2021/11/16 更新

写真a

コバヤシ ヒロシ
小林 浩
KOBAYASHI Hiroshi
所属
大学院理学研究科 素粒子宇宙物理学専攻 星間物質学 助教
大学院担当
大学院理学研究科
学部担当
理学部 物理学科
職名
助教

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2004年3月   東京工業大学 ) 

研究分野 2

  1. 自然科学一般 / 天文学  / 天文学

  2. 自然科学一般 / 宇宙惑星科学  / 惑星科学

 

論文 65

  1. New Growth Mechanism of Dust Grains in Protoplanetary Disks with Magnetically Driven Disk Winds 査読有り

    Taki Tetsuo, Kuwabara Koh, Kobayashi Hiroshi, Suzuki Takeru K.

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   909 巻 ( 1 )   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/1538-4357/abd79f

    Web of Science

  2. Ring Formation by Coagulation of Dust Aggregates in the Early Phase of Disk Evolution around a Protostar 査読有り 国際共著

    Ohashi Satoshi, Kobayashi Hiroshi, Nakatani Riouhei, Okuzumi Satoshi, Tanaka Hidekazu, Murakawa Koji, Zhang Yichen, Liu Hauyu Baobab, Sakai Nami

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   907 巻 ( 2 )   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/1538-4357/abd0fa

    Web of Science

  3. Is water ice an efficient facilitator for dust coagulation? 査読有り

    Kimura Hiroshi, Wada Koji, Kobayashi Hiroshi, Senshu Hiroki, Hirai Takayuki, Yoshida Fumi, Kobayashi Masanori, Hong Peng K., Arai Tomoko, Ishibashi Ko, Yamada Manabu

    MONTHLY NOTICES OF THE ROYAL ASTRONOMICAL SOCIETY   498 巻 ( 2 ) 頁: 1801 - 1813   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/mnras/staa2467

    Web of Science

  4. Sample collection from asteroid (162173) Ryugu by Hayabusa2: Implications for surface evolution 査読有り

    Morota T., Sugita S., Cho Y., Kanamaru M., Tatsumi E., Sakatanit N., Honda R., Hirata N., Kikuchi H., Yamada M., Yokota Y., Kamedal S., Matsuoka M., Sawada H., Honda C., Kouyama T., Ogawa K., Suzuki H., Yoshioka K., Hayakawa M., Hirata N., Hirabayashi M., Miyamoto H., Michikami T., Hiroi T., Hemmi R., Barnouin O. S., Ernst C. M., Kitazatou K., Nakamura T., Riu L., Senshu H., Kobayashi H., Sasaki S., Komatsu G., Tanabe N., Fujii Y., Irie T., Suemitsu M., Takaki N., Sugimoto C., Yumoto K., Ishida M., Kato H., Moroi K., Domingue D., Michel P., Pilorget C., Iwata T., Abe M., Ohtake M., Nakauchi Y., Tsumura K., Yabuta H., Ishihara Y., Noguchi R., Matsumoto K., Miura A., Namiki N., Tachibana S., Arakawa M., Ikeda H., Wada K., Mizuno T., Hirose C., Hosoda S., Mori O., Shimada T., Soldini S., Tsukizaki R., Yano H., Ozaki M., Takeuchi H., Yamamoto Y., Okada T., Shimaki Y., Shirai K., Iijima Y., Noda H., Kikuchi S., Yamaguchi T., Ogawa N., Ono G., Mimasu Y., Yoshikawa K., Takahashi T., Takei Y., Fujii A., Nakazawa S., Terui F., Tanaka S., Yoshikawa M., Saiki T., Watanabe S., Tsuda Y.

    SCIENCE   368 巻 ( 6491 ) 頁: 654 - +   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.aaz6306

    Web of Science

  5. High-resolution simulations of catastrophic disruptions: Resultant shape distributions

    Sugiura Keisuke, Kobayashi Hiroshi, Inutsuka Shu-ichiro

    PLANETARY AND SPACE SCIENCE   181 巻   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pss.2019.104807

    Web of Science

  6. Importance of Giant Impact Ejecta for Orbits of Planets Formed during the Giant Impact Era

    Kobayashi Hiroshi, Isoya Kazuhide, Sato Yutaro

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   887 巻 ( 2 )   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/1538-4357/ab5307

    Web of Science

  7. First Subarcsecond Submillimeter-wave [CI] Image of 49 Ceti with ALMA

    Higuchi Aya E., Saigo Kazuya, Kobayashi Hiroshi, Iwasaki Kazunari, Momose Munetake, Soon Kang Lou, Sakai Nami, Kunitomo Masanobu, Ishihara Daisuke, Yamamoto Satoshi

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   883 巻 ( 2 )   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/1538-4357/ab3d26

    Web of Science

  8. Collisional elongation: Possible origin of extremely elongated shape of 1I/'Oumuamua

    Sugiura Keisuke, Kobayashi Hiroshi, Inutsuka Shu-ichiro

    ICARUS   328 巻   頁: 14 - 22   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.icarus.2019.03.014

    Web of Science

  9. Near- to mid-infrared spectroscopy of the heavily obscured AGN LEDA 1712304 with AKARI/IRC

    Tsuchikawa T., Kaneda H., Oyabu S., Kokusho T., Morihana K., Kobayashi H., Yamagishi M., Toba Y.

    ASTRONOMY & ASTROPHYSICS   626 巻   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1051/0004-6361/201935483

    Web of Science

  10. Toward understanding the origin of asteroid geometries Variety in shapes produced by equal-mass impacts

    Sugiura K., Kobayashi H., Inutsuka S.

    ASTRONOMY & ASTROPHYSICS   620 巻   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1051/0004-6361/201833227

    Web of Science

  11. Collisional Disruption of Planetesimals in the Gravity Regime with iSALE Code: Comparison with SPH code for Purely Hydrodynamic Bodies 査読有り

    Ryo Suetsugu, Hidekazu Tanaka, Hiroshi Kobayashi, Hidenori Genda

    Icarus   314 巻   頁: 121-132   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.icarus.2018.05.027

  12. From Planetesimal to Planet in Turbulent Disks. II. Formation of Gas Giant Planets

    Kobayashi Hiroshi, Tanaka Hidekazu

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   862 巻 ( 2 )   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/1538-4357/aacdf5

    Web of Science

  13. Star formation induced by cloud-cloud collisions and galactic giant molecular cloud evolution 査読有り

    Kobayashi Masato I. N., Kobayashi Hiroshi, Inutsuka Shu-ichiro, Fukui Yasuo

    PUBLICATIONS OF THE ASTRONOMICAL SOCIETY OF JAPAN   70 巻   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pasj/psy018

    Web of Science

  14. Impact erosion model for gravity-dominated planetesimals 査読有り

    H. Genda, T. Fujita, H. Kobayashi, H. Tanaka, R. Suetsugu, Y. Abe

    Icarus   294 巻   頁: 234-246   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Impact erosion model for gravity-dominated planetesimals

    Genda Hidenori, Fujita Tomoaki, Kobayashi Hiroshi, Tanaka Hidekazu, Suetsugu Ryo, Abe Yutaka

    ICARUS   294 巻   頁: 234-246   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.icarus.2017.03.009

    Web of Science

  16. A likely detection of a local interplanetary dust cloud passing near the Earth in the AKARI mid-infrared all-sky map

    Ishihara D., Kondo T., Kaneda H., Suzuki T., Nakamichi K., Takaba S., Kobayashi H., Masuda S., Ootsubo T., Pyo J., Onaka T.

    ASTRONOMY & ASTROPHYSICS   603 巻   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1051/0004-6361/201628954

    Web of Science

  17. Size dependence of dust distribution around the earth orbit 査読有り

    T. Ueda, H. Kobayashi, T. Takeuchi, D. Ishihara, T. Kondo, H. Kaneda

    Astrophysical Journal   153 巻 ( 5 ) 頁: 232   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Faint warm debris disks around nearby bright stars explored by AKARI and IRSF 査読有り

    Daisuke Ishihara, Nami Takeuchi, Hiroshi Kobayashi, Takahiro Nagayama, Hidehiro Kaneda, Shu-ichiro Inutsuka, Hideaki Fujiwara, Takashi Onaka

    Astronomy & Astrophysics   601 巻   頁: A72   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Faint warm debris disks around nearby bright stars explored by AKARI and IRSF

    Ishihara Daisuke, Takeuchi Nami, Kobayashi Hiroshi, Nagayama Takahiro, Kaneda Hidehiro, Inutsuka Shu-ichiro, Fujiwara Hideaki, Onaka Takashi

    ASTRONOMY & ASTROPHYSICS   601 巻   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1051/0004-6361/201526215

    Web of Science

  20. Size Dependence of Dust Distribution around the Earth Orbit

    Ueda Takahiro, Kobayashi Hiroshi, Takeuchi Taku, Ishihara Daisuke, Kondo Toru, Kaneda Hidehiro

    ASTRONOMICAL JOURNAL   153 巻 ( 5 )   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/1538-3881/aa5ff3

    Web of Science

  21. Detection of Submillimeter-wave [C i] Emission in Gaseous Debris Disks of 49 Ceti and β Pictoris 査読有り

    Aya E Higuchi, Aki Sato, Takashi Tsukagoshi, Nami Sakai, Kazunari Iwasaki, Munetake Momose, Hiroshi Kobayashi, Daisuke Ishihara, Sakae Watanabe, Hidehiro Kaneda, Satoshi Yamamoto

    Astrophysical Journal   839 巻 ( 1 ) 頁: L14   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Detection of Submillimeter-wave [CI] Emission in Gaseous Debris Disks of 49 Ceti and beta Pictoris

    Higuchi Aya E., Sato Aki, Tsukagoshi Takashi, Sakai Nami, Iwasaki Kazunari, Momose Munetake, Kobayashi Hiroshi, Ishihara Daisuke, Watanabe Sakae, Kaneda Hidehiro, Yamamoto Satoshi

    ASTROPHYSICAL JOURNAL LETTERS   839 巻 ( 1 )   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/2041-8213/aa67f4

    Web of Science

  23. Orbital Evolution of Moons in Weakly Accreting Circumplanetary Disks

    Yuri I Fujii, Hiroshi Kobayashi, Sanemichi Z Takahashi, Oliver Gressel

    Astronomical Journal   153 巻 ( 4 ) 頁: 194   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Orbital Evolution of Moons in Weakly Accreting Circumplanetary Disks

    Fujii Yuri I., Kobayashi Hiroshi, Takahashi Sanemichi Z., Gressel Oliver

    ASTRONOMICAL JOURNAL   153 巻 ( 4 )   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/1538-3881/aa647d

    Web of Science

  25. Evolutionary Description of Giant Molecular Cloud Mass Functions on Galactic Disks

    Kobayashi Masato I. N., Inutsuka Shu-ichiro, Kobayashi Hiroshi, Hasegawa Kenji

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   836 巻 ( 2 )   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/1538-4357/836/2/175

    Web of Science

  26. Evolutionary Description of Giant Molecular Cloud Mass Functions on Galactic Disks 査読有り

    Masato I.N. Kobayashi, Shu-ichiro Inutsuka, Hiroshi Kobayashi, Kenji Hasegawa

    Astrophysical Journal   836 巻 ( 2 ) 頁: 175   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/1538-4357/836/2/

  27. Sintering-induced Dust Ring Formation in Protoplanetary Disks: Application to the HL Tau Disk 査読有り

    Satoshi Okuzumi, Munetake Momose, Sin-iti Sirono, Hiroshi Kobayashi, Hidekazu Tanaka

    Astrophysical Journal   821 巻 ( 2 ) 頁: id 82, 24   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. From Planetesimals to Planets in Turbulent Protoplanetary Disks. I. Onset of Runaway Growth 査読有り

    Hiroshi Kobayashi, Hidekazu Tanaka, Satoshi Okuzumi

    Astrophysical Journal   817 巻 ( 2 ) 頁: id. 105, 10   2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/0004-637X/817/2/105

    arXiv

  29. Comet C/2012 S1 (ISON) coma composition at ~4 au from HST observations 査読有り

    E. Zubko, G. Videen, D. C. Hines, Y. Shkuratov, V. Kaydash, K. Muinonen, M. M. Knight, M. L. Sitko, C. M. Lisse, M. Mutchler, D. H. Wooden, J.-Y. Li, H. Kobayashi

    Planetary and Space Science   118 巻   頁: 138   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Resolution Dependence of Disruptive Collisions between Planetesimals in the Gravity Regime 査読有り

    H. Genda, T. Fujita, H. Kobayashi, H. Tanaka, Y. Abe

    Icarus   262 巻   頁: 58   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Warm Debris Disks Produced by Giant Impacts During Terrestrial Planet Formation

    H. Genda, H. Kobayashi, E. Kokubo

    Astrophysical Journal   810 巻   頁: 136(8p)   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Significant gas-to-dust ratio asymmetry and variation in the disk of HD 142527 and the indication of gas depletion

    Takayuki Muto, Takashi Tsukagoshi, Munetake Momose, Tomoyuki Hanawa, Hideko Nomura, Misato Fukagawa, Kazuya Saigo, Akimasa Kataoka, Yoshimi Kitamura, Sanemichi Z Takahashi, Shu-ichiro Inutsuka, Taku Takeuchi, Hiroshi Kobayashi, Eiji Akiyama, Mitsuhiko Honda, Hideaki Fujiwara, Hiroshi Shibai

    Publications of the Astronomical Society of Japan     頁: psv098   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Cohesion of Amorphous Silica Spheres: Toward a Better Understanding of The Coagulation Growth of Silicate Dust Aggregates 査読有り

    Hiroshi Kimura, Koji Wada, Hiroki Senshu, Hiroshi Kobayashi

    Astrophysical Journal   812 巻   頁: 1   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Planetary and meteoritic Mg/Si and δ30Si variations inherited from solar nebula chemistry 査読有り

    N. Dauphas, F. Poitrasson, C. Burkhardt, H. Kobayashi, K. Kurosawa

    Earth and Planetary Science Letter   427 巻   頁: 236   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Formation of terrestrial planets in disks evolving via disk winds and implications for the origin of the solar system's terrestrial planets

    M. Ogihara, H. Kobayashi, S. Inutsuka, T. Suzuki

    Astronomy & Astrophysics   579 巻   頁: A65   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Orbital Evolution of Planetesimals in Gaseous Disks

    Hiroshi Kobayashi

    Earth, Planets and Space   67 巻   頁: 60   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Debris disc formation induced by planetary growth 査読有り

    Hiroshi Kobayashi, Torsten Loehne

    Monthly Notices of the Royal Astronomical Society   442 巻 ( 4 ) 頁: 464-8602   2014年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. N-body Simulations of Terrestrial Planet Formation under the Influence of a Hot Jupiter 査読有り

    Ogihara, Masahiro; Kobayashi, Hiroshi; Inutsuka, Shu-ichiro

    The Astrophysical Journal   787 巻 ( 2 ) 頁: id 172(16p)   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Local Enhancement of the Surface Density in the Protoplanetary Ring Surrounding HD 142527 査読有り

    Fukagawa, Misato; Tsukagoshi, Takashi; Momose, Munetake; Saigo, Kazuya; Ohashi, Nagayoshi; Kitamura, Yoshimi; Inutsuka, Shu-ichiro; Muto, Takayuki; Nomura, Hideko; Takeuchi, Taku; Kobayashi, Hiroshi; Hanawa, Tomoyuki; Akiyama, Eiji; Honda, Mitsuhiko; Fujiwara, Hideaki; Kataoka, Akimasa; Takahashi, Sanemichi Z.; Shibai, Hiroshi

    Publications of the Astronomical Society of Japan   65 巻 ( 6 ) 頁: L14 (5p)   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Crowding-out of Giants by Dwarfs: An Origin for the Lack of Companion Planets in Hot Jupiter Systems 査読有り

    Ogihara, Masahiro; Inutsuka, Shu-ichiro; Kobayashi, Hiroshi

    The Astrophysical Journal Letters   778 巻 ( 1 ) 頁: id L9 (5p)   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Growth efficiency of dust aggregates through collisions with high mass ratios 査読有り

    Wada, Koji; Tanaka, Hidekazu; Okuzumi, Satoshi; Kobayashi, Hiroshi; Suyama, Toru; Kimura, Hiroshi; Yamamoto, Tetsuo

    Astronomy & Astrophysics   559 巻   頁: id A62 (8p)   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Evolution of dust grain size distribution by shattering in the interstellar medium: Robustness and uncertainty 査読有り

    Hirashita, H.; Kobayashi, H.

    Earth, Planets and Space   65 巻 ( 10 ) 頁: 1083-1094   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Condition for Capture into First-order Mean Motion Resonances and Application to Constraints on the Origin of Resonant Systems 査読有り

    Ogihara, Masahiro; Kobayashi, Hiroshi

    The Astrophysical Journal   775 巻 ( 1 ) 頁: id 34 (12p)   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Small planetesimals in a massive disk formed Mars 査読有り

    Kobayashi, Hiroshi; Dauphas, Nicolas

    Icarus   225 巻 ( 1 ) 頁: 122-130   2013年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Dust mantle of comet 9P/Tempel 1: dynamical constraints on physical properties 査読有り

    Kobayashi, H.; Kimura, H.; Yamamoto, S.

    Astronomy & Astrophysics   550 巻   頁: id A72 (4p)   2013年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Rapid Formation of Saturn after Jupiter Completion 査読有り

    Kobayashi, Hiroshi; Ormel, Chris W.; Ida, Shigeru

    The Astrophysical Journal   756 巻 ( 1 ) 頁: id 70 (7p)   2012年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Rapid Coagulation of Porous Dust Aggregates outside the Snow Line: A Pathway to Successful Icy Planetesimal Formation 査読有り

    Okuzumi, Satoshi; Tanaka, Hidekazu; Kobayashi, Hiroshi; Wada, Koji

    The Astrophysical Journal   752 巻 ( 2 ) 頁: id 106 (18p)   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. An improved model of the Edgeworth-Kuiper debris disk 査読有り

    Vitense, Ch.; Krivov, A. V.; Kobayashi, H.; Löhne, T.

    Astronomy & Astrophysics   540 巻   頁: id A30 (10p)   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Understanding How Planets Become Massive. I. Description and Validation of a New Toy Model 査読有り

    Ormel, C. W.; Kobayashi, H.

    The Astrophysical Journal   747 巻 ( 2 ) 頁: id 115 (21p)   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. 破壊が決める原始惑星の最終質量 招待有り 査読有り

    小林浩

    日本惑星科学会誌「遊星人」   20 巻 ( 4 ) 頁: 317   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Sublimation temperature of circumstellar dust particles and its importance for dust ring formation 査読有り

    Kobayashi, H.; Kimura, H.; Watanabe, S.-i.; Yamamoto, T.; Müller, S.

    Earth, Planets and Space   63 巻 ( 10 ) 頁: 1067-1075   2011年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Planetary Core Formation with Collisional Fragmentation and Atmosphere to Form Gas Giant Planets 査読有り

    Kobayashi, Hiroshi; Tanaka, Hidekazu; Krivov, Alexander V.

    The Astrophysical Journal   738 巻 ( 1 ) 頁: id 35 (11p)   2011年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Planetary growth with collisional fragmentation and gas drag 査読有り

    Kobayashi, Hiroshi; Tanaka, Hidekazu; Krivov, Alexander V.; Inaba, Satoshi

    Icarus   209 巻 ( 2 ) 頁: 836-847   2010年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Fragmentation model dependence of collision cascades 査読有り

    Kobayashi, Hiroshi; Tanaka, Hidekazu

    Icarus   206 巻 ( 2 ) 頁: 735-746   2010年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Planets in orbit around β Pictoris formed the orbital architecture of planetesimal belts? 査読有り

    Kimura, H.; Fukagawa, M.; Tamura, M.; Kobayashi, H.; Yamamoto, T.; Ishii, M.; Suto, H.

    Earth, Planets and Space   62 巻 ( 1 ) 頁: 111-116   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Collisional process on Comet 9/P Tempel 1: mass loss of its dust and ice by impacts of asteroidal objects and its collisional history 査読有り

    Yamamoto, S.; Wada, K.; Kobayashi, H.; Kimura, H.; Ishiguro, M.; Matsui, T.

    Earth, Planets and Space   62 巻 ( 1 ) 頁: 5-11   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Ice sublimation of dust particles and their detection in the outer solar system 査読有り

    Kobayashi, H.; Kimura, H.; Yamamoto, S.; Watanabe, S.-I.; Yamamoto, T.

    Earth, Planets and Space   62 巻 ( 1 ) 頁: 57-61   2010年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Dust ring formation due to sublimation of dust grains drifting radially inward by the Poynting-Robertson drag: An analytical model 査読有り

    Kobayashi, Hiroshi; Watanabe, Sei-ichiro; Kimura, Hiroshi; Yamamoto, Tetsuo

    Icarus   201 巻 ( 1 ) 頁: 395-405   2009年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Dust ring formation due to ice sublimation of radially drifting dust particles under the Poynting Robertson effect in debris disks 査読有り

    Kobayashi, Hiroshi; Watanabe, Sei-ichiro; Kimura, Hiroshi; Yamamoto, Tetsuo

    Icarus   195 巻 ( 2 ) 頁: 871-881   2008年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. 太陽系外縁天体の起源と進化 招待有り 査読有り

    小林浩

    日本惑星科学会誌「遊星人」   17 巻 ( 1 ) 頁: 22   2008年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Comet 9P/Tempel 1: Interpretation with the Deep Impact Results 査読有り

    Yamamoto, Satoru; Kimura, Hiroshi; Zubko, Evgenij; Kobayashi, Hiroshi; Wada, Koji; Ishiguro, Masateru; Matsui, Takafumi

    The Astrophysical Journal   673 巻 ( 2 ) 頁: L199-L202   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. The evidence of an early stellar encounter in Edgeworth Kuiper belt 査読有り

    Kobayashi, Hiroshi; Ida, Shigeru; Tanaka, Hidekazu

    Icarus   177 巻 ( 1 ) 頁: 246-255   2005年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Percolation-fission model study of the 1 GeV proton-induced reaction on Pb 208 targets 査読有り

    M Katsuma, H Kobayashi, T Sasa, T Sawada

    Physical Review C   71 巻 ( 4 ) 頁: 044605   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. なぜ海王星以遠では惑星がないのか? 査読有り

    小林 浩,井田 茂

    日本惑星科学会誌「遊星人」   10 巻 ( 4 ) 頁: 208   2001年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. The Effects of a Stellar Encounter on a Planetesimal Disk 査読有り

    Kobayashi, Hiroshi; Ida, Shigeru

    Icarus   153 巻 ( 2 ) 頁: 416-429   2001年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 系外惑星の辞典

    青木和光,阿部 豊,生駒大洋,石川遼子,石渡正樹,井田 茂,伊藤祐一,上野雄一郎,臼井寛裕,大西紀和,大宮正士,奥住 聡,門屋辰太郎,木村 淳,葛原昌幸,國友正信,黒崎健二,玄田英典,洪  鵬,小久保英一郎,小谷隆行,小玉貴則,小林 浩,小宮 剛,佐々木貴教,佐藤文衛,渋谷岳造,須田拓馬,住 貴宏,関根康人,千秋博紀,空華智子,髙田将郎,高橋 太,髙橋康人,竹内 拓,竹田洋一,田近英一,橘 省吾,舘野繁彦,田中秀和,田村元秀,長澤真樹子,中本泰史,成田憲保,はしもとじょーじ,橋本 淳,羽馬哲也,濱野景子,原川紘季,原田真理子,樋口有理可,平林 久,深川美里,福井暁彦,藤井友香,藤原英明,堀 安範,前田太郎,増田賢人,町田正博,松尾太郎,眞山 聡,武藤恭之,村上 豪,百瀬宗武,森島龍司,安井千香子 東京大学 矢野太平,薮田ひかる,山岸明彦,山口正輝,吉田 敬( 担当: 共著)

    2016年9月 

講演・口頭発表等 11

  1. 惑星形成と氷微惑星の移動

    小林浩

    第4回 新学術領域研究「水惑星学」全体会議  2021年3月8日  新学術領域「水惑星」

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢大学(オンライン)  

  2. Dust in Planet Formation 招待有り 国際会議

    小林 浩

    2021年2月10日  千葉工業大学惑星探査センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  3. 惑星形成の衝突史解明に向けた はやぶさ2のデータの重要性 招待有り

    小林浩

    「惑星形成過程とはやぶさ2探査」研究会  2021年1月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  4. ダストから惑星まで成長を取り扱う 大統一シミュレーション

    小林浩、田中秀和

    2020年理論懇シンポジウム  2020年12月24日  理論天文学宇宙物理学懇談会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  5. ダストから惑星まで直接合体成長を取り扱う統一シミュレーション

    小林浩、田中秀和

    2020年度惑星科学会秋季講演会  2020年11月14日  日本惑星科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  6. 原始惑星系円盤中でのダストから惑星まで一貫した直接合体成長の理論的研究

    小林浩、田中秀和

    日本天文学会2020年秋季年会  2020年9月10日  日本天文学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  7. 原始惑星重力下での原始惑星系円盤ガスの流れと小天体の衝突率

    岡村達弥、小林浩

    日本天文学会2020年秋季年会  2020年9月10日  日本天文学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  8. ダストから惑星への直接合体成長とALMAで観測される原始惑星系円盤の進化

    小林 浩、大橋 聡史

    JpGU -AGU Joint Meeting 2020  2020年7月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  9. Collisional Growth and Fragmentation of Dust Aggregates with Low to Very High Mass Ratios

    長谷川 幸彦、鈴木 建、田中 秀和、小林 浩、和田 浩二

    JpGU - AGU Joint Meeting 2020  2020年7月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  10. Numerical Simulations of Spinup of Asteroids and the Formation of Top-Shaped Asteroids

    杉浦 圭祐、小林 浩、渡邊 誠一郎、玄田 英典、兵頭 龍樹、犬塚 修一郎

    JpGU - AGU Joint Meeting 2020  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  11. 地球型惑星形成にともなう大気獲得とその組成進化についての理論的研究

    小林浩

    新学術「水惑星学」公募班キックオフミーティング  2020年5月11日  新学術領域「水惑星」

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

▼全件表示

科研費 7

  1. 地球型惑星形成にともなう大気獲得とその組成進化についての理論的研究

    研究課題/研究課題番号:20H04612  2020年4月 - 2022年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    小林 浩

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2600000円 ( 直接経費:2000000円 、 間接経費:600000円 )

    地球のような水が豊かで生命を育む惑星は、惑星表層環境や惑星大気の組成が重要である。惑星大気は惑星形成過程に進化する。そのため、最新の惑星形成理論に基づき惑星大気の形成や進化を調べることが、地球のような惑星形成を考える上で必要である。本研究では、最新の惑星形成シミュレーションを用いて、惑星大気の進化を調べる。その結果は、水惑星を形成する条件を明らかにすることが期待される。また、これにより太陽系外惑星系での水惑星の形成や木星や土星周りの衛星系における水衛星の形成についても議論が可能になるだろう。

  2. 新しい星形成論によるパラダイムシフト:銀河系におけるハビタブル惑星系の開拓史解明

    研究課題/研究課題番号:18H05436  2018年6月 - 2023年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    犬塚 修一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    2018年度の総括班の活動は,各研究計画班代表と事務局からなる総括班会議により策定して,実行した.まず,総括班会議で企画した研究領域全体の大研究会を2018年9月に領域のキックオフミーティングとして行った.この研究会で,公募研究の説明や各計画研究間の情報共有が行われた.大研究会以外にも,「星形成フィラメントパラダイム」という国際会議を11月に開催した.参加者は海外からの訪問者の方が日本人よりも多く,ちょうど百人であった.その結果,本新学術領域の研究者が多く参加することができた.また,彼らの成果報告を幅広く行うことができた.それ以外の研究会にも若手研究者や大学院生を派遣し共同研究を促進した.
    当初の予定通り, TV会議システムを利用した「星惑星形成ゼミ」を毎月開催し,毎回10拠点以上,40名程度が参加している.
    自分達で作成して公開していた新学術領域のホームページをさらに拡張するため,専門業者にホームページ作成を依頼し,新たなホームページ(http://star-planet.jp)を立ち上げた.また,研究支援員を雇用してこの新たなホームページによる情報発信の促進している.
    さらに,星・惑星形成分野での最大級の国際会議であるProtostars & Planetsの誘致に成功したため,開催準備を行なっているため英語力に長けた研究支援員を雇用して国際的な広報活動・開催のための準備(ホームページ開設や広報等)を行っている.
    各計画研究班はそれぞれ優れた成果を挙げており,その研究活動の支援を行う総括班としては問題なく仕事ができていると考えられる.
    総括班の活動を通じて,各計画研究の有機的な連携のもとに研究推進と恒常的な相互フィードバックを受けるシステムを構築していく. これまでの活動で,新学術領域全体の大研究会により各計画研究の情報共有が可能になったが,これを毎年続けていく.また,毎月のTV会議セミナー「星惑星形成ゼミ」や若手派遣を通じて,非常に効率的に各研究計画の有機的連携が促進されている.これらの活動を継続していきたい. 若手派遣はさらに発展させて,各研究計画に関係する若手研究者や大学院生を別な研究計画に派遣するラボ・ローテンションをさらに推進する.これによりさらに共同研究が促進されるはずである.また,2021年度は星・惑星形成分野での最大級の会議であるProtostars & Planetsを主催する.他にも海外で行われる国際会議参加を通じて行われる海外への情報発信を重視し,海外研究者が執筆する論文に多数引用されるような成果を目指す.総括班メンバーは,海外主催の研究会においてSOCなど主導的な役割を担当することで国際発信を推進し,これらを新学術ホームページで紹介して国内発信も行う.

  3. 多様な原始惑星系円盤における惑星形成過程の理論的解明

    研究課題/研究課題番号:18H05438  2018年6月 - 2023年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    小久保 英一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本計画研究では、(1) 微惑星形成の素過程、(2) 惑星形成の素過程、に対して数値計算を用いた徹底的な解明を行い、(3) 汎惑星形成理論と太陽系の起源、ではそれらの結果を総合して観測データと整合的な包括的惑星系形成モデル、汎惑星形成理論を構築する。平成30年度は (1) と (2) について研究を進めた。以下に主な研究の概要を述べる。
    円盤の最も現実的な加熱メカニズムの1つである、電気抵磁気流体シミュレーションを体系的に行い、従来の惑星形成論で用いられてきた円盤モデルが現実的な円盤の温度を過大評価していることを突き止めた。
    円盤風によるガス円盤の進化を考慮したスーパーアース形成を調べた。円盤風のためにガス円盤の分布がなだらかになり、原始惑星のI型移動が抑制されることがわかり、観測されている近接スーパーアース系の分布を再現できた。さらにペブル集積モデルを考えたときに、どれだけの量の水が地球型惑星に輸送されるのかを原始惑星系円盤のパラメータの関数として定量的に示した。
    ガス円盤との相互作用による巨大ガス惑星移動の新たなモデルを構築した。従来は円盤につくる密度ギャップの外のガスと惑星は相互作用すると考えられていたが数値流体計算からギャップ内の低密度ガスと主に相互作用することを明らかにした。このモデルを用いて惑星形成シミュレーションを行い、系外巨大ガス惑星の分布が説明できることを示した。また、複数の巨大ガス惑星を持つ系外惑星系の軌道進化を数値計算によって明らかにした。
    惑星集積の素過程である衝突シミュレーションを行い、局所破壊や衝突変形について調べた。また、それらを応用した惑星形成シミュレーションを行った。
    本計画研究では、(1) 微惑星形成の素過程、(2) 惑星形成の素過程、に対して数値計算を用いた徹底的な解明を行い、(3) 汎惑星形成理論と太陽系の起源、ではそれらの結果を総合して観測データと整合的な包括的惑星系形成モデル、汎惑星形成理論を構築する。5年計画の前半では主として、(1) と(2) について研究を進める予定であるが、計画通り順調に様々な形成の素過程について研究を進めることができたため、おおむね順調であると判断できる。さらなる素過程の解明のための準備として数値計算コードの開発を進めていく。以下に開発中のコードについて述べる。
    汎用グラフィックプロセッシングユニット(GPU)を用いた惑星集積用大規模多体計算コードの開発を行っている。相互重力計算を GPU で高速実行することで多体計算を加速し、大規模粒子数を扱うことを可能にする。また、天体どうしの衝突破壊を考慮した多体計算コードを開発し、それを用いて巨大衝突段階での原始惑星の軌道進化をシミュレーションしている。さらに、衝突を含む惑星-惑星散乱の長期高精度軌道計算の数値計算コードの開発を行っている。
    また、原始惑星系円盤の観測的研究を担当する計画研究B02との共同研究会を開催し、各計画研究の目的と計画を共有し、原始惑星系円盤の形成と初期進化について、観測と理論の共同研究について議論を行った。
    計画前半では (1) 微惑星形成の素過程、(2) 惑星形成の素過程、の研究を推進する。今後は平成30年度に得られた結果を、広いパラメータ範囲に応用するなどして発展させ、より一般的なものとし、多様な原始惑星系円盤に適用可能な形にまとめていく。また、他の重要な素過程についても解明を行う。そして最終的に、(3) 汎惑星形成理論と太陽系の起源、でそれらの結果を総合して観測データと整合的な包括的惑星系形成モデル、汎惑星形成理論を構築する。
    この計画を円滑に推進していくために、定期的に研究会を開催し、共同研究を推進していく。また、関連分野に関する国際会議を開催し、国際的な共同研究も促進する予定である。
    当計画研究は新学術領域内において、星・円盤形成及び系外惑星系の最新観測結果と星・円盤形成理論を活用しつつ、これら全体を互いにリンクさせる役割を担っている。このため他計画研究との連携を強化していくことが重要である。まず、その一歩として、他計画研究との共同研究会を定期的に開催していく。具体的には来年度以降、計画研究A01、A03とから共同研究会を開催する。

  4. 多波長高解像度観測による原始惑星系円盤の解剖と惑星系形成過程の解明

    研究課題/研究課題番号:17H01103  2017年4月 - 2022年3月

    百瀬 宗武

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    原始惑星系円盤におけるダスト分布の理論的な研究では,ダスト・ガス間の相互作用の影響によって幅の広いダストリング構造が形成され,TRAPPIST-1 のような複数の低質量な惑星からなる系が形成される可能性を示した。また,原始惑星系円盤中での天体の衝突進化による惑星形成を調べ,それを論文にまとめた。これらの研究の発展として,ダストの直接合体成長によって惑星が形成される過程に関する理論研究にも着手した。
    次に電波領域における原始惑星系円盤の詳細構造に対する観測研究では,中心に穴を持つ遷移円盤の多様な姿を見出した他,ダスト濃集度を各所のガス量の関数として定量的に導くことにも成功した。特におうし座DM星に付随する遷移円盤の高解像度観測では,現在の太陽系配置を思い起こさせる円盤構造を明らかにし,記者発表を行って一般市民からも大きな注目を浴びた。また,進化の後期段階に当たるデブリ円盤での電波観測と比較するため,円盤ガス量を一酸化炭素と炭素原子量から推定する理論研究を行い,その結果を学会にて発表した。
    赤外線観測と理論との協調に関しては,まず,原始惑星系円盤内で生成されると予測されている高空隙率ダスト集合体に対する,広い波長領域における光学モデルを完成させた。そしてこのモデルを円盤の観測結果に適用すると,近赤外線領域における光度の波長依存性が多くの円盤で弱いという事実が高空隙率ダスト集合体で自然に説明されることがわかった。一方,観測面では,新開発・評価を行ってきたSubaru/IRCSのL-band偏光分光観測機能を用いて,Herbig Fe型星 HD142527 原始惑星系円盤の空間分解観測を行った。その結果,円盤散乱光のL-band偏光分光スペクトルを初めて得て,水氷含む数ミクロン以上のサイズのダストが表層に存在しているという先行研究と矛盾しない結果が取得された。
    ALMAを用いた高解像度観測では,我々のチームを中心メンバーとする国際共同研究チームによって提案された遷移円盤のラージプロジェクトはCycle 6では採択されなかった。しかしその一方で,通常プロジェクトとして採択されていた高解像度観測よる円盤詳細構造の解明と,偏光観測による円盤中ダストのサイズ分布に関する研究の両面で成果が得られ,結果的にはほぼ想定通りに進捗した。また,円盤内の水氷の分布を捉えるために必要なSubaru/IRCS熱赤外偏光機能についても順調に予定性能を発揮し,最初に観測した天体において円盤起源の氷フィーチャーを捉えた。これらは予定通りの進捗であり,さらに今後の他天体への展開が可能な準備が整ったとも位置付けられる。
    観測面の進捗とともに,理論的研究も順調に進捗した。円盤内で作られた惑星によって形作られるギャップについて,中心星が超低質量な場合を議論した結果,最近大きな話題を呼んだTRAPPIST-1での惑星系の特徴をよく再現することが示された。また,ダストの成長過程や複雑な形状をしたダストの光学特性といった小スケールでの物性に関わるテーマと,円盤ガス散逸やガス化学進化という大スケールに関するテーマの両面で研究が順調に進展した。いずれも,観測と比較可能な予想を提示しており,今後,観測との共同がさらに進む素地が整っている。
    以上をまとめると,観測と理論を両輪とする惑星形成過程の理解は順調に深化しており,当初の予定に沿って研究が展開している状況にある。すなわち,「おおむね順調に進展している」と評価できる。
    ALMAを用いた円盤詳細観測で得られたガス輝線とダスト連続波のデータ解析により,ガスとダストの柱密度分布,ダスト放射率の波長依存性の空間分布,粒子サイズごとでの空間分布の違いを明らかにする。また,ミリ波における偏光撮像観測により,円盤におけるダストや磁場の性質をさらに明らかにする。特に後者については,最近傍の原始惑星系円盤である海へび座TW星の偏光データがすでに一部取得されており,その解析を進める。また他天体のALMA観測提案を行って対象天体数を増やし,より一般的な描像の獲得を目指す。
    一方,赤外線観測では,新規に立ち上げたSubaru/IRCS熱赤外偏光機能の性能評価を進めつつ,並行して近傍の原始惑星系円盤や星形成領域の散乱光の観測を進める。通常の分光に加えて直線偏光の情報も得られるので,水氷ダストのサイズ・存在度をより正確に導出する。この観測結果を氷ダストの成長モデルや,円盤表層における水氷の安定性についての各種理論モデル計算と比較し,モデルに制限を与える。
    以上の観測と連動させながら,理論面では第一に,ダストサイズから微惑星,さらに惑星サイズまでの衝突進化シミュレーションを行う 。またガス進化についても,輻射輸送を考慮した化学平衡計算も行いながら調査していく。これらの結果をもとに,観測では捉えられない微惑星以上のサイズの天体や水素分子などの情報をALMAによる円盤観測から引き出す理論モデルを構築する。第二にダスト成長過程に関する理論研究もさらに進める。中程度の充填率をもつダストの形成には,ダストに非常に小さなダストが降り積もるダスト成長モードが適している。このような成長モードの実現可能性やこのモードにおけるダスト衝突圧縮度合について調べる。また中程度の充填率をもつダストを自己重力で密になった大きな天体の衝突破片として生成する方法の可能性についても検討する。

  5. 磁場駆動円盤風を考慮した原始惑星系円盤進化と惑星形成に関する研究

    研究課題/研究課題番号:17H01105  2017年4月 - 2022年3月

    鈴木 建

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    2018年度、及び、繰越後の2019年度上半期までに、以下の研究成果を得た。
    2017年度から引き続き、原始惑星系円盤進化と惑星形成に与える、磁気駆動円盤風の役割の研究に取り組んだ。この期間の大きな成果は、円盤風により中心星に近い軌道を周回する岩石惑星が自然に形成されることを、N体計算により示したことである(Ogihara et al.2018)。該当論文は、出版後2年を経過していない段階であるが、既に20を超える引用数があり、世界的にも注目されつつある。
    また、磁気拡散を考慮した原始惑星系円盤の大局的な磁気流体シミュレーションを行い、磁気拡散効果により円盤にリングーギャップの縞構造が作られることが分かった(Suriano et al.2019)。この研究結果を観測と直接比較するため、2019年度以降の研究で塵の効果を導入した上で、輻射輸送計算に取り組んでいる。 他にも、原始星と星周円盤の間の磁場の相互作用、特に磁力線のつなぎ替えにより、原始星の巨大フレアの発生機構も精査した(Takasao et al.2019)。
    関連研究としては、銀河中心部の磁気活動に関する研究課題(Kakiuchi et al.2018)、低/ゼロ金属量星の恒星風と重元素汚染に関する研究課題(Suzuki 2018 および Tanikawa et al.2018)、太陽風の大規模3次元磁気流体シミュレーション(Shoda et al.2019)にも取り組んだ。
    これらの研究成果を、国際会議における2件の招待講演で発表した。
    本科研費で雇用する研究員の入れ替え(異動と応募による新任の着任)のタイムラグの ため、2018年度の経費を繰り越すこととなったら、研究の進捗はほぼ順調である。
    磁気拡散の効果に関する調査は、当初の計画よりも早く進捗している一方で、固体塵粒子の衝突合体の素過程の調査は当初の計画よりも若干遅れている。これら2つを総合的に判断し、「おおむね順調に進展している。」ことと判断した。
    第一の計画は,2019年度から引き続き、観測との直接比較のため数値シミュレーションから疑似観測データを作成することである。大局的な原始惑星系円盤の磁気流体シミュレーションの数値データ(Suriano et al.2019)に輻射輸送計算を適用し、疑似観測画像を作成する。特に数値データで確認された縞構造に起因する濃淡のある円盤風が、観測からどのように特定されるかに焦点を当て、研究を進める。
    第二の計画は、原始惑星系円盤中の固体微粒子の衝突合体成長と破壊に関する研究である。共同研究者である田中秀和氏(東北大学)らとともに、固体塵粒子の衝突シミュレーションを行い、特に衝突体同士の質量比が1:1でない場合の、衝突時の動力学と固体成長の基本的性質の理解を目指す。
    第三の計画は、ガス円盤中での固体の長時間進化に関する研究である。第二の計画とは対照的に、動径方向一次元の解析的な理論モデルにより、百万年を超える長時間の固体成長を計算する。
    第四の計画は、円盤の一部分を高解像する数値実験手法の開発である。これまでの手法では、円盤の丸みを無視しデカルト座標で計算が行われていた。本計画では、曲率を考慮した円柱座標での局所計算の枠組みを開発し、従来の手法では扱えなかった質量降着を直接扱える手法を開発する。

  6. 固体微粒子から惑星まで直接合体成長による惑星形成理論モデルの構築

    研究課題/研究課題番号:17K05632  2017年4月 - 2021年3月

    小林 浩

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    ダストから惑星までの40桁にも及ぶ質量成長を取り扱うための一貫した惑星形成シミュレーションのコードの開発を行なってきた。昨年度にコードは概ね完成していたため、様々なパラメータを用いたパラメータサーベイを行なった。非常に計算機コストのかかるシミュレーションであるため、最新のコンピュータを購入してシミュレーションの実行効率を上げた。また、昨年度にコードは完成したと思っていたが、これまで見えていなかった効果で計算精度が悪くなる部分を見つけ、それを改良した。
    こうして行われたシミュレーションの結果、以下のことがわかってきた。(1)10AU以内の円盤では、中心星落下せずにダストが成長する。(2)成長したダストは寡占的成長を続け、乱流摂動よりも重力相互作用が強くなると暴走成長を始める。(3)暴走成長により原始惑星を作る。(4) 原始惑星摂動により微惑星間の衝突は破壊的になり、微惑星は消失する。このような4つの過程で惑星形成は起こるが、それぞれの過程は我々のこれまでの研究でわかっていることだった。しかし、本研究により、10AU以遠から落下してきた小石サイズの天体が10AU以内の微惑星を形成し、原始惑星成長を誘発することが新たにわかった。
    本研究の研究で必要な天体の衝突破壊モデルのアップデートをするための衝突シミュレーション研究や本研究の仮定を証明するため衝突破壊が起こった時の原始惑星の軌道進化についての研究も行い、それぞれの結果についても論文にまとめた(Sugiura, Kobayashi, Inutsuka 2020, Kobayashi, Isoya, Sato, 2019)。
    原始惑星系円盤の中でのダストから惑星までの質量40桁以上の衝突進化を取り扱う統計的シミュレーションコードの開発が終わり、様々なパラメータでテストができるようになった。その結果得られた様々なシミュレーションのデータを解析し、シミュレーションコードの改良点を見つけ、それらをおおむね改善できた。しかし、非常に計算コストのかかるシミュレーションであるため一つ一つのパラメータの計算に時間がかかっている。それでも、主要パラメータについての計算結果も得られてきている。
    また、シミュレーションに必要なさまざまな物理過程についても調査は進んでいる。そのため、おおむね順調に進展していると言える。
    ダストから惑星まで質量40桁以上の衝突成長シミュレーションの結果が集まり、物理的な解釈も可能になってきたため、この結果を論文にまとめる。
    また、このようなダストが成長し惑星形成を起こしている原始惑星系円盤がどのように観測されるのか観測シミュレーションも行う。この結果を実際の原始惑星系円盤との比較も試みる。

  7. 大規模数値計算サーベイによる天体衝突破壊モデルの構築

    研究課題/研究課題番号:26287101  2014年4月 - 2018年3月

    田中 秀和

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では,惑星科学の多くの研究で不可欠である,高精度かつ統一的な天体衝突の破壊モデルを,大規模数値計算サーベイをもとに構築した.計算手法としてSPH法,メッシュ法,DEM法を用いることで,1km 程度の小惑星から原始惑星サイズ(~千km)までの天体衝突現象をカバーし,イジェクタ総質量をモデル化した.まず数値計算結果の解像度依存性を明らかにし高解像度極限での収束値を求める方法を確立した.これを用いた高精度数値計算サーベイより広い衝突条件に対し成り立つ新たなスケーリング則を見出しそのモデル化に成功した.またこの破壊モデルを応用し木星型惑星固体コア形成に対する天体衝突破壊による制約も明らかにした.

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. 物理学演習2

    2020