2021/03/26 更新

写真a

イウチ サトル
井内 哲
IUCHI Satoru
所属
大学院情報学研究科  複雑系科学専攻 物質情報論 助教
職名
助教

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2005年3月   京都大学 ) 

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 励起状態ダイナミクスに関する理論的研究

経歴 5

  1. 名古屋大学大学院情報科学研究科助教

    2010年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 京都大学大学院工学研究科分子工学専攻特定助教

    2009年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 京都大学物質-細胞統合システム拠点特定拠点助教

    2008年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 京都大学大学院工学研究科特定研究員

    2008年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. ユタ大学博士研究員

    2005年6月

学歴 3

  1. 京都大学   理学研究科

    2001年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 京都大学   理学研究科

    1999年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 京都大学   農学部   生物機能科学科

    1995年4月 - 1999年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 分子科学会

  2. 日本化学会

  3. 理論化学会

 

論文 23

  1. A model electronic Hamiltonian to describe low-lying d-d and metal-to-ligand charge-transfer excited states of [Fe(bpy)3]2+ 査読有り

    S. Iuchi and N. Koga

    J. Comput. Chem.   42 巻   頁: 166-179   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. A quantum chemical model for a series of self-assembled nanocages: the origin of stability behind the coordination-driven formation of transition metal complexes up to [M12L24]24+ 査読有り

    Y. Yoshida, S. Iuchi, and H. Sato

    Phys. Chem. Chem. Phys.   23 巻   頁: 866-877   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Conversion of flavonol glycoside to anthocyanin: an interpretation of the oxidation-reduction relationship of biosynthetic flavonoid-intermediates 査読有り

    K. Oyama, Y. Kimura, S. Iuchi, N. Koga, K. Yoshida, and T. Kondo

    RSC Adv.   9 巻   頁: 31435-31439   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Structure of two purple pigments, catechiopyranocyanidins A and B from the seed-coat of the small red bean, Vigna angularis 査読有り

    K. Yoshida, N. Nagai, Y. Ichikawa, M. Goto, K. Kazuma, K. Oyama, K. Koga, M. Hashimoto, S. Iuchi, Y. Takaya, T. Kondo

    Scientific Reports   9 巻   頁: 1484   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. DFT/TD-DFT calculations of the electronic and optical properties of bis-N,N-dimethylaniline-based dyes for use in dye-sensitized solar cells 査読有り

    A. B. El-Meligy, N. Koga, S. Iuchi, K. Yoshida, K. Hirao, A. H. Mangood, and A. M. El-Nahas

    J. Photochem. Photobiol. A   367 巻   頁: 332-346   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Chiral effects on the final step of an octahedron-shaped coordination capsule self-assembly 査読有り

    Y. Matsumura, S. Iuchi, S. Hiraoka, and H. Sato

    Phys. Chem. Chem. Phys.   20 巻   頁: 7383-7386   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. A model electronic Hamiltonian for the self-assembly of an octahedron-shaped coordination capsule 査読有り

    Y. Matsumura, S. Iuchi, and H. Sato

    Phys. Chem. Chem. Phys.   20 巻   頁: 1164-1172   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Theoretical study on photoexcitation dynamics of a bis-diimine Cu(I) complex in solutions 査読有り

    A. Agena, S. Iuchi, and M. Higashi

    Chem. Phys. Lett.   679 巻   頁: 60-65   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Characterization of dye-sensitized solar cells using five pure anthocyanidin 3-O-glucosides possessing different chromophores 査読有り

    Yuki Kimura, Takeshi Maeda, Satoru Iuchi, Nobuaki Koga, Yasujiro Murata, Atsushi Wakamiya, Kumi Yoshida

    J. Photochem. Photobiol. A   335 巻   頁: 230-238   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. A New Method To Evaluate Excited States Lifetimes Based on Green's Function: Application to Dye-Sensitized Solar Cells 査読有り

    D. Sulzer, S. Iuchi, and K. Yasuda

    J. Chem. Theory Comput.   12 巻   頁: 3074-3086   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Insight into the light-induced spin crossover of [Fe(bpy)3]2+ in aqueous solution from molecular dynamics simulation of d-d excited states 査読有り

    S. Iuchi and N. Koga

    Phys. Chem. Chem. Phys.   18 巻   頁: 4789-4799   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Improving DIIS convergence for metallic systems using Gaussian basis set 査読有り

    D. Sulzer, S. Iuchi, and K. Yasuda

    Chem. Phys. Lett.   635 巻   頁: 201-204   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. An improved model electronic Hamiltonian for potential energy surfaces and spin-orbit couplings of low-lying d-d states of [Fe(bpy)3]2+ 査読有り

    S. Iuchi and N. Koga

    J. Chem. Phys.   140 巻   頁: 024309(1-11)   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Ultraviolet bonding of perfluoropolyethers to carbon surfaces investigated using quantum chemical methods 査読有り

    Md. K. Alam, H. Zhang, N. Koga, and S. Iuchi

    Microsystem Technologies   19 巻   頁: 1383-1391   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Theoretical study on ultrafast intersystem crossing of chromium(III) acetylacetonate 査読有り

    H. Ando, S. Iuchi, and H. Sato

    Chem. Phys. Lett.   535 巻   頁: 177-181   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. A model electronic Hamiltonian to study low-lying electronic states of [Fe(bpy)3]2+ in aqueous solution 査読有り

    S. Iuchi

    J. Chem. Phys.   136 巻   頁: 064519(1-10)   2012年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Spin-orbit coupling in a model Hamiltonian for d-d excited states of Ni2+ ion aqueous solution 査読有り

    S. Iuchi and S. Sakaki

    Chem. Phys. Lett.   485 巻   頁: 114-118   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Hydrated Excess Proton at Water-Hydrophobic Interfaces 査読有り

    S. Iuchi, H. Chen, F. Paesani, and G. A. Voth

    J. Phys. Chem. B   113 巻   頁: 4017-4030   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Quantum effects in liquid water from an ab initio-based polarizable force field 査読有り

    F. Paesani, S. Iuchi, and G. A. Voth

    J. Chem. Phys.   127 巻   頁: 074506(1-15)   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Are many-body electronic polarization effects important in liquid water? 査読有り

    S. Iuchi, S. Izvekov, and G. A. Voth

    J. Chem. Phys.   126 巻   頁: 124505(1-13)   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Electronic relaxation dynamics of Ni2+-ion aqueous solution: Molecular-dynamics simulation 査読有り

    S. Iuchi, A. Morita, and S. Kato

    J. Chem. Phys.   123 巻   頁: 024505(1-11)   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Potential energy surfaces and dynamics of Ni2+ ion aqueous solution: Molecular dynamics simulation of the electronic absorption spectrum 査読有り

    S. Iuchi, A. Morita, and S. Kato

    J. Chem. Phys.   121 巻   頁: 8446-8457   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Molecular Dynamics Simulation with the Charge Response Kernel: Vibrational Spectra of Liquid Water and N-Methylacetamide in Aqueous Solution 査読有り

    S. Iuchi, A. Morita, and S. Kato

    J. Phys. Chem. B   106 巻   頁: 3466-3476   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 錯体の溶液化学

    横山晴彦, 田端正明 編著( 担当: 共著)

    三共出版  2012年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

MISC 3

  1. 超高速のスピン状態変化を伴う鉄錯体の励起状態ダイナミクスの動力学計算

    井内 哲  

    分子シミュレーション研究会会誌アンサンブル18 巻 ( 4 ) 頁: 216-219   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  2. Development of a Model Electronic Hamiltonian for Understanding Electronic Relaxation Dynamics of [Fe(bpy)3]2+ through Molecular Dynamics Simulations 査読有り

    S. Iuchi and N. Koga  

    AIP Conf. Proc.1702 巻   頁: 090022   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  3. 溶液内における遷移金属錯体の電子励起状態とそのダイナミックスを扱う分子動力学シミュレーション

    井内哲  

    分子シミュレーション研究会会誌アンサンブル14 巻 ( 1 ) 頁: 26-31   2012年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

講演・口頭発表等 23

  1. Molecular dynamics simulations of ultrafast electronic relaxation dynamics in an iron(II) complex 招待有り

    Satoru Iuchi

    15th International Workshop on Quantum Reactive Scattering (QRS2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月1日 - 2019年7月5日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  2. トリスビピリジン鉄(II)錯体の電荷移動励起状態とd-d励起状態を記述するモデルハミルトニアンの開発

    井内哲, 古賀伸明

    第12回分子科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月10日 - 2018年9月13日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  3. Molecular dynamics simulations of light-induced spin crossover in an iron(II) complex: a model electronic Hamiltonian approach 招待有り 国際会議

    Satoru Iuchi

    4th Computational Chemistry Symposium in ICCMSE 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月14日 - 2018年3月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ギリシャ共和国  

  4. Computational study on ultrafast electronic relaxation in an iron(II) complex 招待有り

    Satoru Iuchi

    International workshop on numerical methods and simulations for materials design and strongly correlated quantum matters 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月24日 - 2017年3月25日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  5. Model electronic Hamiltonian for transition metal complexes: application to molecular dynamics simulation of light-induced spin crossover 招待有り 国際会議

    Satoru Iuchi

    The 3rd China-Japan-Korea Workshop on Theoretical and Computational Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月11日 - 2017年1月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:大韓民国  

  6. Molecular dynamics simulation of light-induced spin crossover in [Fe(bpy)3]2+ 招待有り

    Satoru Iuchi

    International Symposium on Multi-scale Simulation of Condensed-phase Reacting Systems (MSCRS2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月10日 - 2016年10月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  7. Molecular Dynamics Simulation for Insight into Light-induced Spin Crossover in Iron Complexes 招待有り

    Satoru Iuchi

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月24日 - 2016年3月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  8. スピン状態変化を伴う鉄(II)錯体の励起状態ダイナミクスの分子動力学シミュレーション研究

    井内哲,古賀伸明

    第18回理論化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月20日 - 2015年5月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. 鉄(II)錯体の励起状態におけるスピン状態変化ダイナミクスの動力学シミュレーション研究

    井内哲, 古賀伸明

    第8回分子科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月21日 - 2014年9月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  10. Fe(II)錯体の励起状態におけるスピン状態変化ダイナミクスのシミュレーション研究

    井内哲, 古賀伸明

    錯体化学会第64回討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月18日 - 2014年9月20日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  11. Development of model effective Hamiltonian to study low-lying d-d excited states of [Fe(bpy)3]2+

    Satoru Iuchi and Nobuaki Koga

    5th JCS International Symposium on Theoretical Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月2日 - 2013年12月6日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  12. 動力学計算に向けた鉄錯体の励起状態ポテンシャル関数の開発

    井内哲, 古賀伸明

    第7回分子科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月24日 - 2013年9月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  13. トリスビピリジン鉄(II)錯体のスピン状態に関する理論的研究

    井内哲

    第6回分子科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月18日 - 2012年9月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  14. Molecular Dynamics Simulation Study of Electronic Excited States of Transition Metal Complexes in Aqueous Solution

    Satoru Iuchi

    JST International Symposium on Multi-scale Simulation of Condensed-phase Reacting Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月10日 - 2012年5月12日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  15. トリスビピリジン鉄(II)錯体のポテンシャルモデルの開発:水溶液中における低•高スピン状態の分子動力学シミュレーション

    井内哲

    第25回分子シミュレーション討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  16. 水溶液中におけるトリスビピリジン鉄(II)錯体の低•高スピン状態に対する分子動力学シミュレーション

    井内哲

    第34回溶液化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  17. トリスビピリジン鉄(II)錯体のポテンシャルモデルの開発と分子動力学シミュレーション

    井内哲

    第14回理論化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  18. Wavepacket Dynamics Study on Ultrafast Intersystem Crossing of CrIII(acac)3 国際会議

    Hideo Ando, Hirofumi Sato, Satoru Iuchi

    2011 Sanibel Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  19. 遷移金属錯体の電子励起状態を記述するポテンシャルモデルの開発

    井内哲

    第24回分子シミュレーション討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  20. Molecular dynamics simulation study on hydrated excess proton behavior at water-hydrophobic interfaces

    Satoru Iuchi

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  21. 遷移金属錯体の電子状態とダイナミックスに関する理論的研究

    井内哲

    第32回溶液化学シンポジウム(プレシンポジウム) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  22. スピン軌道相互作用を考慮した遷移金属イオン水溶液のシミュレーション

    井内哲, 榊茂好

    第3回分子科学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  23. An effective pairwise force field for a polarizable water model from the force-matching method 国際会議

    Satoru Iuchi, Sergei Izvekov, Gregory A. Voth

    XIIth International Congress of Quantum Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

▼全件表示

科研費 1

  1. 遷移金属錯体の励起状態における超高速緩和ダイナミクスの理論的解明

    2017年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者