2022/03/15 更新

写真a

スドウ ケンゴ
須藤 健悟
SUDO Kengo
所属
大学院環境学研究科 地球環境科学専攻 気候科学 教授
大学院担当
大学院環境学研究科
学部担当
理学部 地球惑星科学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2003年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 10

  1. 大気酸化能力

  2. 気候将来予測

  3. 大気汚染

  4. 成層圏オゾン・対流圏オゾン

  5. 温暖化

  6. 衛星データ解析

  7. 化学輸送モデル

  8. 化学気候モデリング

  9. エアロゾル

  10. 大気化学

研究分野 4

  1. その他 / その他  / 化学輸送モデリング

  2. その他 / その他  / 大気化学・エアロゾル

  3. その他 / その他  / 気候モデリング

  4. その他 / その他  / 気象学

現在の研究課題とSDGs 7

  1. ◎短寿命気候汚染物質(SLCPs/SLCFs)の削減による温暖化抑制策の構築

  2. 植生改変・エアロゾル変動のアジア域気候・モンスーンへの影響評価

  3. ◎大陸間・半球・全球スケールの大気中物質輸送過程とソース起源解析。

  4. ◎大気汚染(大気化学過程やエアロゾル)と気候との相互作用。

  5. ◎大気組成変動が気候に及ぼす影響の評価: 過去再現と将来予測

  6. ◎全球規模の大気組成変動とそのメカニズムの解明。

  7. ◎大気中の汚染物質・気候影響物質の分布や挙動をできるだけ正確に表現可能な全球モデルの開発/応用。

▼全件表示

経歴 5

  1. 名古屋大学    大学院環境学研究科・地球環境科学専攻・気候科学講座   教授

    2019年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学    大学院環境学研究科・地球環境科学専攻・気候科学講座   准教授

    2007年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   大学院環境学研究科・地球環境科学専攻・気候科学講座   助教授

    2006年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 独立行政法人海洋研究開発機構・地球環境フロンティア研究センター/   大気組成変動予測研究プログラム 

    2004年7月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 海洋科学技術センター・地球フロンティア研究システム    大気組成変動予測研究領域

    2003年4月 - 2004年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 東京大学   理学系研究科   地球惑星科学専攻

    2000年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    備考: 博士課程

  2. 東京大学   理学系研究科   地球惑星科学専攻

    1998年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    備考: 修士課程

  3. 東京大学   理学部   地球惑星物理学科

    1994年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 米国地球物理学会(AGU)

  2. 欧州大気組成変動研究ネットワーク(ACCENT)

  3. 日本気象学会

  4. 日本大気化学会

  5. 日本エアロゾル学会

委員歴 13

  1. 日本学術会議 環境学委員会・地球惑星科学委員会合同FE・WCRP合同分科会IGAC小委員会   委員  

    2021年1月 - 現在   

  2. 日本学術会議 環境学委員会・地球惑星科学委員会合同FE・WCRP合同分科会iLEAPS小委員会   委員(24期)  

    2018年4月 - 現在   

  3. 国立環境研究所・次世代型温室効果ガス観測衛星に関する検討研究会   委員  

    2016年4月 - 2017年3月   

  4. 日本大気化学会   運営委員(8期)  

    2013年4月 - 2014年3月   

  5. 日本学術会議・環境学委員会・地球惑星科学委員会合同IGBP・WCRP・DIVERSITAS合同分科会 IGAC小委員会   委員(22期)  

    2012年4月 - 2015年3月   

  6. 総合科学技術会議 評価専門調査会   南極地域観測事業評価検討会 評価委員  

    2012年4月 - 2013年3月   

  7. 気象集誌編集委員会   編集委員  

    2011年6月 - 現在   

  8. 日本大気化学会   機関誌 編集委員  

    2011年4月 - 2014年3月   

  9. 大気環境衛星検討委員会(APPOLOチーム)   委員  

    2011年4月 - 2014年3月   

  10. 日本大気化学会   運営委員(7期)  

    2011年4月 - 2012年3月   

  11. 日本学術会議・環境学委員会・地球惑星科学委員会合同IGBP・WCRP合同分科会 IGAC小委員会   委員(21期)  

    2009年4月 - 2012年3月   

  12. 日本学術会議・環境学委員会・地球惑星科学委員会合同IGBP・WCRP合同分科会 IGAC小委員会   委員(20期)  

    2006年4月 - 2009年3月   

  13. 日本学術会議国内IGAC小委員会   委員(19期)  

    2004年4月 - 2006年3月   

▼全件表示

受賞 3

  1. 日本気象学会堀内賞

    2020年10月   日本気象学会   化学気候モデルの開発と大気環境・気候変動研究の推進

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

    須藤教授は、大気化学・気候相互作用研究を開拓・牽引し、物質循環を軸として、気象学の周辺領域の拡充に大きく貢献してきた。須藤教授が行ってきた、化学気候モデルおよび地球システムモデルの開発、化学・気候相互作用の研究、大気微量成分の長距離輸送と起源の推定、地球温暖化緩和策の構築、などの業績は、気象学の発展・向上に大きな影響を与えているものと認められる。このため、日本気象学会は須藤健悟教授に2020年度堀内賞を贈呈するものである。

  2. 日本大気化学会奨励賞

    2012年11月   日本大気化学会   化学・エアロゾル結合気候モデルの開発と全球における対流圏オゾン変動・起源推定に関する研究

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

    須藤会員は,全球化学輸送モデルを我が国で初めて開発し、その後これをベースに気候モデルとの結合を行って化学気候モデル(CHASER)へと発展させてきた。さらに、開発した化学輸送モデルを我が国の地球システムモデル(MIROC-ESM)に組み込み、成層圏・対流圏での大気化学と微小粒子(エアロゾル)を網羅的に取り扱える全球シミュレーションの手法を確立してきた。また、対流圏のオゾンやエアロゾルなどの汚染物質がどこからどのように輸送されてくるのかに着目した実験手法を開発し、大気中の長距離輸送や越境汚染の構造を全球スケールで解明した。さらに、オゾンやエアロゾルが及ぼす気候への影響・相互作用などを研究し、気候変動・大気汚染の要因を定量化するとともに、将来予測も行い、IPCC第4次報告書にも大きく貢献した。このように、須藤会員は一貫して大気化学と気候を包括的に扱える独自のモデルを開発し、これを用いた研究の成果は国内外で高く評価されており、大気化学研究会奨励賞に値する。

  3. 日本気象学会2004年度山本・正野論文賞(山本賞)

    2004年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 160

  1. Global tropospheric ozone responses to reduced NOx emissions linked to the COVID-19 world-wide lockdowns 招待有り 査読有り 国際共著

    Miyazaki, Kazuyuki & Bowman, Kay & Sekiya, Takashi & Takigawa, Masayuki & Neu, Jessica & Sudo, Kengo & Osterman, Greg & Eskes, Henk.

    Earth and Space Science Open Archive ESSOAr     2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/essoar.10504795.1

  2. A comparison of the impact of TROPOMI and OMI tropospheric NO2 on global chemical data assimilation 査読有り 国際共著

    Sekiya, T., Miyazaki, K., Eskes, H., Sudo, K., Takigawa, M., and Kanaya, Y.

    Atmospheric Measurement Techniques     2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.5194/amt-2021-400

  3. Effects of heterogeneous reactions on tropospheric chemistry: a global simulation with the chemistry-climate model CHASER V4.0 査読有り 国際共著

    Ha Phuc T. M., Matsuda Ryoki, Kanaya Yugo, Taketani Fumikazu, Sudo Kengo

    GEOSCIENTIFIC MODEL DEVELOPMENT   14 巻 ( 6 ) 頁: 3813 - 3841   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/gmd-14-3813-2021

    Web of Science

  4. Responses of Arctic black carbon and surface temperature to multi-region emission reductions: a Hemispheric Transport of Air Pollution Phase 2 (HTAP2) ensemble modeling study 査読有り

    Zhao Na, Dong Xinyi, Huang Kan, Fu Joshua S., Lund Marianne Tronstad, Sudo Kengo, Henze Daven, Kucsera Tom, Lam Yun Fat, Chin Mian, Tilmes Simone

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   21 巻 ( 11 ) 頁: 8637 - 8654   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-21-8637-2021

    Web of Science

  5. Impacts of Horizontal Resolution on Global Data Assimilation of Satellite Measurements for Tropospheric Chemistry Analysis 査読有り 国際共著

    Sekiya, Takashi; Miyazaki, Kazuyuki; Ogochi, Koji; Sudo, Kengo; Takigawa, Masayuki; Eskes, Henk; Boersma, K. Folkert

    Journal of Advances in Modeling Earth Systems   13 巻 ( 6 )   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2020MS002180

  6. Continuous multi-component MAX-DOAS observations for the planetary boundary layer ozone variation analysis at Chiba and Tsukuba, Japan, from 2013 to 2019 査読有り 国際共著

    Irie Hitoshi, Yonekawa Daichi, Damiani Alessandro, Hoque Hossain Mohammed Syedul, Sudo Kengo, Itahashi Syuichi

    PROGRESS IN EARTH AND PLANETARY SCIENCE   8 巻 ( 1 )   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40645-021-00424-9

    Web of Science

  7. Mapping Yearly Fine Resolution Global Surface Ozone through the Bayesian Maximum Entropy Data Fusion of Observations and Model Output for 1990-2017 査読有り 国際共著

    DeLang Marissa N., Becker Jacob S., Chang Kai-Lan, Serre Marc L., Cooper Owen R., Schultz Martin G., Schroeder Sabine, Lu Xiao, Zhang Lin, Deushi Makoto, Josse Beatrice, Keller Christoph A., Lamarque Jean-Francois, Lin Meiyun, Liu Junhua, Marecal Virginie, Strode Sarah A., Sudo Kengo, Tilmes Simone, Zhang Li, Cleland Stephanie E., Collins Elyssa L., Brauer Michael, West J. Jason

    ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY   55 巻 ( 8 ) 頁: 4389 - 4398   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.est.0c07742

    Web of Science

  8. Contributions of World Regions to the Global Tropospheric Ozone Burden Change From 1980 to 2010 査読有り 国際共著

    Zhang Yuqiang, West J. Jason, Emmons Louisa K., Flemming Johannes, Jonson Jan Eiof, Lund Marianne T., Sekiya Takashi, Sudo Kengo, Gaudel Audrey, Chang Kai-Lan, Nedelec Philippe, Thouret Valerie

    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS   48 巻 ( 1 )   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2020GL089184

    Web of Science

  9. Global Bromine- and Iodine-Mediated Tropospheric Ozone Loss Estimated Using the CHASER Chemical Transport Model 査読有り

    Sekiya Takashi, Kanaya Yugo, Sudo Kengo, Taketani Fumikazu, Iwamoto Yoko, Aita Maki N., Yamamoto Akitomo, Kawamoto Katsuhiro

    SOLA   16 巻   頁: 220 - 227   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2151/sola.2020-037

    Web of Science

  10. Updated tropospheric chemistry reanalysis and emission estimates, TCR-2, for 2005-2018 査読有り 国際共著

    Miyazaki Kazuyuki, Bowman Kevin, Sekiya Takashi, Eskes Henk, Boersma Folkert, Worden Helen, Livesey Nathaniel, Payne Vivienne H., Sudo Kengo, Kanaya Yugo, Takigawa Masayuki, Ogochi Koji

    EARTH SYSTEM SCIENCE DATA   12 巻 ( 3 ) 頁: 2223 - 2259   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/essd-12-2223-2020

    Web of Science

  11. Projecting ozone hole recovery using an ensemble of chemistry-climate models weighted by model performance and independence 査読有り 国際共著

    Amos Matt, Young Paul J., Hosking J. Scott, Lamarque Jean-Francois, Abraham N. Luke, Akiyoshi Hideharu, Archibald Alexander T., Bekki Slimane, Deushi Makoto, Jockel Patrick, Kinnison Douglas, Kirner Ole, Kunze Markus, Marchand Marion, Plummer David A., Saint-Martin David, Sudo Kengo, Tilmes Simone, Yamashita Yousuke

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   20 巻 ( 16 ) 頁: 9961 - 9977   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-20-9961-2020

    Web of Science

  12. A development of reduction scenarios of the short-lived climate pollutants (SLCPs) for mitigating global warming and environmental problems 査読有り

    Nakajima Teruyuki, Ohara Toshimasa, Masui Toshihiko, Takemura Toshihiko, Yoshimura Kei, Goto Daisuke, Hanaoka Tatsuya, Itahashi Syuichi, Kurata Gakuji, Kurokawa Jun-ichi, Maki Takashi, Masutomi Yuji, Nakata Makiko, Nitta Tomoko, Seposo Xerxes, Sudo Kengo, Suzuki Chieko, Suzuki Kentaroh, Tsuruta Haruo, Ueda Kayo, Watanabe Shingo, Yu Yong, Yumimoto Keiya, Zhao Shuyun

    PROGRESS IN EARTH AND PLANETARY SCIENCE   7 巻 ( 1 )   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40645-020-00351-1

    Web of Science

  13. Model Inter-Comparison for PM2.5 Components over urban Areas in Japan in the J-STREAM Framework 査読有り

    Yamaji Kazuyo, Chatani Satoru, Itahashi Syuichi, Saito Masahiko, Takigawa Masayuki, Morikawa Tazuko, Kanda Isao, Miya Yukako, Komatsu Hiroaki, Sakurai Tatsuya, Morino Yu, Kitayama Kyo, Nagashima Tatsuya, Shimadera Hikari, Uranishi Katsushige, Fujiwara Yuzuru, Hashimoto Tomoaki, Sudo Kengo, Misaki Takeshi, Hayami Hiroshi

    ATMOSPHERE   11 巻 ( 3 )   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/atmos11030222

    Web of Science

  14. Evaluation of a multi-model, multi-constituent assimilation framework for tropospheric chemical reanalysis 査読有り 国際共著

    Miyazaki Kazuyuki, Bowman Kevin W., Yumimoto Keiya, Walker Thomas, Sudo Kengo

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   20 巻 ( 2 ) 頁: 931 - 967   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-20-931-2020

    Web of Science

  15. Evaluation and uncertainty investigation of the NO2, CO and NH3 modeling over China under the framework of MICS-Asia III 査読有り 国際共著

    Kong Lei, Tang Xiao, Zhu Jiang, Wang Zifa, Fu Joshua S., Wang Xuemei, Itahashi Syuichi, Yamaji Kazuyo, Nagashima Tatsuya, Lee Hyo-Jung, Kim Cheol-Hee, Lin Chuan-Yao, Chen Lei, Zhang Meigen, Tao Zhining, Li Jie, Kajino Mizuo, Liao Hong, Wang Zhe, Sudo Kengo, Wang Yuesi, Pan Yuepeng, Tang Guiqian, Li Meng, Wu Qizhong, Ge Baozhu, Carmichael Gregory R.

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   20 巻 ( 1 ) 頁: 181 - 202   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-20-181-2020

    Web of Science

  16. Clear-sky ultraviolet radiation modelling using output from the Chemistry Climate Model Initiative 査読有り 国際共著

    Lamy Kevin, Portafaix Thierry, Josse Beatrice, Brogniez Colette, Godin-Beekmann Sophie, Bencherif Hassan, Revell Laura, Akiyoshi Hideharu, Bekki Slimane, Hegglin Michaela I, Joeckel Patrick, Kirner Oliver, Liley Ben, Marecal Virginie, Morgenstern Olaf, Stenke Andrea, Zeng Guang, Abraham N. Luke, Archibald Alexander T., Butchart Neil, Chipperfield Martyn P., Di Genova Glauco, Deushi Makoto, Dhomse Sandip S., Hu Rong-Ming, Kinnison Douglas, Kotkamp Michael, McKenzie Richard, Michou Martine, O'Connor Fiona M., Oman Luke D., Pitari Giovanni, Plummer David A., Pyle John A., Rozanov Eugene, Saint-Martin David, Sudo Kengo, Tanaka Taichu Y., Visioni Daniele, Yoshida Kohei

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   19 巻 ( 15 ) 頁: 10087 - 10110   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-19-10087-2019

    Web of Science

  17. Description and basic evaluation of simulated mean state, internal variability, and climate sensitivity in MIROC6 査読有り 国際共著

    Tatebe Hiroaki, Ogura Tomoo, Nitta Tomoko, Komuro Yoshiki, Ogochi Koji, Takemura Toshihiko, Sudo Kengo, Sekiguchi Miho, Abe Manabu, Saito Fuyuki, Chikira Minoru, Watanabe Shingo, Mori Masato, Hirota Nagio, Kawatani Yoshio, Mochizuki Takashi, Yoshimura Kei, Takata Kumiko, O'ishi Ryouta, Yamazaki Dai, Suzuki Tatsuo, Kurogi Masao, Kataoka Takahito, Watanabe Masahiro, Kimoto Masahide

    GEOSCIENTIFIC MODEL DEVELOPMENT   12 巻 ( 7 ) 頁: 2727 - 2765   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/gmd-12-2727-2019

    Web of Science

  18. Seasonal features and origins of carbonaceous aerosols at Syowa Station, coastal Antarctica 査読有り

    Hara Keiichiro, Sudo Kengo, Ohnishi Takato, Osada Kazuo, Yabuki Masanori, Shiobara Masataka, Yamanouchi Takashi

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   19 巻 ( 11 ) 頁: 7817 - 7837   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-19-7817-2019

    Web of Science

  19. Ozone and carbon monoxide observations over open oceans on R/V Mirai from 67 degrees S to 75 degrees N during 2012 to 2017: testing global chemical reanalysis in terms of Arctic processes, low ozone levels at low latitudes, and pollution transport 査読有り 国際共著

    Kanaya Yugo, Miyazaki Kazuyuki, Taketani Fumikazu, Miyakawa Takuma, Takashima Hisahiro, Komazaki Yuichi, Pan Xiaole, Kato Saki, Sudo Kengo, Sekiya Takashi, Inoue Jun, Sato Kazutoshi, Oshima Kazuhiro

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   19 巻 ( 11 ) 頁: 7233 - 7254   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-19-7233-2019

    Web of Science

  20. Evaluation of tropospheric ozone and ozone precursors in simulations from the HTAPII and CCMI model intercomparisons - a focus on the Indian subcontinent 査読有り 国際共著

    Hakim Zainab Q., Archer-Nicholls Scott, Beig Gufran, Folberth Gerd A., Sudo Kengo, Abraham Nathan Luke, Ghude Sachin, Henze Daven K., Archibald Alexander T.

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   19 巻 ( 9 ) 頁: 6437 - 6458   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-19-6437-2019

    Web of Science

  21. A new method (M(3)Fusion v1) for combining observations and multiple model output for an improved estimate of the global surface ozone distribution 査読有り 国際共著

    Chang Kai-Lan, Cooper Owen R., West J. Jason, Serre Marc L., Schultz Martin G., Lin Meiyun, Marecal Virginie, Josse Beatrice, Deushi Makoto, Sudo Kengo, Liu Junhua, Keller Christoph A.

    GEOSCIENTIFIC MODEL DEVELOPMENT   12 巻 ( 3 ) 頁: 955-978   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/gmd-12-955-2019

    Web of Science

  22. Balance of Emission and Dynamical Controls on Ozone During the Korea-United States Air Quality Campaign From Multiconstituent Satellite Data Assimilation 査読有り 国際共著

    Miyazaki K., Sekiya T., Fu D., Bowman K. W., Kulawik S. S., Sudo K., Walker T., Kanaya Y., Takigawa M., Ogochi K., Eskes H., Boersma K. F., Thompson A. M., Gaubert B., Barre J., Emmons L. K.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-ATMOSPHERES   124 巻 ( 1 ) 頁: 387-413   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2018JD028912

    Web of Science

  23. Effect of global atmospheric aerosol emission change on PM2.5-related health impacts 査読有り 国際共著

    Seposo Xerxes, Ueda Kayo, Park Sang Seo, Sudo Kengo, Takemura Toshihiko, Nakajima Teruyuki

    GLOBAL HEALTH ACTION   12 巻 ( 1 )   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/16549716.2019.1664130

    Web of Science

  24. Quasi-Biennial Oscillations in Atmospheric Ozone from the Chemistry-Climate Model and Ozone Reanalysis 査読有り 国際共著

    Madhu, V. and K. Sudo

    American Journal of Climate Change   8 巻   頁: 110-136   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4236/ajcc.2019.81007

  25. Development of human health damage factors for PM2.5 based on a global chemical transport model 査読有り 国際共著

    Tang Longlong, Nagashima Tatsuya, Hasegawa Kouichi, Ohara Toshimasa, Sudo Kengo, Itsubo Norihiro

    INTERNATIONAL JOURNAL OF LIFE CYCLE ASSESSMENT   23 巻 ( 12 ) 頁: 2300-2310   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11367-014-0837-8

    Web of Science

  26. Long-range transport impacts on surface aerosol concentrations and the contributions to haze events in China: an HTAP2 multi-model study 査読有り 国際共著

    Dong Xinyi, Fu Joshua S., Zhu Qingzhao, Sun Jian, Tan Jiani, Keating Terry, Sekiya Takashi, Sudo Kengo, Emmons Louisa, Tilmes Simone, Jonson Jan Eiof, Schulz Michael, Bian Huisheng, Chin Mian, Davila Yanko, Henze Daven, Takemura Toshihiko, Benedictow Anna Maria Katarina, Huang Kan

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   18 巻 ( 21 ) 頁: 15581-15600   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-18-15581-2018

    Web of Science

  27. Estimates of the Global Burden of Ambient PM2.5, Ozone, and NO2 on Asthma Incidence and Emergency Room Visits 査読有り 国際共著

    Anenberg Susan C., Henze Daven K., Tinney Veronica, Kinney Patrick L., Raich William, Fann Neal, Malley Chris S., Roman Henry, Lamsal Lok, Duncan Bryan, Martin Randall V., van Donkelaar Aaron, Brauer Michael, Doherty Ruth, Jonson Jan Eiof, Davila Yanko, Sudo Kengo, Kuylenstierna Johan C. I.

    ENVIRONMENTAL HEALTH PERSPECTIVES   126 巻 ( 10 )   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1289/EHP3766

    Web of Science

  28. The effects of intercontinental emission sources on European air pollution levels

    Jonson Jan Eiof, Schulz Michael, Emmons Louisa, Flemming Johannes, Henze Daven, Sudo Kengo, Lund Marianne Tronstad, Lin Meiyun, Benedictow Anna, Koffi Brigitte, Dentener Frank, Keating Terry, Kivi Rigel, Davila Yanko

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   18 巻 ( 18 ) 頁: 13655 - 13672   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-18-13655-2018

    Web of Science

  29. Extremal dependence between temperature and ozone over the continental US 査読有り 国際共著

    Phalitnonkiat Pakawat, Hess Peter G. M., Grigoriu Mircea D., Samorodnitsky Gennady, Sun Wenxiu, Beaudry Ellie, Tilmes Simone, Deushi Makato, Josse Beatrice, Plummer David, Sudo Kengo

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   18 巻 ( 16 ) 頁: 11927-11948   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-18-11927-2018

    Web of Science

  30. HTAP2 multi-model estimates of premature human mortality due to intercontinental transport of air pollution and emission sectors 査読有り 国際共著

    Liang Ciao-Kai, West J. Jason, Silva Raquel A., Bian Huisheng, Chin Mian, Davila Yanko, Dentener Frank J., Emmons Louisa, Flemming Johannes, Folberth Gerd, Henze Daven, Im Ulas, Jonson Jan Eiof, Keating Terry J., Kucsera Tom, Lenzen Allen, Lin Meiyun, Lund Marianne Tronstad, Pan Xiaohua, Park Rokjin J., Pierce R. Bradley, Sekiya Takashi, Sudo Kengo, Takemura Toshihiko

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   18 巻 ( 14 ) 頁: 10497-10520   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-18-10497-2018

    Web of Science

  31. Two-scale multi-model ensemble: is a hybrid ensemble of opportunity telling us more?

    Galmarini Stefano, Kioutsioukis Ioannis, Solazzo Efisio, Alyuz Ummugulsum, Balzarini Alessandra, Bellasio Roberto, Benedictow Anna M. K., Bianconi Roberto, Bieser Johannes, Brandt Joergen, Christensen Jesper H., Colette Augustin, Curci Gabriele, Davila Yanko, Dong Xinyi, Flemming Johannes, Francis Xavier, Fraser Andrea, Fu Joshua, Henze Daven K., Hogrefe Christian, Im Ulas, Garcia Vivanco Marta, Jimenez-Guerrero Pedro, Jonson Jan Eiof, Kitwiroon Nutthida, Manders Astrid, Mathur Rohit, Palacios-Pena Laura, Pirovano Guido, Pozzoli Luca, Prank Marie, Schultz Martin, Sokhi Rajeet S., Sudo Kengo, Tuccella Paolo, Takemura Toshihiko, Sekiya Takashi, Unal Alper

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   18 巻 ( 12 ) 頁: 8727 - 8744   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-18-8727-2018

    Web of Science

  32. Estimates of ozone return dates from Chemistry-Climate Model Initiative simulations 査読有り 国際共著

    Dhomse Sandip S., Kinnison Douglas, Chipperfield Martyn P., Salawitch Ross J., Cionni Irene, Hegglin Michaela I., Abraham N. Luke, Akiyoshi Hideharu, Archibald Alex T., Bednarz Ewa M., Bekki Slimane, Braesicke Peter, Butchart Neal, Dameris Martin, Deushi Makoto, Frith Stacey, Hardiman Steven C., Hassler Birgit, Horowitz LarryW., Hu Rong-Ming, Joeckel Patrick, Josse Beatrice, Kirner Oliver, Kremser Stefanie, Langematz Ulrike, Lewis Jared, Marchand Marion, Lin Meiyun, Mancini Eva, Marecal Virginie, Michou Martine, Morgenstern Olaf, O'Connor Fiona M., Oman Luke, Pitari Giovanni, Plummer David A., Pyle John A., Revell Laura E., Rozanov Eugene, Schofield Robyn, Stenke Andrea, Stone Kane, Sudo Kengo, Tilmes Simone, Visioni Daniele, Yamashita Yousuke, Zeng Guang

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   18 巻 ( 11 ) 頁: 8409-8438   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-18-8409-2018

    Web of Science

  33. Multi-model study of HTAP II on sulfur and nitrogen deposition 査読有り 国際共著

    Tan Jiani, Fu Joshua S., Dentener Frank, Sun Jian, Emmons Louisa, Tilmes Simone, Sudo Kengo, Flemming Johannes, Jonson Jan Eiof, Gravel Sylvie, Bian Huisheng, Davila Yanko, Henze Daven K., Lund Marianne T., Kucsera Tom, Takemura Toshihiko, Keating Terry

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   18 巻 ( 9 ) 頁: 6847-6866   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-18-6847-2018

    Web of Science

  34. Global high-resolution simulations of tropospheric nitrogen dioxide using CHASER V4.0 査読有り

    Sekiya Takashi, Miyazaki Kazuyuki, Ogochi Koji, Sudo Kengo, Takigawa Masayuki

    GEOSCIENTIFIC MODEL DEVELOPMENT   11 巻 ( 3 ) 頁: 959-988   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/gmd-11-959-2018

    Web of Science

  35. Ozone sensitivity to varying greenhouse gases and ozone-depleting substances in CCMI-1 simulations 査読有り 国際共著

    Morgenstern Olaf, Stone Kane A., Schofield Robyn, Akiyoshi Hideharu, Yamashita Yousuke, Kinnison Douglas E., Garcia Rolando R., Sudo Kengo, Plummer David A., Scinocca John, Oman Luke D., Manyin Michael E., Zeng Guang, Rozanov Eugene, Stenke Andrea, Revell Laura E., Pitari Giovanni, Mancini Eva, Di Genova Glauco, Visioni Daniele, Dhomse Sandip S., Chipperfield Martyn P.

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   18 巻 ( 2 ) 頁: 1091-1114   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-18-1091-2018

    Web of Science

  36. Investigation of global particulate nitrate from the AeroCom phase III experiment 査読有り 国際共著

    Bian Huisheng, Chin Mian, Hauglustaine Didier A., Schulz Michael, Myhre Gunnar, Bauer Susanne E., Lund Marianne T., Karydis Vlassis A., Kucsera Tom L., Pan Xiaohua, Pozzer Andrea, Skeie Ragnhild B., Steenrod Stephen D., Sudo Kengo, Tsigaridis Kostas, Tsimpidi Alexandra P., Tsyro Svetlana G.

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   17 巻 ( 21 ) 頁: 12911-12940   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-17-12911-2017

    Web of Science

  37. Formaldehyde in the Tropical Western Pacific: Chemical Sources and Sinks, Convective Transport, and Representation in CAM-Chem and the CCMI Models 査読有り 国際共著

    Anderson Daniel C., Nicely Julie M., Wolfe Glenn M., Hanisco Thomas F., Salawitch Ross J., Canty Timothy P., Dickerson Russell R., Apel Eric C., Baidar Sunil, Bannan Thomas J., Blake Nicola J., Chen Dexian, Dix Barbara, Fernandez Rafael P., Hall Samuel R., Hornbrook Rebecca S., Huey L. Gregory, Josse Beatrice, Joeckel Patrick, Kinnison Douglas E., Koenig Theodore K., Le Breton Michael, Marecal Virginie, Morgenstern Olaf, Oman Luke D., Pan Laura L., Percival Carl, Plummer David, Revell Laura E., Rozanov Eugene, Saiz-Lopez Alfonso, Stenke Andrea, Sudo Kengo, Tilmes Simone, Ullmann Kirk, Volkamer Rainer, Weinheimer Andrew J., Zeng Guang

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-ATMOSPHERES   122 巻 ( 20 ) 頁: 11201-11226   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2016JD026121

    Web of Science

  38. Future global mortality from changes in air pollution attributable to climate change 査読有り 国際共著

    Silva Raquel A., West J. Jason, Lamarque Jean-Francois, Shindell Drew T., Collins William J., Faluvegi Greg, Folberth Gerd A., Horowitz Larry W., Nagashima Tatsuya, Naik Vaishali, Rumbold Steven T., Sudo Kengo, Takemura Toshihiko, Bergmann Daniel, Cameron-Smith Philip, Doherty Ruth M., Josse Beatrice, MacKenzie Ian A., Stevenson David S., Zeng Guang

    NATURE CLIMATE CHANGE   7 巻 ( 9 ) 頁: 647-+   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/NCLIMATE3354

    Web of Science

  39. Long-term change in the source contribution to surface ozone over Japan 査読有り

    Nagashima Tatsuya, Sudo Kengo, Akimoto Hajime, Kurokawa Junichi, Ohara Toshimasa

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   17 巻 ( 13 ) 頁: 8231-8246   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-17-8231-2017

    Web of Science

  40. Impact of intercontinental pollution transport on North American ozone air pollution: an HTAP phase 2 multi-model study 査読有り 国際共著

    Huang Min, Carmichael Gregory R., Pierce R. Bradley, Jo Duseong S., Park Rokjin J., Flemming Johannes, Emmons Louisa K., Bowman Kevin W., Henze Daven K., Davila Yanko, Sudo Kengo, Jonson Jan Eiof, Lund Marianne Tronstad, Janssens-Maenhout Greet, Dentener Frank J., Keating Terry J., Oetjen Hilke, Payne Vivienne H.

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   17 巻 ( 9 ) 頁: 5721-5750   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-17-5721-2017

    Web of Science

  41. Evaluation of summertime surface ozone in Kanto area of Japan using a semi-regional model and observation 査読有り 国際共著

    Tran Thi Ngoc Trieu, Goto Daisuke, Yashiro Hisashi, Murata Ryo, Sudo Kengo, Tomita Hirofumi, Satoh Masaki, Nakajima Teruyuki

    ATMOSPHERIC ENVIRONMENT   153 巻   頁: 163-181   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.atmosenv.2017.01.030

    Web of Science

  42. Review of the global models used within phase 1 of the Chemistry-Climate Model Initiative (CCMI) 査読有り 国際共著

    Morgenstern Olaf, Hegglin Michaela I., Rozanov Eugene, O'Connor Fiona M., Abraham N. Luke, Akiyoshi Hideharu, Archibald Alexander T., Bekki Slimane, Butchart Neal, Chipperfield Martyn P., Deushi Makoto, Dhomse Sandip S., Garcia Rolando R., Hardiman Steven C., Horowitz Larry W., Joeckel Patrick, Josse Beatrice, Kinnison Douglas, Lin Meiyun, Mancini Eva, Manyin Michael E., Marchand Marion, Marecal Virginie, Michou Martine, Oman Luke D., Pitari Giovanni, Plummer David A., Revell Laura E., Saint-Martin David, Schofield Robyn, Stenke Andrea, Stone Kane, Sudo Kengo, Tanaka Taichu Y., Tilmes Simone, Yamashita Yousuke, Yoshida Kohei, Zeng Guang

    GEOSCIENTIFIC MODEL DEVELOPMENT   10 巻 ( 2 ) 頁: 639-671   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/gmd-10-639-2017

    Web of Science

  43. Decadal changes in global surface NOx emissions from multi-constituent satellite data assimilation 査読有り 国際共著

    Miyazaki Kazuyuki, Eskes Henk, Sudo Kengo, Boersma K. Folkert, Bowman Kevin, Kanaya Yugo

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   17 巻 ( 2 ) 頁: 807-837   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-17-807-2017

    Web of Science

  44. Estimates of Ozone Return Dates from Chemistry-Climate Model Initiative Simulations 査読有り 国際共著

    Dhomse, S., Kinnison, D., Chipperfield, M. P., Cionni, I., Hegglin, M., Abraham, N. L., Akiyoshi, H., Archibald, A. T., Bednarz, E. M., Bekki, S., Braesicke, P., Butchart, N., Dameris, M., Deushi, M., Frith, S., Hardiman, S. C., Hassler, B., Horowitz, L. W., Hu, R.-M., Jöckel, P., Josse, B., Kirner, O., Kremser, S., Langematz, U., Lewis, J., Marchand, M., Lin, M., Mancini, E., Marécal, V., Michou, M., Morgenstern, O., O'Connor, F. M., Oman, L., Pitari, G., Plummer, D. A., Pyle, J. A., Revell, L. E., Rozanov, E., Schofield, R., Stenke, A., Stone, K., Sudo, K., Tilmes, S., Visioni, D., Yamashita, Y., and Zeng, G.

    Atmos. Chem. Phys. Disscus.   17 巻   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.5194/acp-2018-87

  45. Investigation of global particulate nitrate from the AeroCom phase III experiment 査読有り 国際共著

    Bian, H., Chin, M., Hauglustaine, D. A., Schulz, M., Myhre, G., Bauer, S. E., Lund, M. T., Karydis, V. A., Kucsera, T. L., Pan, X., Pozzer, A., Skeie, R. B., Steenrod, S. D., Sudo, K., Tsigaridis, K., Tsimpidi, A. P., and Tsyro, S. G

    Atmos. Chem. Phys.   17 巻   頁: 12911-12940   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.5194/acp-17-12911-2017

  46. Formaldehyde in the Tropical Western Pacific: Chemical Sources and Sinks, Convective Transport, and Representation in CAM-Chem and the CCMI Models 査読有り 国際共著

    Anderson, D. C., J. M. Nicely, G. M. Wolfe, T. F. Hanisco, R. J. Salawitch, T. P. Canty, R. R. Dickerson, E. C. Apel, S. Baidar, T. J. Bannan, N. J. Blake, D. X. Chen, B. Dix, R. P. Fernandez, S. R. Hall, R. S. Hornbrook, L. G. Huey, B. Josse, P. Jockel, D. E. Kinnison, T. K. Koenig, M. Le Breton, V. Marecal, O. Morgenstern, L. D. Oman, L. L. Pan, C. Percival, D. Plummer, L. E. Revell, E. Rozanov, A. Saiz-Lopez, A. Stenke, K. Sudo, S. Tilmes, K. Ullmann, R. Volkamer, A. J. Weinheimer and G. Zeng

    J. Geophs. Res.-Atmos.   122 巻 ( 20 ) 頁: 11201-11226   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2016jd026121

  47. Future global mortality from changes in air pollution attributable to climate change 査読有り 国際共著

    Silva, R. A., J. J. West, J. F. Lamarque, D. T. Shindell, W. J. Collins, G. Faluvegi, G. A. Folberth, L. W. Horowitz, T. Nagashima, V. Naik, S. T. Rumbold, K. Sudo, T. Takemura, D. Bergmann, P. Cameron-Smith, R. M. Doherty, B. Josse, I. A. MacKenzie, D. S. Stevenson and G. Zeng

    Nat. Clim. Change   7 巻 ( 11 ) 頁: 845-845   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/Nclimate3427

  48. 化学気候モデルで探る大気微量成分の全球変動 査読有り

    須藤健悟

    大気化学研究   36 巻   頁: 036A03   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Long-term change in the contributions of various source regions to surface ozone over Japan 査読有り

    Nagashima, T., Sudo K., Akimoto, H., Kurokawa, J., and Ohara, T.

    Atmos. Chem. Phys.   17 巻   頁: 8231-8246   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.5194/acp-17-8231-2017

  50. Review of the global models used within the Chemistry-Climate Model Initiative (CCMI) 査読有り 国際共著

    Morgenstern, O., Hegglin, M. I., Rozanov, E., O'Connor, F. M., Abraham, N. L., Akiyoshi, H., Archibald, A. T., Bekki, S., Butchart, N., Chipperfield, M. P., Deushi, M., Dhomse, S. S., Garcia, R. R., Hardiman, S. C., Horowitz, L. W., Jöckel, P., Josse, B., Kinnison, D., Lin, M., Mancini, E., Manyin, M. E., Marchand, M., Marécal, V., Michou, M., Oman, L. D., Pitari, G., Plummer, D. A., Revell, L. E., Saint-Martin, D., Schofield, R., Stenke, A., Stone, Sudo K., K., Tanaka, T. Y., Tilmes, S., Yamashita, Y., Yoshida, K., and Zeng, G.

    Geosci. Model Dev.   10 巻   頁: 639-671   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.5194/gmd-10-639-2017

  51. Impact of Intercontinental Pollution Transport on North American Ozone Air Pollution: An HTAP Phase II Multi-model Study 査読有り 国際共著

    Huang, M., Carmichael, G. R., Pierce, R. B., Jo, D. S., Park, R. J., Flemming, J., Emmons, L. K., Bowman, K. W., Henze, D. K., Davila, Y., Sudo K., Jonson, J. E., Lund, M. T., Janssens-Maenhout, G., Dentener, F. J., Keating, T. J., Oetjen, H., and Payne, V. H.

    Atmos. Chem. Phys.   17 巻   頁: 5721-5750   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.5194/acp-17-5721-2017.

  52. Evaluation of summertime surface ozone in Kanto area of Japan using a semi-regional model and observation 査読有り 国際共著

    Trieu, TTN, D. Goto, H. Yashiro, R. Murata, K. Sudo, H. Tomita, M. Satoh, T. Nakajima

    Atmos. Environ.   153 巻   頁: 163-181   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Decadal changes in global surface NOx emissions from multi-constituent satellite data assimilation, 査読有り 国際共著

    Miyazaki, K., Eskes, H., Sudo, K., Boersma, K. F., Bowman, K., and Kanaya Y.

    Atmos. Chem. Phys.   17 巻   頁: 807-837   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.5194/acp-17-807-2017

  54. Global and regional radiative forcing from 20% reductions in BC, OC and SO4 - an HTAP2 multi-model study 査読有り 国際共著

    Stjern Camilla Weum, Samset Bjorn Hallvard, Myhre Gunnar, Bian Huisheng, Chin Mian, Davila Yanko, Dentener Frank, Emmons Louisa, Flemming Johannes, Haslerud Amund Sovde, Henze Daven, Jonson Jan Eiof, Kucsera Tom, Lund Marianne Tronstad, Schulz Michael, Sudo Kengo, Takemura Toshihiko, Tilmes Simone

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   16 巻 ( 21 ) 頁: 13579-13599   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-16-13579-2016

    Web of Science

  55. The effect of future ambient air pollution on human premature mortality to 2100 using output from the ACCMIP model ensemble 査読有り 国際共著

    Silva Raquel A., West J. Jason, Lamarque Jean-Francois, Shindell Drew T., Collins William J., Dalsoren Stig, Faluvegi Greg, Folberth Gerd, Horowitz Larry W., Nagashima Tatsuya, Naik Vaishali, Rumbold Steven T., Sudo Kengo, Takemura Toshihiko, Bergmann Daniel, Cameron-Smith Philip, Cionni Irene, Doherty Ruth M., Eyring Veronika, Josse Beatrice, MacKenzie Ian A., Plummer David, Righi Mattia, Stevenson David S., Strode Sarah, Szopa Sophie, Zengast Guang

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   16 巻 ( 15 ) 頁: 9847-9862   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-16-9847-2016

    Web of Science

  56. WHERE ARE THE LOW-MASS POPULATION III STARS? 査読有り

    Ishiyama Tomoaki, Sudo Kae, Yokoi Shingo, Hasegawa Kenji, Tominaga Nozomu, Susa Hajime

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   826 巻 ( 1 )   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/0004-637X/826/1/9

    Web of Science

  57. Evaluating ethane and methane emissions associated with the development of oil and natural gas extraction in North America 査読有り 国際共著

    Franco B., Mahieu E., Emmons L. K., Tzompa-Sosa Z. A., Fischer E. V., Sudo K., Bovy B., Conway S., Griffin D., Hannigan J. W., Strong K., Walker K. A.

    ENVIRONMENTAL RESEARCH LETTERS   11 巻 ( 4 )   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1748-9326/11/4/044010

    Web of Science

  58. Evolution of stratospheric sulfate aerosol from the 1991 Pinatubo eruption: Roles of aerosol microphysical processes 査読有り

    Sekiya T., Sudo K., Nagai T.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-ATMOSPHERES   121 巻 ( 6 ) 頁: 2911-2938   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2015JD024313

    Web of Science

  59. Evaluating ethane and methane emissions associated with the development of oil and natural gas extraction in North America 査読有り

    Franco, B., E Mahieu, L K Emmons, Z A Tzompa-Sosa, E V Fischer, K Sudo, B Bovy, S Conway, D Griffin, J W Hannigan, K Strong, K A Walker

    Environ., Res., Lett.,   11 巻 ( 044010 )   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1088/1748-9326/11/4/044010

  60. Global and regional radiative forcing from 20% reductions in BC, OC and SO4 - an HTAP2 multi-model study 査読有り

    Stjern, C. W., Samset, B. H., Myhre, G., Bian, H., Chin, M., Davila, Y., Dentener, F., Emmons, L., Flemming, J., Haslerud, A. S., Henze, D., Jonson, J. E., Kucsera, T., Lund, M. T., Schulz, M., Sudo, K., Takemura, T., and Tilmes, S.

    Atmos. Chem. Phys.   16 巻   頁: 13579-13599   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.5194/acp-16-13579-2016

  61. Evolution of stratospheric sulfate aerosol from the 1991 Pinatubo eruption: Roles of aerosol microphysical processes 査読有り

    Sekiya, T., K. Sudo, and. T. Nagai

    J. Geophys. Res. Atmos.     2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1002/2015jd024313

  62. The effect of future ambient air pollution on human premature mortality to 2100 using output from the ACCMIP model ensemble 査読有り

    Silva, R. A., West, J. J., Lamarque, J.-F., Shindell, D. T., Collins, W. J., Dalsoren, S., Faluvegi, G., Folberth, G., Horowitz, L. W., Nagashima, T., Naik, V., Rumbold, S. T., Sudo, K., Takemura, T., Bergmann, D., Cameron-Smith, P., Cionni, I., Doherty, R. M., Eyring, V., Josse, B., MacKenzie, I. A., Plummer, D. S., Righi, M., Stevenson, D. S., Strode, S., Szopa, S., and Zeng, G.

    Atmos. Chem. Phys.   16 巻   頁: 9847-9862   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.5194/acp-16-9847-2016

  63. SLCP co-control approach in East Asia: Tropospheric ozone reduction strategy by simultaneous reduction of NOx/NMVOC and methane 査読有り

    Akimoto Hajime, Kurokawa Jun'ichi, Sudo Kengo, Nagashima Tatsuya, Takemura Toshihiko, Klimont Zbigniew, Amann Markus, Suzuki Katsunori

    ATMOSPHERIC ENVIRONMENT   122 巻   頁: 588-595   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.atmosenv.2015.10.003

    Web of Science

  64. Development of human health damage factors for tropospheric ozone considering transboundary transport on a global scale 査読有り

    Tang, L., Nagashima, T., Hasegawa, K., Ohara, T., Sudo, K., and Itsubo, N.

    Int. J. Life Cycle Assess.     2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11367-015-1001-9

  65. SLCP co-control approach in East Asia: Tropospheric ozone reduction strategy by simultaneous reduction of NOx/NMVOC and methane 査読有り

    Akimoto, H., J. Kurokawa, K. Sudo, T. Nagashima, T. Takemura, Z. Klimont, M. Amann, K. Suzuki

    Atmos. Environ.   122 巻   頁: 588-595   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1016/j.atmosenv.2015.10.003

  66. A tropospheric chemistry reanalysis for the years 2005-2012 based on an assimilation of OMI, MLS, TES and MOPITT satellite data 査読有り

    Miyazaki,K., H. J. Eskes, and K. Sudo

    Atmos. Chem. Phys.   15 巻   頁: 8315-8348   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Use of North American and European air quality networks to evaluate global chemistry-climate modeling of surface ozone 査読有り

    Schnell,J.L., M. J. Prather, B. Josse, V. Naik, L. W. Horowitz, P. Cameron-Smith, D. Bergmann, G. Zeng, D. A. Plummer, K. Sudo, T. Nagashima, D. T. Shindell, G. Faluvegi, and S. A. Strode

    Atmos. Chem. Phys.   15 巻   頁: 10581-10596   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.5194/acp-15-10581-2015

  68. Retrieval of ethane from ground-based FTIR solar spectra using improved spectroscopy: Recent burden increase above Jungfraujoch 査読有り

    Franco, B., Bader, W., Toon, G. C., Bray, C., Perrin, A., Fischer, E. V., Sudo, K., Boone, C. D., Bovy, B., Lejeune, B., Servais, C., and Mahieu, E.

    J. Quant. Spectrosc. Ra.   160 巻   頁: 36-49   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jqsrt.2015.03.017

  69. Development of human health damage factors for PM2.5 based on a global chemical transport model 査読有り

    Tang, L., Nagashima, T., Hasegawa, K., Ohara, T., Sudo, K., and Itsubo, N.

    Int. J. Life Cycle Assess.     2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11367-014-0837-8.

  70. A tropospheric chemistry reanalysis for the years 2005-2012 based on an assimilation of OMI, MLS, TES, and MOPITT satellite data 査読有り

    Miyazaki K., Eskes H. J., Sudo K.

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   15 巻 ( 14 ) 頁: 8315-8348   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-15-8315-2015

    Web of Science

  71. Use of North American and European air quality networks to evaluate global chemistry-climate modeling of surface ozone 査読有り

    Schnell J. L., Prather M. J., Josse B., Naik V., Horowitz L. W., Cameron-Smith P., Bergmann D., Zeng G., Plummer D. A., Sudo K., Nagashima T., Shindell D. T., Faluvegi G., Strode S. A.

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   15 巻 ( 18 ) 頁: 10581-10596   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-15-10581-2015

    Web of Science

  72. Roles of transport and chemistry processes in global ozone change on interannual and multidecadal time scales 査読有り

    Sekiya T., Sudo K.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-ATMOSPHERES   119 巻 ( 8 ) 頁: 4903-4921   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2013JD020838

    Web of Science

  73. 地球温暖化 第4講 大気汚染と地球温暖化 招待有り 査読有り

    須藤健悟

    大気環境学会誌   49 巻 ( 2 ) 頁: A25-A35   2014年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    アジア域では、土地利用変化などに伴う植生改変およびエアロゾルの増加が顕著であり、これらの変動は陸面過程、大気放射、および雲・降水を変化させ、アジアモンスーンなどのアジア域気候に影響している可能性が大きい。本研究では、植生改変とエアロゾル変動の役割という観点から、総合的に気候影響を検討している。本論文では、特に、農地化などの土地利用変化が、陸面、および硝酸塩や植生起源有機炭素などのエアロゾル成分の変動を通じて、どのように気候に影響するかについて、全球化学・エアロゾル気候モデルを用いた最新の結果について紹介する。

  74. Roles of transport and chemistry processes in global ozone change on interannual and multidecadal time scales 査読有り

    Sekiya, T. and K. Sudo

    J. Geophys. Res.   119 巻 ( 8 ) 頁: 4903-4921   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Long-term MAX-DOAS network observations of NO2 in Russia and Asia (MADRAS) during the period 2007-2012: instrumentation, elucidation of climatology, and comparisons with OMI satellite observations and global model simulations 査読有り

    Kanaya, Y., H. Irie, H. Takashima, H. Iwabuchi, H. Akimoto, K. Sudo, M. Gu, J. Chong, Y. J. Kim, H. Lee, A. Li, F. Si, J. Xu, P.-H. Xie, W.-Q. Liu, A. Dzhola, O. Postylyakov, V. Ivanov, E. Grechko, S. Terpugova, and M. Panchenko

    Atmos. Chem. Phys.   14 巻   頁: 7909-7927   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Global lightning NOx production estimated by an assimilation of multiple satellite data sets 査読有り

    Miyazaki, K., H. J. Eskes, K. Sudo, and C. Zhang

    Atmos. Chem. Phys.   14 巻   頁: 3277-3305.   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Global lightning NOx production estimated by an assimilation of multiple satellite data sets 査読有り 国際共著

    Miyazaki K., Eskes H. J., Sudo K., Zhang C.

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   14 巻 ( 7 ) 頁: 3277-3305   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-14-3277-2014

    Web of Science

  78. Long-term MAX-DOAS network observations of NO2 in Russia and Asia (MADRAS) during the period 2007-2012: instrumentation, elucidation of climatology, and comparisons with OMI satellite observations and global model simulations 査読有り 国際共著

    Kanaya Y., Irie H., Takashima H., Iwabuchi H., Akimoto H., Sudo K., Gu M., Chong J., Kim Y. J., Lee H., Li A., Si F., Xu J., Xie P. -H., Liu W. -Q., Dzhola A., Postylyakov O., Ivanov V., Grechko E., Terpugova S., Panchenko M.

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   14 巻 ( 15 ) 頁: 7909-7927   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-14-7909-2014

    Web of Science

  79. Three decades of global methane sources and sinks 査読有り

    Kirschke Stefanie, Bousquet Philippe, Ciais Philippe, Saunois Marielle, Canadell Josep G., Dlugokencky Edward J., Bergamaschi Peter, Bergmann Daniel, Blake Donald R., Bruhwiler Lori, Cameron-Smith Philip, Castaldi Simona, Chevallier Frederic, Feng Liang, Fraser Annemarie, Heimann Martin, Hodson Elke L., Houweling Sander, Josse Beatrice, Fraser Paul J., Krummel Paul B., Lamarque Jean-Francois, Langenfelds Ray L., Le Quere Corinne, Naik Vaishali, O'Doherty Simon, Palmer Paul I., Pison Isabelle, Plummer David, Poulter Benjamin, Prinn Ronald G., Rigby Matt, Ringeval Bruno, Santini Monia, Schmidt Martina, Shindell Drew T., Simpson Isobel J., Spahni Renato, Steele L. Paul, Strode Sarah A., Sudo Kengo, Szopa Sophie, van der Werf Guido R., Voulgarakis Apostolos, van Weele Michiel, Weiss Ray F., Williams Jason E., Zeng Guang

    NATURE GEOSCIENCE   6 巻 ( 10 ) 頁: 813-823   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/NGEO1955

    Web of Science

  80. Long-term ozone changes and associated climate impacts in CMIP5 simulations 査読有り

    Eyring V., Arblaster J. M., Cionni I., Sedlacek J., Perliwitz J., Young P. J., Bekki S., Bergmann D., Cameron-Smith P., Collins W. J., Faluvegi G., Gottschaldt K. D., Horowitz L. W., Kinnison D. E., Lamarque J. F., Marsh D. R., Saint-Martin D., Shindell D. T., Sudo K., Szopa S., Watanabe S.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-ATMOSPHERES   118 巻 ( 10 ) 頁: 5029-5060   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jgrd.50316

    Web of Science

  81. Evaluation of preindustrial to present-day black carbon and its albedo forcing from Atmospheric Chemistry and Climate Model Intercomparison Project (ACCMIP) 査読有り

    Lee,Y. H., J.-F. Lamarque, M. G. Flanner, K. Sudo, et al.

    Atmos. Chem. Phys.   13 巻 ( 5 ) 頁: 2607-2634   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Evaluation of ACCMIP outgoing longwave radiation from tropospheric ozone using TES satellite observations 査読有り

    Bowman, K. W., Shindell, D. T., Worden, H. M., Sudo K., et al.

    Atmos. Chem. Phys.   13 巻 ( 5 ) 頁: 4057-4072   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.5194/acp-13-4057-2013

  83. Tropospheric ozone changes, radiative forcing and attribution to emissions in the Atmospheric Chemistry and Climate Model Intercomparison Project (ACCMIP) 査読有り

    Stevenson, D. S., Young, P. J., Naik, V., K. Sudo, et al.

    Atmos. Chem. Phys.   13 巻 ( 5 ) 頁: 3063-3085   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.5194/acp-13-3063-2013

  84. Radiative forcing in the ACCMIP historical and future climate simulations 査読有り

    Shindell, D. T., Lamarque, J.-F., Schulz, M., K. Sudo, et al.

    Atmos. Chem. Phys.   13 巻 ( 5 ) 頁: 2939-2974   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.5194/acp-13-2939-2013

  85. Preindustrial to present-day changes in tropospheric hydroxyl radical and methane lifetime from the Atmospheric Chemistry and Climate Model Intercomparison Project (ACCMIP) 査読有り

    Naik, V., Voulgarakis, A., Fiore, A. M., K. Sudo, et al.

    Atmos. Chem. Phys.   13 巻 ( 5 ) 頁: 5277-5298   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.5194/acp-13-5277-2013

  86. Analysis of present day and future OH and methane lifetime in the ACCMIP simulations 査読有り

    Voulgarakis, A., V. Naik, J.-F. Lamarque, D. T. Shindell, K. Sudo, et al.

    Atmos. Chem. Phys.   13 巻 ( 5 ) 頁: 2563-2587   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Pre-industrial to end 21st century projections of tropospheric ozone from the Atmospheric Chemistry and Climate Model Intercomparison Project (ACCMIP) 査読有り

    Young, P. J., A. T. Archibald, K. W. Bowman, J.-F. Lamarque, K. Sudo, et al.

    Atmos. Chem. Phys.   13 巻 ( 5 ) 頁: 2063-2090   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. The Atmospheric Chemistry and Climate Model Intercomparison Project (ACCMIP): overview and description of models, simulations and climate diagnostics 査読有り

    J.-F. Lamarque, D. T. Shindell, B. Josse, P. J. Young, K. Sudo, et al.

    Geosci. Model Dev.   6 巻   頁: 179-206.   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Long-term ozone changes and associated climate impacts in CMIP5 simulations 査読有り

    Eyring, V., J. M. Arblaster, I. Cionni, K. Sudo, et al.

    J. Geophys. Res. Atmos.   118 巻   頁: 5029–5060   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1002/jgrd.50316

  90. Global premature mortality due to anthropogenic outdoor air pollution and the contribution of past climate change 査読有り

    Silva, R. A., J. J. West, Y. Q. Zhang, S. C. Anenberg, J. F. Lamarque, D. T. Shindell, W. J. Collins, S. Dalsoren, G. Faluvegi, G. Folberth, L. W. Horowitz, T. Nagashima, V. Naik, S. Rumbold, R. Skeie, K. Sudo, T. Takemura, D. Bergmann, P. Cameron-Smith, I. Cionni, R. M. Doherty, V. Eyring, B. Josse, I. A. MacKenzie, D. Plummer, M. Righi, D. S. Stevenson, S. Strode, S. Szopa and G. Zeng

    Environmental Research Letters   8 巻 ( 3 )   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1088/1748-9326/8/3/034005.

  91. Three decades of global methane sources and sinks 査読有り

    Kirschke, S., P. Bousquet, P. Ciais, K. Sudo, et al.

    Nature Geosci.,   6 巻 ( 10 ) 頁: 813–823   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1038/ngeo1955.

  92. Evaluation of ACCMIP outgoing longwave radiation from tropospheric ozone using TES satellite observations 査読有り

    Bowman K. W., Shindell D. T., Worden H. M., Lamarque J. F., Young P. J., Stevenson D. S., Qu Z., de la Torre M., Bergmann D., Cameron-Smith P. J., Collins W. J., Doherty R., Dalsoren S. B., Faluvegi G., Folberth G., Horowitz L. W., Josse B. M., Lee Y. H., MacKenzie I. A., Myhre G., Nagashima T., Naik V., Plummer D. A., Rumbold S. T., Skeie R. B., Strode S. A., Sudo K., Szopa S., Voulgarakis A., Zeng G., Kulawik S. S., Aghedo A. M., Worden J. R.

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   13 巻 ( 8 ) 頁: 4057-4072   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-13-4057-2013

    Web of Science

  93. Evaluation of preindustrial to present-day black carbon and its albedo forcing from Atmospheric Chemistry and Climate Model Intercomparison Project (ACCMIP) 査読有り

    Lee Y. H., Lamarque J. -F., Flanner M. G., Jiao C., Shindell D. T., Berntsen T., Bisiaux M. M., Cao J., Collins W. J., Curran M., Edwards R., Faluvegi G., Ghan S., Horowitz L. W., McConnell J. R., Ming J., Myhre G., Nagashima T., Naik V., Rumbold S. T., Skeie R. B., Sudo K., Takemura T., Thevenon F., Xu B., Yoon J. -H.

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   13 巻 ( 5 ) 頁: 2607-2634   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-13-2607-2013

    Web of Science

  94. Evaluation of preindustrial to present-day black carbon and its albedo forcing from Atmospheric Chemistry and Climate Model Intercomparison Project (ACCMIP) (vol 13, pg 2607, 2013) 査読有り

    Lee Y. H., Lamarque J. -F., Flanner M. G., Jiao C., Shindell D. T., Berntsen T., Bisiaux M. M., Cao J., Collins W. J., Curran M., Edwards R., Faluvegi G., Ghan S., Horowitz L. W., McConnell J. R., Ming J., Myhre G., Nagashima T., Naik V., Rumbold S. T., Skeie R. B., Sudo K., Takemura T., Thevenon F., Xu B., Yoon J-H

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   13 巻 ( 13 ) 頁: 6553-6554   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-13-6553-2013

    Web of Science

  95. Tropospheric ozone changes, radiative forcing and attribution to emissions in the Atmospheric Chemistry and Climate Model Intercomparison Project (ACCMIP) 査読有り

    Stevenson D. S., Young P. J., Naik V., Lamarque J. -F., Shindell D. T., Voulgarakis A., Skeie R. B., Dalsoren S. B., Myhre G., Berntsen T. K., Folberth G. A., Rumbold S. T., Collins W. J., MacKenzie I. A., Doherty R. M., Zeng G., van Noije T. P. C., Strunk A., Bergmann D., Cameron-Smith P., Plummer D. A., Strode S. A., Horowitz L., Lee Y. H., Szopa S., Sudo K., Nagashima T., Josse B., Cionni I., Righi M., Eyring V., Conley A., Bowman K. W., Wild O., Archibald A.

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   13 巻 ( 6 ) 頁: 3063-3085   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-13-3063-2013

    Web of Science

  96. Radiative forcing in the ACCMIP historical and future climate simulations 査読有り

    Shindell D. T., Lamarque J. -F., Schulz M., Flanner M., Jiao C., Chin M., Young P. J., Lee Y. H., Rotstayn L., Mahowald N., Milly G., Faluvegi G., Balkanski Y., Collins W. J., Conley A. J., Dalsoren S., Easter R., Ghan S., Horowitz L., Liu X., Myhre G., Nagashima T., Naik V., Rumbold S. T., Skeie R., Sudo K., Szopa S., Takemura T., Voulgarakis A., Yoon J. -H., Lo F.

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   13 巻 ( 6 ) 頁: 2939-2974   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-13-2939-2013

    Web of Science

  97. Preindustrial to present-day changes in tropospheric hydroxyl radical and methane lifetime from the Atmospheric Chemistry and Climate Model Intercomparison Project (ACCMIP) 査読有り

    Naik V., Voulgarakis A., Fiore A. M., Horowitz L. W., Lamarque J. -F., Lin M., Prather M. J., Young P. J., Bergmann D., Cameron-Smith P. J., Cionni I., Collins W. J., Dalsoren S. B., Doherty R., Eyring V., Faluvegi G., Folberth G. A., Josse B., Lee Y. H., MacKenzie I. A., Nagashima T., van Noije T. P. C., Plummer D. A., Righi M., Rumbold S. T., Skeie R., Shindell D. T., Stevenson D. S., Strode S., Sudo K., Szopa S., Zeng G.

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   13 巻 ( 10 ) 頁: 5277-5298   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-13-5277-2013

    Web of Science

  98. Pre-industrial to end 21st century projections of tropospheric ozone from the Atmospheric Chemistry and Climate Model Intercomparison Project (ACCMIP) 査読有り

    Young P. J., Archibald A. T., Bowman K. W., Lamarque J. -F., Naik V., Stevenson D. S., Tilmes S., Voulgarakis A., Wild O., Bergmann D., Cameron-Smith P., Cionni I., Collins W. J., Dalsoren S. B., Doherty R. M., Eyring V., Faluvegi G., Horowitz L. W., Josse B., Lee Y. H., MacKenzie I. A., Nagashima T., Plummer D. A., Righi M., Rumbold S. T., Skeie R. B., Shindell D. T., Strode S. A., Sudo K., Szopa S., Zeng G.

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   13 巻 ( 4 ) 頁: 2063-2090   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-13-2063-2013

    Web of Science

  99. Global premature mortality due to anthropogenic outdoor air pollution and the contribution of past climate change 査読有り

    Silva Raquel A., West J. Jason, Zhang Yuqiang, Anenberg Susan C., Lamarque Jean-Francois, Shindell Drew T., Collins William J., Dalsoren Stig, Faluvegi Greg, Folberth Gerd, Horowitz Larry W., Nagashima Tatsuya, Naik Vaishali, Rumbold Steven, Skeie Ragnhild, Sudo Kengo, Takemura Toshihiko, Bergmann Daniel, Cameron-Smith Philip, Cionni Irene, Doherty Ruth M., Eyring Veronika, Josse Beatrice, MacKenzie I. A., Plummer David, Righi Mattia, Stevenson David S., Strode Sarah, Szopa Sophie, Zeng Guang

    ENVIRONMENTAL RESEARCH LETTERS   8 巻 ( 3 )   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1748-9326/8/3/034005

    Web of Science

  100. Role of meteorological variability in global tropospheric ozone during 1970-2008

    Sekiya Takashi, Sudo Kengo

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-ATMOSPHERES   117 巻   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2012JD018054

    Web of Science

  101. 化学気候モデルにおける二次有機エアロゾルの全球モデリング 招待有り 査読有り

    須藤 健悟, 荻原由紀恵

    エアロゾル研究   27 巻 ( 1 ) 頁: 51-61   2012年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Simulation of urban and regional air pollution in Bangladesh 査読有り

    Ibn Azkar, M. A. M. B., S. Chatani, and K. Sudo

    Journal of Geophysical Research     頁: in press   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We have developed a regional scale air quality simulation using the Weather Research and Forecasting (WRF) - Community Multiscale Air Quality Model (CMAQ) to assess the suitability of such an advanced modeling system for predicting the air quality of Bangladesh and its surrounding region. The Regional Emission Inventory in Asia (REAS) was used as the emission input in this modeling approach. Both meteorological and chemical model performance were evaluated with observations including satellite data. Comparison between simulated and observed meteorological parameters revealed that the WRF can generate the necessary meteorological inputs for CMAQ. Comparison of observed and simulated concentrations of different air pollutants revealed that CMAQ greatly underestimates the concentrations of key pollutants. Comparison with satellite observations revealed that CMAQ reproduces the spatial distribution of NO2 with some underestimation in Bangladesh and India. The simulated AOD and satellite-retrieved AOD showed good temporal and spatial agreement mutually, with a correlation coefficient of 0.58. Sensitivity simulation using higher horizontal resolution emission data made by re-gridding the REAS inventory with the population distribution improved the CMAQ performance. Nevertheless, CMAQ underestimated the pollutant concentrations in Dhaka. Uncertainties in the emission inventory and in the lack of time variation in emissions input mainly contributed to the model underestimation. Model predictions show that 36-72% PM10 and 15-60% PM2.5 in Dhaka might be contributed from brick kiln emissions in monthly average of January 2004. The chemical composition of PM2.5 showed that the considerable amounts of secondary aerosols in Dhaka and carbonaceous components (particularly organic carbon) are most responsible for the model underestimation. Results suggest that improvements of emission inputs and more detailed sensitivity analysis of CMAQ model are important to assess the reliability and applicability of WRF-CMAQ modeling system in this region.

    DOI: 10.1029/2011JD016509

  103. Enhanced Mid-Latitude Tropospheric Column Ozone over East Asia: Coupled Effects of Stratospheric Ozone Intrusion and Anthropogenic Sources 査読有り

    Nakatani Aya, Kondo Sayako, Hayashida Sachiko, Nagashima Tatsuya, Sudo Kengo, Liu Xiong, Chance Kelly, Hirota Isamu

    JOURNAL OF THE METEOROLOGICAL SOCIETY OF JAPAN   90 巻 ( 2 ) 頁: 207-222   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2151/jmsj.2012-204

    Web of Science

  104. Enhanced Mid-Latitude Tropospheric Column Ozone over East Asia: Coupled Effects of Stratospheric Ozone Intrusion and Anthropogenic Sources 査読有り

    Nakatani, A., S. Kondo, S. Hayashida, T. Nagashima, K. Sudo, X. Liu, K. Chance, and I. Hirota

    J. Meteor. Soc. Japan   90 巻 ( 2 ) 頁: 207-222   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.2151/jmsj.2012-204

  105. Simultaneous assimilation of satellite NO2, O3, CO, and HNO3 data for the analysis of tropospheric chemical composition and emissions 査読有り

    Miyazaki, K., H. J. Eskes, K. Sudo, M. Takigawa, M. van Weele, and K. F. Boersma

    Atmospheric Chemistry and Physics   12 巻 ( 20 ) 頁: 9545-9579   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. Role of meteorological variability in global tropospheric ozone during 1970-2008 査読有り

    Sekiya, T. and K. Sudo

    J. Geophys. Res.   117 巻 ( D18 )   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1029/2012JD018054

  107. Anthropogenic changes in the surface all-sky UVB radiation through 1850-2005 simulated by an Earth system model 査読有り

    Watanabe, S., T. Takemura, K. Sudo, T. Yokohata, and H. Kawase

    Atmospheric Chemistry and Physics   12 巻   頁: 5249-5257   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Global air quality and climate 査読有り

    Fiore, A.M., Vaishali Naik, Dominick V. Spracklen, Allison Steiner, Nadine Unger, Michael Prather, Dan Bergmann, Philip J. Cameron-Smith, Irene Cionni, William J. Collins, Stig Dalsoren, Veronika Eyring, Gerd A. Folberth, Paul Ginoux, Larry W. Horowitz, Beatrice Josse, J-F Lamarque, Ian A. MacKenzie, Tatsuya Nagashima, Fiona M. O'Connor, Mattia Righi, Steven T. Rumbold, Drew T. Shindell, Ragnhild B. Skeie, Kengo Sudo, Sophie Szopa, Toshihiko Takemura and Guang Zeng

    Chem. Soc. Rev.   41 巻   頁: 6663-6683   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1039/c2cs35095e

  109. Global NOx emission estimates derived from an assimilation of OMI tropospheric NO2 columns 査読有り

    K. Miyazaki, H. J. Eskes, and K. Sudo

    Atmos. Chem. Phys.   12 巻   頁: 2263-2288   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A data assimilation system has been developed to estimate global nitrogen oxides (NOx) emissions using OMI tropospheric NO2 columns (DOMINO product) and a global chemical transport model (CTM), the Chemical Atmospheric GCM for Study of Atmospheric Environment and Radiative Forcing (CHASER). The data assimilation system, based on an ensemble Kalman filter approach, was applied to optimize daily NOx emissions with a horizontal resolution of 2.8° during the years 2005 and 2006. The background error covariance estimated from the ensemble CTM forecasts explicitly represents non-direct relationships between the emissions and tropospheric columns caused by atmospheric transport and chemical processes. In comparison to the a priori emissions based on bottom-up inventories, the optimized emissions were higher over eastern China, the eastern United States, southern Africa, and central-western Europe, suggesting that the anthropogenic emissions are mostly underestimated in the inventories. In addition, the seasonality of the estimated emissions differed from that of the a priori emission over several biomass burning regions, with a large increase over Southeast Asia in April and over South America in October. The data assimilation results were validated against independent data: SCIAMACHY tropospheric NO2 columns and vertical NO2 profiles obtained from aircraft and lidar measurements. The emission correction greatly improved the agreement between the simulated and observed NO2 fields; this implies that the data assimilation system efficiently derives NOx emissions from concentration observations. We also demonstrated that biases in the satellite retrieval and model settings used in the data assimilation largely affect the magnitude of estimated emissions. These dependences should be carefully considered for better understanding NOx sources from top-down approaches.

    DOI: 10.5194/acp-12-2263-2012

  110. Anthropogenic changes in the surface all-sky UV-B radiation through 1850-2005 simulated by an Earth system model 査読有り

    Watanabe S., Takemura T., Sudo K., Yokohata T., Kawase H.

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   12 巻 ( 11 ) 頁: 5249-5257   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-12-5249-2012

    Web of Science

  111. Global air quality and climate 査読有り

    Fiore Arlene M., Naik Vaishali, Spracklen Dominick V., Steiner Allison, Unger Nadine, Prather Michael, Bergmann Dan, Cameron-Smith Philip J., Cionni Irene, Collins William J., Dalsoren Stig, Eyring Veronika, Folberth Gerd A., Ginoux Paul, Horowitz Larry W., Josse Beatrice, Lamarque Jean-Francois, MacKenzie Ian A., Nagashima Tatsuya, O'Connor Fiona M., Righi Mattia, Rumbold Steven T., Shindell Drew T., Skeie Ragnhild B., Sudo Kengo, Szopa Sophie, Takemura Toshihiko, Zeng Guang

    CHEMICAL SOCIETY REVIEWS   41 巻 ( 19 ) 頁: 6663-6683   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c2cs35095e

    Web of Science

  112. Simultaneous assimilation of satellite NO2, O-3, CO, and HNO3 data for the analysis of tropospheric chemical composition and emissions 査読有り

    Miyazaki K., Eskes H. J., Sudo K., Takigawa M., van Weele M., Boersma K. F.

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   12 巻 ( 20 ) 頁: 9545-9579   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-12-9545-2012

    Web of Science

  113. A study of uncertainties in the sulfate distribution and its radiative forcing associated with sulfur chemistry in a global aerosol model, 査読有り

    Goto, D., Nakajima, T., Takemura, T., and Sudo, K.

    Atmospheric Chemistry and Physics   11 巻   頁: 10889-10910   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.5194/acp-11-10889-2011

  114. Influences of the variation in inflow to East Asia on surface ozone over Japan during 1996-2005 査読有り

    Chatani, S. and K. Sudo

    Atmospheric Chemistry and Physics   11 巻   頁: 8745-8758   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.5194/acp-11-8745-2011

  115. Future changes in tropospheric ozone under Representative Concentration Pathways (RCPs) 査読有り

    Kawase, H., T. Nagashima, K. Sudo, and T. Nozawa

    Geophys. Res. Lett.   38 巻 ( L05801 )   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1029/2010GL046402

  116. Future projections of surface UV-B in a changing climate 査読有り

    Watanabe, S., K. Sudo, T. Nagashima, T. Takemura, H. Kawase, and T. Nozawa

    J. Geophys. Res.   116 巻 ( D16118 )   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1029/2011JD015749

  117. The impact of soil uptake on the global distribution of molecular hydrogen: chemical transport model simulation 査読有り

    Yashiro, H., K. Sudo, Yonemura, S., and Takigawa, M.

    Atmospheric Chemistry and Physics   11 巻   頁: 6701-6719   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.5194/acp-11-6701-2011

  118. Future projections of surface UV-B in a changing climate 査読有り

    Watanabe S., Sudo K., Nagashima T., Takemura T., Kawase H., Nozawa T.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-ATMOSPHERES   116 巻   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2011JD015749

    Web of Science

  119. Future changes in tropospheric ozone under Representative Concentration Pathways (RCPs) 査読有り

    Kawase Hiroaki, Nagashima Tatsuya, Sudo Kengo, Nozawa Toru

    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS   38 巻   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2010GL046402

    Web of Science

  120. MIROC-ESM 2010: model description and basic results of CMIP5-20c3m experiments, 査読有り

    Watanabe, S., Hajima, T., Sudo,K., Nagashima, T., Takemura, T., Okajima, H., Nozawa, T., Kawase, H., Abe, M., Yokohata, T., Ise, T., Sato, H., Kato, E., Takata, K., Emori, S., and Kawamiya, M.:

    Geosci. Model Dev   4 巻 ( 2256 ) 頁: 845-872   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.5194/gmd-4-845-2011

  121. Evaluation of methane emissions from West Siberian wetlands based on inverse modeling 査読有り

    H-S. Kim, S. Maksyutov, M. V. Glagolev, T. Machida, P. K. Patra, K. Sudo and G. Inoue

    Environ. Res. Lett.   6 巻 ( 035201 )   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1088/1748-9326/6/3/035201

  122. A study of uncertainties in the sulfate distribution and its radiative forcing associated with sulfur chemistry in a global aerosol model 査読有り

    Goto D., Nakajima T., Takemura T., Sudo K.

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   11 巻 ( 21 ) 頁: 10889-10910   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-11-10889-2011

    Web of Science

  123. Evaluation of methane emissions from West Siberian wetlands based on inverse modeling 査読有り

    Kim H-S, Maksyutov S., Glagolev M. V., Machida T., Patra P. K., Sudo K., Inoue G.

    ENVIRONMENTAL RESEARCH LETTERS   6 巻 ( 3 )   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1748-9326/6/3/035201

    Web of Science

  124. Influences of the variation in inflow to East Asia on surface ozone over Japan during 1996-2005 査読有り

    Chatani S., Sudo K.

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   11 巻 ( 16 ) 頁: 8745-8758   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-11-8745-2011

    Web of Science

  125. The impact of soil uptake on the global distribution of molecular hydrogen: chemical transport model simulation 査読有り

    Yashiro H., Sudo K., Yonemura S., Takigawa M.

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   11 巻 ( 13 ) 頁: 6701-6719   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-11-6701-2011

    Web of Science

  126. MIROC-ESM 2010: model description and basic results of CMIP5-20c3m experiments 査読有り

    Watanabe S., Hajima T., Sudo K., Nagashima T., Takemura T., Okajima H., Nozawa T., Kawase H., Abe M., Yokohata T., Ise T., Sato H., Kato E., Takata K., Emori S., Kawamiya M.

    GEOSCIENTIFIC MODEL DEVELOPMENT   4 巻 ( 4 ) 頁: 845-872   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/gmd-4-845-2011

    Web of Science

  127. Influences of the variation in inflow to East Asia on surface ozone over Japan during 1996-2005 査読有り

    S.Chatani and K.Sudo

    Atmospheric Chemistry and Physics Discussions   10 巻   頁: 30823-30856   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  128. The relative importance of various source regions on East Asiansurface ozone 査読有り

    T.Nagashima, T.Ohara, K.Sudo, H.Akimoto

    Atmospheric Chemistry and Physics   10 巻   頁: 11305-11322   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We estimated the source-receptor relationship
    for surface O3 in East Asia during the early 2000s using
    a method that tags O3 tracers according to their region of
    chemical production (tagged tracer method) with a global
    chemical transport model. The estimation demonstrated the
    importance of intracontinental transport of O3 inside East
    Asia as well as of the transport of O3 from distant source
    regions.

  129. 植生改変・エアロゾル複合効果がアジアの気候に及ぼす影響の評価 招待有り 査読有り

    須藤健悟、高田久美子、竹村俊彦、神沢博、安成哲三

    低温科学   68 巻   頁: 129-136   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    アジア域では、土地利用変化などに伴う植生改変およびエアロゾルの増加が顕著であり、これらの変動は陸面過程、大気放射、および雲・降水を変化させ、アジアモンスーンなどのアジア域気候に影響している可能性が大きい。本研究では、植生改変とエアロゾル変動の役割という観点から、総合的に気候影響を検討している。本論文では、特に、農地化などの土地利用変化が、陸面、および硝酸塩や植生起源有機炭素などのエアロゾル成分の変動を通じて、どのように気候に影響するかについて、全球化学・エアロゾル気候モデルを用いた最新の結果について紹介する。

  130. A multi-model analysis of vertical ozone profiles 査読有り

    Jonson,J.E., A. Stohl, A. M. Fiore, P. Hess, S. Szopa, O. Wild, G. Zeng, F. J. Dentener, A. Lupu, M. G. Schultz, B. N. Duncan, K. Sudo, et al.

    Atmospheric Chemistry and Physics   10 巻   頁: 5759-5783   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  131. The relative importance of various source regions on East Asian surface ozone 査読有り

    Nagashima T., Ohara T., Sudo K., Akimoto H.

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   10 巻 ( 22 ) 頁: 11305-11322   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-10-11305-2010

    Web of Science

  132. A multi-model analysis of vertical ozone profiles 査読有り

    Jonson J. E., Stohl A., Fiore A. M., Hess P., Szopa S., Wild O., Zeng G., Dentener F. J., Lupu A., Schultz M. G., Duncan B. N., Sudo K., Wind P., Schulz M., Marmer E., Cuvelier C., Keating T., Zuber A., Valdebenito A., Dorokhov V., De Backer H., Davies J., Chen G. H., Johnson B., Tarasick D. W., Stuebi R., Newchurch M. J., von der Gathen P., Steinbrecht W., Claude H.

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   10 巻 ( 12 ) 頁: 5759 - 5783   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-10-5759-2010

    Web of Science

  133. Temporal and spatial variations of carbon monoxide over the western part of the Pacific Ocean 査読有り

    Yashiro Hisashi, Sugawara Satoshi, Sudo Kengo, Aoki Shuji, Nakazawa Takakiyo

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-ATMOSPHERES   114 巻   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2008JD010876

    Web of Science

  134. Temporal and spatial variations of carbon monoxide over the western part of the Pacific Ocean 査読有り

    Yashiro, H., S. Sugawara, K. Sudo, S. Aoki, and T. Nakazawa

    Journal of Geophysical Research     頁: doi:10.1029/2008JD010876   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  135. Development of an Atmospheric General Circulation Model for Integrated Earth System Modeling on the Earth Simulator 査読有り

    Watanabe,S.,H. Miura,M. Sekiguchi,T. Nagashima,K. Sudo,S. Emori,M. Kawamiya

    J. Earth Sim.   9 巻   頁: 27-35   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The project aims at development of an integrated earth system model, where biological and chemical processes important for the global environment are included to interact with climate changes. The model is developed by adding individual component models to atmospheric and oceanic general circulation models
    (GCMs).The component models are terrestrial and oceanic carbon cycle models and an atmospheric chemistry
    model.

  136. Global modeling analysis of tropospheric ozone and its radiative forcing from biomass burning emissions in the twentieth century

    Ito Akinori, Sudo Kengo, Akimoto Hajime, Sillman Sanford, Penner Joyce E.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-ATMOSPHERES   112 巻 ( D24 )   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2007JD008745

    Web of Science

  137. Global source attribution of tropospheric ozone: Long-range transport from various source regions 査読有り

    Sudo K., Akimoto H.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-ATMOSPHERES   112 巻 ( D12 )   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2006JD007992

    Web of Science

  138. Multi-model simulations of the impact of international shipping on atmospheric chemistry and climate in 2000 and 2030 査読有り

    V. Eyring, D. S. Stevenson, A. Lauer, F. J. Dentener, T. Butler, W. J. Collins, K. Ellingsen, M. Gauss, D. A. Hauglustaine, I. S. A. Isaksen, M. G. Lawrence, A. Richter, J. M. Rodriguez, M. Sanderson, S. E. Strahan, K. Sudo, S. Szopa, T. P. C. van Noije, and O. Wild

    Atmospheric Chemistry and Physics   7 巻   頁: 757-780   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The global impact of shipping on atmospheric chemistry and radiative forcing, as well as the associated uncertainties, have been quantified using an ensemble of ten state-of-the-art atmospheric chemistry models and a pre-defined set of emission data. The analysis is performed for present-day conditions (year 2000) and for two future ship emission scenarios.

  139. *Global source attribution of tropospheric ozone: Long-range transport from various source regions 査読有り

    Sudo, K. and H. Akimoto

    J. Geophys. Res   112 巻 ( D12302 ) 頁: doi:10.1029/2006JD007992   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We examine contributions from various source regions to global distributions and
    budgets of tropospheric ozone (O3) in the context of intercontinental transport, using
    tagged tracer simulation with a global chemical transport model. For tagging O3, we
    consider regional separation of the model domain on the basis of the distributions of O3
    chemical production. We define 14 polluted source regions (14 tracers) in the boundary
    layer (North America, Europe, China, etc.) and 8 regions (8 tracers) in the free
    troposphere; O3 production in the remaining (remote) tropospheric region and O3 transport
    from the stratosphere are also tagged as separate tracers.

  140. Multimodel simulations of carbon monoxide: Comparison with observations and projected near-future changes

    Shindell D. T., Faluvegi G., Stevenson D. S., Krol M. C., Emmons L. K., Lamarque J. -F., Petron G., Dentener F. J., Ellingsen K., Schultz M. G., Wild O., Amann M., Atherton C. S., Bergmann D. J., Bey I., Butler T., Cofala J., Collins W. J., Derwent R. G., Doherty R. M., Drevet J., Eskes H. J., Fiore A. M., Gauss M., Hauglustaine D. A., Horowitz L. W., Isaksen I. S. A., Lawrence M. G., Montanaro V., Mueller J. -F., Pitari G., Prather M. J., Pyle J. A., Rast S., Rodriguez J. M., Sanderson M. G., Savage N. H., Strahan S. E., Sudo K., Szopa S., Unger N., van Noije T. P. C., Zeng G.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-ATMOSPHERES   111 巻 ( D19 )   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2006JD007100

    Web of Science

  141. The global atmospheric environment for the next generation

    Dentener F., Stevenson D., Ellingsen K., van Noije T., Schultz M., Amann M., Atherton C., Bell N., Bergmann D., Bey I., Bouwman L., Butler T., Cofala J., Collins B., Drevet J., Doherty R., Eickhout B., Eskes H., Fiore A., Gauss M., Hauglustaine D., Horowitz L., Isaksen I. S. A., Josse B., Lawrence M., Krol M., Lamarque J. F., Montanaro V., Muller J. F., Peuch V. H., Pitari G., Pyle J., Rast S., Rodriguez J., Sanderson M., Savage N. H., Shindell D., Strahan S., Szopa S., Sudo K., Van Dingenen R., Wild O., Zeng G.

    ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY   40 巻 ( 11 ) 頁: 3586 - 3594   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/es0523845

    Web of Science

  142. Multimodel ensemble simulations of present-day and near-future tropospheric ozone

    Stevenson DS, Dentener FJ, Schultz MG, Ellingsen K, van Noije TPC, Wild O, Zeng G, Amann M, Atherton CS, Bell N, Bergmann DJ, Bey I, Butler T, Cofala J, Collins WJ, Derwent RG, Doherty RM, Drevet J, Eskes HJ, Fiore AM, Gauss M, Hauglustaine DA, Horowitz LW, Isaksen ISA, Krol MC, Lamarque JF, Lawrence MG, Montanaro V, Muller JF, Pitari G, Prather MJ, Pyle JA, Rast S, Rodriguez JM, Sanderson MG, Savage NH, Shindell DT, Strahan SE, Sudo K, Szopa S

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-ATMOSPHERES   111 巻 ( D8 )   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2005JD006338

    Web of Science

  143. Radiative forcing since preindustrial times due to ozone change in the troposphere and the lower stratosphere

    Gauss M, Myhre G, Isaksen ISA, Grewe V, Pitari G, Wild O, Collins WJ, Dentener FJ, Ellingsen K, Gohar LK, Hauglustaine DA, Iachetti D, Lamarque JF, Mancini E, Mickley LJ, Prather MJ, Pyle JA, Sanderson MG, Shine KP, Stevenson DS, Sudo K, Szopa S, Zeng G

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   6 巻   頁: 575 - 599   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  144. *Radiative forcing since preindustrial times due to ozone change in the troposphere and the lower stratosphere 査読有り

    Gauss M., G. Myhre, I. S. A. Isaksen, W. J. Collins, F. J. Dentener, K. Ellingsen, L. K. Gohar, V. Grewe, D. A. Hauglustaine, D. Iachetti, J.-F. Lamarque, E. Mancini, L. J. Mickley, G. Pitari, M. J. Prather, J. A. Pyle, M. G. Sanderson, K. P. Shine, D. S. Stevenson, K. Sudo, S. Szopa, O. Wild, and G. Zeng

    Atmospheric Chemistry and Physics   6 巻   頁: 575-599   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Changes in atmospheric ozone have occurred since the preindustrial era as a result of increasing anthropogenic emissions. Within ACCENT, a European Network of Excellence, ozone changes between 1850 and 2000 are assessed for the troposphere and the lower stratosphere (up to 30 km) by a variety of seven chemistry-climate models and three chemical transport models.

  145. Multi-model ensemble simulations of tropospheric NO2 compared with GOME retrievals for the year 2000 査読有り

    van Noije, T.P.C, H. J. Eskes, F. J. Dentener, D. S. Stevenson, K. Ellingsen, M. G. Schultz, O. Wild, M. Amann, C. S. Atherton, D. J. Bergmann, I. Bey, K. F. Boersma, T. Butler, J. Cofala, J. Drevet, A. M. Fiore, M. Gauss, D. A. Hauglustaine, L. W. Horowitz, I. S. A. Isaksen, M. C. Krol, J.-F. Lamarque, M. G. Lawrence, R. V. Martin, V. Montanaro, J.-F. Muller, G. Pitari, M. J. Prather, J. A. Pyle, A. Richter, J. M. Rodriguez, N. H. Savage, S. E. Strahan, K. Sudo, and S. Szopa

    Atmospheric Chemistry and Physics   6 巻   頁: 2943-2979   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We present a systematic comparison of tropospheric NO2 from 17 global atmospheric chemistry models with three state-of-the-art retrievals from the Global Ozone Monitoring Experiment (GOME) for the year 2000.

  146. Nitrogen and sulfur deposition on regional and global scales: A multimodel evaluation 査読有り

    Dentener, F., J. Drevet, J.F. Lamarque, I. Bey, B. Eickhout, A.M. Fiore, D. Hauglustaine, L.W. Horowitz, M. K. Sudo, et al.

    Global Biogeochemical Cycles   20 巻 ( GB4003 ) 頁: doi:10.1029/2005GB002672   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We use 23 atmospheric chemistry transport models to calculate current and future (2030) deposition of reactive nitrogen (NOy, NHx) and sulfate (SOx) to land and ocean surfaces.

  147. *The global atmospheric environment for the next generation 査読有り

    Dentener F., D.Stevenson, K.Ellingsen, T.van Noije, M.Schultz1, M.Amann, C.Atherton, N.Bell, D.Bergmann, I.Bey, L.Bouwman, T.Butler, J.Cofala, B.Collins, J.Drevet, R.Doherty, B.Eickhout, H.Eskes, A.Fiore, M.Gauss, D.Hauglustaine, L.Horowitz, I.Isaksen, B.Josse, M.Lawrence, M.Krol, J.F.Lamarque, V.Montanaro, J.F.Muller, V.H.Peuch, G.Pitari, J.Pyle, S.Rast, J.Rodriguez, M.Sanderson, N.H.Savage, D.Shindell, S.Strahan, S.Szopa, K.Sudo, R.Van Dingenen, O.Wild, G.Zeng

    Environmental Science & Technology   40 巻 ( 11 ) 頁: 3586-3594   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Air quality, ecosystem exposure to nitrogen deposition, and climate change are intimately coupled problems: we assess changes in the global atmospheric environment between 2000 and 2030 using 26 state-of-the-art global atmospheric chemistry models and three different emissions scenarios.

  148. Evaluation of long-term tropospheric NO2 data obtained by GOME over East Asia in 1996-2002 査読有り

    Irie, H., K. Sudo, H. Akimoto, A, Richter, J.P. Burrows, T. Wagner, M. Wenig, S. Beirle, Y. Kondo, V.P. Sinyakov, and F. Goutail

    Geophys. Res. Letters   32 巻 ( L11810 ) 頁: doi:10.1029/2005GL022770   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Long-term tropospheric nitrogen dioxide (NO2)
    column data obtained by the Global Ozone Monitoring
    Experiment (GOME) (G-NO2) are evaluated to confirm the
    trends found in tropospheric NO2 abundances over East
    Asia between 1996 and 2002.

  149. Development of an Integrated Earth System Model on the Earth simulator 査読有り

    Kawamiya, M., C. Yoshikawa, T. Kato, H. Sato, K. Sudo, S. Watanabe, and T. Matsuno

    J. Earth Sim.   4 巻   頁: 18-30   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The project aims at development of an integrated earth system model, where biological and chemical processes important for the global environment are included to interact with climate changes. The model is developed by adding individual component models to atmospheric and oceanic general circulation models
    (GCMs).The component models are terrestrial and oceanic carbon cycle models and an atmospheric chemistry
    model.

  150. Estimation of the contribution of intercontinental transport during the PEACE campaign by using a global model 査読有り

    Takigawa M., K. Sudo, H. Akimoto, K. Kita, N. Takegawa, Y. Kondo, and M. Takahashi

    J. Geophys. Res.   110 巻 ( D21313 ) 頁: doi:10.1029/2005JD006226   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A quasi-real-time calculation system for the global distribution of ozone (O3) and its
    precursors, including CO, NOx, and nonmethane hydrocarbons (NMHCs), has been newly
    developed by using a 3D chemical transport model.

  151. Why does surface ozone peak in summertime at Waliguan? 査読有り

    Zhu, B., H. Akimoto, Z. Wang, K. Sudo, J. Tang, and I. Uno

    Geophys. Res. Letters.   31 巻 ( L17104 ) 頁: doi:10.1029/2004GL020609   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The seasonal variation of boundary layer ozone over East Asia is investigated using a regional scale chemical transport model, with the initial and boundary conditions of chemical species obtained from a global chemistry model.

  152. Future changes in stratosphere-troposphere exchange and their impacts on future tropospheric ozone simulations

    Sudo K, Takahashi M, Akimoto H

    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS   30 巻 ( 24 )   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2003GL018526

    Web of Science

  153. Phenotypic analysis of Meltrin alpha (ADAM12)-deficient mice: Involvement of Meltrin alpha in adipogenesis and myogenesis 査読有り

    Kurisaki T, Masuda A, Sudo K, Sakagami J, Higashiyama S, Matsuda Y, Nagabukuro A, Tsuji A, Nabeshima Y, Asano M, Iwakura Y, Sehara-Fujisawa A

    MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY   23 巻 ( 1 ) 頁: 55-61   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/MCB.23.1.55-61.2003

    Web of Science

  154. *Future changes in stratosphere-troposphere exchange and their impacts on future tropospheric ozone simulations 査読有り

    Sudo, K., M. Takahashi, and H. Akimoto

    Geophys. Res. Letters.   30 巻 ( 2256 ) 頁: doi:10.1029/2003GL018526   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We assess future climate change impacts on stratosphere-troposphere exchange (STE) and their influences on tropospheric O3, using a chemistry coupled climate model.

  155. CHASER: A global chemical model of the troposphere - 2 . Model results and evaluation

    Sudo K, Takahashi M, Akimoto H

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-ATMOSPHERES   107 巻 ( D21 )   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2001JD001114

    Web of Science

  156. CHASER: A global chemical model of the troposphere - 1. Model description

    Sudo K, Takahashi M, Kurokawa J, Akimoto H

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-ATMOSPHERES   107 巻 ( D17 )   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2001JD001113

    Web of Science

  157. CHASER: A global chemical model of the troposphere 2. Model results and evaluation, 査読有り

    Sudo, K., M. Takahashi, and H. Akimoto

    J. Geophys. Res.   107 巻   頁: doi:10.1029/2001/JD001114   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We present results from a global three-dimensional chemical model for the troposphere, named Chemical AGCM for Study of Atmospheric Environment and Radiative Forcing (CHASER).

  158. CHASER: A global chemical model of the troposphere 1. Model description, 査読有り

    Sudo, K., M. Takahashi, J. Kurokawa, and H. Akimoto

    J. Geophys. Res.   107 巻   頁: doi:10.1029/2001JD001113   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We present a new global three-dimensional chemical model for the troposphere, named chemical atmospheric general circulation model (AGCM) for study of atmospheric environment and radiative forcing (CHASER).

  159. Simulation of tropospheric ozone changes during 1997-1998 El Nino: Meteorological impact on tropospheric photochemistry

    Sudo K, Takahashi M

    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS   28 巻 ( 21 ) 頁: 4091 - 4094   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  160. *Simulation of tropospheric ozone changes during 1997-1998 El Nino: Meteorological impcat on tropospheric photochemistry 査読有り

    Sudo, K. and M. Takahashi

    Geophys. Res. Letters.   28 巻   頁: 4091-4094   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The impact of the 1997-1998 El Nino event on the tropospheric ozone distribution and related processes is assessed by a simulation using a global chemical model.

▼全件表示

講演・口頭発表等 43

  1. コンピュータ上に作るもう一つの地球 招待有り

    須藤健悟

    ノーベル賞特別講演会:気候変動と有機触媒  2021年11月20日  名古屋大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋大学  

  2. A Modeling Study on the Roles of Cloud Distribution in Global Ozone Chemistry 国際会議

    Kengo Sudo, Ryoki Matsuda

    Quadrennial Ozone Symposium 2021, 3-9 Oct. 2021  2021年10月5日  IGAC

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  3. Can a global chemistry climate model reproduce interannual variabilities and trends of depositions of sulfate, nitrate, and ammonium preserved in the Southeastern Greenland Dome ice core? 国際会議

    Kengo SUDO, Hinako Shiratsuchi, Takato Onishi, Satoru Iizuka

    the 16th IGAC Conference, Atmospheric Chemistry at a Distance: Real Progress through Virtual Interaction  2021年9月14日  IGAC

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Online  

  4. Simulating HONO chemistry in a chemistry climate/transport model CHASER (MIROC) 招待有り 国際共著 国際会議

    Kengo Sudo; Ha Thi Minh Phuc; Lola Andrés Hernández, Schreiner Benjamin

    EMeRGe zoom Workshop TEAM-5:  2021年6月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:3Institut für Umweltphysik, Universität Heidelberg  

  5. 北極域における無機イオン沈着の経年変動:化学気候モデル実験とグリーンランドSE-Dome氷床コアデータの比較

    須藤健悟, 白土緋那子, 大西貴都, 飯塚芳徳

    第25回大気化学討論会  2020年11月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:on-line  

  6. CHASER(MIROC-ESM)における雲の対流圏光化学場への影響

    松田涼樹, 須藤健悟

    第25回大気化学討論会  2020年11月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:on-line  

  7. Can a global chemistry climate model reproduce interannual variabilities and trends of depositions of sulfate, nitrate, and ammonium preserved in the Southeastern Greenland Dome ice core? 国際会議

    Kengo Sudo, Hinako Shiratuti, Yoshinori, Iizuka

    JpGU-AGU Joint Meeting 2020  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:on-line  

  8. A modeling study on the roles of cloud distribution in global tropospheric chemistry: detailed evaluation of clouds in a chemistry climate model (MIROC-CHASER) 国際会議

    Ryoki Matsuda, Kengo Sudo

    JpGU-AGU Joint Meeting 2020  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:on-line  

  9. 硫酸塩生成におけるダストの影響:全球化学・エアロゾル輸送モデルの改良と検証

    清水俊成, 須藤健悟

    日本気象学会2011年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  10. 化学・エアロゾル気候モデルを用いた短寿命気候影響物質(SLCFs)の放射強制力と気候応答の評価

    須藤健悟, 竹村俊彦, 秋元肇

    第17回大気化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. Evaluating past changes in short-lived climate forcers and their climate impacts with a chemistry-aerosol coupled climate model 国際会議

    Kengo Sudo, T.Takemura, and H. Akimoto

    3rd International Workshop on Atmospheric Modeling Research in East Asia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  12. Modelling Short-Lived Climate Forcers: Climate Impacts and Interaction 国際会議

    Kengo Sudo, T.Takemura, and H. Akimoto

    International Union of Geodesy and Geophysics (IUGG) General Assembly 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月 - 2011年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  13. Evaluating past changes in atmospheric pollutants and their climate impacts with a chemistry-aerosol coupled climate model 国際会議

    Kengo Sudo, T.Takemura, and H. Akimoto

    3rd International Workshop on Atmospheric Modeling Research in East Asia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  14. 南極昭和基地への黒色炭素の長距離輸送と起源の推定

    須藤健悟, 遠藤寛也, 原圭一郎, 長田和雄, 竹村俊彦

    地球惑星科学連合大会 JPGU 2011年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  15. 化学・エアロゾル気候モデルを用いた短寿命気候影響物質(SLCFs)の放射強制力の評価

    須藤健悟, 竹村俊彦, 秋元肇

    日本気象学会2011年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. Leveling-off of atmospheric methane caused by coupling of climate change and tropospheric chemistry 国際会議

    AGU(American Geophysical Union) Fall meeting 2010 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  17. Global air pollution and its interaction with climate

    Workshop on Climate and Environment between Nanjing University and Nagoya University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  18. 化学気候モデルを用いた1970-2008年のメタン変動要因の解明

    須藤健悟、Patra Prabir、伊藤昭彦

    大気化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. Modeling the Climate Impacts of Global Air Pollution and Short-lived Climate Forcers 国際会議

    International Workshop on “Impact of Asian Megacity Development on Local to Global Climate Change 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  20. Simulation of aerosol changes in Asia with a chemistry-aerosol coupled climate model

    JPGU(Japanese Geophysical Union) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  21. 全球メタン濃度の過去再現シミュレーション:気候変動の影響

    須藤 健悟

    日本気象学会2010年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. Comparison between NO2 and aerosols observed by MAX-DOAS and simulated by a Chemical Transport Model at Okinawa Islnand 国際会議

    MAX-DOAS Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  23. Aerosol changes associated with land use change in Asia and their impacts on climate 国際会議

    AGU fall meeting 2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  24. 対流圏オゾンおよびメタンの過去再現シミュレーション:初期結果

    須藤健悟

    日本気象学会2009年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. Roles of Atmospheric Chemistry and Aerosols in the CCSR/NIES/FRCGC Climate Model 国際会議

    IGAC-SPARC Joint Workshop in Kyoto 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    Past O3 changes in tropo. and strato-sphereres can cause significant climate change. (also interact with CH4)
    Nitrate aerosol cause significant climate impacts particularly in South Asia (India, Bangladesh, etc)
    Large cooling (~1-2 W m-2 due to nitrate increase) is found in South Asia ; global mean direct radiative forcing is -0.09 W m-2.
    Biogenic VOCs (terpenes) & SOA emissions are estimated to have decreased considerably (by 60-70%) in Asia during 1850-2000, leading to 0.5-1 W m-2 radiat

  26. 対流圏光化学場の過去再現シミュレーション

    須藤 健悟

    大気化学討論会2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  27. 大気オゾンの研究:オゾン層から大気汚染・気候変動まで

    須藤健悟

    平成21年度オゾン層保護推進大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  28. MAX-DOAS観測を用いた全球化学・エアロゾル気候モデルの評価

    須藤健悟、入江仁士、金谷有剛、秋元肇、竹村俊彦

    日本気象学会2009年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  29. アジア域における大気化学・エアロゾル・陸域植生結合場の変動とその気候影響

    須藤健悟(名大院・環境学)、高田久美子(海洋研究開発機構)、安成哲三(名大・水循環センター)

    日本地球惑星科学連合2009年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  30. Changes in Biogenic and Anthropogenic Aerosols in Asia and their Climate Impacts

    First SELIS International Workshop Eco-Climate Dynamics in Eurasia / Monsoon Asia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    Nitrate aerosol can cause significant climate impacts particularly in South Asia (India, Bangladesh, etc)
    Large cooling (~1-2 W m-2 due to nitrate increase) is found in South Asia ; global mean direct radiative forcing is -0.09 W m-2.
    Biogenic VOCs (terpenes) & SOA emissions are estimated to have decreased considerably (by 60-70%) in Asia during 1850-2000, leading to 0.5-1 W m-2 radiative forcing.
    Warming from SOA decrease and cooling from nitrate increase may compensate for each other.
    Pl

  31. 半球規模大気汚染のシミュレーション

    須藤健悟、秋元肇

    第14回大気化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  32. Climate response to global ozone changes: impacts of tropospheric ozone increase and stratospheric ozone decrease during the 20th century 国際会議

    IGAC 10th International Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  33. Changes in tropospheric chemistry and their impacts on climate: roles of climate change and the stratosphere 国際会議

    SPARC 4th General Assembly 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  34. Climate Response to Global Ozone Changes: Impacts of Tropospheric Ozone Increase and Stratospheric Ozone Decrease During the 20th Century 国際会議

    AGU(American Geophysical Union) Fall meeting 2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  35. 全球オゾン変動に対する気候応答:20世紀中の対流圏オゾン増加および成層圏オゾン減少の影響

    須藤健悟、秋元肇

    第13回大気化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  36. 全球オゾン分布変動の気候影響:化学気候モデルによる気候応答実験

    須藤健悟、秋元肇

    日本気象学会2007年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. 日本上空における対流圏CO濃度の時空間変動

    八代尚[1]; 菅原敏[2]; 須藤健悟[3]; 中澤高清[4]; 青木周司[5]

    日本地球惑星科学連合2007年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  38. 産業革命以前から現在までの対流圏オゾン変動が気候に及ぼす影響

    須藤健悟(名大院・環境学)、秋元肇(地球フロンティア)

    日本地球惑星科学連合2007年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  39. 局所アンサンブル変換カルマンフィルタを用いた大気微量成分データ同化システムの開発

    宮崎和幸、須藤健悟

    日本地球惑星科学連合2007年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  40. 対流圏オゾンの熱帯域マッデン・ジュリアン振動

    須藤健悟

    第17回大気化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. 対流圏オゾン変動の気候影響評価: 化学気候モデル実験による初期結果

    須藤健悟(名大院・環境学), 秋元肇(地球フロンティア)

    第17回大気化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  42. Source attribution of global O3 and CO: climatology and interannual variability 国際会議

    Joint IGAC/CACGP/SOLAS/WMO Symposium: Atmospheric Chemistry at the interfaces 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  43. 全球対流圏オゾンの変動要因:エミッション・気候・成層圏オゾンの各変動の影響

    須藤健悟, 高橋正明、秋元肇

    日本気象学会2006年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 6

  1. 数値モデルを用いた短寿命微量気体による気候変動の評価

    2014年4月 - 2019年3月

    環境省地球環境研究総合推進費(S-12-3)  

    須藤健悟

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    化学気候モデルを用い、複数シナリオによる将来予測実験を実施し(他サブテーマと連携)、各シナリオにおいて将来の気温・降水変動などに対し、各種SLCPsが及ぼす寄与を分離・評価し、微量気体(大気化学)・エアロゾル相互作用の役割を定量化する。さらに、大気質(オゾン・PM等)と温暖化への影響の観点から各シナリオを評価し、総合的にまとめる。

  2. 東アジアにおける広域大気汚染の解明と温暖化対策との共便益を考慮した大気環境管理の推進に関する総合的研究

    2009年4月 - 2014年3月

    環境省地球環境研究総合推進費(S-7-1) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    化学気候モデルCHASERおよびエアロゾル気候モデルSPRINTARSの結合シミュレーションにより、大気汚染物質の長距離輸送のモデル定量化、および大気汚染と温暖化の共便益(co-befit)に関する数値実験を実施する。

  3. 植生改変・エアロゾル複合効果がアジアの気候に及ぼす影響

    2009年4月 - 2012年3月

    環境省地球環境研究総合推進費(B-092) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    土地利用変化に伴うエアロゾル変動(土壌ダスト、硝酸塩、有機炭素エアロゾル)のアジア気候やモンスーンへの影響を化学・エアロゾル気候モデルを用いて定量評価する。

  4. 地上分光法による対流圏中のガス・エアロゾル同時観測網の構築

    2006年4月 - 2011年3月

    文科省・地球観測システム構築推進プラン 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 人間活動によるアジアモンスーン変化の定量的評価と予測に関する研究

    2006年4月 - 2009年3月

    環境省地球環境研究総合推進費(B-062) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    気候モデル「エアロゾル増減」実験によるアジアモンスーン変化の評価

  6. アジアにおけるオゾン・ブラックカーボンの空間的・時間的変動と気候影響に関する研究

    2005年4月 - 2008年3月

    環境省地球環境研究総合推進費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    対流圏オゾンおよびブラックカーボンの気候影響を定量的に見積もる。

▼全件表示

科研費 14

  1. 植物起源VOCs発生量の全球高精度推定とその大気化学・気候学的インパクト

    研究課題/研究課題番号:20H04320  2020年4月 - 2024年3月

    基盤研究(B)

    須藤 健悟

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17160000円 ( 直接経費:13200000円 、 間接経費:3960000円 )

    本研究では、大気化学・気候モデルCHASER(MIROC)および陸域生態系モデルVISITを組み合わせてBVOCs発生量の高精度推定を行う。まず、イソプレン類などのBVOCsのフラックス・濃度のデータにより、VISITのBVOCs放出量推定を検証する。次に、中間生成物であるホルムアルデヒド(HCHO)の全球分布を衛星観測データと比較することで、BVOCs計算を検証し、VISITの最適化を行う。最適化されたBVOCs放出量およびその変動の推定をCHASERによる大気化学・エアロゾル・気候の再現・予測実験に導入し、大気環境や気候の変動における、BVOCs変動の役割・インパクトを評価する。

  2. 階層的数値モデル群による短寿命気候強制因子の組成別・地域別定量的気候影響評価

    研究課題/研究課題番号:19H05669  2019年6月 - 2024年3月

    基盤研究(S)

    竹村 俊彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:49010000円 ( 直接経費:37700000円 、 間接経費:11310000円 )

    大気中のPM2.5などの微粒子(エアロゾル)や、光化学オキシダントであるオゾンなどの微量気体は、大気汚染物質であると同時に気候変動を引き起こす物質であり、短寿命気候強制因子と呼ばれる。それらの気温や降水量などへの影響について、自ら開発を進めてきた気候モデルを用いて、組成ごと・地域ごとに定量的に評価する。その際に、気候モデルにおいて不確実性の高いエアロゾルに依存する雲・降水過程の精緻化を図りつつ、近年顕在化している極端な気温や降水などの災害に対する短寿命気候強制因子の影響の定量的理解を目指す。

  3. 国際観測網と気候モデルによる有機エアロゾルの紫外可視光吸収特性に関する研究の推進

    研究課題/研究課題番号:19H04235  2019年4月 - 2022年3月

    入江 仁士

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    実大気中の有機エアロゾルの光吸収特性に関する新たな定量的な観測的知見を得るとともに、その光吸収特性の変動要因を明らかにする。これは、大気科学、とりわけ気候変動研究において、有機エアロゾルの放射強制力の符号を負から正に変える「問い」に答えを与える極めて重要な研究である。その符号が正に変わると、現在の予測よりも温暖化が深刻化することになる。独自に世界展開している国際観測網を活用し、エアロゾル特性が明瞭に異なる5つもの主要な観測地点 (日本、タイ、インド)に焦点を当てる。全球化学気候モデル・衛星データも援用した研究体制で相乗的な研究成果を挙げ、有機エアロゾルの光吸収特性に関する研究を推進する。
    本研究では、実大気中の有機エアロゾルの光吸収特性(340-870 nm)に関する新たな定量的な観測的知見(Aerosol Absorption Optical Depth (AAOD; 吸収エアロゾル光学的厚さ)やAbsorption Angstrom Exponent(AAE; 吸収オングストローム指数))を得るとともに、その光吸収特性の変動要因を明らかにする。独自に世界展開している国際観測網を活用し、エアロゾル特性が明瞭に異なる5つもの主要な観測地点 (日本3地点、タイ1地点、インド1地点)に焦点を当てる。独自の紫外~可視の光吸収特性の長期連続観測技術、および、その変動要因の重要なフィンガープリントをもたらす有機ガス濃度等の観測技術の両方を世界で唯一有する本研究グループのみが可能な研究である。全球化学気候モデル・衛星データも援用した研究体制で相乗的な研究成果を挙げ、有機エアロゾルの光吸収特性に関する研究を推進する。
    R01年度は、当該研究が対象とするユニークな5つの観測地点(千葉、福江島、春日、タイ・ピマイ、インド・パンテナガール)それぞれにおいて、必要な地上リモートセンシング観測装置(スカイラジオメーターとMAX-DOAS)を整備し、長期連続観測を開始した。しかしながら、うち2つの国際サイトいついては、新型コロナウイルスの影響のため、十分な現地でのメンテナンスができていない状況である。他方、本研究の全球化学気候モデル(CHASER)については、植物起源VOCsや二次有機エアロゾル(SOA)生成・消滅の計算スキームの改良・調整を行い、CHASER計算に不可欠な、揮発性有機化合物(VOCs)等のエミッションインベントリー等の整備も行った。変動要因解析に有用な他衛星データ(MODIS、OMI、TROPOMI等)、トラジェクトリー計算、FLEXPARTモデルの整備も進めた。
    計画通り、当該研究が対象とするユニークな5つの観測地点(千葉、福江島、春日、タイ・ピマイ、インド・パンテナガール)それぞれにおいて、必要な地上リモートセンシング観測装置(スカイラジオメーターとMAX-DOAS)を整備し、長期連続観測を開始した。しかしながら、うち2つの国際サイトについては、新型コロナウイルスの影響のため、現地でのメンテナンスができていない状況である。他方、並行して、全球化学気候モデル(CHASER)の計算に不可欠な、揮発性有機化合物(VOCs)等のエミッションインベントリー等の整備を行った。変動要因解析に有用な他衛星データ(MODIS、OMI、TROPOMI等)、トラジェクトリー計算、FLEXPARTモデルの整備も進めた。以上より、おおむね順調に進展していると評価した。
    本研究で対象とする5地点で長期連続観測を継続する。そのために、とりわけ2つの国際サイトについては、現地でのメンテナンスを早急に実施する。そのうえで、各地点において、AAODとAAEを定量的に見積もり、観測的知見を蓄積するとともに、先行研究との相違を明らかにする。エミッションとの関連については、比較的エアロゾルの変動要因が分かっている日本3地点のデータや過去データをリファレンスにし、ピマイやパンテナガールのAAODやAAEの高精度評価につなげる。複数年にわたる長期連続観測を活かし、AAODやAAEを様々な時間スケールで明らかにし、変動要因の解明を念頭に考察を行う。
    また、MAX-DOAS観測をもとに、光吸収特性の変動要因のフィンガープリントをもたらすガス濃度や濃度比を算出する。有機エアロゾル、特にブラウンカーボンが高濃度となる大規模バイオマスバーニングでは、HCHOやCHOCHO等のガス濃度の増大やCHOCHO/HCHO濃度比の減少が起きることが分かっている。この情報に、衛星データ、トラジェクトリー、FLEXPARTの解析も加え高度な要因解析を実施する。加えて、観測で得られるガス・エアロゾルの濃度情報について、全球化学気候モデルCHASERを用いて、バイオマス燃焼等からの有機エアロゾルの発生起源・寄与を解析する。さらには、観測から得られたAAEで特定されたブラックカーボンとブラウンカーボンのイベントを比べ、両者の光吸収の強さを比較する。このようなエアロゾルの光学特性に関する新たな定量的な観測的知見を拘束条件とし、CHASERモデル内のパラメータを修正するなどして放射強制力の再評価を行い、これまでの知見(例えば、IPCC-AR5,6)からの更新として整理するなど、これまでに実現しなかった放射強制力の議論を行う。

  4. 硝酸の三酸素同位体異常を利用した非培養型の窒素循環速度定量法確立

    研究課題/研究課題番号:17H00780  2017年4月 - 2021年3月

    角皆 潤

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:3120000円 ( 直接経費:2400000円 、 間接経費:720000円 )

    湖沼に溶存する硝酸の三酸素同位体異常(地球表層圏の平均的な酸素原子存在度と、一般的な酸素同位体分別を仮定した時に期待される質量数17の酸素原子存在度に対する、実際の質量数17の酸素原子存在度の過剰量)は、その湖沼に対して大気からの沈着を経て供給される硝酸と、湖沼内部で進行する硝化反応を経て供給される硝酸の、供給速度比を反映する。本研究では、この硝酸の三酸素同位体異常の特徴を利用して、対象とする湖沼系内で進行する窒素循環の速度(硝化速度や硝酸同化速度)を、簡便かつ高確度に定量する新手法を確立する。また従来法である培養法に基づく窒素循環速度も同時に観測して比較し、新手法の信頼性(確度)を評価する。本提案の新手法が確立されることで、窒素循環速度の観測が広く一般化・普遍化することが期待できる。
    本年度は、琵琶湖における観測を継続的に実施して、湖水中の硝酸の平均的な三酸素同位体異常と湖内で進行する年平均の窒素循環速度(総硝化速度や総硝酸同化速度)を、その時間変化を含めて定量化した。さらに本年度は海洋域に本手法を世界で初めて応用することに挑戦した。具体的には、新青丸(全国共同利用)を用いて、2019年6月と10月の二回に渡って日本海の計5点において、硝酸の三酸素同位体異常の鉛直分布を定量化し、有意な三酸素同位体異常が水深300m付近まで広がっていることを明らかにして、成果を国内学会および国際学会で報告した。今後は大気からの硝酸の沈着速度を求め、これを元に日本海で進行する年平均の窒素循環速度(総硝化速度や総硝酸同化速度)を算出する。
    湖沼での観測に成功するとともに、第一報は欧文誌への論文掲載が完了した。さらに2019年度は当初予定に無かった海洋環境への応用にも挑戦し、これを成功させた。
    最終年度である2020年度は、前半に琵琶湖で追加観測を実施する。追加観測とこれまでの観測で得られた結果の解析を行い、培養法で得られる個々の水塊中の同化速度と、三酸素同位体異常から求められる湖沼全体の同化速度を、それぞれの年平均値と、各観測インターバルのそれぞれで比較し、本研究の主要課題である三酸素同位体異常法の確度に関して、最終的な結論を得る。また両者が有意に異なる場合には、その原因を解釈する。加えて琵琶湖の窒素循環の経年変化の有無や一次生産の特徴を、過去3年間の観測の蓄積から定量的に把握する。また前年度に海洋域で採取した試料に対して本研究で開発した手法を応用し、海洋域における窒素循環速度定量に本手法が応用出来るかどうか、検証する。成果をまとめて欧文誌に投稿する。

  5. 全球大気酸化能の実態・変動の徹底解明

    研究課題/研究課題番号:16H02937  2016年4月 - 2019年3月

    須藤 健悟

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:18070000円 ( 直接経費:13900000円 、 間接経費:4170000円 )

    本研究では、大気中の様々な物質の酸化・除去を担うOHラジカル(ヒドロキシルラジカル)の全球分布について、高精度な推定を行い、大気酸化能の変動の実態とそのメカニズムを定量的に解明した。化学気候モデルによる全球大気化学シミュレーションを主なアプローチとし、モデル中の雲・エアロゾル・成層圏オゾンの計算を各種衛星観測データにより検証・正確化することで、OH濃度場推定の高精度化を行い、雲・水蒸気・オゾン等に加え、自然・人間由来の窒素酸化物(NOx)・一酸化炭素(CO)・揮発性有機化合物(VOCs)の大気への排出量など、OH変動要因の寄与を定量的に整理した。
    本研究は、メタンをはじめ大気中の様々な物質の除去を担うOHラジカルの全球分布の推定を高精度化し、OH変動要因の定量的検討も行った。このような成果は、気候変動や大気環境変動の正確な予測・評価に大きく寄与し、今後の温室効果気体等の排出量削減シナリオの策定にも貢献が大である。また、次期IPCC報告書に向けたモデル間相互比較プロジェクトであるCMIP6、CCMI、およびAeroChem-MIPにも、本科研費課題の化学気候モデルを用いて参加しており、大気汚染が与える気候影響の理解の高精度化に寄与し、気候政策の策定にも大きく貢献する予定である。

  6. 南極沿岸域の炭素質エアロゾル:低中緯度域からの輸送とその起源

    研究課題/研究課題番号:15H02806  2015年4月 - 2019年3月

    原 圭一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    炭素質エアロゾルの連続観測を南極沿岸部・周辺海域で実施した.2005-2016年の昭和基地では,ブラックカーボン(BC)濃度レベルは検出限界(0.2 ng m-3)~63.8 ng m-3で,明瞭な経年トレンドは確認されなかった.昭和基地のBC濃度は,9-10月に極大を示す季節変化を示し,南米・アフリカ南部のバイオマス燃焼の影響を強く受けていた.南極沿岸部のBCは,主に南米・アフリカから対流圏下層を経由して輸送されていた.光吸収オングストローム指数の季節変化は,大気中でのBC混合状態の変化,バイオマス燃焼や海洋生物活動起源の有機エアロゾルに関係していた.
    南極における燃焼起源の炭素質エアロゾルの動態を観測とモデルを使用して研究を進めた.本研究で得られた成果・知見は,低・中緯度域から南極域への大気微量成分の長距離輸送経路・過程を検討する際に非常に重要となる.さらに観測とモデル研究の比較を進めた結果,燃焼起源エアロゾルの再現精度を上げられたため,今後のモデルによる予測の信頼性を向上させられた.

  7. マルチモデルアプローチによる大気組成データ同化研究

    研究課題/研究課題番号:15K05296  2015年4月 - 2018年3月

    宮崎 和幸

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    データ同化による大気組成濃度・排出量の推定精度に対しては、同化手法・衛星データの選択・取り扱いのみならず、予報モデルの性能が影響を及ぼす。しかし、技術的な制約により、これまでの研究ではその影響は明らかにされていなかった。本研究では、異なるモデルに実装可能な最先端のデータ同化スキームを3つの化学輸送モデルに適用した。衛星観測データを同化し得られた解析結果を比較し、予報モデル性能が大気組成データ同化解析に及ぼす影響を明らかにした。今後必要となる観測網についてもデータ同化計算から考察し、異なる予報モデルを用いて整合する結論が得られるかを検証した。

  8. 大気化学・陸域生態系モデルの結合によるCH4・N2Oの変動要因の解明

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究は、メタン(CH4)および亜酸化窒素(N2O)に焦点をあて、これらの大気中濃度の変動要因や収支について、全球規模での解明を行うものである。化学気候モデルと陸域生態系モデルによる結合シミュレーションやデータ同化・逆推定手法を主なアプローチとし、陸域生態系から大気へのCH4・N2O の放出(交換フラックス)、およびCH4・N2O の大気中での輸送や光化学的な消失等の推定を最大限に高精度化し、CH4・N2O の変動要因を網羅的に評価・整理する。窒素酸化物の沈着や有機炭素等の放出を通じた大気化学・気候と陸域生態系との相互作用にも着目し、CH4・N2O変動における役割を明らかにする。さらに、本研究で新たに得られるCH4・N2O 変動・収支の知見を土台として、IPCC 第5次報告書に準拠した将来予測計算を行い、各種放射強制力を再検討する。

  9. 大気化学・陸域生態系モデルの結合によるCH4・N2Oの変動要因の解明

    研究課題/研究課題番号:25241006  2013年4月 - 2016年3月

    須藤 健悟

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:42640000円 ( 直接経費:32800000円 、 間接経費:9840000円 )

    本研究では、メタン(CH4)や亜酸化窒素(N2O)の収支や各変動要因の分離・定量化を行った。陸域生態系モデルによるCH4・N2OおよびBVOCs等の微量気体の放出推定をできるだけ高精度化し、CH4の消失源として重要なOHラジカルの濃度場については、大気化学モデルによる感度実験により各種変動要因の整理を行い、大気化学場の衛星データ同化を用いた高精度のOH推定も実施した。また、N¬2O放出の検証や光解離・成層圏・対流圏間交換(STE)の役割の定量化も行う。さらに、CH4・N2Oの過去の変動について、再現実験を行い、各変動要因の寄与を分離・定量化し、変動機構を明らかにした。

  10. 全球化学輸送モデルによる大気汚染物質の長距離輸送とその変動メカニズムの解明

    2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  若手研究B 21710008

    須藤健悟

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    汚染物質の大陸間長距離輸送について、エミッション変動および気候変動の複合的な影響を定量化する。

  11. 全球化学輸送モデルによる大気汚染物質の長距離輸送とその変動メカニズムの解明

    研究課題/研究課題番号:21710008  2009年 - 2011年

    須藤 健悟

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    本研究では、全球化学輸送モデルとタグ・トレーサー手法を用い、各種汚染域からの汚染物質の寄与とその過去30年間の変動を検討した。本モデル計算では、地表におけるオゾンや黒色炭素(BC)などのエアロゾルの長期変動傾向は、主に人間活動によるエミッション増加の結果であると示唆されたが、オゾンについては、熱帯域や南半球において、温暖化による長期的な気候変動の影響も顕著であった。本研究では、タグ・トレーサー手法を応用し、このような温暖化やENSOなどによる短期気候変動によるオゾン場の変動を輸送と化学のそれぞれの過程に分離した。この結果、ENSOによるオゾン変動は、輸送パターンの変動が主因であり、温暖化等の長期的な気候変動については、化学過程の変動が主に影響していることが示された。BCについても、極域への輸送量増加について、南米・アフリカや欧州・北米からの長距離輸送量の変化について定量化した。また、領域大気質モデル(WRF-chem)を用いたアジア域大気質とアジア外からの汚染物質流入量変動の影響の過去再現計算も実施し、全球モデルによる計算結果との整合性などを検証した。

  12. 大気オゾン全球分布の変動過程:化学・気候モデルによる20世紀再現実験

    2006年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  18540439

    須藤健悟

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    過去の全球オゾン場の再現シミュレーション

  13. 大気オゾン全球分布の変動過程:化学・気候モデルによる20世紀再現実験

    研究課題/研究課題番号:18540439  2006年 - 2008年

    須藤 健悟

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3970000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:570000円 )

    本研究では、成層圏および対流圏における全球オゾン分布の変動とその気候影響について、主に数値モデルシミュレーションを用い、総合的に実験・解析を行った。まず、対流圏化学を中心に開発された化学気候モデルCHASERに成層圏化学過程の計算を導入し、成層圏・対流圏オゾンの同時シミュレーションを可能にした。さらに、本モデルを用い過去から現在までのオゾン変動とその気候影響についての再現計算を実施した。この結果、観測データに見られるような対流圏オゾン変動については、前駆汚染物質の増加による影響だけでなく、成層圏オゾン減少(オゾン層破壊)に伴うオゾン流入量減少の影響も重要であることが定量的に明らかになった。

  14. 気候変動・大気環境変化予測のための化学・エアロゾル結合気候モデルの開発

    研究課題/研究課題番号:16740275  2004年 - 2005年

    須藤 健悟

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3100000円 ( 直接経費:3100000円 )

    これまでの作業によりエアロゾルシミュレーションが導入された化学気候モデル(CHASER)の開発が行われた。本年度はまずこのモデルにより現在に対する気候値(標準)実験を行い、特にオゾン(O_3)・OH・H_2O_2・アンモニア(HN_3)などの大気化学場との結びつきが強い硫酸塩エアロゾルについて欧州やアジア域の観測ネットワーク(EMEP等)や航空機観測(NASA-GTE)の各種データを用いて詳細な評価を行った。その結果本モデルは上部対流圏において硫酸塩濃度を10-50%過大評価する傾向にあるが、対流圏下層・地表付近の濃度については定量的にもよく観測を再現していることが確認された。その他のエアロゾル種(土壌ダスト、炭素性エアロゾル)のシミュレーション結果についてもエアロゾル観測ネットワーク(NASA-AERONET)と比較し評価を行った。また、このモデルを用いIPCC(気候変動に関する政府間パネル)の第4次報告書に向けたモデル間相互比較プロジェクトに参加し、対流圏オゾン変動による放射強制力の計算結果を当プロジェクトに提供し詳細な議論を行った(Gauss et al., 2006)。さらに本エアロゾル・化学気候モデルを用い産業革命以前から現在までの対流圏オゾンとエアロゾルの各変動が及ぼす放射強制力(エアロゾルば直接効果のみ)の計算を行った。本計算では対流圏オゾン増加による放射強制力として全球平均で0.48W・m^<-2>(長波:0.4、短波:0.08W・m^<-2>)の値が得られ、エアロゾルの放射強制力としては黒色(無機)炭素+0.40W・m^<-2>、有機炭素-0.24W・m^<-2>、硫酸塩-0.28W・m^<-2>となり、黒色炭素による大気加熱の効果は有機炭素や硫酸塩による冷却効果により全て打ち消されることが分かった。今後はエアロゾルの雲・降水を介した間接効果の見積もりが検討課題である。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 62

  1. 温暖化概論

    2021

  2. 気候科学セミナー2E

    2021

  3. 気候科学セミナー1E

    2021

  4. 気候科学セミナー2C

    2021

  5. 気候科学セミナー2A

    2021

  6. 気候科学セミナー1C

    2021

  7. 気候科学セミナー1A

    2021

  8. 大気物理化学

    2021

  9. 地球惑星物理学実験法及び実験Ⅰ

    2021

  10. 大気水圏科学基礎

    2021

  11. 気候科学セミナー2F

    2021

  12. 気候科学セミナー1F

    2021

  13. 気候科学セミナー2D

    2021

  14. 気候科学セミナー2B

    2021

  15. 気候科学セミナー1D

    2021

  16. 気候科学セミナー1B

    2021

  17. 基礎セミナーA

    2020

  18. 気候科学

    2020

  19. 地球惑星物理学実験法及び実験Ⅰ

    2020

  20. 大気水圏科学基礎

    2020

  21. 気候科学セミナー2D

    2020

  22. 気候科学セミナー2C

    2020

  23. 気候科学セミナー2B

    2020

  24. 気候科学セミナー2A

    2020

  25. 気候科学セミナー1D

    2020

  26. 気候科学セミナー1C

    2020

  27. 気候科学セミナー1B

    2020

  28. 気候科学セミナー1A

    2020

  29. 大気物理化学

    2020

  30. 気候科学セミナー2F

    2020

  31. 気候科学セミナー2E

    2020

  32. 気候科学セミナー1F

    2020

  33. 気候科学セミナー1E

    2020

  34. 大気物理化学

    2016

  35. 気候科学

    2016

  36. 大気物理化学

    2015

  37. 気候科学

    2015

  38. 大気物理化学

    2014

  39. 気候科学

    2014

  40. 気候科学

    2013

  41. 大気物理化学

    2013

  42. 気候科学

    2012

  43. 地球環境変動論

    2012

  44. 大気物理化学

    2012

  45. 気候科学

    2011

     詳細を見る

     地球の気候は我々生物にとって最も重要な環境要因であり、地球システムにおいて中心的役割を演ずる。気候は、様々な要因の作用を受け、様々な時空間スケールで変動する。近年のいわゆる「地球温暖化」はこの一例である。 本講義では、気候がどのように形成されているかについて学習するとともに、気候の変動とその要因について基礎的理解の体得を目指す。前半(須藤担当)では気候の形成と、主に最近の人為起源の温暖化を中心とする気候変動および大気組成変動(気体・エアロゾル)に着目し、最近の研究例も交えながら学習する。後半(中塚担当)は、古気候学の方法を使って、過去1000年間及び、過去100万年間の気候の歴史をそれぞれ紹介し、数年~数百年スケール及び、数千年~数万年スケールの気候変動のメカニズムについて、現在の気候変動との対応を意識しながら学習する。

  46. 地球環境変動論

    2011

  47. 大気物理化学

    2011

  48. 基礎セミナーB

    2010

  49. 大気物理化学

    2010

  50. 地球惑星システム学特論Ⅱ

    2010

  51. 地球水循環学

    2010

  52. 気候科学

    2010

  53. 気候科学

    2010

     詳細を見る

    地球の気候は我々生物にとって最も重要な環境要因であり、地球システムにおいて中心的役割を演ずる。気候は、様々な要因の作用を受け、様々な時空間スケールで変動する。近年のいわゆる「地球温暖化」はこの一例である。 本講義では、気候がどのように形成されているかについて学習するとともに、気候の変動とその要因について基礎的理解の体得を目指す。前半(須藤担当)では気候の形成と、主に最近の人為起源の温暖化を中心とする気候変動および大気組成変動(気体・エアロゾル)に着目し、最近の研究例も交えながら学習する。後半(中塚担当)は、古気候学の方法を使って、過去1000年間及び、過去100万年間の気候の歴史をそれぞれ紹介し、数年~数百年スケール及び、数千年~数万年スケールの気候変動のメカニズムについて、現在の気候変動との対応を意識しながら学習する。

  54. 大気物理化学

    2010

  55. 大気物理化学

    2009

     詳細を見る

    ◎前半(柴田担当)
    A1 化学平衡
    A2 熱力学第一法則、第二法則
    A3 熱力学の関係式
    A4 ギブスのフリーエネルギー、化学ポテンシャル
    A5 ヘンリーの法則、ラウルの法則、活量
    A6 沸点上昇、凝固点降下

    ◎後半(須藤担当)
    B1 大気中の物質と気候・大気環境(イントロ)
    B2 大気中の物質輸送: 大気大循環と大規模な輸送、乱流輸送、物質輸送のモデリング
    B3 成層圏・対流圏の化学: オゾン層変動と大気汚染
    B4 大気エアロゾルと気候影響
    B5 地球環境モデリングの最前線:地球温暖化(予測)研究、大気組成変化予測など

  56. 気候科学

    2009

     詳細を見る

     地球の気候は我々生物にとって最も重要な環境要因であり、地球システムにおいて中心的役割を演ずる。気候は、様々な要因の作用を受け、様々な時空間スケールで変動する。近年のいわゆる「地球温暖化」はこの一例である。 本講義では、気候がどのように形成されているかについて学習するとともに、気候の変動とその要因について基礎的理解の体得を目指す。前半(須藤担当)では気候の形成と、主に最近の人為起源の温暖化を中心とする気候変動および大気組成変動(気体・エアロゾル)に着目し、最近の研究例も交えながら学習する。後半(中塚担当)は、古気候学の方法を使って、過去1000年間及び、過去100万年間の気候の歴史をそれぞれ紹介し、数年~数百年スケール及び、数千年~数万年スケールの気候変動のメカニズムについて、現在の気候変動との対応を意識しながら学習する。

  57. 大気物理化学

    2008

     詳細を見る

    ◎前半(柴田担当)
    A1 化学平衡
    A2 熱力学第一法則、第二法則
    A3 熱力学の関係式
    A4 ギブスのフリーエネルギー、化学ポテンシャル
    A5 ヘンリーの法則、ラウルの法則、活量
    A6 沸点上昇、凝固点降下

    ◎後半(須藤担当)
    B1 大気中の物質と気候・大気環境(イントロ)
    B2 大気中の物質輸送: 大気大循環と大規模な輸送、乱流輸送、物質輸送のモデリング
    B3 成層圏・対流圏の化学: オゾン層変動と大気汚染
    B4 大気エアロゾルと気候影響
    B5 地球環境モデリングの最前線:地球温暖化(予測)研究、大気組成変化予測など

  58. 基礎セミナーA

    2008

  59. 大気物理化学

    2008

  60. 大気物理化学

    2007

     詳細を見る

    大気の気体成分や粒子状成分(エアロゾル)は大気汚染や地球温暖化などの環境問題に密接に関連する。本講義では、このような大気成分とその気候・大気環境への影響を研究・議論するために必要な物理・化学の基礎の習得を目指す。本講義の前半(須藤担当)では、大気中の物質の力学的輸送・化学過程を中心に大気成分とその役割について網羅的に学習し、後半(柴田担当)では熱力学・放射過程などについて、さらに深い理解を目指す。
    本講義によって、大気成分の輸送、光化学反応、相転移、放射・気候影響など、多岐にわたる過程を眺望し、大気環境科学の基礎を習得することができる。

  61. 基礎セミナーA

    2007

     詳細を見る

    このセミナーでは、地球温暖化や大気汚染などの大気圏の環境に関連する最新の研究・動向を題材にして、読み、書き、発表などの基礎力を養う。一般に、人間の社会活動(研究に限らず)は、ある事柄(なんでも良い)について、読み調べ(インプット)、整理・応用し(プロセッシング)、文章にまとめたり、発表したり(アウトプット)の連続である。本セミナーでは、このような基本作業を身につけるため、最新の研究例に触れつつ、参加者同士が相互作用する形で議論を発展させる。

  62. 大気エアロゾル物理学

    2006

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 化学環境学特別講義第3

    2008年4月 - 2009年3月 東京工業大学)

 

社会貢献活動 8

  1. ノーベル賞特別講演会:コンピュータ上に作るもう一つの地球

    役割:講師

    名古屋大学  ノーベル賞特別講演会:コンピュータ上に作るもう一つの地球  2021年11月

  2. グローバルな大気環境・気候変動の研究(多治見北高校)

    役割:講師

    多治見北高校  2年生TKt Exploration Day with Researchers Ⅱ  2021年11月

  3. 大気環境気候モデリング研究室紹介:中日新聞

    役割:取材協力

    中日新聞  朝刊  2021年10月

  4. ノーベル物理学賞(真鍋淑郎氏)解説:名古屋テレビ・アップ

    役割:出演, コメンテーター, 取材協力

    名古屋テレビ  アップ(夕方報道番組)  2021年10月

  5. ノーベル物理学賞(真鍋淑郎氏)解説:TBSテレビ・ひるおび

    役割:取材協力

    TBSテレビ  ひるおび  2021年10月

  6. ノーベル物理学賞(真鍋淑郎氏)解説:東海テレビ・ニュースone

    役割:出演, 取材協力

    東海テレビ  ニュースOne  2021年10月

  7. ノーベル物理学賞(真鍋淑郎氏)解説

    役割:出演, コメンテーター, 取材協力

    名古屋大学  ノーベル物理学賞(真鍋淑郎氏)会見  2021年10月

  8. 【プレスリリース】ロックダウンによる汚染物質変動:読売新聞(全国)

    役割:取材協力

    読売新聞(全国紙)  朝刊  2021年8月

▼全件表示

メディア報道 8

  1. 大気環境気候モデリング研究室紹介:中日新聞 新聞・雑誌

    中日新聞  朝刊  2021年10月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  2. ノーベル物理学賞(真鍋淑郎氏)解説:中日新聞 新聞・雑誌

    中日新聞  朝刊  2021年10月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  3. ノーベル物理学賞(真鍋淑郎氏)解説:東海テレビ・ニュースone テレビ・ラジオ番組

    東海テレビ  ニュースOne  2021年10月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  4. ノーベル物理学賞(真鍋淑郎氏)解説:名古屋テレビ・アップ テレビ・ラジオ番組

    名古屋テレビ  アップ(夕方報道番組)  2021年10月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  5. ノーベル物理学賞(真鍋淑郎氏)解説:TBSテレビ・ひるおび テレビ・ラジオ番組

    TBSテレビ  ひるおび  2021年10月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  6. ノーベル物理学賞(真鍋淑郎氏)解説:福岡RKBラジオ テレビ・ラジオ番組

    RKBラジオ  よなおし堂  「今日のフカボリ」コーナーにて解説  2021年10月

  7. ノーベル物理学賞(真鍋淑郎氏)会見:TBSニュース テレビ・ラジオ番組

    TBSテレビ  生放送会見  2021年10月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  8. 【プレスリリース】ロックダウンによる汚染物質変動:読売新聞(全国) 新聞・雑誌

    読売新聞(全国紙)  2021年8月2日朝刊  2021年8月

▼全件表示

学術貢献活動 1

  1. 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員(外国人) 国際学術貢献

    役割:審査・評価

    日本学術振興会  2020年5月 - 2020年7月

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言