藤 富士雄

    加速器   15 巻 ( 2 ) 頁: 69 - 72   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本加速器学会  

    DOI: 10.50868/pasj.15.2_69

    CiNii Research

  65. Nuclear spin dependence of time reversal invariance violating effects in neutron scattering 査読有り

    Gudkov Vladimir, Shimizu Hirohiko M.

    PHYSICAL REVIEW C   97 巻 ( 6 )   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Review C  

    The spin structure of parity violating and time reversal invariance violating effects in neutron scattering is discussed. The explicit relations between these effects are presented in terms of functions nuclear spins and neutron partial widths of p-wave resonances.

    DOI: 10.1103/PhysRevC.97.065502

    Web of Science

    Scopus

  66. Search for deviations from the inverse square law of gravity at nm range using a pulsed neutron beam 査読有り

    Haddock C.C., Oi N., Hirota K., Ino T., Kitaguchi M., Matsumoto S., Mishima K., Shima T., Shimizu H.M., Snow W.M., Yoshioka T.

    Physical Review D   97 巻 ( 6 )   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Review D  

    We describe an experimental search for deviations from the inverse-square law of gravity at the nanometer length scale using neutron scattering from noble gases on a pulsed slow neutron beam line. By measuring the neutron momentum transfer (q) dependence of the differential cross section for xenon and helium and comparing to their well-known analytical forms, we place an upper bound on the strength of a new interaction as a function of interaction length λ which improves upon previous results in the region λ<0.1 nm, and remains competitive in the larger-λ region. A pseudoexperimental simulation is developed for this experiment and its role in the data analysis is described. We conclude with plans for improving sensitivity in the larger-λ region.

    DOI: 10.1103/PhysRevD.97.062002

    Web of Science

    Scopus

  67. 複合核状態を用いた時間反転対称性の破れ探索計画

    山本 知樹, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 広田 克也, 石崎 貢平, 遠藤 駿典, 佐藤 匠, 高田 秀佐, 古賀 淳, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 木村 敦, 奥平 琢也, 奥 隆之, 日野 正裕, 嶋 達志, 山形 豊

    日本物理学会講演概要集   73.2 巻 ( 0 ) 頁: 67 - 67   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.73.2.0_67

    CiNii Research

  68. 中性子2次元シンチレーション検出器の評価測定

    赤木 佑, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 広田 克也, 岡部 宏紀, 新實 裕大, 福村 省三

    日本物理学会講演概要集   73.1 巻 ( 0 ) 頁: 345 - 345   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.73.1.0_345

    CiNii Research

  69. 学術分野における中性子利用

    清水 裕彦

    レーザー研究   46 巻 ( 11 ) 頁: 647   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 レーザー学会  

    Applications of the neutron beam in academic research fields are briefly summarized over materialresearches, nuclear astrophysics and fundamental physics on the basis of existing research activitiescurrently in progress.

    DOI: 10.2184/lsj.46.11_647

    CiNii Research

  70. 時間反転対称性の破れ探索のための中性子偏極フィルターの開発

    佐藤 匠, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 広田 克也, 石崎 貢平, 遠藤 駿典, 山本 知樹, 高田 秀佐, 古賀 淳, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 木村 敦, 奥平 琢也, 奥 隆之, 日野 正裕, 嶋 達志, 山形 豊, 服部 峰之

    日本物理学会講演概要集   73.2 巻 ( 0 ) 頁: 69 - 69   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.73.2.0_69

    CiNii Research

  71. 結晶回折を用いた中性子EDM探索のための動力学的回折効果の検証

    中路 雅也, 伊藤 茂康, 内田 裕也, 北口 雅暁, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   73.1 巻 ( 0 ) 頁: 388 - 388   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.73.1.0_388

    CiNii Research

  72. 結晶回折を用いた中性子EDM探索のための結晶内電場の測定

    内田 裕也, 伊藤 茂康, 福村 省三, 山本 奈々, 北口 雅暁, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   73.2 巻 ( 0 ) 頁: 124 - 124   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.73.2.0_124

    CiNii Research

  73. 結晶回折を用いた中性子EDM探索のための結晶内電場の測定に向けて

    内田 裕也, 伊藤 茂康, 中路 雅也, 北口 雅暁, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   73.1 巻 ( 0 ) 頁: 389 - 389   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.73.1.0_389

    CiNii Research

  74. 複合核共鳴における時間反転対称性の破れ探索実験のためのTriplet-DNPを用いた中性子スピンフィルターの開発

    高田 秀佐, 古賀 淳, 吉岡 瑞樹, 上坂 友洋, 立石 健一郎, 大竹 淑恵, 池田 義雅, 若林 泰生, 清水 裕彦, 広田 克也, 奥平 琢也, 大井 法子, 伊藤 維久弥, 山本 知樹, 石崎 貢平, 遠藤 駿典, 佐藤 匠, 北口 雅暁, 酒井 健二

    日本物理学会講演概要集   73.1 巻 ( 0 ) 頁: 404 - 404   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.73.1.0_404

    CiNii Research

  75. 複合核共鳴を用いた時間反転対称性破れ探索に向けた、<sup>81</sup>Br(n,γ)反応におけるγ線放出角度分布測定

    遠藤 駿典, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 広田 克也, 山本 知樹, 石崎 貢平, 佐藤 匠, 高田 秀佐, 古賀 淳, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 木村 敦, 奥平 琢也, 奥 隆之, 日野 正裕, 嶋 達志, 山形 豊

    日本物理学会講演概要集   73.2 巻 ( 0 ) 頁: 68 - 68   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.73.2.0_68

    CiNii Research

  76. 複合核状態を用いた時間反転対称性の破れ探索に向けた偏極標的開発

    石崎 貢平, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 広田 克也, 山本 知樹, 遠藤 駿典, 佐藤 匠, 高田 秀佐, 古賀 淳, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 木村 敦, 奥平 琢也, 奥 隆之, 日野 正裕, 嶋 達志, 山形 豊

    日本物理学会講演概要集   73.2 巻 ( 0 ) 頁: 70 - 70   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.73.2.0_70

    CiNii Research

  77. MTV Run-2017の報告

    後藤 文也, 尾崎 早智, 梶原 拓真, 川村 広和, 北口 雅暁, 坂元 祐子, 清水 裕彦, 清水 裕太, 竹中 黎, 田中 佐季, 田村 晃太郎, 戸塚 祐実, 中谷 祐輔, 馬場 秀忠, 益田 英知, 村田 次郎, 山脇 友志, 横橋 麻美, 渡辺 悦子

    日本物理学会講演概要集   73.1 巻 ( 0 ) 頁: 401 - 401   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.73.1.0_401

    CiNii Research

  78. J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験:低ガス圧運転での取得データの解析

    富田 龍彦, 上原 英晃, 古賀 淳, 角 直幸, 音野 瑛俊, 吉岡 瑞樹, 山下 了, 家城 斉, 長倉 直樹, 山田 崇人, 角野 浩史, 清水 裕彦, 広田 克也, 北口 雅暁, 岩下 芳久, 北原 龍之介, 嶋 達志, 関場 大一郎, 關 義親, 生出 秀行, 猪野 隆, 竹谷 薫, 三島 賢二

    日本物理学会講演概要集   73.1 巻 ( 0 ) 頁: 114 - 114   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.73.1.0_114

    CiNii Research

  79. J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験:実験の現状(2018)

    三島 賢二, 広田 克也, 家城 斉, 猪野 隆, 岩下 芳久, 北口 雅暁, 北原 龍之介, 古賀 淳, 森下 彩, 長倉 直樹, 中野 祐輔, 生出 秀行, 岡部 宏紀, 音野 瑛俊, 関 義親, 関場 大一郎, 嶋 達志, 清水 裕彦, 角 直幸, 角野 浩史, 竹谷 薫, 富田 龍彦, 上原 英晃, 山田 崇人, 山下 了, 横橋 麻美, 吉岡 瑞樹

    日本物理学会講演概要集   73.2 巻 ( 0 ) 頁: 72 - 72   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.73.2.0_72

    CiNii Research

  80. J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験:高精度化に向けたアップグレード

    上原 英晃, 角 直幸, 富田 龍彦, 音野 瑛俊, 吉岡 瑞樹, 山下 了, 長倉 直樹, 清水 裕彦, 広田 克也, 中野 祐輔, 岡部 宏紀, 北口 雅暁, 岩下 芳久, 關 義親, 生出 秀行, 猪野 隆, 竹谷 薫, 三島 賢二

    日本物理学会講演概要集   73.2 巻 ( 0 ) 頁: 73 - 73   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.73.2.0_73

    CiNii Research

  81. Concentration of the velocity distribution of pulsed neutron beams 査読有り

    Kitaguchi Masaaki, Iwashita Yoshihisa, Shimizu Hirohiko M.

    PROGRESS OF THEORETICAL AND EXPERIMENTAL PHYSICS   2017 巻 ( 4 )   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Progress of Theoretical and Experimental Physics  

    DOI: 10.1093/ptep/ptx029

    Web of Science

    Scopus

  82. 複合核状態における時間反転対称性の破れ-時間反転対称性の破れ測定のための高計数率検出器の開発

    遠藤 駿典, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 広田 克也, 奥平 琢也, 大井 法子, 伊藤 維久弥, 山本 知樹, 高田 秀佐, 古賀 淳, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 奥 隆之, 木村 敦, 日野 正裕, 嶋 達志, 山形 豊

    日本物理学会講演概要集   72.2 巻 ( 0 ) 頁: 259 - 259   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.2.0_259

    CiNii Research

  83. 中性子EDM測定のためのBi<sub>12</sub>GeO<sub>20</sub>結晶内電場の測定(II)

    伊藤 茂康, 中路 雅也, 北口 雅暁, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   72.1 巻 ( 0 ) 頁: 269 - 269   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>中性子EDMの存在は時間反転対称性を破る。我々は結晶内の強い電場を利用した中性子EDM測定実験を進めている。その第一ステップとしてBi_12_GeO_20_結晶内電場の測定に取り組んでいる。先回の報告では、ペンデル干渉縞のコントラスト低及び統計少が主因となり結晶内電場の測定に至らなかった。これらの課題解決に取り組み、新たな実験を行ったのでその結果を報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_269

    CiNii Research

  84. 中性子EDM測定のためのBi<sub>12</sub>GeO<sub>20</sub>結晶内電場の測定(III)

    伊藤 茂康, 中路 雅也, 内田 裕也, 北口 雅暁, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   72.2 巻 ( 0 ) 頁: 282 - 282   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.2.0_282

    CiNii Research

  85. 名古屋大学加速器駆動小型中性子源 NUANS 2nd ビームラインの建設

    土川 雄介, 阿保 圭祐, 市川 豪, 伊藤 維久弥, 今城 想平, 岩下 芳久, 瓜谷 章, 北口 雅暁, 鬼柳 善明, 佐藤 和也, 清水 裕彦, 竹下 隼人, 土田 一輝, 釣田 幸雄, 広田 克也, 古澤 大貴, 三和田 靖彦, 山形 豊, 山崎 淳, 吉橋 幸子, 渡辺 賢一

    日本物理学会講演概要集   72.2 巻 ( 0 ) 頁: 228 - 228   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.2.0_228

    CiNii Research

  86. 時間反転対称性の破れの探索における、高計数率中性子検出器の開発

    遠藤 駿典, 奥平 琢也, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 広田 克也, 岡田 晏珠, 伊藤 維久弥, 山本 知樹, 高田 秀佐, 古賀 淳, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 木村 敦, 日野 正裕, 嶋 達志, 山形 豊

    日本物理学会講演概要集   72.1 巻 ( 0 ) 頁: 356 - 356   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>我々は原子核の複合核共鳴を用いて、時間反転対称性の破れの探索に取り組んでいる。この実験において必要な統計数の確保のために、1Gcpsの検出計数を持つ中性子検出器が必要となる。しかし現行の検出器では十分とは言えず、高計数率を持つ中性子検出器の開発が必須である。その上で正確な中性子数の把握のために、γ線バックグラウンドの排除も必要となる。当講演では現状の開発の進捗及び今後の展望について報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_356

    CiNii Research

  87. 結晶回折法を用いた中性子EDM探索実験のシミュレーション

    中路 雅也, 伊藤 茂康, 内田 裕也, 北口 雅暁, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   72.2 巻 ( 0 ) 頁: 283 - 283   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.2.0_283

    CiNii Research

  88. 結晶回折法を用いた中性子EDM探索実験の設計

    中路 雅也, 伊藤 茂康, 北口 雅暁, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   72.1 巻 ( 0 ) 頁: 270 - 270   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>中性子電気双極子能率(EDM)探索はCP対称性の破れの探索の良いプローブである。ある種の結晶に存在する強力な電場(10^8^から10^9^[V/cm]程度)を利用することで中性子EDMを高い感度で測定できる可能性がある。現在我々はBi_12_GeO_20_を用いた実験を計画している。本講演では、将来的なEDM探索実験に向けた試料周りの磁場環境の設計などの検討について報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_270

    CiNii Research

  89. 複合核共鳴の時間反転対称性の破れ -<sup>117</sup>Sn及び<sup>115</sup>Inの(n,γ)反応測定の解析の現状-

    古賀 淳, 高田 秀佐, 吉岡 瑞樹, 清水 裕彦, 広田 克也, 奥平 琢也, 大井 法子, 伊藤 維久弥, 山本 知樹, 遠藤 駿典, 北口 雅暁, 木村 敦, 酒井 健二, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 日野 正裕, 嶋 達志, 山形 豊

    日本物理学会講演概要集   72.2 巻 ( 0 ) 頁: 257 - 257   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.2.0_257

    CiNii Research

  90. 複合核共鳴を用いた時間反転対称性の破れの探索のための偏極核標的に対する要請について

    清水 裕彦, 北口 雅暁, 広田 克也, 奥平 琢也, 大井 法子, 伊藤 維久弥, 山本 知樹, 高田 秀佐, 古賀 淳, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 宮地 義之, 酒井 健二, 日野 正裕, 嶋 達志, 郡 英輝, 山形 豊

    日本物理学会講演概要集   72.2 巻 ( 0 ) 頁: 261 - 261   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.2.0_261

    CiNii Research

  91. 複合核共鳴を用いた時間反転対称性の破れの探索のための偏極核標的内での中性子偏極度の挙動について

    清水 裕彦, 北口 雅暁, 広田 克也, 奥平 琢也, 岡田 晏珠, 伊藤 維久弥, 山本 知樹, 高田 秀佐, 古賀 淳, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 飯沼 昌隆, 岩田 高広, 宮地 義之, 酒井 健二, 日野 正裕, 嶋 達志, 山形 豊

    日本物理学会講演概要集   72.1 巻 ( 0 ) 頁: 301 - 301   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>複合核状態を利用したT-violationの研究では、偏極中性子を偏極核標的に入射させる。その際、P-violationやT-violationに無関係なスピンスピン相互作用の影響による中性子スピンの挙動を正しく評価しておくことが、微小なT-violationの探索を実行する上での前提となる。そこで偏極核標的内での中性子偏極度の挙動を考察し、その影響を抑制する方法について議論する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_301

    CiNii Research

  92. 複合核状態における時間反転対称性の破れ-(n,γ)反応の角相関項の高精度測定

    奥平 琢也, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 広田 克也, 岡田 晏珠, 伊藤 維久弥, 山本 知樹, 高田 秀佐, 古賀 淳, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 木村 敦, 日野 正裕, 嶋 達志, 山形 豊

    日本物理学会講演概要集   72.1 巻 ( 0 ) 頁: 300 - 300   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>中性子共鳴吸収反応において時間反転対称性の破れが増幅されることが示唆されている。我々はこの探索に向けて複合核状態での(n,γ)反応を調査する実験をJ-PARC BL04で進めている。(n,γ)反応におけるγ線の角相関はFlambaumにより予言されているが、詳細な検証は未だ行われていない。本公演では前回公演よりも高精度化したγ線の角相関測定の結果と理論的予測との比較について論じる。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_300

    CiNii Research

  93. 複合核状態における時間反転対称性の破れ-<sup>139</sup>La(n,γ)反応のγ線角分布の高精度測定:実験と解析

    奥平 琢也, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 広田 克也, 大井 法子, 伊藤 維久弥, 山本 知樹, 高田 秀佐, 古賀 淳, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 木村 敦, 日野 正裕, 嶋 達志, 山形 豊

    日本物理学会講演概要集   72.2 巻 ( 0 ) 頁: 256 - 256   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.2.0_256

    CiNii Research

  94. 複合核状態における時間反転対称性の破れ探索のための中性子偏極デバイスの開発

    山本 知樹, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 広田 克也, 奥平 琢也, 岡田 晏珠, 伊藤 維久弥, 高田 秀佐, 古賀 淳, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 木村 敦, 日野 正裕, 嶋 達志, 山形 豊

    日本物理学会講演概要集   72.1 巻 ( 0 ) 頁: 303 - 303   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>中性子共鳴吸収反応による複合核状態では部分波干渉によって空間反転対称性の破れが増幅されることが知られている。時間反転対称性も同様に増幅されることが示唆されている。我々はこの探索に向けて複合核状態での(n,γ)反応測定をJ-PARC BL04で進めている。講演では本実験において必要な中性子偏極デバイスの開発の現状について報告を行う。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_303

    CiNii Research

  95. 複合核状態における時間反転対称性の破れ探索のための偏極中性子を用いた空間反転対称性の破れ測定

    山本 知樹, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 広田 克也, 奥平 琢也, 大井 法子, 伊藤 維久弥, 遠藤 駿典, 高田 秀佐, 古賀 淳, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 木村 敦, 奥 隆之, 日野 正裕, 嶋 達志, 山形 豊

    日本物理学会講演概要集   72.2 巻 ( 0 ) 頁: 258 - 258   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.2.0_258

    CiNii Research

  96. 複合核状態における時間反転対称性の破れ探索実験計画

    北口 雅暁, 清水 裕彦, 広田 克也, 奥平 琢也, 岡田 晏珠, 伊藤 維久弥, 山本 知樹, 高田 秀佐, 古賀 淳, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 木村 敦, 日野 正裕, 嶋 達志, 山形 豊

    日本物理学会講演概要集   72.1 巻 ( 0 ) 頁: 299 - 299   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>中性子吸収反応による複合核共鳴状態では部分波干渉によって対称性の破れが増幅する。時間反転対称性の破れについても電気双極子能率を超えた感度を持つ可能性がある。現在候補となるいくつかの標的核について、増幅度を見積もるための測定を進めている。J-PARCでの実験計画について報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_299

    CiNii Research

  97. 複合核状態における時間反転対称性の破れ探索実験計画

    北口 雅暁, 清水 裕彦, 広田 克也, 奥平 琢也, 大井 法子, 伊藤 維久弥, 山本 知樹, 遠藤 駿典, 高田 秀佐, 古賀 淳, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 木村 敦, 日野 正裕, 嶋 達志, 山形 豊

    日本物理学会講演概要集   72.2 巻 ( 0 ) 頁: 255 - 255   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.2.0_255

    CiNii Research

  98. 複合核状態における時間反転対称性の破れ-Brデータの解析

    伊藤 維久弥, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 広田 克也, 奥平 琢也, 岡田 晏珠, 山本 知樹, 高田 秀佐, 古賀 淳, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 木村 敦, 日野 正裕, 嶋 達志, 山形 豊

    日本物理学会講演概要集   72.1 巻 ( 0 ) 頁: 302 - 302   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>中性子共鳴吸収反応において時間反転対称性の破れが増幅されることが示唆されている。我々はこの探索に向けて候補となる原子核の(n,γ)反応の測定をJ-PARC BL04で進めている。本公演では、Brを使用した実験のデータの解析の結果について発表する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_302

    CiNii Research

  99. MTV Run2016の報告I

    清水 裕太, 尾崎 早智, 梶原 拓真, 坂元 祐子, 益田 英知, 村田 次郎, 山脇 友志, 渡辺 悦子, 後藤 文也, 北口 雅暁, 清水 裕彦, 横橋 麻美, 越川 亜美, 馬場 秀忠, 川村 広和

    日本物理学会講演概要集   72.1 巻 ( 0 ) 頁: 304 - 304   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>MTV実験ではベータ崩壊角相関項の測定を通して時間反転対称性の破れを検証し、標準理論を超える物理の探索することを目標としてきた。昨年度までの実験で、新たにgas chamber内のgain reductionによる系統性が見つかった。本講演では、今年度行われた偏極8Liビームを用いたPhysics Runに向けての系統性の抑制について報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_304

    CiNii Research

  100. J-PARC/BL05における中性子-希ガス散乱を用いた未知相互作用探索実験

    大井 法子, 清水 裕彦, 広田 克也, 北口 雅暁, 吉岡 瑞樹, 松本 悟, 三島 賢二, 猪野 隆, 嶋 達志

    日本物理学会講演概要集   72.1 巻 ( 0 ) 頁: 298 - 298   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>我々は大強度陽子加速器施設(J-PARC)において中性子と希ガスの散乱を用いた未知相互作用探索を行っている。中性子は電荷がなく原子間力を抑えられる粒子である。散乱標的に希ガスを使い、中性子の散乱角度分布を精密に測定することで、ナノメートルスケールの未知相互作用を探索することができる。2016年6月と11月にデータを取得し、順次解析を行っている。実験とデータ解析の結果を報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_298

    CiNii Research

  101. J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験:背景事象の見積もり

    家城 斉, 山田 崇人, 長倉 直樹, 山下 了, 関 義親, 角野 浩史, 清水 裕彦, 広田 克也, 横橋 麻美, 北口 雅暁, 吉岡 瑞樹, 音野 瑛俊, 富田 龍彦, 角 直幸, 森下 彩, 古賀 淳, 岩下 芳久, 北原 龍之介, 生出 秀行, 嶋 達志, 三島 賢二, 猪野 隆, 竹谷 薫

    日本物理学会講演概要集   72.1 巻 ( 0 ) 頁: 65 - 65   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>本研究はJ-PARC/BL05において中性子寿命測定実験を行っている。これまで寿命は2つの手法によって測定されており、それら結果には3.8σの乖離があるため、より高い精度で寿命を測ることと、不確かさを正確に見積もることが重要になっている。本研究はビーム法と呼ばれる手法に基づき、中性子をTime Projection Chamber(TPC)に入射して、その中で崩壊した中性子の崩壊生成物を検出する。先行研究との違いは、崩壊生成物のうち陽子ではなく電子を検出対象としていることであり、この電子の同定が寿命の値に不定性を与える大きな要因の1つになっている。電子の背景事象ではTPCに封入したガスに起因するものが重要であり、本講演では背景事象の見積もりについて報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_65

    CiNii Research

  102. J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験:中性子捕獲ガンマ線の解析結果

    古賀 淳, 角 直幸, 高田 秀佐, 富田 龍彦, 森下 彩, 音野 瑛俊, 吉岡 瑞樹, 北原 龍之介, 岩下 芳久, 山田 崇人, 家城 斉, 長倉 直樹, 山下 了, 関 義親, 角野 浩史, 清水 裕彦, 広田 克也, 奥平 琢也, 横橋 麻美, 北口 雅暁, 三島 賢二, 猪野 隆, 竹谷 薫, 木村 敦, 生出 秀行, 嶋 達志

    日本物理学会講演概要集   72.1 巻 ( 0 ) 頁: 64 - 64   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>中性子寿命はCKM行列のVud項及びビッグバン元素合成論において重要なパラメータであり、これまで2手法で測定されてきた。しかし、両者の測定結果には8.4秒の乖離があり、異なる手法での測定が必要となる。本実験は検出器内で生じた中性子の崩壊を電子によって同定する。しかし、中性子捕獲反応由来のガンマ線が電子を発生させることがあり、これは背景事象となる。この背景事象を理解するためにJ−PARC/MLF/BL04で検出器と同素材の試料の中性子照射試験を行った。本講演ではその解析結果を報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_64

    CiNii Research

  103. J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験:大型中性子輸送光学系の性能評価

    横橋 麻美, 広田 克也, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 北原 龍之介, 岩下 芳久, 吉岡 瑞樹, 音野 瑛俊, 山田 崇人, 山下 了, 関 義親, 生出 秀行, 三島 賢二, 竹谷 薫, 猪野 隆

    日本物理学会講演概要集   72.1 巻 ( 0 ) 頁: 63 - 63   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>中性子寿命は、ビッグバン元素合成理論やCKM行列のユニタリティ検証に重要なパラメーターであり、我々は1秒の精度での測定を目標としている。目標達成のためには中性子ビームのフラックス増強のためにビーム口径を拡大する必要があり、大型中性子輸送光学系を作成した。本講演では実装する光学系の性能評価について発表する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_63

    CiNii Research

  104. J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験:実験の現状と最新結果

    三島 賢二, 広田 克也, 家城 斉, 猪野 隆, 岩下 芳久, 北口 雅暁, 北原 龍之介, 古賀 淳, 森下 彩, 長倉 直樹, 生出 秀行, 音野 瑛俊, 関 義親, 関場 大一郎, 嶋 達志, 清水 裕彦, 角 直幸, 角野 浩史, 竹谷 薫, 富田 龍彦, 山田 崇人, 山下 了, 横橋 麻美, 吉岡 瑞樹

    日本物理学会講演概要集   72.2 巻 ( 0 ) 頁: 75 - 75   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.2.0_75

    CiNii Research

  105. J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験:新アンプの評価と低ガス圧運転

    富田 龍彦, 角 直幸, 森下 彩, 古賀 淳, 音野 瑛俊, 吉岡 瑞樹, 北原 龍之介, 岩下 芳久, 山田 崇人, 山下 了, 広田 克也, 清水 裕彦, 横橋 麻美, 北口 雅暁, 生出 秀行, 嶋 達志, 三島 賢二, 竹谷 薫, 猪野 隆

    日本物理学会講演概要集   72.2 巻 ( 0 ) 頁: 73 - 73   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.2.0_73

    CiNii Research

  106. J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験:新アンプ・新検出器の試験

    富田 龍彦, 角 直幸, 森下 彩, 古賀 淳, 音野 瑛俊, 吉岡 瑞樹, 北原 龍之介, 岩下 芳久, 山田 崇人, 山下 了, 広田 克也, 清水 裕彦, 横橋 麻美, 北口 雅暁, 生出 秀行, 嶋 達志, 三島 賢二, 竹谷 薫, 猪野 隆

    日本物理学会講演概要集   72.1 巻 ( 0 ) 頁: 92 - 92   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>中性子の寿命は基礎的な物理パラメタ(CKM行列のVud要素など)に影響を与える。これまで、中性子寿命(~880sec)は2種類の手法において値が求められているが、この手法間には3.8σのずれが存在している。そこで、我々NOPグループはJ-PARCにてこれらの実験とは独立な手法で0.1%精度での寿命導出を目指している。NOPグループでは0.1%精度実現のために検出器の改良を行っており、本講演では新アンプと新検出器の試験に関する報告を行う。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_92

    CiNii Research

  107. J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験:高統計測定に向けたビームラインアップグレード

    北原 龍之介, 岩下 芳久, 清水 裕彦, 広田 克也, 横橋 麻美, 北口 雅暁, 山下 了, 山田 崇人, 家城 斉, 長倉 直樹, 角野 浩史, 吉岡 瑞樹, 音野 瑛俊, 富田 龍彦, 角 直幸, 森下 彩, 古賀 淳, 生出 秀行, 嶋 達志, 三島 賢二, 猪野 隆, 竹谷 薫, 関 義親, 関場 大一郎

    日本物理学会講演概要集   72.2 巻 ( 0 ) 頁: 76 - 76   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.2.0_76

    CiNii Research

  108. J-PARC/BL05における中性子-希ガス散乱を用いた未知相互作用探索実験-データ解析-

    大井 法子, 清水 裕彦, 広田 克也, 北口 雅暁, 吉岡 瑞樹, 松本 悟, 三島 賢二, 猪野 隆, 嶋 達志

    日本物理学会講演概要集   72.2 巻 ( 0 ) 頁: 263 - 263   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.2.0_263

    CiNii Research

  109. J-PARC/MLF での超冷中性子リバンチャーによる UCN 収束実験結果

    今城 想平, 岩下 芳久, 三島 賢二, 北口 雅暁, 清水 裕彦, 猪野 隆, 山下 了, 広田 克也, 後藤 文也, 不破 康裕, 片山 領, NOP collaboration

    日本物理学会講演概要集   72.2 巻 ( 0 ) 頁: 77 - 77   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.2.0_77

    CiNii Research

  110. Measurement of neutron scattering from noble gas to search for a short-range unknown force at J-PARC - Overview and Simulation Results

    Haddock C. C., Ino Takashi, Shima Tatsushi, Oi Noriko, Shimizu Hirohiko M., Hirota Katsuya, Kitaguchi Masaaki, Snow W. M., Yoshioka Tamaki, Matsumoto Satoru, Mishima Kenji

    日本物理学会講演概要集   72.2 巻 ( 0 ) 頁: 262 - 262   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.2.0_262

    CiNii Research

  111. MTV Run-2016の報告 II

    後藤 文也, 北口 雅暁, 清水 裕彦, 横橋 麻美, 尾崎 早智, 梶原 拓真, 坂元 祐子, 清水 裕太, 益田 英知, 村田 次郎, 山脇 友志, 渡辺 悦子, 越川 亜美, 馬場 秀忠, 川村 広和

    日本物理学会講演概要集   72.1 巻 ( 0 ) 頁: 305 - 305   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>原子核のベータ崩壊角相関におけるR項は原子核スピン・電子運動量・電子スピンの三重項で表され、時間反転変換に対して符号を反転する。MTV実験ではR相関項の測定を通して時間反転対称性の破れを検証し、標準理論を超える物理の探索することを目標としてきた。本講演では偏極8Liビームを用いたPhysics Run の測定方法と測定内容と解析について報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_305

    CiNii Research

  112. <sup>139</sup>Laの中性子共鳴吸収の断面積の測定

    竹下 隼人, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 広田 克也, 市川 豪, 奥平 琢也, 岡田 晏珠, 後藤 文也, 長元 孝介, 山本 知樹, 高田 秀佐, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 日野 正裕, 嶋 達志, 山形 豊, 木村 敦

    日本物理学会講演概要集   72.1 巻 ( 0 ) 頁: 360 - 360   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>ある種の核における中性子共鳴吸収反応では時間反転対称性の破れの効果が増幅される可能性が示唆されている。その核の候補の一つである^139^Laの中性子共鳴吸収反応での増幅の効果を知るために共鳴パラメータを決定する必要がある。本講演では、J-PARCで行った実験のデータを解析した結果を報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_360

    CiNii Research

  113. 超冷中性子リバンチャーの性能評価

    今城 想平, 岩下 芳久, 三島 賢二, 北口 雅暁, 清水 裕彦, 猪野 隆, 山下 了, NOP collaboration

    日本物理学会講演概要集   71.2 巻 ( 0 ) 頁: 64 - 64   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>我々はパルス中性子源を用いた中性子電気双極子能率探索実験において実験容器へ封入する超冷中性子(UCN)の体積密度を向上させる装置「UCNリバンチャー」を開発しその改良を進めてきた。UCNリバンチャーは勾配磁場とスピンフリッパーを組み合わせた中性子加速器である。我々はスピンフリッパーの改良機を作成し、現在その動作の調整および性能評価を進めている。今回は改良リバンチャーの性能試験結果について報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_64

    CiNii Research

  114. 結晶内電場を利用した中性子EDM探索に用いる結晶、実験体系の可能性

    中路 雅也, 伊藤 茂康, 北口 雅暁, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   71.2 巻 ( 0 ) 頁: 277 - 277   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>中性子EDMの探索は新しい物理の良いプローブである。結晶内の強力な電場を用いることで高い感度で中性子EDMを探索できる可能性がある。現在BGO結晶を用いた実験を計画しており、結晶内電場を測定するための実験体系をJ-PARC中性子ビームラインに構築した。本講演では、EDM探索により適した結晶と実験の検討について報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_277

    CiNii Research

  115. 中性子EDM測定のためのBi<sub>12</sub>GeO<sub>20</sub>結晶内電場の測定

    伊藤 茂康, 中路 雅也, 北口 雅暁, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   71.2 巻 ( 0 ) 頁: 276 - 276   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>中性子EDMの存在は時間反転対称性を破り、その探索は新しい物理の良いプローブである。我々は結晶内に存在する強い電場を利用した中性子EDM測定実験を進めている。今回はJ-PARC BL17で行ったBi_12_GeO_20_結晶の内部電場測定実験の結果を報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_276

    CiNii Research

  116. 名古屋大学加速器駆動中性子源(NUANS)のビームラインの設計

    伊藤 維久弥, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 広田 克也, 市川 豪, 鬼柳 善明, 土田 一輝, 瓜谷 章, 吉橋 幸子, 渡辺 賢一, 山崎 淳, 三和田 靖彦, 山形 豊, 岩下 芳久

    日本物理学会講演概要集   71.2 巻 ( 0 ) 頁: 295 - 295   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>名古屋大学に新しく設置される名古屋大学加速器駆動中性子源( NUANS)の2ndビームラインを設計するために行った遮蔽計算の過程や結果、陽子加速器の出口からNUANSの2ndビームラインのターゲットまでの陽子ビームの輸送計算などについて述べる。また、この名古屋大学加速器駆動中性子源の2ndビームラインを使用してどのような実験を行うことができるのかについても述べる。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_295

    CiNii Research

  117. J-PARC/MLF/BL05における冷中性子ビームを用いた<sup>14</sup>N(n,p)<sup>14</sup>C反応断面積測定

    北原 龍之介, 岩下 芳久, 清水 裕彦, 広田 克也, 横橋 麻美, 北口 雅暁, 吉岡 瑞樹, 音野 瑛俊, 森下 彩, 角 直幸, 富田 龍彦, 山下 了, 長倉 直樹, 家城 斉, 山田 崇人, 嶋 達志, 関 義親, 生出 秀行, 三島 賢二, 竹谷 薫, 猪野 隆

    日本物理学会講演概要集   71.2 巻 ( 0 ) 頁: 174 - 174   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>^14^N(n,p)^14^Cは恒星中のs-processにおいて中性子を吸収してしまうため、CNOサイクル等の元素合成過程を阻害する反応の一つである。この反応断面積をJ-PARC/MLF/BL05の冷中性子ビームと中性子寿命測定用Time Prohection Chamberを用いてこれまでの断面積データの精度を超える統計精度で測定した。本講演では測定データの解析結果を報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_174

    CiNii Research

  118. J-PARC/BL05における中性子-希ガス散乱を用いた未知相互作用探索実験

    大井 法子, 清水 裕彦, 広田 克也, 北口 雅暁, 吉岡 瑞樹, 松本 悟, 三島 賢二, 猪野 隆, 嶋 達志

    日本物理学会講演概要集   71.2 巻 ( 0 ) 頁: 256 - 256   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>我々は大強度陽子加速器施設(J-PARC)において中性子と希ガスの散乱を用いた未知相互作用探索を行っている。中性子は電荷がなく原子間力を抑えられる粒子である。散乱標的に希ガスを使い、中性子の散乱角度分布を測定することで、ナノメートルスケールの未知相互作用を探索することができる。実験は2016年3月に行い解析を進めている。実験と解析、またこの実験のため開発したシミュレーションについて報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_256

    CiNii Research

  119. J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験:信号事象の同定

    家城 斉, 山田 崇人, 長倉 直樹, 山下 了, 関 義親, 角野 浩史, 清水 裕彦, 広田 克也, 横橋 麻美, 北口 雅暁, 吉岡 瑞樹, 音野 瑛俊, 富田 龍彦, 角 直幸, 森下 彩, 岩下 芳久, 北原 龍之介, 生出 秀行, 嶋 達志, 三島 賢二, 猪野 隆, 竹谷 薫

    日本物理学会講演概要集   71.2 巻 ( 0 ) 頁: 60 - 60   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>中性子の寿命はビッグバン元素合成やCKM行列のVud項を決定づける重要なパラメータである。これまでビーム法とボトル法の2つの手法によって寿命が測定されているが、両者の測定結果には8.4秒の乖離が存在する。本研究はビーム法に基づくが、中性子の崩壊を電子によって同定することで、先行研究と異なる不確かさで寿命を導出することができる。本講演では信号事象の同定と背景事象の評価について発表する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_60

    CiNii Research

  120. J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験:大型中性子輸送光学系の開発

    横橋 麻美, 広田 克也, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 北原 龍之介, 岩下 芳久, 吉岡 瑞樹, 音野 瑛俊, 山田 崇人, 山下 了, 関 義親, 生出 秀行, 三島 賢二, 竹谷 薫, 猪野 隆

    日本物理学会講演概要集   71.2 巻 ( 0 ) 頁: 79 - 79   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>中性子寿命は、ビッグバン元素合成理論やCKM行列のユニタリティ検証に重要なパラメーターであり、我々は1秒の精度での測定を目標としている。中性子ビームのフラックス増強のためにビーム口径を拡大する必要がある。そのための大型中性子輸送光学系を作成した。本講演ではその開発と評価について発表する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_79

    CiNii Research

  121. J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験:新検出器・アンプ開発

    富田 龍彦, 角 直幸, 森下 彩, 音野 瑛俊, 吉岡 瑞樹, 北原 龍之介, 岩下 芳久, 山田 崇人, 山下 了, 広田 克也, 清水 裕彦, 横橋 麻美, 北口 雅暁, 生出 秀行, 嶋 達志, 三島 賢二, 竹谷 薫, 猪野 隆

    日本物理学会講演概要集   71.2 巻 ( 0 ) 頁: 59 - 59   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>中性子の寿命は基礎的な物理パラメーター(CKM行列のVud要素など)に影響を与える。これまで、中性子寿命(~880sec)は2種類の手法において値が求められているが、この手法間には3.8σのずれが存在している。そこで、我々NOPグループはJ-PARCにてこれらの実験とは独立な手法で0.1%精度での寿命導出を目指している。本講演は0.1%精度での測定に向けた検出器開発の進捗状況とアンプ開発の現状について報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_59

    CiNii Research

  122. J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験:検出効率・その他系統誤差と結果

    山田 崇人, 家城 斉, 長倉 直樹, 山下 了, 角野 浩史, 清水 裕彦, 広田 克也, 横橋 麻美, 北口 雅暁, 吉岡 瑞樹, 音野 瑛俊, 富田 龍彦, 角 直幸, 森下 彩, 岩下 芳久, 北原 龍之介, 生出 秀行, 嶋 達志, 三島 賢二, 猪野 隆, 竹谷 薫, 関 義親

    日本物理学会講演概要集   71.2 巻 ( 0 ) 頁: 61 - 61   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>中性子寿命はビッグバン元素合成やCKM行列のVud項の入力パラメータとなる重要な物理量である。現在中性子寿命の世界平均値を決定づけている 実験では大別して2つの手法が用いられているが、それらの結果には3.8σの乖離がある。本研究はその2つの手法とは別の手法を用いており、全く 異なる系統誤差を持つ実験である。最新の物理データを取得したので、本実験の系統誤差と結果を報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_61

    CiNii Research

  123. 20pAH-10 J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験 : ^3He数密度と中性子数評価

    三島 賢二, 猪野 隆, 竹谷 薫, 山下 了, 山田 崇人, 横山 晴道, 家城 斉, 長倉 直樹, 角野 浩史, 清水 裕彦, 広田 克也, 榊原 理紗, 杉野 智昭, 横橋 麻美, 北口 雅暁, 吉岡 瑞樹, 音野 瑛俊, 田中 元気, 富田 龍彦, 角 直幸, 森下 彩, 岩下 芳久, 北原 龍之介, 生出 秀行, 嶋 達志, 関 義親

    日本物理学会講演概要集   71.1 巻 ( 0 ) 頁: 109   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.1.0_109

    CiNii Research

  124. 22pAX-4 複合核状態における時間反転対称性の破れ : Xe(n,γ)反応の実験と解析

    奥平 琢也, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 広田 克也, 市川 豪, 岡田 晏珠, 後藤 文也, 長元 孝介, 高田 秀佐, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 日野 正裕, 嶋 達志, 山形 豊

    日本物理学会講演概要集   71.1 巻 ( 0 ) 頁: 447   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.1.0_447

    CiNii Research

  125. 22pAX-2 複合核状態における時間反転対称性の破れ : 実験の計画と現状

    北口 雅暁, 清水 裕彦, 広田 克也, 市川 豪, 奥平 琢也, 岡田 晏珠, 後藤 文也, 長元 孝介, 高田 秀佐, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 日野 正裕, 嶋 達志, 山形 豊

    日本物理学会講演概要集   71.1 巻 ( 0 ) 頁: 446   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.1.0_446

    CiNii Research

  126. 22pAX-1 複合核状態における時間反転対称性の破れ : 核偏極標的内の中性子スピンの挙動

    清水 裕彦, 北口 雅暁, 広田 克也, 市川 豪, 奥平 琢也, 岡田 晏珠, 後藤 文也, 長元 孝介, 高田 秀佐, 吉岡 瑞樹, 猪野 隆, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 宮地 義之, 嶋 達志, 山形 豊, 酒井 健二, 原田 秀郎, 木村 敦, 藤 暢輔, 旭 耕一郎, 日野 正裕

    日本物理学会講演概要集   71.1 巻 ( 0 ) 頁: 445   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.1.0_445

    CiNii Research

  127. 22aAH-4 J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験 : 新検出器開発

    森下 彩, 角 直幸, 富田 龍彦, 音野 瑛俊, 吉岡 瑞樹, 北原 龍之介, 岩下 芳久, 山田 崇人, 横山 晴道, 山下 了, 広田 克也, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 生出 秀行, 嶋 達志, 三島 賢二, 竹谷 薫, 猪野 隆

    日本物理学会講演概要集   71.1 巻 ( 0 ) 頁: 145   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.1.0_145

    CiNii Research

  128. 20pAP-8 J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験 : 入射ビーム増強のための光学系

    横橋 麻美, 広田 克也, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 北原 龍之介, 岩下 芳久, 吉岡 瑞樹, 音野 瑛俊, 山田 崇人, 山下 了, 関 義親, 生出 秀行, 三島 賢二, 竹谷 薫, 猪野 隆

    日本物理学会講演概要集   71.1 巻 ( 0 ) 頁: 585   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.1.0_585

    CiNii Research

  129. 20pAP-7 J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験 : 大型Spin Flip Chopper開発

    北原 龍之介, 岩下 芳久, 横橋 麻美, 広田 克也, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 吉岡 瑞樹, 音野 瑛俊, 山田 崇人, 山下 了, 関 義親, 生出 秀行, 三島 賢二, 竹谷 薫, 猪野 隆

    日本物理学会講演概要集   71.1 巻 ( 0 ) 頁: 584   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.1.0_584

    CiNii Research

  130. 20pAH-9 J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験 : 2014/2015年データ解析

    角 直幸, 田中 元気, 富田 龍彦, 森下 彩, 吉岡 瑞樹, 音野 瑛俊, 北原 龍之介, 岩下 芳久, 山田 崇人, 家城 斉, 長倉 直樹, 横山 晴道, 山下 了, 角野 浩史, 榊原 理紗, 杉野 智昭, 横橋 麻美, 広田 克也, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 生出 秀行, 關 義親, 嶋 達志, 三島 賢二, 竹谷 薫, 猪野 隆

    日本物理学会講演概要集   71.1 巻 ( 0 ) 頁: 108   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.1.0_108

    CiNii Research

  131. 20pAH-8 J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験 : シミュレーションを用いたベータ崩壊事象の検出効率の評価

    長倉 直樹, 山田 崇人, 横山 晴道, 家城 斉, 山下 了, 関 義親, 角野 浩史, 清水 裕彦, 広田 克也, 榊原 理紗, 杉野 智昭, 横橋 麻美, 北口 雅暁, 吉岡 瑞樹, 音野 瑛俊, 田中 元気, 角 直幸, 富田 龍彦, 森下 彩, 岩下 芳久, 北原 龍之介, 生出 秀行, 嶋 達志, 三島 賢二, 猪野 隆, 竹谷 薫

    日本物理学会講演概要集   71.1 巻 ( 0 ) 頁: 107   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.1.0_107

    CiNii Research

  132. 20pAH-12 J-PARC MLFでの中性子ドップラーシフターを用いた超冷中性子リバンチャーの開発

    今城 想平, 岩下 芳久, 三島 賢二, 北口 雅暁, 清水 裕彦, 猪野 隆, 山田 悟史, 山下 了, 片山 領, NOP collaboration

    日本物理学会講演概要集   71.1 巻 ( 0 ) 頁: 110   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.1.0_110

    CiNii Research

  133. 21aCE-11 中性子を用いた基礎物理 : 共鳴吸収反応でのCP対称性の破れの探索

    北口 雅暁, 清水 裕彦, 広田 克也, 市川 豪, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 日野 正裕, 吉岡 瑞樹, 嶋 達志, 山形 豊

    日本物理学会講演概要集   70.1 巻 ( 0 ) 頁: 254   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.1.0_254

    CiNii Research

  134. 21pDF-11 複合核共鳴におけるCP非保存効果の増幅効果を利用した新物理探索

    清水 裕彦, 北口 雅暁, 広田 克也, 市川 豪, 猪野 隆, 旭 耕一郎, 百瀬 孝昌, 岩田 高広, 酒井 健二, 日野 正裕, 吉岡 瑞樹, 嶋 達志, 山形 豊

    日本物理学会講演概要集   70.1 巻 ( 0 ) 頁: 70   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.1.0_70

    CiNii Research

  135. 21aDL-6 冷中性子を用いた中性子反中性子振動探索実験のための光学系

    市川 豪, 清水 裕彦, 北口 雅暁

    日本物理学会講演概要集   70.1 巻 ( 0 ) 頁: 66   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.1.0_66

    CiNii Research

  136. 21aDL-4 重力起因位相測定のための多層膜中性子干渉計の開発

    關 義親, 北口 雅暁, 日野 正裕, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   70.1 巻 ( 0 ) 頁: 64   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.1.0_64

    CiNii Research

  137. 21aDL-3 J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験の系統誤差の評価

    北原 龍之介, 岩下 芳久, 榊原 理紗, 杉野 智昭, 広田 克也, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 山田 崇人, 片山 領, 東 直, 横山 晴道, 角野 浩史, 山下 了, 田中 元気, 角 直幸, 音野 瑛俊, 吉岡 瑞樹, 生出 秀行, 関 義親, 三島 賢二, 竹谷 薫, 猪野 隆, 嶋 達志

    日本物理学会講演概要集   70.1 巻 ( 0 ) 頁: 63   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.1.0_63

    CiNii Research

  138. 21aDL-2 J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験 : 2014年データ解析

    角 直幸, 田中 元気, 音野 瑛俊, 吉岡 瑞樹, 北原 龍之介, 岩下 芳久, 山田 崇人, 片山 領, 東 直, 横山 晴道, 角野 浩史, 山下 了, 榊原 理紗, 杉野 智昭, 広田 克也, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 生出 秀行, 関 義親, 嶋 達志, 三島 賢二, 竹谷 薫, 猪野 隆

    日本物理学会講演概要集   70.1 巻 ( 0 ) 頁: 62   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.1.0_62

    CiNii Research

  139. 21aDL-1 J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験の現状

    田中 元気, 角 直幸, 吉岡 瑞樹, 音野 瑛俊, 北原 龍之介, 岩下 芳久, 山田 崇人, 片山 領, 東 直, 横山 晴道, 角野 浩史, 山下 了, 榊原 理紗, 杉野 智昭, 広田 克也, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 生出 秀行, 関 義親, 嶋 達志, 三島 賢二, 竹谷 薫, 猪野 隆

    日本物理学会講演概要集   70.1 巻 ( 0 ) 頁: 61   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.1.0_61

    CiNii Research

  140. 21aCE-12 CP非保存研究のための複合核における部分波混合核の測定

    広田 克也, 北口 雅暁, 清水 裕彦, 市川 豪, 杉野 智昭, 酒井 健二, 木村 敦, 原田 秀郎, 猪野 隆

    日本物理学会講演概要集   70.1 巻 ( 0 ) 頁: 255   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.1.0_255

    CiNii Research

  141. 26aSF-4 BGO 単結晶による回折を利用した中性子電気双極子モーメントの測定

    伊藤 茂康, 北口 雅暁, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   70.2 巻 ( 0 ) 頁: 250   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.2.0_250

    CiNii Research

  142. 26pSS-1 J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験 : シミュレーションによる系統誤差の評価

    長倉 直樹, 片山 領, 山田 崇人, 東 直, 横山 晴道, 角野 浩史, 山下 了, 清水 裕彦, 広田 克也, 榊原 理紗, 杉野 智昭, 北口 雅暁, 吉岡 瑞樹, 音野 瑛俊, 田中 元気, 角 直幸, 岩下 芳久, 北原 龍之介, 生出 秀行, 嶋 達志, 三島 賢二, 猪野 隆, 竹谷 薫, 関 義親

    日本物理学会講演概要集   70.2 巻 ( 0 ) 頁: 88   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.2.0_88

    CiNii Research

  143. 26pSG-8 J-PARC/BL05における中性子寿命測定実験 : 新検出器開発

    角 直幸, 富田 龍彦, 音野 瑛俊, 吉岡 瑞樹, 北原 龍之介, 岩下 芳久, 山田 崇人, 山下 了, 広田 克也, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 生出 秀行, 嶋 達志, 三島 賢二, 竹谷 薫, 猪野 隆

    日本物理学会講演概要集   70.2 巻 ( 0 ) 頁: 87   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.2.0_87

    CiNii Research

  144. 18aSJ-1 J-PARC/BL05中性子寿命測定実験 : 中性子フラックスの決定(18aSJ 中性子・ニュートリノ,素粒子実験領域)

    三島 賢二, 山下 了, 山田 崇人, 片山 領, 東 直, 横山 晴道, 角野 浩史, 榊原 理紗, 杉野 智昭, 広田 克也, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 田中 元気, 角 直幸, 音野 瑛俊, 吉岡 瑞樹, 北原 龍之介, 岩下 芳久, 生出 秀行, 嶋 達志, 関 義親, 猪野 隆, 竹谷 薫

    日本物理学会講演概要集   69.2.1 巻 ( 0 ) 頁: 18   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.69.2.1.0_18_2

    CiNii Research

  145. 18aSJ-2 J-PARC/BL05中性子寿命実験 : TPC検出器の改良及び評価(18aSJ 中性子・ニュートリノ,素粒子実験領域)

    北原 龍之介, 岩下 芳久, 山田 崇人, 片山 領, 東 直, 横山 晴道, 角野 浩史, 三島 賢二, 山下 了, 榊原 理紗, 杉野 智昭, 広田 克也, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 田中 元気, 角 直幸, 音野 瑛俊, 吉岡 瑞樹, 生出 秀行, 関 義親, 嶋 達志, 竹谷 薫, 猪野 隆

    日本物理学会講演概要集   69.2.1 巻 ( 0 ) 頁: 18   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.69.2.1.0_18_3

    CiNii Research

  146. 28aTR-7 J-PARC/BL05中性子寿命測定実験 : 現状と展望(28aTR 実験核物理領域,ビーム物理領域,素粒子実験領域合同,J-PARCと原子核素粒子実験(合同),実験核物理領域)

    三島 賢二, 山下 了, 山田 崇人, 片山 領, 東 直, 横山 晴道, 角野 浩史, 榊原 理紗, 杉野 智昭, 広田 克也, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 田中 元気, 音野 瑛俊, 吉岡 瑞樹, 生出 秀行, 猪野 隆, 竹谷 薫, 嶋 達志, 関 義親

    日本物理学会講演概要集   69.1.1 巻 ( 0 ) 頁: 87   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.69.1.1.0_87_4

    CiNii Research

  147. 29pSD-7 J-PARC/BL05中性子寿命測定実験におけるイベント同定に伴う系統誤差の理解と今後の展望(29pSD ニュートリノ振動,中性子,素粒子実験領域)

    山田 崇人, 横山 晴道, 東 直, 片山 領, 角野 浩史, 三島 賢二, 山下 了, 榊原 理紗, 杉野 智昭, 広田 克也, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 田中 元気, 音野 瑛俊, 吉岡 瑞樹, 生出 秀行, 関 義親, 猪野 隆, 竹谷 薫, 嶋 達志

    日本物理学会講演概要集   69.1.1 巻 ( 0 ) 頁: 36   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.69.1.1.0_36_3

    CiNii Research

  148. 29pSD-6 J-PARC/BL05中性子寿命測定実験の入射フラックス測定の安定性とその系統誤差の評価(29pSD ニュートリノ振動,中性子,素粒子実験領域)

    榊原 理紗, 杉野 智昭, 広田 克也, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 東 直, 横山 晴道, 山田 崇人, 片山 領, 角野 浩史, 三島 賢二, 山下 了, 田中 元気, 音野 瑛俊, 吉岡 瑞樹, 生出 秀行, 関 義親, 猪野 隆, 竹谷 薫, 嶋 達志

    日本物理学会講演概要集   69.1.1 巻 ( 0 ) 頁: 36   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.69.1.1.0_36_2

    CiNii Research

  149. 29pSD-5 J-PARC/BL05中性子寿命測定実験の現状(29pSD ニュートリノ振動,中性子,素粒子実験領域)

    北口 雅暁, 榊原 理紗, 杉野 智昭, 広田 克也, 清水 裕彦, 横山 晴道, 東 直, 山田 崇人, 片山 領, 角野 浩史, 三島 賢二, 山下 了, 田中 元気, 音野 瑛俊, 吉岡 瑞樹, 生出 秀行, 関 義親, 猪野 隆, 竹谷 薫, 嶋 達志

    日本物理学会講演概要集   69.1.1 巻 ( 0 ) 頁: 36   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.69.1.1.0_36_1

    CiNii Research

  150. 磁気レンズを用いた中性子線の制御技術とその応用

    清水 裕彦

    精密工学会誌   79 巻 ( 9 ) 頁: 809 - 812   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 精密工学会  

    DOI: 10.2493/jjspe.79.809

    CiNii Research

  151. 23pSD-3 J-PARCでの中性子EDM測定を目指したUCNリバンチャーの改良(中性子の物理,素粒子実験領域)

    今城 想平, 岩下 芳久, 清水 裕彦, 北口 雅暁, 吉岡 瑞樹, 有本 靖, 関 義親

    日本物理学会講演概要集   68.2.1 巻 ( 0 ) 頁: 28   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.68.2.1.0_28_1

    CiNii Research

  152. 26aXZB-2 J-PARC偏極中性子散乱装置POLANO計画の状況(26aXZB 領域10,ビーム物理領域合同 X線・粒子線(中性子),ビーム物理領域)

    大山 研司, 横尾 哲也, 伊藤 晋一, 鈴木 純一, 佐藤 卓, 岩佐 和晃, 吉良 弘, 坂口 佳史, 奥 隆之, 猪野 隆, 平賀 晴弘, 松浦 直人, 藤田 全基, 富安 啓輔, 木村 宏之, 清水 裕彦, 有馬 孝尚, 武田 全康, 金子 耕士, 日野 正裕, 武藤 豪, 野尻 浩之

    日本物理学会講演概要集   68.1.1 巻 ( 0 ) 頁: 146   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.68.1.1.0_146_2

    CiNii Research

  153. 27pHC-13 中性子を用いた重力法則の検証(27pHC 実験核物理領域,素粒子実験領域,ビーム物理領域,理論核物理領域合同 J-PARCと原子核素粒子実験,実験核物理領域)

    松本 悟, 吉岡 瑞樹, 清水 裕彦, 嶋 達志, 猪野 隆, 北口 雅暁, 三島 賢二

    日本物理学会講演概要集   68.1.1 巻 ( 0 ) 頁: 96   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.68.1.1.0_96_1

    CiNii Research

  154. 27aRF-2 J-PARC MLFにおける中性子ドップラーシフターのUCN出力増強(27aRF 素粒子実験領域,実験核物理領域,理論核物理領域,ビーム物理領域合同 J-PARCと原子核素粒子実験,素粒子実験領域)

    今城 想平, 岩下 芳久, 清水 裕彦, 吉岡 瑞樹, 北口 雅暁, 三島 賢二, 猪野 隆, 有本 靖, 關義 親

    日本物理学会講演概要集   68.1.1 巻 ( 0 ) 頁: 29   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.68.1.1.0_29_2

    CiNii Research

  155. 26aXZB-2 J-PARC偏極中性子散乱装置POLANO計画の状況(26aXZB 領域10,ビーム物理領域合同 X線・粒子線(中性子),領域10(誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン))

    大山 研司, 横尾 哲也, 伊藤 晋一, 鈴木 純一, 佐藤 卓, 岩佐 和晃, 吉良 弘, 坂口 佳史, 奥 隆之, 猪野 隆, 平賀 晴弘, 松浦 直人, 藤田 全基, 富安 啓輔, 木村 宏之, 清水 裕彦, 有馬 孝尚, 武田 全康, 金子 耕士, 日野 正裕, 武藤 豪, 野尻 浩之

    日本物理学会講演概要集   68.1.4 巻 ( 0 ) 頁: 1012   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.68.1.4.0_1012_4

    CiNii Research

  156. 11aSG-5 ダイヤモンドライクカーボン薄膜による中性子ミラーの開発(11aSG 中性子・ポジトロニウム,素粒子実験領域)

    櫻井 大, 清水 裕彦, 猪野 隆, 吉岡 瑞樹, 北口 雅暁, 三島 賢二, 覚正 信徳

    日本物理学会講演概要集   67.2.1 巻 ( 0 ) 頁: 13   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.67.2.1.0_13_2

    CiNii Research

  157. 11aSG-6 超冷中性子用ミラー基板の表面ラフネスの評価(11aSG 中性子・ポジトロニウム,素粒子実験領域)

    関 義親, 北口 雅暁, 古岡 瑞樹, 清水 裕彦, 山田 悟史

    日本物理学会講演概要集   67.2.1 巻 ( 0 ) 頁: 13   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.67.2.1.0_13_3

    CiNii Research

  158. 11aSG-7 J-PARC MLFにおける超冷中性子(UCN)Rebuncherの開発(11aSG 中性子・ポジトロニウム,素粒子実験領域)

    今城 想平, 岩下 芳久, 清水 裕彦, 吉岡 瑞樹, 北口 雅暁, 有本 靖, 関 義親

    日本物理学会講演概要集   67.2.1 巻 ( 0 ) 頁: 13   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.67.2.1.0_13_4

    CiNii Research

  159. 25pCL-14 J-PARC偏極度解析中性子分光器計画の進展(25pCL X線・粒子線(中性子),領域10(誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン))

    大山 研司, 岩佐 和晃, 横尾 哲也, 伊藤 晋一, 富安 啓輔, 松浦 直人, 平賀 晴弘, 藤田 全基, 木村 宏之, 佐藤 豊人, 佐藤 卓, 有馬 孝尚, 猪野 隆, 吉良 弘, 坂口 佳史, 奥 隆之, 有本 靖, 鈴木 淳市, 清水 裕彦, 武田 全康, 金子 耕士, 日野 正裕, 武藤 豪, 野尻 浩之

    日本物理学会講演概要集   67.1.4 巻 ( 0 ) 頁: 1008   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.67.1.4.0_1008_3

    CiNii Research

  160. 24aFA-7 中性子電気双極子モーメント測定実験のための高密度超冷中性子輸送法の開発(24aFA ミュオニウム・中性子・ポジトロニウム,素粒子実験領域)

    北口 雅暁, 吉岡 瑞樹, 清水 裕彦, 有本 靖, 竹谷 薫, 猪野 隆, 武藤 豪, 岩下 芳久, 今城 想平, 三島 賢二, 神谷 好郎, 山下 了, 関 義親, 旭 耕一郎, 吉見 彰洋, 嶋 達志

    日本物理学会講演概要集   67.1.1 巻 ( 0 ) 頁: 24   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.67.1.1.0_24_2

    CiNii Research

  161. 14aSG-3 低エネルギー中性子小角散乱を用いた重力法則の検証(14aSG 新粒子・新物理の探索,素粒子実験領域)

    松本 悟, 吉岡 瑞樹, 清水 裕彦, 嶋 達志, 猪野 隆

    日本物理学会講演概要集   67.2.1 巻 ( 0 ) 頁: 25   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.67.2.1.0_25_1

    CiNii Research

  162. 25pCL-5 SEOP式偏極^3He中性子スピンフィルターにおける到達^3He偏極率制限因子についての考察(25pCL X線・粒子線(中性子),領域10(誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン))

    坂口 佳史, 吉良 弘, 奥 降之, 篠原 武尚, 鈴木 淳市, 酒井 健二, 中村 充孝, 鈴谷 賢太郎, 相澤 一也, 新井 正敏, 武田 全康, 遠藤 康夫, 有本 靖, 猪野 隆, 清水 裕彦, 神山 崇, 大山 研司, 平賀 晴弘, 山田 和芳, 張 烈錚, 尾原 幸治, 加倉井 和久

    日本物理学会講演概要集   67.1.4 巻 ( 0 ) 頁: 1006   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.67.1.4.0_1006_3

    CiNii Research

  163. 27aXC-10 電磁カロリメータFORESTを用いた∧光生成反応の研究(27aXC 実験核物理領域,理論核物理領域合同 エキゾチック系・ハドロン構造(合同),実験核物理領域)

    土川 雄介, 藤村 寿子, 橋本 亮, 石川 貴嗣, 桝本 新一, 宮部 学, 中村 聡彦, 清水 肇, 鈴木 耕拓, 山崎 寛仁

    日本物理学会講演概要集   67.1.1 巻 ( 0 ) 頁: 112   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.67.1.1.0_112_4

    CiNii Research

  164. 16aSD-5 中性子電気双極子モーメント測定実験のための高密度超冷中性子輸送法の開発II(16aSD ニュートリノ・Bの物理・中性子EDM,素粒子実験領域)

    北口 雅暁, 吉岡 瑞樹, 三島 賢二, 有本 靖, 竹谷 薫, 猪野 隆, 武藤 豪, 清水 裕彦, 岩下 芳久, 今城 想平, 神谷 好朗, 山下 了, 旭 耕-郎, 吉見 彰洋, 嶋 達志

    日本物理学会講演概要集   66.2.1 巻 ( 0 ) 頁: 14   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.66.2.1.0_14_4

    CiNii Research

  165. 25aTN-6 J-PARC偏極度解析中性子分光器計画の現状(25aTN X線・粒子線(中性子),領域10(誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン))

    大山 研司, 岩佐 和晃, 伊藤 晋一, 横尾 哲也, 平賀 晴弘, 藤田 全基, 松浦 直人, 佐藤 豊人, 堀金 和正, 佐藤 卓, 富安 啓輔, 有馬 孝尚, 猪野 隆, 吉良 弘, 坂口 佳史, 奥 隆之, 有本 靖, 鈴木 淳市, 清水 裕彦, 武田 全康, 金子 耕士, 日野 正裕, 武藤 豪, 野尻 浩之

    日本物理学会講演概要集   66.1.4 巻 ( 0 ) 頁: 952   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.66.1.4.0_952_2

    CiNii Research

  166. 22pJA-2 J-PARC偏極度解析中性子分光器計画の進展(22pJA X線・粒子線(中性子),領域10(誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン))

    大山 研司, 岩佐 和晃, 横尾 哲也, 伊藤 晋一, 平賀 晴弘, 藤田 全基, 松浦 直人, 木村 宏之, 富安 啓輔, 佐藤 豊人, 佐藤 卓, 有馬 孝尚, 猪野 隆, 吉良 弘, 坂口 佳史, 奥 隆之, 有本 靖, 鈴木 淳市, 清水 裕彦, 武田 全康, 金子 耕士, 日野 正裕, 武藤 豪, 野尻 浩之

    日本物理学会講演概要集   66.2.4 巻 ( 0 ) 頁: 995   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.66.2.4.0_995_1

    CiNii Research

  167. 22aJA-6 偏極^3He中性子スピンフィルターのガラスセルの開発IV(22aJA X線・粒子線(中性子),領域10(誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン))

    坂口 佳史, 吉良 弘, 奥 隆之, 篠原 武尚, 鈴木 淳市, 酒井 健二, 中村 充孝, 鈴谷 賢太郎, 相澤 一也, 新井 正敏, 武田 全康, 遠藤 康夫, 有本 靖, 猪野 隆, 清水 裕彦, 神山 崇, 大山 研司, 平賀 晴弘, 山田 和芳, 張 烈錚, 尾原 幸治, 加倉井 和久

    日本物理学会講演概要集   66.2.4 巻 ( 0 ) 頁: 983   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.66.2.4.0_983_2

    CiNii Research

  168. 16aSD-7 J-PARC MLFでのドップラーシフターを用いた超冷中性子の生成III(16aSD ニュートリノ・Bの物理・中性子EDM,素粒子実験領域)

    今城 想平, 藤岡 宏之, 清水 裕彦, 三島 賢ニ, 吉岡 瑞樹, 北口 雅暁, 日野 正裕

    日本物理学会講演概要集   66.2.1 巻 ( 0 ) 頁: 15   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.66.2.1.0_15_1

    CiNii Research

  169. 28aGB-7 J-PARC MLFでのドップラーシフターを用いた超冷中性子の生成II(28aGB ニュートリノ・中性子・その他,素粒子実験領域)

    今城 想平, 藤岡 宏之, 清水 裕彦, 三島 賢二, 吉岡 瑞樹, 北口 雅暁, 日野 正裕

    日本物理学会講演概要集   66.1.1 巻 ( 0 ) 頁: 31   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.66.1.1.0_31_2

    CiNii Research

  170. 28aGB-8 中性子電気双極子モーメント測定実験のための高密度超冷中性子輸送法の開発(28aGB ニュートリノ・中性子・その他,素粒子実験領域)

    北口 雅暁, 吉岡 瑞樹, 三島 賢二, 有本 靖, 竹谷 薫, 猪野 隆, 武藤 豪, 清水 裕彦, 岩下 芳久, 今城 想平, 神谷 好朗, 山下 了, 旭 耕一郎, 吉見 彰洋, 嶋 達志

    日本物理学会講演概要集   66.1.1 巻 ( 0 ) 頁: 31   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.66.1.1.0_31_3

    CiNii Research

  171. J-PARCにおける中性子基礎物理

    清水 裕彦

    波紋   20 巻 ( 1 ) 頁: 25 - 29   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本中性子科学会  

    <p>A new beamline for a fundamental physics experiment has been built at the BL05 port in the Materials and Life Science Facility (MLF) in Japan Proton Accelerator Research Complex (J-PARC), and the first neutron beam was delivered on December 9th, 2008. This beamline is designed using novel techniques of neutron optics, and it is termed "Neutron Optics and Physics (NOP)." The beam from the moderator is deflected by multi-channel supermirrors and split into three branches for individual experiments. Physics with cold neutrons at the NOP beamline is discussed.</p>

    DOI: 10.5611/hamon.20.1_25

    CiNii Research

  172. 13aSK-8 J-PARC MLFでのドップラーシフターを用いた超冷中性子の生成(13aSK LFV検出器・中性子実験・光検出器,素粒子実験領域)

    今城 想平, 藤岡 宏之, 清水 裕彦, 三島 賢二, 吉岡 瑞樹, 北口 雅暁, 日野 正裕

    日本物理学会講演概要集   65.2.1 巻 ( 0 ) 頁: 18   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.65.2.1.0_18_1

    CiNii Research

  173. 23pHT-8 偏極^3He中性子スピンフィルターの^3Heガス偏極度の評価手段の開発(23pHT X線・粒子線(中性子),領域10(誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン))

    吉良 弘, 坂口 佳史, 奥 隆之, 鈴木 淳市, 中村 充孝, 新井 正敏, 遠藤 康夫, 加倉井 和久, 有本 靖, 猪野 隆, 清水 裕彦, 神山 崇, 佐藤 他加志, 佐藤 孝一, 加美山 隆, 鬼柳 善明, 堤 健之, 大山 研司, 平賀 晴弘, 山田 和芳

    日本物理学会講演概要集   65.1.4 巻 ( 0 ) 頁: 1016   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.65.1.4.0_1016_4

    CiNii Research

  174. 23pHT-7 偏極^3He中性子スピンフィルターのガラスセルの開発(23pHT X線・粒子線(中性子),領域10(誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン))

    坂口 佳史, 吉良 弘, 奥 隆之, 鈴木 淳市, 中村 充孝, 新井 正敏, 遠藤 康夫, 加倉井 和久, 武田 全康, 脇本 秀一, 山崎 大, 小泉 智, 有本 靖, 猪野 隆, 清水 裕彦, 神山 崇, 大山 研司, 平賀 晴弘, 堤 健之, 山田 和芳

    日本物理学会講演概要集   65.1.4 巻 ( 0 ) 頁: 1016   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.65.1.4.0_1016_3

    CiNii Research

  175. 23aEF-4 focusing VCN-SANSによる水溶性3ブロック共重合体(PEO-PPO-PEO)溶液の温度相転移現象の観測(23aEF 高分子・ゲル,領域12(ソフトマター物理,化学物理,生物物理))

    山田 雅子, 岩下 芳久, 金谷 利治, 市川 雅浩, 頓宮 拓, 清水 裕彦, 山田 悟史, 三島 賢二, 広田 克也, 日野 正裕, 北口 雅暁

    日本物理学会講演概要集   65.1.2 巻 ( 0 ) 頁: 396   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.65.1.2.0_396_3

    CiNii Research

  176. 22pBF-4 J-PARCにおける超冷中性子生成のためのドップラーシフターの開発(22pBF 加速器電源・J-PARC・中性子源・FFAG加速器(電源・負荷・配線の対称化),ビーム物理領域)

    今城 想平, 藤岡 宏之, 清水 裕彦, 三島 賢二, 吉岡 瑞樹, 北口 雅暁, 日野 正裕

    日本物理学会講演概要集   65.1.1 巻 ( 0 ) 頁: 142   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.65.1.1.0_142_3

    CiNii Research

  177. 13aSA-1 重力場による超冷中性子の量子状態観測 : ILL/PF2における実験結果I(中性子,カシミール力,ポジトロニウム,素粒子論領域)

    市川 豪, 川崎 真介, 駒宮 幸男, 神谷 好郎, 佐貫 智行, 清水 裕彦, 日野 正裕, 北口 雅暁

    日本物理学会講演概要集   64.2.1 巻 ( 0 ) 頁: 27   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.64.2.1.0_27_2

    CiNii Research

  178. 13aSA-2 重力場による超冷中性子の量子状態観測 : ILL/PF2における実験結果II(中性子,カシミール力,ポジトロニウム,素粒子論領域)

    川崎 真介, 市川 豪, 駒宮 幸男, 神谷 好郎, 佐貫 智行, 清水 裕彦, 日野 正裕, 北口 雅暁

    日本物理学会講演概要集   64.2.1 巻 ( 0 ) 頁: 27   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.64.2.1.0_27_3

    CiNii Research

  179. 27aSB-8 J-PARC BL05ビームライン用スピンフリップチョッパー(ビームライン,27aSB 素粒子実験領域,ビーム物理領域合同,素粒子実験領域)

    北口 雅暁, 日野 正裕, 三島 賢二, 竹谷 薫, 吉岡 瑞樹, 武藤 豪, 猪野 隆, 清水 裕彦, 嶋 達志, 酒井 健二, 關 義親, 舟橋 春彦, 佐藤 広海, 広田 克也, 大竹 淑恵, 音野 瑛俊, 山下 了, 鈴木 善明, 佐貫 智行

    日本物理学会講演概要集   64.1.1 巻 ( 0 ) 頁: 25   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.64.1.1.0_25_1

    CiNii Research

  180. 30aRE-12 J-PARC BL05中性子光学・基礎物理実験装置の現状(30aRE X線・粒子線(中性子),領域10(誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性))

    酒井 健二, 武藤 豪, 猪野 隆, 吉岡 瑞樹, 三島 賢二, 竹谷 薫, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   64.1.4 巻 ( 0 ) 頁: 975   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.64.1.4.0_975_1

    CiNii Research

  181. 27pYK-8 偏極^3He中性子スピンフィルターの開発 その1(X線・粒子線(中性子),領域10,誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性)

    有本 靖, 猪野 隆, 清水 裕彦, 神山 崇, 吉良 弘, 坂口 佳史, 奥 隆之, 鈴木 淳市, 中村 充孝, 新井 正敏, 遠藤 康夫, 加倉井 和久, 大山 研司, 平賀 晴弘, 山田 和芳

    日本物理学会講演概要集   64.2.4 巻 ( 0 ) 頁: 882   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.64.2.4.0_882_2

    CiNii Research

  182. 27pYK-2 J-PARC中性子光学・基礎物理ビームラインの現状報告(X線・粒子線(中性子),領域10,誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性)

    猪野 隆, 三島 賢二, 竹谷 薫, 吉岡 瑞樹, 有本 靖, 武藤 豪, 清水 裕彦, 音野 瑛俊, 生出 秀行, 久保田 隆至, 山下 了, 鈴木 善明, 佐貫 智行, 酒井 健二, 鈴木 淳市, 奥 隆之, 篠原 武尚, 北口 雅暁, 日野 正裕, 山田 雅子, 岩下 芳久, 嶋 達志, 關 義親, 舟橋 春彦, 広田 克也, 大竹 淑恵

    日本物理学会講演概要集   64.2.4 巻 ( 0 ) 頁: 881   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.64.2.4.0_881_1

    CiNii Research

  183. 27pYK-10 偏極^3He中性子スピンフィルターの開発 その3(X線・粒子線(中性子),領域10,誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性)

    坂口 佳史, 吉良 弘, 奥 隆之, 鈴木 淳市, 中村 充孝, 新井 正敏, 遠藤 康夫, 加倉井 和久, 武田 全康, 脇本 秀一, 山崎 大, 小泉 智, 有本 靖, 猪野 隆, 清水 裕彦, 神山 崇, 大山 研司, 平賀 晴弘, 山田 和芳

    日本物理学会講演概要集   64.2.4 巻 ( 0 ) 頁: 882   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.64.2.4.0_882_4

    CiNii Research

  184. 27aSG-6 J-PARC BL05における中性子散乱断面積精密測定による未知相互作用探索計画(27aSG 中性子の物理,ニュートリノ検出器,素粒子実験領域)

    嶋 達志, 清水 裕彦, 猪野 隆, 三島 賢二, 竹谷 薫, 吉岡 瑞樹, 武藤 豪, 舟橋 春彦, 北口 雅暁, 日野 正裕, 關 義親, 広田 克也, 大竹 淑恵, 酒井 健二, 鈴木 淳市, 奥 隆之, 篠原 武尚, 音野 瑛俊, 山下 了, 鈴木 善明, 佐貫 智行

    日本物理学会講演概要集   64.1.1 巻 ( 0 ) 頁: 25   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.64.1.1.0_25_4

    CiNii Research

  185. 27aSG-3 可変六極磁石による極冷中性子集束実験(27aSG 中性子の物理,ニュートリノ検出器,素粒子実験領域)

    山田 雅子, 岩下 芳久, 市川 雅浩, 杉本 貴則, 頓宮 拓, 藤澤 博, 清水 裕彦, 猪野 隆, 三島 賢二, 竹谷 薫, 吉岡 瑞樹, 武藤 豪, 奥 隆之, 鈴木 淳市, 広田 克也, 關 義親, 川崎 真介, 神谷 好郎, 音野 瑛俊

    日本物理学会講演概要集   64.1.1 巻 ( 0 ) 頁: 25   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.64.1.1.0_25_3

    CiNii Research

  186. 27aSE-14 重力に束縛された超冷中性子の量子状態観測実験 : ILLでの実験に向けて(27aSE CP対称性の破れ,Bの物理,Kの物理,ポジトロニウム,素粒子実験領域)

    市川 豪, 川崎 真介, 駒宮 幸男, 神谷 好郎, 佐貫 智行, 清水 裕彦, 日野 正裕, 北口 雅暁

    日本物理学会講演概要集   64.1.1 巻 ( 0 ) 頁: 25   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.64.1.1.0_25_2

    CiNii Research

  187. J-PARC UCN Taskforce

    清水 裕彦, 山下 了

    Summary of the J-PARC UCN Taskforce E-Print ArXiv0907.0515     2009年

     詳細を見る

  188. 微細孔形成技術を利用した中性子検出用MSGCの開発

    藤田 薫, 高橋 浩之, 猪野 隆, 清水 裕彦, 岸本 俊二, 古坂 道弘, 奥 隆之, 鈴木 淳市

    日本原子力学会 年会・大会予稿集   2008f 巻 ( 0 ) 頁: 131 - 131   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本原子力学会  

    新たな配線技術を利用した中性子検出に向けたマイクロストリップガス比例計数管(MSGC)の開発を行った。1mmのアノードピッチと同等の間隔で基板を貫通する微細孔を形成し、その孔を通して信号を取り出せるMSGCの製作を行い動作を確認した。

    DOI: 10.11561/aesj.2008f.0.131.0

    CiNii Research

  189. 中性子光学・基礎物理ビームライン (J-PARC BL05)

    清水 裕彦

    波紋   18 巻 ( 3 ) 頁: 151 - 154   2008年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本中性子科学会  

    A pulsed cold neutron beam for the study of neutron optics and fundamental physics (NOP) is under construction as the BL05 of the spallation neutron source of the J-PARC. The NOP beamline has three beam branches, which provide the highly-polarized beam, high intensity beam and low divergence beam for the neutron decay experiment, the neutron scattering experiment and the neutron interferometry experiment, respectively. We overview the physics to be studied at the NOP beamline at its beginning stage.

    DOI: 10.5611/hamon.18.151

    CiNii Research

  190. 23aSJ-10 重力場による超冷中性子の量子状態観測 : 冷中性子を用いた測定器の性能評価(23aSJ 半導体検出器,素粒子実験領域)

    市川 豪, 川崎 真介, 駒宮 幸男, 神谷 好郎, 佐貫 智行, 清水 裕彦, 日野 正裕, 北口 雅暁

    日本物理学会講演概要集   63.2.1 巻 ( 0 ) 頁: 22   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.63.2.1.0_22_4

    CiNii Research

  191. 24pWG-11 多重連結六極磁石による白色中性子の集光と応用(X線・粒子線(中性子),領域10,誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性)

    鈴木 淳市, 奥 隆之, 篠原 武尚, 大場 洋次郎, 菊地 隆之, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   63.1.4 巻 ( 0 ) 頁: 931   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.63.1.4.0_931_2

    CiNii Research

  192. 24pWG-10 熱中性子による即発γ線を用いた2-3次元元素分布測定システムの開発(X線・粒子線(中性子),領域10,誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性)

    瀬川 麻里子, 松江 秀明, 山田 悟, 篠原 武尚, 奥 隆之, 笹尾 一, 鈴木 淳市, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   63.1.4 巻 ( 0 ) 頁: 931   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.63.1.4.0_931_1

    CiNii Research

  193. 23pSM-6 パルス冷中性子集束用の強度変調型永久六極磁石の開発II(23pSM 中性子実験,素粒子実験領域)

    山田 雅子, 岩下 芳久, 市川 雅浩, 杉本 貴則, 頓宮 拓, 藤澤 博, 清水 裕彦, 猪野 隆, 三島 賢二, 竹谷 薫, 吉岡 瑞樹, 武藤 豪, 森嶋 隆裕, 奥 隆之, 鈴木 淳市, 篠原 武尚, 酒井 健二, 佐藤 広海, 広田 克也, 大竹 淑惠, 關 義親, 川崎 真介, 駒宮 幸男, 神谷 好郎, 音野 瑛俊, 山下 了

    日本物理学会講演概要集   63.2.1 巻 ( 0 ) 頁: 24   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.63.2.1.0_24_2

    CiNii Research

  194. 23pSM-5 極冷中性子干渉計の開発(23pSM 中性子実験,素粒子実験領域)

    關 義親, 北口 雅暁, 日野 正裕, 舟橋 春彦, 三島 賢二, 猪野 隆, 竹谷 薫, 吉岡 瑞樹, 武藤 豪, 森嶋 隆裕, 清水 裕彦, 佐貫 智行, 鈴木 善明, 嶋 達志, 佐藤 宏海, 広田 克也, 大竹 淑恵, 川崎 真介, 駒宮 幸男, 神谷 好郎, 音野 瑛俊, 山下 了

    日本物理学会講演概要集   63.2.1 巻 ( 0 ) 頁: 24   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.63.2.1.0_24_1

    CiNii Research

  195. 23pSM-2 J-PARCパルス中性子を用いた中性子干渉実験(23pSM 中性子実験,素粒子実験領域)

    北口 雅暁, 日野 正裕, 關 義親, 舟橋 春彦, 三島 賢二, 猪野 隆, 竹谷 薫, 吉岡 瑞樹, 武藤 豪, 森嶋 隆裕, 清水 裕彦, 嶋 達志, 佐藤 広海, 広田 克也, 大竹 淑恵, 酒井 健二

    日本物理学会講演概要集   63.2.1 巻 ( 0 ) 頁: 23   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.63.2.1.0_23_4

    CiNii Research

  196. 23aSJ-9 重力場による超冷中性子の量子状態観測 : ILLでの超冷中性子照射試験について(23aSJ 半導体検出器,素粒子実験領域)

    川崎 真介, 市川 豪, 駒宮 幸男, 神谷 好郎, 佐貫 智行, 清水 裕彦, 日野 正裕, 北口 雅暁

    日本物理学会講演概要集   63.2.1 巻 ( 0 ) 頁: 22   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.63.2.1.0_22_3

    CiNii Research

  197. 26pZL-2 冷中性子集束用の強度変調型永久六極磁石の開発(ビーム診断,ビーム制御,ビーム物理領域)

    山田 雅子, 市川 雅浩, 岩下 芳久, 田島 裕二郎, 頓宮 拓, 猪野 隆, 清水 裕彦, 武藤 豪

    日本物理学会講演概要集   63.1.1 巻 ( 0 ) 頁: 131   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.63.1.1.0_131_2

    CiNii Research

  198. J‐PARCで迎える結晶学の新展開  1.J‐PARCで展開される中性子科学  中性子基盤研究開発

    曽山 和彦, 清水 裕彦, 大友 季哉

    日本結晶学会誌   50 巻 ( 1 ) 頁: 66 - 71   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本結晶学会  

    DOI: 10.5940/jcrsj.50.66

    CiNii Research

  199. パルス六極電磁石による中性子集光実験結果とシミュレーションとの比較

    岩下 秀徳, 岩佐 浩克, 平賀 富士夫, 加美山 隆, 鬼柳 善明, 鈴木 淳市, 篠原 武尚, 奥 隆之, 清水 裕彦

    日本原子力学会 年会・大会予稿集   2007f 巻 ( 0 ) 頁: 182 - 182   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本原子力学会  

    本研究では、北大45MeV Linacに設置された中性子パルス磁気レンズのテスト機の性能を評価することを目的として、粒子輸送モンテカルロコードであるPHITSを用いてシミュレーションを行った。実験結果とシミュレーション結果の比較を行ったところ、焦点でのビームサイズがほぼ一致し、集束条件を満たす波長範囲についてもほぼ一致した。さらに、実験では施設の関係で行うことのできない焦点距離をさらに長く設定した場合についてのシミュレーションを行い、その性能を明らかにした。

    DOI: 10.11561/aesj.2007f.0.182.0

    CiNii Research

  200. MSGCのカソード形状による電荷分割法の位置分解能評価

    藤田 薫, 高橋 浩之, 二河 久子, 高田 夕佳, 猪野 隆, 清水 裕彦, 岸本 俊二, 古坂 道弘, 金沢 正和

    日本原子力学会 年会・大会予稿集   2007f 巻 ( 0 ) 頁: 106 - 106   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本原子力学会  

    マイクロストリップガス比例計数管のカソードの形状に工夫を施すことで放射線の位置特定を行うことができる。具体的にはカソードを2つの噛合った櫛状にパターニングし、それらの櫛の幅を変えておくことで、入射位置によって信号の大きさの比が変化する。現在、すでに長さ32mmの範囲で1.6mm程度の分解能が得られることを確認しているが、さらに高い位置分解能を得るために櫛の幅や周期などの最適化を行いその分解能を評価した。

    DOI: 10.11561/aesj.2007f.0.106.0

    CiNii Research

  201. MS-tubeの中性子検出特性

    藤田 薫, 高橋 浩之, 二河 久子, 西 広佑, 高田 夕佳, 古坂 道弘, 猪野 隆, 清水 裕彦, 岸本 俊二, 奥 隆之, 鈴木 淳市, 豊川 秀訓, 金沢 正和

    日本原子力学会 年会・大会予稿集   2007s 巻 ( 0 ) 頁: 72 - 72   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本原子力学会  

    有感長さ64cmのMSGC基板をパイプに封入して比例計数管として動作させることで、従来よりも高速、高位置分解能な比例計数管が実現可能である。本報告では、He-3をコンバータとして中性子検出器として動作させたときの位置検出特性などの動作特性について発表を行う。

    DOI: 10.11561/aesj.2007s.0.72.0

    CiNii Research

  202. 19aXB-5 中性子ビーム偏極集光磁気レンズの開発1 : 永久磁石による四極磁気レンズと可変六極磁気レンズの設計(X線・粒子線(中性子),領域10,誘導体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性)

    猪野 隆, 岩下 芳久, 奥 隆之, 金子 直勝, 川合 將義, 小林 庸男, 下ヶ橋 秀典, 佐藤 節夫, 篠原 武尚, 清水 裕彦, 鈴木 淳市, 田原 俊央, 広田 克也, 武藤 豪, 森嶋 隆裕

    日本物理学会講演概要集   62.1.4 巻 ( 0 ) 頁: 948   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.62.1.4.0_948_4

    CiNii Research

  203. 24aZG-2 超強力永久磁石を用いた強度可変多極磁石の磁場測定(24aZG ビーム制御,イオン加速器,レーザープラズマ相互作用,ビーム物理領域)

    市川 雅浩, 岩下 芳久, 田島 裕二郎, 頓宮 拓, 猪野 隆, 清水 裕彦, 武藤 豪

    日本物理学会講演概要集   62.2.1 巻 ( 0 ) 頁: 133   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.62.2.1.0_133_2

    CiNii Research

  204. 21pRE-13 強磁場中における金属薄膜のα線に対する阻止能変化の測定(放射線物理(エネルギー付与過程),領域1,原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理)

    伊東 宏之, 満田 史織, 森田 昭夫, 市川 雅浩, 田島 裕二郎, 清水 裕彦, 吉村 浩司, 戸崎 充男, 岩下 芳久

    日本物理学会講演概要集   62.2.2 巻 ( 0 ) 頁: 156   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.62.2.2.0_156_3

    CiNii Research

  205. 21aTC-3 四極磁石型中性子偏極デバイスの開発と集光型中性子小角散乱実験への応用(X線・粒子線(中性子),領域10,誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性)

    奥 隆之, 篠原 武尚, 菊地 隆之, 大場 洋次郎, 岩瀬 裕希, 小泉 智, 鈴木 淳市, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   62.2.4 巻 ( 0 ) 頁: 970   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.62.2.4.0_970_3

    CiNii Research

  206. 21aTC-2 中性子収束用薄膜フレネルレンズの開発(X線・粒子線(中性子),領域10,誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性)

    猪野 隆, 安達 智宏, 篠原 武尚, 清水 裕彦, 広田 克也, 武藤 豪

    日本物理学会講演概要集   62.2.4 巻 ( 0 ) 頁: 970   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.62.2.4.0_970_2

    CiNii Research

  207. 21aTC-1 中性子ビーム偏極集光磁気レンズの開発3 : 永久磁石による四極磁気レンズのビーム実験(X線・粒子線(中性子),領域10,誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性)

    武藤 豪, 猪野 隆, 岩下 芳久, 奥 隆之, 金子 直勝, 川合 將義, 小林 庸男, 下ヶ橋 秀典, 佐藤 節夫, 篠原 武尚, 清水 裕彦, 鈴木 淳市, 田原 俊央, 広田 克也, 森嶋 隆裕

    日本物理学会講演概要集   62.2.4 巻 ( 0 ) 頁: 970   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.62.2.4.0_970_1

    CiNii Research

  208. 19aXB-9 中性子ビーム用デバイスのための曲面スーパーミラーの開発(X線・粒子線(中性子),領域10,誘導体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性)

    池田 一昭, 広田 克也, 佐藤 広海, 大森 整, 清水 裕彦, 古坂 道弘

    日本物理学会講演概要集   62.1.4 巻 ( 0 ) 頁: 949   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.62.1.4.0_949_4

    CiNii Research

  209. 19aXB-8 多重連結型複合六極磁石による白色パルス中性子集光の原理実鉦(X線・粒子線(中性子),領域10,誘導体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性)

    鈴木 淳市, 奥 隆之, 篠原 武尚, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   62.1.4 巻 ( 0 ) 頁: 949   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.62.1.4.0_949_3

    CiNii Research

  210. 19aXB-7 パルス六極電磁石による中性子ビーム集光(X線・粒子線(中性子),領域10,誘導体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性)

    篠原 武尚, 岩下 秀徳, 鈴木 淳市, 奥 隆之, 加美山 隆久, 岩佐 浩克, 平賀 富士夫, 鬼柳 善明, 佐藤 孝一, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   62.1.4 巻 ( 0 ) 頁: 949   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.62.1.4.0_949_2

    CiNii Research

  211. 19aXB-6 中性子ビーム偏極集光磁気レンズの開発2 : 永久磁石による四極磁気レンズと可変六極磁気レンズの試作(X線・粒子線(中性子),領域10,誘導体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性)

    猪野 隆, 岩下 芳久, 奥 隆之, 金子 直勝, 川合 將義, 小林 庸男, 下ヶ橋 秀典, 佐藤 節夫, 篠原 武尚, 清水 裕彦, 鈴木 淳市, 田原 俊央, 広田 克也, 武藤 豪, 森崎 隆裕

    日本物理学会講演概要集   62.1.4 巻 ( 0 ) 頁: 949   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.62.1.4.0_949_1

    CiNii Research

  212. Gd系薄膜シンチレータの開発(3)

    山口 達, 春名 潤, 金子 純一, 須佐 憲三, 三浦 誠司, 八木 康洋, 川村 宗範, 奥 隆之, 藤田 文行, 本間 彰, 石橋 浩之, 澤村 晃子, 古坂 道弘, 清水 裕彦, 鬼柳 善明

    日本原子力学会 年会・大会予稿集   2006s 巻 ( 0 ) 頁: 64 - 64   2006年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本原子力学会  

    中性子用薄膜シンチレータへの応用を念頭に置き、ガドリニウムオルソシリケート(Gd2SiO5)、ガドリニウムパイロシリケート(Gd2Si2O7)を合成し、発光特性評価ならびに構造解析を行った。Gd2Si2O7にCeを10%ドープしたところ結晶がF構造をとり、高い発光強度を示した。

    DOI: 10.11561/aesj.2006s.0.64.0

    CiNii Research

  213. Gd系薄膜シンチレータの開発(2)

    土田 昇平, 春名 潤, 金子 純一, 須佐 憲三, 三浦 誠司, 奥 隆之, 藤田 文行, 本間 彰, 澤村 晃子, 古坂 道弘, 清水 裕彦, 鬼柳 善明

    日本原子力学会 年会・大会予稿集   2006s 巻 ( 0 ) 頁: 65 - 65   2006年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本原子力学会  

    中性子散乱実験等への適用を目指し、厚さ30μm程度のGd系薄膜シンチレータの開発を目指している。本研究においてはGSO系粉体シンチレータを焼結することで薄膜化を試みた。焼結によりGSO(Gd2SiO5)は発光能力を失ったもののGPS(Gd2Si2O7)は発光能力を維持し、非常に丈夫で透明度の高い薄膜シンチレータの製作に成功した。

    DOI: 10.11561/aesj.2006s.0.65.0

    CiNii Research

  214. 20aSF-4 4重極磁石を用いた高偏極中性子ビームの生成と基礎物理への応用(20aSF 対称性・基礎物理・核モーメント,実験核物理領域)

    山田 悟, 奥 隆之, 三島 賢二, 佐藤 広海, 広田 克也, 森嶋 隆裕, 大野 雅史, 篠原 武尚, 鈴木 淳市, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   61.2.1 巻 ( 0 ) 頁: 29   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.61.2.1.0_29_2

    CiNii Research

  215. 30aWD-5 超伝導転移端温度計(TES)を用いた低エネルギー粒子線検出器の開発(3)(30aWD 対称性・基礎物理,実験核物理領域)

    大野 雅史, 佐藤 広海, 森嶋 隆裕, 三島 賢二, 池田 時浩, 山田 悟, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   61.1.1 巻 ( 0 ) 頁: 73   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.61.1.1.0_73_1

    CiNii Research

  216. 30pXD-7 多重積層放物面型熱中性子収束光学素子の集光特性(30pXD X線・粒子線(中性子・粒子線),領域10(誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性))

    池田 一昭, 篠原 武尚, 広田 克也, 佐藤 広海, 清水 裕彦, 日野 正裕, 奥 隆之, 鈴木 淳市, 曽山 和彦, 大山 研司, 平賀 晴弘

    日本物理学会講演概要集   61.1.4 巻 ( 0 ) 頁: 965   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.61.1.4.0_965_3

    CiNii Research

  217. 30pXD-6 Aharonov-Casher効果精密測定のためのJamin型多層膜冷中性子干渉計の開発(30pXD X線・粒子線(中性子・粒子線),領域10(誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性))

    関 義親, 舟橋 春彦, 竹谷 薫, 日野 正裕, 北口 雅暁, 大竹 淑恵, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   61.1.4 巻 ( 0 ) 頁: 965   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.61.1.4.0_965_2

    CiNii Research

  218. 30pXD-5 磁場勾配を用いた中性子スピン偏極デバイスの開発(30pXD X線・粒子線(中性子・粒子線),領域10(誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性))

    奥 隆之, 山田 悟, 鈴木 淳市, 三島 賢二, 篠原 武尚, 池田 一昭, 広田 克也, 佐藤 広海, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   61.1.4 巻 ( 0 ) 頁: 965   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.61.1.4.0_965_1

    CiNii Research

  219. Proton Polarization with Naphthalene Crystals by Integrated Solid Effect on Photoexcited Triplet State

    Iinuma Masataka, Takahashi Yoshiro, Shake Ippei, ODA Masahiro, SHIMIZU Hirohiko M., MASAIKE Akira, YABUZAKI Tsutomu

    Journal of the Physical Society of Japan   74 巻 ( 9 ) 頁: 2622 - 2630   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    We have carried out detailed systematic studies of relaxation effects, which contribute to a significant improvement in proton polarization in a single crystal of naphthalene doped with pentacene. The experiments have been performed in a magnetic field of 3kG at room temperature or at 77K and with a pulsed dye laser or a pulsed N_2 laser. We have found that a relaxation rate in the presence of irradiation with visible light (λ=595nm) is much smaller than that with ultraviolet light (λ=337nm) at room temperature, although the absorption rate of visible light is much larger than that of ultraviolet light. By cooling the crystal, the slow motion of the naphthalene molecules, which is a dominant relaxation process, can be suppressed. Surprisingly, we have found that the relaxation time at 77K in the presence of the dye laser becomes long, but still depends on the laser power. Our investigation has also indicated that both the longer relaxation time and the irradiation with the dye laser lead to a great improvement in the polarization of protons in the bulk of a crystal from 0.5% at room temperature to 32% at 77K.

    DOI: 10.1143/jpsj.74.2622

    CiNii Research

  220. 13pSE-2 重力場による超冷中性子の量子化状態測定 : 高位置分解能UCN測定器の開発(13pSE 超冷中性子/DAQ・トリガー,素粒子実験領域)

    川崎 真介, 佐貫 智行, 大川 英希, 園田 真也, 駒宮 幸男, 東 保男, 久米 達哉, 江波 和宏, 日野 正裕, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   60.2.1 巻 ( 0 ) 頁: 14   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.60.2.1.0_14_2

    CiNii Research

  221. 27aWH-3 超伝導転移端温度計(TES)を用いた低エネルギー粒子線検出器の開発(2)(検出器,実験核物理)

    大野 雅史, 佐藤 広海, 滝澤 慶之, 志岐 成友, 倉門 雅彦, 有吉 誠一郎, 三島 賢二, 池田 時浩, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   60.1.1 巻 ( 0 ) 頁: 81   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.60.1.1.0_81_1

    CiNii Research

  222. 27aWH-1 中性子β崩壊測定の予備実験(検出器,実験核物理)

    三島 賢二, 山田 悟, 広田 克也, 篠原 武尚, 志岐 成友, 佐藤 広海, 大野 雅史, 鈴木 淳市, 清水 裕彦

    日本物理学会講演概要集   60.1.1 巻 ( 0 ) 頁: 80   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.60.1.1.0_80_4

    CiNii Research

  223. 26pZA-5 SPring-8/LEPSビームラインでのπ^0,η光生成のphoton beam asymmetry の測定(中間子生成,ハドロン構造,実験核物理)

    木野 幸一, 石川 貴嗣, 岡村 憲有, 斉藤 雄高, 清水 筆, 鈴木 耕拓, 米村 博樹, 岩田 高広, 川村 知行, 田島 靖久, 吉田 浩司, 戸井 裕也, 松田 達郎, 内田 誠, 郡 英輝, 住浜 水季, 長谷川 勝一, 堀田 智明, 松村 徹, 中野 貴志, 椎野 裕樹, 藤村 寿子, 新山 雅之, 宮部 学, 村松 憲仁, 菅谷 頼仁, 大橋 裕二, 伊達 伸, 依田 哲彦, 都留 常暉

    日本物理学会講演概要集   60.1.1 巻 ( 0 ) 頁: 77   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.60.1.1.0_77_4

    CiNii Research

  224. 25aYS-2 放物面型多層膜スーパーミラーによる熱・冷中性子収束光学素子の開発(X線・粒子線(X線),領域10(誘電体, 格子欠陥, X線・粒子線, フォノン物性))

    池田 一昭, 安達 智宏, 篠原 武尚, 森嶋 隆裕, 広田 克也, 三島 賢二, 佐藤 広海, 清水 裕彦, 森田 晋也, 郭 建強, 鈴木 亨, 渡邉 裕, 上原 嘉宏, 林 偉民, 大森 整, 日野 正裕, 田崎 誠司, 奥 隆之, 鈴木 淳市, 曽山 和彦, 大山 研司, 平賀 晴弘

    日本物理学会講演概要集   60.1.4 巻 ( 0 ) 頁: 907   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.60.1.4.0_907_3

    CiNii Research

  225. 24pWJ-11 重力場による超冷中性子の量子化状態の測定装置の開発(光検出器・ニュートリノ・他,素粒子論)

    川崎 真介, 佐貫 智行, 大川 英樹, 関口 豊和, 駒宮 幸男, 日野 正裕, 清水 裕彦, 東 保夫, 久米 達哉, 江波 和宏

    日本物理学会講演概要集   60.1.1 巻 ( 0 ) 頁: 22   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.60.1.1.0_22_1

    CiNii Research

  226. 13pSE-3 重力場による超冷中性子の量子化状態測定 : 半導体検出器の薄膜蒸着試験(13pSE 超冷中性子/DAQ・トリガー,素粒子実験領域)

    園田 真也, 川崎 真介, 大川 英希, 駒宮 幸男, 日野 正裕, 清水 裕彦, 佐貫 智行

    日本物理学会講演概要集   60.2.1 巻 ( 0 ) 頁: 14   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.60.2.1.0_14_3

    CiNii Research

  227. Measurement and alleviation of subsurface damage in a thick-crystal neutron interferometer

    Heacock Benjamin, Haun Robert, Hirota Katsuya, Hosobata Takuya, Huber Michael G., Jamer Michelle E., Kitaguchi Masaaki, Pushin Dmitry A., Shimizu Hirohiko, Taminiau Ivar, Yamagata Yutaka, Yamamoto Tomoki, Young Albert R.

    ACTA CRYSTALLOGRAPHICA A-FOUNDATION AND ADVANCES   75 巻   頁: 833 - 841   2019年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Acta Crystallographica Section A: Foundations and Advances  

    DOI: 10.1107/S2053273319011604

    Web of Science

    Scopus

  228. New precise measurements of muonium hyperfine structure at J-PARC MUSE

    Strasser P., Abe M., Aoki M., Choi S., Fukao Y., Higashi Y., Higuchi T., Iinuma H., Ikedo Y., Ishida K., Ito T., Ito T. U., Iwasaki M., Kadono R., Kamigaito O., Kanda S., Kawagoe K., Kawall D., Kawamura N., Kitaguchi M., Koda A., Kojima K. M., Kubo K., Matama M., Matsuda Y., Matsudate Y., Mibe T., Miyake Y., Mizutani T., Nagamine K., Nishimura S., Ogitsu T., Saito N., Sasaki K., Seo S., Shimizu H. M., Shimomura K., Suchara T., Tajima M., Tanaka K. S., Tanaka T., Tojo J., Tomono D., Torii H. A., Torikai E., Toyoda A., Tsutsumi Y., Ueno K., Ueno Y., Yagi D., Yamamoto A., Yamanaka T., Yamazaki T., Yasuda H., Yoshida M., Yoshioka T.

    QUANTUM TECHNOLOGY INTERNATIONAL CONFERENCE 2018 (QTECH 2018)   198 巻   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1051/epjconf/201919800003

    Web of Science

  229. EUSO-TA - First results from a ground-based EUSO telescope

    Abdellaoui G., Abe S., Adams J. H. Jr., Ahriche A., Allard D., Allen L., Alonso G., Anchordoqui L., Anzalone A., Arai Y., Asano K., Attallah R., Attoui H., Ave Pernas M., Bacholle S., Bakiri M., Baragatti P., Barrillon P., Bartocci S., Bayer J., Beldjilali B., Belenguer T., Belkhalfa N., Bellotti R., Belov A., Belov K., Belz J. W., Benmessai K., Bertaina M., Biermann P. L., Biktemerova S., Bisconti F., Blanc N., Blecki J., Blin-Bondil S., Bobik P., Bogomilov M., Bozzo E., Bruno A., Caballero K. S., Cafagna F., Campana D., Capdevielle J-N., Capel F., Caramete A., Caramete L., Carlson P., Caruso R., Casolino M., Cassardo C., Castellina A., Catalano O., Cellino A., Chikawa M., Chiritoi G., Christl M. J., Connaughton V., Conti L., Cordero G., Cotto G., Crawford H. J., Cremonini R., Csorna S., Cummings A., Dagoret-Campagne S., De Donato C., de la Taille C., De Santis C., del Peral L., Di Martino M., Djemil T., Dutan I., Ebersoldt A., Ebisuzaki T., Engel R., Eser J., Fenu F., Fernandez-Gonzalez S., Fernandez-Soriano J., Ferrarese S., Flamini M., Fornaro C., Fouka M., Franceschi A., Franchini S., Fuglesang C., Fujii T., Fujimoto J., Fukushima M., Galeotti P., Garcia-Ortega E., Garipov G., Gascon E., Genci J., Giraudo G., Gonzalez Alvarado C., Gorodetzky P., Greg R., Guarino E., Guzman A., Hachisu Y., Haiduc M., Harlov B., Haungs A., Hernandez Carretero J., Hidber Cruz W., Ikeda D., Inoue N., Inoue S., Isgro F., Itow Y., Jammer T., Jeong S., Joven E., Judd E. G., Jung A., Jochum J., Kajino E., Kajino T., Kalli S., Kaneko I., Karadzhov Y., Karczmarczyk J., Katahira K., Kawai K., Kawasaki Y., Kedadra A., Khales H., Khrenov B. A., Kim Jeong-Sook, Kim Soon-Wook, Kleifges M., Klimov P. A., Kolev D., Krantz H., Kreykenbohm I., Kudela K., Kurihara Y., Kusenko A., Kuznetsov E., La Barbera A., Lachaud C., Lahmar H., Lakhdari F., Larsson O., Lee J., Licandro J., Lopez Campano L., Maccarone M. C., Mackovjak S., Mandi M., Maravilla D., Marcelli L., Marcos J. L., Marini A., Marszal W., Martens K., Martin Y., Martinez O., Martucci M., Masciantonio G., Mase K., Mustafa M., Matev R., Matthews J. N., Mebarki N., Medina-Tanco G., Mendoza M. A., Menshikov A., Merino A., Meseguer J., Meyer S. S., Mimouni J., Miyamoto H., Mizumoto Y., Monaco A., Morales de los Rios J. A., Nagataki S., Naitamor S., Napolitano T., Nava R., Neronov A., Nomoto K., Nonaka T., Ogawa T., Ogio S., Ohmori H., Olinto A. V., Orleaniski P., Osteria G., Pagliaro A., Painter W., Panasyuk M. I., Panico B., Parizot E., Park I. H., Pastircak B., Patzak T., Paul T., Perez-Grande I., Perfetto F., Peter T., Picozza P., Pindado S., Piotrowski L. W., Piraino S., Placidi L., Plebaniak Z., Pliego S., Pollini A., Polonski Z., Popescu E. M., Prat P., Prevot G., Prieto H., Puehlhofer G., Putis M., Rabanal J., Radu A. A., Reyes M., Rezazadeh M., Ricci M., Rodriguez Frias M. D., Ronga F., Roudil G., Rusinov I., Rybczynski M., Sabau M. D., Saez Cano G., Sagawa H., Sahnoune Z., Saito A., Sakaki N., Salazar H., Sanchez Balanzar J. C., Sanchez J. L., Santangelo A., Sanz-Andres A., Sanz Palomino M., Saprykin O., Sarazin F., Sato M., Schanz T., Schieler H., Scotti V., Selmane S., Semikoz D., Serra M., Sharakin S., Shimizu H. M., Shin H. S., Shinozaki K., Shirahama T., Sokolsky P., Spataro B., Stan I., Sugiyama T., Supanitsky D., Suzuki M., Szabelska B., Szabelski J., Tajima N., Tajima T., Takahashi Y., Takami H., Takeda M., Takizawa Y., Talai M. C., Tameda Y., Tenzer C., Thomas S. B., Thomson G. B., Tibolla O., Tkachev L., Tokuno H., Tomida T., Tone N., Toscano S., Traiche M., Tsenov R., Tsunesada Y., Tsuno K., Tubbs J., Turriziani S., Uchihori Y., Vaduvescu O., Valdes-Galicia J. F., Vallania P., Vankova G., Vigorito C., Villasenor L., Vlcek B., von Ballmoos P., Vrabel M., Wada S., Watanabe J., Watts J. Jr., Weber M., Weigand Munoz R., Weindl A., Wiencke L., Willie M., Wilms J., Wlodarczyk Z., Yamamoto T., Yang J., Yano H., Yashin I. V., Yonetoku D., Yoshida S., Young R., Zgura I. S., Zotov M. Yu., Marchi A. Zuccaro

    ASTROPARTICLE PHYSICS   102 巻   頁: 98-111   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.astropartphys.2018.05.007

    Web of Science

  230. A search for possible long range spin dependent interactions of the neutron from exotic vector boson exchange

    Haddock C., Amadio J., Anderson E., Barron-Palos L., Crawford B., Crawford C., Esposito D., Fox W., Francis I., Fry J., Gardiner H., Holley A., Korsak K., Lieffers J., Magers S., Maldonado-Velazquez M., Mayorov D., Nico J. S., Okudaira T., Paudel C., Santra S., Sarsour M., Shimizu H. M., Snow W. M., Sprow A., Steffen K., Swanson H. E., Tovesson F., Vanderwerp J., Yergeau P. A.

    PHYSICS LETTERS B   783 巻   頁: 227-233   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.physletb.2018.06.066

    Web of Science

  231. The general relativistic effects on the magnetic moment in Earth's gravity 査読有り

    Morishima Takahiro, Futamase Toshifumi, Shimizu Hirohiko M

    PROGRESS OF THEORETICAL AND EXPERIMENTAL PHYSICS   2018 巻 ( 6 )   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Progress of Theoretical and Experimental Physics  

    The magnetic moment of free fermions in the Earth's gravitational field has been studied on the basis of general relativity. Adopting the Schwarzschild metric for the background spacetime, the dipole coupling between the magnetic moment and the magnetic field has been found to be dependent on the gravity in the calculation up to the post-Newtonian order O(1/c2). The gravity dependence can be formulated by employing the effective value of the magnetic moment as a gravity-dependent quantity μ effm = (1 + 3φ/c2) μm for the cases of minimal coupling, non-minimal coupling, and a mixture of the two. The gravitationally induced anomaly is found to be canceled in the experimental values of the anomalous magnetic moment measured in the Penning trap and storage ring methods.

    DOI: 10.1093/ptep/pty066

    Web of Science

    Scopus

  232. First observations of speed of light tracks by a fluorescence detector looking down on the atmosphere

    Abdellaoui G., Abe S., Adams J. H. Jr., Ahriche A., Allard D., Allen L., Alonso G., Anchordoqui L., Anzalone A., Arai Y., Asano K., Attallah R., Attoui H., Ave Pernas M., Bacholle S., Bakiri M., Baragatti P., Barrillon P., Bartocci S., Bayer J., Beldjilali B., Belenguer T., Belkhalfa N., Bellotti R., Belov A., Belov K., Benmessai K., Bertainaek M., Biermann P. L., Biktemerova S., Bisconti F., Blanc N., Blecki J., Blin-Bondil S., Bobik P., Bogomilov M., Bozzo E., Bruno A., Caballero K. S., Cafagna F., Campana D., Capdevielle J-N, Capel F., Caramete A., Caramete L., Carlson P., Caruso R., Casolino M., Cassardo C., Castellina A., Catalano C., Catalano O., Cellino A., Chikawa M., Chiritoi G., Christl M. J., Connaughton V, Conti L., Cordero G., Cotto G., Crawford H. J., Cremonini R., Csorna S., Cummings A., Dagoret-Campagne S., De Donato C., de la Taille C., De Santis C., del Peral L., Di Martino M., Damian A. Diaz, Djemil T., Dutan I, Ebersoldt A., Ebisuzaki T., Engel R., Eser J., Fenuek F., Fernandez-Gonzalez S., Fernandez-Soriano J., Ferrarese S., Flamini M., Fornaro C., Fouka M., Franceschi A., Franchini S., Fuglesang C., Fujii T., Fujimoto J., Fukushima M., Galeotti P., Garcia-Ortega E., Garipov G., Gascon E., Genci J., Giraudo G., Gonzalez Alvarado C., Gorodetzky P., Greg R., Guarino F., Guzman A., Hachisu Y., Haiduc M., Harlov B., Haungs A., Hernandez Carretero J., Hidber Cruz W., Ikeda D., Inoue N., Inoue S., Isgro F., Itow Y., Jammer T., Jeong S., Joven E., Judd E. G., Jung A., Jochum J., Kajino F., Kajino T., Kalli S., Kaneko I, Karadzhov Y., Karczmarczyk J., Katahira K., Kawai K., Kawasaki Y., Kedadra A., Khales H., Khrenov B. A., Kim Jeong-Sook, Kim Soon-Wook, Kleifges M., Klimov P. A., Kolev D., Krantz H., Kreykenbohm I, Kudela K., Kurihara Y., Kusenko A., Kuznetsov E., La Barbera A., Lachaud C., Lahmar H., Lakhdari F., Larson R., Larsson O., Lee J., Licandro J., Lopez Campano L., Maccarone M. C., Mackovjak S., Mahdi M., Maravilla D., Marcelli L., Marcos J. L., Marini A., Marszal W., Martens K., Martin Y., Martinez O., Martucci M., Masciantonio G., Mase K., Mastafa M., Matev R., Matthews J. N., Mebarki N., Medina-Tanco G., Mendoza M. A., Menshikov A., Merino A., Meseguer J., Meyer S. S., Mimouni J., Miyamoto H., Mizumoto Y., Monaco A., Morales de los Rios J. A., Moretto C., Nagataki S., Naitamor S., Napolitano T., Naslund W., Nava R., Neronov A., Nomoto K., Nonaka T., Ogawa T., Ogio S., Ohmori H., Olinto A. V, Orleanski P., Osteria G., Pagliaro A., Painter W., Panasyuk M. I, Panico B., Pasqualino G., Parizot E., Park I. H., Pastircak B., Patzak T., Paul T., Perez-Grande I, Perfetto F., Peter T., Picozza P., Pindado S., Piotrowski L. W., Piraino S., Placidi L., Plebaniak Z., Pliego S., Pollini A., Polonski Z., Popescu E. M., Prat P., Prevot G., Prieto H., Puehlhofer G., Putis M., Rabanal J., Radu A. A., Reyes M., Rezazadeh M., Ricci M., Rodriguez Frias M. D., Rodencal M., Ronga F., Roudil G., Rusinov I, Rybczynski M., Sabau M. D., Saez Cano G., Sagawa H., Sahnoune Z., Saito A., Sakaki N., Salazar H., Sanchez Balanzar J. C., Sanchez J. L., Santangelo A., Sanz-Andres A., Sanz Palomino M., Saprykin O., Sarazin F., Sato M., Schanz T., Schieler H., Scotti V, Selmane S., Semikoz D., Serra M., Sharakin S., Shimizu H. M., Shinozaki K., Shirahama T., Spataro B., Stan I, Sugiyama T., Supanitsky D., Suzuki M., Szabelska B., Szabelski J., Tajima N., Tajima T., Takahashi Y., Takami H., Takeda M., Takizawa Y., Talai M. C., Tenzer C., Thomas S. B., Tibolla O., Tkachev L., Tokuno H., Tomida T., Tone N., Toscano S., Traiche M., Tsenov R., Tsunesada Y., Tsuno K., Tubbs J., Turriziani S., Uchihori Y., Vaduvescu O., Valdes-Galicia J. F., Vallania P., Vankova G., Vigorito C., Villasenor L., Vlcek B., Von Ballmoos P., Vrabel M., Wada S., Watanabe J., Watts J. Jr., Weber M., Weigand Munoz R., Weindl A., Wiencke L., Wille M., Wilms J., Wlodarczyk Z., Yamamoto T., Yang J., Yano H., Yashin I. V, Yonetoku D., Yoshida S., Young R., Zgura I. S., Zotov M. Yu, Marchi A. Zuccaro

    JOURNAL OF INSTRUMENTATION   13 巻   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1748-0221/13/05/P05023

    Web of Science

  233. Angular distribution of gamma rays from neutron-induced compound states of La-140

    Okudaira T., Takada S., Hirota K., Kimura A., Kitaguchi M., Koga J., Nagamoto K., Nakao T., Okada A., Sakai K., Shimizu H. M., Yamamoto T., Yoshioka T.

    PHYSICAL REVIEW C   97 巻 ( 3 )   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Review C  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.97.034622

    Web of Science

    Scopus

  234. Characterization of germanium detectors for the measurement of the angular distribution of prompt gamma-rays at the ANNRI in the MLF of the J-PARC

    Takada S., Okudaira T., Goto F., Hirota K., Kimura A., Kitaguchi M., Koga J., Nakao T., Sakai K., Shimizu H. M., Yamamoto T., Yoshioka T.

    JOURNAL OF INSTRUMENTATION   13 巻 ( 2 )   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Instrumentation  

    In this study, the germanium detector assembly, installed at the Accurate Neutron-Nuclear Reaction measurement Instruments (ANNRI) in the Material and Life Science Facility (MLF) operated by the Japan Proton Accelerator Research Complex (J-PARC), has been characterized for extension to the measurement of the angular distribution of individual γ-ray transitions from neutron-induced compound states. We have developed a Monte Carlo simulation code using the GEANT4 toolkit, which can reproduce the pulse-height spectra of γ-rays from radioactive sources and (n,γ) reactions. The simulation is applicable to the measurement of γ-rays in the energy region of 0.5-11.0 MeV.

    DOI: 10.1088/1748-0221/13/02/P02018

    Web of Science

    Scopus

  235. Angular Distribution of gamma-rays from Neutron-induced Compound States of 140La 査読有り

    T.Okudaira, S.Takada, K.Hirota, A.Kimura, M.Kitaguchi, J.Koga, K.Nagamoto, T.Nakao, A.Okada, K.Sakai, H.M.Shimizu, T.Yamamoto, T.Yoshioka

    Physical Review C     頁: 0   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  236. 中性子寿命測定のための光学系アップグレード

    岡部 宏紀, 家城 斉, 長倉 直樹, 山田 崇人, 角野 浩史, 清水 裕彦, 広田 克也, 北口 雅暁, 岩下 芳久, 北原 龍之介, 嶋 達志, 中野 祐輔, 関場 大一郎, 關 義親, 生出 秀行, 猪野 隆, 竹谷 薫, 三島 賢二, 富田 龍彦, 上原 英晃, 古賀 淳, 角 直幸, 音野 瑛俊, 吉岡 瑞樹, 山下 了

    日本物理学会講演概要集   73 巻 ( 0 ) 頁: 346 - 346   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.73.1.0_346

  237. The International Conference on Neutron Optics (NOP2017) in Nara

    Kiyanagi Y.

    Neutron News   28 巻 ( 4 ) 頁: 18 - 20   2017年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Neutron News  

    DOI: 10.1080/10448632.2017.1378038

    Scopus

  238. Cosmic ray oriented performance studies for the JEM-EUSO first level trigger

    Abdellaoui G., Abe S., Acheli A., Adams J. H. Jr., Ahmad S., Ahriche A., Albert J. -N., Allard D., Alonso G., Anchordoqui L., Andreev V., Anzalone A., Aouimeur W., Arai Y., Arsene N., Asano K., Attallah R., Attoui H., Ave Pernas M., Bacholle S., Bakiri M., Baragatti P., Barrillon P., Bartocci S., Batsch T., Bayer J., Bechini R., Belenguer T., Bellotti R., Belov A., Belov K., Benadda B., Benmessai K., Berlind A. A., Bertaina M., Biermann P. L., Biktemerova S., Bisconti F., Blanc N., Blecki J., Blin-Bondil S., Bobik P., Bogomilov M., Bonamente M., Boudaoud R., Bozzo E., Briggs M. S., Bruno A., Caballero K. S., Cafagna F., Campana D., Capdevielle J. -N., Capel F., Caramete A., Caramete L., Carlson P., Caruso R., Casolino M., Cassardo C., Castellina A., Castellini G., Catalano C., Catalano O., Cellino A., Chikawa M., Chiritoi G., Christl M. J., Connaughton V., Conti L., Contino G., Cordero G., Cotto G., Crawford H. J., Cremonini R., Csorna S., Dagoret-Campagne S., De Donato C., de la Taille C., De Santis C., del Peral L., Di Martino M., Djemil T., Djenas S. A., Dulucq F., Dupieux M., Dutan I., Ebersoldt A., Ebisuzaki T., Engel R., Eser J., Fang K., Fenu F., Fernandez-Gonzalez S., Fernandez-Soriano J., Ferrarese S., Finco D., Flamini M., Fornaro C., Forza R., Fouka M., Franceschi A., Franchini S., Fuglesang C., Fujimoto J., Fukushima M., Galeotti P., Garcia-Ortega E., Garipov G., Gascon E., Geary J., Gelmini G., Genci J., Giraudo G., Gonchar M., Gonzalez Alvarado C., Gorodetzky P., Guardone N., Guarino F., Guehaz R., Guzman A., Hachisu Y., Haiduc M., Harlov B., Haungs A., Hernandez Carretero J., Hidber W., Higashide K., Ikeda D., Ikeda H., Inoue N., Inoue S., Insolia A., Isgro F., Itow Y., Jammer T., Joven E., Judd E. G., Jung A., Jochum J., Kajino F., Kajino T., Kalli S., Kaneko I., Kang D., Kanouni F., Karadzhov Y., Karczmarczyk J., Karus M., Katahira K., Kawai K., Kawasaki Y., Kedadra A., Khales H., Khrenov B. A., Kim Jeong-Sook, Kim Soon-Wook, Kim Sug-Whan, Kleifges M., Klimov P. A., Kolev D., Kreykenbohm I., Kudela K., Kurihara Y., Kusenko A., Kuznetsov E., Lacombe M., Lachaud C., Lahmar H., Lakhdari F., Larsson O., Lee J., Licandro J., Lim H., Lopez Campano L., Maccarone M. C., Mackovjak S., Mahdi M., Manfrin M., Maravilla D., Marcelli L., Marcos J. L., Marini A., Martens K., Martin Y., Martinez O., Masciantonio G., Mase K., Matev R., Matthews J. N., Mebarki N., Medina-Tanco G., Mehrad L., Mendoza M. A., Merino A., Mernik T., Meseguer J., Messaoud S., Micu O., Mignone M., Mimouni J., Miyamoto H., Miyazaki Y., Mizumoto Y., Modestino G., Monaco A., Monnier-Ragaigne D., Morales de los Rios J. A., Moretto C., Morozenko V. S., Mot B., Murakami T., Nadji B., Nagano M., Nagata M., Nagataki S., Nakamura T., Napolitano T., Naumov D., Nava R., Neronov A., Nomoto K., Nonaka T., Ogawa T., Ogio S., Ohmori H., Olinto A. V., Orleanski P., Osteria G., Painter W., Panasyuk M. I., Panico B., Parizot E., Park I. H., Park H. W., Pastircak B., Patzak T., Paul T., Pennypacker C., Perez-Grande I., Perfetto F., Peter T., Picozza P., Pierog T., Pindado S., Piotrowski L. W., Piraino S., Placidi L., Plebaniak Z., Pliego S., Pollini A., Popescu E. M., Prat P., Prevot G., Prieto H., Putis M., Rabanal J., Radu A. A., Rahmani M., Reardon P., Reyes M., Rezazadeh M., Ricci M., Rodriguez Frias M. D., Ronga F., Roth M., Rothkaehl H., Roudil G., Rusinov I., Rybczynski M., Sabau M. D., Saez Cano G., Sagawa H., Sahnoune Z., Saito A., Sakaki N., Sakata M., Salazar H., Sanchez J. C., Sanchez J. L., Santangelo A., Santiago Cruz L., Sanz-Andres A., Sanz Palomino M., Saprykin O., Sarazin F., Sato H., Sato M., Schanz T., Schieler H., Scotti V., Segreto A., Selmane S., Semikoz D., Serra M., Sharakin S., Shibata T., Shimizu H. M., Shinozaki K., Shirahama T., Siemieniec-Ozieblo G., Sledd J., Slominska K., Sobey A., Stan I., Sugiyama T., Supanitsky D., Suzuki M., Szabelska B., Szabelski J., Tahi H., Tajima F., Tajima N., Tajima T., Takahashi Y., Takami H., Takeda M., Takizawa Y., Talai M. C., Tenzer C., Tibolla O., Tkachev L., Tokuno H., Tomida T., Tone N., Toscano S., Traiche M., Tsenov R., Tsunesada Y., Tsuno K., Tymieniecka T., Uchihori Y., Unger M., Vaduvescu O., Valdes-Galicia J. F., Vallania P., Vankova G., Vigorito C., Villasenor L., Vlcek B., von Ballmoos P., Vrabel M., Wada S., Watanabe J., Watanabe S., Watts J. Jr., Weber M., Weigand Munoz R., Weindl A., Weiler T. J., Wibig T., Wiencke L., Wille M., Wilms J., Wlodarczyk Z., Yamamoto T., Yamamoto Y., Yang J., Yano H., Yashin I. V., Yonetoku D., Yoshida S., Young R., Zgura I. S., Zotov M. Yu., Marchi A. Zuccaro

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT   866 巻   頁: 150-163   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nima.2017.05.043

    Web of Science

  239. Meteor studies in the framework of the JEM-EUSO program

    Abdellaoui G., Abe S., Acheli A., Adams J. H. J. H., Ahmad S., Ahriche A., Albert J. -N., Allard D., Alonso G., Anchordoqui L., Andreev V., Anzalone A., Aouimeure W., Arai Y., Arsene N., Asano K., Attallah R., Attoui H., Pemas M. Ave, Bacholle S., Bakiri M., Baragatti P., Barrillon P., Bartocci S., Batsch T., Bayer J., Bechini R., Belenguer T., Bellotti R., Belov A., Belov K., Benadda B., Benmessai K., Berlind A. A., Bertaina M., Biermann P. L., Biktemerova S., Bisconti F., Blanc N., Blecki J., Blin-Bondil S., Bobik P., Bogomilov M., Bonamente M., Boudaoud R., Bozzo E., Briggs M. S., Bruno A., Caballero K. S., Cafagna F., Campana D., Capdevielle J. -N., Capel F., Caramete A., Caramete L., Carlson P., Caruso R., Casolino M., Cassardo C., Castellina A., Castellini G., Catalano C., Catalano O., Cellino A., Chikawa M., Chiritoi G., Christl M. J., Connaughton V., Conti L., Cordero G., Crawford H. J., Cremonini R., Csorna S., Dagoret-Campagne S., De Donato C., de la Taille C., De Santis C., del Peral L., Di Martino M., Djemil T., Djenas S. A., Dulucq F., Dupieux M., Dutan I., Ebersoldt A., Ebisuzaki T., Engel R., Eser J., Fang K., Fenu F., Fernandez-Gonzalez S., Fernandez-Soriano J., Ferrarese S., Finco D., Flamini M., Fornaro C., Fouka M., Franceschi A., Franchini S., Fuglesang C., Fujimoto J., Fukushima M., Galeotti P., Garcia-Ortega E., Garipov G., Gascon E., Geary J., Gelmini G., Genci J., Giraudo G., Gonchar M., Alvarado C. Gonzalez, Gorodetzky P., Guarino F., Guehaz R., Guzman A., Hachisu Y., Haiduc M., Harlov B., Haungs A., Carretero J. Hernandez, Hidber W., Higashide K., Ikeda D., Ikeda H., Inoue N., Inoue S., Isgro F., Itow Y., Jammer T., Joven E., Judd E. G., Jung A., Jochum J., Kajino F., Kajino T., Kalli S., Kaneko I., Kang D., Kanouni F., Karadzhov Y., Karczmarczyk J., Karus M., Katahira K., Kawai K., Kawasaki Y., Kedadra A., Khales H., Khrenov B. A., Kim Jeong-Sook, Kim Soon-Wook, Kim Sug-Whan, Kleifges M., Klimov P. A., Kolev D., Kreykenbohm I., Kudela K., Kurihara Y., Kusenko A., Kuznetsov E., Lacombe M., Lachaud C., Lahmar H., Lakhdari F., Larsson O., Lee J., Licandro J., Lim H., Campano L. Lopez, Maccarone M. C., Mackovjak S., Mandi M., Maravilla D., Marcelli L., Marcos J. L., Marini A., Martens K., Martin Y., Martinez O., Masciantonio G., Mase K., Matev R., Matthews J. N., Mebarki N., Medina-Tanco G., Mehrad L., Mendoza M. A., Merino A., Memik T., Meseguer J., Messaoud S., Micu O., Mimouni J., Miyamoto H., Miyazaki Y., Mizumoto Y., Modestino G., Monaco A., Monnier-Ragaigne D., de los Rios J. A. Morales, Moretto C., Morozenko V. S., Mot B., Murakami T., Nadji B., Nagano M., Nagata M., Nagataki S., Nakamura T., Napolitano T., Nardellis A., Naumov D., Nava R., Neronov A., Nomoto K., Nonaka T., Ogawa T., Ogio S., Ohmori H., Olinto A. V., Orleariski P., Osteria G., Painter W., Panasyuk M. I., Panico B., Parizot E., Park I. H., Park H. W., Pastircak B., Patzak T., Paul T., Pennypacker C., Perdichizzi M., Perez-Grande I., Perfetto F., Peter T., Picozza P., Pierog T., Pindado S., Piotrowski L. W., Pirainou S., Placidis L., Plebaniak Z., Pliego S., Pollini A., Popescu E. M., Prat P., Prevot G., Prieto H., Putis M., Rabanal J., Radu A. A., Rahmani M., Reardon P., Reyes M., Rezazadeh M., Ricci M., Frias M. D. Rodriguez, Ronga F., Roth M., Rothkaehl H., Roudil G., Rusinov I., Rybczynski M., Sabau M. D., Cano G. Saez, Sagawa H., Sahnoune Z., Saito A., Sakaki N., Sakata M., Salazar H., Sanchez J. C., Sanchez J. L., Santangelo A., Cruz L. Santiago, Sanz-Andres A., Palomino M. Sanz, Saprykin O., Sarazin F., Sato H., Sato M., Schanz T., Schieler H., Scotti V., Segreto A., Selmane S., Semikoz D., Serra M., Sharakin S., Shibata T., Shimizu H. M., Shinozaki K., Shirahama T., Siemieniec-Ozieblo G., Sledd J., Slomiriska K., Sobey A., Stan I., Sugiyama T., Supanitsky D., Suzuki M., Szabelska B., Szabelski J., Tahi H., Tajima F., Tajima N., Tajima T., Takahashi Y., Takami H., Takeda M., Takizawa Y., Talai M. C., Tenzer C., Tibolla O., Tkachev L., Tokuno H., Tomida T., Tone N., Toscano S., Traiche M., Tsenov R., Tsunesada Y., Tsuno K., Tymieniecka T., Uchihori Y., Unger M., Vaduvescu O., Valdes-Galicia J. F., Vallania P., Vankova G., Vigorito C., Villasenor L., Vicek B., von Ballmoos P., Vrabel M., Wada S., Watanabe J., Watanabe S., Watts J. Jr., Weber M., Munoz R. Weigand, Weindl A., Weiler T. J., Wibig T., Wiencke L., Wille M., Wilms J., Wlodarczyk Z., Yamamoto T., Yamamoto Y., Yang J., Yano H., Yashin I. V., Yonetoku D., Yoshida S., Young R., Zgura I. S., Zotov M. Yu., Marchi A. Zuccaro

    PLANETARY AND SPACE SCIENCE   143 巻   頁: 245-255   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pss.2016.12.001

    Web of Science

  240. Pseudomagnetic effects for resonance neutrons 査読有り

    Vladimir Gudkov, Hirohiko M. Shimizu

    Physical Review C   95 巻   頁: 045501   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.95.045501

  241. A neutron detector with submicron spatial resolution using fine-grained nuclear emulsion

    Naganawa N., Awano S., Hino M., Hirose M., Hirota K., Kawahara H., Kitaguchi M., Mishima K., Nagae T., Shimizu H. M., Tasaki S., Umemoto A.

    NEUTRON IMAGING FOR APPLICATIONS IN INDUSTRY AND SCIENCE   88 巻   頁: 224 - 230   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physics Procedia  

    DOI: 10.1016/j.phpro.2017.06.031

    Web of Science

    Scopus

  242. The design of the beam line of the Nagoya University accelerator-driven neutron source

    Ito I.

    Proceedings of Science   2017-January 巻   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Proceedings of Science  

    Scopus

  243. Measurement of neutron scattering from noble gas to search for a short-range unknown force

    Noriko O.I.

    Proceedings of Science   2017-January 巻   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Proceedings of Science  

    Scopus

  244. Measurement of angular correlation of (n,gamma) reaction with polarized neutrons

    Yamamoto T.

    Proceedings of Science   2017-January 巻   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Proceedings of Science  

    Scopus

  245. The MTV experiment: searching for T-violation in polarized Li-8 at TRIUMF

    Murata J., Baba H., Behr J. A., Goto F., Inaba S., Kawamura H., Kitaguchi M., Levy C. D. P., Masuda H., Nakaya Y., Ninomiya K., Onishi J., Openshaw R., Pearson M., Sakamoto Y., Shimizu H., Shimizu Y., Tanaka S., Tanaka Y., Tanuma R., Totsuka Y., Watanabe E., Yokohashi M.

    HYPERFINE INTERACTIONS   237 巻   2016年8月

  246. Pulsed ultra-cold neutron production using a Doppler shifter at J-PARC

    Imajo S., Mishima K., Kitaguchi M., Iwashita Y., Yamada N. L., Hino M., Oda T., Ino T., Shimizu H. M., Yamashita S., Katayama R.

    PROGRESS OF THEORETICAL AND EXPERIMENTAL PHYSICS   2016 巻 ( 1 )   2016年1月

     詳細を見る

  247. Erythrokeratoderma Variabilis Caused by p.Gly45Glu in Connexin 31: Importance of the First Extracellular Loop Glycine Residue for Gap Junction Function

    Takeichi Takuya, Sugiura Kazumitsu, Hsu Chao-Kai, Nomura Toshifumi, Takama Hiroyuki, Simpson Michael A., Shimizu Hiroshi, McGrath John A., Akiyama Masashi

    ACTA DERMATO-VENEREOLOGICA   96 巻 ( 4 ) 頁: 557 - 559   2016年

  248. 22pAX-5 TRIUMF-MTV実験の為のスピンフリップに同期する系統性抑制法の開発

    坂元 祐子, 長島 徹, 二宮 一史, Openshaw R., 尾崎 早智, Pearson M., 清水 裕彦, 清水 裕太, 田中 祐太郎, 田沼 良介, 渡辺 悦子, 馬場 秀忠, 横橋 麻美, 村田 次郎, 榎園 昭智, 後藤 文也, 羽取 美令, 稲葉 尚輝, 川村 広和, 北口 雅暁, 益田 英知

    日本物理学会講演概要集   71 巻 ( 0 )   2016年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.1.0_448

  249. Development of time projection chamber for precise neutron lifetime measurement using pulsed cold neutron beams

    Arimoto Y., Higashi N., Igarashi Y., Iwashita Y., Ino T., Katayama R., Kitaguchi M., Kitahara R., Matsumura H., Mishima K., Nagakura N., Oide H., Otono H., Sakakibara R., Shima T., Shimizu H. M., Sugino T., Sumi N., Sumino H., Taketani K., Tanaka G., Tanaka M., Tauchi K., Toyoda A., Tomita T., Yamada T., Yamashita S., Yokoyama H., Yoshioka T.

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT   799 巻   頁: 187 - 196   2015年11月

  250. Pulsed neutron-beam focusing by modulating a permanent-magnet sextupole lens 査読有り

    Masako Yamada, Yoshihisa Iwashita, Masahiro Ichikawa, Yasuhiro Fuwa, Hiromu Tongu, Hirohiko M. Shimizu, Kenji Mishima, Norifumi L. Yamada, Katsuya Hirota, Yoshie Otake, Yoshichika Seki, Yutaka Yamagata, Masahiro Hino, Masaaki Kitaguchi, Ulf Garbe, Shane J. Kennedy, Wai Tung Lee, Ken H. Andersen, Bruno Guerard, Giuliana Manzin, Peter Geltenbort

    PROGRESS OF THEORETICAL AND EXPERIMENTAL PHYSICS   2015 巻 ( 4 )   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS INC  

    We have developed a compact permanent-magnet sextupole lens for neutrons that can focus a pulsed beam with a wide wavelength range-the maximum wavelength being more than double the minimum-while sufficiently suppressing the effect of chromatic aberration. The bore diameter is o15 mm. Three units of a double-ring sextupole with a length of 66 mm are cascaded, resulting in a total length of 198 mm. The dynamic modulation range of the unit-averaged field gradient is 1.06 x 10(4)-5.86 x 10(4) Tm-2. Permanent magnets and newly developed torque-canceling elements make the device compact, its production costs low, and its operation simpler than that of other magnetic lenses. The efficacy of this lens was verified using very cold neutrons. The diameter of the focused beam spots over the wavelength range of 27-55 angstrom was the same as that of the source aperture (2 mm diameter) when the magnification of the optical arrangement was unity. The total beam flux over this wavelength range was enhanced by a factor of 43. The focusing distance from the source to the detector was 1.84 m. In addition, in a demonstration of neutron image magnification, the image of a sample mask magnified by a factor of 4.1 was observed when the magnification of the optical arrangement was 5.0.

    DOI: 10.1093/ptep/ptv015

    Web of Science

  251. Concepts of Neutron Polarization Analysis Devices for a New Neutron Chopper Spectrometer POLANO, in J-PARC 査読有り

    K.Ohoyama, T.Yokoo, S.Itoh, T.Ino, M.Ohkawa, T.Oku, S.Tasaki, K.Iwasa, T.J.Sato, S.Ishimoto, K.Taketani, H.Kira, Y.Sakaguchi, M.Nanbu, H.Hiraka, H.M.Shimizu, M.Takeda, M.Hino, K.Hayashi, U.Fliges, P.Hautle

    Journal of Physics Conf. Ser.   502 巻   頁: 012051   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  252. Development of a New Neutron Mirror made of Deuterated Diamond-like Carbon 査読有り

    D.Sakurai, J.Chiba, T.Ino, K.Kakusho, N.Kaneko, R.Katayama, M.Kitaguchi, K.Mishima, S.Muto, K.Ozeki, H.M.Shimizu, S.Yamashita, T.Yoshioka, D.Nishimura

    Journal of Physics Conf. See.   502 巻   頁: 012010   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  253. Production of Ultra Cold Neutrons by a Doppler Shifter with Pulsed Neutrons at J-PARC 査読有り

    K.Mishima, S.Imajo, M.Hino, T.Ino, Y.Iwashita, R.Katayama, M.Kitaguchi, T.Oda, H.M.Shimizu, M.Utsuro, S.Yamashita, T.Yoshioka

    Journal of Physics Conf. Ser.   502 巻   頁: 012030   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  254. Production of Ultra Cold Neutrons by a Doppler Shifter with Pulsed Neutrons at J-PARC

    Mishima K., Imajo S., Hino M., Ino T., Iwashita Y., Katayama R., Kitaguchi M., Oda T., Shimizu H. M., Utsuro M., Yamashita S., Yoshioka T.

    INTERNATIONAL WORKSHOP ON NEUTRON OPTICS AND DETECTORS (NOP&D 2013)   528 巻   2014年

  255. Neutron-Antineutron Oscillation: A Snowmass 2013 White Paper

    K.Babu, S.Banerjee, D.V.Baxter, Z.Berezhiani, M.Bergevin, S.Bhattacharya, S.Brice, T.W.Burgess, L.Castellanos, S.Chattopadhyay, M-C.Chen, C.E.Coppola, R.Cowsik, J.A.Crabtree, P.Das, E.B.Dees, A.Dolgov, G.Dvali, P.Ferguson, M.Frost, T.Gabriel, A.Gal, F.Gallmeier, K.Ganezer, E.Golubeva, V.B.Graves, G.Greene, T.Handler, B.Hartfiel, A.Hawari, L.Heilbronn, C.Johnson, Y.Kamyshkov, B.Kerbikov, M.Kitaguchi, B.Z.Kopeliovich, V.B.Kopeliovich, W.Korsch, V.Kuzmin, C-Y.Liu, P.McGaughey, M.Mocko, R.Mohapatra, N.Mokhov, G.Muhrer, P.Mumm, L.Okun, R.W.Pattie Jr., D.G.Phillips II, C.Quigg, E.Ramberg, A.Ray, A.Roy, A.Ruggles, U.Sarkar, A.Saunders, A P.Serebrov, H.M.Shimizu, R.Shrock, A.K.Sikdar, S.Sjue, W.M.Snow, A.Soha, S.Spanier, S.Striganov, L.Townsend, R.Tschirhart, A.Vainshtein, R.Van Kooten, Z.Wang, B.Wehring and A.R.Young

    arXiv:1310.8593v1     頁: 1-26   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  256. An Evaluation of the Exposure in Nadir Observation of the JEM-EUSO Mission 査読有り

    J.H.Adams Jr., S.Ahmad, J.-N.Albert, D.Allard, M.Ambrosio, L.Anchordoqui, A.Anzalone, Y.Arai, C.Aramo, K.Asano, M.Ave, P.Barrillon, T.Batsch, J.Bayer, T.Belenguer, R.Bellotti, A.A.Berlind, M.Bertain, P.L.Biermann, S.Biktemerova, C.Blaksley, J.B l¸ecki, S.Blin-Bondilb, J.Blumer, P.Bobik, M.Bogomilov, M.Bonamente, M.S.Briggs, S.Briz, A.Bruno, F.Cafagna, D.Campana, J.-N.Capdevielle, R.Caruso, M.Casolino, C.Cassardo, G.Castellini, O.Catalano, A.Cellino, M.Chikawa, M.J.Christl, V.Connaughton, J.F.Cortes, H.J.Crawford, R.Cremonini, S.Csorna, J.C.D'Olivo, S.Dagoret-Campagne, A.J.de Castro, C.De Donato, C.de la Taille, L.del Peral, A.Dell'Oro, M.P.De Pascale, M.Di Martino, G.Distratis, M.Dupieux, A.Ebersoldt, T.Ebisuzaki, R.Engel, S.Falk, K.Fang, F.Fenu, I.Fernandez-Gomez, S.Ferrarese, A.Franceschi, J.Fujimoto, P.Galeotti, G.Garipov, J.Geary, U.G.Giaccari, G.Giraudo, M.Gonchar, C.Gonz´alez Alvarado, P.Gorodetzky, F.Guarino, A.Guzm´an, Y.Hachisu, B.Harlov, A.Haungs, J.Hernandez Carretero, K.Higashide, T.Iguchi, H.Ikeda, N.Inoue, S.Inoue, A.Insoli, F.Isgro, Y.Itow, E.Joven, E.G.Judd, A.Jung, F.Kajino, T.Kajino, I.Kaneko, Y.Karadzhov, J.Karczmarczyk, K.Katahira, K.Kawai, Y.Kawasaki, B.Keilhauer, B.A.Khrenov, Jeong-Sook Kim, Soon-Wook Kim, Sug-Whan Kim, M.Kleifges, P.A.Klimov, S.H.Ko, D.Kolev, I.Kreykenbohm, K.Kudela, Y.Kurihara, E.Kuznetsov, G.La Rosa, J.Lee, J.Licandro, H.Lim, F.Lopez, M.C.Maccarone, K.Mannheim, L.Marcelli, A.Marini, G.Martin-Chassard, O.Martinez, G.Masciantonio, K.Mase, R.Matev, A.Maurissen, G.Medina-Tanco, T.Mernik, H.Miyamoto, Y.Miyazaki, Y.Mizumoto, G.Modestino, D.Monnier-Ragaigne, J.A.Morales de los Rios, B.Mot, T.Murakami, M.Nagano, M.Nagata, S.Nagataki, T.Nakamura, J.W.Nam, S.Nam, K.Nam, T.Napolitano, D.Naumov, A.Neronov, K.Nomoto, T.Ogawa, H.Ohmori, A.V.Olinto, P.Orleanski, G.Osteria, N.Pacheco, M.I.Panasyuk, E.Parizot, I.H.Park, B.Pastircak, T.Patzak, T.Paul, C.Pennypacker, T.Peter, P.Picozza, A.Pollini, H.Prieto, P.Reardon, M.Reina, M.Reyes, M.Ricci, I.Rodriguez, M.D.Rodriguez Frias, F.Ronga, H.Rothkaehl, G.Roudil, I.Rusinov, M.Rybczynski, M.D.Sabau, G.Saez Cano, A.Saito, N.Sakaki, M.Sakata, H.Salazar, S.Sanchez, A.Santangelo, L.Santiago Cruz, M.Sanz Palomino, O.Saprykin, F.Sarazin, H.Sato, M.Sato, T.Schanz, H.Schieler, V.Scotti, M.Scuderi, A.Segreto, S.Selmane, D.Semikoz, M.Serra, S.Sharakin, T.Shibata, H.M.Shimizu, K.Shinozaki, T.Shirahama, G.Siemieniec-Ozieblo, H.H.Silva Lopez, J.Sledd, K.S lominska, A.Sobey, T.Sugiyama, D.Supanitsky, M.Suzuki, B.Szabelska, J.Szabelski, F.Tajima, N.Tajima, T.Tajima, Y.Takahashi, H.Takami, M.Takeda, Y.Takizawa, C.Tenzer, O.Tibolla, L.Tkachev, T.Tomida, N.Tone, F.Trillaud, R.Tsenov, K.Tsuno, T.Tymieniecka, Y.Uchihori, O.Vaduvescu, J.F.Valdes-Galicia, P.Vallani, L.Valore, G.Vankova, C.Vigorito, L.Villasenor, P.von Ballmoos, S.Wada, J.Watanabe, S.Watanabe, J.Watts Jr., M.Weber, T.J.Weiler, T.Wibig, L.Wiencke, M.Wille, J.Wilms, Z.W lodarczyk, T.Yamamoto, Y.Yamamoto, J.Yang, H.Yano, I.V.Yashin, D.Yonetoku, K.Yoshida, S.Yoshida, R.Young, A.Zamora, A.Zuccaro Marchi

    Astroparticle Physics   44 巻   頁: 76-90   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  257. Basic Concepts of Polarization Analysis for Neutron Chopper Spectrometer POLANO at J-PARC 査読有り

    K.Ohoyama, T.Yokoo, S.Itoh, J.Suzuki, K.Iwasa, T.J.Sato, H.Kira, Y.Sakaguchi, T.Ino, T.Oku, K.Tomiyasu, M.Matsuura, H.Hiraka, M.Fujita, H.Kimura, T.Sato, J.Suzuki, H.M.Shimizu, T.Arima, M.Takeda, K.Kaneko, M.Hino, S.Muto, H.Nojiri, C.H.Lee, J.G.Park and S.Choi

    J. Phys. Soc. Jpn.   82 巻   頁: SA036   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  258. Magnetic Shield Design of In-situ SEOP Polarized 3He Neutron Spin Filter System 査読有り

    H.Kira, Y.Sakaguchi, J.Suzuki, T.Oku, M.Nakamura, M.Arai, K.Kakurai, Y.Endo, Y.Arimoto, T.Ino, H.M.Shimizu, T.Kamiyama, K.Ohoyama, H.Hiraka, K.Tsutsumi, K.Yamada and L.-J.Chang

    Physics Procedia   42 巻   頁: 200-205   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  259. Rebunching Ultracold Neutrons by Magnetic Deceleration for the Neutron EDM Experiment at J-PARC

    S.Imajo, Y.Iwashita, P.Geltenbort, Y.Arimoto, H.M.Shimizu, M.Kitaguchi, T.Yoshioka, Y.Seki

    Proc. 4th International Particle Accelerator Conference (IPAC2013), Shanghai, China 12-17 May, 2013     頁: 1187   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  260. Demonstration of focusing by a neutron accelerator

    Arimoto Yasushi, Gertenbort Peter, Imajo Sohei, Iwashita Yoshihisa, Kitaguchi Masaaki, Seki Yoshichika, Shimizu Hirohiko M., Yoshioka Tamaki

    PHYSICAL REVIEW A   86 巻 ( 2 )   2012年8月

  261. A Compact SEOP 3He Neutron Spin Filter with AFP-NMR 査読有り

    T.Ino, Y.Arimoto, H.M.Shimizu, Y.Sakaguchi, K.Sakai, H.Kira, T.Shinohara, T.Oku, J.-I.Suzuki, K.Kakurai, L.-J.Chang

    Journal of Physics Conf. Ser.   340 巻   頁: 042006   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  262. Development of Polarized Xe Gas Target for Neutron Experiment 査読有り

    K.Sakai, T.Oku, T.Shinohara, H.Kira, M.Ooi, F.Maekawa, K.Kakurai, T.Ino, Y.Arimoto, H.M.Shimizu, Y.Sakaguchi, J.Suzuki, K.Ohoyama and L.J.Chang

    Journal of Physics Conf. Ser.   340 巻   頁: 012037   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  263. Demonstration of Optical Thickness Measurement Using Multilayer Cold Neutron Interferometer 査読有り

    Y.Seki, J.Uda, H.Funahashi, M.Kitaguchi, M.Hino, Y.Otake, K.Taketani and H.M.Shimizu

    Journal of Physics Conf. Ser.   340 巻   頁: 012039   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  264. Development of Longitudinal-gradient Magnet for Time Focusing of Ultracold Neutron with Anisotropic Interpole 査読有り

    Y.Arimoto, Y.Iwashita, T.Yoshioka, M.Kitaguchi, S.Imajo, H.M.Shimizu, K.Asahi, T.Ino, Y.Kamiya, K.Mishima, S.Muto, K.Sakai, T.Shima, K.Taketani, S.Yamashita and A.Yoshimi

    IEEE Trans. Appl. Supercond.   22 巻   頁: 6156745   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  265. Variable Permanent Magnet Multipoles 査読有り

    Y.Iwashita, M.Yamada, S.Ushijima, Y.Fuwa, Y.Nasu, H.Tongu, M.Masuzawa, H.M.Shimizu

    IEEE Trans. Appl. Supercond.   22 巻   頁: 4000905   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  266. Demonstration of Focusing by a Neutron Accelerator 査読有り

    Y.Arimoto, P.Geltenbort, S.Imajo, Y.Iwashita, M.Kitaguchi, Y.Seki, H.M.Shimizu, T.Yoshioka

    Phys. Rev. A   86 巻   頁: 023843, 1-4   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  267. Rebunching Low Energy Neutrons by Magnetic Acceleration and Deceleration

    Y.Iwashita, S.Imajo, M.Kitaguchi, Y.Arimoto, Hirohiko M. Shimizu, T.Yoshioka, Y.Seki, P.Geltenbort

    Proc. 3rd International Particle Accelerator Conference (IPAC2012), New Orleans, USA, 20-25 May, 2012     頁: 2766-2768   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  268. Present status of neutron fundamental physics at J-PARC 招待有り 査読有り

    Arimoto Yasushi, Funahashi Haruhiko, Higashi Nao, Hino Masahiro, Hirota Katsuya, Imajo Shohei, Ino Takashi, Iwashita Yoshihisa, Katayama Ryo, Kitaguchi Masaaki, Mishima Kenji, Muto Suguru, Oide Hideyuki, Otono Hidetoshi, Seki Yoshichika, Shima Tatsushi, Shimizu Hirohiko M., Taketani Kaoru, Yamada Takahiro, Yamashita Satoru, Yoshioka Tamaki

    PROGRESS OF THEORETICAL AND EXPERIMENTAL PHYSICS   2012 巻 ( 1 ) 頁: 02B007   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ptep/pts075

    Web of Science

    Scopus

  269. Demonstration of optical thickness measurement using multilayer cold neutron interferometer

    Seki Y., Uda J., Funahashi H., Kitaguchi M., Hino M., Otake Y., Taketani K., Shimizu H. M.

    5TH EUROPEAN CONFERENCE ON NEUTRON SCATTERING   340 巻   2012年

  270. A compact SEOP He-3 neutron spin filter with AFP NMR 査読有り

    Ino Takashi, Arimoto Yasushi, Shimizu Hirohiko M., Sakaguchi Yoshifumi, Sakai Kenji, Kira Hiroshi, Shinohara Takenao, Oku Takayuki, Suzuki Jun-ichi, Kakurai Kazuhisa, Chang Lieh-Jeng

    5TH EUROPEAN CONFERENCE ON NEUTRON SCATTERING   340 巻   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1088/1742-6596/340/1/012006

    Web of Science

  271. Recovery of reduced fringe visibility due to finite crossing angle between two paths of a neutron interferometer 査読有り

    Kaoru Taketani, Masahiro Hino, Hirohiko M. Shimizu

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   406 巻 ( 12 ) 頁: 2377 - 2380   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    In the present study the restoration of interference fringes, whose visibility is degraded by the presence of a finite crossing angle between the two paths of a neutron interferometer, is experimentally demonstrated. A crossing angle of 1.0 mu rad was introduced using an optical component consisting of a magnetic multilayer mirror, a wedge-shaped gap layer, and a nonmagnetic multilayer mirror. To restore the interference fringes, magnetic gradients of 0.64 G/cm were applied using two electro-quadrupole magnets. (C) 2010 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.physb.2010.11.090

    Web of Science

  272. Measurement of the neutron beam polarization of BL05/NOP beamline at J-PARC

    Ino T., Arimoto Y., Yoshioka T., Mishima K., Taketani K., Muto S., Shimizu H. M., Kira H., Sakaguchi Y., Oku T., Sakai K., Shinohara T., Suzuki J., Otono H., Oide H., Yamashita S., Imajo S., Funahashi H., Yamada M., Iwashita Y., Kitaguchi M., Hino M., Suzuki Z., Sanuki T., Seki T., Hirota K., Ikeda K., Sato H., Otake Y., Ohmori H., Morishima T., Shima T.

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   406 巻 ( 12 ) 頁: 2424 - 2428   2011年6月

  273. A compact TOF-SANS using focusing lens and very cold neutrons 査読有り

    Masako Yamada, Yoshihisa Iwashita, Toshiji Kanaya, Norifumi L. Yamada, Hirohiko M. Shimizu, Kenji Mishima, Masahiro Hino, Masaaki Kitaguchi, Katsuya Hirota, Peter Geltenbort, Bruno Guerard, Giuliana Manzin, Ken Anderson, Jyotsana Lal, John M. Carpenter, Markus Bleuel, Shane J. Kennedy

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   406 巻 ( 12 ) 頁: 2453 - 2457   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    We are developing a high-resolution small angle neutron scattering instrument for very cold neutrons (VCN). Our concept includes a magnetic lens for focusing of the beam at the detector plane. The lens consists of one permanent-magnet sextupole array rotating outside another stationary sextupole array, to focus a pulsed white beam of neutrons. Thus the instrument operates in time of flight mode. The prototype magnetic lens has a bore of 15 mm diameter and length of 66 mm, producing a magnetic field gradient oscillating from 1.5 x 10(4) to 5.9 x 10(4) T/m(2), with frequency &lt;= 25 Hz. A torque-canceling magnet around the lens suppresses the torque of rotation from the outer array to 1/3.
    We have demonstrated the performance of the lens, over wavelength range from 30 to 48 angstrom, on the PF2-VCN beam line at the Institut Laue-Langevin, France. The focused beam image was the same size as the source, without chromatic aberration, with focal length of 1.14 m. We also studied the performance of this configuration for high-resolution SANS, in a compact geometry (just 5 m long). The measurable q range of this system was 0.009 angstrom(-1) &lt;= q &lt;= 0.3 angstrom(-1) or 0.004 angstrom(-1) &lt;= q &lt;= 0.08 angstrom(-1) for sample to detector distances of 100 and 465 mm, respectively. Here, we present the results of our lens characterization study along with the SANS results on a tri-block copolymer (F127 Pluronic) and on a stretched polymer blend (with the Shish-Kebab structure). (C) 2010 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.physb.2010.12.002

    Web of Science

  274. Development of thin film neutron focusing lenses 査読有り

    Ino Takashi, Shinohara Takenao, Adachi Tomohiro, Hirota Katsuya, Hino Masahiro, Oku Takayuki, Taketani Kaoru, Mishima Kenji, Yoshioka Tamaki, Arimoto Yasushi, Muto Suguru, Suzuki Jun-ichi, Shimizu Hirohiko M.

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT   634 巻   頁: S94 - S96   2011年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nima.2010.05.046

    Web of Science

  275. Polarization of very cold neutron using a permanent magnet quadrupole 査読有り

    Tamaki Yoshioka, Kenji Mishima, Takashi Ino, Kaoru Taketani, Suguru Muto, Takahiro Morishima, Hirohiko M. Shimizu, Takayuki Oku, Junichi Suzuki, Takenao Shinohara, Kenji Sakai, Hiromi Sato, Katsuya Hirota, Yoshie Otake, Masaaki Kitaguchi, Masahiro Hino, Yoshichika Seki, Yoshihisa Iwashita, Masako Yamada, Masahiro Ichikawa, Takanori Sugimoto, Shinsuke Kawasaki, Sachio Komamiya, Hidetoshi Otono, Yoshio Kamiya, Satoru Yamashita, Peter Geltenbort

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT   634 巻   頁: S17 - S20   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    For the future fundamental physics experiments by using cold neutrons, we are developing a device which can measure the neutron polarization degree by accuracy significantly below 10(-3). A quadrupole magnet is one of the promising candidate to measure the neutron polarization degree by such extremely high precision. We have performed a polarization experiment by using the quadrupole magnets at the Very Cold Neutron (VCN) port of the PF-2 in the Institute Laue-Langevin (ILL). As a result, we obtained the polarization degree P with very high accuracy P=0.9994 +/- 0.0001(stat.) +/- 0.0003(syst.), which meet our requirement significantly. (C) 2010 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.nima.2010.05.029

    Web of Science

  276. Parametric resonance enhancement in neutron interferometry and application for the search for non-Newtonian gravity 査読有り

    Vladimir Gudkov, Hirohiko M. Shimizu, Geoffrey L. Greene

    PHYSICAL REVIEW C   83 巻 ( 2 )   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER PHYSICAL SOC  

    The parametric resonance enhancement of the phase of neutrons due to non-Newtonian anomalous gravitation is considered. The existence of such resonances is confirmed by numerical calculations. A possible experimental scheme for observing this effect is discussed based on an existing neutron interferometer design.

    DOI: 10.1103/PhysRevC.83.025501

    Web of Science

  277. A Transport Optics for Pulsed Ultracold Neutrons 査読有り

    H.M.Shimizu, Y.Iwashita, M.Kitaguchi, K.Mishima and T.Yoshioka

    Nucl. Instrum. Methods A   634 巻   頁: 25-27   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  278. Multilayer Neutron Interferometer with Complete Path Separation 査読有り

    Seki Yoshichika, Funahashi Haruhiko, Kitaguchi Masaaki, Hino Masahiro, Otake Yoshie, Taketani Kaoru, Shimizu Hirohiko M.

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   79 巻 ( 12 )   2010年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.79.124201

    Web of Science

  279. Development of a triplet magnetic lens system to focus a pulsed neutron beam 査読有り

    Oku Takayuki, Kira Hiroshi, Shinohara Takenao, Takata Shin-ichi, Arai Masatoshi, Suzuki Jun-ichi, Shimizu Hirohiko M.

    INTERNATIONAL CONFERENCE ON NEUTRON SCATTERING 2009   251 巻   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1088/1742-6596/251/1/012078

    Web of Science

  280. Neutron Reflectometry for Observation of Machined Surface Roughness 査読有り

    Inoue Kazuko, Hirayama Tomoko, Uno Tomoki, Ebisawa Toru, Ikeda Kazuaki, Honda Hisayoshi, Shimizu Hirohiko

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   48 巻 ( 12 )   2009年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JJAP.48.126504

    Web of Science

  281. Neutron interferometric search for short-range gravity 査読有り

    Vladimir Gudkov, Geoffrey L. Greene, Hirohiko M. Shimizu

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT   611 巻 ( 2-3 ) 頁: 153 - 156   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    We discuss the coherent nature of neutron interactions and properties of low-energy neutrons with the view of the possibility to search for "anomalous" forces with ranges from nuclear sizes up to the macroscopic scale. (C) 2009 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.nima.2009.07.042

    Web of Science

  282. Highly polarized very cold neutrons through a permanent magnet quadrupole 査読有り

    Kaoru Taketani, Kenji Mishima, Takashi Ino, Tamaki Yoshioka, Suguru Muto, Takahiro Morishima, Hirohiko M. Shimizu, Takayuki Oku, Junichi Suzuki, Takenao Shinohara, Kenji Sakai, Hiromi Sato, Katsuya Hirota, Yoshie Otake, Masaaki Kitaguchi, Masahiro Hino, Yoshichika Seki, Yoshihisa Iwashita, Masako Yamada, Masahiro Ichikawa, Takanori Sugimoto, Shinsuke Kawasaki, Sachio Komamiya, Yoshio Kamiya, Hidetoshi Otono, Satoru Yamashita, Peter Geltenbort

    Physica B: Condensed Matter   404 巻 ( 17 ) 頁: 2643 - 2645   2009年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We obtained highly polarized very cold neutrons through a quadrupole magnet with a large aperture. When neutrons go through a quadrupole magnet, parallel-spin neutrons are attracted to the magnet axis and anti-parallel-spin neutrons are repelled off the axis. Therefore, the neutrons through a sufficiently long quadrupole magnet have completely parallel-spin. At the downstream of the quadrupole magnet, we placed another quadrupole magnet to divide neutrons into two regions depending on their spin directions. We obtained the neutron polarization from the integrated count of the two regions and found it was 99.88±0.09 (stat.)±0.05 (syst.)%. © 2009 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.physb.2009.06.045

    Web of Science

    Scopus

  283. Development of modulating permanent magnet sextupole lens for focusing of pulsed cold neutrons 査読有り

    Masako Yamada, Yoshihisa Iwashita, Masahiro Ichikawa, Takanori Sugimoto, Hiromu Tongu, Hiroshi Fujisawa, Hirohiko M. Shimizu, Takashi Ino, Kenji Mishima, Kaoru Taketani, Tamaki Yoshioka, Suguru Muto, Takahiro Morishima, Takayuki Oku, Jun ichi Suzuki, Takenao Shinohara, Kenji Sakai, Hiromi Sato, Katsuya Hirota, Yoshie Otake, Yoshichika Seki, Shinsuke Kawasaki, Sachio Komamiya, Yoshio Kamiya, Hidetoshi Otono, Satoru Yamashita, Peter Geltenbort

    Physica B: Condensed Matter   404 巻 ( 17 ) 頁: 2646 - 2651   2009年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Modulating permanent magnet sextupole lens (PMSx) for focusing pulsed cold neutrons is under development. The synchronized modulation of its field gradient suppresses the chromatic aberration which arises from the Time Of Flight method. The strength of the magnetic field, the torque, and the rise of temperature during its operation are studied on a fabricated prototype. Experiments on focusing pulsed very cold neutrons (VCN) at ILL (Institute of Laue Langevin, France) were carried out and VCN with around λ=40 Å were focused by the PMSx at a focal length of about 0.5 m. The experimental results are presented in conjunction with the principle of the neutron focusing and the modulating method of the focal strength of permanent magnet lens with the double ring structure. © 2009 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.physb.2009.06.132

    Web of Science

    Scopus

  284. Pulsed neutron beam control using a magnetic multiplet lens 査読有り

    Takayuki Oku, Takenao Shinohara, Jun-ichi Suzuki, Roger Pynn, Hirohiko M. Shimizu

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT   600 巻 ( 1 ) 頁: 100 - 102   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    As a magnetic neutron lens based on a sextupole magnet to focus neutrons has chromatic aberration, it has been proposed that the chromatic aberration can be compensated in the pulsed neutron beam focusing by combining the focusing and defocusing functions of the multiplet magnetic lens system synchronously with time-of-flight (TOF) of neutrons. In this study, we performed numerical simulations on the multiplet magnetic lens system to investigate how a pulsed neutron beam can be controlled on the basis of the TOF method. It was then confirmed that the chromatic aberration can be compensated and the focal condition can be maintained over a certain A-range by utilizing plural magnetic lenses in series and choosing the focusing and defocusing function of each magnetic lens synchronously with TOF of neutrons. (C) 2008 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.nima.2008.11.055

    Web of Science

  285. Design of neutron beamline for fundamental physics at J-PARC BL05 査読有り

    Kenji Mishima, Takashi Ino, Kenji Sakai, Takenao Shinohara, Katsuya Hirota, Kazuaki Ikeda, Hiromi Sato, Yoshie Otake, Hitoshi Ohmori, Suguru Muto, Norio Higashi, Takahiro Morishima, Masaaki Kitaguch, Masahiro Hino, Haruhiko Funahashi, Tatsushi Shima, Jun-ichi Suzuki, Koji Niita, Kaoru Taketani, Yoshichika Seki, Hirohiko M. Shimizu

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT   600 巻 ( 1 ) 頁: 342 - 345   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    A new beamline for a fundamental physics experiment is under construction at BL05 port in the Materials and Life Science Facility (MLF) at Japan Proton Accelerator Research Complex (J-PARC); this beamline is designed using novel techniques of neutron optics and it is termed "Neutron Optics and Physics." The beam from the moderator is deflected by multi-channel supermirrors and split into three branches for individual experiments. In this study, we have optimized the design of the beam optics and shields using the Monte Carlo simulation package PHITS. The neutron fluxes of beams are expected to be 9.2 x 10(5)/cm(2)/mu str/s/MW, 1.2 x 10(9)/cm(2)/s/MW, and 4.0 x 10(8)/cm(2)/s/MW, with polarization of 99.8%. (C) 2008 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.nima.2008.11.087

    Web of Science

  286. A CCD-based Pixel Detector with Micron Spatial Resolution for Ultra Cold Neutrons 査読有り

    Go Ichikawa, Shinsuke Kawasaki, Sachio Komamiya, Yoshio Kamiya, Tomoyuki Sanuki, Hirohiko M. Shimizu, Masahiro Hino, Masaaki Kitaguchi

    2009 IEEE NUCLEAR SCIENCE SYMPOSIUM CONFERENCE RECORD, VOLS 1-5     頁: 1619 - +   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    We have developed a pixel detector for ultra-cold neutrons using a commercial CCD. In order to detect neutrons, a thin neutron converting layer is directly formed on the CCD surface. The detection efficiencies for cold, very-cold and ultra-cold neutrons are measured to be 1.7%, 4.05 +/- 0.08 +/- 0.12% and 40.6 +/- 0.7 +/- 2.8%, respectively. The spatial resolutions were measured to be 2.9 +/- 0.1 mu m for horizontal direction and 4.4 +/- 0.2 mu m for vertical direction. The vertical and horizontal directions are determined by the charge transfer mechanism of CCDs. The details of the pixel detector and its performance tests are described.

    DOI: 10.1109/NSSMIC.2009.5402255

    Web of Science

  287. 超伝導トンネル接合素子を用いたテラヘルツ波検出器アレイの開発とイメージング応用

    有吉 誠一郎, 大谷 知行, ドブロユ アドリアン, 佐藤 広海, 田井野 徹, 松尾 宏, 清水 裕彦

    低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity   78 巻   2008年5月

  288. Application of a neutron-polarizing device based on a quadrupole magnet to a focusing SANS instrument with a magnetic neutron lens

    Oku T., Shinohara T., Kikuchi T., Oba Y., Iwase H., Koizumi S., Suzuki J., Shimizu H. M.

    MEASUREMENT SCIENCE AND TECHNOLOGY   19 巻 ( 3 )   2008年3月

  289. Variable permanent magnet sextupole lens for focusing of pulsed cold neutrons

    Iwashita Y., Tajima Y., Ichikawa M., Nakamura S., Ino T., Muto S., Shimizu H. M.

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT   586 巻 ( 1 ) 頁: 73 - 76   2008年2月

  290. Terahertz Imaging with a Two-dimensional Array Detector Based on Superconducting Tunnel Junctions

    Ariyoshi S., Otani C., Dobroiu A., Sato H., Taino T., Matsuo H., Shimizu H. M.

    2008 33RD INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFRARED, MILLIMETER AND TERAHERTZ WAVES, VOLS 1 AND 2     頁: 618 - 618   2008年

     詳細を見る

  291. Slow Neutron Optics 査読有り

    Hirohiko M. Shimizu

    TRANSACTIONS OF THE MATERIALS RESEARCH SOCIETY OF JAPAN, VOL 33, NO 3   33 巻 ( 3 ) 頁: 541 - 545   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:MATERIALS RESEARCH SOCIETY JAPAN-MRS-J  

    We survey the current status of reflective neutron optical devices, compound refractive and magnetic ones for enhancing the effectiveness of the beam utilization to extract physics information of samples.

    Web of Science

  292. マイクロパターンガス検出器の開発状況 : 東京大学におけるMSGC開発について

    藤田 薫, 高橋 浩之, 二河 久子, 高田 夕佳, 猪野 隆, 清水 裕彦, 岸本 俊二, 奥 隆之, 鈴木 淳市, 古坂 道弘, 金沢 正和

    電気学会研究会資料. NE, 原子力研究会   2007 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 4   2007年9月

  293. Highly polarized cold neutron beam obtained by using a quadrupole magnet 査読有り

    Oku Takayuki, Yamada Satoru, Shinohara Takenao, Suzuki Jun-ichi, Mishima Kenji, Hirota Katsuya, Sato Hiromi, Shimizu Hirohiko M.

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   397 巻 ( 1-2 ) 頁: 188 - 191   2007年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.physb.2007.02.055

    Web of Science

  294. Moire Fringes in a Neutron Spin Interferometer

    Taketani Kaoru, Seki Yoshichika, Funahashi Haruhiko, HINO Masahiro, KITAGUCHI Masaaki, OTAKE Yoshie, SHIMIZU Hirohiko M.

    Journal of the Physical Society of Japan   76 巻 ( 6 ) 頁: "64008 - 1"-"64008-7"   2007年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    We have revealed the criterion to observe moire fringes in a neutron spin interferometry. In former studies using wave front division, neutron beam had to be collimated by fine slits. On the other hand, we have succeeded to observe moire fringes with divergence angle of 8.3 mrad using spin polarization division. A model based on partial coherence theory has been developed and verified experimentally. These results will be the basis for neutron wave front manipulation technique using magnetic birefringence.

  295. Moire fringes in a neutron spin interferometer

    Taketani Kaoru, Seki Yoshichika, Funahashi Haruhiko, Hino Masahiro, Kitaguchi Masaaki, Otake Yoshic, Shimizu Hirohiko M.

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   76 巻 ( 6 ) 頁: 064008 - 064008   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    We have revealed the criterion to observe moir&eacute; fringes in a neutron spin interferometry. In former studies using wave front division, neutron beam had to be collimated by fine slits. On the other hand, we have succeeded to observe moir&eacute; fringes with divergence angle of 8.3 mrad using spin polarization division. A model based on partial coherence theory has been developed and verified experimentally. These results will be the basis for neutron wave front manipulation technique using magnetic birefringence.

    DOI: 10.1143/JPSJ.76.064008

    Web of Science

    CiNii Research

  296. Low energy particle detector using a superconducting transition edge sensor 査読有り

    Masashi Ohno, Hiromi Sato, Kenji Mishima, Tokihiro Ikeda, Hirohiko M. Shimizu

    IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY   17 巻 ( 2 ) 頁: 328 - 331   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    Precise measurement of neutron beta decay tests predictions of the Standard Model of electroweak interaction. The coefficient a of the antineutrino/electron angular correlation is determined by measuring the energy spectrum of the recoil protons generated in the neutron beta decay. A proton spectrometer required for this measurement demands high detection efficiency, high energy resolution and a large detection area. We have begun development of a Transition Edge Sensor (TES) microcalorimeter for use as a low energy particle detector. To realize the large detection area we have designed a pixelated TES array incorporating a parallel biasing scheme. Our TES device consists of 4-pixels using a Au/Ti/Au trilayer film adjusted to a superconducting transition temperature of Tc similar to 380 mK. This temperature is convenient for use in a 3He cryostat with a pulse tube refrigerator. The Ail films improve thermal conductivity, thereby reducing position dependent effects and allow an increased detector area.

    DOI: 10.1109/TASC.2007.898057

    Web of Science

  297. Wide-q observation from 10(-4) to 2.0 A(-1) using a focusing and polarized neutron small-angle scattering spectrometer, SANS-J-II 査読有り

    Hiroki Iwase, Satoshi Koizumi, Jun-ichi Suzuki, Takayuki Oku, Hajime Sasao, Hirokazu Tanaka, Hirohiko M. Shimizu, Takeji Hashimoto

    JOURNAL OF APPLIED CRYSTALLOGRAPHY   40 巻   頁: S414 - S417   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING  

    In order to extend an upper q-limit [q is the magnitude of the scattering vector q, defined by q = (4 pi/lambda)sin theta, where lambda and 2 theta are the wavelength and the scattering angle, respectively], high-angle He-3 sub-detectors were installed on a focusing and polarized neutron small-angle scattering spectrometer (SANS-J-II) at JRR-3, Tokai, Japan. Consequently, the upper q-limit was improved from 0.2 to 2.0 angstrom(-1). To quantitatively discriminate spin incoherent scattering from hydrogen or to perform nuclear spin polarization contrast variation, a remanent supermirror analyser is also available on the high-angle sub-detector. By combining a focusing ultra-small-angle scattering, realised by compound and/or magnetic lens and high-resolution area detector, SANS-J-II is able to cover from 3 x 10(-4) to 2.0 angstrom(-1) (four orders of magnitude of q), which benefits investigation of hierarchically ordered systems, found widely in hard, soft and bio-materials.

    DOI: 10.1107/S0021889807006280

    Web of Science

  298. Focusing and polarized neutron small-angle scattering spectrometer (SANS-J-II). The challenge of observation over length scales from an angstrorm to a micrometre 査読有り

    Satoshi Koizumi, Hiroki Iwase, Jun-ichi Suzuki, Takayuki Oku, Ryuhei Motokawa, Hajime Sasao, Hirokazu Tanaka, Daisuke Yamaguchi, Hirohiko M. Shimizu, Takeji Hashimoto

    JOURNAL OF APPLIED CRYSTALLOGRAPHY   40 巻   頁: S474 - S479   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING  

    SANS-J (a pinhole small-angle neutron scattering spectrometer at research reactor JRR3, Tokai, Japan) was reconstructed as a focusing and polarized neutron small-angle scattering spectrometer (SANS-J-II). By employing focusing lenses of a biconcave MgF2 crystal or of a sextupole permanent magnet and a high-resolution photomultiplier, the minimum accessible magnitude of the scattering vector q(min) was improved from 3 x 10(-3) angstrom(-1) to an ultra-small-angle scattering (USAS) of 3 x 10(-4) angstrom(-1). Compared with a Bonse-Hart double-crystal method, the advantages of focusing USAS are the efficient detection of anisotropic USAS with an area detector, an improvement in q resolution Delta q/q at conventional magnitudes of the scattering vector q similar to 10(-3) angstrom(-1) and a gain in neutron flux in the conventional q region of q similar to 10(-3) angstrom(-1).

    DOI: 10.1107/S0021889807014392

    Web of Science

  299. A focusing-geometry small-angle neutron scattering instrument with a magnetic neutron lens 査読有り

    Oku Takayuki, Iwase Hiroki, Shinohara Takenao, Yamada Satoru, Hirota Katsuya, Koizumi Satoshi, Suzuki Jun-ichi, Hashimoto Takeji, Shimizu Hirohiko M.

    JOURNAL OF APPLIED CRYSTALLOGRAPHY   40 巻   頁: S408 - S413   2007年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1107/S0021889807003822

    Web of Science

  300. CS-7-9 ファイバー通信波長帯(1.5μm)における超伝導トンネル接合を用いた単一光子検出器(CS-7.単一光子検出技術-量子通信を目指して,シンポジウム)

    志岐 成友, 佐藤 広海, 清水 裕彦

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007 巻 ( 2 ) 頁: "S - 31"-"S-32"   2007年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

  301. X-Ray Detection Using Superconducting Tunnel Junction Shaped Normal-Distribution-Function

    TAINO Tohru, NISHIHARA Tomohiro, HOSHINO Koichi, MYOREN Hiroaki, SATO Hiromi, SHIMIZU Hirohiko M., TAKADA Susumu

    IEICE transactions on electronics   90 巻 ( 3 ) 頁: 566 - 569   2007年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    A normal-distribution-function-shaped superconducting tunnel junction (NDF-STJ) which consists of Nb/Al-AlO_x/Al/Nb has been fabricated as an X-ray detector. Current-voltage characteristics were measured at 0.4K using three kinds of STJs, which have the dispersion parameters σ of 0.25, 0.45 and 0.75. These STJs showed very low subgap leakage current of about 5nA. By irradiating with 5.9keV X-rays, we obtained the spectrum of these NDF-STJs. They showed good energy resolution with small magnetic fields of below 3mT, which is about one-tenth of those for conventional-shaped STJs.

  302. X-ray detection using superconducting tunnel junction shaped normal-distribution-function 査読有り

    Tohru Taino, Tomohiro Nishihara, Koichi Hoshino, Hiroaki Myoren, Hiromi Sato, Hirohiko M. Shimizu, Susumu Takada

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E90C 巻 ( 3 ) 頁: 566 - 569   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    A normal-distribution-function-shaped superconducting tunnel junction (NDF-STJ) which consists of Nb/Al-AlOx/Al/Nb has been fabricated as an X-ray detector. Current - voltage characteristics were measured at 0.4 K using three kinds of STJs, which have the dispersion parameters sigma of 0.25, 0.45 and 0.75. These STJs showed very low subgap leakage current of about 5 nA. By irradiating with 5.9 keV X-rays, we obtained the spectrum of these NDF-STJs. They showed good energy resolution with small magnetic fields of below 3 mT, which is about one-tenth of those for conventional-shaped STJs.

    DOI: 10.1093/ietele/e90-c.3.566

    Web of Science

  303. 多チャンネル検出器システムへ向けたアナログーデジタル変換器の開発

    山崎 拓朗, 宮嶋 茂之, 佐藤 広海, 清水 裕彦, 藤巻 朗

    電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス   106 巻 ( 503 ) 頁: 7 - 12   2007年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    超伝導トンネル接合素子(以下STJ: Superconducting Tunnel Junction)は半導体検出器に比べてエネルギー分解能が一桁以上高く、非常に精度のよい検出ができる。その反面、面積を大きくすることができず有感領域が小さいといった問題がある。そこで我々はSTJの実効的有感面積を拡大させるために、STJ、アナログ-デジタル(AD)変換器、単一磁束量子(SFQ)信号処理回路を用いて構築できる多チャンネル検出器システムを考案した。このシステムの実現のための最初のステップとして超伝導AD変換器とSTJ検出器との統合を試みた。STJの動作状況はチャンバー内にSFQ回路の障害となり得る磁場を発生させるなど必ずしもSFQ回路の動作環境として相応しくない。我々はこの問題に対して磁気シールドなどの対策を施しSTJ用クライオスタット内での超伝導AD変換器の正常動作を確認した。

  304. Small-angle neutron scattering (SANS) and dynamic light scattering (DLS) analyses of the initial aggregation process of tau by oxidative stress 査読有り

    Sachio Naito, Susumu Ikeda, Hirohiko Shimizu, Hideki Mochizuki, Toru Yasuda, Yoshikuni Mizuno, Michihiro Furusaka, Satoru Fujiwara, Junichi Suzuki, keiji Wada

    NEUROSCIENCE RESEARCH   58 巻   頁: S176 - S176   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    DOI: 10.1016/j.neures.2007.06.757

    Web of Science

  305. Development of neutron interferometer with wide-gapped "BSE"s for precision measurements

    Seki Y., Kitaguchi M., Funahashi H., Taketani K., Hino M., Otake Y., Shimizu H. M.

    PROCEEDINGS OF THE 17TH INTERNATIONAL SPIN PHYSICS SYMPOSIUM   915 巻   頁: 202 - +   2007年

     詳細を見る

  306. 超伝導検出器アレイを用いたテラヘルツイメージング

    有吉 誠一郎, 大谷 知行, ドブロユ アドリアン, 松尾 宏, 佐藤 広海, 田井野 徹, 川瀬 晃道, 清水 裕彦

    電子情報通信学会技術研究報告. ED, 電子デバイス   106 巻 ( 403 ) 頁: 59 - 63   2006年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    電波と光波の境界領域に位置するテラヘルツ波は、物質に対する透過性と吸収スペクトルを利用した物質同定性を併せ持つなど、他の波長帯では見られない特長を有し、産業分野の製造ラインなどでの非破壊透視検査、薬品検査や癌診断などの医薬分野応用、天文観測研究など、様々な分野での応用が期待されている。しかし、このバンドで超高感度かつ短時間イメージングを行うために必要な多素子検出技術は未開拓である。そこで我々は、超伝導トンネル接合素子(STJ)を用いた超高感度テラヘルツ光検出器とそのイメージングアレイ化に向けた研究開発を行っている。検出器1画素の膜構造は、ニオブ超伝導体の平面アンテナと超伝導マイクロストリップラインをSTJ素子で橋渡ししており、光子誘起トンネル現象を検出原理とする。本稿では、STJ検出器の概要とリニアアレイを用いたイメージング試験結果とともに、その将来性について述べる。

  307. THz波検出用基板吸収型超伝導トンネル接合素子

    田井野 徹, 石井 宏和, 吉村 正太, 明連 広昭, 高田 進, 大谷 知行, 有吉 誠一郎, 佐藤 広海, 清水 裕彦, 川瀬 晃道

    電子情報通信学会技術研究報告. ED, 電子デバイス   106 巻 ( 403 ) 頁: 53 - 57   2006年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年テラヘルツ波は工学、医学、理学など様々な分野で注目を集めている。我々はテラヘルツ波の新たな検出器として、超伝導トンネル接合素子(STJ)に着目し、その検出器開発を行っている。我々の提案する検出器は、STJ直下に存在する基板に対してテラヘルツ波を照射して、基板内で発生するフォノンを利用する"基板吸収型STJ"である。本論文では、基板吸収型STJを用いたテラヘルツ波検出のこれまでの実験について報告する。

  308. Thermal neutron refraction by material prism 査読有り

    Shinohara Takenao, Hirota Katsuya, Adachi Tomohiro, Ikeda Kazuaki, Shimizu Hirohiko M., Suzuki Jun-ichi, Oku Takayuki

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   385-86 巻   頁: 1232 - 1235   2006年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.physb.2006.05.418

    Web of Science

  309. Development of neutron Anger-camera detector based on flatpanel PMT 査読有り

    Hirota Katsuya, Satoh Setsuo, Sakai Kenji, Shinohara Takenao, Ikeda Kazuaki, Mishima Kenji, Yamada Satoru, Oku Takayuki, Suzuki Jun-ichi, Furusaka Michihiro, Shimizu Hirohiko M.

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   385-86 巻   頁: 1297 - 1299   2006年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.physb.2006.06.058

    Web of Science

  310. Development of measurement system of neutron beta decay 査読有り

    Mishima Kenji, Yamada Satoru, Sato Hiromi, Hirota Katsuya, Shinohara Takenao, Morishima Takahiro, Suzuki Jun-ichi, Oku Takayuki, Shimizu Hirohiko M.

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   385-86 巻   頁: 1219 - 1221   2006年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.physb.2006.05.414

    Web of Science

  311. A magnetic neutron lens based on an extended Halbach-type permanent sextupole magnet 査読有り

    Oku Takayuki, Yamada Satoru, Sasao Hajime, Suzuki Jun-ichi, Shinohara Takenao, Hirota Katsuya, Ikeda Kazuaki, Tsuzaki Tsuyosi, Kiyanagi Yoshiaki, Furusaka Michihiro, Shimizu Hirohiko M.

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   385-86 巻   頁: 1225 - 1228   2006年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.physb.2006.05.416

    Web of Science

  312. Moire fringes of cold neutron with large divergence angle 査読有り

    Kaoru Taketani, Haruhiko Funahashi, Yoshichika Seki, Masahiro Hino, Masaaki Kitaguchi, Yoshie Otake, Hirohiko M. Shimizu

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   385-86 巻   頁: 1222 - 1224   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Moire fringes were observed as a bright and high-contrast image using a. neutron spin interferometer with a relatively divergent cold neutron beam at the MINE2 beam line of JRR-3M. The two spin states were selectively deflected with the relative angle in the range of 92-184 nrad on transmission through the magnetic field gradient in the range of 3.2-6.4 G/cm produced by a 5 cm long quadrupole electromagnet. We analyzed the result with a first-order calculation taking into account the finite beam divergence and found that the beam divergence is required to be less than the angular separation of individual Moire loci, for the observation of Moire fringes, and is not required to be less than the angular separation of the two beam paths. (c) 2006 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.physb.2006.05.412

    Web of Science

  313. Development of a multichannel parabolic guide for thermal neutron beam focusing 査読有り

    Satoru Yamada, Takenao Shinohara, Hajime Sasao, Takayuki Oku, Jun-ichi Suzuki, Hideaki Matsue, Hirohiko M. Shimizu

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   385-86 巻   頁: 1243 - 1246   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    We have developed a multichannel parabolic guide for thermal neutron beam focusing. The guide was designed with multichannel structure, seven channels in the present case, to focus a neutron beam with wide cross section effectively. The multichannel structure is made with parabolically bent NiC/Ti supermirrors with critical reflection angles in = 3.0 and 3.6 times as much as that of nickel and thickness of 0.55 mm. The guide consists of two focusing devices with each length of 900 mm, which are separated by a gap of 150 mm for neutron beta decay experiments. The focal length of the guide is 995 mm away from the exit of the guide. The cross section of the guide is 90 x 20 mm(2) at the entrance and 52.3 x 12.1 mm(2) at the exit. The guide was installed at a thermal neutron beam line for neutron-induced prompt gamma-ray analysis (PGA) of JRR-3M in JAEA with straight supermirror guides with in = 3.0. Focusing properties of the parabolic guide were measured at the focal point with a CCD imaging system and we obtained a gain of 9.6 and 4.1 in peak flux compared with those in cases of using the vacuum tube and the straight guide, respectively. The parabolic guide has been successfully used to enhance the efficacy of PGA and have also applied to neutron beta decay experiments. (c) 2006 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.physb.2006.05.420

    Web of Science

  314. Focusing and polarized neutron ultra-small-angle scattering spectrometer (SANS-J-II) at Research Reactor JRR3, Japan 査読有り

    Satoshi Koizumi, Hiroki Iwase, Jun-ichi Suzuki, Takayuki Oku, Ryuhei Motokawa, Hajime Sasao, Hirokazu Tanaka, Daisuke Yamaguchi, Hirohiko M. Shimizu, Takeji Hashimoto

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   385-86 巻   頁: 1000 - 1006   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    By employing focusing lenses of sextupole permanent magnet and biconcave MgF2 crystal, and high-resolution photomultiplier, SANS-J (pinhole small-angle neutron scattering spectrometer at research reactor JRR3, Tokai) was reconstructed to focusing and polarized neutron ultra-small-angle scattering spectrometer (SANS-J-II). Consequently, an accessible minimum wave number q(min) was improved from 3 x 10(-3) angstrom(-1) to 3 x 10(-4) angstrom(-1). Furthermore, we added He-3 sub-detectors with an analyzer super mirror at a sample position. With this setup, we perform polarization analysis at high q (&gt; U angstrom(-1)) in order to quantitatively discriminate spin incoherent scattering from hydrogen or to perform spin contrast variation, by a dynamic nuclear polarization method (&gt; 0.2 angstrom(-1)) (c) 2006 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.physb.2006.05.320

    Web of Science

  315. Superconducting Detector Array for Terahertz Imaging Applications

    Ariyoshi Seiichiro, Otani Chiko, Dobroiu Adrian, MATSUO Hiroshi, SATO Hiromi, TAINO Tohru, KAWASE Kodo, SHIMIZU Hirohiko M.

    Japanese journal of applied physics. Pt. 2, Letters   45 巻 ( 37 ) 頁: L1004 - L1006   2006年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Japan Society of Applied Physics  

  316. Design study of superconducting sextupole magnet using HTS coated conductor for neutron-focusing device

    Tosaka T., Koyanagi K., Ono M., Kuriyama T., Watanabe I., Tsuchiya K., Suzuki J., Adachi T., Shimizu H. M.

    PHYSICA C-SUPERCONDUCTIVITY AND ITS APPLICATIONS   445 巻   頁: 1095 - 1098   2006年10月

  317. Superconducting detector array for terahertz imaging applications 査読有り

    Seiichiro Ariyoshi, Chiko Otani, Adrian Dobroiu, Hiroshi Matsuo, Hiromi Sato, Tohru Taino, Kodo Kawase, Hirohiko M. Shimizu

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 2-LETTERS & EXPRESS LETTERS   45 巻 ( 37-41 ) 頁: L1004 - L1006   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INST PURE APPLIED PHYSICS  

    We designed, fabricated; and characterized a superconducting detector array for terahertz imaging applications. To evaluate the optical performance as an imaging array, we measured the spectral response of a 5-pixel linear array detector, and confirmed its sensitivity peaks to be at the same frequency within accuracy of one percent in the range of 0.65 THz. The frequency peaks are also in good agreement with a numerical calculation. This linear array was tested in the nondestructive imaging of a metallic pattern and an integrated-circuit card, and allowed the shortening of the total acquisition time. High fabrication yield of about 99% was achieved for single superconducting tunnel junctions, which led to 90% yield for the detectors.

    DOI: 10.1143/JJAP.45.L1004

    Web of Science

  318. 超伝導トンネル接合素子を用いたテラヘルツ波検出器アレイの開発とイメージング

    大谷 知行, 有吉 誠一郎, 田井野 徹, 川瀬 晃道, 佐藤 広海, 清水 裕彦

    電子情報通信学会技術研究報告. ED, 電子デバイス   105 巻 ( 629 ) 頁: 1 - 6   2006年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    テラヘルツ波は、適度な物質透過性と空間分解能や指紋スペクトルによる物質同定能力といった魅力的な特長を有し、近年の発生・分光手法の進展にともないイメージングをはじめとする様々な応用が提案されてきている。一方で、イメージングデバイスの開発は進んでおらずアレイ型の高性能検出器が求められている。我々は、テラヘルツイメージングの新デバイス開発として、超伝導トンネル接合素子を用いた2種の検出器の開発と応用開拓を進めている。本稿では、光補助トンネリングを用いた検出器アレイ、および、基板吸収を用いた広帯域検出器のそれぞれについて、検出器の概要、動作原理、性能、及び、イメージングに向けた取り組みについて紹介する。

  319. Direct and Indirect Detection of Terahertz Waves using a Nb-based Superconducting Tunnel Junction 査読有り

    Chiko Otani, Ran Nakano, Tohru Taino, Takayuki Shibuya, Seiichiro Ariyoshi, Shota Yoshimura, Hiroaki Myoren, Hiromi Sato, Hirohiko M. Shimizu, Susumu Takada, Kodo Kawase

    7TH EUROPEAN CONFERENCE ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY (EUCAS'05)   43 巻   頁: 1303 - 1306   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    We are developing a broadband THz detectors using Nb-based superconducting tunnel junctions. We found two components in a current signal for 1-2 THz pulse input. From the comparison of results obtained for the signals, the frequency response for the different size of STJs and the STJs fabricated on different substrate materials, we demonstrate that they correspond to photons absorbed with the superconductor electrode ( referred as 'direct' component) and phonons generated by photons absorbed with the substrate ( referred as 'phononmediated' component).

    DOI: 10.1088/1742-6596/43/1/318

    Web of Science

  320. 高温超伝導薄膜線材を使った中性子収束用6極マグネットの開発

    小柳 圭, 戸坂 泰造, 小野 通隆, 栗山 透, 渡辺 郁男, 土屋 清澄, 鈴木 淳市, 安達 智宏, 清水 裕彦

    低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity   73 巻   2005年11月

  321. 中性子磁気レンズ用Nb_3Snコイルの開発(2)

    岡本 佳祐, 中村 一也, 関 佳隆, 大野 雅人, 高尾 智明, 大内 徳人, 新冨 孝和, 土屋 清澄, 安達 智宏, 清水 裕彦, 奥隆 之, 鈴木 淳市, 木村 諭, 花井 哲, 浦田 昌身, 渡辺 郁男

    低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity   72 巻   2005年5月

  322. CS-7-3 基板吸収型STJ素子を用いたTHz波検出器(CS-7. 超伝導サブテラヘルツエレクトロニクス, エレクトロニクス2)

    明連 広昭, 中野 蘭, 星野 耕一, 吉村 正太, 田井野 徹, 大谷 知行, 渋谷 孝幸, 佐藤 広海, 清水 裕彦, 高田 進, 川瀬 晃道

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2005 巻 ( 2 ) 頁: "S - 13"-"S-14"   2005年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

  323. Development of polarized neutron optics

    Shimizu HM, Oku T, Suzuki J, Furusaka M, Kiyanagi Y

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   356 巻 ( 1-4 ) 頁: 121 - 125   2005年2月

  324. A demonstration study of focusing geometry SANS using a magnetic lens

    Oku T, Suzuki J, Sasao H, Yamada S, Furusaka M, Adachi T, Shinohara T, Ikeda K, Shimizu HM

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   356 巻 ( 1-4 ) 頁: 126 - 130   2005年2月

     詳細を見る

▼全件表示

MISC 28

  1. Pendellosung interferometry by using pulsed neutrons

    Itoh Shigeyasu, Nakaji Masaya, Uchida Yuya, Kitaguchi Masaaki, Shimizu Hirohiko M  

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT908 巻   頁: 78-81   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nima.2018.08.043

  2. A search for possible long range spin dependent interactions of the neutron from exotic vector boson exchange

    Haddock C, Amadio J, Anderson E, Barron-Palos L, Crawford B, Crawford C, Esposito D, Fox W, Francis I, Fry J, Gardiner H, Holley A, Korsak K, Lieffers J, Magers S, Maldonado-Velazquez M, Mayorov D, Nico J. S, Okudaira T, Paudel C, Santra S, Sarsour M, Shimizu H. M, Snow W. M, Sprow A, Steffen K, Swanson H. E, Tovesson F, Vanderwerp J, Yergeau P. A  

    PHYSICS LETTERS B783 巻   頁: 227-233 - 233   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Physics Letters, Section B: Nuclear, Elementary Particle and High-Energy Physics  

    We present a search for possible spin dependent interactions of the neutron with matter through exchange of spin 1 bosons with axial vector couplings as envisioned in possible extensions of the Standard Model. This was sought using a slow neutron polarimeter that passed transversely polarized slow neutrons by unpolarized slabs of material arranged so that interactions would tilt the plane of polarization and develop a component along the neutron momentum. The result for the rotation angle, ϕ′=[2.8±4.6(stat.)±4.0(sys.)]×10−5 rad/m is consistent with zero. This result improves the upper bounds on the neutron-matter coupling gA2 by about three orders of magnitude for force ranges in the mm– μm regime.

    DOI: 10.1016/j.physletb.2018.06.066

    Scopus

  3. The general relativistic effects on the magnetic moment in Earth's gravity (vol 2018, 063B07, 2018)

    Morishima Takahiro, Futamase Toshifumi, Shimizu Hirohiko M  

    PROGRESS OF THEORETICAL AND EXPERIMENTAL PHYSICS ( 8 )   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ptep/pty085

  4. Nuclear spin dependence of time reversal invariance violating effects in neutron scattering

    Vladimir Gudkov, Hirohiko M. Shimizu  

    Physical Review C97 巻 ( 6 )   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:American Physical Society  

    The spin structure of parity violating and time reversal invariance violating effects in neutron scattering is discussed. The explicit relations between these effects are presented in terms of functions nuclear spins and neutron partial widths of p-wave resonances.

    DOI: 10.1103/PhysRevC.97.065502

    Scopus

  5. The general relativistic effects on the magnetic moment in Earth's gravity

    Morishima Takahiro, Futamase Toshifumi, Shimizu Hirohiko M  

    PROGRESS OF THEORETICAL AND EXPERIMENTAL PHYSICS ( 6 )   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ptep/pty066

  6. Angular distribution of γ rays from neutron-induced compound states of la 140

    Okudaira T., Takada S., Hirota K., Kimura A., Kitaguchi M., Koga J., Nagamoto K., Nakao T., Okada A., Sakai K., Shimizu H.M., Yamamoto T., Yoshioka T.  

    Physical Review C97 巻 ( 3 )   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Review C  

    The angular distribution of individual γ rays, emitted from a neutron-induced compound-nuclear state via radiative capture reaction of La139(n,γ) has been studied as a function of incident neutron energy in the epithermal region by using germanium detectors. An asymmetry ALH was defined as (NL-NH)/(NL+NH), where NL and NH are integrals of low- and high-energy region of a neutron resonance respectively, and we found that ALH has the angular dependence of (Acosθγ+B), where θγ is the emitted angle of γ rays, with A=-0.3881±0.0236 and B=-0.0747±0.0105 in 0.74 eV p-wave resonance. This angular distribution was analyzed within the framework of interference between s- and p-wave amplitudes in the entrance channel to the compound-nuclear state, and it is interpreted as the value of the partial p-wave neutron width corresponding to the total angular momentum of the incident neutron combined with the weak matrix element, in the context of the mechanism of enhanced parity-violating effects. Additionally, we use the result to quantify the possible enhancement of the breaking of time-reversal invariance in the vicinity of the p-wave resonance.

    DOI: 10.1103/PhysRevC.97.034622

    Scopus

  7. Search for deviations from the inverse square law of gravity at nm range using a pulsed neutron beam

    Christopher C. Haddock, Noriko Oi, Katsuya Hirota, Takashi Ino, Masaaki Kitaguchi, Satoru Matsumoto, Kenji Mishima, Tatsushi Shima, Hirohiko M. Shimizu, W. Michael Snow, Tamaki Yoshioka  

    Physical Review D97 巻 ( 6 )   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    © 2018 American Physical Society. We describe an experimental search for deviations from the inverse-square law of gravity at the nanometer length scale using neutron scattering from noble gases on a pulsed slow neutron beam line. By measuring the neutron momentum transfer (q) dependence of the differential cross section for xenon and helium and comparing to their well-known analytical forms, we place an upper bound on the strength of a new interaction as a function of interaction length λ which improves upon previous results in the region λ<0.1 nm, and remains competitive in the larger-λ region. A pseudoexperimental simulation is developed for this experiment and its role in the data analysis is described. We conclude with plans for improving sensitivity in the larger-λ region.

    DOI: 10.1103/PhysRevD.97.062002

    Scopus

  8. EUSO-TA – First results from a ground-based EUSO telescope

    Abdellaoui G., Abe S., Adams J.H., Ahriche A., Allard D., Allen L., Alonso G., Anchordoqui L., Anzalone A., Arai Y., Asano K., Attallah R., Attoui H., Ave Pernas M., Bacholle S., Bakiri M., Baragatti P., Barrillon P., Bartocci S., Bayer J., Beldjilali B., Belenguer T., Belkhalfa N., Bellotti R., Belov A., Belov K., Belz J.W., Benmessai K., Bertaina M., Biermann P.L., Biktemerova S., Bisconti F., Blanc N., Blecki J., Blin-Bondil S., Bobik P., Bogomilov M., Bozzo E., Bruno A., Caballero K.S., Cafagna F., Campana D., Capdevielle J.N., Capel F., Caramete A., Caramete L., Carlson P., Caruso R., Casolino M., Cassardo C., Castellina A., Catalano O., Cellino A., Chikawa M., Chiritoi G., Christl M.J., Connaughton V., Conti L., Cordero G., Cotto G., Crawford H.J., Cremonini R., Csorna S., Cummings A., Dagoret-Campagne S., De Donato C., de la Taille C., De Santis C., del Peral L., Di Martino M., Djemil T., Dutan I., Ebersoldt A., Ebisuzaki T., Engel R., Eser J., Fenu F., Fernández-González S., Fernández-Soriano J., Ferrarese S., Flamini M., Fornaro C., Fouka M., Franceschi A., Franchini S., Fuglesang C., Fujii T., Fujimoto J., Fukushima M., Galeotti P., García-Ortega E., Garipov G., Gascón E., Genci J., Giraudo G., González Alvarado C., Gorodetzky P., Greg R., Guarino F., Guzmán A.  

    Astroparticle Physics102 巻   頁: 98-111 - 111   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Astroparticle Physics  

    EUSO-TA is a ground-based telescope, installed at the Telescope Array (TA) site in Black Rock Mesa, Utah, USA. This is the first detector to successfully use a Fresnel lens based optical system and multi-anode photomultipliers (64 channels per tube, 2304 channels encompassing a 10.6° × 10.6° field of view) for detection of Ultra High Energy Cosmic Rays (UHECR). The telescope is located in front of one of the fluorescence detectors of the TA experiment. Since its installation in 2013, the detector has observed several ultra-high energy cosmic ray events and, in addition, meteors. The limiting magnitude of 5.5 on summed frames (∼ 3 ms) has been established. Measurements of the UV night sky emission in different conditions and moon phases and positions have been completed. The performed observations serve as a proof of concept for the future application of this detector technology.

    DOI: 10.1016/j.astropartphys.2018.05.007

    Scopus

  9. Angular Distribution of gamma-rays from Neutron-induced Compound States of <sup>140</sup>La 査読有り

    T.Okudaira, S.Takada, K.Hirota, A.Kimura, M.Kitaguchi, J.Koga, K.Nagamoto, T.Nakao, A.Okada, K.Sakai, H.M.Shimizu, T.Yamamoto, T.Yoshioka  

    Physical Review C   頁: 0   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  10. Meteor studies in the framework of the JEM-EUSO program

    Abdellaoui G.  

    Planetary and Space Science143 巻   頁: 245 - 255   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Planetary and Space Science  

    DOI: 10.1016/j.pss.2016.12.001

    Web of Science

    Scopus

  11. Cosmic ray oriented performance studies for the JEM-EUSO first level trigger

    Abdellaoui G.  

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment866 巻   頁: 150 - 163   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment  

    DOI: 10.1016/j.nima.2017.05.043

    Web of Science

    Scopus

  12. Concentration of the velocity distribution of pulsed neutron beams

    Masaaki Kitaguchi, Yoshihisa Iwashita, Hirohiko M. Shimizu  

    PROGRESS OF THEORETICAL AND EXPERIMENTAL PHYSICS2017 巻 ( 4 )   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS INC  

    The velocity of neutrons from a pulsed neutron source is well defined as a function of their arrival time. An electro-magnetic neutron accelerator/decelerator synchronized with the neutron time-of-flight is capable of selectively changing the neutron velocity and concentrating the velocity distribution. The possible enhancement of the neutron intensity at a specific neutron velocity by orders of magnitude is discussed, together with an experimental design.

    DOI: 10.1093/ptep/ptx029

    Web of Science

  13. Concepts of Neutron Polarization Analysis Devices for a New Neutron Chopper Spectrometer POLANO, in J-PARC 査読有り

    K.Ohoyama, T.Yokoo, S.Itoh, T.Ino, M.Ohkawa, T.Oku, S.Tasaki, K.Iwasa, T.J.Sato, S.Ishimoto, K.Taketani, H.Kira, Y.Sakaguchi, M.Nanbu, H.Hiraka, H.M.Shimizu, M.Takeda, M.Hino, K.Hayashi, U.Fliges, P.Hautle  

    Journal of Physics Conf. Ser.502 巻   頁: 012051   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  14. Development of a New Neutron Mirror made of Deuterated Diamond-like Carbon 査読有り

    D.Sakurai, J.Chiba, T.Ino, K.Kakusho, N.Kaneko, R.Katayama, M.Kitaguchi, K.Mishima, S.Muto, K.Ozeki, H.M.Shimizu, S.Yamashita, T.Yoshioka, D.Nishimura  

    Journal of Physics Conf. See.502 巻   頁: 012010   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  15. Production of Ultra Cold Neutrons by a Doppler Shifter with Pulsed Neutrons at J-PARC 査読有り

    K.Mishima, S.Imajo, M.Hino, T.Ino, Y.Iwashita, R.Katayama, M.Kitaguchi, T.Oda, H.M.Shimizu, M.Utsuro, S.Yamashita, T.Yoshioka  

    Journal of Physics Conf. Ser.502 巻   頁: 012030   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  16. Neutron-Antineutron Oscillation: A Snowmass 2013 White Paper

    K.Babu, S.Banerjee, D.V.Baxter, Z.Berezhiani, M.Bergevin, S.Bhattacharya, S.Brice, T.W.Burgess, L.Castellanos, S.Chattopadhyay, M-C.Chen, C.E.Coppola, R.Cowsik, J.A.Crabtree, P.Das, E.B.Dees, A.Dolgov, G.Dvali, P.Ferguson, M.Frost, T.Gabriel, A.Gal, F.Gallmeier, K.Ganezer, E.Golubeva, V.B.Graves, G.Greene, T.Handler, B.Hartfiel, A.Hawari, L.Heilbronn, C.Johnson, Y.Kamyshkov, B.Kerbikov, M.Kitaguchi, B.Z.Kopeliovich, V.B.Kopeliovich, W.Korsch, V.Kuzmin, C-Y.Liu, P.McGaughey, M.Mocko, R.Mohapatra, N.Mokhov, G.Muhrer, P.Mumm, L.Okun, R.W.Pattie Jr, D.G.Phillips II, C.Quigg, E.Ramberg, A.Ray, A.Roy, A.Ruggles, U.Sarkar, A.Saunders, A P.Serebrov, H.M.Shimizu, R.Shrock, A.K.Sikdar, S.Sjue, W.M.Snow, A.Soha, S.Spanier, S.Striganov, L.Townsend, R.Tschirhart, A.Vainshtein, R.Van Kooten, Z.Wang, B.Wehring, A.R.Young  

    arXiv:1310.8593v1   頁: 1-26   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  17. An Evaluation of the Exposure in Nadir Observation of the JEM-EUSO Mission 査読有り

    J.H.Adams Jr, S.Ahmad, J.-N.Albert, D.Allard, M.Ambrosio, L.Anchordoqui, A.Anzalone, Y.Arai, C.Aramo, K.Asano, M.Ave, P.Barrillon, T.Batsch, J.Bayer, T.Belenguer, R.Bellotti, A.A.Berlind, M.Bertain, P.L.Biermann, S.Biktemerova, C.Blaksley, J.B l ̧ecki, S.Blin-Bondilb, J.Blumer, P.Bobik, M.Bogomilov, M.Bonamente, M.S.Briggs, S.Briz, A.Bruno, F.Cafagna, D.Campana, J.-N.Capdevielle, R.Caruso, M.Casolino, C.Cassardo, G.Castellini, O.Catalano, A.Cellino, M.Chikawa, M.J.Christl, V.Connaughton, J.F.Cortes, H.J.Crawford, R.Cremonini, S.Csorna, J.C.D'Olivo, S.Dagoret-Campagne, A.J.de Castro, C.De Donato, C.de la Taille, L.del Peral, A.Dell'Oro, M.P.De Pascale, M.Di Martino, G.Distratis, M.Dupieux, A.Ebersoldt, T.Ebisuzaki, R.Engel, S.Falk, K.Fang, F.Fenu, I.Fernandez-Gomez, S.Ferrarese, A.Franceschi, J.Fujimoto, P.Galeotti, G.Garipov, J.Geary, U.G.Giaccari, G.Giraudo, M.Gonchar, C.Gonz ́alez Alvarado, P.Gorodetzky, F.Guarino, A.Guzm ́an, Y.Hachisu, B.Harlov, A.Haungs, J.Hernandez Carretero, K.Higashide, T.Iguchi, H.Ikeda, N.Inoue, S.Inoue, A.Insoli, F.Isgro, Y.Itow, E.Joven, E.G.Judd, A.Jung, F.Kajino, T.Kajino, I.Kaneko, Y.Karadzhov, J.Karczmarczyk, K.Katahira, K.Kawai, Y.Kawasaki, B.Keilhauer, B.A.Khrenov, Jeong-Sook Kim, Soon-Wook Kim, Sug-Whan Kim, M.Kleifges, P.A.Klimov, S.H.Ko, D.Kolev, I.Kreykenbohm, K.Kudela, Y.Kurihara, E.Kuznetsov, G.La Rosa, J.Lee, J.Licandro, H.Lim, F.Lopez, M.C.Maccarone, K.Mannheim, L.Marcelli, A.Marini, G.Martin-Chassard, O.Martinez, G.Masciantonio, K.Mase, R.Matev, A.Maurissen, G.Medina-Tanco, T.Mernik, H.Miyamoto, Y.Miyazaki, Y.Mizumoto, G.Modestino, D.Monnier-Ragaigne, J.A.Morales, de, los Rios, B.Mot, T.Murakami, M.Nagano, M.Nagata, S.Nagataki, T.Nakamura, J.W.Nam, S.Nam, K.Nam, T.Napolitano, D.Naumov, A.Neronov, K.Nomoto, T.Ogawa, H.Ohmori, A.V.Olinto, P.Orleanski, G.Osteria, N.Pacheco, M.I.Panasyuk, E.Parizot, I.H.Park, B.Pastircak, T.Patzak, T.Paul, C.Pennypacker, T.Peter, P.Picozza, A.Pollini, H.Prieto, P.Reardon, M.Reina, M.Reyes, M.Ricci, I.Rodriguez, M.D.Rodriguez Frias, F.Ronga, H.Rothkaehl, G.Roudil, I.Rusinov, M.Rybczynski, M.D.Sabau, G.Saez Cano, A.Saito, N.Sakaki, M.Sakata, H.Salazar, S.Sanchez, A.Santangelo, L.Santiago Cruz, M.Sanz Palomino, O.Saprykin, F.Sarazin, H.Sato, M.Sato, T.Schanz, H.Schieler, V.Scotti, M.Scuderi, A.Segreto, S.Selmane, D.Semikoz, M.Serra, S.Sharakin, T.Shibata, H.M.Shimizu, K.Shinozaki, T.Shirahama, G.Siemieniec-Ozieblo, H.H.Silva Lopez, J.Sledd, K.S lominska, A.Sobey, T.Sugiyama, D.Supanitsky, M.Suzuki, B.Szabelska, J.Szabelski, F.Tajima, N.Tajima, T.Tajima, Y.Takahashi, H.Takami, M.Takeda, Y.Takizawa, C.Tenzer, O.Tibolla, L.Tkachev, T.Tomida, N.Tone, F.Trillaud, R.Tsenov, K.Tsuno, T.Tymieniecka, Y.Uchihori, O.Vaduvescu, J.F.Valdes-Galicia, P.Vallani, L.Valore, G.Vankova, C.Vigorito, L.Villasenor, P.von Ballmoos, S.Wada, J.Watanabe, S.Watanabe, J.Watts Jr, M.Weber, T.J.Weiler, T.Wibig, L.Wiencke, M.Wille, J.Wilms, Z.W lodarczyk, T.Yamamoto, Y.Yamamoto, J.Yang, H.Yano, I.V.Yashin  

    Astroparticle Physics44 巻   頁: 76-90   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  18. Basic Concepts of Polarization Analysis for Neutron Chopper Spectrometer POLANO at J-PARC 査読有り

    K.Ohoyama, T.Yokoo, S.Itoh, J.Suzuki, K.Iwasa, T.J.Sato, H.Kira, Y.Sakaguchi, T.Ino, T.Oku, K.Tomiyasu, M.Matsuura, H.Hiraka, M.Fujita, H.Kimura, T.Sato, J.Suzuki, H.M.Shimizu, T.Arima, M.Takeda, K.Kaneko, M.Hino, S.Muto, H.Nojiri, C.H.Lee, J.G.Park, S.Choi  

    J. Phys. Soc. Jpn.82 巻   頁: SA036   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  19. Magnetic Shield Design of In-situ SEOP Polarized 3He Neutron Spin Filter System 査読有り

    H.Kira, Y.Sakaguchi, J.Suzuki, T.Oku, M.Nakamura, M.Arai, K.Kakurai, Y.Endo, Y.Arimoto, T.Ino, H.M.Shimizu, T.Kamiyama, K.Ohoyama, H.Hiraka, K.Tsutsumi, K.Yamada, L.-J.Chang  

    Physics Procedia42 巻   頁: 200-205   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  20. Rebunching Ultracold Neutrons by Magnetic Deceleration for the Neutron EDM Experiment at J-PARC

    S.Imajo, Y.Iwashita, P.Geltenbort, Y.Arimoto, H.M.Shimizu, M.Kitaguchi, T.Yoshioka, Y.Seki  

    Proc. 4th International Particle Accelerator Conference (IPAC2013), Shanghai, China 12-17 May, 2013   頁: 1187   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  21. Variable Permanent Magnet Multipoles 査読有り

    Y.Iwashita, M.Yamada, S.Ushijima, Y.Fuwa, Y.Nasu, H.Tongu, M.Masuzawa, H.M.Shimizu  

    IEEE Trans. Appl. Supercond.22 巻   頁: 4000905   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  22. A Compact SEOP 3He Neutron Spin Filter with AFP-NMR 査読有り

    T.Ino, Y.Arimoto, H.M.Shimizu, Y.Sakaguchi, K.Sakai, H.Kira, T.Shinohara, T.Oku, J.-I.Suzuki, K.Kakurai, L.-J.Chang  

    Journal of Physics Conf. Ser.340 巻   頁: 042006   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  23. Demonstration of Focusing by a Neutron Accelerator 査読有り

    Y.Arimoto, P.Geltenbort, S.Imajo, Y.Iwashita, M.Kitaguchi, Y.Seki, H.M.Shimizu, T.Yoshioka  

    Phys. Rev. A86 巻   頁: 023843, 1-4   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  24. Demonstration of Optical Thickness Measurement Using Multilayer Cold Neutron Interferometer 査読有り

    Y.Seki, J.Uda, H.Funahashi, M.Kitaguchi, M.Hino, Y.Otake, K.Taketani, H.M.Shimizu  

    Journal of Physics Conf. Ser.340 巻   頁: 012039   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  25. Development of longitudinal-gradient magnet for time focusing of ultra-cold neutron with anisotropic inter-pole 査読有り

    Yasushi Arimoto, Yoshihisa Iwashita, Tamaki Yoshioka, Masaaki Kitaguchi, Sohei Imajo, Hirohiko M. Shimizu, Koichiro Asahi, Takashi Ino, Yoshio Kamiya, Kenji Mishima, Suguru Muto, Kenji Sakai, Tatsushi Shima, Kaoru Taketani, Satoru Yamashita, Akihiro Yoshimi  

    IEEE Transactions on Applied Superconductivity22 巻 ( 3 ) 頁: 6156745   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    Ultra-cold neutron (UCN) is attractive for a search of the neutron electric dipole moment (nEDM). It is crucial to store UCNs with high density in a bottle for nEDM measurement apparatus. To increase the density, time focusing technique can be useful, where slow neutrons are accelerated and fast neutrons are decelerated by using magnetic potential. This device is called rebuncher. The rebuncher consists of a gradient magnet, RF coil, and neutron guide. The magnet generates a field gradient of 3.5 T/m (from 1 T to 0.2 T within 24 cm) in the longitudinal direction. By using anisotropic inter-poles, the magnet is compact and keeps the gradient uniform. The fabricated magnet showed good performance as designed. © 2012 IEEE.

    DOI: 10.1109/TASC.2012.2183569

    Scopus

  26. Development of Polarized Xe Gas Target for Neutron Experiment 査読有り

    K.Sakai, T.Oku, T.Shinohara, H.Kira, M.Ooi, F.Maekawa, K.Kakurai, T.Ino, Y.Arimoto, H.M.Shimizu, Y.Sakaguchi, J.Suzuki, K.Ohoyama, L.J.Chang  

    Journal of Physics Conf. Ser.340 巻   頁: 012037   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  27. Rebunching Low Energy Neutrons by Magnetic Acceleration and Deceleration

    Y.Iwashita, S.Imajo, M.Kitaguchi, Y.Arimoto, Hirohiko M. Shimizu, T.Yoshioka, Y.Seki, P.Geltenbort  

    Proc. 3rd International Particle Accelerator Conference (IPAC2012), New Orleans, USA, 20-25 May, 2012   頁: 2766-2768   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  28. A Transport Optics for Pulsed Ultracold Neutrons 査読有り

    H.M.Shimizu, Y.Iwashita, M.Kitaguchi, K.Mishima, T.Yoshioka  

    Nucl. Instrum. Methods A634 巻   頁: 25-27   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 低速中性子ビーム利用研究

    2015年11月 - 2019年3月

    国内共同研究 

      詳細を見る

    小型の加速器駆動型低速中性子源のビーム特性の推定、及び、対象物の形状に応じた透過撮像性能を低速中性子画像検出器の性能に対応させて定量的に明らかにし、実用上の性能を実現するための開発研究項目を明らかにする。

科研費 4

  1. 電磁トラップを利用したミュー粒子の質量と磁気モーメントの精密測定と新物理探索

    研究課題/研究課題番号:20H05646  2020年8月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(S)

    下村 浩一郎, 吉田 光宏, 飯沼 裕美, 佐々木 憲一, 仁尾 真紀子, 清水 裕彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究ではミュー粒子にかかわる相互に関連した二つの精密測定研究を実施する。一つはこれまでの実績の発展として、2体束縛系であるミュオニウム(正ミュオンと電子の束縛系)の磁場下でのゼーマン副準位を高精度で測定することで、従来より一桁以上高い精度でミュオニウムの超微細構造および、ミュオンの磁気モーメントと質量を決定する。もう一つは、超低速ミュオンビームとペニングトラップの手法を組み合わせることにより、単一粒子ミュオンの測定を新たに開始し、ミュオンの磁気モーメントと質量をミュオニウムとは全く独立に、最高精度で決定する。これらの結果を総合し、素粒子標準理論を超えた新物理の探索を行う。
    素粒子標準模型は物質の基本構成要素とそれらの力学を記述するもので、ヒッグス粒子の発見により理論的だけでなく実証的にも完成した。しかし、模型のパラメタが多すぎることや、暗黒物質の担い手となる粒子が含まれていないことなど、数多くの問題を内包している。それらを解決する素粒子標準模型を超える新物理は必ず存在する。その兆候を探す有効な手段として、本研究では、測定の精度を究極まで高めるという実験手法を採用する。ミュオンはほどほどの質量と寿命を持ち、標準模型の検証、そして新物理を探索するプローブとして最適である。長く、世界各地でミュオン研究が行われているが、ミュオン自身そしてミュオンを含む物理現象に、素粒子標準模型では説明が困難なものが複数観測されている。本研究では、ミュオン、特にそのスピンに関する周波数精密測定を複数の物理系で行い、ミュオン粒子そのものの実験的理解を究めることで、新物理探索を目指す。
    [ミュオニウム]これまでの実績の発展として、ミュオニウム(正ミュオンと電子のクーロン束縛系)の磁場下でのゼーマン副準位の高精度測定を実施する。すでに磁場のない状態での基底状態超微細構造測定において、最高精度を達成している。さらに磁場のある状態での測定を実施することで、一桁以上高い精度でのミュオニウムの超微細構造(1ppb)およびミュオンの磁気モーメントと質量(ともに5ppb)を決定する。
    [ミュオントラップ]ミュオンを電磁トラップ(ペニングトラップ)で捕獲し、トラップ内でのミュオンの運動を観測する。ミュオンペニングトラップは世界初の挑戦で、超低速ミュオンビームを大量に生成できる日本のJ-PARCでのみ可能な実験である。ミュオンの磁場下での周回周波数を測定することで、ミュオンの磁気モーメントと質量を最高精度(2ppb)で決定する。
    本研究では究極の目標として、ミュー粒子(ミュオン)にかかわる相互に関連した二つの
    精密測定研究を実施する。一つはこれまでの実績の発展として、2体束縛系であるミュオニウム(正ミュオンと電子の束縛系)の磁場下でのゼーマン副準位を高精度で測定することで、従来より一桁以上高い精度でミュオニウムの超微細構造(1ppb)および、ミュオンの磁気モーメントと質量を(約5ppb)で決定する。もう一つは、超低速ミュオンビームとペニングトラップの手法を組み合わせることにより、単一粒子ミュオンの測定を新たに開始し、ミュオンの磁気モーメントと質量をミュオニウムとは全く独立に、最高精度(2ppb)で決定する。これらの結果を総合し、進行中のミュオニウム1s-2sエネルギー準位差測定、ミュオン異常磁気能率(Muon g-2)測定との比較、様々な理論モデルとの照合によって、素粒子標準理論を超えた新物理の探索を行う。
    本年度は各種要素技術開発に集中し、以下の成果を得た。1)超伝導電磁石磁場一様性の確保のための磁性流体を用いたシミング手法の確立。2)磁場一様分布の測定のためのNMRプローブアレイの予備機製作。3)3HeNMRプローブの基礎開発のためのガラスセルの製作および3He準安定状態励起の確認。4)トラップの概念設計およびフルシミュレーション環境の構築。5)超低速ミュオン発生用の244nmレーザーの開発。
    またJ-PARCミュオン施設のパルス状ミュオンを用いた最初の結果を論文公表することができた。
    本研究の前提である、大強度ミュオンを供給するミュオン施設Hラインは順調に建設が進んでおり、予定よりは遅れたものの2021年度に確実にビームを出せる状況となった。我々としてはビーム供給後、速やかにまずはミュオニウム超微細構造の高磁場下での測定を開始すべく万全の体制で準備を進めてきている。現状実験実質関して困難はない。いっぽうすみやかに信頼できる物理量を提示するためにはいわゆるブラインドアナリシスの手法を確立することが重要であり、現在その検討を進めている。ミュオントラップについては現段階で概念設計は終了しており、今年度の実機製作に向けて実施設計を進める。関連する要素開発としてミュオニウムイオン化のレーザーを今年度中に完成しSラインでのその性能試験を行う。また3Heプローブの開発では実際に使用する高磁場マグネット中での光ポンピングを行い、現在確率しているH2ONMRプローブとの比較を行う。陽電子検出器についてはプロタイプの製作を行い、実環境下でのテスト実験を実施する。

  2. 熱外中性子反射光学

    研究課題/研究課題番号:19K21876  2019年6月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    清水 裕彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6370000円 ( 直接経費:4900000円 、 間接経費:1470000円 )

    J-PARCのパルス中性子源の稼働によってもたらされた熱外中性子の利用を実用的な水準に引き上げるために、熱外中性子の反射光学系を実用化することを目的として、平坦度が高く再現性の良い中性子ミラーの製作及び評価技術を研究する。
    さらに中性子反射臨界角の増大を目指して、核ポテンシャル散乱項と熱外領域特有の複合核共鳴項との量子力学的干渉項の利用の可能性を研究する。熱外中性子反射光学の実用化によって、熱外中性子を利用した物質科学や産業利用における新手法開拓や複合核状態を利用した素粒子物理学における新物理探索などの重要な可能性を開拓することを目指す。
    J-PARCのパルス中性子源の稼働によってもたらされた熱外中性子の利用を実用的な水準に引き上げるために、熱外中性子の反射光学系を実用化することを目的として、平坦度が高く再現性の良い中性子ミラーの製作及び評価技術を研究する。そのためには多数の薄い平板ミラーの平行配置が有効と考えて検討した結果、金属基板ミラーが最も有望であると見込んだ。金属表面は機械加工で十分な平坦度を達成する能力を持つ理化学研究所と協力して研究することとし、評価技術の検討に進んだ。本研究で対象とするエネルギー領域はおよそ1eVのオーダーであり、熱中性子に比べて一桁ほど速度が速い。それに応じて反射角は1/10程度に小さくなるため、中性子反射を実測して評価するためには、通常よりもビーム発散が抑制された熱外中性子ビームを用意することが必要となる。そこで、熱外中性子ビームをコリメータで絞った上で、単結晶回折によって平行化する方法を採用することとし、J-PARCのパルス中性子ビームを用いて評価システムを構築することとした。これまでにJ-PARC MLF BL10 (NOBORU)において、パルス熱外中性子を用いてシリコン単結晶の回折像を二次元像として捉える測定を行い、熱外中性子反射の評価技術の基礎研究を行った。現在はその結果の解析を行なっており、これを基礎として熱外中性子の反射現象の実測を行って、実用化に結びつける予定である。なお、熱外中性子ビームの利用機会を得られなかった場合に備えて、広域の形状測定によって同様の結果を得る可能性の検討も並行して進めている。
    熱外中性子の反射臨界角は、熱中性子や冷中性子に比べて概ね1桁小さくなるため、反射を実測するためにはビームの高い平行度が強く望まれる。そこで、J-PARC BL10 (NOBORU)において、シリコン単結晶の高次回折の回折強度を確認の上、回折中性子を入射ビームとして用いた。具体的には、ビームに対してc軸を45度傾けた状態で、90度方向に回折された中性子を飛行時間の関数として捉え、(111)から(888)にわたる回折を用いた。これに対して、精密機械加工で形成した金属表面を用意し、回折中性子を入射させて反射によるビームの偏向を測定した。
    現状はJ-PARCのビームタイム配分が当初スケジュールから全体的に遅れ、全ての測定時間が消化できていないため、測定結果はまだ予備的ではあるものの、これまでに(555)回折まで、エネルギーに換算して0.1eVまでの範囲で中性子の反射が実測にかかっている。ビーム発散と反射表面の機械精度を考慮した誤差の詳細評価を検討しており、論文化に向けた検討を進めている。また本年度にビームタイムが繰り越されているため、そのビームタイムを利用して、より高エネルギーにおける反射測定の準備を予定している。
    まず、昨年度までに得られた中性子エネルギー0.1eVまでの中性子反射の実測結果の誤差評価と論文化を進める。それと並行して、J-PARCビームタイムの未消化分を用いて、この実測結果の誤差の抑制を行う。また、中性子エネルギー領域をさらに高エネルギー側に拡張するために、反射面に多層膜を付与することを検討し、実測できた場合は本課題の研究成果に含める。

  3. 熱外中性子速度選別器の基礎研究

    研究課題/研究課題番号:24651108  2012年4月 - 2015年3月

    清水 裕彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    パルス熱外中性子ビームの単色度を向上させる光学系として、拡張したスピンフリップチョッパーの性能を考察しJ-PARCパルス中性子源に配備した場合の性能を求めた。物質研究における汎用性を勘案し、適用エネルギー範囲を200eV程度まで拡張することを想定して研究を進め、得られるビーム強度の算定までを終えた。この結果をもとにJ-PARCパルス中性子施設に配備する可能性の検討に入った。
    なお、この実現には、熱外中性子スピンフィルターと高反射臨界角中性子導管が必要となるため、開発研究に着手することにしている。

  4. 中性子光学による基礎物理学

    研究課題/研究課題番号:19GS0210  2007年 - 2011年

    学術創成研究費

    清水 裕彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:546000000円 ( 直接経費:420000000円 、 間接経費:126000000円 )

    J-PARC スパレーション中性子源に、基礎物理学のための冷中性子ビームライン BL05 を建設・整備した。光学デバイスにより精密に制御された中性子ビームを用い、中性子寿命の高精度測定をはじめとする物理実験が行われている。超冷中性子の高密度輸送法などの開発は従来の限界を超える測定を可能にする。物質研究においても磁気集光光学系を用いた極冷中性子小角散乱や共鳴スピンエコーなど新たな測定法を開発した。

 

担当経験のある科目 (本学) 39

  1. 先端基礎物理学I

    2021

  2. 精密素粒子物理学講究2

    2021

  3. 精密素粒子物理学講究4

    2021

  4. 素粒子宇宙物理研究のための実験観測技術入門(ものづくり講義)

    2021

  5. 物理学概論

    2021

  6. 先端物理学特論

    2021

  7. 原子核物理学I

    2021

  8. 電磁気学II

    2021

  9. 現代物理学序論

    2021

  10. 物理学概論

    2020

  11. 先端基礎物理学I

    2020

  12. 物理学概論

    2019

  13. 物理学セミナー

    2019

  14. 先端基礎物理学I

    2019

  15. 物理学セミナー

    2018

  16. 物理学概論

    2018

  17. 先端基礎物理学I

    2018

  18. 物理学セミナー

    2017

  19. 物理学概論

    2017

  20. 先端基礎物理学I

    2017

  21. 物理学基礎II

    2016

  22. 物理学セミナー

    2016

  23. 物理学概論

    2016

  24. 先端基礎物理学I

    2016

  25. 物理学基礎II

    2015

  26. 物理学セミナー

    2015

  27. 物理学概論

    2015

  28. 物理学概論

    2015

  29. 先端基礎物理学I

    2015

  30. 物理学基礎II

    2014

  31. 物理学概論

    2014

  32. 物理学セミナー

    2014

  33. 物理学基礎II

    2013

  34. 物理学概論

    2013

  35. 物理学セミナー

    2013

  36. 物理学基礎II

    2012

  37. 物理学演習

    2012

  38. 物理学概論

    2012

  39. 先端物理学特論

    2012

▼全件表示