2021/12/10 更新

写真a

モリ ノリカ
森 典華
MORI, Norika
所属
博士課程教育推進機構 特任准教授
職名
特任准教授
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. 修士(農学) ( 名古屋大学 ) 

  2. 博士(医学) ( 名古屋大学 ) 

研究分野 1

  1. その他 / その他  / キャリアパス支援、産学官連携、人材育成

委員歴 4

  1. 文部科学省   卓越研究員事業委員会委員  

    2021年3月   

  2. 文部科学省   卓越研究員事業の当事者間交渉に係る調査分析等業務 審査委員  

    2020年5月   

  3. 文部科学省   卓越研究員事業委員会委員  

    2019年12月 - 2020年3月   

  4. 科学技術振興機構   研究人材キャリア情報活用支援事業運営アドバイザー委員会委員  

    2018年1月 - 2018年3月   

 

論文 31

  1. 名古屋大学における博士人材のキャリア支援 招待有り

    IDE現代の高等教育   636 巻   頁: 33 - 37   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  2. PhDスキルフレームワークの作成と活用-名古屋大学院生の自律的スキル訓練支援- 査読有り

    田中、杉山、齋藤、森、松浦

    名古屋高等教育研究   20 巻   頁: 393 - 411   2020年

  3. 1. 多様性を推進するための修学環境の現状と課題-障害学生対応についての教職員対象アンケート結果より-

    佐藤剛介、後藤悠里、船津静代、森 典華

    名古屋大学学生相談総合センター紀要   16 巻   頁: 30 - 37   2017年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者  

  4. 博士の多様なキャリアパス 招待有り 査読有り

    森 典華、河野 廉、武田 穣

    化学と生物   51 巻 ( 8 ) 頁: 580 - 586   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  5. デキストラン硫酸ナトリウム(DSS)誘導性ラット大腸炎に対する食事成分の改善効果 査読有り

    丹野、田中、生田、森、谷、古市

    名古屋女子大学紀要   55 巻   頁: 67 - 77   2009年

  6. Influence of age and sex on high-fat diet-induced increase in blood pressure. 査読有り

    Uemura, Tamaya-Mori

    Nagoya J Med Sci   68 巻   頁: 109 - 114   2006年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者  

  7. 高脂肪食の血圧上昇への加齢と性の関与 招待有り 査読有り

    森(玉谷)、植村、井口

    肥満研究   10 巻   頁: 210 - 212   2004年

  8. Pitavastatin, a 3-hydroxy-3-methylglutaryl-coenzyme a reductase inhibitor, blocks vascular smooth muscle cell populated-collagen lattice contraction. 査読有り

    Kuzuya, Cheng, Sasaki, Tamaya-Mori, Iguchi

    J Cardiovasc Pharmacol   43 巻   頁: 808 - 814   2004年

  9. Green tea catechins inhibit neointimal hyperplasia in a rat carotid arterial injury model by TIMP-2 overexpression. 査読有り

    Cheng, Kuzuya, Sasaki, Kanda, Tamaya-Mori, Koike, Maeda, Nishitani, Iguchi

    Cardiovasc Res   62 巻   頁: 594 - 602   2004年

  10. Increased expression of elastolytic cysteine proteases, cathepsins S and K, in the neointima of balloon-injured rat carotid arteries. 査読有り

    Cheng, Kuzuya, Sasaki, Arakawa, Kanda, Sumi, Koike, Maeda, Tamaya-Mori, Shi, Saito, Iguchi

    Am J Pathol   164 巻   頁: 243 - 251   2004年

  11. A novel model of occlusive thrombus formation in mice. 査読有り

    Sasaki, Kuzuya, Cheng, Nakamura, Tamaya-Mori, Maeda, Kanda, Koike, Sato, Iguchi

    Lab Invest   84 巻   頁: 1526 - 1532   2004年

  12. 加齢とインスリン 招待有り 査読有り

    森(玉谷)、井口

    老化消化器病   16 巻   頁: 53 - 56   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  13. Deficiency of gelatinase a suppresses smooth muscle cell invasion and development of experimental intimal hyperplasia. 査読有り

    Kuzuya, Kanda, Sasaki, Tamaya-Mori, Cheng, Itoh, Itohara, Iguchi

    Circulation   108 巻   頁: 1375 - 1381   2003年

  14. Green tea catechins inhibit the cultured smooth muscle cell invasion through the basement barrier. 査読有り

    Meda, Kuzuya, Cheng Asai, Kanda, Tamaya-Mori, Sasaki, Shibata, Iguchi

    Atherosclerosis   166 巻   頁: 23 - 30   2003年

  15. Aging accelerates dietary lard-induced increase in blood pressure in rats. 査読有り

    Tamaya-Mori, Uemura, Tanaka, Iguchi

    Exp Gerontol   38 巻   頁: 905 - 910   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  16. Epigallocatechin-3-gallate binding to MMP-2 inhibits gelatinolytic activity without influencing the attachment to extracellular matrix proteins but enhances MMP-2 binding to TIMP-2. 査読有り

    Cheng, Kuzuya, Kanda, Maeda, Sasaki, Wang, Tamaya-Mori, Shibata, Iguchi

    Arch Biochem Biophys   415 巻   頁: 126 - 132   2003年

  17. Gender differences in dietary lard-induced increase in blood pressure in rats. 査読有り

    Tamaya-Mori, Uemura, Iguchi

    Hypertension   34 巻   頁: 19 - 28   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  18. Difference in average survival between F344/Du and F344/N rats is not due to genetic contamination. 査読有り

    Tanaka, Tamaya, Miyaishi, Nishimura, Ohno

    Arch Gerontol Geriat   ( 34 ) 頁: 19 - 28   2002年

  19. 老化とインスリン 招待有り 査読有り

    玉谷、井口

    肥満研究   7 巻   頁: 288 - 232   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  20. Gender-related difference in relationship between insulin resistance and serum leptin level in Japanese type 2 diabetics and non-diabetic subjects. 査読有り

    Hattori, Uemura, Miura, Ueda, Tamaya, Iwata, Muraguchi, Ohmoto, Iguchi

    Endocr J   47 巻   頁: 615 - 621   2001年

  21. The elevation of plasma adrenocorticotrophic hormone and expression of c-Fos in hypothalamic paraventricular nucleus by microinjecion of neostigmine into the hippocampus in rats: comparison with acute stress responses. 査読有り

    Zhu, Umegaki, Yoshimura, Tamaya, Suzuki, Miura, Iguchi

    Brain Research   892 巻 ( 391 ) 頁: 395   2001年

  22. Noninvolvement of hypertriglyceridemia and hyperleptinemia in blood pressure increases induced by dietary lard in rats. 査読有り

    Tamaya, Uemura, Yoshioka, Ueda, Hattori, Kuzuya, Ohmoto, Muraguchi, Nakamura, Iguchi

    Drug Exp Clin Res   27 巻   頁: 177 - 184   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  23. Rise in plasma leptin levels after stimulation of hypothalamic cholinoceptive neurons by neostigmine in rats. 査読有り

    Drug Exp Clin Res   27 巻   頁: 185   2001年

  24. Adrenal glands in small smooth-tailed tree shrew (dendrogale murina). 査読有り

    Tanaka, Miyaishi, Tamaya, Ohno, Yamada

    Exp Anim     2001年

  25. 加齢とインスリン 招待有り 査読有り

    内分泌・糖尿病科   11 巻   頁: 150 - 155   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  26. Differences in survivality among F344 rats. 査読有り

      45 巻   頁: 141 - 145   2000年

  27. Establishment of an aging farm of F344/N rats and C57BL/6 mice at national institute for longevity sciences (NILS). 査読有り

    Arch Gerontol Geriat   30 巻   頁: 215 - 223   2000年

  28. The metabolism of plasma glucose and catecholamines in Alzheimer's disease. 査読有り

    Umegaki, Tamaya, Shinkai, Iguchi

    Exp Gerontol   35 巻   頁: 1373 - 1382   2000年

  29. Dietary fat-induced increase in blood pressure and insulin resistance in rats. 査読有り

    Yoshioka, Uemura, Tamaya, Tamagawa, Miura, Iguchi, Nakamura, Hotta

    J Hypertens   18 巻   頁: 1857 - 1864   2000年

  30. A group of five parameters as a new biological marker on F344/N rats. 招待有り 査読有り

    Tanaka, Segawa, Tamaya, Miyaishi, Ohno

      32 巻 ( 139 ) 頁: 150   2000年

  31. Central nervous system-mediated hyperglycemic effects of NIK-247, a cholinesterase inhibitor, and MKC-231, a choline uptake enhancer, in rats. 査読有り

    Uemura, Yoshioka, Surina, Tamagawa, Miura, Ueda, Tamaya, Iguchi, Hotta

    Jpn J Pharmacol   79 巻   頁: 113 - 115   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 6

  1. 青年期を考える

    2021

  2. エンプロイアビリティ

    2021

  3. プロフェッショナル・リテラシー

    2021

  4. キャリア形成論

    2021

  5. 農学部特別講義

    2021

  6. キャリア形成論

    2021

▼全件表示