2021/05/06 更新

写真a

イタミ ケンイチロウ
伊丹 健一郎
ITAMI, Kenichiro
所属
トランスフォーマティブ生命分子研究所 教授
職名
教授

学位 1

  1. 博士(工学) ( 1998年7月   京都大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 有機合成化学、分子ナノカーボン科学、分子触媒化学、生物活性分子

研究分野 4

  1. その他 / その他  / 分子触媒化学

  2. その他 / その他  / 有機合成化学

  3. ナノテク・材料 / 有機合成化学  / 生物活性分子

  4. ナノテク・材料 / 有機合成化学  / 分子ナノカーボン化学

現在の研究課題とSDGs 5

  1. 合成化学

  2. 分子ナノカーボン科学

  3. 分子触媒化学

  4. 生物活性分子

  5. 機能性有機材料

経歴 6

  1. 名古屋大学 大学院理学研究科 教授

    2008年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学 物質科学国際研究センター 准教授

    2007年4月 - 2008年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 さきがけ研究員

    2005年10月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学 物質科学国際研究センター 助教授

    2005年2月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 京都大学大学院工学研究科合成・生物化学専攻 助手

    1998年10月 - 2005年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 日本学術振興会 特別研究員

    1996年4月 - 1998年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 京都大学   工学研究科   合成・生物化学専攻

    1996年4月 - 1998年7月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 京都大学   工学研究科   合成・生物化学専攻

    1994年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 京都大学   工学部   合成化学科

    1990年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本化学会

  2. アメリカ化学会

  3. 有機合成化学協会

  4. 近畿化学協会

受賞 38

  1. Highly Cited Researchers 2020

    2020年10月  

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰 

  2. Highly Cited Researchers 2019

    2019年10月   Clarivate Analytics  

    Kenichiro Itami

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰 

  3. The Netherlands Scholar Award for Supramolecular Chemistry

    2018年12月   Research Center for Functional Molecular Systems  

    Kenichiro Itami

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞 

  4. Highly Cited Researchers 2018

    2018年10月   Clarivate Analytics  

    Kenichiro Itami

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰 

  5. The Guthikonda Lecturer

    2018年4月   Stanford University  

    Kenichiro Itami

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞 

  6. Highly Cited Researchers 2017

    2017年10月   Clarivate Analytics  

    Kenichiro Itami

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰 

  7. ICI Distinguished Lecturer

    2017年9月   University of Calgary, Canada  

    Kenichiro Itami

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞 

  8. 中日文化賞

    2017年5月   中日新聞社  

    伊丹健一郎

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

  9. 読売テクノ・フォーラム ゴールドメダル賞

    2017年4月   読売テクノ・フォーラム  

    伊丹健一郎

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

  10. 永瀬賞

    2016年10月   フロンティアサロン  

    伊丹健一郎

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

  11. Ta-Shue Chou Lectureship Award

    2016年   Academia Sinica, Taiwan  

     詳細を見る

    受賞国:台湾

  12. アメリカ化学会賞

    2015年   アメリカ化学会  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  13. Swiss Chemical Society Lectureship Award

    2015年   Swiss Chemical Society  

     詳細を見る

    受賞国:スイス連邦

  14. Mukaiyama Award

    2013年   The Society of Synthetic Chemistry, Japan  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  15. Fellow of the Royal Society of Chemistry

    2012年   Royal Society of Chemistry  

     詳細を見る

    受賞国:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

  16. German Innovation Award

    2012年   DFG  

     詳細を見る

    受賞国:ドイツ連邦共和国

  17. Merck-Banyu Lectureship Award

    2008年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  18. The Roland K. Pettit Centennial Lecturer

    2018年4月   University of Texas, Austin  

    Kenichiro Itami

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞 

  19. 日本化学会学術賞

    2018年3月   日本化学会  

    伊丹健一郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞 

  20. The Bristol-Myers Squibb Lecture

    2017年4月   University of California, Berkeley  

    Kenichiro Itami

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞 

  21. The SYNLETT Best Paper Award

    2017年3月   Thieme  

    Kenichiro Itami

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰 

  22. The Holger Erdtman Lecture

    2016年10月   KTH, Sweden  

    Kenichiro Itami

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞 

  23. Treat B. Johnson Lecture

    2016年9月   Yale University  

    Kenichiro Itami

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞 

  24. R. C. Fuson Visiting Professor

    2015年   University of Illinois at Urbana-Champaign, USA  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  25. Nankai University Lectureship Award

    2014年   Nankai University, China  

     詳細を見る

    受賞国:中華人民共和国

  26. The JSPS Prize

    2014年   JSPS  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  27. The Aldrich Lectureship Award

    2014年   Emory University  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  28. Novartis Chemistry Lectureship Award

    2013年   Novartis  

     詳細を見る

    受賞国:スイス連邦

  29. Asian Rising Star Award

    2013年   Asian Chemical Congress  

     詳細を見る

    受賞国:シンガポール共和国

  30. Novartis-MIT Lectureship Award

    2012年   MIT  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  31. ACP Lectureship Award

    2011年   ACP  

     詳細を見る

    受賞国:中華人民共和国

  32. Nozoe Memorial Award for Young Organic Chemists

    2011年   Nozoe Memorial Award Foundation  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  33. Banyu Young Chemist Award

    2007年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  34. 文部科学大臣表彰若手科学者賞

    2006年4月   文部科学省  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    有機化学分野におけるプログラム分子構築法の研究

  35. 三井化学触媒科学奨励賞

    2005年3月   (株)三井化学  

     詳細を見る

    Removable Directing Strategy in Metal Catalysis

  36. 日本化学会進歩賞

    2005年3月   (社)日本化学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    プラットホーム型多置換オレフィン合成法の開発と機能性拡張π電子系構築への応用

  37. Thieme Journals Award

    2004年1月   Thieme  

  38. 有機合成化学協会研究企画賞(日産化学工業)

    2000年2月   有機合成化学協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 217

  1. Reductive stability evaluation of 6-azopurine photoswitches for the regulation of CKI alpha activity and circadian rhythms

    Kolarski Dusan, Sugiyama Akiko, Rodat Theo, Schulte Albert, Peifer Christian, Itami Kenichiro, Hirota Tsuyoshi, Feringa Ben L., Szymanski Wiktor

    ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY   19 巻 ( 10 ) 頁: 2312 - 2321   2021年3月

     詳細を見る

  2. Synthesis of a zigzag carbon nanobelt

    Cheung Kwan Yin, Watanabe Kosuke, Segawa Yasutomo, Itami Kenichiro

    NATURE CHEMISTRY   13 巻 ( 3 ) 頁: 255 - +   2021年3月

  3. Photopharmacological Manipulation of Mammalian CRY1 for Regulation of the Circadian Clock

    Kolarski Dusan, Miller Simon, Oshima Tsuyoshi, Nagai Yoshiko, Aoki Yugo, Kobauri Piermichele, Srivastava Ashutosh, Sugiyama Akiko, Amaike Kazuma, Sato Ayato, Tama Florence, Szymanski Wiktor, Feringa Ben L., Itami Kenichiro, Hirota Tsuyoshi

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   143 巻 ( 4 ) 頁: 2078 - 2087   2021年2月

  4. A theoretical study on the strain energy of helicene-containing carbon nanobelts

    Watanabe Kosuke, Segawa Yasutomo, Itami Kenichiro

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   56 巻 ( 95 ) 頁: 15044 - 15047   2020年12月

     詳細を見る

  5. Development of potent inhibitors for strigolactone receptor DWARF 14

    Yoshimura Masahiko, Kim Sojung F., Takise Ryosuke, Kusano Shuhei, Nakamura Sakuya, Izumi Masanori, Yagi Akiko, Itami Kenichiro, Hagihara Shinya

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   56 巻 ( 94 ) 頁: 14917 - 14919   2020年12月

     詳細を見る

  6. Synthetic Strategies of Carbon Nanobelts and Related Belt-Shaped Polycyclic Aromatic Hydrocarbons

    Cheung Kwan Yin, Segawa Yasutomo, Itami Kenichiro

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   26 巻 ( 65 ) 頁: 14791 - 14801   2020年11月

  7. "Janus" efficacy of CX-5011: CK2 inhibition and methuosis induction by independent mechanisms

    D'Amore Claudio, Moro Enrico, Borgo Christian, Itami Kenichiro, Hirota Tsuyoshi, Pinna Lorenzo A., Salvi Mauro

    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR CELL RESEARCH   1867 巻 ( 11 )   2020年11月

  8. A N-terminally deleted form of the CK2 alpha' catalytic subunit is sufficient to support cell viability

    Borgo Christian, D'Amore Claudio, Cesaro Luca, Itami Kenichiro, Hirota Tsuyoshi, Salvi Mauro, Pinna Lorenzo A.

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   531 巻 ( 3 ) 頁: 409 - 415   2020年10月

  9. The prospects of Excellence Initiatives in research Key Ingredients for a Successful Academic Research Institute

    Frommer Wolf B., Itami Kenichiro

    EMBO REPORTS   21 巻 ( 10 )   2020年10月

  10. An Isoform-Selective Modulator of Cryptochrome 1 Regulates Circadian Rhythms in Mammals

    Miller Simon, Aikawa Yoshiki, Sugiyama Akiko, Nagai Yoshiko, Hara Aya, Oshima Tsuyoshi, Amaike Kazuma, Kay Steve A., Itami Kenichiro, Hirota Tsuyoshi

    CELL CHEMICAL BIOLOGY   27 巻 ( 9 ) 頁: 1192 - +   2020年9月

  11. Small Molecules Modulating Mammalian Biological Clocks: Exciting New Opportunities for Synthetic Chemistry

    Amaike Kazuma, Oshima Tsuyoshi, Skoulding Nicola Stephanie, Toyama Yoshifumi, Hirota Tsuyoshi, Itami Kenichiro

    CHEM   6 巻 ( 9 ) 頁: 2186 - 2198   2020年9月

  12. Creation of negatively curved polyaromatics enabled by annulative coupling that forms an eight-membered ring

    Matsubara Satoshi, Koga Yoshito, Segawa Yasutomo, Murakami Kei, Itami Kenichiro

    NATURE CATALYSIS   3 巻 ( 9 ) 頁: 710 - 718   2020年9月

  13. Programmable synthesis of multiply arylated cubanes through C-H metalation and arylation

    Okude Ryo, Mori Genki, Yagi Akiko, Itami Kenichiro

    CHEMICAL SCIENCE   11 巻 ( 29 ) 頁: 7672 - 7675   2020年8月

     詳細を見る

  14. Recent Advances in C-H Activation for the Synthesis of pi-Extended Materials

    Stepek Iain A., Itami Kenichiro

    ACS MATERIALS LETTERS   2 巻 ( 8 ) 頁: 951 - 974   2020年8月

  15. A Nonalternant Aromatic Belt: Methylene-Bridged [6]Cycloparaphenylene Synthesized from Pillar[6]arene

    Li Yuanming, Segawa Yasutomo, Yagi Akiko, Itami Kenichiro

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   142 巻 ( 29 ) 頁: 12850 - 12856   2020年7月

  16. Synthesis of cycloiptycenes from carbon nanobelts

    Shudo Hiroki, Kuwayama Motonobu, Segawa Yasutomo, Itami Kenichiro

    CHEMICAL SCIENCE   11 巻 ( 26 ) 頁: 6775 - 6779   2020年7月

     詳細を見る

  17. Molecular Nanocarbon Science: Present and Future

    Itami Kenichiro, Maekawa Takehisa

    NANO LETTERS   20 巻 ( 7 ) 頁: 4718 - 4720   2020年7月

  18. Annulative pi-Extension (APEX) Reactions for Precise Synthesis of Polycyclic Aromatic Compounds

    Ito Hideto, Matsuoka Wataru, Yano Yuuta, Shibata Mari, Itami Kenichiro

    JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN   78 巻 ( 7 ) 頁: 671 - 682   2020年7月

     詳細を見る

  19. sigma-Bond Hydroboration of Cyclopropanes

    Kondo Hiroki, Miyamura Shin, Matsushita Kaoru, Kato Hiroki, Kobayashi Chisa, Arifin, Itami Kenichiro, Yokogawa Daisuke, Yamaguchi Junichiro

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   142 巻 ( 25 ) 頁: 11306 - 11313   2020年6月

  20. Isoform-selective regulation of mammalian cryptochromes

    Miller Simon, Son You Lee, Aikawa Yoshiki, Makino Eri, Nagai Yoshiko, Srivastava Ashutosh, Oshima Tsuyoshi, Sugiyama Akiko, Hara Aya, Abe Kazuhiro, Hirata Kunio, Oishi Shinya, Hagihara Shinya, Sato Ayato, Tama Florence, Itami Kenichiro, Kay Steve A., Hatori Megumi, Hirota Tsuyoshi

    NATURE CHEMICAL BIOLOGY   16 巻 ( 6 ) 頁: 676 - +   2020年6月

  21. Synthesis of Nitrogen-Containing Polyaromatics by Aza-Annulative pi-Extension of Unfunctionalized Aromatics

    Kawahara Kou P., Matsuoka Wataru, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   59 巻 ( 16 ) 頁: 6383 - 6388   2020年4月

  22. Synthesis of Polybenzoacenes: Annulative Dimerization of Phenylene Triflate by Twofold C-H Activation

    Uryu Mizuho, Hiraga Taito, Koga Yoshito, Saito Yutaro, Murakami Kei, Itami Kenichiro

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   59 巻 ( 16 ) 頁: 6551 - 6554   2020年4月

  23. Selective Transformation of Strychnine and 1,2-Disubstituted Benzenes by C-H Borylation

    Saito Yutaro, Yamanoue Kotono, Segawa Yasutomo, Itami Kenichiro

    CHEM   6 巻 ( 4 ) 頁: 985 - 993   2020年4月

  24. Six-fold C-H borylation of hexa-peri-hexabenzocoronene

    Nagase Mai, Kato Kenta, Yagi Akiko, Segawa Yasutomo, Itami Kenichiro

    BEILSTEIN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   16 巻   頁: 391 - 397   2020年3月

     詳細を見る

  25. Roles of Base in the Pd-Catalyzed Annulative Chlorophenylene Dimerization

    Xu Li-Ping, Haines Brandon E., Ajitha Manjaly J., Murakami Kei, Itami Kenichiro, Musaev Djamaladdin G.

    ACS CATALYSIS   10 巻 ( 5 ) 頁: 3059 - 3073   2020年3月

  26. Rapid Access to Kinase Inhibitor Pharmacophores by Regioselective C-H Arylation of Thieno[2,3-d]pyrimidine

    Yamada Shuya, Flesch Kaylin Nicole, Murakami Kei, Itami Kenichiro

    ORGANIC LETTERS   22 巻 ( 4 ) 頁: 1547 - 1551   2020年2月

  27. Synthesis of Highly Twisted, Nonplanar Aromatic Macrocycles Enabled by an Axially Chiral 4,5-Diphenylphenanthrene Building Block

    Li Yuanming, Yagi Akiko, Itami Kenichiro

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   142 巻 ( 6 ) 頁: 3246 - 3253   2020年2月

  28. Synthesis and Structure of [9]Cycloparaphenylene Catenane: An All-Benzene Catenane Consisting of Small Rings

    Segawa Yasutomo, Kuwayama Motonobu, Itami Kenichiro

    ORGANIC LETTERS   22 巻 ( 3 ) 頁: 1067 - 1070   2020年2月

  29. A Quest for Structurally Uniform Graphene Nanoribbons: Synthesis, Properties, and Applications

    Yano Yuuta, Mitoma Nobuhiko, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   85 巻 ( 1 ) 頁: 4 - 33   2020年1月

  30. Two-step synthesis of a red-emissive warped nanographene derivative via a ten-fold C-H borylation

    Kato Kenta, Lin Hsing-An, Kuwayama Motonobu, Nagase Mai, Segawa Yasutomo, Scott Lawrence T., Itami Kenichiro

    CHEMICAL SCIENCE   10 巻 ( 39 ) 頁: 9038 - 9041   2019年10月

     詳細を見る

  31. Controlling the Circadian Clock with High Temporal Resolution through Photodosing

    Kolarski Dusan, Sugiyama Akiko, Breton Ghislain, Rakers Christin, Ono Daisuke, Schulte Albert, Tama Florence, Itami Kenichiro, Szymanski Wiktor, Hirota Tsuyoshi, Feringa Ben L.

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   141 巻 ( 40 ) 頁: 15784 - 15791   2019年10月

  32. Topologically Unique Molecular Nanocarbons

    Segawa Yasutomo, Levine David R., Itami Kenichiro

    ACCOUNTS OF CHEMICAL RESEARCH   52 巻 ( 10 ) 頁: 2760 - 2767   2019年10月

  33. An axially chiral 1,1 '-biazulene and its pi-extended derivative: synthesis, structures and properties

    Chaolumen, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   55 巻 ( 65 ) 頁: 9606 - 9609   2019年8月

     詳細を見る

  34. Negatively Curved Warped Nanographene Self-Assembled on Metal Surfaces

    Urgel Jose I, Di Giovannantonio Marco, Segawa Yasutomo, Ruffieux Pascal, Scott Lawrence T., Pignedoli Carlo A., Itami Kenichiro, Fasel Roman

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   141 巻 ( 33 ) 頁: 13158 - 13164   2019年8月

  35. Topological molecular nanocarbons: All-benzene catenane and trefoil knot

    Segawa Yasutomo, Kuwayama Motonobu, Hijikata Yuh, Fushimi Masako, Nishihara Taishi, Pirillo Jenny, Shirasaki Junya, Kubota Natsumi, Itami Kenichiro

    SCIENCE   365 巻 ( 6450 ) 頁: 272 - +   2019年7月

  36. Strength of carbon nanotubes depends on their chemical structures

    Takakura Akira, Beppu Ko, Nishihara Taishi, Fukui Akihito, Kozeki Takahiro, Namazu Takahiro, Miyauchi Yuhei, Itami Kenichiro

    NATURE COMMUNICATIONS   10 巻   2019年7月

  37. Dehydrogenative Synthesis of 2,2 '-Bipyridyls through Regioselective Pyridine Dimerization

    Yamada Shuya, Kaneda Takeshi, Steib Philip, Murakami Kei, Itami Kenichiro

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   58 巻 ( 25 ) 頁: 8341 - 8345   2019年6月

  38. Synthesis of sterically hindered 4,5-diarylphenanthrenes via acid-catalyzed bisannulation of benzenediacetaldehydes with alkynes

    Li Yuanming, Yagi Akiko, Itami Kenichiro

    CHEMICAL SCIENCE   10 巻 ( 21 ) 頁: 5470 - 5475   2019年6月

     詳細を見る

  39. Casein kinase 1 family regulates PRR5 and TOC1 in the Arabidopsis circadian clock

    Uehara Takahiro N., Mizutani Yoshiyuki, Kuwata Keiko, Hirota Tsuyoshi, Sato Ayato, Mizoi Junya, Takao Saori, Matsuo Hiromi, Suzuki Takamasa, Ito Shogo, Saito Ami N., Nishiwaki-Ohkawa Taeko, Yamaguchi-Shinozaki Kazuko, Yoshimura Takashi, Kay Steve A., Itami Kenichiro, Kinoshita Toshinori, Yamaguchi Junichiro, Nakamichi Norihito

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   116 巻 ( 23 ) 頁: 11528 - 11536   2019年6月

  40. Armchair and Chiral Carbon Nanobelts: Scholl Reaction in Strained Nanorings

    Yagi Akiko, Segawa Yasutomo, Itami Kenichiro

    CHEM   5 巻 ( 4 ) 頁: 746 - 748   2019年4月

  41. Bay-Region-Selective Annulative -Extension (APEX) of Perylene Diimides with Arynes

    Nakamuro Takayuki, Kumazawa Kazushi, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    SYNLETT   30 巻 ( 4 ) 頁: 423 - 428   2019年3月

  42. Symmetric Multiple Carbohelicenes

    Kato Kenta, Segawa Yasutomo, Itami Kenichiro

    SYNLETT   30 巻 ( 4 ) 頁: 370 - 377   2019年3月

  43. Synthesis and structural features of thiophene-fused analogues of warped nanographene and quintuple helicene

    Lin Hsing-An, Kato Kenta, Segawa Yasutomo, Scott Lawrence T., Itami Kenichiro

    CHEMICAL SCIENCE   10 巻 ( 8 ) 頁: 2326 - 2330   2019年2月

     詳細を見る

  44. Dissecting plant hormone signaling with synthetic molecules: perspective from the chemists

    Hagihara Shinya, Yamada Ryotaro, Itami Kenichiro, Torii Keiko U.

    CURRENT OPINION IN PLANT BIOLOGY   47 巻   頁: 32 - 37   2019年2月

  45. Polycyclic Arene Synthesis by Annulative pi-Extension

    Ito Hideto, Segawa Yasutomo, Murakami Kei, Itami Kenichiro

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   141 巻 ( 1 ) 頁: 3 - 10   2019年1月

  46. Cell-based screen identifies a new potent and highly selective CK2 inhibitor for modulation of circadian rhythms and cancer cell growth

    Oshima Tsuyoshi, Niwa Yoshimi, Kuwata Keiko, Srivastava Ashutosh, Hyoda Tomoko, Tsuchiya Yoshiki, Kumagai Megumi, Tsuyuguchi Masato, Tamaru Teruya, Sugiyama Akiko, Ono Natsuko, Zolboot Norjin, Aikawa Yoshiki, Oishi Shunsuke, Nonami Atsushi, Arai Fumio, Hagihara Shinya, Yamaguchi Junichiro, Tama Florence, Kunisaki Yuya, Yagita Kazuhiro, Ikeda Masaaki, Kinoshita Takayoshi, Kay Steve A., Itami Kenichiro, Hirota Tsuyoshi

    SCIENCE ADVANCES   5 巻 ( 1 )   2019年1月

  47. New directions in natural product synthesis

    Davies Huw M. L., Itami Kenichiro, Stoltz Brian M.

    CHEMICAL SOCIETY REVIEWS   47 巻 ( 21 ) 頁: 7828 - 7829   2018年11月

     詳細を見る

  48. Annulative pi-extension of indoles and pyrroles with diiodobiaryls by Pd catalysis: rapid synthesis of nitrogen-containing polycyclic aromatic compounds

    Kitano Hiroyuki, Matsuoka Wataru, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    CHEMICAL SCIENCE   9 巻 ( 38 ) 頁: 7556 - 7561   2018年10月

     詳細を見る

  49. Discovery of Plant Growth Stimulants by C-H Arylation of 2-Azahypoxanthine

    Kitano Hiroyuki, Choi Jae-Hoon, Ueda Ayaka, Ito Hideto, Hagihara Shinya, Kan Toshiyuki, Kawagishi Hirokazu, Itami Kenichiro

    ORGANIC LETTERS   20 巻 ( 18 ) 頁: 5684 - 5687   2018年9月

  50. Pd-Catalyzed Decarbonylative C-H Coupling of Azoles and Aromatic Esters

    Matsushita Kaoru, Takise Ryosuke, Hisada Tomoya, Suzuki Shin, Isshiki Ryota, Itami Kenichiro, Muto Kei, Yamaguchi Junichiro

    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL   13 巻 ( 17 ) 頁: 2393 - 2396   2018年9月

  51. Photoredox-Catalyzed Decarboxylative Oxidation of Arylacetic Acids

    Sakakibara Yota, Cooper Phillippa, Murakami Kei, Itami Kenichiro

    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL   13 巻 ( 17 ) 頁: 2410 - 2413   2018年9月

  52. Synthesis and Size-Dependent Properties of [12], [16], and [24]Carbon Nanobelts

    Povie Guillaume, Segawa Yasutomo, Nishihara Taishi, Miyauchi Yuhei, Itami Kenichiro

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   140 巻 ( 31 ) 頁: 10054 - 10059   2018年8月

  53. Ultra-narrow-band near-infrared thermal exciton radiation in intrinsic one-dimensional semiconductors

    Nishihara Taishi, Takakura Akira, Miyauchi Yuhei, Itami Kenichiro

    NATURE COMMUNICATIONS   9 巻   2018年8月

  54. A Super Strong Engineered Auxin-TIR1 Pair

    Yamada Ryotaro, Murai Keiichiro, Uchida Naoyuki, Takahashi Koji, Iwasaki Rie, Tada Yasuomi, Kinoshita Toshinori, Itami Kenichiro, Torii Keiko U., Hagihara Shinya

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   59 巻 ( 8 ) 頁: 1538 - 1544   2018年8月

     詳細を見る

  55. Synthesis of a Heptaarylisoquinoline: Unusual Disconnection for Constructing Isoquinoline Frameworks

    Asako Takashi, Suzuki Shin, Itami Kenichiro, Muto Kei, Yamaguchi Junichiro

    CHEMISTRY LETTERS   47 巻 ( 8 ) 頁: 968 - 970   2018年8月

     詳細を見る

  56. Carbon Nanosheets by Morphology-Retained Carbonization of Two-Dimensional Assembled Anisotropic Carbon Nanorings

    Mori Taizo, Tanaka Hiroyuki, Dalui Amit, Mitoma Nobuhiko, Suzuki Kengo, Matsumoto Mutsuyoshi, Aggarwal Nikhil, Patnaik Archita, Acharya Somobrata, Shrestha Lok Kumar, Sakamoto Hirotoshi, Itami Kenichiro, Ariga Katsuhiko

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   57 巻 ( 31 ) 頁: 9679 - 9683   2018年7月

  57. Late-Stage Functionalization of Arylacetic Acids by Photoredox-Catalyzed Decarboxylative Carbon-Heteroatom Bond Formation

    Sakakibara Yota, Ito Eri, Fukushima Tomohiro, Murakami Kei, Itami Kenichiro

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   24 巻 ( 37 ) 頁: 9254 - 9258   2018年7月

  58. Gold-Catalyzed C-H Imidation of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons

    Yip Shu Jan, Kawakami Takahiro, Murakami Kei, Itami Kenichiro

    ASIAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   7 巻 ( 7 ) 頁: 1372 - 1375   2018年7月

  59. Modular synthesis of heptaarylindole

    Suzuki Shin, Asako Takashi, Itami Kenichiro, Yamaguchi Junichiro

    ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY   16 巻 ( 20 ) 頁: 3771 - 3776   2018年5月

     詳細を見る

  60. Palladium-Catalyzed Esterification of Carboxylic Acids with Aryl Iodides

    Kitano Hiroyuki, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    ORGANIC LETTERS   20 巻 ( 8 ) 頁: 2428 - 2432   2018年4月

  61. Recent advances in acetylene-based helical oligomers and polymers: Synthesis, structures, and properties

    Toya Michihisa, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    TETRAHEDRON LETTERS   59 巻 ( 16 ) 頁: 1531 - 1547   2018年4月

  62. Synthesis and Structure of a Propeller-Shaped Polycyclic Aromatic Hydrocarbon Containing Seven-Membered Rings

    Kawai Kazuya, Kato Kenta, Peng Lingqing, Segawa Yasutomo, Scott Lawrence T., Itami Kenichiro

    ORGANIC LETTERS   20 巻 ( 7 ) 頁: 1932 - 1935   2018年4月

  63. A Water-Soluble Warped Nanographene: Synthesis and Applications for Photoinduced Cell Death

    Lin Hsing-An, Sato Yoshikatsu, Segawa Yasutomo, Nishihara Taishi, Sugimoto Nagisa, Scott Lawrence T., Higashiyama Tetsuya, Itami Kenichiro

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   57 巻 ( 11 ) 頁: 2874 - 2878   2018年3月

  64. Chemical hijacking of auxin signaling with an engineered auxin-TIR1 pair

    Uchida Naoyuki, Takahashi Koji, Iwasaki Rie, Yamada Ryotaro, Yoshimura Masahiko, Endo Takaho A., Kimura Seisuke, Zhang Hua, Nomoto Mika, Tada Yasuomi, Kinoshita Toshinori, Itami Kenichiro, Hagihara Shinya, Torii Keiko U.

    NATURE CHEMICAL BIOLOGY   14 巻 ( 3 ) 頁: 299 - +   2018年3月

  65. Synthesis of alpha-Fluoroimines by Copper-catalyzed Reaction of Diarylacetylenes and N-Fluorobenzenesulfonimide

    Yip Shu Jan, Yoshidomi Tetsushi, Murakami Kei, Itami Kenichiro

    CHEMISTRY LETTERS   47 巻 ( 3 ) 頁: 329 - 331   2018年3月

     詳細を見る

  66. Discovery of Shoot Branching Regulator Targeting Strigolactone Receptor DWARF14

    Yoshimura Masahiko, Sato Ayato, Kuwata Keiko, Inukai Yoshiaki, Kinoshita Toshinori, Itami Kenichiro, Tsuchiya Yuichiro, Hagihara Shinya

    ACS CENTRAL SCIENCE   4 巻 ( 2 ) 頁: 230 - 234   2018年2月

  67. C-H Arylation of Phenanthrene with Trimethylphenylsilane by Pd/o-Chloranil Catalysis: Computational Studies on the Mechanism, Regioselectivity, and Role of o-Chloranil

    Shibata Mari, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   140 巻 ( 6 ) 頁: 2196 - 2205   2018年2月

  68. Unidirectional molecular assembly alignment on graphene enabled by nanomechanical symmetry breaking

    Hong Liu, Nishihara Taishi, Hijikata Yuh, Miyauchi Yuhei, Itami Kenichiro

    SCIENTIFIC REPORTS   8 巻   2018年2月

  69. Design, synthesis and evaluation of gamma-turn mimetics as LSD1-selective inhibitors

    Ota Yosuke, Miyamura Shin, Araki Misaho, Itoh Yukihiro, Yasuda Shusuke, Masuda Mitsuharu, Taniguchi Tomoyuki, Sowa Yoshihiro, Sakai Toshiyuki, Itami Kenichiro, Yamaguchi Junichiro, Suzuki Takayoshi

    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY   26 巻 ( 3 ) 頁: 775 - 785   2018年2月

  70. Hole-transporting materials based on thiophene-fused arenes from sulfur-mediated thienannulations

    Lin Hsing-An, Mitoma Nobuhiko, Meng Lingkui, Segawa Yasutomo, Wakamiya Atsushi, Itami Kenichiro

    MATERIALS CHEMISTRY FRONTIERS   2 巻 ( 2 ) 頁: 275 - 280   2018年2月

     詳細を見る

  71. A Quintuple [6]Helicene with a Corannulene Core as a C-5-Symmetric Propeller-Shaped pi-System

    Kato Kenta, Segawa Yasutomo, Scott Lawrence T., Itami Kenichiro

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   57 巻 ( 5 ) 頁: 1337 - 1341   2018年1月

  72. Synthesis of partially and fully fused polyaromatics by annulative chlorophenylene dimerization

    Koga Yoshito, Kaneda Takeshi, Saito Yutaro, Murakami Kei, Itami Kenichiro

    SCIENCE   359 巻 ( 6374 ) 頁: 435 - +   2018年1月

  73. Catalytic alpha-Arylation of Ketones with Heteroaromatic Esters

    Isshiki Ryota, Takise Ryosuke, Itami Kenichiro, Muto Kei, Yamaguchi Junichiro

    SYNLETT   28 巻 ( 19 ) 頁: 2599 - 2603   2017年12月

  74. Oxidative Homocoupling Reaction of Aryltrimethylsilanes by Pd/o-Chloranil Catalysis

    Shibata Mari, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    CHEMISTRY LETTERS   46 巻 ( 12 ) 頁: 1701 - 1704   2017年12月

     詳細を見る

  75. Synthesis of Octaaryl Naphthalenes and Anthracenes with Different Substituents

    Suzuki Shin, Itami Kenichiro, Yamaguchi Junichiro

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   56 巻 ( 47 ) 頁: 15010 - 15013   2017年11月

  76. Rapid Access to Nanographenes and Fused Heteroaromatics by Palladium-Catalyzed Annulative -Extension Reaction of Unfunctionalized Aromatics with Diiodobiaryls

    Matsuoka Wataru, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   56 巻 ( 40 ) 頁: 12224 - 12228   2017年9月

  77. Discovery of synthetic small molecules that enhance the number of stomata: C-H functionalization chemistry for plant biology

    Ziadi Asraa, Uchida Naoyuki, Kato Hiroe, Hisamatsu Rina, Sato Ayato, Hagihara Shinya, Itami Kenichiro, Torii Keiko U.

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   53 巻 ( 69 ) 頁: 9632 - 9635   2017年9月

     詳細を見る

  78. Annulative pi-Extension (APEX): Rapid Access to Fused Arenes, Heteroarenes, and Nanographenes

    Ito Hideto, Ozaki Kyohei, Itami Kenichiro

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   56 巻 ( 37 ) 頁: 11144 - 11164   2017年9月

  79. Electrically Activated Conductivity and White Light Emission of a Hydrocarbon Nanoring-Iodine Assembly

    Ozaki Noriaki, Sakamoto Hirotoshi, Nishihara Taishi, Fujimori Toshihiko, Hijikata Yuh, Kimura Ryuto, Irle Stephan, Itami Kenichiro

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   56 巻 ( 37 ) 頁: 11196 - 11202   2017年9月

  80. Aromatic C-H amination: a radical approach for adding new functions into biology- and materials-oriented aromatics

    Murakami Kei, Perry Gregory J. P., Itami Kenichiro

    ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY   15 巻 ( 29 ) 頁: 6071 - 6075   2017年8月

     詳細を見る

  81. Laterally pi-Extended Dithia[6]helicenes with Heptagons: Saddle-Helix Hybrid Molecules

    Fujikawa Takao, Segawa Yasutomo, Itami Kenichiro

    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   82 巻 ( 15 ) 頁: 7745 - 7749   2017年8月

  82. C-H Functionalization of Azines

    Murakami Kei, Yamada Shuya, Kaneda Takeshi, Itami Kenichiro

    CHEMICAL REVIEWS   117 巻 ( 13 ) 頁: 9302 - 9332   2017年7月

  83. Thiazole-Based sigma(1) Receptor Ligands: Diversity by Late-Stage C-H Arylation of Thiazoles, Structure-Affinity and Selectivity Relationships, and Molecular Interactions

    Kokornaczyk Artur K., Schepmann Dirk, Yamaguchi Junichiro, Itami Kenichiro, Laurini Erik, Fermeglia Maurizio, Pricl Sabrina, Wuensch Bernhard

    CHEMMEDCHEM   12 巻 ( 13 ) 頁: 1070 - 1080   2017年7月

  84. Direct Coupling of Naphthalene and Sulfonimides Promoted by DDQ and Blue Light

    Sakakibara Yota, Ito Eri, Kawakami Takahiro, Yamada Shuya, Murakami Kei, Itami Kenichiro

    CHEMISTRY LETTERS   46 巻 ( 7 ) 頁: 1014 - 1016   2017年7月

     詳細を見る

  85. Synthesis of multiply arylated pyridines

    Asako Takashi, Hayashi Wakana, Amaike Kazuma, Suzuki Shin, Itami Kenichiro, Muto Kei, Yamaguchi Junichiro

    TETRAHEDRON   73 巻 ( 26 ) 頁: 3669 - 3676   2017年6月

  86. Synthesis, properties, and crystal structures of pi-extended double [6]helicenes: contorted multi-dimensional stacking lattice

    Fujikawa Takao, Mitoma Nobuhiko, Wakamiya Atsushi, Saeki Akinori, Segawa Yasutomo, Itami Kenichiro

    ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY   15 巻 ( 21 ) 頁: 4697 - 4703   2017年6月

     詳細を見る

  87. Polymorphism of [6]Cycloparaphenylene for Packing Structure-dependent Host-Guest Interaction

    Fukushima Tomohiro, Sakamoto Hirotoshi, Tanaka Kohei, Hijikata Yuh, Irle Stephan, Itami Kenichiro

    CHEMISTRY LETTERS   46 巻 ( 6 ) 頁: 855 - 857   2017年6月

     詳細を見る

  88. Theoretical Elucidation of Potential Enantioselectivity in a Pd-Catalyzed Aromatic C-H Coupling Reaction

    Nishimoto Yoshio, Kondo Hiroki, Yamaguchi Kazur, Yokogawa Daisuke, Yamaguchi Junichiro, Itami Kenichiro, Irle Stephan

    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   82 巻 ( 9 ) 頁: 4900 - 4906   2017年5月

  89. Rh-catalyzed regiodivergent hydrosilylation of acyl aminocyclopropanes controlled by monophosphine ligands

    Kondo Hiroki, Itami Kenichiro, Yamaguchi Junichiro

    CHEMICAL SCIENCE   8 巻 ( 5 ) 頁: 3799 - 3803   2017年5月

     詳細を見る

  90. Synthesis of a carbon nanobelt

    Povie Guillaume, Segawa Yasutomo, Nishihara Taishi, Miyauchi Yuhei, Itami Kenichiro

    SCIENCE   356 巻 ( 6334 ) 頁: 172 - 175   2017年4月

  91. Annulative pi-Extension (APEX) of Heteroarenes with Dibenzosiloles and Dibenzogermoles by Palladium/o-Chloranil Catalysis

    Ozaki Kyohei, Matsuoka Wataru, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    ORGANIC LETTERS   19 巻 ( 7 ) 頁: 1930 - 1933   2017年4月

  92. Synthesis, Structure, and Electrochemical Property of a Bimetallic Bis-2-pyridylidene Palladium Acetate Complex

    Yoshidomi Tetsushi, Fukushima Tomohiro, Itami Kenichiro, Segawa Yasutomo

    CHEMISTRY LETTERS   46 巻 ( 4 ) 頁: 587 - 590   2017年4月

     詳細を見る

  93. Toward an Ideal Synthesis of (Bio) molecules through Direct Arene Assembling Reactions

    Yamaguchi Junichiro, Itami Kenichiro

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   90 巻 ( 4 ) 頁: 367 - 383   2017年4月

  94. Catalytic Dehydrogenative C-H Imidation of Arenes Enabled by Photo-generated Hole Donation to Sulfonimide

    Ito Eri, Fukushima Tomohiro, Kawakami Takahiro, Murakami Kei, Itami Kenichiro

    CHEM   2 巻 ( 3 ) 頁: 383 - 392   2017年3月

     詳細を見る

  95. Decarbonylative Diaryl Ether Synthesis by Pd and Ni Catalysis

    Takise Ryosuke, Isshiki Ryota, Muto Kei, Itami Kenichiro, Yamaguchi Junichiro

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   139 巻 ( 9 ) 頁: 3340 - 3343   2017年3月

  96. Phenanthro[9,10-a]corannulene by one-step annulative pi-extension of corannulene

    Kato Kenta, Segawa Yasutomo, Itami Kenichiro

    CANADIAN JOURNAL OF CHEMISTRY   95 巻 ( 3 ) 頁: 329 - 333   2017年3月

  97. Syntheses of Biologically Active 2-Arylcyclopropylamines

    Miyamura Shin, Itami Kenichiro, Yamaguchi Junichiro

    SYNTHESIS-STUTTGART   49 巻 ( 6 ) 頁: 1131 - 1149   2017年3月

  98. Cu-Catalyzed aromatic C-H imidation with N-fluorobenzenesulfonimide: mechanistic details and predictive models

    Haines Brandon E., Kawakami Takahiro, Kuwata Keiko, Murakami Kei, Itami Kenichiro, Musaev Djamaladdin G.

    CHEMICAL SCIENCE   8 巻 ( 2 ) 頁: 988 - 1001   2017年2月

     詳細を見る

  99. Palladium-catalyzed Decarbonylative Alkynylation of Aromatic Esters

    Okita Toshimasa, Kumazawa Kazushi, Takise Ryosuke, Muto Kei, Itami Kenichiro, Yamaguchi Junichiro

    CHEMISTRY LETTERS   46 巻 ( 2 ) 頁: 218 - 220   2017年2月

     詳細を見る

  100. One-Step Annulative pi-Extension of Alkynes with Dibenzosiloles or Dibenzogermoles by Palladium/o-chloranil Catalysis

    Ozaki Kyohei, Murai Keiichiro, Matsuoka Wataru, Kawasumi Katsuaki, Ito Hideto, Itami Kenichiro

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   56 巻 ( 5 ) 頁: 1361 - 1364   2017年1月

  101. Synthesis and properties of [8]-, [10]-, [12]-, and [16] cyclo-1,4-naphthylenes

    Okada Keishu, Yagi Akiko, Segawa Yasutomo, Itami Kenichiro

    CHEMICAL SCIENCE   8 巻 ( 1 ) 頁: 661 - 667   2017年1月

     詳細を見る

  102. Key Structural Elements of Unsymmetrical Cyanine Dyes for Highly Sensitive Fluorescence Turn-On DNA Probes

    Uno Kakishi, Sasaki Taeko, Sugimoto Nagisa, Ito Hideto, Nishihara Taishi, Hagihara Shinya, Higashiyama Tetsuya, Sasaki Narie, Sato Yoshikatsu, Itami Kenichiro

    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL   12 巻 ( 2 ) 頁: 233 - 238   2017年1月

  103. Structure-Activity Relation of AMOR Sugar Molecule That Activates Pollen-Tubes for Ovular Guidance

    Jiao Jiao, Mizukami Akane G., Sankaranarayanan Subramanian, Yamguchi Junichiro, Itami Kenichiro, Higashiyama Tetsuya

    PLANT PHYSIOLOGY   173 巻 ( 1 ) 頁: 354 - 363   2017年1月

     詳細を見る

  104. Selective Introduction of Organic Groups to C60 and C70 Using Organoboron Compounds and Rhodium Catalyst: A New Synthetic Approach to Organo(hydro)fullerenes 招待有り 査読有り

    Masakazu Nambo, Yasutomo Segawa, Atsushi Wakamiya, and Kenichiro Itami

    Chem. Asian J.   6 巻   頁: 590-598   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Concise Synthesis and Crystal Structure of [12]Cycloparaphenylene 査読有り

    Yasutomo Segawa, Shinpei Miyamoto, Haruka Omachi, Sanae Matsuura, Petr Šenel, Takahiro Sasamori, Norihiro Tokitoh, and Kenichiro Itami

    Angew. Chem. Int. Ed.   50 巻   頁: in press   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. t-Butoxide-Mediated C-H Bond Arylation of Aromatic Compounds with Haloarenes 招待有り 査読有り

    Shuichi Yanagisawa and Kenichiro Itami

    ChemCatChem     頁: in press   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. Oxidative Biaryl Coupling of Thiophenes and Thiazoles with Arylboronic Acids through Palladium Catalysis: Otherwise-Difficult C4-Selective C-H Arylation Enabled by Boronic Acids 査読有り

    Sylvia Kirchberg, Satoshi Tani, Kirika Ueda, Junichiro Yamaguchi, Armido Studer, and Kenichiro Itami

    Angew. Chem. Int. Ed.   50 巻   頁: in press   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Rhodium-Catalyzed C-H Bond Arylation of Arenes 査読有り

    Jean Bouffard and Kenichiro Itami

    Topics in Current Chemistry (Volume: C-H Activation)   292 巻   頁: 231-280   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. Photopatterning of Poly(arylene dienylene) by the Photoacid-Catalyzed Deprotection-Elimination Reaction of a Precursor Polymer 査読有り

    Jean Bouffard, Mitsuru Watanabe, Hiroko Takaba, and Kenichiro Itami

    Macromolecules   43 巻   頁: 1425-1429   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. A Modular and Size-Selective Synthesis of [n]Cycloparaphenylenes: A Step toward the Selective Synthesis of [n,n] Single-Walled Carbon Nanotubes 査読有り

    Haruka Omachi, Sanae Matsuura, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami

    Angew. Chem. Int. Ed.   49 巻   頁: 10202–10205   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. Toward Ideal Arene Assembly: Catalytic C-H Bond Arylation of Aromatic Compounds 招待有り 査読有り

    Kenichiro Itami

    J. Synth. Org. Chem. Jpn.   68 巻   頁: 1132-1141   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. A General Catalyst for the beta-Selective C-H Bond Arylation of Thiophenes with Iodoarenes 査読有り

    Kirika Ueda, Shuichi Yanagisawa, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami

    Angew. Chem. Int. Ed.   49 巻   頁: 8946-8949   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. Theoretical Studies on the Structures and Strain Energies of Cycloparaphenylenes 査読有り

    Yasutomo Segawa, Haruka Omachi, and Kenichiro Itami

    Org. Lett.   12 巻   頁: 2262-2265   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Synthesis of New Nano Carbon Materials 招待有り

    Masakazu Nambo and Kenichiro Itami

    McGraw-Hill Yearbook of Science & Technology     頁: 379-381   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  115. 「分子つなぎ」の魅力に取りつかれて 招待有り

    伊丹健一郎

    化学   64 巻   頁: 19-20   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  116. *Regioselective Unsymmetrical Tetraallylation of C60 through Palladium Catalysis 査読有り

    Masakazu Nambo, Atsushi Wakamiya, Shigehiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami

    J. Am. Chem. Soc.   131 巻   頁: 15112-15113   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. *Programmed Synthesis of Tetraarylthiophenes through Sequential C-H Arylation 査読有り

    Shuichi Yanagisawa, Kirika Ueda, Hiromi Sekizawa, and Kenichiro Itami

    J. Am. Chem. Soc.   131 巻   頁: 14622-14623   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. A Nickel Catalyst for the Addition of Organoboronate Esters to Ketones and Aldehydes 査読有り

    Jean Bouffard and Kenichiro Itami

    Org. Lett.   11 巻   頁: 4410-4413   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. Structure-Affinity-Relationship Study of Bicyclic Sigma Receptor Ligands 査読有り

    Ralph Holl, Christian Geiger, Masakazu Nambo, Kenichiro Itami, Dirk Schepmann, and Bernhard Wünsch

    Cent. Nerv. Syst. Agents Med. Chem.   9 巻   頁: 220-229   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  120. Fe-Catalyzed Oxidative Coupling of Heteroarenes and Methylamines 査読有り

    Masaki Ohta, Matthias P. Quick, Junichiro Yamaguchi, Bernhard Wünsch, and Kenichiro Itami

    Chem. Asian J.   4 巻   頁: 1416-1419   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  121. *Selective Synthesis of [12]Cycloparaphenylene 査読有り

    Hiroko Takaba, Haruka Omachi, Yosuke Yamamoto, Jean Bouffard, and Kenichiro Itami

    Angew. Chem. Int. Ed.   48 巻   頁: 6112-6116   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. Arene-Assembling Reactions through C-H Bond Functionalization 招待有り

    Kenichiro Itami

    Organometallic News     頁: 50-55   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  123. *Iridium Catalysis for C-H Bond Arylation of Heteroarenes with Iodoarenes 査読有り

    Benoit Join, Takuya Yamamoto, and Kenichiro Itami

    Angew. Chem. Int. Ed.   48 巻   頁: 3644-3647   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. Nickel-Catalyzed Biaryl Coupling of Heteroarenes and Aryl Halides/Triflates 査読有り

    Jerome Canivet, Junichiro Yamaguchi, Ikuya Ban, and Kenichiro Itami

    Org. Lett.   11 巻   頁: 1733-1736   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. Palladium-Catalyzed Carbon-Carbon Bond Formation and Cleavage of Organo(hydro)fullerenes 査読有り

    Masakazu Nambo and Kenichiro Itami

    Chem. Eur. J.   15 巻   頁: 4760-4764   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. Palladium(II)-Catalyzed Conjugate Phosphination of Electron-Deficient Acceptors 査読有り

    Verena T. Trepohl, Susumu Mori, Kenichiro Itami, and Martin Oestreich

    Org. Lett.   11 巻   頁: 1091-1094   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. Arylation of Allylsilanes through Rhodium Catalysis 査読有り

    Haruka Omachi and Kenichiro Itami

    Chem. Lett.   38 巻   頁: 186-187   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  128. Coupling of Nitrogen Heteroaromatics and Alkanes without Transition Metal: A New Oxidative Cross-Coupling at C-H/C-H Bonds 査読有り

    Guojun Deng, Kirika Ueda, Shuichi Yanagisawa, Kenichiro Itami, and Chao-Jun Li

    Chem. Eur. J.   15 巻   頁: 333-337   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. Merck-Banyu Lectureship Award 2007受賞講演ツアーを終えて 招待有り

    伊丹健一郎

    有機合成化学協会誌   67 巻   頁: 250-256   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  130. Arene-Assembling Reactions through C-H Bond Functionalization 招待有り 査読有り

    Kenichiro Itami

    Organometallic News     頁: 50-55   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  131. "The Carbomagnesiation Reactions" in The Chemistry of Organomagnesium Compounds

    Kenichiro Itami and Jun-ichi Yoshida

    Wiley     頁: Chapter 14   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  132. Potassium t-Butoxide Alone Can Promote the Biaryl Coupling of Electron-Deficient Nitrogen Heterocycles and Haloarenes 査読有り

    Shuichi Yanagisawa, Kirika Ueda, Tadashi Taniguchi, and Kenichiro Itami

    Org. Lett.   10 巻   頁: 4673-4676   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  133. A Bench-Stable Pd Catalyst for the Hydroarylation of Fullerene with Boronic Acids 査読有り

    Susumu Mori, Masakazu Nambo, Liang-Chen Chi, Jean Bouffard, and Kenichiro Itami

    Org. Lett.   10 巻   頁: 4609-4612   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  134. Copper-Mediated C-H Bond Arylation of Arenes with Arylboronic Acids 査読有り

    Ikuya Ban, Tomoko Sudo, Tadashi Taniguchi, and Kenichiro Itami

    Org. Lett.   10 巻   頁: 3607-3609   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  135. Direct Coupling of Arenes and Iodoarenes Catalyzed by Rhodium Complex with Strongly pi-Accepting Phosphite Ligand 招待有り 査読有り

    Shuichi Yanagisawa, Tomoko Sudo, Ryoji Noyori, and Kenichiro Itami

    Tetrahedron   64 巻   頁: 6073-6081   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  136. "Chelation-Controlled Mizoroki-Heck Reactions" in The Mizoroki-Heck Reaction

    Kenichiro Itami and Jun-ichi Yoshida

    Wiley-VCH     頁: Chapter 4   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  137. Generation of Pyridyl Coordinated Organosilicon Cation Pool by Oxidative Si-Si Bond Dissociation 査読有り

    Toshiki Nokami, Ryoji Soma, Yoshimasa Yamamoto, Toshiyuki Kamei, Kenichiro Itami, and Jun-ichi Yoshida

    Beilstein J. Org. Chem.   3 巻   頁: 7   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  138. Rh-Catalyzed Arylation and Alkenylation of C60 Using Organoboron Compounds 査読有り

    Masakazu Nambo, Ryoji Noyori, and Kenichiro Itami

    J. Am. Chem. Soc.   129 巻   頁: 8080-8081   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  139. 2-Pyridylsilyl Group: A Useful Multifunctional Group in Organic Synthesis 招待有り 査読有り

    Kenichiro Itami and Jun-ichi Yoshida

    Synlett     頁: 157-180   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  140. Catalytic Four-Component Assembly Based on Allenylboronate Platform: New Access to Privileged Allylic Amine Structures 査読有り

    Keisuke Tonogaki, Kenichiro Itami, and Jun-ichi Yoshida

    J. Am. Chem. Soc.   128 巻   頁: 1464-1465   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  141. Palladium-Catalyzed Cross-Coupling Reactions of (2-Pyridyl)allyldimethylsilanes with Aryl Iodides 査読有り

    Toshiki Nokami, Yutaka Tomida, Toshiyuki Kamei, Kenichiro Itami, and Jun-ichi Yoshida

    Org. Lett.   8 巻   頁: 729-731   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  142. Palladium-Catalyzed Convergent Synthesis and Properties of Conjugated Dendrimers Based on Triarylethene Branching 査読有り

    Kenichiro Itami, Keisuke Tonogaki, Toshiki Nokami, Youichi Ohashi, and Jun-ichi Yoshida

    Angew. Chem. Int. Ed.   45 巻   頁: 2404-2409   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  143. Sequential Pd- and Rh-Catalyzed Three-Component Cyclization with Allenylboronate Platform 査読有り

    Keisuke Tonogaki, Kenichiro Itami, and Jun-ichi Yoshida

    Org. Lett.   8 巻   頁: 1419-1422   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  144. Platform Synthesis: A Useful Strategy for Rapid and Systematic Generation of Molecular Diversity 招待有り 査読有り

    Kenichiro Itami and Jun-ichi Yoshida

    Chem. Eur. J.   12 巻   頁: 3966-3974   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  145. Multisubstituted Olefins: Platform Synthesis and Applications to Materials Science and Pharmaceutical Chemistry 招待有り 査読有り

    Kenichiro Itami and Jun-ichi Yoshida

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   79 巻   頁: 811-824   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  146. *Direct C-H Arylation of (Hetero)arenes with Aryl Iodides via Rhodium Catalysis 査読有り

    Shuichi Yanagisawa, Tomoko Sudo, Ryoji Noyori, and Kenichiro Itami

    J. Am. Chem. Soc.   128 巻   頁: 11748-11749   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  147. Triarylethene-Based Extended pi-Systems: Programmable Synthesis and Photophysical Properties 査読有り

    Kenichiro Itami, Youichi Ohashi, and Jun-ichi Yoshida

    J. Org. Chem.   70 巻   頁: 2778-2792   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  148. Cation Pool Method Based on C-C Bond Dissociation. Effective Generation of Monocations and Dications 査読有り

    Masayuki Okajima, Seiji Suga, Kenichiro Itami, and Jun-ichi Yoshida

    J. Am. Chem. Soc.   127 巻   頁: 6930-6931   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  149. Iron-Catalyzed Cross-Coupling of Alkenyl Sulfides with Grignard Reagents 査読有り

    Kenichiro Itami, Shohei Higashi, Masahiro Mineno, and Jun-ichi Yoshida

    Org. Lett.   7 巻   頁: 1219-1222   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  150. Versatile Synthesis of 1,1-Diaryl-1-alkenes Using Vinylboronate Ester as a Platform 査読有り

    Keisuke Tonogaki, Kazuya Soga, Kenichiro Itami, and Jun-ichi Yoshida

    Synlett     頁: 1802-1804   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  151. Rapid Synthesis of CDP840 with 2-Pyrimidyl Vinyl Sulfide as a Platform 査読有り

    Nobuhiro Muraoka, Masahiro Mineno, Kenichiro Itami, and Jun-ichi Yoshida

    J. Org. Chem.   70 巻   頁: 6933-6936   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  152. Copper-Catalyzed Allylation of Carbonyl Derivatives Using Allyl(2-pyridyl)silanes 査読有り

    Toshiyuki Kamei, Kazuyoshi Fujita, Kenichiro Itami, and Jun-ichi Yoshida

    Org. Lett.   7 巻   頁: 4725-4728   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  153. ケイ素への思い:難しい→面白い→有難い 招待有り

    伊丹健一郎

    ケイ素化学協会誌     頁: 40   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  154. 分子手術による内包フラーレンの合成 招待有り

    伊丹健一郎

        頁: 27   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  155. Pyrimidine-Core Extended pi-Systems: General Synthesis and Interesting Fluorescent Properties 査読有り

    Kenichiro Itami, Daisuke Yamazaki, and Jun-ichi Yoshida

    J. Am. Chem. Soc.   126 巻   頁: 15396-15397   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  156. Aqueous Photo-Dimerization Using 2-Pyridylsilyl Group as a Removable Hydrophilic Group 査読有り

    Toshiki Nokami, Kenichiro Itami, and Jun-ichi Yoshida

    Chem. Lett.   33 巻   頁: 596-597   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  157. Stereoselective Synthesis of (Z)-1-Silyl-2-stannylethene by Palladium-Catalyzed Silastannation of Ethylene and Its Synthetic Transformations 査読有り

    Masahiro Murakami, Takanori Matsuda, Kenichiro Itami, Shinji Ashida, and Miki Terayama

    Synthesis     頁: 1522-1526   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  158. Cationic Carbohydroxylation of Alkenes and Alkynes Using the Cation Pool Method 査読有り

    Seiji Suga, Yasuhisa Kageyama, Govindarajulu Babu, Kenichiro Itami, and Jun-ichi Yoshida

    Org. Lett.   6 巻   頁: 2709-2711   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  159. Catalytic Intermolecular Pauson-Khand-type Reaction: Strong Directing Effect of Pyridylsilyl and Pyrimidylsilyl Groups and Isolation of Ru Complexes Relevant to Catalytic Reaction 査読有り

    Kenichiro Itami, Koichi Mitsudo, Kazuyoshi Fujita, Youichi Ohashi, and Jun-ichi Yoshida

    J. Am. Chem. Soc.   126 巻   頁: 11058-11066   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  160. Sequential Assembly Strategy for Tetrasubstituted Olefin Synthesis Using Vinyl 2-Pyrimidyl Sulfide as a Platform 査読有り

    Kenichiro Itami, Masahiro Mineno, Nobuhiro Muraoka, and Jun-ichi Yoshida

    J. Am. Chem. Soc.   126 巻   頁: 11778-11779   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  161. Stereoselective Synthesis of Multisubstituted Butadienes through Directed Mizoroki-Heck Reaction and Homocoupling Reaction of Vinyl(2-pyridyl)silane 査読有り

    Kenichiro Itami, Yousuke Ushiogi, Toshiki Nokami, Youichi Ohashi, and Jun-ichi Yoshida

    Org. Lett.   6 巻   頁: 3695-3698   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  162. The Carbon-Silicon Bond Cleavage of Organosilicon Compounds in Supercritical Water 査読有り

    Kenichiro Itami, Koji Terakawa, Jun-ichi Yoshida, and Okitsugu Kajimoto

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   77 巻   頁: 2071-2080   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  163. Catalytic Carbometalation/Cross-Coupling Sequence Across Alkynyl(2-pyridyl)silanes Leading to a Diversity-Oriented Synthesis of Tamoxifen-type Tetrasubstituted Olefins 査読有り

    Toshiyuki Kamei, Kenichiro Itami, and Jun-ichi Yoshida

    Adv. Synth. Catal.   346 巻   頁: 1824-1835   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  164. Rapid Construction of Multisubstituted Olefin Structures Using Vinylboronate Ester Platform Leading to Highly Fluorescent Materials 査読有り

    Kenichiro Itami, Keisuke Tonogaki, Youichi Ohashi, and Jun-ichi Yoshida

    Org. Lett.   6 巻   頁: 4093-4096   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  165. フェイズタグ -固相合成からの脱却 招待有り

    伊丹健一郎、吉田潤一

    化学フロンティア⑭ 「ロボット・マイクロ合成最前線 -有機合成の新戦略」 化学同人     頁: 136   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  166. Diversity-Oriented Synthesis of Tamoxifen-type Tetrasubstituted Olefins 査読有り

    Kenichiro Itami, Toshiyuki Kamei, and Jun-ichi Yoshida

    J. Am. Chem. Soc.   125 巻   頁: 14670-14671   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  167. "2-Pyridyldimethylsilane" in Electronic Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis (e-EROS)

    Jun-ichi Yoshida and Kenichiro Itami

    Wiley     頁: on line   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  168. Efficient and Rapid C-Si Bond Cleavage in Supercritical Water 査読有り

    Kenichiro Itami, Koji Terakawa, Jun-ichi Yoshida, and Okitsugu Kajimoto

    J. Am. Chem. Soc.   125 巻   頁: 6058-6059   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  169. Palladium-Catalyzed Rearrangement/Arylation of 2-Allyloxypyridine Leading to the Synthesis of N-Substituted 2-Pyridones 査読有り

    Kenichiro Itami, Daisuke Yamazaki, and Jun-ichi Yoshida

    Org. Lett.   5 巻   頁: 2161-2164   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  170. A General and Straightforward Route toward Diarylmethanes. Integrated Cross-Coupling Reactions Using (2-Pyridyl)silylmethylstannane as an Air-Stable, Storable, and Versatile Coupling Platform 査読有り

    Kenichiro Itami, Masahiro Mineno, Toshiyuki Kamei, and Jun-ichi Yoshida

    Org. Lett.   4 巻   頁: 3635-3638   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  171. Metal-Catalyzed Hydrosilylation of Alkenes and Alkynes Using Dimethyl(pyridyl)silane 査読有り

    Kenichiro Itami, Koichi Mitsudo, Akira Nishino, and Jun-ichi Yoshida

    J. Org. Chem.   67 巻   頁: 2645-2652   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  172. 2-Pyridyldimethylsilyl Group as a Removable Hydrophilic Group in Aqueous Organic Reactions: Formation of Molecular Aggregates and Dramatic Rate Enhancement in Diels-Alder Reactions 招待有り 査読有り

    Kenichiro Itami, Toshiki Nokami, and Jun-ichi Yoshida

    Adv. Synth. Catal.   344 巻   頁: 441-451   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  173. Pyridylsilyl Group-Driven Cross-Coupling Reactions 招待有り 査読有り

    Kenichiro Itami, Koichi Mitsudo, Toshiki Nokami, Toshiyuki Kamei, Tooru Koike, and Jun-ichi Yoshida

    J. Organomet. Chem.   653 巻   頁: 105-113   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  174. The Use of Hydrophilic Groups in Aqueous Organic Reactions 招待有り 査読有り

    Kenichiro Itami and Jun-ichi Yoshida

    Chem. Rec.   2 巻   頁: 213-224   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  175. A Pyridylsilyl Group Expands the Scope of Catalytic Intermolecular Pauson-Khand Reactions 査読有り

    Kenichiro Itami, Koichi Mitsudo, and Jun-ichi Yoshida

    Angew. Chem. Int. Ed.   41 巻   頁: 3481-3484   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  176. Tag Strategy in Separation and Recovery 招待有り 査読有り

    Jun-ichi Yoshida and Kenichiro Itami

    Chem. Rev.   102 巻   頁: 3693-3716   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  177. "Silyl Peroxides" in Science of Synthesis

    Kohei Tamao, Jun-ichi Yoshida, and Kenichiro Itami

    Georg Thieme Verlag   Category 1 巻 ( Volume 4 ) 頁: 413-425   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  178. ナノ反応場としての分子集合体の利用-水中の新しい有機合成化学 招待有り

    吉田潤一、伊丹健一郎

    化学と教育   50 巻   頁: 121   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  179. 有機合成の自動化とそのための新合成手法の開発 招待有り

    吉田潤一、菅誠治、伊丹健一郎

    化学工業   53 巻   頁: 6   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  180. "[Bis(2-pyridyldimethylsilyl)methyl]lithium" in Electronic Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis (e-EROS)

    Jun-ichi Yoshida and Kenichiro Itami

    Wiley     頁: on line   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  181. AgOAc-Catalyzed Aldehyde Allylation Using Allyldimethyl(2-pyridyl)silane 査読有り

    Kenichiro Itami, Toshiyuki Kamei, Masahiro Mineno, and Jun-ichi Yoshida

    Chem. Lett.     頁: 1084-1085   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  182. Regioselective Catalytic Allylic Alkylation Directed by Removable 2-PyMe2Si Group 査読有り

    Kenichiro Itami, Tooru Koike, and Jun-ichi Yoshida

    J. Am. Chem. Soc.   123 巻   頁: 6957-6958   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  183. Unusually Accelerated Silylmethyl Transfer from Tin in Stille Coupling: Implication of Coordination-Driven Transmetalation 査読有り

    Kenichiro Itami, Toshiyuki Kamei, and Jun-ichi Yoshida

    J. Am. Chem. Soc.   123 巻   頁: 8773-8779   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  184. Silyl-Substituted Dithioles as Candidates for New Electron Donors 査読有り

    Hongqi Li, Keiji Nishiwaki, Kenichiro Itami, and Jun-ichi Yoshida

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   74 巻   頁: 1717-1725   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  185. Pyridylsilyl Group as a Multifunctional Phase Tag for Solution-Phase Synthesis 招待有り 査読有り

    Jun-ichi Yoshida and Kenichiro Itami

    J. Synth. Org. Chem. Jpn.   59 巻   頁: 1086-1094   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  186. Unusual Metal-Dependent Acceleration and Deceleration in the Metal-Catalyzed Hydrosilylation of Olefins Using Pyridyldimethylsilanes 査読有り

    Kenichiro Itami, Koichi Mitsudo, Akira Nishino, and Jun-ichi Yoshida

    Chem. Lett.     頁: 1088-1089   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  187. Diversity-Oriented Synthesis of Multisubstituted Olefins through the Sequential Integration of Palladium-Catalyzed Cross-Coupling Reactions. 2-Pyridyldimethyl(vinyl)silane as a Versatile Platform for Olefin Synthesis 査読有り

    Kenichiro Itami, Toshiki Nokami, Yoji Ishimura, Koichi Mitsudo, Toshiyuki Kamei, and Jun-ichi Yoshida

    J. Am. Chem. Soc.   123 巻   頁: 11577-11585   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  188. Palladium-Catalyzed Cross-Coupling Reaction of Alkenyldimethyl(2-pyridyl)silanes with Organic Halides: Complete Switch from the Carbometalation Pathway to the Transmetalation Pathway 査読有り

    Kenichiro Itami, Toshiki Nokami, and Jun-ichi Yoshida

    J. Am. Chem. Soc.   123 巻   頁: 5600-5601   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  189. 2-Pyridyldimethylsilyl as a Removable Hydrophilic Group in Aqueous Diels-Alder Reaction 査読有り

    Kenichiro Itami, Toshiki Nokami, and Jun-ichi Yoshida

    Angew. Chem. Int. Ed.   40 巻   頁: 1074-1076   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  190. Facile Generation of [Bis(2-pyridyldimethylsilyl)methyl]lithium and Its Reaction with Carbonyl Compounds. New Method for the Stereoselective Synthesis of Vinylsilanes 査読有り

    Kenichiro Itami, Toshiki Nokami, and Jun-ichi Yoshida

    Tetrahedron   57 巻   頁: 5045-5054   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  191. Directed Intermolecular Carbomagnesation Across Vinylsilane: 2-PyMe2Si Group as a Removable Directing Group 査読有り

    Kenichiro Itami, Koichi Mitsudo, and Jun-ichi Yoshida

    Angew. Chem. Int. Ed.   40 巻   頁: 2337-2339   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  192. Pyridyl Group Assisted Deprotonation of a Methyl Group on Silicon: Complex Induced Proximity Effect and Novel Hydroxymethylation 査読有り

    Kenichiro Itami, Toshiyuki Kamei, Koichi Mitsudo, Toshiki Nokami, and Jun-ichi Yoshida

    J. Org. Chem.   66 巻   頁: 3970-3976   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  193. Highly Efficient Carbopalladation Across Vinylsilane: Dual Role of the 2-PyMe2Si Group as a Directing Group and as a Phase Tag 査読有り

    Kenichiro Itami, Koichi Mitsudo, Toshiyuki Kamei, Tooru Koike, Toshiki Nokami, and Jun-ichi Yoshida

    J. Am. Chem. Soc.   122 巻   頁: 12013-12014   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  194. 遷移金属触媒を用いる新しい付加環化反応 招待有り

    村上正浩、伊丹健一郎、伊藤嘉彦

    季刊化学総説No.47「有機合成化学の新潮流」     頁: 19   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  195. [Bis(2-pyridyldimethylsilyl)methyl]lithium. New Reagent for the Stereoselective Synthesis of Vinylsilanes 査読有り

    Kenichiro Itami, Toshiki Nokami, and Jun-ichi Yoshida

    Org. Lett.   2 巻   頁: 1299-1302   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  196. Palladium-Catalysed Asymmetric [4+2] Cycloaddition of Vinylallene with 1,3-Diene 査読有り

    Masahiro Murakami, Ryo Minamida, Kenichiro Itami, Masaya Sawamura, and Yoshihiko Ito

    Chem. Commun.     頁: 2293-2294   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  197. Oxidation of 2-Pyridyldimethylsilyl Group to Hydroxyl Group by H2O2/KF. Implication of Fluoride Ion Accelerated 2-Pyridyl-Silyl Bond Cleavage 査読有り

    Kenichiro Itami, Koichi Mitsudo, and Jun-ichi Yoshida

    J. Org. Chem.   64 巻   頁: 8709-8714   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  198. Nickel-Catalyzed Cross-Coupling of Dienyl Phosphates with Grignard Reagents in the Synthesis of 2-Substituted 1,3-Dienes 査読有り

    A. Sofia E. Karlstrom, Kenichiro Itami, and Jan-E. Ba¨ckvall

    J. Org. Chem.   64 巻   頁: 1745-1749   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  199. Coordination Modes and Catalytic Carbonylative [4+1] Cycloaddition of Vinylallenes 査読有り

    Masahiro Murakami, Kenichiro Itami, and Yoshihiko Ito

    Organometallics   18 巻   頁: 1326-1336   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  200. 2-Pyridylsilyl Group as a Multifunctional “Phase Tag" for Solution Phase Synthesis 査読有り

    Jun-ichi Yoshida, Kenichiro Itami, Koichi Mitsudo, and Seiji Suga

    Tetrahedron Lett.   40 巻   頁: 3403-3406   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  201. Catalytic Asymmetric [4+1] Cycloaddition of Vinylallenes with Carbon Monoxide: Reversal of the Induced Chirality by the Choice of Metal 査読有り

    Masahiro Murakami, Kenichiro Itami, and Yoshihiko Ito

    J. Am. Chem. Soc.   121 巻   頁: 4130-4135   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  202. Construction of Eight-Membered Carbocycles by Palladium-Catalyzed [4+4] Cycloaddition of Vinylallenes 査読有り

    Masahiro Murakami, Kenichiro Itami, and Yoshihiko Ito

    Synlett     頁: 951-953   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  203. Facile Generation of α-Silyl Carbanion of Trimethylsilyl Group Assisted by Intramolecular Pyridyl Group Coordination 査読有り

    Kenichiro Itami, Koichi Mitsudo, and Jun-ichi Yoshida

    Tetrahedron Lett.   40 巻   頁: 5533-5536   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  204. (2-Pyridyldimethylsilyl)methyl Lithium as a Novel Hydroxymethylating Reagent 査読有り

    Kenichiro Itami, Koichi Mitsudo, and Jun-ichi Yoshida

    Tetrahedron Lett.   40 巻   頁: 5537-5540   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  205. New Cycloaddition Reactions of Conjugated Allenes Catalyzed by Transition Metal Complexes 査読有り

    Masahiro Murakami, Kenichiro Itami, Minoru Ubukata, Itaru Tsuji, and Yoshihiko Ito

    J. Synth. Org. Chem. Jpn.   56 巻   頁: 406-412   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  206. Iridium-Catalyzed [5+1] Cycloaddition: Allenylcyclopropane as a Five-Carbon Assembling Unit 査読有り

    Masahiro Murakami, Kenichiro Itami, Minoru Ubukata, Itaru Tsuji, and Yoshihiko Ito

    J. Org. Chem.   63 巻   頁: 4-5   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  207. Palladium-Catalyzed Intramolecular 1,4-Dialkoxylation of Cyclohexadienes: An Efficient Route to Highly Stereocontrolled Oxygen Heterocycles 査読有り

    Kenichiro Itami, Andreas Palmgren, and Jan-E. Ba¨ckvall

    Tetrahedron Lett.   39 巻   頁: 1223-1226   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  208. Unsymmetrical Functionalization of 1,3-Cyclohexadienes: Palladium-Catalyzed Stereoselective 1,4-Acyloxy-Alkoxylation 査読有り

    Eike Hupe, Kenichiro Itami, Attila Aranyos, Kalman J. Szabo, and Jan-E. Ba¨ckvall

    Tetrahedron   54 巻   頁: 5375-5384   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  209. Chiral Benzoquinones as New Class of Ligands for Asymmetric Catalysis: Synthesis and Application to the Palladium(II)-Catalyzed 1,4-Dialkoxylation of 1,3-Dienes 査読有り

    Kenichiro Itami, Andreas Palmgren, Atli Thorarensen, and Jan-E. Ba¨ckvall

    J. Org. Chem.   63 巻   頁: 6466-6471   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  210. Rhodium-Catalyzed Intermolecular [4+2] Cycloaddition of Unactivated Substrates 査読有り

    Masahiro Murakami, Minoru Ubukata, Kenichiro Itami, and Yoshihiko Ito

    Angew. Chem. Int. Ed.   37 巻   頁: 2248-2250   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  211. Single-Step Construction of a Nine-Membered Carbocycle by a New [4+4+1] Cycloaddition 査読有り

    Masahiro Murakami, Kenichiro Itami, and Yoshihiko Ito

    Angew. Chem. Int. Ed.   37 巻   頁: 3418-3420   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  212. Palladium(II)-Catalyzed Asymmetric 1,4-Oxidation of 2-Phenyl-1,3-Cyclohexadiene 査読有り

    Atli Thorarensen, Andreas Palmgren, Kenichiro Itami, and Jan-E. Ba¨ckvall

    Tetrahedron Lett.   38 巻   頁: 8541-8544   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  213. Rhodium-Catalyzed Asymmetric [4+1] Cycloaddition 査読有り

    Masahiro Murakami, Kenichiro Itami, and Yoshihiko Ito

    J. Am. Chem. Soc.   119 巻   頁: 2950-2951   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  214. Directed Intermolecular [4+2] Cycloaddition of Unactivated 1,3-Diene Substrates with High Regio- and Stereoselectivities 査読有り

    Masahiro Murakami, Kenichiro Itami, and Yoshihiko Ito

    J. Am. Chem. Soc.   119 巻   頁: 7163-7164   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  215. Synthesis of (Vinylallene)rhodium(III) Complex of Planar Structure: Perfect π→σ Conversion of 1,3-Diene System 査読有り

    Masahiro Murakami, Kenichiro Itami, and Yoshihiko Ito

    J. Am. Chem. Soc.   118 巻   頁: 11672-11673   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  216. A Study on Rhodium-Vinylallene Complexes Leading to a New Reaction, Rhodium-Catalyzed Carbonylative [4+1] Cycloaddition 査読有り

    Masahiro Murakami, Kenichiro Itami, and Yoshihiko Ito

    Angew. Chem. Int. Ed. Engl.   34 巻   頁: 2691-2694   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  217. A Remarkable Effect of Silyl Substitution on Electrocyclization of Vinylallenes 査読有り

    Masahiro Murakami, Hideki Amii, Kenichiro Itami, and Yoshihiko Ito

    Angew. Chem. Int. Ed. Engl.   34 巻   頁: 1476-1477   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 89

  1. Molecular nanocarbon science powered by synthetic chemistry 招待有り

    Kenichiro Itami

    The Organic Chemistry and Chemical Biology Colloquium, Department of Chemistry, University of Oxford  2021年1月28日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  2. 新しい炭素のカタチをつくる 招待有り

    伊丹健一郎

    第29回万有福岡シンポジウム  2019年5月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  3. スーパー分子をつくる:無限の可能性と異分野融合のチカラ 招待有り

    伊丹健一郎

    第62回日本腎臓学会学術総会  2019年6月22日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

  4. Creation of new forms of nanocarbons enabled by C-H activation 招待有り

    Kenichiro Itami

    The 47th Naito Conference on C-H bond activation and transformation  2019年7月3日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  5. Making new forms of nanocarbons 招待有り

    Kenichiro Itami

    The 21st European Symposium on Organic Chemistry (ESOC 2019)  2019年7月15日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  6. Making new forms of nanocarbons 招待有り

    Kenichiro Itami

    The 18th International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA-18)  2019年7月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  7. Making new forms of nanocarbons 招待有り

    Kenichiro Itami

    The 75th CEMS Colloquium  2019年9月18日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  8. スーパー分子をつくる:無限の可能性と異分野融合のチカラ 招待有り

    伊丹健一郎

    ナゴヤ イノベーターズ ガレージ アカデミックナイト  2019年9月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  9. Making new forms of nanocarbons 招待有り

    Kenichiro Itami

    The 6th CSRS-ITbM Joint Workshop  2020年1月8日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  10. 自由な異分野融合チームが生み出す世界初、究極の新価値創造 招待有り

    伊丹健一郎

    中部品質管理大会 中部”質創造”マネジメント大会2020  2020年2月6日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

  11. 美しく、そしてすんごい分子を作りたい! 招待有り

    伊丹健一郎

    ケムステ・バーチャルシンポジウム「最先端有機化学」  2020年5月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  12. スーパー分子をつくる:無限の可能性と異分野融合のチカラ 招待有り

    伊丹健一郎

    第39回金沢腎セミナー  2020年10月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

  13. 僕とベンゼン ナノの世界の建築家をめざして

    Kenichiro Itami

    SSH自然科学交流会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  14. Molecular Catalysis for Nanocarbon Chemistry 国際会議

    International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  15. Molecular Catalysis for Nanocarbon Chemistry 国際会議

    China-Japan Symposium on Advanced Organic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月29日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  16. 芳香環連結化学のブレークスルー

    Kenichiro Itami

    第6回触媒相模セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  17. New Catalysis Leading to Privileged Organic Structures 国際会議

    IRTG Munster-Nagoya Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月28日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  18. 芳香環連結化学のブレークスルー

    Kenichiro Itami

    京都大学化学研究所 有機化学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  19. 芳香環連結化学のブレークスルー

    Kenichiro Itami

    住友化学特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  20. 芳香環連結化学のブレークスルー

    Kenichiro Itami

    第55回有機化学研究会(白鷺セミナー) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  21. Programmed Synthesis of Tetraarylthiophenes through Sequential C-H Bond Arylation

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. 芳香環連結化学のブレークスルー

    Kenichiro Itami

    第21回万有札幌シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  23. Challenges in Arene-Assembling Chemistry 国際会議

    Rising Organic Chemists in Catalysis Meeting (ROCCAT) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  24. 芳香環連結化学のブレークスルー

    Kenichiro Itami

    京都大学GCOE「統合物質科学」セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  25. 芳香環連結化学のブレークスルー

    Kenichiro Itami

    帝人ファーマ特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  26. 芳香族化合物とフラーレンの直接変換触媒の開拓

    Kenichiro Itami

    文部科学省特別教育研究経費 物質合成研究拠点機関連携事業第4回物質合成シンポジウム「合成化学とナノ科学の接点」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  27. 3次元空間の精密有機建築化学

    Kenichiro Itami

    さきがけ「構造制御と機能」最終成果報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  28. 不飽和有機化合物の触媒的直接変換法の開拓と応用

    Kenichiro Itami

    第13回岡山理科大学ハイテクリサーチシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  29. 協奏機能触媒による炭素-水素結合変換法の開拓

    Kenichiro Itami

    特定領域「協奏機能触媒」第5回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  30. 不飽和有機化合物の触媒的直接変換法の開拓と応用展開

    Kenichiro Itami

    平成20年度後期(秋季)有機合成化学講習会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  31. 芳香族化合物とフラーレンの直接変換触媒の開拓

    Kenichiro Itami

    分子触媒セミナー「多元素間結合切断のための戦略と分子変換反応への新しい展開」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  32. Functionalization of Unsaturated Organic Molecules through Metal Catalysis: Alkenes, Arenes, and Fullerenes 国際会議

    Merck-Banyu Lecture 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  33. Functionalization of Unsaturated Organic Molecules through Metal Catalysis: Alkenes, Arenes, and Fullerenes 国際会議

    Merck-Banyu Lecture 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月24日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  34. Functionalization of Unsaturated Organic Molecules through Metal Catalysis: Alkenes, Arenes, and Fullerenes 国際会議

    Merck-Banyu Lecture 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  35. Functionalization of Unsaturated Organic Molecules through Metal Catalysis: Alkenes, Arenes, and Fullerenes 国際会議

    Merck-Banyu Lecture 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  36. Functionalization of Unsaturated Organic Molecules through Metal Catalysis: Alkenes, Arenes, and Fullerenes 国際会議

    Merck-Banyu Lecture 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月17日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  37. Functionalization of Unsaturated Organic Molecules through Metal Catalysis: Alkenes, Arenes, and Fullerenes 国際会議

    Merck-Banyu Lecture 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  38. Functionalization of Unsaturated Organic Molecules through Metal Catalysis: Alkenes, Arenes, and Fullerenes 国際会議

    Merck-Banyu Lecture 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  39. Functionalization of Unsaturated Organic Molecules through Metal Catalysis: Alkenes, Arenes, and Fullerenes 国際会議

    Merck-Banyu Lecture 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  40. 炭素-水素結合変換に基づく芳香環連結反応

    Kenichiro Itami

    第102回触媒学会討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  41. 不飽和有機化合物の触媒的直接変換法の開拓と応用

    Kenichiro Itami

    関西学院大学講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  42. Catalytic Direct Functionalization of Aromatics and Nanocarbons 国際会議

    The 91st Canadian Chemistry Conference and Exhibition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月24日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  43. 不飽和有機化合物の触媒的直接変換法の開拓と応用

    Kenichiro Itami

    第18回万有福岡シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  44. 不飽和有機化合物の触媒的直接変換法の開拓と応用

    Kenichiro Itami

    科学研究費補助金特定領域研究「元素相乗系化合物の化学」第3回若手コロキュウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  45. 炭素-水素結合の直接変換に基づく芳香環連結反応

    Kenichiro Itami

    近畿化学協会有機金属部会 平成20年度第4回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  46. Catalytic Direct Functionalization of Aromatics

    2007 Workshop on Organometallic Chemistry (WOMC) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  47. Creation of Privileged Structures Based on Catalytic Direct Functionalization of Olefins and Aromatics

    National Taiwan University Lecture 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  48. Creation of Privileged Structures Based on Catalytic Direct Functionalization of Olefins and Aromatics

    National Tsing-Hua University Lecture 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月20日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  49. Creation of Privileged Structures Based on Catalytic Direct Functionalization of Olefins and Aromatics

    National Taiwan Normal University Lecture 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月19日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  50. Catalytic Direct Functionalization of Aromatics: Arenes, Heteroarenes, and Fullerenes 国際会議

    The 4th Joint IRTG Symposium (Munster & Nagoya) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月6日

    記述言語:英語  

  51. 精密分子触媒に基づく革新的分子変換法の開拓と機能性物質合成への応用

    伊丹健一郎

    名古屋大学Global-COEキックオフミーティング 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月24日

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  52. 炭素ー水素結合の触媒的直接変換法の開拓と応用

    伊丹健一郎

    第42回有機反応若手の会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  53. Creation of Privileged Organic Structures Based on Catalytic C-H Bond Functionalization

    McGill University Lecture 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  54. Creation of Privileged Organic Structures Based on Catalytic C-H Bond Functionalization

    Universite de Montreal Lecture 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  55. Creation of Privileged Organic Structures Based on Catalytic C-H Bond Functionalization

    University of Ottawa Lecture 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月20日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  56. Creation of Privileged Organic Structures Based on Catalytic C-H Bond Functionalization

    Queen's University Lecture 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  57. Creation of Privileged Organic Structures Based on Catalytic C-H Bond Functionalization

    University of Toronto Lecture 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  58. 炭素ー水素結合の触媒的直接変換法の開拓と応用

    伊丹健一郎

    北陸先端科学技術大学院大学講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  59. Creation of Functional Materials Based on Catalytic C-H Bond Functionalization 国際会議

    The 3rd Joint Seminar of Munster University & Nagoya University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月20日

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  60. 炭素ー水素結合の触媒的直接変換法の開拓と応用

    伊丹健一郎

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  61. 炭素-水素結合の触媒的直接変換法の開拓と機能性物質合成

    伊丹健一郎

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  62. 有機建築化学をめざした分子触媒の創製

    伊丹健一郎

    第2回京都大学有機化学系COE合同シンポジウム「精密有機合成の多様性と展望」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  63. Direct C-H Arylation of Heteroarenes and Arenes via Metal Catalysis 国際会議

    The 10th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-10) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月17日

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  64. Direct C-H Arylation of (Hetero)arenes via Rhodium Catalysis 国際会議

    The 6th Tateshina Conference on Organic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  65. 分子触媒を基盤とした機能性物質合成

    伊丹健一郎

    物質合成研究拠点機関連携事業若手フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月1日

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  66. 精密分子触媒に基づくプログラム分子構築法

    伊丹健一郎

    三井化学特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  67. Targeting Olefins, Arenes, and Their Assemblies 国際会議

    IUPAC International Conference on Biodiversity and Natural Products 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月24日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  68. 炭素-水素結合の触媒的官能基化に基づく機能性物質合成

    伊丹健一郎

    名古屋大学21COE成果報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月7日

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  69. 精密分子触媒に基づくプログラム分子構築法

    伊丹健一郎

    名古屋大学理学部化学教室セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  70. 新しい炭素のカタチをつくる 招待有り

    伊丹健一郎

    東京大学卓越大学院プログラム 変革を駆動する先端物理・数学プログラム(FoPM)  2021年1月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  71. スーパー分子をつくる 招待有り

    伊丹健一郎

    中日文化センター 4月新講座「世界を変える分子をめざして」  2019年4月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  72. スーパー分子をつくる 招待有り

    伊丹健一郎

    岐阜大学創立70周年記念事業  2019年度岐阜大学公開講座  2019年5月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  73. 分子で世界を変える 招待有り

    伊丹健一郎

    岐阜高校グローバルリーダー養成事業 講演会  2019年6月11日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  74. スーパー分子をつくる:無限の可能性と異分野融合のチカラ 招待有り

    伊丹健一郎

    刈谷高校 平成31年度サイエンスデー SSH特別講演会  2019年6月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  75. 分子で世界を変える 招待有り

    伊丹健一郎

    第2回起潮力交流会  2019年9月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  76. スーパー分子をつくる:無限の可能性と異分野融合のチカラ 招待有り

    伊丹健一郎

    名古屋大学医学部プレミアムレクチャー  2019年9月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  77. スーパー分子をつくる:無限の可能性と異分野融合のチカラ 招待有り

    伊丹健一郎

    第130回サイテックサロン サイエンステクノフロンティアフォーラム  2019年10月6日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  78. スーパー分子をつくる:無限の可能性と異分野融合のチカラ 招待有り

    伊丹健一郎

    国際高等研究機構設立記念シンポジウム  2019年11月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  79. スーパー分子をつくる:無限の可能性と異分野融合のチカラ 招待有り

    伊丹健一郎

    三菱ケミカル講演会  2019年12月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  80. Creativity is just connecting things 招待有り

    2019年12月24日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  81. スーパー分子をつくる:無限の可能性と異分野融合のチカラ 招待有り

    名古屋中小企業振興会 経営者フォーラム1月定例会

    2020年1月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

  82. 異分野融合で世界を変える分子をつくる 招待有り

    伊丹健一郎

    名古屋大学エグゼクティブ・トレーニング・プログラム  2020年2月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  83. 美しく、そしてすんごい分子を作りたい! 招待有り

    伊丹健一郎

    放射線駆動生物工学セミナー  2020年6月11日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  84. チカラある分子を創る 招待有り

    伊丹健一郎

    第8回伊那ケミカルバイオロジーセミナー  2020年7月29日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  85. 興味の赴くままに:合成化学で時間生物学に挑んでみた話 招待有り

    伊丹健一郎

    名古屋大学GTRリトリート  2020年9月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  86. 分子ナノカーボンの精密合成 招待有り

    伊丹健一郎

    第10回CSJ化学フェスタ2020 企画シンポジウム:どうしてそうなる!?ナノカーボンの持つ無限の可能性  2020年10月22日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  87. スーパー分子をつくる:無限の可能性と異分野融合のチカラ 招待有り

    伊丹健一郎

    第111回名古屋大学医学部学友大会 記念講演  2020年11月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

  88. スーパー分子をつくる:無限の可能性と異分野融合のチカラ 招待有り

    伊丹健一郎

    千葉大学 博士課程教育リーディングプログラム 免疫システム調節治療学推進リーダー養成プログラム  2020年11月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  89. Crazy molecular nanocarbon science including biology 招待有り

    Kenichiro Itami

    ITbM Workshop, Nagoya University  2021年1月18日 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. ヘテロ芳香族化合物合成のための精密分子触媒の開拓と応用

    2007年04月

    (財)倉田記念日立科学技術財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 3次元空間の精密有機建築化学

    2005年10月 - 2009年03月

科研費 14

  1. 多環芳香族化合物の領域選択的な縮環π拡張反応の開発

    研究課題/研究課題番号:19F19811  2019年11月 - 2022年03月

      詳細を見る

    担当区分:その他 

    縮環π拡張反応(APEX反応)は不活性な多環芳香族炭化水素(PAH)の炭素水素結合を直接的に変換して新たに縮環芳香環を構築する手法であり、ナノグラフェンやグラフェンナノリボンの一段階合成が行える手法である。従来のAPEX反応では、K領域、bay領域といったアームチェア端方向への拡張のみ可能であっため、合成できるナノグラフェンの構造多様性が乏しい問題点があった。本研究では、様々な遷移金属触媒やアリール化剤を駆使し、これまで開発されていなかったPAHのM領域、L領域いった領域での選択的APEX反応の新規開発を目指す。
    多環芳香族炭化水素を一段階で縮環するπ拡張反応(APEX反応)の適用範囲拡大を目指した。特に、多環芳香族炭化水素にはK, L, M, bay, coveといった様々な領域が存在しているが、その中でもL領域選択的反応はこれまで報告されていない。そこで本研究では、L領域選択的なAPEX反応の開発を目指した。L領域とはナノグラフェンでいうジグザグ端方向や、ナフタレンでい うペリ位方向を指す。そこでまず、ナフタレンやフルオランテンをPAHのモデル化合物としたL領域APEX反応を検討した。本年度の研究期間は約4ヶ 月しかないため、まずは種々のアリール化剤の合成や金属触媒の調整をおこなう。アリール化剤としては、ホウ素、ケイ素、ハロゲンなど反応 性官能基をもったオルト二置換ベンゼン誘導体や、1,8-二置換ナフタレン誘導体を合成し、金属触媒としては、直接アリール化に活性なパラジウム錯体触媒、ルテニウム錯体触媒、ロジウム錯体触媒などをを検討した。現在までのところ、一部組み合わせにおいてPAHのL領域での直接アリール化が起こることがわかり、研究における第一歩となった。さらに縮環した目的化合物は得られなかっため、目的のL領域選択的APEX反応の実現にはさらなる検討が必要でることがわかった。なお、2月中旬ごろから新型コロナウィルスの影響のため研究室を閉鎖しており、上記研究成果は着任した2019年11月から2020年1月のわずか3ヶ月間である。
    2月中旬ごろから新型コロナウィルスの影響のため研究室を閉鎖しており、研究成果は2019年11月-2020年1月のわずか3ヶ月間で得られたものとなっている。そのため、当初の予定より研究の進捗が遅れる結果となった。しかし、実験休業中も自身の関連研究の論文集めや総説を執筆するなど、時間を有効に利用した。
    合成した種々のアリール化剤での検討はまだ不十分であるため、今後も様々な条件や金属触媒を用いて検討を進める。具体的には、パラジウム触媒など炭素ー水素直接アリール化に適した触媒とアリールシラン類、アリールホウ素化合物、 ハロゲン化アリール類をもちい、LおよびM領域でのC-Hアリール化の検討から開始する。すでに電子不足なアリールパラジウム種を発生させることができれば、芳香環のK領域へのアリールパラジウム化が行えることがわかっている。PAHのL領域やM領域の立体的特徴や電子的特徴(芳香族求電子置換がおこりやすい)などの特徴を生かし、配位子や酸化剤などの検討によって、LおよびM領域でのC-Hアリール化が行えると考えている。開発した素反応をもとに、アリール化試薬をチューニングすることで、一段階でのLおよびM領域選択的APEX反応の開発へと展開する予定 である。

  2. 未踏分子ナノカーボンの創製

    研究課題/研究課題番号:19H05463  2019年04月 - 2024年03月

    伊丹 健一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:638950000円 ( 直接経費:491500000円 、 間接経費:147450000円 )

    本研究では、ナノメートルサイズの炭素物質(ナノカーボン)を構造的に純粋な「分子」として設計・合成するとともに、それらを基盤とした構造体を構築することで、構造が精密に定まった未踏のナノカーボンを創製する。従来のナノカーボン科学が抱える「混合物問題」に根本的な解決策を提示し、「分子ナノカーボン科学」という新分野の確立と日本発のカーボン・イノベーションをめざす。
    本年度は、分子ナノカーボン合成を加速させる新合成法の開発、および分子ナノカーボンを起点としたカーボンナノチューブ、グラフェンナノリボン(GNR)、3次元ナノカーボン構造体の精密合成を実現するため、以下の事項に注力して取り組んだ。
    まず分子ナノカーボン合成を加速させる新合成法の開発に関して、2カ所のC-H結合切断を経るフェニレントリフラートの縮環二量化反応を開発した。本反応はフェノール誘導体やジベンゾフラン誘導体をフィードストックとしたPAH、特にポリベンゾアセンの新たな合成戦略を提示した。また窒素原子を含むπ拡張反応であるaza-APEX反応の開発にも成功している。ナノカーボンにヘテロ原子を加えることによって、ドーピング効果による物性改変が期待できる。
    GNRの精密合成に関しては、長さ、幅、エッジ構造の全てを制御可能な新規高分子重合法「リビングAPEX重合法」を開発し、GNRの精密合成を世界で初めて達成した。合成したのはフィヨルド型と呼ばれる幅1nm程度のGNRで、重合開始剤とモノマーの混合比率を変えるだけで最長170nm程度まで長さを自由自在に変えられる。また、APEX重合のリビング性を生かして精密なGNRのブロック共重合体の合成にも成功している。得られたフィヨルド型GNRに酸化反応を施すことでアームチェア型GNRに変換できることも見いだした。
    炭素原子のみでの高密度共役を可能にする3次元炭素構造体の創製に関しては、酸触媒存在下で、ベンゼンジアセトアルデヒドと末端アリールアルキンとを作用させることで、立体的に歪んでいる4,5-ジアリールフェナントレンの迅速構築を達成した。さらに得られた4,5-ジアリールフェナントレンを用いて高度にねじれた非平面性芳香族大環状化合物の合成にも成功した。またパラ位でつながったベンゼン環のみからなるカテナンとトレフォイルノットの合成をおこなった。
    本研究の一つの柱であるグラフェンナノリボン(GNR)の精密合成を世界で初めて達成した。フェナントレン(重合開始剤)と適切に分子設計を行ったシロール化合物(モノマー分子)とを我々が開発したパラジウム触媒系に付すことで、リビング性のある重合反応が進行することを見出した。本反応を用いてフィヨルド型とアームチェア型のGNRを精密合成した。また、重合開始剤とモノマー分子の混合比率を変えると長さを自在制御可能であり、さらにリビング性があるため二種類のモノマー分子を用いればブロック共重合体も合成可能であることを見出した。このように用いるモノマーの種類、量を変化させることで、さまざまな長さ、幅、エッジ構造のGNRの合成が可能であるため、本手法は今後のGNR合成にさらなる発展が見込めるものである。さらに現在、田岡化学工業株式会社と共同で量産化技術の確立をおこなっており、量産化の進展により世界中の研究者によってさまざまな応用展開研究が一気に加速することが期待される。
    分子ナノカーボンを起点としたカーボンナノチューブ、三次元ナノカーボン構造体の精密合成に関しては、フェニレントリフラートの縮環二量化反応や歪みフェナントレン誘導体の迅速合成、またそれを用いた高度にねじれた非平面性芳香族大環状化合物の合成、パラ位でつながったベンゼン環のみからなるカテナンとトレフォイルノットの合成といった基礎的な新合成法の開発が進んでいる。加えて、ヘテロ原子のドーピング効果による物性改変を見据え、窒素原子を含むπ拡張反応であるaza-APEX反応の開発にも成功している。
    以上のように本年はGNRの精密合成を達成しており、かつ基礎的な新合成法の開発が複数進んでいることから期待以上の進展といえる。
    引き続き、分子ナノカーボンを起点としたカーボンナノチューブ、グラフェンナノリボン(GNR)、3次元ナノカーボン構造体の精密合成を指向し、分子ナノカーボンの基礎的な新合成法の開発と、それに加え分子ナノカーボンの生体応用を試みる。
    カーボンナノチューブの精密合成を指向し、新たなカーボンナノベルトの合成をおこなう。カーボンナノベルトは、カーボンナノチューブのオーダーメイド合成においてビルディングブロック、もしくは種となりうる分子である。そのためエッジ構造が異なる多種多様なカーボンナノベルト合成を行う必要がある。
    GNRの精密合成に関しては我々が確立したリビングAPEX重合法を用いて、種々のGNRの合成に着手する。用いる重合開始剤やモノマー分子を変更することで、物性の異なるGNRの構築を目指す。
    またK領域のAPEX反応を用いて3次元ナノカーボン構造体であるヘリセン状ナノカーボン分子の合成を行う。さらに新規分子ナノカーボンの合成を実現する新規縮環π拡張反応として、未達成であるM領域のAPEX反応の開発に着手する。これを開発できればナフタレンやクリセン、ペリレンなどのPAHをテンプレートとしたπ拡張分子を迅速的に構築可能である。さらに既に報告しているK領域のAPEX反応を合わせ用いれば、莫大な種類のナノグラフェンを迅速合成可能である。
    ナノカーボンの生体応用に関しては、本研究によって初めて合成される様々な分子ナノカーボンの未知の応用を探るべく、まずは生体への応用に着手する。まずはこれまで我々が報告してきた分子ナノカーボンであるワープドナノグラフェンやシクロパラフェニレンなどの生体への影響を調べる。また、ベンゼンのバイオアイソスターであるキュバンを基盤としたナノカーボンライブラリーの迅速構築をおこない、ナノカーボンの新たな生物活性の発見を目指す。

  3. 五、七、八員環を有するナノカーボンの合成と応用

    研究課題/研究課題番号:19F19032  2019年04月 - 2021年03月

      詳細を見る

    担当区分:その他 

    非ヘキサゴナルナノグラフェンは六員環であるベンゼン環以外に五、七、八員環をもったナノグラフェンであり、環の種類や数によって局所的な電荷の非局在化や、平面構造 、湾曲構造に大きな違いが生まれ、半導体特性やスピン磁性に劇的な変化が生まれるため大変魅力的である。本研究では、アズレンのように既に五員環や七員環を含む縮環構造をテンプレートとして、カップリング反応やC-Hアリール化反応、脱水素芳香族化反応などを駆使しながらこれまで合成されたことがない新奇非ヘキサゴナルナノグラフェンの合成を目指す。非ヘキサゴナル環を含むことによる構造的・電子的違いについても明らかにし、有機電子デバイスへの応用可能性を探る。
    今年度、アズレンを出発物質とし5、6、7員環を含む新しいπ拡張アズレンを合成することに成功した。アズレンのブロモ化、鈴木・宮浦カップリングによるてるテルフェニル基の導入によって、アリールアズレンを合成したのち、塩化鉄(III)による分子間C-H/C-Hカップリング反応と分子内の脱水素環化反応によって、らせん構造をもつπ拡張ヘリセンへと誘導した。合成した化合物は、5、6、7員環を含む新しいナノカーボン構造をもっており、かつキラルカラムによってそのエナンチオマーを分離することが可能であった。分離したエナンチオマーはねじれたヘリセン構造に由来した円二色性の吸収をしめした。X線構造解析やCV測定、量子化学計算などを通じて、合成した化合物の構造的・電子的性質を明らかにするとともに、新たらしい非ヘキサゴナルナノカーボンとしてChem. Commun.誌へ論文報告を行った。また、論文はカバーピクチャーに選ばれるなど注目を浴びた。
    最初の大きな目標である5、6、7員環を含む新しいナノカーボンの合成に成功しているため、計画通り研究が順調に進行していると判断した。
    今後は、アズレン誘導体を出発物質としてもちいて、段階的な縮環縮環π拡張を行い、五員環、六員環、七員環、八員環をふくむさらなる非ヘキサゴナルナノグラフェンの合成を目指す。アズレンを出発物質とし、位置選択的なハロゲン化、カップリング反応、脱水素環化反応などを駆使し、五員環、六員環、七員環からなる平面性の高い非ヘキサゴナルナノグラフェンの合成や、ねじれたヘリセン構造をもつ新規多環芳香族炭化水素の 合成を目指す。また所属する研究室で開発されている縮環π拡張反応なども適宜適用し、芳香環直接アリール化によるより効率的な非ヘキサゴ ナルナノグラフェンの合成法の検討も行う。X線構造解析やCV測定、量子化学計算などを通じて、合成した化合物の構造的・電子的性質を明らかにする。薄膜太陽電池の素子などへの応用を見越し、共同研究による素子評価などもおこなう予定である。

  4. 多環芳香族の精密合成を基盤とする遷移金属とのハイブリッド触媒の創生

    研究課題/研究課題番号:18F18772  2018年11月 - 2021年03月

      詳細を見る

    担当区分:その他 

    本年度は、研究目標である「配位性を有する多環芳香族の合成」を達成するための戦略を切り替えた。これまで含窒素六員環ヘテロ芳香環の環化二量化に取り組んだが、狙いとする生成物を効率的に得ることは難しかった。その原因が配位性のヘテロ芳香環の存在であり、これが二量化反応を阻害すると想定された。したがって、縮環構造の構築段階では、ヘテロ元素をもたない多環芳香族炭化水素で行い、生成物に対してヘテロ芳香環を付加することを考えた。この観点から本研究では、多環芳香族炭化水素の二量化をまず行い、適宜ヘテロ芳香環を付加することを狙いとした。
    はじめに、パラジウム触媒を用いる多環芳香族炭化水素の環化二量化の適用範囲拡大に取り組んだ。特に分子量の大きな基質は溶解性が低く、収率が高くないという問題があった。反応における濃度や触媒量について詳細に検討を行ったところ、良好な収率で反応が進行した。本条件を用いて、適切な位置にベンゼン環が置換したハロゲン化ビアリールに対して、環化二量化の反応を行った。その結果、対応する分子量の大きな環化二量化生成物を良い収率で得ることができた。さらに生成物に対して、酸化的条件下、縮環反応を行うことにより、八員環で連結した完全縮環多環芳香族炭化水素を合成することができた。本生成物は八員環を有する湾曲した構造であり、高い溶解性を有する。本分子の構造は、単結晶X線結晶構造解析により、明らかにすることができた。現在、合成量を増やすと同時に、溶液中の光物性の測定に取り組んでいる。
    含窒素芳香環に適用はできていないが、新しい巨大多環芳香族炭化水素の合成を達成している。触媒創生の基盤となりうる分子であり、今後の発展が期待される。
    前年度の知見を引き継ぎ、検討を行なっていく。
    これまでの研究によって、溶解性の高い巨大多環芳香族炭化水素の合成を達成した。この分子に適切なヘテロ元素を付与することで触媒配位子となりうる。
    分子合成においては、収率などの効率に改善の余地が残っており、重点的に検討を行う。

  5. 可視光によって促進されるアレーン類の脱水素環化反応

    研究課題/研究課題番号:18F18033  2018年04月 - 2020年03月

      詳細を見る

    担当区分:その他 

    フェナントレン骨格は有機エレクトロニクスから創薬科学まで広く用いられる構造モチーフであり、これまでに数多くの官能基化手法が改札されてきた。しかし、4位ならびに5位に置換基を有するフェナントレン誘導体は立体的にひずんだ構造を有しており、その合成法は非常に限られていた。例えば4,5-ジフェニルフェナントレンの合成法は4または5段階を有し、低収率でしか目的物が得られないことが知られている。我々は「可視光によって促進されるアレーン類の脱水素環化反応」を探究する中で、最近、新たな4,5-ジアリールフェナントレンの合成手法の開発に成功している。B(C6F5)3を触媒として用いることで、1,4-ベンゼンジアセトアルデヒドおよび2当量のアリールアルキンの縮合により4,5-ジアリールフェナントレンを得た。そこで本年度は、引き続き「可視光によって促進されるアレーン類の脱水素環化反応」を探究しつつ、新たに開発した4,5-ジアリールフェナントレンの合成手法を用いて新規ナノカーボン分子の合成を行った。2分子の4,5-ジアリールフェナントレンと2分子のメタ置換芳香環(スペーサー分子)を組み合わせることで、歪んだ構造を有する新規環状分子の合成に成功した。スペーサー分子として様々な芳香環分子を組み合わせることで、ソルバトフルオロミズムやAggregation-induced emissionなど多様な機能を有する環状分子を合成することができた。また、その環状分子群の構造的特徴を具に調査し、結晶構造に与える影響や歪みエネルギーについて考察を行った。一連の研究は論文としてまとめ、2020年2月にJournal of the American Chemical Society誌に掲載された。現在、環状分子をユニットとして用いることで、さらなる新規分子群の合成を行っている。
    令和元年度が最終年度であるため、記入しない。
    令和元年度が最終年度であるため、記入しない。

  6. 湾曲ナノグラフェン合成と応用

    研究課題/研究課題番号:17F17805  2017年11月 - 2020年03月

      詳細を見る

    担当区分:その他 

    近年材料化学分野や有機エレクトロニクス分野で注目されているナノグラフェンや多環芳香族炭化水素(PAH)などの平面シート状分子に対し、「湾曲」と「キラリティー」の二つの要素を新たに取り入れたキラル湾曲ナノグラフェン類の合成を検討した。 本年度の研究では、昨年度から引き続き、様々な多環芳香族炭化水素やヘテロ芳香環をテンプレートとしたAPEX反応をおこない、キラルナノグラフェン合成へと適用可能な基質の適用範囲を探索した。その結果パラジウム触媒、オルトクオラニル存在下、ジヨードビアリールをπ拡張剤としたAPEX反応系が一連のポリベンゾヘリセン構造をもった新規湾曲ナノグラフェンを与えることが明らかとなった。[4]ヘリセンを原料としたのAPEX反応ではトリベンゾ[4]ヘリセンやテトラベンゾ[6]ヘリセンが得られ、ベンゾペンタフェンを原料としたAPEX反応からはテトラベンゾ[5]ヘリセンやペンタベンゾ[7]ヘリセンが得られた。これらはいずれも新規π拡張ヘリセンであり、官能基化されていないPAHから一段階で合成できる点やその構造的特徴に非常に興味がもたれる。また、一連の化合物はキラルカラム中で光学分割可能であり、本研究課題で目的とするキラル湾曲ナノグラフェンの合成・単離を達成した。以上得られた研究成果について、2019年3月に甲南大学で行われた日本化学会第99春季年会にて口頭発表を行なった。
    研究開始から1年半経過した時点で本研究課題で目的とするキラル湾曲ナノグラフェンの新しい合成法の開発に成功したため、当初の計画以上に研究が進展したと言える。
    今後残りの半年間で合成した一連のキラル湾曲ナノグラフェン(ポリベンソヘリセン)の構造解析や各種分光測定によってその電子的性質などを明らかにし、論文投稿を行う。研究結果は2019年7月に札幌で行われる国際学会ISNA 18にてポスター発表予定である。

  7. オルガネラソート技術開発によるミトコンドリア母性遺伝の分子メカニズムの解明

    研究課題/研究課題番号:15K14559  2015年04月 - 2018年03月

    佐々木 成江

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    ミトコンドリアの母性遺伝は、様々な真核生物に共通に見られる現象である。本研究では、母性遺伝の鍵分子であるDNAヌクレアーゼを同定するために、大型のミトコンドリア核様体を持つ真正粘菌を用い、セルソーターを応用した「オルガネラソーター」の技術を開発し、接合子内でDNAが消去されつつある父方由来のミトコンドリア分画を目指した。しかし、回収段階でミトコンドリアが破壊されてしまうため、分画せずにミトコンドリア内のタンパク質をnanoLC-MS/MSを用いたショットガンプロテオミクスにより解析した。その結果、エンドヌクレアーゼGを含む9種類のDNAヌクレアーゼを同定することができた。

  8. 炭素ー水素結合変換による統合的合成化学の開拓

    2009年 - 2014年03月

    科学研究費補助金  若手研究(S),課題番号:21675002

    伊丹 健一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 炭素-水素結合活性化のための協奏機能触媒の開発と応用

    2008年

    科学研究費補助金  特定領域研究,課題番号:20037026

    伊丹 健一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. ユビキタス結合の触媒的直接変換法の開発と応用

    2007年

    科学研究費補助金  若手研究(A),課題番号:19685012

    伊丹 健一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. 新しい炭素ー水素結合活性化触媒の開発と有機エレクトロニクス材料合成への応用

    2007年

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費,課題番号:69007778

    伊丹 健一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  12. 金属ナノ粒子触媒を用いた芳香環炭素ー水素結合の直接変換法の開発

    2007年

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費,課題番号:69007350

    伊丹 健一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  13. ヘテロ芳香環の直接アリール化に基づく機能性オリゴアレーン類の合成

    2007年

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費,課題番号:69007829

    伊丹 健一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  14. 機能性π電子系の多様性指向合成

    2004年

    科学研究費補助金  若手研究(B),課題番号:16750119

    伊丹 健一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

産業財産権 5

  1. オレフィン結合複数含有化合物及びその選択的製造方法

    伊丹健一郎、吉田潤一

     詳細を見る

    出願番号:特願2005-64618  出願日:2005年3月9日

    出願国:国内  

  2. 多置換オレフィン及びその選択的製造方法

    伊丹健一郎、吉田潤一

     詳細を見る

    出願番号:特願2004-40139  出願日:2004年3月9日

    出願国:国内  

  3. 超臨界流体による炭素-ケイ素結合の切断方法

    吉田潤一、伊丹健一郎、梶本興亜

     詳細を見る

    出願日:2004年3月9日

    公開番号:特開2004-323436 

    出願国:国内  

  4. 多置換ブタジエン及びその選択的製造方法

    伊丹健一郎、吉田潤一

     詳細を見る

    出願番号:特願2004-66448  出願日:2004年3月9日

    出願国:国内  

  5. 多置換ピリミジン及びその選択的製造方法

    伊丹健一郎、吉田潤一

     詳細を見る

    出願番号:特願2004-66444  出願日:2004年3月9日

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. 化学基礎Ⅱ

    2011

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 2009年4月 - 2010年3月