2022/04/12 更新

写真a

タナカ キヨウコ
田中 京子
TANAKA, Kyoko
所属
運営支援組織 国際本部 グローバル・エンゲージメントセンター 支援チーム 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 学術修士

研究キーワード 7

  1. 異文化コミュニケーション

  2. 日本文化

  3. ラテンアメリカ

  4. 元留学生

  5. 再適応

  6. 適応

  7. 留学

研究分野 3

  1. その他 / その他  / 異文化間コミュニケーション

  2. その他 / その他  / 留学生教育・相談

  3. その他 / その他  / 外国語教育

現在の研究課題とSDGs 5

  1. ラテンアメリカ出身留学生の長期的留学効果

  2. 日本文化が関わる異文化コミュニケーション

  3. ラテンアメリカ出身留学生の日本適応の特徴について

  4. 日本留学の長期的成果

  5. 帰国しない留学の長期的効果

経歴 4

  1. 名古屋大学国際教育交流センター教員

    2013年10月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   名古屋大学こすもす保育園運営協議会 議長

    2008年4月 - 2010年3月

  3. 名古屋大学留学生センター教員

    1992年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学言語文化部教員

    1991年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 名古屋大学   文学研究科   日本言語文化

    - 1991年

  2. 上智大学   外国語学部   イスパニア語学科

    - 1981年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 2

  1. 異文化間教育学会   編集委員(終了)

  2. 日本ラテンアメリカ学会

 

論文 23

  1. 日本留学の長期的効果と波及-ラテンアメリカ出身留学生の場合 査読有り

    留学生交流・指導研究   ( 12 ) 頁: 43-55   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    日本留学の長期的効果について、ラテンアメリカ出身の留学生に焦点をあてて調査した。帰国から10~30年を経た元留学生数十名に、出身国で面接調査を行い、留学が就職、職業観、倫理観、世界観に与えた影響を考察した。

  2. 災害対応における多文化視点の導入に向けて

    山口博史、田中京子

    名古屋大学留学生センター紀要   ( 8 )   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    日本における災害対応に多文化視点を導入し、様々な文化背景を持った人々が災害時により有効に避難救護サービスを享受するためにどのような改善をすべきか、外国籍の人々にどのような機会や手段を提供していくべきかを、実践活動の成果に基づいて提案した。

  3. *Reentry to Latin America: prospects and Realities 査読有り

      ( 3 )   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. *Estudiantes Provenientes de Latinoamerica (Students coming from Latin America)

    Tanaka Kyoko

    Inmigracion Latinoamericana en Japon (Latin American Immigration in Japan)     頁: 45-58   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    Summery of the characteristics of cultural adaptaion and adjustment of Latin American students in Japan, through several questionnaires and interviews. Written in Spanish.

  5. *メキシコ留学が個人にもたらした影響について~日墨交流計画に参加した日本人元留学生へのアンケート調査から~ 査読有り

    田中京子

    留学生交流・指導研究   ( 7 )   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    30年以上にわたって続けられている日本とメキシコの間の交換留学制度について、日本人元留学生に与えた影響を追跡調査する。現在の仕事や生活の状況を質問紙を通して調査することにより、特に個人の価値観や世界観に与えた影響を考察する。

  6. *Viewpoints of Intercultural Communication in the Media as seen through the Researchers' Collaborative Work 査読有り

    Tanaka Kyoko, See Eng Teong, and the Intercultural Communication Research Group

    Studies in Media and Culture   ( 第4 ) 頁: 145-159   2008年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This article aims to consolidate the viewpoints of intercultural communication by analysing the current media contents, through the different viewpoints of the researchers with diverse educational and cultural backgrounds.

  7. *日本発の国際学校で学んだ子どもたちは今~「日本メキシコ学院」の二文化教育の成果を探る~

    斉藤さくら、田中京子

    名古屋大学留学生センター紀要   ( 4 )   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    メキシコに1997年に設立された国際学校「日本メキシコ学院」で行なわれている二文化教育が生徒たちに与えた影響について、在籍時の生徒たちの作文や修了後10年以上経た生徒たちへの質問紙調査を通して、縦断的に考察した調査結果

  8. Editor: Midland Intercultural Review

    Midland Intercultural Review Vol. 1: Intercultural Communication   ( 1 )   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Collection of papers written by graduate students of Nagoya University about intercultural communication from various points of view

  9. Different Cultures Different Interpretations

    James Lassegard, Jesse Sokolovsky, Rajdeep Seth, Kayoko Takagi, Kyoko Tanaka (editors)

    Different Cultures Different Interpretations   ( 1 )   2005年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    Different interpretations and analysis of the real cases of intercultural communication, focused on the Japanese culture

  10. 学生支援の考え方 招待有り

    田中京子

    留学交流   16 巻 ( 4 ) 頁: 16-19   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    学生支援に関する考え方を、特に日本における留学交流の流れを外観しながら論ずる。

  11. 留学生対象オリエンテーションプログラムの効果と課題~継続型・交流型・日本語英語併用プログラム実施3年を終えて~

    田中京子、柴垣史

    名古屋大学留学生センター紀要     頁: 18-27   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    留学生を中心とした在学生や地域構成員が共に日本文化について考えるワークショップを、3年間企画運営した後、その方法や効果を検証する。

  12. 留学生の教育・研究に関わるコミュニケーションと人間関係

    石川クラウディア、太田浩司、孫銀植、田中京子、ハンマード・アミン、松浦まち子

    留学生の教育・研究に関わるコミュニケーションと人間関係   1 巻   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    名古屋大学大学院留学生対象の、人間関係とコミュニケーションに関わるアンケートの結果を集約・分析

  13. Voices from Former Latin American Students in Japan - Their main reentry issues and suggestions to prospective students

      ( 8 ) 頁: 91-120   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  14. 滞日中の変化と帰国後を考える-在日ラテンアメリカ出身留学生の面接調査から-

    日本語・日本文化論集     頁: 7   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  15. Japan as seen from Latin American students in Japan

        頁: 5   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  16. ラテンアメリカ出身留学生の学業・生活への適応要因について -在日留学生35名へのアンケート調査報告-

    名古屋大学日本語・日本文化論集   ( 4 ) 頁: 137-153   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  17. 指示詞が指し示すもの-日西比較の試み-

    言語文化論集   14 巻 ( 1 ) 頁: 3-18   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  18. 教員研修生にとっての日本留学の長期的成果と課題~ラテンアメリカ出身者への聞き取り調査から~ 査読有り

    田中京子

    留学生交流・指導研究   ( 22 ) 頁: 37 - 50   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  19. ラテンアメリカ出身日系人にとっての日本留学の特徴と長期的成果~元留学生への聞き取り調査から~ 査読有り

    田中京子

    名古屋大学国際教育交流センター紀要   ( 6 ) 頁: 5 - 14   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  20. 複数国留学経験者にとっての日本留学の成果 査読有り

    田中京子

    留学生交流・指導研究   ( 21 ) 頁: 21 - 34   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  21. 留学生と大学の国際化 査読有り

    田中京子

    名古屋大学国際教育交流センター紀要   ( 3 ) 頁: 5 - 11   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  22. 日本留学の長期的成果~第三国に住むラテンアメリカ出身者の場合 査読有り

    田中京子

    名古屋大学国際教育交流センター紀要   ( 創刊号 ) 頁: 5 - 11   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  23. ムスリムの学生生活

    田中京子

    ムスリムの学生生活     2014年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

▼全件表示

書籍等出版物 6

  1. 国際教育交流担当者のためのガイドブック

    田中京子( 担当: 単訳 ,  範囲: 一部)

    名古屋大学国際教育交流センター  2017年 

     詳細を見る

    総ページ数:52  

  2. ムスリムの学生生活~ともに学ぶ教職員と学生のために~(改訂版)

    田中京子( 担当: 編集 ,  範囲: 執筆責任者)

    名古屋大学国際教育交流センター&名古屋大学イスラム文化研究会  2014年 

     詳細を見る

    総ページ数:34   記述言語:英語 著書種別:教科書・概説・概論

  3. ムスリムの学生生活~ともに学ぶ教職員と学生のために~ 国際共著

    田中京子( 担当: 共著 ,  範囲: 執筆責任者)

    名古屋大学留学生センター&名古屋大学イスラム文化会  2012年 

     詳細を見る

    総ページ数:23   記述言語:英語 著書種別:教科書・概説・概論

  4. Tasting Japanese Culture:Though Diverse Interpretations 国際共著

    Tanaka Kyoko( 担当: 共著)

    Intercultural Seminar Group, Nagoya University  2011年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:68   担当ページ:47-52   記述言語:英語 著書種別:教科書・概説・概論

  5. Midland Intercultural Review: Intercultural Communication: The continuity of Dialogue

    Tanaka Kyoko, Celal Bayari( 担当: 共著)

    Graduate School of Languages and Cultures, Nagoya University  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    Collection of articles about intercultural communication in English and Japanese

  6. Different Cultures Different Interpretations: Incidents and reflections with focus on Japan

    James Lassegard, Rajdeep Seth, Jesse Sokolovsky, Kayoko Takagi, Kyoko Tanaka( 担当: 共著)

    2005年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    Presenting different interpretations made by the people from different backgrounds, about the same incidents occurred in Japan

▼全件表示

Works(作品等) 2

  1. Cultural Encounters: Some experiences in Japan

    2003年2月
    -
    2004年7月

     詳細を見る

    発表場所:Cultural Encounters: Some experiences in Japan  

  2. Estudios en Japon y el Retorno (Spanish)

    2001年9月

     詳細を見る

    発表場所:Contacto: Revista de la Asociacion Peruana de Becarios del Ministerio de Japon, No. 7 (Spanish)  

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. Different Cultures Different Interpretations: Incidents and Reflections with Focus on Japan

    2004年 - 2005年

    Cooperative Research within an Affiliated University or Institute 

科研費 3

  1. 日本とメキシコの双方向留学の長期的成果

    研究課題/研究課題番号:18KK0061  2018年10月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  国際共同研究加速基金

    Peddie Francis, 星野晶成、新見有希子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17680000円 ( 直接経費:13600000円 、 間接経費:4080000円 )

  2. 日本留学の長期的成果~グローバル展開と次世代への波及

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    日本留学を経て10年以上たった元留学生たちが、留学成果をどのように国際社会や次世代に伝えているかを、国内外に住む元留学生に聞き取り調査をすることで、調査検討する。

  3. ラテンアメリカ出身者の日本留学後の追跡調査~個人および社会への影響を探る~

    2007年

    科学研究費補助金  基盤研究(C)(一般),課題番号:19520452

    田中 京子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 17

  1. 多文化コミュニケーション論 b

    2016

  2. 基礎セミナー 日本文化の国際展開

    2016

  3. 多文化コミュニケーション論a

    2015

  4. 基礎セミナー 日本文化の国際展開

    2015

  5. 多文化コミュニケーション論a

    2014

  6. 基礎セミナー 日本文化の国際展開

    2014

  7. 多文化コミュニケーション論 b

    2014

  8. 異文化コミュニケーション論a

    2013

  9. 基礎セミナー 日本文化を英語で学ぶ

    2013

  10. 異文化コミュニケーション論b

    2013

  11. 異文化コミュニケーション論 b

    2012

     詳細を見る

    Consider and analyse real cases of intercultural communication. Learn to communicate with people with diverse cultural, linguistic, and religious backgrounds.

  12. 異文化コミュニケーション論 a

    2012

     詳細を見る

    Learn to communicate with people with diverse cultural, linguistic and religious backgrounds and think how to construct trustworthy relationships each other as equal partners

  13. 基礎セミナー「英語で学ぶ日本の文化」

    2012

     詳細を見る

    Learn Japanese culture from diverse points of view and present it in English. Offered for both international and Japanese students.

  14. 基礎セミナーA

    2011

  15. 留学生と日本

    2011

  16. 異文化コミュニケーション論 b

    2011

  17. 異文化コミュニケーション論

    2011

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. スペイン語圏・ポルトガル語圏の言語と文化

    2008年4月 - 2009年3月 金城学院大学)

 

社会貢献活動 3

  1. 大幸財団 留学生助成事業選考委員会

    役割:助言・指導

    大幸財団  2015年4月 - 2022年3月

     詳細を見る

    対象: 大学生

    種別:その他

  2. 愛知県国際交流協会 評議員

    役割:運営参加・支援

    愛知県国際交流協会  2014年4月 - 現在

  3. 生涯学習センター等における国際理解講座・人権講座等

    役割:講師

    1991年4月 - 2019年3月

     詳細を見る

    国際理解に関する講座・セミナーおよび人権に関する講座・セミナー