2021/05/08 更新

写真a

イソダ ハルオ
礒田 治夫
ISODA, Haruo
所属
脳とこころの研究センター 基盤整備部門 教授
大学院医学系研究科
職名
教授
プロフィール


(1)学歴
昭和59年3月  浜松医科大学医学部医学科卒業
昭和63年3月  浜松医科大学大学院医学研究科形態系修了
        医学博士の称号を受ける

(2)職歴(研究歴)
昭和63年4月 浜松医科大学医学部附属病院放射線科医員
昭和63年6月 浜松医科大学医学部放射線医学講座助手
昭和63年7月 総合病院聖隷三方原病院射線科医員
平成2年4月  浜松医科大学医学部放射線医学講座助手
平成5年6月  浜松医科大学医学部附属病院放射線科助手
平成7年6月  文部省在外研究員として米国シカゴ大学放射線科客員研究員
平成8年4月  帰国、浜松医科大学医学部附属病院放射線科助手復職
平成8年10月 浜松医科大学医学部附属病院放射線部助手
平成10年8月 浜松医科大学医学部附属病院放射線科講師
平成14年8月 浜松医科大学医学部放射線医学講座助教授
平成22年4月 名古屋大学医学部保健学科 放射線技術科学専攻 基礎放射線技術学講座 教授
平成24年4月 名古屋大学大学院医学系研究科 医療技術学専攻 医用量子科学講座 教授
平成25年12月 名古屋大学脳とこころの研究センター 教授
       名古屋大学大学院医学系研究科 脳とこころの科学講座(協力講座) 教授

(3)研究領域
脳動脈瘤血流解析
脳機能解析
神経画像診断学
凍結治療装置開発

学位 1

  1. 医学博士 ( 1988年3月   浜松医科大学 ) 

研究キーワード 8

  1. 脳動脈瘤の血流解析

  2. 脳機能解析

  3. 神経画像診断学

  4. 磁気共鳴診断学

  5. 頭頚部画像診断学

  6. 磁気共鳴法を用いた心筋運動解析

  7. 悪性腫瘍治療用凍結治療装置開発

  8. 磁気共鳴血管撮影

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 放射線科学  / 脳動脈瘤の血流解析

  2. ライフサイエンス / 認知脳科学  / 脳機能解析

  3. ライフサイエンス / 放射線科学  / 神経画像診断

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 脳動脈瘤の血流解析

  2. 磁気共鳴を用いた脳機能解析

経歴 11

  1. 名古屋大学   脳とこころの研究センター   教授

    2013年12月 - 現在

  2. 名古屋大学   大学院医学系研究科 医療技術学専攻 医用量子科学講座   教授

    2012年4月 - 2013年11月

  3. 名古屋大学   保健学科 放射線技術科学専攻 基礎放射線技術学講座   教授

    2010年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 浜松医科大学   医学部放射線医学講座 准教授   准教授

    2002年8月 - 2010年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 浜松医科大学   医学部附属病院放射線科   講師

    1998年8月 - 2002年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 浜松医科大学   医学部附属病院放射線科   助手

    1996年4月 - 1998年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 文部省在外研究員(長期)として米国(シカゴ大学放射線科)へ出張

    1995年6月 - 1996年3月

  8. 浜松医科大学   医学部放射線医学講座   助手

    1992年4月 - 1995年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 総合病院聖隷三方原病院   射線科

    1988年7月 - 1992年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 浜松医科大学   医学部放射線医学講座   助手

    1988年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 浜松医科大学   医学部附属病院放射線科   助手

    1988年4月 - 1988年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 浜松医科大学   医学研究科

    1984年4月 - 1988年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 浜松医科大学   医学部

    1978年4月 - 1984年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 9

  1. 日本医学放射線学会   代議員

    1988年4月 - 現在

  2. 日本磁気共鳴医学会

    1984年4月 - 現在

  3. 日本神経放射線学会   評議員、国際委員会委員

    1991年4月 - 現在

  4. 米国神経放射線学会

    1996年5月 - 現在

  5. 北米放射線学会

    1990年1月 - 現在

  6. 日本インターベンショナルラジオロジー学会

    1995年4月 - 現在

  7. 日本脳神経 CI 学会

    1997年4月 - 現在

  8. 可視化情報学会

    2001年4月 - 現在

  9. 日本低温医学会   理事

    2003年4月 - 現在

▼全件表示

受賞 11

  1. 第68回日本医学放射線学会学術集会 ブロンズ賞

    2009年4月   日本医学放射線学会  

  2. 第36回日本磁気共鳴医学会大会 学術奨励賞

    2008年9月   日本磁気共鳴医学会  

  3. 第67回日本医学放射線学会学術集会 ブロンズ賞

    2008年4月   日本医学放射線学会  

  4. 第15回日本MR Angiography研究会 最優秀論文賞

    2007年6月   日本MR Angiography研究会  

  5. 第66回日本医学放射線学会学術集会 ブロンズ賞

    2007年4月   日本医学放射線学会  

  6. 第30回日本脳神経CI学会総会フィルムリーディングセッション優秀賞

    2007年2月   日本脳神経CI学会  

  7. 第34回日本磁気共鳴医学会大会ポスター部門最優秀論文賞

    2006年9月   日本磁気共鳴医学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  8. 第29回日本脳神経CI学会総会フィルムリーディングセッション最優秀賞

    2006年1月   日本脳神経CI学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  9. Second prize of BRACCO-AOCNHNR Prizes in The 4th Asian-Oceanian Congress of Neuroradiology and Head & Neck Radiology

    2001年9月   Asian-Oceanian Congress of Neuroradiology and Head & Neck Radiology  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

  10. 第27回日本神経放射線研究会優秀ポスター賞

    1998年2月   日本神経放射線研究会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  11. 第21回日本磁気共鳴医学会大会大会長賞

    1993年9月   日本磁気共鳴医学会  

▼全件表示

 

論文 90

  1. Evaluation of magnetic resonance angiography as a possible alternative to rotational angiography or computed tomography angiography for assessing cerebrovascular computational fluid dynamics 査読有り

    Yoneyama Yuya, Isoda Haruo, Ishiguro Kenta, Terada Masaki, Kamiya Masaki, Otsubo Kenichi, Perera Roshani, Mizuno Takashi, Fukuyama Atsushi, Takiguchi Kazuya, Watanabe Tomoya, Kosugi Takafumi, Komori Yoshiaki, Naganawa Shinji

      43 巻 ( 4 ) 頁: 1327 - 1337   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13246-020-00936-6

    Web of Science

    PubMed

  2. Identifying the brain's connector hubs at the voxel level using functional connectivity overlap ratio 査読有り

    Bagarinao Epifanio, Watanabe Hirohisa, Maesawa Satoshi, Mori Daisuke, Hara Kazuhiro, Kawabata Kazuya, Ohdake Reiko, Masuda Michihito, Ogura Aya, Kato Toshiyasu, Koyama Shuji, Katsuno Masahisa, Wakabayashi Toshihiko, Kuzuya Masafumi, Hoshiyama Minoru, Isoda Haruo, Naganawa Shinji, Ozaki Norio, Sobue Gen

    NEUROIMAGE   222 巻   頁: 117241   2020年11月

     詳細を見る

  3. Aging Impacts the Overall Connectivity Strength of Regions Critical for Information Transfer Among Brain Networks 査読有り

    Bagarinao Epifanio, Watanabe Hirohisa, Maesawa Satoshi, Mori Daisuke, Hara Kazuhiro, Kawabata Kazuya, Yoneyama Noritaka, Ohdake Reiko, Imai Kazunori, Masuda Michihito, Yokoi Takamasa, Ogura Aya, Taoka Toshiaki, Koyama Shuji, Tanabe Hiroki C., Katsuno Masahisa, Wakabayashi Toshihiko, Kuzuya Masafumi, Hoshiyama Minoru, Isoda Haruo, Naganawa Shinji, Ozaki Norio, Sobue Gen

    FRONTIERS IN AGING NEUROSCIENCE   12 巻   頁: 592469   2020年10月

     詳細を見る

  4. Effects of Head Motion on the Evaluation of Age-related Brain Network Changes Using Resting State Functional MRI. 査読有り

    Kato S, Bagarinao E, Isoda H, Koyama S, Watanabe H, Maesawa S, Mori D, Hara K, Katsuno M, Hoshiyama M, Naganawa S, Ozaki N, Sobue G

    Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine     2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.2463/mrms.mp.2020-0081

    PubMed

  5. Changes in white matter fiber density and morphology across the adult lifespan: A cross-sectional fixel-based analysis 査読有り 国際共著

    Choy Shao Wei, Bagarinao Epifanio, Watanabe Hirohisa, Ho Eric Tatt Wei, Maesawa Satoshi, Mori Daisuke, Hara Kazuhiro, Kawabata Kazuya, Yoneyama Noritaka, Ohdake Reiko, Imai Kazunori, Masuda Michihito, Yokoi Takamasa, Ogura Aya, Taoka Toshiaki, Koyama Shuji, Tanabe Hiroki C., Katsuno Masahisa, Wakabayashi Toshihiko, Kuzuya Masafumi, Hoshiyama Minoru, Isoda Haruo, Naganawa Shinji, Ozaki Norio, Sobue Gen

    HUMAN BRAIN MAPPING   41 巻 ( 12 ) 頁: 3198-3211   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hbm.25008

    Web of Science

    PubMed

  6. Abnormal Flow Dynamics Result in Low Wall Shear Stress and High Oscillatory Shear Index in Abdominal Aortic Dilatation: Initial in vivo Assessment with 4D-flow MRI. 査読有り

    Takehara Y, Isoda H, Takahashi M, Unno N, Shiiya N, Ushio T, Goshima S, Naganawa S, Alley M, Wakayama T, Nozaki A

    Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine     2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2463/mrms.mp.2019-0188

    PubMed

  7. Haemodynamics in a patient-specific intracranial aneurysm according to experimental and numerical approaches: A comparison of PIV, CFD and PC-MRI. 査読有り

    Li Y, Yoneyama Y, Isoda H, Terada M, Kosugi T, Kosugi T, Zhang M, Ohta M

    Technology and health care : official journal of the European Society for Engineering and Medicine     2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3233/THC-202252

    PubMed

  8. Optimal Plane Selection for Measuring Post-prandial Blood Flow Increase within the Superior Mesenteric Artery: Analysis Using 4D Flow and Computational Fluid Dynamics. 査読有り

    Sugiyama M, Takehara Y, Kawate M, Ooishi N, Terada M, Isoda H, Sakahara H, Naganawa S, Johnson KM, Wieben O, Wakayama T, Nozaki A, Kabasawa H

    Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine     2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2463/mrms.mp.2019-0089

    PubMed

  9. Assessing the Risk of Intracranial Aneurysm Rupture Using Morphological and Hemodynamic Biomarkers Evaluated from Magnetic Resonance Fluid Dynamics and Computational Fluid Dynamics. 査読有り

    Perera R, Isoda H, Ishiguro K, Mizuno T, Takehara Y, Terada M, Tanoi C, Naito T, Sakahara H, Hiramatsu H, Namba H, Izumi T, Wakabayashi T, Kosugi T, Onishi Y, Alley M, Komori Y, Ikeda M, Naganawa S

    Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine     2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2463/mrms.mp.2019-0107

    PubMed

  10. Factors influencing blood flow resistance from a large internal carotid artery aneurysm revealed by a computational fluid dynamics model 査読有り

    Imai Tasuku, Izumi Takashi, Isoda Haruo, Ishiguro Kenta, Mizuno Takashi, Tsukada Tetsuya, Kropp Asuka, Ito Masashi, Nishihori Masahiro, Ishida Mamoru, Tamari Yosuke, Wakabayashi Toshihiko

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   81 巻 ( 4 ) 頁: 629-636   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.81.4.629

    Web of Science

    PubMed

  11. Reorganization of brain networks and its association with general cognitive performance over the adult lifespan 査読有り

    Bagarinao Epifanio, Watanabe Hirohisa, Maesawa Satoshi, Mori Daisuke, Hara Kazuhiro, Kawabata Kazuya, Yoneyama Noritaka, Ohdake Reiko, Imai Kazunori, Masuda Michihito, Yokoi Takamasa, Ogura Aya, Taoka Toshiaki, Koyama Shuji, Tanabe Hiroki C., Katsuno Masahisa, Wakabayashi Toshihiko, Kuzuya Masafumi, Ozaki Norio, Hoshiyama Minoru, Isoda Haruo, Naganawa Shinji, Sobue Gen

    SCIENTIFIC REPORTS   9 巻 ( 1 ) 頁: 11352   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-47922-x

    Web of Science

    PubMed

  12. Accuracy of the Flow Velocity and Three-directional Velocity Profile Measured with Three-dimensional Cine Phase-contrast MR Imaging: Verification on Scanners from Different Manufacturers 査読有り

    Watanabe Tomoya, Isoda Haruo, Fukuyama Atushi, Takahashi Mamoru, Amano Tomoyasu, Takehara Yasuo, Oishi Naoki, Kawate Masanori, Terada Masaki, Kosugi Takafumi, Komori Yoshiaki, Fukuma Yukiko, Alley Marcus

    MAGNETIC RESONANCE IN MEDICAL SCIENCES   18 巻 ( 4 ) 頁: 265-271   2019年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2463/mrms.mp.2018-0063

    Web of Science

    PubMed

  13. Myocardial motion analysis based on an optical flow method using tagged MR images 査読有り

    Tabata Daiki, Isoda Haruo, Kato Kaori, Matsubara Hiroki, Kosugi Takafumi, Kosugi Takashi, Terada Masaki, Fukuyama Atsushi, Komori Yoshiaki, Naganawa Shinji

    RADIOLOGICAL PHYSICS AND TECHNOLOGY   11 巻 ( 2 ) 頁: 202-211   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12194-018-0456-3

    Web of Science

    PubMed

  14. Hemodynamic vascular biomarkers for initiation of paraclinoid internal carotid artery aneurysms using patient-specific computational fluid dynamic simulation based on magnetic resonance imaging 査読有り

    Watanabe Tomoya, Isoda Haruo, Takehara Yasuo, Terada Masaki, Naito Takehiro, Kosugi Takafumi, Onishi Yuki, Tanoi Chiharu, Izumi Takashi

    NEURORADIOLOGY   60 巻 ( 5 ) 頁: 545-555   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00234-018-2002-8

    Web of Science

    PubMed

  15. Improved Volitional Recall of Motor-Imagery-Related Brain Activation Patterns Using Real-Time Functional MRI-Based Neurofeedback 査読有り

    Bagarinao Epifanio, Yoshida Akihiro, Ueno Mika, Terabe Kazunori, Kato Shohei, Isoda Haruo, Nakai Toshiharu

    FRONTIERS IN HUMAN NEUROSCIENCE   12 巻   頁: 158   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnhum.2018.00158

    Web of Science

    PubMed

  16. Effects of Gradient Coil Noise and Gradient Coil Replacement on the Reproducibility of Resting State Networks 査読有り

    Bagarinao Epifanio, Tsuzuki Erina, Yoshida Yukina, Ozawa Yohei, Kuzuya Maki, Otani Takashi, Koyama Shuji, Isoda Haruo, Watanabe Hirohisa, Maesawa Satoshi, Naganawa Shinji, Sobue Gen

    FRONTIERS IN HUMAN NEUROSCIENCE   12 巻   頁: 148   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnhum.2018.00148

    Web of Science

    PubMed

  17. Quantitative Analysis of Conebeam CT for Delineating Stents in Stent-Assisted Coil Embolization 査読有り

    Kuriyama T., Sakai N., Beppu M., Sakai C., Imamura H., Masago K., Katakami N., Isoda H.

    AMERICAN JOURNAL OF NEURORADIOLOGY   39 巻 ( 3 ) 頁: 488-493   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3174/ajnr.A5533

    Web of Science

  18. An unbiased data-driven age-related structural brain parcellation for the identification of intrinsic brain volume changes over the adult lifespan.

    Bagarinao E, Watanabe H, Maesawa S, Mori D, Hara K, Kawabata K, Yoneyama N, Ohdake R, Imai K, Masuda M, Yokoi T, Ogura A, Wakabayashi T, Kuzuya M, Ozaki N, Hoshiyama M, Isoda H, Naganawa S, Sobue G

    NeuroImage   169 巻   頁: 134-144   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroimage.2017.12.014

    PubMed

  19. Detecting sub-second changes in brain activation patterns during interictal epileptic spike using simultaneous EEG-fMRI.

    Bagarinao E, Maesawa S, Ito Y, Usui N, Natsume J, Watanabe H, Hoshiyama M, Wakabayashi T, Sobue G, Naganawa S, Isoda H

    Clinical neurophysiology : official journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology   129 巻 ( 2 ) 頁: 377-389   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.clinph.2017.11.018

    PubMed

  20. Influence of Spatial Resolution in Three-dimensional Cine Phase Contrast Magnetic Resonance Imaging on the Accuracy of Hemodynamic Analysis

    Fukuyama Atsushi, Isoda Haruo, Morita Kento, Mori Marika, Watanabe Tomoya, Ishiguro Kenta, Komori Yoshiaki, Kosugi Takafumi

    MAGNETIC RESONANCE IN MEDICAL SCIENCES   16 巻 ( 4 ) 頁: 311-316   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2463/mrms.mp.2016-0060

    Web of Science

    PubMed

  21. 東海・南海地区におけるMR検査室の防災対策の現況調査 査読有り

    礒田治夫, 小山修司, 山口さち子, 中井敏晴

    日本磁気共鳴医学会雑誌   35 巻 ( 3 ) 頁: 62-75   2015年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Gel phantom study of a cryosurgical probe with a thermosiphon effect and liquid nitrogen-cooled aluminum thermal storage blocks 査読有り

    ISODA Haruo, TAKEHARA Yasuo, FUJINO Hitoshi, SONE Kazuya, SUZUKI Takeshi, TSUZAKI Yoshinari, MIYAZAKI Kouji, FUJIE Michio, SAKAHARA Harumi, MAEKAWA Yasuaki

    Nagoya J Med Sci   77 巻 ( 3 ) 頁: 399-407   2015年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. MR-based computational fluid dynamics with patient-specific boundary conditions for the initiation of a sidewall aneurysm of a basilar artery 査読有り

    ISODA Haruo, TAKEHARA Yasuo, KOSUGI Takashi, TERADA Masaki, NAITO Takehiro, ONISHI Yuki, TANOI Chiharu, AMAYA Kenji, SAKAHARA Harumi

    Magn Reson Med Sci   14 巻 ( 2 ) 頁: 139-144   2015年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. MRに基づいた計算流体力学による脳動脈瘤の血流動態解析 査読有り

    礒田治夫, 渡辺智哉, 竹原康雄, 小杉隆司, 寺田理希, 大西有希, 田ノ井千春, 天谷賢治, 阪原晴海

    画像診断   34 巻 ( 13 ) 頁: 1421-1432   2014年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  25. 頭部MR画像における経時差分法の開発 査読有り

    立永 謹, 石田隆行, 礒田治夫, 寺田理希, 大倉保彦, 川下郁生

    医用画像情報学会雑誌   31 巻 ( 3 ) 頁: 47-53   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. MR検査室における震災対策 防災対策と緊急対処のための2指針について 査読有り

    中井敏晴, 山口さち子, 土橋俊男, 前谷津文雄, 引地健生, 清野真也, 丹治 一, 安達廣司郎, 武蔵安徳, 菱沼 誠, 阿部喜弘, 石森文朗, 砂森秀昭, 桝田喜正, 松本浩史, 栗田幸喜, 藤田 功, 礒田治夫, 小山修司, 村田和子, 水口紀代美, 木戸義照, 野口隆志, 梁川 功, 町田好男

    日本磁気共鳴医学会雑誌   34 巻 ( 2 ) 頁: 52-73   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Visualization of white matter tracts using a non-diffusion weighted magnetic resonance imaging method: does intravenous gadolinium injection four hours prior to the examination affect the visualization of white matter tracts? 査読有り

    Yamazaki M, Naganawa S, Kawai H, Ikeda M, Bokura K, Isoda H, Nakashima T

    PLoS One   9 巻 ( 3 ) 頁: e91860   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0091860. eCollection 2014

  28. Establishing Normal Diameter Range of the Cochlear and Facial Nerves with 3D-CISS at 3T 査読有り

    NAKAMICHI Rei, YAMAZAKI Masahiro, IKEDA Mitsuru, ISODA Haruo, KAWAI Hisashi, SONE Michihiko, NAKASHIMA Tsutomu, NAGANAWA Shinji

    Magn Reson Med Sci   25 巻 ( 12 ) 頁: 241-247   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. 【頸動脈プラークのリスクと対応-プラークの質的診断と適切な治療戦略】 4D flow MRIを用いた血流解析と頸動脈プラーク

    山下修平, 竹原康雄, 礒田治夫, 阪原晴海

    カレントテラピー   31 巻 ( 11 ) 頁: 1132-1136   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Accurate determination of patient-specific boundary conditions in computational vascular hemodynamics using 3D cine phase-contrast MRI 査読有り

    ONISHI Yuki, AOKI Kohei, AMAYA Kenji, SHIMIZU Toshiyasu, ISODA Haruo, TAKEHARA Yasuo, SAKAHARA Harumi, KOSUGI Takashi

    Int j numer method biomed eng   29 巻 ( 10 ) 頁: 1089-1103   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cnm.2562

  31. Hemodynamic assessment of celiaco-mesenteric anastomosis in patients with pancreaticoduodenal artery aneurysm concomitant with celiac artery occlusion using flow-sensitive four-dimensional magnetic resonance imaging 査読有り

    MANO Yuuki, TAKEHARA Yasuo, SAKAGUCHI Takanori, TANAKA Hiroki, ALLEY Marcus, ISODA Haruo, SHIMIZU Toshiyasu, WAKAYAMA Tetsuya, SUGIYAMA Masataka, SETOU Mitsutoshi, SAKAHARA Harumi, KONNO Hiroyuki, UNNO Naoki

    Eur J Vasc Endovasc Surg   46 巻 ( 3 ) 頁: 321-328   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejvs.2013.06.011

  32. A new automated assessment method for contrast-detail images by applying support vector machine and its robustness to nonlinear image processing 査読有り

    TAKEI Takaaki, IKEDA Mitsuru, IMAI Kuniharu, YAMAUCHI-KAWAURA Chiyo, KATO Katsuhiko, ISODA Haruo

    Australas Phys Eng Sci Med   36 巻 ( 3 ) 頁: 313-322   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13246-013-0215-z

  33. 東日本大震災によるMR装置602台の被害状況報告 査読有り

    中井敏晴, 山口さち子, 土橋俊男, 前谷津文雄, 引地健生, 清野真也, 丹治 一, 安達廣司郎, 武蔵安徳, 菱沼 誠, 阿部喜弘, 石森文朗, 砂森秀昭, 桝田喜正, 松本 浩史, 栗田幸喜, 藤田 功, 礒田治夫, 野口隆志, 梁川 功, 町田好男

    日本磁気共鳴医学会雑誌   33 巻 ( 2 ) 頁: 92-119   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Tagged MR画像のオプティカルフロー解析によるヒト心筋運動解析

    田端大輝,礒田治夫,福山篤司,清水利恭,小杉隆司,丸山克也,長縄慎二

    映像情報メディカル   45 巻 ( 1 ) 頁: 94-95   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. A case of paraspinal arteriovenous fistula in the lumbar spinal body assessed with time resolved three-dimensional phase contrast MRI 査読有り

    IWAKURA Takashi, TAKEHARA Yasuo, YAMASHITA Shuhei, NASU Hatsuko, UNNO Naoki, NISHIYAMA Motohiro, YAMAMOTO Naoto, ISODA Haruo, ALLEY Marcus, KONNO Hiroyuki, SAKAHARA Harumi

    J Magn Reson Imaging   36 巻 ( 5 ) 頁: 1231-1233   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 25. doi: 10.1002/jmri.23732

  36. Contrast enhancement of the inner ear in magnetic resonance images taken at 10 minutes or 4 hours after intravenous gadolinium injection 査読有り

    SANO Rui, TERANISHI Masaaki, YAMAZAKI Masahiro, ISODA Haruo, NAGANAWA Shinji, SONE Michihiko, HIRAMATSU Mariko, YOSHIDA Tadao, SUZUKI Hirokazu, NAKASHIMA Tsutomu

    Acta Otolaryngol   132 巻 ( 3 ) 頁: :241-246   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CONCLUSION: Contrast enhancement of the inner ear by three-dimensional fluid-attenuated inversion recovery magnetic resonance imaging (3D-FLAIR MRI) taken 4 h after intravenous gadolinium (Gd) injection was better than when taken at 10 min. Using heavily T2-weighted 3D-FLAIR MRI, visualization of endolymphatic hydrops (EH) was possible in the vestibule and the cochlea after a standard intravenous dose of Gd. OBJECTIVES: To define a suitable time point for imaging Gd uptake in the inner ear acquired with heavily T2-weighted 3D-FLAIR MRI after standard intravenous Gd administration. METHODS: Using a 3 Tesla MRI unit, heavily T2-weighted 3D-FLAIR MRI images were taken twice at approximately 10 min (conventional timing) and 4 h after intravenous gadodiamide (0.1 mmol/kg) injection in 10 patients with inner ear diseases including Ménière's disease. RESULTS: The 4 h delay increased Gd enhancement of the 3D-FLAIR MRI images of the perilymphatic space in both symptomatic and asymptomatic ears. The increase in Gd enhancement was greater in symptomatic than in asymptomatic ears. Using this heavily T2-weighted 3D-FLAIR technique, EH was observed in both the cochlea and vestibule in images taken 4 h after the intravenous Gd injection.

    DOI: DOI: 10.3109/00016489.2011.639085

  37. Magnetic resonance fluid dynamics for intracranial aneurysms-comparison with computed fluid dynamics 査読有り

    NAITO Takehiro, MIYACHI Shigeru, MATSUBARA Noriaki, ISODA Haruo, IZUMI Takashi, HARAGUCHI Kenichi, TAKAHASHI Ichiro, ISHII Katsuya, WAKABAYASHI Toshihiko

    Acta Neurochir (Wien)   154 巻 ( 6 ) 頁: 993-1001   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Hemodynamics in intracranial aneurysms is thought to play an important role in their growth and rupture. Usual computed fluid dynamics (CFD) based on three-dimensional (3D) computed tomographic (CT) angiography requires a time-consuming process for analysis. Magnetic resonance fluid dynamics (MRFD) based on MR images is a new tool for analyzing flow dynamics and a promising method for obtaining such information more easily. We compared the data from MRFD and CFD and studied the clinical feasibility of MRFD. METHODS: A total of 15 aneurysms, including two ruptured ones, in 15 patients were investigated with MR imaging and 3D-CT angiography. The flow data of MRFD and CFD, 3D stream lines, flow velocity profile and wall shear stress (WSS) were extracted from the image reconstruction and were compared each other. RESULTS: Both flow dynamics images showed quite similar 3D flow pattern and WSS map. However, the calculated value of maximum WSS was quite different and there was no significant correlation. Further, in one ruptured case, CFD showed less visualization to evaluate the intra-aneurysmal flow. Interestingly, one delayed rupture case showed a particular flow pattern with abnormal secondary flow in the bottom of the aneurysm before rupture, which might suggest the specific finding of rupture risk. CONCLUSION: MRFD is a valuable and less invasive tool to evaluate aneurysmal fluid dynamics. It can be obtained from the usual MRI examination without contrast medium and exposure to radiation. Although there is a problem of consistency of the absolute value of WSS between MRFD and conventional CFD, it may be useful to predict the risk of enlargement or rupture of aneurysms based on the information of the similar distribution of WSS and flow patterns. The quantifiable analysis and establishment of a meaningful threshold for high risk should be further studied.

    DOI: 10.1007/s00701-012-1305-5

  38. 脳機能MR画像解析 -3T MR装置における施設内及び施設間の再現性の検証-

    竹田和真,礒田治夫,福山篤司,小山修司,櫻井康雄,長縄慎二

    映像情報メディカル   44 巻 ( 1 ) 頁: 104-105   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Anatomical details of the brainstem and cranial nerves visualized by high resolution readout-segmented multi-shot echo-planar diffusion-weighted images using unidirectional MPG at 3T 査読有り

    NAGANAWA Shinji, YAMAZAKI Masahiro, KAWAI Hisashi, SONE Michihiko, NAKASHIMA Tsutomu, ISODA Haruo

    Magn Reson Med Sci   10 巻 ( 4 ) 頁: :269-275   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We compared diffusion-weighted imaging (DWI) with readout-segmented multi-shot echo-planar imaging (rs-EPI) and single-shot EPI, both using unidirectional motion-probing gradient, in 10 patients for visualization of the anatomical structures in the brainstem. DWI by rs-EPI was significantly better than DWI by single-shot EPI for visualizing the medial longitudinal fasciculus, lateral lemniscus, corticospinal tract, and seventh/eighth cranial nerves and offered significantly less distortion of the brainstem.

  40. In vivo hemodynamic analysis of intracranial aneurysms obtained by magnetic resonance fluid dynamics (MRFD) based on time-resolved three-dimensional phase-contrast MRI 査読有り

    ISODA Haruo, OHKURA Yasuhide, KOSUGI Takashi, HIRANO Masaya, TAKEDA Hiroyasu, HIRAMATSU Hisaya, YAMASHITA Shuhei, TAKEHARA Yasuo, ALLEY Marcus, BAMMER Roland, PELC Norbert, NAMBA Hiroki, SAKAHARA Harumi

    Neuroradiology   52 巻 ( 10 ) 頁: 921-928   2010年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed ID: 20012431.
    INTRODUCTION: Hemodynamics is thought to play a very important role in the
    initiation, growth, and rupture of intracranial aneurysms. The purpose of our
    study was to perform in vivo hemodynamic analysis of unruptured intracranial
    aneurysms of magnetic resonance fluid dynamics using time-resolved
    three-dimensional phase-contrast MRI (4D-Flow) at 1.5 T and to analyze
    relationships between hemodynamics and wall shear stress (WSS) and oscillatory
    shear index (OSI).
    METHODS: This study included nine subjects with 14 unruptured aneurysms. 4D-Flow
    was performed by a 1.5-T magnetic resonance scanner with a head coil. We
    calculated in vivo streamlines, WSS, and OSI of intracranial aneurysms based on
    4D-Flow with our software. We evaluated the number of spiral flows in the
    aneurysms and compared the differences in WSS or OSI between the vessel and
    aneurysm and between whole aneurysm and the apex of the spiral flow.
    RESULTS: 3D streamlines, WSS, and OSI distribution maps in arbitrary direction
    during the cardiac phase were obtained for all intracranial aneurysms. Twelve
    aneurysms had one spiral flow each, and two aneurysms had two spiral flows each.
    The WSS was lower and the OSI was higher in the aneurysm compared to the vessel.
    The apex of the spiral flow had a lower WSS and higher OSI relative to the whole
    aneurysm.
    CONCLUSION: Each intracranial aneurysm in this study had at least one spiral
    flow. The WSS was lower and OSI was higher at the apex of the spiral flow than
    the whole aneurysmal wall.

    DOI: 10.1007/s00234-009-0635-3

  41. Comparison of hemodynamics of intracranial aneurysms between MR fluid dynamics using 3D cine phase-contrast MRI and MR-based computational fluid dynamics. 査読有り

    ISODA Haruo, OHKURA Yasuhide, KOSUGI Takashi, HIRANO Masaya, ALLEY Marcus, BAMMER Roland, PELC Norbert, SAKAHARA Harumi

    Neuroradiology   52 巻 ( 10 ) 頁: 913-920   2010年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed ID: 19967532.
    INTRODUCTION: Hemodynamics is thought to play a very important role in the
    initiation, growth, and rupture of intracranial aneurysms. The purpose of our
    study was to compare hemodynamics of intracranial aneurysms of MR fluid dynamics
    (MRFD) using 3D cine PC MR imaging (4D-Flow) at 1.5 T and MR-based computational
    fluid dynamics (CFD).
    METHODS: 4D-Flow was performed for five intracranial aneurysms by a 1.5 T MR
    scanner. 3D TOF MR angiography was performed for geometric information. The blood
    flow in the aneurysms was modeled using CFD simulation based on the finite
    element method. We used MR angiographic data as the vascular models and MR flow
    information as boundary conditions in CFD. 3D velocity vector fields, 3D
    streamlines, shearing velocity maps, wall shear stress (WSS) distribution maps
    and oscillatory shear index (OSI) distribution maps were obtained by MRFD and CFD
    and were compared.
    RESULTS: There was a moderate to high degree of correlation in 3D velocity vector
    fields and a low to moderate degree of correlation in WSS of aneurysms between
    MRFD and CFD using regression analysis. The patterns of 3D streamlines were
    similar between MRFD and CFD. The small and rotating shearing velocities and
    higher OSI were observed at the top of the spiral flow in the aneurysms. The
    pattern and location of shearing velocity in MRFD and CFD were similar. The
    location of high oscillatory shear index obtained by MRFD was near to that
    obtained by CFD.
    CONCLUSION: MRFD and CFD of intracranial aneurysms correlated fairly well.

    DOI: 10.1007/s00234-009-0634-4

  42. Magnetic resonance imaging of the medial rectus muscle of patients with consecutive exotropia after medial rectus muscle recession 査読有り

    NEGISHI Takashi, HIKOYA Akiko, ISODA Haruo, TSUCHIYA Yoko, SAWADA Mayu, HOTTA Yoshihiro, SATO Miho

    Ophthalmology   117 巻 ( 10 ) 頁: 1876-1882   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PMID: 20541264.
    PURPOSE: To investigate the morphologic characteristics of the medial rectus
    muscle in patients with consecutive exotropia.
    DESIGN: Retrospective, nonrandomized, interventional study.
    PARTICIPANTS AND CONTROLS: Eleven eyes of 10 patients with consecutive exotropia
    were studied. Thirteen eyes of 13 age-matched normal subjects were studied as
    controls.
    METHODS: All of the patients underwent an advancement of a previously operated
    medial rectus muscle. Patients were divided into 3 groups based on the insertion
    of the medial rectus muscle: Normally recessed stretched scar, and slipped
    muscle.
    MAIN OUTCOME MEASURES: A comparison was made of the clinical findings,
    intraoperative findings, and distance from the limbus to the medial rectus muscle
    measured on magnetic resonance images among the groups.
    RESULTS: The medial rectus of 4 eyes of 3 patients had normally recessed
    insertions and 7 eyes had abnormal insertions (3 stretched scars, 4 slipped
    muscles). The clinical findings were not different among the 3 groups. The
    magnetic resonance images showed that the medial rectus muscle was located
    closest to the limbus in the control subjects and most distant in the patients
    with a slipped muscle (P<0.005). The clinical findings in the patients with a
    stretched scar and with normally recessed were indistinguishable.
    CONCLUSIONS: Magnetic resonance images of the medial rectus muscles of the
    control subjects and operated groups are significantly different morphologically.
    A slipped medial rectus muscle has characteristic magnetic resonance findings
    that are distinguishable from the muscle with normally recessed and stretched
    scar.

    DOI: 10.1016/j.ophtha.2010.02.006

  43. 脳アミロイドアンギオパチーによる脳葉型出血の発症機転 査読有り

    酒井直人, 難波宏樹, 三浦 敏, 馬場 聡, 礒田治夫, 横山徹夫

    脳卒中の外科   38 巻 ( 5 ) 頁: 342-347   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Metabolite alterations in the hippocampus of high-functioning adult subjects with autism

    SUZUKI Katsuaki, NISHIMURA Katsuhiko, SUGIHARA Genichi, NAKAMURA Kazuhiko, TSUCHIYA Kenji, MATSUMOTO Kaori, TAKEBAYASHI Kiyokazu, ISODA Haruo, SAKAHARA Harumi, SUGIYAMA Toshiro, TSUJII Masatsugu, TAKEI Nori, MORI Norio

    Int J Neuropsychopharmacol   13 巻 ( 4 ) 頁: 529-534.   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The aim of the present study was to investigate metabolite alterations in the
    hippocampal formation as they relate to aggression in high-functioning adults
    with autism. We measured concentrations of N-acetylaspartate (NAA),
    choline-containing compounds (Cho), and creatine plus phosphocreatine (Cr+PCr) in
    the hippocampal formation by proton magnetic resonance spectroscopy in 12
    non-medicated male subjects with autism and 12 age- and sex-matched controls.
    Aggression was scored in the autistic subjects using the Buss-Perry Aggression
    Questionnaire. The concentrations of Cho and Cr+PCr in the hippocampal formation
    in autistic subjects were significantly higher than the corresponding values in
    control subjects, and a significant positive correlation was observed between the
    concentrations of these metabolites in the hippocampal formation and scores on
    the Buss-Perry Aggression Questionnaire in autistic subjects. Results suggest
    that high-functioning adult subjects with autism have abnormal metabolite
    concentrations in the hippocampal formation, which may in part account for their
    aggression.

    DOI: 10.1017/S1461145709990952

  45. 【特徴的な局所進展を示す悪性腫瘍 small round cell tumorの画像診断】 中枢神経系

    礒田治夫, 竹原康雄, 三浦克敏, 徳山 勤

    臨床画像   26 巻 ( 1 ) 頁: 49-59   2010年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Metabolite alterations in the hippocampus of high-functioning adult subjects with autism

    SUZUKI K,NISHIMURA K,SUGIHARA G,NAKAMURA K,TSUCHIYA KJ,MATSUMOTO K,TAKEBAYASHI K,ISODA Haruo,SAKAHARA Harumi,SUGIYAMA T,TSUJII M,TAKEI N,MORI N

    Int J Neuropsychopharmacol     頁: 1-6   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. 脳動脈瘤の3D cine PC MRI流体解析とこれを境界条件とした計算流体力学解析の比較[大会長賞記録]

    礒田治夫, 大倉靖栄, 小杉隆司, 山下修平, 竹原康雄, 竹田浩康, 平野勝也, 難波宏樹, Alley Marcus T., Bammer Roland, Pelc Norbert J., 阪原晴海

    日本磁気共鳴医学会雑誌   29 巻 ( 1 ) 頁: 33-36   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ヒト脳動脈瘤について3D cine PC MRIによるMR血流解析(MRFD)と3D cine PC MRIデータを境界条件とした計算流体力学解析(CFD)を比較した。MRFDとCFDで求められた脳動脈瘤の三次元速度ベクトル場には中~強い相関があり、MRFDとCFDの三次元流線図はよく一致していた。MRFDとCFDで求められた血管壁剪断応力は弱から中等度の相関があった。筆頭著者として、企画・実施・総括の全てを担当した。

  48. Voxel-based structural magnetic resonance imaging (MRI) study of patients with early onset schizophrenia

    YOSHIDA Y, SUGIHARA G, MATSUMOTO H, SUCKLING J, NISHIMURA K, TOYODA T,ISODAHaruo,TSUCHIYA KJ, TAKEBAYASHI K, SUZUKI K, SAKAHARA Harumi, NAKAMURA K, MORI N, TAKEI N

    Ann Gen Psychiatry   7 巻 ( 25 ) 頁: Epub   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Contrast-enhanced three-dimensional MR angiography with an elliptical centric view for the evaluation of intracranial aneurysms

    ISODA Haruo, INAGAWA Shoichi, ITO Tatsuhiko, TAKEDA Hiroyasu, TAKEHARA Yasuo, NOZAKI Atsushi, SAKAHARA Harumi

    Eur Radiol   17 巻 ( 5 ) 頁: 1221-1225   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Visualization of hemodynamics in intracranial arteries using time-resolvedthree-dimensional phase-contrast MRI

    YAMASHITA Shuhei, ISODA Haruo, HIRANO Masaya, TAKEDA Hiroyasu, INAGAWA Shoichi, TAKEHARA Yasuo, ALLEY Marcus T, MARKL Michael, PELC Norbert J, SAKAHARA Harumi

    J Magn Reson Imaging   25 巻 ( 3 ) 頁: 473-478   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Time-Resolved Three-Dimensional Phase-Contrast MRIを用いたヒト脳動脈瘤インビボ血流解析の初期検討[大会長賞記録

    礒田治夫, 大倉靖栄, 瀬尾太郎, 小杉隆司, 竹田浩康, 平野勝也, 山下修平, 稲川正一, 竹原康雄, 野崎敦, 永澤清, AlleyMarcus T., PelcNorbert J., 阪原晴海

    日本磁気共鳴医学会雑誌   27 巻 ( 1 ) 頁: 13-17   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    脳動脈瘤を有する患者9名を対象に、3次元シネ位相コントラスト磁気共鳴撮影法を施行し、3次元流線図で可視化すると共に、血管壁剪断応力(WSS)分布を求め、螺旋流の頂点とWSSの関係を検討した。動脈瘤内には少なくとも1個の螺旋流を認めた。また、動脈瘤全体のWSSは、血管壁のWSSよりも低くかった。また、脳動脈瘤内螺旋流の頂点の血流は遅く、頂点近傍のWSSは脳動脈瘤全体のWSSよりも低いことを明らかにした。筆頭著者として、企画・実施・総括の全てを担当した。

  52. Developmental Research on Cryosurgical Device With the Use of Free Piston Stirling Cooler

    ISODA Haruo, FUJINO Hitoshi, SUZUKI Takeshi, SAKAHARA Harumi

    Low Temp Med   33 巻 ( 4 ) 頁: 51-54   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. 高機能自閉症患者における視線弁別に関する機能的MRI研究(Gaze recognition in high-functioning autistic patients: evidence from functional MRI)

    竹林啓子, 松本英夫, 小粥正博, 関根吉統, 鈴木勝昭, 松崎英夫, SucklingJohn, 小澤福示郎, 福田倫明, 内山伊知郎, 中村和彦, 三辺義雄, 礒田治夫, 森則夫, 武井教使

    千葉医学雑誌   82 巻 ( 3 ) 頁: 139-147   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    fMRIを用い、5人の自閉症患者と9人の健常者を対象に、視線弁別のタスクを行なった。健常者では患者群に比べ,左中前頭回,右頭頂間溝,両側中心前回,両側下頭頂回により高い活性が認められ、患者群では健常者に比べて左上側頭回、右島、右内側前頭葉により高活性が認められた。自閉症患者では、theory of mind関連の脳部位における機能的異常、脳の広範囲にわたる機能的異常があることを示した。共同研究者としてfMRIのデータ収集を担当した。

  54. Visualization of hemodynamics in a silicon aneurysm model using time-resolved, 3D, phase-contrast MRI

    ISODA Haruo, HIRANO M, TAKEDA H, KOSUGI T, ALLEY Marcus T, MARKL Michael, PELC Norbert J, SAKAHARA H

    AJNR Am J Neuroradiol   27 巻 ( 5 ) 頁: 1119-1122   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Magnetic resonance imaging findings of angiosarcoma of the scalp

    ISODA Haruo, IMAI Michiko, INAGAWA Shoichi, MIURA Katsutoshi, SAKAHARA Harumi

    J Comput Assist Tomogr   29 巻 ( 6 ) 頁: 858-862   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Metabolite alterations in basal ganglia associated with psychiatric symptoms of abstinent toluene users: a proton MRS study

    TAKEBAYASHI K, SEKINE Y, TAKEI N, MINABE Y, ISODA Haruo, TAKEDA H, NISHIMURA K, NAKAMURA K, SUZUKI K, IWATA Y, SAKAHARA Harumi, MORI N

    Neuropsychopharmacology   29 巻 ( 5 ) 頁: 1019-26   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Preliminary study of tagged MR image velocimetry in a replica of an intracranial aneurysm

    ISODA Haruo, INAGAWA Shoichi, TAKEDA Hiroyasu, ISOGAI Satoshi, TAKEHARA Yasuo, SAKAHARA Harumi

    AJNR Am J   24 巻 ( 4 ) 頁: 604-607   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. fMRI study of recognition of facial expressions in high-functioning autistic patients

    OGAI M, MATSUMOTO H, SUZUKI K, OZAWA F, FUKUDA R, UCHIYAMA I, SUCKLING J, ISODA Haruo, MORI N, TAKEI N

    Neuroreport   14 巻 ( 4 ) 頁: 559-563   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Orthography effect on brain activities in the working memory process for phonologically ambiguous syllables: a functional magnetic resonance imaging study using Japanese speakers

    SUMIYOSHI C, MATSUO K, KATO C, OZAWA F, TAKEHARA Yasuo, ISODA Haruo, ISOGAI Satoshi, SAKAHARA Harumi, NAKAI T

    Neurosci Lett   336 巻 ( 1 ) 頁: 50-54   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Neural damage in the lenticular nucleus linked with tardive dyskinesia in schizophrenia: a preliminary study using proton magnetic resonance spectroscopy

    ANDO K, TAKEI N, MATSUMOTO H, IYO M, ISODA Haruo, MORI N

    Schizophr Res   57 巻 ( 2-3 ) 頁: 273-279   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Metabolite alterations in basal ganglia associated with methamphetamine-related psychiatric symptoms. A proton MRS study

    SEKINE Y, MINABE Y, KAWAI M, SUZUKI K, IYO M, ISODA Haruo, SAKAHARA Harumi, ASHBY CR Jr, TAKEI N, MORI N

    Neuropsychopharmacology   27 巻 ( 3 ) 頁: 453-461   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Manipulo-spatial processing of ideographic characters in left-handers: observation in fMRI

    MATSUO K, KATO C, OZAWA F, TAKEHARA Yasuo, ISODA Haruo, ISOGAI Satoshi, MORIYA T, SAKAHARA Harumi, OKADA T, NAKAI T

    Magn Reson Med Sci   1 巻 ( 1 ) 頁: 21-26   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Ideographic characters call for extra processing to correspond with phonemes

    MATSUO K, KATO C, OZAWA F, TAKEHARA Yasuo, ISODA Haruo, ISOGAI Satashi, MORIYA T, SAKAHARA Harumi, OKADA T, NAKAI T

    Neuroreport   12 巻 ( 10 ) 頁: 2227-2230   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. BOLD contrast on a 3 T magnet: detectability of the motor areas

    NAKAI T, MATSUO K, KATO C, OKADA T, MORIYA T, ISODA Haruo, TAKEHARA Yasuo, SAKAHARA Harumi

    J Comput Assist Tomogr   25 巻 ( 3 ) 頁: 436-445   2001年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Post-stimulus response in hemodynamics observed by functional magnetic resonance imaging--difference between the primary sensorimotor area and the supplementary motor area

    NAKAI T, MATSUO K, KATO C, TAKEHARA Yasuo, ISODA Haruo, MORIYA T, OKADA T, SAKAHARA Harumi

    Magn Reson Imaging   18 巻 ( 10 ) 頁: 1215-1219   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Dissociation of writing processes: functional magnetic resonance imaging during writing of Japanese ideographic characters

    MATSUO K, NAKAI T, KATO C, MORIYA T, ISODA Haruo, TAKEHARA Yasuo, SAKAHARA Harumi

    Brain Res Cogn Brain Res   9 巻 ( 3 ) 頁: 281-286   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Proton magnetic resonance spectroscopy of lenticular nuclei in simple schizophrenia

    OHARA K, ISODA Haruo, SUZUKI Y, TAKEHARA Yasuo, OCHIAI M, TAKEDA Hiroyasu, HATTORI K, IGARASHI Y, OHARA K

    Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry   24 巻 ( 4 ) 頁: 507-519   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. The effects of listening comprehension of various genres of literature on response in the linguistic area: an fMRI study

    OZAWA F, MATSUO K, KATO C, NAKAI T, ISODA Haruo, TAKEHARA Yasuo, MORIYA T, SAKAHARA Harumi

    Neuroreport   11 巻 ( 6 ) 頁: 1141-1143   2000年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. MRA of intracranial aneurysm models: a comparison of contrast-enhanced three-dimensional MRA with time-of-flight MRA

    ISODA Haruo, TAKEHARA Yasuo, ISOGAI Satoshi, MASUNAGA Hatsuko, TAKEDA Hiroyasu, NOZAKI Atsushi , SAKAHARA Harumi

    J Comput Assist Tomogr   24 巻 ( 2 ) 頁: 308-315   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Software-triggered contrast-enhanced three-dimensional MR angiography of the intracranial arteries

    ISODA Haruo, TAKEHARA Yasuo, ISOGAI Satoshi, TAKEDA Hiroyasu, TANAKA Tokutaro, TAKAHASHI Motoichiro, NOZAKI Atsushi, SUN Yi

    AJR Am J Roentgenol   174 巻 ( 2 ) 頁: 371-375   2000年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. 追跡眼球運動検査中のfunctional MRI

    田中篤太郎, 植村研一, 峯田周幸, 星野知之, 礒田治夫

      58 巻 ( 6 ) 頁: 657-662   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    健康成人の追跡眼球運動検査時の大脳皮質賦活部位の局在を同定するためにfMRIを行った。視標追跡装置をMR検査室内のスクリーンに投影し、ガントリー内の鏡を用いて被験者に提示した。前頭葉眼球運動野、視覚連合野、lateral occipito-temporal cortexの同定が可能であることを明らかにした。共同研究者として視標の提示方法の考案、fMRIのデータ収集を担当した。

  72. Proton magnetic resonance spectroscopy of lenticular nuclei in obsessive-compulsive disorder

    OHARA K, ISODA Haruo, SUZUKI Y, TAKEHARA Yasuo, OCHIAI M, TAKEDA Hiroyasu, IGARASHI Y, OHARA K

    Psychiatry Res   92 巻 ( 2-3 ) 頁: 83-91   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Tagged MR imaging of intracranial aneurysm models

    ISODA Haruo, KINOSADA Yasutomi, ISOGAI Satoshi, TAKEHARA Yasuo, ITO Tatsuhiko

    AJNR Am J Neuroradiol   20 巻 ( 5 ) 頁: 807-811   1999年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Involvement of motor cortices in retrieval of kanji studied by functional MRI

    KATO C, ISODA Haruo, TAKEHARA Yasuo, MATSUO K, MORIYA T, NAKAI T

    Neuroreport   10 巻 ( 6 ) 頁: 1335-1339   1999年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Proton magnetic resonance spectroscopy of the lenticular nuclei in bipolar I affective disorder

    OHARA K, ISODA Haruo, SUZUKI Y, TAKEHARA Yasuo, OCHIAI M, TAKEDA Hiroyasu, IGARASHI Y, OHARA K

    Psychiatry Res   84 巻 ( 2-3 ) 頁: 55-60   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Technique for arterial-phase contrast-enhanced three-dimensional MR angiography of the carotid and vertebral arteries

    ISODA Haruo, TAKEHARA Yasuo, ISOGAI Satoshi, TAKEDA Hiroyasu, KANEKO Masao, NOZAKI Atsushi, SUN Yi, FOO Thomas K

    AJNR Am J Neuroradiol   19 巻 ( 7 ) 頁: 1241-1244   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. MR imaging of acute transverse myelitis (myelopathy)

    ISODA Haruo, RAMSEY Ruth G

    Radiat Med   16 巻 ( 3 ) 頁: 179-186   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. MR angiography of aneurysm models of various shapes and neck sizes

    ISODA Haruo, RAMSEY Ruth G, TAKEHARA Yasuo, TAKAHASHI Motoichiro, KANEKO Masao

    AJNR Am J Neuroradiol   18 巻 ( 8 ) 頁: 1463-1472   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Multiple haemorrhagic brain metastases from papillary thyroid cancer

    ISODA Haruo, TAKAHASHI Motoichiro, ARAI T, RAMSEY Ruth G, YOKOYAMA T, MOCHIZUKI Takao, YAMAMOTO I, KANEKO Masao

    Neuroradiology   39 巻 ( 3 ) 頁: 198-202   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Spontaneous disappearance of a ruptured anterior communicating artery aneurysm

    ISODA Haruo, MUHASABU HR, RAMSEY Ruth G

    AJR Am J Roentgenol   167 巻 ( 2 ) 頁: 536-537   1996年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. MRI of dumbbell-shaped spinal tumors

    ISODA Haruo, TAKAHASHI Motoichiro, MOCHIZUKI Takao, RAMSEY Ruth G, MASUI Takayuki, TAKEHARA Yasuo, KANEKO Masao, ITO Tatsuhiko, MIYAZAKI Yohjiro, KAWAI Hiroaki

    J Comput Assist Tomogr   20 巻 ( 4 ) 頁: 573-582   1996年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Clinical evaluation of pulmonary 3D time-of-flight MRA with breath holding using contrast media

    ISODA Haruo, USHIMI Takashi, MASUI Takayuki, MOCHIZUKI Takao, GOTO Seiji, SUZUKI Kazuya, SHIRAKAWA Toyomi, OHTA Atsuko, TAKAHASHI Motoichiro, KANEKO Masao

    J Comput Assist Tomogr   19 巻 ( 6 ) 頁: 911-919   1995年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. 脂肪抑制MR画像による下垂体及び傍下垂体病変の評価 Fat-saturation(FATSAT)法の有用性

    礒田治夫,増井孝之,望月隆男,牛見尚史,太田敦子,白河豊美,滝沢 修,高橋元一郎,金子昌生

    日本磁気共鳴医学会雑誌   14 巻 ( 6 ) 頁: 277-283   1994年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    周波数選択脂肪抑制T1WIに造影剤を併用することで、下垂体前葉・後葉・下垂体柄ならびに下垂体腫瘍の同定は良好にしかも有効に行えることを明らかにした。筆頭著者として、企画・実施・総括の全てを担当した

  84. Pulmonary MR angiography: a comparison of 2D and 3D time-of-flight

    ISODA Haruo, MASUI Takayuki, HASEGAWA Shinichi, SHIRAKAWA Toyomi, OHTA Atsuko, TAKAHASHI Motoichiro, KANEKO Masao

    J Comput Assist Tomogr   18 巻 ( 3 ) 頁: 402-407   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. MR flow測定を用いたMatas test:Real time acquisition and velocity evaluation(RACE)の応用

    礒田治夫,増井孝之,高橋元一郎,望月隆男,太田敦子,白河豊美,金子昌生

    日本磁気共鳴医学会雑誌   13 巻 ( 6 ) 頁: 315-323   1993年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    MRのRACEを用いたMatas testの臨床応用が可能かどうかを検討した。被験者の協力が得られれば、短時間にMatas test時における対側の総頸動脈血流の変化が分かり、MR angiographyで前交通動脈の有無を調べることにより、Willis動脈輪を介した側副血行路の存在の有無が推定できることを明らかにした。筆頭著者として、企画・実施・総括の全てを担当した。

  86. Preliminary study of pulmonary three-dimensional time-of-flight MR angiography with breath-holding using a contrast medium

    ISODA Haruo, MASUI Takayuki, MOCHIZUKI Takao, OHKAWA Y, SUZUKI K, OHTA Atsuko, SHIRAKAWA Toyomi, TAKAHASHI Motoichiro, KANEKO Masao

    Radiat Med   11 巻 ( 5 ) 頁: 191-195   1993年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. MRI of postoperative maxillary cysts

    ISODA Haruo, TAKEHARA Yasuo, MASUI Takayuki, SEKI Atsuro, TAKAHASHI Motoichiro, KANEKO Masao,

    J Comput Assist Tomogr   17 巻 ( 4 ) 頁: 572-575   1993年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Cryosurgery後ラット正常肝のMRI及びCTによる経時的検討

    礒田治夫,竹原康雄,金子昌生

    日本磁気共鳴医学会雑誌   12 巻 ( 5 ) 頁: 263-268   1992年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Cryosurgeryでラット正常肝に壊死を生じさせ、CT・MRIならびに病理組織を検討した。ラット正常肝はcryosurgeryを受けて凝固壊死となり、単純CTで初期に低吸収域、次第に等吸収域に変化、造影CTで初期は造影されないが次第に造影される。また、MRI信号強度の経時的変化はT1強調画像で低信号から等信号、T2強調画像で高信号から低信号に変化することを示した。筆頭著者として、企画・実施・総括の全てを担当した。

  89. MRI ・ CT による Cryosurgery 後の経時的検討 ΙΙ -    動物実験 –(学位論文)

    礒田治夫

    日本医学放射線学会雑誌   49 巻 ( 12 ) 頁: 1499-1508   1989年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Walker 256癌が移植されたWistar ratの大腿部腫瘍に施行したCryosurgeryの効果をMRI・CTで検討した。Cyosurgery施行中に生じた凍結部分はMRIで無信号領域、CTで低吸収域として描出され、術中にCryosurgeryの範囲が把握できた。また、解凍直後や経過観察でもMRIとCTは有用であった。以上により、Cryosurgery術中・術後の経過観察にMRIとCTは有用であることを示した。

  90. MRI ・ CT による Cryosurgery 後の経時的検討Ι-ファントーム実験-(学位論文)

    礒田治夫

    日本医学放射線学会雑誌   49 巻 ( 9 ) 頁: 1096-1101   1989年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    MRI用ファントームのpolyvinyl alcohol (PVA)ゲルをドライアイスで凍結させる実験を施行した。 PVAゲルの凍結部分はMRIのlow flip angle gradient echo像で無信号領域、CTで低吸収域として描出でき、Cryosurgery術中に凍結部位と非凍結部位をMRIおよびX線CTで識別できることを世界に先駆けて明らかにした。

▼全件表示

書籍等出版物 5

  1. 脳血管内治療学 -2 流動学 治療に応用できる流体力学 A. CFD ④MRIによる再構成・磁気共鳴流体力学 (MRFD)-

    礒田治夫( 担当: 分担執筆)

    メディカ出版  2018年9月  ( ISBN:978-4-8404-6489-5

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 頭部画像診断の勘ドコロ -MR Angiography-

    礒田治夫、竹田浩康( 担当: 分担執筆)

    メジカルビュー社  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. 手術と病理の理解のための頭部画像診断 -その他の疾患-

    礒田治夫、前田正幸,三浦克敏、岡本浩一郎,寺江 聡( 担当: 分担執筆)

    秀潤社  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  4. 脳脊髄MRAの読み方 -最近の進歩-2. 脳脊髄MRAの読み方 -最近の進歩-

    礒田治夫,稲川正一,阪原晴海( 担当: 分担執筆)

    中外医学社  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  5. 造影パターン別 頭部MRIの鑑別診断 -“dural tail”状の増強効果-

    礒田治夫,稲川正一,高橋元一郎,竹原康雄,阪原晴海,伊藤龍彦,一条勝利,鎌田憲子,阿武 泉( 担当: 分担執筆)

    メジカルビュー社  1999年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

講演・口頭発表等 197

  1. 脳動脈瘤の磁気共鳴流体解析 招待有り

    礒田治夫

    第46回日本脳卒中学会  2021年3月12日  日本脳卒中学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月 - 2021年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:福岡  

  2. 磁気共鳴画像と深層学習を用いた脳動脈瘤の高精度壁剪断応力計算法開発の基礎的検討

    2020年10月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. Development of Accurate Blood Flow Analysis Method for Cerebral Aneurysm Using Magnetic Resonance Imaging and Deep Learning -Second report-

    Keishi Minoshima, Haruo Isoda, Yoshiyuki Hirano

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月 - 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  4. Development of Accurate Blood Flow Analysis Method for Cerebral Aneurysm Using Magnetic Resonance Imaging and Deep Learning

    Keishi Minoshima, Haruo Isoda, Yoshiyuki Hirano

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月 - 2020年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  5. Effects of head motion during resting state fMRI on the detection of the changes in brain networks in the elderly population

    Sanae Kato, Haruo Isoda, Epifanio Bagarinao, Shuji Koyama, Shinji Naganawa

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  6. Evaluation of hemodynamic and morphological biomarkers to assess rupture risk of intracranial aneurysms using magnetic resonance fluid dynamics and computational fluid dynamics

    Roshani S. Perera, Haruo Isoda, Shunsuke Tajima, Takashi Mizuno, Masaki Terada, Takehiro Naito, Chiharu Tanoi, Takashi Izumi, Yasuo Takehara, Toshihiko Wakabayashi, Harumi Sakahara, Shinji Naganawa

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. Investigation of reproducibility of diffusion tensor imaging before and after gradient coil replacement

    Yasunori Saeki , Haruo Isoda, Epifanio Bagarinao, Shuji Koyama, Shinji Naganawa

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  8. Investigation of the influence of head motion during resting state functional magnetic resonance imaging of the elderly on the resting state networks

    Sanae Kato, Haruo Isoda, Epifanio Bagarinao, Shuji Koyama, Shinji Naganawa

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. 磁気共鳴画像と深層学習を用いた 脳動脈瘤の高精度バイオマーカー 計算法の開発

    蓑島啓史, 礒田治夫, 平野祥之

    第2回4D FLOW研究会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本   国名:日本国  

  10. Investigation of the reproducibility of resting state fMRI acquired using different receiver coils 国際会議

    Sanae Kato, Haruo Isoda, Epifanio Bagarinao, Shuji Koyama, Shinji Naganawa

    Organization for Human Brain Mapping 2019 Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Rome   国名:イタリア共和国  

  11. Evaluation of hemodynamic and morphological biomarkers to assess rupture risk of intracranial aneurysms using magnetic resonance fluid dynamics and computational fluid dynamics

    Roshani S. Perera, Haruo Isoda, Masaki Terada, Chiharu Tanoi, Takashi Izumi, Harumi Sakahara

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. Investigation of Reproducibility of Resting State Functional Magnetic Resonance Imaging Using Two Types of Receiver Coils with Different Number of Channels

    Sanae Kato, Haruo Isoda, Epifanio Bagarinao, Shuji Koyama, Shinji Naganawa

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. Evaluation of hemodynamic and morphological biomarkers to assess rupture risk of intracranial aneurysms using magnetic resonance fluid dynamics and computational fluid dynamics 国際会議

    Roshani S. Perera, Haruo Isoda, Takashi Mizuno, Masaki Terada, Takehiro Naito, Chiharu Tanoi, Takashi Izumi, Harumi Sakahara, Shinji Naganawa

    25th European Congress of Radiology (ECR) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月 - 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Vienna   国名:オーストリア共和国  

  14. Evaluation of hemodynamic and morphological biomarkers to assess rupture risk of intracranial aneurysms using magnetic resonance fluid dynamics and computational fluid dynamics

    Roshani S. Perera, Haruo Isoda, Shunsuke Tajima, Masaki Terada, Takehiro Naito, Chiharu Tanoi, Takashi Izumi, Yasuo Takehara, Harumi Sakahara, Shinji Naganawa

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  15. Evaluation of hemodynamic and morphological biomarkers to assess rupture risk of intracranial aneurysms using magnetic resonance fluid dynamics and computational fluid dynamics

    Roshani S. Perera, Haruo Isoda, Shunsuke Tajima, Takashi Mizuno, Masaki Terada, Takehiro Naito, Chiharu Tanoi, Takashi Izumi, Yasuo Takehara, Toshihiko Wakabayashi, Harumi Sakahara, Shinji Naganawa

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. Evaluation of hemodynamic and morphological biomarkers to assess rupture risk of intracranial aneurysms using magnetic resonance fluid dynamics and computational fluid dynamics

    Roshani S. Perera, Haruo Isoda, Takashi Mizuno, Masaki Terada, Chiharu Tanoi, Takashi Izumi, Yasuo Takehara, Toshihiko Wakabayashi, Harumi Sakahara, Shinji Naganawa

    3rd annual scientific meeting of ISMRM- Japanese Chapter 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  17. Investigation of the reproducibility of two analysis methods of resting state functional magnetic resonance imaging acquired using receiver coils with different number of channels

    Sanae Kato, Haruo Isoda, Epifanio Bagarinao, Shuji Koyama, Shinji Naganawa

    The 3rd Annual Scientific Meeting of the ISMRM Japanese Chapter 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  18. 3T MR装置と7T MR装置を用いた3次元位相コントラスト磁気共鳴法の基礎的検討

    田嶋 駿亮, 礒田 治夫, 福永 雅喜, 小森 芳秋, 水野 崇, 長縄 慎二, 定藤 規弘

    第1回生体機能イメージング (MRI) 共同利用実験研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. 3T MR装置と7T MR装置を用いた3次元位相コントラスト磁気共鳴法の基礎的検討

    田嶋 駿亮, 礒田 治夫, 福永 雅喜, 小森 芳秋, 水野 崇, 長縄 慎二, 定藤 規弘

    第13回3次元シネ位相コントラスト法による血行動態解析の医療への利用促進を図るスタディーグループ会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  20. Influence of Intracranial Aneurysms on Volume Flow Rate Measurement using Magnetic Resonance Fluid Dynamics 国際会議

    Society for Magnetic Resonance Angiography (SMRA) 30th Annual International Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  21. フローダイバーター留置後に 周囲脳動脈に経時的に血流動態変化を来した 大型内頸動脈瘤の1例

    田嶋 駿亮, 礒田 治夫, 泉 孝嗣, 塚田 哲也, 櫻井 康雄, 長縄 慎二

    第84回東海総合画像医学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. Reorganization of large-scale functional brain networks over the adult lifespan: The BMRC aging cohort study

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  23. 磁気共鳴流体力学解析による流量計測に与える脳動脈瘤の影響

    水野崇, 礒田治夫, 泉孝嗣, 田嶋駿亮, 塚田哲也, 櫻井康雄, 小森芳秋, 長縄慎二

    第41回日本バイオレオロジー学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  24. Measurements of Volume Flow Rate at Upstream and Downstream of Giant Intracranial Aneurysms using Magnetic Resonance Fluid Dynamics

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. Prediction of intracranial aneurysmal growth and bleb formation using velocity biomarkers obtained by magnetic resonance fluid dynamics 国際会議

    Kenta Ishiguro, Haruo Isoda, Yasuo Takehara, Masaki Terada, Takehiro Naito, Chiharu Tanoi, Takafumi Kosugi, Yuki Onishi, Atsushi Fukuyama, Takashi Izumi, Marcus Alley

    SNR2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:台湾  

  26. 脳動脈瘤発生、脳動脈瘤増大とブレブ発生に関連したバイオマーカーについて

    礒田治夫、渡辺智哉、石黒健太、竹原康雄、寺田理希、内藤丈裕、田ノ井千春、小杉崇文、大西有希、福山篤司 、泉 孝嗣

    第47回日本神経放射線学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  27. 巨大脳動脈瘤の上流と下流を対象とした磁気共鳴流体力学解析による体積流量の測定

    水野崇, 礒田治夫, 泉孝嗣, 田嶋駿亮, 塚田哲也, 櫻井康雄, 小森芳秋, 長縄慎二

    第83回東海総合画像医学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  28. Parameters Based on Blood Flow Velocity of Cerebral Intracranial Aneurysms: Comparative Study with Computational Fluid Dynamics 国際会議

    Kenta Ishiguro, Haruo Isoda, Yasuo Takehara, Masaki Terada, Takehiro Naito, Chiharu Tanoi, Takafumi Kosugi, Yuki Onishi, Atsushi Fukuyama

    SMRA 2017 Annual Meeting Notification 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:南アフリカ共和国  

  29. Flow Diverter留置前後の 血流動態解析

    水野崇, 礒田治夫, 泉孝嗣, 田嶋駿亮, 塚田哲也, 長縄慎二

    第45回日本磁気共鳴医学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  30. Newly developed cryosurgical system using thermosiphon: a fundamental study and an animal experiment 国際会議

    Haruo Isoda, Yasuo Takehara, Hitoshi Fujino, Kazuya Sone, Takeshi Suzuki, Yoshinari Tsuzaki, Kouji Miyazaki, Michio Fujie, Harumi Sakahara, Yasuaki Maekawa

    International Society of Cryosurgery 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kaunas   国名:リトアニア共和国  

  31. 血流速度に基づいたバイオマーカーによる脳動脈瘤増大とブレブ発生の予測の検討

    石黒 健太,礒田 治夫,竹原 康雄,寺田 理希,内藤 丈裕,田ノ井 千春,小杉 崇文,大西 有希,福山 篤司

    第82回東海総合画像医学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  32. Using multimadal neuroimaging to detect sub-second activation dynamics: A simultaeous EEG-fMRI study

    Epifanio Bagarinao, Satoshi Maesawa, Yuji Ito, Hirohisa Watanabe, Haruo Isoda

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  33. Development of a Neurofeedback fMRI System Using Body Represetation Visualized by a Small Humanoid 国際会議

    Akihiro Yoshida, Epifanio Bagarinao, Mika Ueno, Kazunori Terabe, Shohei Kato, Haruo Isoda, Toshiharu Nakai

    Organization of Human Barin Mapping 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Vancouver   国名:カナダ  

  34. 頸動脈を対象とした3次元シネ位相コントラスト磁気共鳴法の血流動態解析の再現性

    七条 来夢、福山 篤士、石黒 健太、水野 崇、礒田 治夫

    第40回日本バイオレオロジー学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. 血流速度に基づいたバイオマーカーによる脳動脈瘤増大とブレブ発生の予測の検討

    石黒 健太、礒田 治夫、水野 崇、田嶋 駿亮、竹原 康雄、寺田 理希、小杉 崇文、大西 有希、福山 篤士

    第40回日本バイオレオロジー学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  36. Accuracy Validation of Hemodynamic Analysis on Cerebral Intracranial Aneurysms Using 3 Dimensional Cine Phase Contrast Magnetic Resonance Imaging: Comparative Study with Computational Fluid Dynamics 国際会議

    Haruo Isoda, Kenta Ishiguro, Yasuo Takehara, Masaki Terada, Takafumi Kosugi, Yuki Onishi, Atsushi Fukuyama

    55th Annual Meeting of American Society of Neuroradiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  37. Vessel Wall Biomarker Thresholds to Predict Initiation of Intracranial Aneurysms

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  38. Fundamental researches for the acquisition condition of 4D DSA in the treatment for the cerebral blood vessel of the cerebral aneurysm

    Takumi Kuriyama, Nobuyuki Sakai, Katsuhiro Masago, Norimitsu Niida, Iwao Kojima, Haruo Isoda

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  39. Newly developed cryosurgical system using thermosiphon: a fundamental study and an animal experiment 国際会議

    Haruo Isoda, Yasuo Takehara, Hitoshi Fujino, Kazuya Sone, Takeshi Suzuki, Yoshinari Tsuzaki, Kouji Miyazaki, Michio Fujie, Harumi Sakahara, Yasuaki Maekawa

    The 12th Chinese Academic conference of Minimally Invasive Therapy in oncology & The 3rd annual meeting of Asian Society of Cryosurgery 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  40. Real-time fMRI を使用した小型ヒューマノイドNeurofeedback システムの構築

    吉田旭宏, エピファニオ バガリナオ, 上野美果, 寺部和紀, 加藤昇平, 礒田治夫, 中井敏晴

    平成28年度日本生体医工学会東海支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. 脳動脈瘤発生を予測する血管壁バイオマーカーの閾値の検討

    水野 崇, 礒田治夫, 渡辺智哉, 竹原康雄, 福山篤司, 石黒健太, 寺田理希, 小杉崇文, 田ノ井千春

    平成28年度日本生体医工学会東海支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  42. 三次元シネ位相コントラスト磁気共鳴法を用いた脳動脈瘤の破裂予測バイオマーカーに関する血流動態解析-計算流体力学の比較-

    石黒健太, 礒田治夫, 竹原康雄, 寺田理希, 内藤丈裕, 田ノ井千春, 小杉崇文, 大西有希, 福山篤司, Marcus Alley

    平成28年度日本生体医工学会東海支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  43. 頸動脈を対象とした3次元シネ位相コントラスト磁気共鳴法(3D cinePC MRI)の血流動態解析の再現性

    七条来夢, 福山篤司, 石黒健太, 水野 崇, 礒田治夫

    平成28年度日本生体医工学会東海支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  44. なぜ大型内頸動脈瘤の遠位部血流は低下するのか? -CFDを用いた検証-

    今井資, 泉孝嗣, 石黒健太, 礒田治夫, 伊藤真史, 佐藤雅基, 玉利洋介, 塚田哲也, 西堀正洋, 若林俊彦

    日本脳神経外科学会第75回学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月 - 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. Age related Change of Attention During TS Performance An FMRI Study 国際会議

    Akihiro Yoshida, Toshiharu Nakai, Haruo Isoda

    BrainConnects 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:台湾  

  46. Building an Activation Map Driven Operation System for a Small Humanoid Using Realtime FMRI- An Initial Report 国際会議

    Akihiro Yoshida, Epifanio Bagarinao, Shohei Kato, Mika Ueno, Haruo Isoda,Toshiharu Nakai

    BrainConnects 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:台湾  

  47. Hemodynamic vascular biomarkers at the site at which sidewall intracranial aneurysms occur at the paraclinoid internal carotid artery determined using patient-specific computational fluid dynamic simulation based on MR imaging 国際会議

    Tomoya Watanabe, Haruo Isoda, Yasuo Takehara, Masaki Terada, Takehiro Naito, Chiharu Tanoi, Takafumi Kosugi, Yuki Onishi, Atsushi Fukuyama

    The 28th Society for Magnetic Resonance Angiography 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  48. 頸動脈を対象とした3次元シネ位相コントラスト磁気共鳴法の血流動態解析の再現性

    七条 来夢、福山 篤司、石黒 健太、水野 崇、礒田 治夫

    第44回 日本磁気共鳴医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  49. Detecting sequential activation in sub-second resolution during semantic memory test using simultaneous EEG-fMRI measurement

    Kengo Mizuno, Epifanio Bagarinao, Satoshi Maesawa, Saea Tohira, Hirohisa Watanabe, Toshiharu Nakai,Haruo Isoda

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  50. Newly developed cryosurgical system using thermosiphon: a fundamental study and an animal experiment 国際会議

    Haruo Isoda, Yasuo Takehara, Hitoshi Fujino, Kazuya Sone, Takeshi Suzuki, Yoshinari Tsuzaki, Kouji Miyazaki, Michio Fujie, Harumi Sakahara, Yasuaki Maekawa

    2016 The 5th International Forum On Cancer Treatment (IFCT) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  51. Sequential activation in subsecond range during working memory task: A simultaneous EEG-fMRI study 国際会議

    Kengo Mizuno, Epifanio Bagarinao, Satoshi Maesawa, Saea Tohira, Hirohisa Watanabe, Toshiharu Nakai, Haruo Isoda

    22nd Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:スイス連邦  

  52. The Effect of Aging on the Brain Activation during Task Switching Paradigms 国際会議

    Akihiro Yoshida, Toshiharu Nakai, Mitsunobu Kunimi, Haruo Isoda

    22nd Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:スイス連邦  

  53. Sequential activation in subsecond range during working memory task: A simultaneous EEG-fMRI study 国際会議

    Kengo Mizuno, Epifanio Bagarinao, Satoshi Maesawa, Saea Tohira, Hirohisa Watanabe, Toshiharu Nakai, Haruo Isoda

    22nd Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:スイス連邦  

  54. 三次元シネ位相コントラスト磁気共鳴法を用いた脳動脈瘤の血流動態解析-計算流体力学との比較-

    石黒 健太、礒田 治夫、竹原 康雄、寺田 理希、内藤 丈裕、田ノ井 千春、小杉 崇文、大西 有希、福山 篤司、Marcus Alley

    第39回バイオレオロジー学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  55. MRを用いた脳血管の患者固有計算流体力学解析にセグメンテーションによる血管径の大きさと流量の変化が与える影響

    石黒 健太、礒田 治夫、渡辺 智哉、竹原 康雄、寺田 理希、小杉 崇文、大西 有希、小森 芳秋

    第39回バイオレオロジー学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  56. MRを用いた患者固有計算流体力学解析による内頸動脈サイフォン部動脈瘤発生部位の血流動態解析

    礒田 治夫、渡辺 智哉、竹原 康雄、寺田 理希、内藤 丈裕、田ノ井 千春、小杉 崇文、大西 有希、福山 篤司、Marcus Alley

    第39回バイオレオロジー学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  57. 3次元シネ位相コントラスト磁気共鳴法の時間分解能が磁気共鳴流体力学解析と計算流体力学解析に与える影響

    水野 崇、礒田 治夫、福山 篤司、小杉 崇文、小森 芳秋

    第39回バイオレオロジー学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  58. 空間分解能が磁気共鳴流体力学解析に与える影響

    水野 崇、瀧口 和也、礒田 治夫、福山 篤司、小杉 崇文、小森 芳秋

    第39回バイオレオロジー学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  59. 3次元シネ位相コントラスト磁気共鳴法を用いた血流動態解析に時間分解能が与える影響

    水野 崇, 礒田 治夫, 小杉 崇文, 渡辺 智哉, 福山 篤司, 小森 芳秋

    第72回日本放射線技術学会総会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  60. 三次元シネ位相コントラスト磁気共鳴法を用いた脳動脈瘤の血流動態解析-計算流体力学との比較-

    石黒 健太、礒田 治夫、竹原 康雄、寺田 理希、小杉 崇文、大西 有希、福山 篤司

    第72回日本放射線技術学会総会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  61. 調音において意味処理が果たす役割:fMRI による脳活動の検討

    渡邉朋貴, 吉田将人, 木山幸子, 中井敏晴, 礒田治夫

    平成2 7 年度 日本生体医工学会東海支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  62. 認知処理切り替え機能を評価する臨床fMRI課題の妥当性の検討

    吉田旭宏,國見充展,山本 遼,中井敏晴,木山幸子,礒田治夫

    平成2 7 年度 日本生体医工学会東海支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  63. MRを用いた患者固有計算流体力学解析にセグメンテーションによる血管径の大きさと流量の変化が与える影響

    渡辺智哉, 礒田治夫, 竹原康雄, 寺田理希, 小杉崇文, 大西有希

    第43回日本放射線技術学会秋季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  64. 脳血管及び脳動脈瘤の計算流体力学解析に及ぼす異なる流出境界条件の影響

    石黒健太, 礒田治夫, 寺田理希, 小森芳秋, 小杉崇文, 大西有希, 竹原康雄

    第43回日本磁気共鳴医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  65. 健常ボランティアの大脳灰白質と知能指数の相関

    吉田将人, 安田岳史, 飯高哲也, 礒田治夫

    第43回日本磁気共鳴医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  66. 脳のデフォルトモードネットワークと予測言語性IQ及び予測動作性IQとの関連について

    水野健吾, 長村晶生, 飯高哲也, エピファニオ バガリナオ, 礒田治夫

    第43回日本磁気共鳴医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  67. RESOLVEシーケンスで得られた見かけの拡散係数の測定精度について

    福山篤司, 岩瀬大祐, 渡辺智哉, 礒田治夫, 小山修司, 小森芳秋

    第43回日本磁気共鳴医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  68. 3次元シネ位相コントラスト磁気共鳴法の3軸速度エンコード精度検証-各社MR装置を用いた検証

    渡辺智哉, 礒田治夫, 高橋 護, 藤崎賢二, 竹原康雄, 大石直樹5, 川手政徳, 寺田理希, 福山篤司

    第43回日本磁気共鳴医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  69. 計算流体力学による血流動態解析:使用する3次元回転血管撮影, CTA, MRA画像の影響について (in vitro研究)

    礒田治夫, 米山祐也, 小杉崇文, 小森芳秋, 寺田理希, 神谷正貴

    第43回日本磁気共鳴医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  70. リアルタイム機能的MRIを使った脳機能状態識別システムの開発とBMIへの活用

    バガリナオ エピファニオ, 前澤 聡, 渡辺宏久, 森 大輔, 中井敏晴, 礒田治夫, 祖父江 元

    第54回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  71. 認知処理切り替え機能を検査する臨床fMRIの開発 ―若年群と高齢群の比較―

    吉田旭宏, 山本 遼, 小林真介, 法山智顕, 中井敏晴, 國見充展, 木山幸子, 礒田 治夫

    第54回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  72. MRを用いた患者固有CFD解析による側壁型脳動脈瘤発生部位の血管壁バイオマーカー

    渡辺智哉, 礒田治夫, 竹原康雄, 寺田理希, 小杉崇文, 大西有希

    第71回日本放射線技術学会総会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  73. The relationship between default mode network and cognitive function in healthy volunteers 国際会議

    Akio Osamura, Haruo Isoda, Tetsuya Iidaka, Epifanio Bagarinao

    European Congress of Radiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストリア共和国  

  74. Investigation of the Apparent Diffusion Coefficient and Diffusion Kurtosis Image Distortion using Readout Segmented Echo Planar Imaging 国際会議

    Daisuke Iwase, Atsushi Fukuyama, Haruo Isoda, Katsuya Maruyama, Yoshiaki Komori

    European Congress of Radiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストリア共和国  

  75. 計算流体力学を用いた脳血管の血流動態解析-症例固有流出境界条件と自由流出境界条件の比較-

    石黒健太,鈴木麻友,礒田治夫,寺田理希,小森芳秋,小杉崇文,大西有希,竹原康雄,長縄慎二

    第77回 東海総合画像医学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  76. Investigation of accuracy of hemodynamics and wall shear stress for intracranial arteries obtained from MR fluid dynamics (MRFD) using 3D cine phase-contrast MR imaging 国際会議

    ISODA Haruo, ICHIKAWA Kazushige, FUKUYAMA Atsushi, KOMORI Yoshiaki, KOSUGI Takashi, ONISHI Yuki, TAKEHARA Yasuo, NAGANAWA Shinji

    100th annual meeting of RSNA Radiological Society of North America 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月 - 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  77. 健常人のResting state fMRI, 3D T1 Weighted ImageおよびDiffusion Tensor Imageと知能指数の関連について

    安田岳史, 長村晶生, 礒田治夫, 飯高哲也, バガリナオ・エピファニオ

    脳とこころの研究センタープログレスレポート会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  78. Synchronized brain responses during passive viewing of a humorous movie 国際会議

    IIDAKA Tetsuya, HAYASHI Akiko, ISODA Haruo

    Neuroscience 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Washington DC   国名:アメリカ合衆国  

  79. THE RELATIONSHIP BETWEEN DEFAULT MODE NETWORK AND COGNITIVE FUNCTION IN HEALTHY VOLUNTEERS

    OSAMUR Akio,ISODA Haruo,IIDAKA Tetsuya,BAGARINAO Epifanio

    名古屋-延世大学間学術研究交流会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  80. 計算流体力学による血流動態解析:使用する形体画像による影響について

    米山祐也,礒田治夫,寺田理希,小杉崇文

    第7回中部放射線医療技術学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  81. 認知処理切り替え機能を検査する臨床fMRIの開発

    吉田旭宏,山本 遼,小林真介,法山智顕,中井敏晴,國見充展,木山幸子, 礒田治夫

    平成26年度日本生体医工学会東海支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  82. 脳のデフォルト・モード・ネットワークと認知機能の関連について

    長村晶生,礒田治夫,飯高哲也

    平成26年度日本生体医工学会東海支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  83. Readout Segmentation of Variable Long Echo-train(RESOLVE)による拡散係数計測のファントムを用いた精度検証

    岩瀬大祐、福山篤司、礒田治夫、丸山克也、小森芳秋

    第42回日本放射線技術学会秋季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道   国名:日本国  

  84. 健常ボランティアの拡散異方性と認知機能検査の相関に関する検討

    安田岳史,礒田治夫,飯高哲也

    第42回日本磁気共鳴医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都   国名:日本国  

  85. 脳のデフォルト・モード・ネットワークと認知機能の関連について

    長村晶生,礒田治夫,飯高哲也,BAGARINAO Epifanio

    第42回日本磁気共鳴医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  86. 認知処理切り替え機能を検査する臨床fMRIの研究

    吉田旭宏,山本 遼,小林真介,法山智顕,中井敏晴,國見充展,礒田治夫

    第42回日本磁気共鳴医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  87. 磁気共鳴流体解析に形体画像として用いる磁気共鳴血管撮影データの位置ずれ改善とその効果

    礒田治夫,吉永昭夫,市川和茂,福山篤司,小杉隆司

    第42回日本磁気共鳴医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  88. 中部・南海地区におけるMR検査室の防災対策の現況調査 -緊急地震速報導入の現状などについて―

    礒田治夫,小山修司,山口さち子,中井敏晴

    第42回日本磁気共鳴医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  89. 脳血管を対象とした磁気共鳴流体力学の 精度検証

    礒田治夫,市川和茂,福山篤司,小森芳秋,小杉隆司,大西有希,竹原康雄,長縄慎二

    第42回日本磁気共鳴医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  90. 脳血管を対象とした磁気共鳴流体力学の精度検証

    渡辺智哉,礒田治夫,市川和茂,福山篤司,小森芳秋,小杉隆司,大西有希,竹原康雄,長縄慎二

    第76回東海画像総合医学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  91. SS-EPI及びRESOLVEにおける設定b値が信号強度やADCに与える影響について

    岩瀬大祐、福山篤司、礒田治夫、丸山克也、小森芳秋

    Advanced CT・MR 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:軽井沢   国名:日本国  

  92. 3D cine PC MRIにおける画像歪みに関する基礎的検討

    米山祐也,福山篤司,礒田治夫,小森芳秋

    3D cine PC MRIにおける画像歪みに関する基礎的検討 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:軽井沢   国名:日本国  

  93. Neural Correlates of Humor as Revealed by Parametric fMRI 国際会議

    IIDAKA Tetsuya, HAYASHI Akiko, ISODA Haruo

    Organization of Human Brain Mapping 2014 Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hamburg   国名:ドイツ連邦共和国  

  94. 磁気共鳴流体解析に形体画像として用いる磁気共鳴血管撮影データの位置ずれ改善とその効果

    礒田治夫,吉永昭夫,市川和茂,福山篤司,小杉隆司

    第37回日本バイオレオロジー学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:さいたま市   国名:日本国  

  95. 脳血管を対象とした磁気共鳴流体力学の 精度検証

    礒田治夫,市川和茂,福山篤司,小森芳秋,小杉隆司,大西有希,竹原康雄,長縄慎二

    第37回日本バイオレオロジー学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:さいたま市   国名:日本国  

  96. Athero-preventive hemodynamic changes of the abdominal aorta after mild leg stretch & bend exercise assessed with 3D cine phase contrast MRI 国際会議

    Mamoru Takahashi, Yasuo Takehara, Haruo Isoda, Tomoyuki Okuaki, Yukiko Fukuma, Norihiro Tooyama, Katsutoshi Ichijo, Harumi Sakahara

    The International Society for Magnetic Resonance in Medicine 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:イタリア共和国  

  97. The effect of anchoring of MR scanners to prevent earthquake hazards - an analysis of the damages to the 602 MR scanners in Great East Japan Earthquake 国際会議

    Sachiko Yamaguchi-Sekino, Yoshio Machida, Toshio Tsuchihashi, Haruo Isoda, Takeshi Noguchi, Toshiharu Nakai

    The International Society for Magnetic Resonance in Medicine 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:イタリア共和国  

  98. Potential hemodynamic biomarkers of pulmonary arterial hypertension measured with an aid of three-dimensional cine phase contrast MR imaging 国際会議

    Masaki Terada, Yasuo Takehara, Haruo Isoda4, Tomohiro Uto, Takashi Kosugi, Tetsuya Wakayama, Marcus Alley

    The International Society for Magnetic Resonance in Medicine 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:イタリア共和国  

  99. 3次元シネ位相コントラスト磁気共鳴法を用いた血流動態解析の精度検証:ファントム物質による影響

    米山祐也,礒田治夫,市川和茂,大西有希,小杉隆司,福山篤司,小森芳秋

    第70改日本放射線技術学会総会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  100. 磁気共鳴流体解析に形態画像として用いるMRAデータの位置ずれ修正の効果

    吉永昭夫、礒田治夫、市川和茂、福山篤司、小杉隆司

    平成25年度日本生体医工学会東海支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  101. オプティカルフローを用いたtagged MR画像による心筋運動解析:短軸断面における心エコーとの比較

    田端大輝,礒田治夫,福山篤司,加藤香緒里,松原宏紀,小杉隆司,丸山克也,長縄慎二

    第41回日本放射線技術学会秋季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  102. Readout Segmented Echo Planar Imagingで得られる拡散強調画像を用いたQ-Space Imaging解析の試み

    岩瀬 大祐,福山 篤司,礒田 治夫,丸山 克也,小森 芳秋,長縄 慎二,櫻井 康雄

    第41回日本放射線技術学会秋季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  103. 3軸速度エンコード検証用ファントムによる3D Cine Phase Contrast MRIの精度検証 国際会議

    森麻里香 福山篤司 市川和茂 礒田治夫 小森芳秋

    第41回日本放射線技術学会秋季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  104. オプティカルフローを用いたtagged MR画像による心筋運動解析:心エコーとの比較

    田端大輝,礒田治夫,福山篤司,加藤香緒里,松原宏紀,小杉隆司,丸山克也,長縄慎二

    第41回日本磁気共鳴医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島   国名:日本国  

  105. Readout Segmented Echo Planar Imagingで得られる拡散強調画像を用いたQ-Space Imaging解析の試み

    岩瀬 大祐,福山 篤司,礒田 治夫,丸山 克也,小森 芳秋,長縄 慎二,櫻井 康雄

    第41回日本磁気共鳴医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島   国名:日本国  

  106. 頸部領域における3次元シネ位相 コントラスト磁気共鳴法を用いた 血流動態解析の精度検証

    登澤一輝, 礒田治夫, 福山篤司, 島本佳寿広, 丸山克也,小森芳秋,小杉隆司, 竹原康雄, 長縄慎二

    第41回日本磁気共鳴医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島   国名:日本国  

  107. 東日本大震災における「MR検査の患者の安全確保」と「MR装置の安全確保」について

    市川和茂、 礒田治夫、 小山修司、 中井敏晴、町田好男、 土橋俊男、 山口さち子、 野口隆志

    第41回日本磁気共鳴医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島   国名:日本国  

  108. 磁気共鳴流体解析に形態画像として用いるMRAデータの位置ずれ修正の効果

    吉永昭夫、礒田治夫、市川和茂、福山篤司、小杉隆司

    第74回東海総合画像医学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  109. オプティカルフローを用いたtagged MR画像による心筋運動解析:心エコーとの比較

    田端大輝,礒田治夫,福山篤司,加藤香緒里,松原宏紀,小杉隆司,丸山克也,長縄慎二

    Advanced CT・MR研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:軽井沢   国名:日本国  

  110. Readout Segmented EPIを用いたQ-Space Imaging解析の試み

    岩瀬 大祐、福山 篤司、礒田 治夫、丸山 克也、小森 芳秋

    Advanced CT MR研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:軽井沢   国名:日本国  

  111. オプティカルフローを用いたTagged MR画像によるヒト心筋運動解析

    田端大輝,礒田治夫,福山篤司,小杉隆司,清水利恭,丸山克也,長縄慎二

    第69回日本放射線技術学会総会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  112. Cine PC MRIの空間分解能が流速測定の精度に及ぼす影響

    森麻里香、礒田治夫、福山篤司、盛田健人、丸山克也、清水利恭

    第69回日本放射線技術学会総会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  113. 頸部領域における3次元シネ位相 コントラスト磁気共鳴法を用いた 血流動態解析の有用性

    登澤一輝、礒田治夫、福山篤司、丸山克也、小森芳秋、清水利恭、小杉隆司、竹原康雄、長縄慎二

    第69回日本放射線技術学会総会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  114. 3次元シネ位相コントラスト磁気共鳴法を用いた血管壁せん断応力解析における観察者間変動の検討

    市川和茂、 礒田治夫、 福山篤司、 丸山克也、 小森芳秋、清水恭利、 小杉隆司、 竹原康雄、 長縄慎二

    第69回日本放射線技術学会総会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  115. Myocardial motion analysis with the aid of tagged MR images analyzed by optical flow method 国際会議

    TABATA Daiki, ISODA Haruo, FUKUYAMA Atsushi, SHIMIZU Toshiyasu, KOSUGI Takashi, MARUYAMA Katsuya, NAGANAWA Shinji

    European Congress of Radiology 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストリア共和国  

  116. Validation of accuracy for 3D cine phase-contrast MR imaging (4D-Flow) with the aid of an aortic phantom 国際会議

    MORI Marika, ISODA Haruo, FUKUYAMA Atsushi, HABA Tomonobu, MARUYAMA Katsuya, SHIMIZU Toshiyasu, TAKEHARA Yasuo, NAGANAWA Shinji

    European Congress of Radiology 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストリア共和国  

  117. MR-based computational fluid dynamics (CFD) for an aneurysmal formation of a basilar artery

    ISODA Haruo, SHIMIZU Tosihyasu, TERADA Masaki, TAKEHARA Yasuo, ONISHI Yuki, AOKI Kohei, KOSUGI Takashi. AMAYA Kenji

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  118. Usefulness of velocity profiles based on 3D cine PC MR used as boundary conditions for computational fluid dynamics of an intracranial aneurysm: investigation with the aid of simulated data set

    ISODA Haruo, ONISHI Yuki, TAKEHARA Yasuo, SHIMIZU Toshiyasu, AOKI Kohei, KOSUGI Takashi, AMAYA Kenji, SAKAHARA Harumi

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  119. サーモサイフォン効果を具備した凍結プローブ」と「冷熱源」を用いた凍結治療装置の開発

    礒田治夫,竹原康雄,藤野 仁,宮崎光司,前川泰昭

    名古屋大学 予防早期医療創成センター 第3回ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  120. Feasibility of a Newly Developed Cryoablation System Using Thermosiphon in a Tumor Bearing Rabbit Model 国際会議

    TAKEHARA Yasuo, ISODA Haruo, FUJINO Hitoshi, SONE Kazuya, SUZUKI Takeshi, MIYAZAKI Kouji, MAEKAWA Yasuaki

    Radiological Society of North America 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  121. Accuracy of 3D cine phase contrast MR flow measurement for common carotid arteries

    TOZAWA Ikki, ISODA Haruo, FUKUYAMA Atsushi, MORITA Kento, MARUYAMA Katsuya, KOMORI Yoshiaki, SHIMIZU Toshiyasu, KOSUGI Takashi, TAKEHARA Yasuo, NAGANAWA Shinji

    2012 Nagoya-Yonsei University Research Exchange Meeting on Health Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  122. Developmental research on a cryosurgical probe with a thermosiphon effect and cryogen

    ISODA Haruo, TAKEHARA Yasuo, FUJINO Hitoshi, SONE Kazuya, SUZUKI Takeshi, MIYAZAKI Kouji, TSUZAKI Yoshinari, MAEKAWA Yasuaki

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  123. T2 Star Weighted MR Angiography Can Accurately Reflect Hemorrhagic Area after Cryosurgery in Tumor Bearing Animal Model

    TAKEHARA Yasuo, ISODA Haruo, FUJINO Hitoshi, SONE Kazuya, SUZUKI Takeshi, MIYAZAKI Kouji, MAEKAWA Yasuaki

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  124. Investigation of accuracy of flow velocity profile and wall shear stress obtained from 3D cine phase-contrast MR imaging for a cerebral arterial phantom 国際会議

    ICHIKAWA Kazushige, ISODA Haruo, FUKUYAMA Atsushi, MARUYAMA Katsuya, KOMORI Yoshiaki, KOSUGI Takashi, SHIMIZU Toshiyasu, TAKEHARA Yasuo, NAGANAWA Shinji

    International Forum on Medical Imaging in Asia 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:大韓民国  

  125. Validation of accuracy for 3D cine phase-contrast MR imaging (4D-Flow) with the aid of an aortic phantom 国際会議

    MORI Marika, ISODA Haruo, FUKUTAMA Atsushi, HABA Tomonobu, MARUYAMA Katsuya, KOMORI Yoshiaki, SHIMIZU Toshiyasu, KOSUGI Takashi, TAKEHARA Yasuo, NAGANAWA Shinji

    International Forum on Medical Imaging in Asia 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:大韓民国  

  126. Myocardial motion analysis with the aid of tagged MR images analyzed by optical flow method 国際会議

    TABATA Daiki, ISODA Haruo, FUKUYAMA Atsushi, SHIMIZU Toshiyasu, KUSIGI Takashi, MARUYAMA Katsuya, NAGANAWA Shinji

    International Forum on Medical Imaging in Asia 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:大韓民国  

  127. Tagged MR画像のオプティカルフロー解析によるヒト心筋運動解析

    田端大輝,礒田治夫,福山篤司,小杉隆司,清水利恭,丸山克也,長縄慎二

    第5回中部放射線医療技術学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:浜松   国名:日本国  

  128. 大動脈ファントムを用いた3次元シネ位相コントラスト磁気共鳴法(4D-flow)の精度検証

    森麻里香,礒田治夫,小山修司,福山篤司,小森芳秋,丸山克也,小杉隆司,清水利恭,竹原康雄,長縄慎二

    平成24年度日本生体医工学会東海支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  129. Usefulness of velocity profiles based on 3D cine PC MR used as boundary conditions for computational fluid dynamics of an intracranial aneurysm: investigation with the aid of simulated data set 国際会議

    ISODA Haruo, ONISHI Yuki, TAKEHARA Yasuo, SHIMIZU Tosihyasu, AOKI Kohei, KOSUGI Takashi, AMAYA Kenji, SAKAHARA Harumi

    The 9th International Intracranial Stents Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  130. MRから見た血流動態と血管病変

    礒田 治夫

    第28回日本診療放射線技師学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  131. 脳血管ファントムを用いた3次元シネ位相コントラスト磁気共鳴法の血流動態と壁せん段応力の精度検証

    市川和茂,礒田治夫,福山篤司,丸山克也,小森芳秋,清水利恭,小杉隆司,竹原康雄,長縄慎二

    平成24年度名古屋大学脳とこころの研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  132. 脳機能MR画像解析 -3T MR装置における施設内及び施設間の再現性の検証

    竹田和真,礒田治夫,福山篤司,小山修司,櫻井康雄,長縄慎二

    平成24年度名古屋大学脳とこころの研究センターシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  133. Accurate Determination of Inlet/Outlet Boundary Conditions in Vascular CFD Analysis using 4D-Flow Velocimetry 国際会議

    Onishi Yuki, Aoki Kouhei, Amaya Kenji, Shimizu Toshiyasu, Isoda Haruo, Takehara Yasuo, Kosugi Takashi, Marcus T. Alley, Wakayama Tetsuya

    24th International Workshop on Magnetic Resonance Angiography Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オランダ王国  

  134. MR based CFD による脳動脈瘤WSS分布推定における血管形状抽出法および血液の非ニュートン性の影響

    青木 康平,大西 有希,天谷 賢治,清水 利恭,礒田 治夫,竹原 康雄,小杉 隆司

    日本機械学会 2012年度年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  135. 3D cine PC-MR 血流速度測定を用いたCFD血流解析の正確な流入出境界条件の決定法

    大西 有希,青木 康平,天谷 賢治,清水 利恭,礒田 治夫,竹原 康雄,小杉 隆司

    日本機械学会 2012年度年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  136. オプティカルフロー解析を用いたタグ標識磁気共鳴法によるヒト心筋運動解析

    田端大輝,礒田治夫,福山篤司,小杉隆司,清水利恭,丸山克也,長縄慎二

    第72回東海総合画像医学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  137. 脳血管ファントムを用いた3次元シネ位相コントラスト磁気共鳴法の血流動態と壁せん段応力の精度検証

    礒田治夫,市川和茂,福山篤司,羽場友信,丸山克也,小杉隆司,清水利恭,竹原康雄,長縄慎二

    第40回日本磁気共鳴医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  138. 3D cine PC法における飽和効果が血流解析に与える影響

    寺田理希,竹原康雄,礒田治夫,小杉隆司,清水利恭,松芳圭吾,安澤千奈,山田英司,竹内由樹,大坪健一,大杉正典

    第40回日本磁気共鳴医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  139. 3D cine PC MRデータに基づいた脳動脈瘤の計算流体力学における流速境界条件の有用性:模擬データを用いた検討

    礒田治夫,大西有希,竹原康雄,清水利恭,青木康平,小杉隆司,天谷賢治,阪原晴海

    第40回日本磁気共鳴医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都   国名:日本国  

  140. 大動脈ファントムを用いた3次元シネ位相コントラスト磁気共鳴法(4D-flow)の精度検証

    礒田治夫,森麻里香,福山篤司,羽場友信,丸山克也,清水利恭,小杉隆司,竹原康雄,長縄慎二

    第40回日本磁気共鳴医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  141. フリーピストン型スターリング冷凍機とサーモサイフォンを用いた深部腫瘍性病変の凍結治療装置開発

    礒田治夫,竹原康雄,藤野 仁,曽根和哉,鈴木壮志,津崎芳成,宮崎光司

    育成研究成果報告会&信州メディカルイノベーション講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:松本   国名:日本国  

  142. サーモサイフォン効果を具備した凍結プローブ」と「冷熱源」を用いた凍結治療装置の開発

    礒田治夫,竹原康雄,藤野 仁,宮崎光司,曽根和哉,鈴木壮志

    第152回日本医学放射線学会中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月 - 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜   国名:日本国  

  143. Developmental research on a cryosurgical probe with a thermosiphon effect and cryogen cooled with a free piston Stirling cooler 国際会議

    ISODA Haruo, TAKEHARA Yasuo, FUJINO Hitoshi, SONE Kazuya, SUZUKI Takeshi, TSUZAKI Yoshinari, MIYAZAKI Kouji, MAEKAWA Yasuaki

    International Forum on Cancer Treatment 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:中華人民共和国  

  144. 3次元シネ位相コントラスト磁気共鳴法(4D-Flow)による大動脈ファントムの血流解析

    森麻里香,礒田治夫,福山篤司,小山修司,丸山克也,清水利恭,長縄慎二

    日本放射線技術学会第68回総会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  145. 心筋ファントームを用いた「Tagged MRIとオプティカルフローによる心筋運動解析」の精度検証

    田端大輝,礒田治夫,小山修司,福山篤司,丸山克也,小杉隆司,清水利恭

    日本放射線技術学会第68回総会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  146. Arterial Spin Labeling (ASL)による転移性脳腫瘍の評価

    礒田治夫,寺田理希,内藤真明,竹原康雄,鵜池充宏,内海一行

    第41回日本神経放射線学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:志摩   国名:日本国  

  147. 脳動脈瘤患者における対側脳動脈分岐部のSpatial WSS Gradient ― 磁気共鳴血流解析による検討 -

    礒田治夫,清水利恭,小杉隆司,竹原康雄

    第41回日本神経放射線学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:志摩   国名:日本国  

  148. 回転式速度検証装置を用いた3次元シネ位相コントラスト磁気共鳴法(4D-Flow)の精度検証

    登澤一輝,礒田治夫,小山修司,福山篤司,丸山克也,小杉隆司,清水利恭

    第4回中部放射線医療技術学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山   国名:日本国  

  149. 3次元シネ位相コントラスト磁気共鳴法(4D-Flow)による大動脈ファントムの血流解析

    森 麻里香,礒田治夫,小山修司,福山篤司,丸山克也,小杉隆司,清水利恭

    第4回中部放射線医療技術学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山   国名:日本国  

  150. Discovery Revisited : No Signal from Ice Ball on MR Images during Cryosurgery 国際会議

    ISODA Haruo

    16th World Congress of the International Society of Cryosurgery 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月 - 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストリア共和国  

  151. 3次元シネ位相コントラストMRIを用いた脳血管ファントムの血流解析

    市川和茂 ,礒田治夫,小山修司,福山篤司,丸山克也,小杉隆司,清水利恭

    平成23年度日本生体医工学会 東海支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  152. 心筋ファントームを用いた「Tagged MRIとオプティカルフローによる心筋運動解析」の精度検証

    田端大輝,礒田治夫,小山修司,福山篤司,丸山克也,小杉隆司,清水利恭

    平成23年度日本生体医工学会 東海支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  153. オプティカルフロー処理を用いたタグ磁気共鳴画像による心筋運動解析

    礒田治夫,小杉隆司,清水利恭,寺田理希,吉原 修,内藤真明

    第39回日本磁気共鳴医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月 - 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北九州   国名:日本国  

  154. 脳機能MR画像解析-3T MR装置における施設内及び施設間の再現性の検証-

    竹田和真,礒田治夫,福山篤司,小山修司,櫻井康雄,長縄慎二

    第70回東海総合画像医学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  155. MRI最近の知見:脳動脈瘤の血流解析

    礒田治夫

    第14回日本病院脳神経外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:松山   国名:日本国  

  156. Investigation of intravascular blood flow velocity vausing Arterial hyper intensity on fast fluid-attenuated inversion recovery images 国際会議

    FUKUYAMA Atsushi, ARAKI Hiroyuki, UCHIDA Kunihiko, FUKUYAMA Koichi, KOYAMA Shuji, ISODA Haruo

    European Congress of Radiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストリア共和国  

  157. 脳動脈瘤の血流解析

    礒田治夫

    第15回ニューロイメージングカンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  158. 施設(MRI、MEG)紹介

    礒田治夫

    平成22年度名古屋大学オープンシンポジウム  脳画像_脳とこころの何が分かるか  ストレス、認知症、うつ病等の克服を目指して 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  159. 磁気共鳴 (MR)で何がわかるか

    礒田治夫

    第6回名古屋大学ホームカミングデイ(大幸デイ)  市民健康講演会  ライフトピア地域支援研究センター健康講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  160. Magnetic resonance fluid dynamics of growing intracranial aneurysms 国際会議

    ISODA Haruo, HIRAMATSU Hisaya, YAMASHITA Shuhei, TAKEHARA Yasuo, NAITOH Takehiro, KOSUGI Takashi, SHIMIZU Toshiyasu, TAKEDA Hiroyasu, TERADA Masaki, WAKAYAMA Tetsuya, ALLEY Marcus, MIYACHI Shigeru, SAKAHARA Harumi

    22nd Annual International Conference on Magnetic Resonance Angiography 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  161. 脳動脈瘤のMR血流解析と計算流体力学解析の比較

    礒田治夫

    第33回日本バイオレオロジー学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:和光   国名:日本国  

  162. MRによる脳動脈瘤の血流動態解析

    礒田治夫

    脳卒中二次予防と抗血小板療法講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  163. 頭頸部MRAのピットホールと臨床に役立つ「流れ」の知識

    礒田治夫

    放射線研究セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  164. 増大する脳動脈瘤の磁気共鳴血流解析

    礒田治夫, 平松久弥, 小杉隆司, 竹田浩康, 平野勝也, 竹原康雄, ALLEY Marcus, 阪原晴海

    第69回日本医学放射線学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  165. 増大する脳動脈瘤の磁気共鳴血流解析

    礒田治夫, 竹原康雄, 内藤丈裕, 小杉隆司, 竹田浩康, 寺田理希, 平野勝也, 阪原晴海

    第39回日本神経放射線学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  166. 脳動脈瘤の3D cine PC MRI 流体解析とこれを境界条件とした計算流体力学解析の比較

    礒田治夫,大倉靖栄,小杉隆司,山下修平,竹原康雄,竹田浩康,平野勝也,難波宏樹,Marcus Alley 5,Roland Bammer ,Norbert Pelc,阪原晴海

    第36回日本磁気共鳴医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    ヒト脳動脈瘤について3D cine PC MRIによるMR血流解析(MRFD)と3D cine PC MRIデータを境界条件とした計算流体力学解析(CFD)を比較した。MRFDとCFDで求められた脳動脈瘤の三次元速度ベクトル場には中~強い相関があり、MRFDとCFDの三次元流線図はよく一致していた。MRFDとCFDで求められた血管壁剪断応力は弱から中等度の相関があった。筆頭発表者として、企画・実施・総括の全てを担当した。

  167. Comparison of Hemodynamics of Intracranial Aneurysms between MR Hemodynamic Analysis and MR based Computational Fluid Dynamics 国際会議

    Isoda H, Ohkura Y, Kosugi T, Yamashita S, Takehara Y, Takeda H, Hirano M, Namba H, Alley MT, Sakahara H

    The 46th Annual Meeting of American Society of Neuroradiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  168. Developmental Research on Cryosurgical Device With the Use of Free Piston Stirling Cooler

    Isoda H, Fujino H, Suzuki T, Sakahara T

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  169. Preliminary Study of In Vivo Hemodynamic Analysis of Intracranial Aneurysms with the Use of Time-resolved Three-dimensional Phase-contrast MRI and In-house Software 国際会議

    Isoda H, Ohkura Y, Kosugi T, Takeda H, Hirano M, Yamashita S, Inagawa S, Takehara Y, Alley MT, Markl M, Pelc NJ, Sakahara H

    The 45th Annual Meeting of American Society of Neuroradiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  170. Time-Resolved Three-Dimensional Phase-Contrast MRIによるヒト脳動脈瘤インビボ血流解析の検討

    礒田治夫, 大倉靖栄, 小杉隆司, 竹田浩康, 平野勝也, 山下修平, 稲川正一, 竹原康雄, AlleyMarcus, 阪原晴海

    第66回日本医学放射線学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    脳動脈瘤を有する患者9名を対象に、3次元シネ位相コントラスト磁気共鳴撮影法を施行し、3次元流線図で可視化すると共に、血管壁剪断応力(WSS)分布を求め、螺旋流の頂点とWSSの関係を検討した。動脈瘤内には少なくとも1個の螺旋流を認めた。また、動脈瘤全体のWSSは、血管壁のWSSよりも低くかった。また、脳動脈瘤内螺旋流の頂点の血流は遅く、頂点近傍のWSSは脳動脈瘤全体のWSSよりも低いことを明らかにした。筆頭発表者として、企画・実施・総括の全てを担当した。

  171. Visualization of Hemodynamics in a Silicon Aneurysm Model using Time-Resolved Three-Dimensional Phase-Contrast MRI 国際会議

    Isoda H, Hirano M, Takeda H, Yamashita S, Inagawa1 S, Kosugi T, Takehara Y, Nozaki A, Nagasawa K, Alley M, Markl M, Pelc N, Sakahara H

    The 43rd Annual Meeting of American Society of Neuroradiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:カナダ  

  172. Visualization of Hemodynamics in Intracranial Arteries using Time-Resolved Three-Dimensional Phase-Contrast MRI 国際会議

    Yamashita S, Isoda H, Hirano M, Takeda H, Inagawa1 S, Takehara Y, Nozaki A, Nagasawa K, Alley Ma, Markl M, Pelc N, Sakahara H

    43rd Annual Meeting of American Society of Neuroradiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:カナダ  

  173. Time-Resolved Three-Dimensional Phase-Contrast MRIによるシリコン製脳動脈瘤モデル血流可視化

    礒田治夫, 平野勝也, 竹田浩康, 竹原康雄, 山下修平, 稲川正一, 野崎敦, 永澤清, ノベルト・ペルク, 阪原晴海

    第64回日本医学放射線学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    1.5T MR装置を用いて3次元シネ位相コントラスト磁気共鳴撮影法(ボクセル毎に速度3成分の速度情報を持つ経時的3次元画像を得る撮像法)をシリコン製中大脳動脈分岐部動脈瘤モデル(拍動流でグリセリン溶液を流した)に施行し、動脈瘤内の血流動態を可視化した。その結果、動脈瘤内に形成された螺旋流頂点の血流速度が遅く、剪断応力が低いと推定されるこの部位がブレブに一致することを示した。筆頭発表者として、企画・実施・総括の全てを担当した。

  174. MR findings of angiosarcoma of the scalp 国際会議

    Isoda H, Imai M, Inagawa S, Sakahara H

    The 42nd Annual Meeting of American Society of Neuroradiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  175. 頭皮血管肉腫のMRI所見

    礒田治夫,今井美智子,稲川正一,阪原晴海

    第33回日本神経放射線学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    頭皮血管肉腫に対するMRの役割を明らかにするため、8例のMRIを後方視で検討した。 脂肪抑制T2強調画像、脂肪抑制造影T1強調画像で皮下脂肪や筋肉への侵潤が明瞭となり、4例の頭皮血管肉腫では視診による病変の広がりよりもMRによる病変の広がりの方が広かった。MRは体表からは見えない頭皮血管肉腫の周囲組織への侵潤を明瞭に描出できることを明らかにした。筆頭発表者として、企画・実施・総括の全てを担当した。

  176. 脳動脈瘤モデルの血流解析:Tagged MR image velocimetryとparticle image velocimetryの比較

    礒田治夫,小杉隆司,稲川正一,磯貝 聡,武田伸一郎,阪原晴海

    第32回日本神経放射線学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    グリセリン溶液を拍動流で流したシリコン製前大脳動脈瘤モデルに対してタグ標識磁気共鳴撮影法を施行し、粒子画像流速測定法で後処理して血流解析を行った。この結果、動脈瘤内の各点における速度ベクトル、渦度、ひずみ度が得られた。瘤内の血液流入部でひずみ度が高くなっており、高い剪断応力に関係していることを明らかにした。筆頭発表者として、企画・実施・総括の全てを担当した。

  177. Preliminary study of tagged MR image velocimetry for an intracranial aneurysm replica 国際会議

    Isoda H, Inagawa S, Takeda H, Isogai S, Takehara Y, Sakahara H

    The 40th Annual Meeting of American Society of Neuroradiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:カナダ  

  178. Comparison of copying ideographic characters and copying syllabic characters-an fMRI study 国際会議

    Matsuo K, Kato C, Ozawa F, Takehara Y, Isoda H, Isogai S, Moriya T, Sakahara H, Okada T, Nakai T

    7th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping(OHBM)Conferences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アイルランド  

  179. Elliptical centric phase encoding order とMR Smartprep を用いた高空間分解能頸部造影3D MRAによる頭蓋内血管の評価

    礒田治夫,竹原康雄,磯貝 聡,小澤福示郎,稲川正一,高 栄慧,高橋元一郎,金子昌生,田中篤太郎,野崎 敦

    第30回日本神経放射線学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    本稿の造影3D MRAは第一循環の造影剤通過を自動感知し、撮影を自動的に開始するソフトを用い、elliptical centric view orderを使用した動脈相の高空間分解能造影3D MRAである。1.5T MR装置で9名の連続した脳動脈瘤患者に対して3D TOF MRAと造影3D MRAを撮影し、脳動脈瘤検出に造影3D MRAが役立つことを示した。筆頭発表者として、企画・実施・総括の全てを担当した。

  180. Comparison of contrast-enhanced 3D MR angiography using elliptical centric view ordering and unenhanced 3D time-of-flight MR angiography in the evaluation of intracranial aneurysms 国際会議

    Isoda H, Inagawa S, Takeda H, Takehara Y, Isogai S, Kodaira N, Takahashi M, Nozaki A, Sakahara H

    The 38th Annual Meeting of American Society of Neuroradiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  181. A functional magnetic resonance Imaging study of the effects of listening comprehension of various genres of literature on response of the linguistic area 国際会議

    Ozawa F, Matsuo K, Kato C, Matsuzawa K, Nakai T, Isoda H, Takehara Y, Sakahara H

    5th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping(OHBM)Conferences 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  182. Involvemet of motor cortices in retrieval of Kanji morphograms as detected by functional MRI 国際会議

    Kato C, Isoda H, Takehara Y, Nakai T, Matsuo K, Moriya T, Kaneko M

    4th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping(OHBM)Conferences 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:カナダ  

  183. MR angiography of intracranial aneurysm models -a comparison of contrast enhanced 3D MR angiography with TOF MR angiography 国際会議

    Isoda H, Takehara Y, Isogai S, Masunaga H, Takahashi M, Kaneko M, Tanaka T, Nozaki A

    The 36th Annual Meeting of American Society of Neuroradiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  184. Tagged MR imaging of intracranial aneurysm models 国際会議

    ISODA Haruo, KINOSADA Yasutomi, ISOGAI Satoshi, TAKEHARA Yasuo, Kodaira N, Takahashi M, Kaneko M, Ito T

    The 36th Annual Meeting of American Society of Neuroradiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  185. MR angiography of intracranial aneurysm models -a comparison of contrast enhanced 3D MR angiography with TOF MR angiography 国際会議

    MR angiography of intracranial aneurysm models -a comparison of contrast enhanced 3D MR angiography with TOF MR angiography

    The 6th Scientific Meeting and Exhibition of the International Society for Magnetic Resonance in Medicine 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストラリア連邦  

  186. 2D, 3D TOF MRA,造影 3D MRA による脳動脈瘤モデル描出能の検討

    礒田治夫,竹原康雄,小平奈美,磯貝 聡,増永初子,田中篤太郎,高橋元一郎,金子昌生,野崎 敦

    第27回日本神経放射線研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    lateralタイプ嚢状脳動脈瘤モデルに拍動流を流し、造影3D MRAと非造影2Dおよび3D TOF MRAによる動脈瘤描出能を比較した。超高速撮像法を用いて5秒おきに撮像したマルチフェーズ造影3D MRAが脳動脈瘤モデル描出に最も優れていた。通常の非造影3D TOF MRAで描出されにくい乱流や遅い血流を持つ脳動脈瘤描出に造影3D MRAが有用であることを示した。筆頭発表者として、企画・実施・総括の全てを担当した。

  187. Enhanced 3D MR angiography of the intracranial arteries using Smartprep technique 国際会議

    Isoda H, Takehara Y, Takahashi M, Kaneko M, Nozaki A, Sun Y

    The 83rd Scientific Assembly and Annual Meeting of Radiological Society of North America 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年11月 - 1997年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  188. MR taggingによる脳動脈瘤モデル内血行動態の解析

    礒田治夫, 竹原康雄, 高橋元一郎, 金子昌生, 伊藤龍彦, 紀ノ定保臣, 池ヶ谷優美, 石津文夫, 杉村正義

    第25回日本磁気共鳴医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    lateral typeとterminal typeの嚢状脳動脈瘤モデルに1.5T MR装置でタグ標識磁気共鳴画像を施行し、血流動態が推測した。嚢状動脈瘤の血流動態はその形状と頚部径により異なり、頚部径が大きいものは頚部径が狭いものに比して血流が速く、頚部径の大きいterminal type嚢状脳動脈瘤では瘤内の流速が早いためにタグが観察できないことを明らかにした。筆頭発表者として、企画・実施・総括の全てを担当した。

  189. MR Smartprep併用造影3D MR angiographyを用いた頭蓋内血管の検討

    礒田治夫, 竹原康雄, 磯貝聡, 小平奈美, 田中篤太郎, 竹田浩康, 五十嵐到都, 高橋元一郎, 金子昌生, 野崎敦, 他

    第25回日本磁気共鳴医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    第一循環の造影剤通過を自動感知し、撮影を自動的に開始するソフトとelliptical centric view orderを使用し、最初にk-spaceの中心部を充填する3D CE MRA(撮像時間20秒未満)を38例に施行し、77.6%の症例で静脈の重なりの少ない動脈相造影MRAが得られ、脳動脈瘤や頸動脈海綿静脈洞瘻も描出できることを明らかにした。筆頭発表者として、企画・実施・総括の全てを担当した。

  190. Arterial phase three-dimensional time-of-flight enhanced MR angiography of the carotid and vertebral arteries using Smartprep technique 国際会議

    Isoda H, Takehara Y, Suzuki S, Isogai S, Kaneko M, Nozaki A, Sun Y, Foo T.K.F

    The 35th Annual Meeting of American Society of Neuroradiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:カナダ  

  191. MR による脳動脈瘤モデル内血流動態の検討

    礒田治夫,竹原康雄,高橋元一郎,金子昌生

    第26回日本神経放射線研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    lateral typeとterminal typeの嚢状脳動脈瘤モデルに1.5T MR装置でタグ標識磁気共鳴画像を施行し、血流動態が推測した。嚢状動脈瘤の血流動態はその形状と頚部径により異なり、頚部径が大きいものは頚部径が狭いものに比して血流が速く、頚部径の大きいterminal type嚢状脳動脈瘤では瘤内の流速が早いためにタグが観察できないことを明らかにした。筆頭発表者として、企画・実施・総括の全てを担当した。

  192. Smart Prep 併用造影 3D time-of-flight MR angiography による頚部血管の評価

    礒田治夫,竹原康雄,高橋元一郎,金子昌生,野崎 敦,Yi Sun

    第26回日本神経放射線研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    第一循環の造影剤通過を自動感知し、自動的に撮影を開始するソフトとelliptical centric view orderを使用し、最初にk-spaceの中心部を充填する造影3D MRA(撮像時間40秒未満)を脳血管障害が疑われた35例を対象として頸部血管に施行した。静脈の重なりの少ない高品質な動脈相造影MRAが短時間で92%以上に得られることを明らかにした。筆頭発表者として、企画・実施・総括の全てを担当した。

  193. MR imaging of transverse myelitis 国際会議

    Isoda H, Ramsey R.G

    The 34th Annual Meeting of American Society of Neuroradiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  194. MRI of dumbbell-shaped spinal tumors 国際会議

    ISODA Haruo, TAKAHASHI Motoichiro, MOCHIZUKI Takao, Masui T, Kaneko M, Takehara Y, Itoh T, Miyazaki Y, Igarashi T

    The 15th Symposium Neuroradiologicum 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  195. Clinical application of pulmonary 3 dimensional time-of-flight MR angiography with breath-holding using a contrast medium 国際会議

    Isoda H, Masui T, Mochizuki T, Ohkawa Y, Suzuki K, Ohta A, Shirakawa T, Takahashi M, Kaneko M

    The 11th Annual Scientific Meeting and Exhibition of Society of Magnetic Resonance in Medicine 

     詳細を見る

    開催年月日: 1992年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  196. Pulmonary MR angiography:a comparison of 2-dimensional and 3-dimensional time-of-flight MR angiography 国際会議

    Isoda H, Hasegawa S, Furuya Y, Ohkawa Y, Takahashi M, Kaneko M

    The 10th Annual Scientific Meeting and Exhibition of Society of Magnetic Resonance in Medicine 

     詳細を見る

    開催年月日: 1991年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  197. MR imaging in postoperative maxillary cyst:correlation with operative findings 国際会議

    Isoda H, Takehara Y, Ichijo K, Mochizuki T, Takahashi M, Kaneko M

    The 76th Scientific Assembly and Annual Meeting of Radiological Society of North America 

     詳細を見る

    開催年月日: 1990年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 5

  1. 3D cine Phase Contrast MR画像による血流動態解析の精度検証

    2012年4月 - 2013年3月

    堀科学芸術振興財団研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. フリーピストン型スターリング冷凍機とサーモサイフォンを用いた深部腫瘍性病変の凍結治療装置開発

    2009年4月 - 2012年3月

    独立行政法人 科学技術振興機構 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    腫瘍性病変を凍結壊死させる凍結治療をMR、CTやUSなどのイメージガイド下で高精度かつ簡便に行うための安価な凍結治療装置の開発である。乳がんなどの深部の腫瘍性病変を凍結治療するために、「フリーピストン型スターリング冷凍機」と「サーモサイフォン構造を持つ凍結プローブ」を組み合わせた小型で安価な装置を開発し、将来の薬事申請も視野に入れた各種実験により、その有効性を高め、整容性の高い治療方法の普及に寄与する。

  3. MRI時系列データを用いた心筋運動の可視化解析システムの開発

    2008年4月 - 2010年3月

    平成20年度独創的シーズ展開事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 医療用MR撮影装置を用いた血流解析装置システムの事業化

    2007年4月 - 2008年3月

    平成19年度中小企業・ベンチャー挑戦支援事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 多次元流体計測システムの研究開発

    2003年4月 - 2006年3月

    大学発ベンチャー創出事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 6

  1. 未破裂脳動脈瘤の将来の破裂リスクを臨床現場で直ちに推定する方法の確立

    研究課題/研究課題番号:25293264  2013年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

    礒田治夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17030000円 ( 直接経費:13100000円 、 間接経費:3930000円 )

  2. 4D-Flowと深層学習を用いた脳動脈瘤高分解能血流動態バイオマーカー計算法開発

    研究課題/研究課題番号:21K09175  2021年4月 - 2024年3月

    礒田 治夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

  3. 腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術後の諸問題解決を目指すMRIの新戦略

    研究課題/研究課題番号:17K10398  2017年4月 - 2020年3月

    竹原 康雄

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    腹部大動脈瘤に対するEVAR後に最も頻度が高く瘤破裂という重大な結果を生ずる可能性のある問題点にエンドリークがある。これをMRIを用いて早期に正確に診断する方法を確立することが本研究の目的である。本研究により、type IIエンドリーク(EL2)のうち、分枝動脈内血流の流速の振幅が大きいほうが、瘤の増大と関係することが突き止められた。
    また、type Iエンドリーク(EL1), type IIIエンドリーク(EL3) では、瘤内の流線解析で、検出できる可能性が示唆された。また、造影MR angiography上で瘤内への造影剤の漏出の検出感度が、造影CTやX線DSAに勝っていることが確認された。
    高齢化が加速する本邦にあって、低侵襲治療であるEVARは今後も増加してゆく可能性が高いが、そのトレンドにあって、瘤破裂につながりかねないEVAR後のエンドリークの問題解決は焦眉の急と考えられる。本研究では、侵襲性の低い造影MR angiographyや4D Flow MRIといった新しい方法で従来法よりも高い感度でエンドリークを診断できる可能性が示された。流れという従来あまり利用されてこなかった学術的にも新規な方法論によって、腹部大動脈瘤の自然史解明につながる知見が得られた意義は大きい。

  4. 磁気共鳴画像による嚢状脳動脈瘤モデルの血行動態解析と破裂部位推定の研究

    研究課題/研究課題番号: 12470186  2000年4月 - 2002年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

    礒田治夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:7000000円

  5. 脳動脈瘤モデルを用いた磁気共鳴血管撮影による脳動脈瘤抽出向上に関する研究

    研究課題/研究課題番号:08671017  1996年4月 - 1998年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    礒田治夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    直接経費:1500000円 )

  6. MRによる血流速度測定の基礎的検討

    研究課題/研究課題番号:04770740  1992年4月 - 1993年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  奨励研究(A)

    礒田治夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    直接経費:900000円 )

▼全件表示

産業財産権 5

  1. 流れ場可視化装置、液体流路モデルの製造方法及び血流シミュレーション方法

    阪原晴海、礒田治夫、稲川正一、磯貝聡、西野耕一、武田伸一郎、小杉隆司

     詳細を見る

    出願人:西野耕一、武田伸一郎、株式会社アールテック

    出願番号:特願2003-202537  出願日:2003年11月

    出願国:国内  

  2. ヒト血流データをもとにした血流解析装置及びシミュレーション方法

    小杉隆司、礒田治夫、山下修平

     詳細を見る

    出願人:株式会社アールテック、国立大学法人浜松医科大学

    出願番号:特願2005-334325  出願日:2005年11月

    出願国:国内  

  3. 熱治療プローブ

    山下正芳、礒田治夫

     詳細を見る

    出願人:ヤマハ株式会社、礒田治夫

    出願番号:特願 2004-093600  出願日:2004年3月

    特許番号/登録番号:特許第3999755号  登録日:2007年8月 

    出願国:国内  

  4. 凍結治療装置

    礒田治夫、阪原晴海、藤野 仁、鈴木壮志

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人浜松医科大学、ツインバード工業株式会社

    出願番号:2007-286595  出願日:2007年11月

    出願国:国内  

  5. 凍結治療装置及び凍結治療用プローブ

    礒田治夫、阪原晴海、藤野 仁、鈴木壮志

     詳細を見る

    出願人:礒田 治夫、ツインバード工業株式会社

    出願番号:PCT/JP2008/069955  出願日:2008年10月

    出願国:外国