2024/02/29 更新

写真a

ブシェーミ フランチェスコ
ブシェーミ フランチェスコ
BUSCEMI Francesco
所属
大学院情報学研究科 数理情報学専攻 数理情報モデル論 教授
大学院担当
大学院情報科学研究科
大学院情報学研究科
学部担当
情報学部 自然情報学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 2

  1. PhD (Physics) ( 2006年2月   パヴィア大学(イタリア) ) 

  2. Laurea (Bachelor+Master) in Physics ( 2002年7月   パヴィア大学(イタリア) ) 

研究キーワード 4

  1. Quantum Foundations

  2. Quantum Information

  3. Quantum Statistics

  4. Quantum Measurement

研究分野 1

  1. 自然科学一般 / 数理物理、物性基礎

受賞 2

  1. Birkhoff-von Neumann Prize

    2018年   International Quantum Structures Association  

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞 

    Francesco Buscemi's results solved some long-standing open problems in the foundations of quantum physics, using ideas from mathematical statistics and information theory. He established, in a series of single-authored papers, the theory of quantum statistical morphisms and quantum statistical comparison, generalizing to the noncommutative setting some fundamental results in mathematical statistics dating back to works of David Blackwell and Lucien Le Cam. In particular, Prof. Buscemi successfully applied his theory to construct the framework of "semiquantum nonlocal games," which extend Bell tests and are now widely used in theory and experiments to certify, in a measurement device-independent way, the presence of non-classical correlations in space and time.

  2. Birkhoff-von Neumann Prize 2018

    2018年   International Quantum Structures Association  

    ブシェーミ フランチェスコ

     詳細を見る

 

論文 72

  1. A complete and operational resource theory of measurement sharpness 査読有り

    Buscemi, F; Kobayashi, K; Minagawa, S

    Quantum   8 巻 ( 1235 )   2024年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22331/q-2024-01-25-1235

  2. Maxwell's Demon Walks into Wall Street: Stochastic Thermodynamics Meets Expected Utility Theory 査読有り 国際共著

    Ducuara, AF; Skrzypczyk, P; Buscemi, F; Sidajaya, P; Scarani, V

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   131 巻 ( 19 ) 頁: 197103   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Review Letters  

    The interplay between thermodynamics and information theory has a long history, but its quantitative manifestations are still being explored. We import tools from expected utility theory from economics into stochastic thermodynamics. We prove that, in a process obeying Crooks's fluctuation relations, every α Rényi divergence between the forward process and its reverse has the operational meaning of the "certainty equivalent"of dissipated work (or, more generally, of entropy production) for a player with risk aversion r=α-1. The two known cases α=1 and α=∞ are recovered and receive the new interpretation of being associated with a risk-neutral and an extreme risk-averse player, respectively. Among the new results, the condition for α=0 describes the behavior of a risk-seeking player willing to bet on the transient violations of the second law. Our approach further leads to a generalized Jarzynski equality, and generalizes to a broader class of statistical divergences.

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.131.197103

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. Unifying different notions of quantum incompatibility into a strict hierarchy of resource theories of communication 査読有り 国際共著

    Buscemi F., Kobayashi K., Minagawa S., Perinotti P., Tosini A.

    Quantum   7 巻 ( 1035 )   2023年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Quantum  

    While there is general consensus on the definition of incompatible POVMs, moving up to the level of instruments one finds a much less clear situation, with mathematically different and logically independent definitions of incompatibility. Here we close this gap by introducing the notion of q-compatibility, which unifies different notions of POVMs, channels, and instruments incompatibility into one hierarchy of resource theories of communication between separated parties. The resource theories that we obtain are complete, in the sense that they contain complete families of free operations and monotones providing necessary and sufficient conditions for the existence of a transformation. Furthermore, our framework is fully operational, in the sense that free transformations are characterized explicitly, in terms of local operations aided by causally-constrained directed classical communication, and all monotones possess a game-theoretic interpretation making them experimentally measurable in principle. We are thus able to pinpoint exactly what each notion of incompatibility consists of, in terms of information-theoretic resources.

    DOI: 10.22331/Q-2023-06-07-1035

    Scopus

  4. Axioms for retrodiction: achieving time-reversal symmetry with a prior 査読有り

    Parzygnat A.J., Buscemi F.

    Quantum   7 巻 ( 1013 )   2023年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Quantum  

    We propose a category-theoretic definition of retrodiction and use it to exhibit a time-reversal symmetry for all quantum channels. We do this by introducing retrodiction families and functors, which capture many intuitive properties that retrodiction should satisfy and are general enough to encompass both classical and quantum theories alike. Classical Bayesian inversion and all rotated and averaged Petz recovery maps define retrodiction families in our sense. However, averaged rotated Petz recovery maps, including the universal recovery map of Junge–Renner–Sutter–Wilde–Winter, do not define retrodiction functors, since they fail to satisfy some compositionality properties. Among all the examples we found of retrodiction families, the original Petz recovery map is the only one that defines a retrodiction functor. In addition, retrodiction functors exhibit an inferential time-reversal symmetry consistent with the standard formulation of quantum theory. The existence of such a retrodiction functor seems to be in stark contrast to the many no-go results on time-reversal symmetry for quantum channels. One of the main reasons is because such works defined time-reversal symmetry on the category of quantum channels alone, whereas we define it on the category of quantum channels and quantum states. This fact further illustrates the importance of a prior in time-reversal symmetry.

    DOI: 10.22331/Q-2023-05-23-1013

    Scopus

  5. Generalized resource theory of purity: one-shot purity distillation with local noisy operations and one way classical communication 査読有り 国際共著

    Chakraborty S., Nema A., Buscemi F.

    IEEE International Symposium on Information Theory - Proceedings   2023-June 巻   頁: 980 - 984   2023年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/ISIT54713.2023.10206692

    Scopus

  6. Computing the quantum guesswork: a quadratic assignment problem 査読有り

    Quantum Information and Computation   23 巻 ( 9-10 ) 頁: 721 - 732   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.26421/QIC23.9-10-1

    Scopus

  7. Observational entropy, coarse-grained states, and the Petz recovery map: information-theoretic properties and bounds 査読有り 国際共著

    Buscemi, F; Schindler, J; Safránek, D

    NEW JOURNAL OF PHYSICS   25 巻 ( 5 )   2023年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:New Journal of Physics  

    Observational entropy provides a general notion of quantum entropy that appropriately interpolates between Boltzmann’s and Gibbs’ entropies, and has recently been argued to provide a useful measure of out-of-equilibrium thermodynamic entropy. Here we study the mathematical properties of observational entropy from an information-theoretic viewpoint, making use of recently strengthened forms of the monotonicity property of quantum relative entropy. We present new bounds on observational entropy applying in general, as well as bounds and identities related to sequential and post-processed measurements. A central role in this work is played by what we call the ‘coarse-grained’ state, which emerges from the measurement’s statistics by Bayesian retrodiction, without presuming any knowledge about the ‘true’ underlying state being measured. The degree of distinguishability between such a coarse-grained state and the true (but generally unobservable) one is shown to provide upper and lower bounds on the difference between observational and von Neumann entropies.

    DOI: 10.1088/1367-2630/accd11

    Web of Science

    Scopus

  8. Von Neumann's information engine without the spectral theorem 査読有り 国際誌

    Minagawa Shintaro, Arai Hayato, Buscemi Francesco

    PHYSICAL REVIEW RESEARCH   4 巻 ( 3 )   2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   出版者・発行元:Physical Review Research  

    Von Neumann obtained the formula for the entropy of a quantum state by assuming the validity of the second law of thermodynamics in a thought experiment involving semipermeable membranes and an ideal gas of quantum-labeled particles. Despite being operational for the most part, von Neumann's argument departs from an operational narrative in its use of the spectral theorem. In this work, we show that the role of the spectral theorem in von Neumann's argument can be taken over by the operational assumptions of repeatability and reversibility, and, using these, we are able to explore the consequences of the second law also in theories that do not possess a unique spectral decomposition. As a byproduct, we obtain the Groenewold-Ozawa information gain as a natural monotone for a suitable ordering of instruments, providing it with an operational interpretation valid in quantum theory and beyond.

    DOI: 10.1103/PhysRevResearch.4.033091

    Web of Science

    Scopus

  9. Thermodynamic Constraints on Quantum Information Gain and Error Correction: A Triple Trade-Off 査読有り 国際共著 国際誌

    Danageozian Arshag, Wilde Mark M., Buscemi Francesco

    PRX QUANTUM   3 巻 ( 2 )   2022年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   出版者・発行元:PRX Quantum  

    Quantum error correction (QEC) is a procedure by which the quantum state of a system is protected against a known type of noise, by preemptively adding redundancy to that state. Such a procedure is commonly used in quantum computing when thermal noise is present. Interestingly, thermal noise has also been known to play a central role in quantum thermodynamics (QTD). This fact hints at the applicability of certain QTD statements in the QEC of thermal noise, which has been discussed previously in the context of Maxwell's demon. In this paper, we view QEC as a quantum heat engine with a feedback controller (i.e., a demon). We derive an upper bound on the measurement heat dissipated during the error-identification stage in terms of the Groenewold information gain, thereby also providing the latter with a physical meaning when it is negative. Further, we derive the second law of thermodynamics in the context of this QEC engine, operating with general quantum measurements. Finally, we show that, under a set of physically motivated assumptions, this leads to a fundamental triple-trade-off relation, which implies a trade-off between the maximum achievable fidelity of QEC and the super-Carnot efficiency that heat engines with feedback controllers have been known to possess. A similar trade-off relation occurs for the thermodynamic efficiency of the QEC engine and the efficacy of the quantum measurement used for error identification.

    DOI: 10.1103/PRXQuantum.3.020318

    Web of Science

    Scopus

  10. Guesswork of a quantum ensemble

    Dall'Arno M., Buscemi F., Koshiba T.

    IEEE Transactions on Information Theory     2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE Transactions on Information Theory  

    The guesswork of a quantum ensemble quantifies the minimum number of guesses needed in average to correctly guess the state of the ensemble, when only one state can be queried at a time. Here, we derive analytical solutions of the guesswork problem subject to a finite set of conditions, including the analytical solution for any qubit ensemble with uniform probability distribution. As explicit examples, we compute the guesswork for any qubit regular polygonal and polyhedral ensemble.

    DOI: 10.1109/TIT.2022.3146463

    Scopus

  11. Fluctuation theorems with retrodiction rather than reverse processes 招待有り 査読有り 国際共著

    Aw, CC; Buscemi, F; Scarani, V

    AVS Quantum Science   3 巻   頁: 045601-1 - 045601-9   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1116/5.0060893

  12. Fluctuation theorems from Bayesian retrodiction 査読有り 国際共著

    Buscemi Francesco, Scarani Valerio

    PHYSICAL REVIEW E   103 巻 ( 5 ) 頁: 052111   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   出版者・発行元:Physical Review E  

    Quantitative studies of irreversibility in statistical mechanics often involve the consideration of a reverse process, whose definition has been the object of many discussions, in particular for quantum mechanical systems. Here we show that the reverse channel very naturally arises from Bayesian retrodiction, in both classical and quantum theories. Previous paradigmatic results, such as Jarzynski's equality, Crooks' fluctuation theorem, and Tasaki's two-measurement fluctuation theorem for closed driven quantum systems, are all shown to be consistent with retrodictive arguments. Also, various corrections that were introduced to deal with nonequilibrium steady states or open quantum systems are justified on general grounds as remnants of Bayesian retrodiction. More generally, with the reverse process constructed on consistent logical inference, fluctuation relations acquire a much broader form and scope.

    DOI: 10.1103/PhysRevE.103.052111

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  13. Explicit construction of optimal witnesses for input–output correlations attainable by quantum channels 査読有り 国際共著

    Dall'Arno, M; Brandsen, S; Buscemi, F

    Open Systems and Information Dynamics   27 巻 ( 4 ) 頁: 2050017-1 - 2050017-23   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1142/S1230161220500171

    その他リンク: https://arxiv.org/abs/2009.00866

  14. Type-independent characterization of spacelike separated resources 査読有り 国際共著

    Rosset, D; Schmid, D; Buscemi, F

    Physical Review Letters   125 巻   頁: 210402   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.125.210402

    その他リンク: https://arxiv.org/abs/1911.12462

  15. Data-driven inference, reconstruction, and observational completeness of quantum devices 査読有り 国際共著

    Dall'Arno, M; Buscemi, F; Bisio, A; Tosini, A

    Physical Review A   102 巻   頁: 062407   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.102.062407

    その他リンク: https://arxiv.org/abs/1812.08470

  16. General state transitions with exact resource morphisms: a unified resource-theoretic approach 査読有り

    Zhou, W; Buscemi, F

    Journal of Physics A: Mathematical and Theoretical   53 巻   頁: 445303   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1751-8121/abafe5

    その他リンク: https://arxiv.org/abs/2005.09188

  17. Thermodynamic reverse bounds for general open quantum processes 査読有り 国際共著

    Buscemi, F; Fujiwara, D; Mitsui, N; Rotondo, M

    Physical Review A   102 巻   頁: 032210   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.102.032210

    その他リンク: https://arxiv.org/abs/2003.08548

  18. Unified Approach to Witness Nonentanglement-Breaking Quantum Channels 招待有り 査読有り 国際共著

    Zhen, Y-Z; Mao, Y; Chen, K; Buscemi, F; Dahlsten, O

    Physical Review A   101 巻   頁: 062301   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.101.062301

    その他リンク: https://arxiv.org/abs/1912.10605

  19. The type-independent resource theory of local operations and shared randomness 査読有り 国際共著

    Schmid, D; Rosset, D; Buscemi, F

    Quantum   4 巻   頁: 262   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22331/q-2020-04-30-262

  20. A Complete Resource Theory of Quantum Incompatibility as Quantum Programmability 査読有り

    Francesco Buscemi, Eric Chitambar, Wenbin Zhou

    Physical Review Letters   124 巻 ( 12 ) 頁: 120401   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.124.120401

  21. Extension of the Alberti-Uhlmann criterion beyond qubit dichotomies 査読有り

    Dall'Arno, M; Buscemi, F; Scarani, V

    Quantum   4 巻   頁: 233   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22331/q-2020-02-20-233

  22. Coherence manipulation with dephasing-covariant operations 査読有り

    Regula, B; Narasimhachar, V; Buscemi, F; Gu, M

    Physical Review Research   2 巻   頁: 013109   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevResearch.2.013109

  23. An information-theoretic treatment of quantum dichotomies 査読有り

    Buscemi, F; Sutter, D; Tomamichel, M

    Quantum   3 巻   頁: 209   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22331/q-2019-12-09-209

  24. Data-driven inference of physical devices: theory and implementation 査読有り

    Buscemi, F; Dall'Arno, M

    New Journal of Physics   21 巻   頁: 113029 (12pp)   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Experimental semi-device independent tests of quantum channels 査読有り

    Agresti, I; Poderini, D; Carvacho, G; Sarra, L; Chaves, R; Buscemi, F; Dall'Arno, M; Sciarrino, F

    Quantum Science and Technology   4 巻   頁: 035004 (9pp)   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/2058-9565/ab19f2

  26. Quantum majorization and a complete set of entropic conditions for quantum thermodynamics 査読有り

    Gour G, Jennings D, Buscemi F, Duan R, Marvian I

    Nature Communications   9 巻   頁: 5253   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-018-06261-7

  27. Reverse data-processing theorems and computational second laws 査読有り

    Buscemi F

    Springer Proceedings in Mathematics & Statistics   261 巻   頁: 135-159   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-981-13-2487-1_6

  28. Tradeoff relations between accessible information, informational power, and purity 査読有り

    Dall'Arno M, Buscemi F

    IEEE Transactions on Information Theory     2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIT.2018.2874989

  29. Resource Theory of Quantum Memories and Their Faithful Verification with Minimal Assumptions 査読有り

    Rosset D, Buscemi F, Liang Y-C

    Physical Review X   8 巻   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevX.8.021033

  30. No-hypersignaling principle 査読有り

      119 巻   頁: 020401   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.119.020401

  31. Device-independent tests of quantum measurements 査読有り

      118 巻   頁: 250501   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.118.250501

  32. Device-independent tests of quantum channels 査読有り

      473 巻   頁: 20160721   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1098/rspa.2016.0721

  33. Quantum relative Lorenz curves

    Buscemi, F; Gour, G

    Physical Review A   95 巻   頁: 012110 (12pp)   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.95.012110

  34. Degradable channels, less noisy channels, and quantum statistical morphisms: an equivalence relation

    Buscemi, F

    Problems of Information Transmission   52 巻 ( 3 ) 頁: 201-213   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1134/S0032946016030017

  35. Approximate reversibility in the context of entropy gain, information gain, and complete positivity 査読有り

    Buscemi, F; Das, S; Wilde, MM

    Physical Review A   93 巻   頁: 062304 (11pp)   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.93.062314

  36. Equivalence between divisibility and monotonic decrease of information in classical and quantum stochastic processes 査読有り

    Buscemi, F.; Datta, N.

    Physical Review A   93 巻   頁: 012101 (7pp)   2016年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.93.012101

  37. Experimental test of entropic noise-disturbance uncertainty relations for spin-1/2 measurements 査読有り

    Sulyok, G; Sponar, S; Demirel, B; Buscemi, F; Hall, MJW; Ozawa, M; Hasegawa, Y

    Physical Review Letters   115 巻   頁: 030401 (5pp)   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.115.030401

  38. Universal Optimal Quantum Correlator

    Buscemi, F; Dall'Arno, M; Ozawa, M; Vedral, V.

    International Journal of Quantum Information   12 巻 ( 7-8 ) 頁: 1560002 (4pp)   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1142/S0219749915600023

  39. On complete positivity, Markovianity, and the quantum data-processing inequality, in the presence of initial system-environment correlations 査読有り

    Buscemi, F

    Physical Review Letters   113 巻   頁: 140502 (5pp)   2014年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Game-theoretic characterization of antidegradable channels 査読有り

    Buscemi, F; Datta, N; Strelchuk, S

    Journal of Mathematical Physics   55 巻 ( 9 ) 頁: 092202 (14pp)   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Tight bounds on accessible information and informational power 査読有り

    Dall'Arno, M; Buscemi, F; Ozawa, M

    Journal of Physics A: Mathematical and Theoretical   47 巻   頁: 235302 (12pp)   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Noise and disturbance in quantum measurements: an information-theoretic approach 査読有り

    Buscemi, F; Hall, MJW; Ozawa, M; Wilde, MM

    Physical Review Letters   112 巻   頁: 050401 (5pp)   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. General theory of assisted entanglement distillation 査読有り

    Buscemi, F; Datta, N

    IEEE Transactions on Information Theory   59 巻 ( 3 ) 頁: 1940-1954   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. The information-theoretic costs of simulating quantum measurements 査読有り

    Wilde, MM; Hayden, P; Buscemi, F; Hsieh, M-H

    Journal of Physics A: Mathematical and Theoretical   45 巻   頁: 453001 (67pp)   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. All Entangled Quantum States Are Nonlocal 査読有り

    Buscemi, F

    Physical Review Letters   108 巻   頁: 200401 (5pp)   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Comparison of quantum statistical models: equivalent conditions for sufficiency 査読有り

    Buscemi, F

    Communications in Mathematical Physics   310 巻   頁: 625-647   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Entanglement cost in practical scenarios 査読有り

    Buscemi, F; Datta, N

    Physical Review Letters   106 巻   頁: 130503 (4pp)   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Distilling entanglement from arbitrary resources 査読有り

    Buscemi, F; Datta, N

    Journal of Mathematical Physics   51 巻 ( 10 ) 頁: 102201 (18pp)   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. The quantum capacity of channels with arbitrarily correlated noise 査読有り

    Buscemi, F; Datta, N

    IEEE Transactions on Information Theory   56 巻 ( 3 ) 頁: 1447-1460   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Private quantum decoupling and secure disposal of information 査読有り

    Buscemi, F

    New Journal of Physics   11 巻   頁: 123002 (17pp)   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Polygamy of Distributed Entanglement 査読有り

    Buscemi, F; Gour, G; Kim JS

    Physical Review A   80 巻   頁: 012324 (8pp)   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Towards a unified approach to information-disturbance tradeoffs in quantum measurements 査読有り

    Buscemi, F; Horodecki, M

    Open Systems & Information Dynamics   16 巻 ( 1 ) 頁: 29-48   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Global information balance in quantum measurements 査読有り

    Buscemi, F; Hayashi, M; Horodecki, M

    Physical Review Letters   100 巻   頁: 210504 (4pp)   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Irreversibility of entanglement loss 査読有り

    Buscemi, F

    Lecture Notes in Computer Science   5106 巻   頁: 16-28   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  55. Information extraction versus reversibility in quantum measurement processes 査読有り

    Buscemi, F; Hayashi, M; Horodecki, M

    International Journal of Quantum Information   6 巻 ( supplement ) 頁: 613-619   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  56. Entanglement measures and approximate quantum error correction 査読有り

    Buscemi, F

    Physical Review A   77 巻   頁: 012309 (7pp)   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Channel correction via quantum erasure 査読有り

    Buscemi, F

    Physical Review Letters   99 巻   頁: 180501 (4pp)   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. A minimum-disturbing quantum state discriminator 査読有り

    Buscemi, F; Sacchi, MF

    Open Systems & Information Dynamics   14 巻 ( 1 ) 頁: 17-24   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  59. Quantum erasure of decoherence

    Buscemi, F; Chiribella, G; D'Ariano, GM

    Open Systems & Information Dynamics   14 巻 ( 1 ) 頁: 52-61   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  60. Economical realization of phase covariant devices in arbitrary dimensions 招待有り 査読有り

    Buscemi, F; D'Ariano, GM; Macchiavello, C

    Journal of the Optical Society of America B   24 巻 ( 2 ) 頁: 363-370   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Superbroadcasting and classical information 査読有り

    Chiribella, G; D'Ariano, GM; Macchiavello, C; Perinotti, P; Buscemi, F

    Physical Review A   75 巻   頁: 012315 (5pp)   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Information-Disturbance Tradeoff in Quantum State Discrimination 査読有り

    Buscemi, F; Sacchi, MF

    Physical Review A   74 巻   頁: 052320 (5pp)   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Universal and phase covariant superbroadcasting for mixed qubit states 査読有り

    Buscemi, F; D'Ariano, GM; Macchiavello, C; Perinotti, P

    Physical Review A   74 巻   頁: 042309   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. On the minimum number of unitaries needed to describe a random-unitary channel 査読有り

    Buscemi, F

    Physics Letters A   360 巻 ( 2 ) 頁: 256-258   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Optimal Time-Reversal of Multi-phase Equatorial States 査読有り

    Buscemi, F; D'Ariano, GM; Macchiavello, C

    Physical Review A   72 巻   頁: 062311 (5pp)   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Inverting quantum decoherence by classical feedback from the environment 査読有り

    Buscemi, F; Chiribella, G; D'Ariano, GM

    Physical Review Letters   95 巻   頁: 090501 (4pp)   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Clean Positive Operator Valued Measures 査読有り

    Buscemi, F; D'Ariano, GM; Keyl, M; Perinotti, P; Werner RF

    Journal of Mathematical Physics   46 巻 ( 8 ) 頁: 082109 (18pp)   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Economical Phase-Covariant Cloning of Qudits 査読有り

    Buscemi, F; D'Ariano, GM; Macchiavello, C

    Physical Review A   71 巻   頁: 042327 (7pp)   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. There exist non orthogonal quantum measurements that are perfectly repeatable 査読有り

    Buscemi, F; D'Ariano, GM; Perinotti, P

    Physical Review Letters   92 巻   頁: 070403 (4pp)   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Physical realizations of quantum operations 査読有り

    Buscemi, F; D'Ariano, GM; Sacchi, MF

    Physical Review A   68 巻   頁: 042113 (7pp)   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Optimal realization of the transposition map 査読有り

    Buscemi, F; D'Ariano, GM; Perinotti, P; Sacchi, MF

    Physics Letters A   314 巻 ( 5-6 ) 頁: 374-379   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Unitary realizations of the ideal phase measurement 査読有り

    Buscemi, F; D'Ariano, GM; Sacchi MF

    Physics Letters A   312 巻 ( 5-6 ) 頁: 315-318   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. Reality and Measurement in Algebraic Quantum Theory

    Ozawa Masanao, Butterfield Jeremy, Halvorson Hans, Redei Miklos, Kitajima Yuichiro, Buscemi Francesco( 担当: 共編者(共編著者))

    Springer Nature  2018年11月  ( ISBN:978-981-13-2486-4

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

MISC 2

  1. Thermodynamic Constraints on Quantum Information Gain and Error Correction: A Triple Trade-Off 国際共著

    Arshag Danageozian, Mark M. Wilde, Francesco Buscemi  

        2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

    DOI: https://doi.org/10.48550/arXiv.2112.05100

  2. Classical computation of quantum guesswork

    Michele Dall'Arno, Francesco Buscemi, Takeshi Koshiba  

        2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

    DOI: https://doi.org/10.48550/arXiv.2112.01666

講演・口頭発表等 70

  1. Incompatible incompatibilities, and how to make them compatible again 招待有り 国際会議

    F. Buscemi

    TUT Quantum Workshop  2024年2月22日  Toyohashi University of Technology

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Toyohashi University of Technology  

  2. Incompatible incompatibilities, and how to make them compatible again 招待有り 国際会議

    F. Buscemi

    BoseStat@100: International Conference on Photonics, Quantum Information, and Quantum Communication  2024年2月1日  S. N. Bose National Centre for Basic Sciences

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年1月 - 2024年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Kolkata, India  

  3. Notes on the margin to the Second Law of Thermodynamics 招待有り 国際会議

    F. Buscemi

    Cryptography and Quantum Information Seminar Series  2023年12月21日  Università della Svizzera Italiana

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Lugano, Switzerland  

  4. Notes on the margin to the Second Law of Thermodynamics 招待有り

    F. Buscemi

    Quantum Information & Communication Seminar Series  2023年12月18日  University of Geneva

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Geneva, Switzerland  

  5. Incompatible incompatibilities, and how to make them compatible again 招待有り 国際共著 国際会議

    F. Buscemi

    Japanese-French Quantum Information 2023 workshop  2023年12月13日  The University of Tokyo

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:The University of Tokyo  

  6. From Counterculture Vision to Cutting-Edge Technology: The Journey of Quantum Computers 招待有り

    F. Buscemi

    7TH RIKEN - S&TDC Seminar on Quantum Computing  2023年11月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Embassy of Italy in Japan, Tokyo  

  7. Measurement sharpness and incompatibility as quantum resources 招待有り 国際会議

    F. Buscemi

    Shanzhen-Nagoya Workshop on Quantum Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Nagoya University and Online  

  8. Petz recovery, Jeffrey retrodiction, and von Neumann's "other" entropy 招待有り 国際会議

    F. Buscemi

    Quantum Information Theory and Mathematical Physics 2023 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Mathematical Institute of the Budapest University of Technology and Economics   国名:ハンガリー共和国  

  9. Measurement sharpness and incompatibility as quantum resources 招待有り 国際会議

    F. Buscemi

    25th Conference of the International Linear Algebra Society (ILAS 2023) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Escuela Tecnica Superior de Ingenieros de Montes   国名:スペイン  

  10. Resource-theoretic approach to two problems in the theory of quantum measurements 招待有り 国際会議

    F. Buscemi

    54th Symposium on Mathematical Physics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Torun University "Nicolaus Copernicus"   国名:ポーランド共和国  

  11. Various types of divisibility and the role they play in statistical mechanics 招待有り 国際会議

    F. Buscemi

    Mathematical Physics in Quantum Technology: from Finite to Infinite Dimensions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:International Centre of Mathematical Sciences, Edinburgh, UK   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  12. Von Neumann's other entropy: observational entropy, coarse-grained states, and Petz recovery maps 招待有り 国際共著 国際会議

    Francesco Buscemi

    KAIST-Nagoya GENKO Workshop on Entanglement and Quantum Markovian Process  2023年2月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:KAIST, Daejeon, Korea  

  13. Unifying different notions of quantum incompatibility into a strict hierarchy of resource theories of communication 招待有り 国際共著 国際会議

    Francesco Buscemi

    Aspects of quantum information and quantum foundations  2023年2月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Takeda Hall, University of Tokyo  

  14. A hierarchy of resource theories of quantum incompatibility 招待有り 国際共著 国際会議

    Francesco Buscemi

    Quantum resources: from mathematical foundations to operational characterisation  2022年12月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Hotel Paradox, Singapore  

  15. About the incompatibility of quantum measurement processes 招待有り 国際共著 国際会議

    Francesco Buscemi

    Quantum IT: from fundamentals to applications  2022年11月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:KAIST, Korea (online)  

  16. Observational entropy, coarse-grained states, and irretrodictability 招待有り 国際共著 国際会議

    Francesco Buscemi

    Quantum Information Seminar Series  2022年11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:QuIT Group, Pavia University, Italy  

  17. Observational entropy, coarse-grained states, and irretrodictability 招待有り 国際共著 国際会議

    Francesco Buscemi

    Third Kyoto Workshop on Quantum Information, Computation, and Foundation  2022年10月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:YITP, Kyoto University (online)  

  18. Von Neumann's other entropy: observational entropy, coarse-grained states, and Petz recovery maps 国際会議

    Francesco Buscemi

    Quantum extreme universe from quantum information  2022年9月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:YITP, Kyoto, Japan  

  19. The theory of statistical comparison: where do we stand 招待有り 国際会議

    Francesco Buscemi

    15th Biennial Quantum Structure Conference  2022年6月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Tropea, Italy  

  20. Fluctuation relations and the second law of thermodynamics from Bayesian retrodiction 招待有り 国際会議

    Francesco Buscemi

    Quantum Information and Probability: from Foundations to Engineering (QIP22)  2022年6月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Linnaeus University, Växjö, Sweden  

  21. The theory of statistical comparison: a brief overview 招待有り

    Francesco Buscemi

    SUSTech-Nagoya Workshop on Quantum Science  2022年6月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月 - 2022年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:online  

  22. Thermodynamic Constraints on Quantum Information Gain and Error-Correction 国際共著 国際会議

    Arshag Danageozian, Mark M Wilde, Francesco Buscemi

    APS March Meeting 2022  2022年3月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  23. Assuming the validity of the second law of thermodynamics in general probabilistic theories: consequences and constraints on models

    Shintaro Minagawa, Hayato Arai, Francesco Buscemi

    2021年12月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  24. Efficiency-Fidelity Trade-off in a Quantum Error Correcting Engine 国際会議

    Arshag Danageozian, Mark M. Wilde, Francesco Buscemi

    QTD2021: Quantum Thermodynamics Conference  2021年10月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Geneva (online)  

  25. Bayesian retrodiction and the second law of thermodynamics 招待有り 国際会議

    Second Kyoto Workshop on Quantum Information, Computation, and Foundations  2021年9月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  26. The Petz map in maths, information theory, and physics: an overview 招待有り 国際会議

    Workshop on quantum information and quantum black holes  2021年9月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  27. Bayesian retrodiction and the second law of thermodynamics 招待有り 国際会議

    Louisiana State University QST Seminar Series  2021年7月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  28. The "thermodynamic reverse bound" and the role of retrodiction in the Second Law 招待有り 国際会議

    SUSTech-Nagoya workshop on quantum science  2021年6月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  29. Prediction, retrodiction, and the second law of thermodynamics 招待有り 国際会議

    Summer School on Quantum Information and Technology 2021  2021年6月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月 - 2021年7月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  30. Retrodiction in stochastic thermodynamics 招待有り 国際会議

    52nd Symposium on Mathematical Physics  2021年6月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  31. The "thermodynamic reverse bound" and the role of retrodiction in the Second Law 招待有り 国際共著 国際会議

    Buscemi F

    NCTS Annual Theory Meeting 2021: Quantum Physics, Quantum Information, and Quantum Technologies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  32. Fluctuation theorems from Bayesian retrodiction 招待有り 国際共著 国際会議

    Buscemi F

    13th Annual Symposium of the Centre for Quantum Technologies (CQT)  Centre for Quantum Technologies, Singapore

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  33. Using data-driven inference to bootstrap quantum tomography 招待有り 国際共著 国際会議

    Buscemi F

    2nd workshop on Quantum and Classical Cryogenic Devices, Circuits, and Systems (QCCC 2020) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  34. Thermodynamic Reverse Bound for General Open Quantum Processes

    Mitsui, N

    43st Quantum Information Technology Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  35. Statistical tests of "quantumness": from mathematics to technology 招待有り 国際会議

    Buscemi F

    20th Asian Quantum Information Science Conference (AQIS 2020)  2020年12月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  36. Quantum entanglement: from basic question to technological resource 国際会議

    Buscemi F

    KIAS School of Computational Sciences, Online Colloqium Series  2020年11月24日  Korea Institute for Advanced Study

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  37. Optimal hiding/masking of quantum information 招待有り 国際会議

    Buscemi F

    Online Workshop on Quantum Information, Computation, and Foundations  2020年9月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Yukawa Institute for Theoretical Physics, Kyoto University  

  38. General state transitions with exact resource morphisms:a unified resource-theoretic approach-quantifying resources without using distillation or dilution 国際会議

    Zhou, W

    Young Researchers Forum on Quantum Information Science  2020年8月26日  National Tsing Hua University (NTHU)

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  39. Data-Driven Inference and Observationally Complete Devices 招待有り 国際会議

    Buscemi, F

    12th Italian Quantum Information Science Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:https://iqis2019.fisica.unimi.it/   国名:イタリア共和国  

  40. Statistical Comparison and Its Applications in Quantum Information Theory 招待有り 国際会議

    Buscemi, F

    Quantum Information Theory and Mathematical Physics 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:http://math.bme.hu/~mosonyi/QIMP2019/   国名:ハンガリー共和国  

  41. Data-driven inference and observationally complete devices 招待有り 国際会議

    Buscemi, F

    51th Symposium in Mathematical Physics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:https://fizyka.umk.pl/smp/smp51/   国名:ポーランド共和国  

  42. Data-driven inference and observationally complete devices 招待有り 国際会議

    Buscemi, F

    Quantum Information Revolution: Impact to Foundations 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:スウェーデン王国  

  43. Quantum statistical comparison, quantum majorization, and their applications to generalized resource theories 招待有り 国際会議

    Buscemi, F

    Mathematical Aspects in Current Quantum Information Theory (MAQIT) 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:http://www.math.snu.ac.kr/~hhlee/MAQIT_2019.html   国名:大韓民国  

  44. Quantum Correlations 招待有り 国際会議

    Francesco Buscemi

    Quantum Correlations Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:シンガポール共和国  

  45. Private quantum decoupling 招待有り 国際会議

    Francesco Buscemi

    3rd International Conference on Quantum Foundations 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:インド  

  46. Channels inclusion, falsification, and verification 招待有り 国際会議

    Francesco Buscemi

    Quantum Computation and Quantum Information Processing 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Beijing, China   国名:中華人民共和国  

  47. The information-disturbance tradeoff in quantum theory 招待有り 国際会議

    Francesco Buscemi

    Distinguished Visiting Researchers' Guest Lectures 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:台湾  

  48. Comparison of noisy channels and reverse data-processing theorems 招待有り 国際会議

    Francesco Buscemi

    2017 IEEE Information Theory Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kaohsiung, Taiwan   国名:台湾  

  49. Quantum statistical mechanics from the viewpoint of statistical decision theory 招待有り 国際会議

    Francesco Buscemi

    Quantum Information Science Seminar Series 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:台湾  

  50. The theory of quantum statistical comparison with some applications to quantum information science 招待有り 国際会議

    Francesco Buscemi

    Colloquia in Quantum Probability 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:イタリア共和国  

  51. Semiquantum games to verify quantum correlations in space and in time 招待有り 国際会議

    Francesco Buscemi

    Foundations of Quantum Mechanics and Technology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:スウェーデン王国  

  52. Approaching quantum thermodynamics from the viewpoint of statistical decision theory 招待有り 国際会議

    Francesco Buscemi

    The many facets of non-equilibrium physics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:イタリア共和国  

  53. Quantum Uncertainties 招待有り 国際会議

    Francesco Buscemi

    Colloquia in Applied Mathematics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:大韓民国  

  54. Quantum relative Lorenz curves 招待有り 国際会議

    Francesco Buscemi

    The JSAP Workshop on Quantum Information and Related Fields 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  55. A quantum Blackwell theorem for quantum channels 招待有り 国際会議

    Buscemi, F

    Workshop on Quantum Incompatibility 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  56. Information gain and disturbance in quantum measurements revisited 国際会議

    Buscemi, F

    16th Asian Quantum Information Science Conference (AQIS'16) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:台湾  

  57. The Theory of Statistical Comparison with Applications in Quantum Information Science 招待有り 国際会議

    Buscemi, F

    16th Asian Quantum Information Science Conference (AQIS'16) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:台湾  

  58. Reverse Data-Processing Theorems, Bayesian Structures, and Information Flow 招待有り 国際会議

    Buscemi, F

    Quantum Foundations Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:イタリア共和国  

  59. Thermodynamics as Statistical Comparison 招待有り 国際会議

    Buscemi, F

    Quantum and Beyond 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:スウェーデン王国  

  60. Reverse Data-Processing Theorems 招待有り 国際会議

    Buscemi, F

    Hong Kong Workshop on Quantum Information and Foundations 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ホンコン(香港)特別行政区  

  61. Some Quantum Blackwell Theorems and Applications 招待有り 国際会議

    Buscemi, F

    IQST Seminar Series 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:カナダ  

  62. "Conservation of Information" as a Principle 国際会議

    Buscemi, F.

    International Conference on Quantum Foundations 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月 - 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:インド  

  63. Statistics, dynamics, and second law(s) 国際会議

    Buscemi, F

    Non Markovian Quantum Dynamics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:イタリア共和国  

  64. Second laws as statistical comparisons 国際会議

    Buscemi, F

    32nd Quantum Information Technology Symposium (QIT) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  65. Which processes satisfy the data-processing principle? 国際会議

    Buscemi, F

    Sixth Nagoya Winter Workshop (NWW2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  66. A second-law-like converse to the data-processing inequality 国際会議

    Buscemi, F

    QI Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  67. Conservation of information and Markovianity 国際会議

    Buscemi, F

    Workshop on Quantum Metrology, Interaction, and Causal Structure 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  68. The Quantum Blackwell Theorem with some consequences 国際会議

    Buscemi, F

    CQIF Seminar Series 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:University of Cambridge, UK   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  69. The Quantum Blackwell Theorem with some applications 国際会議

    Buscemi, F

    QuLink Seminar Series 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  70. Noise and disturbance in quantum measurements: an information-theoretic approach

    Buscemi, F

    30th Quantum Information Technology Symposium (QIT) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

科研費 4

  1. Observational entropy and statistical inference: a mathematical study

    研究課題/研究課題番号:23K03230  2023年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    Buscemi F.

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    The goal of this research proposal is to establish the mathematical foundations of observational entropy, which is a quantity that plays a central role in the unification of thermodynamic and information-theoretic entropy, and in discussing the physical properties of systems out of equilibrium.

  2. 理論物理学のための量子情報理論基礎

    研究課題/研究課題番号:21H05183  2021年9月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  学術変革領域研究(A)

    森前 智行, 中田 芳史, Buscemi F., 東 浩司

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    宇宙や素粒子といった極限の領域における物理理論を構築し、物理現象を理解するために、量子情報のツールを用いてアプローチする。具体的には量子計算や量子誤り訂正符号、量子暗号、量子ランダムネス、量子チェンネル、量子ネットワークなどにおいて発展してきた理論をさらに進化させることにより、極限宇宙を理解するための言語を整備することを目指す。

  3. Algebraic and decision-theoretic ways into quantum resource theories

    研究課題/研究課題番号:20K03746  2020年4月 - 2023年3月

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

  4. 対話型証明の新展開-古典から量子まで

    研究課題/研究課題番号:19H04066  2019年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    西村 治道, ルガル フランソワ, 森前 智行, Buscemi F., 小澤 正直

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    今日の量子計算量理論において,対話型証明の概念は非常に大きな存在となっている.一方で,近年その実装へ向けて社会的注目を集める量子コンピュータはまだ小規模であり,量子メモリや量子通信は依然として高コストである.この状況を鑑みて,本研究では量子計算や量子通信が制限された量子対話型証明や量子計算に動機づけられた古典対話型証明,さらにはその中間的な対話型証明モデルに着目し,それらの対話型証明モデルについての計算量理論を展開する.これにより量子コンピュータの検証問題に対する新しい解決法を提案し,既存の量子対話型証明モデルや量子多項式階層理論を俯瞰的に捉えることができるような包括的成果を得ることを目指す.
    今年度は,昨年度より研究を開始した量子対話型証明の一形態とみなせる量子分散検証について,ネットワーク上でのデータの等価性判定問題に関する効率的な量子プロトコルを構築することに成功した.この量子プロトコルは,古典の分散検証で必要とする証明の長さを指数的に改善している.本成果は,分散計算の国際会議DISCや量子情報科学のトップカンファレンスQIPで発表が採択され,国際的に高い評価を受けたと考えられる.また,量子計算の古典計算機による検証については,前年度に引き続き,合理的証明の概念を利用した対話プロトコルを構築した.古典の対話型証明で使用されるsumcheckベースの合理的対話プロトコルを与え,さらには合理的証明と従来の対話型証明の間にある種の条件が成り立つときの等価性を与えることができた.他にも,上記の研究から派生した成果として,量子アルゴリズムや量子情報理論に関する成果を得ることができた.量子アルゴリズムについては,最小スタイナー木問題に対して,現時点での最速な古典アルゴリズムよりも高速な量子アルゴリズムを新たに構築する一方で,行列の特異値分解に関連する幾つかの問題について,量子アルゴリズムの概念を利用することにより,高速な古典アルゴリズムを構築することができた.量子情報理論においては,リソース理論における空間的に分離された様々なリソースを包含および一般化するフレームワークと,それらの非古典性を定量化するためのツールを開発することができた.
    前年度に引き続いて,量子分散検証や合理的証明による量子計算の検証について研究を進展させることができただけでなく,量子アルゴリズムや量子情報理論についても著名な国際会議や学術雑誌で発表することができたことによる.
    引き続き,量子計算の検証や量子分散検証を始めとする対話型証明の新しい研究展開を推進していく予定である.また,そこから派生する研究分野として,量子通信を含む量子アルゴリズムや,量子通信計算量,量子情報理論の研究を推進して,量子対話型証明の理解に応用していく予定である.