2021/04/02 更新

写真a

ウエグチ ミヤコ
上口 美弥子
UEGUCHI Miyako
所属
生物機能開発利用研究センター 教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
職名
教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 農学博士 ( 1987年11月   京都大学 ) 

研究キーワード 1

  1. ジベレリン/シグナル伝達/植物調節物質/分子育種/植物ホルモン

研究分野 4

  1. その他 / その他  / 植物生理・分子

  2. その他 / その他  / 育種学

  3. その他 / その他  / 構造生物化学

  4. その他 / その他  / 分子生物学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 結晶構造解析結果に基づいた核内受容体GID1のジベレリン受容とシグナル伝達の解析

  2. 植物ホルモン・ジベレリンを利用した高バイオマス植物の作出

  3. ジベレリン核内受容体GID1に特異的に作用する新規植物調節物質の探索

経歴 2

  1. 名古屋大学   生物機能開発利用研究センター   教授

    2020年5月 - 現在

  2. 名古屋大学   生物機能開発利用研究センター   准教授

    2008年8月 - 2020年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 京都大学   農学研究科   農芸化学専攻

    1982年4月 - 1986年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 京都大学   農学系研究科   農芸化学専攻

    1980年4月 - 1982年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 京都大学   農学部   農芸化学科

    1976年4月 - 1980年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 2

  1. 日本植物生理学会

    1999年 - 現在

  2. 日本農芸化学会

    1983年 - 現在

委員歴 1

  1. 日本農芸化学会・化学と生物   編集委員  

    2010年 - 2013年   

受賞 3

  1. Highly Cited Researchers 2016

    2016年   THOMSON REUTER  

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

  2. Highly Cited Researchers 2015

    2015年   THOMSON REUTER  

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

  3. Highly Cited Researchers 2014

    2014年   THOMSON REUTER  

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

 

論文 78

  1. The Dual Function of OsSWEET3a as a Gibberellin and Glucose Transporter Is Important for Young ShootDevelopment in Rice 査読有り 国際誌

    Morii Minami, Sugihara Akihiko, Takehara Sayaka, Kanno Yuri, Kawai Kyosuke, Hobo Tokunori, Hattori Masako, Yoshimura Hisako, Seo Mitsunori, Ueguchi-Tanaka Miyako

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   61 巻 ( 11 ) 頁: 1935 - 1945   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcaa130

    Web of Science

  2. A common allosteric mechanism regulates homeostatic inactivation of auxin and gibberellin 査読有り 国際誌

    Takehara Sayaka, Sakuraba Shun, Mikami Bunzo, Yoshida Hideki, Yoshimura Hisako, Itoh Aya, Endo Masaki, Watanabe Nobuhisa, Nagae Takayuki, Matsuoka Makoto, Ueguchi-Tanaka Miyako

    NATURE COMMUNICATIONS   11 巻 ( 1 )   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-020-16068-0

    Web of Science

  3. Evolution and diversification of the plant gibberellin receptor GID1 査読有り 国際誌

    Yoshida Hideki, Tanimoto Eiichi, Hirai Takaaki, Miyanoiri Yohei, Mitani Rie, Kawamura Mayuko, Takeda Mitsuhiro, Takehara Sayaka, Hirano Ko, Kainosho Masatsune, Akagi Takashi, Matsuoka Makoto, Ueguchi-Tanaka Miyako

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   115 巻 ( 33 ) 頁: E7844 - E7853   2018年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1806040115

    Web of Science

  4. DELLA protein functions as a transcriptional activator through the DNA binding of the INDETERMINATE DOMAIN family proteins. 査読有り 国際誌

    3. Yoshida, H., Hirano, K., Sato, T., Mitsuda, N., Nomoto, M., Maeo, K., Koketsu, E., Mitani, R., Kawamura, M., Ishiguro, S., Tada, Y., Ohme-Takagi, M., Matsuoka, M., Ueguchi-Tanaka, M.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   111 巻   頁: 7861-7866   2014年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DELLA protein is a key negative regulator of gibberellin (GA) signaling. Although how DELLA regulates downstream gene expression remains unclear, DELLA has been proposed to function as a transcriptional activator. However, because DELLA lacks a DNA-binding domain, intermediate protein(s) mediating the DELLA/DNA interaction are believed to be necessary for activating DELLA target genes. Here, using yeast hybrid screenings, we identified five members of indeterminate domain (IDD) protein family which bind physically to both DELLA and the promoter sequence of the GA-positive regulator SCARECROW-LIKE 3 (SCL3), which previously was characterized as a DELLA direct target gene. Transient assays using Arabidopsis protoplasts demonstrated that a luciferase reporter controlled by the SCL3 promoter was additively transactivated by REPRESSOR of ga1-3 (RGA) and IDDs. Phenotypic analysis of transgenic plants expressing AtIDD3 (one of the 16 IDDs in the Arabidopsis genome) fused with the plant-specific repression domain (SRDX) supported the possibility that AtIDD3 is positively involved in GA signaling. In addition, we found that SCL3 protein also interacts with IDDs, resulting in the suppression of its target gene expression. In this context, DELLA and SCL3 interact competitively with IDD proteins to regulate downstream gene expression. These results suggest that the coregulators DELLA and SCL3, using IDDs as transcriptional scaffolds for DNA binding, antagonistically regulate the expression of their downstream targets to control the GA signaling pathway.

    DOI: 10.1073/pnas.1321669111

  5. Antheridiogen determines sex in ferns via a spatiotemporally split gibberellin synthesis pathway. 査読有り 国際誌

    Tanaka, J., Yano, K., Aya, K., Hirano, K., Takehara, S., Kouketsu, E., Ordonio, RL., Park, S-H., Nakajima, M., Ueguchi-Tanaka, M., Matsuoka, M.

    Science   346 巻   頁: 469 - 473   2014年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Some ferns possess the ability to control their sex ratio to maintain genetic variation in their colony with the aid of antheridiogen pheromones, antheridium (male organ)-inducing compounds that are related to gibberellin. We determined that ferns have evolved an antheridiogen-mediated communication system to produce males by modifying the gibberellin biosynthetic pathway, which is split between two individuals of different developmental stages in the colony. Antheridiogen acts as a bridge between them because it is more readily taken up by prothalli than bioactive gibberellin. The pathway initiates in early-maturing prothalli (gametophytes) within a colony, which produce antheridiogens and secrete them into the environment. After the secreted antheridiogen is absorbed by neighboring late-maturing prothalli, it is modified in to bioactive gibberellin to trigger male organ formation.

    DOI: 10.1126/science.1259923

  6. The Gibberellin perception system evolved to regulate a pre-existing GAMYB-mediated system during land plant evolution. 査読有り 国際誌

    Aya K, Hiwatashi Y, Kojima M, Sakakibara H, Ueguchi-Tanaka M, Hasebe M, Matsuoka M.

    Nature commun.   2 巻 ( 544 ) 頁: 1 - 9   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ncomms1552

  7. Structural basis for gibberellin recognition by its receptor GID1. 査読有り 国際誌

    Shimada A, Ueguchi-Tanaka M, Nakatsu T, Nakajima M, Naoe Y, Ohmiya H, Kato H, Matsuoka M.

    Nature   456 巻 ( 7221 ) 頁: 520-523   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nature07546

  8. GIBBERELLIN INSENSITIVE DWARF1 encodes a soluble receptor for gibberellin. 査読有り 国際共著 国際誌

    Ueguchi-Tanaka, M., Ashikari, M., Nakajima, M., Itoh, H., Katoh, E., Kobayashi, M., Chow, T.-Y., Hsing, Y.C., Kitano, H., Yamaguchi, I. and Matsuoka, M.

    Nature   437 巻 ( 7059 ) 頁: 693-698   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nature04028.

  9. Accumulation of phosphorylated repressor for gibberellin signaling in an F-box mutant. 査読有り 国際誌

    Sasaki, A., Itoh, H., Gomi, K., Ueguchi-Tanaka, M., Ishiyama, K., Kobayashi, M., Jeong, D.H., An, G., Kitano, H., Ashikari, M. and Matsuoka, M.

    Science   299 巻 ( 5614 ) 頁: 1896-1898   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.1081077

  10. A mutant gibberellin-synthesis gene in rice. 査読有り 国際共著

    Sasaki, A., Ashikari, M., Ueguchi-Tanaka, M., Itoh, H., Nishimura, A., Swapan, D., Ishiyama, K., Saito, T., Kobayashi, M., Khush, G.S., Kitano, H. and Matsuoka, M.

    Nature   416 巻 ( 6882 ) 頁: 701-702   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/416701a

  11. Diverse panicle architecture results from various combinations ofPrl5/GA20ox4 and Pbl6/APO1alleles 査読有り 国際誌

    Agata Ayumi, Ando Koki, Ota Sadayuki, Kojima Mikiko, Takebayashi Yumiko, Takehara Sayaka, Doi Kazuyuki, Ueguchi-Tanaka Miyako, Suzuki Takamasa, Sakakibara Hitoshi, Matsuoka Makoto, Ashikari Motoyuki, Inukai Yoshiaki, Kitano Hidemi, Hobo Tokunori

    COMMUNICATIONS BIOLOGY   3 巻 ( 1 )   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s42003-020-1036-8

    Web of Science

  12. Future Strategy of Breeding: Learn by Two Important Genes of Miracle Rice 査読有り 国際誌

    Kawai Kyosuke, Ueguchi-Tanaka Miyako, Matsuoka Makoto

    MOLECULAR PLANT   13 巻 ( 6 ) 頁: 823 - 824   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.molp.2020.05.001

    Web of Science

  13. GWAS with principal component analysis identifies a gene comprehensively controlling rice architecture 査読有り 国際誌

    Yano Kenji, Morinaka Yoichi, Wang Fanmiao, Huang Peng, Takehara Sayaka, Hirai Takaaki, Ito Aya, Koketsu Eriko, Kawamura Mayuko, Kotake Kunihiko, Yoshida Shinya, Endo Masaki, Tamiya Gen, Kitano Hidemi, Ueguchi-Tanaka Miyako, Hirano Ko, Matsuoka Makoto

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   116 巻 ( 42 ) 頁: 21262 - 21267   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1073/pnas.1904964116

    Web of Science

  14. OsIDD2, a zinc finger and INDETERMINATE DOMAIN protein, regulates secondary cell wall formation 査読有り 国際誌

    Huang P, Yoshida H, Yano K, Kinoshita S, Kawai K, Koketsu E, Hattori M, Takehara S, Huang J, Hirano K, Ordonio RL, Matsuoka M, Ueguchi-Tanaka M.

    J Integr Plant Biol.   60 巻 ( 2 ) 頁: 130-143   2018年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Regulation of Strigolactone Biosynthesis by Gibberellin Signalingl 査読有り 国際誌

    Ito Shinsaku, Yamagami Daichi, Umehara Mikihisa, Hanada Atsushi, Yoshida Satoko, Sasaki Yasuyuki, Yajima Shunsuke, Kyozuka Junko, Ueguchi-Tanaka Miyako, Matsuoka Makoto, Shirasu Ken, Yamaguchi Shinjiro, Asami Tadao

    PLANT PHYSIOLOGY   174 巻 ( 2 ) 頁: 1250-1259   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1104/pp.17.00301

    Web of Science

  16. SMALL ORGAN SIZE 1 and SMALL ORGAN SIZE 2/DWARF AND LOW-TILLERING Form a Complex to Integrate Auxin and Brassinosteroid Signaling in Rice 査読有り 国際誌

    Hirano Ko, Yoshida Hideki, Aya Koichiro, Kawamura Mayuko, Hayashi Makoto, Hobo Tokunori, Sato-Izawa Kanna, Kitano Hidemi, Ueguchi-Tanaka Miyako, Matsuoka Makoto

    MOLECULAR PLANT   10 巻 ( 4 ) 頁: 590-604   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.molp.2016.12.013

    Web of Science

  17. Comprehensive gene expression analysis of rice aleurone cells: probing the existence of an alternative gibberellin receptor. 査読有り 国際誌

    Yano K., Aya K., Hirano K., Ordonio RL., Ueguchi-Tanaka, M., Matsuoka, M.

    Plant physiology   167 巻 ( 2 ) 頁: 531-544   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Expression and purification of a GRAS domain of SLR1, the rice DELLA protein. 査読有り 国際誌

    Sato T, Miyanoiri Y, Takeda M, Naoe Y, Mitani R, Hirano K, Takehara S, Kainosho M, Matsuoka M, Ueguchi-Tanaka M, Kato H.

    Protein Expr Purif.     2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. DELLA and SCL3 balance gibberellin feedback regulation by utilizing INDETERMINE DOMAIN proteins as transcriptional scaffolds. 査読有り 国際誌

    Yoshida, H., Ueguchi-Tanaka, M.

    Plant Signal Behav.   9 巻   頁: e29726   2014年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DELLA proteins are key negative regulators in the phytohormone gibberellin's (GA) signaling. In addition to this role, the DELLA proteins upregulate the gene expression levels of the positive regulators in GA signaling, such as GA 20-oxidase, GA receptor, and a transcriptional regulator, SCARECROW-LIKE3 (SCL3), which enables the regulation of GA feedback. Since DELLAs lack a known DNA binding domain, other transcription factor(s) that recruit DELLAs to DNA are essential for this regulation. Recently, we showed that the INDETERMINATE DOMAIN family proteins serve as transcriptional scaffolds to exert the transactivation activity of DELLAs. This finding and further analyses regarding the function of SCL3 indicate that the balance of the DELLAs and SCL3 protein levels (both are GRAS proteins) regulates downstream gene expression through IDDs binding to DNA. Here, we review the regulatory system in plants similar to ours and also discuss the interactive network between GRAS and IDD proteins.

  20. New approach to increasing rice lodging resistance and biomass yield through the use of high gibberellin producing varieties 査読有り 国際誌

    Okuno, A., Hirano, K., Asano, K., Takase, W., Masuda, R., Morinaka, Y., Ueguchi-Tanaka, M., Kitano, H., Matsuoka, M.

    PLoS One   9 巻   頁: e86870   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Traditional breeding for high-yielding rice has been dependent on the widespread use of fertilizers and the cultivation of gibberellin (GA)-deficient semi-dwarf varieties. The use of semi-dwarf plants facilitates high grain yield since these varieties possess high levels of lodging resistance, and thus could support the high grain weight. Although this approach has been successful in increasing grain yield, it is desirable to further improve grain production and also to breed for high biomass. In this study, we re-examined the effect of GA on rice lodging resistance and biomass yield using several GA-deficient mutants (e.g. having defects in the biosynthesis or perception of GA), and high-GA producing line or mutant. GA-deficient mutants displayed improved bending-type lodging resistance due to their short stature; however they showed reduced breaking-type lodging resistance and reduced total biomass. In plants producing high amounts of GA, the bending-type lodging resistance was inferior to the original cultivars. The breaking-type lodging resistance was improved due to increased lignin accumulation and/or larger culm diameters. Further, these lines had an increase in total biomass weight. These results show that the use of rice cultivars producing high levels of GA would be a novel approach to create higher lodging resistance and biomass.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0086870

  21. AP2-Type Transcription Factor, SMALL ORGAN SIZE1, Controls Organ Size Downstream of an Auxin Signaling Pathway 査読有り 国際誌

    5. Aya, K., Hobo, T., Sato-Izawa, K., Ueguchi-Tanaka, M, Kitano, H., Matsuoka, M.

    Plant Cell Physiol.   55 巻   頁: 897-912   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The organ size of flowering plants is determined by two post-embryonic developmental events: cell proliferation and cell expansion. In this study, we identified a new rice loss-of-function mutant, small organ size1 (smos1), that decreases the final size of various organs due to decreased cell size and abnormal microtubule orientation. SMOS1 encodes an unusual APETALA2 (AP2)-type transcription factor with an imperfect AP2 domain, and its product belongs to the basal AINTEGUMENTA (ANT) lineage, including WRINKLED1 (WRI1) and ADAP. SMOS1 expression was induced by exogenous auxin treatment, and the auxin response element (AuxRE) of the SMOS1 promoter acts as a cis-motif through interaction with auxin response factor (ARF). Furthermore, a functional fluorophore-tagged SMOS1 was localized to the nucleus, supporting the role of SMOS1 as a transcriptional regulator for organ size control. Microarray analysis showed that the smos1 mutation represses expression of several genes involved in microtubule-based movement and DNA replication. Among the down-regulated genes, we demonstrated by gel-shift and chromatin immunoprecipitation (ChIP) experiments that OsPHI-1, which is involved in cell expansion, is a target of SMOS1. SMOS1 homologs in early-diverged land plants partially rescued the smos1 phenotype of rice. We propose that SMOS1 acts as an auxin-dependent regulator for cell expansion during organ size control, and that its function is conserved among land plants.

    DOI: 10.1093/pcp/pcu023

  22. Molecular determinants that convert hormone sensitive lipase into gibberellin receptor. 査読有り 国際誌

    Hirano K, Aya K, Matsuoka M, Ueguchi-Tanaka M.

    Protein Pept Lett.   19 巻 ( 2 ) 頁: 180-185   2012年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pep.2014.01.006

  23. The Suppressive Function of the Rice DELLA Protein SLR1 is Dependent on its Transcriptional Activation Activity 査読有り 国際誌

    Hirano K, Kouketu E, Katoh H, Aya K, Ueguchi-Tanaka M, Matsuoka M.

    Plant J.   71 巻 ( 3 ) 頁: 443 - 453   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-313X.2012.05000.x

  24. Thermodynamic characterization of OsGID1-gibberellin binding using calorimetry and docking simulations. 査読有り 国際誌

    Xiang H, Takeuchi H, Tsunoda Y, Nakajima M, Murata K, Ueguchi-Tanaka M, Kidokoro S, Kezuka Y, Nonaka T, Matsuoka M, Katoh E.

    J Mol Recognit.   24 巻   頁: 275-282   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jmr.1049

  25. Characterization of the molecular mechanism underlying gibberellin perception complex formation in rice. 査読有り 国際誌

    Hirano K, Asano K, Tsuji H, Kawamura M, Mori H, Kitano H, Ueguchi-Tanaka M, Matsuoka M.

    Plant Cell   22 巻   頁: 2680-2696   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.110.075549

  26. A rice gid1 suppressor mutant reveals that gibberellin is not always required for interaction between its receptor, GID1, and DELLA proteins. 査読有り 国際誌

    Yamamoto Y, Hirai T, Yamamoto E, Kawamura M, Sato T, Kitano H, Matsuoka M, Ueguchi-Tanaka M.

    Plant Cell   22 巻   頁: 3589-3602   2010年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.110.074542

  27. Isolation and characterization of dominant dwarf mutants, Slr1-d, in rice 査読有り 国際誌

    Asano K, Hirano K, Ueguchi-Tanaka M, Angeles-Shim RB, Komura T, Satoh H, Kitano H, Matsuoka M, Ashikari M.

    Mol Genet Genomics.   281 巻 ( 2 ) 頁: 223-231   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00438-008-0406-6

  28. Gibberellin modulates anther development in rice via the transcriptional regulation of GAMYB. 査読有り 国際誌

    Aya K, Ueguchi-Tanaka M, Kondo M, Hamada K, Yano K, Nishimura M, Matsuoka M.

    Plant Cell.   21 巻 ( 5 ) 頁: 1453-1472   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.108.062935

  29. Highly sensitive and high-throughput analysis of plant hormones using MS-probe modification and liquid chromatography-tandem mass spectrometry: an application for hormone profiling in Oryza sativa. 査読有り 国際誌

    Kojima M, Kamada-Nobusada T, Komatsu H, Takei K, Kuroha T, Mizutani M, Ashikari M, Ueguchi-Tanaka M, Matsuoka M, Suzuki K, Sakakibara H.

    Plant Cell Physiol.   50 巻 ( 7 ) 頁: 1201-1214   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcp057

  30. Differential expression and affinities of Arabidopsis gibberellin receptors can explain variation in phenotypes of multiple knock-out mutants. 査読有り 国際誌

    Suzuki H, Park SH, Okubo K, Kitamura J, Ueguchi-Tanaka M, Iuchi S, Katoh E, Kobayashi M, Yamaguchi I, Matsuoka M, Asami T, Nakajima M.

    Plant J.   60 巻 ( 1 ) 頁: 48-55   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-313X.2009.03936.x

  31. Release of the repressive activity of rice DELLA protein SLR1 by gibberellin does not require SLR1 degradation in the gid2 mutant. 査読有り 国際誌

    Ueguchi-Tanaka M, Hirano K, Hasegawa Y, Kitano H, Matsuoka M.

    Plant Cell   20 巻 ( 9 ) 頁: 2437-2446   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.108.061648

  32. Comprehensive transcriptome analysis of phytohormone biosynthesis and signaling genes in microspore/pollen and tapetum of rice. 査読有り 国際誌

    Hirano K, Aya K, Hobo T, Sakakibara H, Kojima M, Shim RA, Hasegawa Y, Ueguchi-Tanaka M, Matsuoka M.

    Plant Cell Physiol.   49 巻 ( 10 ) 頁: 1429-1450   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcn123

  33. Functional analysis of cotton orthologs of GA signal transduction factors GID1 and SLR1. 査読有り 国際誌

    Aleman L, Kitamura J, Abdel-mageed H, Lee J, Sun Y, Nakajima M, Ueguchi-Tanaka M, Matsuoka M, Allen RD.

    Plant Mol Biol.   68 巻 ( 1-2 ) 頁: 1-16   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11103-008-9347-z

  34. Multiple loss-of-function of Arabidopsis gibberellin receptor AtGID1s completely shuts down a gibberellin signal. 査読有り 国際誌

    Iuchi, S. Suzuki, H., Kim, Y.C., Iuchi, A., Kuromori, T., Ueguchi-Tanaka, M., Asami, T., Yamaguchi, I., Matsuoka, M., Kobayashi, M. and Nakajima, M.

    Plant J.   50 巻   頁: 958-966   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-313X.2007.03098.x

  35. Gibberellin regulates pollen viability and pollen tube growth in rice. 査読有り 国際誌

    Chhun, T., Aya, K., Asano, K., Yamamoto, E., Morinaka, Y. Watanabe, M., Kitano, H., Ashikari, M., Matsuoka, M. and Ueguchi-Tanaka, M.

    Plant Cell   19 巻 ( 12 ) 頁: 3876-3888   2007年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.107.054759

  36. The GID1-mediated gibberellin perception mechanism is conserved in the Lycophyte Selaginella moellendorffii but not in the Bryophyte Physcomitrella patens. 査読有り 国際誌

    Hirano, K., Nakajima, M., Asano, K., Nishiyama, T., Sakakibara, H., Kojima, M., Katoh, E., Xiang, H., Tanahashi, T., Hasebe, M., Banks, J.A., Ashikari, M., Kitano, H., Ueguchi-Tanaka, M. and Matsuoka, M.

    Plant Cell   19 巻 ( 10 ) 頁: 3058-3079   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.107.051524

  37. Molecular interactions of a soluble gibberellin receptor, GID1, with a rice DELLA protein, SLR1 and gibberellin. 査読有り 国際誌

    Ueguchi-Tanaka, M., Nakajima, M., Katoh, E., Ohiya, H., Asano, K., Saji, S., Hongyu, X., Ashikari, M., Kitano H., Yamaguchi, I. and Matsuoka, M. (2007)

    Plant Cell   19 巻 ( 7 ) 頁: 2140-2155   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.106.043729

  38. The rice SPINDLY gene functions as a negative regulator of gibberellin signaling by controlling the suppressive function of the DELLA protein, SLR1, and modulating brassinosteroid synthesis. 査読有り 国際誌

    Shimada, A., Ueguchi-Tanaka, M., Sakamoto, T., Fujioka, S., Takatsuto, S., Yoshida, S., Sazuka, T., Ashikari, M. and Matsuoka, M.

    Plant J.   48 巻 ( 3 ) 頁: 390-402   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-313X.

  39. GAMYB controls different sets of genes and is differentially regulated by microRNA in aleurone cells and anthers. 査読有り 国際誌

    Tsuji, H., Aya, K., Ueguchi-Tanaka, M., Shimada, Y., Nakazono, M., Watanabe, R., Nishizawa, N-K., Gomi, K., Shimada, A., Kitano, H., Ashikari, M. and Matsuoka, M.

    Plant J.   47 巻 ( 3 ) 頁: 427-444   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-313X.2006.02795.x

  40. Identification and characterization of Arabidopsis gibberellin receptor. 査読有り 国際誌

    Nakajima, M., Shimada, A., Takashi, Y., Kim, Y-C., Park, S-H., Ueguchi-Tanaka, M., Suzuki, H., Katoh, E., Iuchi, S., Kobayashi, M., Maeda, T., Matsuoka, M. and Yamaguchi, I.

    Plant J.   46 巻 ( 5 ) 頁: 880-889   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. The role of OsBRI1 and its homologous genes, OsBRL1 and OsBRL3, in rice. 査読有り 国際誌

    Nakamura, A., Fujioka, S., Sunohara, H., Kamiya, N., Hong, Z., Inukai, Y., Miura, K., Takatsuto, S., Yoshida, S., Ueguchi-Tanaka, M., Hasegawa, Y., Kitano, H. and Matsuoka, M.

    Plant Physiol.   140 巻 ( 2 ) 頁: 580-590   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1104/pp.105.072330

  42. Erect leaves caused by brassinosteroid deficiency increase biomass production and grain yield in rice. 査読有り 国際誌

    Sakamoto, T., Morinaka, Y., Ohnishi, T., Sunohara, H, Fujioka, S., Ueguchi-Tanaka, M., Mizutani, M., Sakata, K., Takatsuto, S., Yoshida, S., Tanaka, H., Kitano, H. and Matsuoka, M.

    Nature Biotech.   24 巻 ( 1 ) 頁: 105-109   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nbt1173

  43. Dissection of the Phosphorylation of Rice DELLA Protein, SLENDER RICE1. 査読有り 国際誌

    Itoh, H., Sasaki, A., Ueguchi-Tanaka, M., Ishiyama, K., Kobayashi, M., Hasegawa, Y., Minami, E., Ashikari, M. and Matsuoka, M.

    Plant Cell Physiol.   46 巻 ( 8 ) 頁: 1392-1399   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pci152

  44. The rice brassinosteroid-deficient dwarf2 mutant, defective in the rice homolog of Arabidopsis DIMINUTO/DWARF1 , is rescued by the endogenously accumulated alternative bioactive brassinosteroid, dolichosterone. 査読有り 国際誌

    Hong, Z., Ueguchi-Tanaka, M., Fujioka, S., Takatsuto, S., Yoshida, S., Hasegawa, Y., Ashikari, M., Kitano, H. and Matsuoka, M.

    Plant Cell   17 巻 ( 8 ) 頁: 2243-2254   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.105.030973

  45. Analysis of the rice mutant dwarf and gladius leaf 1: aberrant katanin-mediated microtubule organization causes up-regulation of gibberellin biosynthetic genes independently of gibberellin signaling. 査読有り 国際誌

    Komorisono, M., Ueguchi-Tanaka, M., Aichi, I., Hasegawa, Y., Ashikari, M., Kitano, H., Matsuoka, M. and Sazuka T.

    Plant Physiol.   138 巻 ( 4 ) 頁: 1982-1993   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1104/pp.105.062968

  46. Crown rootless1, which is essential for crown root formation in rice, is a target of an AUXIN RESPONSE FACTOR in auxin signaling. 査読有り 国際誌

    Inukai, Y., Sakamoto, T., Ueguchi-Tanaka, M., Shibata, Y., Gomi, K., Umemura, I., Hasegawa, Y., Ashikari, M., Kitano, H. and Matsuoka, M.

    Plant Cell   17 巻 ( 5 ) 頁: 1387-1396   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.105.030981

  47. Overexpression of a GRAS protein lacking the DELLA domain confers altered gibberellin responses in rice. 査読有り 国際誌

    Itoh, H., Shimada, A., Ueguchi-Tanaka, M., Kamiya, N., Hasegawa, Y., Ashikari, M. and Matsuoka, M.

    Plant J.   44 巻 ( 4 ) 頁: 669-679   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-313X.2006.02795.x

  48. Two rice GRAS family genes responsive to N-acetylchitooligosaccharide elicitor are induced by phytoactive gibberellins: evidence for cross-talk between elicitor and gibberellin signaling in rice cells. 査読有り 国際誌

    Day, R.B., Tanabe, S., Koshioka, M., Mitsui, T., Itoh, H., Ueguchi-Tanaka, M., Matsuoka, M., Kaku, H., Shibuya, N. and Minami, E.

    Plant Mol. Biol.   54 巻 ( 2 ) 頁: 261-272   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1023/B:PLAN.0000028792

  49. An overview of gibberellin metabolism enzyme genes and their related mutants in rice. 査読有り 国際誌

    Sakamoto, T., Miura, K., Itoh, H., Tatsumi, T., Ueguchi-Tanaka, M., Ishiyama, K., Kobayashi, M., Agrawal, G.K., Takeda, S., Abe, K., Miyao, A., Hirochika, H., Kitano, H., Ashikari, M. and Matsuoka, M.

    Plant Physiol.   134 巻 ( 4 ) 頁: 1642-1653   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1104/pp.103.033696

  50. GID2, an F-box subunit of the SCF E3 complex, specifically interacts with phosphorylated SLR1 protein and regulates the gibberellin-dependent degradation of SLR1 in rice. 査読有り 国際誌

    Gomi, K., Sasaki, A., Itoh, H., Ueguchi-Tanaka, M., Ashikari, M., Kitano, H. and Matsuoka, M.

    Plant J.   37 巻 ( 4 ) 頁: 626-634   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-313x

  51. Loss-of-function mutations of the rice GAMYB gene impair the α-amylase expression in aleurone and flower development. 査読有り 国際誌

    Kaneko, M., Inukai, Y., Ueguchi-Tanaka, M., Itoh, H., Izawa, T., Kobayashi, Y., Hattori, T., Miyao, A., Hirochika, H., Ashikari, M. and Matsuoka, M.

    Plant Cell   16 巻 ( 1 ) 頁: 33-44   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.017327

  52. The OsTB1 gene negatively regulates lateral branching in rice. 査読有り 国際誌

    Takeda, T., Sawa, Y., Suzuki, M., Kitano, H., Ueguchi-Tanaka, M., Ashikari, M., Matsuoka, M. and Ueguchi, C.

    Plant J.   33 巻 ( 3 ) 頁: 513-520   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.1365-313x.2003.01648.x

  53. A rice brassinosteroid-deficient mutant, ebisu dwarf (d2), is caused by a loss-of-function of a new member of cytochrome P450. 査読有り 国際誌

    Hong, Z., Ueguchi-Tanaka, M., Umemura, K., Uozu, S., Fujioka, S., Takatsuoto, S., Yoshida, S., Ashikari, M., Kitano, H. and Matsuoka, M.

    Plant Cell   15 巻 ( 12 ) 頁: 2900-2910   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.014712

  54. Where do gibberellin biosynthesis and gibberellin signaling occur in rice plants? 査読有り 国際誌

    Kaneko, M., Itoh, H., Inukai, Y., Sakamoto, T., Ueguchi-Tanaka, M., Ashikari, M. and Matsuoka, M.

    Plant J.   35 巻 ( 1 ) 頁: 104-115   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.1365-313x.2003.01780.x

  55. The gibberellin signaling pathway is regulated by the appearance and disappearance of SLENDER RICE1 in nuclei. 査読有り 国際誌

    Itoh, H., Ueguchi-Tanaka, M., Sato, Y., Ashikari, M. and Matsuoka, M.

    Plant Cell   14 巻 ( 1 ) 頁: 57-70   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.010319

  56. Modification of Rice Plant Height by Suppressing the Height-Controlling Gene, D18, in Rice. 査読有り

    Itoh, H., Ueguchi-Tanaka, M., Sakamoto, T., Kayano, T., Tanaka, H., Ashikari, M. and Matsuoka, M.

    Breeding Science   52 巻 ( 3 ) 頁: 215-218   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Loss-of-function of a rice brassinosteroid biosynthetic enzyme, C-6 oxidase, prevents the organized arrangement and polar elongation of cells in the leaves and stem. 査読有り 国際誌

    Hong, Z., Ueguchi-Tanaka, M., Shimizu-Sato, S., Inukai, Y., Fujioka, S., Shimada, Y., Takatsuto, S., Agetsuma, M., Yoshida, S., Watanabe, Y., Uozu, S., Kitano, H., Ashikari, M. and Matsuoka, M.

    Plant J.   32 巻 ( 4 ) 頁: 495-508   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.1365-313x.2002.01438.x

  58. Loss-of-function of a rice gibberellin biosynthetic gene, GA20 oxidase(GA20ox-2), led to the rice `Green Revolution'. 査読有り

    Ashikari, M., Sasaki, A., Ueguchi-Tanaka, M., Itoh, H., Nishimura, A., Datta, S., Ishiyama, K., Saito, T., Kobayashi, M., Khush, G.S., Kitano, H. and Matsuoka, M.

    Breeding Science   52 巻 ( 2 ) 頁: 143-150   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. The α-Amylase induction in endosperm during rice seed germination is caused by gibberellin synthesized in epithelium. 査読有り 国際誌

    Kaneko, M., Itoh, H., Ueguchi-Tanaka, M., Ashikari, M. and Matsuoka, M.

    Plant Physiol.   128 巻 ( 4 ) 頁: 1264-1270   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1104/pp.010785

  60. KNOX homeodomain protein directly suppresses the expression of a gibberellin biosynthetic gene in the tobacco shoot apical meristem. 査読有り 国際誌

    Sakamoto, T., Kamiya, N., Ueguchi-Tanaka, M., Iwahori, S. and Matsuoka, M.

    Genes and Development   15 巻 ( 5 ) 頁: 581-590   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1101/gad.867901

  61. slender rice, a constitutive gibberellin response mutant, is caused by a null mutation of the SLR1 Gene, an ortholog of the height-regulating gene GAI/RGA/RHT/D8. 査読有り 国際誌

    Ikeda, A., Ueguchi-Tanaka, M., Sonoda, Y., Kitano, H., Koshioka, M., Futsuhara, Y., Matsuoka, M. and Yamaguchi, J.

    Plant Cell   13 巻 ( 5 ) 頁: 999-1010   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.13.5.999

  62. Cloning and functional analysis of two gibberellin 3β-hydoroxylase genes that are differently expressed during the growth of rice. 査読有り 国際誌

    Itoh, H., Ueguchi-Tanaka, M., Sentoku, N., Kitano, H., Matsuoka, M. and Kobayashi, M.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   98 巻 ( 15 ) 頁: 8909-8914   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.141239398

  63. Molecular analysis of the NAC gene family in rice. 査読有り 国際誌

    Kikuchi, K., Ueguchi-Tanaka, M., Yoshida, K. T., Nagato, Y., Matsuoka, M. and Hirano, H.-Y.

    Mol. Gen. Genet.   262 巻 ( 6 ) 頁: 1047-1051   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/pl00008647

  64. Rice dwarf mutant d1, which is defective in the α subunit of the heterotrimeric G protein, affects gibberellin signal transduction. 査読有り 国際誌

    Ueguchi-Tanaka, M., Fujisawa, Y., Kobayashi, M., Ashikari, M., Iwasaki, Y., Kitano, H. and Matsuoka, M.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   97 巻 ( 21 ) 頁: 11638-11643   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.97.21.11638

  65. Characterization of XET-related genes of rice. 査読有り 国際誌

    Uozu, S., Ueguchi-Tanaka, M., Kitano, H., Hattori, K. and Matsuoka, M.

    Plant Physiol.   122 巻 ( 3 ) 頁: 853-859   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1104/pp.122.3.853

  66. The gene encoding tobacco gibberellin 3β-hydoroxylase is expressed at the site of GA action during stem elongation and flower organ development. 査読有り 国際誌

    Itoh, H., Ueguchi-Tanaka, M., Kawaide, H., Chen, X., Kamiya, Y. and Matsuoka, M.

    Plant J.   20 巻 ( 1 ) 頁: 15-24   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.1365-313x.1999.00568.x

  67. Over-expression of a tobacco homeobox gene, NTH15, decreases the expression of a gibberellin biosynthetic gene encoding GA 20-oxidase 査読有り 国際誌

    Ueguchi-Tanaka, M., Itoh, H., Oyama, N., Koshioka, M. and Matsuoka, M.

    Plant J.   15 巻 ( 3 ) 頁: 391-400   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. 高速液体クロマトグラフィーによる果実中のチアベンダゾール、オルトフェニルフェノール、ジフェニルの迅速同時定量 査読有り

    堀伸二郎、上口美弥子、西宗高弘、横山浩

    防菌防黴誌   18 巻 ( 2 ) 頁: 57-62   1990年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Polymerase chain reaction 法を用いたコレラ毒素遺伝子の迅速診断法. 査読有り

    医学のあゆみ   150 巻 ( 6,7 ) 頁: 509-510   1989年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. A th-1 mutant of Arabidopsis thaliana is defective for a thiamin-phosphate-synthesizing enzyme: thiamin phosphate pyrophosphorylase. 査読有り 国際誌

    Komeda, Y., Tanaka, M. and Nishimune, T.

    Plant Physiol.   88 巻   頁: 248-250   1988年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1104/pp.88.2.248

  71. Biotin assay using lyophilized and glycerol-suspended cultures. 査読有り

    Tanaka, M., Izumi, Y. and Yamada, H.

    J. Microbiol. Methods   6 巻   頁: 237-246   1987年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/0167-7012(87)90052-2

  72. Enzymatic assay of biotin using biotinyl-CoA synthetase. 査読有り

    Tanaka, M., Izumi, Y. and Yamada, H.

    Agric. Biol. Chem.   51 巻 ( 9 ) 頁: 2585-2586   1987年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Enzymatic production of α-dehydrobiotin from biotin. 査読有り

    Tanaka, M., Yamamoto, H., Izumi, Y. and Yamada, H.

    J. Biotechnol.   5 巻   頁: 209-220   1987年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Reinvestigation of compound X a suspected biotin intermediate: identification of N-formyl derivatives of biotin and dethiobiotin. 査読有り

    Tanaka, M., Tamura, K., Izumi, Y. and Yamada, H.

    J. Nutr. Sci. Vitaminol.   32 巻   頁: 279-286   1986年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Purification and properties of biotinyl-CoA synthetase from Mycoplana sp. No. 166. 査読有り 国際誌

    Tanaka, M., Yamamoto, H., Izumi, Y. and Yamada, H.

    Arch. Biochem. Biophys.   251 巻 ( 2 ) 頁: 479-486   1986年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Bacterial degradation of biotin and dethiobiotin: isolation and identification of β-hydroxy and keto metabolites. 査読有り

    Tanaka, M., Izumi, Y., Nakamura, K. and Yamada, H.

    Agric. Biol. Chem.   50 巻 ( 2 ) 頁: 311-316   1986年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Formation of biotinyl-CoA synthetase, the first enzyme involved in microbial biotin degradation. 査読有り

    Yamada, H., Tanaka, M. and Izumi, Y.

    Agric. Biol. Chem.   48 巻 ( 8 ) 頁: 2039-2045   1984年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Biotin overproduction by biotin analog-resistant mutants of Bacilllus sphaericus. 査読有り

    Yamada, H., Tanaka, M., Tani, Y. and Izumi, Y.

    Agric. Biol. Chem.   47 巻 ( 5 ) 頁: 1011-1016   1983年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 24

  1. Gibberellin 査読有り

    Takehara S., Ueguchi-Tanaka M.( 担当: 共著)

    Plant Structure Biology  2018年 

     詳細を見る

    担当ページ:83-95   記述言語:英語 著書種別:学術書

  2. ある種のシダにおいてジベレリンは時空間的なコミュニケーションツールとして使われてきた 査読有り

    田中純夢、上口(田中)美弥子( 担当: 共著)

    化学と生物  2017年 

     詳細を見る

    担当ページ:2-4   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  3. ジベレリンシグナル伝達 ─ 受容体GID1と抑制因子DELLAの働き 査読有り

    吉田英樹、上口(田中)美弥子( 担当: 共著)

    遺伝   2016年 

     詳細を見る

    担当ページ:361-365   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  4. ジベレリンシグナル伝達の鍵因子DELLAタンパク質の転写活性化機構 査読有り

    吉田英樹、上口(田中)美弥子( 担当: 共著)

    化学と生物  2016年 

     詳細を見る

    担当ページ:176-180   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  5. 植物ホルモンの科学第3版 査読有り

    上口(田中)美弥子、中嶋正敏( 担当: 共著)

    2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. アンセリジオーゲンはジベレリンの生合成経路を時間的および空間的に分けることによりシダの性を決定する

    田中純夢、上口(田中)美弥子( 担当: 共著)

    サイエンス新着論文レビュー  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. Regulatory Networks Acted Upon by the GID1–DELLA System After Perceiving Gibberellin. Signaling Pathways in Plant 査読有り

    Yoshida, H., Ueguchi-Tanaka, M., Matsuoka, M.( 担当: 共著)

    Elsevier  2014年 

     詳細を見る

    担当ページ:12-25   記述言語:英語 著書種別:学術書

  8. Molecular determinants that convert hormone sensitive lipase into gibberellin receptor.

    Molecular determinants that convert hormone sensitive lipase into gibberellin receptor.( 担当: 共著)

    Protein Pept Lett.  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  9. ジベレリン受容体GID1によるジベレリン認識とその分子進化

    加藤博章、佐藤友美、上口(田中)美弥子( 担当: 共著)

    日本結晶学会誌  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. The perception of gibberellins: clues from receptor structure

    Ueguchi-Tanaka M, Matsuoka M.( 担当: 共著)

    Curr Opin Plant Biol.  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  11. 植物のシグナル伝達・ジベレリン受容体の構造解明ージベレリン受容能の獲得まで

    安益公一郎、上口(田中)美弥子、松岡信( 担当: 共著)

    共立出版  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. *Trends Plant Sci. ・GID1-mediated gibberellin signaling in plants.

    Hirano K, Ueguchi-Tanaka M, Matsuoka M.( 担当: 共著)

    2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  13. *Int. Rev. Cell Mol. Biol. ・Molecular biology of gibberellins signaling in higher plants.

    Itoh H, Ueguchi-Tanaka M, Matsuoka M.( 担当: 共著)

    2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  14. *Annu. Rev. Plant Biol. ・Gibberellin receptor and its role in gibberellin signaling in plants.

    Ueguchi-Tanaka, M., Nakajima, M., Ashikari, M. and Matsuoka, M.( 担当: 共著)

    2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  15. *植物の生長調節 ・ジベレリン受容体

    上口(田中)美弥子、中嶋正敏、松岡信( 担当: 共著)

    2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  16. 化学と生物・ジベレリンの受容体をイネより発見

    中嶋正敏、上口(田中)美弥子( 担当: 共著)

    2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  17. *蛋白質・核酸・酵素・ジベレリンの核内受容体の単離とシグナル伝達

    上口(田中)美弥子、芦苅基行、中嶋正敏、松岡 信( 担当: 共著)

    共立出版  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  18. J. Pestic. Sci.・Brassinosteroids and rice architecture.

    Hong, Z., Ueguchi-Tanaka, M.. and Matsuoka, M.( 担当: 共著)

    2004年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  19. J. Plant Growth and Regul.・Gibberellin signal transduction in rice.

    Ashikari, M., Itoh, H., Ueguchi-Tanaka, M.., Sasaki, A., Gomi, K., Kitano, H. and Matsuoka, M.( 担当: 共著)

    Springer New York  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  20. Advances in rice genetics・Slender rice mutant is caused by null mutation of the SLRgene, an ortholog of the height-regulating gene GAI/RGA/RHR/D8.

    Ikeda, A., Ueguchi-Tanaka, M.., Sonoda, Y., Kitano, H., Futsuhara, Y., Matsuoka, M. and Yamaguchi, J.( 担当: 共著)

    Advances in rice genetics,  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  21. Gamma field symposia・Gibberellin response and signal transduction.

    Ashikari, M., Itoh, H., Ueguchi-Tanaka, M.. and Matsuoka, M.( 担当: 共著)

    Institute of Radiation Breeding, NIAS  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  22. 蛋白質・核酸・酵素・ジベレリンの情報伝達

    伊藤博紀、上口(田中)美弥子、芦苅基行、松岡 信( 担当: 共著)

    共立出版  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  23. 植物の科学調節・イネ突然変異体を用いたGA生合成・情報伝達の研究

    芦苅基行、上口(田中)美弥子、伊藤博紀、松岡 信( 担当: 共著)

    植物化学調節学会編  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  24. ビタミン・微生物によるビオチンの代謝と生産

    田中美弥子、和泉好計、山田秀明( 担当: 共著)

    1988年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 146

  1. イネ属で特異的に選択・進化してきた「壊れないジベレリン(GA7)を使った雄性生殖戦略 招待有り

    上口美弥子

    日本遺伝学会第91回大会ワークショップ  2019年9月11日  日本遺伝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:福井  

  2. Plants developed the homeostatic inactivating systems for gibberellin and auxin by using the same allosteric mechanism 招待有り 国際会議

    Takehara S., Mikami B., Sakuraba S., Matsuoka M., Ueguchi-Tanaka M.

    Gibberellins Current Progress in Gibberellin Research  2019年7月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:チェコ共和国  

  3. Evolutionary history of a gibberellin receptor GID1 招待有り 国際会議

    1. Ueguchi-Tanaka M.

    International Botanical Congress (IBC2017)  2017年7月29日  International Botanical Congress

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:中華人民共和国  

  4. Antheridiogen determines sex in ferns via a spatiotemporally split gibberellin synthesis pathway 招待有り 国際会議

    Tanaka, J., Matsuoka, M., Ueguchi-Tanaka, M.

    The 22th International Conference on Plant Growth Substances  2016年6月  International Conference on Plant Growth Substances (IPGSA)

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Tronto   国名:カナダ  

  5. Structural analysis of gibberellin receptor, GID1. 招待有り 国際会議

    11th Swiss-Japanese Joint Meeting on Biotechnology and Bioprocess Development 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  6. MOLECULAR INTERACTIONS OF A SOLUBLE GIBBERELLIN RECEPTOR, GID1, WITH A RICE DELLA PROTEIN, SLR1, AND GIBBERELLIN 国際会議

    19th IPGSA Meeting.  2007年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:メキシコ合衆国  

  7. Gibberellin perception and signal transduction in rice. 招待有り 国際会議

    19th IPGSA Meeting.  2007年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Puerto Callarta   国名:メキシコ合衆国  

  8. GAMYB plays the important role in pollen development as a member of GA signaling 国際会議

    19th IPGSA Meeting. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  9. GIBBERELLIN INSENSITIVE DWARF1 (gid1) encodes a soluble receptor for gibberellin. 招待有り 国際会議

    Gordon Resarch Conferences. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  10. GIBBERELLIN INSENSITIVE DWARF1 (gid1) encodes a soluble receptor for gibberellin. 招待有り 国際会議

    International symposium-Functional network of transcription factors in plants. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  11. LOSS-OF-FUNCTION MUTATIONS OF THE RICE GAMYB GENE IMPAIR α-AMYLASE EXPRESSION IN ALEURONE AND FLOWER DEVELOPMENT 国際会議

    18th International conference on Plant Growth Substances (IPGSA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  12. イネにおけるジベレリン輸送体の同定

    杉原諒彦、森井南美、竹原清日、菅野裕理、河合恭甫、保浦徳昇、服部将子、吉村久子、瀬尾光範、上口(田中)美弥子

    第62回植物生理学会年会  2021年3月14日  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:島根  

  13. Homeostatic inactivation of gibberellin and auxin is regulated by the same allosteric mechanism

    2021年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  14. イネの葯に発現するGA3-酸化酵素1の機能と進化的解析

    河合恭甫, 樫尾徹, 森井南美, 竹原清日, 杉原諒彦, 吉村久子, 伊藤亜矢, 服部将子, 戸田陽介, 小嶋美紀子, 竹林裕美子, 古海弘康, 野々村賢一, 赤木剛士, 榊原均, 北野英己, 松岡信, 上口(田中)美弥子

    第62回植物生理学会年会  2021年3月14日  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:島根  

  15. 5. 葉山旺, 河合恭甫, 杉原諒彦, 森井南美, 竹原清日, 水多陽子, 上口(田中)美弥子

    葉山旺, 河合恭甫, 杉原諒彦, 森井南美, 竹原清日, 水多陽子, 上口(田中)美弥子

    第62回植物生理学会年会  2021年3月  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:島根  

  16. イネ花粉のデンプン合成におけるジベレリンの作用

    森井南美、杉原諒彦、河合恭甫、樫尾徹、伊藤亜矢、吉村久子、服部将子、竹原清日、松岡信、上口(田中)美弥子

    第62回植物生理学会年会  2021年3月  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:島根  

  17. イネ花器官におけるジベレリン3酸化酵素1及び2の役割分担

    鈴木裕人,竹原清日,河合恭輔,杉原諒彦,森井南美,服部将子,吉村久子,上口(田中)美弥子

    第62回植物生理学会年会  2021年3月  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:島根  

  18. Bioavtive GAs synthesized by OsGA3ox1 regulate the starch accumulation of rice pollen

    2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  19. 2-オキソグルタル酸要求性酸化酵素に対するプロヘキサジオンの選択的阻害の解析

    尾原寛之、竹原清日、三上文三、松岡信、上口(田中)美弥子

    日本農芸化学会2020年度大会  2020年3月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  20. Evolution of unique reproductive system using a high bioactive gibberellin in rice

    Kawai Kyosuke, Takehara Sayaka, Kashio Toru, Morii Minami, Ito Aya, Furuumi Hiroyasu, Nonomura Ken-ichi, Akagi Takashi, Sakakibara hitoshi, Matsuoka Makoto, Ueguchi-Tanaka Miyako

    2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  21. 植物ホルモン関連因子の構造生物学的解析に向けた試み

    杉原諒彦、竹原清日、三上文三、松岡信、上口(田中)美弥子

    日本農芸化学会2020年度大会  2020年3月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  22. ジベレリン及びオーキシンの恒常性を維持する共通の代謝システム

    竹原清日、三上文三、桜庭俊、吉村久子、松岡信、上口(田中)美弥子

    日本農芸化学会2020年度大会  2020年3月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  23. イネのGA合成酵素OsGA3ox1の生殖における機能解析

    河合恭甫、竹原清日、 樫尾徹、 服部将子、 吉村久子、伊藤亜矢、 古海弘康、 野々村賢一、榊原均、松岡信、 上口(田中)美弥子

    第10回 植物電子顕微鏡若手ワークショップ  2019年11月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

  24. The role of Gibberellin 3-oxidase 1 in anther development of rice 国際会議

    Minami Morii, Akihiko Sugihara, Kyosuke Kawai, Toru Kashio, Aya Ito, Sayaka Takehara, Mitsunori Seo, Makoto Matsuoka, Miyako Ueguchi-Tanaka

    The 23rd International Conference on Plant Growth Substances  2019年6月28日  International Conference on Plant Growth Substances (IPGSA)

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:フランス共和国  

  25. Gibberellin (GA) 2-oxidase in rice regulates its activity by GA-mediated multimerization 国際会議

    Takehara S., Mikami B., Yoshimura H., Matsuoka M., Ueguchi-Tanaka M.

    The 23rd International Conference on Plant Growth Substances  2019年6月28日  International Conference on Plant Growth Substances (IPGSA)

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:フランス共和国  

  26. Rice Gibberellin 3-oxidase 1 plays an important role in reproductive organ 国際会議

    Kawai Kyosuke, Takehara Sayaka, Kashio Toru, Ito Aya, Furuumi Hiroyasu, Nonomura Ken-ichi, Sakakibara Hitoshi, Matsuoka Makoto, Ueguchi-Tanaka Miyako

    The 23rd International Conference on Plant Growth Substances  2019年6月28日  International Conference on Plant Growth Substances (IPGSA)

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:フランス共和国  

  27. Evolution and diversification of the plant gibberellin receptor GID1 国際会議

    H. Yoshida, E. Tanimoto T. Hirai, Y. Miyanoiri R. Mitani M. Kawamura, M. Takeda, S. Takehara, K. Hirano, M. Kainosho, T. Akagi, M. Matsuoka, M. Ueguchi-Tanaka

    2019年6月  International Conference on Plant Growth Substances (IPGSA)

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:フランス共和国  

  28. 構造解析及びMDシミュレーションにより明らかとなった植物ホルモン代謝システム

    竹原 清日、三上 文三、桜庭 俊、松岡 信、上口(田中) 美弥子

    日本農芸化学会2019年度大会  2019年3月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  29. Functional analysis of rice Gibberellin 3-oxidase 1 in reproductive organ

    2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  30. 花粉の発達におけるイネジベレリン3酸化酵素1の役割

    1. 森井南美、杉原諒彦、河合恭甫、樫尾徹、伊藤亜矢、竹原清日、松岡信、上口(田中)美弥子

    第60回日本植物生理学会年会  2019年3月  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  31. 植物ホルモン・ジベレリンの受容体GID1の分子進化

    吉田英樹、谷本英一、平井貴章、宮ノ入洋平、三谷理恵、川村真結子、武田光広、竹原清日、平野恒、甲斐庄正恒、赤木剛士、松岡信、上口(田中)美弥子

    第41回日本分子生物学会年会  2018年11月  日本分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

  32. イネジベレリン2酸化酵素はGAを介した多量体構造形成によりジベレリン代謝を促進する

    竹原 清日、三上 文三、河合 恭甫、松岡 信、上口(田中) 美弥子

    第59回日本植物生理学会年会  2018年3月29日  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌  

  33. 生殖過程において重要な役割をするイネGA3酸化酵素1の解析

    河合 恭甫、竹原 清日、樫尾 徹、伊藤 亜矢、古海 弘康、野々村 賢一、松岡 信、上口(田中) 美弥子

    第59回日本植物生理学会年会  2018年3月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌  

  34. イネのDELLAタンパク質の構造解析への試み

    杉原 諒彦、竹原 清日、松岡 信、上口(田中) 美弥子

    日本農芸化学会2018年度大会  2018年3月16日  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  35. MDシミュレーションにより明らかとなったイネジベレリン代謝酵素の活性機構

    竹原 清日、三上 文三、桜庭 俊、松岡 信、上口(田中) 美弥子

    日本農芸化学会2018年度大会  2018年3月16日  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  36. イネの葯特異的に発現をするジベレリン3酸化酵素1の機能解析

    河合 恭甫、竹原 清日、松岡 信、上口(田中) 美弥子

    日本農芸化学会2017年度大会  2017年3月18日  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

  37. ジベレリン生合成および代謝酵素の構造解析と機能解析

    竹原 清日、三上 文三、河合 恭甫、松岡 信、上口(田中)美弥子

    日本農芸化学会2017年度大会  2017年3月18日  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

  38. GA受容体GID1の分子進化に関する研究

    吉田英樹、 谷本英一、 平野恒、 竹原清日、 村上紗耶果、 川村真結子、 松岡信、 上口(田中)美弥子

    第58回日本植物生理学会年会  2017年3月17日  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  39. イネの葯特異的に発現をするジベレリン3酸化酵素1の機能解析

    河合恭甫、竹原清日、松岡信、上口(田中)美弥子

    日本農芸化学会2017年度大会  2017年3月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  40. GA受容体GID1の分子進化に関する研究

    吉田英樹、谷本英一、平野恒、竹原清日、村上紗耶果、川村真結子、松岡信、上口(田中)美弥子

    第58回植物生理学会年会  2017年3月  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  41. ジベレリン生合成および代謝酵素の構造解析と機能解析

    竹原清日、三上文三、河合恭甫、松岡信、上口(田中)美弥子

    日本農芸化学会2017年度大会  2017年3月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  42. DELLA, IDD and SCL3 cooperate in the gibberellin feedback system 国際会議

    Yoshida, H., Hirano, K., Matsuoka, M., Ueguchi-Tanaka, M.

    The 22th International Conference on Plant Growth Substances  2016年6月  International Conference on Plant Growth Substances (IPGSA)

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tronto   国名:カナダ  

  43. Structural and functional analysis of gibberellin 2-oxidase in rice 国際会議

    Takehara, S., Kawai, K., Mikami, B., Matsuoka, M., Ueguchi-Tanaka, M.

    The 22th International Conference on Plant Growth Substances  2016年6月  International Conference on Plant Growth Substances (IPGSA)

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tronto   国名:カナダ  

  44. Gibberellin 3-oxidase 1 is essential for pollen maturation in Rice. 国際会議

    Kawai, K., Takehara, S., Matsuoka, M., Ueguchi-Tanaka, M.

    The 22th International Conference on Plant Growth Substances  2016年6月  International Conference on Plant Growth Substances (IPGSA)

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tronto   国名:カナダ  

  45. イネジベレリン 3 酸化酵素の機能解析および構造解析に関する研究

    樫尾 徹、竹原清日、松岡信、上口(田中)美弥子

    日本農芸化学会2016年度大会  2016年3月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌  

  46. イネのジベレリンシグナル伝達抑制因子SLR1の下流で働くbHLH型転写因子の機能解析

    氷上卓磨、木下俊介、吉田英樹、光田展隆、毛利真由、高木優、松岡信、上口(田中)美弥子

    第57回植物生理学会年会  2016年3月  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岩手  

  47. AP2-GRAS 複合体によるオーキシン-ブラシノステロイドシグナルクロストークの解析

    平野恒、安益公一郎、吉田英樹、川村真結子、保浦徳昇、古川久美子、林誠人、佐藤(伊澤)かんな、北野英己、上口(田中)美弥子、松岡信

    第57回植物生理学会年会  2016年3月  日本植物生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岩手  

  48. イネジベレリン 2 酸化酵素は多量体構造形成によりジベレリン代謝を促進する

    竹原清日、三上文三、樫尾 徹、松岡信、上口(田中)美弥子

    日本農芸化学会2016年度大会  2016年3月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌  

  49. AP2-GRAS 相互作用を介したオーキシン-ブラシノステロイドシグナルクロストーク

    安益公一郎、平野恒、吉田英樹、川村真結子、保浦徳昇、古川久美子、林誠人、伊澤(佐藤)かんな、北野英己、上口(田中)美弥子、松岡信

    第38回日本分子生物学会年会  2015年12月  日本分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

  50. アンセリジオーゲンはジベレリンの生合成経路を時間的および空間的に分けることによりシダの性を決定する 招待有り

    上口(田中)美弥子

    第1035回生物科学セミナー  2015年9月  東京大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東京  

  51. カニクサにおける造精器誘導メカニズム 招待有り

    上口(田中)美弥子

    『植物の生殖成長期の発生を制御する分子機構』研究会  2015年7月  遺伝研

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:静岡  

  52. DELLAタンパク質はzinc finger 型転写因子の仲介により転写活性化能を発揮する

    吉田英樹、平野恒、佐藤友美、光田展隆、野元美佳、前尾健一郎、纐纈永里子、三谷理恵、川村真結子、石黒澄衛、多田安臣、高木優、松岡信、上口(田中) 美弥子

    第55回日本植物生理学会  2014年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山   国名:日本国  

  53. ジベレリン生合成・代謝酵素のX線結晶構造解析

    竹原清日、三上文三、樫尾徹、松岡信、上口(田中)美弥子

    日本農芸化学会2014年度大会  2014年3月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川  

  54. ジベレリン生合成酵素の構造解析への試み

    竹原 清日、森中 洋一、加藤 博章、松岡 信、上口(田中) 美弥子

    日本農芸学会2013年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  55. カニクサ造精器誘導の解析

    田中 純夢, 竹原 清日, 纐纈 永里子, 長谷川 香織, Park Seung-Hyun, 中嶋 正敏, 五十嵐 香理, 矢野 健太郎, 安益 公一郎, 上口(田中) 美弥子, 松岡 信

    第54回日本植物生理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山   国名:日本国  

  56. Functional analysis of Thick and Strong Culm(TSC)1-3 genes concerning in thick strong culm traits

    Makoto Hayashi, Koichiro Aya, Miyako Ueguchi-Tanaka, Hidemi Kitano, Makoto Matsuoka

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  57. イネのDELLA タンパク質SLR1 は転写活性化因子として機能することによりGA 反応を抑制する

    吉田英樹、平野恒、安益公一郎、上口(田中)美弥子、松岡信

    第53回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  58. 核内受容体GID1 の機能解析(3)

    三谷理恵、川村真結子、福村拓真、竹原清日、松岡信、上口(田中)美弥子

    第53回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  59. ジベレリン受容体変異体gid1 の形質が復帰したSgd-2 の解析

    平井貴章、岩見将和、平野恒、加藤弘恵、川村真結子、三谷理恵、北野英己、松岡信、上口(田中)美弥子

    第53回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  60. 植物ホルモン・ジべレリンを利用した高バイオマス作物の作出

    上口(田中)美弥子

    植物科学シンポジウム『グリーンイノベーションに向けて新たな植物科学』 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:品川   国名:日本国  

  61. ジベレリン(GA)に依存しない受容体GID1とDELLAタンパク質(DELLA)との相互作用

    平井貴章、山本優子、佐藤友美、北野英己、上口(田中)美弥子、松岡信

    イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:つくば   国名:日本国  

  62. ジベレリン(GA)情報伝達系におけるユビキチン依存的タンパク分解機構とGID1受容体

    上口(田中)美弥子、平野恒、島田麻子、松岡信

    第51会日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本   国名:日本国  

  63. イネ半優性矮性変異体Slr1-dの解析

    平野恒、浅野賢治、上口(田中)美弥子、辻寛之、香村敏郎、佐藤光、北野英巳、芦苅基行、松岡信

    第51会日本植物生理学会年会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本   国名:日本国  

  64. gid2変異体における、SLR1タンパク質分解を伴わないGAシグナルの脱抑制

    上口(田中)美弥子、平野恒、長谷川慶子、北野英己、松岡信

    第50回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  65. イネのジベレリンシグナル伝達の初期過程にかかわるGID1, SLR1, GID2の相互作用

    平野恒、辻寛之、上口(田中)美弥子、松岡信

    第50会日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  66. イネの小胞子/花粉およびタペータムにおける植物ホルモン関連遺伝子の網羅的な発現解析

    平野恒、安益公一郎、保浦徳尊、榊原均、小嶋美紀子、Rosalyn SHIM、長谷川慶子、上口(田中)美弥子、松岡信

    第50会日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  67. MYB型転写因子GAMYBによるエキシン形成制御機構はいつ誕生したか?

    安益公一郎、上口(田中)美弥子、平野恒、松岡信

    第50会日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  68. ジベレリン受容体の立体構造を基にした分子進化と基質特異性の解析

    島田麻子、上口(田中)美弥子、中津亨、中嶋正敏、直江洋一、大宮博子、加藤博章、松岡信

    第50会日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  69. ジベレリンシグナルに関与するMYB型転写因子GAMYBの葯における機能

    安益公一郎、上口(田中)美弥子、辻寛之、近藤真紀、西村幹夫、芦苅基行、松岡信

    第49回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  70. ジベレリンはイネにおいて花粉形成及び花粉管伸長を制御する

    安益公一郎、浅野賢治、Chhun TORY、山本栄司、上口(田中)美弥子、渡辺正夫、北野英己、芦苅基行、松岡信

    日本育種学会第113回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  71. イネにおけるジベレリン欠損変異体と非感受性変異体における遺伝様式の違い

    安益公一郎、上口(田中)美弥子、Chhun TORY、浅野賢治、山本英司、渡辺正夫、北野英己、芦苅基行、松岡信

    第49回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  72. A soluble gibberellin receptor, GID1, and early gibberellin signal transduction.

    Makoto, M., Hirano, K. and Ueguchi-Tanaka, M.

    第30回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  73. GIBBERELLIN INSENSITIVE DWARF1 (GID1) encodes a soluble GA receptor that shares sequence similarity with a hormone sensitive lipase (HSL) 国際会議

    14th Japanese-German Workshop on Enzyme Technology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  74. イネ半優性矮性変異体Slr1-dの遺伝学解析

    浅野賢治、平野恒、上口(田中)美弥子、香村敏郎、佐藤光、北野英己、松岡信、芦苅基行

    日本育種学会第112回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  75. GIBBERELLIN INSENSITIVE DWARF1 (GID1), a soluble gibberellin receptor in rice. 国際会議

    The 18th International Conference on Arabidopsis Research. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  76. ジベレリンシグナル伝達はいつ誕生したか?-陸上生物における進化-

    平野恒、上口(田中)美弥子、中嶋正敏、浅野賢治、榊原 均、小嶋美紀子、西山智明、棚橋貴子、長谷部光泰、芦苅基行、北野英己、松岡 信

    第48回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  77. ジベレリン(GA)細胞内受容体GID1の機能解析(Ⅱ)

    上口(田中)美弥子、中嶋正敏、加藤悦子、大宮博子、相宏宇、北野英己、芦苅基行、松岡信

    第48回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  78. ジベレリン核内受容体GID1の機能解析

    上口(田中)美弥子、中嶋正敏、加藤悦子、大宮博子、浅野賢治、北野英己、芦苅基行、松岡信

    日本分子生物学会2006フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  79. A role of gibberellin in pollen growth in rice

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  80. 葯におけるジベレリン応答遺伝子の解析

    安益公一郎、上口(田中)美弥子、近藤真紀、辻寛之、芦苅基行、西村幹夫、松岡信

    特定領域「植物の生殖過程におけるゲノム障壁」ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  81. イネにおけるジベレリンシグナル伝達抑制因子SPINDLYの機能解析

    島田麻子、上口(田中)美弥子、藤岡昭三、松岡信

    第47回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  82. ジベレリン情報伝達制御因子SLR1、GID1及びGID2の相互作用

    辻寛之、上口(田中)美弥子、中嶋正敏、芦苅基行、北野英巳、山口 五十麿、松岡信

    第109回日本育種学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  83. マイクロアレイによるイネの葯特異的遺伝子の解析-gamyb変異体において発現が変動する遺伝子群について

    安益公一郎、上口(田中)美弥子、近藤真紀、辻寛之、芦苅基行、西村幹夫、松岡信

    第47回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  84. ジベレリン細胞内受容体の単離とシグナル伝達

    上口(田中)美弥子、芦苅基行、松岡信

    第47回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  85. ジベレリン(GA)細胞内受容体GID1の機能解析-GA結合部位とSLR1結合部位の同定-

    上口(田中)美弥子、中嶋正敏、大宮博子、浅野賢治、北野英己、芦苅基行、松岡信

    第47回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  86. ジベレリンシグナル伝達制御因子SLR1、GID1及びGID2の相互作用

    辻寛之、上口(田中)美弥子、中嶋正敏、芦苅基行、北野英巳、山口 五十麿、松岡信

    第47回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

  87. GAMYB Controls Different Sets of Genes and Differentially Regulated by microRNA in Aleurone Cells and Anthers. 国際会議

    5th International Rice Genetics Symposium. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  88. Analysis of BRI1 null allele, d61-4, in rice. 国際会議

    Plant Biology 2005 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  89. GAMYB plays distinct roles in aleurone and developing flower under distinct regulation system in rice. 国際会議

    Plant Biology 2005 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  90. The Rice brassinosteroid-deficient dwarf2 Mutant, Defective in the Rice Homolog of Arabidopsis DIMUNUTO/DWARF1, is rescued by the Endogenously Accumulated Alternative Bioactive Brassinosteroid, Dolichosterone

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  91. 「矮性で葉身先端が丸みを帯びるイネの形態異常突然変異体 dwarf and gladius leaf 1(dgl1)の解析

    佐塚隆志、小森園正彦、上口(田中)美弥子、北野英己、芦苅基行、松岡信

    イネ・シロイヌナズナ合同ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  92. イネの変異体を用いたジベレリン(GA)シグナル伝達の解析ーSLR1のリン酸化は、SLR1のGA依存的分解の引き金になるのか?

    伊藤博紀、佐々木章江、上口(田中)美弥子、芦苅基行、松岡信

    第46回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  93. 転写因子GAMYB及びGAMYB-likeの機能とmicroRNAによる制御

    第46回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  94. DELLAドメインを持たないGRASタンパク質は、イネにおいてジベレリンシグナル伝達を抑制する

    島田麻子、伊藤博紀、上口 (田中) 美弥子、神谷紀子、芦苅基行、松岡信

    第46回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  95. イネのBRI1 null変異体d61-4の解析

    中村郁子、藤岡昭三、春原英彦、洪治、神谷典子、上口(田中)美弥子、北野英己、松岡信

    第46回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  96. イネマイクロアレイによる葯特異的遺伝子の解析ーgamyb変異体において発現が変動する遺伝子群について

    安益公一郎、上口(田中)美弥子、辻寛之、芦苅基行、松岡信

    第46回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  97. 葉身先端が丸みを帯びる形態異常を示すイネ矮性突然変異体dwarf and abnormal leaf morphology 1(dal1)の解析

    小森園正彦、芦苅基行、上口(田中)美弥子、北野英己、松岡信、佐塚隆志

    第27回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  98. ジベレリンシグナル伝達における核内転写因子の機能と制御

    辻寛之、上口(田中)美弥子、芦苅基行、北野英己、松岡信

    第27回日本分子生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  99. Characterization of a rice semi-dwarf brassinosteroid-related mutant, Osdim”

    Hong, Z., Ueguchi-Tanaka, M., Fujioka, S., Ashikari, M., Kitano, H. and Matsuoka, M.

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  100. イネにおけるジベレリンシグナル伝達

    上口(田中)美弥子、芦苅基行、松岡信

    日本遺伝学会第76回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  101. イネGAMYB遺伝子の機能破壊は胚乳におけるαアミラーゼ発現と花器官の発達に異常を来す

    犬飼義明、金子美幸、上口(田中)美弥子、伊藤博紀、井澤毅、小林裕子、服部束穂、宮尾安藝雄、廣近洋彦、芦苅基行、松岡信

    日本植物生理学会2004年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  102. Charaterization of a rice semi-dwarf brassinosteroid-related mutant, Osdim

    Hong, Z., Ueguchi-Tanaka, M., Fujioka, S., Ashikari, M., kitano, H., Matsuoka, M.

    日本植物生理学会2004年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  103. 葉身に形態異常を伴うイネ矮性突然変異体 dwarf and abnormal leaf morphology 1 (dal1)の原因遺伝子の単離と解析

    日本植物生理学会2004年度年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    佐塚隆志、小森園正彦、上口(田中)美弥子、北野英己、芦苅基行、松岡信

  104. Accumulation of the repressor protein for GA signaling, SLR1, in gid2 mutant. 国際会議

    Plant Biology 2003 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  105. A rice brassinosteroid-deficient mutant, ebisu dwarf (d2) , is caused by a loss-of function of a new member of cytochrome P450

    Hong, Z., Ueguchi-Tanaka, M., Umemura, K., Uozu, S., Fujioka, S., Takatsuto, S., Yoshida, S., Ashikari, M., Kitano, H., and Matsuoka, M.

    2003年イネ分子遺伝学ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  106. イネジベレリン非感受矮性遺伝子gid2の単離と機能解析

    芦苅基行、伊藤博紀、佐々木章江、上口(田中)美弥子、五味剣司、小林正智、北野英己、松岡信

    第103回日本育種学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  107. gid2変異体はGAシグナル伝達系抑制因子SLR1タンパク質を蓄積している

    伊藤博紀、佐々木章江、五味剣二、上口(田中)美弥子、北野英己、芦苅基行、松岡信

    日本植物生理学会2003年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  108. ジベレリンはどのようにしてイネの形態形成に関与するのか?

    金子美幸、伊藤博紀、上口(田中)美弥子、芦苅基行、松岡信

    日本植物生理学会2003年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  109. イネGA非感受性変異体GA insensitive dwarf (gid1) の解析

    佐々木章江、伊藤博紀、五味剣二、上口(田中)美弥子、石山賀奈子、小林正智、北野英己、芦苅基行、松岡信

    日本植物生理学会2003年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  110. イネGA非感受性変異体GA insensitive dwarf (gid1) の解析(4)

    上口(田中)美弥子、芦苅基行、伊藤博紀、佐々木章江、小林正智、北野英己、松岡信

    日本植物生理学会2003年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  111. A rice BR-deficieat mutant, Ebisu dwarf (d2) , is caused by loss-of-function of a new member of cytochrome P450

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  112. A defect in a putative f-box gene causes accumulation of thephosphorylated repressor protein for GA signaling

    Molecular Mechanism of Gibberellin / Brassinosteroid Signal Transduction NIAS/BRAIN International Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  113. Development and morphology of gibberellin and brasinosteroid mutants in rice." Molecular Mechanism of Gibberellin / Brassinosteroid Signal Transduction

    Molecular Mechanism of Gibberellin / Brassinosteroid Signal Transduction NIAS/BRAIN International Symposium. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  114. Characterization of SPINDLY homolog in rice."

    Molecular Mechanism of Gibberellin / Brassinosteroid Signal Transduction NIAS/BRAIN International Symposium. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  115. 緑の革命の遺伝子sd1はジベレリン生合成酵素のC20酸化酵素をコードしている

    佐々木章江、芦苅基行、上口(田中)美弥子、伊藤博紀、西村明日香、Datta Swapan、石山賀奈子、斉藤臣雄、小林正智、北野英己、Gurdev S. Khush、松岡信

    第101回日本育種学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年4月

    記述言語:日本語  

  116. イネにおけるDWF4相同遺伝子の解析

    坂本知昭、上口(田中)美弥子、 田中宥司、 岩堀修一、 松岡信

    日本植物生理学会2002年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月

    記述言語:日本語  

  117. イネにおけるジベレリン(GA)情報伝達機構の解析

    伊藤博紀、上口(田中)美弥子、芦苅基行、北野英巳、松岡信

    日本植物生理学会2002年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  118. イネのジベレリン非感受性変異体、GA insensitive dwarf 1 (gid1)の解析(3)

    上口(田中)美弥子、芦苅基行、伊藤博紀、小林正智、北野英巳、松岡信

    日本植物生理学会2002年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  119. イネにおけるブラシノステロイド生合成変異体、Osdwarfの単離と解析

    Zhi HONG、上口(田中)美弥子、魚津桜子、揚妻正和、芦苅基行、嶋田幸久、 藤岡昭三、北野英巳、松岡信

    日本植物生理学会2002年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  120. イネ矮性突然変異体d2の解析

    魚津桜子、梅村和人、上口(田中)美弥子、松岡信、藤岡昭三、高津戸秀、吉田茂男、服部一三、北野英己

    第100回日本育種学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  121. イネジベレリン非感受矮性遺伝子gid1は加水分解酵素をコードしている

    芦苅基行、上口(田中)美弥子、伊藤博紀、小林正智、北野英己、松岡信

    第100回日本育種学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  122. Characterization of rice dwarf mutant, Gibberellin insensitive dwarf1 (GID1) 国際会議

    17th International Conference on Plant Growth Substances. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  123. Screening of rice gibbrellin insensitive dwarf mutants 国際会議

    17th International Conference on Plant Growth Substances. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  124. Characterization of rice dwarf mutant, Gibberellin insensitive dwarf1 (GID1). 国際会議

    17th International Conference on Plant Growth Substances. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  125. Functional analysis of SLR1, a repressor of GA signalin in rice. 国際会議

    17th International Conference on Plant Growth Substances 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  126. イネにおけるブラシノステロイド関連遺伝子および突然変異体の解析

    魚津桜子、渡辺嘉久、梅村和人、大滝弘道、上口美弥子、松岡 信、北野英己

    第8回イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  127. イネ発芽種子におけるジベレリン合成酵素遺伝子の発現解析

    金子美幸、伊藤博紀、上口 (田中) 美弥子、北野英巳、松岡信

    日本植物生理学会2001年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  128. ジベレリン非感受性極矮性変異体、GA insensitive dwarf 1の解析(2)

    上口(田中)美弥子、芦苅基行、小林正智、北野英巳、松岡信

    日本植物生理学会2001年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  129. ISOLATION AND CHARACTERIZATION OF THE sd1 (semi-dwarf 1) GENE, WHICH CONTRIBUTED TO “RICE GREEN REVOLUTION 国際会議

    Plant & Animal Genome IX. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  130. イネにおけるジベレリンのシグナル伝達機構

    伊藤博紀、上口(田中)美弥子、芦苅基行、松岡信

    第23回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  131. Isolation and characterization of gibberellin Insensitive severe dwarf mutant in rice (Oryza sative L.) 国際会議

    International Rice Genetics Symposium. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  132. イネ茎伸長の分子メカニズムの解明

    上口(田中)美弥子、伊藤博紀、池田亮、藤澤由紀子、岩崎行玄、小林正智、山口淳二、北野英巳、松岡信

    第18回日本植物細胞分子生物学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  133. ジベレリン合成系酵素遺伝子D18アンチセンス形質転換体によるイネ草丈制御

    伊藤博紀、上口(田中)美弥子、小林正智、田中宥司、松岡信

    日本育種学会第97回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  134. ジベレリン非感受性極矮性変異体の解析

    山室千鶴子、上口(田中)美弥子、伊藤博紀、千徳直樹、小林正智、北野英巳、松岡信

    日本植物生理学会2000年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  135. イネGA3β水酸化酵素遺伝子の単離と解析

    伊藤博紀、上口(田中)美弥子、北野英巳、小林正智、松岡信

    日本植物生理学会2000年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  136. 三量体Gタンパク質αsubunitの欠損したイネd1矮性変異体はジベレリン情報伝達が異常になっている

    上口(田中)美弥子、藤澤由紀子、小林正智、北野英巳、岩崎行玄、松岡信

    日本植物生理学会2000年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  137. Isolation and characterization of gibberellin insensitive severe dwarf mutant in rice (Oryza sativel.)

    Yamamuro, C., Ueguchi-Tanaka, M., Kobayashi, M., Sentoku, N., Kitano, H., Matsuoka, M.

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  138. Isolation and characterization of two types of GA 3β-hydroxylase in rice.

    11th NIAR/COE International Symposium. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  139. Rice dwarf mutant, d1, which is defective in a subunit of heterotrimeric G protein, affects in GA signal transduction.

    11th NIAR/COE International Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  140. イネのジベレリン受容メカニズム--イネはGAシグナル伝達研究の有力なモデル植物となりうる

    上口(田中)美弥子、藤澤由紀子、池田亮、山口淳二、岩崎行玄、北野英巳、松岡信

    第22回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  141. イネジベレリン欠損型矮性突然変異体d18の原因遺伝子の単離とその解析

    伊藤博紀、上口(田中)美弥子、小林正智、松岡信

    日本育種学会第96回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  142. イネにおけるジベレリンシグナル伝達の解析

    上口(田中)美弥子、伊藤博紀、山室千鶴子、小林正智、藤澤由紀子、岩崎行玄、北野英巳、松岡信

    イネ遺伝学・分子生物学シンポジウム’99 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  143. イネにおけるジベレリン情報伝達機構の解析:SPY(SPINDLY)ホモログ遺伝子の機能について

    上口(田中)美弥子、陳信波、松岡信

    日本植物生理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  144. タバコホメオボックス遺伝子NTH15によるジベレリン生合成遺伝子、GA20-oxidaseの発現抑制

    上口(田中)美弥子、伊藤博紀、腰岡政二、大山直美、松岡信

    若い研究者のワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  145. Molecular cloning of tobacco gibberellin 3β-hydroxylase 国際会議

    Itoh, H., Ueguchi-Tanaka, M., Kawaide, H., Kamiya, Y., Matsuoka, M.

    16th International Conference on Plant Growth Substances 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  146. Over-expression of a tobacco homeobox gene, NTH15, decreases the expression of a gibberellin biosynthetic gene encoding GA20-oxidase 国際会議

    16th International Conference on Plant Growth Substances 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 植物ホルモン・ジベレリンを利用した高バイオマス植物の作出

    研究課題番号:107013  2011年1月 - 2014年3月

    日本学術振興会  最先端・次世代研究開発支援プログラム 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:178100000円 ( 直接経費:137000000円 、 間接経費:41100000円 )

    ジベレリン(GA)は、茎葉伸長、花芽形成、種子発芽など、植物の一生を通じて成長を促進する植物ホルモンである。20世紀の育種は食料としての種子を、作物を倒すことなく収穫する事を目的としたために、成長ホルモンであるGAを低下させ、作物成長を抑制し、矮化させることにより収量増加を図った。いわゆる「緑の革命」である。しかし、低炭素社会を実現させるためには、植物の生長を抑制させるのではなく、植物の持つ成長能力を最大限発揮させバイオマス収量を増加させるといった全く新しい育種戦略が必要となる。したがって、本申請では、GAの生合成やシグナル伝達を過剰にし、植物の持つ成長能力を最大限に引き出すことにより、高バイオマス植物を作出することを目的とする。
    応募者は、これまで一貫してイネを用いてGAの合成やシグナル伝達機構を研究しており、この間、GA受容体であるGID1の単離(Nature, 2005)、X線結晶構造解析による受容体構造の解明(Nature, 2008)等の研究によりGA受容の分子機構を明らかにした。さらに植物のGA応答には、成長抑制因子DELLAタンパク質(DELLA)が、GA依存的にユビキチン系により分解されることにより(Science, 2003)、成長が引き起こされることを明らかにした(Plant Cell, 2001,2002)。これらの知見は、成長抑制因子DELLA活性を低下させれば、植物の成長を促進できることを示している。一方、DELLA機能を完全に失った植物は間断ない成長により死に至る。従って、本研究ではDELLAの活性発現の機構を明らかにし、DELLA活性を適度に低下させ、植物が許容できる成長速度にまで向上させる技術を開発する。さらに、DELLAが抑制する植物成長機構については、GAが植物細胞の一定方向の分裂や伸長を促進させるという細胞レベルでの知見があるのみで、その分子レベルでの理解には至っていない。バイオマス収量増加に向けての植物成長最適化のためには、この成長機構そのものに対する知見も必須であり、本申請においてはこの分野の研究も取り扱う。研究は主に申請者がこれまで取り扱ってきたイネを用いて行う。イネを含めたイネ科植物はソフトバイオマス収穫に適した植物を多く含み(例えばサトウキビ、ソルガム、ススキ等)、イネで開発した技術はこれらの植物においても、直接、活用可能である。 

科研費 7

  1. 植物ホルモンの代謝系に保存された単量体⇔多量体スイッチングシステム

    研究課題/研究課題番号:20H03272  2020年4月 - 現在

    科学研究費補助金 

    上口美弥子(田中美弥子)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17680000円 ( 直接経費:13600000円 、 間接経費:4080000円 )

    これまでに申請者らは、植物ホルモンの一つであるジベレリンの代謝酵素イネGA2酸化酵素(GA2ox3) の構造解析及び分子動力学的解析(MD) シミュレーションにより、GA2ox3はジベレリン濃度依存的な多量体形成と活性増大化を引き起こすことを見出した。このことは、モノーが提唱したアロステリック制御が植物ホルモンの代謝系に働いていることと、その分子メカニズムを新たに提示できたことを意味する。そこで本申請では、別の成長ホルモンであるオーキシンの代謝酵素も同様のアロステリック制御があるのかどうかについて検証する。

  2. 生殖をモデルとした植物ホルモン機能拡張

    研究課題/研究課題番号:16H06468  2016年7月 - 現在

    科学研究費補助金  新学術領域研究

    上口美弥子(田中美弥子)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:119600000円 ( 直接経費:92000000円 、 間接経費:27600000円 )

  3. 植物新種誕生の原理 -生殖過程の鍵と鍵穴の分子実態解明を通じて-

    研究課題/研究課題番号:16H06464  2016年6月 - 現在

    科学研究費補助金   新学術領域研究(研究領域提案型)

    東山 哲也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:305240000円 ( 直接経費:234800000円 、 間接経費:70440000円 )

    総括班を、研究代表者、研究分担者、連携研究者の14 名によって構成した。また、異分野融合研究支援センターが中心となって、領域内の異分野融合研究を推進した。本センターは、ブレークスルーテクノロジーをはじめ特定の研究者のみ実施可能な解析手法を領域内で簡単に共有する枠組みをつくり、共同研究を強力に推進することを目的とした。
    ・領域運営:領域代表・東山を中心に円滑な領域運営を行い、公募研究を加えた領域全体が一体となって研究を進めた。中間評価のあった本年度は、後半の更なる発展につながるよう、計画の遂行と、想定を超えた展開を目指した。これまでに構築してきた領域全体の研究方針、共同研究の支援の枠組み、具体的な共同研究体制を活用して領域の研究を推進した。このために、事務局長・辻の運営によって領域会議(班会議)、総括班会議、若手の会を開催した。若手の会については、際立った盛り上がりを見せる学生たちの主体性が発揮できるよう心掛けた。
    ・共同研究:計画研究班が進めてきた研究を基盤に、公募研究も交えて、領域内での様々な異分野融合共同研究を推進した。領域会議、若手の会、各拠点が中心となって行ってきた異分野融合研究ミーティングなどを通して構築したネットワークを通じて、共同研究の推進を促した。さらに、リサーチコーディネーターが積極的に関わることで、一層の共同研究をはかった。
    ・情報発信・国民への還元:領域ウェブサイトを活用し、論文発表などの研究成果を速やかに発信した。計画通りに本年度日本で開催する国際植物生殖会議2018を通して、世界に向けて本領域およびその研究を発信した。また、計画研究班員および公募研究班員が中心となり、アウトリーチ活動(小中高での出前講義など)を積極的に展開し、植物科学の研究成果を国民へ還元した。アウトリーチ活動についても実施内容・評価等をホームページで公開した。
    異分野融合研究支援センターが中心となった活発な取り組みにより、領域全体で多くの異分野融合研究が行われた。生殖の鍵と鍵穴を担う多くの分子の3次元的な構造が明らかになるとともに、有機合成化学による蛍光分子群(その一部は総括班によって委託合成され班員に配布)や化合物ライブラリーが領域に広く浸透し、ライブイメージングによる成果も多く発表されるなど、格段の成果を得た。また日本で初めて開催された国際植物生殖会議に大きく貢献し、本領域ならびに本領域メンバーの国際植物的ビジビリティーを飛躍的に向上させた。さらに、学生およびポスドクが中心となって運営した若手の会を成功させ、学生・ポスドク間の強いネットワークを構築するとともに、研究活動におけるアクティビティーを大きく向上させた。運営を主導した学生の1名は、育志賞を受賞した。以上の活発な領域運営に対して、中間評価では同年に採択された全21領域のなかで、唯一、本領域だけが最高評価のA+を得るに至った。以上から、当初の計画以上に進展していると判断する。
    ・領域運営:領域代表・東山を中心に円滑な領域運営を行い、新たな公募研究を加えた領域全体が一体となって研究を進める。中間評価を経て、目標が明確となった今、後半の更なる発展につながるよう、計画の遂行と、想定を超えた展開を目指す。これまでに構築してきた領域全体の研究方針、共同研究の支援の枠組み、具体的な共同研究体制を活用して領域の研究を推進する。このために、事務局長・辻の運営によって領域会議(班会議)、総括班会議、若手の会を開催する。若手の会については、昨年度学生主催で行った経験をいかし、際立った盛り上がりを見せる学生たちの主体性が発揮できるよう引き続き心掛ける。
    ・共同研究:計画研究班が進めてきた研究を基盤に、新たな公募研究も交えて、領域内での様々な異分野融合共同研究を推進する。領域会議、若手の会、各拠点が中心となって行ってきた異分野融合研究ミーティングなどを通して構築したネットワークを通じて、共同研究の推進を促す。さらに、リサーチコーディネーターが積極的に関わることで、一層の共同研究をはかる。本年度は、若手の会と異分野融合研究ミーティングを一体化し、異分野融合研究のさらなる浸透をはかる。
    ・情報発信・国民への還元:領域ウェブサイトを活用し、論文発表などの研究成果を速やかに発信する。計画通りに本年度日本で開催するEMBOワークショップを通して、世界に向けて本領域およびその研究を発信する。EMBOワークショップを通じて、他の新学術領域研究との連携も強化する。また、計画研究班員および公募研究班員が中心となり、アウトリーチ活動(小中高での出前講義など)を積極的に展開し、植物科学の研究成果を国民へ還元する。アウトリーチ活動についても実施内容・評価等をホームページで公開する。

  4. 構造に基づいた新規ジベレリン合成阻害剤の開発

    研究課題/研究課題番号:16H04907  2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  

    田中美弥子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    植調剤であるプロヘキサジオン(PHX)は、ジベレリン(GA)の生合成酵素を阻害する事で作物を矮化させ、生産性を上げることを目的に広く利用されている。我々はGAの生合成酵素GA3-oxidase 及び代謝酵素GA2-oxidaseを用いて、基質GA及びPHXとの共結晶構造を解明し、両酵素のそれらに対する反応性の違いを決定しているアミノ酸を推定した。これにより、GAの生合成から代謝経路までの一連の機構解明に向けた手がかりが得られ、今後は、両酵素それぞれに特異的な新規植調剤の開発につながる事が期待できる。
    植物分野ではほとんど行われてこなかったタンパク質のX線結晶構造解析に基づいた構造活性相関(タンパク質化合物間相互作用)研究を行い、初めてGAの生合成及び代謝酵素と基質・植調剤との共結晶構造を明らかにした。これにより、阻害の作用機作ならびに構造と活性相関関係が明らかになりつつあるとともに、新たな植調剤の創生や植物分子育種の方法の開発につながることが予想され、今後の農業の新しい展開において、必ずや有意義な知見を与えるものと考える。

  5. 結晶構造解析結果に基づいた核内受容体GID1のジベレリン受容とシグナル伝達解析

    研究課題/研究課題番号:21370019  2009年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    上口美弥子(田中美弥子)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:18850000円 ( 直接経費:14500000円 、 間接経費:4350000円 )

    核内受容体のX線構造解析結果に基づいてGAの結合に重要な様々なアミノ酸を別なアミノ酸に変化させ形質転換体を作製し、in vivoにおけるそれぞれのアミノ酸の意義を明らかにした。

  6. ジベレリン核内受容体GID1の機能解析

    研究課題/研究課題番号:19570037  2007年 - 2008年

    科学研究費補助金  基盤研究(C)(一般),課題番号:19570037

    上口 美弥子 (田中美弥子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. ジベレリンシグナル抑制因子の分解機構の解明

    研究課題/研究課題番号:17570034  2005年 - 2006年

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3600000円 ( 直接経費:3600000円 )

▼全件表示

産業財産権 1

  1. 植物の分化・生長を制御する遺伝子、並びにその利用

    松岡信、北野英巳、芦苅基行、上口美弥子、山口五十麿、中嶋正敏

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 名古屋大学

    出願番号:特願2005-116432  出願日:2005年4月

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 32

  1. バイオテクノロジー

    2020

  2. 細胞工学

    2020

  3. 修士論文研究4

    2020

  4. 修士論文研究3

    2020

  5. 修士論文研究2

    2020

  6. 修士論文研究1

    2020

  7. 生命農学演習4

    2020

  8. 生命農学演習3

    2020

  9. 生命農学演習2

    2020

  10. 生命農学演習1

    2020

  11. バイオテクノロジー

    2014

     詳細を見る

    バイオテクノロジーは、生物がもつ多様な機能を開発し利用することによって、人の生活に役立てる技術を指す。人類は、古くから発酵食品を始めとしてバイオテクノロジーを利用してきた。本講義でも、古典的発酵食品から現在の遺伝子組み換えを利用した技術までを学ぶとともに、その基本となる遺伝子工学、細胞工学、発生工学など、バイオテクノロジーの原理を理解する。さらに、バイオテクノロジーを巡る社会的受容(public acceptance)等の問題についても考えるきっかけとしてもらいたい。

  12. 植物生理学

    2014

     詳細を見る

     植物生理学2では,植物の個体形成と分化の柔軟性について学ぶ。また,植物の成長・分化を制御する植物ホルモンに関する理解を深める。すなわち,植物ホルモンの構造・生合成・生理機能・シグナル伝達,細胞壁の構造・構築・伸展,個体形成と細胞分化,休眠と発芽,老化の各項目を習得する。

  13. 植物ゲノム利用学

    2014

     詳細を見る

    植物のゲノムを利用し、有用作物を作出する、技術、原理を学ぶとともに、それに関する実習を行う。

  14. 細胞工学

    2014

     詳細を見る

    動植物細胞の単離と培養方法、動植物の形質転換法、遺伝子の発現と機能解析、タンパク質の構造と機能解析、遺伝子改変生物、生殖工学、クローン生物などを理解する。

  15. バイオテクノロジー

    2013

     詳細を見る

    バイオテクノロジーは、生物がもつ多様な機能を開発し利用することによって、人の生活に役立てる技術を指す。人類は、古くから発酵食品を始めとしてバイオテクノロジーを利用してきた。本講義でも、古典的発酵食品から現在の遺伝子組み換えを利用した技術までを学ぶとともに、その基本となる遺伝子工学、細胞工学、発生工学など、バイオテクノロジーの原理を理解する。さらに、バイオテクノロジーを巡る社会的受容(public acceptance)等の問題についても考えるきっかけとしてもらいたい。

  16. 植物生理学

    2013

     詳細を見る

     植物生理学2では,植物の個体形成と分化の柔軟性について学ぶ。また,植物の成長・分化を制御する植物ホルモンに関する理解を深める。すなわち,植物ホルモンの構造・生合成・生理機能・シグナル伝達,細胞壁の構造・構築・伸展,個体形成と細胞分化,休眠と発芽,老化の各項目を習得する。

  17. 植物ゲノム利用学

    2013

     詳細を見る

    植物のゲノムを利用し、有用作物を作出する、技術、原理を学ぶとともに、それに関する実習を行う。

  18. 細胞工学

    2013

     詳細を見る

    動植物細胞の単離と培養方法、動植物の形質転換法、遺伝子の発現と機能解析、タンパク質の構造と機能解析、遺伝子改変生物、生殖工学、クローン生物などを理解する。

  19. バイオテクノロジー

    2012

     詳細を見る

    バイオテクノロジーは、生物がもつ多様な機能を開発し利用することによって、人の生活に役立てる技術を指す。人類は、古くから発酵食品を始めとしてバイオテクノロジーを利用してきた。本講義でも、古典的発酵食品から現在の遺伝子組み換えを利用した技術までを学ぶとともに、その基本となる遺伝子工学、細胞工学、発生工学など、バイオテクノロジーの原理を理解する。さらに、バイオテクノロジーを巡る社会的受容(public acceptance)等の問題についても考えるきっかけとしてもらいたい。

  20. 植物生理学

    2012

     詳細を見る

     植物生理学2では,植物の個体形成と分化の柔軟性について学ぶ。また,植物の成長・分化を制御する植物ホルモンに関する理解を深める。すなわち,植物ホルモンの構造・生合成・生理機能・シグナル伝達,細胞壁の構造・構築・伸展,個体形成と細胞分化,休眠と発芽,老化の各項目を習得する。

  21. 植物ゲノム利用学

    2012

     詳細を見る

    植物のゲノムを利用し、有用作物を作出する、技術、原理を学ぶとともに、それに関する実習を行う。

  22. 細胞工学

    2012

     詳細を見る

    動植物細胞の単離と培養方法、動植物の形質転換法、遺伝子の発現と機能解析、タンパク質の構造と機能解析、遺伝子改変生物、生殖工学、クローン生物などを理解する。

  23. バイオテクノロジー

    2011

  24. 細胞工学

    2011

     詳細を見る

    動植物細胞の単離と培養方法、動植物の形質転換法、遺伝子の発現と機能解析、タンパク質の構造と機能解析、遺伝子改変生物、生殖工学、クローン生物などを理解する。

  25. 植物生理学

    2011

     詳細を見る

     植物生理学2では,植物の個体形成と分化の柔軟性について学ぶ。また,植物の成長・分化を制御する植物ホルモンに関する理解を深める。すなわち,植物ホルモンの構造・生合成・生理機能・シグナル伝達,細胞壁の構造・構築・伸展,個体形成と細胞分化,休眠と発芽,老化の各項目を習得する。

  26. 植物ゲノム利用学

    2011

     詳細を見る

    植物のゲノムを利用し、有用作物を作出する、技術、原理を学ぶとともに、それに関する実習を行う。

  27. 細胞工学

    2010

     詳細を見る

    動植物細胞の単離と培養方法、動植物の形質転換法、遺伝子の発現と機能解析、タンパク質の構造と機能解析、遺伝子改変生物、生殖工学、クローン生物などを理解する。

  28. 植物生理学

    2010

     詳細を見る

     植物生理学2では,植物の個体形成と分化の柔軟性について学ぶ。また,植物の成長・分化を制御する植物ホルモンに関する理解を深める。すなわち,植物ホルモンの構造・生合成・生理機能・シグナル伝達,細胞壁の構造・構築・伸展,個体形成と細胞分化,休眠と発芽,老化の各項目を習得する。

  29. バイオテクノロジー

    2009

  30. 植物ゲノム利用学

    2009

  31. 細胞工学

    2009

  32. バイオテクノロジー

    2

▼全件表示

 

社会貢献活動 6

  1. イネの初期成長を促進する因子を発見 ―グルコースと植物ホルモン「ジベレリン」を運ぶ SWEET3a のイネ初期成育における機能を解明―

    役割:情報提供

    名古屋大学  プレスリリース  2021年1月

  2. モノーが提唱したアロステリック制御メカニズムの一端を解明 一植物ホルモンの代謝酵素は、植物ホルモンを介在させる 多量体化により活性調節されていた!一

    役割:情報提供

    名古屋大学  プレスリリース  2020年5月

  3. ゲノム編集を用いた新たな育種戦略 〜強すぎず弱すぎず『丁度よい』突然変異を作って収量を増やす〜

    役割:情報提供

    名古屋大学  2020年6月

  4. 植物ホルモン、ジベレリンが伝達される仕組み

    役割:講師

    名古屋市立大学  2019年3月

  5. 名古屋大学祭公開セミナー 馬鹿苗病菌からビール作りまで〜植物ホルモン・ジベレリンについて勉強してみよう〜

    役割:講師

    名古屋大学祭  2017年6月

  6. 名古屋大学オープンレクチャー

    役割:講師

    2014年3月

     詳細を見る

    植物の生殖戦略と植物ホルモンのはなし

▼全件表示

メディア報道 7

  1. ジベレリン受容体の進化 名大、全貌解明 新聞・雑誌

    日刊工業新聞  2018年8月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  2. 植物成長の仲介役発見 新聞・雑誌

    中日新聞  中日新聞  2014年5月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  3. ジベレリン、バイオマス増産に応用

    中部経済新聞  2012年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  4. 稲の成長解明 風に強く収穫増へ 新聞・雑誌

    中日新聞  中日新聞  2005年9月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  5. イネの成長コントロール 新聞・雑誌

    読売  読売新聞  2005年9月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  6. 倒れにくいイネ開発に応用もー成長物質の作用解明 新聞・雑誌

    朝日新聞  朝日新聞  2005年9月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  7. 新たんぱく質を発見ーイネの成長コントロール

    読売新聞  読売新聞  2005年9月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

▼全件表示