2022/09/09 更新

写真a

ワタナベ トシキ
渡辺 俊樹
WATANABE Toshiki
所属
大学院環境学研究科 附属地震火山研究センター 教授
大学院担当
大学院環境学研究科
学部担当
理学部 地球惑星科学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(工学) ( 1993年9月   京都大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 能動的モニタリング

  2. 波動伝播

  3. 物理探査

  4. 構造探査

研究分野 3

  1. エネルギー / 地球資源工学、エネルギー学  / 物理探査

  2. 自然科学一般 / 固体地球科学  / 地震波動伝播

  3. 自然科学一般 / 固体地球科学  / 地下構造

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 自然地震や人工地震の波動を用いた地下構造のイメージング

  2. 地球内部の物理的状態のモニタリング

  3. 不均質媒質中の波動伝播

経歴 10

  1. 名古屋大学   大学院環境学研究科 附属地震火山研究センター   教授

    2016年4月 - 現在

  2. 名古屋大学大学院環境学研究科   附属地震火山研究センター   教授

    2016年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 東京大学地震研究所   地震火山噴火予知研究推進センター   教授

    2014年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学大学院環境学研究科   附属地震火山研究センター   教授

    2013年11月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学大学院環境学研究科   附属地震火山研究センター   准教授

    2012年1月 - 2013年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学大学院環境学研究科   附属地震火山・防災研究センター   准教授

    2007年4月 - 2011年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学大学院環境学研究科   附属地震火山・防災研究センター   助教授

    2003年5月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. ローレンス・バークレー研究所   地球科学部門   客員研究員

    2000年7月 - 2001年6月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  9. 京都大学大学院工学研究科   資源工学専攻   助教授

    1996年4月 - 2003年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 京都大学工学部   資源工学科   助手

    1988年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 1

  1. 京都大学   工学部   資源工学科

    1982年4月 - 1986年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 7

  1. (公社)物理探査学会

  2. (公社)日本地震学会

  3. (公社)日本地球惑星科学連合

  4. Society of Exploration Geophysicists

  5. American Geophysical Union

  6. International Society for Rock Mechanics

  7. 岩の力学連合会

▼全件表示

委員歴 21

  1. 公益社団法人日本地球惑星科学連合   学協会長会議、議長  

    2020年7月 - 2021年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 公益社団法人日本地球惑星科学連合   日本地球惑星科学連合2021年大会、大会委員長  

    2020年7月 - 2021年6月   

  3. 公益社団法人物理探査学会   会長  

    2020年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. 公益社団法人物理探査学会   副会長  

    2018年6月 - 2020年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 公益社団法人物理探査学会   表彰委員会、委員長  

    2018年6月 - 2020年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  6. 公益社団法人日本地震学会   代議員  

    2018年5月 - 2022年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  7. 地震・火山噴火予知研究協議会   委員  

    2017年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  8. 東京大学地震研究所・京都大学防災研究所   拠点間連携共同研究委員会、委員  

    2017年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  9. 地震・火山噴火予知研究協議会   企画部予算委員会、委員長  

    2017年4月 - 2019年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  10. 公益社団法人物理探査学会   PS検層研究委員会、委員長  

    2016年10月 - 2018年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  11. 公益社団法人物理探査学会   国際委員会、委員長  

    2016年6月 - 2018年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  12. 委員長  

    2016年5月 - 2018年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  13. 一般財団法人地球システム総合研究所   評議員  

    2016年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  14. (独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構   技術ソリューション事業評価部会、委員  

    2014年4月 - 2018年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  15. 地震・火山噴火予知研究協議会   企画部戦略室、室員  

    2014年4月 - 2017年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  16. 地震・火山噴火予知研究協議会   企画部、副部長・部長  

    2014年4月 - 2016年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  17. 公益社団法人物理探査学会   理事  

    2012年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  18. 地震・火山噴火予知研究協議会   計画推進部会「1(1) 地震・火山現象のモニタリングシステムの高度化」部会、部会長  

    2009年4月 - 2014年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  19. 地震・火山噴火予知研究協議会   計画推進部会「3 新たな観測技術の開発」部会、委員  

    2004年4月 - 2014年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  20. Integrated Ocean Drilling Program   Science Advisory Structure, Environment Protection and Safety Panel, Panel member  

    2003年4月 - 2012年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  21. 日本掘削科学コンソーシアム   IODP部会環境保護安全専門部会、委員  

    2003年4月 - 2012年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

▼全件表示

受賞 2

  1. 日本地震学会論文賞

    2013年5月   日本地震学会  

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  2. 物理探査学会学会賞

    1999年5月   物理探査学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 48

  1. Estimating errors in autocorrelation functions for reliable investigations of reflection profiles

    Maeda Y., Watanabe T.

    Earth, Planets and Space   74 巻 ( 1 )   2022年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:Earth, Planets and Space  

    Autocorrelation functions (ACFs) of vertically incident seismic waves are used to image subsurface reflectors. However, the reflection responses derived from ACFs usually contain many false signals. We present a method to quantify the errors in ACFs and extract true reflectors with high reliability. We estimated the errors for each earthquake at each station as follows. We calculated the amplitude of the observed waveform within the noise window and generated 1000 random noise traces that have this amplitude. By subtracting the random noise traces from the observed waveform, we created 1000 candidate earthquake waveforms. We computed the ACF for each of the 1000 waveforms and calculated the ensemble average and standard deviation of the 1000 different ACF amplitudes at each lag time. Then, we applied weighted stacking to the ACFs of many earthquakes to obtain the reflection response at the station. We calculated the standard deviation of the weighted stack to estimate errors in the reflection response. We evaluated the method by applying it to seismic data from the metropolitan area of Japan. The subsurface structure of the study area has been studied extensively and consists of a strong velocity discontinuity between sedimentary and basement layers. Following our method, the discontinuity was imaged as a clear reflector with an amplitude that was substantially greater than three times the standard deviation, which corresponds to statistical significance at the 99% confidence level. At other depths where reflectors are not expected to be present, the amplitudes of the peaks were less than or close to three times the standard deviation. The signal of the discontinuity was clearly visible at frequencies below 10 Hz and was less prominent at higher frequencies. Graphical Abstract: [Figure not available: see fulltext.]

    DOI: 10.1186/s40623-022-01606-5

    Scopus

  2. Passive seismic reflection imaging based on acoustic and elastic reverse time migration without source information: theory and numerical simulations 査読有り

    Shiraishi K., Watanabe T.

    Exploration Geophysics   53 巻 ( 2 ) 頁: 198 - 210   2022年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Exploration Geophysics  

    To explore crustal structures using seismic records of earthquakes, we proposed a new seismic reflection imaging method based on reverse time migration (RTM) without source information. In the proposed RTM method using multiple reflections between surface and subsurface boundaries, we correlate forward- and backward-extrapolated wavefields of the same observation records from all receivers at once. We implemented acoustic RTM based on a scalar wave equation and elastic RTM based on a velocity-stress formulation for wavefield modelling. Furthermore, we adopted scalar and vector potential formulations in elastic RTM to obtain separate P- and S-wave reflection images. In our study, numerical simulations with a regional crustal structure model were conducted to compare combinations among the synthetic data by acoustic or elastic wave modelling, observation conditions, and RTM formulations. We demonstrated the validity of the proposed method with idealised dense observations and confirmed a limitation due to quasi-realistic sparse observations. Artefacts due to the mixture of P- and S-waves in the acoustic RTM images from elastic synthetic data were attenuated by elastic RTM, which addresses the proper illumination of P- and S-wave reflections.

    DOI: 10.1080/08123985.2021.1917293

    Scopus

  3. Ground water-induced changes in velocities of P and S waves (Vp and Vs) measured using an accurately controlled seismic source 査読有り

    Suzuki R., Yamaoka K., Tsuji S., Watanabe T.

    Earth, Planets and Space   73 巻 ( 1 )   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40623-021-01484-3

    Scopus

  4. 2016年熊本地震合同地震観測データ

    志藤 あずさ, 光岡 郁穂, 松本 聡, 松島 健, 相澤 広記, 清水 洋, 内田 和也, 神薗 めぐみ, 手操 佳子, 中元 真美, 宮町 凛太郎, 一柳 昌義, 大園 真子, 岡田 和見, 勝俣 啓, 高田 真秀, 高橋 浩晃, 谷岡 勇市郎, 山口 照寛, 小菅 正裕, 東 龍介, 内田 直希, 江本 賢太郎, 太田 雄策, 岡田 知己, 海田 俊輝, 小園 誠史, 鈴木 秀市, 高木 涼太, 出町 知嗣, 中原 恒, 中山 貴史, 平原 聡, 松澤 暢, 三浦 哲, 山本 希, 今西 和俊, 内出 崇彦, 吉見 雅行, 青井 真, 浅野 陽一, 上野 友岳, 藤田 英輔, 阿部 英二, 飯高 隆, 岩崎 貴哉, 加藤 愛太郎, 蔵下 英司, 酒井 慎一, 椎名 高裕, 芹澤 正人, 田中 伸一, 中川 茂樹, 平田 直, 増田 正孝, 宮川 幸治, 八木 健夫, 渡邉 篤志, 後藤 和彦, 伊藤 武男, 奥田 隆, 寺川 寿子, 堀川 信一郎, 前田 裕太, 松廣 健二郎, 山中 佳子, 渡辺 俊樹, 飯尾 能久, 片尾 浩, 加納 靖之, 津田 寛大, 三浦 勉, 村本 智也, 山下 裕亮, 大久保 慎人, 山品 匡史, 大倉 敬宏, 中尾 茂, 平野 舟一郎, 宮町 宏樹, 八木原 寛

    地震 第2輯   73 巻 ( 0 ) 頁: 149 - 157   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本地震学会  

    DOI: 10.4294/zisin.2019-11

    CiNii Research

  5. 3-D Intrinsic and Scattering Seismic Attenuation Structures Beneath Kyushu, Japan 査読有り

    Shito A., Matsumoto S., Ohkura T., Shimizu H., Sakai S., Iio Y., Takahashi H., Yakiwara H., Watanabe T., Kosuga M., Okada T., Yoshimi M., Asano Y.

    Journal of Geophysical Research: Solid Earth   125 巻 ( 8 )   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Geophysical Research: Solid Earth  

    The attenuation of seismic wave energy is caused by intrinsic absorption and scattering. The former involves the conversion of seismic wave energy to heat energy via internal friction due to the anelasticity of the medium, whereas the latter involves the scattering of seismic wave energy due to random elastic heterogeneities in the medium. Quantifying both intrinsic ((Formula presented.)) and scattering ((Formula presented.)) attenuation is therefore important for understanding the physical properties of the Earth's interior and predicting seismic wave propagation. Here we develop a new procedure to separately map three-dimensional (3-D) (Formula presented.) and (Formula presented.) structures. The path-averaged (Formula presented.) and (Formula presented.) values are obtained via an envelope-fitting approach that employs a multiple-scattering model. The path-averaged (Formula presented.) and (Formula presented.) structures are then mapped into 3-D space using a tomographic inversion technique based on sensitivity kernels, which are calculated from a Monte Carlo simulation of the radiative transfer equations. We apply this method to map the crustal structure beneath Kyushu, Japan, and obtain 3-D (Formula presented.) and (Formula presented.) structures for the 1–2, 2–4, and 4–8 Hz frequency bands. The spatial attenuation patterns are similar for each of the analyzed frequency bands, with the spatial variability in (Formula presented.) being more pronounced than that in (Formula presented.). The high- (Formula presented.) and (Formula presented.) regions correspond to the locations of active volcanoes. Conversely, the northern Kyushu area possesses low- (Formula presented.) and (Formula presented.) zones that correspond to low heat flow and Cretaceous granite, respectively. The overall (Formula presented.) and (Formula presented.) distributions correlate with thermal and geological structures, respectively.

    DOI: 10.1029/2019JB018742

    Scopus

  6. Active-source Seismic Exploration of Fuji Volcano in 2003 査読有り

    Oikawa, J., Tanaka, S., Kagiyama, T., Miyamachi, H. Tsutsui, T., Ikeda, Y., Katayama, H., Matsuo, N., Oshima, H., Nishimura, Y., Keigo Yamamoto, K., Watanabe, T. and Yamazaki, F.

    Bull. Earthq. Res. Inst. Univ. Tokyo   96 巻   頁: 1 - 10   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    DOI: https://doi.org/10.15083/0002002956

  7. Seismic imaging of deep crustal structures via reverse time migration using local earthquakes 査読有り

    Shiraishi, K. and Watanabe, T.

    Proceedings of the 14th SEGJ International symposium, Road ahead for geophysics in digital society: Acquisition, processing, and interpretation     2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  8. Seismic interferometry imaging of subsurface structure in the southernmost area of South Japanese Alps 査読有り

    Hasegawa, D, Watanabe, T, Ito, T, Kano, K, Abe, S, Fujiwara, A, Kouchi, Y

    Proceedings of the 13th SEGJ International Symposium -What's Next?: Technology for Discovery, Safety and Sustainability     頁: S02-P02   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI: 10.1190/SEGJ2018-007.1

  9. Secular and coseismic changes in S-wave velocity detected using ACROSS in the Tokai region 査読有り

    Tsuji Shuhei, Yamaoka Koshun, Ikuta Ryoya, Kunitomo Takahiro, Watanabe Toshiki, Yoshida Yasuhiro, Katsumata Akio

    Earth Planets and Space   70 巻   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40623-018-0917-2

    Web of Science

  10. 2016年熊本地震と関連する活動に関する総合調査 招待有り

    清水洋, 松本聡, 酒井慎一, 岡田知己, 渡辺俊樹, 飯尾能久, 相澤広記, 松島健, 高橋浩晃, 中尾茂, 鈴木康弘, 後藤秀昭, 大倉敬宏, 山本希, 中道治久, 山中浩明, 神野達夫, 三宅弘恵, 纐纈一起, 浅野公之, 松島信一, 福岡浩, 若井明彦, 大井昌弘, 田村圭子, 木村玲欧, 井ノ口宗成, 前原喜彦, 赤星朋比古

    自然災害科学総合シンポジウム講演論文集   53 巻   頁: 73 - 90   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  11. Development of surface-wave monitoring system for leaked CO2 using a continuous and controlled seismic source 査読有り

    Ikeda Tatsunori, Tsuji Takeshi, Watanabe Toshiki, Yamaoka Koshun

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GREENHOUSE GAS CONTROL   45 巻   頁: 94 - 105   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijggc.2015.11.030

    Web of Science

  12. A subsurface structure change associated with the eruptive activity at Sakurajima Volcano, Japan, inferred from an accurately controlled source 査読有り

    Maeda Yuta, Yamaoka Koshun, Miyamachi Hiroki, Watanabe Toshiki, Kunitomo Takahiro, Ikuta Ryoya, Yakiwara Hiroshi, Iguchi Masato

    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS   42 巻 ( 13 ) 頁: 5179 - 5186   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2015GL064351

    Web of Science

  13. Active monitoring at an active volcano: amplitude-distance dependence of ACROSS at Sakurajima Volcano, Japan 査読有り

    Yamaoka, K., Miyamachi, H., Watanabe, T., Kunitomo, T., Michishita, T., Ikuta, R. and Iguchi, M.

    Earth, Planets and Space     2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1880-5981-66-32

  14. 弾性波アクロスによる東海地域地殻のP波およびS波速度構造の推定 査読有り

    國友孝洋, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 吉田康宏, 勝間田明男, 生田領野, 加藤愛太郎, 飯高隆, 津村紀子, 大久保慎人

    地震II   67 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 24   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4294/zisin.67.1

  15. Effects of pore fluid pressure and tectonic stress on diverse seismic activities around the Mt. Ontake volcano, central Japan 査読有り

    Terakawa, T., Yamanaka, Y., Nakamichi, H., Watanabe, T., Yamazaki, F., Horikawa, S. and Okuda, T

    Tectonophysics   608 巻   頁: 138 - 148   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tecto.2013.10.005

  16. 東海地域下の三次元地震波減衰構造 査読有り

    高岡宏之, 津村紀子, 高橋福助, 野崎謙治, 加藤愛太郎, 飯高隆, 岩崎貴哉, 酒井慎一, 平田直, 生田領 野, 國友孝洋, 吉田康弘, 勝俣啓, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 山崎文人, 大久保慎人, 鈴木貞臣

    地震 第2輯   65 巻 ( 2 ) 頁: 175 - 187   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4294/zisin.65.175

  17. Imaging basement structure beneath the Noubi Plain, central Japan using strong motion records of natural earthquakes 査読有り

    Watanabe, T., Shimizu, H., Tobita, J., Abe, S. and Shiraishi, K.

    Proceedings of the 10th SEGJ International Symposium -Imaging and Interpretation-     頁: 96 - 99   2011年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1190/segj102011-001.24

  18. Monitoring the plate boundary in Tokai area using ACROSS -Role of Toyohashi ACROSS source-

    Watanabe, T., Yamaoka, K., Yamazaki, K. and Suzuki, Y.

    Proceedings of 14th International Symposium on Recent Advances in Exploration Geophysics     頁: 65 - 68   2010年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  19. Variations of fluid pressure within the subducting oceanic crust and slow earthquakes 査読有り

    Kato, A., Iidaka, T., Ikuta, R., Yoshida, Y., Katsumata, K., Iwasaki, T., Sakai, S., Thurber, C., Tsumura, N., Yamaoka, K., Watanabe, T., Kunitomo, T., Yamazaki, F., Okubo, M., Suzuki, S. and Hirata, N.

    Geophysical Research Letter   37 巻   頁: L14310   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2010GL043723

  20. Detection and continuous monitoring of strong seismic reflectors at the subducting Philippine Sea Plate using ACROSS methodlogy 査読有り

    Kasahara, J, Tsuruga, K., Hasada, Y., Kunitomo, T., Ikuta, R., Watanabe, T., Yamaoka, K., Fujii, N. and Kumazawa, M.

    Active Geophysical Monitoring, Vol. 40, Handbook of Geophysical Exploration     頁: 435 - 447   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    DOI: 10.1016/S0950-1401(10)04028-0

  21. 構造境界面を組込んだMT法の2次元インバージョン 査読有り

    木村俊則, 後藤忠徳, 笠谷貴史, 岡本拓, 三ケ田均, 真田佳典, 渡辺俊樹, 芦田讓

    物理探査   63 巻 ( 2 ) 頁: 185 - 196   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. 地殻内構造と物性の解明のための反射法地震探査の技術動向 招待有り 査読有り

    渡辺俊樹

    地震第II輯   61 巻 ( 特集号 ) 頁: S217 - S223   2009年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Seismic interferometry of teleseicmic S-wave coda for retrieval of body waves: an application to the Philippine Sea slab underneath the Japanese Islands 査読有り

    Tonegawa, T., Nishida, K., Watanabe, T. and Shiomi, K.

    Geophysical Journal International   178 巻 ( 3 ) 頁: 1183 - 1189   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this study, we present the propagations of the body waves, such as direct P and S waves, and the reflected wave from the Philippine Sea slab, with the spatial correlation of thewavefields induced by teleseismic S wave observed at the Hi-net tiltmeters. The used frequency band is 0.07-0.5 Hz. To enhance the contribution of the S coda, we depressed the source-time function and the later deterministic phases, such as sS, ScS, SS, and surface wave. The cross correlation functions (CCFs) with the processed S coda are stacked by taking incident angle-dependence of direct S wave to stations into account for performing an isotropic incidence. Through these processes, the propagations of direct P, S, and reflected waves can be seen whenthe stacked CCFs are aligned as a function of separation distance between the two stations. The gradients of the travel time curves for the direct P and S waves are approximately 7 km/s and 3 km/s, corresponding to the seismic velocities in the crust (or uppermost mantle for the case of the P wave). In order to enhance the reflected waves, we search the reflected points by assuming that the later phases in the CCFs are SS reflections and mapping the amplitudes onto depth sections. As a result, the northerly-dipping negative phases can be traced right below the hypocenter distribution, probably corresponding to the oceanic Moho within the Philippine Sea slab. Moreover, we show that the oceanic Moho can be also traced by assuming the case of PP reflections. These results indicate that the CCFs plausibly contain the propagation information for both P and S waves between the two receivers, and are utilizable to the detections of reflected phases in addition to the direct waves.

    DOI: 10.1111/j.1365-246X.2009.04249.x

  24. 2008年桜島人工地震探査の目的と実施

    井口正人, 為栗健, 山本圭吾, 大島弘光, 前川徳光, 森済, 鈴木敦生, 筒井智樹, 今井幹浩, 封馬和希, 八木直史, 植木貞人, 中山貴史, 山本芳裕, 高木涼太, 猪井志織, 古賀祥子, 西村太志, Titi Anggono, 山本希, 及川純, 長出昇構, 市原美恵, 辻浩, 青木陽介, 森田裕一, 渡邊篤志, 野上健治, 山脇輝夫, 渡辺俊樹, 中道治久, 奥田隆, 立花健二, Enrique Hernandez, 橋田悠, 平井敬, 吉本昌弘, 山崎賢志, 毛利拓治, 清水洋, 中元真美, 山下裕亮, 三ケ田均, 尾西恭亮, 田中暁, 岡野豊, 川林徹也, 藤谷淳司, 坂口弘訓, 今泉光智哲, 大倉敬宏, 吉川慎, 安部祐希, 安藤隆志, 横尾亮彦, 相澤広記, 高山鐵朗, 山崎友也, 多田光弘, 市川信夫, 加茂正人, 富阪和秀, 宮町宏樹, 小林励司, 八木原寛, 平野舟一郎, 泊知里, 西山信吾, 吉田沙由美, 畠山謙吾, 西田誠, 加藤幸司, 宮村淳一, 小枝智幸, 増田与志郎, 平松秀行, 河野太亮, 松末伸一, 大薄富士男, 五藤大仁, 宮下誠, 伊藤弘志, 音成陽二郎

    京都大学防災研究所年報   52 巻 ( B ) 頁: 293 - 307   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  25. A marine deep-towed DC resistivity survey in a methane hydrate area, Japan Sea 査読有り

    Goto, T., Kasaya, T. Machiyama, H., Takagi, R., Matsumoto, R., Okuda, Y., Satoh, M., Watanabe, T., Seama, N., Mikada, H., Sanada, Y. and Kinoshita, M.

    Exploration Geophysics   39 巻 ( 1 ) 頁: 52 - 59   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1071/EG08003

  26. Time-variation of late arrivals in the transfer functions obtained by a permanent seismic source and receiver array (ACROSS)

    Watanabe, T., Furukawa, T., Hasada, Y., Ikura, R., Yamaoka

    Proceedings of the 12th International Symposium on Recent Advances in Exploration Geophysics     頁: 65 - 68   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.3997/2352-8265.20140101

  27. Temporal change in reflected waves from deep crust possibly synchronized with the activity of DLFTs detected using ACROSS

    Watanabe, T., Soma, T., Ikuta, R., Yamaoka, K.

    Proceedings of the 11th International Symposium on Recent Advances in Exploration Geophysics     頁: 59 - 62   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.3997/2352-8265.20140090

  28. 東海監視に向けた地震波アクロスと小規模地震計アレイによる試験観測

    渡辺俊樹, 生田領野, 相馬知征, 山岡耕春, 藤井直之,

    月刊地球   29 巻 ( 8 ) 頁: 475 - 480   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    プレート間カップリングの時間変化の監視を目的とする能動的な連続地震波観測を実現するために,弾性波アクロス震源と小規模地震計アレイを用いて10ヶ月にわたる試験観測を実施した.連続地震記録からアクロス伝達関数を求めた.その結果,地殻深部を伝播したと考えられる波群を検出し,それらの微小な時間変化を検知した.伝達関数の変化は低周波微動の活動と関連しているように見え,興味深い.地表に設置した地震計では気温,降雨などの地表付近の影響が避けられない.現在,ボアホール内に設置され環境変動の影響が小さいと考えられるHi-net記録を用いて,アレイ解析で見いだされた後続波群の時間変動について詳細に検討している.

  29. 地震探査における散乱波解析と不均質構造の推定 招待有り

    渡辺俊樹

    月刊地球   29 巻 ( 4 ) 頁: 227 - 231   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Continuous Active Seismic Observation using ACROSS Source and Seismometer Array 査読有り

    Watanabe, T., Ikuta, R., Yamaoka, K., Soma, T. and Fujii, N.

    Proceedings of the 8th SEGJ International Symposium -Imaging and interpretation-     頁: 369 - 372   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    A team in Nagoya University has been extensively working on developing Accurately-Controlled Routinely-Operated Signal System (ACROSS) in order to monitor temporal variations in the subsurface properties. Continuous transmission of a controlled seismic signal from the seismic ACROSS source and the long-term observation of the waves propagating through the deeper crust and the plate boundary enable us to understand the time-variable phenomena such as slow-slip and deep tremor and to monitor the state of the plate boundary. We deployed a short-spam seismometer array in the "Aichi Prefectural Forest Park" in defunct Hourai Town (presently Shinshiro City) in eastern Aichi. The array, composed of 12 stations, is about 2 km wide in NS and 1 km wide in EW. The observation started from November, 2004 and terminated at the end of September, 2005. The seismic ACROSS source located at Toki has been operated to generate FM signal from 10 to 20 Hz in 50 seconds of period during the continous observation. After one or two weeks of data stacking, signals with a good S/N ratio were obtained using the surface seismometers, which is comparable to the data of the Hi-Net station deployed in a borehole. The transfer function clearly shows the P-wave, S-wave and their after-phases, having good correlation with the Hi-net data. A semblance analysis of array data shows the estimation of the azimuth and dip of the wave propagation and the apparent slowness. The waveform of after-phases, supposed to the reflected phase from the plate boundary, shows temporal changes during observation. Detailed analysis is underway, however, a possible explanation may be a correlation to the activity of deep low-frequency tremors in Tokai region.

    DOI: 10.1190/segj082006-001.74

  31. Time-lapse changes in tube and guided waves in cross-well Mallik experiment 査読有り

    Bakulin, A., Korneev, V, Watanabe, T. and Ziatdinov, S.

    Expanded Abstract of the 76th Annual Meeting, Society of Exploration Geophysicists     頁: 379 - 383   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1190/1.2370280

  32. 富士山における人工地震探査-観測および走時の読み取り- 査読有り

    及川純, 鍵山恒臣, 田中聡, 宮町宏樹, 筒井智樹, 池田靖, 潟山弘明, 松尾のり道, 大島弘光, 西村裕一, 山本圭吾, 渡辺俊樹, 山崎文人, 渡辺秀文, 藤井敏嗣, 中田節也, 武尾実, 大湊隆雄, 金子隆之, 吉本充宏, 竹田豊太郎, 小山悦郎, 長田昇, 坂守, 羽田敏夫, 橋本信一, 辻浩, 井本良子, 増谷文雄, 嶋野岳人, 古川晃子, 鷺谷威, 藤井巌, 林能成, 宮島力男, 山田守, 奥田隆, 伊藤武雄, 橋本武志, 前川徳光, 鈴木敦生, 伊藤拓, 三浦康, 植木貞人, 西村太志, 仁田交市, 佐藤峰司, 下村陽一, 野上健治, 鬼澤真也, 小山田浩子, 舟崎淳, 近澤心, 藤原健治, 濱田信生, 青木元, 高木朗充, 山本哲也, 林豊, 金尾政紀, 山下幹也, 清水洋, 渡邉篤志, 是永将宏, 大倉敬宏, 吉川慎, 池田さや香, 井口正人, 為栗健, 八木原寛, 平野舟一郎

    地震研究所彙報   81 巻   頁: 71 - 94   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  33. Continuous observation of seismic wave velocity and apparent velocity using a precise seismic array and ACROSS seismic source 査読有り

    Saiga, A., Yamaoka, K., Kunitomo, T. and Watanabe, T.

    Earth Planets and Space   58 巻 ( 8 ) 頁: 993 - 1005   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report the results of continuous monitoring.using a seismometer array.of the travel time of seismic waves generated by an ACROSS artificial seismic source. The seismometer array, which was deployed in a surface vault located 2.4 km from the source, recorded both direct P- and S-waves and refracted P- and Swaves that traveled along a velocity boundary between the granite basement and overlying sedimentary rocks. We analyzed temporal variation in differential travel time and apparent velocity for these phases for a period of 1 month and found significant temporal variation in the differential travel time. Most of the variation can be attributed to changes in environmental conditions, such as atmospheric temperature and rainfall. Variation is even observed in the seismogram that is located 50 m from the vibration source, although much smaller variation is observed in the vibration of the foundation to which the source is attached. The spectral study revealed that the effects of temperature and rainfall depend strongly on the frequency range used by ACROSS and that a large variation occurs in the 15- to 20-Hz range, especially between 17 and 20 Hz. The environmental effect on the temporal variation is comparable to the record of refracted S waves and that of a distance of 50 m, whereas a larger variation was observed in the direct S wave. This result shows that the signal is affected by the environmental change near the vibration source. The environmental effect can be drastically reduced when the signal from the 15- to 20-Hz range is eliminated in the analysis.

    DOI: 10.1186/BF03352604

  34. 南海トラフ沈みこみ帯の地殻比抵抗構造 査読有り

    木村俊則, 芦田讓, 後藤忠徳,笠谷貴史, 三ケ田均, 真田佳典, 渡辺俊樹, 山根一修

    物理探査   58 巻 ( 3 ) 頁: 251 - 262   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. 口永良部島火山における人工地震探査 : 探査の概要と初動の走時について

    井口正人, 山本圭吾, 橋本武志, 筒井智樹, 田中聡, 鬼澤真也, 青木陽介, 渡辺俊樹, 大倉敬宏, 清水洋, 八木原寛, 宮町宏樹, 平松秀行, 為栗健, 高山鉄朗, 福嶋麻沙代, Hetty Triastuty, 石原和弘, 大島弘光, 鈴木敦生, 前川徳光, 梶井達矢, 渡辺義明, 荻原庸平, 野上健治, 及川光弘, 平林順一, 辻浩, 平田安廣, 奥田隆, 伊藤拓, 吉川慎, 井上寛之, 池田さや香, 堀美緒, 斎藤政城, 平野舟一郎, 上釜友大, 井口元冶, 竹下孝弘, 森健彦

    京都大学防災研究所年報   48 巻 ( B ) 頁: 297 - 322   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  36. Preliminary assessment of the waveform inversion method for interpretation of cross-well seismic data from the thermal production test, Mallik Gas Hydrate Production Research Well 査読有り

    Watanabe, T., Shimizu, S., Asakawa, E., Kamei, R. and Matsuoka, T.

    Scientific Results from Mallik 2000 Gas Hydrate Production Research Well Program, Mackenzie Delta, Northwest Territories, Canada, Geological Survey of Canada, Bulletin,   585 巻   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4095/220702

  37. 口永良部島火山における人工地震探査 : 探査の概要と初動の走時について 査読有り

    井口正人, 山本圭吾, 橋本武志, 筒井智樹, 田中聡, 鬼澤真也, 青木陽介, 渡辺俊樹, 大倉敬宏, 清水洋, 八木原寛, 宮町宏樹, 平松秀行, 為栗健, 高山鉄朗, 福嶋麻沙代, Hetty Triastuty, 石原和弘, 大島弘光, 鈴木敦生, 前川徳光, 梶井達矢, 渡辺義明, 荻原庸平, 野上健治, 及川光弘, 平林順一, 辻浩, 平田安廣, 奥田隆, 伊藤拓, 吉川慎, 井上寛之, 池田さや香, 堀美緒, 斎藤政城, 平野舟一郎, 上釜友大, 井口元冶, 竹下孝弘, 森健彦

    地震研究所彙報   80 巻 ( 1 ) 頁: 11 - 40   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  38. *Differential waveform tomography for time-lapse crosswell seismic data with application to gas hydrate production monitoring 査読有り

    Watanabe, T., Shimizu, S., Asakawa, E., Matsuoka, T.

    Expanded Abstract of the 74th Annual Meeting, Society of Exploration Geophysicists     頁: TOM1.1   2004年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    To detect the change of physical properties in small areas, a series of high-resolution waveform inversions is applied to time-lapse seismic data. A procedure by use of ifferentiation between the time-lapse data and normalization using reference data is proposed in this study. The procedure is derived as a straightforward extension of waveform inversion as the scatterer imaging. Through numerical tests, the proposed approach was found to be more accurate than the conventional approach in obtaining the velocity change in small areas. The method was applied to the time-lapse crosswell seismic data obtained during the Mallik 2002 gas production test. A small area showing a velocity decrease near the production zone were found using the proposed method, indicating the existence of dissociated methane gas in the sand layers.

    DOI: 10.1190/1.1845221

  39. Viscoacoustic wave form inversion of transmission data for velocity and attenuation 査読有り

    Watanabe, T., Nihei, K. T., Nakagawa, S., Myer, L. R.

    Journal of Acoustical Society of America   115 巻 ( 6 ) 頁: 3059-3067   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This study investigates the performance of a frequency domain viscoacoustic full waveform nonlinear inversion to obtain high resolution images of velocity and attenuation. An efficient frequency domain implementation is applied that consists of performing a series of single frequency inversions sweeping from low to high frequency. A cascaded inversion was adopted in which the real part of the velocity is first imaged using the phase information, then the quality factor (Q) is imaged using the amplitude information. Tests with synthetic data indicate that our approach yielded better images than the simultaneous determination of the real and imaginary part of the complex velocity. The method is applied to laboratory data obtained in a water tank with suspended acrylic bars. Broadband 200 kHz data is obtained for a crosshole configuration with a computer-controlled scanning system and piezofilm source and detector. The velocity image produced by the full waveform inversion is compared to a curved ray traveltime tomography velocity image, and was observed to possess higher resolution and more precise locations of the acrylic bars. The Q image shows a lower resolution than the velocity image, but recovers the correct Q for acrylic. This method can be applied for geophysical applications targeted to soil, unconsolidated rocks and marine sediments and also nondestructive evaluation and medical applications.

    DOI: 10.1121/1.1710878

  40. 地震計アレイによる2.4km離れたACROSS震源からの弾性波の走時変動連続観測

    雑賀敦, 山岡耕春, 國友孝洋, 渡辺俊樹

    月刊地球   号外No. 46 巻   頁: 105 - 112   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. 物理探査におけるアクティブ・モニタリング

    渡辺俊樹

    月刊地球   号外No. 46 巻   頁: 166 - 172   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. P-S converted seismic waves by a fracture and imaging 査読有り

    Sanada, Y., Watanabe, T., Kiriyama, A., Ashida, Y.

    ISRM 3rd Asian Rock Mechanics Symposium (ARMS)   1 巻   頁: 261 - 264   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  43. フルウェーブ・インバージョン 査読有り

    渡辺俊樹

    非破壊検査   53 巻 ( 5 ) 頁: 274 - 279   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. 人工地震を用いた富士山における構造探査

    及川純, 鍵山恒臣, 田中聡, 宮町宏樹, 筒井智樹, 池田靖, 潟山弘明, 松尾のり道, 西村裕一, 山本圭吾, 渡辺俊樹, 大島弘光, 山崎文人

    月刊地球   号外No. 48 巻   頁: 23 - 26   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. 周波数領域波形インバージョンによる孔間室内実験データの速度と減衰のイメージング 査読有り

    渡辺俊樹, Nihei, K. T., Nakagawa, S. and Myer, L. R.

    物理探査   56 巻 ( 2 ) 頁: 97 - 105   2003年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Seismic imaging ahead of tunnel face with three-component geophones 査読有り

    Ashida, Y., Matsuoka, T., Watanabe, T. and Kusumi, H.

    Environmental Rock Engineering     頁: 371 - 375   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

  47. High resolution imaging of crosshole data using waveform inversion and reverse-time imaging 査読有り

    Watanabe, T., Nihei, K. T., Nakagawa, S. and Myer, L. R.

    Environmental Rock Engineering     頁: 317 - 322   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

  48. Simulation of Hopkinson effect by discrete element method 査読有り

    Matsuoka, T., Kusumi, H., Ashida, Y. and Watanabe, T.

    ISRM 2003 - Technology roadmap for rock mechanics -     頁: 813 - 816   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

▼全件表示

書籍等出版物 8

  1. Time-lapse approach to detect possible preslip associated with the nankai trough mega-earthquake by monitoring the temporal change of the strong seismic reflector at the subducting philippine sea plate

    Kasahara J., Tsuruga K., Hasada Y., Kunitomo T., Ikuta R., Watanabe T., Yamaoka K., Fujii N.

    Active Geophysical Monitoring  2019年1月  ( ISBN:9780081026847

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

    To examine the usefulness of the accurately controlled routinely operated signal system (ACROSS) for the detection of the temporal change of scattering or reflection signatures, we conducted a 9-month experiment using a seismic ACROSS source in Toki City, Japan, and a temporal linear seismic array extending from Toki City toward the south. The seismic experiment was carried out from December 2005 to September 2006. The observations show that the 8-day stacking at ~60 km of offset distances is characterized by prominent arrivals similar to that of the 30-day stacking. This suggests that 1-week stacking is sufficient to detect prominent arrivals up to ~60 km offset distances. We calculated theoretical travel times and synthetic seismograms using the reanalyzed crustal structural model and compared the observed seismograms with theoretical travel times and synthetic seismograms. The synthetic and observed records match well with each other. However, the phases reflected from the subducting plate boundary could not be identified for the offset range of receivers used in this study. Nevertheless, the 8-day stacking of the data received at station “OSD” at an offset distance of 61.2 km provides a sufficient signal-to-noise ratio to identify Pg, which is a refracted wave in the crust, and shallow reflected arrivals.

    DOI: 10.1016/B978-0-08-102684-7.00020-0

    Scopus

  2. 物理探査ハンドブック増補改訂版

    のべ175名( 担当: 共編者(共編著者))

    物理探査学会  2016年6月  ( ISBN:978-4-938493-10-3

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  3. Proceedings of the 10th SEGJ International Symposium - Imaging and Interpretation -

    Toshiki Watanabe (Chief Editor)( 担当: 編集)

    2011年11月  ( ISBN:978-4-938493-07-3

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  4. 地盤の可視化技術と評価法

    松井保(監修)( 担当: 分担執筆)

    鹿島出版会  2009年12月  ( ISBN:978-4-306-02415-1

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  5. いま活断層が危ない-中部の内陸直下型地震-

    安藤雅孝, 田所敬一, 林能成, 木村玲欧( 担当: 分担執筆)

    中日新聞社  2006年10月  ( ISBN:4-8062-0528-1

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  6. (社)物理探査学会編 新版物理探査用語辞典

    68名( 担当: 分担執筆)

    愛智出版  2005年5月  ( ISBN:4-87256-410-3

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  7. 地圏環境情報学 地下を診る最先端技術

    25名( 担当: 分担執筆)

    山海堂  2005年5月  ( ISBN:4-381-01708-0

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  8. 物理探査ハンドブック, 第5巻手法編

    全184名( 担当: 分担執筆)

    物理探査学会  1998年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

▼全件表示

MISC 3

  1. 地震予知の最終兵器:アクロス 査読有り

    渡辺俊樹  

    なゐふる55 巻   頁: 2 - 3   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  2. メタンハイドレート開発研究の最前線

    渡辺俊樹  

    (社)土木学会岩盤力学研究委員会ニュースレター3 巻   頁: 1 - 9   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  3. WindowsユーザのためのCWP/SU導入ガイド 査読有り

    渡辺俊樹  

    物理探査53 巻 ( 2 ) 頁: 91 - 96   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等 258

  1. 八丈島における稠密微小地震観測データへの地震波干渉法の適用

    渡邊詩子, 東 宏幸, 小田義也, 渡辺俊樹

    物理探査学会第145回(2021年度秋季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高松市   国名:日本国  

  2. 弾性波リバースタイム・マイグレーションによるPS変換波のイメージング:数値実験による検討

    渡辺俊樹 白石和也, 中丸遼太

    物理探査学会第145回(2021年度秋季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高松市   国名:日本国  

  3. 自己相関関数の誤差評価と御嶽山浅部構造への適用

    前田裕太, 渡辺俊樹

    日本火山学会2021年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  4. Seismic imaging of deep crustal structures via reverse time migration using local earthquakes 国際会議

    Shiraishi, K., and Watanabe, T.

    The 14th SEGJ International Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  5. 豊橋沖海底ケーブルを用いた長期間DAS観測

    木村俊則, 荒木英一郎, 横引貴史, 山岡耕春, 辻 修平, 渡辺俊樹

    日本地震学会2021年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月 - 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  6. 近地地震を用いた受動的反射波イメージング: MeSOnetデータへのRTM法の適用

    白石和也, 渡辺俊樹

    日本地震学会2021年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月 - 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  7. 自己相関関数の誤差評価-反射断面推定の信頼性向上に向けて

    前田裕太, 渡辺俊樹

    日本地震学会2021年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月 - 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  8. 御嶽山浅部への流体供給構造の地震学的イメージング

    前田裕太, 渡辺俊樹

    日本地球惑星科学連合2021年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月 - 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  9. 精密制御定常震源システムACROSSによる、地震波速度の地下水応答の解析

    大庭拓武, 生田領野, 辻 修平, 馮 晨, 山岡耕春, 渡辺 俊樹

    日本地球惑星科学連合2021年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月 - 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  10. 2018年1月23日草津白根山噴火時の傾斜を伴う極長周期地震の地震波逆解析

    高橋龍平, 前田裕太, 渡辺俊樹

    日本地球惑星科学連合2021年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月 - 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  11. 自然地震実体波を用いた反射法探査-コア・フェーズからのプレート境界反射波の抽出-

    渡辺俊樹, 十川直樹

    物理探査学会第142回(2020年度秋季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  12. 受動的地震波イメージングにおける音響波・弾性波リバースタイムマイグレーション

    白石和也, 渡辺俊樹

    物理探査学会第142回(2020年度秋季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  13. 2018年本白根山噴火時の傾斜を伴う長周期地震の波形インバージョン

    高橋龍平, 前田裕太, 渡辺俊樹

    日本火山学会2020年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  14. 地殻構造の受動的地震波イメージング: 音響波および弾性波リバースタイム法の数値実験

    白石和也, 渡辺俊樹

    日本地球惑星科学連合2020年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  15. First stage to reveal the structure of the Fujikawa-kako Fault Zone by the integrated seismic experiments across the northwestern region of the Izu collision zone, central Japan

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. 八丈島における臨時稠密微小地震観測

    金丸諒太朗, 小田義也, 東宏幸, 大森健太郎, 菅家翔太郎, 渡辺俊樹

    日本地球惑星科学連合2020年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  17. 2018年1月23日の本白根山噴火時の傾斜を伴う地震波記録の順解析

    高橋龍平, 前田裕太, 渡辺俊樹

    日本地球惑星科学連合2020年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  18. PKIKPフェーズを用いた地震波干渉法によるフィリピン海プレート境界面反射波の抽出

    渡辺俊樹, 十川直樹

    日本地球惑星科学連合2020年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  19. リバースタイム法による地殻構造の受動的地震波イメージング:西南日本プレート沈み込みモデルの例

    白石和也, 渡辺俊樹

    物理探査学会第141回(2019年度秋季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:盛岡市   国名:日本国  

  20. 弾性波リバースタイム・マイグレーションに基づく受動的地震波イメージングの像構成に関する基礎的検討

    渡辺俊樹, 白石和也

    物理探査学会第141回(2019年度秋季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:盛岡市   国名:日本国  

  21. アクロス震源近傍での3次元常時微動トモグラフィ測定

    小西千里, 岩本鋼司, 中嶋勲雄, 渡辺俊樹, 山岡耕春, 下田直之

    物理探査学会第141回(2019年度秋季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:盛岡市   国名:日本国  

  22. 人工地震探査による姶良カルデラ下の速度構造(4)

    宮町宏樹, 小林励司, 八木原寛, 平野舟一郎, 久保武史, 早田正和, 坂尾健有, 海野直弘, 松島健, 内田和也, 宮町凛太郎, 磯田謙心, Agnis Triahadini, 手操佳子, 神谷義之介, 清水洋, 片尾浩, 澁谷拓郎, 三浦勉, 中川潤, 米田格, 加藤慎也, 為栗健, 瀧下恒星, 仲井一穂, 山下裕亮, 前田裕太, 渡辺俊樹, 堀川信一郎, 松廣健二郎, 奥田隆, 辻修平, 十川直樹, 長谷川大真, 中東和夫, 蔵下英司, 岩崎貴哉, 篠原雅尚, 山田知朗, 阿部英二, 安藤美和子, 田中伸一, 池澤賢志, 佐藤利典, 山本希, 平原聡, 中山貴史, 東龍介, 日野亮太, 大友周平, 鈴木秀市, 筒井智樹, 井上雄介, 竹井瑠一, 多田悠也, 高橋浩晃, 青山裕, 大園真子, 椎名高裕, 高田真秀, 一柳昌義, 山口照寛, 小野夏生, 齊藤一真, 伊藤ちひろ, 薄田悠樹, 村井芳夫, 中垣達也, 田中康久

    日本火山学会2019年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸市   国名:日本国  

  23. Secular and Coseismic Changes in S-wave Velocity Detected Using ACROSS along the Nankai Trough Subduction Zone, Japan 国際会議

    27th IUGG General Assembly 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Montreal, Canada   国名:カナダ  

  24. Modeling the spatiotemporal change in stress field around Hinagu fault zone through the 2016 Kumamoto earthquake sequence, in central Kyushu, Japan

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. 地震波干渉法イメージングによって推定された南アルプス南端部地域下の地下構造

    渡辺俊樹, 長谷川大真, 伊藤谷生, 狩野謙一, 阿部進, 藤原明, 河内善徳

    日本地球惑星科学連合2019年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  26. ACROSSによる地震波伝播特性の振幅変化と走時変化の同時推定

    辻修平, 山岡耕春, 國友孝洋, 渡辺俊樹, 生田領野

    日本地球惑星科学連合2019年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  27. Seismic interferometry imaging of subsurface structure in the southernmost area of South Japanese Alps

    Hasegawa, D., Watanabe, T., Ito, T., Kano, K., Abe, S., Fujiwara, A., Kouchi, Y.

    The 13th SEGJ International Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tokyo, Japan   国名:日本国  

  28. 地震データの干渉法イメージングに関する検討

    渡辺俊樹

    物理探査学会第139回(平成30年度秋季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山市   国名:日本国  

  29. 大規模人工地震探査による南九州下の地殻構造の解明(2)予備的成果と2018年観測計画

    宮町宏樹, 高橋浩晃, 青山裕, 椎名高裕, 髙田真秀, 一柳昌義, 山口照寛, 小野夏生, 齊藤一真, 伊藤ちひろ, 村井芳夫, 筒井智樹, 井上雄介, 竹井瑠一, 山本希, 平原聡, 中山貴史, 東龍介, 大友周平, 日野亮太, 阿部英二, 蔵下英司, 岩崎貴哉, 篠原雅尚, 山田知朗, 中東和夫, 渡辺俊樹, 前田裕太, 堀川信一郎, 奥田隆, 辻修平, 長谷川大真, 片尾浩, 澁谷拓郎, 三浦勉, 中川潤, 加藤慎也, 山下裕亮, 松島健, 手操佳子, 宮町凛太郎, Agnis Triahadini, 磯田謙心, 清水洋, 小林励司, 早田正和, 仲井一穂, 八木原寛, 平野舟一郎, 田中康久, 川崎慎治, 佐藤紀男

    日本地震学会2018年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:郡山市   国名:日本国  

  30. 大規模人工地震探査による姶良カルデラ及び周辺域の地殻構造の解明(2)予備的成果と 2018 年観測計画

    宮町宏樹, 高橋浩晃, 青山裕, 椎名高裕, 髙田真秀, 一柳昌義, 山口照寛, 小野夏生, 齊藤一真, 伊藤ちひろ, 村井芳夫, 筒井智樹, 井上雄介, 竹井瑠一, 山本希, 平原聡, 中山貴史, 東龍介, 大友周平, 日野亮太, 阿部英二, 蔵下英司, 岩崎貴哉, 篠原雅尚, 山田知朗, 中東和夫, 渡辺俊樹, 前田裕太, 堀川信一郎, 奥田隆, 辻修平, 長谷川大真, 片尾浩, 澁谷拓郎, 三浦勉, 中川潤, 加藤慎也, 山下裕亮, 松島健, 手操佳子, 宮町凛太郎, 磯田謙心, 清水洋, 小林励司, 早田正和, 仲井一穂, 八木原寛, 平野舟一郎, 田中康久, 川崎慎治, 佐藤紀男

    日本火山学会2018年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋田市   国名:日本国  

  31. 2018年3月桜島アクロス稠密観測(序報)

    前田裕太, 渡辺俊樹, 宮町宏樹, 山岡耕春, 國友孝洋, 辻修平, 佐伯晃聖

    日本火山学会2018年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋田市   国名:日本国  

  32. 2014年長野県北部の地震(神城断層地震)のネット変位量

    松多信尚, 池内直毅, 岡田真介, 楮原京子, 石山達也, 廣内大助, 神城断層調査グループ

    日本地理学会2018年秋季学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:和歌山市   国名:日本国  

  33. PS検層における記録波形の品質改善

    陶山雄介, 阪田暁正, 曽我大介, 渡辺俊樹, 相澤隆生

    第53回地盤工学研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高松市   国名:日本国  

  34. PS検層の品質改善に向けた現地試験結果

    陶山雄介, 阪田暁正, 曽我大介, 渡辺俊樹, 相澤隆生

    平成30年度日本応用地質学会北海道支部・北海道応用地質研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌市   国名:日本国  

  35. ACROSSを用いて検出した東海地方におけるS波伝播速度の経年変化と地震時の変

    辻修平, 山岡耕春, 生田領野, 渡辺俊樹, 國友孝洋, 吉田康宏, 勝間田明男

    日本地球惑星科学連合2018年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  36. Seismic refraction and wide-angle reflection experiment in southern Kyushu, Japan: (1) the 2017 exploration report

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. 南アルプス南端部地域における地下構造の地震波干渉法イメージング

    長谷川大真, 渡辺俊樹, 伊藤谷生, 狩野謙一, 阿部進, 藤原明

    日本地球惑星科学連合2018年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  38. 富士川河口断層帯における稠密面的アレイで観測された自然地震記録を用いた構造解析

    渡辺俊樹, 伊藤谷生, 狩野謙一, 阿部進, 藤原明, 河内善徳

    日本地球惑星科学連合2018年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  39. 地すべり地形地におけるACROSS震源を用いた地下状態モニタリング

    生田領野, 小平健太郎, 國友孝洋, 渡辺俊樹, 山岡耕春, 勝間田明男

    日本地球惑星科学連合2018年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  40. 地震計アレイとアクロスで捉えた2015年桜島マグマ貫入にともなう地震波伝播特性の変化

    山岡耕春, 佐伯晃聖, 辻修平, 藤田英輔, 宮町宏樹, 渡辺俊樹, 國友孝洋, 八木原寛, 生田領野, 為栗健, 井口正人

    日本地球惑星科学連合2018年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  41. 小型アクロスの解析手法の開発:効率的な貯留層マネージメントに向けて

    永田雄一郎, 辻健, 池田達紀, 二宮啓, 渡辺俊樹, 山岡耕春

    物理探査学会第137回(平成29年度秋季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜市   国名:日本国  

  42. アクロスを用いて検出した東海地方における地震波速度の経年変化と地震に伴う変化

    辻修平, 山岡耕春, 國友孝洋, 渡辺俊樹, 生田領野, 吉田康宏, 勝間田明男

    日本地震学会2017年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島市   国名:日本国  

  43. 桜島火山噴火前後の地震波伝播特性変化の1次散乱による解釈

    前田裕太, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 國友孝洋, 宮町宏樹, 八木原寛, 井口正人, 為栗健

    日本火山学会2017年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本市   国名:日本国  

  44. Temporal change in transfer function using ACROSS associated with magma intrusive event in 2015 in Sakurajima volcano, Japan 国際会議

    Yamaoka, K., Watanabe, M., Miyamachi, H., Kunitomo, T., Watanabe, T., Yakiwara, H., Maeda, Y., Tameguri, T., Ikuta, R., Iguchi, M.

    Joint Scientific Assembly of IAG-IASPEI 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月 - 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kobe, Japan   国名:日本国  

  45. Long-term monitoring of of seismic velocity around a source fault of the 1995 Kobe earthquake 国際会議

    Ikuta, R., Yamaoka, K., Kunitomo, T., Nishigami, K., Watanabe, T.

    Joint Scientific Assembly of IAG-IASPEI 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月 - 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kobe, Japan   国名:日本国  

  46. Secular and co-seismic velocity changes in Tokai region detected by ACROSS 国際会議

    Tsuji, S., Ikuta, R., Yamaoka, K., Kunitomo, T., Watanabe, T., Yoshida, Y., Katsumata, A.

    Joint Scientific Assembly of IAG-IASPEI 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月 - 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kobe, Japan   国名:日本国  

  47. 地下坑道の2段階の再冠水に伴うP波速度およびS波速度の変化

    國友孝洋, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 浅井康広, 石井紘

    日本地球惑星科学連合2017年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  48. アクロスで捉えた2015年8月15日桜島マグマ貫入イベントに伴う地震波伝播特性の変化

    山岡耕春, 渡辺将史, 渡辺俊樹, 前田裕太, 國友孝洋, 宮町宏樹, 八木原寛, 為栗健, 生田領野, 井口正人

    日本地球惑星科学連合2017年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  49. 南アルプス南端部地域における地下構造の地震波干渉法イメージング

    長谷川大真, 渡辺俊樹, 伊藤谷生, 狩野謙一, 阿部進, 藤原明

    日本地球惑星科学連合2017年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  50. 地震活動域の能動監視のための自然地震と規則的人工シグナルの分離

    前田裕太, 山岡耕春, 渡辺俊樹

    日本地震学会2016年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  51. 弾性波アクロスによるP波およびS波速度変化観測から推定される地下坑道閉鎖に伴う地下水とクラックの挙動

    國友孝洋, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 浅井康広, 石井紘

    日本地震学会2016年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  52. 富士川河口断層帯における2014年度浅部高分解能地下構造探査の結果報告

    狩野謙一, 伊藤谷生, 渡辺俊樹, 小田原啓, 山本玄珠, 藤原明, 阿部進

    日本地質学会第123年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  53. 富士川河口断層帯、星山丘陵周辺の地質構造(予察)

    小田原啓, 山本玄珠, 狩野謙一, 伊藤谷生, 渡辺俊樹, 藤原明, 阿部進

    日本地質学会第123年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  54. 2016年熊本地震発生域における緊急合同地震観測 -臨時地震観測網の構築-

    中元真美, 松本聡, 松島健, 酒井慎一, 山下裕亮, 宮崎真大, 飯尾能久, 岡田知己, 高橋浩晃, 渡辺俊樹, 後藤和彦, 浅野陽一, 清水洋,2016年熊本地震合同地震観測グループ

    日本地球惑星科学連合2016年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  55. 桜島火山におけるACROSSで取得した伝達関数の時間変化(2015年1月-8月)

    山岡耕春, 宮町宏樹, 八木原寛, 前田裕太, 渡辺俊樹, 國友孝洋, 生田領野, 為栗健, 清水洋, 渡邊将史, 井口正人

    日本地球惑星科学連合2016年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  56. 森町アクロスを用いた東海地方下における地震波速度変動の観測

    辻修平, 山岡耕春, 生田領野, 渡辺俊樹, 勝間田明男, 國友孝洋

    日本地球惑星科学連合2016年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  57. 弾性波アクロスによるS波走時変化観測から推定される地下坑道閉鎖後の地下水とクラックの挙動

    國友孝洋, 山岡耕春, 石井紘, 浅井康広, 渡辺俊樹

    日本地球惑星科学連合2016年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  58. A subsurface structure change associated with the eruptive activity at Sakurajima Volcano, Japan, inferred from an accurately controlled source 国際会議

    Maeda , Y., Yamaoka , K., Miyamachi , H., Watanabe , T., Kunitomo , T., Ikuta , R., Yakiwara , H. and Iguchi, M.

    American Geophysical Union 2015 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  59. 弾性波アクロスのS波走時変化観測による地下坑道閉鎖後の再冠水のモニタリング

    國友孝洋, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 浅井康広, 石井紘

    日本地震学会2015年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸市   国名:日本国  

  60. 稠密アレイ自然地震観測による南アルプス南端部地域のフィリピン海プレートの構造

    川崎悠介, 渡辺俊樹, 加藤愛太郎, 狩野謙一, 伊藤谷生, 阿部進, 野田克也, 河内善徳, 山岡耕春

    日本地球惑星科学連合2015年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  61. アクロスによる桜島火山活動に伴う地震波伝播特性の変化の推定

    前田裕太, 山岡耕春, 宮町宏樹, 渡辺俊樹, 國友孝洋, 生田領野, 井口正人

    日本地球惑星科学連合2015年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  62. 弾性波アクロス土岐送信による東海地域の地震波速度変化

    國友孝洋, 山岡耕春, 渡辺俊樹

    日本地球惑星科学連合2015年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  63. 孔内用回転型精密制御振源の開発と性能試験

    渡辺俊樹, 国松直, 山岡耕春, 太田賢治, 飯沼博幸, 葛尾拓也, 梶原透

    物理探査学会第132回(平成27年度春季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  64. 弾性波アクロスによる浅部構造モニタリングのための表面波解析

    池田達紀, 辻健, 渡辺俊樹, 山岡耕春

    物理探査学会第132回(平成27年度春季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  65. 仕様標準化をめざした新型アクロス震源装置の開発

    山岡耕春, 鈴木和司, 國友孝洋, 渡辺俊樹

    地震学会2014年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟市   国名:日本国  

  66. 南アルプス南端部地域における詳細な震源分布と微細構造の推定

    原田昌武, 行竹洋平, 渡辺俊樹, 狩野謙一, 伊藤谷生, 野田克也, 河内善徳, 里村幹夫

    地震学会2014年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟市   国名:日本国  

  67. 稠密アレイ自然地震観測記録のレシーバ関数解析による南アルプス南端部地域のフィリピン海プレートの形状

    川崎悠介, 渡辺俊樹, 狩野謙一, 伊藤谷生, 阿部進, 野田克也, 河内善徳

    地震学会2014年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟市   国名:日本国  

  68. ACROSS による東海地方下の地震波速度変動の観測

    生田領野, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 國友孝洋

    地震学会2014年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟市   国名:日本国  

  69. 東北地方太平洋沖地震以降の土岐弾性波アクロス信号の変化

    國友孝洋, 山岡耕春, 渡辺俊樹

    地震学会2014年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟市   国名:日本国  

  70. アクロスを用いた桜島火山噴火前後の伝達関数変化の抽出

    前田裕太, 山岡耕春, 宮町宏樹, 渡辺俊樹, 國友孝洋, 生田領野

    日本火山学会2014年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡市   国名:日本国  

  71. 可搬・拡張・保守性能を高めたACROSS震源

    山岡耕春, 國友孝洋, 鈴木和司, 渡辺俊樹

    物理探査学会第131回(平成26年度秋季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:静岡市   国名:日本国  

  72. Active seismic monitoring of Earth's interior using ACROSS, a signal system with highly-accurate permanent seismic sources 招待有り 国際会議

    Watanabe, T., Yamaoka, K., Ikuta, R., Kunitomo, T., Miyamachi, H. and Iguchi, M.

    The 1st International Workshop on the Microseismic Monitoring and Inversion 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Beijing, China   国名:中華人民共和国  

  73. 広角反射法データの波形インバージョンとその断層構造調査への適用

    渡辺俊樹, 小林雅実, 山岡耕春, 伊藤谷生, 狩野謙一, 阿部進

    物理探査学会第130回(平成26年度春季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  74. 反射法データの波形インバージョンと断層構造調査への適用

    渡辺俊樹, 小林雅実, 山岡耕春, 伊藤谷生, 狩野謙一, 阿部進

    日本地球惑星連合2014年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月 - 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  75. 桜島火山おけるアクロスを用いた能動的モニタリング-観測報告3-

    宮町宏樹, 有門那津美, 八木原寛, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 國友孝洋, 井口正人, 為栗健, 三ケ田均, 竹中博士, 清水洋, 生田領野

    日本地球惑星連合2014年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月 - 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  76. Effects of pore fluid pressure and tectonic stress on diverse seismic activities around the Mt. Ontake volcano, central Japan 国際会議

    Terakawa, T., Yamanaka, T., Nakamichi, H., Watanabe, T., Yamazaki, F., Horikawa, S., and Okuda, T.

    American Geophysical Union 2013 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  77. Seismic interferometry imaging of subducting Philippine Sea plate and crustal structure in Tokai region, central Japan using natural earthquakes 国際会議

    Totani, M., Watanabe, T., Yamaoka, K., Kato, A., Iidaka, T., Ikuta, R., Tsumura, N., Okubo, M. and Suzuki, S.

    American Geophysical Union 2013 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  78. 深発地震を用いた東海地域のフィリピン海プレート及び地殻構造の地震波干渉法イメージング

    戸谷真亜久, 渡辺俊樹, 山岡耕春, 加藤愛太郎, 飯高 隆, 生田領野, 津村紀子, 大久保慎人, 鈴木貞臣

    物理探査学会第129回(平成25年秋季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高知市   国名:日本国  

  79. 反射法探査で観測された自然地震記録の地震波干渉法を用いた地下構造イメージング

    川崎悠介, 渡辺俊樹, 伊藤谷生, 狩野謙一, 阿部 進, 藤原 明, 白石和也, 2012FIST研究グループ

    物理探査学会第129回(平成25年秋季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高知市   国名:日本国  

  80. 深発地震を用いた東海地域の地殻構造のイメージング

    戸谷真亜久, 渡辺俊樹, 山岡耕春, 加藤愛太郎, 飯高 隆, 生田領野, 津村紀子, 大久保慎人, 鈴木貞臣

    日本地震学会2013年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜市   国名:日本国  

  81. 地震波ノイズ干渉法を使用した2009年駿河湾の地震前後の地震波伝播特性変化の検出

    崎山恵理, 渡辺俊樹, 山岡耕春, 生田領野

    日本地震学会2013年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜市   国名:日本国  

  82. [2012FIST] 富士川河口断層帯~糸魚川-静岡構造線の深部地殻構造

    阿部信太郎, 伊藤谷生, 狩野謙一, 池田安隆, 津村紀子, 藤原 明, 武田哲也, 岩崎貴哉, 佐藤比呂志, 加藤 潔, 佐藤 剛, 小森次郎 ,渡辺俊樹, 阿部 進, 山北 聡, 小田原 啓, 松浦芳樹

    日本地震学会2013年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜市   国名:日本国  

  83. 桜島火山におけるACROSS震源位置で励起された弾性波の伝播シミュレーション

    竹中博士, 藤岡 慧, 中村武史, 岡元太郎, 宮町宏樹, 八木原 寛, 山岡耕春, 國友孝洋, 渡辺俊樹, 井口正人, 為栗 健, 三ヶ田均, 清水 洋

    日本火山学会2013年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月 - 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福島県猪苗代町   国名:日本国  

  84. 富士川河口断層帯~糸魚川-静岡構造線横断地下構造探査[2012FIST]報告-その1:深部構造-

    伊藤谷生, 狩野 謙一, 池田安隆, 津村紀子, 藤原 明, 武田哲也, 阿部信太郎, 岩崎貴哉, 佐藤比呂志, 加藤 潔, 佐藤 剛, 小森次郎, 渡辺俊樹, 阿部 進, 山北 聡, 小田原啓, 松浦芳樹

    日本地質学会第120年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台市   国名:日本国  

  85. Active monitoring at Active Volcano - Performance of ACROSS at Sakurajima volcano 国際会議

    Yamaoka, K., Miyamachi, H., Iguchi, M., Watanabe, T., Kunitomo, T., Yakiwara, H., and Ikuta, R.

    International Association of Volocanology and Chemistry of the Earth's Interior, 2013 Scientific Assembly 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kagoshima, Japan   国名:日本国  

  86. Active monitoring at Active Volcano - Monitoring temporal change of transfer function in Sakurajima volcano, Japan 国際会議

    Miyamachi, H., Yamaoka. K., Iguchi, M., Yakiwara, H., Kunitomo, T., Watanabe, T., and Ikuta, R

    International Association of Volocanology and Chemistry of the Earth's Interior, 2013 Scientific Assembly 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kagoshima, Japan   国名:日本国  

  87. 富士川河口断層帯-糸魚川静岡構造線横断地下構造探査 (2012FIST) 報告(その1)

    狩野謙一, 池田安隆, 伊藤谷生, 野崎謙治, 山北 聡, 武田哲也, 阿部信太郎, 岩崎貴哉, 加藤 潔, 佐藤 剛, 佐藤比呂志, 渡辺俊樹, 藤原 明, 阿部 進, 小田原 啓, 松浦芳樹

    日本地球惑星科学連合2013年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  88. 桜島火山におけるアクロスを用いた能動的モニタリング―観測報告2―

    宮町宏樹, 八木原 寛, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 國友孝洋, 井口正人, 為栗 健, 三ケ田 均, 清水 洋, 竹中博士, 生田領野

    日本地球惑星科学連合2013年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  89. 深発地震を用いた東海地域の地殻構造の地震波干渉法イメージング

    戸谷真亜久, 渡辺俊樹, 山岡耕春, 加藤愛太郎, 飯高 隆, 生田領野, 津村紀子, 大久保慎人, 鈴木貞臣

    日本地球惑星科学連合2013年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  90. 富士川河口断層帯―糸静横断深部地殻反射法探査で観測された地震記録の地震波干渉法イメージング

    川崎悠介, 渡辺俊樹, 伊藤谷生, 狩野謙一, 池田安隆, 津村紀子, 野崎謙治, 阿部信太郎, 武田哲也, 阿部 進, 藤原 明, 白石和也

    日本地球惑星科学連合2013年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  91. 富士川河口断層帯-糸魚川静岡構造線横断地下構造探査 (2012FIST) 報告(その2)

    伊藤谷生, 狩野謙一, 池田安隆, 津村紀子, 阿部信太郎, 野崎謙治, 山北 聡, 武田哲也, 加藤 潔, 佐藤 剛, 小森次郎, 岩崎貴哉, 佐藤比呂志, 渡辺俊樹, 藤原 明, 阿部 進, 小田原 啓, 松浦芳樹

    日本地球惑星科学連合2013年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  92. 強震動記録の地震波干渉法解析によるS波反射法記録合成の問題点

    渡辺俊樹, 清水英彦, 白石和也, 阿部進, 飛田潤

    物理探査学会第127回(平成24年秋季)学術講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月 - 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鳥取市   国名:日本国  

  93. ACROSSを 用いた桜島における能動監視

    宮町宏樹, 八木原 寛, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 國友孝洋, 井口正人, 為栗 健, 三ケ田 均, 清水 洋, 松島 健, 竹中博士

    日本火山学会2012年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長野県御代田町   国名:日本国  

  94. ACROSSによる淡路島野島断層近傍の長期地震波モニタリング

    生田領野, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 國友孝洋, 西上欽也

    日本地震学会2012年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:函館市   国名:日本国  

  95. 地震メカニズムトモグラフィー法による御嶽山周辺域の3D間隙流体圧分布

    寺川寿子, 中道治久, 山中佳子, 渡辺俊樹, 奥田 隆, 堀川信一郎, 山崎文人

    日本地震学会2012年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:函館市   国名:日本国  

  96. Active Monitoring for Active Vocanoes - Deployment of Across at Sakurajima Volcano, Japan 国際会議

    K. Yamaoka, T. Watanabe, T. Kunitomo, H. Miyamachi, M. Iguchi

    33rd General Assembly of the European Seismological Commission 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Moscow, Russia   国名:ロシア連邦  

  97. 11 years of seismic velocity monitoring with across near Nojima fault, Japan 国際会議

    Yamaoka,K., R. Ikuta, T. Watanabe, K. Nishigami, T. Kunitomo

    33rd General Assembly of the European Seismological Commission 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Moscow, Russia   国名:ロシア連邦  

  98. 近地地震記録の相互相関による地殻構造イメージング ―震源分布と偽像に関する数値シミュレーション―

    辻 琢允, 渡辺 俊樹

    日本地球惑星科学連合2012年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  99. 東海地域下の三次元地震波減衰構造

    高岡 宏之, 津村紀子, 加藤愛太郎, 高橋福助, 野崎謙治, 飯高 隆, 生田領野, 吉田康宏, 勝俣 啓, 岩崎貴哉, 酒井慎一, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 國友孝洋, 山崎文人, 大久保慎人, 鈴木貞臣, 平田 直

    日本地球惑星科学連合2012年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  100. ACROSSによる淡路島野島断層近傍における11年間の地震波速度モニタリング

    生田領野, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 國友孝洋, 西上 欽也

    日本地球惑星科学連合2012年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  101. Monitoring for Active Volcanoes - A challenge at Sakurajima volcano 招待有り 国際会議

    Yamaoka, K., Watanabe, T., Michishita, T., Miyamachi, H. and Iguchi, M.

    American Geophysical Union, 2011 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  102. The lateral variation of the shear-wave splitting values just above the subducting ridge 国際会議

    Iidaka, T., Kato, A., Ikuta, R., Yoshida, Y., Katsumata, K., Iwasaki, T., Sakai, S., Tsumura, N., Yamaoka, K., Watanabe, T., Kunitomo, T., Yamazaki, F., Okubo, M., Suzuki, S. and Hirata, N.

    American Geophysical Union, 2011 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  103. Imaging basement structure beneath the Noubi Plain, central Japan using strong motion records of natural earthquakes

    Watanabe, T., Shimizu, H., Tobita, J., Abe, S., Shiraishi, K.

    The 10th SEGJ International Symposium -Imaging and Interpretation- 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto, Japan   国名:日本国  

  104. 弾性波アクロスに よる土岐-森町-牧之原測線下の地殻構造の推定

    國友孝洋, 吉田康宏, 勝間田明男, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 加藤愛太郎, 飯高 隆, 生田領野, 勝俣 啓, 岩崎貴哉 , 酒井慎一, 山崎文人, 津村紀子, 野崎謙治, 高橋福助, 大久保慎人, 鈴木貞臣, 平田 直

    日本地震学会2011年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:静岡市   国名:日本国  

  105. 地震波干渉法を用いた地殻構造イメージングに関するシミュレーションスタディ

    辻 琢允, 渡辺俊樹

    日本地震学会2011年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:静岡市   国名:日本国  

  106. アクロスに よる桜島火山のマグマ移動検出に向けた能動的アプローチ

    宮町宏樹, 井口正人, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 八木原 寛, 為栗 健, 三ケ田 均, 竹中博士, 清水 洋

    日本火山学会2011年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:旭川市   国名:日本国  

  107. 桜島におけるACROSS観測可能性の検討

    山岡耕春, 渡辺俊樹, 道下剛史, 宮町宏樹, 井口正人

    日本火山学会2011年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:旭川市   国名:日本国  

  108. 強震動記録の相関解析(続き)-構造情報抽出の試みに向けて-

    渡辺俊樹, 清水英彦

    平成23年度東京大学地震研究所特定共同研究(B)「リソスフェアの短波長不均質性のイメージングとモニタリン グに関する研究の高度化」研究集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  109. アクロスによる地下構造の時間変化の抽出の可能性

    渡辺俊樹, 山岡耕春

    シンポジウム「開口型火道システム における火山噴火予知を考える」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島市   国名:日本国  

  110. 鳳来アレイ観測による深部低周波微動の検出

    山中佳子, 吉田沙由美, 中道治久, 渡辺俊樹, 寺川寿子

    日本地球惑星科学連合2011年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  111. 低周波制御震源を用いた地下伝達関数取得実 験

    山岡耕春, 生田領野, 渡辺俊樹, 道下剛史, 野口静男, 宮川 衛

    日本地球惑星科学連合2011年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  112. 東海地域における異方性観測

    飯高 隆, 加藤愛太郎, 生田領野, 吉田康宏, 勝俣 啓, 岩崎貴哉, 酒井慎一, 津村紀子, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 國友孝洋, 山崎文人, 大久保慎人, 鈴木貞臣, 平田 直

    日本地球惑星科学連合2011年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  113. ACROSSを用いた野島断層構造のモニタリング

    小林由実, 渡辺俊樹, 山岡耕春, 生田領野, 西上欽也

    日本地球惑星科学連合2011年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  114. 濃尾平野の地震基盤構造推定への自己相関解析の適用

    渡辺俊樹, 清水英彦, 飛田 潤, 阿部 進, 白石和也

    日本地球惑星科学連合2011年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  115. 御嶽山および周辺域での最近の地震活動の推移とその特徴

    山崎文人, 山中佳子, 渡辺俊樹, 中道治久, 寺川寿子, 奥田 隆, 堀川信一郎, 黒田育実, 柴山由里子

    日本地球惑星科学連合2011年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  116. アレイ観測による深部低周波微動のP波および移動の検出

    吉田沙由美, 山中佳子, 中道治久, 渡辺俊樹, 寺川寿子, 堀川信一郎

    日本地球惑星科学連合2011年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  117. 強震動記録の自己相関解析による濃尾平野の構造推定

    渡辺俊樹, 清水英彦, 飛田 潤, 阿部 進, 白石和也

    物理探査学会第124回(平成23年度春季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  118. A2-18 アクロスによる桜島火山のマグマ移動検出に向けた能動的アプローチ(火山の構造と内部変動,口頭発表)

    宮町 宏樹, 井口 正人, 山岡 耕春, 渡辺 俊樹, 八木原 寛, 為栗 健, 三ケ田 均, 竹中 博士, 清水 洋

    日本火山学会講演予稿集  2011年  特定非営利活動法人 日本火山学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:日本語  

  119. Variations of fluid pressure within the subducting oceanic crust: Fine-scale seismic structures correlating with slow earthquakes 招待有り 国際会議

    Kato, A., Iidaka, T., Ikuta, R., Yoshida, Y., Katsumata, K., Iwasaki, T., Sakai, S., Thurber, C. H., Tsumura, N., Yamaoka, K., Watanabe, T., Kunitomo, T., Yamazaki, F., Okubo, M., Suzuki, S. and Hirata

    American Geophysical Union, 2010 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  120. Monitoring of the Nojima Fault structure using Accurately Co,ntrolled Routinely Operated Signal System (ACCROSS) 国際会議

    Kobayashi, Y., Watanabe, T., Yamaoka, K., Ikuta, R. and Nishigami, K.

    American Geophysical Union, 2010 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  121. Monitoring the plate boundary in Tokai area using ACROSS -Role of Toyohashi ACROSS source-

    Watanabe, T., Yamaoka, K., Yamazaki, K., Suzuki, Y.

    The 14th International Symposium on Recent Advances in Exploration Geophysics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto, Japan   国名:日本国  

  122. 鳳来アレイ連続地震観測記録を用いた土岐、森町、豊橋震源からのアクロス信号の解析

    山崎賢志, 渡辺俊樹, 山岡耕春, 生田領野, 國友孝洋, 吉田康宏, 勝間田明男, 山中佳子, 中道治久, 堀川信一郎

    物理探査学会第122回(平成22年度春季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月 - 2010年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  123. 東海下の構造と地震発生に果たす水の役割

    加藤愛太郎, 飯高隆, 生田領野, 吉田康宏, 勝俣啓, 岩崎貴哉, 酒井慎一, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 國友孝洋, 山崎文人, 津村紀子, 野崎謙治, 高橋福助, 大久保慎人, 鈴木貞臣, 平田直

    日本地球惑星科学連合2010年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  124. 東海スロースリップの監視を目指したHi-netによる豊橋ACROSS信号の検出範囲の評価

    鈴木友理, 渡辺俊樹, 山岡耕春, 國友孝洋, 山崎賢志, 生田領野

    日本地震学会2010年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島市   国名:日本国  

  125. 野島断層におけるACROSSを用いたS波偏向異方性の時間変化

    小林由実, 渡辺俊樹, 山岡耕春, 生田領野, 西上欽也

    日本地震学会2010年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島市   国名:日本国  

  126. 東海地域における3次元地震波減衰構造

    高岡宏之, 津村紀子, 高橋福助, 野崎謙治, 加藤愛太郎, 飯高隆, 生田領野, 吉田康宏, 勝俣啓, 岩崎貴哉, 酒井慎一, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 國友孝洋, 山崎文人, 大久保慎人, 鈴木貞臣, 平田直

    日本地震学会2010年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島市   国名:日本国  

  127. 東海臨時測線で観測された土岐送信所からの弾性波アクロス信号

    國友孝洋, 加藤愛太郎, 飯高隆, 生田領野, 吉田康宏, 勝俣啓, 岩崎貴哉, 酒井慎一, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 山崎文人, 津村紀子, 野崎謙治, 高橋福助, 大久保慎人, 鈴木貞臣, 平田直

    日本地球惑星科学連合2010年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  128. Comprehensive understanding of a deep transition zone from an unstable- to stable-slip regime of the megathrust interplate earthquake 国際会議

    Kato, A., Iidaka, T., Ikuta, R., Yoshida, Y., Katsumata, K., Iwasaki, T., Sakai, S., Yamaoka, K., Watanabe, T, Kunitomo, T., Yamazaki, F., Tsumura, N., Nozaki, K., Okubo, M., Suzuki, S., Hirata, N., Zhang, H. and Thurber, C. H.

    American Geophysical Union, 2009 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  129. 地震波による能動モニタリングのための直線加振機の実験

    山岡耕春, 渡辺俊樹, 生田領野

    物理探査学会第121回(平成21年度秋季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  130. 弾性波アクロスを用いた土岐-鳳来間の地震波伝達関数の波群の時間変化

    渡辺俊樹, 山岡耕春, 山崎賢志, 古川俊之, 羽佐田葉子

    物理探査学会第121回(平成21年度秋季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  131. 月の地下エコー検出のためのLRSデータ解析方法の検討

    渡辺志穂, 渡辺俊樹, 押上祥子, 山口靖, 山路敦, 小野高幸, 熊本篤志, 中川広務, 小林敬生

    物理探査学会第121回(平成21年度秋季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  132. 鳳来アレイ観測による土岐・ 豊橋・森町に設置された弾性波ACROSS信号の解析

    山崎賢志, 渡辺俊樹, 山岡耕春, 中道治久, 羽佐田葉子

    物理探査学会第121回(平成21年度秋季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  133. 鳳来アレイ観測による土岐, 豊橋, 森町に設置された弾性波ACROSS信号の解析

    山崎 賢志, 渡辺 俊樹, 山岡 耕春, 中道 治久, 羽佐田 葉子

    物理探査学会学術講演会講演論文集 = Proceeding of the SEGJ Conference  2009年11月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語  

  134. 鳳来アレイ観測による弾性波ACROSS信号の解析

    山崎賢志, 渡辺俊樹, 山岡耕春, 羽佐田葉子, 中道治久

    日本地震学会秋季大会講演予稿集  2009年10月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

  135. 能動モニタリングのための直線加振機の実験

    山岡耕春, 渡辺俊樹, 山崎賢志, 道下剛史, 小林由実, 生田領野, 國友孝洋

    日本地震学会2009年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都市   国名:日本国  

  136. 鳳来アレイ観測による弾性波信号の解析

    山崎賢志, 渡辺俊樹, 山岡耕春, 羽佐田葉子, 中道治久

    日本地震学会2009年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都市   国名:日本国  

  137. 東海地震震源域の深部遷移領域の包括的理解にむけて

    加藤愛太郎, 飯高隆, 生田領野, 吉田康宏, 勝俣啓, 岩崎貴哉, 酒井慎一, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 國友孝洋, 山崎文人, 津村紀子, 野崎謙治, 高橋福助, 大久保慎人, 鈴木貞臣, 平田直

    日本地震学会2009年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都市   国名:日本国  

  138. 東海臨時観測で見た森町アクロスの信号の解析

    吉田康宏, 勝間田明男, 國友孝洋, 岩切一宏, 加藤愛太郎, 飯高隆, 生田領野, 勝俣啓, 岩崎貴哉, 酒井慎一, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 山崎文人, 津村紀子, 野崎謙治, 高橋福助, 大久保慎人, 鈴木貞臣, 平田直, 熊澤峰夫

    日本地震学会2009年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都市   国名:日本国  

  139. Hi-net下山周辺における地震計アレイを用いた森町弾性波アクロス信号の解析

    岩切一宏, 吉田康宏, 勝間田明男, 渡辺俊樹, 山岡耕春, 國友孝洋, 熊澤峰夫

    日本地震学会2009年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都市   国名:日本国  

  140. 月探査衛星かぐや搭載LRS の波形データ解析 の可能性

    渡辺俊樹, 山口 靖, 押上祥子, 渡辺志穂, 小野高幸, 熊本篤志

    平成21年度東京大学地震研究所特定共同研究(B)「リソスフェアの短波長不均質構造の時空間変化に 関する研究の高度化」研究集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  141. 火山活動における人工震源を用いた能動監視の可能性

    道下剛史, 山岡耕春, 渡辺俊樹

    日本地球惑星科学連合2009年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  142. 月地下エコー検出のためのLRSデータ解析方法の検討

    望月憲悟, 渡辺志穂, 押上祥子, 山口靖, 渡辺俊樹, 小野高幸, 熊本篤志

    日本地球惑星科学連合2009年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  143. 東海地震の震源域深部からslow slip発生域にいたる詳細な地震波速度構造

    加藤愛太郎, 飯高隆, 生田領野, 吉田康宏, 勝俣啓, 岩崎貴哉, 酒井慎一, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 國友孝洋, 山崎文人, 津村紀子, 野崎謙治, 高橋福助, 大久保慎人, 鈴木貞臣, 平田直, Zhang H.-J., ThurberC. H.

    日本地球惑星科学連合2009年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  144. 深部低周波微動活動(2009年2月,東海地域)の地震学的複合観測

    鈴木貞臣, 中道治久, 大久保慎人, 宮島力雄, 渡辺俊樹, 山中佳子

    日本地球惑星科学連合2009年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  145. 土岐ACROSS信号を用いた愛知県新城市鳳来近傍の地下構造推定に向けた波群の検討

    山崎賢志, 渡辺俊樹, 羽佐田葉子, 古川俊之, 山岡耕春, 中道治久, 生田領野

    日本地球惑星科学連合2009年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  146. 土岐アクロス震源とHi-net鳳来間の伝達関数に見られる波群の時間変化

    古川俊之, 渡辺俊樹, 山崎賢志, 羽佐田葉子, 山岡耕春, 生田領野

    日本地球惑星科学連合2009年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  147. 東海地震の震源域深部からslow slip 発生域にいたる応力場

    加藤愛太郎, 飯高隆, 生田領野, 吉田康宏, 勝俣啓, 岩崎貴哉, 酒井慎一, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 國友孝洋, 山崎文人, 津村紀子, 野崎謙治, 高橋福助, 大久保慎人, 鈴木貞臣, 平田直

    日本地球惑星科学連合2009年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  148. マグマモニタリングに向けた低周波制御震源の実験

    山岡耕春, 渡辺俊樹, 生田領野, 道下剛史, 鈴木和司

    日本地球惑星科学連合2009年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  149. LRSデータからの確率的弛緩法による月の地下構造の抽出

    望月憲悟・押上祥子・渡辺志穂・山口 靖・渡辺俊樹・小野高幸・中川広務・山路 敦・小林敬生・笠原禎也

    日本リモートセンシング学会第45回学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:江別市   国名:日本国  

  150. The passive imaging of the Philippine Sea slab underneath Tokai region in Japan inferred from cross-correlation analysis of teleseismic S coda 国際会議

    Tonegawa, T., Nishida, K., Watanabe, T., Shiomi, K.

    American Geophysical Union, 2008 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  151. Temporal variation of seismic propagation property by ACROSS system 国際会議

    Yamaoka, K., Watanabe, T., Ikuta, R. and Kunitomo, T.

    American Geophysical Union, 2008 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  152. Simultaneous near-field monitoring during active monitoring by seismic ACROSS 国際会議

    Hasada, Y., Watanabe, T., Yamaoka, K., Fujii, N., Kumazawa, M.

    American Geophysical Union, 2008 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  153. レーダサウンダデータのマイグレーション処理の試み

    渡辺志穂, 渡辺俊樹, 押上祥子, 望月憲悟, 山口 靖, 山路 敦, 小野高幸, 熊本篤志, 中川広務, 小林敬生, 笠原禎也

    日本惑星科学会2008年秋季講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡市   国名:日本国  

  154. The passive imaging of the Philippine Sea slab underneath Tokai region using teleseismic S coda 国際会議

    Tonegawa, T., Nishida, K., Watanabe, T. and Shiomi, K.

    7th General Assembly of Asian Seismological Commission and Seismological Soceity of Japan, 2008 Fall meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tsukuba, Japan   国名:日本国  

  155. How to Image the Non-volcanic Deep Tremor Zone by Seismic and Electro-magnetic (EM) ACROSS 国際会議

    Fujii, N., Kumazawa, M., Kasahara, J. Kunitomo, T., Nakajima, T., Hasada, Y. and Watanabe, T.

    7th General Assembly of Asian Seismological Commission and Seismological Soceity of Japan, 2008 Fall meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tsukuba, Japan   国名:日本国  

  156. Analysis of ACROSS signal from Toki using Horai seismometer array in 2006 国際会議

    Yamazaki, K., Watanabe, T., Hasada, Y., Furukawa, T., Yamaoka, K., Nakamichi, H. and Ikuta, R.

    7th General Assembly of Asian Seismological Commission and Seismological Soceity of Japan, 2008 Fall meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tsukuba, Japan   国名:日本国  

  157. Time variation of wave phases of 2 years of ACROSS continuous transfer function observed at Hi-net Hourai station 国際会議

    Furukawa, T., Watanabe, T., Hasada, Y., Yamaoka, K., Yamazaki, K. and Ikuta, R.

    7th General Assembly of Asian Seismological Commission and Seismological Soceity of Japan, 2008 Fall meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tsukuba, Japan   国名:日本国  

  158. Geologic interpretation of the lunar maria by Lunar Radar Sounder (LRS) onboard KAGUYA (SELENE) 国際会議

    Yamaguchi, Y., Yamaji, A., Ono, T., Kumamoto, A., Oshigami, S., Nakagawa, H., Kobayashi, T., Kasahara, Y., Watanabe, T., Mochizuki, K., and Watanabe, S.

    The 33rd International Geological Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Oslo, Norway   国名:ノルウェー王国  

  159. LRS data processing methods for detection of lunar subsurface echoes 国際会議

    Oshigami, S., Mochizuki, K., Watanabe, S., Watanabe, T., Yamaguchi, Y., Yamaji, A., Ono, T., Kumamoto, A., Nakagawa, H., Kobayashi, T., Kasahara, Y.

    The 37th COSPAR Scientific Assembly 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Montreal, Canada   国名:カナダ  

  160. 淡路島野島断層近傍における地震波伝播特性長期変化の測定

    山岡耕春, 生田領野, 渡辺俊樹, 西上欽也

    日本地球惑星科学連合2008年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  161. ACROSSの地質環境モニタリング技術への適用 -北海道幌延地域における遠隔監視システムの開発-

    浅森浩一, 國友孝洋, 中島崇裕, 大原英史, 茂田直孝, 渡辺俊樹, 熊澤峰夫

    日本地球惑星科学連合2008年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  162. 地震・電磁ACROSSによる深部帯水層イメージングに向けて

    藤井直之, 熊澤峰夫, 笠原順三, 國友孝洋, 中島崇裕, 羽佐田葉子, 渡辺俊樹

    日本地球惑星科学連合2008年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  163. 月地下エコー検出のためのLRSデータ解析方法の検討

    押上祥子, 望月憲悟, 渡辺志穂, 渡辺俊樹, 山口 靖, 山路 敦, 小野高幸, 熊本篤志, 中川広務, 小林敬生, 笠原禎也

    日本地球惑星科学連合2008年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  164. 地震波ACROSS震源アレイを用いた弾性波信号の干渉実験

    生田領野, 國友孝洋, 羽佐田葉子, 山岡耕春, 渡辺俊樹

    日本地球惑星科学連合2008年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  165. 遠地地震記録の相互相関解析による日本列島下の反射構造推定

    渡辺俊樹, 糸永雄一, 利根川貴志

    日本地球惑星科学連合2008年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  166. 2006年鳳来アレイによる土岐ACROSS信号の解析

    山崎賢志, 渡辺俊樹, 羽佐田葉子, 古川俊之, 山岡耕春, 生田領野, 中道治久

    日本地球惑星科学連合2008年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  167. 弾性波アクロスによるモニタリングにおけるアレイデータ解析:(1)周波数依存性と空間的相関

    伊藤広和, 羽佐田葉子, 藤井直之, 渡辺俊樹, 熊澤峰夫, 國友孝洋

    日本地球惑星科学連合2008年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  168. 弾性波アクロスによるモニタリングにおけるアレイデータ解析:(2)短波長不均質構造の影響の評価と除去

    羽佐田葉子, 渡辺俊樹, 伊藤広和, 藤井直之, 熊澤峰夫, 山岡耕春

    日本地球惑星科学連合2008年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  169. Hi-net鳳来における17ヶ月アクロス伝達関数に見られる波群の時間変化

    古川俊之, 渡辺俊樹, 羽佐田葉子, 山岡耕春, 生田領野

    日本地球惑星科学連合2008年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  170. Time-variation of late arrivals in the transfer functions obtained by a permanent seismic source and receiver array (ACROSS)

    Watanabe, T., Furukawa, T., Hasada, Y., Ikura, R., Yamaoka

    The 12th International Symposium on Recent Advances in Exploration Geophysics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto, Japan   国名:日本国  

  171. Temporal changes in emission characteristic of elastic wave by vibrator source and its correction 国際会議

    Ikuta, R., Yamaoka, K., Watanabe, T.

    American Geophysical Union, 2007 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:日本国  

  172. Time-Evolution of Later Phases in the Transfer Functions Obtained by a Permanent Seismic Source and Receivers (ACROSS) 国際会議

    Watanabe, T., Furukawa, T., Hasada, Y., Ikuta, R., Yamaoka, K.

    American Geophysical Union, 2007 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:日本国  

  173. Interpretation of Frequency Dependence in Transfer Functions Acquired by Seismic ACROSS 国際会議

    Hasada, Y., Watanabe, T., Yamaoka, K., Itoh, H., Fujii, N., Kumazawa, M.

    American Geophysical Union, 2007 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:日本国  

  174. アクロス伝達関数にみられる波群の時間変化, 東海監視試験観測の報告と今後の観測計画

    渡辺俊樹, 古川俊之, 羽佐田葉子

    平成19年度地震研究所共同利用研究「アスペリティのマッピングとモニタリング (EARS) 」シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  175. Hi-net鳳来におけるアクロス連続データに見られる波群の時間変化

    古川俊之, 渡辺俊樹, 羽佐田葉子, 山岡耕春, 生田領野

    日本地震学会2007年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台市   国名:日本国  

  176. アレイから分かるアクロス伝達関数の周波数依存性の空間変動

    伊藤広和, 藤井直之, 羽佐田葉子, 渡辺俊樹, 熊澤峰夫, 國友孝洋

    日本地震学会2007年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台市   国名:日本国  

  177. 海域監視アクロス計画 -海上曳航型弾性波アクロス送信機の開発に向けて-

    笠原順三, 藤井直之, 渡辺俊樹, 熊澤峰夫, 國友孝洋, 中島崇裕

    日本地震学会2007年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台市   国名:日本国  

  178. 弾性波アクロス伝達関数に含まれる波群の特徴

    渡辺俊樹, 古川俊之

    平成19年度東京大学地震研究所特定共同研究(B)「リソスフェアの短波長不均質構造の解明-地球内部構造と地震発生特性の解明に向けて」研究集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  179. 三河地殻変動観測所へのアクロス震源設置に先立つ地盤の表面波探査

    渡辺俊樹, 山岡耕春, 藤井直之

    物理探査学会第116回(平成19年度春季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  180. 2006年12月からの御嶽山の地震活動

    中道治久, 木股文昭, 山崎文人, 大久保慎人, 山田 守, 渡辺俊樹, 田所敬一, 山田功夫

    日本地球惑星科学連合2007年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  181. 遠地地震記録の相互相関解析による日本列島の反射構造推定の試み

    柏木雅生, 渡辺俊樹, 利根川貴志

    日本地球惑星科学連合2007年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  182. Event extraction from seismic data including frequency-dependent noise

    Hasada, Y., Kumazawa, M., Fujii, N., Watanabe, T.

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  183. ACROSSによる地震発生場の構造敏感体イメージング

    藤井直之, 熊澤峰夫, 笠原順三, 國友孝洋, 中島崇裕, 羽佐田葉子, 長谷川 健, 渡辺俊樹, 黄 為鵬, 増田俊明, 里村幹夫, 道林克禎

    日本地球惑星科学連合2007年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  184. 淡路島弾性波アクロス震源の放射特性の時間変動とその補正

    生田領野, 須藤法子, 渡辺俊樹, 山岡耕春

    日本地球惑星科学連合2007年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  185. 弾性波アクロス震源の名古屋大学三河観測所への設置と性能評価および東海監視計画への役割

    渡辺俊樹, 山岡耕春, 生田領野, 國友孝洋, 藤井直之

    日本地球惑星科学連合2007年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  186. アクロス連続データのアレイ解析から見つけられた深部からの反射波の時間変化

    相馬知征, 渡辺俊樹, 生田領野, 山岡耕春, 羽佐田葉子

    日本地球惑星科学連合2007年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  187. Temporal change in reflected waves from deep crust possibly synchronized with the activity of DLFTs detected using ACROSS

    Watanabe, T., Soma, T., Ikuta, R., Yamaoka, K.

    The 11th International Symposium on Recent Advances in Exploration Geophysics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto, Japan   国名:日本国  

  188. 富士山における人工地震探査―観測および走時の読み取り―

    及川純, 鍵山恒臣, 田中聡, 宮町宏樹, 筒井智樹, 池田靖, 潟山弘明, 松尾のり道, 大島弘光, 西村裕一, 山本圭吾, 渡辺俊樹, 山崎文人, 渡辺秀文, 藤井敏嗣, 中田節也, 武尾実, 大湊隆雄, 金子隆之, 吉本充宏, 竹田豊太郎, 小山悦郎, 長田昇, 坂守, 羽田敏夫, 橋本信一, 辻浩, 井本良子, 増谷文雄, 嶋野岳人, 古川晃子, 鷺谷威, 藤井巌, 林能成, 宮島力男, 山田守, 奥田隆, 伊藤武雄, 橋本武志, 前川徳光

    東京大学地震研究所い報  2007年3月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

  189. Array Observations of Deep Low-Frequency Non-volcanic Tremor beneath Tokai area, central Japan 国際会議

    Nakamichi, H., Watanabe, T., Nakamula, S., Yamada, I., Soma, T., Kashiwagi, M., Yamawaki, T., Ohta, Y., Yamada, M., Sagiya, T., Yamazaki, F., Tadokoro, K., Ito, T., Kariya, S., Murase, M., Tonegawa, T., Ohzono, M., Ohishi, A., Yamamuro, T., Ishikawa, K., Ohishi, M., Yasuda, H., Ikai, K., Okamoto, K., Ozawa, K., Muto, D., Caka, D.

    American Geophysical Union, 2006 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  190. Feasibility experiment for active monitoring of inter-plate coupling in Tokai region using ACROSS 国際会議

    Ikuta, R., Watanabe, T., Soma, T., Yamaoka, K., Kunitomo, K.

    American Geophysical Union, 2006 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  191. Active monitoring using tube waves 国際会議

    Bakulin, A., Korneev, V., Watanabe, T.

    American Geophysical Union, 2006 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  192. Continuous Active Seismic Observation using ACROSS Source and Seismometer Array

    Watanabe, T., Ikuta, R., Yamaoka, K., Soma, T., Fujii, N.

    The 8th SEGJ International Symposium -Imaging and interpretation- 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto, Japan   国名:日本国  

  193. Time-lapse changes in tube and guided waves in cross-well Mallik experiment 国際会議

    Bakulin, A., Korneev, V, Watanabe, T., Ziatdinov, S.

    76th Annual Meeting, Society of Exploration Geophysicists 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Antonio, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  194. 愛知県における深部底周波微動のアレイ観測

    中道治久, 渡辺俊樹, 中村祥, 相馬知征, 柏木雅生, 山脇輝夫, 太田雄策, 山田守, 山田功夫, 鷺谷威, 山崎文人, 田所敬一, 伊藤武男, 仮屋新一, 村瀬雅之, 利根川貴志, 大園真子, 大石陽, 山室友生, 石川渓太, 大石真紀子, 安田仁, 猪飼憲一, 岡本和之, 小澤和浩, 武藤大介, CAKA D

    日本地震学会秋季大会講演予稿集  2006年10月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語  

  195. 愛知県における深部低周波微動のアレイ観測

    中道治久, 渡辺俊樹, 中村 祥, 相馬知征, 柏木雅生, 山脇輝夫, 太田雄策, 山田 守, 山田功夫, 鷺谷 威, 山崎文人, 田所敬一, 伊藤武男, 仮屋新一, 村瀬雅之, 利根川貴志, 大園真子, 大石 陽, 山室友生, 石川渓太, 大石真紀子, 安田 仁, 猪飼憲一, 岡本和之, 小澤和浩, 武藤大介, デニス チャカ

    日本地震学会2006年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  196. 遠地実体波の自己相関解析による上部マントル構造推定

    利根川貴志, 古本宗充, 渡辺俊樹

    日本地震学会2006年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  197. 海底電気探査を用いた新潟沖メタンハイドレートの浅部イメージング

    高木 亮, 後藤忠徳, 笠谷貴史, 渡辺俊樹, 岡本 拓, 真田佳典, 三ヶ田均, 島伸和

    物理探査学会第114回(平成18年度春季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  198. 高校生を対象とした調査参加型地震防災教育プログラムの開発

    林 能成, 木村玲欧, 渡辺俊樹, 藤井直之

    日本地球惑星科学連合2006年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  199. 物理探査におけるアクロス - 11年の総括と展望

    熊澤峰夫, 小川克郎, 藤井直之, 山岡耕春, 国友孝洋, 中島祟裕, 茂田直孝, 渡辺俊樹, 長谷川健

    日本地球惑星科学連合2006年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  200. 海底電気探査におけるメタンハイドレートイメージングの試み

    高木 亮, 後藤忠徳, 笠谷貴史, 渡辺俊樹 岡本 拓, 真田佳典, 三ヶ田均, 島 伸和

    日本地球惑星科学連合2006年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  201. 日本海新潟沖ガスハイドレート域でのMMR法電磁探査

    島 伸和, 後藤忠徳, 松野哲男, 岩本久則, 笠谷貴史, 大塚宏徳, 高木 亮, 岡本 拓, 多田訓子, 渡辺俊樹 真田佳典, 三ヶ田均

    日本地球惑星科学連合2006年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  202. 地震計アレイとアクロス震源を用いた地震波速度と見かけ速度の精密連続観測

    雑賀 敦, 山岡耕春, 國友孝洋, 渡辺俊樹, 宮島力雄, 藤井直之, 里村幹夫, 鶴我佳代子, 羽佐田葉子, 熊澤峰夫, 笠原順三

    日本地球惑星科学連合2006年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  203. 中部日本における地殻内部不均質構造の能動監視観測の提案

    鶴我佳代子, 笠原順三, 山脇輝夫, 藤井直之, 渡辺俊樹

    日本地球惑星科学連合2006年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  204. 短スパン地震計アレイを用いた愛知県(旧)鳳来町における中期連続地震観測とアクロス解析

    渡辺俊樹, 生田領野, 山岡耕春, 雑賀 敦, 宮島力雄, 相馬知征, 須藤法子, 柏木雅生, 藤井直之, 中道治久

    日本地球惑星科学連合2006年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  205. 中部日本の自然地震の記録中に認められるプレート境界反射波と認められる顕著な後続相

    山脇輝夫, 鶴我佳代子, 笠原順三, 藤井直之, 渡辺俊樹

    日本地球惑星科学連合2006年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  206. 地震計アレイを用いた中期連続観測におけるアクロス震源からの弾性波のアレイ解析

    相馬知征, 渡辺俊樹, 生田領野, 山岡耕春, 宮島力雄, 藤井直之

    日本地球惑星科学連合2006年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  207. Discrimination of the Active Scattering Interfaces 国際会議

    Fujii, N., Watanabe, T., Kumazawa, M.

    American Geophysical Union, 2005 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  208. Feasibility experiment for Active Monitoring of Inter-plate Coupling in Tokai region. ---A dense array measurement--- 国際会議

    Watanabe, T., Ikuta, R., Soma, T., Saiga, A., Miyajima, R., Fujii, N., Yamaoka, K., Tsuruga, K., Kunitomo, T., Hasada, Y., Kasahara, J., Kumazawa, M., Satomura, M.

    American Geophysical Union, 2005 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  209. Preliminary study for active monitoring of the plate boundary using ACROSS: Synthetic and observed seismic records 国際会議

    Tsuruga, K., Kasahara, J., Kunitomo, T., Hasada, Y., Ikuta, R., Watanabe, T., Yamaoka, K., Fujii, N., Kumazawa, M., Nagao, H., Nakajima, T., Saiga, A., Satomura, M.

    American Geophysical Union, 2005 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  210. Monitoring Experiment in Tokai, Japan : ACROSS source designed for a phased array 国際会議

    Yamaoka, K., Watanabe, T., Fujii, N., Ikuta, R., Miyajima, R.

    American Geophysical Union, 2005 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  211. Detection of Reflected Waves from Plate Boundary Using ACROSS Source and Seismic Array 国際会議

    Soma, T., Watanabe, T., Ikuta, R., Saiga, A., Miyajima, R., Yamaoka, K., Tsuruga, K., Kunitomo, T., Hasada, Y., Kasahara, J., Satomura, M., Kumazawa, M., Fujii, N.

    American Geophysical Union, 2005 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  212. Continuous Observation of Seismic Wave Velocity and Apparent Velocity Using a Precise Seismic Array and the ACROSS Sources 国際会議

    Saiga, A., Yamaoka, K., Kunitomo, T., Watanabe, T.

    American Geophysical Union, 2005 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  213. 東海地域におけるプレート間カップリング能動監視の試み-理論波形と観測記録の比較-

    鶴我佳代子, 笠原順三, 羽佐田葉子, 国友孝洋, 生田領野, 渡辺俊樹, 山岡耕春, 藤井直之, 熊澤峰夫, 長尾大道, 中島崇裕, 雑賀敦, 里村幹夫

    日本地震学会2005年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌市   国名:日本国  

  214. 中部・東海地域における三次元地下構造モデルの構築へ向けて

    鷺谷威, 平原和朗, 渡辺俊樹, 伊藤武男, 利根川貴志, 政所茜, 川元智司, 山脇輝夫, 山田功夫, 光井能麻

    日本地震学会2005年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌市   国名:日本国  

  215. メタンハイドレート海域における海底電気探査装置の実海域試験

    高木 亮, 後藤忠徳, 渡辺俊樹, 真田佳典, 三ヶ田均, 島 伸和

    物理探査学会第112回(平成17年度秋季)学術講演会講演論文集  2005年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語  

  216. メタンハイドレート海域における海底電気探査装置の実海域試験

    高木 亮, 後藤忠徳, 渡辺俊樹, 真田佳典, 三ヶ田均, 島 伸和

    物理探査学会第112回(平成17年度秋季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:那覇市   国名:日本国  

  217. 構造境界面を組込んだMT法のハイブリッドインバージョン

    木村俊則, 後藤忠徳,岡本拓,三ケ田均, 真田佳典, 渡辺俊樹, 芦田讓

    物理探査学会第112回(平成17年度春季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  218. 海底電気探査におけるメタンハイドレート層検出の可能性

    高木亮, 後藤忠徳, 渡辺俊樹, 真田佳典, 三ヶ田均, 島伸和

    物理探査学会第113回(平成17年度春季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  219. 東海地域におけるプレート間カップリング能動監視の試み―稠密アレイ観測

    生田領野, 渡辺俊樹, 雑賀 敦, 宮島力雄, 藤井直之, 山岡耕春, 里村幹夫, 國友孝洋, 鶴我佳代子, 羽佐田葉子, 熊澤峰夫, 笠原順三

    地球惑星科学関係学会2005年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  220. 構造境界面を組込んだMT法のハイブリッドインバージョン

    木村俊則, 後藤忠徳, 岡本 拓, 三ヶ田均, 真田佳典, 渡辺俊樹, 芦田 讓

    地球惑星科学関係学会2005年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  221. メタンハイドレート検出を目指した海底電気探査装置の開発

    後藤忠徳, 渡辺俊樹, 真田佳典, 三ヶ田均, 高木 亮, 島 伸和

    地球惑星科学関係学会2005年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  222. 三陸沖地震発生帯におけるMT構造探査

    岡本 拓, 木村俊則, 後藤忠徳, 三ヶ田均, 真田佳典, 渡辺俊樹, 芦田 讓

    地球惑星科学関係学会2005年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  223. Double-Difference法と三次元速度構造を用いた精確な震源再決定

    藤枝信哉, 渡辺俊樹

    地球惑星科学関係学会2005年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  224. 東海地域におけるプレート間カップリング能動監視の試み(概要)

    笠原順三, 鶴我佳代子, 國友孝洋, 渡辺俊樹, 生田領野, 山岡耕春, 羽佐田葉子, 藤井直之, 雑賀 敦, 長尾大道, 中島崇裕, 宮島力雄, 里村幹夫, 熊澤峰夫

    地球惑星科学関係学会2005年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  225. 東海地域におけるプレート間カップリング能動監視の試み(広域観測・第一報)

    鶴我佳代子, 羽佐田葉子, 國友孝洋, 笠原順三, 生田領野, 渡辺俊樹, 山岡耕春, 藤井直之, 熊澤峰夫, 長尾大道, 中島崇裕, 雑賀 敦, 里村幹夫

    地球惑星科学関係学会2005年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  226. 2004年口永良部島火山人工地震探査データを用いた地震波速度構造解析

    山本圭吾, 井口正人, 橋本武志, 筒井智樹, 田中 聡, 青木陽介, 鬼澤真也, 渡辺俊樹, 清水 洋, 大倉敬宏, 宮町宏樹, 八木原寛, 平松秀行

    地球惑星科学関係学会2005年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  227. 東海沖地震震源域およびゆっくりすべり域における海底電磁気モニタリングの試み

    後藤忠徳, 浅川賢一, 原田 誠, 佐柳 敬造, 長尾年恭, 長尾大道, 中島崇裕, 笠原順三, 熊澤峰夫, 白崎, 勇一, 渡辺俊樹, 藤井直之

    地球惑星科学関係学会2005年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  228. Long-term plate coupling monitoring using ACROSS 招待有り 国際会議

    Watanabe, T.

    International Symposium on Marine Geosciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya, Japan   国名:日本国  

  229. Seismic exploration of Fuji volcano with active sources in 2003 国際会議

    Oikawa, J., Kagiyama, T., Tanaka, S., Miyamachi, H., Tsutsui, T., Ikeda, K., Katayama, H., Matsuo, N., Oshima, H., Nishimura, Y., Yamamoto, K., Watanabe, T., Yamazaki, F.

    American Geophysical Union, 2004 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  230. A plan of continuous monitoring of seismic signature at the top of the subducting Philippine Sea Plate using the ACROSS active monitoring method 国際会議

    Kasahara, J., Tsuruga, K., Hasada, Y., Yamaoka, K., Kunitomo, T., Watanabe, T., Fujii, N., Yoshida, Y., Kumazawa, M.

    American Geophysical Union, 2004 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  231. Feasibility of Active Monitoring for Plate Coupling Using ACROSS 国際会議

    Yamaoka, K.,Watanabe, T., Ikuta, R.

    American Geophysical Union, 2004 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  232. Active monitoring of upper crust using ACROSS-seismic array system 国際会議

    Misu, H., Ikuta, R., Watanabe, T., Yamaoka, K.

    American Geophysical Union, 2004 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  233. Continuous Observation of Travel Time of Seismic Waves Using ACROSS Vibrator and Seismic Array 国際会議

    Saiga, A., Yamaoka, K., Kunitomo, T., Watanabe, T.

    American Geophysical Union, 2004 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  234. Waveform tomography of time-lapse seismic data for velocity and attenuation 国際会議

    Watanabe, T.

    Workshop on Probing Earth Media Having Small-Scale Heterogeneities 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sendai, Japan   国名:日本国  

  235. 沈み込むプレート境界の連続的アクテイブ・モニタリングの提案

    笠原順三, 鶴我佳代子, 羽佐田葉子, 山岡耕春, 国友孝洋, 渡辺俊樹, 吉田康宏, 藤井直之, 熊沢峰夫

    日本地震学会2004年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡市   国名:日本国  

  236. 富士山人工地震構造探査グループ人工地震を用いた富士山における地下構造探査

    及川 純, 鍵山恒臣, 田中 聡, 宮町宏樹, 筒井智樹, 池田 靖, 潟山弘明, 松尾のり道, 大島弘光, 西村裕一, 山本圭吾, 渡辺俊樹, 山崎文人

    日本火山学会2004年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:静岡市   国名:日本国  

  237. Differential waveform tomography for time-lapse crosswell seismic data with application to gas hydrate production monitoring 国際会議

    Watanabe, T., Shimizu, S., Asakawa, E., Matsuoka, T.

    74th Annual Meeting, Society of Exploration Geophysicists 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Denver, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  238. 構造境界面を考慮に入れたMT法の2次元インバージョン

    木村俊則, 後藤忠徳,真田佳典,渡辺俊樹,芦田 讓

    物理探査学会第111回(平成16年度秋季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:盛岡市   国名:日本国  

  239. メタンハイドレート検出を目指した海底電気探査装置の開発

    後藤忠徳, 三ヶ田均,渡辺俊樹,真田佳典,島 伸和

    物理探査学会第111回(平成16年度秋季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:盛岡市   国名:日本国  

  240. Monitoring temporal and spatial changes in velocity structure using differential waveform inversion of time-lapse seismic data 招待有り 国際会議

    Watanabe, T.

    1st International Workshop on Active Monitoring in the Solid Earth Geophysics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Mizunami, Japan   国名:日本国  

  241. フラクチャを伝播する弾性波のモデリングとイメージング

    桐山愛世,渡辺俊樹,真田佳典,芦田 讓

    物理探査学会第110回(平成16年度春季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  242. 微細構造変化の抽出のための地震探査データの差解析

    渡辺俊樹

    物理探査学会第110回(平成16年度春季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  243. 富士山人工地震構造探査グループ, 富士山における2003年人工地震探査:初動読み取りと解析

    及川 純, 鍵山恒臣, 田中 聡, 宮町宏樹, 筒井智樹, 池田 靖, 潟山弘明, 松尾のり道, 西村裕一, 山本圭吾, 渡辺俊樹, 大島弘光, 山崎文人

    地球惑星科学関係学会2004年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  244. 海陸同時MT観測による南海トラフ沈み込み帯の電気伝導度構造調査(序報)

    笠谷貴史, 後藤忠徳, 山口 覚, 三ヶ田均, 木下正高, 馬場聖至, 末広 潔, 芦田 讓, 渡辺俊樹, 木村俊則, 山根一修, 歌田久司, 上嶋 誠, 大志万直人, 鍵山恒臣

    地球惑星科学関係学会2004年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  245. 地震計アレイを用いたACROSS 信号の走時変動連続観測(2) -S波走時変動に見られた日周変動の原因についての考察-

    雑賀 敦, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 國友孝洋

    地球惑星科学関係学会2004年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  246. 紀伊半島~熊野灘下の巨大地震発生域周辺の電気伝導度構造

    後藤忠徳, 笠谷貴史, 馬場聖至, 三ヶ田均, 末広 潔, 渡辺俊樹, 木村俊則, 芦田 讓, 山口 覚, 藤田清士, 山根一修, 歌田久司, 上嶋 誠

    地球惑星科学関係学会2004年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  247. Monitoring the evolution of hydrate dissociation during Mallik 2002 production test using time-lapse crosswell seismic data 招待有り 国際会議

    Watanabe, T., Shimizu, S., Asakawa, E. and Matsuoka, T.

    Mallik International Symposium -From Mallik to future- 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chiba, Japan   国名:日本国  

    Repeated crosswell seismic surveys were carried out using the Mallik 3L-38 and 4L-38 observation wells before and during the gas production test from the hydrate layer at the depth around 1000 m in the 5L-38 production well. Frequency-domain nonlinear waveform inversion was employed to obtain high-resolution velocity images of the hydrate layer. Effort was focused on detecting the change in acoustic properties of the hydrate layer due to the gas production.

  248. 南海トラフ熊野灘地域における海洋MT法データの2次元インバージョン解析

    後藤忠徳, 笠谷貴史, 三ヶ田均, 末廣 潔, 渡辺俊樹, 木村俊則, 芦田 讓, 山根一修

    物理探査学会第109回(平成15年度秋季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:吹田市   国名:日本国  

  249. 繰り返し坑井間地震探査データの差波形トモグラフィ解析の数値シミュレーション

    渡辺俊樹, 清水祥四郎, 淺川栄一, 松岡俊文

    物理探査学会第109回(平成15年度秋季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:吹田市   国名:日本国  

  250. 海洋MT法調査による南海トラフのプレート沈み込み帯における比抵抗構造解析

    笠谷貴史, 後藤忠徳, 渡辺俊樹, 木村俊則, 芦田讓, 山根一修

    第7回地下電磁計測ワークショップ  2003年9月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都市  

  251. Imaging using waveform inversion, migration and Fresnel volume tomography 国際会議

    Watanabe, T.

    IUGG Satellite Workshop, Seismic Waves in the Heterogeneous Earth: More Applications to Seismology and Exploration Geophysics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Sendai, Japan   国名:日本国  

  252. エアスパージングにおける空気移動領域調査への比抵抗トモグラフィの適用

    村上宏徳, 鈴木浩一, 原田南海子, 松岡俊文, 渡辺俊樹, 菅野 強, 芦田 讓

    物理探査学会第108回(平成15年度春季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  253. 波動現象を考慮したフレネル・ボリューム・トモグラフィ

    渡辺俊樹, 橋村 忠, 芦田 讓

    物理探査学会第108回(平成15年度春季)学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  254. 海陸同時MT 観測による南海トラフ沈み込み帯の電気伝導度構造調査(序報)

    笠谷貴史, 後藤忠徳, 山口 覚, 三ヶ田均, 木下正高, 馬場聖至, 末広 潔, 芦田 讓, 渡辺俊樹, 木村俊則, 山根一修, 歌田久司, 上嶋 誠, 大志万直人, 鍵山恒臣

    地球惑星科学関係学会2003年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  255. 人工地震探査による姶良カルデラ下の速度構造(4) 国際会議

    宮町宏樹, 小林励司, 八木原寛, 平野舟一郎, 久保武史, 早田正和, 坂尾健有, 海野直弘, 松島健, 内田和也, 宮町凛太郎, 磯田謙心, Agnis Triahadini, 手操佳子, 神谷義之介, 清水洋, 片尾浩, 澁谷拓郎, 三浦勉, 中川潤, 米田格, 加藤慎也, 為栗健, 瀧下恒星, 仲井一穂, 山下裕亮, 前田裕太, 渡辺俊樹, 堀川信一郎, 松廣健二郎, 奥田隆, 辻修平, 十川直樹, 長谷川大真, 中東和夫, 蔵下英司, 岩崎貴哉, 篠原雅尚, 山田知朗, 阿部英二, 安藤美和子, 田中伸一, 池澤賢志, 佐藤利典, 山本希, 平原聡, 中山貴史, 東龍介, 日野亮太, 大友周平, 鈴木秀市, 筒井智樹, 井上雄介, 竹井瑠一, 多田悠也, 高橋浩晃, 青山裕, 大園真子, 椎名高裕, 高田真秀, 一柳昌義, 山口照寛, 小野夏生, 齊藤一真, 伊藤ちひろ, 薄田悠樹, 村井芳夫, 中垣達也, 田中康久

    日本火山学会2019年秋季大会  2019年9月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸市  

  256. Modeling the spatiotemporal change in stress field around Hinagu fault zone through the 2016 Kumamoto earthquake sequence, in central Kyushu, Japan 国際会議

    光岡郁穂, 松本聡, 志藤あずさ, 山下裕亮, 中元真美, 宮崎真, 酒井慎一, 飯尾能久, 年熊本地震, 合同地震観測グループ

    日本地球惑星科学連合2019年大会  2019年5月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市  

  257. 南アルプス南端部地域における地下構造の地震波干渉法イメージング 国際会議

    長谷川大真, 渡辺俊樹, 伊藤谷生, 狩野謙一, 阿部進, 藤原明

    日本地球惑星科学連合2017年大会  2017年5月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市  

  258. 南アルプス南端部地域における地下構造の地震波干渉法イメージング 国際会議

    長谷川大真, 渡辺俊樹, 伊藤谷生, 狩野謙一, 阿部進, 藤原明

    日本地球惑星科学連合2018年大会  2018年5月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. 稠密長大展開による自然地震観測データを用いた深部地殻構造イメージング手法の開発

    2008年12月 - 2013年3月

    国内共同研究 

  2. 精密制御定常信号システムデータの解析技術の高度化

    2007年4月 - 2010年3月

    先行基礎工学に関する研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 受動的・能動的手法による断層破砕帯の構造・特性の解明と時間変化モニタリング

    2005年4月 - 2007年3月

    日本学術振興会二国間共同研究(アメリカ合衆国) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. TBM搭載型切羽前方イメージング装置のイメージング・ソフトウェアに関する研究

    2003年9月 - 2004年2月

    企業からの受託研究 

科研費 13

  1. 自然地震を用いた地殻内不均質構造の可視化:リバースタイム法による反射波の解析

    研究課題/研究課題番号:19K04028  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    白石 和也, 渡辺 俊樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究の目的は、自然地震の観測波形に含まれる反射波を用いて、地下の不均質構造を描像することである。波動論に基づく「リバースタイム(時間反転)法」による解析技術を提案し、受動的な地震観測データに基づいて、海域から陸域にかけてプレート沈み込み帯の地下構造の可視化に挑戦する。自然地震は地中を伝わるエネルギーが圧倒的に大きいので、人工的な発振源を用いる能動的探査では知ることの難しい深部の情報を得られる可能性がある。近年、陸上のみならず海域にも地震観測網が整備され、広域かつ高密度に、地震観測データがリアルタイムで蓄積されている。連続的な受動観測による地中モニタリングへの応用も期待される。
    地下の不均質な構造を調べる有効な手段の一つは、地中を伝わる地震波を利用することである。日常的に発生する地震活動を常時観測した波形情報から地下構造の理解を深めることを目的として、本研究では、地震観測網で蓄積される記録について観測点の情報だけに基づいて地震波を解析し、地下深部の構造を描像するための研究開発を行う。2020年度の主な研究成果は、陸域における実際の自然地震観測データを解析して提案手法の実証を行ったほか、反射波を解析対象として開発した本手法を地下深部からの透過変換波へ応用する改良を行ったことである。また、前年度に実施した手法開発および数値シミュレーションの成果を取りまとめて国際学術誌に投稿し、2021年度に論文が出版される予定である。
    提案手法の有効性を実証するため、前年度に実施した数値シミュレーションの結果を踏まえて比較的観測密度の高い関東地域の陸上地震観測網を選択し、実際の地震観測データに本手法を適用した。公開されている地震観測網のデータから3年間の近地地震の波形記録を多数抽出して解析を行った結果、関東の地下に沈み込んだ海洋性プレートの上面を示唆する反射波断面が得られた。人工震源を用いた調査では見ることが難しく、また自然地震を解析する従来手法に比べるとより詳細に、地下深部の構造を描き出すことができた。また、地震波に含まれるP波とS波の両方を同時に扱う弾性波タイプの反射波解析法を応用し、地下深部からの地震波が地層境界でP波からS波へと変換して透過する波を用いてその境界を描像する手法を開発した。数値シミュレーションを通じて、手法の妥当性と従来法に対するいくつかの利点が確認された。
    以下の主な3つの点から、本研究は当初計画以上に進展している。
    まず、当初計画に即して、実際の地震観測データを用いた反射波の解析を実施している。2019年度に実施の数値シミュレーションで示された、受振点密度と描像し得る地下構造の関係を踏まえて、比較的観測点密度の高い関東地域の陸上稠密地震観測網を対象として解析を行った。公開されている既存の地震観測データから近地地震の波形記録を収集し、さらにその中から解析に適した記録を効率的に抽出する方法を検討した。データ解析の結果、スラブの上面を示唆する反射波を含む地下構造断面を得た。
    次に、当初は反射波の解析を対象に開発されたリバースタイム法を、透過変換波の解析へ応用した。2019年度に開発した手法のうち弾性波動場に基づく方法を改良することで、主に遠地地震によるP波がS波へ変換して透過した波を対象とする地下構造の解析が可能となった。本項目は当初計画になかったもので、初年度の結果を基にして行った新たな応用への発展的な研究の一つである。
    さらに、2019年度に行った音響波動場および弾性波動場におけるリバースタイム法の開発と数値実験に基づく研究成果を取りまとめて国際学術誌に論文投稿し、査読を受けている。当該論文は2021年度に出版される予定である。
    2021年度は、実際の地震観測データの解析を通じた提案手法の実証実験を継続し、その取りまとめを行う。陸上稠密地震観測のデータを対象としたリバースタイム法の解析を実施し、2020年度結果の品質改善を図りつつ複数測線での解析を行い、従来法による既存の結果や地下構造情報との比較研究を行う。また、地下構造イメージの品質改善を図るため、リバースタイム法で必要とする速度モデルの違いによる影響とその修正可能性、データ前処理の工夫などについて検討する。提案手法の実用性を高めるために、従来法に対する優位点を示すとともに実用上の課題や解決にむけた研究指針を明らかにする。

  2. 2016年熊本地震と関連する活動に関する総合調査

    研究課題/研究課題番号:16H06298  2016年4月 - 2017年3月

    科学研究費助成事業  特別研究促進費

    清水 洋, 松本 聡, 酒井 慎一, 岡田 知己, 渡辺 俊樹, 飯尾 能久, 相澤 広記, 松島 健, 高橋 浩晃, 中尾 茂, 鈴木 康弘, 後藤 秀昭, 大倉 敬宏, 山本 希, 中道 治久, 山中 浩明, 神野 達夫, 三宅 弘恵, 纐纈 一起, 浅野 公之, 松島 信一, 福岡 浩, 若井 明彦, 大井 昌弘, 田村 圭子, 木村 玲欧, 井ノ口 宗成, 前原 喜彦, 赤星 朋比古, 宇津木 充, 上嶋 誠, 王 功輝, ハザリカ ヘマンタ, 矢田 俊文, 高橋 和雄

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    2016年熊本地震について、地震活動や地殻変動、活断層、火山活動への影響、地震災害の特徴などを調査した。その結果、熊本地震は布田川・日奈久断層帯の右横ずれ運動によって発生したが、複数の断層面と複雑な断層形状を持つことを明らかにした。また、建物被害や土砂災害の地盤との関係、特に、地盤の過剰間隙水圧が地すべりの発生要因であることを明らかにした。さらに、災害情報や災害過程、被災救援、エコノミークラス症候群などについての調査から、広域複合災害の問題点と対応策を提示した。

  3. 3次元全波動場インバージョン・全成分反射法探査による富士川河口断層帯浅部構造解明

    研究課題/研究課題番号:26247084  2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    伊藤 谷生, 佐藤 剛, 狩野 謙一, 渡辺 俊樹, 小田原 啓, 山北 聡, 阿部 信太郎, 小森 次郎, 山本 玄珠, 小林 健太, 原田 昌武, 加藤 潔, 星場 遼

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    本研究によって明らかになったことは次の3点にまとめられる。
    (1)富士川河口断層帯の最前縁とされてきた大宮断層-入山瀬断層は地下では単一の西傾斜逆断層である。この断層は浅部に向かって低角化し、星山丘陵東縁急崖下でほぼ水平となるが、地表には到達しない。したがって東縁急崖は断層崖ではなく断層運動に伴う撓曲崖である。(2)撓曲のヒンジは東縁急崖に沿って東に凸の馬蹄形トレースを示す。このことは断層変位量が先端部で大きく両側で小さいということを示唆しており、逆断層上盤で普遍的に認められる現象と考えられる。(3)大宮断層-入山瀬断層を正断層とした文科省(2010)の活動性評価は再検討する必要がある。

  4. プレート不連続のマッピングと力学特性の解明

    研究課題/研究課題番号:25287113  2013年4月 - 2017年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    山岡 耕春, 伊藤 武男, 田所 敬一, 古本 宗充, 渡辺 俊樹, 鷺谷 威, 山中 佳子, 橋本 千尋, 寺川 寿子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    南海トラフから沈み込むフィリピン海プレートの形状およびプレート境界面付近の力学特性を解明するための研究を行った。特に伊勢湾周辺域のプレート沈み込みは非常に浅い角度であり、地震発生への影響を評価する必要がある。伊勢湾周辺域に地震およびGPSの独自の観測網を設置してデータ取得を行い、地震波解析によってプレート形状や力学特性に関する情報を得、有限要素法によるモデル構築を行った。特にプレートの形状については、伊勢湾北部の濃尾平野まで下部地殻とプレート上部が接触している可能性を支持する結果を得た。またプレート深部では、高圧流体の関与によって低周波地震が発生していることを示唆する結果を得た。

  5. 孔内用精密制御振源とトモグラフィ解析による表層地盤のS波速度構造の高精度決定

    研究課題/研究課題番号:24310131  2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 地下深部における地震波モニタリングのためのボアホール型シングルフォース震源の研究

    研究課題/研究課題番号:24654145  2012年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    山岡 耕春

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  7. 弾性波アクロスによる桜島火山のマグマ動的変化の検出とその要因に関する研究

    研究課題/研究課題番号:23340130  2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    宮町宏樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  8. 自然・制御震源統合探査による伊豆弧北西縁衝突-沈み込み漸移帯南端の地殻構造解明

    研究課題/研究課題番号:23244098  2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    伊藤 谷生

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

  9. リアルタイムマグマトモグラフィに向けた震源と解析法の研究

    研究課題/研究課題番号:20540410  2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    山岡 耕春

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  10. 海域地下構造状態監視観測の刷新的手法の研究

    研究課題/研究課題番号:18654076  2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  萌芽研究

    笠原 順三

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  11. 地震計アレイと電磁場の同時観測による深部微動発生場の解明

    研究課題/研究課題番号:18340132  2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    藤井 直之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  12. フェイズドアレイによる能動的地殻活動モニタリングの研究

    研究課題/研究課題番号:17340129  2005年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    山岡 耕春

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  13. 人工電流源海底電磁探査法による海底下メタンハイドレートの探査と資源量推定

    研究課題/研究課題番号:16360449  2004年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 35

  1. 地球惑星物理学実験法及び実験Ⅰ

    2020

  2. 地球計測学演習

    2020

  3. 地殻構造探査学

    2020

  4. 地殻構造探査学

    2019

  5. 地球惑星物理学実験法及び実験Ⅰ

    2019

  6. 地球計測学演習

    2019

  7. 地殻構造探査学

    2018

  8. 地球惑星物理学実験法及び実験Ⅰ

    2018

  9. 地球計測学演習

    2018

  10. 地球惑星物理学実験法及び実験Ⅰ

    2017

  11. 地殻構造探査学

    2017

  12. 地殻構造探査学

    2016

  13. 地球惑星物理学実験法及び実験I

    2016

  14. 地球惑星物理学実験法及び実験I

    2013

  15. 地殻構造探査学

    2013

  16. 地球計測学演習

    2013

  17. 地球惑星物理学実験法及び実験I

    2012

  18. 地球計測学演習

    2012

  19. 地殻構造探査学

    2012

  20. 地球計測学演習

    2011

  21. 地球惑星物理学実験法及び実験I

    2011

  22. 地殻構造探査学

    2011

  23. 地球計測学演習

    2010

  24. 地球惑星物理学実験法及び実験I

    2010

  25. 地殻構造探査学

    2010

  26. 地殻構造探査学

    2009

  27. 地球計測学演習

    2009

  28. 地球計測学演習

    2008

  29. 地殻構造探査学

    2008

  30. 地殻構造探査学

    2007

  31. 地球計測学演習

    2007

  32. 地球計測学演習

    2006

  33. 地震計測学演習

    2006

  34. 地球計測学演習

    2005

  35. 地震計測学演習

    2005

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 4

  1. 物理探査学入門

    2016年9月 鹿児島大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  2. 地震探査学特論

    2016年9月 鹿児島大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  3. 固体地球科学特論III

    2015年10月 - 2015年11月 東京大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  4. 固体地球科学特論II

    2015年1月 - 2015年2月 東京大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

 

社会貢献活動 3

  1. 地震火山災害に正しく備えるために、知っておきたい東海地方の地震火山活動

    役割:講師

    東海財務局  財務総合セミナー  2020年11月

     詳細を見る

    対象: 行政機関

    種別:講演会

  2. 地震を知る・地震を探る

    役割:講師

    美郷町教育委員会  美郷カレッジ  2019年9月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者, 社会人・一般

    種別:講演会

  3. 今こそ知ろう! 地震のメカニズム

    役割:講師

    ITC岡崎クラブ  2017年1月

メディア報道 3

  1. メタンハイドレート、愛知・三重沖に「濃集帯」 新聞・雑誌

    日本経済新聞  2013年3月

  2. 地面揺らし震源域探れ 名大など岩板の動き監視 新聞・雑誌

    朝日新聞  2007年3月

  3. 東海地震震源域監視へ 人工波プレート変化観測 新聞・雑誌

    静岡新聞  2007年1月