2021/04/10 更新

写真a

ハセ テツナリ
長谷 哲成
HASE Tetsunari
所属
医学部附属病院 呼吸器内科 助教
職名
助教

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2012年12月   名古屋大学 ) 

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 呼吸器内科学

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科   呼吸器内科学

    2007年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部

    1995年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 呼吸器学会

  2. 呼吸器内視鏡学会

  3. 肺癌学会

  4. アレルギー学会

  5. 臨床腫瘍学会

 

論文 25

  1. Efficacies of programmed cell death 1 ligand 1 blockade in non-small cell lung cancer patients with acquired resistance to prior programmed cell death 1 inhibitor and development of diabetic ketoacidosis caused by two different etiologies: a retrospective case series.

    Ishi A, Tanaka I, Iwama S, Sakakibara T, Mastui T, Kobayashi T, Hase T, Morise M, Sato M, Arima H, Hashimoto N

    Endocrine journal     2021年4月

     詳細を見る

  2. Development of an immuno-wall device for the rapid and sensitive detection of EGFR mutations in tumor tissues resected from lung cancer patients

    Yogo Naoyuki, Hase Tetsunari, Kasama Toshihiro, Nishiyama Keine, Ozawa Naoya, Hatta Takahiro, Shibata Hirofumi, Sato Mitsuo, Komeda Kazuki, Kawabe Nozomi, Matsuoka Kohei, Chen-Yoshikawa Toyofumi Fengshi, Kaji Noritada, Tokeshi Manabu, Baba Yoshinobu, Hasegawa Yoshinori

    PLOS ONE   15 巻 ( 11 )   2020年11月

  3. Short hydration with 20 mEq of magnesium supplementation for lung cancer patients receiving cisplatin-based chemotherapy: a prospective study

    Hase Tetsunari, Miyazaki Masayuki, Ichikawa Kazuya, Yogo Naoyuki, Ozawa Naoya, Hatta Takahiro, Ando Masahiko, Sato Mitsuo, Kondo Masashi, Yamada Kiyofumi, Hasegawa Yoshinori

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   25 巻 ( 11 ) 頁: 1928 - 1935   2020年11月

  4. Comparing incidences of infusion site reactions between brand-name and generic vinorelbine in patients with non-small cell lung cancer

    Ozawa Naoya, Hase Tetsunari, Hatta Takahiro, Sagara Atsunobu, Ichikawa Kazuya, Miyazaki Masayuki, Yogo Naoyuki, Ando Masahiko, Hashimoto Naozumi, Yamada Kiyofumi, Hasegawa Yoshinori

    BRITISH JOURNAL OF CLINICAL PHARMACOLOGY     2020年8月

     詳細を見る

  5. Primary Prophylaxis Indication for Docetaxel Induced Febrile Neutropenia in Elderly Patients with Non-Small Cell Lung Cancer

    Matsui Akira, Morise Masahiro, Tanaka Ichidai, Ozone Sachiko, Matsuzawa Reiko, Koyama Junji, Hase Tetsunari, Hashimoto Naozumi, Sato Mitsuo, Hasegawa Yoshinori

    CANCER INVESTIGATION   38 巻 ( 7 ) 頁: 424 - 430   2020年8月

  6. Clinical value of serum bone resorption markers for predicting clinical outcomes after use of bone modifying agents in metastatic bone tumors: A prospective cohort study

    Urakawa Hiroshi, Ando Yuichi, Hase Tetsunari, Kikumori Toyone, Arai Eisuke, Maeda Osamu, Mitsuma Ayako, Sugishita Mihoko, Shimokata Tomoya, Ikuta Kunihiro, Ishiguro Naoki, Nishida Yoshihiro

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   146 巻 ( 12 ) 頁: 3504 - 3515   2020年6月

     詳細を見る

  7. Real world data of liver injury induced by immune checkpoint inhibitors in Japanese patients with advanced malignancies

    Mizuno Kazuyuki, Ito Takanori, Ishigami Masatoshi, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Honda Takashi, Kawashima Hiroki, Inukai Yosuke, Toyoda Hidenori, Yokota Kenji, Hase Tetsunari, Maeda Osamu, Kiyoi Hitoshi, Nagino Masato, Hibi Hideharu, Kodera Yasuhiro, Fujimoto Yasushi, Sone Michihiko, Gotoh Momokazu, Ando Yuichi, Akiyama Masashi, Hasegawa Yoshinori, Fujishiro Mitsuhiro

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   55 巻 ( 6 ) 頁: 653 - 661   2020年6月

  8. Potential Benefits of Bevacizumab Combined With Platinum-Based Chemotherapy in Advanced Non-Small-Cell Lung Cancer Patients With EGFR Mutation

    Tanaka Ichidai, Morise Masahiro, Miyazawa Ayako, Kodama Yuta, Tamiya Yutaro, Gen Soei, Matsui Akira, Hase Tetsunari, Hashimoto Naozumi, Sato Mitsuo, Hasegawa Yoshinori

    CLINICAL LUNG CANCER   21 巻 ( 3 ) 頁: 273 - +   2020年5月

  9. UHRF1, a Regulator of Methylation, as a Diagnostic and Prognostic Marker for Lung Cancer

    Goto Daiki, Komeda Kazuki, Uwatoko Natsuki, Nakashima Moeka, Koike Mayu, Kawai Kaho, Kodama Yuta, Miyazawa Ayako, Tanaka Ichidai, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Hasegawa Yoshinori, Kawabe Tsutomu, Sato Mitsuo

    CANCER INVESTIGATION   38 巻 ( 4 ) 頁: 240 - 249   2020年4月

  10. Anti-thyroid antibodies and thyroid echo pattern at baseline as risk factors for thyroid dysfunction induced by anti-programmed cell death-1 antibodies: a prospective study

    Okada Norio, Iwama Shintaro, Okuji Takayuki, Kobayashi Tomoko, Yasuda Yoshinori, Wada Eri, Onoue Takeshi, Goto Motomitsu, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Kanda Mitsuro, Yokota Kenji, Hashimoto Naozumi, Ando Masahiko, Fujimoto Yasushi, Nagino Masato, Kodera Yasuhiro, Fujishiro Mitsuhiro, Hibi Hideharu, Sone Michihiko, Kiyoi Hitoshi, Gotoh Momokazu, Ando Yuichi, Akiyama Masashi, Hasegawa Yoshinori, Arima Hiroshi

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   122 巻 ( 6 ) 頁: 771 - 777   2020年3月

  11. Risk factors for pulmonary infection after diagnostic bronchoscopy in patients with lung cancer

    Shimizu Takahiro, Okachi Shotaro, Imai Naoyuki, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Hashimoto Naozumi, Sato Mitsuo, Hasegawa Yoshinori

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 1 ) 頁: 69 - 77   2020年2月

  12. Phase I study of vorinostat with gefitinib in BIM deletion polymorphism/epidermal growth factor receptor mutation double-pnositive lung cancer

    Takeuchi Shinji, Hase Tetsunari, Shimizu Shinobu, Ando Masahiko, Hata Akito, Murakami Haruyasu, Kawakami Takahiro, Nagase Katsuhiko, Yoshimura Kenichi, Fujiwara Tadami, Tanimoto Azusa, Nishiyama Akihiro, Arai Sachiko, Fukuda Koji, Katakami Nobuyuki, Takahashi Toshiaki, Hasegawa Yoshinori, Ko Tun Kiat, Ong S. Tiong, Yano Seiji

    CANCER SCIENCE   111 巻 ( 2 ) 頁: 561 - 570   2020年2月

     詳細を見る

  13. Pituitary dysfunction induced by immune checkpoint inhibitors is associated with better overall survival in both malignant melanoma and non-small cell lung carcinoma: a prospective study

    Kobayashi Tomoko, Iwama Shintaro, Yasuda Yoshinori, Okada Norio, Okuji Takayuki, Ito Masaaki, Onoue Takeshi, Goto Motomitsu, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Yokota Kenji, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Hashimoto Naozumi, Ando Masahiko, Fujimoto Yasushi, Hibi Hideharu, Sone Michihiko, Ando Yuichi, Akiyama Masashi, Hasegawa Yoshinori, Arima Hiroshi

    JOURNAL FOR IMMUNOTHERAPY OF CANCER   8 巻 ( 2 )   2020年

  14. BK virus-associated viruria and viremia in a patient with lymphangioleiomyomatosis after lung re-transplantation: A case report and review of the literature on BK virus infection post-lung transplantation

    Okumura Junya, Nakahara Yoshio, Nakaguro Masato, Shindo Yuichiro, Hase Tetsunari, Wakahara Keiko, Hashimoto Naozumi, Hasegawa Yoshinori

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   25 巻 ( 10 ) 頁: 820 - 824   2019年10月

  15. A 65-nm CMOS Fully Integrated Analysis Platform Using an On-Chip Vector Network Analyzer and a Transmission-Line-Based Detection Window for Analyzing Circulating Tumor Cell and Exosome

    Niitsu Kiichi, Nakanishi Taiki, Murakami Shunya, Matsunaga Maya, Kobayashi Atsuki, Karim Nissar Mohammad, Ito Jun, Ozawa Naoya, Hase Tetsunari, Tanaka Hiromasa, Sato Mitsuo, Kondo Hiroki, Ishikawa Kenji, Odaka Hidefumi, Hasegawa Yoshinori, Hori Masaru, Nakazato Kazuo

    IEEE TRANSACTIONS ON BIOMEDICAL CIRCUITS AND SYSTEMS   13 巻 ( 2 ) 頁: 470 - 479   2019年4月

  16. Potential for afatinib as an optimal treatment for advanced non-small cell lung carcinoma in patients with uncommon EGFR mutations

    Tanaka Ichidai, Morise Masahiro, Kodama Yuta, Matsui Akira, Ozawa Naoya, Ozone Sachiko, Goto Daiki, Miyazawa Ayako, Hase Tetsunari, Hashimoto Naozumi, Sato Mitsuo, Hasegawa Yoshinori

    LUNG CANCER   127 巻   頁: 169 - 171   2019年1月

  17. The Subunit eIF2 ss of Translation- Initiation Factor EIF2 Is a Potential Therapeutic Target for Non-Small Cell Lung Cancer

    Sato Mitsuo, Tanaka Ichidai, Goto Daiki, Kato Toshio, Kakumu Tomohiko, Miyazawa Ayako, Yogo Naoyuki, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Sekido Yoshitaka, Kondo Masashi, Hasegawa Yoshinori

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 1181 - 1181   2018年12月

     詳細を見る

  18. eIF2 beta, a subunit of translation-initiation factor EIF2, is a potential therapeutic target for non-small cell lung cancer

    Tanaka Ichidai, Sato Mitsuo, Kato Toshio, Goto Daiki, Kakumu Tomohiko, Miyazawa Ayako, Yogo Naoyuki, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Sekido Yoshitaka, Girard Luc, Minna John D., Byers Lauren A., Heymach John V., Coombes Kevin R., Kondo Masashi, Hasegawa Yoshinori

    CANCER SCIENCE   109 巻 ( 6 ) 頁: 1843 - 1852   2018年6月

     詳細を見る

  19. Low-autofluorescence fluoropolymer membrane filters for cell filtration

    Kihara Naoto, Kuboyama Daiki, Onoshima Daisuke, Ishikawa Kenji, Tanaka Hiromasa, Ozawa Naoya, Hase Tetsunari, Koguchi Ryohei, Yukawa Hiroshi, Odaka Hidefumi, Hasegawa Yoshinori, Baba Yoshinobu, Hori Masaru

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   57 巻 ( 6 )   2018年6月

  20. Safety and efficacy of diagnostic flexible bronchoscopy in very old patients with lung cancer

    Okachi Shotaro, Imaizumi Kazuyoshi, Imai Naoyuki, Shimizu Takahiro, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Hashimoto Naozumi, Sato Mitsuo, Hasegawa Yoshinori

    EUROPEAN GERIATRIC MEDICINE   9 巻 ( 2 ) 頁: 255 - 262   2018年4月

  21. Patients With Antithyroid Antibodies Are Prone To Develop Destructive Thyroiditis by Nivolumab: A Prospective Study

    Kobayashi Tomoko, Iwama Shintaro, Yasuda Yoshinori, Okada Norio, Tsunekawa Taku, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Morishita Yoshiaki, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Yokota Kenji, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Hashimoto Naozumi, Ando Masahiko, Kiyoi Hitoshi, Gotoh Momokazu, Ando Yuichi, Akiyama Masashi, Hasegawa Yoshinori, Arima Hiroshi

    JOURNAL OF THE ENDOCRINE SOCIETY   2 巻 ( 3 ) 頁: 241 - 251   2018年3月

  22. A phase II trial of Ifosfamide combination with recommended supportive therapy for recurrent SCLC in second-line and heavily treated setting

    Tanaka Ichidai, Kawada Kenji, Morise Masahiro, Hase Tetsunari, Hayashi Hiroaki, Sokai Akihiko, Fukatsu Asuki, Kondo Masashi, Nomura Fumio, Hasegawa Yoshinori

    CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY   81 巻 ( 2 ) 頁: 339 - 345   2018年2月

  23. Lung Metastases from Bile Duct Adenocarcinoma Mimicking Chronic Airway Infection and Causing Diagnostic Difficulty

    Sato Mitsuo, Okachi Shotaro, Fukihara Jun, Shimoyama Yoshie, Wakahara Keiko, Sakakibara Toshihiro, Hase Tetsunari, Onishi Yasuharu, Ogura Yasuhiro, Maeda Osamu, Hasegawa Yoshinori

    INTERNAL MEDICINE   57 巻 ( 10 ) 頁: 1429 - 1432   2018年

  24. An EGFR-mutated Lung Adenocarcinoma Undergoing Squamous Cell Carcinoma Transformation Exhibited a Durable Response to Afatinib

    Sato Mitsuo, Matsui Akira, Shimoyama Yoshie, Omote Norihito, Morise Masahiro, Hase Tetsunari, Tanaka Ichidai, Suzuki Kojiro, Hasegawa Yoshinori

    INTERNAL MEDICINE   57 巻 ( 23 ) 頁: 3429 - 3432   2018年

  25. Identification of proteasomal catalytic subunit PSMA6 as a therapeutic target for lung cancer

    Kakumu Tomohiko, Sato Mitsuo, Goto Daiki, Kato Toshio, Yogo Naoyuki, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Fukui Takayuki, Yokoi Kohei, Sekido Yoshitaka, Girard Luc, Minna John D., Byers Lauren A., Heymach John V., Coombes Kevin R., Kondo Masashi, Hasegawa Yoshinori

    CANCER SCIENCE   108 巻 ( 4 ) 頁: 732 - 743   2017年4月

     詳細を見る

▼全件表示

MISC 15

  1. CEBP gamma and YBX1 regulate lung cancer metastasis via CERS6 expression and lamellipodia formation.

    Shi Hanxiao, Niimi Atsuko, Takeuchi Toshiyuki, Mizutani Yasuyoshi, Shiogama Kazuya, Inada Kenichi, Hase Tetsunari, Hasegawa Yoshinori, Takahashi Takashi, Suzuki Motoshi  

    CANCER SCIENCE112 巻   頁: 700 - 700   2021年2月

     詳細を見る

  2. PREDICT1: An observational study for identifying blood biomarkers associated with clinical benefit from carboplatin and pemetrexed (CbP) treatment in patients with non-squamous (NS) non-small cell lung cancer (NSCLC) (CJLSG1201).

    Hase Tetsunari, Yanagisawa Kiyoshi, Fukatsu Asuki, Kimura Tomoki, Kojima Eiji, Abe Takashi, Imaizumi Kazuyoshi, Horio Yoshitsugu, Oguri Tetsuya, Yamamoto Masashi, Ogasawara Tomohiko, Sugino Yasuteru, Morise Masahiro, Nakatochi Masahiro, Ando Masahiko, Kondo Masashi, Saka Hideo, Saito Hiroshi, Hasegawa Yoshinori, Takahashi Takashi  

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY38 巻 ( 15 )   2020年5月

     詳細を見る

  3. Prognostic Factors in Myositis-Related Interstitial Lung Disease: A Retrospective Multicenter Study

    Waseda Y., Shiraki A., Saeki K., Watanabe S., Shoda T., Ishida T., Makino S., Tomii K., Hase T., Hasegawa Y., Okamoto M., Izumi S., Miyamoto A., Kishi K., Kishaba T., Nara M., Komatsuda A., Arita M., Kawamura K., Ichikado K., Koreeda Y., Mitsuma T., Hamaguchi Y., Muro Y., Egashira R., Sumikawa H., Ishizuka T., Johkoh T.  

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE201 巻   2020年

     詳細を見る

  4. Exosomal Analysis of ALK Rearrangements by Spin Column with Porous Glass Filter

    Hatta T., Hase T., Ozawa N., Yogo N., Yukawa H., Tanaka H., Onoshima D., Sato M., Hori M., Baba Y., Hasegawa Y.  

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY14 巻 ( 10 ) 頁: S676 - S676   2019年10月

     詳細を見る

  5. UHRF1 as a Potential Therapeutic Target for KRAS Mutated Non-Small Cell Lung Cancer

    Goto D., Kizuki M., Uwatoko N., Kawai K., Koike M., Nakashima M., Miyazawa A., Tanaka I., Hase T., Morise M., Hasegawa Y., Minna J., Sato M.  

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY14 巻 ( 10 ) 頁: S692 - S692   2019年10月

     詳細を見る

  6. Serum CRP Decrease Has Predictive Value for LongTerm Disease Control by PD-1/ PD-L1 Inhibitors in Patients with NSCLC

    Matsuzawa R., Morise M., Tanaka I., Koyama J., Kimura T., Kondoh Y., Hase T., Sakamoto K., Hashimoto N., Hasegawa Y.  

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY14 巻 ( 10 ) 頁: S716 - S716   2019年10月

     詳細を見る

  7. Impact of Combined Evaluation Using Tumor Volume and Metastatic Nodal Extent in Stage III NSCLC Treated with CRT

    Tamiya Y., Morise M., Matsuzawa R., Tanaka I., Okada T., Iwano S., Hase T., Hashimoto N., Sato M., Itoh Y., Hasegawa Y.  

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY14 巻 ( 10 ) 頁: S909 - S910   2019年10月

     詳細を見る

  8. Analysis of Clinical Features by Both Diagnosis and Types of Antibodies in Patients with Myositis Related Interstitial Lung Disease: A Retrospective Multicenter Study

    Waseda Y., Shiraki A., Saeki K., Watanabe S., Shoda T., Ishida T., Makino S., Tomii K., Hase T., Hasegawa Y., Okamoto M., Izumi S., Miyamoto A., Kishi K., Kishaba T., Nara M., Komatsuda A., Arita M., Kawamura K., Ichikado K., Koreeda Y., Mitsuma T., Hamaguchi Y., Muro Y., Egashira R., Sumikawa H., Ishizuka T., Johkoh T.  

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE199 巻   2019年

     詳細を見る

  9. Development of the immuno-wall device for rapid detection of ALK and ROS1 fusions in lung cancer

    Yogo N., Hase T., Kasama T., Hatta T., Ozawa N., Sato M., Kaji N., Tokeshi M., Baba Y., Hasegawa Y.  

    ANNALS OF ONCOLOGY29 巻   2018年11月

     詳細を見る

  10. Retrospective analysis of risk factor of injection site reaction induced by infusion of cisplatin plus vinorelbine

    Ozawa N., Hase T., Hatta T., Sagara A., Ichikawa K., Miyazaki M., Ando M., Yamada K., Hasegawa Y.  

    ANNALS OF ONCOLOGY29 巻   2018年11月

     詳細を見る

  11. eIF2 beta, A Subunit of Translation-Initiation Factor EIF2, as a Potential Therapeutic Target for Non-Small Cell Lung Cancer

    Goto D., Tanaka I., Sato M., Kato T., Miyazawa A., Hase T., Morise M., Sekido Y., Girard L., Minna J., Byers L., Heymach J., Coombes K., Kondo M., Hasegawa Y.  

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY13 巻 ( 10 ) 頁: S516 - S517   2018年10月

     詳細を見る

  12. Short Hydration Regimen with a Modified Dose of Magnesium Supplementation for Lung Cancer Patients Receiving Cisplatin-Based Chemotherapy

    Hase T., Miyazaki M., Ichikawa K., Yogo N., Ozawa N., Ando M., Morise M., Sato M., Kondo M., Yamada K., Hasegawa Y.  

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY13 巻 ( 10 ) 頁: S880 - S880   2018年10月

     詳細を見る

  13. Development of the immuno-wall device for rapid, low-cost detection of EGFR mutations in tumor samples from patients with lung cancer

    Yogo N., Hase T., Kasama T., Ozawa N., Sato M., Kaji N., Tokeshi M., Baba Y., Hasegawa Y.  

    ANNALS OF ONCOLOGY28 巻   2017年11月

     詳細を見る

  14. Phase I study of combined therapy with vorinostat and gefitinib to treat BIM deletion polymorphism-associated resistance in EGFR-mutant lung cancer (VICTROY-J)

    Hase T., Takeuchi S., Ando M., Hata A., Kenmotsu H., Fujiwara T., Shimizu S., Nagase K., Yoshimura K., Katakami N., Takahashi T., Hasegawa Y., Yano S.  

    ANNALS OF ONCOLOGY28 巻   2017年11月

     詳細を見る

  15. Identification of Proteosomal Catalytic Subunit PSMA6 as a Therapeutic Target for Lung Cancer through a Pooled shRNA Screen

    Sato M., Kakumu T., Goto D., Kato T., Yogo N., Hase T., Morise M., Fukui T., Yokoi K., Sekido Y., Girard L., Minna J., Byers L., Heymach J., Coombes K., Kondo M., Hasegawa Y.  

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY12 巻 ( 11 ) 頁: S2277 - S2278   2017年11月

     詳細を見る

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. 肺癌体細胞遺伝子変異の免疫学的診断システムの開発

    2017年07月 - 2018年03月

    橋渡し研究戦略的推進プログラムシーズB 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 肺癌体細胞遺伝子変異の免疫学的診断システムの開発

    2016年04月 - 2017年03月

    橋渡し研究加速ネットワークプログラム事業  

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 5

  1. 部分的上皮間葉細胞転換(ハイブリッドEMT)の安定化因子を標的とする肺癌治療

    研究課題/研究課題番号:19K22617  2019年06月 - 2021年03月

    挑戦的研究(萌芽)

    佐藤 光夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    上皮間葉細胞転換(EMT)は癌細胞が上皮系から間葉系へ転換し悪性度を増強する現象である。これまではEMTを完了した細胞の悪性度が最も高いとされてきた。しかし、応募者の準備データは部分的なEMT細胞の方が完全なEMT細胞に比べ悪性形質が高いことを示唆する。また、部分的EMTを安定化する未知の因子の存在が推測され、これは癌の悪性形質を決定する有望な治療標的の可能性がある。以上より、本研究は肺癌治療標的として期待される部分的EMTの“安定化因子”の発見およびそれらを標的とする創薬を目的とする。方法として、応募者開発の正常気管支上皮細胞モデル(HBEC)を用いた機能的なスクリーニングなどを実施する。
    上皮間葉細胞転換(epithelial to mesenchymal transition, EMT)は癌細胞が上皮系から間葉系へ転換し悪性度を増強する現象である。これまでは、完全にEMTを完了した細胞の悪性度が最も高いと信じられてきた。しかし、最近の報告と応募者の準備データは予想に反し、部分的なEMT細胞、すなわちハイブリッドEMTの方が完全なEMT細胞に比べ癌幹細胞性質などの悪性形質が高いと示唆する。また、ハイブリッドEMTを安定化する未知の因子の存在が推測され、これは癌の悪性形質を決定している有望な治療標的の可能性がある。本研究は肺癌治療標的として期待されるハイブリッドEMTの“安定化因子”の発見を目的とする。2019年度はEMT安定化因子候補である遺伝子A(論文未発表にてAとする)の肺癌細胞における機能を評価した。複数の肺癌細胞株を使用し、RNA干渉によって遺伝子Aノックダウンを実施した。遺伝子ノックダウンの効率をウエスタンブロットで評価した。癌細胞の増殖を足場依存性および足場非依存性条件の両者において評価した。足場非依存性増殖能は軟寒天中のコロニー形成にて評価した。我々はある肺癌細胞株において、遺伝子Aノックダウン足場依存性増殖にはほとんど影響がなく、足場非依存性増殖能を強く抑制する結果を得た。足場非依存性増殖は細胞が細胞外のマトリックス等への接着を失った状態での増殖である。正常細胞は足場非依存性の状態では通常、細胞死に至る。対照的に癌細胞は足場非依存性増殖能を獲得していることが多く、その能力は浸潤能や転移能と深く関係しており、癌細胞の重要な悪性形質の一つである。したがって、我々の結果は遺伝子Aが肺癌の有望な治療標的となりうることを示唆した。今後は、足場非依存性増殖能を別のアッセイ系で評価し結果の確認を実施する。確認された場合は、遺伝子Aノックダウンによる足場非依存性増殖の抑制機序を明らかとする。
    2019年度はEMT安定化因子候補である遺伝子A(論文未発表にてAとする)の肺癌細胞における機能を評価した。複数の肺癌細胞株を使用し、RNA干渉によって遺伝子Aノックダウンを実施した。遺伝子ノックダウンの効率をウエスタンブロットで評価した。癌細胞の増殖を足場依存性および足場非依存性条件の両者において評価した。足場非依存性増殖能は軟寒天中のコロニー形成にて評価した。我々はある肺癌細胞株において、遺伝子Aノックダウン足場依存性増殖にはほとんど影響がなく、足場非依存性増殖能を強く抑制する結果を得た。今後は、足場非依存性増殖能を別のアッセイ系で評価し結果の確認を実施する。確認された場合は、遺伝子Aノックダウンによる足場非依存性増殖の抑制機序を明らかとする。また、遺伝子Aを含む候補遺伝子ならびにEMT関連遺伝子のタンパク発現をウエスタンブロットによって肺癌細胞パネルを使用して実施予定である。そのために、肺癌細胞パネルからのタンパク、RNA、DNAの抽出をほぼ完了した。2020年度も継続して実施する。
    肺癌の治療標的としての可能性を持つ遺伝子Aの機能評価を軸に研究を推進する。具体的には、複数のEMT状態の異なる肺癌細胞における遺伝子Aのがん促進作用を評価する。これによって、遺伝子Aの機能がEMT状態依存性であるかどうかを明らかとする。また、遺伝子Aノックダウンによる足場非依存性増殖能の抑制作用の機序を明らかとしていく。さらに、in vivo実験を追加し、遺伝子A標的治療の臨床応用への可能性も評価する。

  2. ドライバー癌遺伝子により誘導される細胞老化 (OIS) を利用した肺癌治療の開発

    研究課題/研究課題番号:18H02819  2018年04月 - 2021年03月

    佐藤 光夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    【本課題の目的】肺癌のドライバー癌遺伝子の一つ変異KRASは腺癌の20%程度に認められるが、その標的治療の開発は未成功である。これは変異KRASの癌化シグナルの薬物的な遮断が困難なためである。応募者は正常気管支モデルであるHBEC実験系を確立し(Sato, Cancer Res 2006)、さらに、変異KRASをHBECに導入すると悪性度の増強にもかかわらず細胞分裂を停止する現象を発見した(Sato, Mol Cancer Res 2013)。これは正常細胞が癌化を防御する機構の一つ癌遺伝子誘導細胞老化(oncogene-induced senescence; OIS)である。以上より、応募者は変異KRAS肺癌の新たな治療として変異KRASシグナルの遮断ではなく、OISを活用する治療を着想した。その実現のために、まず、HBECを用いて、OIS抑制作用を表現型とする機能的なプールshRNAスクリーニングを実施し、複数の標的候補を特定した。特に、肺癌細胞株が高発現する遺伝子Xは小分子化合物による治療標的となる可能性があるため、学内創薬産学協同研究センター(ラクオリア創薬株式会社)化合物スクリーニングを予定した(機密保持契約締結済み)。本研究はこれらの研究を発展させ、変異KRASならびに変異EGFRやALK遺伝子によるOIS誘導治療の開発を目的とする。
    <BR>
    【2019年度の成果】
    これまでに、複数の化合物ライブラリーを使用したハイスループットスクリーニング(HTS)を実施した。初期に同定したヒット化合物の活性が再現できなかったため、化合物選択基準の見直しを行い、ヒット化合物を選び直した。ヒット化合物の再現性、選択性、構造活性相関(Structure-Activity Relationship: SAR)解析の結果に基づき、数個のシーズ化合物に絞り込んだ。
    これまでに、複数の化合物ライブラリーを使用したハイスループットスクリーニング(HTS)を実施した。初期に同定したヒット化合物の活性が再現できなかったため、化合物選択基準の見直しを行い、ヒット化合物を選び直した。ヒット化合物の再現性、選択性、構造活性相関(Structure-Activity Relationship: SAR)解析の結果に基づき、数個のシーズ化合物に絞り込んだ。ヒット化合物の再現性ができなかったことなどにより当初の計画よりやや遅れている。
    これまでの研究成果に基づいて2020年度は以下を計画する。①SARの結果に基づいて新規化合物(リード化合物)を合成する。②リード化合物および遺伝子X産物との結晶構造解析を外部委託に実施する。③新規化合物に対して評価・解析およびデザイン・合成のステップを繰り返し実施し、さらに薬効の優れるリード化合物を合成する。④前記と併行して、遺伝子Xノックアウト肺癌細胞クローンを用いて、遺伝子X阻害の癌細胞の増殖抑制機序の解明を継続して実施する。⑤2020年度までに合成されるリード化合物に対して、各種非臨床試験(薬理、毒性、薬物動態試験など)に必要な予備的試験を実施する。具体的には、複数の化合物の薬効(XenograftやPDXモデル)、薬物動態(経口吸収率、血中半減期、代謝・排出経路、代謝物)、短期毒性(心血管作用、中枢作用、病理)、物性(溶解性、固体安定性)を評価する。以上の結果に基づいて、2020年度末までにリード化合物の基本特許申請を目標とする。

  3. 癌幹細胞性を有する肺癌循環腫瘍細胞解析による分子標的薬耐性克服治療の開発

    研究課題/研究課題番号:17K09651  2017年04月 - 2020年03月

    長谷 哲成

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    本研究では、難治性がんである肺がん患者の末梢血から循環腫瘍細胞の捕捉を行い、分子標的薬の耐性の原因を探るための遺伝子解析を行った。まず、肺がんの細胞株を用いて、循環腫瘍細胞の捕捉や遺伝子解析を行えることを確認した。その後、実際に分子標的薬に耐性になった肺がん患者の血液から、循環腫瘍細胞を分離し、遺伝子解析を行った。その結果、分子標的薬の耐性に関わる遺伝子変異を見つけることが可能であった。現在、多くの肺がん患者の協力の下、臨床試験として解析を進めている。
    本研究で行った循環腫瘍細胞解析は、末梢血からその細胞を分離するため、採取が容易である。肺がん分子標的薬の耐性機序の解析は、これまでに腫瘍組織からの解析で行われていたが、血液から解析が可能になることで、患者への負担は軽減される。また、循環腫瘍細胞の発現解析が可能になれば、新たな耐性機序の解明ができると考えられる。それにより新たな耐性克服治療開発の発展が期待でき、患者に最適な治療を提供できると考えられる。

  4. 癌幹細胞性を有する循環腫瘍細胞を標的とした個別化医療の開発

    2015年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 治療標的としての肺癌新規幹細胞候補遺伝子の機能解析

    2012年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. 呼吸器疾患の診断と胸膜・縦隔疾患

    2020