2023/10/21 更新

写真a

オオシマ ケンジ
大島 健司
OSHIMA Kenzi
所属
大学院生命農学研究科 応用生命科学専攻 応用生命科学 助教
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部
職名
助教

学位 1

  1. 博士(農学) ( 2002年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 1

  1. ミルク, 上皮細胞, 分泌性小胞, 腸内細菌

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 栄養学、健康科学  / ミルク, 上皮細胞, 細胞外小胞, 腸内細菌

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 腸内環境による代謝・免疫の長期持続調節の研究

経歴 3

  1. 名古屋大学大学院   生命農学研究科   助教

    2011年3月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. the University of Chicago   Department of Molecular Genetics and Cell Biology   Research Associate

    2007年7月 - 2011年2月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  3. 理化学研究所発生再生総合研究センター   研究員

    2002年4月 - 2007年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 1

  1. 名古屋大学   農学研究科   応用分子生命科学

    1999年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本分子生物学会

  2. 日本農芸化学会

  3. 日本栄養・食糧学会

  4. 日本細胞生物学会

 

論文 34

  1. Characterization of human Ccser2 as a protein tracking the plus-ends of microtubules.

    Shirai Y, Okuda T, Oshima K, Nadano D

    BMC research notes   16 巻 ( 1 ) 頁: 198   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13104-023-06475-z

    PubMed

  2. Hyaluronan degradation and release of a hyaluronan-aggrecan complex from perineuronal nets in the aged mouse brain

    Sugitani Kei, Egorova Diana, Mizumoto Shuji, Nishio Shunsuke, Yamada Shuhei, Kitagawa Hiroshi, Oshima Kenzi, Nadano Daita, Matsuda Tsukasa, Miyata Shinji

    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS   1865 巻 ( 2 ) 頁: 129804   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbagen.2020.129804

    Web of Science

    PubMed

  3. A pericellular hyaluronan matrix is required for the morphological maturation of cortical neurons

    Takechi Mina, Oshima Kenzi, Nadano Daita, Kitagawa Hiroshi, Matsuda Tsukasa, Miyata Shinji

    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS   1864 巻 ( 10 ) 頁: 129679   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbagen.2020.129679

    Web of Science

    PubMed

  4. Transcription Factor Sox4 as a Potential Player in Mammary Gland Involution

    Shibayama Hirohisa, Yamamoto Tomomi, Oshima Kenzi, Matsuda Tsukasa, Nadano Daita

    DNA AND CELL BIOLOGY   38 巻 ( 10 ) 頁: 1125 - 1133   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/dna.2019.4700

    Web of Science

    PubMed

  5. 腸上皮 Caco-2 細胞単層培養の頂端側におけるラクトフェリンの取り込みとビフィズス菌増殖促進ペプチドを含む分解断片の放出( 招待有り

    秋山友香、西尾俊亮、大島健司、織田浩嗣、山内恒治、阿部文明、松田幹

    ラクトフェリン 2019     2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  6. 乳に含まれる細胞外小胞と酸性リン脂質結合タンパク質の新たな機能

    大島 健司

    化学と生物   57 巻 ( 4 ) 頁: 205 - 206   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本農芸化学会  

    DOI: 10.1271/kagakutoseibutsu.57.205

    CiNii Research

  7. The mRNA-binding protein Serbp1 as an auxiliary protein associated with mammalian cytoplasmic ribosomes

    Muto Akiko, Sugihara Yoshihiko, Shibakawa Minami, Oshima Kenzi, Matsuda Tsukasa, Nadano Daita

    CELL BIOCHEMISTRY AND FUNCTION   36 巻 ( 6 ) 頁: 312-322   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cbf.3350

    Web of Science

    PubMed

  8. Apical-to-basolateral transepithelial transport of cow's milk caseins by intestinal Caco-2 cell monolayers: MS-based quantitation of cellularly degraded α- and β-casein fragments

    Sakurai Nao, Nishio Shunsuke, Akiyama Yuka, Miyata Shinji, Oshima Kenzi, Nadano Daita, Matsuda Tsukasa

    JOURNAL OF BIOCHEMISTRY   164 巻 ( 2 ) 頁: 113 - 125   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jb/mvy034

    Web of Science

    PubMed

  9. Extracellular vesicle-mediated MFG-E8 localization in the extracellular matrix is required for its integrin-dependent function in mouse mammary epithelial cells 査読有り

    Ooishi Takuya, Nadano Daita, Matsuda Tsukasa, Oshima Kenzi

    GENES TO CELLS   22 巻 ( 10 ) 頁: 885 - 899   2017年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/gtc.12521

    Web of Science

    PubMed

  10. 密度勾配遠心分離とSDSゲル電気泳動を用いた分泌膜小胞結合タンパク質の解析

    中谷 肇, 安枝 武彦, 大島 健司, 松田 幹

    電気泳動   61 巻 ( 2 ) 頁: 115 - 119   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本電気泳動学会  

    <p>密度勾配超遠心分離とSDS-PAGEを用いて,マウス乳中に含まれる分泌膜小胞結合タンパク質,MFG-E8,の研究を行った.搾乳した新鮮なマウス乳に含まれる分泌膜小胞である乳脂肪球とエキソソームは密度勾配超遠心分離により,それぞれ低密度画分と高密度画分に分画され,SDS-PAGE免疫ブロット解析によりMFG-E8は主に乳脂肪球画分に検出された.このようなMFG-E8の分布は強制離乳により変化し,エキソソーム画分や可溶性タンパク質画分を含む幅広い密度範囲に分布した.乳脂肪球の蛍光免疫染色の結果などから,MFG-E8は分泌後間もない新鮮な乳脂肪球の表面には少なく時間経過とともに増加することが示された.MFG-E8の結合により乳脂肪球は貪食され易くなったことから,アポトーシス細胞と同様に,MFG-E8は古くなった乳脂肪球においてもeat-me signalとして機能することが示唆された.</p>

    DOI: 10.2198/electroph.61.115

    CiNii Research

  11. Evaluation of allergenic potential for rice seed protein components utilizing a rice proteome database and an allergen database in combination with IgE-binding of recombinant proteins 査読有り

    Kana Hirano, Shingo Hino, Kenzi Oshima, Daita Nadano, Atsuo Urisu, Fumio Takaiwa & Tsukasa Matsuda.

    Biosci Biotechnol Biochem.   80 巻 ( 3 ) 頁: 564-73   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/09168451.2015.1116927

  12. A protective effect of milk fat globule EGF factor VIII (MFG-E8) on the spontaneous fusion of milk fat globules in breast milk. 査読有り

    Takehiko Yasueda, Kenzi Oshima, Hajime Nakatani, Kanji Tabuchi, Daita Nadano and Tsukasa Matsuda.

    Journal of Biochemistry   158 巻 ( 1 ) 頁: 25 - 35   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M114.598821

  13. A Transport and Retention Mechanism for the Sustained Distal Localization of Spn-F-IKKε During Drosophila Bristle Elongation. 査読有り 国際共著

    Tetsuhisa Otani, Kenzi Oshima, Akiyo Kimpara, Michiko Takeda, Uri Abdu, Shigeo Hayashi

    Development   142 巻 ( 13 ) 頁: 2338 - 2351   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1242/dev.121863

  14. Glycosylated Chicken ZP2 Accumulates in the Egg Coat of Immature Oocytes and Remains Localized to the Germinal Disc Region of Mature Eggs. 査読有り

    Shunsuke Nishio, Yoshinori Kohno, Yuki Iwata, Mayumi Arai, Hiroki Okumura, Kenzi Oshima, Daita Nadano, and Tsukasa Matsuda.

    Biol Reprod.   91 巻 ( 5 ) 頁: 107   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Lyar, a cell growth-regulating zinc finger protein, was identified to be associated with cytoplasmic ribosomes in male germ and cancer cells. 査読有り

    Kahori Yonezawa, Yoshihiko Sugihara, Kenzi Oshima, Tsukasa Matsuda, Daita Nadano.

    Mol Cell Biochem.   395 巻 ( 1 ) 頁: 221-229   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11010-014-2128-x

  16. Macroglobulin complement-related encodes a protein required for septate junction organization and paracellular barrier function in Drosophila. 査読有り

    Sonia Hall, Courtney Bone, Kenzi Oshima, Liang Zhang, Molly McGraw, Bethany Lucas, Richard G. Fehon and Robert E. Ward IV.

    Development   141 巻 ( 4 ) 頁: 889-898   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. A lactoferrin-receptor, intelectin 1, affects uptake, sub-cellular localization and release of immunochemically detectable lactoferrin by intestinal epithelial Caco-2 cells. 査読有り

    Akiyama Y, Oshima K, Kuhara T, Shin K, Abe F, Iwatsuki K, Nadano D, Matsuda T.

    The Journal of Biochemistry.   154 巻 ( 5 ) 頁: 437-448.   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. ラクトフェリン受容体を高発現するヒト腸上皮様Caco-2細胞における牛乳ラクトフェリンの取り込みと断片化および放出

    秋山友香、大島健司、久原徹哉、新 光一郎、灘野大太、 阿部文明、松田 幹

    ラクトフェリン2013     頁: 1-6   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  19. Allergenic potential of rice-pollen proteins: expression, immuno-cross reactivity and IgE-binding. 査読有り

    Hirano K, Hino S, Oshima K, Okajima T, Nadano D, Urisu A, Takaiwa F, Matsuda T

    The Journal of Biochemistry.   154 巻 ( 2 ) 頁: 195-205   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Identification and expression of an autosomal paralogue of ribosomal protein S4, X-linked, in mice: Potential involvement of testis-specific ribosomal proteins in translation and spermatogenesis. 査読有り

    Sugihara Y, Sadohara E, Yonezawa K, Kugo M, Oshima K, Matsuda T, Nadano D.

    Gene   521 巻 ( 1 ) 頁: 91-99   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Intracellular Retention and Subsequent Release of Bovine Milk Lactoferrin Taken Up by Human Enterocyte-Like Cell Lines, Caco-2, C2BBe1 and HT-29. 査読有り

    Yuka AKIYAMA, Kenzi OSHIMA, Kouichirou SHIN, Hiroyuki WAKABAYASHI, Fumiaki ABE, Daita NADANO, Tsukasa MATSUDA

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   77 巻 ( 5 ) 頁: 1023 - 1029   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1271/bbb.121011

  22. Dephosphorylation reduces passage of ovalbumin antigen through intestinal epithelial Caco-2 cell monolayers. 査読有り

    Matsubara T, Akiyama Y, Oshima K, Okajima T, Nadano D, Matsuda T.

    The Journal of Biochemistry.   153 巻 ( 4 ) 頁: 347-354   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jb/mvs154

  23. Post-weaning increases in the milk-fat globule EGF-factor VIII (MFG-E8) on fat globules in mouse milk and in the uptake of the fat globules by HC11 mammary epithelial cells. 査読有り 国際共著

    Hajime Nakatani, Takehiko Yasueda, Kenzi Oshima, Tetsuya Okajima, Daita Nadano, David J Flint, and Tsukasa Matsuda.

    Journal of biochemistry     2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Milk fat globules (MFGs) secreted by lactating mammary gland are unique lipid surrounded by a phospholipid bi-layer. We report here post-weaning changes in milk fat globule EGF factor VIII (MFG-E8) and annexin V-accessible phosphatidylserine on the surface of MFGs. The MFG content in milk markedly decreased to about half within 2 days after forced weaning, despite a slight increase in milk protein content. Immunofluorescence-staining of MFGs using anti-MFG-E8 and annexin V indicated that MFG-E8 was present on some, but not all, MFGs before weaning, whereas most of MFGs were MFG-E8-positive and annexin V-negative after weaning. Free MFG-E8 with binding activity to phosphatidylserine was present abundantly in the post-weaning milk, and indeed exhibited binding to MFGs in pre-weaning milk. MFGs were taken up by HC11 mouse mammary epithelial cells in vitro, and those from post-weaning milk were remarkable for such cellular uptake. Moreover, the uptake of MFGs by the cells was inhibited by an anti-MFG-E8 antibody. Taken together, these findings suggest that MFG-E8 plays a critical role in regulation of MFG dynamics after weaning or during the suckling interval through the control of MFG-epithelial cell interaction in lactating mammary glands.

    DOI: 10.1093/jb/mvs116

  24. Re-Evaluation of Milk-Fat Globule EGF-Factor VIII (MFG-E8) as an Intrinsic Component of the Mouse Milk-Fat Globule Membrane. 査読有り

    Nakatani, Hajime and Yasueda, Takehiko and Oshima, Kenzi and Nadano, Daita and Matsuda, Tsukasa

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry     2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In lactating mammary glands, milk fat is secreted as fat globules surrounded by a cell plasma membrane containing characteristic membrane-associated proteins. Among these, butyrophilin has been shown to be specific and intrinsic to the fat globule membrane, whereas milk-fat globule EGF-factor VIII (MFG-E8) is uncertain. We characterized in the present study MFG-E8 in milk fat globules and in the culture medium of HC11 mammary epithelial cells. MFG-E8 was immunologically detected in the mammary tissues of both pregnant and lactating mice. Double-immunofluorescence staining for MFG-E8 and butyrophilin showed diversity in the MFG-E8-staining intensity among different fat globules in milk. HC11 cells secreted monomeric MFG-E8 with phosphatidylserine-binding activity, despite no fat globules being detected in the cells. This secretion was upregulated by not only prolactin but also by insulin or EGF. These results suggest that milk MFG-E8 was not equally present among fat globules and not necessarily intrinsic to the fat globules.

    DOI: 10.1271/bbb.120412

  25. Discharge of solubilized and Dectin-1-reactive [beta]-glucan from macrophage cells phagocytizing insoluble [beta]-glucan particles: involvement of reactive oxygen species (ROS)-driven degradation. 査読有り

    Shingo Hino; Aki Kito; Remi Yokoshima; Ryosuke Sugino; Kenzi Oshima; Tatsuya Morita; Tetsuya Okajima; Daita Nadano; Koji Uchida;Tsukasa Matsuda.

    Biochem Biophys Res Commun   421 巻 ( 2 ) 頁: 329–334   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ... These results suggest that degraded but Dectin - 1 - reactive β- glucan is discharged from macrophage cells ... ROS -production inhibitors reduced soluble β- glucan discharge from the ... Soluble β- glucan produced by in vitro ROS - driven degradation activated macrophages . ...

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2012.04.009

  26. The murine Gcap14 gene encodes a novel microtubule binding and bundling protein. 査読有り

    Hosono, Hitomi and Yamaguchi, Nao and Oshima, Kenzi and Matsuda, Tsukasa and Nadano, Daita

    FEBS letters   586 巻 ( 10 ) 頁: 1426--1430   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Microtubules form flexible fibers, which are utilized in cell proliferation and differentiation. Although the flexibility of microtubules was shown to be regulated by various microtubule-associated proteins, this regulation is still far from complete understanding. Here, we report a new potential regulator of microtubules in mammals. Gcap14 colocalizes with microtubules in mammalian cells transfected with Gcap14 expression vector. Association of Gcap14 with microtubules was confirmed by biochemical subcellular fractionation. Recombinant Gcap14 protein cosedimented with pure microtubules, indicating a direct binding between the two. Furthermore, recombinant Gcap14 was shown to have the ability of inducing microtubule bundling in vitro.

    DOI: 10.1016/j.febslet.2012.04.008

  27. Analysis of protein dynamics within the septate junction reveals a highly stable core protein complex that does not include the basolateral polarity protein Discs large 査読有り

    K Oshima, R G Fehon

    J. Cell Sci.   124 巻 ( 16 ) 頁: 2861-2871   2011年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1242/jcs.087700

  28. IKKε regulates cell elongation through recycling endosome shuttling. 査読有り

    Otani, T, Oshima, K, Onishi, S, Takeda, M, Shinmyozu, K, Yonemura, S, Hayashi, S.

    Dev Cell   20 巻 ( 2 ) 頁: 219-232   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.devcel.2011.02.001

  29. Crooked, Coiled and Crimpled are three Ly6-like proteins required for proper localization of septate junction components 査読有り

    Nilton, A, Oshima, K, Zare, F, Byri, S, Nannmark, U, Nyberg, K G, Fehon, R G, and Uv, A E

    Development   137 巻 ( 14 ) 頁: 2427-2437   2010年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1242/dev.052605

  30. IKKε regulates F-actin assembly and interacts with Drosophila IAP1 in cellular morphogenesis 査読有り

    Oshima, K, Takeda, M, Kuranaga, E, Ueda, R, Aigaki, T, Miura, M, and Hayashi, S.

    Current Biology   16 巻 ( 15 ) 頁: 1531-1537   2006年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cub.2006.06.032

  31. Weaning-induced expression of a milk-fat globule protein, MFG-E8, in mouse mammary glands, as demonstrated by the analyses of its mRNA, protein and phosphatidylserine-binding activity 査読有り

    Nakatani, H, Aoki, N, Nakagawa, Y, Jin-No, S, Aoyama, K, Oshima, K, Ohira, S, Sato, C, Nadano, D, Matsuda, T.

    Biochem J.   395 巻   頁: 21-30   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1042/BJ20051459

  32. Secretion of a peripheral membrane protein, MFG-E8, as a complex with membrane vesicles. 査読有り

    Oshima, Kenji and Aoki, Naohito and Kato, Takeo and Kitajima, Ken and Matsuda, Tsukasa

    European journal of biochemistry / FEBS   269 巻 ( 4 ) 頁: 1209--1218   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    MFG-E8 (milk fat globule-EGF factor 8) is a peripheral membrane glycoprotein, which is expressed abundantly in lactating mammary glands and is secreted in association with fat globules. This protein consists of two-repeated EGF-like domains, a mucin-like domain and two-repeated discoidin-like domains (C-domains), and contains an integrin-binding motif (RGD sequence) in the EGF-like domain. To clarify the role of each domain on the peripheral association with the cell membrane, several domain-deletion mutants of MFG-E8 were expressed in COS-7 cells. The immunofluorescent staining of intracellular and cell-surface proteins and biochemical analyses of cell-surface-biotinylated and secreted proteins demonstrated that both of the two C-domains were required for the membrane association. During the course of these studies for domain functions, MFG-E8, but not C-domain deletion mutants, was shown to be secreted as membrane vesicle complexes. By size-exclusion chromatography and ultracentrifugation analyses, the complexes were characterized to have a high-molecular mass, low density and higher sedimentation velocity and to be detergent-sensitive. Not only such a exogenously expressed MFG-E8 but also that endogenously expressed in a mammary epithelial cell line, COMMA-1D, was secreted as the membrane vesicle-like complex. Scanning electron microscopic analyses revealed that MFG-E8 was secreted into the culture medium in association with small membrane vesicles with a size from 100 to 200 nm in diameter. Furthermore, the expression of MFG-E8 increased the number of these membrane vesicle secreted into the culture medium. These results suggest a possible role of MFG-E8 in the membrane vesicle secretion, such as budding or shedding of plasma membrane (microvesicles) and exocytosis of endocytic multivesicular bodies (exosomes).

  33. An ELISA-Based Assay for Detergent-solubilized Cellular .BETA.1,4-Galactosyltransferase Activity. Use of a Polyacrylamide Derivative with GlcNAc-.BETA. Side Chains as a Solid Phase Acceptor Substrate. 査読有り

    OUBIHI, Mohamed and Oshima, Kenji and Aoki, Naohito and KOBAYASHI, Kazukiyo and Kitajima, Ken and Matsuda, Tsukasa

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry   64 巻 ( 4 ) 頁: 785--792   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ... Biochem., 64 (4), 785-792, 2000 M An ELISA - Based Assay for Detergent - solubilized Cellular {\ss

    DOI: 10.1271/bbb.64.785

  34. Lactation-dependent expression of an mRNA splice variant with an exon for a multiply O-glycosylated domain of mouse milk fat globule glycoprotein MFG-E8. 査読有り

    Oshima, K and Aoki, N and Negi, M and Kishi, M and Kitajima, K and Matsuda, T

    Biochemical and biophysical research communications   254 巻 ( 3 ) 頁: 522--528   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Expression of mRNA encoding MFG-E8, a milk fat-associated glycoprotein was investigated in mouse mammary gland. Two forms of mRNA, long and short variants, were shown to be expressed in the mammary tissue by RT-PCR analysis. Sequence analyses of these two variants and an isolated MFG-E8 gene segment indicated that the long and short mRNA variants resulted from an alternative splicing of a single pre-mRNA through in-flame inclusion and skipping of one exon, which encodes a proline/threonine (Pro/Thr)-rich domain. The long variant was expressed predominantly in mammary gland and the expression level was remarkably increased at late gestation and kept high during lactation. On the contrary, the short variant was detected ubiquitously in various tissues and its expression in the mammary gland was rather decreased in a lactation dependent manner. Expression of the long variant was also detected in a mouse mammary epithelial cell line, COMMA-1D, and enhanced by incubation with lactogenic hormones. Glycosylation inhibition analyses using tunicamycin and alpha-benzyl-GalNAc were conducted with COS7 cells transfected with plasmids expressing each mRNA variant, demonstrating that a fully glycosylated product of the long mRNA variant was not only N-glycosylated but also multiply O-glycosylated, whereas a product of the short one had only N-glycan(s). These results suggest that the alternative splicing plays a critical role for the mammary-specific and lactation-dependent expression of the MFG-E8 isoform and that the multiply O-glycosylated Pro/Thr-rich domain of this isoform is functionally important for formation of milk fat globules in mammary epithelial cells.

    DOI: 10.1006/bbrc.1998.0107

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. MFG-E8: Origin, Structure, Expression, Functions and Regulation

    Kenzi Oshima, Takehiko Yasueda, Shunsuke Nishio and Tsukasa Matsuda( 担当: 共著)

    Springer Netherlands  2014年3月  ( ISBN:978-94-017-8765-9

     詳細を見る

    記述言語:英語

講演・口頭発表等 3

  1. 離乳期マウスにおける腸内細菌叢形成に影響する消化管内タンパク質の発現解析

    鬼頭 一平、伊藤 大貴、宮田 真路、灘野 大太、松田 幹、大島 健司

    日本農芸化学会2020年度大会  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語  

  2. 腸上皮Caco-2細胞単層培養の頂端側におけるラクトフェリンの取り込みとビフィズス菌増殖促進ペプチドを含む分解断片の放出

    大島 健司、秋山 友香、西尾 俊亮、織田 浩嗣、山内 恒治、阿部 文明、松田 幹

    日本ラクトフェリン学会第8回学術集会  2018年10月  日本ラクトフェリン学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島大学広仁会館  

  3. 乳児腸管におけるラクトフェリンの分解吸収機構の解析

    石川千尋,宮田真路,灘野大太,松田幹,大島健司

    日本農芸化学会中部支部第183回支部例会  日本農芸化学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学豊田講堂  

科研費 2

  1. 乳児期から離乳期の腸内環境に応じた代謝・免疫の長期持続調節の解析

    研究課題/研究課題番号:21K05455  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    大島 健司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    胎児期から離乳期にかけての栄養状態は、成人後の免疫系や代謝系にまで影響を与える。 その原因として、極端な栄養による初期発生時のストレス応答に加え、乳幼児期で確立する 栄養環境への長期的な適応が影響すると考えられている。乳幼児期で低栄養を経験した後に 高カロリー食を続けるなど栄養環境の適応がミスマッチすると、代謝疾患などの非感染性疾患のリスクとなることが明らかとされているため、この調節が正しく行われることで生涯の疾患リスクを減らすことが期待出来る。本研究では、腸内環境に応じた乳児期から離乳期にかけての生理機能調節に関連した、乳成分や腸内細菌に対する腸管組織の応答を解析する。
    胎児期から離乳期にかけての栄養状態は、ストレス要因として初期発生に影響するだけでなく、出生後も栄養環境への適応が起こり、長期間免疫系や代謝系に影響することが知られている。乳幼児期の栄養不足または過剰は、代謝疾患などの非感染性疾患のリスクとなることが明らかとされており、乳幼児栄養による適応調節が正しく行われることで生涯の疾患リスクを減らすことが期待出来る。しかし現代日本では、他の先進諸国に比べ低体重で出生する新生児の割合が高い。 また、ライフスタイルにより母乳栄養の代わりとなる人工乳が広く利用されている。これらは将来的な非感染性疾患のリスクとなる可能性があるものの、未だ胎児期から乳幼児期における栄養環境が生体に及ぼす影響のメカニズムが完全には明らかとなっていないため、リスク評価と対策を行うことができない。乳児消化管は内因性の遺伝情報により発達・成熟することに加え、母乳に含まれる乳タンパク質も腸管組織や免疫系の発達・成熟に重要であることが示唆されているが、乳児消化管内での作用機序は不明なものも少なくない。また栄養源が母乳から通常食に切り替わる離乳期では、腸内細菌が消化管内で急激に増殖・定着し、菌体成分や代謝産物が宿主の免疫系や代謝系へと影響する。本研究では、腸内環境に応じた乳児期から離乳期にかけての生理機能調節について、母乳成分が乳児腸上皮細胞に作用する機構と、離乳期の食物で形成される腸内細菌叢による長期的な代謝制御や免疫制御について焦点を当てて解析を行う。
    2021年度は、母乳成分として機能性乳タンパク質であるラクトフェリン(LF)の乳児期消化管における作用機序の解析を行なった。また離乳期の腸内細菌叢が乳幼児期の食物アレルギー症状に与える影響について解析するための実験系構築を試みた。
    2021年度は、母乳成分として機能性乳タンパク質であるラクトフェリン(LF)の乳児期消化管における作用機序の解析を行なった。これまでに我々は、マウスを使用したウシLF(bLF)の消化性解析で、乳児消化管内では離乳後では見られない大型のbLF断片が生成されることを明らかにしている。そこでこのLF断片の乳児消化管での動態をさらに解析することとした。乳中や組織中にはLFと類似したトランスフェリンが含まれるため、これまでに作成していた抗bLF抗血清からこの2つのタンパク質を明確に区別できる抗bLF抗体をアフィニティー精製により得た。乳児腸上皮組織でのbLFの取り込みと細胞内輸送の経時変化を調べるため、マウス乳児にbLFを経口投与し、精製抗体を用いて小腸の組織染色を行い細胞レベルでの観察を行った。その結果、乳児期腸上皮組織では抗体に反応性のあるbLFが腸上皮細胞内に取り込まれ、粘膜固有層まで経細胞輸送されていることを明らかとした。
    離乳期は、細菌の栄養源となる難消化性成分が限定的な母乳から難消化性成分に富む通常食へと切り替わる時期であり、これにより乳幼児が初めて出会う腸内細菌が消化管内で急激に増殖・定着し、免疫系の活性化が誘導される。近年、腸内細菌により誘導される離乳期に限定的な長期免疫調節機構が存在することが明らかになりつつある。そこで本研究では、離乳期の腸内細菌叢が乳幼児期の食物アレルギー症状に影響するか解析することとした。離乳期の腸内細菌叢形成を撹乱するため、離乳前後の2週間抗生物質を投与し、糞中ゲノムDNA量と腸管管腔IgA量から腸内細菌定着とそれによる免疫活性化の抑制を確認した。また乳児食物アレルギーのモデル系構築のため、乳児マウスへ食物抗原の経皮感作を試みたが、抗原特異的なIgEの誘導を行うことができなかった。
    機能性乳タンパク質LFの乳児腸管組織での局在を解析し、腸上皮細胞と粘膜固有層に存在する細胞が標的細胞となることが示された。今後は研究計画に従い、LFの標的細胞での機能解析を行う予定である。またこれまではマウスにウシのLFを投与して解析を行っていたが、マウスLFについても特異抗体を用いて解析する系を立ち上げる予定である。
    腸内細菌により誘導される離乳期に限定的な長期免疫調節機構の解析のため、抗生物質を使用して離乳期の腸内細菌定着を撹乱させることに成功した。しかしながら、乳児食物アレルギーのマウスモデル系を構築することが出来なかった。そこで今後は抗生物質処理による免疫系への影響について、乳児食物アレルギー以外の項目の解析を進める予定である。

  2. 卵細胞外マトリクスと精子プロテアーゼの相互作用機構の解明と生殖工学への応用

    研究課題/研究課題番号:20H02949  2020年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    松田 幹, 宮田 真路, 西尾 俊亮, 大島 健司

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    哺乳類の卵子の周囲は卵固有の組織層(透明帯: ZPとよばれる)で被覆されている。受精の最初の段階で精子がZPに結合し活性化された後、精子頭部の小胞プロテアーゼの一部が遊離してZP構成タンパク質を分解し、ZPの網目に隙間を形成して精子のZPの貫通と卵細胞への結合を可能にする。異なる組み合わせのZP構成タンパク質(ZP1-4)を持つ数種の哺乳類を研究対象として精子プロテアーゼによるZPタンパク質の結合と分解、さらにZP溶解の分子機構を解明する。異なるZPタンパク質がどのようにZPを形成し、それに対応して精子プロテアーゼがどのように共進化して受精機能を維持してきたかを明らかにする。
    R3年度も引き続き活性を持つ組換え型のアクロシンとMBP-ZPタンパク質を用いてin vitroでの生化学的研究を実施した。これまでに5種の哺乳類(ヒト、マウス、ラット、ブタ、ウシ)の精子プロテアーゼについて前駆体タンパク質の発現と、プロセシングによる成熟型への変換に成功しており、これらの成熟型タンパク質のプロテアーゼ活性の定量的解析を試みた。これまでにSDS-電気泳動およびザイモグラフィーでの活性染色によりプロテアーゼ活性を測定してきたが、生(native)の状態での組換体タンパク質のプロテアーゼ活性を、合成基質を用いて比色定量した。哺乳類のアクロシンの比較対象として鳥類のアクロシンも同様に分泌発現させ活性を測定した。トランスフェクションによりアクロシンを分泌発現させたS2細胞の培養上清を限外ろ過により濃縮し、トリプシン用合成基質BAPAを用いて比色定量した。その結果、5種類の哺乳類アクロシンを発現させたS2細胞培養上清では、いずれもBAPA分解活性が検出され、二種類の動物の活性が顕著に高く検出された。これはザイモグラフィーで測定したゼラチン消化(溶解)活性とは必ずしも一致しておらず、基質に依存して動物種での酵素活性に差異があることが明らかとなった。一方、卵膜ZP糖タンパク質については、これまでにブタの卵膜を構成するZP2, ZP3およびZP4をMBPとの融合タンパク質として分泌発現させることに成功しており、R3年度では、これらのZP糖タンパク質がブタの組換え方アクロシンで切断、分解されるかを調べた。ブタの系で、組換え型プロテアーゼとZP糖タンパク質をSP2細胞で分泌発現させ、限外ろ過で濃縮した後に混合し、酵素反応させた後に電気泳動・免疫ブロット法によりMBP-ZP融合タンパク質の分解の程度を調べたが、これまでのところ、明確な断片化は検出されていない。
    これまでに前駆体タンパク質のレベルで分泌発現させプロセシングによる成熟型への変換にも成功していた5種の哺乳類(ヒト、マウス、ラット、ブタ、ウシ)の精子プロテアーゼについて、細胞培養上清を用いて合成基質による高感度活性測定系が確立できたことの意義は大きく、今後、キネティクスなどの酵素科学的解析が期待できる。また、MPB融合タンパク質として分泌発現させたZPタンパク質を用いて、酵素との相互作用について、基質となって分解、断片化されるか否かをSDS-PAGEおよび免疫ブロット法により調べた。まずはMBP-融合ZPタンパク質を発現させた細胞の培養上清にアクロシン発現の細胞培養上清を添加してみたが、明確な断片化は確認できず、今後、もう少し培養上清を濃縮し、酵素、基質の濃度を高めて検討する必要がる。以上のように、当初の計画の一部は達成できなかったが、次年度以降に予定していた計画の一部を達成することができた。このような状況から研究は概ね順調に進捗していると判断した。
    これまでに、5種類の哺乳類アクロシンを発現させたS2細胞培養上清では、いずれもBAPA分解活性が検出され、二種類の動物の活性が顕著に高く検出された。今後は、ペプチド合成基質なども含めて基質濃度に依存した酵素反応速度の定量解析などの酵素科学の動力学解析を進め、動物種間での差異とアミノ酸配列および立体構造の差異との比較解析進める。一方、これまでに、分泌発現させたMBP-融合ZPタンパク質の、同様に発現させたアクロシンによる明確な断片化は確認できていないため、今後は、培養上清を限外ろ過等で濃縮し、酵素、基質の両方の濃度を高めて酵素分解断片化の有無および断片化での切断部位の同定を試みる。さらに免疫沈降法、プルダウン法などを用いて、MBP-融合ZPタンパク質と精子プロテアーゼとの結合能(複合体形成能)を調べ、卵膜ZPタンパク質がアクロソーム結合型プロテアーゼとの結合を介した精子受容体となる可能性について検討を進める。

 

担当経験のある科目 (本学) 17

  1. 生命農学演習1

    2021

  2. 食品衛生学

    2020

  3. 生命農学演習1

    2020

  4. 情報リテラシー入門

    2020

  5. 食品衛生学

    2019

  6. 応用生命科学実験実習1

    2019

  7. 分子細胞生物学特論2

    2019

  8. 分子細胞生物学特論2

    2018

  9. 応用生命科学実験実習1

    2018

  10. 応用生命科学実験実習1

    2017

  11. 応用生命化学特論II

    2017

  12. 応用生命化学特論II

    2016

  13. 応用生命科学実験実習1

    2016

  14. 応用生命化学特論II

    2015

  15. 応用生命科学実験実習1

    2015

  16. 応用生命化学特論IV

    2014

  17. 応用生命科学実験実習1

    2014

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 6

  1. 食品学実験I

    2021年9月 - 2022年3月 名古屋文理大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  2. 食品学実験I

    2021年9月 - 2022年3月 名古屋文理大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  3. 化学の世界

    2021年4月 - 2021年7月 椙山女学園大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

  4. 化学の世界

    2021年4月 - 2021年7月 椙山女学園大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

  5. 食品学実験I

    2020年9月 - 2021年3月 名古屋文理大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  6. 化学の世界

    2020年4月 - 2020年7月 椙山女学園大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

▼全件表示