2021/10/29 更新

写真a

ウイークス マーク チャールズ
ウィークス、マーク
WEEKS Mark Charles
所属
教養教育院 教養教育推進室 アカデミック・ライティング教育部門 特任准教授
大学院担当
大学院国際言語文化研究科
職名
特任准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. Bachelor of Arts ( 1988年12月   University of Western Australia ) 

研究キーワード 1

  1. 哲学

研究分野 1

  1. 人文・社会 / 哲学、倫理学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. humor, time

経歴 1

  1. 名古屋大学   研究員

    2011年4月 - 現在

学歴 1

  1. University of Western Australia   Faculty of Arts and Letters

    - 1988年12月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 1

  1. International Society for Humor Studies

受賞 1

  1. Excellence in Teaching

    2015年3月   Institute of Liberal Arts and Sciences  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 19

  1. Affect philosophy meets incongruity: about transformative potentials in comic laughter 査読有り

    The European Journal of Humour Research   8 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 13   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.7592/ejhr2020.8.1.weeks

  2. Communicative Efficacy and the Issue of "Self-performance" in the Cross-disciplinary Research Presentations Classroom 査読有り

    NU Ideas   6 巻   頁: 65-70   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. The Enigma of Solitary Laughter 査読有り

        2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7592/EJHR

  4. American Beauty: The Art of Work in the Age of Therapeutic Masturbation 査読有り

    Mark Weeks

    Mark Weeks   34 巻 ( 1 ) 頁: 49-66   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Abandoning Our Selves to Laughter: Time and the Question of Self-Loss in Laughter 招待有り 査読有り

    Mark Weeks

    Israeli Journal of Humor Research: An International Journal   2 巻 ( 1 ) 頁: 1   2013年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 20130630

  6. Comic Theory and Perceptions of a Disappearing Self

    Mark Weeks

    Studies in Language and Culture   34 巻 ( 1 ) 頁: 19   2012年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. Laughter and Japan in Transition: Towards an Understanding through a Time-based Incongruity Theory 査読有り

    Mark Weeks

    Studies in Languages and Cultures   60 巻   2010年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 20101130

  8. The Bakhtinian Carnivalesque and American Comic Pragmatism 査読有り

    Mark Weeks

    Studies in English Language and Literature   60 巻   2010年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 20100930

  9. Alas, Poor Yorick: Death of the fool in Sterne and Shakespeare

      59 巻   頁: 1   2009年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 20091130

  10. Freud and the Economics of Laughter

    Studies in Language and Culture Nagoya University   28 巻 ( 2 ) 頁: 1   2007年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 20070930

  11. Milan Kundera: A Modern History of Comedy amid the Comedy of History 査読有り

    Mark Weeks

      28 巻 ( 3 ) 頁: 130   2005年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. A City of One: Desire and Isolation 招待有り

    Mark Weeks

      3 巻   頁: 19   2004年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 20040330

  13. Beyond a Joke: Nietzsche and the Birth of Super-laughter 査読有り

    Mark Weeks

      27 巻 ( 1 ) 頁: 1   2004年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 20040330

  14. Laughter, Desire and Time 査読有り

    Mark Weeks

    Humor: International Journal of Humor Studies   15 巻 ( 4 ) 頁: 383   2002年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 20021230

  15. From Catch-22 to Closing Time: a Decline of Otherness 査読有り

    Mark Weeks

    Songklanakarin: Journal of Social Sciences and Humanities   7 巻 ( 1 ) 頁: 78   2001年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 20010401

  16. The Power of Time 査読有り

        頁: 63   2000年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 20001210

  17. Indifference: The Difference between Laughter and Jouissance 査読有り

    Mark Weeks

    Southern Review   31 巻 ( 2 ) 頁: 4   1998年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Laughter and the Ludic Economy: Delillo and Kundera 査読有り

    Mark Weeks

    Meridian   17 巻 ( 1 ) 頁: 89   1998年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 19980530

  19. Thailand: A Time and Motion Study 査読有り

    Mark Weeks

    Meridian   16 巻 ( 2 ) 頁: 117   1997年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 19971030

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. Dickens and the anatomy of evil : sesquicentennial essays

    ( 担当: 分担執筆)

    2020年12月  ( ISBN:9784863403376

     詳細を見る

    総ページ数:366   担当ページ:25-42  

  2. Exploring Bodies in Time and Space

    Loyola McLean, Lisa Stafford, Mark Weeks( 担当: 共著)

    Inter-Disciplinary Press  2014年6月  ( ISBN:978-1-84888-246-1

     詳細を見る

    記述言語:英語

講演・口頭発表等 18

  1. The Queerest Comic Corruption: Laughing Alone 国際会議

    Mark Weeks

    10th Deleuze Studies Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  2. Solitary Laughter: Breaking the Silence 国際会議

    Mark Weeks

    International Society for Humor Studies 28th Annual Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月 - 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アイルランド  

  3. Steps Supporting Greater Cultural Diversity in Theoretical Discourses on Laughter 国際会議

    Mark Weeks

    International Society for Humor Studies 27th Annual Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月 - 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  4. Play across Time, Space and Bodies in Laurie Anderson's "Mach 20"

    ウィークス、マーク

    American Literature and Culture at the Crossroads of Race and Gender 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  5. The Noisiest Silence: Reading the Laughable Text 国際会議

    Mark Weeks

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  6. Laughter as a Time Machine: A Nomadic Investigation 国際会議

    Mark Weeks

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  7. Towards Nomad Thinking on Laughter's Time Machinery 国際会議

    Mark Weeks

    Deleuze Studies Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:トルコ共和国  

  8. Utilizing TV Conference Systems across Asian Institutions 国際会議

    Shigeo Suzuki, Mark Weeks

    11 Asia TEFL International Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:フィリピン共和国  

  9. Andy Warhol and Comic Nomadic Culture 国際会議

    Mark Weeks

    International Society for Humor Studies Conference 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  10. Bodies, Selves and the Temporal Collapse in Laughter 国際会議

    Mark Weeks

    First Global Conference on Time, Space and the Body 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストラリア連邦  

  11. Towards an Integration of Some Asian and European Conceptions of Comic Laughter 国際会議

    Mark Weeks

    Asian Conference on Arts and Cultures 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:タイ王国  

  12. On Perceptions of a Subjective Time Slip in Laughter 国際会議

    Mark Weeks

    International Society for Humor Studies 24th Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ポーランド共和国  

  13. Is there Silence at the Heart of Laughter? 国際会議

    Mark Weeks

    Society for Indian Philosophy and Religion Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:インド  

  14. Warai and Japan in Transition: through a Time-based Incongruity Model 国際会議

    Mark Weeks

    Japan Studies Association [USA] Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  15. American Beauty: The Neo-Liberal Body and Libidinal Self-Sufficiency 国際会議

    Mark Weeks

    International Symposium of the Topology of the Body 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. Diversity or Indifference? A Temporal Approach to Laughter 国際会議

    Mark Weeks

    International Society for Humor Studies 15th Annual Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  17. The Power of Time 国際会議

    Mark Weeks

    Literature and Culture in the Asia-Pacific (8th Conference) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストラリア連邦  

  18. The Indifférance in Laughter 国際会議

    Mark Weeks

    Fifth Congress of the International Association for Semiotic Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

▼全件表示

Works(作品等) 1

  1. Laughter is a Time Machine (article) in Philosophy Now magazine

    2010年8月

科研費 4

  1. Uncovering the suppressed potential in spontaneous self-induced laughter through Deleuze, affect and posthuman philosophy

    研究課題/研究課題番号:20K00003  2020年4月 - 2023年3月

    Weeks Mark

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:650000円 ( 直接経費:500000円 、 間接経費:150000円 )

    This research firstly attempts to address two questions: why has solitary laughter been relegated to a position of almost complete silence?; how has solitary laughter been marginalized? It then seeks, through affect theory and related philosophy such as that of Deleuze to articulate ways in which solitary laughter may be conceived differently. Ultimately, it attempts to show how laughter may serve positive functions in the context of dramatic social change in which solitude itself is being reconfigured and reappraised.

  2. Constructing a Theory of Laughter Founded on Deleuzian and Non-Western Approaches to Subjective Temporality and Concepts of the Self

    2015年4月 - 2018年3月

    Grant-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. Constructing a Theory of Laughter Founded on Deleuzian and Non-Western Approaches to Subjective Temporality and Concepts of the Self

    研究課題/研究課題番号:15K01992  2015年4月 - 2018年3月

    Weeks Mark

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:1170000円 ( 直接経費:900000円 、 間接経費:270000円 )

    本研究は、笑いにおける様々な文化的、心理的な機能を進めてきたが、そこでの最も重要な知見は、一人笑いが、従来の先行研究で指摘されていたよりも、日常的な行為であるということであります。一人笑いは代理的な社会行動の一形態としてだけではなく、一人笑い自体が自分自身を楽しむために起きているという証拠が発見されたまた本研究では、先行研究において一人笑いが等閑視されている理由、一人笑いが自己感覚にもたらす一時的とはいえ根源的ともいえる効果についての理由を明示した。一人笑いが、社会規範の範囲外で起こる怪しいものと位置づけられていることも示した。さらに本研究では、一人笑いへの態度について文化間で相違があります。

  4. Development of a Diachronic Model of the Laughter Response through the Application of Husserl’s Phenomenology of Internal Time Consciousness

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 54

  1. Special English Seminar: Reading 1

    2018

  2. Academic English Advanced

    2018

  3. Special English Seminar: Presentations 1

    2017

  4. Academic English Seminar: Economics

    2017

  5. Academic Reading: Letters 2

    2017

  6. Special English Seminar: Writing 2

    2017

  7. Research Skills C2: Presentations

    2017

  8. 英語コミュニケーション

    2015

  9. Special English Seminar Writing II

    2015

  10. Special English Seminar Presentations II

    2015

  11. 英語基礎

    2015

  12. 英語上級

    2015

  13. Mei Writing Presentations II

    2015

  14. Mei Writing Presentations I

    2015

  15. Special English Seminar Presentations I

    2015

  16. 英語中級

    2014

  17. Presentations II (Mei Writing)

    2014

  18. 英語コミュニケーション

    2014

  19. 英語上級

    2014

  20. Special English Seminar (Presentations)

    2014

  21. Special English Seminar (Writing)

    2014

  22. Presentations I (Mei Writing)

    2014

  23. Presentations I (Mei Writing)

    2013

  24. 英語中級

    2013

  25. 英語基礎補修

    2013

  26. Presentations II (Mei Writing)

    2013

  27. 英語コミュニケーション

    2013

  28. Special English Seminar (Presentations)

    2013

  29. 英語基礎

    2013

  30. Special English Seminar (Writing)

    2013

  31. 英語上級

    2013

  32. 英語基礎(補充)

    2012

  33. 上級(リーディング)2

    2012

  34. 英語(コミュニケーション)

    2012

  35. 英語(コミュニケーション)

    2012

  36. Presentations II (Mei Writing)

    2012

  37. 英語(コミュニケーション)

    2012

  38. Presentations I (Mei Writing)

    2012

  39. 英語(基礎)

    2012

  40. 英語(上級)

    2012

  41. 英語(上級)

    2012

  42. 英語(上級)

    2012

  43. 特別セミナー(ライディング)

    2012

  44. 英語(コミュニケーション)

    2011

  45. 英語(上級)

    2011

  46. 特別英語セミナー(プレゼンテーション)1

    2011

  47. 英語(中級)

    2011

  48. 特別英語セミナー(プレゼンテーション)1

    2011

  49. 英語(コミュニケーション)

    2011

  50. 英語(上級)

    2011

  51. 英語(コミュニケーション)

    2011

  52. 英語(上級)

    2011

  53. 特別英語セミナー(プレゼンテーション)2

    2011

  54. 特別英語セミナー(リーディング)2

    2011

▼全件表示

 

社会貢献活動 1

  1. Laughter, why it's more than just the best medicine

    役割:司会, 講師

    2017年5月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般

    種別:講演会