2022/03/31 更新

写真a

タカハシ ユキ
高橋 由紀
TAKAHASHI, Yuki
所属
大学院医学系研究科 総合保健学専攻 看護科学 准教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部(保健学科)
職名
准教授
ホームページ

学位 3

  1. 看護学士 ( 1999年3月   北里大学 ) 

  2. 看護学博士 ( 2011年3月   名古屋大学 ) 

  3. 看護学修士 ( 2007年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 新生児行動学 skin-to-skin contact 助産学 母子保健

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 生涯発達看護学

現在の研究課題とSDGs 6

  1. 周産期にある日本字女性の栄養摂取状況と母乳成分へ与える影響

  2. *健康で出生した正期産児の気道吸引による呼吸確立への影響

  3. 出生早期のskin-to-skin contactが健康な正期産児の脈拍数、酸素飽和度、唾液中コルチゾール濃度と母親の心理に与える影響

  4. 母親のメンタルヘルスと乳児発達との関連;コホート研究

  5. 分娩時の母親への医療介入が新生児の哺乳行動に与える影響

  6. 周産期ケアのエビデンス構築

▼全件表示

経歴 3

  1. 日本赤十字豊田看護大学大学院看護学研究科講師

    2014年4月 - 2015年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. Post-doctoral Researcher, Division of Reproductive Health Care, Department of Women's and Children's Health, Karolinska Institutet, Stockholm, Sweden

    2011年8月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:スウェーデン王国

  3. Post-doctoral Researcher, Department of Animal Environment and Health, Swedish University of Agricultural Sciences, Skara, Sweden

    2011年8月 - 2012年9月

      詳細を見る

    国名:スウェーデン王国

学歴 4

  1. 名古屋大学   医学系研究科   看護学専攻

    2008年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学系研究科   看護学専攻

    2005年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学医療技術短期大学部   その他   専攻科助産学特別専攻

    1999年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  4. 北里大学   看護学部

    1995年4月 - 1999年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 8

  1. 愛知母乳の会   運営委員

    2015年10月 - 現在

  2. 日本周産期精神保健研究会   副事務局長

    2018年8月 - 現在

  3. 愛知分娩監視研究会   世話人

    2018年4月 - 現在

  4. 日本看護科学学会

    2008年4月 - 現在

  5. 日本助産学会

  6. 日本母性衛生学会

  7. 母乳哺育学会

  8. 愛知母性衛生学会

▼全件表示

 

論文 20

  1. Epidural Analgesia With or Without Oxytocin, but Not Oxytocin Alone, Administered During Birth Disturbs Infant Pre-feeding and Sucking Behaviors and Maternal Oxytocin Levels in Connection With a Breastfeed Two Days Later 招待有り 査読有り 国際共著

    Front Neurosci .     2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.3389/fnins.2021.673184

    DOI: https://doi.org/10.3389/fnins.2021.673184

  2. Factors associated with postpartum depression among women in Vientiane Capital, Lao People's Democratic Republic: A cross-sectional study 査読有り

    Souphalak Inthaphatha, Eiko Yamamoto, Viengsakhone Louangpradith, Yuki Takahashi, Alongkone Phengsavanh, Tetsuyoshi Kariya, Yu Mon Saw, Nobuyuki Hamajima

    PLoS One .   15 巻 ( 12 )   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Postpartum depression is a worldwide public health concern. The prevalence of postpartum depression is reported to be greater in developing countries than in developed countries. However, to the best of our knowledge, no papers on postpartum depression in the Lao People's Democratic Republic have been published. In order to strengthen maternal and child health, the current situation of postpartum depression should be understood. This study aims to determine the prevalence of postpartum depression and identify factors associated with postpartum depression in Vientiane Capital, Lao People's Democratic Republic. Study participants were 428 women 6-8 weeks postpartum who visited four central hospitals in Vientiane Capital for postnatal care from July to August 2019. Structured questionnaires were used to collect socio-demographic, obstetrical and infant, and psychiatric data about the women and their partners. The Edinburgh Postnatal Depression Scale (EPDS) was used to identify suspected cases of postpartum depression with the cut-off score of 9/10. Multivariable logistic regression was used to examine independent factors that were associated with suspected postpartum depression (EPDS ≥10). The mean age of the 428 women was 28.1 years, and the prevalence of suspected postpartum depression was 31.8%. Multivariable logistic regression using variables that were statistically significant on bivariate analyses indicated that three variables were associated with suspected postpartum depression: unintended pregnancy (AOR = 1.66, 95% CI 1.00-2.73, P = 0.049), low birth satisfaction (AOR = 1.85, 95% CI 1.00-3.43, P = 0.049), and depression during pregnancy (AOR = 3.99, 95% CI 2.35-6.77, P <0.001). In this study, unintended pregnancy, low birth satisfaction, and depression during pregnancy were independent risk factors for postpartum depression. These results suggest that the mental health of pregnant women should be monitored, and that health care services, especially family planning and supportive birth care, should be strengthened to prevent postpartum depression.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0243463

    PubMed

  3. The nine stages of skin to skin: practical guidelines and insights from four countries 査読有り

    K Brimdyr, K Cadwell, K Svensson, Y Takahashi, E Nissen, AM Widström

    Maternal & Child Nutrition     2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/mcn.13042

  4. The effects of nausea, vomiting, and social support on health related quality of life during early pregnancy: A prospective cohort study 査読有り

    M Hirose,K Tamakoshi, Y Takahashi, T Mizuno, A Yamada,N Kato

    Journal of Psychosomatic Research     2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpsychores.2020.110168

  5. The positive association between duration of skin-to-skin contact and blood glucose level in full-term infants 査読有り

    Takahashi Y and Tamakoshi K.

    Journal of Perinatal and Neonatal Nursing   32 巻 ( 4 ) 頁: 351-357   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The aim of this study was to evaluate the contribution of
    the duration of skin-to-skin contact (SSC) on blood glucose
    levels at 2 hours after birth in healthy full-term infants.
    This observational study was done at one of the
    baby-friendly hospitals located in Aichi, Japan in 2009.
    Sixty newborn infants who were born vaginally from
    uncomplicated pregnancies were participated. All infants
    were held SSC within 5 minutes. All data regarding
    neonatal information, blood glucose levels at 2 hours
    of age, and maternal information were obtained from
    their medical history. Multiple linear regression analysis
    was performed to identify the independent contribution
    of the duration of SSC. The mean duration of SSC was
    59.6 ± 13.6 minutes (range: 11.0-97.0 minutes) and the
    infant blood glucose level was 53.1 ± 9.5 (range: 30.0-80.0
    mg/dL) mg/dL. The duration of SSC (β [95% confidence interval]
    = .282 [range: 0.037-0.357], standardized β = .282,
    P < .017) was significantly and positively associated with
    infant blood glucose levels independent of gestational age,
    birth weight, sex, length of second-stage labor, and modeof delivery. Thus, the longer early SSC was associated with
    higher blood glucose level at 2 hours of age in healthy fullterm
    infants.

    DOI: 10.1097/JPN.0000000000000335

  6. An implementation algorithm to improve skin-to-skin practice in the first hour after birth

    Brimdyr Kajsa, Cadwell Karin, Stevens Jeni, Takahashi Yuki

    MATERNAL AND CHILD NUTRITION   14 巻 ( 2 ) 頁: e12571   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/mcn.12571

    Web of Science

    PubMed

  7. Obstetric factors associated with salivary cortisol levels of healthy full-term infants immediately after birth 査読有り

    Yuki Takahashi, Miyoko Matsushima, P, Tomoko Nishida, , Keiko Tanabe, , Tsutomu Kawabe, and Koji Tamakoshi,

    Clinical and Experimental Obstetrics & Gynecology   0 巻 ( 6 ) 頁: doi: 10.12891/ceog4088.2018   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12891/ceog4088.2018

  8. つわりの程度にみる日本人女性の妊娠初期の栄養素等摂取状況 招待有り 査読有り

    母性衛生   62 巻 ( 4 ) 頁: 725 - 734   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. 医療従事者が捉えた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大下における生殖医療機関の診療体制の変化と高齢不妊患者の治療状況及び通院時の様子 査読有り

    渡邊実香 高橋由紀 大橋幸美

    日本看護研究学会     2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. 子育て支援拠点を利用している母親の風しんに対する認識と予防行動の実態調査 査読有り

    小森美早紀 山田安希子 高橋由紀

    愛知県母性衛生   39 巻   頁: 20 - 28   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. 分娩を取り扱う助産所助産師がとらえる産後ケアと助産所の存在役割 査読有り

    柳瀬千恵子 山田安希子 高橋由紀

    日本助産学会誌   35 巻 ( 1 ) 頁: 88 - 98   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.3418/jjam.JJAM-2020-0028

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjam/35/1/35_JJAM-2020-0028/_pdf/-char/ja

  12. モンゴル国における母子保健研修報告 査読有り

    高橋由紀,浅野みどり

    日本看護医療学会   21 巻 ( 1 ) 頁: 000   2019年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  13. 妊娠末期の妊婦の胎児愛着に関連する要因の検討 査読有り

    高橋由紀 田辺圭子

    愛知母性衛生学会誌   33 巻   頁: 13-20   2016年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Weight loss and low age are associated with intensity of rooting behaviours in newborn infants 査読有り

    Takahashi Y, Jonas W, Ransjö-Arvidson AB, Lidfors L, Uvnäs Moberg K, Nissen E

    Acta Paediatr   104 巻 ( 10 ) 頁: 1018-1023   2015年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/apa.13077.

  15. Factors Associated with Early Postpartum Maternity Blues and Depression Tendency among Japanese Mothers with Full-Term Healthy Infants. 査読有り

    Y Takahashi, K Tamakoshi

    Nagoya Journal of Medical Science   76 巻 ( 1-2 ) 頁: 129-138   2014年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. 多変量解析による産後1か月までの母親の児への愛着に関する要因分析.  査読有り

    高橋由紀 玉腰浩司

    日本母性衛生学会   52 巻 ( 1 ) 頁: 101-110   2011年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Comparison of salivary cortisol, heart rate, and oxygen saturation between early skin-to-skin contact with different initiation and duration times in healthy full-time infants. Y Takahashi, K Tamakoshi, M Matsusima, T Kawabe 査読有り

    Y Takahashi, K Tamakoshi, M Matsusima, T Kawabe

    Early Human development   87 巻 ( 3 ) 頁: 151-157   2011年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. 出生直後の健康な新生児に対する鼻腔口腔咽頭吸引群と非吸引群の比較‐経皮的酸素飽和度および心拍数に与える影響‐. 査読有り

    高橋由紀

    日本助産学会誌   23 巻 ( 2 ) 頁: 261-270   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. 近年の自然分娩の分娩時間の再考と新しい分娩予測指標の作成

    立岡弓子 高橋由紀 山口江利子 山下恵 山口香苗 清水三紀子 八木友美 伊藤久美子 大橋幸美 渡辺浩子

    日本助産学会研究助成金報告     頁: 総47頁   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  20. 出生直後の気道吸引が健康な正期産児に及ぼす影響に関する研究

    高橋由紀

    名古屋大学大学院医学系研究科看護学専攻<修士論文>     頁: 総18頁   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    出生直後の健康な正期産児に行う気道吸引が、呼吸確立に与える影響を酸素飽和度および心拍数から生化学的に評価した。その結果、酸素飽和度は吸引群非吸引群に差はなく、健康に出生した正期産児に気道吸引を実施しなくてもよい生理学的根拠を得た。

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. 症状微候別アセスメントと看護ケア

    池松裕子・山内豊明 編集( 担当: 共著)

    医学芸術社  2008年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 写真とCDでわかる周産期ケア・マニュアル

    立岡弓子監修( 担当: 共著)

    医学芸術社  2007年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 現代看護キーワード事典

    *現代看護キーワード事典企画・編集委員会 編者( 担当: 共著)

    桐書房  2005年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    コメディカルの出現と時代背景

講演・口頭発表等 15

  1. Association of early skin-to-skin contact with mother-infant attachment for the first month 国際会議

    Y. Takahashi, A Yamada, M Kamiya, K. Tamakoshi

    8th Yonsei-Nagoya university exchange meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Yonsei University   国名:大韓民国  

  2. Literature review on self-care behavior of Japanese pregnant women 国際会議

    M. Kamiya, A. Yamada, Y. Takahashi

    8th Yonsei-Nagoya university exchange meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Yonsei University, Korea   国名:大韓民国  

  3. The association of Japanese mothers' perineal and physical pain after vaginal birth with parental behavior in early postpartum: A literature review 国際会議

    A. Yamada, M. Kamiya, Y. Takahashi

    8th Yonsei-Nagoya university exchange meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Yonsei University, Korea   国名:大韓民国  

  4. 早期母子接触の長さと産後1か月までの母親の愛着との関連 国際会議

    高橋由紀 玉腰浩司 新美房子

    日本母性衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸国際会議場   国名:日本国  

  5. 早期母子接触・頻回授乳と経皮的ビリルビン値の関連

    山口真侑 神谷実希 山田安希子 高橋由紀

    母乳哺育学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本赤十字看護大学   国名:日本国  

  6. Association of offspring's body size at birth with pregnancy courses of their grandmother and mother as noted in two Maternal and Child Health Handbooks 国際会議

    Keiko Tanabe, Yuki Takahashi, Koji Tamakoshi

    International Confederation of Midwives 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Toronto CANADA   国名:日本国  

  7. Associations between the Pregnancy Health Reference and the course of pregnancy and delivery of a Grandmother and Mother, revealed through their Maternal and Child Health Handbooks 国際会議

    Keiko Tanabe, Yuki Takahashi, Koji Tamakoshi

    International Confederation of Midwives 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Toronto CANADA   国名:日本国  

  8. スウェーデンにおける助産師教育の視察報告

    高橋由紀

    第35回愛知県母性衛生学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市立大学   国名:日本国  

  9. 妊娠末期の母親の胎児愛着に関連する要因の検討

    高橋由紀

    第34回愛知県母性衛生学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市立大学   国名:日本国  

  10. Newborn infant's salivary cortisol in relation to maternal and neonatal factors 国際会議

    Yuki TAKAHASHI, Keiko TANABE, Koji TAMAKOSHI

    WANS 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  11. 暴力被害を受けた女性の看護に関する実態調査

    立岡弓子 高橋由紀 高橋真里

    第48回日本母性衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  12. 大学助産師教育における自己評価式助産診断・分娩介助技術到達度とその活用について

    高橋由紀 清水三紀子 森田亜希子 濱松加寸子 鈴木和代 森田せつ子

    第47回日本母性衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  13. 大学助産師教育における助産学実習技術評価の検討(第2報)

    高橋由紀 渡邊実香 岡山久代 濱松加寸子 鈴木和子 森田せつ子

    第46回日本母性衛生総会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    平成16年度助産学生13名の助産診断過程と分娩介助技術課程、新生児看護、間接介助実習過程の到達度の把握と実習技術評価法の検討

  14. 出産形態の変容-三世代のアンケート調査を通して-

    濱松加寸子 高橋由紀 渡邊実香

    *第46回日本母性衛生学会総会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  15. 「自然」な出産の捉え方の変容-三世代を通して-

    濱松加寸子 高橋由紀 渡邊実香

    第46回日本母性衛生学会総会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 7

  1. 産後の母親のメンタルヘルス向上にむけた周産期からの支援方法の構築

    2019年 - 2020年

    公益法人メンタルヘルス岡本記念財団研究活動助成金 

    高橋由紀

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 多様化する社会のニーズに応える助産師育成に関する基礎的調査-スウェーデンにおける助産師教育や母子保健政策の実際から-

    2016年4月 - 2017年3月

    スカンジナビア・ニッポン ササカワ財団助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. Skin-to-skin contact between mothers and their healthy newborns after birth

    2012年9月 - 2014年2月

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. The study of early skin-to-skin contact on both newborn and their mother

    2011年9月 - 2012年8月

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. Skin-to-skin careが母子の心理・ストレス状態に与える縦断的研究

    2009年4月 - 2011年3月

    公益信託山路ふみ子専門看護教育研究助成基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 出生直後のカンガルーケアが母子に与える影響についての研究ー愛着形成を促進する周産期のかかわりについて

    2008年4月 - 2009年3月

    財団法人明治安田こころの健康財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 出生直後の新生児への気道吸引に関する研究

    2006年4月 - 2007年3月

    愛知県看護協会 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    出生直後の気道吸引は普遍的に実施されている現状がある。しかし、新生児に対する吸引刺激は、徐脈や無呼吸を誘発することが指摘されている。日本において、助産師による健康な新生児を対象とした客観的指標を用いた出生直後のケアの検討は少ない。気道吸引実施の生理学的根拠を明らかにするために本研究を実施した。

▼全件表示

科研費 3

  1. 周産期から取り組む母親の役割自信構築支援のための基礎的研究

    2019年 - 2023年

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    高橋 由紀

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. スウェーデンとの国際比較にみる新生児の哺乳探索行動に関する研究

    2015年4月 - 現在

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    高橋 由紀

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 出生直後のwell-being新生児の呼吸確立援助についての科学的検証

    2007年

    科学研究費補助金  若手研究(B),課題番号:19791649

    高橋 由紀

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者