2021/11/02 更新

写真a

マツオ タクヤ
松尾 拓哉
MATSUO, Takuya
所属
遺伝子実験施設 講師
大学院担当
大学院理学研究科
職名
講師
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2004年3月   山口大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 概日リズム

  2. 緑藻

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 植物分子、生理科学

  2. ライフサイエンス / 遺伝学

  3. ライフサイエンス / 分子生物学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 緑藻の概日時計

  2. 緑藻の光受容伝達機構

学歴 1

  1. 山口大学   理工学研究科

    2000年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本時間生物学会

  2. 日本遺伝学会

  3. 日本植物生理学会

受賞 1

  1. 名古屋大学グローバルCOE若手顕彰

    2008年12月   名古屋大学  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 25

  1. The role of ROC75 as a daytime component of the circadian oscillator in Chlamydomonas reinhardtii 査読有り

    Matsuo Takuya, Iida Takahiro, Ohmura Ayumi, Gururaj Malavika, Kato Daisaku, Mutoh Risa, Ihara Kunio, Ishiura Masahiro

    PLOS GENETICS   16 巻 ( 6 )   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pgen.1008814

    Web of Science

  2. Methylation deficiency disrupts biological rhythms from bacteria to humans 査読有り 国際共著

    Fustin Jean-Michel, Ye Shiqi, Rakers Christin, Kaneko Kensuke, Fukumoto Kazuki, Yamano Mayu, Versteven Marijke, Grunewald Ellen, Cargill Samantha J., Tamai T. Katherine, Xu Yao, Jabbur Maria Luisa, Kojima Rika, Lamberti Melisa L., Yoshioka-Kobayashi Kumiko, Whitmore David, Tammam Stephanie, Howell P. Lynne, Kageyama Ryoichiro, Matsuo Takuya, Stanewsky Ralf, Golombek Diego A., Johnson Carl Hirschie, Kakeya Hideaki, van Ooijen Gerben, Okamura Hitoshi

    COMMUNICATIONS BIOLOGY   3 巻 ( 1 )   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s42003-020-0942-0

    Web of Science

  3. The CONSTANS flowering complex controls the protective response of photosynthesis in the green alga Chlamydomonas 査読有り

    Tokutsu Ryutaro, Fujimura-Kamada Konomi, Matsuo Takuya, Yamasaki Tomohito, Minagawa Jun

    NATURE COMMUNICATIONS   10 巻   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-019-11989-x

    Web of Science

  4. Isolation of photoprotective signal transduction mutants by systematic bioluminescence screening in Chlamydomonas reinhardtii. 査読有り

    Tokutsu R, Fujimura-Kamada K, Yamasaki T, Matsuo T, Minagawa J

    Sci Rep.   9 巻   頁: 2820   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. ROC75 is an Attenuator for the Circadian Clock that Controls LHCSR3 Expression 査読有り 国際共著

    Kamrani Yousef Yari, Matsuo Takuya, Mittag Maria, Minagawa Jun

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   59 巻 ( 12 ) 頁: 2602 - 2607   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcy179

    Web of Science

  6. CSL encodes a leucine- rich- repeat protein implicated in red/violet light signaling to the circadian clock in Chlamydomonas 査読有り

    Kinoshita Ayumi, Niwa Yoshimi, Onai Kiyoshi, Yamano Takashi, Fukuzawa Hideya, Ishiura Masahiro, Matsuo Takuya

    PLOS GENETICS   13 巻 ( 3 )   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pgen.1006645

    Web of Science

  7. Nitrogen starvation-induced triacylglycerol accumulation in the green algae: Evidence for a role for ROC40, a transcription factor involved in circadian rhythm 査読有り 国際共著

    Goncalves EC, Koh J, Zhu N, Yoo MJ, Chen S, Matsuo T, Johnson JV, Rathinasabapathi B.

    Plant Journal   85 巻 ( 6 ) 頁: 743-57   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/tpj.13144.

  8. Diversity of plant circadian clocks: Insights from studies of Chlamydomonas reinhardtii and Physcomitrella patens. 査読有り

    Ryo M, Matsuo T, Yamashino T, Ichinose M, Sugita M, Aoki S

    Plant Signal Behav.   11 巻   頁: e1116661   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Cyclic bis(3'-5')diadenylic acid (c-di-AMP) analogs promote the activities of photosynthesis and respiration of Chlamydomonas reinhardtii. 査読有り

    Tezuka T, Shirouzu H, Ishida K, Suzuki N, Matsuo T, Oyama K, Aoki S, Tsukamoto M

    Am. J. Plant Sci.   5 巻   頁: 24-28   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. High-throughput phenotyping of chlamydomonas swimming mutants based on nanoscale video analysis 査読有り

    Fujita S, Matsuo T, Ishiura M, Kikkawa M

    Biophys J.   107 巻   頁: 336-345   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. クラミドモナスの概日時計~ようやく始まった分子レベルの研究~ 招待有り 査読有り

    松尾拓哉

    時間生物学   19 巻   頁: 26 - 33   2013年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  12. Phase-resetting mechanism of the circadian clock in Chlamydomonas reinhardtii 査読有り

    Niwa Y, Matsuo T, Onai K, Kato D, Tachikawa M, Ishiura M

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   110 巻   頁: 13666-13671   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. N-terminal acetyltransferase 3 gene is essential for robust circadian rhythm of bioluminescence reporter in Chlamydomonas reinhardtii 査読有り

    Matsuo T, Iida T, Ishiura M

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   418 巻   頁: 342-346   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Chlamydomonas reinhardtii as a new model system for studying the molecular basis of the circadian clock 招待有り 査読有り

    Matsuo, T. and Ishiura, M.

    FEBS lett.   585 巻   頁: 1495-1502   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. New insights into the circadian clock in Chlamydomonas 招待有り 査読有り

    Matsuo, T. and Ishiura, M.

    Int. Rev. Cell Mol. Biol.   280 巻   頁: 281-314   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. 真核生物における生物時計の新しい実験系:クラミドモナス 招待有り

    松尾拓哉、石浦正寛

    蛋白質核酸酵素   53 巻   頁: 1873-1880   2008年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. A systematic forward genetic analysis identified components of the Chlamydomonas circadian system. 査読有り

    Matsuo T, Okamoto K, Onai K, Niwa Y, Shimogawara K, Ishiura M

    Genes Dev.   22 巻   頁: 918-930   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Real-time monitoring of chloroplast gene expression by a luciferase reporter: Evidence for nuclear regulation of chloroplast circadian period. 査読有り

    Matsuo T, Onai K, Okamoto K, Minagawa J, Ishiura M

    Mol. Cell. Biol.   26 巻   頁: 863-870   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Control mechanism of the circadian clock for timing of cell division in vivo. 査読有り

    Matsuo T, Yamaguchi S, Mitsui S, Emi A, Shimoda F, Okamura H

    Science   302 巻   頁: 255-259   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Synchronization of cellular clocks in the suprachiasmatic nucleus. 査読有り

    Yamaguchi S, Isejima H, Matsuo T, Okura R, Yagita K, Kobayashi M, Okamura H

    Science   302 巻   頁: 1408-1412   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Molecular Mechanism of Circadian Clock in the Suprachiasmatic Nucleus and Cultured Fibroblasts. 招待有り 査読有り

    Okamura H, Yamaguchi S, Yagita K, Isejima H, Matsuo T, Masubuchi S, Kobayashi M

    Circadian Clock as Multi-Oscillation System ― Proceedings of the 9th Sapporo Symposium on Biological Rhythm     頁: 75 - 81   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  22. Involvement of Period1 gene in entrainment of circadian rhythm of the rat suprachiasmatic nucleus. 招待有り 査読有り

    Inouye ST, Umeda N, Numano R, Izumi T, Matsuo T, Samura T, Harada Y, Sakaki Y, Tei H

    Circadian Clock as Multi-Oscillation System ― Proceedings of the 9th Sapporo Symposium on Biological Rhythm     頁: 129 - 136   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  23. Antagonistic role of E4BP4 and PAR proteins in the circadian oscillatory mechanism. 査読有り

    Mitsui S, Yamaguchi S, Matsuo T, Ishida Y, Okamura H

    Genes Dev.   15 巻   頁: 995-1006   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Tyrosine hydroxylase and NADPH-diaphorase in the rat nodose ganglion: Colocalization and central projection 査読有り

    Nishiyama K, Yagita K, Yamaguchi S, Kitamura S, Matsuo T, Uno T, Tanaka M, Hisa Y, Ibata Y, Okamura H

    Acta Histochem. Cytochem.   34 巻   頁: 135-141   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Circadian oscillation of mammalian Period genes. 招待有り 査読有り

    Okamura H, Yamaguchi S, Yagita K, Ishida Y, Matsuo T, Yan L

    Zeitgebers, Entrainment and Masking of the Circadian System ― Proceedings of the 8th Sapporo Symposium on Biological Rhythm     頁: 89 - 100   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 25

  1. 緑藻は転写抑制により目覚める 招待有り

    松尾拓哉

    第62回日本植物生理学会年会  2021年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  2. クラミドモナスの概日時計をリセットする光受容伝達機構

    松尾拓哉

    第14回クラミドモナス研究会  2021年3月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  3. 転写に依存しない概日振動体の研究における緑藻植物の可能性 招待有り

    松尾拓哉

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  4. 緑藻クラミドモナスの概日時計~植物型?それとも動物型?~ 招待有り

    松尾拓哉

    第158回 システム自然科学研究科セミナー(名古屋市立大学) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  5. 緑藻の概日時計 招待有り

    松尾拓哉

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  6. 植物オルガネラの概日制御 招待有り

    松尾拓哉

    第21回植物オルガネラワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  7. 緑藻クラミドモナスの概日時計 招待有り

    松尾拓哉

    甲南生物学セミナー(甲南大学) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  8. 緑藻クラミドモナスの概日時計 招待有り

    松尾拓哉

    生物リズム若手研究者の集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  9. 微生物の生物時計~緑藻の最新研究 招待有り

    松尾拓哉

    理学部理学科教室セミナー(横浜市立大学) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  10. The circadian clock in the unicellular green alga Chlamydomonas 招待有り 国際会議

    Matsuo T

    RNA and CLOCK 2015 International Symposium Epigenetic Landscape in Biological Rhythms  2015年  Okamura H

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Yumebutai, Awaji   国名:日本国  

  11. 細胞内小器官レベルでの連関:概日時計と葉緑体 招待有り

    松尾拓哉

    第21回日本時間生物学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  12. 緑藻の時計 ~陸上植物との類似点と相違点~ 招待有り

    松尾拓哉

    第19回日本時間生物学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  13. 緑藻の生物時計:起源、分子機構、時計研究モデルとしての可能性 招待有り

    松尾拓哉、石浦正寛

    第18回日本時間生物学会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  14. 生物時計研究の新しいモデル生物:緑藻クラミドモナス

    松尾拓哉

    京都大学大学院薬学研究科、医薬創成情報科学講座、システムバイオロジーセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  15. 単細胞性緑藻の生物時計システム 招待有り

    松尾拓哉

    第84回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  16. Identification and analysis of circadian clock genes in Chlamydomonas reinhardtii., Chlamydomonas and Phaeodactylum 招待有り 国際会議

    Matsuo T

    Workshop "Specific Light Driven Reactions in Unicellular Model Algae" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  17. 時計遺伝子研究の新しい実験系-クラミドモナス 招待有り

    松尾拓哉、飯田高広、立川誠、丹羽由美、石浦正寛

    第7回クラミドモナスワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  18. 全ゲノム情報を利用した遺伝子タギング法による網羅的な遺伝子同定 招待有り

    松尾拓哉、岡本和久、小内清、丹羽由美、下河原浩介、石浦正寛

    名古屋大学遺伝子実験施設シンポジウム「新たなDNA解析 ―次世代DNA解析のすべてとDNA解析の新分野への展開―」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  19. 生物発光リアルタイム測定システムの応用例:クラミドモナスにおける時計遺伝子の網羅的クローニング 招待有り

    松尾拓哉、石浦正寛

    第2回科学技術交流財団研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  20. 緑藻の生物時計~クラミドモナスにおける時計遺伝子の網羅的同定 招待有り

    松尾拓哉、岡本和久、小内清、丹羽由美、下河原浩介、石浦正寛

    日本遺伝学会第80回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  21. Systematic identification of circadian clock components in the Chlamydomonas reinhardtii 国際会議

    Matsuo T, Okamoto K, Onai K, Niwa Y, Shimogawara K, Ishiura M

    EMBO Workshop on the Cell and Molecular Biology of Chlamydomonas 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月 - 2008年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:フランス共和国  

  22. ハイスループット生物発光リアルタイムモニタリング法による変異体のスクリーニングと原因遺伝子の網羅的同定~クラミドモナスの概日時計遺伝子へのアプローチ~ 招待有り

    松尾拓哉、岡本和久、小内清、丹羽由美、石浦正寛

    日本遺伝学会第79回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  23. ラットの視交叉上核へのPerアンチセンスオリゴの投与 招待有り

    松尾拓哉、井上愼一

    大阪大学蛋白質研究所セミナー『体内時計の分子機構-研究の最前線-』 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  24. ラット行動リズムにおけるrPer1 antisense oligonucleotide投与の影響 招待有り

    松尾拓哉、門田美和、原田由美子、柴田重信、岡村均、井上愼一

    第5回日本時間生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  25. Microadministration of Per1 antisense oligonucleotide into the SCN: Effects on the rat activity rhythms and c-fos induction by light. 招待有り 国際会議

    Matsuo T, Kadota M, Harada Y, Shibata S, Okamura H, Inouye ST

    U.S./Japan Workshop on Molecular Chronobiology  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Suzuka   国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 7

  1. 微細藻類クラミドモナスのオイル生産と概日時計

    2019年4月 - 2021年3月

    長瀬科学技術振興財団研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  2. 微細藻類バイオ燃料の生産性向上に向けた体内時計の研究

    2014年4月 - 2016年3月

    加藤記念研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 藻類体内時計のON/OFF切替、およびスピードの調節を可能にする技術の確立

    2014年4月 - 2015年3月

    倉田奨励金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 緑藻クラミドモナスにおける遺伝子発現の人為的制御系の開発

    2012年11月 - 2013年10月

    A-STEP 探索タイプ 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 生物時計変異株の葉緑体を用いた有用物質の大量生産系の開発

    2011年12月 - 2012年7月

    A-STEP 探索タイプ 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 植物時計の進化の解明に向けた緑藻の生物時計の解析

    2011年4月 - 2012年3月

    ノバルティス研究奨励金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 生物時計の進化の解明に向けた緑藻の時計遺伝子の解析

    2010年4月 - 2011年3月

    日本人若手研究者研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 8

  1. 時間タンパク質学:巨大単細胞緑藻で探る1日を規定するタンパク質特性

    2021年10月 - 2024年3月

    科学研究費補助金  学術変革領域(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  2. 時間タンパク質学:時を生み出すタンパク質特性

    2021年10月 - 2024年3月

    科学研究費補助金  学術変革領域(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  3. 概日時計クオーツとして機能するタンパク質振動子

    2021年8月 - 2024年3月

    科学研究費補助金  挑戦的研究(開拓)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  4. 緑藻の生物時計の分子基盤

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 緑藻クラミドモナスにおける生物時計機構の解析

    2011年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 生物時計によるRNA制御機構

    2009年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究 RNA制御学

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. 新たな生物時計モデル・クラミドモナスの時計遺伝子、時計タンパク質の解析

    2009年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 藻類の時計遺伝子および葉緑体概日リズム制御因子の網羅的同定

    2007年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金 

    松尾 拓哉

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

産業財産権 1

  1. 葉緑体で機能するホタルルシフェラーゼ遺伝子とそれを用いた葉緑体遺伝子発現のリアルタイムモニタリング

    石浦正寛、松尾拓哉、小内清

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人・名古屋大学

    出願番号:特願2005-029217  出願日:2005年2月

    公開番号:特開2006-211977 

    特許番号/登録番号:特許第4742258号  登録日:2011年5月 

    出願国:国内  

 

メディア報道 13

  1. 緑藻の目覚め 仕組み発見 新聞・雑誌

    中日新聞  2020年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  2. 緑藻の体内時計をリセットするメカニズム – 赤や紫の光情報を伝える因子CSLを発見 インターネットメディア

    academist Journal  2017年5月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  3. 緑藻で赤や紫の光情報を体内時計に伝える因子 発見 新聞・雑誌

    科学新聞  2017年4月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  4. 体内時計初期化遺伝子を特定 新聞・雑誌

    中日新聞  2017年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  5. 緑藻の体内時計を解明 新聞・雑誌

    日経産業新聞  2013年8月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  6. 緑藻の体内時計 時刻合わせの分子メカニズム解明 新聞・雑誌

    科学新聞  2013年8月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  7. 体内時計 調節仕組み発見 新聞・雑誌

    中日新聞  2013年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  8. 藻類の生物時計研究 高効率バイオ燃料生産に応用 新聞・雑誌

    中部経済新聞  2012年10月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  9. 藻類の時計遺伝子を特定:植物型と比較し進化解明に 新聞・雑誌

    読売新聞  2008年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  10. 藻の仲間の時計遺伝子発見 テレビ・ラジオ番組

    NHKニュース  2008年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  11. 藻類で時計遺伝子発見:進化過程解明に道 テレビ・ラジオ番組

    日刊工業新聞  2008年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  12. 植物祖先 緑藻に生物時計遺伝子 新聞・雑誌

    中日新聞  2008年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  13. 藻の体内時計 遺伝子発見:進化解明に期待 新聞・雑誌

    毎日新聞  2008年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

▼全件表示