2021/04/08 更新

写真a

ヤギ シンヤ
八木 伸也
YAGI Shinya
所属
未来材料・システム研究所 附属高度計測技術実践センター X線分光計測部 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(理学) ( 1995年3月   広島大学 ) 

研究キーワード 5

  1. ナノ粒子

  2. 加硫ゴム

  3. エネルギー学一般

  4. 光物性

  5. 大気汚染

研究分野 4

  1. その他 / その他  / 表面界面物性

  2. その他 / その他  / 固体物性I(光物性・半導体・誘電体)

  3. その他 / その他  / 工学@材料工学@複合材料・物性

  4. その他 / その他  / 複合領域@エネルギー学@エネルギー学一般

現在の研究課題とSDGs 10

  1. 放射光を用いた遷移金属表面における分子吸着構造の研究

  2. 水素吸蔵合金材料の研究

  3. 軟X線領域の放射光を用いた水環境下における生体分子吸着反応の研究

  4. 生体由来ガスの検知とその医学的応用

  5. 異種金属原子で修飾された金属単結晶表面における分子吸着構造の研究

  6. 固体表面における含硫黄生体アミノ酸分子のふるまいに関する研究

  7. 超微粒子材料(ナノ材料)を用いた新機能材料に関する研究

  8. 白金系金属超微粒子を利用した排ガス浄化触媒の高効率化に関する研究

  9. ナノオーダーの新規構造を有する機能材料を用いた触媒の研究

  10. 加硫ゴム材料中における架橋反応に関する研究

▼全件表示

経歴 15

  1. 名古屋大学 未来材料・システム研究所 教授   教授

    2015年10月 - 現在

  2. 名古屋大学エコトピア科学研究所 グリーンコンバージョン部門・教授

    2014年4月 - 2015年10月

  3. 名古屋大学エコトピア科学研究所 環境システム・リサイクル科学研究部門・教授

    2012年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 愛知県知の拠点 あいちシンクロトロン光センター・協力教員

    2011年4月 - 現在

  5. 立命館大学SRセンター・客員研究員

    2010年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 愛知県産業技術研究所・客員研究員

    2007年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学大学院工学研究科量子工学専攻・准教授

    2007年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 名古屋大学大学院工学研究科量子工学専攻・助教授

    2004年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. JST成果活用プラザ広島「谷口・マツダプロジェクト」主任研究員

    2002年10月 - 2005年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 広島大学 放射光科学研究センター 客員研究員

    2000年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 広島大学 放射光科学研究センター 客員研究員

    2000年4月 - 現在

  12. 名古屋大学大学院工学研究科結晶材料工学専攻・助教授

    2000年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  13. 広島大学放射光科学研究センター・助手

    1996年5月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  14. 広島大学大学院理学研究科・助手

    1996年4月 - 1996年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  15. 岡崎国立共同研究機構 分子科学研究所・極端紫外光実験施設非常勤研究員(IMSフェロー)

    1995年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 広島大学   理学研究科   物性学専攻

    - 1995年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 広島大学   理学部   物性学科

    - 1990年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 9

  1. 日本物理学会   東海支部委員

    2004年4月 - 現在

  2. 日本放射光学会   行事委員(2005-2006), 組織委員(2008)

  3. 触媒学会

  4. 日本原子力学会   中部支部常任幹事

    2002年4月 - 2004年3月

  5. AVS(アメリカ真空学会)

  6. ナノ・バイオメディカル学会   大会委員長(2014年度開催大会)

    2013年4月 - 現在

  7. 日本表面学会

  8. 日本同位体学会

  9. 日本ゴム協会

▼全件表示

 

論文 120

  1. Undulators at HiSOR - a compact racetrack-type ring 査読有り

    Atsunari Hiraya, Katsuhide Yoshida, Shinya Yagi, Masaki Taniguchi, Shin-ichi Kimura, Hiroyuki Hama, Takeshi Takayama and Daizo Amano

    J. Synchrotron Rad.   5 巻   頁: 445-447   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. Molecular adsorption of CH3CN and C5H5N on Si(111)7x7

    J. Vacuum Sci. Technol.   A18 巻   頁: 2578-2581   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Studies of Aniline on Si(111)7x7 Surface by a Scanning Tunneling Microscopy

    J. Vacuum Sci. Technol.   B18 巻   頁: 2335-2339   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Structural study of C5H5N on Si(111)-(7x7)

    Surface Science   454-456 巻   頁: 157   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Molecular Adsorption of (CH3)2S on Ni(100) Studied by S K-Edge NEXAFS and XPS 査読有り

    S. Yagi, A. Matano, G. Kutluk, N. Shirota, E. Hashimoto and M. Taniguchi

    Surface Science   482-485 巻   頁: 73-76   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Design and performance of a soft x-ray double crystal monochromator in HSRC 査読有り

    S. Yagi, G. Kutluk, T. Matsui, A. Matano, A. Hiraya, E. Hashimoto and M. Taniguchi

    Nucl. Inst. and Methods A   467-468 巻   頁: 723-726   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. High-resolution photoelectron spectroscopy of Heusler-type Fe2Val alloy 査読有り

    . K. Soda, T. Mizutani, O. Yoshimoto, S. Yagi, U. Mizutani, H. Sumi, Y. Nishino, Y. Yamada, T. Yokoya, S. Shin, A. Sekiyama and S. Suga

    J. Synchrotron Rad.   9 巻   頁: 233-236   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Structural Study on (CH3)2S/Cu(100) by Near Edge X-ray Absorption Fine Structure and X-ray Photoelectron Spectroscopy 査読有り

    S. Yagi, Y. Nakano, E. Ikenaga, S. A. Sardar, J. A. Syed, K. Soda, E. Hashimoto, K. Tanaka and M. Taniguchi

    Journal of Vacuum Science and Technology A   20 巻   頁: 1644-1646   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Core-level photoelectron study of Si(111) r7xr3-(Pb, Sn) surface 査読有り

    Kazuo Soda, Junji Yuhara, Takashi Takada, Osamu Yoshimoto, Masahiko Kato, Shinya Yagi, Kenji Morita, Masao Kamada

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B   199 巻   頁: 416-421   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Orientation and charge transfer upon adsorption of ethanethiol on Cu(1 1 1) surface at 85K 査読有り

    S. A. Sardar, J. A. Syed, E. Ikenaga, S. Yagi, T. Sekitani, S. Wada, M. Taniguchi and K. Tanaka

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B   199 巻   頁: 240-243   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Adsorption Behavior of Sulfur-Containing Amino Acid Molecule on Transition Surface Studied by S K-edge NEXAFS 査読有り

    S. Yagi, Y. Matsumura, Y. Nakano, E. Ikenaga, S. A. Sardar, J. A. Syed, K. Soda, E. Hashimoto, K. Tanaka and M. Taniguchi

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B   199 巻   頁: 244-248   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Molecular adsorption of (CH3)2S on Ag(111) Studied by S K-edge XAFS and XPS 査読有り

    Shinya Yagi, Yoshihiro Nakano, Eiji Ikenaga, Saydul A. Sardar, Jamal. A. Syed, KenichiroTanaka, Eiji Hashimoto and Masaki Taniguchi

    Surface Science   566-568 巻   頁: 746-750   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Interface Study for Liquid-Solid State Surface by means of S K-edge NEXAFS Method 査読有り

    Yagi, S. Matsumura, Y. Soda, K. Hashimoto, E. Taniguchi, M.

    Surface and Interface Analysis   36 巻   頁: 1064-1067   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. *軟X線領域における大気圧条件XAFSシステム

    八木伸也

    放射光(日本放射光学会誌)   18 巻   頁: 316-320   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  15. Adsorption behavior of (CH3)2S on Rh(100) studied by S K-edge NEXAFS and XPS 査読有り

    T. Nomoto, S. Yagi, G. Kutluk, K. Soda, E. Hashimoto and M. Taniguchi

    Journal of Surface Analysis   12 巻   頁: 238-243   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Adsorption of (CH3)2S on c(10×2)Ag/Cu(100) studied by S K-edge NEXAFS and XPS 査読有り

    Shinya Yagi, Yoshihiro Nakano, Eiji Ikenaga, Ghalif Kutluk, Saydul A. Sardar, Jamal. A. Syed, Kenichiro Tanaka, Eiji Hashimoto and Masaki Taniguchi

    Journal of Surface Analysis   12 巻   頁: 232-237   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Surface reaction of (CH3)2S on Rh nanohole surface 査読有り

    S. Yagi, T. Nomoto, G. Kutluk, H. Sumida, H. Namatame, M. Taniguchi and K. Soda

    Reviews on Advanced Materials Science   10 巻   頁: 277-282   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Fabrication and characterization of Pd Nanoparticle 査読有り

    S. Yagi, H. Sumida, K. Miura, T. Nomoto, K. Soda, G. Kutluk, H. Namatame, M. Taniguchi

    e-Journal of Surface Science and Nanotechnology   4 巻   頁: 258-262   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Adsorption Behavior of (CH3)2S on sputtered and annealed Rh(100) surface by AFM, XPS and NEXAFS 査読有り

    T.Nomoto, S.Yagi, K.Soda, G.Kutluk, H.Sumida, E.Hashimoto, and M.Taniguchi

    e-Journal of Surface Science and Nanotechnology   4 巻   頁: 39-45   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Thermal stability of supported noble metal nanoclusters 査読有り

    Kutluk, G., Yagi, S., Sumida, H., Namatame, H., Taniguchi, M.

    Materials Research Society Symposium Proceedings   915 巻   頁: 121-127   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Nagoya university photo-science nanofactory project 査読有り

    Takashima, Y., Yamane, T., Takeda, Y., Soda, K., Yagi, S., Takeuchi, T., Akimoto, K., (...), Katoh, M.

    AIP Conference Proceedings   879 巻   頁: 75-78   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. XAFS Measurement System for Nano, Bio and Catalytic Materials in Soft X-ray Energy Region 査読有り

    Shinya Yagi, Toyokazu Nomoto, Takaki Ashida, Kazuya Miura, Kazuo Soda, Kazue Yamagishi, Noriyasu Hosoya, Ghalif Kutluk, Hirofumi Namatame and Masaki Taniguchi

    AIP Conference Proceedings   879 巻   頁: 1638-1641   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Liquid–solid interface of L-cysteine/TM (TM = Ni and Cu) in aqueous solution by means of sulfur K-edge NEXAFS 査読有り

    S. Yagi, Y. Matsumura, T. Nomoto, K. Soda, E. Hashimoto, H. Namatame and M. Taniguchi

    Surface Science   601 巻   頁: 4154-4157   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Synthesis and characterization of Rh(PVP) nanoparticles studied by XPS and NEXAFS 査読有り

    T. Ashida, K. Miura, T. Nomoto, S. Yagi, H. Sumida, G. Kutluk, K. Soda, H. Namatame and M. Taniguchi

    Surface Science   601 巻   頁: 3898-3901   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Spectroscopic study on thermal reaction and desorption of sulfur/Rh(100) induced by oxygen-containing molecules 査読有り

    T. Nomoto, K. Miura, S. Yagi, G. Kutluk, H. Sumida, K. Soda, E. Hashimoto, H. Namatame and M. Taniguchi

    Surface Science   601 巻   頁: 3784-3787   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Characterization of Pd(PVP) nanoparticles studied by AFM, Pd L3-edge and Cl K-edge NEXAFS 査読有り

    S. Yagi, T. Ashida, T. Nomoto, H. Namatame, M. Taniguchi

    Journal of Surface Analysis   14 巻   頁: 444-448   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Coadsorption behavior of (CH3)2S with H2O or D2O on Rh(100) studied by XPS and NEXAFS, Journal of Surface Analysis 査読有り

    T. Nomoto, S. Yagi, K. Soda, H. Namatame and M. Taniguchi

    Journal of Surface Analysis   14 巻   頁: 453-457   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Dissociation reaction of (CH3)2S adsorbed on Pd nanoparticles fabricated by gas evaporation method, Journal of Surface Analysis 査読有り

    M. Morihara, K. Miura, T. Nomoto and S. Yagi

    Journal of Surface Analysis   14 巻   頁: 462-465   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Study of temperature dependence of Er nano structure on InP(001) 査読有り

    T.Mochizuki, S.Yagi, M.Kato, K.Soda, H. Namatame and M. Taniguchi

    Journal of Surface Analysis   14 巻   頁: 449-452   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. *Reaction of L-cysteine on Rh(PVP) nanoparticle surface in the aqueous environment studied by NEXAFS 査読有り

    S. Gohda, T. Ashida, Y. Sakurai, S. Yagi, H. Namatame, M. Taniguchi

    Journal of Surface Analysis   14 巻   頁: 458-461   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Coadsorption reaction between (CH3)2S and H2O on Rh(100) studied by NEXAFS and XPS 査読有り

    T. Nomoto, O. Sumi, S. Yagi, K. Soda, H. Namatame and M. Taniguchi

    Surface and Interface Analysis   40 巻   頁: 391-394   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Angle-resolved photoemission study on EuO thin films 査読有り

    H. Miyazaki, T. Ito, S. Ota, H.J. Im, S. Yagi, M. Kato, K. Soda, and S. Kimura

    Physica B   403 巻   頁: 917   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Structural and Chemical State Changes in Rh on Al2O3/NiAl(100) Studied by NEXAFS, XPS and AFM 査読有り

    T. Nomoto, S. Yagi, K. Soda, H. Namatame, M. Taniguchi

    e-J. Surf. Sci. Nanotech.   7 巻   頁: 65-69   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Single Crystalline Growth and Magnetic, Optical and Photoelectrical Properties of EuO Thin Films 査読有り

    H. Miyazaki, T. Ito, H.J. Im, K. Terashima, S. Yagi, M. Kato, K. Soda, S. Kimura

    Japanese Journal of Applied Physics   48 巻   頁: 055504   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. *Adsorption and Removal Reactions of (CH3)2S on Rh/Al2O3/NiAl(100): Structural and Spectroscopic Study 査読有り

    T. Nomoto, S. Yagi, K. Soda, H. Namatame, and M. Taniguchi

    e-J. Surf. Sci. Nanotech.   7 巻   頁: 239-244   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. *In-Situ XPS Study on Adsorption Reaction of Dimethyl Sulfide on Pd Nanoparticle Surface 査読有り

    M. Morihara, K. Miura, T. Nomoto, S. Yagi

    e-J. Surf. Sci. Nanotech.   7 巻   頁: 298-300   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Spectroscopic Study on the Reaction of L-Cysteine in Rh(PVP) Nanoparticle Colloidal Solution 査読有り

    S. Gohda, T. Ashida, S. Yagi, K. Matsuo, H. Namatame, and M. Taniguchi

    e-J. Surf. Sci. Nanotech.   7 巻   頁: 314-318   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. IN-SITU XPS STUDY OF Pd NANOPARTICLE FABRICATED BY GAS EVAPORATION METHOD 査読有り

    K. MIURA, M. MORIHARA, T. NOMOTO, S. YAGI, K. SODA, G. KUTLUK, H. NAMATAME, and M. TANIGUCHI

    Advances in Synchrotron Radiation   in press 巻   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. THERMALLY DEPENDENT ADSORPTION OF (CH3)2S ON OXYGEN PRE-COVERED Rh SURFACE STUDIED BY XPS AND NEXAFS 査読有り

    T. NOMOTO, S. YAGI, K. SODA, H. NAMATAME, and M. TANIGUCHI

    Advances in Synchrotron Radiation   in press 巻   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Change of lattice constant due to the hybridization effect of a ferromagnetic semiconductor EuO 査読有り

    H. Miyazaki, T. Ito, H.J. Im, K. Terashima, T. Iizuka, S. Yagi, M. Kato, K. Soda, S. Kimura

    J. Phys.: Conf. Series.   in press 巻   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Influence of CO2 and H2O on Air Oxidation of Mg Nanoparticles Studied by NEXAFS 査読有り

    S. Ogawa, H. Niwa, K. Nakanishi, T. Ohta and S. Yagi

    Journal of Surface Analysis   17 巻   頁: 319-323   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Aggregation mechanism of Pd nanoparticles in l-cysteine aqueous solution studied by NEXAFS and AFM 査読有り

    C. Tsukada, S. Ogawa, T. Mizutani, G. Kutluk, H. Namatame, M. Taniguchi, S. Yagi

    Appl. Surf. Sci.   262 巻   頁: 184-187   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Adsorption behavior of l-cysteine on Ag nanoparticles under water environment studied by S K-edge NEXAFS 査読有り

    C. Tsukada, S. Yagi, T. Nomoto, T. Mizutani, S. Ogawa, H. Nameki, Y. Nakanishi, G. Kutluk, H. Namatame, M. Taniguchi

    Appl. Surf. Sci.   262 巻   頁: 231-233   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Spectral studies on sulfur poisoning of Pd/Mg6Ni by NEXAFS and XPS 査読有り

    S. Yagi, M. Nambu, C. Tsukada, S. Ogawa, G. Kutluk, H. Namatame, M. Taniguchi

    Appl. Surf. Sci.   267 巻   頁: 45-47   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Morphological and spectroscopic studies on enlargement of Pd anoparticle in l-cysteine aqueous solution by AFM and XPS 査読有り

    C. Tsukada, S. Ogawa, H. Niwa, T. Nomoto, G. Kutluk, H. Namatame, M. Taniguchi, S. Yagi

    Appl. Surf. Sci.   267 巻   頁: 48-52   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. XAFS and XPS study of hydro-/dehydrogenation reaction of Mg-Pd nanoparticles 査読有り

    S. Ogawa, T. Fujimoto, T. Mizutani, M. Ogawa, C. Yogi, K. Kato, T. Ohta, T. Yoshida and S. Yagi

    Surf. Interface Anal.   46 巻   頁: 1143-1146   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. 金属ナノ粒子を用いた水素吸蔵材料の分光学的手法による化学状態分析 査読有り

    小川智史,内山直樹,藤本大志,金井友美,八木伸也

    日本金属学会誌   79 巻 ( 3 ) 頁: 118-123   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Vulcanization reaction of squalene and S8 powder studied by Sulfur K-edge NEXAFS under liquid phase 査読有り

    S. Yagi, Y. Menjo, C. Tsukada, S. Ogawa, G. Kutluk, H. Namatame, M. Taniguchi

    IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   76 巻   頁: 0120004   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1757-899X76/1/012004

  49. Spectroscopic and morphological studies on interaction between gold nanoparticle and liposome constructed with phosphatidylcholine 査読有り

    Tsukada C.

    IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   76 巻 ( 1 ) 頁: 012001   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IOP Conference Series: Materials Science and Engineering  

    DOI: 10.1088/1757-899X/76/1/012001

    Web of Science

    Scopus

  50. Preparation of silver-decorated Soluplus (R) nanoparticles and antibacterial activity towards S. epidermidis biofilms as characterized by STEM-CL spectroscopy

    Takahashi Chisato, Yamada Tomomi, Yagi Shinya, Murai Takaaki, Muto Shunsuke

    MATERIALS SCIENCE & ENGINEERING C-MATERIALS FOR BIOLOGICAL APPLICATIONS   121 巻   2021年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Materials Science and Engineering C  

    DOI: 10.1016/j.msec.2020.111718

    Web of Science

    Scopus

  51. Quantitative Analysis of Crosslinked Structure in Rubber Materials by Sulfur K-edge NEXAFS

    Shirode Kensuke, Kawai Hitoshi, Oe Hiroaki, Nakamura Norihiko, Yagi Shinya

    E-JOURNAL OF SURFACE SCIENCE AND NANOTECHNOLOGY   18 巻 ( 0 ) 頁: 262 - 267   2020年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:e-Journal of Surface Science and Nanotechnology  

    <p>Quantitative analysis of crosslinked structure in vulcanized rubber is not enough. There have been some methods based on mechanical properties but no methods to obtain only information on the crosslinked structure. We have solved that problem by curve fitting of sulfur K-edge near-edge X-ray absorption fine structure (NEXAFS) spectra. NEXAFS is useful to determine the chemical structure of the target element. The crosslinked structure obtained by NEXAFS shows a high correlation with the orthodox method. We have established the useful method to assist the orthodox analysis results. We have clarified the relationship between heat resistance of rubber materials and crosslinked structure using NEXAFS in this study.</p>

    DOI: 10.1380/ejssnt.2020.262

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

  52. Effects of the amount of Au nanoparticles on the visible light response of TiO2 photocatalysts

    Yoshida Tomoko, Misu Yuhei, Yamamoto Muneaki, Tanabe Tetsuo, Kumagai Jun, Ogawa Satoshi, Yagi Shinya

    CATALYSIS TODAY   352 巻   頁: 34 - 38   2020年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Catalysis Today  

    DOI: 10.1016/j.cattod.2019.12.035

    Web of Science

    Scopus

  53. Comparison of platinum photodeposition processes on two types of titanium dioxide photocatalysts

    Yamamoto Muneaki, Minoura Yasuhiro, Akatsuka Masato, Ogawa Satoshi, Yagi Shinya, Yamamoto Akira, Yoshida Hisao, Yoshida Tomoko

    PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS   22 巻 ( 16 ) 頁: 8730 - 8738   2020年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Chemistry Chemical Physics  

    DOI: 10.1039/c9cp06988g

    Web of Science

    Scopus

  54. Ionic liquid-incorporated polymeric nanoparticles as carriers for prevention and at an earlier stage of periodontal disease

    Takahashi Chisato, Hattori Yuji, Yagi Shinya, Murai Takaaki, Tanemura Masaki, Kawashima Yoshiaki, Yamamoto Hiromitsu

    MATERIALIA   8 巻   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Materialia  

    DOI: 10.1016/j.mtla.2019.100395

    Web of Science

    Scopus

  55. Optimization of ionic liquid-incorporated PLGA nanoparticles for treatment of biofilm infections

    Takahashi Chisato, Hattori Yuji, Yagi Shinya, Murai Takaaki, Takai Chika, Ogawa Noriko, Tanemura Masaki, Fuji Masayoshi, Kawashima Yoshiaki, Yamamoto Hiromitsu

    MATERIALS SCIENCE & ENGINEERING C-MATERIALS FOR BIOLOGICAL APPLICATIONS   97 巻   頁: 78 - 83   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Materials Science and Engineering C  

    DOI: 10.1016/j.msec.2018.11.079

    Web of Science

    Scopus

  56. Development of sample preparation technique to characterize chemical structure of humin by synchrotron-radiation-based X-ray photoelectron spectroscopy

    Duyen Minh Pham, Miyata Yasushi, Awata Takanori, Nakatake Masashi, Zhang Chung Fang, Kanda Keiji, Ogawa Satoshi, Ohta Shozo, Yagi Shinya, Katayama Arata

    SURFACE AND INTERFACE ANALYSIS   51 巻 ( 2 ) 頁: 226 - 233   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surface and Interface Analysis  

    DOI: 10.1002/sia.6574

    Web of Science

    Scopus

  57. Quantitative XAFS/EELS analyses of nitrogen species in titanium oxide photocatalysts

    Yoshida Tomoko, Yamamoto Muenaki, Akatsuka Masato, Ozawa Akiyo, Kato Yuma, Yagi Shinya, Tanabe Tetsuo

    SURFACE AND INTERFACE ANALYSIS   51 巻 ( 1 ) 頁: 46 - 50   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surface and Interface Analysis  

    DOI: 10.1002/sia.6543

    Web of Science

    Scopus

  58. Surface chemical states of gold nanoparticles prepared using the solution-plasma method in a CsCl aqueous solution

    Tsukada Chie, Yoshida Hikaru, Ogawa Satoshi, Yoshigoe Akitaka, Yagi Shinya, Yaita Tsuyoshi

    SURFACE AND INTERFACE ANALYSIS   51 巻 ( 1 ) 頁: 85 - 88   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surface and Interface Analysis  

    DOI: 10.1002/sia.6555

    Web of Science

    Scopus

  59. Effect of Ag co-catalyst on CO<inf>2</inf> adsorption states over Ga<inf>2</inf>O<inf>3</inf> photocatalyst

    Yamamoto M.

    Catalysis Today   303 巻   頁: 334 - 340   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Catalysis Today  

    DOI: 10.1016/j.cattod.2017.09.025

    Web of Science

    Scopus

  60. Synthesis of Ag nanoparticles prepared by a solution plasma method and application as a cocatalyst for photocatalytic reduction of carbon dioxide with water

    Yoshida T.

    Catalysis Today   303 巻   頁: 320 - 326   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Catalysis Today  

    DOI: 10.1016/j.cattod.2017.08.047

    Web of Science

    Scopus

  61. Robust Binding between Carbon Nitride Nanosheets and a Binuclear Ruthenium(II) Complex Enabling Durable, Selective CO<inf>2</inf> Reduction under Visible Light in Aqueous Solution

    Kuriki R.

    Angewandte Chemie - International Edition   56 巻 ( 17 ) 頁: 4867 - 4871   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Angewandte Chemie - International Edition  

    DOI: 10.1002/anie.201701627

    Web of Science

    Scopus

  62. Au nanorods fabricated by means of solution plasma method

    Tsukada Chie, Mizutani Tsuyoshi, Ogawa Satoshi, Nameki Hirofumi, Yagi Shinya

    SURFACE AND INTERFACE ANALYSIS   48 巻 ( 11 ) 頁: 1248 - 1251   2016年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surface and Interface Analysis  

    DOI: 10.1002/sia.6096

    Web of Science

    Scopus

  63. Hydrogen Storage of Pd/Mg composite Nanoparticles Fabricated by Gas Evaporation Method

    Ogawa Satoshi, Suzuki Hiroyuki, Tsukada Chie, Yoshida Tomoko, Yagi Shinya

    E-JOURNAL OF SURFACE SCIENCE AND NANOTECHNOLOGY   14 巻 ( 0 ) 頁: 150 - 153   2016年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:e-Journal of Surface Science and Nanotechnology  

    Mg nanoparticles covered with the Pd nanoparticles (Pd/Mg NPs) have been fabricated by the gas evaporation method using He gas. The coaxial formation of the Mg and Pd NPs enables to fabricate the Pd/Mg NPs. The surfaces of the Pd and Mg NPs are quite clean because only pure He gas has been used during the fabrication of the NPs. The surface and interface chemical states of the Pd/Mg NPs have been investigated by X-ray photoelectron spectroscopy (XPS) without the exposure to the air. The XPS investigation has revealed that the formation of the interfacial alloy state between the Mg and Pd NPs. The Pd/Mg NPs can absorb the hydrogen at the room temperature by the hydrogenation of the most of the Mg atoms inside the Pd/Mg NPs. [DOI: 10.1380/ejssnt.2016.150]

    DOI: 10.1380/ejssnt.2016.150

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

  64. Ag K- and L-3-edge XAFS study on Ag species in Ag/Ga2O3 photocatalysts

    Yamamoto M., Yoshida T., Yamamoto N., Nomoto T., Yamamoto A., Yoshida H., Yagi S.

    16TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON X-RAY ABSORPTION FINE STRUCTURE (XAFS16)   712 巻 ( 1 )   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physics: Conference Series  

    DOI: 10.1088/1742-6596/712/1/012074

    Web of Science

    Scopus

  65. XAFS analysis for quantification of the gallium coordinations in Al2O3-supported Ga2O3 photocatalysts

    Akatsuka M., Yoshida T., Yamamoto N., Yamamoto M., Ogawa S., Yagi S.

    16TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON X-RAY ABSORPTION FINE STRUCTURE (XAFS16)   712 巻 ( 1 )   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physics: Conference Series  

    DOI: 10.1088/1742-6596/712/1/012056

    Web of Science

    Scopus

  66. XAFS study on a photodeposition process of Pt nanoparticles on TiO2 photocatalyst

    Yoshida T., Minoura Y., Nakano Y., Yamamoto M., Yagi S., Yoshida H.

    16TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON X-RAY ABSORPTION FINE STRUCTURE (XAFS16)   712 巻 ( 1 )   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physics: Conference Series  

    DOI: 10.1088/1742-6596/712/1/012076

    Web of Science

    Scopus

  67. Characterization of nitrogen ion implanted TiO2 photocatalysts by XAFS and XPS

    Yoshida Tomoko, Niimi Satoshi, Yamamoto Muneaki, Ogawa Satoshi, Nomoto Toyokazu, Yagi Shinya

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS   365 巻   頁: 79 - 81   2015年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms  

    DOI: 10.1016/j.nimb.2015.04.010

    Web of Science

    Scopus

  68. Sulfur K-edge XANES for methylene blue in photocatalytic reaction over WO3 nanomaterials

    Komori K., Yoshida T., Nomoto T., Yamamoto M., Tsukada C., Yagi S., Yajima M., Kajita S., Ohno N.

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS   365 巻   頁: 35 - 38   2015年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms  

    DOI: 10.1016/j.nimb.2015.07.035

    Web of Science

    Scopus

  69. In situ UV-vis investigation of growth of gold nanoparticles prepared by solution plasma sputtering in NaCl solution

    Mizutani Tsuyoshi, Ogawa Satoshi, Murai Takaaki, Nameki Hirofumi, Yoshida Tomoko, Yagi Shinya

    APPLIED SURFACE SCIENCE   354 巻   頁: 397 - 400   2015年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Applied Surface Science  

    DOI: 10.1016/j.apsusc.2015.04.139

    Web of Science

    Scopus

  70. Hydrogen storage of binary nanoparticles composed of Mg and Pd

    Ogawa Satoshi, Fujimoto Taishi, Mizutani Tsuyoshi, Ogawa Masahiro, Uchiyama Naoki, Kato Kazuo, Ohta Toshiaki, Yoshida Tomoko, Yagi Shinya

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HYDROGEN ENERGY   40 巻 ( 35 ) 頁: 11895 - 11901   2015年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Hydrogen Energy  

    DOI: 10.1016/j.ijhydene.2015.04.087

    Web of Science

    Scopus

  71. Hydrogen storage property of materials composed of Mg nanoparticles and Ni nanoparticles fabricated by gas evaporation method

    Fujimoto Taishi, Ogawa Satoshi, Kanai Tomomi, Uchiyama Naoki, Yoshida Tomoko, Yagi Shinya

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HYDROGEN ENERGY   40 巻 ( 35 ) 頁: 11890 - 11894   2015年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Hydrogen Energy  

    DOI: 10.1016/j.ijhydene.2015.05.031

    Web of Science

    Scopus

  72. The loading effect of silver nanoparticles prepared by impregnation and solution plasma methods on the photocatalysis of Ga2O3

    Yamamoto Muneaki, Yoshida Tomoko, Yamamoto Naoto, Nomoto Toyokazu, Yagi Shinya

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS   359 巻   頁: 64 - 68   2015年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms  

    DOI: 10.1016/j.nimb.2015.07.031

    Web of Science

    Scopus

  73. Effective nitrogen doping into TiO2 (N-TiO2) for visible light response photocatalysis

    Yoshida Tomoko, Niimi Satoshi, Yamamoto Muneaki, Nomoto Toyokazu, Yagi Shinya

    JOURNAL OF COLLOID AND INTERFACE SCIENCE   447 巻   頁: 278 - 281   2015年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Colloid and Interface Science  

    DOI: 10.1016/j.jcis.2014.12.097

    Web of Science

    Scopus

  74. Hydrogen Storage Property of the Pd Nanoparticle with Clean Surfaces Studied by QCM

    Ogawa Satoshi, Fujimoto Taishi, Kanai Tomomi, Uchiyama Naoki, Tsukada Chie, Yoshida Tomoko, Yagi Shinya

    E-JOURNAL OF SURFACE SCIENCE AND NANOTECHNOLOGY   13 巻 ( 0 ) 頁: 343 - 346   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:e-Journal of Surface Science and Nanotechnology  

    The hydrogen absorption behavior of the Pd NPs has been investigated by the noble techniques. The Pd NPs with the clean surface have been fabricated by the gas evaporation method. The P-C isotherm of the hydrogen absorption of the Pd NPs has been obtained using the QCM without the exposure to the air. The P-C isotherms have shown the clear size dependent absorption behavior for the Pd NPs. Further absorption and desorption cycles decrease the solubility of H signicantly in the Pd NPs. [DOI: 10.1380/ejssnt.2015.343]

    DOI: 10.1380/ejssnt.2015.343

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

  75. 金属ナノ粒子を用いた水素吸蔵材料の分光学的手法による化学状態分析 査読有り

    小川智史, 内山直樹, 藤本大志, 金井友美, 八木伸也

    日本金属学会誌   79 巻 ( 3 ) 頁: 118-123   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Vulcanization reaction of squalene and S-8 powder studied by Sulfur K-edge NEXAFS under liquid phase

    Yagi S., Menjo Y., Tsukada C., Ogawa S., Kutluk G., Namatame H., Taniguchi M.

    INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOLID FILMS AND SURFACES (ICSFS 2014)   76 巻 ( 1 )   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP Conference Series: Materials Science and Engineering  

    DOI: 10.1088/1757-899X/76/1/012004

    Web of Science

    Scopus

  77. Spectroscopic Investigation of the Chemical State of the Hydrogen Storage Materials Composed of the Metal Nanoparticles

    Ogawa Satoshi, Uchiyama Naoki, Fujimoto Taishi, Kanai Tomomi, Yagi Shinya

    JOURNAL OF THE JAPAN INSTITUTE OF METALS AND MATERIALS   79 巻 ( 3 ) 頁: 118 - 123   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nippon Kinzoku Gakkaishi/Journal of the Japan Institute of Metals  

    &nbsp;&nbsp;We introduce the spectroscopic investigation of the nano-composite materials consisted of Mg and Pd. Mg is most promising material for the application of the hydrogen storage because of the high gravimetric hydrogen storage capacity up to 7.6 mass%. In spite of the advantage of the hydrogen storage capacity, the practical use of Mg has not been established due to the slow hydro-/dehydrogenation reactions and the high temperature required to store and release the hydrogen. Nano-sized Mg such as Mg nanoparticle is expected to store the hydrogen rapidly because of the high specific surface area of the nanoparticle. Moreover, addition of Pd decreases the temperature for the hydrogen storage of Mg because of the catalytic effect for the dissociation reaction of hydrogen molecules. We have fabricated the nanoparticles composed of the both Mg and Pd by the gas evaporation method using He gas. These nanoparticles can store the hydrogen at the room temperature. After the storage of the hydrogen, the release of the hydrogen has not been observed up to 100℃. The analyses of the X-ray absorption fine structure (XAFS) have revealed that the irreversible change of the chemical state during the hydrogen storage causes the inactivation of the surface of nanoparticles and inhibits the dehydrogenation reaction of the MgH<sub>2</sub>.<br>

    DOI: 10.2320/jinstmet.JC201409

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

  78. Photocatalytic reduction of CO2 with water promoted by Ag clusters in Ag/Ga2O3 photocatalysts

    Yamamoto Muneaki, Yoshida Tomoko, Yamamoto Naoto, Nomoto Toyokazu, Yamamoto Yuta, Yagi Shinya, Yoshida Hisao

    JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY A   3 巻 ( 32 ) 頁: 16810 - 16816   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Materials Chemistry A  

    DOI: 10.1039/c5ta04815j

    Web of Science

    Scopus

  79. Hydrogen storage property of Ni nanoparticles fabricated by the gas evaporation method

    Fujimoto Taishi, Ogawa Satoshi, Yoshida Tomoko, Uchiyama Naoki, Yagi Shinya

    SURFACE AND INTERFACE ANALYSIS   46 巻 ( 12-13 ) 頁: 1121 - 1124   2014年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surface and Interface Analysis  

    DOI: 10.1002/sia.5566

    Web of Science

    Scopus

  80. XAFS and XPS study of hydro-/dehydrogenation reaction of Mg-Pd nanoparticles

    Ogawa Satoshi, Fujimoto Taishi, Mizutani Tsuyoshi, Ogawa Masahiro, Yogi Chihiro, Kato Kazuo, Ohta Toshiaki, Yoshida Tomoko, Yagi Shinya

    SURFACE AND INTERFACE ANALYSIS   46 巻 ( 12-13 ) 頁: 1143 - 1146   2014年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surface and Interface Analysis  

    DOI: 10.1002/sia.5647

    Web of Science

    Scopus

  81. Preparation of gold nanoparticles included in anatase-phase titania by solution plasma method

    Mizutani Tsuyoshi, Murai Takaaki, Nomoto Toyokazu, Nameki Hirofumi, Yoshida Tomoko, Yagi Shinya

    SURFACE AND INTERFACE ANALYSIS   46 巻 ( 12-13 ) 頁: 1125 - 1128   2014年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surface and Interface Analysis  

    DOI: 10.1002/sia.5567

    Web of Science

    Scopus

  82. In situ ultraviolet-visible absorbance measurement during and after solution plasma sputtering for preparation of colloidal gold nanoparticles

    Mizutani Tsuyoshi, Murai Takaaki, Nameki Hirofumi, Yoshida Tomoko, Yagi Shinya

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   53 巻 ( 11 )   2014年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Applied Physics  

    DOI: 10.7567/JJAP.53.11RA03

    Web of Science

    Scopus

  83. Application of nanostructured tungsten fabricated by helium plasma irradiation for photoinduced decolorization of methylene blue

    Komori K.

    e-Journal of Surface Science and Nanotechnology   12 巻 ( 0 ) 頁: 343 - 348   2014年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:e-Journal of Surface Science and Nanotechnology  

    The dendritic nanostructure was fabricated on a surface of tungsten plate by helium plasma irradiation. The nanostructure consisting of W metal was partially oxidized to form WO<sub>3</sub> on exposure to air, and the resulting surface exhibited a broad photoabsorption in the range from 1 to 5 eV. We examined photoinduced reaction of methylene blue (MB) on the material. It was found that the partially and fully oxidized surface nanostructures were able to promote a decolorization of MB under photoirradiation even with the near-infrared light (< 1:55 eV), whose energy is lower than the band gap of WO<sub>3</sub>. The reaction rate was varied with the fraction of W and WO<sub>3</sub> on the surface layers, that is, the partially oxidized sample promoted the reaction at a higher rate than the fully oxidized one. It is also found that the reaction rate decreased with time, which would be caused by the products accumulation on the surface and the surface oxidation. [DOI: 10.1380/ejssnt.2014.343]

    DOI: 10.1380/ejssnt.2014.343

    Scopus

    CiNii Article

  84. In-situ FT-IR study on the mechanism of CO2 reduction with water over metal (Ag or Au) loaded Ga<inf>2O3</inf> photocatalysts

    Yamamoto M.

    e-Journal of Surface Science and Nanotechnology   12 巻 ( 0 ) 頁: 299 - 303   2014年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:e-Journal of Surface Science and Nanotechnology  

    Ag loaded Ga<sub>2</sub>O<sub>3</sub> (Ag/Ga<sub>2</sub>O<sub>3</sub>) has exhibited photocatalytic activity for CO<sub>2</sub> reduction with water to produce CO as well as for water splitting to H<sub>2</sub> and O<sub>2</sub>. In-situ FT-IR measurements have shown CO<sub>3</sub> stretching vibration bands assignable to carbonate and bicarbonate species when CO<sub>2</sub> molecules chemisorbed on the catalyst surface. These species change to bidentate formate species under photoirradiation. It subsequently converts to CO by interacting with water molecules, not chemisorbed OH on the catalyst surface. This result suggests that formate species is an intermediate of the photocatalytic CO<sub>2</sub> reduction. On the other hand, Au loaded Ga<sub>2</sub>O<sub>3</sub> (Au/Ga<sub>2</sub>O<sub>3</sub>) has produced H<sub>2</sub> predominantly with a very small amount of CO formation, since the less amount of CO<sub>2</sub> molecules chemisorb on Au/Ga<sub>2</sub>O<sub>3</sub>. FT-IR measurements of the Ag/Ga<sub>2</sub>O<sub>3</sub> with high Ag loading have shown carbonate species due to the adsorption of atmospheric CO<sub>2</sub> on hydroxyl group. The carbonate species is too unstable under photoirradiation to convert into formate species, but is stabilized as CO<sub>3</sub><sup>2-</sup> species by the reaction with water. XANES analysis has revealed that atomically dispersed Ag metal species may be effective for the adsorption of CO<sub>2</sub> and the subsequent conversion into formate species to promote the photocatalytic CO<sub>2</sub> reduction. [DOI: 10.1380/ejssnt.2014.299]

    DOI: 10.1380/ejssnt.2014.299

    Scopus

    CiNii Article

  85. The inuence of the preparing method of a Ag/Ga<inf>2</inf>O<inf>3</inf> catalyst on its activity for photocatalytic reduction of CO<inf>2</inf> with water

    Yamamoto N.

    e-Journal of Surface Science and Nanotechnology   12 巻 ( 0 ) 頁: 263 - 268   2014年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:e-Journal of Surface Science and Nanotechnology  

    We have prepared silver-loaded gallium oxide (Ag/Ga<sub>2</sub>O<sub>3</sub>) photocatalysts by the solution plasma method (SPM) and impregnation method (imp), and investigate the effects of the chemical states and the size of the Ag nanoparticles on their photocatalytic activities. The photocatalytic reduction of CO<sub>2</sub> with water proceeds over all the Ag/Ga<sub>2</sub>O<sub>3</sub> photocatalysts to produce CO, however the CO production rates decrease during photocatalytic reaction. Measurements of UV-VIS diffuse reflectance spectra, XANES spectra and TEM images reveal the followings:the Ag oxide nanoparticles in the as-prepared Ag/Ga<sub>2</sub>O<sub>3</sub> (imp) samples exist and their size distribution is wide from 5 to 10 nm. They become a lot of metallic nanoparticles by UV light-irradiation, and become larger particles with the size of ca. 20 nm during the photocatalytic reaction. On the other hand, the Ag nanoparticles in the as-prepared Ag/Ga<sub>2</sub>O<sub>3</sub> (SPM) samples are metallic with the size of less than 10 nm. The size does not change under UV light irradiation, while become larger particles during the photocatalytic reaction as similar to the case of the Ag/Ga<sub>2</sub>O<sub>3</sub> (imp) samples. Such small metallic Ag nanoparticles with the size of 5-10 nm are suitable for CO production. However, they aggregate during the reaction for 5 h to degrade the photocatalytic activity. [DOI: 10.1380/ejssnt.2014.263]

    DOI: 10.1380/ejssnt.2014.263

    Scopus

    CiNii Article

  86. 29pAE-4 ヘリウム照射により発現するタングステンナノ構造の光触媒特性(29pAE 領域2,領域10合同シンポジウム:ヘリウムプラズマ照射により誘起される金属表面ナノ構造の新展開,領域2(プラズマ))

    吉田 朋子, 小森 勝之, 八木 伸也, 矢嶋 美幸, 北岡 大輝, 梶田 信, 大野 哲靖

    日本物理学会講演概要集   69 巻 ( 0 )   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.69.1.2.0_270_1

    CiNii Article

  87. Hydrogen storage property of materials composed of Mg nanoparticles and Ni nanoparticles fabricated by gas evaporation method

    Fujimoto T.

    20th World Hydrogen Energy Conference, WHEC 2014   2 巻   頁: 1072 - 1076   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:20th World Hydrogen Energy Conference, WHEC 2014  

    Scopus

  88. XAFS and XPS study of hydro-/dehydrogenation reaction of Mg-Pd nanoparticles 査読有り

    S. Ogawa, T. Fujimoto, T. Mizutani, M. Ogawa, C. Yogi, K. Kato, T. Ohta, T. Yoshida, S. Yagi

    Surf. Interface Anal.   46 巻   頁: 1143-1146   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Study on interaction between phosphatidylcholine(PC) liposome and gold nanoparticles by TEM observation

    Tsukada C., Tsuji T., Matsuo K., Nameki H., Yoshida T., Yagi S.

    Journal of Surface Analysis   20 巻 ( 3 ) 頁: 230 - 233   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 表面分析研究会  

    <p>  The PC liposomes constructed with one lipid bilayer have been fabricated without using chloroform solution and phosphate-buffer saline. After reaction promotion, the Au NPs covered with PC molecules exist on the outside of the liposome membrane. The thickness of the liposome membrane is estimated to be approximately 5 nm.</p>

    DOI: 10.1384/jsa.20.230

    CiNii Article

  90. Morphological and spectroscopic studies on enlargement of Pd anoparticle in l-cysteine aqueous solution by AFM and XPS 査読有り

    C. Tsukada, S. Ogawa, H. Niwa, T. Nomoto, G. Kutluk, H. Namatame, M. Taniguchi, S. Yagi

    Appl. Surf. Sci.   267 巻   頁: 48-52   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Morphological and spectroscopic studies on enlargement of Pd nanoparticle in L-cysteine aqueous solution by AFM and XPS

    Tsukada C., Ogawa S., Niwa H., Nomoto T., Kutluk G., Namatame H., Taniguchi M., Yagi S.

    APPLIED SURFACE SCIENCE   267 巻   頁: 48 - 52   2013年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Applied Surface Science  

    DOI: 10.1016/j.apsusc.2012.05.123

    Web of Science

    Scopus

  92. Spectral studies on sulfur poisoning of Pd/Mg6Ni by NEXAFS and XPS

    Yagi S., Nambu M., Tsukada C., Ogawa S., Kutluk G., Namatame H., Taniguchi M.

    APPLIED SURFACE SCIENCE   267 巻   頁: 45 - 47   2013年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Applied Surface Science  

    DOI: 10.1016/j.apsusc.2012.05.098

    Web of Science

    Scopus

  93. Adsorption reaction of L-cysteine on Au nanoparticle prepared by solution plasma

    Tsukada C.

    e-Journal of Surface Science and Nanotechnology   11 巻 ( 0 ) 頁: 18 - 24   2013年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:e-Journal of Surface Science and Nanotechnology  

    We have investigated the L-cysteine adsorption reaction on the Au nanoparticles (NPs) prepared by means of the solution plasma method. The particle size of the Au NPs is estimated to be 2.4&plusmn;1.0 nm as prepared. When the L-cysteine adds into the Au NPs colloidal solution, the solution color is quickly changed from red to dark blue. It is found that the adsorbates of L-cysteine thiolate, cystine and atomic sulfur exist on the Au NPs surface by sulfur K-edge NEXAFS. In addition, the Au NPs aggregate each other by the hydrogen bonding at carboxyl groups and produce the black colored precipitate. In this paper, we have revealed the adsorption behavior of the L-cysteine on the Au NPs by AFM, UV-vis, &zeta;-potential measurement and NEXAFS techniques. [DOI: 10.1380/ejssnt.2013.18]

    DOI: 10.1380/ejssnt.2013.18

    Scopus

    CiNii Article

  94. NEXAFS Study of Air Oxidation for Mg Nanoparticle Thin Film

    Ogawa S., Murakami S., Shirai K., Akanishi K., Ohta T., Yagi S.

    15TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON THIN FILMS (ICTF-15)   417 巻 ( 1 )   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physics: Conference Series  

    DOI: 10.1088/1742-6596/417/1/012065

    Web of Science

    Scopus

  95. Spectral studies on sulfur poisoning of Pd/Mg6Ni by NEXAFS and XPS 査読有り

    S. Yagi, M. Nambu, C. Tsukada, S. Ogawa, G. Kutluk, H. Namatame, M. Taniguchi

    Appl. Surf. Sci.   267 巻   頁: 45-47   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Adsorption behavior of L-cysteine on Ag nanoparticles under water environment studied by S K-edge NEXAFS

    Tsukada C., Yagi S., Nomoto T., Mizutani T., Ogawa S., Nameki H., Nakanishi Y., Kutluk G., Namatame H., Taniguchi M.

    APPLIED SURFACE SCIENCE   262 巻   頁: 231 - 233   2012年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Applied Surface Science  

    DOI: 10.1016/j.apsusc.2012.06.107

    Web of Science

    Scopus

  97. Aggregation mechanism of Pd nanoparticles in L-cysteine aqueous solution studied by NEXAFS and AFM

    Tsukada C., Ogawa S., Mizutani T., Kutluk G., Namatame H., Taniguchi M., Yagi S.

    APPLIED SURFACE SCIENCE   262 巻   頁: 184 - 187   2012年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Applied Surface Science  

    DOI: 10.1016/j.apsusc.2012.04.123

    Web of Science

    Scopus

  98. In-Situ XPS measurement of co nanoparticles fabricated by gas evaporation method

    Mizutani T.

    e-Journal of Surface Science and Nanotechnology   10 巻 ( 0 ) 頁: 351 - 354   2012年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:e-Journal of Surface Science and Nanotechnology  

    The cobalt and cobalt nitride nanoparticles (NPs) have been fabricated by gas evaporation method under helium or nitrogen gases environment. These chemical states and compositions have been investigated by in-situ XPS and those distributions have been estimated by AFM. It is found that both cobalt and cobalt nitride NPs are slightly oxidized by the residual gas in the chamber. The cobalt nitride NPs fabricated under nitrogen gas are including the nitrogen atoms at 4.7% and the nitrogen atoms have the chemical bonding with the cobalt atoms. [DOI: 10.1380/ejssnt.2012.351]

    DOI: 10.1380/ejssnt.2012.351

    Scopus

    CiNii Article

  99. (CH3)2S adsorption behavior on Pd/Mg thin film surface studied by NEXAFS

    Shirai K.

    e-Journal of Surface Science and Nanotechnology   10 巻 ( 0 ) 頁: 194 - 197   2012年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:e-Journal of Surface Science and Nanotechnology  

    A dissociation reaction of (CH<sub>3</sub>)<sub>2</sub>S (dimethyl sulfide; DMS) on a Pd capped Mg layer surface has been studied by using Sulfur K-edge Near Edge X-ray Absorption Fine Structure (NEXAFS) technique. The Pd thin film is prepared by two deposition methods, one is vacuum deposition, and the other is DC magnetron sputtering. The surface morphology is observed by Atomic Force Microscopy (AFM). The AFM observation reveals that there are many nano sized particles on the Pd/Mg surface, and an average size of the particle prepared by DC magnetron sputtering is obviously smaller than that prepared by vacuum deposition. NEXAFS analysis reveals that DMS dissociation is weakened on the Pd surface prepared by DC magnetron sputtering and promoted on the Pd surface prepared by vacuum deposition. It seems that any adsorption reactions are promoted on small sized metal particles, however, the DMS dissociation reaction is promoted on the Pd surface prepared by vacuum deposition, which has big sized Pd particles. [DOI: 10.1380/ejssnt.2012.194]

    DOI: 10.1380/ejssnt.2012.194

    Scopus

    CiNii Article

  100. Generation of gaseous sulfur-containing compounds in tumour tissue and suppression of gas diffusion as an antitumour treatment

    Yamagishi Kazue, Onuma Kazuo, Chiba Yota, Yagi Shinya, Aoki Shigenobu, Sato Tomoyuki, Sugawara Yasushi, Hosoya Noriyasu, Saeki Yasutake, Takahashi Minoru, Fuji Masayoshi, Ohsaka Takeo, Okajima Takeyoshi, Akita Kenji, Suzuki Takashi, Senawongse Pisol, Urushiyama Akio, Kawai Kiyoshi, Shoun Hirofumi, Ishii Yoshimasa, Ishikawa Hiroya, Sugiyama Shigeru, Nakajima Madoka, Tsuboi Masaru, Yamanaka Tateo

    GUT   61 巻 ( 4 ) 頁: 554 - 561   2012年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Gut  

    DOI: 10.1136/gutjnl-2011-300721

    Web of Science

    Scopus

  101. Adsorption behavior of l-cysteine on Ag nanoparticles under water environment studied by S K-edge NEXAFS 査読有り

    C. Tsukada, S. Yagi, T. Nomoto, T. Mizutani, S. Ogawa, H. Nameki, Y. Nakanishi, G. Kutluk, H. Namatame, M. Taniguchi

    Appl. Surf. Sci.   262 巻   頁: 231-233   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Characterization of nanoparticles fabricated by glow discharge during the solution plasma without surfactant molecule

    Mizutani T.

    NANOCON 2012 - Conference Proceedings, 4th International Conference     頁: 787 - 792   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NANOCON 2012 - Conference Proceedings, 4th International Conference  

    Scopus

  103. CHARACTERIZATION OF NANOPARTICLES FABRICATED BY GLOW DISCHARGE DURING THE SOLUTION PLASMA WITHOUT SURFACTANT MOLECULE

    Mizutani Tsuyoshi, Abe Yoshitada, Hamaguchi Hiroaki, Nameki Hirofumi, Yagi Shinya

    NANOCON 2012, 4TH INTERNATIONAL CONFERENCE     頁: 787 - 792   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  104. Aggregation mechanism of Pd nanoparticles in l-cysteine aqueous solution studied by NEXAFS and AFM 査読有り

    C. Tsukada, S. Ogawa, T. Mizutani, G. Kutluk, H. Namatame, M. Taniguchi, S. Yagi

    Appl. Surf. Sci.   262 巻   頁: 184-187   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. IN-SITU MG K- AND PD L-3-EDGES NEXAFS INVESTIGATION OF MG-PD NANOPARTICLES

    Ogawa Satoshi, Mizutani Tsuyoshi, Ogawa Masahiro, Yogi Chihiro, Ohta Toshiaki, Yoshida Tomoko, Yagi Shinya

    NANOCON 2012, 4TH INTERNATIONAL CONFERENCE     頁: 274 - 279   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  106. Study on radiation damage for l-cysteine on au nanoparticle by soft x-ray

    Tsukada C.

    NANOCON 2012 - Conference Proceedings, 4th International Conference     頁: 648 - 653   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NANOCON 2012 - Conference Proceedings, 4th International Conference  

    Scopus

  107. STUDY ON RADIATION DAMAGE FOR L-CYSTEINE ON AU NANOPARTICLE BY SOFT X-RAY

    Tsukada Chie, Mizutani Tsuyoshi, Ogawa Satoshi, Nomoto Toyokazu, Nameki Hironori, Ueno Tetsuro, Sawada Masahiro, Kutluk Galif, Namatame Hirofumi, Taniguchi Masaki, Yoshida Tomoko, Yagi Shinya

    NANOCON 2012, 4TH INTERNATIONAL CONFERENCE     頁: 648 - 653   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  108. In-situ Mg K- and Pd L<inf>3</inf>-edges NEXAFS investigation of MG-PD nanoparticles

    Ogawa S.

    NANOCON 2012 - Conference Proceedings, 4th International Conference     頁: 274 - 279   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NANOCON 2012 - Conference Proceedings, 4th International Conference  

    Scopus

  109. Size dependence of air oxidation for Mg nanoparticle

    Ogawa S.

    e-Journal of Surface Science and Nanotechnology   9 巻 ( 9 ) 頁: 315 - 321   2011年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:e-Journal of Surface Science and Nanotechnology  

    The size dependence of the air oxidation for Mg nanoparticles is studied by Mg K-edge NEXAFS and AFM techniques. In the case of the exposure to the air for 3 days, the degree of the air oxidation for Mg nanoparticles increases with reduction of the size of Mg nanoparticle. However, the opposite size dependence is observed in the case of the exposure to the air for 25 days, i.e. the air oxidation reaction for the smaller Mg nanoparticles is more inhibited in the case of long term exposure to the air. This size dependence is attributed to the occupation of the free spaces between Mg nanoparticles, which protects against the incursion of the air component molecules into the multilayer of Mg nanoparticles. [DOI: 10.1380/ejssnt.2011.315]

    DOI: 10.1380/ejssnt.2011.315

    Scopus

    CiNii Article

  110. Origin of large thermoelectric power in off-stoichiometric Fe <inf>2</inf>VAl-based alloys

    Soda K.

    IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   18 巻 ( SYMPOSIUM 9C )   2011年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP Conference Series: Materials Science and Engineering  

    DOI: 10.1088/1757-899X/18/14/142004

    Scopus

  111. Adsorption reaction of amino acid molecule on pd thin layer surface constructed by nano-dots under water environment

    Tsukada C.

    e-Journal of Surface Science and Nanotechnology   9 巻 ( 9 ) 頁: 289 - 292   2011年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:e-Journal of Surface Science and Nanotechnology  

    The adsorption reaction of L-cysteine on Pd thin layer surface constructed by nano-dots under water environment has been investigated by S K-edge NEXAFS with He-path system under atmospheric pressure. It is revealed that L-cysteine physisorbs on Pd/Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub>/NiAl(111) substrate surface through the thiol group and the carboxyl one, and chemisorbed L-cysteine exists on the surface as L-cysteine thiolate. Before and after dipping the Pd/Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub>/NiAl(111) substrate into L-cysteine aqueous solution, the surface morphology is observed using AFM. The morphology of the Pd/Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub>/NiAl(111) substrate is composed of many nano-dots before dipping. After dipping, the nano-dots are enlarged. [DOI: 10.1380/ejssnt.2011.289]

    DOI: 10.1380/ejssnt.2011.289

    Scopus

    CiNii Article

  112. Dependence of Si+ and Si2+ sputtering yields on residual oxygen impurity

    Sakuma Yasuhiro, Kato Masahiko, Yagi Shinya, Soda Kazuo

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS   269 巻 ( 9 ) 頁: 999 - 1002   2011年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms  

    DOI: 10.1016/j.nimb.2010.12.028

    Web of Science

    Scopus

  113. Soft X-ray photoemission study of thermoelectric alloys Fe2-x-yIryV1+xAl and Fe2-xV1+x-yTiyAl

    Soda Kazuo, Harada Shota, Kato Masahiko, Yagi Shinya, Inukai Manabu, Miyazaki Hidetoshi, Sandaiji Yusuke, Tamada Yuko, Tanaka Suguru, Sugiura Takahiro, Nishino Yoichi

    JOURNAL OF ELECTRON SPECTROSCOPY AND RELATED PHENOMENA   184 巻 ( 3-6 ) 頁: 236 - 239   2011年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Electron Spectroscopy and Related Phenomena  

    DOI: 10.1016/j.elspec.2011.03.001

    Web of Science

    Scopus

  114. Ionization probability of secondary ions sputtered from Si(111) and Ge(111) surfaces

    Sakuma Yasuhiro, Kato Masahiko, Yagi Shinya, Soda Kazuo

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS   269 巻 ( 3 ) 頁: 257 - 262   2011年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms  

    DOI: 10.1016/j.nimb.2010.11.020

    Web of Science

    Scopus

  115. Fabrication of Rh Nanoparticle and Adsorption Reaction with DMS Studied by NEXAFS and XPS

    Niwa H., Ogawa S., Nakanishi K., Kutluk G., Ohta T., Yagi S.

    Journal of Surface Analysis   17 巻 ( 3 ) 頁: 278 - 281   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 表面分析研究会  

    We have studied the adsorption reaction of DMS on the Rh nanoparticle fabricated by the gas evaporation method by using AFM, XPS and NEXAFS techniques. The AFM result shows that we can fabricate the Rh nanoparticle which has a small diameter with a small distribution and high dispersion of it by the gas evaporation method with the Rh wire as an evaporation source. The Rh L<sub>3</sub>-edge NEXAFS spectra indicate that the surface and bulk of Rh nanoparticle is stable in the chemical state of Rh<sup>0</sup> despite the exposure to air. The Rh 3d XPS and S K-edge NEXAFS results show the lower degree of oxidized Rh nanoparticle has the stronger bonding with atomic S than the more oxidized one.

    DOI: 10.1384/jsa.17.278

    CiNii Article

  116. The spectroscopic study on the chemical state at Pd/Mg interface

    Murakami S.

    e-Journal of Surface Science and Nanotechnology   9 巻 ( 9 ) 頁: 438 - 441   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:e-Journal of Surface Science and Nanotechnology  

    The chemical state of interface between Pd and Mg layers has been investigated by XPS and NEXAFS methods. Since it is thought that the hydrogen storage ability strongly depends on the chemical state of the interface, we focus on the interface of the Pd&mdash;Mg. It is found that the different phase from bulk metal or oxide exists between Pd and Mg layers prepared by both DC magnetron sputtering and vacuum evaporation methods. From XPS and NEXAFS measurements, we have revealed that Pd loses the electron and Mg picks up one in this phase. It might be thought that the Pd&mdash;Mg alloy phase exists between Pd and Mg. [DOI: 10.1380/ejssnt.2011.438]

    DOI: 10.1380/ejssnt.2011.438

    Scopus

    CiNii Article

  117. Spectroscopic Study on the Adsorption Reaction of L-Cysteine on Cu nanoparticle/Ag under <i>in vivo</i> condition

    Yamada Y., Kutluk G., Namatame H., Taniguchi M., Yagi S.

    Journal of Surface Analysis   17 巻 ( 3 ) 頁: 194 - 197   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 表面分析研究会  

    We have studied the adsorption reaction of L-Cysteine on Cu nanoparticle by S K-edge NEXAFS measurement. The Cu nanoparticle used for the adsorption reaction is fabricated by the gas evaporation method. The results of the NEXAFS measurement are given as follows. The electron transfer between Cu nanoparticle and substrate changes the chemical state of Cu nanoparticle. The behavior of adsorbed L-Cysteine is influenced by the electron transfer between Cu nanoparticle and substrate. This result suggests the possibility that the catalytic activity of nanoparticle can be controlled by the electron transfer between nanoparticle and substrate.

    DOI: 10.1384/jsa.17.194

    CiNii Article

  118. Spectroscopic study of Ni-rich Al-Co-Ni quasicrystal

    Soda K., Inukai M., Kato M., Yagi S., So Y. -G., Edagawa K.

    PHILOSOPHICAL MAGAZINE   91 巻 ( 19-21 ) 頁: 2510 - 2518   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Philosophical Magazine  

    DOI: 10.1080/14786435.2010.526651

    Web of Science

    Scopus

  119. Influence of CO<sub>2</sub> and H<sub>2</sub>O on Air Oxidation of Mg Nanoparticles Studied by NEXAFS

    Ogawa S., Niwa H., Nakanishi K., Ohta T., Yagi S.

    Journal of Surface Analysis   17 巻 ( 3 ) 頁: 319 - 323   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 表面分析研究会  

    Influence of CO<sub>2</sub> and H<sub>2</sub>O on the air oxidation reaction of Mg nanoparticles has been investigated by Mg K-edge NEXAFS technique. The water vapor in the air causes rapid progression on the air oxidation reaction of the Mg nanoparticles. The basic magnesium carbonate (4(MgCO<sub>3</sub>).Mg(OH<sub>2</sub>).4(H<sub>2</sub>O) : BMC) is formed by the long term exposure to air. The NEXAFS analysis shows an existence of several intermediates of the BMC formation reaction.

    DOI: 10.1384/jsa.17.319

    CiNii Article

  120. Influence of CO2 and H2O on Air Oxidation of Mg Nanoparticles Studied by NEXAFS 査読有り

    S. Ogawa, H. Niwa, K. Nakanishi, T. Ohta, S. Yagi

    Journal of Surface Analysis   17 巻   頁: 319-323   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. 機能材料に使われる放射光

    曽田一雄、八木伸也( 担当: 共著)

    日本工業出版「光アライアンス」  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. *内殻分光 -元素選択性をもつX線内殻分光の歴史・理論・実験法・応用-

    太田俊明、横山利彦(編著)、その他執筆分担者(25名)( 担当: 共著)

    アイピーシー  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    元素選択性をもつX線内殻分光の歴史・理論・実験法・応用について

  3. 自動車触媒の最新技術および劣化対策と貴金属低減

    共著( 担当: 共著)

    情報機構  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    自動車に搭載されている排気ガス浄化触媒について多くの専門家による解説書です。特に白金族元素を利用した触媒(ナノ材料)の被毒や劣化、そして回復および金属使用量の削減について取り上げています。

MISC 12

  1. Effect of Ag co-catalyst on CO2 adsorption states over Ga2O3 photocatalyst

    Muneaki Yamamoto, Shinya Yagi, Tomoko Yoshida  

    Catalysis Today303 巻   頁: 334 - 340   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    Ag species in the Ag loaded Ga2O3 (Ag/Ga2O3) photocatalysts were investigated with regard to changes in their structures and the chemical states before and after the photocatalytic CO2 reduction with water. Ag clusters with the size of around one nanometer in as prepared 0.1 wt% Ag/Ga2O3 sample became larger metallic Ag nanoparticles with the size of several nanometers after the reaction. In the 1.0 wt% Ag/Ga2O3 sample, Ag nanoparticles having the AgGaO2 interface structure decomposed to aggregated Ag metal particles after the reaction. Such transition in the morphology and chemical states of Ag species could explain the variations in photocatalytic activities of these samples during the reaction, and suggested that at least metallic Ag particles would function as effective co-catalysts. In-situ FT-IR measurements of the Ag/Ga2O3 samples before and after the reaction, we could not detect CO2 molecules adsorbing on metallic Ag nanoparticles in dark. Under light irradiation, however, the absorption bands originated from the photo-adsorbed CO2 species on Ag metal nanoparticles appeared. Thus, we detected the interaction of CO2 molecules and metallic Ag nanoparticles as the effective co-catalysts for CO2 reduction.

    DOI: 10.1016/j.cattod.2017.09.025

    Scopus

  2. Synthesis of Ag nanoparticles prepared by a solution plasma method and application as a cocatalyst for photocatalytic reduction of carbon dioxide with water

    Tomoko Yoshida, Naoto Yamamoto, Tsuyoshi Mizutani, Muneaki Yamamoto, Satoshi Ogawa, Shinya Yagi, Hirofumi Nameki, Hisao Yoshida  

    Catalysis Today303 巻   頁: 320 - 326   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    Silver nanoparticles (Ag NPs) were synthesized by a solution plasma method (SPM) in an aqueous solution of ammonia. Optical emission spectra of the plasma revealed that Ag NPs are fabricated with the sputtering of Ag rods as electrode by the produced energetic plasma particles such as H, OH and O radicals. In-situ optical absorption measurements of the solution during the discharge directly presented the concerted formation and aggregation processes of the Ag NPs, which controlled the size of Ag NPs. The synthesized Ag NPs were loaded on gallium oxide (Ga2O3) photocatalyst, and the photocatalytic activities of the obtained Ag loaded Ga2O3 (Ag/Ga2O3) samples were evaluated. Although the photocatalytic reaction proceeded over all the samples to produce CO, the CO production rates decreased with the reaction time. Measurements of DR UV–vis spectra and TEM images revealed that a part of the Ag NPs migrated and aggregated on the photocatalyst surface to become larger particles during the photocatalytic reaction, which would be related to the decrease of the photocatalytic activity. It was also found that the photoirradiation treatment on the prepared Ag/Ga2O3 sample before the use for the photocatalytic reaction improves the photocatalytic performance.

    DOI: 10.1016/j.cattod.2017.08.047

    Scopus

  3. Robust Binding between Carbon Nitride Nanosheets and a Binuclear Ruthenium(II) Complex Enabling Durable, Selective CO2 Reduction under Visible Light in Aqueous Solution

    Ryo Kuriki, Muneaki Yamamoto, Kimitaka Higuchi, Yuta Yamamoto, Masato Akatsuka, Daling Lu, Shinya Yagi, Tomoko Yoshida, Osamu Ishitani, Kazuhiko Maeda  

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION56 巻 ( 17 ) 頁: 4867 - 4871   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-V C H VERLAG GMBH  

    Carbon nitride nanosheets (NS-C3N4) were found to undergo robust binding with a binuclear ruthenium(II) complex (RuRu') even in basic aqueous solution. A hybrid material consisting of NS-C3N4 (further modified with nano-particulate Ag) and RuRu' promoted the photocatalytic reduction of CO2 to formate in aqueous media, in conjunction with high selectivity (approximately 98%) and a good turnover number (&gt; 2000 with respect to the loaded Ru complex). These represent the highest values yet reported for a powder-based photocatalytic system during CO2 reduction under visible light in an aqueous environment. We also assessed the desorption of RuRu' from the Ag/C3N4 surface, a factor that can contribute to a loss of activity. It was determined that desorption is not induced by salt additives, pH changes, or photoirradiation, which partly explains the high photocatalytic performance of this material.

    DOI: 10.1002/anie.201701627

    Web of Science

  4. Spectroscopic and morphological studies on interaction between gold nanoparticle and liposome constructed with phosphatidylcholine 査読有り

    C. Tsukada, T. Tsuji, K. Matsuo, T. Nomoto, G. Kutluk, M. Sawada, S. Ogawa, T. Yoshida, S. Yagi  

    INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOLID FILMS AND SURFACES (ICSFS 2014)76 巻   頁: 012001   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    The gold nanoparticles (Au NPs) colloidal solution and the phosphatidylcholine (PC) liposome aqueous solution are fabricated by the solution plasma method and the extrusion procedure, respectively. When the Au NPs colloidal solution and the PC liposome aqueous solution are mixed, considering the TEM image, we think that the Au NPs firstly are covered with the PC molecules, which do not contribute to form the PC liposome, and subsequently the Au NPs covered with the PC adsorb on the PC liposome surface. We propose that the PC molecule adsorbs on the Au sheet surface at the methyl group of N-CH3 and the oxygen atoms of P-O, P=O, C-O and C=O bonds, because each peak intensity of N, O and P K-edges NEXAFS spectra for the PC/Au sheet is reduced in comparison with that for the PC multilayer. Furthermore, the Au NPs covered with PC seem to be aggregated each other through the hydrophobic groups of PC on Au NPs.

    DOI: 10.1088/1757-899X/76/1/012001

    Web of Science

  5. 金属ナノ粒子を用いた水素吸蔵材料の分光学的手法による化学状態分析 査読有り

    小川智史, 内山直樹, 藤本大志, 金井友美, 八木伸也  

    日本金属学会誌79 巻 ( 3 ) 頁: 118-123   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  6. Vulcanization reaction of squalene and S8 powder studied by Sulfur K-edge NEXAFS under liquid phase 査読有り

    S. Yagi, Y. Menjo, C. Tsukada, S. Ogawa, G. Kutluk, H. Namatame, M. Taniguchi  

    IOP Conference Series: Materials Science and Engineering76 巻   頁: 0120004   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1757-899X76/1/012004

  7. Morphological and spectroscopic studies on enlargement of Pd anoparticle in l-cysteine aqueous solution by AFM and XPS 査読有り

    C. Tsukada, S. Ogawa, H. Niwa, T. Nomoto, G. Kutluk, H. Namatame, M. Taniguchi, S. Yagi  

    Appl. Surf. Sci.267 巻   頁: 48-52   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  8. XAFS and XPS study of hydro-/dehydrogenation reaction of Mg-Pd nanoparticles 査読有り

    S. Ogawa, T. Fujimoto, T. Mizutani, M. Ogawa, C. Yogi, K. Kato, T. Ohta, T. Yoshida, S. Yagi  

    Surf. Interface Anal.46 巻   頁: 1143-1146   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  9. Spectral studies on sulfur poisoning of Pd/Mg6Ni by NEXAFS and XPS 査読有り

    S. Yagi, M. Nambu, C. Tsukada, S. Ogawa, G. Kutluk, H. Namatame, M. Taniguchi  

    Appl. Surf. Sci.267 巻   頁: 45-47   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  10. Aggregation mechanism of Pd nanoparticles in l-cysteine aqueous solution studied by NEXAFS and AFM 査読有り

    C. Tsukada, S. Ogawa, T. Mizutani, G. Kutluk, H. Namatame, M. Taniguchi, S. Yagi  

    Appl. Surf. Sci.262 巻   頁: 184-187   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  11. Adsorption behavior of l-cysteine on Ag nanoparticles under water environment studied by S K-edge NEXAFS 査読有り

    C. Tsukada, S. Yagi, T. Nomoto, T. Mizutani, S. Ogawa, H. Nameki, Y. Nakanishi, G. Kutluk, H. Namatame, M. Taniguchi  

    Appl. Surf. Sci.262 巻   頁: 231-233   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  12. Influence of CO2 and H2O on Air Oxidation of Mg Nanoparticles Studied by NEXAFS 査読有り

    S. Ogawa, H. Niwa, K. Nakanishi, T. Ohta, S. Yagi  

    Journal of Surface Analysis17 巻   頁: 319-323   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 74

  1. 小型放射光源と固体表面に吸着した分子の表面XAFS

    八木伸也

    『超小型放射光源とその産業応用に関する研究会』(科学技術交流財団)第8回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年6月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    固体表面に原子や分子が吸着した時の構造を調べることは、原子・分子サイズでの表面制御につながる知見が得られると考えられる。本講演では、まず広島大学放射光科学研究センターに設置された「小型放射光源:HiSOR」に接続された、「二結晶分光ライン」の設計・立ち上げ調整について述べる。そして小型放射光源でも「表面の研究ができるんだ」ということについて、硫黄原子を含んだ分子が遷移金属単結晶表面に吸着した場合の表面XAFS法の結果について発表する。

  2. 小型放射光源に適したビームラインの立ち上げ:HiSORの例

    八木伸也

    第7回「超小型放射光源とその産業応用に関する研究会」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年6月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  3. 分子吸着系材料と原子力産業の接点

    八木伸也

    北陸原子力懇談会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  4. 高性能自動車触媒を求めて--HiSORの例--

    八木伸也

    第4回日比科学技術振興財団講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  5. 小型放射光源の産業利用ーー谷口・マツダプロジェクトーー

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  6. 貴金属ナノ粒子を用いた触媒の評価

    八木伸也、Galif Kutluk、住田弘祐、生天目博文

    電気学会・原子力研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  7. XPS及びNEXAFSを用いたRh(100)基板加熱温度に依存した(CH3)2Sの吸着反応に関する研究

    野本豊和、八木伸也、アーリップ・クトゥルク、曽田一雄、橋本英二、谷口雅樹

    第96回触媒討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月20日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  8. 広島大学放射光科学研究センター(HSRC)BL11における軟X線蛍光X線分析・XAFS測定

    早川慎二郎,江角 拓,牧山勇介,八木伸也,馬込栄輔,森吉千佳子,喬 山,森川敦史,東野 達,生天目博文,廣川 健

    第14回X線分析講習会・第41回X線分析討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. 広島大学放射光科学研究センター(HSRC)BL11における軟X線蛍光X線分析・XAFS測定

    早川慎二郎,江角 拓,牧山勇介,八木伸也,馬込栄輔,森吉千佳子,喬 山,森川敦史,東野 達,生天目博文,廣川 健

    第41回X線分析討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  10. AFM,XPS,NEXAFSを用いた金属表面粗さに依存した(CH3)2S吸着反応の研究

    野本豊和、八木伸也、アーリップ・クトゥルク、曽田一雄、橋本英二、谷口雅樹

    第25回表面科学講演大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. 金属ナノ粒子を用いたナノホール薄膜とその医療応用の可能性

    八木伸也

    新材料システム研究会・JST東海 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年2月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  12. Molecular adsorption system on transition metal surface studied by NEXAFS and XPS 国際会議

    Shinya YAGI

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  13. 貴金属ナノ粒子から成る薄膜とその応用

    八木伸也

    第16回『ナノテク部会』研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  14. 酸素修飾Rh(111)表面に吸着した(CH3)2SのNEXAFS及びXPSによる研究

    野本豊和,八木伸也,曽田一雄,生天目博文,谷口雅樹

    第10回XAFS討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  15. 硫黄K吸収端XAFSによる同位体水分子環境におけるヘモグロビンと硫化水素の反応に関する研究

    八木伸也,朴三用,山岸一枝,生天目博文,谷口雅樹

    第10回XAFS討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  16. 水同位体を用いた貴金属ナノ粒子の作製とその化学状態分析

    櫻井陽子、八木伸也

    第6回同位体科学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  17. XAFS measurement system under atomospheric pressure for materials science in soft X-ray energy region

    11th HiSOR International Symposium 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月8日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  18. The adsorption reaction of (CH3)2S on clean and oxygen modified Rh(111) studied by XPS and NEXAFS

    11th HiSOR International Symposium 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月8日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  19. NEXAFS and XPS studies of (CH3)2S and H2O coadsorption on Rh(100) surface

    11th HiSOR International Symposium 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月8日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  20. Characterization of PVP-stabilized rhodium nanoparticles studied by Cl K-edge and Rh L3-edge NEXAFS

    11th HiSOR International Symposium 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月8日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  21. Natural oxidization of Pd nanoparticles fabricated by gas evaporation method

    11th HiSOR International Symposium 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月8日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  22. Reaction between L-cysteine and Rh(PVP) nanoparticle studied by S-K and Cl-K edges NEXAFS

    12th HiSOR International Symposium 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月13日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  23. Adsorption reaction of (CH3)2S on Pd nanoparticles with clean surface studied by in-situ XPS

    12th HiSOR International Symposium 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月13日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  24. Decomposition of ethanol by alumina-supported Pd nanoparticle catalyst

    12th HiSOR International Symposium 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月13日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  25. Fabrication and characterization of Rh(PVP) nanoparticle with isotope water (D2O)

    12th HiSOR International Symposium 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月13日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  26. NEXAFS and XPS studies of bimetal Rh-Pd(PVP) nanoparticle

    12th HiSOR International Symposium 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月13日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  27. Influence of coadsorbed water isotopomeres (H2O or D2O) on the adsorption behavior of (CH3)2S on Rh(100)

    12th HiSOR International Symposium 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月13日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  28. XPS and AFM study of Rh deposited on Al2O3 thin film/NiAl(100)

    12th HiSOR International Symposium 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月13日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  29. NEXAFS and EXAFS studies of Er nano structures on InP

    12th HiSOR International Symposium 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月13日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  30. Overview of XAFS at HiSOR

    International Symposium on HiSOR 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  31. 軟X線XAFSのナノ材料への応用

    八木伸也

    立命館大学SRセンター研究成果報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  32. Fabrication of metal nanoparticles and its characterization with synchrotron radiation 国際会議

    Pre-International Conference of 14th Congress on Catalysis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  33. ビームラインワーキンググループの検討状況

    渡邉信久、八木伸也

    第4回シンクロトロン光利用者研究会企業とシンクロトロン光利用技術を繋ぐ ~コーディネーターの視点から~ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  34. 大気圧条件XAFS測定による生体アミノ酸と貴金属ナノ粒子の反応研究

    八木伸也

    第二回量子ビームによるナノバイオエレクトロニクス技術調査専門委員会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    軟X線領域のX線は大気成分によって大きく減弱する。よって、そのようなX線を利用する場合は超高真空条件での実験系を組む必要がある。しかしながら軽元素で、かつ系に対して不活性な希ガスのHeを用いた場合、大気圧条件下でのX線吸収微細造測定(XAFS)を実施することが可能である。このシステムにより、これまで軟X線領域での測定が困難とされていた「液相」のXAFS測定が簡単に行えるようになった。本公演では、生体アミノ酸であるシステインとRhナノ粒子の液相中での吸着反応について紹介した。さらに現在、愛知県で計画している「

  35. 大気圧条件XAFS測定によるそのまま試料、ウェット系試料の分析

    八木伸也

    シンクロトロン光利用者研究会(XAFSグループ) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    軟X線領域の放射光を利用したXAFS測定について、特にウェットな系に対しての測定手順や工夫について、最近得られたデータを織り込みながら解説した。

  36. 軟X線領域の放射光を用いた材料分析:中部シンクロトロンで何ができるか?

    八木伸也

    全豊田材料検討会分析部会表面分析ネットワーク 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  37. 金属ナノ粒子の作製と軟X線領域の放射光を用いた化学状態分析

    八木伸也、小川智史、丹羽悠登、野本豊和、中西康次、太田俊明、アーリップ・クトゥルク、生天目博文、谷口雅樹

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  38. NEXAFS and XPS Studies of (CH3)2S Adsorption on Rh(PVP) Nanoparticle 国際会議

    ALC'09 (international symposium on atomic level characterization) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月8日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  39. Fabrication and Characterization of Magnesium Nanoparticle by Gas Evaporation Method 国際会議

    ALC'09 (international symposium on atomic level characterization) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月8日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  40. Surface Reaction of Ethanol on Alumina-supported Pd Nanoparticle Catalyst Studied by Pd L3-edge NEXAFS 国際会議

    ALC'09 (international symposium on atomic level characterization: Maui, Hawaii, 12/6-11) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月8日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  41. 軟X線領域の放射光を用いてわかること --超高真空から大気圧条件まで--

    八木伸也

    知的クラスター創成事業 基礎教育プレセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  42. Dissociation reaction of (CH3)2S on Rh(PVP) nanoparticlestudied by NEXAFS and XPS

    13th HiSOR international symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月10日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  43. NEXAFS and XPS studies on sulfur poisoning of Pd/Mg6Ni

    13th HiSOR international symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月10日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  44. Fabrication of Pd nanoparticle with clean surface and the dissociation reaction of dimethyl sulfide studied by in-situ XPS

    13th HiSOR international symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月10日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  45. The reaction of L-cysteine in Rh(PVP) nanocolloidal solution studied by the He-path NEXAFS and CD

    13th HiSOR international symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月10日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  46. Thermal behavior of Rh on θ-Al2O3/NiAl(100) studied by NEXAFS, XPS and AFM

    13th HiSOR international symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月10日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  47. In-situ and ex-situ studies in surface reaction of (CH3)2S on Rh/Al2O3/NiAl(100)

    13th HiSOR international symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月10日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  48. Atmospheric pressure XAFS measurements with He-path for industrial approaches

    13th HiSOR international symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月10日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  49. 金属ナノ粒子の作製と軟X線XAFSによる分析

    八木伸也、小川智史、丹羽悠登、中西康次、野本豊和、Galif Kutluk、生天目博文、谷口雅樹、太田俊明

    第23回日本放射光学会年会(イーグレ姫路:1/6-9) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  50. Mgナノ粒子の作製及びその大気酸化による影響のXAFS分析

    小川智史、丹羽悠登、野本豊和、八木伸也、中西康次、太田俊明

    第23回日本放射光学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  51. Rh(PVP)ナノ粒子と硫化ジメチルの吸着反応に関する研究

    丹羽悠登、小川智史、八木伸也、Galif Kutluk、生天目博文、谷口雅樹

    第23回日本放射光学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  52. Adsorption reaction of L-Cysteine on Cu nanoparticle studied by S K-edge NEXAFS under water environment

    14th HiSOR international symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月4日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  53. Poisoning reaction of hydrogen storage material studied by NEXAFS

    14th HiSOR international symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月4日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  54. NEXAFS and XPS analyses of adsorption reaction of dimethyl sulfide on the Rh(PVP) nanoparticle surface

    14th HiSOR international symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月4日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  55. K- and L-edges NEXAFS measurements under atmospheric pressure condition at BL-3

    14th HiSOR international symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月4日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  56. 機能性ナノ粒子材料と放射光化学状態分析

    八木伸也

    HiSOR セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:広島大学放射光科学研究センター   国名:日本国  

  57. 大腸がんスクリーニングに向けたナノ粒子基盤材料の開発

    八木伸也

    第1回材料表面改質トライアルコア研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:あいち産業科学総合技術センター(刈谷市)   国名:日本国  

  58. BL-10 水素吸蔵 Mg ナノ粒子のin-situ XAFS分析

    小川智史、八木伸也

    立命館大学SRセンター研究成果報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:立命館大学びわこ・くさつキャンパス ローム記念館   国名:日本国  

  59. ナノ粒子の作製とその評価:アプリケーションへの展開を中心に

    八木伸也

    東北大学金属材料研究所研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東北大学金属材料研究所   国名:日本国  

  60. 軟X線XAFSを利用した材料開発研究について

    八木伸也

    シンクロトロン利用者研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:あいちSRセンター会議室   国名:日本国  

  61. Fabrication and characterization of nanoparticles with synchrotron light 国際会議

    Shinya YAGI

    PIM International Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月25日 - 2013年9月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:日本国  

  62. 水素吸蔵材料への応用に向けたナノ材料の化学状態分析

    八木伸也、小川智史、塚田千恵、水谷剛士、藤本大志、金井友美、内山直樹

    第2回あいちSR成果報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:あいち知の拠点   国名:日本国  

  63. He-pathを用いたNEXAFS法によるスクアレンの加硫反応に関する研究

    八木伸也

    第21回DV-Xα研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月6日 - 2014年8月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  64. 非侵襲大腸がんスクリーニングキット開発に向けたRhナノ粒子の応用

    八木伸也

    第10回ナノ・バイオメディカル学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月9日 - 2015年3月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学エコトピア科学研究所会議室   国名:日本国  

  65. 非侵襲大腸がんスクリーニングキット開発に向けたRhナノ粒子の応用 国際会議

    八木伸也

    第10回ナノ・バイオメディカル学会  2015年3月9日  日本ナノ・バイオメディカル学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学エコトピア科学研究所会議室  

  66. 軟X線XAFSを利用した材料開発研究について 国際会議

    八木伸也

    シンクロトロン利用者研究会  2012年8月2日  愛知県

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:あいちSRセンター会議室  

  67. 水素吸蔵材料への応用に向けたナノ材料の化学状態分析 国際会議

    八木伸也, 小川智史, 塚田千恵, 水谷剛士, 藤本大志, 金井友美, 内山直樹

    第2回あいちSR成果報告会  2014年12月5日  愛知県

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:あいち知の拠点  

  68. 機能性ナノ粒子材料と放射光化学状態分析 国際会議

    八木伸也

    HiSOR セミナー  2011年6月9日  広島大学放射光科学研究センター

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:広島大学放射光科学研究センター  

  69. 小型放射光源の産業利用ーー谷口・マツダプロジェクトーー

    広島大学

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  70. 大腸がんスクリーニングに向けたナノ粒子基盤材料の開発 国際会議

    八木伸也

    第1回材料表面改質トライアルコア研究会  2012年1月16日  愛知県

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:あいち産業科学総合技術センター(刈谷市)  

  71. ナノ粒子の作製とその評価:アプリケーションへの展開を中心に 国際会議

    八木伸也

    東北大学金属材料研究所研究会  2012年12月17日  東北大学金属材料研究所研究会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東北大学金属材料研究所  

  72. He-pathを用いたNEXAFS法によるスクアレンの加硫反応に関する研究 国際会議

    八木伸也

    第21回DV-Xα研究会  2014年8月6日  日本DV-Xα研究会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学  

  73. Fabrication and characterization of nanoparticles with synchrotron light

    Shinya YAGI

    PIM International Conference  2013年9月25日  National Institute for Research and Development for Isotopic and Molecular Technologies

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Cluj-Napoca, Romania  

  74. BL-10 水素吸蔵 Mg ナノ粒子のin-situ XAFS分析 国際会議

    小川智史, 八木伸也

    立命館大学SRセンター研究成果報告会  2012年6月9日  立命館大学SRセンター

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:立命館大学びわこ・くさつキャンパス ローム記念館  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 9

  1. 燃料電池材料の化学状態分析

    2015年07月 - 現在

    企業からの受託研究 

  2. 新規太陽電池材料のXAFS分析による開発

    2011年04月 - 2014年03月

    国内共同研究 

  3. 腸内ガス分析に適した貴金属ナノ粒子機能薄膜の医療応用

    2007年07月 - 2008年02月

    研究成果活用プラザ 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    地域イノベーション創出総合支援事業重点地域研究開発推進プログラム「シーズ発掘試験」

  4. 水素吸蔵合金材料の開発とその化学状態分析

    2007年04月 - 現在

    企業からの受託研究 

  5. 生体由来の含硫黄分子分析とガン検出に関する医療応用

    2006年08月 - 2007年02月

    研究成果活用プラザ東海 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    地域イノベーション創出総合支援事業重点地域研究開発推進プログラム「シーズ発掘試験、平成18年度」

  6. 貴金属超微粒子を用いたナノホール構造薄膜作製とディーゼル排ガス浄化触媒への応用

    2005年10月 - 2006年02月

    研究成果活用プラザ東海 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    プラザ育成研究調査課題採択(F/S研究調査)(平成17年度)  研究成果活用プラザ東海

  7. コロイド溶液中の貴金属ナノ粒子触媒の化学状態分析

    2005年04月 - 2007年04月

    企業からの受託研究 

  8. 研究成果活用プラザ広島における「事業化のための育成研究」: 『放射光を利用したガス吸脱反応の計測・制御による排ガス浄化触媒の高性能化』

    2002 - 2005

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  9. 学振未来開拓研究「光科学」: 内殻励起による化学反応制御ー分子メスー

    1998 - 2003

▼全件表示

科研費 7

  1. 硫黄被毒したナノ粒子の水素吸放出特性のがん検知への応用

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 浄化機能を有した複合材料の創製を目指した有機分子/金属超微粒子の研究

    2003年 - 2006年

    科学研究費補助金  基盤研究(B),課題番号:15360358

    八木 伸也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 液中プラズマ法とマイクロバブルによる新奇ナノ粒子の作製

    2016年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    八木伸也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    液中プラズマ法で作製するナノ粒子の作製において、反応ガスをきわめて微細なマイクロバブル化して供給する。その結果、これまでに無い化学状態をその表面に有するナノ粒子の作製を目指す研究である。

  4. 液中プラズマ法とマイクロバブルによる新奇ナノ粒子の作製

    2016年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  萌芽研究

    八木伸也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    液中プラズマ法で作製するナノ粒子の作製において、反応ガスをきわめて微細なマイクロバブル化して供給する。その結果、これまでに無い化学状態をその表面に有するナノ粒子の作製を目指す研究である。

  5. 液中プラズマ法とマイクロバブルによる新奇ナノ粒子の作製

    研究課題/研究課題番号:16K14402  2016年04月 - 2018年03月

    八木 伸也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    今年度では酸素ガスを用いた「ナノバブル」作製を行い、そのナノバブルが存在している環境下での金ナノ粒子の作製を試みた。さらに、液中プラズマ法によって作製した金ナノ粒子表面に存在する酸素原子の化学状態についてSPring-8のHAXPES測定によって、吸着酸素はイオンの状態で吸着していることを見出した。
    しかしながら、酸素バブルを用いた金ナノ粒子表面には、より多くの酸素原子が吸着している情報を得ることはできなかった。今後は、溶液温度、バブル密度を最適化することを予定している。

  6. 硫黄被毒したナノ粒子の水素吸放出特性のがん検知への応用

    研究課題/研究課題番号:26289255  2014年04月 - 2017年03月

    八木 伸也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:16120000円 ( 直接経費:12400000円 、 間接経費:3720000円 )

    ガス中蒸発法によりRhおよびPdのナノ粒子作製を行った。Rh、Pdナノ粒子は概ね1-4 nmの粒子径であることがわかった。Rhナノ粒子表面に吸着した硫黄を含む分子(主としてチオール系分子)は、化学吸着するがそれ以上の解離反応を示さない結果であったが、水素吸放出に関しては水素吸放出反応をほとんど示さないことがわかった。一方、Pdナノ粒子については、Pdナノ粒子表面を予め硫黄原子で被毒した後に水素吸放出反応を調べたところ、水素吸放出反応速度が著しく鈍化することがわかった。この結果を受け、今後はガン・スクリーニングへの応用を継続することを予定している。

  7. 硫黄被毒したナノ粒子の水素吸放出特性のがん検知への応用

    2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    吉田朋子

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

産業財産権 2

  1. X線吸収微細構造(XAFS)の測定法

    住田弘祐、三輪能久、アーリップ・クトゥルク、八木伸也、生天目博文、谷口雅樹

     詳細を見る

    出願番号:特願2004-111274  出願日:2004年4月5日

    公開番号:特開2005-292085(P2005-292085A) 

    特許番号/登録番号:特願2004-111274 

    出願国:国内  

  2. 金属ナノ粒子作製方法

    八木伸也、アーリップ・クトゥルク、生天目博文、谷口雅樹、住田弘祐、定井麻子

     詳細を見る

    出願番号:特願2004-210618  出願日:2004年7月16日

    公開番号:特開2006-26561(P2006-26561A) 

    特許番号/登録番号:特願2004-210618 

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 10

  1. 量子ビーム物性工学特論

    2011

  2. 量子力学A

    2000

  3. 量子力学A

    2001

  4. 量子力学A

    2002

  5. 総合科目:ナノテクノロジー「基礎から最先端まで」

    2002

  6. 総合科目:ナノテクノロジー「基礎から最先端まで」

    2003

  7. 量子力学B

    2003

  8. 表面・界面制御工学Ⅱ

    2003

  9. 量子力学A

    2004

  10. 基礎セミナーA

    2011

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 3

  1. 軟X線領域のシンクロトロン光を用いた産業応用へのヒント

    2007年4月 - 2008年3月 愛知県産業技術研究所・刈谷)

  2. 軟X線領域の放射光を如何に活用するか?

    2008年4月 - 2009年3月 全豊田表面分析ネットワーク講演会)

  3. 放射光科学特論

    2017年4月 - 2018年3月 広島大学)

 

社会貢献活動 2

  1. 高校出前講義

    2008年4月 - 現在

     詳細を見る

    毎年1-2校の高等学校へ出向き、量子エネルギー工学コースの説明や自身の研究についての解説を行う。(物理工学科、量子エネルギー工学コース所属の教員で分担するものである)

  2. XAFS利用研究会

    2009年4月 - 現在

     詳細を見る

    中部シンクロトロン光施設(仮称)のXAFSビームラインを使用することを検討されている企業の研究者を対象に、「XAFSでわかること」や「XAFS測定をするためには」等について座学と実習体験を行います。