2022/08/08 更新

写真a

オノシマ ダイスケ
小野島 大介
ONOSHIMA Daisuke
所属
未来社会創造機構 バイオデバイス加工研究部門(AGC) 特任准教授
職名
特任准教授

学位 2

  1. 博士(工学)第2160号 ( 2008年3月   名古屋大学 ) 

  2. 修士(理学)第4226号 ( 2005年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 1

  1. ナノバイオデバイス工学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 血中循環腫瘍細胞の性状解析と臨床研究

  2. 細菌の分光分析による微生物迅速試験法の研究

  3. 微小粒子状物質の組成解析と健康影響の検討

経歴 12

  1. 名古屋大学   未来社会創造機構バイオデバイス加工研究部門 特任准教授

    2022年4月 - 現在

  2. NEDO   「官民による若手研究者発掘支援事業」 主任研究者

    2022年3月 - 現在

  3. 名古屋大学   未来社会創造機構ナノライフシステム研究所 特任准教授

    2021年4月 - 2022年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 東海国立大学機構   客員准教授(招へい教員)

    2020年4月 - 2021年3月

  5. 名古屋市立大学   大学院医学研究科ウイルス学分野 特任准教授

    2020年4月 - 2021年3月

  6. 名古屋大学COI   くらし・健康基盤研究 ユニットリーダー

    2019年4月 - 2022年3月

  7. 名古屋大学   未来社会創造機構 特任准教授

    2018年10月 - 2020年3月

  8. JST   研究成果展開事業大学発新産業創出プログラム社会還元加速プログラム(SCORE) 研究代表者

    2018年8月 - 2019年3月

  9. 文部科学省革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)   名古屋大学先端ナノバイオデバイス研究センター 特任講師

    2014年4月 - 2018年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 内閣府最先端研究開発支援プログラム(FIRST)   名古屋大学革新ナノバイオデバイス研究センター 特任助教

    2011年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 名古屋大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー   名古屋大学大学院工学研究科 研究員

    2009年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  12. 文部科学省先端融合領域イノベーション創出拠点形成プログラム   名古屋大学予防早期医療創成センター 研究員

    2008年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

所属学協会 1

  1. 日本化学会, 化学とマイクロ・ナノシステム学会, 日本分析化学会, 日本エアロゾル学会, 先端錯体工学会, ICNFA (Scientific Committee Member), ISPlasma(プログラム委員)

受賞 4

  1. 井伊谷賞(日本エアロゾル学会)

    2022年8月   「小型ドローンを用いた産業点検におけるエアロゾル計測へのアプローチ」  

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:日本国

  2. バイオテックグランプリTaisho FRC賞、日本ユニシス賞(テックプランターbyリバネス)

    2020年9月   「バイオエアロゾルを分離する3密空間のクリーンテック」  

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  3. COI2021 表彰特別賞(科学技術振興機構、北海道大学COI、文部科学省)

    2017年11月   「ラボ・オン・ドローン」  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  4. 他13件

    2022年8月   (データ集計)  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 2

  1. 学術論文:74報(査読付き論文:54報、その他論文:20報) 査読有り

    共同執筆者含

    データ集計     頁: xx   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. 著書総説:12編(書籍:6巻、雑誌:6冊)

    共同執筆者含

    データ集計     頁: xx   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

講演・口頭発表等 2

  1. 国内会議:99件(招待講演:17件、その他口頭発表:82件)

    共同発表者含

    データ集計 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年4月 - 現在

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  2. 国際会議:36件(招待講演:10件、その他口頭発表:26件) 国際会議

    共同発表者含

    データ集計 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年4月 - 現在

    記述言語:英語  

共同研究・競争的資金等の研究課題 9

  1. 空中菌叢解析ドローンの開発

    2022年3月 - 2024年3月

    NEDO「官民による若手研究者発掘支援事業」(共同研究フェーズ) 

  2. ラボ・オン・ドローンの事業化検証に向けた大気エアロゾルのサンプルリターン機能の開発

    2018年8月 - 2019年3月

    JST研究成果展開事業大学発新産業創出プログラム<社会還元加速プログラム(SCORE)> 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 粒子吸着器及びこれを備えた回転翼機に関する共同研究

    2018年4月 - 現在

    国内共同研究 

  4. 微生物捕獲、分析法に関する研究

    2017年6月 - 現在

    国内共同研究 

  5. 総合工学振興財団研究奨励金

    2015年4月 - 2016年3月

  6. 名古屋COI拠点におけるIntellectual Glassを用いた健康基盤技術創製に関する研究

    2014年9月 - 2022年3月

    国内共同研究 

  7. 新世代研究所ATI研究助成

    2013年10月 - 2014年9月

  8. 豊田理化学研究所豊田理研スカラー

    2013年4月 - 2014年3月

  9. 東海産業技術振興財団助成研究

    2013年4月 - 2014年3月

▼全件表示

科研費 3

  1. がん病態環境の分子夾雑マッピングデバイスの開発

    2017年6月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  2. DNAメチル化異常のナノ分解能1分子標本検査デバイスの開発

    2014年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 単一生体分子相互作用のマイクロ流体制御型リアルタイム計測法

    2009年8月 - 2010年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 4

  1. 大学院工学研究科生命分子工学専攻前期課程R3年度前期ナノバイオ計測化学

    2021

  2. 大学院工学研究科生命分子工学専攻前期課程R元年度前期ナノバイオ計測化学

    2019

  3. 大学院工学研究科生命分子工学専攻H29年度前期ナノバイオ計測化学

    2017

  4. 大学院工学研究科化学・生物工学専攻H27年度前期分析化学特論

    2015

 

社会貢献活動 4

  1. (取材協力)手のひらサイズの実験室が未来の健康基盤をつくる, 創業応援(リバネス出版), vol.20, 2020.12, p.3, 2020年12月

    役割:取材協力

    2020年12月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業, 市民団体, 行政機関, メディア

    種別:会誌・広報誌

  2. (出演)科学ミチル。世界は未知で満ちている| BSジャパン2017/10/12#028「分離する⼒が未来を変える︕」

    役割:出演

    2017年10月

  3. (講師)「近未来デバイスから来るべき医療・モビリティ社会を想像しよう!」文部科学省「情報ひろばラウンジ」

    役割:講師

    2016年8月

     詳細を見る

    対象: 中学生, 高校生, 大学生, 大学院生

    種別:サイエンスカフェ

  4. その他、メディア掲載・展示会出展など:42件

    役割:講師, 企画, 運営参加・支援, 実演

    2006年2月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業, 市民団体, 行政機関, メディア