2021/04/22 更新

写真a

モトムラ カズヤ
本村 和也
MOTOMURA Kazuya
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 脳神経病態制御学 准教授
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2012年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 12

  1. 脳機能研究

  2. 脳腫瘍の遺伝子解析

  3. 電気生理学モニタリング

  4. 術中MRI

  5. 覚醒下手術

  6. 脳腫瘍

  7. 電気生理学モニタリング

  8. 覚醒下手術

  9. 術中MRI

  10. 脳腫瘍の遺伝子解析

  11. 脳腫瘍

  12. 脳機能研究

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 脳神経外科学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 次世代医療機器・ナビゲーション下経頭蓋磁気刺激(nTMS)システムを用いた新たな術前・脳機能マッピング法の確立

  2. 感情の神経基盤の解析:島回に対する浸潤脳腫瘍の及ぼす病態の解明

経歴 10

  1. 名古屋大学医学部大学院医学系研究科   脳神経外科学   准教授

    2016年8月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学医学部大学院医学系研究科 脳神経外科学 特任准教授

    2014年4月 - 2016年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学医学部附属病院 脳神経外科 助教

    2013年8月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学医学部大学院医学系研究科 脳神経外科学 特任助教

    2012年12月 - 2013年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. フランス・モンペリエ大学 Gui de Chauliac 病院 脳神経外科 客員研究員

    2012年10月 - 2012年11月

      詳細を見る

    国名:フランス共和国

  6. 世界保健機関(World Health Organization;WHO), 国際がん研究機関(International Agency for Research on Cancer;IARC) 博士研究員

    2011年10月 - 2012年9月

      詳細を見る

    国名:フランス共和国

  7. 名古屋大学医学部大学院医学系研究科 脳神経外科学 特任助教

    2011年4月 - 2011年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 名古屋大学医学部大学院医学系研究科 脳神経外科学 医員

    2007年10月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 市立四日市病院 脳神経外科 医員

    2004年4月 - 2007年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 社会保険中京病院 研修医

    2002年5月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科   脳神経外科学

    2008年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部   医学科

    1996年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 18

  1. 日本脳神経外科学会

  2. 日本脳腫瘍学会

  3. 日本脳腫瘍の外科学会

  4. 日本脳腫瘍病理学会

  5. 日本癌学会

  6. 日本脳神経外科コングレス学会

  7. 日本神経心理学会

    2013年9月 - 現在

  8. 日本脳卒中学会

  9. 日本脳神経CI学会

  10. 日本神経心理学会

    2013年9月 - 現在

  11. 日本脳腫瘍病理学会

  12. 日本脳腫瘍学会

  13. 日本脳腫瘍の外科学会

  14. 日本脳神経外科学会

  15. 日本脳神経外科コングレス学会

  16. 日本脳神経CI学会

  17. 日本脳卒中学会

  18. 日本癌学会

▼全件表示

委員歴 6

  1. 日本脳神経外科学会 評議員   評議員  

    2015年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本脳腫瘍病理学会 事務局幹事   事務局幹事  

    2017年 - 現在   

  3. 日本脳腫瘍の外科学会   評議員  

    2019年9月 - 現在   

  4. 日本AwakeSurgery学会 運営委員   運営委員  

    2018年9月 - 現在   

  5. 東海脳腫瘍手術手技研究会 運営委員   運営委員  

    2017年 - 現在   

  6. Neuro-Oncology Central 運営委員   運営委員  

    2021年3月 - 現在   

▼全件表示

受賞 3

  1. 第25回日本脳腫瘍の外科学会 会長賞

    2020年9月  

  2. 一般社団法人日本脳神経外科学会 第78回学術総会 優秀演題賞

    2019年10月  

  3. 平成22年度組織的な若手研究者等海外派遣プログラム(第1回)助成金

    2010年7月  

 

論文 73

  1. Urinary MicroRNA-Based Diagnostic Model for Central Nervous System Tumors Using Nanowire Scaffolds.

    Kitano Y, Aoki K, Ohka F, Yamazaki S, Motomura K, Tanahashi K, Hirano M, Naganawa T, Iida M, Shiraki Y, Nishikawa T, Shimizu H, Yamaguchi J, Maeda S, Suzuki H, Wakabayashi T, Baba Y, Yasui T, Natsume A

    ACS applied materials & interfaces     2021年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsami.1c01754

    PubMed

  2. Effects of insular resection on interactions between cardiac interoception and emotion recognition.

    Terasawa Y, Motomura K, Natsume A, Iijima K, Chalise L, Sugiura J, Yamamoto H, Koyama K, Wakabayashi T, Umeda S

    Cortex; a journal devoted to the study of the nervous system and behavior   137 巻   頁: 271 - 281   2021年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cortex  

    DOI: 10.1016/j.cortex.2021.01.011

    Scopus

    PubMed

  3. <i>Neurod4</i> converts endogenous neural stem cells to neurons with synaptic formation after spinal cord injury.

    Fukuoka T, Kato A, Hirano M, Ohka F, Aoki K, Awaya T, Adilijiang A, Sachi M, Tanahashi K, Yamaguchi J, Motomura K, Shimizu H, Nagashima Y, Ando R, Wakabayashi T, Lee-Liu D, Larrain J, Nishimura Y, Natsume A

    iScience   24 巻 ( 2 ) 頁: 102074   2021年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:iScience  

    DOI: 10.1016/j.isci.2021.102074

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. Intraoperative seizure outcome of levetiracetam combined with perampanel therapy in patients with glioma undergoing awake brain surgery.

    Motomura K, Chalise L, Shimizu H, Yamaguchi J, Nishikawa T, Ohka F, Aoki K, Tanahashi K, Hirano M, Wakabayashi T, Natsume A

    Journal of neurosurgery     頁: 1 - 10   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2020.8.JNS201400

    PubMed

  5. Long-term survival in patients with primary intracranial germ cell tumors treated with surgery, platinum-based chemotherapy, and radiotherapy: a single-institution study. 国際誌

    Shimizu H, Motomura K, Ohka F, Aoki K, Tanahashi K, Hirano M, Chalise L, Nishikawa T, Yamaguchi J, Yoshida J, Natsume A, Wakabayashi T

    Journal of neurosurgery     頁: 1 - 9   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2020.6.JNS20638

    PubMed

  6. Navigated repetitive transcranial magnetic stimulation as preoperative assessment in patients with brain tumors.

    Motomura K, Takeuchi H, Nojima I, Aoki K, Chalise L, Iijima K, Wakabayashi T, Natsume A

    Scientific reports   10 巻 ( 1 ) 頁: 9044   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-65944-8

    PubMed

  7. Genetic analysis in patients with newly diagnosed glioblastomas treated with interferon-beta plus temozolomide in comparison with temozolomide alone. 国際誌

    Natsume A, Aoki K, Ohka F, Maeda S, Hirano M, Adilijiang A, Motomura K, Sumi M, Nishikawa R, Narita Y, Muragaki Y, Maruyama T, Ito T, Beppu T, Nakamura H, Kayama T, Sato S, Nagane M, Mishima K, Nakasu Y, Kurisu K, Yamasaki F, Sugiyama K, Onishi T, Iwadate Y, Terasaki M, Kobayashi H, Matsumura A, Ishikawa E, Sasaki H, Mukasa A, Matsuo T, Hirano H, Kumabe T, Shinoura N, Hashimoto N, Aoki T, Asai A, Abe T, Yoshino A, Arakawa Y, Asano K, Yoshimoto K, Shibui S, Okuno Y, Wakabayashi T, and Members of Japan Clinical Oncology Group Brain Tumor Study Group (JCOG-BTSG).

    Journal of neuro-oncology   148 巻 ( 1 ) 頁: 17 - 27   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Neuro-Oncology  

    DOI: 10.1007/s11060-020-03505-9

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  8. Trautmann-focused mastoidectomy for a simple, safe presigmoid approach: technical note. 国際誌

    Tanahashi K, Uda K, Araki Y, Takeuchi K, Choo J, Chalise L, Motomura K, Ohka F, Wakabayashi T, Natsume A

    Journal of neurosurgery   134 巻 ( 3 ) 頁: 1 - 5   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Neurosurgery  

    DOI: 10.3171/2020.1.JNS193179

    Scopus

    PubMed

  9. H3F3A mutant allele specific imbalance in an aggressive subtype of diffuse midline glioma, H3 K27M-mutant. 国際誌

    Maeda S, Ohka F, Okuno Y, Aoki K, Motomura K, Takeuchi K, Kusakari H, Yanagisawa N, Sato S, Yamaguchi J, Tanahashi K, Hirano M, Kato A, Shimizu H, Kitano Y, Yamazaki S, Yamashita S, Takeshima H, Shinjo K, Kondo Y, Wakabayashi T, Natsume A

    Acta neuropathologica communications   8 巻 ( 1 ) 頁: 8 - 8   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Acta neuropathologica communications  

    DOI: 10.1186/s40478-020-0882-4

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  10. Multiple metastases to the bone and bone marrow from a 1p/19q-codeleted and <i>IDH2</i>-mutant anaplastic oligodendroglioma: a case report and literature review. 国際誌

    Shimizu H, Motomura K, Ohka F, Aoki K, Tanahashi K, Hirano M, Chalise L, Nishikawa T, Yamaguchi J, Wakabayashi T, Natsume A

    Neuro-oncology advances   2 巻 ( 1 ) 頁: vdaa101   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/noajnl/vdaa101

    PubMed

  11. Preoperative predictive factors affecting return to work in patients with gliomas undergoing awake brain mapping.

    Yoshida A, Motomura K, Natsume A, Chalise L, Iijima K, Hara D, Kadono I, Wakai K, Wakabayashi T

    Journal of neuro-oncology     2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11060-019-03371-0

    PubMed

  12. Long-Term Survival in Patients with Primary Intracranial Germ Cell Tumors Treated with Surgery, Carboplatin based Chemotherapy Followed by Radiotherapy 国際誌

    Motomura K., Natsume A., Wakabayashi T.

    PEDIATRIC BLOOD & CANCER   66 巻   頁: S67 - S67   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  13. Long-Term Survival in Patients with Primary Intracranial Germ Cell Tumors Treated with Surgery, Carboplatin based Chemotherapy Followed by Radiotherapy 国際誌

    Motomura K, Natsume A, Wakabayashi T

    PEDIATRIC BLOOD & CANCER   66 巻   頁: S67 - S67   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. AN INTEGRATED APPROACH COMBINING MATHEMATICAL AND GENOMIC METHODS TO REVEAL THE OPTIMAL TIMING OF THERAPEUTIC INTERVENTION IN WHO GRADE II DIFFUSE GLIOMA 国際誌

    Aoki Kosuke, Yamamoto Takashi, Suzuki Hiromichi, Maeda Sachi, Ranjit Melissa, Motomura Kazuya, Nakamura Hideo, Narita Yoshitaka, Nakada Mitsutoshi, Deguchi Shoichi, Mizoguchi Masahiro, Momii Yasutomo, Muragaki Yoshihiro, Abe Tatsuya, Akimoto Jiro, Wakabayashi Toshihiko, Haeno Hiroshi, Natsume Atsushi

    NEURO-ONCOLOGY   21 巻   頁: 270 - 270   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  15. MACHINE LEARNING TO DETECT GLIOMAS IN URINE-BASED LIQUID BIOPSY 国際誌

    Kitano Yotaro, Aoki Kosuke, Yasui Takao, Motomura Kazuya, Ohka Fumiharu, Tanahashi Kuniaki, Hirano Masaki, Nishikawa Tomohide, Shimizu Hiroyuki, Yamaguchi Junya, Maeda Sachi, Yamazaki Shintaro, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    NEURO-ONCOLOGY   21 巻   頁: 151 - 151   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  16. MACHINE LEARNING TO DETECT GLIOMAS IN URINE-BASED LIQUID BIOPSY 国際誌

    Kitano Yotaro, Aoki Kosuke, Yasui Takao, Motomura Kazuya, Ohka Fumiharu, Tanahashi Kuniaki, Hirano Masaki, Nishikawa Tomohide, Shimizu Hiroyuki, Yamaguchi Junya, Maeda Sachi, Yamazaki Shintaro, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    NEURO-ONCOLOGY   21 巻   頁: 151 - 151   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Next Generation Sequencing-Based Transcriptome Predicts Bevacizumab Efficacy in Combination with Temozolomide in Glioblastoma.

    Adilijiang A, Hirano M, Okuno Y, Aoki K, Ohka F, Maeda S, Tanahashi K, Motomura K, Shimizu H, Yamaguchi J, Wakabayashi T, Natsume A

    Molecules (Basel, Switzerland)   24 巻 ( 17 )   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/molecules24173046

    PubMed

  18. Spontaneous tumor regression of intracranial solitary fibrous tumor originating from the medulla oblongata: A case report and literature review.

    Yamaguchi J, Motomura K, Ohka F, Aoki K, Tanahashi K, Hirano M, Nishikawa T, Shimizu H, Wakabayashi T, Natsume A

    World neurosurgery     2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2019.07.052

    PubMed

  19. Anterior insular cortex stimulation and its effects on emotion recognition.

    Motomura K, Terasawa Y, Natsume A, Iijima K, Chalise L, Sugiura J, Yamamoto H, Koyama K, Wakabayashi T, Umeda S

    Brain structure & function     2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00429-019-01895-9

    PubMed

  20. Posterior Cerebral Artery Reconstruction by In-Situ Bypass with Superior Cerebellar Artery via Occipital Transtentorial Approach. 国際誌

    Tanahashi K, Araki Y, Uda K, Muraoka S, Motomura K, Lushun C, Wakabayashi T, Natsume A

    World neurosurgery   126 巻   頁: 24 - 29   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Neurosurgery  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2019.02.127

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  21. Neurocognitive and functional outcomes in patients with diffuse frontal lower-grade gliomas undergoing intraoperative awake brain mapping.

    Motomura K, Chalise L, Ohka F, Aoki K, Tanahashi K, Hirano M, Nishikawa T, Yamaguchi J, Shimizu H, Wakabayashi T, Natsume A

    Journal of neurosurgery     頁: 1-9   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2019.3.JNS19211

    PubMed

  22. Aberrant Active cis-Regulatory Elements Associated with Downregulation of RET Finger Protein Overcome Chemoresistance in Glioblastoma.

    Ranjit M, Hirano M, Aoki K, Okuno Y, Ohka F, Yamamichi A, Kato A, Maeda S, Motomura K, Matsuo K, Enomoto A, Ino Y, Todo T, Takahashi M, Wakabayashi T, Kato T, Natsume A

    Cell reports   26 巻 ( 9 ) 頁: 2274-2281.e5   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.celrep.2019.01.109

    PubMed

  23. A mathematical model for predicting the optimal timing of treatment to minimize the malignant transformation rate in WHO grade II diffuse glioma

    Aoki Kousuke, Motomura Kazuya, Nakamura Hideo, Narita Yoshitaka, Yoshimoto Koji, Momii Yasutomo, Muragaki Yoshihiro, Wakabayashi Toshihiko, Haeno Hiroshi, Natsume Atsushi

    BRAIN PATHOLOGY   29 巻   頁: 67-68   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  24. A mathematical model for predicting the optimal timing of treatment to minimize the malignant transformation rate in WHO grade II diffuse glioma

    Aoki Kousuke, Motomura Kazuya, Nakamura Hideo, Narita Yoshitaka, Yoshimoto Koji, Momii Yasutomo, Muragaki Yoshihiro, Wakabayashi Toshihiko, Haeno Hiroshi, Natsume Atsushi

    BRAIN PATHOLOGY   29 巻   頁: 67-68   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Characterization of Intraoperative Motor Evoked Potential Monitoring for Surgery of the Pediatric Population with Brain Tumors.

    Motomura K, Sumita K, Chalise L, Nishikawa T, Tanahashi K, Ohka F, Aoki K, Hirano M, Nakamura T, Matsushita T, Wakabayashi T, Natsume A

    World neurosurgery   119 巻   頁: e1052-e1059   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2018.08.039

    PubMed

  26. Supratotal Resection of Diffuse Frontal Lower Grade Gliomas with Awake Brain Mapping, Preserving Motor, Language, and Neurocognitive Functions.

    Motomura K, Chalise L, Ohka F, Aoki K, Tanahashi K, Hirano M, Nishikawa T, Wakabayashi T, Natsume A

    World neurosurgery   119 巻   頁: 30-39   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2018.07.193

    PubMed

  27. Validation of a novel molecular RPA classification in glioblastoma (GBM-molRPA) treated with chemoradiation: A multi-institutional collaborative study.

    Wee CW, Kim IH, Park CK, Kim JW, Dho YS, Ohka F, Aoki K, Motomura K, Natsume A, Kim N, Suh CO, Chang JH, Kim SH, Cho WK, Lim DH, Nam DH, Choi JW, Kim IA, Kim CY, Oh YT, Cho O, Chung WK, Kim SH, Kim E

    Radiotherapy and oncology : journal of the European Society for Therapeutic Radiology and Oncology     2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.radonc.2018.09.001

    PubMed

  28. A novel high-sensitivity assay to detect a small fraction of mutant IDH1 using droplet digital PCR.

    Hirano M, Ohka F, Maeda S, Chalise L, Yamamichi A, Aoki K, Kato A, Tanahashi K, Motomura K, Nishimura Y, Hara M, Shinjo K, Kondo Y, Wakabayashi T, Natsume A

    Brain tumor pathology   35 巻 ( 2 ) 頁: 97-105   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10014-018-0310-7

    PubMed

  29. Immunohistochemical ATRX expression is not a surrogate for 1p19q codeletion.

    Yamamichi A, Ohka F, Aoki K, Suzuki H, Kato A, Hirano M, Motomura K, Tanahashi K, Chalise L, Maeda S, Wakabayashi T, Kato Y, Natsume A

    Brain tumor pathology   35 巻 ( 2 ) 頁: 106-113   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10014-018-0312-5

    PubMed

  30. Prognostic relevance of genetic alterations in diffuse lower-grade gliomas. 国際誌

    Aoki K, Nakamura H, Suzuki H, Matsuo K, Kataoka K, Shimamura T, Motomura K, Ohka F, Shiina S, Yamamoto T, Nagata Y, Yoshizato T, Mizoguchi M, Abe T, Momii Y, Muragaki Y, Watanabe R, Ito I, Sanada M, Yajima H, Morita N, Takeuchi I, Miyano S, Wakabayashi T, Ogawa S, Natsume A

    Neuro-oncology   20 巻 ( 1 ) 頁: 66 - 77   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Neuro-Oncology  

    DOI: 10.1093/neuonc/nox132

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  31. Does ATRX immunohistochemistry deserve a surrogate of 1p/19q codel in grade II, III gliomas? 査読有り

    Yamamichi Akane, Ohka Fumiharu, Aoki Kosuke, Suzuki Hiromichi, Hirano Masaki, Motomura Kazuya, Wakabayashi Toshihiko, Kato Yukinari, Natsume Atsushi

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 926   2018年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  32. Remote ischemic preconditioning protects human neural stem cells from oxidative stress. 国際誌

    Motomura A, Shimizu M, Kato A, Motomura K, Yamamichi A, Koyama H, Ohka F, Nishikawa T, Nishimura Y, Hara M, Fukuda T, Bando Y, Nishimura T, Wakabayashi T, Natsume A

    Apoptosis : an international journal on programmed cell death   22 巻 ( 11 ) 頁: 1353 - 1361   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Apoptosis  

    DOI: 10.1007/s10495-017-1425-8

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  33. Surgical benefits of combined awake craniotomy and intraoperative magnetic resonance imaging for gliomas associated with eloquent areas. 国際誌

    Motomura K, Natsume A, Iijima K, Kuramitsu S, Fujii M, Yamamoto T, Maesawa S, Sugiura J, Wakabayashi T

    Journal of neurosurgery   127 巻 ( 4 ) 頁: 790 - 797   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of neurosurgery  

    DOI: 10.3171/2016.9.JNS16152

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  34. Comparing the Efficacy of DeVIC Therapy and High-dose Methotrexate Monotherapy with Whole-brain Radiation Therapy for Newly-diagnosed Primary Central Nervous System Lymphoma: A Single Institution Study. 国際誌

    Chalise L, Motomura K, Ohka F, Hirano M, Hara M, Nishimura Y, Natsume A, Wakabayashi T

    Anticancer research   37 巻 ( 9 ) 頁: 5215 - 5223   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Anticancer Research  

    DOI: 10.21873/anticanres.11945

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  35. Pathogenesis of diffuse low-grade gliomas

    Pendleton C, Motomura K

    Diffuse Low-Grade Gliomas in Adults     頁: 111 - 117   2017年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Diffuse Low-Grade Gliomas in Adults  

    DOI: 10.1007/978-3-319-55466-2_6

    Scopus

  36. Distribution of norovirus genotypes and subtypes in river water by ultra-deep sequencing-based analysis

    Boonchan M

    Letters in Applied Microbiology   65 巻 ( 1 ) 頁: 98 - 104   2017年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Letters in Applied Microbiology  

    DOI: 10.1111/lam.12750

    Scopus

  37. Girdin maintains the stemness of glioblastoma stem cells (vol 31, pg 2715, 2012) 査読有り

    A. Natsume, T. Kato, S. Kinjo, A. Enomoto, H. Toda, S. Shimato, F. Ohka, K. Motomura, Y. Kondo, T. Miyata, M. Takahashi, T. Wakabayashi

    ONCOGENE   36 巻 ( 26 ) 頁: 3796 - 3796   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATURE PUBLISHING GROUP  

    DOI: 10.1038/onc.2017.17

    Web of Science

    PubMed

  38. A novel all-in-one intraoperative genotyping system for IDH1-mutant glioma.

    Ohka F, Yamamichi A, Kurimoto M, Motomura K, Tanahashi K, Suzuki H, Aoki K, Deguchi S, Chalise L, Hirano M, Kato A, Nishimura Y, Hara M, Kato Y, Wakabayashi T, Natsume A

    Brain tumor pathology   34 巻 ( 2 ) 頁: 91 - 97   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Brain Tumor Pathology  

    DOI: 10.1007/s10014-017-0281-0

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  39. Efficacy of the transtemporal approach with awake brain mapping to reach the dominant posteromedial temporal lesions. 国際誌

    Iijima K, Motomura K, Chalise L, Hirano M, Natsume A, Wakabayashi T

    Acta neurochirurgica   159 巻 ( 1 ) 頁: 177 - 184   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Acta Neurochirurgica  

    DOI: 10.1007/s00701-016-3035-6

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  40. Adoptive immunotherapy for the treatment of glioblastoma: progress and possibilities.

    Kuramitsu S, Yamamichi A, Ohka F, Motomura K, Hara M, Natsume A

    Immunotherapy   8 巻 ( 12 ) 頁: 1393-1404   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2217/imt-2016-0076

    PubMed

  41. [Update Knowledge for Brain Tumors(9)Peripheral Nerve Tumor].

    Motomura K, Chalise L

    No shinkei geka. Neurological surgery   44 巻 ( 8 ) 頁: 699-709   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11477/mf.1436203357

    PubMed

  42. CAR T Cells Targeting Podoplanin Reduce Orthotopic Glioblastomas in Mouse Brains.

    Shiina S, Ohno M, Ohka F, Kuramitsu S, Yamamichi A, Kato A, Motomura K, Tanahashi K, Yamamoto T, Watanabe R, Ito I, Senga T, Hamaguchi M, Wakabayashi T, Kaneko MK, Kato Y, Chandramohan V, Bigner DD, Natsume A

    Cancer immunology research   4 巻 ( 3 ) 頁: 259-68   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/2326-6066.CIR-15-0060

    PubMed

  43. An immuno-wall microdevice exhibits rapid and sensitive detection of IDH1-R132H mutation specific to grade II and III gliomas.

    Yamamichi A, Kasama T, Ohka F, Suzuki H, Kato A, Motomura K, Hirano M, Ranjit M, Chalise L, Kurimoto M, Kondo G, Aoki K, Kaji N, Tokeshi M, Matsubara T, Senga T, Kaneko MK, Suzuki H, Hara M, Wakabayashi T, Baba Y, Kato Y, Natsume A

    Science and technology of advanced materials   17 巻 ( 1 ) 頁: 618-625   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/14686996.2016.1227222

    PubMed

  44. Rapid sensitive analysis of IDH1 mutation in lower-grade gliomas by automated genetic typing involving a quenching probe.

    Kurimoto M, Suzuki H, Aoki K, Ohka F, Kondo G, Motomura K, Iijima K, Yamamichi A, Ranjit M, Wakabayashi T, Kimura S, Natsume A

    Cancer investigation   34 巻 ( 1 ) 頁: 12-5   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3109/07357907.2015.1084001

    PubMed

  45. Applicable advances in the molecular pathology of glioblastoma.

    Ranjit M, Motomura K, Ohka F, Wakabayashi T, Natsume A

    Brain tumor pathology   32 巻 ( 3 ) 頁: 153-62   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10014-015-0224-6

    PubMed

  46. Activation of Yes-Associated Protein in Low-Grade Meningiomas Is Regulated by Merlin, Cell Density, and Extracellular Matrix Stiffness.

    Tanahashi K, Natsume A, Ohka F, Motomura K, Alim A, Tanaka I, Senga T, Harada I, Fukuyama R, Sumiyoshi N, Sekido Y, Wakabayashi T

    Journal of neuropathology and experimental neurology   74 巻 ( 7 ) 頁: 704-9   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/NEN.0000000000000211

    PubMed

  47. Intraoperative subcortical mapping of a language-associated deep frontal tract connecting the superior frontal gyrus to Broca's area in the dominant hemisphere of patients with glioma.

    Fujii M, Maesawa S, Motomura K, Futamura M, Hayashi Y, Koba I, Wakabayashi T

    Journal of neurosurgery   122 巻 ( 6 ) 頁: 1390-6   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2014.10.JNS14945

    PubMed

  48. Mutational landscape and clonal architecture in grade II and III gliomas.

    Suzuki H, Aoki K, Chiba K, Sato Y, Shiozawa Y, Shiraishi Y, Shimamura T, Niida A, Motomura K, Ohka F, Yamamoto T, Tanahashi K, Ranjit M, Wakabayashi T, Yoshizato T, Kataoka K, Yoshida K, Nagata Y, Sato-Otsubo A, Tanaka H, Sanada M, Kondo Y, Nakamura H, Mizoguchi M, Abe T, Muragaki Y, Watanabe R, Ito I, Miyano S, Natsume A, Ogawa S

    Nature genetics   47 巻 ( 5 ) 頁: 458-68   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ng.3273

    PubMed

  49. Double-edged Sword in the Placement of Carmustine (BCNU) Wafers along the Eloquent Area: A Case Report.

    Kuramitsu S, Motomura K, Natsume A, Wakabayashi T

    NMC case report journal   2 巻 ( 1 ) 頁: 40-45   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2176/nmccrj.2014-0025

    PubMed

  50. Evaluation of resting state networks in patients with gliomas: connectivity changes in the unaffected side and its relation to cognitive function.

    Maesawa S, Bagarinao E, Fujii M, Futamura M, Motomura K, Watanabe H, Mori D, Sobue G, Wakabayashi T

    PloS one   10 巻 ( 2 ) 頁: e0118072   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0118072

    PubMed

  51. Association of dorsal inferior frontooccipital fasciculus fibers in the deep parietal lobe with both reading and writing processes: a brain mapping study.

    Motomura K, Fujii M, Maesawa S, Kuramitsu S, Natsume A, Wakabayashi T

    Journal of neurosurgery   121 巻 ( 1 ) 頁: 142-8   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2014.2.JNS131234

    PubMed

  52. Lack of presence of the human cytomegalovirus in human glioblastoma.

    Yamashita Y, Ito Y, Isomura H, Takemura N, Okamoto A, Motomura K, Tsujiuchi T, Natsume A, Wakabayashi T, Toyokuni S, Tsurumi T

    Modern pathology : an official journal of the United States and Canadian Academy of Pathology, Inc   27 巻 ( 7 ) 頁: 922-9   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/modpathol.2013.219

    PubMed

  53. Quantitative metabolome analysis profiles activation of glutaminolysis in glioma with IDH1 mutation.

    Ohka F, Ito M, Ranjit M, Senga T, Motomura A, Motomura K, Saito K, Kato K, Kato Y, Wakabayashi T, Soga T, Natsume A

    Tumour biology : the journal of the International Society for Oncodevelopmental Biology and Medicine   35 巻 ( 6 ) 頁: 5911-20   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13277-014-1784-5

    PubMed

  54. Peptide-based inhibition of the HOXA9/PBX interaction retards the growth of human meningioma.

    Ando H, Natsume A, Senga T, Watanabe R, Ito I, Ohno M, Iwami K, Ohka F, Motomura K, Kinjo S, Ito M, Saito K, Morgan R, Wakabayashi T

    Cancer chemotherapy and pharmacology   73 巻 ( 1 ) 頁: 53-60   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00280-013-2316-5

    PubMed

  55. Assessment of tumor cells in a mouse model of diffuse infiltrative glioma by Raman spectroscopy.

    Tanahashi K, Natsume A, Ohka F, Momota H, Kato A, Motomura K, Watabe N, Muraishi S, Nakahara H, Saito Y, Takeuchi I, Wakabayashi T

    BioMed research international   2014 巻   頁: 860241   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2014/860241

    PubMed

  56. Preclinical evaluation of an O(6)-methylguanine-DNA methyltransferase-siRNA/liposome complex administered by convection-enhanced delivery to rat and porcine brains.

    Tsujiuchi T, Natsume A, Motomura K, Kondo G, Ranjit M, Hachisu R, Sugimura I, Tomita S, Takehara I, Woolley M, Barua NU, Gill SS, Bienemann AS, Yamashita Y, Toyokuni S, Wakabayashi T

    American journal of translational research   6 巻 ( 2 ) 頁: 169-78   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  57. PDGFRA gain in low-grade diffuse gliomas.

    Motomura K, Mittelbronn M, Paulus W, Brokinkel B, Keyvani K, Sure U, Wrede K, Nakazato Y, Tanaka Y, Nonoguchi N, Pierscianek D, Kim YH, Mariani L, Vital A, Perry A, Ohgaki H

    Journal of neuropathology and experimental neurology   72 巻 ( 1 ) 頁: 61-6   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/NEN.0b013e31827c4b5b

    PubMed

  58. MET gain in diffuse astrocytomas is associated with poorer outcome.

    Pierscianek D, Kim YH, Motomura K, Mittelbronn M, Paulus W, Brokinkel B, Keyvani K, Wrede K, Nakazato Y, Tanaka Y, Mariani L, Vital A, Sure U, Ohgaki H

    Brain pathology (Zurich, Switzerland)   23 巻 ( 1 ) 頁: 13-8   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1750-3639.2012.00609.x

    PubMed

  59. Interferon-β delivery via human neural stem cell abates glial scar formation in spinal cord injury.

      22 巻 ( 12 ) 頁: 2187-201   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3727/096368912X657882

    PubMed

  60. Immunohistochemical analysis-based proteomic subclassification of newly diagnosed glioblastomas.

    Motomura K, Natsume A, Watanabe R, Ito I, Kato Y, Momota H, Nishikawa R, Mishima K, Nakasu Y, Abe T, Namba H, Nakazato Y, Tashiro H, Takeuchi I, Mori T, Wakabayashi T

    Cancer science   103 巻 ( 10 ) 頁: 1871-9   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2012.02377.x

    PubMed

  61. DMBT1 homozygous deletion in diffuse astrocytomas is associated with unfavorable clinical outcome.

    Motomura K, Mittelbronn M, Paulus W, Brokinkel B, Keyvani K, Sure U, Wrede K, Nakazato Y, Tanaka Y, Pierscianek D, Kim YH, Mariani L, Vital A, Ohgaki H

    Journal of neuropathology and experimental neurology   71 巻 ( 8 ) 頁: 702-7   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/NEN.0b013e31825f2e5d

    PubMed

  62. Correlation between quantified promoter methylation and enzymatic activity of O6-methylguanine-DNA methyltransferase in glioblastomas.

    Kishida Y, Natsume A, Toda H, Toi Y, Motomura K, Koyama H, Matsuda K, Nakayama O, Sato M, Suzuki M, Kondo Y, Wakabayashi T

    Tumour biology : the journal of the International Society for Oncodevelopmental Biology and Medicine   33 巻 ( 2 ) 頁: 373-81   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13277-012-0319-1

    PubMed

  63. Intravenous administration of temozolomide as a useful alternative over oral treatment with temozolomide capsules in patients with gliomas.

    Motomura K, Natsume A, Wakabayashi T

    Journal of neuro-oncology   106 巻 ( 1 ) 頁: 209-11   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11060-011-0651-0

    PubMed

  64. Long-term survival in patients with newly diagnosed primary central nervous system lymphoma treated with dexamethasone, etoposide, ifosfamide and carboplatin chemotherapy and whole-brain radiation therapy.

    Motomura K, Natsume A, Fujii M, Ito M, Momota H, Wakabayashi T

    Leukemia & lymphoma   52 巻 ( 11 ) 頁: 2069-75   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3109/10428194.2011.596967

    PubMed

  65. Benefits of interferon-β and temozolomide combination therapy for newly diagnosed primary glioblastoma with the unmethylated MGMT promoter: A multicenter study.

      117 巻 ( 8 ) 頁: 1721-30   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cncr.25637

    PubMed

  66. Glioma-initiating cells and molecular pathology: implications for therapy.

    Natsume A, Kinjo S, Yuki K, Kato T, Ohno M, Motomura K, Iwami K, Wakabayashi T

    Brain tumor pathology   28 巻 ( 1 ) 頁: 1-12   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10014-010-0011-3

    PubMed

  67. Rhabdoid glioblastoma in a child: case report and literature review.

    Momota H, Iwami K, Fujii M, Motomura K, Natsume A, Ogino J, Hasegawa T, Wakabayashi T

    Brain tumor pathology   28 巻 ( 1 ) 頁: 65-70   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10014-010-0010-4

    PubMed

  68. The global DNA methylation surrogate LINE-1 methylation is correlated with MGMT promoter methylation and is a better prognostic factor for glioma.

    Ohka F, Natsume A, Motomura K, Kishida Y, Kondo Y, Abe T, Nakasu Y, Namba H, Wakai K, Fukui T, Momota H, Iwami K, Kinjo S, Ito M, Fujii M, Wakabayashi T

    PloS one   6 巻 ( 8 ) 頁: e23332   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0023332

    PubMed

  69. Retrovirally engineered T-cell-based immunotherapy targeting type III variant epidermal growth factor receptor, a glioma-associated antigen.

    Ohno M, Natsume A, Ichiro Iwami K, Iwamizu H, Noritake K, Ito D, Toi Y, Ito M, Motomura K, Yoshida J, Yoshikawa K, Wakabayashi T

    Cancer science   101 巻 ( 12 ) 頁: 2518-24   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2010.01734.x

    PubMed

  70. A free-radical scavenger protects the neural progenitor cells in the dentate subgranular zone of the hippocampus from cell death after X-irradiation.

    Motomura K, Ogura M, Natsume A, Yokoyama H, Wakabayashi T

    Neuroscience letters   485 巻 ( 1 ) 頁: 65-70   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neulet.2010.08.065

    PubMed

  71. [The genome atlas of brain tumors].

    Natsume A, Motomura K, Wakabayashi T

    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   68 Suppl 8 巻   頁: 473-80   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  72. Epigenetic aberrations and therapeutic implications in gliomas.

    Natsume A, Kondo Y, Ito M, Motomura K, Wakabayashi T, Yoshida J

    Cancer science   101 巻 ( 6 ) 頁: 1331-6   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2010.01545.x

    PubMed

  73. The modulation of microRNAs by type I IFN through the activation of signal transducers and activators of transcription 3 in human glioma.

    Ohno M, Natsume A, Kondo Y, Iwamizu H, Motomura K, Toda H, Ito M, Kato T, Wakabayashi T

    Molecular cancer research : MCR   7 巻 ( 12 ) 頁: 2022-30   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1541-7786.MCR-09-0319

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物 25

  1. 術中神経モニタリングバイブル

    本村和也( 担当: 共著)

    羊土社  2020年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. Medical Technology: この1冊で安心!周術期の生理機能検査 丸ごとガイド; 頭蓋内腫瘍の周術期MRI検査

    本村和也( 担当: 共著)

    医歯薬出版株式会社  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. 覚醒下手術によるsupratotal resectionを目指したlower grade gliomaに対する手術戦略

    本村和也( 担当: 単著)

    脳神経外科速報  2019年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 覚醒下腫瘍摘出術と機能評価

    本村和也、夏目敦至、若林俊彦( 担当: 単著)

    リハビリテーション医学誌  2019年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. ニューロナビゲーションシステム;OPERADA Arrowの脳腫瘍手術における臨床使用経験

    本村和也、若林俊彦( 担当: 単著)

    MEDIX  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. Diffuse Low-Grade Gliomas in Adults, Pathogenesis of Diffuse low-grade gliomas

    Courtney Pendleton, Kazuya Motomura, Atsushi Natsume( 担当: 共著)

    Springer  2017年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  7. 脳腫瘍臨床病理カラーアトラス 第4版; 神経線維腫、神経周膜腫、混成神経鞘腫瘍

    本村和也( 担当: 共著)

    医学書院  2017年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  8. 耳鼻咽喉科・頭頚部外科 聴神経腫瘍の臨床像と鑑別診断

    本村和也、棚橋邦明、夏目敦至、曾根三千彦( 担当: 共著)

    日本臨床  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  9. 脳神経外科・脳腫瘍学・術中MRIを用いた画像誘導手術

    本村和也( 担当: 共著)

    日本臨床  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  10. 脳腫瘍Update (9)脳神経・脊髄神経腫瘍

    本村和也( 担当: 共著)

    医学書院  2016年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  11. 脳神経外科レジデントマニュアル

    本村和也( 担当: 共著)

    医学書院  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  12. 脳神経外科学 改訂12版 -脳腫瘍・血管芽腫-

    本村和也( 担当: 共著)

    京都  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. 高齢者の悪性神経膠腫の治療の現状

    若林俊彦、本村和也、大岡史治( 担当: 共著)

    Geriatric neurosurgery  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. Clinical Neuroscience 言語の起源と脳の進化、識字の神経基盤、

    本村和也( 担当: 単著)

    中外医学社  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  15. 膠芽腫のDNAメチル化とInterferon-β療法―INTEGRA study

    本村和也、夏目敦至、若林俊彦( 担当: 共著)

    中外医学社  2015年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  16. 神経症候群Ⅲ-その他の神経疾患を含めて-  脳梁部・視床部・視床下部・基底核部の腫瘍(脳室腫瘍を除く)

    本村和也、夏目敦至、若林俊彦( 担当: 共著)

    日本臨床  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  17. 神経モニタリングポケットマニュアル

    本村和也( 担当: 共著)

    羊土社  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  18. Tumors of the Central Nervous System Volume 2; Glioma-Initiating Cells: Interferon Treatment.

    Atsushi Natsume, Masasuke Ohno, Kanako Yuki, Kazuya Motomura, Toshihiko Wakabayashi( 担当: 共著)

    Springer  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  19. 術中神経モニタリングバイブル

    本村和也( 担当: 共著)

    羊土社  2020年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  20. Medical Technology: この1冊で安心!周術期の生理機能検査 丸ごとガイド; 頭蓋内腫瘍の周術期MRI検査

    本村和也( 担当: 共著)

    医歯薬出版株式会社  2019年12月 

     詳細を見る

    担当ページ:1508-1514   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  21. 覚醒下手術によるsupratotal resectionを目指したlower grade gliomaに対する手術戦略

    本村和也( 担当: 単著)

    脳神経外科速報  2019年8月 

     詳細を見る

    担当ページ:838-845   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  22. 覚醒下腫瘍摘出術と機能評価

    本村和也, 夏目敦至, 若林俊彦( 担当: 単著)

    リハビリテーション医学誌  2019年8月 

     詳細を見る

    担当ページ:613-617   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  23. ニューロナビゲーションシステム;OPERADA Arrowの脳腫瘍手術における臨床使用経験

    本村和也, 若林俊彦( 担当: 単著)

    MEDIX  2019年6月 

     詳細を見る

    担当ページ:838-845   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  24. Diffuse Low-Grade Gliomas in Adults, Pathogenesis of Diffuse low-grade gliomas

    Courtney Pendleton, Kazuya Motomura, Atsushi Natsume( 担当: 共著)

    Springer  2017年 

     詳細を見る

    担当ページ:111-117   記述言語:英語 著書種別:学術書

  25. 脳腫瘍臨床病理カラーアトラス 第4版; 神経線維腫、神経周膜腫、混成神経鞘腫瘍

    本村和也( 担当: 共著)

    医学書院  2017年 

     詳細を見る

    担当ページ:113-115   記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

MISC 10

  1. Prognostic relevance of genetic alterations in diffuse lower-grade gliomas. 国際誌

    Kosuke Aoki, Hideo Nakamura, Hiromichi Suzuki, Keitaro Matsuo, Keisuke Kataoka, Teppei Shimamura, Kazuya Motomura, Fumiharu Ohka, Satoshi Shiina, Takashi Yamamoto, Yasunobu Nagata, Tetsuichi Yoshizato, Masahiro Mizoguchi, Tatsuya Abe, Yasutomo Momii, Yoshihiro Muragaki, Reiko Watanabe, Ichiro Ito, Masashi Sanada, Hironori Yajima, Naoya Morita, Ichiro Takeuchi, Satoru Miyano, Toshihiko Wakabayashi, Seishi Ogawa, Atsushi Natsume  

    Neuro-oncology20 巻 ( 1 ) 頁: 66 - 77   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:Oxford University Press  

    Background: Diffuse lower-grade gliomas (LGGs) are genetically classified into 3 distinct subtypes based on isocitrate dehydrogenase (IDH) mutation status and codeletion of chromosome 1p and 19q (1p/19q). However, the subtype-specific effects of additional genetic lesions on survival are largely unknown. Methods: Using Cox proportional hazards regression modeling, we investigated the subtype-specific effects of genetic alterations and clinicopathological factors on survival in each LGG subtype, in a Japanese cohort of LGG cases fully genotyped for driver mutations and copy number variations associated with LGGs (n = 308). The results were validated using a dataset from 414 LGG cases available from The Cancer Genome Atlas (TCGA). Results: In Oligodendroglioma, IDH-mutant and 1p/19q codeleted, NOTCH1 mutations (P = 0.0041) and incomplete resection (P = 0.0019) were significantly associated with shorter survival. In Astrocytoma, IDH-mutant, PIK3R1 mutations (P = 0.0014) and altered retinoblastoma pathway genes (RB1, CDKN2A, and CDK4) (P = 0.013) were independent predictors of poor survival. In IDH-wildtype LGGs, co-occurrence of 7p gain, 10q loss, mutation in the TERT promoter (P = 0.024), and grade III histology (P < 0.0001) independently predicted poor survival. IDH-wildtype LGGs without any of these factors were diagnosed at a younger age (P = 0.042), and were less likely to have genetic lesions characteristic of glioblastoma, in comparison with other IDH-wildtype LGGs, suggesting that they likely represented biologically different subtypes. These results were largely confirmed in the cohort of TCGA. Conclusions: Subtype-specific genetic lesions can be used to stratify patients within each LGG subtype. enabling better prognostication and management.

    DOI: 10.1093/neuonc/nox132

    Scopus

    PubMed

  2. Does ATRX immunohistochemistry deserve a surrogate of 1p/19q codel in grade II, III gliomas? 査読有り

    Yamamichi Akane, Ohka Fumiharu, Aoki Kosuke, Suzuki Hiromichi, Hirano Masaki, Motomura Kazuya, Wakabayashi Toshihiko, Kato Yukinari, Natsume Atsushi  

    CANCER SCIENCE109 巻   頁: 926   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  3. IS ATRX IMMUNOCHEMISTRY USEFUL AS A SUBSTITUTE FOR ANALYSIS OF 1p/19q CODELETION IN GRADES II, III GLIOMAS?

    Akane Yamamichi, Fumiharu Ohka, Kosuke Aoki, Hiromichi Suzuki, Masaki Hirano, Kazuya Motomura, Toshihiko Wakabayashi, Yukinari Kato, Atsushi Natsume  

    NEURO-ONCOLOGY19 巻   頁: 180 - 180   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS INC  

    Web of Science

  4. Remote ischemic preconditioning protects human neural stem cells from oxidative stress 国際誌

    Ayako Motomura, Mikiko Shimizu, Akira Kato, Kazuya Motomura, Akane Yamamichi, Hiroko Koyama, Fumiharu Ohka, Tomohide Nishikawa, Yusuke Nishimura, Masahito Hara, Tetsuya Fukuda, Yasuhiko Bando, Toshihide Nishimura, Toshihiko Wakabayashi, Atsushi Natsume  

    APOPTOSIS22 巻 ( 11 ) 頁: 1353 - 1361   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    In previous clinical trials, we showed that remote ischemic preconditioning (rIPC) reduced myocardial damage in children undergoing treatment for congenital heart defects and postoperative renal failure in patients undergoing abdominal aortic aneurysm surgery. In rabbit experiments, pre-treatment with plasma and plasma dialysate (obtained using 15-kDa cut-off dialysis membrane) from donor rabbits subjected to rIPC similarly protected against cardiac infarction. However, the protective substances containing in rIPC plasma have been unknown. In the present study, we showed that rIPC plasma exerted anti-apoptotic and anti-oxidative effects on human neural stem cells under oxygen glucose deprivation (OGD) that mimics brain ischemia. Additionally, we applied the sample to the liquid chromatography integrated with mass spectrometry to identify candidate key molecules in the rIPC plasma and determine its role in protecting neural stem cells from OGD-induced cell death. Thioredoxin increased significantly after rIPC compared to pre-IPC. Pretreatment with thioredoxin, the antioxidant protein, markedly protected human neural stem cells from OGD-induced cell death. The effect of thioredoxin on brain ischemia in animals should be further evaluated. However, the present study first evaluated the effect of rIPC in the ischemic cellular model.

    DOI: 10.1007/s10495-017-1425-8

    Web of Science

    PubMed

  5. Surgical benefits of combined awake craniotomy and intraoperative magnetic resonance imaging for gliomas associated with eloquent areas 国際誌

    Kazuya Motomura, Atsushi Natsume, Kentaro Iijima, Shunichiro Kuramitsu, Masazumi Fujii, Takashi Yamamoto, Satoshi Maesawa, Junko Sugiura, Toshihiko Wakabayashi  

    JOURNAL OF NEUROSURGERY127 巻 ( 4 ) 頁: 790 - 797   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER ASSOC NEUROLOGICAL SURGEONS  

    OBJECTIVE Maximum extent of resection (EOR) for lower-grade and high-grade gliomas can increase survival rates of patients. However, these infiltrative gliomas are often observed near or within eloquent regions of the brain. Awake surgery is of known benefit for the treatment of gliomas associated with eloquent regions in that brain function can be preserved. On the other hand, intraoperative MRI (iMRI) has been successfully used to maximize the resection of tumors, which can detect small amounts of residual tumors. Therefore, the authors assessed the value of combining awake craniotomy and iMRI for the resection of brain tumors in eloquent areas of the brain.
    METHODS The authors retrospectively reviewed the records of 33 consecutive patients with glial tumors in the eloquent brain areas who underwent awake surgery using iMRI. Volumetric analysis of MRI studies was performed. The pre-, intra-, and postoperative tumor volumes were measured in all cases using MRI studies obtained before, during, and after tumor resection.
    RESULTS lntraoperative MRI was performed to check for the presence of residual tumor during awake surgery in a total of 25 patients. Initial iMRI confirmed no further tumor resection in 9 patients (36%) because all observable tumors had already been removed. In contrast, intraoperative confirmation of residual tumor during awake surgery led to further tumor resection in 16 cases (64%) and eventually an EOR of more than 90% in 8 of 16 cases (50%). Furthermore, EOR benefiting from iMRI by more than 15% was found in 7 of 16 cases (43.8%). Interestingly, the increase in EOR as a result of iMRI for tumors associated mainly with the insular lobe was significantly greater, at 15.1%, than it was for the other tumors, which was 8.0% (p = 0.001).
    CONCLUSIONS This study revealed that combining awake surgery with iMRI was associated with a favorable surgical outcome for intrinsic brain tumors associated with eloquent areas. In particular, these benefits were noted for patients with tumors with complex anatomy, such as those associated with the insular lobe.

    DOI: 10.3171/2016.9.JNS16152

    Web of Science

    PubMed

  6. Comparing the Efficacy of DeVIC Therapy and High-dose Methotrexate Monotherapy with Whole-brain Radiation Therapy for Newly-diagnosed Primary Central Nervous System Lymphoma: A Single Institution Study 国際誌

    Lushun Chalise, Kazuya Motomura, Fumiharu Ohka, Masaki Hirano, Masahito Hara, Yusuke Nishimura, Atsushi Natsume, Toshihiko Wakabayashi  

    ANTICANCER RESEARCH37 巻 ( 9 ) 頁: 5215 - 5223   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:INT INST ANTICANCER RESEARCH  

    Background/Aim: In the current study, we aimed to compare DeVIC (dexamethasone, etoposide, ifosfamide and carboplatin) chemotherapy with high-dose methotrexate (HD-MTX) monotherapy plus whole-brain radiation therapy (WBRT) for newly-diagnosed primary central nervous system lymphoma (PCNSL), in terms of their efficacies and tolerability. Patients and Methods: A total of 21 consecutive patients with PCNSL were treated with DeVIC therapy and WBRT, between 2002 and 2010. From 2010 to 2014, 14 consecutive patients with PCNSL were treated with HD-MTX followed by WBRT. Results: Overall response rates of complete and partial response for initial chemotherapy were significantly better with DeVIC therapy (95.2%) than with HD-MTX monotherapy (50%). Furthermore, one-year and two-year progression-free survival (PFS) rates were better in the DeVIC cohort than in the HD-MTX cohort. DeVIC therapy yielded higher early response rates, longer PFS, and manageable adverse events, and may be potentially better for the treatment of cases that are refractory to MTX-based therapy. Conclusion: Our retrospective clinical study revealed that DeVIC therapy is comparable with that of HD-MTX monotherapy plus WBRT, for newly diagnosed PCNSL.

    DOI: 10.21873/anticanres.11945

    Web of Science

    PubMed

  7. グレードII、IIIグリオーマ分子診断におけるATRX免疫組織染色の1p/19q共欠失のサロゲートマーカーとしての有用性は真実か?

    山道 茜, 大岡 史治, 青木 恒介, 鈴木 啓道, 平野 雅規, 本村 和也, 若林 俊彦, 加藤 幸成, 夏目 敦至  

    日本癌学会総会記事76回 巻   頁: E - 3048   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:日本癌学会  

  8. グレードII、IIIグリオーマにおいてATRX免疫組織染色は1p/19q共欠失のサロゲートになりうるのか?

    山道 茜, 大岡 史治, 青木 恒介, 平野 雅規, Chalise Lushun, 棚橋 邦明, 本村 和也, 若林 俊彦, 加藤 幸成, 夏目 敦至  

    Brain Tumor Pathology34 巻 ( Suppl. ) 頁: 112 - 112   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:日本脳腫瘍病理学会  

  9. A novel all-in-one intraoperative genotyping system for IDH1-mutant glioma

    Fumiharu Ohka, Akane Yamamichi, Michihiro Kurimoto, Kazuya Motomura, Kuniaki Tanahashi, Hiromichi Suzuki, Kosuke Aoki, Shoichi Deguchi, Lushun Chalise, Masaki Hirano, Akira Kato, Yusuke Nishimura, Masahito Hara, Yukinari Kato, Toshihiko Wakabayashi, Atsushi Natsume  

    BRAIN TUMOR PATHOLOGY34 巻 ( 2 ) 頁: 91 - 97   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER JAPAN KK  

    IDH1 gene mutation has been demonstrated to be an oncogenic driver in a majority of lower-grade gliomas (LGGs). In contrast to other central nervous neoplasms and normal brain tissue without IDH1 mutation, almost 80% of LGGs exhibit IDH1 mutation. Therefore, expeditious detection of IDH1 mutation is useful, not only for intraoperative diagnosis of these gliomas but also for determination of the border between the tumor and normal brain tissue. In this study, we established a rapid genotyping assay with a simple DNA extraction method, involving only incubation of the tumor specimen with Tris-EDTA buffer, which can be easily performed in an operating room. In all 11 tested cases, we could identify the IDH1 status within 90-100 min intraoperatively. In a case of anaplastic astrocytoma, IDH-mutant, we could detect the tumor border by IDH1 profiling. In addition, with this assay, we could detect IDH1 mutation using cell-free tumor DNA derived from cerebrospinal fluid in a case of glioblastoma, IDH-mutant. Considering that clinical trials of mutated IDH1 inhibitors are ongoing, less-invasive intraoperative IDH1 gene profiling might be useful for decision making of the overall treatment strategy of LGGs. Our assay might be a useful tool for precision medicine and surgery of IDH1-mutant gliomas.

    DOI: 10.1007/s10014-017-0281-0

    Web of Science

    PubMed

  10. Efficacy of the transtemporal approach with awake brain mapping to reach the dominant posteromedial temporal lesions 国際誌

    Kentaro Iijima, Kazuya Motomura, Lushun Chalise, Masaki Hirano, Atsushi Natsume, Toshihiko Wakabayashi  

    ACTA NEUROCHIRURGICA159 巻 ( 1 ) 頁: 177 - 184   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:SPRINGER WIEN  

    Background Surgeries for lesions in the dominant hippocampal and parahippocampal gyrus involving the posteromedial temporal regions are challenging to perform because they are located close to Wernicke's area; white matter fibers related with language; the optic radiations; and critical neurovascular structures. We performed a transtemporal approach with awake functional mapping for lesions affecting the dominant posteromedial temporal regions. The aim of this study was to assess the feasibility, safety, and efficacy of awake craniotomy for these lesions.
    Methods We retrospectively reviewed four consecutive patients with tumors or cavernous angiomas located in the left hippocampal and parahippocampal gyrus, which further extended to the posteromedial temporal regions, who underwent awake surgery between December 2014 and January 2016.
    Results Four patients with lesions associated with the left hippocampal and parahippocampal gyrus, including the posteromedial temporal area, who underwent awake surgery were registered in the study. In all four patients, cortical and subcortical eloquent areas were identified via direct electrical stimulation. This allowed determination of the optimal surgical route to the angioma or tumor, even in the language-dominant hippocampal and parahippocampal gyrus. In particular, this approach enabled access to the upper part of posteromedial temporal lesions, while protecting the subcortical language-related fibers, such as the superior longitudinal fasciculus.
    Conclusions This study revealed that awake brain mapping can enable the safe resection of dominant posteromedial temporal lesions, while protecting cortical and subcortical eloquent areas. Furthermore, our experience with four patients demonstrates the feasibility, safety, and efficacy of awake surgery for these lesions.

    DOI: 10.1007/s00701-016-3035-6

    Web of Science

    PubMed

▼全件表示

講演・口頭発表等 16

  1. Clinical outcome of surgery, carboplatin based chemotherapy followed by radiotherapy in patients with primary intracranial germ cell tumors 国際会議

    Kazuya Motomura, Atsushi Natsume, Toshihiko Wakabayashi

    15th Interim Meeting of the World Federation of Neurosurgical Societies  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:イタリア共和国  

  2. Long-term survival in patients with primary intracranial germ cell tumors treated with surgery, carboplatin based chemotherapy followed by radiotherapy 国際会議

    Kazuya Motomura, Atsushi Natsume and Toshihiko Wakabayashi

    15th European Congress of Neurosurgery (EANS 2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月12日 - 2014年10月17日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:チェコ共和国  

  3. Intra-tumoral heterogeneity of PDGFRA / MET gain in WHO grade II diffuse astrocytomas 国際会議

    Motomura K, Mittelbronn M, Paulus W, Brokinkel B, Keyvani K, Sure U, Wrede K, Nakazato Y,Tanaka Y, Nonoguchi N, Pierscianek D, Kim YH, Mariani L, Vital A, Perry A, Ohgaki H

    AACR Annual Meeting 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月6日 - 2013年4月10日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  4. PDGFRA Gain in Low-Grade Diffuse Gliomas 国際会議

    Motomura K, Mittelbronn M, Paulus W, Brokinkel B, Keyvani K, Sure U, Wrede K, Nakazato Y,Tanaka Y, Nonoguchi N, Pierscianek D, Kim YH, Mariani L, Vital A, Perry A, Ohgaki H

    IARC Scientific Council Forty-nineth session 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月31日 - 2013年2月1日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:フランス共和国  

  5. WHO grade II diffuse astrocytomaに おけるPDGFRA / MET gainの腫瘍内不均一性

    本村和也、夏目敦至、若林俊彦、Hiroko Ohgaki

    第31回日本脳腫瘍病理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月25日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  6. The efficacy of interferon-β and temozolomide combination therapy for newly diagnosed primary glioblatoma: Multicenter study. 国際会議

    Motomura K, Natsume A, Fujii M, Ito M, Namba H, Abe T, Nakasu Y, Watanabe R, Wakai K, Wakabayashi T

    2010 ASCO Annual' 10 meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月4日 - 2010年6月8日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  7. 頭頂葉・神経膠腫における覚醒下機能マッピング・モニタリング

    本村和也、藤井正純、前澤聡、倉光俊一郎、杉浦淳子、飛永真希、原大介、松井泰行、堤ちあき、水口貴詞、二村 美也子、下田伊津子、若林俊彦

    第18回日本脳腫瘍の外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月19日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  8. Diffuse astrocyotomaにおける新たなバイオマーカーの発見~IARC, WHOからの最新知見~

    本村和也, Daniela Pierscianek, Hiroko Ohgaki

    第30回日本脳腫瘍学会学術学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月26日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:広島   国名:日本国  

  9. 代謝関連遺伝子IDH1変異を中心とした免疫組織染色解析に基づく初発膠芽腫のサブタイプ診断と個別化医療への展望

    本村和也、夏目敦至、渡邊 麗子、伊藤伊知郎、加藤幸成、百田洋之、西川亮、三島一彦、中洲庸子、阿部竜也、難波宏樹、中里洋一、田代広、竹内一郎、若林俊彦

    第70回日本神経外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月14日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  10. 脳腫瘍手術における術中運動神経モニタリング

    本村和也

    第3回奈良術中神経モニター講習会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  11. 膠芽腫における組織染色でのmIDH1など16マーカー発現とゲノム・エピゲノム解析によるsubtype分類と予後検討

    本村和也、夏目敦至、渡邊 麗子、百田洋之、藤井正純、西川亮、三島一彦、中洲庸子、阿部竜也、難波宏樹、加藤幸成、中里洋一、若林俊彦

    第29回日本脳腫瘍病理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月20日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  12. 初発膠芽腫に対する免疫組織染色を用いたGBM subtype analysisとその予後検討

    本村和也、夏目敦至、渡邊 麗子、百田洋之、藤井正純、西川亮、三島一彦、中洲庸子、阿部竜也、難波宏樹、中里洋一、若林俊彦

    第28回日本脳腫瘍学会学術学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月29日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:軽井沢   国名:日本国  

  13. 覚醒下開頭術の現状と今後の展望

    本村和也

    第3回名大京大フレンドシップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  14. Low-grade diffuse gliomasに対する覚醒下開頭術

    本村和也

    東海脳腫瘍セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  15. 当施設のおける静注テモゾロミド療法の臨床経験 国際会議

    本村和也

    東海脳腫瘍セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  16. 当施設のおけるテモダール点滴静注の使用経験 国際会議

    本村和也

    東海脳腫瘍セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. 感情の神経基盤の解析:島回に対する浸潤脳腫瘍の及ぼす病態の解明

    2017年04月 - 現在

    武田科学振興財団 医学系研究奨励 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 次世代医療機器・ナビゲーション下経頭蓋磁気刺激(nTMS)システムを用いた新たな術前・脳機能マッピング法の確立

    2015年02月 - 現在

    日本脳神経財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 10

  1. 包括的ゲノムプロファイリングに基づくIDH野生型神経膠腫の新規予後因子の機能解明

    2017年05月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 感情認識における心理・神経基盤解明:脳神経外科学・認知神経科学の融合

    2018年04月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    若林俊彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  3. グリオーマの悪性転化に関わる新規バイオマーカーの機能解明

    2013年05月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 幹細胞関連タンパクを発現するトランスポゾンを用いた悪性脳腫瘍発生メカニズムの解明

    2011年05月 - 2012年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    近年我々は、幹細胞関連蛋白の一つであり、Akt の新規基質である Girdin(Nat Cell Biol, 2008)が悪性グリオーマに高発現しており、特に腫瘍形成、分化、浸潤能に関わることを同定した。さらに、Girdin がグリオーマ幹細胞(Glioma-initiating cells; GICs)の分化誘導の suppressor としての役割を持つことを示した。この Girdin を発現する画期的な Sleeping Beauty(SB)トランスポゾンベクター(Nature, 2005)を用いて脳腫瘍自然発生モデルを作成することで、Girdin による腫瘍発生、増殖に関わるメカニズムを解明することがこの研究の主旨である。

  5. 感情認識における心理・神経基盤解明:脳神経外科学・認知神経科学の融合

    2018年04月 - 現在

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    若林俊彦, 梅田 聡, 寺澤 悠理

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 感情認識における心理・神経基盤解明:脳神経外科学・認知神経科学の融合

    研究課題/研究課題番号:18H02911  2018年04月 - 2022年03月

    若林 俊彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    平成30年度では、表情認識課題を用いた覚醒下機能マッピングの確立を目指している。島回を刺激する部位、刺激強度、表情課題の種類の選定や課題施行回数の詳細な条件を決定し、また内受容感覚の鋭敏さの測定方法としての心拍検出課題についても条件設定を行っている。最適な条件の表情認識課題、心拍検出課題を用いて、島回およびその近傍に存在する脳腫瘍に対して覚醒下摘出術が予定されている患者に表情認識課題および心拍検出課題を施行し、データを蓄積しており、症例データの収集は順調である。平成30年度では、覚醒下手術施行数が年間約34例あり、その中で島回およびその近傍に存在する脳腫瘍症例は7例認めた。
    本年度は、島回腫瘍のある症例に対して、感情処理に焦点を当てる課題として、表情認知と表情が表す感情の強さの評価を求める課題を実施してきた。術前、覚醒下機能マッピング時、および術後において、表情認識課題(怒り・喜び・悲しみ・嫌悪・感情なし)を行い、どれを感じるかどうかを答えてもらうことで、表情が表す感情の種類、強さの識別に対して、島回がどのような役割を担っているかについて明らかにしたいと考えている。また、感情の理解における内受容感覚と島回の関係を明らかにするために、心拍検出課題を行ってきた。①自己の心臓の動きや体の状態に注意を向けてもらい、所定の秒数で自分の心拍数を数えてもらうという課題、②「はじめ」という合図から「終わり」というまで、何秒間の時間があったどうかを心の中で数えてもらい、その時間評価を行うという課題の、2つの課題を行っている。一定時間内に被験者が主観的に感じ取れた心拍の回数の報告と、実際に記録された心拍数を比べることによって、その個人が、自身の身体内部で生じている変化をどの程度正確に知覚できるかの指標とする。
    研究データの収集が順調に進行している。
    今後はさらなる症例を蓄積し、本年度に決定した条件を基に、島回およびその近傍に存在する脳腫瘍に対して覚醒下摘出術が予定されている患者に表情認識課題および心拍検出課題を施行し、データを蓄積していく。表情認識課題と心拍検出課題のパフォーマンス(内受容感覚の鋭敏さ)、さらに手術部位との関係性を統計学的解析にて検討することで、島回腫瘍患者における感情の中枢神経基盤・メカニズムを解明していきたい。

  7. 包括的ゲノムプロファイリングに基づくIDH野生型神経膠腫の新規予後因子の機能解明

    2017年05月 - 現在

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. 感情の神経基盤の解析:島回に対する浸潤脳腫瘍の及ぼす病態の解明

    2017年04月 - 現在

    武田科学振興財団  武田科学振興財団 医学系研究奨励 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  9. 包括的ゲノムプロファイリングに基づくIDH野生型神経膠腫の新規予後因子の機能解明

    研究課題/研究課題番号:17K10862  2017年04月 - 2021年03月

    本村 和也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    昨年度より、DMBT1及びMET-shRNA導入されたIDH野生型grade IIIグリオーマ細胞株をマウスの脳内に移植し、その脳腫瘍マウスモデルを用いて脳腫瘍の発生率、増殖の程度及びGFAP, Nestin, S100, NeuN, EGFRvIIIなどの発現を組織学的に検討し、DMBT1及びMETの腫瘍発生、増殖に関わるメカニズムを解明する予定で実験計画を進めてきた。 しかしながら、マウス脳になかなか生着せず、想定以上に時間を要している。よって、DMBT1及びMET-shRNA導入細胞株を新たに作成することを現在行っている。grade IIIグリオーマ細胞株(CHLA-03-AA (ATCC174; CRL-3035_8482))を別のIDH野生型細胞株に変更して実験を行っている。他候補の細胞株としては、IFO50435 KINGS-1やIFO50369 no.11を使用している。マウスに生着する細胞株が作成できた後、これまで予定通り、DMBT1及びMETによる腫瘍発生、増殖に関わるメカニズムを解明することを目的に、脳腫瘍の発生率、増殖の程度及びGFAP, nestin, S100, NeuN, EGFRvIIIなどの発現を組織学的に検討する。それによって、DMBT1遺伝子導入及びMET遺伝子ノックダウンすることによって、幹細胞様の性質がどのように変化、もしくは保たれているかを評価する。さらに、DMBT1及びMETこれらの遺伝子の機能を解析するために、これらの細胞を二次移植し、腫瘍の形成能とマウスの生存について解析を行う予定である。さらに、腫瘍形成期にMRIを施行後、脳組織(脳腫瘍検体)を回収し、分子レベルでも評価する予定である。
    DMBT1及びMET-shRNA導入ベクター導入grade IIIグリオーマ細胞株を免疫不全マウスがなかなか生存しないため、時間がかかっている。
    今後は、IDH野生型grade IIIグリオーマ細胞株腫瘍形成期を評価できるよう、別のIDH野生型細胞株に変更して実験を行っている。

  10. 次世代医療機器・ナビゲーション下経頭蓋磁気刺激(nTMS)システムを用いた新たな術前・脳機能マッピング法の確立

    2015年02月 - 現在

    日本脳神経財団  日本脳神経財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 6

  1. 脳腫瘍、画像誘導覚醒下手術

    2019

  2. 脳腫瘍、画像誘導覚醒下手術

    2018

  3. 脳腫瘍、画像誘導覚醒下手術

    2017

  4. 脳腫瘍、画像誘導覚醒下手術

    2016

  5. 脳腫瘍、画像誘導覚醒下手術

    2015

  6. 脳腫瘍、画像誘導覚醒下手術

    2014

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 3

  1. 脳腫瘍、画像誘導覚醒下手術

    名古屋大学)

  2. 脳腫瘍、画像誘導覚醒下手術

    名古屋大学)

  3. 脳腫瘍、画像誘導覚醒下手術

    名古屋大学)