2021/05/18 更新

写真a

オオノ タミオ
大野 民生
OHNO, Tamio
所属
名古屋大学 大学院医学系研究科 附属医学教育研究支援センター 実験動物部門 准教授
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(農学) ( 1995年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 1

  1. マウス・順行性遺伝学・感受性遺伝子・糖尿病・寄生虫・マラリア・条虫

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 寄生虫学

  2. その他 / その他  / 実験動物学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. マウスを用いたマラリア原虫感染に対する宿主抵抗性遺伝子の解析

  2. マウスの体系的遺伝解析系を用いた多因子遺伝形質の解析

経歴 8

  1. 名古屋大学大学院医学系研究科附属医学教育研究支援センター実験動物部門 准教授

    2007年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   医学系研究科長補佐(動物実験担当)

    2005年11月

  3. 名古屋大学大学院医学系研究科附属医学教育研究支援センター 実験動物部門 助教授

    2005年7月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学大学院医学系研究科附属医学教育研究支援センター 実験動物部門 助手

    2004年5月 - 2005年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学大学院医学系研究科附属動物実験施設 助手

    2001年4月 - 2004年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学大学院医学系研究科附属動物実験施設・助手

    1999年9月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 浜松医科大学寄生虫学講座・助手

    1997年6月 - 1999年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 長寿科学振興財団・リサーチレジデント

    1995年4月 - 1997年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 名古屋大学   農学研究科   畜産学専攻

    1992年4月 - 1995年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   農学研究科   畜産学専攻

    1990年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   農学部   畜産学科

    1986年4月 - 1990年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 12

  1. 日本実験動物学会   評議員

    2014年5月 - 現在

  2. 日本寄生虫学会   評議員

    2008年4月 - 現在

  3. 日本実験動物学会    編集委員会委員

    2014年5月 - 現在

  4. 日本寄生虫学会   学術委員会委員

    2006年4月 - 現在

  5. 日本実験動物学会   定款・細則・規程等検討委員会

    2018年5月 - 現在

  6. 日本糖尿病・肥満動物学会

  7. 日本臨床寄生虫学会

  8. 関西実験動物研究会   評議員

    2009年4月 - 現在

  9. 日本実験動物学会   評議員

    2006年6月 - 2012年5月

  10. 日本実験動物学会   広報渉外委員会委員

    2006年6月 - 2008年5月

  11. 日本実験動物学会   教育研修ワーキンググループ委員

    2006年6月 - 2008年5月

  12. 日本実験動物学会   実験動物使用数調査ワーキンググループ

    2010年6月 - 2012年5月

▼全件表示

委員歴 8

  1. 国立大学法人動物実験施設協議会・組織委員会   委員  

    2020年6月 - 現在   

  2. 国立大学法人動物実験施設協議会・バイオセイフティ委員会   委員  

    2006年6月 - 現在   

  3. 名古屋医工連携インキュベータ安全衛生管理委員会   委員  

    2010年4月 - 現在   

  4. 国立大学医学部長会議・動物実験に関する小委員会   委員  

    2009年7月 - 2012年6月   

  5. 国立大学法人動物実験施設協議会・動物実験適正化委員会   委員  

    2014年6月 - 2020年5月   

  6. 国立大学法人動物実験施設協議会・中型動物委員会   委員  

    2010年6月 - 2012年5月   

  7. 国立大学法人動物実験施設協議会・中型動物委員会   委員  

    2006年6月 - 2008年5月   

  8. 国立大学法人動物実験施設協議会・学術情報広報委員会   委員  

    2006年6月 - 2010年5月   

▼全件表示

受賞 1

  1. 平成16年度日本実験動物学会奨励賞

    2005年5月   日本実験動物学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 71

  1. Inheritance and breeding of the waltzing mutant in the musk shrew (Suncus murinus, Insectivora) characterized by the circling and head-shaking behaviors. 査読有り

    Ohno T, Ishikawa A, Yamagata T, Namikawa T, Tomita T

    Exp. Anim.   41 巻 ( 2 ) 頁: 123-129   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. Red-eyed dilution (rd), a novel coat-color mutant gene in the musk shrew (Suncus murinus, Insectivora). 査読有り

    Ohno T, Oda S, Yamagata T, Namikawa T

    Exp. Anim.   41 巻 ( 2 ) 頁: 173-179   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. TESS line: a laboratory line of the musk shrew (Suncus murinus, Insectivora), triple-homozygous for the curly hair (ch), cream coat-color (cr) and red-eyed dilution (rd) genes and segregating the sucrase deficients (suc/suc). 査読有り

    Ohno T, Oda S, Namikawa T

    Exp. Anim.   43 巻 ( 1 ) 頁: 111-113   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Development of a laboratory colony of the musk shrew (Suncus murinus, Insectivora) exhibiting a high incidence of spontsneous diabetes. 査読有り

    Ohno T, Namikawa T

    Lab. Anim. Sci.   46 巻 ( 1 ) 頁: 107-108   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. 糖尿病スンクス:EDS(early-onset diabetes in suncus)系統. 招待有り

    大野民生、吉田太、並河鷹夫

    日本臨床   56 巻 ( 1998年増刊 ) 頁: 704-707   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  6. Serotonergic neurons are present and innervate blood vessels in the olfactory bulb of the laboratory shrew, Suncus murinus. 査読有り

    Won M H, Ohno T, Suh J G, Lee J C, Jo S M, Oh Y S, Namikawa T, Kitoh J

    Neurosci. Let.   243 巻 ( 1-3 ) 頁: 53-56   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. Toxin-induced IDDM (Insulin Dependent Diabetes Mellitus) in the musk shrew. 査読有り

    Ohno T, Kitoh J, Yamashita K, Ichikawa Y, Horio F, Terada M, Tanaka S, Namikawa T

    Life Sci.   63 巻 ( 6 ) 頁: 455-462   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. A new spontaneous animal model of NIDDM without obesity in the musk shrew. 査読有り

    Ohno T, Yoshida F, Ichikawa Y, Matsuo S, Hotta N, Terada M, Tanaka S Yamashita K, Namikawa T, Kitoh J

    Life Sci.   62 巻 ( 11 ) 頁: 995-1006   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Delayed development of reflexes and hyperactive locomotion in the spontaneous mutant "waltzing" of the musk shrew, Suncus murinus. 査読有り

    Matsuura A, Ohno T, Matsushima T, Namikawa T, Ishikawa A

    Exp. Anim.   48 巻 ( 3 ) 頁: 191-197   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Establishment of an aging farm of F344/N rats and C57BL/6 mice at National Institute for Longevity Scinences (NILS) 査読有り

    Tanaka S, Segawa N, Tamaya N, Ohno T

    Arch. Gerontol. Geriat.   30 巻 ( 3 ) 頁: 215-223   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Distribution of body weight , blood insulin and lipids levels in the SMXA recombinant inbred strains and the QTL analysis 査読有り

    Anunciado R V P, Ohno T, Mori M, Ishikawa A, Tanaka S, Horio F, Nishimura M, Namikawa T

    Exp. Anim.   49 巻 ( 3 ) 頁: 217-224   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Characterization of hyperinsulinemic recombinant inbred (RI) strains SMXA-5 and SMXA-9) derived from normoinsulinemic SM/J and A/J mice 査読有り

    Anunciado R V P, Horio F, Ohno T, Tanaka S, Nishimura M, Namikawa T

    Exp. Anim.   49 巻 ( 2 ) 頁: 83-90   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Developing a new model for non-insulin dependent diabetes mellitus (NIDDM) by using Philippine wild mouse, Mus musculus castaneus 査読有り

    Anunciado R V P, Imamura T, Ohno T, Horio F, Namikawa T

    Exp. Anim.   49 巻 ( 1 ) 頁: 1-8   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Genetic analysis of mortality in murine angiostrongyliasis costaricensis using SMXA recombinant inbred mouse strains 査読有り

    Ishih A, Ohno T, Nishimura M, Terada M

    Parasitol. Int.   49 巻 ( 4 ) 頁: 335-338   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Fatty liver and hyperlipidemia in IDDM (insulin dependent diabetes mellitus) of streptozotocin-treated shrews 査読有り

    Ohno T, Horio F, Tanaka S, Terada M, Namikawa T, Kitoh J

    Life Sci.   66 巻 ( 2 ) 頁: 125-131   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Adrenal glands in smallsmooth-tailed tree shrew 査読有り

    Tanaka S. Miyaishi O, Tamaya N, Ohno T, Yamada J

    Exp. Anim.   50 巻 ( 5 ) 頁: 451-454   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. A group of five parameters as a new biological marker on F344/N rats 査読有り

    Tanaka S, Segawa T, Tamaya N, Miyaishi O, Ohno T

    Arch. Gerontol. Geriat.   32 巻 ( 2 ) 頁: 139-150   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Quantitative trait loci for body weight in the intercross between the SM/J and A/J mice 査読有り

    Anunciado R V P, Nishimura M, Mori M, Ishikawa A, Tanaka S, Horio F, Ohno T, Namikawa T

    Exp. Anim.   50 巻 ( 4 ) 頁: 319-324   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Diabetic cataract of the musk shrew (Suncus murinus, Insectivora) exhibiting spontaneous non-insulin dependent diabetes mellitus (NIDDM) 査読有り

    Ohno T, Kitoh J, Tanaka S, Nishimura M, Namikawa T

    Exp. Anim.   50 巻 ( 5 ) 頁: 431-433   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Blood and liver lipid concentrations in EDS shrews exhibiting spontaneous non-insulin dependent diabetes mellitus (NIDDM) 査読有り

    Ohno T, Horio F, Kitoh J, Tanaka S, Nishimura M, Namikawa T

    Exp. Anim.   50 巻 ( 5 ) 頁: 427-429   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. *Chromosomal mapping of the host resistance locus to rodent malaria (Plasmodium yoelii) infection in mice 査読有り

    Ohno T, Ishih A, Kohara Y, Yonekawa H, Terada M, Nishimura M

    Immunogenetics   53 巻 ( 9 ) 頁: 736-740   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Survival curve modified through dietary restriction (DR) in male Donryu rats 査読有り

    Tanaka S, Ohno T, Miyaishi O, Itoh Y

    Arch. Gerontol. Geriat.   35 巻   頁: 171-178   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Difference in average survival between F344/Du and F344/N rats is not due to genetic contamination 査読有り

    Tanaka S, Shito A, Tamaya N, Miyaishi O, Nishimura M, Ohno T

    Arch. Gerontol. Geriat.   34 巻 ( 1 ) 頁: 925-929   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Mouse H2 haplotype influences on survival rate after Angiostrongylus costaricensis infection 査読有り

    Ohno T, Ishih A, Wakana S, Nishimura M, Terada M

    Exp. Parasitol.   100 巻 ( 2 ) 頁: 140-142   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Chromosomal mapping of host susceptibility loci to Angiostrongylus costaricensis nematode infection in mice 査読有り

    Ohno T, Ishih A, Tanaka S, Nishimura M, Terada M

    Immunogenetics   53 巻 ( 10-11 ) 頁: 925-929   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Quantitative trait locus analysis of serum insulin, triglyceride, total cholesterol and phospholipid levels in the (SM/J × A/J)F2 mice. 査読有り

    Anunciado R V P, Nishimura M, Mori M, Ishikawa A, Tanaka S, Horio F, Ohno T, Namikawa T

    Exp. Anim.   52 巻 ( 1 ) 頁: 37-42   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. *Combinations of non-diabetic parental genomes elict impaired glucose tolerance in mouse SMXA RI strains. 査読有り

    Kobayashi M, Ohno T, Tsuji A, Nishimura M, Horio F

    Diabetes   52 巻 ( 1 ) 頁: 180-186   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Improved strain distribution patterns of SMXA recombinant inbred strains by microsatellite markers. 査読有り

    Ohno T, Katoh J, Kikkawa Y, Yonekawa H, Nishimura M

    Exp Anim   52 巻 ( 5 ) 頁: 415-417   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. *Detection of a new cerebral malaria susceptibility locus using CBA mice. 査読有り

    Ohno T, Nishimura M

    Immunogenetics   56 巻 ( 9 ) 頁: 675-678   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. SMXA-5 mouse is a diabetic model susceptible to feeding a high-fat diet. 査読有り

    Kobayashi M, Io F, Kawai T, Nishimura M, Ohno T, Horio F

    Biosci Biotechnol Biochem   68 巻 ( 1 ) 頁: 226-230   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Characterization of diabetes-related traits in MSM and JF1 mice on high-fat diet. 査読有り

    Kobayashi M, Ohno T, Tsuchiya T, Horio F

    J Nutr Biochem   15 巻 ( 10 ) 頁: 614-621   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Fas has a role in cerebral malaria, but not in proliferation or exclusion of the murine parasite in mice. 査読有り

    Ohno T, Kobayashi F, Nishimura M

    Immunogenetics   57 巻 ( 3-4 ) 頁: 293-296   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Susceptibility to streptozotocin-induced diabetes is mapped to mouse chromosome 11. 査読有り

    Babaya N, Ikegami H, Fujisawa T, Nojima K, Itoi-Babaya M, Inoue K, Ohno T, Shibata M, Ogihara T

    Biochem Biophys Res Commun   328 巻 ( 1 ) 頁: 158-164   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. *Major quantitative trait locus on chromosome 2 for glucose tolerance in diabetic SMXA-5 mouse established from nondiabetic SM/J and A/J strains. 査読有り

    Kobayashi M, Io F, Kawai T, Kumazawa M,Ikegami H, Nishimura M, Ohno T, Horio F

    Diabetologia   49 巻 ( 3 ) 頁: 486-495   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Serum adiponectin concentration: its correlation with diabetes-related taraits and quantitative tarit loci analysis in mouse SMXA recombinant inbred strains. 査読有り

    Kobayashi M, Ohno T, Kawada Teruo, Ikegami H, Nishimura M, Horio F

    Biosci Biotechnol Biochem   70 巻 ( 3 ) 頁: 677-683   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Genetic association of mutation at agouti locus with adrenal X zone morphology in BALB/c mice. 査読有り

    TanakaS, Kuwahara S, Nishijima K, Ohno T, Matsuzawa A

    Exp Anim   55 巻 ( 4 ) 頁: 343-347   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Comparison of rat mandible bone characteristics in F344 sunstrains, F344/Du and F344/N. 査読有り

    TanakaS, Kuwahara S, Nishijima K, Ohno T, Nagaya M, Nakamura Y, Sumi Y, Miyaishi O, Aoyama H, Goto N

    Exp Anim   55 巻 ( 5 ) 頁: 415-418   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Morphometric comparison of the rat mandible in F344 sunstrains, F344/Du and F344/N. 査読有り

    TanakaS, Kuwahara S, Nishijima K, Nakamura Y, Sumi Y, Ohno T, Goto N

    Exp Anim   55 巻 ( 5 ) 頁: 433-438   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Novel hairless RET-transgenic mouse line with melanocytic nevi and anagen hair follicles. 査読有り

    Kato M, Takeda K, Kawamoto Y, Tsuzuki T, Kato Y, Ohno T, Hossain K, Iftakhar-E-Khuda I, Ohgami N, Isobe K, Takahashi M, Nakashima I

    J Invest Dermatol   126 巻 ( 11 ) 頁: 2547-2550   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Changes of estrous cycles with aging in female F344/n rats. 査読有り

    Sone K, Yamamoto-Sawamura T, Kuwahara S, Nishijima K, Ohno T, Aoyama H, Tanaka S

    Exp Anim   56 巻 ( 2 ) 頁: 139-148   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Occlusal tooth wear in female F344/N rats with aging. 査読有り

    Nishijima K, Kuwahara S, Ohno T, Miyaishi O, Ito Y, Sumi Y, Tanaka S.

    Arch Oral Biol   52 巻 ( 9 ) 頁: 844-849   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Searching for genetic factors of fatty liver in SMXA-5 mice by quantitative trait loci analysis under a high-fat diet. 査読有り

    Kumazawa M, Kobayashi M, Io F, Kawai T, Nishimura M, Ohno T, Horio F

    J Lipid Res   48 巻 ( 9 ) 頁: 2039-2046   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Mapping of jog locus to the region between D6Mit104 and D6Mit336 on mouse chromosome 6. 査読有り

    Sun X, Chen Z, Kanou Y, Takagishi Y, Hayashi Y, Ohno T, Murata Y, Oda S

    Exp Anim   56 巻 ( 5 ) 頁: 389-392   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Natural dental caries in molars of osteogenic disorder Shionogi rats. 査読有り

    Nishijima K, Kuwahara S, Ohno T, Miyaishi O, Ito Y, Makino S, Sumi Y, Tanaka S

    Comp Med   57 巻 ( 6 ) 頁: 590-593   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. *Quantitative trait loci for impaired glucose tolerance in nondiabetic SM/J and A/J mice. 査読有り

    Hada N, Kobayashi M, Fujiyoshi M, Ishikawa A, Kuga M, Nishimura M, Ebihara S, Ohno T, Horio F

    Physiol Genomics   35 巻 ( 1 ) 頁: 65-74   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Body and major organ weights of A/J-Chr 11SM consomic mice. 査読有り

    Tanaka S, Mizorogi T, Nishijima K, Kuwahara S, Tsujio M, Aoyama H, Taguchi C, Kobayashi M, Horio F, Ohno T

    Exp Anim   58 巻 ( 4 ) 頁: 357-361   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Confirmation of diabetes-related quantitative trait loci derived from SM/J and A/J mice by using congenic strains fed a high-carbohydrate or high-fat diet. 査読有り

    Kobayashi M, Hada N, Hoshino H, Ozawa T, Umeshita K, Nishimura M, Murai A, Ohno T, Horio F

    J Nutr Sci Vitaminol   55 巻 ( 3 ) 頁: 257-263   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. A morphometric study of the adrenal cortex of the female DDD mouse. 査読有り

    Tsujio M, Mizorogi T, Nishijima K, Kuwahara S, Aoyama H, Ohno T, Tanaka S

    J Vet Med Sci   71 巻 ( 2 ) 頁: 183-187   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Occlusal tooth wear in male F344/N rats with aging. 査読有り

    Nishijima K, Kuwahara S, Ohno T, Miyaishi O, Ito Y, Sumi Y, Tanaka S

    Arch Gerontol Geriatr   48 巻 ( 2 ) 頁: 178-181   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Bone mineral analysis through dual energy X-ray absorptiometry in laboratory animals. 査読有り

    Tsujio M, Mizorogi T, Kitamura I, Maeda Y, Nishijima K, Kuwahara S, Ohno T, Niida S, Nagaya M, Saito R, Tanaka S

    J Vet Med Sci   71 巻 ( 11 ) 頁: 1493-1497   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. A novel mouse model for de novo melanoma. 査読有り

    Kumasaka MY, Yajima I, Hossain K, Iida M, Tsuzuki T, Ohno T, Takahashi M, KatoM

    Cancer Res   70 巻 ( 1 ) 頁: 24-29   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Aging change of mandibular condyle in female F344/N rats. 査読有り

      51 巻   頁: e11-e15   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Genetic analysis of abdominal fat distribution in SM/J and A/J mice. 査読有り

    Kobayashi M, Ohno T, Hada N, Fujiyoshi M, Kuga M, Nishimura M, Murai A, Horio F

    J Lipid Res   51 巻 ( 12 ) 頁: 3463-3469   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Life span of common marmoset (Callithrix jacchus) at CLEA Japan breeding colony. 査読有り

    Nishijima K, Saitoh R, Tanaka S, Ohsato-Suzuki M, Ohno T, Kitajima S

    Biogerontology   13 巻 ( 4 ) 頁: 439-443   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Establishment of consomic strains derived from A/J and SM/J mice for genetic analysis of complex traits. 査読有り

    Mamm Genome   23 巻 ( 11-12 ) 頁: 764-769   2012年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Detection of loci for allergic asthma using SMXA recombinant inbred strains of mice. 査読有り

    Ohno T, Okamoto M, Hara T,Hashimoto N, Imaizumi K, Matsushima M, Nishimura M, Shimokata K, Hasegawa Y, Kawabe T

    Immunogenetics   65 巻 ( 1 ) 頁: 17-24   2013年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Populations of follicles in F344/N rats during aging. 査読有り

    Nishijima K, Tanaka S, Sakamoto SH, Kuwahara S, Ohno T, Kitajima S

    Reprod Biol   13 巻 ( 2 ) 頁: 145-149   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Toxoplasma gondii tachyzoite-infected peripheral blood mononuclear cells are enriched in mouse lungs and liver. 査読有り

    Unno A, Kachi S, Batanova TA, Ohno T, Elhawary N, Kitoh K, Takashima Y

      134 巻 ( 2 ) 頁: 160-164   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. CD44 mediated hyaluronan adhesion of Toxoplasma gondii-infected leukocytes. 査読有り

    Hayashi T, Unno A, Baba M, Ohno T, Kitoh K, Takashima Y

    Parasitol Int   63 巻 ( 2 ) 頁: 479-484   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Searching for genomic region of high-fat diet-induced type 2 diabetes in mouse chromosome 2 by analysis of congenic strains. 査読有り

    Kobayashi M, Ohno T, Ihara K, Murai A, Kumazawa M, Hoshino H, Iwanaga K, Iwai H, Hamana Y, Ito M, Ohno K, Horio F

      9 巻 ( 5 ) 頁: e96271   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Detection of differentially expressed candidate genes for a fatty liver QTL on mouse chromosome 12 査読有り

    Kobayashi M, Suzuki M, Ohno T, Tsuzuki K, Taguchi C, Tateishi S, Kawada T, Kim YI, Murai A, Horio F

    BMC Genet   17 巻 ( 1 ) 頁: 73   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Genetic dissection of the fatty Liver QTL Fl1sa by using congenic mice and identification of andidate genes in the liver and epididymal fat. 査読有り

    Suzuki M, Kobayashi M, Ohno T, Kanamori S, Tateishi S, Murai A, Horio F

    BMC Genet   17 巻 ( 1 ) 頁: 145   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Bone Degeneration and Its Recovery in SMP30/GNL-Knockout Mice. 査読有り

    Nishijima K, Ohno T, Amano A, Kishimoto Y, Kondo Y, Ishigami A, Tanaka S

    J Nutr Health Aging   21 巻 ( 5 ) 頁: 573-578   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Mesangial proliferative glomerulonephritis in murine malaria parasite, Plasmodium chabaudi AS, infected NC mice. 査読有り

    Yashima A, Mizuno M, Yuzawa Y, Shimada K, Suzuki N, Tawada H, Sato W, Tsuboi N, Maruyama S, Ito Y, Matsuo S, Ohno T

    Clin Exp Nephrol   21 巻 ( 4 ) 頁: 589-596   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. A new missense mutation in the paired domain of the mouse Pax3 gene. 査読有り

    Ohno T, Maegawa T, Katoh H, Miyasaka Y, Suzuki M, Kobayashi M, Horio F

    Exp Anim   66 巻 ( 3 ) 頁: 245-250   2017年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Intestinal immunity suppresses carrying capacity of rats for the model tapeworm, Hymenolepis diminuta. 査読有り

    Ohno T, Kai T, Miyasaka Y, Maruyama H, Ishih A, Kino H

    Parasitol Int   67 巻 ( 4 ) 頁: 357-361   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Congenic Mapping and Candidate Gene Analysis for Streptozotocin-Induced Diabetes Susceptibility Locus on Mouse Chromosome 11. 査読有り

    Maegawa T, Miyasaka Y, Kobayashi M, Babaya N, Ikegami H, Horio F, Takahash M, Ohno T

    Mamm Genome   29 巻 ( 3 ) 頁: 273-280   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Age dependent changes of the mandible bone throughout the lifespan in female F344/N rat. 査読有り

    Nishijima K, Ohno T, Saito R, Sumi Y, Aoyama H, Tanaka S

    J Anat   233 巻 ( 4 ) 頁: 440-446   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Mouse NC/Jic strain provides novel insights into host genetic factors for malaria research. 査読有り

    Ohno T, Miyasaka Y, Kuga M, Ushida K, Matsushima M, Kawabe T, Kikkawa Y, Mizuno M, Takahashi M

    Exp Anim   68 巻 ( 3 ) 頁: 243-255   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. SDR9C7 catalyzes critical dehydrogenation of acylceramides for skin barrier formation. 査読有り

    Takeichi T, Hirabayashi T, Miyasaka Y, Kawamoto A, Okuno Y, Taguchi S, Tanahashi K, Murase C, Takama H, Tanaka K, Boeglin WE, Calcutt MW, Watanabe D, Kono M, Muro Y, Ishikawa J, Ohno T, Brash AR, Akiyama M

    J Clin Invest   130 巻 ( 2 ) 頁: 890-903   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Ablation of Iah1, a candidate gene for diet-induced fatty liver, does not affect liver lipid accumulation in mice. 査読有り

    Masuya T, Suzuki M, Tsujimura J, Kanamori S, Miyasaka Y, Ohno T, Murai A, Horio F, Kobayashi M

    Plos One   15 巻 ( 5 ) 頁: e0233087   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. スンクスの生物学(監修 磯村源蔵、編集 織田銑一、東家一雄、宮木孝昌)・スンクスにおける糖尿病モデルの開発

    大野民生( 担当: 単著)

    学会出版センター  2011年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. モデル動物の作製と維持(編 森脇和郎,米川博通,山村研一)・近交系化

    大野民生,西村正彦( 担当: 共著)

    エル・アイ・シー  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 分子の目で見た骨格筋の疲労(監修 吉岡利忠,編集 山田茂,後藤勝正)・収縮装置の老化

    瀬川岳志,大野民生,田中愼( 担当: 共著)

    ナップ  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

講演・口頭発表等 4

  1. マウスを用いたネズミマラリア原虫感染に対する宿主抵抗性の遺伝的解析

    第49回日本実験動物学会シンポジウム「モデル動物による感染症研究の最前線」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  2. マウスを用いた寄生虫感染に対する宿主抵抗性/感受性遺伝子の解析

    第134回日本獣医学会ワークショップ「感染症研究と実験動物」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  3. マウスを用いたコスタリカ住血線虫感染感受性に関与する宿主遺伝子の解析

    第74回日本寄生虫学会ワークショップ「宿主・寄生虫関係;蠕虫」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  4. マウスを用いたマラリア抵抗性遺伝子の解析

    大野民生

    第82回日本遺伝学会ワークショップ「マウス・ラットをモデルとした哺乳類遺伝学」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. NCマウスを用いた感染症とアレルギー疾患に共通する分子基盤の解析

    2006年

    国内共同研究 

  2. マウスを用いたマラリア原虫感染に対する宿主抵抗性遺伝子の解析

    2005年4月 - 2006年3月

    日東学術振興財団研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. マウスを用いた寄生蠕虫感染に対する宿主抵抗性の遺伝的解析

    2002年4月 - 2003年3月

    日比野基金医学研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 糖尿病自然発症スンクス(EDS系統)の病態解析

    2000年4月 - 2001年3月

    財団法人共済団医学研究奨励助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 10

  1. 膜様条虫の寄生が糖尿病モデルマウスの高血糖を正常化する分子機構の基盤的解析

    研究課題/研究課題番号:20K06460  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. ODSラットを活用したビタミンCの抗炎症機能の実証と分子機構の解明

    研究課題/研究課題番号:18H02155  2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究B

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:1500000円

  3. 新規赤血球因子を介したマラリア原虫増殖抑制機構の解明

    研究課題/研究課題番号:17K07134  2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    大野民生

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. マウス体系的遺伝解析系を用いたウレタン誘発肺腫瘍感受性の遺伝的解析

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    大野民生

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. マウス体系的遺伝解析系を用いたストレプトゾトシン誘発糖尿病感受性遺伝子の解析

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    大野民生

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. マウス・コンソミック系統群に見出された統合的致死現象の原因遺伝子の解析

    2007年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  萌芽研究

    大野 民生

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. NCマウスを用いた感染症とアレルギー疾患に共通する分子基盤の解析

    2006年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    大野民生

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. マウス・コンソミック系統群を用いた 糖・脂質代謝異常の原因遺伝子の解析

    2004年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    大野 民生

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. マウスを用いた脳マラリア発症に関与する宿生遺伝子の解析

    2001年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. マウスにおけるマラリア原虫感染に対する宿主抵抗性遺伝子の染色体マッピング

    1998年4月 - 1999年3月

    科学研究費補助金  奨励研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 36

  1. 生体と微生物(寄生虫学分野)・講義実習

    2020

  2. 生体と微生物(寄生虫学分野)・講義実習

    2019

  3. 医動物検査学・講義実習

    2020

  4. 医動物検査学・講義実習

    2019

  5. 動物学・講義

    2020

  6. 動物学・講義

    2019

  7. 生体と微生物(寄生虫学分野)・講義実習

    2018

  8. 医動物検査学・講義実習

    2018

  9. 実験動物学・講義

    2018

  10. 大学院基盤医科学実習(遺伝子改変マウスの遺伝的背景の統御)

    2018

  11. 生体と微生物(寄生虫学分野)・講義実習

    2017

  12. 医動物検査学・講義実習

    2017

  13. 実験動物学・講義

    2017

  14. 大学院基盤医科学実習(遺伝子改変マウスの遺伝的背景の統御)

    2017

  15. 自然環境と人間(分担)・講義

    2017

  16. 生体と微生物(寄生虫学分野)

    2016

  17. 医動物検査学

    2016

  18. 実験動物学

    2016

  19. 遺伝子改変マウスの遺伝的背景の統御

    2016

  20. 生体と微生物(寄生虫学分野)

    2015

  21. 実験動物学

    2015

  22. 遺伝子改変マウスの遺伝的背景の統御

    2015

  23. 実験動物学

    2014

  24. 生体と微生物(寄生虫学分野)

    2014

  25. 遺伝子改変マウスの遺伝的背景の統御

    2014

  26. 生体と微生物(寄生虫学分野)

    2013

  27. 遺伝子改変マウスの遺伝的背景の統御

    2013

  28. 自然環境と人間(分担)

    2013

  29. 実験動物学

    2013

  30. 生体と微生物(寄生虫学分野)

    2012

  31. 実験動物学

    2012

  32. 遺伝子改変マウスの遺伝的背景の統御

    2012

  33. 生体と微生物(寄生虫学分野)

    2011

  34. 実験動物学

    2011

  35. 遺伝子改変マウスの遺伝的背景の統御

    2011

  36. 実験動物学

    2010

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 13

  1. 医動物学

    2020年4月 - 2021年3月 中部大学)

  2. 医動物学

    2019年4月 - 2020年3月 中部大学)

  3. 生体防御学(寄生虫学分野)

    2016年4月 - 2017年3月 中部大学)

  4. 生体防御学(寄生虫学分野)

    2017年4月 - 2018年3月 中部大学)

  5. 生体防御学(寄生虫学分野)

    2015年4月 - 2016年3月 中部大学)

  6. 医動物学

    2013年4月 - 2014年3月 中部大学)

  7. 医動物学

    2012年4月 - 2013年3月 中部大学)

  8. 医動物学

    2011年4月 - 2012年3月 中部大学)

  9. 医動物学

    2010年4月 - 2011年3月 中部大学)

  10. 医動物学

    2009年4月 - 2010年3月 中部大学)

  11. 実験動物学

    2008年4月 - 2009年3月 中部大学)

  12. 実験動物学

    2007年4月 - 2008年3月 中部大学)

  13. 実験動物学

    2006年4月 - 2007年3月 中部大学)

▼全件表示

 

社会貢献活動 1

  1. 動物実験に関する外部検証専門員

    日本実験動物学会  2019年5月 - 現在