Updated on 2022/04/12

写真a

 
WAKUI, Takashi
 
Organization
Graduate School of Humanities Department of Humanities Professor
Graduate School
Graduate School of Languages and Cultures
Graduate School of Humanities
Undergraduate School
School of Humanities Department of Humanities
Title
Professor
Contact information
メールアドレス

Degree 1

  1. Ph. D

Research Interests 5

  1. literature and astronomy

  2. animation

  3. modern Japanese literature

  4. modern poetry

  5. comparative literature

Research Areas 1

  1. Others / Others  / Comparative literature

Current Research Project and SDGs 2

  1. Modern Japanese Poetry,Animated films

  2. 表象文化

Research History 1

  1. Associate Professor

    1993

      More details

    Country:Japan

Education 2

  1. Columbia University

    - 1994

  2. Waseda University   Faculty of Literature

    - 1982

      More details

    Country: Japan

Professional Memberships 1

  1. 日本文学協会

 

Papers 16

  1. 新国誠一の具体詩

    涌井隆

    名古屋大学大学院国際言語文化研究科 言語文化論集   Vol. xxxvi ( 2 ) page: 127-138   2015.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  2. How did Percival Lowell see the Japanese and the Martians Invited

    Takashi Wakui

        page: pp 53-62   2009.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    Percival Lowell spent several years in Japan during the 1880s and wrote books on Japan and the Japanese. This paper examines similar habits of thought that lie beneath his views on Japan and his belief in the Martians.

  3. "Shimazaki Toson and the stars"

      Vol. 29 ( 2 ) page: 173-185   2008.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    This is an academic paper on how starry night skies are depicted in the works of Shimazaki Toson. The works discussed are his poems, "Chikumagawa no skecchi", "Shinsei", and "Yoakemae".

  4. Modern Japanese poetry and ornate language

      Vol. 7   page: 113-118   2008.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  5. *「内村鑑三と星の観望」

    涌井隆

    『名古屋大学国際言語文化研究科言語文化論集 』   Vol. 28 ( 2 ) page: 195-208   2007.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    内村鑑三は晩年自ら主宰した『聖書之研究』において日誌を公開した。そこで彼が天文学に興味を持ち頻繁に星の観望を行っていたこと、もう少しで新星を発見するところだったことがわかる。彼がなぜ晩年に天文学に惹かれていったのか、再臨論争と絡ませながら、彼の思想の中での自然科学について考察する。

  6. *「国際化時代の日本語作家達」

    涌井隆

    『名古屋大学国際言語文化研究科言語文化叢書』   Vol. 5   page: 115-125   2006.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    名古屋大学国際言語文化研究科主催の公開講座での講演を拡張したもの。国際化された日本が生み出した、「日本語作家」達から三グループを抽出し、まとめた。第一のグループは、鈴木光司や村上春樹などの世界語で書くベストセラー作家、第二グループはリービ英雄や多和田葉子などの二文化の狭間を生きていることを売りにする非ベストセラー作家、それから第三グループは、近代日本において最初に本格的に「国際化」されたと言える、在日作家達である

  7. 「星のある風景:夏目漱石の『坑夫』、「夢十夜」、「思い出すことなど」」

    涌井隆

    『名古屋大学国際言語文化研究科言語文化論集 』   Vol. 27 ( 2 ) page: 189-200   2006.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    夏目漱石の作品群の中から、星空や天文学についての言及を探り、その意味を考えた。『坑夫』では、暗闇が大きなモチーフとなっており、「夢十夜」では、星空に浪漫的な憧憬を託し、「思い出すことなど」は人間の人生を天文学的時間スケールで捕らえようとする。

  8. 「夏目漱石の『坑夫』における語りの仕組みと明暗」

    『名古屋大学大学院国際言語文化研究科言語文化叢書』   Vol. 4   page: 217-229   2005.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    『坑夫』における最大のモチーフが暗闇であること、語り手が落語好きの漱石自身であること、テーマが自殺であることを論じた。暗闇は坑道の中の暗闇だけではなく、銅山に到達するまでの道行きの過程が星明りすらも隠される全くの暗闇であったことと関係している。語り手は形式上は坑夫になる青年であるが、漱石自身の落語調が乗っ取ってしまっている。自殺に関しては日本の自殺率の高さを例に挙げて論じている。

  9. 「星のある風景:永井荷風と国木田独歩」

    『名古屋大学国際言語文化研究科言語文化論集 』   Vol. 26 ( 2 ) page: 223-226   2005.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    永井荷風の「すみだ川」と国木田独歩の「武蔵野」を引いて、星空の透明感までも髣髴させる描写が近代に出現したことを論じる。荷風の「すみだ川」は物語の発想と舞台は作者が懐かしんだ江戸であるが、天の川などの自然描写は明治の言文一致運動を経なければ実現できなかったものである。よく指摘されているように二葉亭四迷のツルゲネフの翻訳の影響が大きい。独歩は「武蔵野」でツルゲネフに触れている。

  10. 「オスカー・フィッシンガーと寺田寅彦」

    『名古屋大学国際言語文化研究科言語文化論集 』   Vol. 25 ( 2 ) page: 211-223   2004.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    オスカー・フィッシンガーという抽象アニメーションの先駆けと彼の作品を戦前に鑑賞して、新聞時評を書いた寺田寅彦を紹介し論じた。これを書いてすぐ、William Moritzのフィッシンガーについての本が出た。私が依拠した彼の74年の論文から実に30年経って出た労作である。

  11. 「アルビレオの色:中原中也と宮沢賢治の作品に現れる銀河」

    『名古屋大学国際言語文化研究科言語文化論集 』   Vol. 24 ( 2 ) page: 317-328   2003.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  12. 理解と誤解:誤解の基礎論に向けて

    名古屋大学言語文化部 特定研究シリーズ   Vol. 5   page: 85   1995

     More details

    Language:Japanese  

  13. Prosody, diction, and lyricism in modern Japanese poetry (<u>shi</u>)

    University Microfilms     1994

     More details

    Language:English  

  14. The Vernacular Movement (言文一致運動) in Japan and the formation of self hood Invited Reviewed

    Josai Review of Japanese Culture and Society   Vol. 6   page: 1   1994

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  15. 「詩がわかるということはどういうことか:芭蕉の機械処理」

    『情報とコミュニケーション:名古屋大学特定研究シリーズ4』   Vol. 1 ( 1 ) page: 95-106   1993.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  16. 近世の文章語と語り Reviewed

    日本文学   Vol. 42   page: 37-48   1993

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

Books 3

  1. A Tokyo Anthology: Literature from Japan's Modern Metropolis, 1850-1920

    Sumie Jones, Charles Shiro Inouye, Anthony H. Chambers, Joel Cohn, Rebecca L. Copeland( Role: Joint author ,  translations of poetry by Toson and Kambara)

    University of Hawaii Press  2017.2 

  2. Arakawa Yoji's poetry : his early works

    Studies in language and Culture  1998 

     More details

    Language:English

  3. 「伊東静雄と三島由紀夫」

    『国文学年次別論文集』学術文献刊行会  1995 

     More details

    Language:Japanese

Presentations 5

  1. 蒲原有明の詩史的意味 Invited

    涌井隆

    野田宇太郎文学資料館 

     More details

    Event date: 2016.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:野田宇太郎文学資料館   Country:Japan  

    蒲原有明の詩を日本の近代詩の歴史の中に位置づける。

  2. 新国誠一の具体詩 International conference

    朴銓烈、李乗鎮、福田眞人、田島昭子、渡邉美樹、金孝淑

    日本文化に関する国際シンポジウム 

     More details

    Event date: 2013.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:世宗大学校 集賢館   Country:Korea, Republic of  

  3. The epic and verse: comparing Japanese and English poetry

    Japan comparative literature association, the Chubu chapter 

     More details

    Event date: 2010.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

    Modern Japanese poetry began as an exercise in translation from English poetry. In the preface to Shintaishishu, one can sense a distinct longing for long verse and epic commonly found in Western literary tradition. But the longing has not been materialized. In English those forms are still thriving even today.

  4. 「近現代詩の雅語美文について」

    名古屋大学国際言語文化研究科公開講座 

     More details

    Event date: 2007.7

    Language:Japanese  

    Country:Japan  

  5. 「リービ英雄とノーマ・フィールド」

    日本像を探るー外から見た日本・内から見た日本ー 

     More details

    Event date: 2005.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

    リービ英雄とノーマ・フィールド

Works 3

  1. Online literary journal "Nagoya Writes!"http://home.att.ne.jp/wave/NagoyaWrites/

    2005

  2. When the Shogun Awoke at http : //www. jali. or. jp/tti

    1997

  3. Monzen: Journal of Nagoya Area Writers

    1992

Research Project for Joint Research, Competitive Funding, etc. 1

  1. 「国際シンポジウム 異文化理解と映像メディア ―アジアの問題を中心に―」

    2000.10

    豊田財団 

      More details

    Grant type:Competitive

 

Teaching Experience (On-campus) 12

  1. 博士論文研究a

    2020

  2. 日本文化学超域研究a

    2020

  3. 表象文化論Ia

    2020

  4. Academic English Basic

    2011

  5. Academic English Seminar

    2011

  6. Academic English Basic

    2011

  7. Academic English Communication

    2011

  8. Academic English Survival

    2011

  9. Academic English Advanced

    2011

  10. Academic English Communication

    2011

  11. Academic English Advanced

    2011

  12. Academic English Communication

    2011

▼display all