2021/04/20 更新

写真a

イシカワ クラウデイア
石川 クラウディア
ISHIKAWA Claudia
所属
運営支援組織等 国際機構 国際教育交流センター 国際プログラム部門 准教授
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. 法学修士 ( 名古屋大学 ) 

  2. 学術修士 ( セント・アンドルーズ大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 比較移民法政策・出入国管理、外国人の法的な地位

研究分野 3

  1. その他 / その他  / 基礎法学

  2. その他 / その他  / 公法学

  3. その他 / その他  / 国際法学

現在の研究課題とSDGs 4

  1. 移民法政策

  2. 出入国管理法比較研究

  3. 外国人の法的な地位

  4. 国立大学における短期交換留学プログラムの実行

学歴 2

  1. 名古屋大学   法学研究科   国際関係

    - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. セント・アンドリューズ大学   歴史学研究科   現代史学

    - 1989年

所属学協会 3

  1. 移民政策学会   理事

    2008年4月 - 現在

  2. 国際人権法学会

  3. 日本法社会学会

 

論文 14

  1. NUPACE and Inbound Student Exchange at Nagoya University in 2019-2020

    Claudia Ishikawa

    Journal of the International Education &Exchange Center (IEEC), Nagoya University, Volume 7     頁: 29 - 43   2020年10月

  2. NUPACE and Inbound Student Exchange at Nagoya University in 2017-2018: Drawing the Line

    Claudia Ishikawa

    Journal of the International Education &Exchange Center (IEEC), Nagoya University, Volume 5     頁: 55 - 68   2018年10月

  3. NUPACE and Inbound Student Exchange at Nagoya University in 2016-2017: Directional Dilemmas (Continued)

    Claudia Ishikawa

    Journal of the International Education &Exchange Center (IEEC), Nagoya University, Volume 4     頁: 47 - 59   2017年10月

  4. Fodder for Recruitment and Food for Thought: Results of the Nagoya University Program for Academic Exchange (NUPACE) Follow-up Survey on Exchange Student Alumni of April 2009~March 2014

        頁: 5-17   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  5. The International Human Resource Development Nexus in Japan's Immigration Framework: Policy considerations and findings of survey interviews in Germany and Australia

        頁: 83-95   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. NUPACE and Student Exchange in 2012-2013: The Seeds of Reconstruction

        頁: 141-157   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  7. NUPACE: A Bumper Year and the Return to Normalcy

      8 巻 ( 155-168 )   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  8. *名古屋大学学生寮アンケート―国際嚶鳴館の施設、運営、人間関係に対する寮生の認識―

    石川クラウディア、山田直子

    名古屋大学留学生センター紀要   ( 6 ) 頁: 17-48   2008年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    多国籍・多地域出身の寮生がともに生活する国際嚶鳴館は、文化的に多様な環境の中で生活する機会を提供している。この調査は嚶鳴館の生活環境、および学びの環境をさらに充実させるため、また5年目を迎えた嚶鳴館のあゆみを振り返るためにこの調査を行った。その目的は、1)寮生の生活環境に対する満足度を測り、2)寮生の生活環境や福利厚生向上のための参考資料とし、さらに3)嚶鳴館での生活に関する適切な情報と助言を将来の外国籍寮生に提供するための参考資料とすることとした。

  9. *Education-oriented Immigration in Japan and the Legacy of the 'Plan to Accept 100,000 Foreign Students' 査読有り

    Journal of the Education Center for International Students (ECIS), Nagoya University   ( 4 ) 頁: 5-26   2006年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This paper tracks and interprets developments in the little-explored field of education-seeking immigration in Japan. Meriting particular attention are the MOJ's deregulatory drive of the late 1990s, which propelled foreign student numbers to their current levels, and the equally drastic U-turn to a policy of retrenchment in late 2003. Issues raised by the unprecedented influx of foreign students, including the jurisdictional blur between the Immigration Bureau and universities, the growing significance of foreign student labour, and a concern that foreign students may constitute a threat to the order of Japanese society are discussed.

  10. When Reality Bites - NUPACE and the Diminishing JASSO Largesse

      ( 3 ) 頁: 125-138   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  11. NUPACE - Back on the Starting Block: University Autonomy and the Balance Challenge

    名古屋大学留学生センター紀要   ( 2 ) 頁: 133-147   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  12. *Duality in Immigration Policy: A Comparative Analysis of Temporary Migrant/Training Programmes in Germany and Japan

    平成13年度法務省出入国管理局 委託調査研究     頁: 63   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  13. *Japan's Immigration Control & Refugee Recognition Act (ICRRA) and Unskilled Labour in the 1990s: The Advent of a Transparent Immigration Policy? 査読有り

    名古屋大学日本語・日本文化論集   ( 10 )   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. 留学生の教育・研究に関わるコミュニケーションと人間関係―名古屋大学大学院留学生へのアンケート調査報告書―

    名古屋大学大学院外国人留学生アンケート調査ワーキンググループ   1 巻   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

MISC 1

  1. [GRiDa 名古屋大学留学生ドローウィング展]での目覚めBack to the Drawing Board 招待有り

    石川 クラウディア  

    『Nagoya University annual bulletin of「clas 」2009名古屋大学教養教育院プロジェクトギャラリー「clas 」アニュアル』   頁: 96 - 97   2010年3月

講演・口頭発表等 9

  1. The International Human Resource Development Nexus in Japan's Immigration Framework: Impact and Challenges

    SOAS, SMLSSK & CALE Joint Workshop on Migration and Pluralism 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  2. Learning and Labouring: International Human Resources Development in Japan's Immigration Paradigm, and Insights from Germany and Australia

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  3. Immigration in Japan: Frameworks, conceptions, and prospects for migrant labour

    Immigration in Japan: Frameworks, conceptions, and prospects for migrant labour 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  4. 短期留学受入れをめぐる課題と展望―NUPACE学生の支援を中心に―」

    石川 クラウディア

    北海道地区留学生担当教職員連絡会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  5. Innovation in International Student Exchange: Trends and Strategies for the Decade

    Claudia Ishikawa (Moderator)

    NUPACE 15th Anniversary Symposium and Exchange Student Alumni Reunion  

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月14日 - 2011年10月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  6. NUPACE15周年記念シンポジウム・交換留学同窓会「交換留学の新展開―今後10年の潮流と戦略課題―」

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

  7. The Re-emergence of 'Asia' in Japan's Foreign Student Policy: An Analysis of New Strategies 国際会議

    APAIE (Asia-Pacific Association for International Education) Conference & Exhibition 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月28日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  8. 「交換留学―変化・転機・飛躍の源」,NUPACE(名古屋大学短期交換留学受入れプログラム)設立10周年記念シンポジウム及び交換留学関係者同窓会

    名古屋大学短期交換留学受入れプログラム設立10周年記念シンポジウム及び交換留学関係者同窓会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月26日

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  9. Nagoya University - An International University in the Making: International Student Exchange as a Mechanism for Change 国際会議

    国際学術コンソーシアム(AC21)国際フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

▼全件表示

その他研究活動 2

  1. 法学会シンポジウム・多文化共生の国際比較研究会「イギリスと日本において草の根から見る多文化主義と結合のあり方」

    2010年11月

     詳細を見る

    通訳者としての活動

  2. 移民政策学会2009年度次大会 シンポ2 「日本の留学生政策の再構築:『知的国際貢献』から『高度人材受入れ推進』へ

    2009年05月

     詳細を見る

    コーディネーターとしての活動

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 入管理政策における「二元性」~ドイツと日本における外国人短期労働・研修プログラムの比較分析

    2000年10月 - 2002年01月

    法務省名古屋入国管理局 調査研究補助金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 2

  1. Keeping Tabs on Aliens: An Analysis of Monitoring Mechanisms in Japan's Immigration Law and Policy Framework

    研究課題/研究課題番号:17K03316  2017年04月 - 2021年03月

    石川 クラウディア

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2470000円 ( 直接経費:1900000円 、 間接経費:570000円 )

    In 2019, the PI continued to conduct a review of relevant literature, legislation, policy papers, and academic articles, focusing, in particular, on developments and challenges inherent thus far in the one-year operation of the "specified skills" residence status (在留資格「特定技能」), and implications thereof for the admission, 'monitoring' and management of foreign nationals in Japan, in general. Discussions within the Japan Association for Migration Policy Studies (JAMPS), on the increasing systemisation of immigration control evident since 2018 were of significant value here, and the PI, in 2019, strengthened her links to the Association.
    <BR>
    With respect to immigration control in Japan, in FY 2019 the PI gave an oral presentation at a symposium of the Centre for Asian Legal Exchange Consortium (June 2019, Nagoya University). This was followed, in July 2019, by a lecture on Japan's managed immigration policy to Nagoya University Law School.
    <BR>
    Moving onto international comparisons, the PI visited the United Kingdom in April 2019 to conduct an interview survey with Dr. Madeleine Sumption MBE, a high-ranking member of the Government Advisory Committee on Migration, on the on the subject of Brexit, and its implications for 'third-national'immigration control.
    The PI is responsible for co-ordinating this university's inbound student exchange programme, which in FY 2019 was beset by a number of difficult challenges.
    <BR>
    1. A colleague was hospitalised for surgery in summer 2019, with ramifications for the operation of the exchange programme until autumn 2019. Priority was given to the admission and management of 150 exchange students.
    2. The advent of COVID-19 has had/is continuing to have serious implications for conducting this research. The PI is not only unable to travel abroad to engage in in-depth survey interviews, immigration policy, as a whole, has been turned on its head, with international mobility and entry currently being kept to an absolute miminum. FY 2019 has proven a difficult year for immigration-related research, in that much content is in danger of becoming irrelevant.
    In order to continue this research project in FY 2020, the PI will be required to make significant adjustments for the paradigm-shift in immigration-centred research that has been engendered by WITH-COVID. Not only is it likely that overseas travel (Germany, Australia) for the purpose of conducting interview surveys will have to be abandoned, domestic travel, too, is expected to be curtailed. To a certain extent, damage can be mitigated through the employment of ICT applications, such as ZOOM, etc., but initial access to subjects through such means should be understood to be limited.
    <BR>
    Nevertheless, the research of 'monitoring mechanisms' in immigration law and policy will remain a pertinent issue, even in a WITH-COVID society, and the PI intends to continue with her research as follows:
    1. Continue with literature and policy paper reviews, taking note of COVID-19 implications for the 'monitoring' of foreign nationals, not only in Japan, but also Germany, the UK, and Australia.
    2. Attempt to gain online access to scholars in the above countries to conduct interviews.
    3. Give an oral presentation of research results at the Japan Association of Migration Policy Studies and, thereafter, compile the research into reports for publication.

  2. 入国管理法政パラダイム―グローバル人材育成施策推進のインパクトと可能―

    2011年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 33

  1. NUPACEオンライン日本語研修プログラム(企画・サポート)

    2020

  2. 外国人と法

    2020

  3. 外国人と法

    2019

  4. 国際社会法政―日本におけるイミグレーション―

    2019

  5. Teaching English in the Japanese Community

    2019

  6. Teaching English in the Japanese Community

    2018

  7. 外国人と法

    2018

  8. 国際社会法政―日本におけるイミグレーション―

    2018

  9. Teaching English in the Japanese Community

    2017

  10. 外国人と法

    2017

  11. 国際社会法政―日本におけるイミグレーション―

    2017

  12. Teaching English in the Japanese Community

    2016

  13. 外国人と法

    2016

  14. 国際社会法政―日本におけるイミグレーション―

    2016

  15. Teaching English in the Japanese Community

    2015

  16. 外国人と法

    2015

  17. 国際社会法政―日本におけるイミグレーション―

    2015

  18. Teaching English in the Japanese Community

    2014

  19. 国際社会法政―日本におけるイミグレーション―

    2014

  20. 国際社会法政―日本におけるイミグレーション―

    2013

  21. Teaching English in the Japanese Community

    2013

  22. 国際社会法政―日本におけるイミグレーション―

    2012

  23. Teaching English in the Japanese Community

    2012

  24. 国際社会法政―日本におけるイミグレーション―

    2011

  25. Teaching Practice in the Japanese Community

    2011

  26. Teaching Practice in the Japanese Community

    2010

  27. 国際社会法政ー日本におけるイミグレーションー

    2010

  28. 国際社会法政―日本におけるイミグレーション―

    2009

  29. Teaching Practice in the Japanese Community

    2009

  30. 国際社会法政―日本におけるイミグレーション―

    2008

  31. An Introduction to Japanese History

    2008

  32. Introduction to Japanese History

    2007

  33. 国際社会法政ー日本におけるイミグレーションー

    2007

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 主催講座『翻訳を通して感じる英語圏文化の魅力』

    2008年4月 - 2009年3月 名古屋市天白生涯学習センター)

 

社会貢献活動 2

  1. 名古屋市千種警察署の通訳・翻訳ボランティア

    2015年4月 - 現在

  2. 地域事業(中部国際空港、NHK World-Japan、Worldscape Business Solution Network等)と交換留学生への連携

    助言・指導, 情報提供, 企画, 運営参加・支援

    2010年4月 - 現在