2021/03/31 更新

写真a

ナガオ マサヒロ
長尾 征洋
NAGAO, Masahiro
所属
大学院環境学研究科 都市環境学専攻 環境機能物質学 准教授
大学院担当
大学院環境学研究科
学部担当
情報学部 自然情報学科
情報文化学部 自然情報学科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. 博士(工学) ( 2011年9月   名古屋大学 ) 

  2. 修士(環境学) ( 2005年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 燃料電池

  2. センサ

  3. マルチエージェントシミュレーション

  4. 最適化計算

研究分野 3

  1. エネルギー / 地球資源工学、エネルギー学  / 燃料電池・バッテリー

  2. 環境・農学 / 環境負荷低減技術、保全修復技術  / 環境技術・環境材料

  3. 情報通信 / ソフトコンピューティング  / 最適化計算

現在の研究課題とSDGs 6

  1. バイオマスを燃料に用いた燃料電池の開発

  2. 活性酸素を用いた自己再生型PMセンサーの開発

  3. 高温作動キャパシタの開発

  4. マテリアルフローコスト会計手法を用いた環境会計情報の可視化と低環境負荷型経営の実現

  5. 遺伝的アルゴリズムを用いた低環境負荷型社会システムおよびエネルギーシステムの最適化に関する研究

  6. 協調行動の創発メカニズムの解明による環境ジレンマの解決法の探究

▼全件表示

経歴 6

  1. 名古屋大学   大学院環境学研究科 都市環境学専攻 環境機能物質学/情報文化学部   准教授

    2020年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   大学院環境学研究科 都市環境学専攻 環境機能物質学/情報文化学部   講師

    2015年10月 - 2020年3月

  3. 名古屋大学   大学院環境学研究科 都市環境学専攻   助教

    2007年4月 - 2015年9月

  4. 助教

    2007年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 助手

    2006年2月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学   大学院環境学研究科 都市環境学専攻   助手

    2006年2月 - 2007年3月

▼全件表示

学歴 3

  1. 名古屋大学   環境学研究科   都市環境学専攻

    2005年4月 - 2006年1月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   環境学研究科   都市環境学専攻

    2003年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   情報文化学部   自然情報学科

    1999年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 電気化学会

  2. 日本化学会

  3. 米国電気化学会

  4. システム・ダイナミックス学会日本支部

受賞 2

  1. 電気化学会第75回大会 ポスター賞

    2008年3月   社団法人 電気化学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    これまで報告例が極めて少なかった,中温で作動する燃料電池における使用燃料の多様性を評価した結果を報告.

  2. 電気化学会東海支部若手研究者特別賞

    2007年1月   電気化学会東海支部  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 71

  1. Ionic conductive and photocatalytic properties of cementitious materials: calcium silicate hydrate and calcium aluminoferrite 査読有り 国際共著

    Nagao Masahiro, Kobayashi Kazuyo, Jin Yongcheng, Maruyama Ippei, Hibino Takashi

    JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY A   8 巻 ( 30 ) 頁: 15157 - 15166   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Materials Chemistry A  

    DOI: 10.1039/d0ta04866f

    Web of Science

    Scopus

  2. Fuel cell and electrolyzer using plastic waste directly as fuel 査読有り

    Hori Tetsuya, Kobayashi Kazuyo, Teranishi Shinya, Nagao Masahiro, Hibino Takashi

    WASTE MANAGEMENT   102 巻   頁: 30 - 39   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Waste Management  

    DOI: 10.1016/j.wasman.2019.10.019

    Web of Science

    Scopus

  3. A Cellulose Electrolysis Cell with Metal-Free Carbon Electrodes 査読有り 国際共著

    Li Yaorong, Nagao Masahiro, Kobayashi Kazuyo, Jin Yongcheng, Hibino Takashi

    CATALYSTS   10 巻 ( 1 )   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Catalysts  

    DOI: 10.3390/catal10010106

    Web of Science

    Scopus

  4. Humidity Driven Transition from Insulator to Ionic Conductor in Portland Cement 査読有り

    Nagao Masahiro, Kobayashi Kazuyo, Hori Tetsuya, Li Yaorong, Hibino Takashi

    MATERIALS   12 巻 ( 22 )   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Materials  

    DOI: 10.3390/ma12223701

    Web of Science

    Scopus

  5. Electrolysis of humidified methane to hydrogen and carbon dioxide at low temperatures and voltages 査読有り

    Hori Tetsuya, Ma Qiang, Kobayashi Kazuyo, Nagao Masahiro, Teranishi Shinya, Hibino Takashi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HYDROGEN ENERGY   44 巻 ( 5 ) 頁: 2454 - 2460   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Hydrogen Energy  

    DOI: 10.1016/j.ijhydene.2018.12.044

    Web of Science

    Scopus

  6. Intermediate-temperature electrolysis of energy grass Miscanthus sinensis for sustainable hydrogen production 査読有り

    Ito Masaya, Hori Tetsuya, Teranishi Shinya, Nagao Masahiro, Hibino Takashi

    SCIENTIFIC REPORTS   8 巻 ( 1 )   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-018-34544-y

    Web of Science

    Scopus

  7. Direct electrolysis of waste newspaper for sustainable hydrogen production: an oxygen-functionalized porous carbon anode 査読有り

    Hibino Takashi, Kobayashi Kazuyo, Ito Masaya, Nagao Masahiro, Fukui Mai, Teranishi Shinya

    APPLIED CATALYSIS B-ENVIRONMENTAL   231 巻   頁: 191 - 199   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Applied Catalysis B: Environmental  

    DOI: 10.1016/j.apcatb.2018.03.021

    Web of Science

    Scopus

  8. Efficient Hydrogen Production by Direct Electrolysis of Waste Biomass at Intermediate Temperatures 査読有り

    Hibino Takashi, Kobayashi Kazuyo, Ito Masaya, Ma Ojang, Nagao Masahiro, Fukui Mai, Teranishi Shinya

    ACS SUSTAINABLE CHEMISTRY & ENGINEERING   6 巻 ( 7 ) 頁: 9360 - 9368   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Sustainable Chemistry and Engineering  

    DOI: 10.1021/acssuschemeng.8b01701

    Web of Science

    Scopus

  9. Hydrogen Production by Direct Lignin Electrolysis at Intermediate Temperatures 査読有り

    Hibino Takashi, Kobayashi Kazuyo, Nagao Masahiro, Teranishi Shinya

    CHEMELECTROCHEM   4 巻 ( 12 ) 頁: 3032 - 3036   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ChemElectroChem  

    DOI: 10.1002/celc.201700917

    Web of Science

    Scopus

  10. High Performance Anode for Direct Cellulosic Biomass Fuel Cells Operating at Intermediate Temperatures 査読有り

    Hibino Takashi, Kobayashi Kazuyo, Lv Peiling, Nagao Masahiro, Teranishi Shinya

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   90 巻 ( 9 ) 頁: 1017 - 1026   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Bulletin of the Chemical Society of Japan  

    DOI: 10.1246/bcsj.20170163

    Web of Science

    Scopus

  11. Grammatical evolution using two-dimensional gene for symbolic regression: an advanced improvement with conditional statement grammar 査読有り

    Hideyuki Sugiura, Masahiro Nagao, Yi Zuo, Eisuke Kita

    International Journal of Computational Intelligence Studies   5 巻 ( 3-4 ) 頁: 237-251   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1504/IJCISTUDIES.2016.10004364

  12. Balancing setup workers' load of flexible job shop scheduling using hybrid genetic algorithm with tabu search strategy 査読有り

    Yasuhiko Morinaga, Masahiro Nagao, Mitsuru Sano

    International Journal of Decision Support Systems   2 巻 ( 1-3 ) 頁: 71-90   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1504/IJDSS.2016.10000521

  13. NOx Sensing Characteristics of Semiconductor Gas Sensors under Controlled Oxygen Activity Conditions Using a Proton-Conducting Electrolyte

    Nagao Masahiro, Kobayashi Kazuyo, Lv Peiling, Teranishi Shinya, Hibino Takashi

    JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY   164 巻 ( 9 ) 頁: B397 - B402   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the Electrochemical Society  

    DOI: 10.1149/2.0361709jes

    Web of Science

    Scopus

  14. An Intermediate-Temperature Biomass Fuel Cell UsingWood Sawdust and Pulp Directly as Fuel 査読有り

    Hibino Takashi, Kobayashi Kazuyo, Lv Peiling, Nagao Masahiro, Teranishi Shinya, Mori Toshiyuki

    JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY   164 巻 ( 6 ) 頁: F557 - F563   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the Electrochemical Society  

    DOI: 10.1149/2.0511706jes

    Web of Science

    Scopus

  15. Grammatical Evolution Using Tree Representation Learning

    Maruta Shunya, Zuo Yi, Nagao Masahiro, Sugiura Hideyuki, Kita Eisuke

    NEURAL INFORMATION PROCESSING (ICONIP 2017), PT IV   10637 巻   頁: 346 - 355   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)  

    DOI: 10.1007/978-3-319-70093-9_36

    Web of Science

    Scopus

  16. A self-regenerable soot sensor with a proton-conductive thin electrolyte and a nanostructured platinum sensing electrode 査読有り

    Lv Peiling, Ito Takenori, Oogushi Akihide, Nakashima Kensaku, Nagao Masahiro, Hibino Takashi

    SCIENTIFIC REPORTS   6 巻   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/srep37463

    Web of Science

    Scopus

  17. Kinetically driven switching and memory phenomena at the interface between a proton-conductive electrolyte and a titanium electrode 査読有り

    Hibino Takashi, Kobayashi Kazuyo, Nagao Masahiro

    SCIENTIFIC REPORTS   6 巻   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/srep31691

    Web of Science

    Scopus

  18. A Rechargeable Tin-Air PEM Battery Using SnSO4 as an Anode-active Material 査読有り

    Kobayashi Kazuyo, Nagao Masahiro, Hibino Takashi

    CHEMISTRY LETTERS   45 巻 ( 2 ) 頁: 161 - 163   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemistry Letters  

    DOI: 10.1246/cl.151015

    Web of Science

    Scopus

  19. Rechargeable Metal-Air Proton-Exchange Membrane Batteries for Renewable Energy Storage 査読有り

    Nagao Masahiro, Kobayashi Kazuyo, Yamamoto Yuta, Yamaguchi Togo, Oogushi Akihide, Hibino Takashi

    CHEMELECTROCHEM   3 巻 ( 2 ) 頁: 247 - 255   2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ChemElectroChem  

    DOI: 10.1002/celc.201500473

    Web of Science

    Scopus

  20. A self-regenerable soot sensor with a proton-conductive thin electrolyte and a nanostructured platinum sensing electrode 査読有り

    Peiling Lv, Takenori Ito, Akihide Oogushi, Kensaku Nakashima, Masahiro Nagao, Takashi Hibino

    Scientific Reports   6 巻   頁: 37463   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Rechargeable metal-air proton -exchange membrane batteries for renewable energy storage 査読有り

    Masahiro Nagao, Kazuyo Kobayashi, Yuta Yamamoto, Togo Yamaguchi, Akihide Oogushi, Takashi Hibino

    ChemElectroChem   3 巻   頁: 247-255   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Kinetically driven switching and memory phenomena at the interface between a proton-conductive electrolyte and a titanium electrode 査読有り

    Takashi Hibino, Kazuyo Kobayashi, Masahiro Nagao

    Scientific Reports   6 巻   頁: 31691   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. A Sensitive and Self-Regenerable Particulate Matter Sensor with a H3PO4-Modified BaZr0.8Y0.2O3-delta Electrolyte and an IrO2-Catalyzed Sensing Electrode 査読有り

    Lv Peiling, Oogushi Akihide, Nakashima Kensaku, Kobayashi Kazuyo, Nagao Masahiro, Hibino Takashi

    JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY   163 巻 ( 14 ) 頁: B761 - B767   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the Electrochemical Society  

    DOI: 10.1149/2.1281614jes

    Web of Science

    Scopus

  24. Design of a Rechargeable Fuel-Cell Battery with Enhanced Performance and Cyclability 査読有り

    Hibino Takashi, Kobayashi Kazuyo, Nagao Masahiro, Yamamoto Yuta

    JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY   163 巻 ( 7 ) 頁: A1420 - A1428   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the Electrochemical Society  

    DOI: 10.1149/2.1341607jes

    Web of Science

    Scopus

  25. Diversity oriented multi-objective island based genetic algorithm for flexible job shop scheduling considering setup operator regulation 査読有り

    Masahiro Nagao, Takuya Sugimoto, Yasuhiko Morinaga, and Mitsuru Sano

    Journal of Human Environmental Studies   12 巻 ( 1 ) 頁: 1-12   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. A Direct Urine Fuel Cell Operated at Intermediate Temperatures 査読有り

    Nagao Masahiro, Kobayashi Kazuyo, Hibino Takashi

    CHEMISTRY LETTERS   44 巻 ( 3 ) 頁: 363 - 365   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemistry Letters  

    DOI: 10.1246/cl.141067

    Web of Science

    Scopus

  27. High-temperature supercapacitor with a proton-conducting metal pyrophosphate electrolyte 査読有り

    Hibino Takashi, Kobayashi Kazuyo, Nagao Masahiro, Kawasaki Shinji

    SCIENTIFIC REPORTS   5 巻   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/srep07903

    Web of Science

    Scopus

  28. 段取り作業者を考慮した生産スケジューリングへの多様性指向型多目的GAの適用 査読有り

    長尾 征洋, 杉本 拓弥, 森永 泰彦, 佐野 充

    人間環境学研究   13 巻 ( 1 ) 頁: 1-12   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    製品生産現場における生産スケジュールの定式化として、フレキシブルジョブスケジューリング問題が研究の対象とされている。各ジョブショップにリソースとして製品(群)・機械・オペレータが割り当てられる研究例は多いが、段取り作業および段取り従事者に注目した研究は見られない。多品種少量生産の現場では、段取り作業者資源の効率的な配分が生産性の向上につながる。一方、人的な資源であるために、従事者の満足度は軽視できない。本研究では、段取り作業者を取り入れたフレキシブルジョブショップ問題を取り上げ、多様性指向型多目的遺伝的アルゴリズムによる解法を提案する。納期遅れ指数と段取り作業者の負荷指数を評価関数とすることで、顧客と作業従事者の視点に立った最適化が可能になった。提案手法により短時間で生産スケジュールを作成することができ、実生産データを用いた場合においても、適用可能なスケジュールを導出することができた。

    DOI: 10.4189/shes.13.1

    CiNii Article

  29. Rechargeable PEM Fuel-Cell Batteries Using Porous Carbon Modified with Carbonyl Groups as Anode Materials 査読有り 国際共著

    Kobayashi Kazuyo, Nagao Masahiro, Yamamoto Yuta, Heo Pilwon, Hibino Takashi

    JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY   162 巻 ( 8 ) 頁: F868 - F877   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the Electrochemical Society  

    DOI: 10.1149/2.0581508jes

    Web of Science

    Scopus

  30. Rechargeable PEM Fuel-Cell Batteries Using Quinones as Hydrogen Carriers 査読有り

    Nagao Masahiro, Kobayashi Kazuyo, Yamamoto Yuta, Hibino Takashi

    JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY   162 巻 ( 4 ) 頁: F410 - F418   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the Electrochemical Society  

    DOI: 10.1149/2.0611504jes

    Web of Science

    Scopus

  31. Low-temperature Sintering of Yttria-stabilized Zirconia Using Bismuth-Vanadium Oxide as a Sintering Aid at 800 degrees C 査読有り

    Nagao Masahiro, Kobayashi Kazuyo, Hibino Takashi

    CHEMISTRY LETTERS   43 巻 ( 12 ) 頁: 1887 - 1889   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemistry Letters  

    DOI: 10.1246/cl.140712

    Web of Science

    Scopus

  32. Solo pool-punishers defeat free-riders through individual learning in compulsory public goods games

    Mitsuru Sano, Kenta Nagasawa, and Masahiro Nagao

    Social for Human Environmental Studies   12 巻 ( 2 ) 頁: 181-189   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Proton-conducting tin phosphates for electrochemical applications operating at intermediate temperatures 招待有り

    Masahiro Nagao

    Journal of Material Sciences & Engineering   3 巻 ( 3 ) 頁: 64   2014年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI: 10.4172/2169-0022.s1.013

  34. 重み付け納期遅れの最小化と段取り者の負荷平準化を考慮したフレキシブルジョブショップスケジューリング

    森永 泰彦, 長尾 征洋, 佐野 充

    情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学   2014 巻 ( 24 ) 頁: 1-7   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本論では,多品種の製品の受注生産している中小企業におけるフレキシブルジョブショップスケジューリング問題 (FJSP) の最適化について述べる.問題の目的関数には重み付けした納期遅れと段取り者の負荷の平準化を組み入れ,最適化手法としては島モデルを組み入れた Genetic Algorithm(GA) を開発し,実在する受注生産型の中小企業の生産データを用いて研究を行った.開発した GA の解と納期のみを優先させる EDD(Earliest due date) などのスケジュールによって得た値とを比較し,本手法の有効性を確認した.また,この手法を用いて実在する企業に発生すると考えられるリスク (段取り者の離脱や顧客からの過度な納期短縮要求) とその対策のための投資に関する数値実験を行い,リスクの影響と対策の効果を定量的に評価できることを確認した.本手法は他の目的関数も織り込むことが可能であるので様々な形態の製品やサービスの受注型中小企業の客観的経営判断に寄与できると考えられる.

    CiNii Article

  35. Optimization of flexible job-shop scheduling with weighted tardiness and setup-worker load balance in make-to-order manufacturing

    Morinaga Y.

    2014 Joint 7th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems, SCIS 2014 and 15th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, ISIS 2014     頁: 87 - 94   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   出版者・発行元:2014 Joint 7th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems, SCIS 2014 and 15th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, ISIS 2014  

    DOI: 10.1109/SCIS-ISIS.2014.7044681

    Scopus

  36. An all-solid-state rechargeable aluminum-air battery with a hydroxide ion-conducting Sb(V)-doped SnP2O7 electrolyte 査読有り

    Hibino Takashi, Kobayashi Kazuyo, Nagao Masahiro

    JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY A   1 巻 ( 47 ) 頁: 14844 - 14848   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Materials Chemistry A  

    DOI: 10.1039/c3ta12707a

    Web of Science

    Scopus

  37. QOL指標と維持費用に基づく撤退・集結市街地の遺伝的アルゴリズムを用いた選定方法 査読有り

    長尾征洋、青野隆仁、戸川卓哉、加藤博和、佐野充

    土木計画学研究・論文集   29 巻   頁: I_339-I_348   2012年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Alternating-Current Electrolysis for the Production of Phenol from Benzene 査読有り

    Lee Byungik, Naito Hiroto, Nagao Masahiro, Hibino Takashi

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   51 巻 ( 28 ) 頁: 6961 - 6965   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Angewandte Chemie - International Edition  

    DOI: 10.1002/anie.201202159

    Web of Science

    Scopus

  39. Hydroxide Ion Conducting Antimony(V)-Doped Tin Pyrophosphate Electrolyte for Intermediate-Temperature Alkaline Fuel Cells 査読有り

    Hibino Takashi, Shen Yanbai, Nishida Masakazu, Nagao Masahiro

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   51 巻 ( 43 ) 頁: 10786 - 10790   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Angewandte Chemie - International Edition  

    DOI: 10.1002/anie.201205022

    Web of Science

    Scopus

  40. QOL指標を用いた撤退・再集結地区選定への遺伝的アルゴリズムの適用-旧上越市を対象として- 査読有り

    青野隆仁,長尾征洋,戸川卓哉,加藤博和,佐野充

    土木計画学研究・講演集   43 巻   頁: 284   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  41. Compact bipolar plate-free direct methanol fuel cell stacks 査読有り

    Dong Xue, Takahashi Motohiro, Nagao Masahiro, Hibino Takashi

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   47 巻 ( 18 ) 頁: 5292 - 5294   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemical Communications  

    DOI: 10.1039/c1cc10493d

    Web of Science

    Scopus

  42. 遺伝的アルゴリズムによる医療施設のエネルギーマネジメントの最適化

    長尾 征洋, 竹内 佑介, 佐野 充

    エネルギー・資源学会論文誌   32 巻 ( 5 ) 頁: 24-32   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The present study evaluated the optimized operation management of a cold air power system at a large-scale medical facilityduring the summer, when the air-conditioning cold load reaches the annual maximum. The evaluation was conducted withrespect to energy costs, CO<sub>2</sub> emissions and robustness of the energy-supply system. Since there are a large number ofpossible solutions as to which machines and which refrigeration levels should be operated, a genetic algorithm (GA) wasused to obtain approximate, applicable solutions stochastically, to determine a daily plan of operation for the refrigerationsystem in a timely manner. According to the operation management plan obtained from the GA, over 10% of the energy costsand the CO<sub>2</sub> emissions can be reduced by improved operation. The stability of the cold air power system when a large-sizedphotovoltaic system is installed or when one of the refrigeration units breaks down can also be evaluated by using the GA. Ina medical faculty we taken up, the estimated reduction in CO<sub>2</sub> by adopting the photovoltaic system was calculated to be about16% compared to the current operation management plan. And also the stability of present energy-supply system wasvalidated except for when the vapor-absorption-type refrigerator was down.

    DOI: 10.24778/jjser.32.5_24

    CiNii Article

  43. Separator-free fuel cell stacks operating in a mixture of hydrogen and air 査読有り

    Nagao Masahiro, Takahashi Motohiro, Hibino Takashi

    ENERGY & ENVIRONMENTAL SCIENCE   3 巻 ( 12 ) 頁: 1934 - 1940   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Energy and Environmental Science  

    DOI: 10.1039/c0ee00288g

    Web of Science

    Scopus

  44. MFCAの経年解析の課題と月次簡易MFCAの提案

    佐野充,長尾征洋,杉本拓弥,江端祐也

    第15回商品開発・管理学会創立10周年記念全国大会講演・論文集     頁: 130-135   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  45. Electrochemical Property of Mg-doped LiMnPO4/C for Li-ion Battery

    Masahiro Nagao, Hiroki Ohmae, Miho Fujita, and Mitsuru Sano

    Meeting Abstract-Electrochemical Society   901 巻   頁: 164   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  46. *システムダイナミクスによる名古屋市下水道モデルの構築と環境改善対策シミュレーション

    長尾征洋、渡会育也、佐野充、栗本英和

    システムダイナミックス学会日本支部予稿集     頁: 17-20   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    今後世界的な問題となることが危惧されている水環境問題の解決策として、下水の適正処理が行われる条件をシステムダイナミクスの手法を用いて導出した。本モデルで越流の予測とその程度の評価を行うことができた。

  47. A Single-Chamber SOFC Stack: Energy Recovery from Engine Exhaust 査読有り

    Nagao M., Yano M., Okamoto K., Tomita A., Uchiyama Y., Uchiyama N., Hibino T.

    FUEL CELLS   8 巻 ( 5 ) 頁: 322 - 329   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Fuel Cells  

    DOI: 10.1002/fuce.200800017

    Web of Science

    Scopus

  48. De-NOx reactor and NOx sensor using In3+-doped SnP2O7 with PtRhBa/C electrode 査読有り

    Nagao Masahiro, Yoshii Takeshi, Namekata Yousuke, Teranishi Shinya, Sano Mitsuru, Tomita Atsuko, Hibino Takashi

    SOLID STATE IONICS   179 巻 ( 27-32 ) 頁: 1655 - 1661   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Solid State Ionics  

    DOI: 10.1016/j.ssi.2008.03.033

    Web of Science

    Scopus

  49. Pt-free intermediate-temperature fuel cells 査読有り

    Heo Pilwon, Shibata Hidetaka, Nagao Masahiro, Hibino Takashi

    SOLID STATE IONICS   179 巻 ( 27-32 ) 頁: 1446 - 1449   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Solid State Ionics  

    DOI: 10.1016/j.ssi.2007.12.090

    Web of Science

    Scopus

  50. Direct dimethyl ether fuel cells at intermediate temperatures 査読有り

    Heo Pilwon, Nagao Masahiro, Sano Mitsuru, Hibino Takashi

    JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY   155 巻 ( 1 ) 頁: B92 - B95   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the Electrochemical Society  

    DOI: 10.1149/1.2803509

    Web of Science

    Scopus

  51. Proton conduction in Sn(0.95)Al(0.05)P(2)O(7)-PBI-PTFE composite membrane 査読有り

    Heo Pilwon, Kajiyama Norikazu, Kobayashi Kazuyo, Nagao Masahiro, Sano Mitsuru, Hibino Takashi

    ELECTROCHEMICAL AND SOLID STATE LETTERS   11 巻 ( 6 ) 頁: B91 - B95   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Electrochemical and Solid-State Letters  

    DOI: 10.1149/1.2897758

    Web of Science

    Scopus

  52. *エンジン排ガスを利用した単室形燃料電池の開発 査読有り

      11 巻 ( 3 ) 頁: B29-B33   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    単室形燃料電池は燃料と酸素の混合ガス中で発電が可能である。そのため、エンジン排ガス中に含有する未燃焼燃料を用いての発電が可能である。さらに構造的にスタック化も有利であり、実際にエンジン直下に取り付けたところ、スタック枚数に応じて出力を得ることができた。

  53. Proton conduction in In<sup>3+</sup>-doped SnP<inf>2</inf>O<inf>7</inf> with various P/(Sn+In) ratios

    Nagao M.

    ECS Transactions   2 巻 ( 10 ) 頁: 43 - 49   2007年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ECS Transactions  

    DOI: 10.1149/1.2408942

    Scopus

  54. Selective catalytic reduction of NOx by H-2 using proton conductors as catalyst supports 査読有り

    Tomita Atsuko, Yoshii Takeshi, Teranishi Shinya, Nagao Masahiro, Hibino Takashi

    JOURNAL OF CATALYSIS   247 巻 ( 2 ) 頁: 137 - 144   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Catalysis  

    DOI: 10.1016/j.jcat.2007.02.001

    Web of Science

    Scopus

  55. Proton Conduction in In3+-doped SnP2O7 with Various P/(Sn+In) Ratios 査読有り

    Masahiro Nagao, Toshio Kamiya, Pilwon Heo, Takashi Hibino, Mitsuru Sano, Atsuko Tomita

    ECS Transaction   2 巻 ( 10 ) 頁: 43   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    A proton conducting, 10 mol% In3+-doped SnP2O7 was characterized by TGA, TEM measurement, and electrochemical techniques. We prepared Sn0.9In0.1P2{plus minus}xO7{plus minus}x samples with various P/(Sn+In) molar ratios from 1.7 to 2.6. Sn0.9In0.1P2O7 with a stoichiometric P/(Sn+In) molar ratio of 2.0 showed a proton conductivity of about 0.19 S cm-1 at 250oC under unhumidified conditions. When the P/(Sn+In) molar ratios were over 2.0, amorphous layer composed of phosphorus compounds were observed over the surface of Sn0.9In0.1P2O7 particles. The proton conductivity slightly increased with increasing the P/(Sn+In) molar ratios from 2.0 to 2.6. It is considered that the amorphous layer enhanced the proton conductivity by surface conduction. On the other hand, the thermal stability of this amorphous layer during heating-cooling cycle was not enough high to apply to electrochemical devises. It is important to prepare Sn0.9In0.1P2O7 with the P/(Sn+In) molar ratio of 2.0 to achieve both sufficient proton conductivity and high thermal stability.

  56. A high-performance Mo2C-ZrO2 anode catalyst for intermediate-temperature fuel cells

    Heo Pilwon, Nagao Masahiro, Sano Mitsuru, Hibino Takashi

    JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY   154 巻 ( 1 ) 頁: B53 - B56   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the Electrochemical Society  

    DOI: 10.1149/1.2382268

    Web of Science

    Scopus

  57. Intermediate-temperature proton conduction in Al3+-doped SnP2O7 査読有り

    Tomita Atsuko, Kajiyama Norikazu, Kamiya Toshio, Nagao Masahiro, Hibino Takashi

    JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY   154 巻 ( 12 ) 頁: B1265 - B1269   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the Electrochemical Society  

    DOI: 10.1149/1.2789296

    Web of Science

    Scopus

  58. Room-temperature hydrogen sensors based on an In3+-doped SnP2O7 proton conductor 査読有り

    Tomita Atsuko, Namekata Yousuke, Nagao Masahiro, Hibino Takashi

    JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY   154 巻 ( 5 ) 頁: J172 - J176   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the Electrochemical Society  

    DOI: 10.1149/1.2713702

    Web of Science

    Scopus

  59. Sn0.9In0.1P2O7-based organic/inorganic composite membranes application to intermediate-temperature fuel cells 査読有り

    Heo Pilwon, Nagao Masahiro, Kamiya Toshio, Sano Mitsuru, Tomita Atsuko, Hibino Takashi

    JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY   154 巻 ( 1 ) 頁: B63 - B67   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the Electrochemical Society  

    DOI: 10.1149/1.2388737

    Web of Science

    Scopus

  60. Single-chamber SOFCs using dimethyl ether and ethanol 査読有り

    Yano Masaya, Kawai Takanori, Okamoto Kohsuke, Nagao Masahiro, Sano Mitsuru, Tomita Atsuko, Hibino Takashi

    JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY   154 巻 ( 8 ) 頁: B865 - B870   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the Electrochemical Society  

    DOI: 10.1149/1.2747326

    Web of Science

    Scopus

  61. A proton-conducting In3+-doped SnP2O7 electrolyte for intermediate-temperature fuel cells 査読有り

    Nagao M, Takeuchi A, Heo P, Hibino T, Sano M, Tomitab A

    ELECTROCHEMICAL AND SOLID STATE LETTERS   9 巻 ( 3 ) 頁: A105 - A109   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1149/1.2159298

    Web of Science

  62. Proton conduction in In3+-doped SnP2O7 at intermediate temperatures 査読有り

    Nagao Masahiro, Kamiya Toshio, Heo Pilwon, Tomita Atsuko, Hibino Takashi, Sano Mitsuru

    JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY   153 巻 ( 8 ) 頁: A1604 - A1609   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1149/1.2210669

    Web of Science

  63. Performance of an intermediate-temperature fuel cell using a proton-conducting Sn0.9In0.1P2O7 electrolyte 査読有り

    Heo P, Shibata H, Nagao M, Hibino T, Sano M

    JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY   153 巻 ( 5 ) 頁: A897 - A901   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1149/1.2183927

    Web of Science

  64. Intermediate-temperature NOx sensor based on an In3+-doped SnP2O7 proton conductor 査読有り

    Nagao M, Namekata Y, Hibino T, Sano M, Tomita A

    ELECTROCHEMICAL AND SOLID STATE LETTERS   9 巻 ( 6 ) 頁: H48 - H51   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1149/1.2193073

    Web of Science

  65. Electrochemical reduction of NOx at intermediate temperatures using a proton-conducting In3+-doped SnP2O7 electrolyte 査読有り

    Nagao M, Yoshii T, Hibino T, Sano M, Tomita A

    ELECTROCHEMICAL AND SOLID STATE LETTERS   9 巻 ( 2 ) 頁: J1 - J4   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1149/1.2149213

    Web of Science

  66. Comparative performance of anode-supported SOFCs using a thin Ce0.9Gd0.1O1.95 electrolyte with an incorporated BaCe0.8Y0.2O3-alpha layer in hydrogen and methane 査読有り

    Tomita A, Teranishi S, Nagao M, Hibino T, Sano M

    JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY   153 巻 ( 6 ) 頁: A956 - A960   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1149/1.2186184

    Web of Science

  67. 「総説」MP2O7系固体電解質のプロトン導電性とその応用

    長尾征洋, 冨田衷子, 日比野高士, 佐野充

    電気化学および工業物理化学   73 巻   頁: 846-850   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    200度程度で作動するプロトン導電体に関する報告を中心に、世界の開発動向をまとめた総説である。

  68. Single-Chamber SOFCs with a Ce0.9Gd0.1O1.95 Electrolyte Film for Low-Temperature Operation 査読有り

    Atsuko Tomita, Daisuke Hirabayashi, Takashi Hibino, Masahiro Nagao, Mitsuru Sano

    Electrochemical and Solid-State Letters   8 巻 ( 1 ) 頁: A63-A65   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Single-chamber solid oxide fuel cells (SOFCs) with an anode-supported Ce0.9Gd0.1O1.95 electrolyte were operated in a mixture of butane and air at furnace temperatures of 200-300°C. The electromotive force (emf) of the cell and the voltage drop were strongly influenced by the catalytic activity of the anode for the partial oxidation of butane. The promotion of hydrogen formation by the addition of Ru to the anode caused an increase in the emf and a reduction in the voltage drop. As a result, stable power densities of 44 and 176 mW cm–2 were obtained at 200 and 300°C, respectively.

  69. Design of a Reduction-Resistant Ce0.8Sm0.2O1.9 Electrolyte Through Growth of a Thin BaCe1–xSmxO3– Layer over Electrolyte Surface 査読有り

    Daisuke Hirabayashi, Atsuko Tomita, Takashi Hibino, Masahiro Nagao, Mitsuru Sano

    Electrochemical and Solid-State Letters   7 巻 ( 10 ) 頁: A318-A320   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A method that can block off electronic current through a samaria-doped ceria (SDC, Ce0.8Sm0.2O1.9) electrolyte is proposed. A thin BaCeO3-based layer 12 &micro;m thick was grown by a solid-state reaction of the electrolyte substrate and a BaO film deposited previously over the substrate surface at 1500°C. A homogeneous junction between the layer and the electrolyte was formed, thus allowing no delamination and cracking of the layer. Tolerance of this layer to CO2 was high enough to suppress decomposition into BaCO3 and CeO2. Open-circuit voltages of a hydrogen-air fuel cell with the coated SDC electrolyte were near 1 V or more in the range of 600-950°C. The resulting peak power density was higher than that of a fuel cell with an uncoated SDC electrolyte.

  70. Solid oxide fuel cells operating without using an anode material 査読有り

    Daisuke Hirabayashi, Atsuko Tomita, Munuel E. Brito, Takashi Hibino, Ushio Harada, Masahiro Nagao, Mitsuru Sano

    Solid State Ionics   168 巻 ( 1 ) 頁: 23-29   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We proposed a new type of solid oxide fuel cell (SOFC) operating without using an anode material, where the anode was spontaneously formed by reduction of the electrolyte surface under reducing gas conditions. A BaCe0.76Y0.20Pr0.04O3−α electrolyte most successfully met this criterion. This material showed high mixed protonic–electronic conduction, whereas the open circuit voltage (OCV) of the cell was slightly lower than the theoretical value. The resulting SOFC exhibited reasonable fuel cell performances together with a good stability to thermal and redox cyclings and high resistance to carbon deposition up to 800 °C for dry methane, ethane, and propane.

    Author Keywords: Solid oxide fuel cells; BaCe0.76Y0.20Pr0.04O3−α; Anode material

  71. SOFC-type microreactors that generate hydrogen for PEFC applications 査読有り

    Atsuko Tomita, Daisuke Hirabayashi, Masahiro Nagao, Mitsuru Sano, Takashi Hibino

    Solid State Ionics   174 巻   頁: 9-13   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. *ナノイオニクス―最新技術とその展望―

    山口周、長尾征洋、日比野高士、佐野充( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2008年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    近年,ナノイオニクス(nanoionics)と呼ばれる現象が固体イオニクスの分野で静かに,そして確実に浸透・発展してきている。このナノイオニクス現象は,「ナノスケールにおけるイオン移動の関与する界面・表面現象」と定義するのが一般的である。これまでは,限定的に「ヘテロ界面における異常に高いイオン移動現象」を指す場合が大半を占めていたが,これはナノイオニクス現象に関する研究の中心が,Liang効果と呼ばれる固体内イオン移動に関する特異なヘテロ界面効果を主な対象としていたためと考えられる。我々はより広義の概念である,「ヘテロ界面において形成されたナノスケールでおこる空間電荷層による間接的効果として生じる(イオンの動的/静的変調によって現われる)物理化学現象」と定義して,ヘテロ界面付近に生じると考えられるイオン欠陥や電子欠陥の濃度変調を積極的に利用した新しい界面機能の設計の実現を目指している。

講演・口頭発表等 7

  1. Biomass and Plastic Wastes as Fuels for Electrolysis and Fuel Cells 招待有り 国際会議

    Masahiro Nagao

    Japan International Conference on Recycling and Waste Management 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Webinar   国名:日本国  

  2. Direct Biomass Fuel Cell Using Wood Sawdust And Pulp As Fuels At Intermediate Temperature 招待有り 国際会議

    Masahiro Nagao, Takashi Hibino, Kazuyo Kobayashi, Peiling Lv, Shinya Teranishi, Toshiyuki Mori

    IUMRS-ICA 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月 - 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Kyoto, Japan   国名:日本国  

  3. Energy and Environmental Devices Using Doped Tin Phosphates as a Solid State Electrolyte 招待有り 国際会議

    Masahiro Nagao

    International Conference on Small Science 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Thailand   国名:タイ王国  

  4. 水酸化物イオン導電体Sn0.92Sb0.08P2O7を電解質に使用したアルミニウム・空気二次電池の開発 国際会議

    日比野高士,小林和代,長尾征洋

    第54回電池討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  5. 受注生産における段取り者の負荷を考慮した生産スケジューリング

    森永泰彦,杉本拓弥,長尾征洋,佐野充

    スケジューリング・シンポジウム2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:南山大学   国名:日本国  

  6. システムダイナミクスによる名古屋市下水道モデルの構築と環境改善対策シミュレーション

    長尾征洋*、渡会育也*、青野隆仁*、佐野充*、栗本英和*

    JSDカンファレンス2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. プロセス工学における研究の多様性と方向性の基礎調査

    ○中野 梓・栗本 英和・長尾 征洋

    化学工学会 第73年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

科研費 2

  1. 浮遊粒子状物質のリアルタイムモニタリングが可能なバイファンクショナルPMセンサ

    研究課題/研究課題番号:17K14834  2017年4月 - 2020年3月

    長尾 征洋

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究課題では、大気汚染物質への関心の高まりを受けて、ディーゼル排ガス中の粒子状物質(PM)濃度の測定技術や浄化技術の確立をめざし、これを可能にする二機能性センサを開発するための基礎研究を行った。排気ガス中に含まれる水蒸気を電気分解する際に発生する活性酸素を用いてPMに含まれる炭素成分を燃焼させた。これにより、センサに流れる電流を検知することで、PMの濃度を推定するコンセプトを実証した。また、電流により炭素成分が燃焼することを明らかにした。さらに、触媒活性を高めることにより、より高感度な電極触媒の開発にも成功した。
    本研究課題で開発を進めたPMセンサ素子は、PMの濃度と自己浄化機能を併せ持つセンサである。このセンサの動作原理は、排気ガスに含まれる水蒸気の電気分解により生成した活性酸素を用いて炭素成分を燃焼させるという新しいコンセプトに基づいている。検知と自己浄化の二機能を併せ持つため、センサ素子の構造をシンプル・コンパクトにできるだけでなく、リアルタイム性にも優れたセンサの開発に寄与すると考えられる。これにより、ディーゼル排気ガスに含まれるPMを適切に管理し、大気汚染物質の排出抑制につながると期待できる。

  2. 水酸化物イオン導電現象を利用したNOx両極還元反応の解明

    研究課題/研究課題番号:25870308  2013年4月 - 2016年3月

    長尾 征洋

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    近年の環境問題への関心の高まりを背景に、ディーゼルエンジンなどから大気中に放出される窒素酸化物のモニタリングや浄化技術が注目を集めている。本研究では、窒素酸化物の無害化につながる電気分解現象に着目し、イオン導電体を用いて窒素酸化物を電気化学的に還元することを試みた。その結果、水の電気分解により生じた活性種が、窒素酸化物を窒素に無害化することが分かった。また、電解反応は両極で起こり、直流だけでなく、交流も利用できることが分かった。このことは、窒素酸化物を無害化するデバイスの構築の際に、両極の利用の可能性を示しており、デバイス構成部材の簡素化や小型化につながると期待できる。

 

担当経験のある科目 (本学) 27

  1. 化学実験

    2020

  2. 物質環境システム論

    2020

  3. 都市環境総合プロジェクト

    2020

  4. 計算情報学11

    2020

  5. 問題解決・課題解決の科学2

    2020

  6. 化学実験

    2018

  7. 環境フィールドセミナー1

    2018

  8. 環境物質学実験1

    2018

  9. 環境物質学2

    2018

  10. 環境物質学2

    2017

     詳細を見る

    無機化学基礎

  11. 環境フィールドセミナー1

    2017

     詳細を見る

    環境・エネルギー関連施設を訪問

  12. 環境物質学実験1

    2017

     詳細を見る

    実験

  13. 化学実験

    2017

  14. 物質環境システム論

    2017

  15. 化学実験

    2016

     詳細を見る

    化学実験

  16. 環境物質学2

    2016

     詳細を見る

    基礎無機化学

  17. 環境物質学実験1

    2016

  18. 環境フィールドセミナー1

    2016

  19. 物質環境システム論

    2016

  20. 環境フィールドセミナー1

    2015

  21. 環境物質学実験1

    2015

  22. 環境フィールドセミナー1

    2014

  23. 環境物質学実験1

    2014

  24. 環境物質学実験1

    2013

  25. 環境物質学実験1

    2012

  26. 環境物質学実験1

    2011

  27. 環境物質学実験1

    2010

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 社会と情報B

    2020年9月 - 2021年3月 大同大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

 

社会貢献活動 1

  1. クラウドファンディング「ゴミがエネルギーに!地域社会で取り組むゴミゼロ×創エネ活動」

    役割:企画, 調査担当

    READYFOR株式会社 

メディア報道 1

  1. 可燃ごみを電池のエネルギーに/実用化目指して開発進む/名古屋大学 新聞・雑誌

    日報ビジネス株式会社  週刊循環経済新聞  2020年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外