2024/05/09 更新

写真a

モリセ マサヒロ
森瀬 昌宏
MORISE Masahiro
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 病態内科学 講師
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
講師
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2010年9月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 3

  1. 化学療法に関する支持療法

  2. 悪性胸膜中皮腫

  3. 肺癌

経歴 1

  1. 名古屋大学   医学部附属病院   卒後臨床研修・キャリア形成支援センター 副センター長

    2017年2月 - 2019年3月

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科

    - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 岐阜大学   医学部

    - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. European Society for Medical Oncology

  2. International Association for The Study Of Lung Cancer

  3. 日本臨床腫瘍学会

  4. 日本呼吸器学会

  5. 日本肺癌学会

  6. 日本内科学会

▼全件表示

委員歴 3

  1. 日本肺癌学会 ガイドライン検討委員会   薬物療法小委員会 委員  

    2016年12月 - 現在   

  2. 日本肺癌学会 肺癌登録合同委員会   悪性胸膜中皮腫登録事業 委員  

    2016年 - 現在   

  3. 日本肺癌学会 ガイドライン検討委員会   薬物療法および集学的治療小委員会協力委員  

    2014年4月 - 2016年12月   

 

論文 91

  1. Efficacy and safety of second-line therapy of docetaxel plus ramucirumab after first-line platinum-based chemotherapy plus immune checkpoint inhibitors in non-small cell lung cancer (SCORPION): a multicenter, open-label, single-arm, phase 2 trial 招待有り 査読有り 国際誌

    Matsuzawa, R; Morise, M; Ito, K; Hataji, O; Takahashi, K; Koyama, J; Kuwatsuka, Y; Imaizumi, K; Goto, Y; Itani, H; Yamaguchi, T; Zenke, Y; Oki, M; Ishii, M

    ECLINICALMEDICINE   66 巻   頁: 102303   2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.eclinm.2023.102303

    Web of Science

    PubMed

  2. Atezolizumab for First-Line Treatment of PD-L1-Selected Patients with NSCLC 査読有り 国際共著 国際誌

    Herbst Roy S., Giaccone Giuseppe, de Marinis Filippo, Reinmuth Niels, Vergnenegre Alain, Barrios Carlos H., Morise Masahiro, Felip Enriqueta, Andric Zoran, Geater Sarayut, Ozguroglu Mustafa, Zou Wei, Sandler Alan, Enquist Ida, Komatsubara Kimberly, Deng Yu, Kuriki Hiroshi, Wen Xiaohui, McCleland Mark, Mocci Simonetta, Jassem Jacek, Spigel David R.

    NEW ENGLAND JOURNAL OF MEDICINE   383 巻 ( 14 ) 頁: 1328 - 1339   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1056/NEJMoa1917346

    Web of Science

  3. Long-term experience with tepotinib in Japanese patients with <i>MET</i> exon 14 skipping NSCLC from the Phase II VISION study 査読有り 国際共著 国際誌

    Morise, M; Kato, T; Matsumoto, S; Inoue, T; Sakamoto, T; Tokito, T; Atagi, S; Kozuki, T; Takeoka, H; Chikamori, K; Shinagawa, N; Tanaka, H; Horii, E; Adrian, S; Bruns, R; Johne, A; Paik, PK; Sakai, H

    CANCER SCIENCE   115 巻 ( 4 ) 頁: 1296 - 1305   2024年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.16107

    Web of Science

    PubMed

  4. A multicenter cohort study of osimertinib compared with afatinib as first-line treatment for EGFR-mutated non-small-cell lung cancer from practical dataset: CJLSG1903 査読有り 国際誌

    Ito, K; Morise, M; Wakuda, K; Hataji, O; Shimokawaji, T; Takahashi, K; Furuya, N; Takeyama, Y; Goto, Y; Abe, T; Kato, T; Ozone, S; Ikeda, S; Kogure, Y; Yokoyama, T; Kimura, M; Yoshioka, H; Murotani, K; Kondo, M; Saka, H

    ESMO OPEN   6 巻 ( 3 ) 頁: 100115   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.esmoop.2021.100115

    Web of Science

    PubMed

  5. Non-invasive early prediction of immune checkpoint inhibitor efficacy in non-small-cell lung cancer patients using on-treatment serum CRP and NLR 査読有り 国際誌

    Matsuzawa, R; Morise, M; Kinoshita, F; Tanaka, I; Koyama, J; Kimura, T; Kondoh, Y; Tanaka, T; Shima, K; Hase, T; Wakahara, K; Ishii, M; Hashimoto, N

    JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY   149 巻 ( 7 ) 頁: 3885 - 3893   2023年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00432-022-04300-x

    Web of Science

    PubMed

  6. Clinicopathological significance of cancer stem-like cell markers in high-grade neuroendocrine carcinoma of the lung 査読有り

    Morise M, Hishida T, Takahashi A, Yoshida J, Ohe Y, Nagai K, Ishii G

    Journal of cancer research and clinical oncology     頁: 2015 May 12. [Epub ahead of print]   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00432-015-1985-3

  7. Randomized, Double-Blind, Phase III Study of Fosnetupitant Versus Fosaprepitant for Prevention of Highly Emetogenic Chemotherapy-Induced Nausea and Vomiting: CONSOLE 査読有り 国際誌

    Hata, A; Okamoto, I; Inui, N; Okada, M; Morise, M; Akiyoshi, K; Takeda, M; Watanabe, Y; Sugawara, S; Shinagawa, N; Kubota, K; Saeki, T; Tamura, T

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   40 巻 ( 2 ) 頁: 180 - +   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1200/JCO.21.01315

    Web of Science

    PubMed

  8. Updated Overall Survival Analysis From IMpower110: Atezolizumab Versus Platinum-Based Chemotherapy in Treatment-Naive Programmed Death-Ligand 1-Selected NSCLC 査読有り 国際共著 国際誌

    Jassem, J; de Marinis, F; Giaccone, G; Vergnenegre, A; Barrios, CH; Morise, M; Felip, E; Oprean, C; Kim, YC; Andric, Z; Mocci, S; Enquist, I; Komatsubara, K; McCleland, M; Kuriki, H; Villalobos, M; Phan, S; Spigel, DR; Herbst, RS

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   16 巻 ( 11 ) 頁: 1872 - 1882   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtho.2021.06.019

    Web of Science

    PubMed

  9. Therapeutic Priority of the PI3K/AKT/mTOR Pathway in Small Cell Lung Cancers as Revealed by a Comprehensive Genomic Analysis 査読有り

      9 巻 ( 9 ) 頁: 1324-31   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Phase II study of erlotinib for previously treated patients with EGFR wild-type non-small-cell lung cancer, following EGFR mutation status reevaluation with the Scorpion Amplified Refractory Mutation System. 査読有り 国際誌

    Morise M, Taniguchi H, Saka H, Shindoh J, Suzuki R, Kojima E, Hase T, Ando M, Kondo M, Saito H, Hasegawa Y

    Molecular and clinical oncology   2 巻 ( 6 ) 頁: 991 - 996   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/mco.2014.354

    PubMed

  11. Nongenomic Effects of Fluticasone Propionate and Budesonide on Human Airway Anion Secretion 査読有り 国際誌

    Mizutani, T; Morise, M; Ito, Y; Hibino, Y; Matsuno, T; Ito, S; Hashimoto, N; Sato, M; Kondo, M; Imaizumi, K; Hasegawa, Y

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY CELL AND MOLECULAR BIOLOGY   47 巻 ( 5 ) 頁: 645 - 651   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1165/rcmb.2012-0076OC

    Web of Science

    PubMed

  12. Capsaicinoids Regulate Airway Anion Transporters through Rho Kinase- and Cyclic AMP-Dependent Mechanisms 査読有り 国際誌

    Hibino, Y; Morise, M; Ito, Y; Mizutani, T; Matsuno, T; Ito, S; Hashimoto, N; Sato, M; Kondo, M; Imaizumi, K; Hasegawa, Y

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY CELL AND MOLECULAR BIOLOGY   45 巻 ( 4 ) 頁: 684 - 691   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1165/rcmb.2010-0332OC

    Web of Science

    PubMed

  13. Heterologous regulation of anion transporters by menthol in human airway epithelial cells 査読有り 国際誌

    Morise, M; Ito, Y; Matsuno, T; Hibino, Y; Mizutani, T; Ito, S; Hashimoto, N; Kondo, M; Imaizumi, K; Hasegawa, Y

    EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY   635 巻 ( 1-3 ) 頁: 204 - 211   2010年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejphar.2010.03.032

    Web of Science

    PubMed

  14. BRAFV600E Promotes Anchorage-Independent Growth but Inhibits Anchorage-Dependent Growth in hTERT / Cdk4-Immortalized Normal Human Bronchial Epithelial Cells. 査読有り 国際共著 国際誌

    Muraki N, Kawabe N, Ohashi A, Umeda K, Katsuda M, Tomatsu A, Yoshida M, Komeda K, Minna JD, Tanaka I, Morise M, Matsushima M, Matsui Y, Kawabe T, Sato M

    Experimental cell research     頁: 114057   2024年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.yexcr.2024.114057

    PubMed

  15. Efficacy and safety of tepotinib in Asian patients with advanced NSCLC with <i>MET</i> exon 14 skipping enrolled in VISION 査読有り 国際共著 国際誌

    Kato, T; Yang, JCH; Ahn, MJ; Sakai, H; Morise, M; Chen, YM; Han, JY; Yang, JJ; Zhao, J; Hsia, TC; Berghoff, K; Bruns, R; Vioix, H; Lang, S; Johne, A; Le, XN; Paik, PK

    BRITISH JOURNAL OF CANCER     2024年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41416-024-02615-9

    Web of Science

    PubMed

  16. Rapidly progressive interstitial lung disease with positive anti-MDA5 antibody as an immune-related complication of nivolumab: A case report 査読有り 国際誌

    Kato, S; Sakamoto, K; Sato, T; Kobayashi, T; Shindo, Y; Morise, M; Iwama, S; Arima, H; Ishii, M

    RESPIRATORY INVESTIGATION   62 巻 ( 2 ) 頁: 313 - 316   2024年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.resinv.2024.01.009

    Web of Science

    PubMed

  17. Real-time ultrasound-guided thoracentesis simulation using an optical see-through head-mounted display: a proof-of-concept study 査読有り 国際誌

    Okachi, S; Matsui, T; Sakurai, M; Ito, T; Morise, M; Imaizumi, K; Ishii, M; Fujiwara, M

    JOURNAL OF ULTRASONOGRAPHY   24 巻 ( 96 ) 頁: 20240012   2024年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15557/jou.2024.0012

    Web of Science

    PubMed

  18. Nationwide prospective registry database of patients with newly diagnosed untreated pleural mesothelioma in Japan 査読有り 国際誌

    Hasegawa, S; Shintani, Y; Takuwa, T; Aoe, K; Kato, K; Fujimoto, N; Hida, Y; Morise, M; Moriya, Y; Morohoshi, T; Suzuki, H; Chida, M; Endo, S; Kadokura, M; Okumura, M; Hattori, S; Date, H; Yoshino, I

    CANCER SCIENCE   115 巻 ( 2 ) 頁: 507 - 528   2024年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.16021

    Web of Science

    PubMed

  19. Effectiveness of crizotinib in patients with ROS1-positive non-small-cell lung cancer: real-world evidence in Japan. 査読有り 国際誌

    Nogami N, Nakamura A, Shiraiwa N, Kikkawa H, Emir B, Wiltshire R, Morise M

    Future oncology (London, England)   19 巻 ( 37 ) 頁: 2453 - 2463   2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2217/fon-2023-0109

    PubMed

  20. Pooled Analysis of Studies Evaluating Fosnetupitant and Risk Factors for Cisplatin-Induced Nausea and Vomiting During the Extended Overall Phase 査読有り 国際誌

    Inui, N; Toi, Y; Yoneshima, Y; Morise, M; Hata, A; Kubota, K; Saeki, T; Tamura, T

    ADVANCES IN THERAPY   40 巻 ( 11 ) 頁: 4928 - 4944   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12325-023-02648-1

    Web of Science

    PubMed

  21. The Application of Mixed Reality in Bronchoscopy Simulation Training: A Feasibility Study 査読有り 国際誌

    Okachi, S; Sakurai, M; Matsui, T; Ito, T; Matsuzawa, R; Morise, M; Wakahara, K; Ishii, M; Fujiwara, M

    SURGICAL INNOVATION   30 巻 ( 5 ) 頁: 685 - 686   2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/15533506231160201

    Web of Science

    PubMed

  22. 縦隔リンパ節腫大を呈するラテックスアレルギー患者に対してバルーン非使用下にEBUS-TBNAを施行し確定診断が得られた2例 査読有り 国際誌

    松澤 令子, 伊藤 貴康, 今泉 和良, 石井 あずさ, 伊藤 克樹, 二村 圭祐, 岡地 祥太郎, 森瀬 昌宏, 若原 恵子, 石井 誠

    気管支学   45 巻 ( 5 ) 頁: 339 - 344   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会  

    <p><b>背景.</b>超音波気管支鏡ガイド下針生検(EBUS-TBNA)の際,バルーン非使用下で穿刺可能な病変についての報告は少ない.<b>症例1.</b>70代,女性.ゴム手袋にアレルギーあり.ぶどう膜炎の精査中に多発リンパ節(#4R,#7)腫大を指摘された.<b>症例2.</b>40代,男性.ゴム手袋にアレルギーあり.肺腺癌の術後経過観察目的に撮像したCTで縦隔リンパ節(#7)の腫大を指摘された.<b>結果.</b>症例1,2ともに,バルーン非使用下に腫大した縦隔リンパ節に対してEBUS-TBNAを施行した.症例1は#7が短径10 mm,#4Rが短径15 mm,症例2は#7が短径17 mmと腫大しておりバルーン非使用下でも十分に病変の描出・穿刺が可能であった.症例1はサルコイドーシス,症例2は肺腺癌術後再発と診断した.<b>結論.</b>バルーン非使用下にEBUS-TBNAを行う際,標的病変の穿刺難易度を検査前に評価しアプローチが比較的容易と考えられる病変を選択するなど十分に準備した上で検査に望むことが重要である.</p>

    DOI: 10.18907/jjsre.45.5_339

    CiNii Research

  23. Silencing of <i>GRHL2</i> induces epithelial-to-mesenchymal transition in lung cancer cell lines with different effects on proliferation and clonogenic growth 査読有り 国際共著 国際誌

    Kawabe, N; Matsuoka, K; Komeda, K; Muraki, N; Takaba, M; Togami, Y; Ito, Y; Yamada, M; Sunaga, N; Girard, L; Minna, JD; Cai, L; Xie, Y; Tanaka, I; Morise, M; Sato, M

    ONCOLOGY LETTERS   26 巻 ( 3 ) 頁: 391   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2023.13977

    Web of Science

    PubMed

  24. Metabolic barriers in non-small cell lung cancer with <i>LKB1</i> and/or <i>KEAP1</i> mutations for immunotherapeutic strategies 査読有り 国際誌

    Tanaka, I; Koyama, J; Itoigawa, H; Hayai, S; Morise, M

    FRONTIERS IN ONCOLOGY   13 巻   頁: 1249237   2023年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fonc.2023.1249237

    Web of Science

    PubMed

  25. EBUS-GS TBBに加えてPeriView FLEXを用いたGS-TBNAが肺放線菌症の診断に有用であった1例 査読有り

    篠原 由佳, 伊藤 貴康, 岡地 祥太郎, 下山 芳江, 福谷 衣里子, 松澤 令子, 森瀬 昌宏, 若原 恵子, 石井 誠

    気管支学   45 巻 ( 1 ) 頁: 37 - 42   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会  

    <p><b>背景.</b>肺放線菌症確定診断のためのガイドシース併用気管支腔内超音波断層法(endobronchial ultrasonography with a guide sheath:EBUS-GS)を用いた診断能は不十分である.病巣深部からの検体採取が肝要と報告されている.<b>症例.</b>52歳女性.胸部異常陰影を契機に胸部CTにて右S<sup>6</sup>に結節影を認めた.約2年間で軽度増大し,当科に紹介された.<b>結果.</b>EBUS-GSを用いて,EBUSでwithinから生検を行ったが,炎症性細胞浸潤などの非特異的所見のみであった.PeriView FLEXを用いた穿刺吸引針生検により,壊死性変化を認め,悪性所見は認めなかった.さらに生検検体の組織培養で<i>Actinomyces odontolyticus</i>を認め,肺放線菌症と診断した.抗菌薬加療で病変の改善を認めた.<b>結論.</b>肺放線菌症の診断のため,病巣深部からサンプリングを行う際,ガイドシース併用経気管支穿刺吸引針生検は有用である.</p>

    DOI: 10.18907/jjsre.45.1_37

    CiNii Research

  26. Elevated TSH Level, TgAb, and Prior Use of Ramucirumab or TKIs as Risk Factors for Thyroid Dysfunction in PD-L1 Blockade 査読有り 国際誌

    Kobayashi, T; Iwama, S; Yamagami, A; Yasuda, Y; Okuji, T; Ito, M; Zhou, X; Ando, M; Onoue, T; Miyata, T; Sugiyama, M; Hagiwara, D; Suga, H; Banno, R; Hase, T; Morise, M; Ito, T; Kikumori, T; Inoue, M; Ando, Y; Masuda, N; Kawashima, H; Hashimoto, N; Arima, H

    JOURNAL OF CLINICAL ENDOCRINOLOGY & METABOLISM   107 巻 ( 10 ) 頁: E4115 - E4123   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/clinem/dgac467

    Web of Science

    PubMed

  27. Final overall survival analysis from the phase III J-ALEX study of alectinib versus crizotinib in ALK inhibitor-naïve Japanese patients with ALK-positive non-small-cell lung cancer. 査読有り 国際誌

    Hotta K, Hida T, Nokihara H, Morise M, Kim YH, Azuma K, Seto T, Takiguchi Y, Nishio M, Yoshioka H, Kumagai T, Watanabe S, Goto K, Satouchi M, Kozuki T, Shukuya T, Nakagawa K, Mitsudomi T, Yamamoto N, Asakawa T, Yoshimoto T, Takata S, Tamura T

    ESMO open   7 巻 ( 4 ) 頁: 100527   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.esmoop.2022.100527

    PubMed

  28. Clinical efficacy of osimertinib in <i>EGFR</i>-mutant non-small cell lung cancer with distant metastasis 査読有り 国際誌

    Gen, S; Tanaka, I; Morise, M; Koyama, J; Kodama, Y; Matsui, A; Miyazawa, A; Hase, T; Hibino, Y; Yokoyama, T; Kimura, T; Yoshida, N; Sato, M; Hashimoto, N

    BMC CANCER   22 巻 ( 1 ) 頁: 654   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-022-09741-8

    Web of Science

    PubMed

  29. Exploratory Analysis Comparing Fosnetupitant Versus Fosaprepitant for Prevention of Highly Emetogenic Chemotherapy-Induced Nausea and Vomiting (CINV): A Randomized, Double-Blind, Phase 3 Study (CONSOLE) 査読有り 国際誌

    Hata, A; Shiraishi, Y; Inui, N; Okada, M; Morise, M; Akiyoshi, K; Takeda, M; Watanabe, Y; Sugawara, S; Shinagawa, N; Kubota, K; Saeki, T; Tamura, T

    ONCOLOGY AND THERAPY   10 巻 ( 1 ) 頁: 253 - 262   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s40487-022-00188-2

    Web of Science

    PubMed

  30. Resistance to mutant <i>KRAS<sub>V12</sub></i>-induced senescence in an <i>hTERT</i>/<i>Cdk4</i>-immortalized normal human bronchial epithelial cell line 査読有り 国際共著 国際誌

    Muraki, N; Yamada, M; Doki, H; Nakai, R; Komeda, K; Goto, D; Kawabe, N; Matsuoka, K; Matsushima, M; Kawabe, T; Tanaka, I; Morise, M; Shay, JWW; Minna, JDD; Sato, M

    EXPERIMENTAL CELL RESEARCH   414 巻 ( 1 ) 頁: 113053   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.yexcr.2022.113053

    Web of Science

    PubMed

  31. Increased Risk of Thyroid Dysfunction by PD-1 and CTLA-4 Blockade in Patients Without Thyroid Autoantibodies at Baseline 査読有り 国際誌

    Iwama, S; Kobayashi, T; Yasuda, Y; Okuji, T; Ito, M; Ando, M; Zhou, X; Yamagami, A; Onoue, T; Kawaguchi, Y; Miyata, T; Sugiyama, M; Takagi, H; Hagiwara, D; Suga, H; Banno, R; Hase, T; Morise, M; Wakahara, K; Yokota, K; Kato, M; Nishio, N; Tanaka, C; Miyata, K; Ogura, A; Ito, T; Sawada, T; Shimokata, T; Niimi, K; Ohka, F; Ishigami, M; Gotoh, M; Hashimoto, N; Saito, R; Kiyoi, H; Kajiyama, H; Ando, Y; Hibi, H; Sone, M; Akiyama, M; Kodera, Y; Arima, H

    JOURNAL OF CLINICAL ENDOCRINOLOGY & METABOLISM   107 巻 ( 4 ) 頁: E1620 - E1630   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/clinem/dgab829

    Web of Science

    PubMed

  32. INSIGHT 2: a Phase II study of tepotinib plus osimertinib in MET-amplified NSCLC and first-line osimertinib resistance 査読有り 国際共著 国際誌

    Smit Egbert F., Dooms Christophe, Raskin Jo, Nadal Ernest, Tho Lye M., Le Xiuning, Mazieres Julien, Hin How S., Morise Masahire, Zhu Viola W., Tan Daniel, Holmberg Kristina H., Ellers-Lenz Barbara, Adrian Svenja, Brutlach Sabine, Schumacher Karl M., Karachaliou Niki, Wu Yi-Long

    FUTURE ONCOLOGY   18 巻 ( 9 ) 頁: 1039 - 1054   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2217/fon-2021-1406

    Web of Science

  33. Weekly nanoparticle albumin-bound paclitaxel and paclitaxel for relapsed small cell lung cancer A retrospective observational study 査読有り 国際誌

    Oi, H; Matsuda, T; Kimura, T; Morise, M; Yamano, Y; Yokoyama, T; Kataoka, K; Kondoh, Y

    MEDICINE   101 巻 ( 6 ) 頁: e28863   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000028863

    Web of Science

    PubMed

  34. Trastuzumab emtansine for patients with non-small cell lung cancer positive for human epidermal growth factor<i> receptor</i> 2 exon-20 insertion mutations 査読有り 国際誌

    Iwama, E; Zenke, Y; Sugawara, S; Daga, H; Morise, M; Yanagitani, N; Sakamoto, T; Murakami, H; Kishimoto, J; Matsumoto, S; Nakanishi, Y; Goto, K; Okamoto, I

    EUROPEAN JOURNAL OF CANCER   162 巻   頁: 99 - 106   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejca.2021.11.021

    Web of Science

    PubMed

  35. Current Immunotherapeutic Strategies Targeting the PD-1/PD-L1 Axis in Non-Small Cell Lung Cancer with Oncogenic Driver Mutations 査読有り 国際誌

    Tanaka, I; Morise, M

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   23 巻 ( 1 )   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms23010245

    Web of Science

    PubMed

  36. Amelanotic Malignant Melanoma with a BRAF V600E Mutation Mimicking Primary Lung Cancer 査読有り 国際誌

    Matsuzawa, R; Morise, M; Tanaka, I; Hayai, S; Tamiya, Y; Koyama, J; Hase, T; Wakahara, K; Kim, D; Shimoyama, Y; Hashimoto, N

    INTERNAL MEDICINE   61 巻 ( 5 ) 頁: 703 - 708   2022年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.6657-20

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Research

  37. A phase I/II study of osimertinib in <i>EGFR</i> exon 20 insertion mutation-positive non-small cell lung cancer 査読有り 国際誌

    Yasuda, H; Ichihara, E; Sakakibara-Konishi, J; Zenke, Y; Takeuchi, S; Morise, M; Hotta, K; Sato, M; Matsumoto, S; Tanimoto, A; Matsuzawa, R; Kiura, K; Takashima, Y; Yano, S; Koyama, J; Fukushima, T; Hamamoto, J; Terai, H; Ikemura, S; Takemura, R; Goto, K; Soejima, K

    LUNG CANCER   162 巻   頁: 140 - 146   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2021.10.006

    Web of Science

    PubMed

  38. Is area under the curve the best parameter for carboplatin induced emetic risk stratification? 査読有り 国際誌

    Ozone, S; Ichikawa, K; Morise, M; Matsui, A; Kinoshita, F; Matsuzawa, R; Koyama, J; Tanaka, I; Hashimoto, N

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   83 巻 ( 4 ) 頁: 773 - 785   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.83.4.773

    Web of Science

    PubMed

  39. Oxytocin receptor is a promising therapeutic target of malignant mesothelioma 査読有り 国際誌

    Kodama, Y; Tanaka, I; Sato, T; Hori, K; Gen, S; Morise, M; Matsubara, D; Sato, M; Sekido, Y; Hashimoto, N

    CANCER SCIENCE   112 巻 ( 9 ) 頁: 3520 - 3532   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.15025

    Web of Science

    PubMed

  40. The current issues and future perspective of artificial intelligence for developing new treatment strategy in non-small cell lung cancer: harmonization of molecular cancer biology and artificial intelligence 査読有り 国際誌

    Tanaka, I; Furukawa, T; Morise, M

    CANCER CELL INTERNATIONAL   21 巻 ( 1 ) 頁: 454   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12935-021-02165-7

    Web of Science

    PubMed

  41. Tepotinib in patients with NSCLC harbouring <i>MET</i> exon 14 skipping: Japanese subset analysis from the Phase II VISION study 査読有り 国際誌

    Sakai, H; Morise, M; Kato, T; Matsumoto, S; Sakamoto, T; Kumagai, T; Tokito, T; Atagi, S; Kozuki, T; Tanaka, H; Chikamori, K; Shinagawa, N; Takeoka, H; Bruns, R; Straub, J; Schumacher, KM; Paik, PK

    JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   51 巻 ( 8 ) 頁: 1261 - 1268   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyab072

    Web of Science

    PubMed

  42. Bevacizumab plus cisplatin/pemetrexed then bevacizumab alone for unresectable malignant pleural mesothelioma: A Japanese safety study 査読有り 国際誌

    Nakano, T; Kuribayashi, K; Kondo, M; Morise, M; Tada, Y; Hirano, K; Hayashi, M; Tanaka, M; Hirabayashi, M

    ASIA-PACIFIC JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   17 巻 ( 3 ) 頁: 264 - 272   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ajco.13455

    Web of Science

    PubMed

  43. Phase 2 Study of YS110, a Recombinant Humanized Anti-CD26 Monoclonal Antibody, in Japanese Patients With Advanced Malignant Pleural Mesothelioma 査読有り 国際誌

    Nakagawa, K; Kijima, T; Okada, M; Morise, M; Kato, M; Hirano, K; Fujimoto, N; Takenoyama, M; Yokouchi, H; Ohe, Y; Hida, T; Aoe, K; Kishimoto, T; Hirokawa, M; Matsuki, H; Kaneko, Y; Yamada, T; Morimoto, C; Takeda, M

    JTO CLINICAL AND RESEARCH REPORTS   2 巻 ( 6 ) 頁: 100178   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtocrr.2021.100178

    Web of Science

    PubMed

  44. HISCL<sup>TM</sup> SARS-CoV-2抗体試薬の反応性評価 査読有り 国際誌

    菊地 良介, 鈴木 敦夫, 金 貞姫, 度會 理佳, 森瀬 昌宏, 齋藤 尚二, 八木 哲也, 松下 正

    医学検査   70 巻 ( 2 ) 頁: 220 - 227   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会  

    <p>新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する抗体測定試薬は,キットに使用される抗原としてSARS-CoV-2のspike protein S1 domain(S)あるいはnucleocapsid protein(N)を用いる2種類に大別されるが,各キットにおける反応性の違いについては明らかではない。今回,新たにシスメックス株式会社が開発したHISCL<sup>TM</sup> SARS-CoV-2抗体試薬について,COVID-19と診断された3症例の経時的血清サンプルを使用して反応性および抗体産生の推移についての検証を行った。症例1では来院時点(第X病日)からSタンパクを抗原としたIgM抗体(S-IgM)が陽性を示した。症例2では,第X + 1病日からS-IgMに加えNタンパクを抗原としたIgM抗体(N-IgM)およびIgG抗体(N-IgG)が陽性を示し,第X + 2病日よりSタンパクに対するIgG抗体(S-IgG)が陽性となった。症例3では第X + 12病日よりS-IgMとS-IgGが陽性を示した一方,Nタンパクに対する抗体は第X + 25病日にN-IgMが陽性を示したのみで,N-IgGは観察期間中すべて陰性であった。以上の結果より,HISCL<sup>TM</sup> SARS-CoV-2抗体試薬のうちS-IgGおよびS-IgM試薬は,感染後早い時期の抗SARS-CoV-2抗体検出に有用となる可能性が示唆された。</p>

    DOI: 10.14932/jamt.20-131

    CiNii Research

  45. Japanese Lung Cancer Society Guidelines for Stage IV NSCLC With EGFR Mutations 査読有り 国際誌

    Ninomiya, K; Teraoka, S; Zenke, Y; Kenmotsu, H; Nakamura, Y; Okuma, Y; Tamiya, A; Nosaki, K; Morise, M; Aokage, K; Oya, Y; Kozuki, T; Sakamoto, T; Tanaka, K; Tanaka, H; Tanizaki, J; Miura, S; Mizutani, H; Miyauchi, E; Yamaguchi, O; Ebi, N; Goto, Y; Sasaki, T; Daga, H; Morita, S; Yamanaka, T; Amano, S; Hasegawa, K; Imamura, CK; Suzuki, K; Nakajima, K; Nishimoto, H; Oizumi, S; Hida, T; Hotta, K; Takiguchi, Y

    JTO CLINICAL AND RESEARCH REPORTS   2 巻 ( 1 ) 頁: 100107   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtocrr.2020.100107

    Web of Science

    PubMed

  46. Phase 1/2 study of alectinib in RET-rearranged previously-treated non-small cell lung cancer (ALL-RET) 査読有り 国際誌

    Takeuchi, S; Yanagitani, N; Seto, T; Hattori, Y; Ohashi, K; Morise, M; Matsumoto, S; Yoh, K; Goto, K; Nishio, M; Takahara, S; Kawakami, T; Imai, Y; Yoshimura, K; Tanimoto, A; Nishiyama, A; Murayama, T; Yano, S

    TRANSLATIONAL LUNG CANCER RESEARCH   10 巻 ( 1 ) 頁: 314 - 325   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21037/tlcr-20-549

    Web of Science

    PubMed

  47. Efficacies of programmed cell death 1 ligand 1 blockade in non-small cell lung cancer patients with acquired resistance to prior programmed cell death 1 inhibitor and development of diabetic ketoacidosis caused by two different etiologies: a retrospective case series 国際誌

    Ishi, A; Tanaka, I; Iwama, S; Sakakibara, T; Mastui, T; Kobayashi, T; Hase, T; Morise, M; Sato, M; Arima, H; Hashimoto, N

    ENDOCRINE JOURNAL   68 巻 ( 5 ) 頁: 613 - 620   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本内分泌学会  

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ20-0769

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Research

  48. 新型コロナウイルス感染症に対するSARS-CoV-2抗体検査試薬の検討―抗原種の違いによる特性と抗体アイソタイプの関連― 査読有り 国際誌

    金 貞姫, 菊地 良介, 鈴木 敦夫, 度會 理佳, 横山 覚, 森瀬 昌宏, 八木 哲也, 松下 正

    医学検査   69 巻 ( 4 ) 頁: 554 - 561   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会  

    <p>新型コロナウイルス感染症に対する抗体検査試薬は,SARS-CoV-2のnucleocapsid protein(N)あるいはspike protein S1 domain(S)を抗原として用いた2種類に大別される。本研究では,抗SARS-CoV-2抗体検査について,5社7種類のイムノクロマト法キットと3社4種類の自動分析装置用試薬による比較検討を行った。対象のイムノクロマト法キットとして,Kurabo社,RayBiotech社,Innovita Biological Technology社,LumiQuick Diagnostics社およびLepu Medical Technology社のキットを使用した。自動分析装置用試薬はAbbot社,Roche Diagnostics社,Ortho-Clinical Diagnostics社の測定試薬を用いた。対象試料には,COVID-19と診断された患者2例の検査後残血清を使用した。その結果,N 蛋白を抗原とした抗SARS-CoV-2抗体検査試薬ではIgG抗体はIgM抗体に比して早期に陽性を示し,S 蛋白を抗原とした抗SARS-CoV-2抗体検査試薬はIgM,IgG抗体両方が感染早期より検出可能であった。以上より,COVID-19のスクリーニング検査としてはS蛋白を標的とした抗SARS-CoV-2抗体検査試薬が有用である可能性が示唆された。</p>

    DOI: 10.14932/jamt.20-71

    CiNii Research

  49. Lorlatinib in previously treated anaplastic lymphoma kinase-rearranged non-small cell lung cancer: Japanese subgroup analysis of a global study 査読有り 国際共著 国際誌

    Seto, T; Hayashi, H; Satouchi, M; Goto, Y; Niho, S; Nogami, N; Hida, T; Takahashi, T; Sakakibara-Konishi, J; Morise, M; Nagasawa, T; Suzuki, M; Ohkura, M; Fukuhara, K; Thurm, H; Peltz, G; Nishio, M

    CANCER SCIENCE   111 巻 ( 10 ) 頁: 3726 - 3738   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14576

    Web of Science

    PubMed

  50. Clinical burden of immune checkpoint inhibitor-induced pneumonitis 査読有り 国際誌

    Sakamoto, K; Fukihara, J; Morise, M; Hashimoto, N

    RESPIRATORY INVESTIGATION   58 巻 ( 5 ) 頁: 305 - 319   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.resinv.2020.05.008

    Web of Science

    PubMed

  51. Primary Prophylaxis Indication for Docetaxel Induced Febrile Neutropenia in Elderly Patients with Non-Small Cell Lung Cancer 査読有り 国際誌

    Matsui, A; Morise, M; Tanaka, I; Ozone, S; Matsuzawa, R; Koyama, J; Hase, T; Hashimoto, N; Sato, M; Hasegawa, Y

    CANCER INVESTIGATION   38 巻 ( 7 ) 頁: 424 - 430   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/07357907.2020.1793350

    Web of Science

    PubMed

  52. Potential Benefits of Bevacizumab Combined With Platinum-Based Chemotherapy in Advanced Non-Small-Cell Lung Cancer Patients With <i>EGFR</i> Mutation 査読有り 国際誌

    Tanaka, I; Morise, M; Miyazawa, A; Kodama, Y; Tamiya, Y; Gen, S; Matsui, A; Hase, T; Hashimoto, N; Sato, M; Hasegawa, Y

    CLINICAL LUNG CANCER   21 巻 ( 3 ) 頁: 273 - +   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cllc.2020.01.011

    Web of Science

    PubMed

  53. Reply to "Prognostic Impact and Risk Factors of Immune-Related Pneumonitis in Patients With NoneSmall-Cell Lung Cancer Who Received Programmed Death-1 Inhibitors" 査読有り 国際誌

    Fukihara, J; Sakamoto, K; Koyama, J; Ito, T; Iwano, S; Morise, M; Ogawa, M; Kondoh, Y; Kimura, T; Hashimoto, N; Hasegawa, Y

    CLINICAL LUNG CANCER   21 巻 ( 3 ) 頁: E205 - E205   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cllc.2019.11.013

    Web of Science

    PubMed

  54. <i>UHRF1</i>, a Regulator of Methylation, as a Diagnostic and Prognostic Marker for Lung Cancer 査読有り 国際誌

    Goto, D; Komeda, K; Uwatoko, N; Nakashima, M; Koike, M; Kawai, K; Kodama, Y; Miyazawa, A; Tanaka, I; Hase, T; Morise, M; Hasegawa, Y; Kawabe, T; Sato, M

    CANCER INVESTIGATION   38 巻 ( 4 ) 頁: 240 - 249   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/07357907.2020.1747483

    Web of Science

    PubMed

  55. Phase II, open-label, multicenter trial of crizotinib in Japanese patients with advanced non-small cell lung cancer harboring a MET gene alteration: Co-MET study 査読有り 国際誌

    Shimokawa, M; Nosaki, K; Seto, T; Ohashi, K; Morise, M; Horinouchi, H; Sakakibara, J; Murakami, H; Yano, S; Satouchi, M; Matsumoto, S; Goto, K; Yoh, K

    TRIALS   21 巻 ( 1 ) 頁: 298   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13063-020-4221-7

    Web of Science

    PubMed

  56. Anti-thyroid antibodies and thyroid echo pattern at baseline as risk factors for thyroid dysfunction induced by anti-programmed cell death-1 antibodies: a prospective study 査読有り 国際誌

    Okada Norio, Iwama Shintaro, Okuji Takayuki, Kobayashi Tomoko, Yasuda Yoshinori, Wada Eri, Onoue Takeshi, Goto Motomitsu, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Kanda Mitsuro, Yokota Kenji, Hashimoto Naozumi, Ando Masahiko, Fujimoto Yasushi, Nagino Masato, Kodera Yasuhiro, Fujishiro Mitsuhiro, Hibi Hideharu, Sone Michihiko, Kiyoi Hitoshi, Gotoh Momokazu, Ando Yuichi, Akiyama Masashi, Hasegawa Yoshinori, Arima Hiroshi

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   122 巻 ( 6 ) 頁: 771 - 777   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41416-020-0736-7

    Web of Science

  57. Risk factors for pulmonary infection after diagnostic bronchoscopy in patients with lung cancer 査読有り 国際誌

    Shimizu, T; Okachi, S; Imai, N; Hase, T; Morise, M; Hashimoto, N; Sato, M; Hasegawa, Y

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 1 ) 頁: 69 - 77   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.82.1.69

    Web of Science

    PubMed

  58. Final progression-free survival results from the J-ALEX study of alectinib versus crizotinib in <i>ALK</i>-positive non-small-cell lung cancer 査読有り 国際誌

    Nakagawa, K; Hida, T; Nokihara, H; Morise, M; Azuma, K; Kim, YH; Seto, T; Takiguchi, Y; Nishio, M; Yoshioka, H; Kumagai, T; Hotta, K; Watanabe, S; Goto, K; Satouchi, M; Kozuki, T; Koyama, R; Mitsudomi, T; Yamamoto, N; Asakawa, T; Hayashi, M; Hasegawa, W; Tamura, T

    LUNG CANCER   139 巻   頁: 195 - 199   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2019.11.025

    Web of Science

    PubMed

  59. Pituitary dysfunction induced by immune checkpoint inhibitors is associated with better overall survival in both malignant melanoma and non-small cell lung carcinoma: a prospective study 査読有り 国際誌

    Kobayashi, T; Iwama, S; Yasuda, Y; Okada, N; Okuji, T; Ito, M; Onoue, T; Goto, M; Sugiyama, M; Tsunekawa, T; Takagi, H; Hagiwara, D; Ito, Y; Suga, H; Banno, R; Yokota, K; Hase, T; Morise, M; Hashimoto, N; Ando, M; Fujimoto, Y; Hibi, H; Sone, M; Ando, Y; Akiyama, M; Hasegawa, Y; Arima, H

    JOURNAL FOR IMMUNOTHERAPY OF CANCER   8 巻 ( 2 )   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/jitc-2020-000779

    Web of Science

    PubMed

  60. Multicenter, placebo-controlled, double-blind, randomized study of fosnetupitant in combination with palonosetron for the prevention of chemotherapy-induced nausea and vomiting in patients receiving highly emetogenic chemotherapy 査読有り 国際誌

    Sugawara, S; Inui, N; Kanehara, M; Morise, M; Yoshimori, K; Kumagai, T; Fukui, T; Minato, K; Iwashima, A; Takeda, Y; Kubota, K; Saeki, T; Tamura, T

    CANCER   125 巻 ( 22 ) 頁: 4076 - 4083   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cncr.32429

    Web of Science

    PubMed

  61. Prognostic Impact and Risk Factors of Immune-Related Pneumonitis in Patients With Non-Small-Cell Lung Cancer Who Received Programmed Death 1 Inhibitors 査読有り 国際誌

    Fukihara, J; Sakamoto, K; Koyama, J; Ito, T; Iwano, S; Morise, M; Ogawa, M; Kondoh, Y; Kimura, T; Hashimoto, N; Hasegawa, Y

    CLINICAL LUNG CANCER   20 巻 ( 6 ) 頁: 442 - +   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cllc.2019.07.006

    Web of Science

    PubMed

  62. UHRF1 as a Potential Therapeutic Target for KRAS Mutated Non-Small Cell Lung Cancer 査読有り 国際誌

    Goto, D; Kizuki, M; Uwatoko, N; Kawai, K; Koike, M; Nakashima, M; Miyazawa, A; Tanaka, I; Hase, T; Morise, M; Hasegawa, Y; Minna, J; Sato, M

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   14 巻 ( 10 ) 頁: S692 - S692   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtho.2019.08.1470

    Web of Science

  63. The Japanese Lung Cancer Society Guideline for non-small cell lung cancer, stage IV 査読有り 国際誌

    Akamatsu, H; Ninomiya, K; Kenmotsu, H; Morise, M; Daga, H; Goto, Y; Kozuki, T; Miura, S; Sasaki, T; Tamiya, A; Teraoka, S; Tsubata, Y; Yoshioka, H; Hattori, Y; Imamura, CK; Katsuya, Y; Matsui, R; Minegishi, Y; Mizugaki, H; Nosaki, K; Okuma, Y; Sakamoto, S; Sone, T; Tanaka, K; Umemura, S; Yamanaka, T; Amano, S; Hasegawa, K; Morita, S; Nakajima, K; Maemondo, M; Seto, T; Yamamoto, N

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   24 巻 ( 7 ) 頁: 731 - 770   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-019-01431-z

    Web of Science

    PubMed

  64. Phase II study of crizotinib in Japanese patients with advanced non-small cell lung cancer harboring a MET gene alteration: Co-MET study 査読有り 国際誌

    Shimokawa, M; Nosaki, K; Seto, T; Ohashi, K; Morise, M; Fujiwara, Y; Sakakibara, J; Murakami, H; Yano, S; Satouchi, M; Matsumoto, S; Goto, K; Yoh, K

    ANNALS OF ONCOLOGY   30 巻   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  65. Potential for afatinib as an optimal treatment for advanced non-small cell lung carcinoma in patients with uncommon <i>EGFR</i> mutations 査読有り 国際誌

    Tanaka, I; Morise, M; Kodama, Y; Matsui, A; Ozawa, N; Ozone, S; Goto, D; Miyazawa, A; Hase, T; Hashimoto, N; Sato, M; Hasegawa, Y

    LUNG CANCER   127 巻   頁: 169 - 171   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2018.11.018

    Web of Science

    PubMed

  66. The Subunit eIF2 ß of Translation- Initiation Factor EIF2 Is a Potential Therapeutic Target for Non-Small Cell Lung Cancer 査読有り 国際誌

    Sato, M; Tanaka, I; Goto, D; Kato, T; Kakumu, T; Miyazawa, A; Yogo, N; Hase, T; Morise, M; Sekido, Y; Kondo, M; Hasegawa, Y

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 1181 - 1181   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  67. <i>eIF2</i>β, a subunit of translation-initiation factor EIF2, is a potential therapeutic target for non-small cell lung cancer 査読有り 国際共著 国際誌

    Tanaka, I; Sato, M; Kato, T; Goto, D; Kakumu, T; Miyazawa, A; Yogo, N; Hase, T; Morise, M; Sekido, Y; Girard, L; Minna, JD; Byers, LA; Heymach, JV; Coombes, KR; Kondo, M; Hasegawa, Y

    CANCER SCIENCE   109 巻 ( 6 ) 頁: 1843 - 1852   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.13602

    Web of Science

    PubMed

  68. Safety and efficacy of diagnostic flexible bronchoscopy in very old patients with lung cancer 査読有り 国際誌

    Okachi, S; Imaizumi, K; Imai, N; Shimizu, T; Hase, T; Morise, M; Hashimoto, N; Sato, M; Hasegawa, Y

    EUROPEAN GERIATRIC MEDICINE   9 巻 ( 2 ) 頁: 255 - 262   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s41999-018-0033-7

    Web of Science

    PubMed

  69. Patients With Antithyroid Antibodies Are Prone To Develop Destructive Thyroiditis by Nivolumab: A Prospective Study. 査読有り 国際誌

    Kobayashi T, Iwama S, Yasuda Y, Okada N, Tsunekawa T, Onoue T, Takagi H, Hagiwara D, Ito Y, Morishita Y, Goto M, Suga H, Banno R, Yokota K, Hase T, Morise M, Hashimoto N, Ando M, Kiyoi H, Gotoh M, Ando Y, Akiyama M, Hasegawa Y, Arima H

    Journal of the Endocrine Society   2 巻 ( 3 ) 頁: 241 - 251   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/js.2017-00432

    Web of Science

    PubMed

  70. Prospective registry database of patients with malignant mesothelioma: directions for a future Japanese registry-based lung cancer study 査読有り 国際誌

    Shintani, Y; Hasegawa, S; Takuwa, T; Aoe, K; Kato, K; Fujimoto, N; Hida, Y; Morise, M; Moriya, Y; Morohoshi, T; Okumura, M; Yoshino, I

    JOURNAL OF THORACIC DISEASE   10 巻 ( 3 ) 頁: 1968 - 1971   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21037/jtd.2018.03.53

    Web of Science

    PubMed

  71. A phase II trial of Ifosfamide combination with recommended supportive therapy for recurrent SCLC in second-line and heavily treated setting 査読有り 国際誌

    Tanaka, I; Kawada, K; Morise, M; Hase, T; Hayashi, H; Sokai, A; Fukatsu, A; Kondo, M; Nomura, F; Hasegawa, Y

    CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY   81 巻 ( 2 ) 頁: 339 - 345   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cancer Chemotherapy and Pharmacology  

    DOI: 10.1007/s00280-017-3497-0

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  72. An <i>EGFR</i>-mutated Lung Adenocarcinoma Undergoing Squamous Cell Carcinoma Transformation Exhibited a Durable Response to Afatinib 査読有り 国際誌

    Sato, M; Matsui, A; Shimoyama, Y; Omote, N; Morise, M; Hase, T; Tanaka, I; Suzuki, K; Hasegawa, Y

    INTERNAL MEDICINE   57 巻 ( 23 ) 頁: 3429 - 3432   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    <p>Squamous cell carcinoma (SCC) transformation has been identified as a mechanism of resistance to first-generation epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitors (<i>EGFR</i>-TKIs), gefitinib or erlotinib, in <i>EGFR</i>-mutated lung cancer. However, whether second- or third-generation TKIs can overcome resistance due to SCC transformation remains unclear. We herein report an <i>EGFR</i>-mutated lung adenocarcinoma undergoing transformation into SCC that exhibited a durable response to afatinib, which is a second-generation irreversible <i>EGFR</i>-TKI. We suggest that afatinib can be considered as a treatment option for <i>EGFR</i>-mutated tumor undergoing SCC transformation, particularly in the absence of a <i>T790M</i> mutation. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.0999-18

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Research

  73. Risk Factor Evaluation of Programmed Death 1 Inhibitor Related Pneumonitis in Patients with Non-Small Cell Lung Cancer 査読有り 国際誌

    Fukihara, J; Sakamoto, K; Iwano, S; Morise, M; Hashimoto, N; Hasegawa, Y

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   197 巻   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  74. 12)高齢者肺癌の臨床 国際誌

    長谷川 好規, 森瀬 昌宏

    日本内科学会雑誌   106 巻 ( 9 ) 頁: 1986 - 1990   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    DOI: 10.2169/naika.106.1986

    CiNii Research

  75. Identification of proteasomal catalytic subunit PSMA6 as a therapeutic target for lung cancer 査読有り 国際共著 国際誌

    Kakumu Tomohiko, Sato Mitsuo, Goto Daiki, Kato Toshio, Yogo Naoyuki, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Fukui Takayuki, Yokoi Kohei, Sekido Yoshitaka, Girard Luc, Minna John D., Byers Lauren A., Heymach John V., Coombes Kevin R., Kondo Masashi, Hasegawa Yoshinori

    CANCER SCIENCE   108 巻 ( 4 ) 頁: 732 - 743   2017年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.13185

    Web of Science

  76. Clinicopathological Significance of Cancer Stem-Like Cell Markers in High-Grade Neuroendocrine Carcinoma of the Lung 査読有り 国際誌

    Morise, M; Hishida, T; Takahashi, A; Yoshida, J; Ohe, Y; Nagai, K; Ishii, G

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   12 巻 ( 1 ) 頁: S719 - S719   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtho.2016.11.949

    Web of Science

  77. Impact of mild to moderate COPD on feasibility and prognosis in non-small cell lung cancer patients who received chemotherapy 査読有り 国際誌

    Omote, N; Hashimoto, N; Morise, M; Sakamoto, K; Miyazaki, S; Ando, A; Nakahara, Y; Hasegawa, Y

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CHRONIC OBSTRUCTIVE PULMONARY DISEASE   12 巻   頁: 3541 - 3547   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/COPD.S149456

    Web of Science

    PubMed

  78. Can we predict the development of serious adverse events (SAEs) and early treatment termination in elderly non-small cell lung cancer (NSCLC) patients receiving platinum-based chemotherapy? 査読有り 国際誌

    Kato, T; Morise, M; Ando, M; Kojima, E; Ogasawara, T; Suzuki, R; Shindoh, J; Matsumoto, M; Sugino, Y; Ogawa, M; Nozaki, Y; Hase, T; Kondo, M; Saito, H; Hasegawa, Y

    JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY   142 巻 ( 7 ) 頁: 1629 - 1640   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00432-016-2170-z

    Web of Science

    PubMed

  79. The association of intravascular stromal cells with prognosis in high-grade neuroendocrine carcinoma of the lung 査読有り

    Sekihara K, Hishida T, Ikemura S, Saruwatari K, Morise M, Kuwata T, Fujii S, Kojima M, Ochiai A, Funai K, Aokage K, Yoshida J, Tsuboi M, Ishii G

    J Cancer Res Clin Oncol   142 巻 ( 5 ) 頁: 905-912   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Factors Affecting the Diagnostic Yield of Transbronchial Biopsy Using Endobronchial Ultrasonography with a Guide Sheath in Peripheral Lung Cancer 査読有り 国際誌

    Okachi, S; Imai, N; Imaizumi, K; Iwano, S; Ando, M; Hase, T; Aso, H; Morise, M; Wakahara, K; Ito, S; Hashimoto, N; Sato, M; Kondo, M; Hasegawa, Y

    INTERNAL MEDICINE   55 巻 ( 13 ) 頁: 1705 - 1712   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.55.6341

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Research

  81. Comparison of the expression levels of molecular markers among the peripheral area and central area of primary tumor and metastatic lymph node tumor in patients with squamous cell carcinoma of the lung 査読有り

    Udagawa H, Ishii G, Morise M, Umemura S, Matsumoto S, Yoh K, Niho S, Ohmatsu H, Tsuboi M, Goto K, Ochiai A, Ohe Y

    J Cancer Res Clin Oncol   141 巻 ( 8 ) 頁: 1417-25.   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Presence of podoplanin-positive cancer-associated fibroblasts in surgically resected primary lung adenocarcinoma predicts a shorter progression-free survival period in patients with recurrences who received platinum-based chemotherapy 査読有り

    Koriyama H, Ishii G, Yoh K, Neri S, Morise M, Umemura S, Matsumoto S, Niho S, Ohmatsu H, Tsuboi M, Goto K, Ochiai A

    J Cancer Res Clin Oncol   141 巻 ( 7 ) 頁: 1163-70   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Drastic morphological and molecular differences between lymph node micrometastatic tumors and macrometastatic tumors of lung adenocarcinoma 査読有り

    Aramaki N, Ishii G, Yamada E, Morise M, Aokage K, Kojima M, Hishida T, Yoshida J, Ikeda N, Tsuboi M, Ochiai A

      142 巻 ( 1 ) 頁: 37-46   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. 特集 環境因子と呼吸器疾患 環境因子と呼吸器悪性腫瘍 招待有り

    森瀬 昌宏, 長谷川 好規

    呼吸と循環   62 巻 ( 10 ) 頁: 963 - 968   2014年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:株式会社医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1404200014

    CiNii Research

  85. 最新がん薬物療法学 小細胞肺癌 招待有り

    森瀬昌宏, 後藤功一

    日本臨床 増刊号   72 巻 ( 2 ) 頁: 346-349   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Low-dose Irinotecan as a Second-line Chemotherapy for Recurrent Small Cell Lung Cancer 査読有り

    Morise M, Niho S, Umemura S, Matsumoto S, Yoh K, Goto K, Ohmatsu H, Ohe Y

    Jpn J Clin Oncol   44 巻 ( 9 ) 頁: 846-51   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. 特集 オンコロジーエマージェンシーと支持療法の進歩 抗がん剤による過敏反応,インフュージョンリアクション 招待有り

    森瀬昌宏, 後藤功一

    呼吸器内科   23 巻   頁: 261-267   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. 講座 肺癌化学療法の最前線 小細胞肺癌に対する化学療法 招待有り

    森瀬昌宏, 後藤功一

    呼吸   32 巻 ( 7 ) 頁: 631-637   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Dual pathway activated by tert-butyl hydroperoxide in human airway anion secretion 査読有り

    Matsuno T, Ito Y, Ohashi T, Morise M, Takeda N, Shimokata K, Imaizumi K, Kume H, Hasegawa Y

    J Pharmacol Exp Ther   327 巻 ( 2 ) 頁: 453-64   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. 肺病変を伴ったmulticentiric Castleman’s diseaseの一例 査読有り

    森瀬昌宏, 下元博史, 本多 豊大, 森 良雄

    日本呼吸器学会誌   41 巻   頁: 59-65   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. 胸壁原発悪性線維性組織球腫の1例 査読有り

    下元博史, 森瀬昌宏, 佐藤榮作, 山内晶司

    日本胸部臨床   62 巻 ( 6 ) 頁: 561 -566   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 8

  1. 肺癌診療ガイドライン 2018年版.

    日本肺癌学会ガイドライン委員会 ガイドライン委員( 担当: 共編者(共編著者))

    金原出版  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 肺癌診療ガイドライン 2017年版. IV期非小細胞肺癌薬物療法.

    日本肺癌学会ガイドライン委員会( 担当: 共編者(共編著者))

    金原出版  2017年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. EBMの手法による肺癌診療ガイドライン 2016年版

    日本肺癌学会 ガイドライン委員会( 担当: 分担執筆)

    金原出版  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 胸部X線読影セミナー 第7回 日本医事新報

    森瀬昌宏, 大松広伸, 大江裕一郎( 担当: 共著)

    日本医事新報社  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. 小細胞肺癌に用いる抗がん剤の副作用;予測と対策

    佐藤光夫, 森瀬昌宏, 長谷川好規( 担当: 共著)

    へるす出版  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. レジメン別看護速習覚え書き 肺癌

    森瀬昌宏, 大江裕一郎( 担当: 共著)

    メディカ出版  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. 症例から学ぶメディカルオンコロジー 局所進行非小細胞肺癌症例

    森瀬昌宏、長谷川好規( 担当: 単著)

    医薬ジャーナル社  2011年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. コリンズスターン 胸部画像診断エッセンシャル 9章 胸膜、胸壁、横隔膜 訳

    森瀬昌宏, 下方智也( 担当: 共著)

    西村書店  2011年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 84

  1. 非小細胞肺癌における免疫チェックポイント阻害剤と細胞障害性抗癌薬との併用 招待有り

    森瀬昌宏

    第60回日本呼吸器学会学術講演会  2020年9月  一般社団法人日本呼吸器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  2. 肺癌に対する免疫療法の近未来的展望 放射線治療との併用 招待有り

    森瀬昌宏

    第59回日本呼吸器学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  3. 小細胞肺癌をはじめとする肺神経内分泌腫瘍に対する治療~肺癌診療ガイドラインにおける治療推奨を踏まえて 招待有り

    森瀬昌宏

    第61回日本肺癌学会学術講演会  2020年11月25日  特定非営利法人 日本肺癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  4. Does the histological differentiation of NSCLC affect the efficacy of immune checkpoint inhibitors?

    Masahiro Morise, Sho Hori, Reiko Matsuzawa, Junji Koyama, Sachiko Ozone, Ichidai Tanaka, Tetsunari Hase, Koji Sakamoto, Shuichi Asano, Yasuhiro Kondoh, Naozumi Hashimoto

    2020年11月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  5. The indication of primary prevention for febrile neutropenia (FN) in elderly NSCLC patients treated with docetaxel. 国際会議

    Morise M, Kondo M, Hasegawa Y.

    2016 the Japanese Society of Medical Oncology Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  6. The efficacy and safety of re-challenge platinum plus pemtrexed combination therapy for recurrent malignant pleural mesothelioma 国際会議

    Mariko Morishita, Masahiro Morise, Tetsunari Hase, Mitsuo Sato, Masashi Kondoh, Yoshinori Hasegawa.

    16th World Conference on Lung Cancer 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  7. Clinicopathological analysis of SRE in patients with SCLC and NSCLC 国際会議

    Morise M, Kondo M, Hasegawa Y

    Japan Society of Medical Oncology Annual meeting 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  8. The prophylactic antiemetic treatment failure in patients with lung cancer treated with CBDCA based-chemotherapy 国際会議

    Ichikawa K, Morise M, Miyazaki M, Hase T, Kondo M, Hasegawa Y, Yamada K

    Japan Society of Medical Oncology Annual meeting 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  9. Can we predict serious adverse events (SAEs) and clarify unfit population for platinum-based chemotherapy in elderly patients (over 70 years of age) with advanced Non-small cell lung cancer (NSCLC)? (CJLSG 1203 trial) 国際会議

    Kato T, Morise M, Ando M, Kojima E, Ogasawara T, Suzuki R, Shindo J, Matsumoto M, Sugino Y, Ogawa M, Nozaki Y, Kondo M, Saito H, Hasegawa Y.

    European Society of Medical Oncology Annual meeting 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:スペイン  

  10. Clinicopathological analysis of long-term (more than 2 years) progression-free survivors treated with epidermal growth factor receptor - tyrosine kinase inhibitors (EGFR-TKIs) in patients with EGFR mutation-positive non-small cell lung cancer. 国際会議

    Masahiro Morise, Koichi Goto, Shigeki Umemura, Shingo Matsumoto, Kiyotaka Yoh, Seiji Niho, Hironobu Ohmatsu, Kanji Nagai, Yuichiro Ohe.

    15th World Conference on Lung Cancer 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストラリア連邦  

  11. Final results of EGFR mutation reanalysis and KRAS mutation screening by Scorpion ARMS method: Phase II Study of Erlotinib for EGFR wild type Non-small cell Lung Cancer Patients. Central Japan Lung Study Group (CJLSG) 0903 trial. 国際会議

    Eiichi Maruyama, Masahiro Morise, Tetsunari Hase, Hiroyuki Taniguchi, Hideo Saka, Joe Shindoh, Ryujiro Suzuki, Eiji Kojima, Kenji Ogawa, Takuya Ikeda, Yasuhiro Nozaki, Masahiko Ando, Masashi Kondo, Hiroshi Saito, Yoshinori Hasegawa.

    15th World Conference on Lung Cancer 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストラリア連邦  

  12. Phase II Study of Erlotinib for previously treated Non-small-cell Lung Cancer Patients without Epidermal Growth Factor Receptor Mutation: Central Japan Lung Study Group (CJLSG) 0903 trial 国際会議

    Masahiro Morise, Hiroyuki Taniguchi, Hideo Saka, Joe Shindoh, Ryujiro Suzuki, Eiji Kojima, Tetsunari Hase, Masashi Kondo, Hiroshi Saito, Yoshinori Hasegawa.

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストリア共和国  

  13. 高齢者非小細胞肺癌に対するプラチナ製剤併用療法に関する多施設共同後向き観察研究 (Central Japan Lung Study Group 1203試験)

    田中健太郎、森瀬昌宏、安藤昌彦、加藤俊夫、小島英嗣、小笠原智彦、鈴木隆二郎、進藤丈、松本政実、杉野安輝、野﨑裕広、小川雅弘、長谷哲成、近藤征史、斉藤博、長谷川好規

    第55回日本呼吸器学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. 再発小細胞肺癌に対しアムルビシン単剤療法を施行した患者の予後因子の検討

    森瀬昌宏, 麻生裕紀, 長谷哲成, 若原恵子, 伊藤理, 橋本直純, 佐藤光夫, 近藤征史, 長谷川好規

    第52回日本癌治療学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  15. EGFR-TKIにより2年以上の長期無増悪生存が得られるEGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺癌の臨床病理学的検討

    森瀬昌宏、後藤功一、梅村茂樹、松本慎吾、葉清隆、仁保誠治、大松広伸、永井完治、大江裕一郎

    第54回日本肺癌学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  16. Capsaicinoids regulate airway anion transporters through Rho kinase- and cAMP-dependent mechanisms

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  17. 再発小細胞肺癌に対する60mg/m2・3週投与1週休薬法によるイリノテカン単剤療法の検討 国際会議

    森瀬昌宏、仁保誠治、梅村茂樹、松本慎吾、葉清隆、後藤功一、大松広伸、大江裕一郎

    第53回日本肺癌学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山   国名:日本国  

  18. Prognostic Factors in Recurrent Small Cell Lung Carcinoma 国際会議

    Masahiro Morise, Takefumi Mizutani, Tomoyo Oguri, Naoyuki Imai, Tetsunari Hase, Yuichiro Shindo, Yoshihiro Inukai, Satoru Ito, Naozumi Hashimoto, Mitsuo Sato, Masashi Kondo, Yoshinori Hasegawa.

    Japan Society of Medical Oncology Annual meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  19. Prospective Analysis of Efficacy and Safety of Individualized Administration of Midazolam for Sedation During Bronchoscopy 国際会議

    Imaizumi K, Hashimoto I, Shindo Y, Imai N, Ogawa T, Morise M, Ito S, Hashimoto N, Sato M, Kondo M, Hasegawa Y

    CHEST 2011 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  20. ヒト気道上皮のイオン輸送体に対するmentholの細胞骨格を介した制御 国際会議

    森瀬昌宏、伊藤康、日比野佳孝、伊藤理、橋本直純、近藤征史、今泉和良、長谷川好規

    アレルギー学会総会秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  21. Efficacy in the elderly NSCLC patients in SCORPION study: Phase II study of DTX plus RAM following platinum-based chemotherapy plus ICIs 国際会議

    Yamaguchi, T; Matsuzawa, R; Morise, M; Ito, K; Hataji, O; Takahashi, K; Koyama, J; Kuwatsuka, Y; Goto, Y; Imaizumi, K; Itani, H; Zenke, Y; Oki, M; Ishii, M

    ANNALS OF ONCOLOGY  2023年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    DOI: 10.1016/j.annonc.2023.10.612

  22. Multi-center, phase II study of docetaxel (DTX) plus ramucirumab (RAM) following platinum-based chemotherapy plus ICIs in patients with NSCLC: SCORPION study 国際会議

    Matsuzawa, R; Morise, M; Ito, K; Hataji, O; Takahashi, K; Kuwatsuka, Y; Goto, Y; Imaizumi, K; Itani, H; Yamaguchi, T; Zenke, Y; Oki, M; Ishii, M

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY  2023年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  23. CLIP1-LTK: a novel target in non-small cell lung cancer 国際会議

    Izumi, H; Matsumoto, S; Mori, S; Hayashi, K; Watanabe, K; Fukuhara, T; Shibata, Y; Yoh, K; Morise, M; Toyozawa, R; Chikamori, K; Miyamoto, S; Asano, S; Shingyoji, M; Nakao, M; Azuma, K; Niho, S; Ishii, G; Kobayashi, SS; Goto, K

    ANNALS OF ONCOLOGY  2022年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    DOI: 10.1016/j.annonc.2022.05.062

  24. Tepotinib in Asian patients with advanced NSCLC with MET exon 14 (METex14) skipping. 国際共著 国際会議

    Kato, T; Yang, JCH; Ahn, MJ; Sakai, H; Morise, M; Chen, YM; Han, JY; Yang, JJ; Zhao, J; Huang, J; Berghoff, K; Bruns, R; Vioix, H; Otto, G; Le, X; Paik, PK

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY  2022年6月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  25. Study Design of SCORPION: Multi-Center, Phase II Study Following Platinum-Based Chemotherapy Plus ICIs in Patients with NSCLC 国際会議

    Matsuzawa, R; Morise, M; Ito, K; Hataji, O; Takahashi, K; Hara, T; Goto, Y; Imaizumi, K; Itani, H; Yamaguchi, T; Zenke, Y; Oki, M; Kogure, Y; Hashimoto, N

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  26. Phase II Trial of Antiemetic Oral Granisetron Plus Dexamethasone for Nausea and Vomiting Caused by Crizotinib in ALK or ROS1 Fusion-Positive NSCLC 国際会議

    Kawasumi, K; Morise, M; Kirita, K; Saeki, K; Kameoka, H; Daga, H; Miyazaki, M; Toyozawa, R; Uoi, M; Harada, M; Tamaki, S; Takeda, M; Fujiwara, K; Yamanaka, T; Goto, K

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  27. Tepotinib safety in MET exon 14 (METex14) skipping NSCLC: Updated results from the VISION trial 国際共著 国際会議

    Morise, M; Sakai, H; Veillon, R; Le, XN; Felip, E; Garassino, MC; Cortot, AB; Smit, E; Park, K; Griesinger, F; Britschgi, C; Wu, YL; Berghoff, K; Otto, G; Bruns, R; Paik, P

    ANNALS OF ONCOLOGY  2021年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1016/j.annonc.2021.05.541

  28. Weekly nab-PTX and weekly PTX for relapsed small cell lung cancer 国際会議

    Oi, H; Yamano, Y; Yokoyama, T; Matsuda, T; Morise, M; Kataoka, K; Kimura, T; Kondoh, Y

    ANNALS OF ONCOLOGY  2019年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  29. Serum CRP Decrease Has Predictive Value for LongTerm Disease Control by PD-1/ PD-L1 Inhibitors in Patients with NSCLC 国際会議

    Matsuzawa, R; Morise, M; Tanaka, I; Koyama, J; Kimura, T; Kondoh, Y; Hase, T; Sakamoto, K; Hashimoto, N; Hasegawa, Y

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    DOI: 10.1016/j.jtho.2019.08.1526

  30. A nationwide genomic screening project for small cell lung cancer in Japan (LC-SCRUM-Japan) 国際会議

    Daga, H; Umemura, S; Ohe, Y; Shiota, T; Fujita, M; Furuya, N; Tsuda, T; Morise, M; Matsumoto, S; Goto, K

    ANNALS OF ONCOLOGY  2017年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  31. Comparison of the incidence of skeletal related events (SREs) between non small cell lung cancer (NSCLC) and small cell lung cancer (SCLC) 国際会議

    Morise, M; Kondo, M; Hasegawa, Y

    ANNALS OF ONCOLOGY  2015年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  32. The Efficacy and Safety of Re-Challenge Platinum plus Pemetrexed Combination Therapy for Recurrent Malignant Pleural Mesothelioma 国際会議

    Morishita, M; Morise, M; Hase, T; Sato, M; Kondoh, M; Hasegawa, Y

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY  2015年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  33. PHASE II STUDY OF ERLOTINIB FOR PREVIOUSLY TREATED NON-SMALL CELL LUNG CANCER PATIENTS WITHOUT EPIDERMAL GROWTH FACTOR RECEPTOR MUTATION: CENTRAL JAPAN LUNG STUDY GROUP (CJLSG) 0903 TRIAL 国際会議

    Morise, M; Taniguchi, H; Saka, H; Shindoh, J; Suzuki, R; Kojima, E; Hase, T; Kondo, M; Saito, H; Hasegawa, Y

    ANNALS OF ONCOLOGY  2012年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  34. IMpower110: Interim overall survival (OS) analysis of a phase III study of atezolizumab (atezo) vs platinum-based chemotherapy (chemo) as first-line (1L) treatment (tx) in PD-L1-selected NSCLC 国際共著 国際会議

    Spigel D., de Marinis F., Giaccone G., Reinmuth N., Vergnenegre A., Barrios C. H., Morise M., Felip E., Andric Z. G., Geater S., Ozguroglu M., Mocci S., McCleland M., Enquist I., Komatsubara K. M., Deng Y., Kuriki H., Wen X., Jassem J., Herbst R. S.

    ANNALS OF ONCOLOGY  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  35. 外来肺癌治療の現状と課題 招待有り

    森瀬 昌宏

    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌  2018年10月15日  一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    DOI: 10.15032/jsrcr.28.supplement_131s-2

    CiNii Research

  36. P12-2 高齢者におけるEBUS-TBNAの検討(EBUS3,ポスター12,第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)

    岡地 祥太郎, 今井 直幸, 伊藤 亮太, 小林 大介, 木村 元宏, 村田 直彦, 深津 明日樹, 高嶋 浩司, 梶川 茂久, 丸山 英一, 麻生 裕紀, 進藤 有一郎, 青山 大輔, 森瀬 昌宏, 佐藤 光夫, 近藤 征史, 長谷川 好規, 橋本 泉, 今泉 和良

    気管支学  2012年  特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.18907/jjsre.34.special_s218_2

    CiNii Research

  37. P11-4 当院でEBUS-TBNAを施行し,偽陰性診断であった5症例の検討(EBUS2,ポスター11,第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)

    麻生 裕紀, 今井 直幸, 橋本 泉, 今泉 和良, 魚津 桜子, 田中 一大, 青山 大輔, 伊藤 亮太, 小林 大介, 村田 直彦, 高嶋 浩司, 岡地 祥太郎, 丸山 英一, 深津 明日樹, 木村 元宏, 梶川 茂久, 進藤 有一郎, 森瀬 昌宏, 犬飼 朗博, 佐藤 光夫, 近藤 征史, 長谷川 好規

    気管支学  2012年  特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.18907/jjsre.34.special_s217_1

    CiNii Research

  38. P10-5 超音波気管支鏡(EBUS-TBNA)で診断した肺過誤腫の一例(EBUS1,ポスター10,第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)

    梶川 茂久, 今井 直幸, 麻生 裕紀, 伊藤 亮太, 犬飼 朗博, 青山 大輔, 岡地 祥太郎, 木村 元宏, 小林 大介, 近藤 征史, 佐藤 光夫, 進藤 有一郎, 深津 明日樹, 丸山 英一, 村田 直彦, 森瀬 昌宏, 高嶋 浩司, 橋本 泉, 今泉 和良, 長谷川 好規

    気管支学  2012年  特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.18907/jjsre.34.special_s215_2

    CiNii Research

  39. P-346 Capsaicinoids regulate airway anion transporters through Rho kinase- and cAMP-dependent mechanisms

    日比野 佳孝, 伊藤 康, 森瀬 昌宏, 水谷 武史, 長谷川 好規

    アレルギー  2013年  一般社団法人 日本アレルギー学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.15036/arerugi.62.473_2

    CiNii Research

  40. P10-3 悪性腫瘍との鑑別を要し, EBUS-TBNA施行した縦隔内副甲状腺嚢胞の一例(EBUS1,ポスター10,第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)

    高嶋 浩司, 今井 直幸, 伊藤 亮太, 小林 大介, 村田 直彦, 深津 明日樹, 梶川 茂久, 岡地 祥太郎, 丸山 英一, 麻生 裕紀, 青山 大輔, 森瀬 昌宏, 進藤 有一郎, 橋本 泉, 犬飼 朗博, 橋本 直純, 佐藤 光夫, 近藤 征史, 今泉 和良, 長谷川 好規

    気管支学  2012年  特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.18907/jjsre.34.special_s214_3

    CiNii Research

  41. 6.EBUS-TBNAが診断に有用であった子宮頸癌肺転移の1例(第40回 日本呼吸器内視鏡学会中部支部会)

    橋本 泉, 今井 直幸, 犬飼 朗博, 岩木 舞, 下方 智也, 森瀬 昌宏, 小川 知美, 山下 良, 田中 一大, 橋本 直純, 佐藤 光夫, 近藤 征史, 今泉 和良, 長谷川 好規

    気管支学  2011年  特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.18907/jjsre.33.1_64_6

    CiNii Research

  42. Real-world evidence of crizotinib for ROS1-tested patients with non-small cell lung cancer in Japan 国際会議

    Morise, M

    ANNALS OF ONCOLOGY  2022年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1016/j.annonc.2022.05.271

  43. PREDICT1: An observational study for identifying blood biomarkers associated with clinical benefit from carboplatin and pemetrexed (CbP) treatment in patients with non-squamous (NS) non-small cell lung cancer (NSCLC) (CJLSG1201). 国際会議

    Hase, T; Yanagisawa, K; Fukatsu, A; Kimura, T; Kojima, E; Abe, T; Imaizumi, K; Horio, Y; Oguri, T; Yamamoto, M; Ogasawara, T; Sugino, Y; Morise, M; Nakatochi, M; Ando, M; Kondo, M; Saka, H; Saito, H; Hasegawa, Y; Takahashi, T

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY  2020年5月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  44. Impact of Combined Evaluation Using Tumor Volume and Metastatic Nodal Extent in Stage III NSCLC Treated with CRT 国際会議

    Tamiya, Y; Morise, M; Matsuzawa, R; Tanaka, I; Okada, T; Iwano, S; Hase, T; Hashimoto, N; Sato, M; Itoh, Y; Hasegawa, Y

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    DOI: 10.1016/j.jtho.2019.08.1972

  45. Alectinib in Previously Treated RET-Rearranged Advanced Non-Small-Cell Lung Cancer: A Phase 1/2 Trial (ALL-RET) 国際会議

    Yanagitani, N; Takeuchi, S; Murayama, T; Yoshimura, K; Imai, Y; Takahara, S; Kawakami, T; Seto, T; Hattori, Y; Ohashi, K; Morise, M; Matsumoto, S; Yoh, K; Goto, K; Nishio, M; Yano, S

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    DOI: 10.1016/j.jtho.2019.08.411

  46. Immune checkpoint inhibitor for advanced or recurrent non-small cell lung cancer patients with poor performance status 国際会議

    Koyama, J; Kimura, T; Oi, H; Yamano, Y; Yokoyama, T; Matsuda, T; Kataoka, K; Matsuzawa, R; Fukihara, J; Sakamoto, K; Morise, M; Hashimoto, N; Kondoh, Y; Hasegawa, Y

    ANNALS OF ONCOLOGY  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    DOI: 10.1093/annonc/mdz343.108

  47. A PHASE II TRIAL OF ERLOTINIB FOR PREVIOUSLY TREATED JAPANESE PATIENTS WITH ADVANCED NON-SMALL CELL LUNG CANCER HARBORING EGFR MUTATIONS: RESULTS OF THE CENTRAL JAPAN LUNG STUDY GROUP TRIAL (CJLSG0904). 国際会議

    Hase, T; Morise, M; Taniguchi, H; Shindoh, J; Kojima, E; Tanikawa, Y; Suzuki, R; Ogasawara, T; Yamada, Y; Ando, M; Kondo, M; Saito, H; Hasegawa, Y

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY  2013年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  48. PROGNOSTIC FACTORS IN RECURRENT SMALL-CELL LUNG CARCINOMA 国際会議

    Morise, M; Mizutani, T; Oguri, T; Imai, N; Hase, T; Shindo, Y; Inukai, Y; Ito, S; Hashimoto, N; Sato, M; Kondo, M; Hasegawa, Y

    ANNALS OF ONCOLOGY  2012年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  49. Activity of tepotinib in brain metastases (BM): Preclinical models and clinical data from patients (pts) with MET exon 14 (METex14) skipping NSCLC 国際共著 国際会議

    Viteri S., Mazieres J., Veillon R., Felip E., Le X., Garassino M. C., Stanton T. S., Morise M., Lee J-S., Matsumoto S., De Marinis F., Wehler T., Clark A., Friese-Hamim M., Stroh C., Bruns R., Otto G., Paik P. K.

    ANNALS OF ONCOLOGY  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  50. Alectinib in Previously Treated RET-Rearranged Advanced Non-Small-Cell Lung Cancer: A Phase 1/2 Trial (ALL-RET) 国際会議

    Yanagitani N., Takeuchi S., Murayama T., Yoshimura K., Imai Y., Takahara S., Kawakami T., Seto T., Hattori Y., Ohashi K., Morise M., Matsumoto S., Yoh K., Goto K., Nishio M., Yano S.

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  51. A nationwide genomic screening project for small cell lung cancer in Japan (LC-SCRUM-Japan) 国際会議

    Daga Haruko, Umemura Shigeki, Ohe Yuichiro, Shiota Tetsuhiro, Fujita Masaki, Furuya Naoki, Tsuda Takeshi, Morise Masahiro, Matsumoto Shingo, Goto Koichi

    ANNALS OF ONCOLOGY  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  52. Weekly nab-PTX and weekly PTX for relapsed small cell lung cancer 国際会議

    Oi H., Yamano Y., Yokoyama T., Matsuda T., Morise M., Kataoka K., Kimura T., Kondoh Y.

    ANNALS OF ONCOLOGY  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  53. UHRF1 as a Potential Therapeutic Target for KRAS Mutated Non-Small Cell Lung Cancer 国際会議

    Goto D., Kizuki M., Uwatoko N., Kawai K., Koike M., Nakashima M., Miyazawa A., Tanaka I., Hase T., Morise M., Hasegawa Y., Minna J., Sato M.

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  54. The Subunit eIF2 ss of Translation- Initiation Factor EIF2 Is a Potential Therapeutic Target for Non-Small Cell Lung Cancer 国際会議

    Sato Mitsuo, Tanaka Ichidai, Goto Daiki, Kato Toshio, Kakumu Tomohiko, Miyazawa Ayako, Yogo Naoyuki, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Sekido Yoshitaka, Kondo Masashi, Hasegawa Yoshinori

    CANCER SCIENCE  2018年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  55. Tepotinib in Patients with Advanced NSCLC with MET Exon 14 (METex14) Skipping: Overall Efficacy Results from VISION Cohort A 国際共著 国際会議

    Mazieres J., Paik P., Felip E., Veillon R., Sakai H., Cortot A., Viteri S., Garassino M., Van Meerbeeck J., Raskin J., Thomas M., Morise M., Cho B. C., Conte P., Bruns R., Demuth T., Schumacher K. M., Le X.

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY  2021年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  56. Tepotinib in patients with advanced non-small lung cancer (NSCLC) and MET exon 14-skipping mutations: Phase II data 国際共著 国際会議

    Sakai H., Felip E., Cortot A. B., Veillon R., Griesinger F., Patel J., Horn L., Mazieres J., De Castro Carpeno J., Morise M., Sakamoto T., Bruns R., Scheele J., Straub J., Paik P.

    ANNALS OF ONCOLOGY  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  57. Tepotinib in patients (pts) with advanced NSCLC with MET exon 14 (METex14) skipping: Overall efficacy results from VISION cohort A 国際共著 国際会議

    Mazieres J., Paik P. K., Felip E., Veillon R., Sakai H., Cortot A. B., Viteri S., Garassino M. C., Van Meerbeeck J. P., Raskin J., Thomas M., Morise M., Cho B. C., Conte P., Bruns R., Demuth T., Schumacher K. M., Le X.

    ANNALS OF ONCOLOGY  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  58. Tepotinib in NSCLC patients with METex14 mutations: interim results from the phase II VISION study 国際共著 国際会議

    Sakai Hiroshi, Veillon Remi, Cortot Alexis B., Felip Enriqueta, Mazieres Julien, Morise Masahiro, Sakamoto Tomohiro, Tokito Takaaki, Atagi Shinji, Kato Terufumi, Kumagai Toru, Tanaka Hiroshi, Bruns Rolf, Straub Josef, Scheele Juergen, Le Xiuning, Paik Paul K.

    ANNALS OF ONCOLOGY  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  59. Tepotinib in NSCLC patients harboring METex14 skipping: Cohort A of phase II VISION study 国際会議

    Park K., Felip E., Veillon R., Cortot A., Mazieres J., Sakai H., Reinmuth N., Viteri S., Chen Y-M., Han J-Y., Jang T-W., Morise M., Sakamoto T., Tokito T., Cho B. C., Bruns R., Scheele J., Straub J., Le X., Paik P. K.

    ANNALS OF ONCOLOGY  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  60. Tepotinib in Asian patients (pts) with advanced NSCLC with MET exon 14 (METex14) skipping 国際共著 国際会議

    Yang J. C-H., Le X., Cho B. C., Han J-Y., Morise M., Chen Y-M., Kang J-H., Kato T., Takeoka H., Chikamori K., Sakai H., Park K., Wu Y-L., Schumacher K., Bruns R., Straub J., Paik P.

    ANNALS OF ONCOLOGY  2020年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  61. Tepotinib Activity in Brain Metastases (BM): Preclinical Models and Clinical Data from MET Exon 14 (METex14) Skipping NSCLC 国際共著 国際会議

    Viteri S., Mazieres J., Veillon R., Felip E., Le X., Garassino M., Stanton T., Morise M., Lee J. -S., Matsumoto S., De Marinis F., Wehler T., Clark A., Friese-Hamim M., Stroh C., Bruns R., Otto G., Paik P.

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY  2021年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  62. Short Hydration Regimen with a Modified Dose of Magnesium Supplementation for Lung Cancer Patients Receiving Cisplatin-Based Chemotherapy 国際会議

    Hase T., Miyazaki M., Ichikawa K., Yogo N., Ozawa N., Ando M., Morise M., Sato M., Kondo M., Yamada K., Hasegawa Y.

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY  2018年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  63. Serum CRP Decrease Has Predictive Value for LongTerm Disease Control by PD-1/ PD-L1 Inhibitors in Patients with NSCLC 国際会議

    Matsuzawa R., Morise M., Tanaka I., Koyama J., Kimura T., Kondoh Y., Hase T., Sakamoto K., Hashimoto N., Hasegawa Y.

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  64. Risk Factor Evaluation of Programmed Death 1 Inhibitor Related Pneumonitis in Patients with Non-Small Cell Lung Cancer 国際会議

    Fukihara J., Sakamoto K., Iwano S., Morise M., Hashimoto N., Hasegawa Y.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  65. PREDICT1: An observational study for identifying blood biomarkers associated with clinical benefit from carboplatin and pemetrexed (CbP) treatment in patients with non-squamous (NS) non-small cell lung cancer (NSCLC) (CJLSG1201). 国際会議

    Hase Tetsunari, Yanagisawa Kiyoshi, Fukatsu Asuki, Kimura Tomoki, Kojima Eiji, Abe Takashi, Imaizumi Kazuyoshi, Horio Yoshitsugu, Oguri Tetsuya, Yamamoto Masashi, Ogasawara Tomohiko, Sugino Yasuteru, Morise Masahiro, Nakatochi Masahiro, Ando Masahiko, Kondo Masashi, Saka Hideo, Saito Hiroshi, Hasegawa Yoshinori, Takahashi Takashi

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY  2020年5月20日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  66. Phase II study of tepotinib in NSCLC patients with METex14 mutations. 国際共著 国際会議

    Paik Paul K., Veillon Remi, Cortot Alexis B., Felip Enriqueta, Sakai Hiroshi, Mazieres Julien, Griesinger Frank, Horn Leora, Senellart Helene, Van Meerbeeck Jan P., de Castro Carpeno Javier, Patel Jyoti D., Garassino Marina Chiara, Morise Masahiro, Reinmuth Niels, Viteri Santiago, Tokito Takaaki, Sakamoto Tomohiro, Scheele Juergen, Le Xiuning

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY  2019年5月20日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  67. Phase II study of gedatolisib for small-cell lung cancer (SCLC) patients (pts) with genetic alterations in PI3K/AKT/mTOR pathway based on a large-scale nationwide genomic screening network in Japan (EAGLE-PAT/LC-SCRUM-Japan). 国際会議

    Udagawa Hibiki, Ikeda Takaya, Umemura Shigeki, Daga Haruko, Toyozawa Ryo, Harada Daijiro, Sakakibara-Konishi Jun, Morise Masahiro, Yamamoto Noboru, Takahashi Toshiaki, Kato Terufumi, Shingyoji Masato, Ushio Ryota, Hara Satoshi, Takata Saori, Nomura Shogo, Matsumoto Shingo, Niho Seiji, Sato Akihiro, Goto Koichi

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY  2020年5月20日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  68. Phase II study of crizotinib in Japanese patients with advanced non-small cell lung cancer harboring a MET gene alteration: Co-MET study 国際会議

    Shimokawa M., Nosaki K., Seto T., Ohashi K., Morise M., Fujiwara Y., Sakakibara J., Murakami H., Yano S., Satouchi M., Matsumoto S., Goto K., Yoh K.

    ANNALS OF ONCOLOGY  2019年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  69. IMPOWER110: INTERIM OVERALL SURVIVAL (OS) ANALYSIS OF A PHASE III STUDY OF ATEZOLIZUMAB (ATEZO) MONOTHERAPY VS PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY (CHEMO) AS FIRST-LINE (1L) TREATMENT IN PD-L1-SELECTED NSCLC 国際共著 国際会議

    Herbst Roy, De Marinis Filippo, Giaccone Giuseppe, Reinmuth Niels, Vergnenegre Alain, Barrios Carlos, Morise Masahiro, Font Enriqueta, Andric Zoran, Geater Sarayut, Ozguroglu Mustafa, Mocci Simonetta, McCleland Mark, Enquist Ida, Komatsubara Kim, Deng Yu, Kuriki Hiroshi, Wen Xiaohui, Jassem Jacek, Spigel David

    JOURNAL FOR IMMUNOTHERAPY OF CANCER  2020年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  70. Impower110: Interim OS Analysis of a Phase III Study Of Atezolizumab (ATEZO) vs Platinum-Based Chemotherapy (Chemo) as 1L Treatment (TX) in PD-L1-Selected NSCLC 国際共著 国際会議

    Reinmuth Niels, Spigel David, De Marinis Filippo, Giaccone Giuseppe, Verynenegre Alain, Barrios Carlos Henrique, Morise Masahiro, Felip Enriqueta, Andric Zoran, Geater Sarayut, Ozgueroglur Mustafa, Mocci Simonetta, Mccleland Mark, Enquist Ida, Kotnatsubara Kim, Deng Yu, Kuriki Hiroshi, Wen Xiaohui, Jassem Jacek, Herbst Roy S.

    ONCOLOGY RESEARCH AND TREATMENT  2020年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  71. Impact Of Mild To Moderate COPD On Prognosis And Feasibility For Chemotherapy In Patients With Lung Cancer

    Omote N., Hashimoto N., Morise M., Miyazaki S., Ando A., Hasegawa Y.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  72. Impact of Combined Evaluation Using Tumor Volume and Metastatic Nodal Extent in Stage III NSCLC Treated with CRT 国際会議

    Tamiya Y., Morise M., Matsuzawa R., Tanaka I., Okada T., Iwano S., Hase T., Hashimoto N., Sato M., Itoh Y., Hasegawa Y.

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  73. Immune checkpoint inhibitor for advanced or recurrent non-small cell lung cancer patients with poor performance status 国際会議

    Koyama Junji, Kimura Tomoki, Oi Hajime, Yamano Yasuhiko, Yokoyama Toshiki, Matsuda Toshiaki, Kataoka Kensuke, Matsuzawa Reiko, Fukihara Jun, Sakamoto Koji, Morise Masahiro, Hashimoto Naozumi, Kondoh Yasuhiro, Hasegawa Yoshinori

    ANNALS OF ONCOLOGY  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  74. Identification of Proteosomal Catalytic Subunit PSMA6 as a Therapeutic Target for Lung Cancer through a Pooled shRNA Screen 国際会議

    Sato M., Kakumu T., Goto D., Kato T., Yogo N., Hase T., Morise M., Fukui T., Yokoi K., Sekido Y., Girard L., Minna J., Byers L., Heymach J., Coombes K., Kondo M., Hasegawa Y.

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  75. Final PFS analysis and safety data from the phase III J-ALEX study of alectinib (ALC) vs. crizotinib (CRZ) in ALK-inhibitor naive ALK-positive non-small cell lung cancer (ALK plus NSCLC). 国際会議

    Seto Takashi, Nishio Makoto, Hida Toyoaki, Nokihara Hiroshi, Morise Masahiro, Kim Young Hak, Azuma Koichi, Takiguchi Yuichi, Yoshioka Hiroshige, Kumagai Toru, Hotta Katsuyuki, Watanabe Satoshi, Goto Koichi, Satouchi Miyako, Kozuki Toshiyuki, Nakagawa Kazuhiko, Mitsudomi Tetsuya, Yamamoto Nobuyuki, Asakawa Takashi, Tamura Tomohide

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY  2019年5月20日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  76. eIF2 beta, A Subunit of Translation-Initiation Factor EIF2, as a Potential Therapeutic Target for Non-Small Cell Lung Cancer 国際会議

    Goto D., Tanaka I., Sato M., Kato T., Miyazawa A., Hase T., Morise M., Sekido Y., Girard L., Minna J., Byers L., Heymach J., Coombes K., Kondo M., Hasegawa Y.

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY  2018年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  77. Clinicopathological Significance of Cancer Stem-Like Cell Markers in High-Grade Neuroendocrine Carcinoma of the Lung 国際会議

    Morise Masahiro, Hishida Tomoyuki, Takahashi Akiko, Yoshida Junji, Ohe Yuichiro, Nagai Kanji, Ishii Genichiro

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY  2017年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  78. Clinical efficacy of atezolizumab (atezo) in biomarker subgroups by SP142, SP263 and 22C3 PD-L1 immunohistochemistry (IHC) assays and by blood tumour mutational burden (bTMB): Results from the IMpower110 study 国際共著 国際会議

    Herbst R. S., de Marinis F., Giaccone G., Reinmuth N., Vergnenegre A., Barrios C. H., Morise M., Felip E., Andric Z., Geater S., Ozguroglu M., Mocci S., McCleland M., Zou W., Enquist I., Komatsubara K., Deng Y., Kuriki H., Spigel D. R., Jassem J.

    ANNALS OF ONCOLOGY  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  79. Clinical efficacy of atezolizumab (atezo) in biomarker subgroups by PD-L1 immunohistochemistry (IHC) assays and blood tumour mutational burden (bTMB): IMpower110 国際共著 国際会議

    Herbst R. S., De Marinis F., Giaccone G., Stahel R., Reinmuth N., Vergnenegre A., Barrios C. H., Morise M., Felip E., Andric Z., Geater S., Ozguroglu M., Mocci S., McCleland M., Zou W., Enquist I., Komatsubara K., Deng Y., Kuriki H., Spigel D., Jassem J.

    SWISS MEDICAL WEEKLY  2020年11月18日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  80. Alectinib in Previously Treated RET-Rearranged Advanced Non-Small-Cell Lung Cancer: A Phase 1/2 Trial (ALL-RET) 国際会議

    Yanagitani N., Takeuchi S., Murayama T., Yoshimura K., Imai Y., Takahara S., Kawakami T., Seto T., Hattori Y., Ohashi K., Morise M., Matsumoto S., Yoh K., Goto K., Nishio M., Yano S.

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  81. Activity of tepotinib in brain metastases (BM): Preclinical models and clinical data from patients (pts) with MET exon 14 (METex14) skipping NSCLC 国際共著 国際会議

    Viteri S., Mazieres J., Veillon R., Felip E., Le X., Garassino M. C., Stanton T. S., Morise M., Lee J-S., Matsumoto S., De Marinis F., Wehler T., Clark A., Friese-Hamim M., Stroh C., Bruns R., Otto G., Paik P. K.

    ANNALS OF ONCOLOGY  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  82. 2.著明な気管内病変を呈したmalignant fibrous histiocytoma(MFH)肺転移の1例(第41回 日本呼吸器内視鏡学会中部支部会)

    呂 成九, 岡地 祥太郎, 今井 直幸, 橋本 泉, 長谷 哲也, 進藤 有一郎, 森瀬 昌宏, 橋本 直純, 佐藤 光夫, 近藤 征史, 今泉 和良, 長谷川 好規

    気管支学  2011年  特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.18907/jjsre.33.5_378_2

    CiNii Research

  83. 21-7-O14-08 高齢者肺癌カルボプラチン併用療法における悪心・嘔吐のリスク因子の検討(がん薬物療法(副作用対策),口頭発表,一般演題,医療薬学の進歩と未来-次の四半世紀に向けて-)

    市川 和哉, 森瀬 昌宏, 宮崎 雅之, 亀島 理沙, 長谷 哲成, 近藤 征史, 長谷川 好規, 山田 清文

    日本医療薬学会年会講演要旨集  2015年10月23日  一般社団法人 日本医療薬学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.20825/amjsphcs.25.0_209_3

    CiNii Research

  84. 6.EBUS-TBNAが診断に有用であったHodgkinリンパ腫の1例(第39回 日本呼吸器内視鏡学会中部支部会)

    飛田 理世, 小栗 知世, 森瀬 昌宏, 今井 直幸, 橋本 泉, 橋本 直純, 佐藤 光男, 近藤 征史, 今泉 和良, 長谷川 好規

    気管支学  2010年  特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.18907/jjsre.32.5_477_6

    CiNii Research

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 9

  1. プラチナ製剤と免疫チェックポイント阻害剤を含む化学療法後の非小細胞肺癌患者を対象としたドセタキセル・ラムシルマブ併用療法の第II相試験(多施設共同介入研究)(Primary Investigator; Masahiro Morise, M.D., Ph.D., Co- investigator; Reiko Matsuzawa, M.D.)

    2019年11月 - 現在

    国内共同研究 

      詳細を見る

    Eli Lilly and Company, Lilly Investigator-Initiated Research (IIR) Program

  2. 進行肺癌の血漿遊離DNAを利用したマルチ遺伝子解析法に基づく個別化医療の確立を目指した研究(AMED)

    2019年4月 - 2022年3月

    革新的がん医療実用化研究事業  

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 希少遺伝子変異を有する小細胞肺癌に対する新規治療法の確立に関する研究 (AMED)

    2019年4月 - 2020年3月

    革新的がん医療実用化研究事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. ROS1融合遺伝子陽性の進行固形がんに対する治療開発を目指した研究 (AMED)

    2018年10月 - 2021年3月

    革新的がん医療実用化研究事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. RET肺がんに対するアレクチニブの医師主導治験と耐性機構解析 (AMED)

    2018年4月 - 2020年3月

    革新的がん医療実用化研究事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 次世代シークエンサーによる網羅的がん関連遺伝子パネル解析を用いたHER2遺伝子変異陽性の進行非小細胞肺癌に対する治療開発を目指した研究 (AMED)

    2018年 - 2019年

    革新的がん医療実用化研究事業  

    岡本勇

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 悪性胸膜中皮腫に対する血管新生阻害剤の効果予測モデル構築に基づく新治療法確立に関する研究 (AMED)

    2017年9月 - 2018年3月

    革新的がん医療実用化研究事業 

    長谷川好規

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. 遺伝子スクリーニング基盤(LC-SCRUM-Japan)を利用した、MET遺伝子異常陽性の進行非小細胞肺癌に対する治療開発を目指した研究 (AMED)

    2017年4月 - 2020年3月

    革新的がん医療実用化研究事業  

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  9. 非小細胞肺癌に対するクリゾチニブ治療の予防制吐を目的とした経口グラニセトロン、デキサメサゾン併用療法の有効性・安全性を検討する第II相試験 (多施設共同介入研究)(Primary Investigator; Koichi Goto, M.D., Ph.D., Co- investigator; Masahiro Morise, M.D., Ph.D.)

    2015年1月 - 現在

    国内共同研究 

      詳細を見る

    Pfizer Investigator-Initiated Research (IIR) Program
    Primary Investigator; Koichi Goto, M.D., Ph.D.
    Co- investigator; Masahiro Morise, M.D., Ph.D.

▼全件表示

科研費 6

  1. 高齢進行肺癌患者における、VES-13ならびにMMSEの有用性に関する検討

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  2. 肺神経内分泌腫瘍に対する腫瘍血管新生を標的とした治療の低侵襲効果予測法の確立

    研究課題/研究課題番号:23K06908  2023年4月 - 2027年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    森瀬 昌宏, 菊地 良介, 木下 文恵

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    肺神経内分泌腫瘍は、神経内分泌学的特性を有する悪性腫瘍で、Vascular Endothelial Growth Factor(VEGF)-Aが新規治療標的として注目され、抗VEGF-A抗体の臨床開発が進んでいる。本研究は、肺神経内分泌腫瘍の細胞株を用いた解析をもとにAIによる機械学習アルゴリズムを活用し、VEGF-A機能解析に基づく腫瘍血管新生治療の効果予測モデルを確立し、低侵襲な臨床検査法の構築をめざす。

  3. 悪性中皮腫におけるオキシトシン受容体を標的とした新規治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:20H03689  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    田中 一大, 関戸 好孝, 森瀬 昌宏, 佐藤 光夫, 松原 大祐

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    悪性中皮腫は希少な腫瘍であるが極めて予後不良であり、新規治療法の開発が切望されている。研究代表者はこれまでの解析で、約40%の悪性中皮腫において著しく高発現している受容体に着眼し、独立した予後予測因子であることを発見した。さらにin vitro の解析で、同遺伝子をノックダウンすると、中皮腫細胞株の増殖が有意に抑制されることを見出した。これらの結果を基軸に、本研究では1)悪性中皮腫における同受容体下流の細胞内シグナル経路の解明、2)同受容体阻害剤の抗腫瘍効果の検証、3)さらに悪性中皮腫の組織検体を用いて免疫染色を施行し、同受容体を標的とした治療対象を選出するプロトコルの最適化を行う。
    2020年度の解析で、中皮腫細胞に対してレンチウィルスを用いてオキシトシン受容体をノックダウンすると、細胞周期G1期停止を誘導し、mRNAレベルでcyclin dependent kinase やAurora kinase Aなど複数の細胞周期制御因子の発現が低下していることを突き止めていた。2021年度は、オキシトシン受容体を高発現する2種類の中皮腫細胞株を用いて、同受容体をノックダウンした後に、LC-MS分析を施行し、網羅的なタンパク質の発現変動を解析した。その結果、タンパク質レベルでも複数の細胞周期制御因子の発現低下が確認され、2020年度と一致した知見が得られた。また、LC-MS分析の解析結果から、変化率が大きく細胞周期制御に関連する分子を選択し、オキシトシン刺激・同受容体をノックダウンした場合との発現変化の一致について検証を行った。さらに、選択した候補分子に対する核酸・阻害剤を用いて、中皮腫細胞株に対する増殖抑制効果を解析し、オキシトシン受容体の下流に位置する因子の絞り込みを行った。その中で、悪性中皮腫の増殖に影響し、同因子に対する阻害剤を用いた場合の抗腫瘍効果がより強い標的因子を発見した。
    また、TCGAのデータベースを用いたオキシトシン受容体の発現と予後との解析については、組織型やステージを加えた多変量解析を行い、同受容体の発現が高いほど予後が悪く、独立した予後予測因子になりうることを同定した。これらの解析結果を、日本癌学会の機関誌であるCancer Scienceに報告した(Cancer Sci . 2021 Sep;112:3520-3532.)。さらに2021年10月に、オキシトシン受容体阻害剤を用いた治療法を悪性中皮腫に対する新規の抗腫瘍療法として、特許取得のためのPCT出願を行った(出願番号:2020-180412)。
    2020年度までの解析で、悪性中皮腫細胞株に対してオキシトシン受容体をノックダウンした際の細胞増殖抑制のメカニズムについて、cyclin dependent kinase 1やAurora kinase Aなど複数の細胞周期制御因子の発現が低下に基づく細胞周期停止である可能性を突き止めていた。2021年度の解析では、オキシトシン受容体をノックダウンした後に、LC-MSを用いたプロテオーム解析・リン酸化プロテオーム解析を施行することで得た網羅的なタンパク質の発現変動解析においても、2020年度と一致した見解が得られた。悪性中皮腫において、オキシトシン-オキシトシン受容体のシグナル経路が細胞周期を制御し、腫瘍増殖に影響を及ぼしていることが確認された。また、下流シグナル分子を同定する上で、LC-MS分析を行い有望と考えられる分子を複数得たことから、当初の予定通り、オキシトシン刺激・同受容体をノックダウンした場合の発現変化が一致しているかどうかについても検証を行った。候補分子の中で、阻害剤が購入可能なものについては、中皮腫細胞株に対する増殖抑制効果についてIC-50等で検討を重ね、よりIC-50が低く有望と考えられる標的分子についても同定した。一方で、新型コロナの流行により入手不可能となった阻害剤・資材もあり、当初の計画よりやや遅れが生じた。
    TCGAのデータベースを用いた予後解析については、オキシトシン受容体の発現が予後に影響し、独立した予後予測因子になりうることを同定した。しかし、オキシトシン受容体の発現を免疫染色で検出するため、複数の抗体を用いて検討を行ったが、有効な抗体は確認できなかった。オキシトシン受容体の発現レベルを予後予測因子として臨床応用する上では、さらなる検討が必要と考えられた。
    LC-MS分析の解析結果から絞り込みを行った、オキシトシン受容体の下流の候補分子については、細胞増殖抑制メカニズム・阻害剤を用いた抗腫瘍効果についてさらに詳細な解析を行う。具体的には、レンチウィルスを用いて同因子を恒常的にノックダウンした後に、細胞周期解析を施行することで、オキシトシン受容体をノックダウンした場合との一致率について検証する。また、同因子に対する阻害剤においては、複数の中皮腫細胞株・不死化した正常中皮の細胞株を用いて追加検討を行う。同因子の発現レベルだけでなくオキシトシン受容体の発現レベルも含めて多角的な視点で検討を行うことで、悪性中皮腫に対してより広範に使用できかつ抗腫瘍効果の高い阻害剤の選出を行う。有望な阻害剤については、殺細胞性の抗がん剤との併用効果及び、in vivoでの抗腫瘍効果を解析する。
    また、同定された下流因子については、TCGAのデータベースを用いて、予後への影響やオキシトシン受容体の発現との関連について解析する。さらに、名古屋大学が保持する悪性中皮腫の組織検体を用いて免疫染色で同因子を検出するためのプロトコルの確立を目指し、最終的には免疫染色の結果と臨床情報を統合することで、患者背景・抗がん剤の効果・予後との関連について解析を行う。オキシトシン受容体の免疫染色については、受注委託でカスタム抗体を作成し、さらなる追加の検討を行う。

  4. 呼吸器悪性腫瘍における血管新生阻害治療の低侵襲な効果予測法を確立をめざす研究

    研究課題/研究課題番号:19K07910  2019年4月 - 2023年3月

    森瀬 昌宏

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    呼吸器悪性腫瘍(肺癌・悪性胸膜中皮腫・胸腺腫瘍)は、いずれも予後が不良の疾患です。これらの腫瘍の増殖、転移には腫瘍内の血管新生が大きく関与しているため、血管新生阻害治療が重要な治療法の一つとして注目されています。しかし、血管新生阻害治療が有効な患者さんを事前に判定する効果予測法は確立されていません。本研究は、血管新生の過程に重要な蛋白であるVEGF-Aに着目して、体に負担の少ない方法での血管新生阻害剤の効果を予測する方法を確立することを目指します。
    悪性胸膜中皮腫の症例に関して、患者背景、標準治療であるシスプラチン・ペメトレキセド、ニボルマブの各治療効果を含む臨床データを集積した。胸膜剥皮、胸膜肺全摘術を含む外科治療との集学的治療症例に関しても各治療効果を含む臨床データの集積を完了した。悪性胸膜中皮腫においては、腫瘍volumeと腫瘍から産生されるVEGF-A量の相関が存在する可能性を想定しており、volume softwareを用いた腫瘍量測定の実施を完了した。今後、VEGF-A発現との相関について解析を実施していく予定である。肺癌症例に関しては、血管新生促進型VEGF-A165a/抑制型VEGF-A165b産生能のheterogeneity評価として進行肺癌症例におけるVEGF-A165a/VEGF-A165bバランスを血漿Total VEGF-A, VEGF-A165bを同時に評価する方法で解析を実施した。解析の結果、個々の症例ごとにVEGF-A165a/VEGF-A165bバランスにはheterogeneityが存在することが確認された。現在、進行肺癌において血管新生阻害剤は、初回治療、二次治療両者で実用化されている。すなわち初回治療において抗VEGF-A抗体のベバシズマブは、従来から実用化されていたEGFRチロシンキナーゼ阻害剤、プラチナ併用化学療法との併用に加えて、免疫療法と血管新生阻害剤の併用療法の有効性が注目されており、今後、これらの治療をうける患者の治療前血漿にてVEGF-A165a/VEGF-A165bバランスの評価を行っていく予定である。また既治療例においてもVEGFR-2受容体阻害剤が殺細胞性抗がん剤であるドセタキセルとの併用で生存延長効果を示しており、これらの薬剤に関する効果予測手法についても検討を継続していく計画である。
    胸膜中皮腫の臨床コホート集積を完了した。肺癌症例ではVEGF-A165a/VEGF-A165bバランスにはheterogeneityが存在することから血管新生阻害剤治療群と非治療群を集積し、効果予測因子、予後予測因子の判別解析で血管新生阻害治療の効果予測法の確立について検討をすすめていく方針である。
    肺癌症例において血管新生阻害剤治療群と非治療群を集積し、効果予測因子、予後予測因子の判別解析で血管新生阻害治療の効果予測法の確立について検討をすすめていく方針である。

  5. 高齢者悪性胸膜中皮腫に対する治療選択の最適化をめざした基盤構築

    研究課題/研究課題番号:15K08905  2015年4月 - 2018年3月

    森瀬 昌宏

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    進行悪性胸膜中皮腫のシスプラチン+ペメトレキセド療法、およびその代替療法であるカルボプラチン+ペメトレキセド療法において、治療継続に問題となりうる化学療法誘発性の消化器毒性(悪心・嘔吐)の発症予測について検討を行った。ペメトレキセドを併用薬とする上記2つの化学療法レジメンは、他の第3世代抗がん剤とのプラチナ併用療法と比較して消化器毒性が強い傾向があることが明らかとなった。

  6. 高齢進行肺癌患者における、VES-13ならびにMMSEの有用性に関する検討

    研究課題/研究課題番号:25460896  2013年4月 - 2017年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    安藤 昌彦, 長谷 哲成, 森瀬 昌宏

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    高齢の非小細胞肺癌患者101例を対象に、脆弱性評価指標VES-13ならびに認知機能評価指標MMSEについて、治療アウトカムとの関連を検討した。年齢は中央値72歳、VES-13スコアは1点、MMSEスコアは28点、また合併症スコアCharlson Comorbidity Index(CCI)は0点であった。
    全生存期間とVES-13、無増悪生存期間とPerformance status、VES-13、CCIの間に有意な関連がみられた一方、年齢は有意な関連を認めなかったことから、高齢非小細胞肺癌者における初回化学療法開始前に脆弱性や認知機能、合併症に関する評価を実施することの重要性が示唆された。

▼全件表示

 

社会貢献活動 1

  1. 医療従事者に知ってほしい肺がん医療 講演「医療従事者に知ってほしい肺がんの最新治療」

    2015年8月