2021/03/30 更新

写真a

イワマツ シヨウイチ
岩松 将一
IWAMATSU Sho-ichi
所属
名古屋大学 大学院環境学研究科 都市環境学専攻 都市持続発展論 准教授
職名
准教授

学位 3

  1. 工学博士 ( 2000年3月   九州大学 ) 

  2. 工学修士 ( 1996年3月   九州大学 ) 

  3. 工学学士 ( 1994年3月   九州大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 都市の持続,資源利用,物質変換,グリーンケミストリー,有機合成化学,ナノカーボン (フラーレン)

研究分野 4

  1. 環境・農学 / 環境材料、リサイクル技術  / 有機合成化学

  2. 環境・農学 / 循環型社会システム  / 有機合成化学

  3. ナノテク・材料 / 有機合成化学  / 複素環化学

  4. ナノテク・材料 / 有機合成化学  / フラーレン化学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 持続可能な都市社会のための資源利用,物質変換技術の開発

  2. 難溶性複素環化合物の効率的合成法の開発

  3. ナノ炭素材料(特にフラーレン)の高度化学変換と機能開拓

経歴 5

  1. 名古屋大学   大学院環境学研究科   准教授

    2007年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   大学院環境学研究科   助教授

    2005年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   大学院環境学研究科   助手

    2002年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 科学技術振興事業団 CREST 博士研究員   名古屋大学   研究員

    2000年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. ダイワ化成株式会社   技術部

    1996年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 九州大学   大学院総合理工学研究科   分子工学専攻

    1997年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    備考: 博士後期課程

  2. 九州大学   大学院総合理工学研究科   分子工学専攻

    1994年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    備考: 博士前期課程

  3. 九州大学   工学部   合成化学科

    1989年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本化学会

  2. アメリカ化学会

  3. 土木学会

委員歴 2

  1. 日本化学会東海支部   常任幹事,庶務幹事  

    2016年4月 - 2018年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    2017年度庶務幹事

  2. 日本化学会東海支部   常任幹事,幹事  

    2009年4月 - 2011年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

 

論文 24

  1. "Kinetics and Solvent-Dependent Thermodynamics of Water Capture by a Fullerene-Based Hydrophobic Nanocavity" 査読有り 国際共著

    Michael Frunzi, Anne M. Baldwin, Nobuyuki Shibata, Sho-ichi Iwamatsu, Ronald G. Lawler, and Nicholas J. Turro

    The Journal of Physical Chemistry A   115 巻 ( 5 ) 頁: 735 - 740   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jp110832m

  2. "Magnetic Interaction of Solution-State Paramagnets with Encapsulated H2O and H2" 査読有り 国際共著

    M. Frunzi, X. Lei, Y. Murata, K. Komatsu, S.-I. Iwamatsu, S. Murata, R. G. Lawler, N. J. Turro*

    Journal of Physical Chemistry Letters   1 巻 ( 9 ) 頁: 1420 - 1422   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jz100336x

  3. "Methane in an Open-Cage [60]Fullerene" 査読有り 国際共著

    Keith E. Whitener, Jr., R. James Cross*, Martin Saunders, Sho-ichi Iwamatsu*, Shizuaki Murata,Naomi Mizorogi and Shigeru Nagase

    Journal of the American Chemical Society   131 巻 ( 18 ) 頁: 6338 - 6339   2009年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    An endohedral methane complex of a fullerene derivative is first synthesized by insertion of a methane molecule through the opening of an open-cage C60 derivative. The trapped methane is confirmed by NMR spectroscopy and mass spectrometry. Both methane carbon and protons show remarkable upfield shifts in NMR, characteristic of a chemical species in a fullerene cage. CH4 protons appear as one equivalent signal in the 1H NMR spectrum, suggesting that even methane can rotate in a C60 cage.

    DOI: 10.1021/ja901383r

  4. "Putting Ammonia into a Chemically Opened Fullerene" 査読有り 国際共著

    Whitener, K. E., Jr.; Frunzi, M.; Iwamatsu, S.-i.; Murata, S.; Cross, R. J.; Saunders, M.

    Journal of the American Chemical Society   130 巻 ( 42 ) 頁: 13996 - 13999   2008年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja805579m

  5. "Carbon Monoxide Inside an Open-Cage Fullerene" 査読有り 国際共著

    Sho-ichi Iwamatsu, Christopher M. Stanisky, R. James Cross, Martin Saunders, Naomi Mizorogi, Shigeru Nagase, Shizuaki Murata.

    Angewandte Chemie International Edition   45 巻   頁: 5337 - 5340   2006年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    An endohedral carbon monoxide complex ofan open-cage derivative of a [60]fullerene is prepared by insertion ofCO through the opening. The incorporation ofCO within the C60 cage is confirmed by mass spectrometry as well
    as 13C NMR and IR spectroscopic studies. The product releases CO under ambient conditions to recover a mixture of the endohedral water complex and the empty cage.

    DOI: 10.1002/anie.200601241

  6. "Open-Cage Fullerenes: Synthesis, Structure, and Molecular Encapsulation (account)" 査読有り

    Sho-ichi Iwamatsu and Shizuaki Murata

    Synlett   ( 14 ) 頁: 2117 - 2129   2005年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The carbon-carbon bond scission of the fullerene cage offers an open-cage fullerene derivative having an opening on the fullerene surface. This account summarizes our recent studies on the syntheses of open-cage C60 derivatives as well as their properties of molecular encapsulation. The photochemical rearrangement of the cyclohexadiene derivative of C60 gives bis(fulleroid), the precursor for the cage scission. The photooxygenative carbon-carbon bond cleavage of bis(fulleroid) affords an open-cage dike-tone derivative having a 12-membered ring. The reaction of the diketone derivative with aromatic hydrazine or hydrazone allows the ring expansion of the orifice by regioselective cage scission to yield a product bearing a 16-membered ring. The orifice in the product is large enough to pass a hydrogen molecule, producing an endohedral hydrogen complex. In the case of the reaction with o-phenylenediamine, two carbon-carbon bonds are sequentially cleaved to afford a product having a 20-membered ring orifice. This product spontaneously encapsulates one water molecule to form an endohedral water complex.

    DOI: 10.1055/s-2005-872238

  7. "Chemical Modification of Carbon Nanotubes with Organic Hydrazines" 査読有り

    Tomokazu Yokoi, Sho-ichi Iwamatsu, Shin-ichi Komai, Tadashi Hattori, and Shizuaki Murata

    Carbon   43 巻 ( 14 ) 頁: 2869 - 2874   2005年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.carbon.2005.06.022

  8. "Open-Cage Fullerene Derivatives Suitable for the Encapsulation of a Hydrogen Molecule" 査読有り

    Sho-ichi Iwamatsu, Shizuaki Murata, Yukihiro Andoh, Masayuki Minoura, Kaoru Kobayashi, Naomi Mizorogi, and Shigeru Nagase

    Journal of Organic Chemistry   70 巻 ( 12 ) 頁: 4820 - 4825   2005年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jo050251w

  9. "Regioselective Carbon-Carbon Bond Cleavage of the Open-Cage Diketone Derivative of [60]Fullerene by the Reaction with Aromatic Hydrazone" 査読有り

    Sho-ichi Iwamatsu, Toshiki Kuwayama, Kaoru Kobayashi, Shigeru Nagase, and Shizuaki Murata

    Synthesis   ( 18 ) 頁: 2962 - 2964   2004年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-2004-834891

  10. "Shock-induced pyrolysis of naphthalene and related polycyclic aromatic hydrocarbons (anthracene, pyrene, and fluoranthene) at pressures of 12-33.7 GPa" 査読有り

    Koichi Mimura, Tetsuji Madono, Seiji Toyama, Kenichiro Sugitani, Ryuichi Sugisaki, Sho-ichi Iwamatsu and Shizuaki Murata

    Journal of Analytical and Applied Pyrolysis   72 巻 ( 2 ) 頁: 273 - 278   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jaap.2004.07.004

  11. "Hydrophilic [60]fullerene carboxylic acid derivatives retaining the original 60 -electronic system" 査読有り

    Periya K. Vijayalakshmi, Inami Koike, Yukihiro Kitamura, Sho-ichi Iwamatsu, and Shizuaki Murata

    Tetrahedron Letters   45 巻 ( 45 ) 頁: 8311 - 8313   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2004.09.072

  12. "H2O@open-cage fullerene C60: control of the encapsulation property and the first mass spectroscopic identification" 査読有り

    Sho-ichi Iwamatsu and Shizuaki Murata

    Tetrahedron Letters   45 巻 ( 34 ) 頁: 6391 - 6394   2004年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2004.07.008

  13. *"A Bowl-Shaped Fullerene Encapsulates a Water into the Cage" 査読有り

    S.-i. Iwamatsu, T. Uozaki, K. Kobayashi, S. Re, S. Nagase and S. Murata

    Journal of the American Chemical Society   126 巻 ( 9 ) 頁: 2668 - 2669   2004年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja038537a

  14. "A Novel Ring Expansion of the Holey Ketolactam Derivative of C60" 査読有り

    S.-i. Iwamatsu, F. Ono, and S. Murata

    Chemistry Letters   32 巻 ( 7 ) 頁: 614 - 615   2003年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.2003.614

  15. "A Novel Migrative Addition Reactions of Hydrazines to the Diketone Derivative of C60" 査読有り

    S.-i. Iwamatsu, F. Ono, and S. Murata

    Chemical Communications   ( 11 ) 頁: 1268 - 1269   2003年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A novel addition reaction of an aromatic hydrazine to the diketone derivative of C60 occurs highly regioselectively with an unusual migration of two hydrogen atoms from the hydrazine to the fullerene and affords a fluorescent product having a methylene carbon along the orifice.

    DOI: 10.1039/B302080K

  16. "Rearrangement of the Cyclohexadiene Derivatives of C60 to Bis(fulleroid) and Bis(methano)fullerene: Structure, Stability and Mechanism" 査読有り

    C. H. Suresh, P. S. Vijayalakshmi, S.-i. Iwamatsu, S. Murata, and N. Koga

    Journal of Organic Chemistry   68 巻 ( 9 ) 頁: 3522 - 3531   2003年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jo0340096

  17. A Novel Photorearrangement of a Cyclohexadiene Derivative of C60 査読有り

      4 巻 ( 7 ) 頁: 1217 - 1220   2002年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ol025678t

  18. Photooxygenative partial ring cleavage of bis(fulleroid): synthesis of a novel fullerene derivative with a 12-membered ring 査読有り

    Hirofumi Inoue, Hiroshi Yamaguchi, Sho-ichi Iwamatsu, Takashi Uozaki, Toshiyasu Suzuki, Takeshi Akasaka, Shigeru Nagase, and Shizuaki Murata

    Tetrahedron Letters   42 巻 ( 5 ) 頁: 895 - 897   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0040-4039(00)02126-2

  19. Copper-catalyzed cyclization of N-allylhalodifluoroacetamides: An efficient synthesis of alpha,alpha-difluorinated gamma-lactams 査読有り

    Hideo Nagashima, Yoshimi Isono, and Sho-ichi Iwamatsu

    Journal of Organic Chemistry   66 巻 ( 1 ) 頁: 315 - 319   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jo001187f

  20. Synthetic studies of cis-3a-aryloctahydroindole derivatives by copper-catalyzed cyclization of N-allyltrichloroacetamides: Facile construction of benzylic quaternary carbons by carbon-carbon bond-forming reactions 査読有り

    Sho-ichi Iwamatsu, Kouki Matsubara, and Hideo Nagashima

    Journal of Organic Chemistry   64 巻 ( 26 ) 頁: 9625 - 9631   1999年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jo9912146

  21. Efficient photooxygenation of olefins by a C-60 derivative bearing an organofluorine tail 査読有り

    Hideo Nagashima, Kouji Hosoda, Tomoaki Abe, Sho-ichi Iwamatsu, and Takaaki Sonoda

    Chemistry Letters   28 巻 ( 6 ) 頁: 469 - 470   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.1999.469

  22. Copper-catalyzed facile carbon-carbon bond forming reactions at the alpha-position of alpha,alpha,gamma-trichlorinated gamma-lactams 査読有り

    Sho-ichi Iwamatsu, Hideo Kondo, Kouki Matsubara, and Hideo Nagashima

    Tetrahedron   55 巻 ( 6 ) 頁: 1687 - 1706   1999年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0040-4020(98)01198-3

  23. 「C60 の高度へテロ官能基化と開口フラーレン構築への展開」

    岩松 将一,村田 静昭

    化学工業   55 巻 ( 2 ) 頁: 124 - 128   2004年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. 「フラーレンに穴をあけて小分子を圧入!」

    岩松 将一

    化学   58 巻 ( 10 ) 頁: 46 - 47   2003年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語  

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. Balancing Nature and Civilization—Alternative Sustainability Perspectives from Philosophy to Practice 国際共著

    林良嗣,森杉雅史,岩松将一( 担当: 編集)

    Springer  2020年2月  ( ISBN:978-3-030-39058-7

     詳細を見る

    総ページ数:120   記述言語:英語 著書種別:学術書

  2. 「持続性学 -自然と文明の未来バランス- (名古屋大学 環境学叢書 2)」 国際共著

    著: 石井 吉徳,ハンス‐ペーター デュール,安田 喜憲,川田 稔,岩坂 泰信,ウェルナー ローテンガッター,中西 久枝,ヤン ドンユェン,リー シッパー,児玉 逸雄,林 良嗣,編: 林 良嗣, 田渕 六郎, 岩松 将一, 森杉 雅史 (名古屋大学大学院環境学研究科)( 担当: 共編者(共編著者))

    明石書店  2010年3月  ( ISBN:978-4750331591

  3. *"Endohedral Fullerenes with Neutral Atoms and Molecule" in Strained Hydrocarbons: Beyond the Van't Hoff and Le Bel Hypothesis (H. Dodziuk Ed., book chapter) 国際共著

    Sho-ichi Iwamatsu( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 5.5 Endohedral Fullerenes with Neutral Atoms and Molecule )

    WILEY-VCH  2009年4月  ( ISBN:978-3527317677

     詳細を見る

    総ページ数:492   担当ページ:282-291   記述言語:英語 著書種別:学術書

    その他リンク: https://www.amazon.co.jp/Strained-Hydrocarbons-Roald-Hoffmann/dp/3527317678/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1480558163&sr=8-1&keywords=Strained+Hydrocarbons

講演・口頭発表等 15

  1. "開口フラーレンの化学変換-開口部メチレン水素のアルキル化反応-"

    第37回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  2. "開口フラーレン-巨大開口部の構築と小分子包接特性-"

    岩松将一

    日本化学会関東支部第1回関東支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  3. "開口フラーレン誘導体の水の包接機構に関する研究"

    柴田信行・岩松将一・溝呂木直美・永瀬茂・C. M. Stanisky・R. J. Cross・M. Saunders・村田静昭

    第31回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム(三重県総合文化センター・津・三重) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  4. "穴のあいたフラーレン-合成、および小分子の内包-"

    岩松将一

    独立行政法人 科学技術振興機構 研究成果活用プラザ東海 第二回ナノカーボン・官能基に関する研究会 (三重大学・津・三重) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  5. "開口フラーレンの構築とその分子包接機能"

    岩松将一・小野史彰・桑山利毅・村田静昭

    第 35 回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 (名古屋大学・名古屋・愛知) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語  

  6. "Fullerene Derivatives Incorporating Water Molecule" 国際会議

    International Conference on Organic Synthesis (ICOS15) (Nagoya, Japan) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  7. "Facile Construction of Novel Bowl-Shaped Fullerene Derivatives by the Regioselective Sequential Cage Scission Reactions of C60" 国際会議

    The Electrochemical Society, Inc. 205 th Meeting (San Antonio, Texas, USA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  8. "Novel Ring Expansion Reactions of the Open-Cage Diketone Derivatives of C60 by the Addition Reactions of Hydrazones" 国際会議

    The Electrochemical Society, Inc. 205 th Meeting (San Antonio, Texas, USA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  9. "界面活性剤水溶液中でのヒドラジン誘導体を用いたカーボンナノチューブの有機官能化反応"

    ○横井 智和・岩松 将一・駒井 慎一・服部 忠・村田 静昭

    日本化学会第 84 回春季年会 (関西学院大学,西宮,兵庫) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  10. "Facile Construction of the Novel Holey Fullerene Derivatives by the Sequential Carbon-Carbon Bond Scissions on C60 Cage"

    International Symposium on Novel Carbon-Rich Organic Materials (NCROM) (Osaka, Jpn) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  11. "位置選択的 C60 骨格切断反応を用いる開口フラーレンの新しい構築法"

    岩松 将一・小野 史彰・桑山 利毅・村田 静昭

    第 34 回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 (信州大学,上田,長野) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. "C60ヘキサジエン誘導体の光熱異性化反応によるビスフレロイド生成過程"

    ○P.S.Vijyalakshimi、北村幸洋、濱島 優徳、岩松将一、村田静昭

    第 22 回フラーレンシンポジウム (岡崎,愛知) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. "エステル置換基を有するビスフレロイド誘導体の官能基変換反応"

    岩松将一、○小池印南、村田静昭

    第 22 回フラーレンシンポジウム (岡崎,愛知) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  14. "ADDITION OF AROMATIC DIAMINES WITH A DIKETONE DERIVATIVE OF BIS(FULLEROID)" 国際会議

    5th Biennial International Workshop Fullerenes and Atomic Clusters, IWFAC'2001 (St. Petersburg, Russia) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  15. "PHOTOCHEMICAL AND THERMAL REARRANGEMENT OF CYCLOHEXADIENE DERIVATIVES OF C60: FORMATION AND CHARACTERIZATION OF NOVEL COMPOUNDS RELATING TO BIS(FULLEROID)" 国際会議

    5th Biennial International Workshop Fullerenes and Atomic Clusters, IWFAC'2001 (St. Petersburg, Russia) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

科研費 3

  1. カーボンナノキャビティを反応場とする物質変換プロセスの開拓

    2011年5月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 精密有機合成によるフラーレンホスト空間の増築

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 開口フラーレン -内包種の拡張・検出・制御-

    2005年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    岩松将一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    新規分子内包開口フラーレン誘導体の合成、及び物性・速度論に関する研究

 

担当経験のある科目 (本学) 71

  1. 化学基礎Ⅰ(医学)

    2020

  2. 環境科学概論

    2020

  3. 環境物質化学動向論

    2020

  4. 都市環境総合プロジェクト

    2020

  5. 都市環境総合プロジェクト

    2019

  6. 物質環境化学動向論

    2019

  7. 環境物質学3

    2019

  8. 環境科学概論

    2019

  9. 化学基礎Ⅰ(医学)

    2019

  10. 国際環境人材育成セミナー2B

    2019

  11. 環境産業システム論

    2019

  12. 物質環境化学動向論

    2018

  13. 情報科教育法1

    2018

  14. 環境フィールドセミナー1

    2018

  15. 環境物質学実験2

    2018

  16. 環境物質学3

    2018

  17. 環境科学概論

    2018

  18. 化学基礎Ⅰ(医学)

    2018

  19. 都市環境総合プロジェクト

    2018

  20. 情報科教育法1

    2017

  21. 物質環境化学動向論

    2017

  22. 環境フィールドセミナー1

    2017

  23. 環境物質学実験2

    2017

  24. 環境物質学3

    2017

  25. 環境科学概論

    2017

  26. 化学基礎Ⅰ(医学)

    2017

  27. 都市環境総合プロジェクト

    2017

  28. 環境物質学実験2

    2016

  29. 環境フィールドセミナー1

    2016

  30. 環境物質学3

    2016

  31. 環境科学概論

    2016

  32. 化学基礎Ⅰ(医学)

    2016

  33. 物質環境化学動向論

    2016

  34. 情報科教育法1

    2016

  35. 都市環境総合プロジェクト

    2015

  36. 環境フィールドセミナー1

    2015

  37. 化学実験(情文・医学)

    2015

  38. 物質環境化学動向論

    2015

  39. 環境物質学実験2

    2015

  40. 環境物質学3

    2015

  41. 環境科学概論

    2015

  42. 化学基礎Ⅰ(情文)

    2015

  43. 物質環境化学動向論

    2014

  44. 環境物質学実験2

    2014

  45. 環境物質学3

    2014

  46. 環境科学概論

    2014

  47. 化学基礎Ⅰ(情文・自然)

    2014

  48. 環境科学概論

    2013

  49. 化学基礎Ⅰ(医学・保健)

    2013

  50. 化学基礎Ⅰ(情文・自然)

    2013

  51. 物質構造解析論

    2013

  52. 環境物質学実験2

    2013

  53. 環境物質学3

    2013

  54. 環境科学概論

    2012

  55. 化学基礎Ⅰ(情文・自然)

    2012

  56. 物質構造解析論

    2012

  57. 環境物質学実験2

    2012

  58. 環境物質学3

    2012

  59. 化学基礎Ⅰ(医学・保健)

    2012

  60. 環境科学概論

    2011

  61. 化学基礎Ⅰ(医・医)

    2011

  62. 物質構造解析論

    2011

  63. 環境物質学実験2

    2011

  64. 環境物質学3

    2011

  65. 化学基礎Ⅰ(医・保)

    2011

  66. 化学基礎Ⅰ(医・保)

    2010

  67. 化学基礎Ⅰ(医・医)

    2010

  68. 環境物質学実験2

    2010

  69. 環境物質学3

    2010

  70. 環境科学概論

    2010

  71. 物質構造解析論

    2010

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 生活用品の化学

    2008年10月 - 現在 岐阜県立看護大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目