2021/04/28 更新

写真a

ヒヤマ テツヤ
檜山 哲哉
HIYAMA, Tetsuya
所属
宇宙地球環境研究所 基盤研究部門 陸域海洋圏生態研究部 教授
職名
教授
外部リンク

学位 1

  1. 博士(理学) ( 1995年3月   筑波大学 ) 

研究キーワード 7

  1. 地球温暖化

  2. 気候変化

  3. 大気-陸域水循環

  4. 炭素循環

  5. 永久凍土

  6. 地下水

  7. 脆弱性

研究分野 3

  1. 自然科学一般 / 大気水圏科学  / 気象・海洋物理・陸水学

  2. 環境・農学 / 環境動態解析  / 環境動態解析

  3. 人文・社会 / 地理学  / 水文学

現在の研究課題とSDGs 7

  1. 北極域における温室効果気体の収支解析

  2. 永久凍土域における地球温暖化が大気-陸域水循環の変動に及ぼす影響

  3. 永久凍土保全に向けた超学際研究

  4. 陸域植生と大気境界層の動態に関する研究

  5. 浅層地下水の脆弱性と持続可能性に関する研究

  6. 陸水貯留量変動と地表面熱収支のグローバルマッピング

  7. 不均一な地表被覆を有する広域陸面上の地表面フラックスに関する研究

▼全件表示

経歴 8

  1. 名古屋大学   宇宙地球環境研究所   教授

    2015年10月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   地球水循環研究センター   教授

    2014年4月 - 2015年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 人間文化研究機構   総合地球環境学研究所   准教授

    2010年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学   地球水循環研究センター   准教授

    2007年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学   地球水循環研究センター   助教授

    2002年1月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学   地球水循環研究センター   助手

    2001年4月 - 2001年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学   大気水圏科学研究所   助手

    1995年12月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 筑波大学   日本学術振興会   研究員

    1995年4月 - 1995年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 筑波大学   地球科学研究科   地理学・水文学

    1990年4月 - 1995年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 筑波大学   第一学群   自然学類

    1986年4月 - 1990年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 7

  1. 一般社団法人 水文・水資源学会   理事

    2018年9月 - 現在

  2. 日本水文科学会   評議員

    2016年4月 - 現在

  3. 公益社団法人 日本地下水学会   代議員

    2013年4月 - 2019年3月

  4. 公益社団法人 日本気象学会

  5. 公益社団法人 日本地球惑星科学連合

  6. 日本農業気象学会

  7. American Geophysical Union (AGU)

▼全件表示

委員歴 12

  1. フューチャー・アース日本委員会   運営委員  

    2021年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  2. International Arctic Science Committee (IASC)   Terrestrial Working Group (TWG) member  

    2020年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 一般社団法人 水文・水資源学会   理事  

    2018年9月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. 日本水文科学会   評議員  

    2016年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 文部科学省・日本ユネスコ国内委員会・科学小委員会   調査委員  

    2016年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  6. 日本学術会議・環境学委員会・地球惑星科学委員会合同FE・WCRP合同分科会   iLEAPS小委員会委員  

    2015年2月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  7. 日本学術会議・環境学委員会・地球惑星科学委員会合同FE・WCRP合同分科会   CliC小委員会委員  

    2015年2月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  8. 日本学術会議・地球惑星科学委員会地球惑星科学国際連携分科会   IASC小委員会委員  

    2015年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  9. 日本学術会議・地球惑星科学委員会IUGG分科会   IAHS小委員会委員  

    2014年12月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  10. Integrated Land Ecosystem - Atmosphere Process Study (iLEAPS)   Scientific Steering Committee (SSC) member  

    2014年1月 - 2019年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  11. International Commission for Snow and Ice Hydrology (ICSIH), International Association of Hydrological Sciences (IAHS)   Vice-President  

    2011年7月 - 2015年7月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  12. 北極環境研究コンソーシアム   運営委員  

    2011年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

受賞 1

  1. 学術出版賞

    2016年9月   一般社団法人 水文・水資源学会  

    檜山哲哉

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 122

  1. Mapping the main characteristics of permafrost on the basis of a permafrost‐landscape map of Yakutia using GIS 査読有り

    Shestakova, A.A., Fedorov, A.N., Torgovkin, Y.I., Konstantinov, P.Y., Vasyliev, N.F., Kalinicheva, S.V., Samsonova, V.V., Hiyama, T., Iijima, Y., Park, H., Iwahana, G., Gorokhov, A.N.

    Land   10 巻   頁: 462   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/land10050462

  2. Lessons learned from more than a decade of greenhouse gas flux measurements at boreal forests in eastern Siberia and interior Alaska 査読有り

    Hiyama, T., Ueyama, M., Kotani, A., Iwata, H., Nakai, T., Okamura, M., Ohta, T., Harazono, Y., Petrov, R.E. and Maximov, T.C.

    Polar Science   27 巻   頁: 100607   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.polar.2020.100607

  3. Groundwater age of spring discharges under changing permafrost conditions: the Khangai Mountains in central Mongolia 査読有り

    Hiyama Tetsuya, Dashtseren Avirmed, Asai Kazuyoshi, Kanamori Hironari, Iijima Yoshihiro, Ishikawa Mamoru

    ENVIRONMENTAL RESEARCH LETTERS   16 巻 ( 1 ) 頁: 015008   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1748-9326/abd1a1

    Web of Science

  4. Dynamic Mapping of Subarctic Surface Water by Fusion of Microwave and Optical Satellite Data Using Conditional Adversarial Networks 査読有り

    Mizuochi Hiroki, Iijima Yoshihiro, Nagano Hirohiko, Kotani Ayumi, Hiyama Tetsuya

    REMOTE SENSING   13 巻 ( 2 ) 頁: 175   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/rs13020175

    Web of Science

  5. Accelerated continental-scale snowmelt and ecohydrological impacts in the four largest Siberian river basins in response to spring warming 査読有り

    Suzuki Kazuyoshi, Hiyama Tetsuya, Matsuo Koji, Ichii Kazuhito, Iijima Yoshihiro, Yamazaki Dai

    HYDROLOGICAL PROCESSES   34 巻 ( 19 ) 頁: 3867 - 3881   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hyp.13844

    Web of Science

  6. Application of an open-path eddy covariance methane flux measurement system to a larch forest in eastern Siberia 査読有り

    Nakai Taro, Hiyama Tetsuya, Petrov Roman E., Kotani Ayumi, Ohta Takeshi, Maximov Trofim C.

    AGRICULTURAL AND FOREST METEOROLOGY   282 巻   頁: 107860   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.agrformet.2019.107860

    Web of Science

  7. Impact of tropical deforestation and forest degradation on precipitation over Borneo Island (vol 18, pg 2907, 2017)

    Takahashi Atsuhiro, Kumagai Tomo'omi, Kanamori Hironari, Fujinami Hatsuki, Hiyama Tetsuya, Hara Masayuki

    JOURNAL OF HYDROMETEOROLOGY   20 巻 ( 3 ) 頁: 575 - 576   2019年3月

  8. Effects of Long- and Short-Term Atmospheric Water Cycles on the Water Balance over the Maritime Continent 査読有り

    Kanamori Hironari, Kumagai Tomo'omi, Fujinami Hatsuki, Hiyama Tetsuya, Yasunari Tetsuzo

    JOURNAL OF HYDROMETEOROLOGY   19 巻 ( 9 ) 頁: 1413 - 1427   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1175/JHM-D-18-0052.1

    Web of Science

  9. Hydrological Variability and Changes in the Arctic Circumpolar Tundra and the Three Largest Pan-Arctic River Basins from 2002 to 2016 査読有り

    Suzuki Kazuyoshi, Matsuo Koji, Yamazaki Dai, Ichii Kazuhito, Iijima Yoshihiro, Papa Fabrice, Yanagi Yuji, Hiyama Tetsuya

    REMOTE SENSING   10 巻 ( 3 ) 頁: 402   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/rs10030402

    Web of Science

  10. Global Warming and Human - Nature Dimension in Northern Eurasia Preface

    Hiyama Tetsuya, Takakura Hiroki

    GLOBAL WARMING AND HUMAN - NATURE DIMENSION IN NORTHERN EURASIA     頁: V - VII   2018年

     詳細を見る

  11. Using Air Temperature Data to Calculate Changes in Ice Sheet Thickness on the Lena River to Predict Ice-Jam Disasters

    Yoshikawa Yasuhiro, Takakura Hiroki, Watanabe Manabu, Hiyama Tetsuya, Sakai Toru

    GLOBAL WARMING AND HUMAN - NATURE DIMENSION IN NORTHERN EURASIA     頁: 87 - 99   2018年

  12. Monitoring Spring Floods on the Lena River Using Multiple Satellite Sensors

    Sakai Toru, Takakura Hiroki, Okumura Makoto, Hatta Sigemi, Yosikawa Yasuhiro, Hiyama Tetsuya, Yamaguchi Yasushi

    GLOBAL WARMING AND HUMAN - NATURE DIMENSION IN NORTHERN EURASIA     頁: 53 - 69   2018年

  13. Ice Movement in the Lena River and Effects of Spring Flooding on Human Society: An Interpretation of Local Sources Integrated with Satellite Imagery in a Multidisciplinary Approach

    Takakura Hiroki, Yoshikawa Yasuhiro, Watanabe Manabu, Sakai Toru, Hiyama Tetsuya

    GLOBAL WARMING AND HUMAN - NATURE DIMENSION IN NORTHERN EURASIA     頁: 101 - 123   2018年

  14. Impact of Tropical Deforestation and Forest Degradation on Precipitation over Borneo Island 査読有り

    Takahashi Atsuhiro, Kumagai Tomo'omi, Kanamori Hironari, Fujinami Hatsuki, Hiyama Tetsuya, Hara Masayuki

    JOURNAL OF HYDROMETEOROLOGY   18 巻 ( 11 ) 頁: 2907 - 2922   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1175/JHM-D-17-0008.1

    Web of Science

  15. Development and evaluation of a lookup-table-based approach to data fusion for seasonal wetlands monitoring: An integrated use of AMSR series, MODIS, and Landsat 査読有り

    Mizuochi Hiroki, Hiyama Tetsuya, Ohta Takeshi, Fujioka Yuichiro, Kambatuku Jack R., Iijima Morio, Nasahara Kenlo N.

    REMOTE SENSING OF ENVIRONMENT   199 巻   頁: 370 - 388   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.rse.2017.07.026

    Web of Science

  16. Permafrost livelihoods: A transdisciplinary review and analysis of thermokarst-based systems of indigenous land use 査読有り

    Crate Susan, Ulrich Mathias, Habeck J. Otto, Desyatkin Aleksey R., Desyatkin Roman V., Fedorov Aleksander N., Hiyama Tetsuya, Iijima Yoshihiro, Ksenofontov Stanislav, Meszaros Csaba, Takakura Hiroki

    ANTHROPOCENE   18 巻   頁: 89 - 104   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ancene.2017.06.001

    Web of Science

  17. Analysing the origin of rain- and subsurface water in seasonal wetlands of north-central Namibia 査読有り

    Hiyama Tetsuya, Kanamori Hironari, Kambatuku Jack R., Kotani Ayumi, Asai Kazuyoshi, Mizuochi Hiroki, Fujioka Yuichiro, Iijima Morio

    ENVIRONMENTAL RESEARCH LETTERS   12 巻 ( 3 ) 頁: 034012   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1748-9326/aa5bc8

    Web of Science

  18. 水文・水資源学における学際研究の推進について -学術出版賞を拝受して思うこと- 招待有り 査読有り

    檜山哲哉

    水文・水資源学会誌   30 巻 ( 1 ) 頁: 4-5   2017年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.3178/jjshwr.30.4

  19. Nonlinear advection-aridity method for landscape evaporation and its application during the growing season in the southern Loess Plateau of the Yellow River basin 査読有り

    Brutsaert Wilfried, Li Wei, Takahashi Atsuhiro, Hiyama Tetsuya, Zhang Lu, Liu Wenzhao

    WATER RESOURCES RESEARCH   53 巻 ( 1 ) 頁: 270 - 282   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2016WR019472

    Web of Science

  20. Continuous measurements of stable isotopes of carbon dioxide and water vapour in an urban atmosphere: isotopic variations associated with meteorological conditions 査読有り

    Wada Ryuichi, Matsumi Yutaka, Nakayama Tomoki, Hiyama Tetsuya, Fujiyoshi Yasushi, Kurita Naoyuki, Muramoto Kenichiro, Takanashi Satoru, Kodama Naomi, Takahashi Yoshiyuki

    ISOTOPES IN ENVIRONMENTAL AND HEALTH STUDIES   53 巻 ( 6 ) 頁: 646 - 659   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/10256016.2017.1348351

    Web of Science

  21. Impact of rice cultivation on evapotranspiration in small seasonal wetlands of north-central Namibia 査読有り

    Kotani Ayumi, Hiyama Tetsuya, Ohta Takeshi, Hanamura Miho, Kambatuku Jack R., Awala Simon K., Iijima Morio

    HYDROLOGICAL RESEARCH LETTERS   11 巻 ( 2 ) 頁: 134 - 140   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3178/hrl.11.134

    Web of Science

  22. Climate-induced extreme hydrologic events in the Arctic 査読有り

    Sakai, T., Matsunaga, T., Maksyutov, S., Gotovtsev, S., Gagarin, L., Hiyama, T., Yamaguchi, Y.

    Remote Sensing   8 巻 ( 11 ) 頁: 971   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/rs8110971

  23. 東シベリア・カラマツ林における水・エネルギー・炭素循環 -GAME,CREST,RIHNの成果より- 査読有り

    太田岳史・檜山哲哉・小谷亜由美・山崎剛・Trofim C. Maximov

    水文・水資源学会誌   29 巻 ( 5 ) 頁: 294-312   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3178/jjshwr.29.294

  24. Spatial and temporal variations in photosynthetic capacity of a temperate deciduous-evergreen forest 査読有り

    Hamada, S., Kumagai, T., Kochi, K., Kobayashi, N., Hiyama, T., Miyazawa, Y.

    Trees - Structure and Function   30 巻 ( 4 ) 頁: 1083-1093   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00468-015-1347-4

  25. Recent interdecadal changes in the interannual variability of precipitation and atmospheric circulation over northern Eurasia 査読有り

    Hiyama, T., Fujinami, H., Kanamori, H., Ishige, T. and Oshima, K.

    Environmental Research Letters   11 巻   頁: 065001   2016年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1748-9326/11/6/065001

  26. In situ measurement of CO2 and water vapor isotopic compositions at a forest site using mid-infrared laser absorption spectroscopy 査読有り

    Wada, R., Matsumi, Y., Takanashi, S., Nakai, Y., Nakayama, T., Ouchi, M., Hiyama, T., Fujiyoshi, Y., Nakano, T., Kurita, N., Muramoto, K. and Kodama, N.

    Isotopes in Environmental and Health Studies   52 巻 ( 6 ) 頁: 603-618   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/10256016.2016.1147441

  27. 長期衛星観測データとUAV地形測量を組み合わせた半乾燥地の季節湿地における貯水量モニタリング 招待有り 査読有り

    水落裕樹・檜山哲哉・金森大成・太田岳史・藤岡悠一郎・飯嶋盛雄・奈佐原顕郎

    日本リモートセンシング学会誌   36 巻 ( 2 ) 頁: 81-92   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11440/rssj.36.81

  28. Satellite gravimetry-based analysis of terrestrial water storage and its relationship with run-off from the Lena River in eastern Siberia 査読有り

    Suzuki, K., Matsuo, K. and Hiyama, T.

    International Journal of Remote Sensing   37 巻 ( 10 ) 頁: 2198-2210   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/01431161.2016.1165890

  29. 温暖化による東シベリア永久凍土域の水環境変化と社会の適応 -適応策提言を目指した文理融合・学際型の国際共同研究- 招待有り 査読有り

    檜山哲哉

    日本水文科学会誌   45 巻 ( 3 ) 頁: 61-72   2015年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.4145/jahs.45.61

  30. アジアにおける陸域水循環・物質循環プロセス研究と展望; 陸域-大気相互作用研究を中心として 招待有り 査読有り

    檜山哲哉・三枝信子・八木一行

    地球環境   20 巻 ( 2 ) 頁: 163-172   2015年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  31. Climate and year-to-year variability of atmospheric and terrestrial water cycles in the three great Siberian rivers 査読有り

    Oshima, K., Tachibana, Y. and Hiyama, T.

    Journal of Geophysical Research Atmospheres   120 巻   頁: 3043-3062   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2014JD022489

  32. Preface to the special section "Soil and plant aspects in the Integrated Land Ecosystem-Atmosphere Processes Study (iLEAPS)" 査読有り

    Hiyama, T., Saigusa, N. and Yagi, K.

    Soil Science and Plant Nutrition   61 巻 ( 1 ) 頁: 1   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00380768.2015.995754

  33. Use of Landsat TM/ETM+ to monitor the spatial and temporal extent of spring breakup floods in the Lena River, Siberia 査読有り

    Sakai, T., Hatta, S., Okumura, M., Hiyama, T., Yamaguchi, Y. and Inoue, G.

    International Journal of Remote Sensing   36 巻   頁: 719-733   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/01431161.2014.995271

  34. Linking surface temperature based approaches for estimating soil heat flux with error propagation 査読有り

    Lu, P., Liu, Y. and Hiyama, T.

    Atmospheric and Climate Sciences   4 巻   頁: 29-41   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4236/acs.2014.41004

  35. Effects of the introduction of rice on evapotranspiration in seasonal wetlands 査読有り

    Suzuki, T., Ohta, T., Hiyama, T., Izumi, Y., Mwandemele, O. and Iijima, M.

    Hydrological Processes   28 巻   頁: 4780-4794   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hyp.9970

  36. Evaluation of the surface water distribution in north-central Namibia based on MODIS and AMSR series 査読有り

    Mizuochi, H., Hiyama, T., Ohta, T. and Nasahara, K.N.

    Remote Sensing   6 巻   頁: 7660-7682   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/rs6087660

  37. Recent air temperature changes in the permafrost landscapes of northeastern Eurasia 査読有り

    Fedorov, A.N., Ivanova, R.N., Park, H., Hiyama, T. and Iijima, Y.

    Polar Science   8 巻   頁: 114-128   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.polar.2014.02.001

  38. Evaluation of surface water dynamics for water-food security in seasonal wetlands, north-central Namibia 査読有り

    Hiyama, T., Suzuki, T., Hanamura, M., Mizuochi, H., Kambatuku, J.R., Niipele, J.N., Fujioka, Y., Ohta, T. and Iijima, M.

    IAHS Publication   364 巻   頁: 380-385   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/piahs-364-380-2014

  39. Estimating the water balance of a thermokarst lake in the middle of the Lena River basin, eastern Siberia 査読有り

    Fedorov, A.N., Gavriliev, P.P., Konstantinov, P.Y., Hiyama, T., Iijima, Y. and Iwahana, G.

    Ecohydrology   7 巻   頁: 188-196   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/eco.1378

  40. Seasonal variations of the surface fluxes and surface parameters over the Loess Plateau in China 査読有り

    Li, W., Hiyama, T. and Kobayashi, N.

    Atmospheric and Climate Sciences   3 巻   頁: 111-120   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4236/acs.2013.31013

  41. Isotopic variations associated with north-south displacement of the Baiu front 査読有り

    Kurita, N., Fujiyoshi, Y., Wada, R., Nakayama, T., Matsumi, Y., Hiyama, T. and Muramoto, K.

    SOLA (Scientific Online Letters on the Atmosphere)   9 巻   頁: 187-190   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2151/sola.2013-042

  42. Estimation of residence time of permafrost groundwater in the middle of the Lena River basin, eastern Siberia 査読有り

    Hiyama, T., Asai, K., Kolesnikov, A.B., Gagarin, L.A. and Shepelev, V.V.

    Environmental Research Letters   8 巻   頁: 035040   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1748-9326/8/3/035040

  43. Changes in eco-hydrological systems under recent climate change in eastern Siberia 査読有り

    Hiyama, T., Ohta, T., Sugimoto, A., Yamazaki, T., Oshima, K., Yonenobu, H., Yamamoto, K., Kotani, A., Park, H., Kodama, Y., Hatta, S., Fedorov, A.N. and Maximov, T.C.

    IAHS Publication   360 巻   頁: 155-160   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Influence of land cover change on regional water cycles in Eastern Siberia 査読有り

    Yoshida, R., Sawada, M., Yamazaki, T., Ohta, T. and Hiyama, T.

    Journal of Applied Meteorology and Climatology   52 巻   頁: 484-497   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1175/JAMC-D-12-043.1

  45. A nonparametric approach to estimating terrestrial evaporation: Validation in eddy covariance sites 査読有り

    Liu, Y., Hiyama, T., Yasunari, T. and Tanaka, H.

    Agricultural and Forest Meteorology   157 巻   頁: 49-59   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.agrformet.2012.01.012

  46. 訪問記 名水を訪ねて (98) 東シベリアの名水 ― ヤクーツク地域の水 ― 招待有り 査読有り

    檜山哲哉

    地下水学会誌   54 巻 ( 3 ) 頁: 171-181   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5917/jagh.54.171

  47. The determination of permafrost thawing trends from long-term streamflow measurements with an application in eastern Siberia 査読有り

    Brutsaert, W. and Hiyama, T.

    Journal of Geophysical Research   117 巻   頁: D22110   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2012JD018344

  48. Surface energy partitioning and evapotranspiration over a double-cropping paddy field in Bangladesh 査読有り

    Hossen, M.S., Mano, M., Miyata, A., Baten, A. and Hiyama, T.

    Hydrological Processes   26 巻   頁: 1311-1320   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hyp.8232

  49. Observation of carbon and oxygen isotopic compositions of CO2 at an urban site in Nagoya using Mid-IR laser absorption spectroscopy 査読有り

    Wada, R., Pearce, J.K., Nakayama, T., Matsumi, Y., Hiyama, T., Inoue, G. and Shibata, T.

    Atmospheric Environment   45 巻   頁: 1168-1174   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.atmosenv.2010.10.015

  50. シベリアにおける地球温暖化 ― 自然と人間の相互作用環に着目して ― 招待有り 査読有り

    檜山哲哉

    ユーラシア研究   45 巻   頁: 4-9   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  51. NDVI responses to the forest canopy and floor from spring to summer observed by airborne spectrometer in eastern Siberia 査読有り

    Suzuki, R., Kobayashi, H., Delbart, N., Asanuma, J. and Hiyama, T.

    Remote Sensing of Environment   115 巻   頁: 3615-3624   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.rse.2011.08.022

  52. Stability dependence of canopy flows over a flat larch forest 査読有り

    Kobayashi, N. and Hiyama, T.

    Boundary-Layer Meteorology   139 巻   頁: 97-120   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10546-010-9572-2

  53. A comparison of flux variance and surface renewal methods with eddy covariance 査読有り

    Zhao, X., Liu, Y., Tanaka, H. and Hiyama, T.

    IEEE Journal of Selected Topics in Applied Earth Observations and Remote Sensing   3 巻   頁: 345-350   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/JSTARS.2010.2060473

  54. Comparing the carbon sequestration capacity of temperate deciduous forests between urban and rural landscapes in central Japan 査読有り

    Awal, M.A., Ohta, T., Matsumoto, K., Toba, T., Daikoku, K., Hattori, S., Hiyama, T. and Park, H.

    Urban Forestry & Urban Greening   9 巻   頁: 261-270   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ufug.2010.01.007

  55. 蒸発散と大気境界層過程の調査法 -空間スケール別にみた最近の研究事例- 招待有り 査読有り

    檜山哲哉・西川将典・高橋厚裕・藤波初木・劉元波・李薇・樋口篤志・劉文兆・福嶌義宏

    日本水文科学会誌   39 巻 ( 2 ) 頁: 37-49   2010年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4145/jahs.39.37

  56. Structure of convective circulation in the atmospheric boundary layer over the northwestern Pacific Ocean under a subtropical high 査読有り

    Shinoda, T., Higuchi, A., Tsuboki, K., Hiyama, T., Tanaka, H., Endo, S., Minda, H., Uyeda, H. and Nakamura, K.

    Journal of the Meteorological Society of Japan   87 巻   頁: 979-996   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. A 6.5-year continuous record of sea surface salinity and seawater isotopic composition at Harbor ofIshigaki island, southwest Japan 査読有り

    Abe,O., Agata,S., Morimoto,M., Abe,M., Yoshimura,K., Hiyama,T. and Yoshida,N.

    Isotopes in Environmental and Health Studies   45 巻 ( 3 ) 頁: 247-258   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Numerical simulations of local circulation and cumulus generation over the Loess Plateau, China 査読有り

    Nishikawa,M., Hiyama,T., Tsuboki,K. and Fukushima,Y.

    Journal of Applied Meteorology and Climatology   48 巻   頁: 849-862   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Interannual variation of water balance and summer evapotranspiration in an eastern Siberian larch forest over a 7-year period (1998-2006) 査読有り

    Ohta, T., Maximov, T.C., Dolman, A.J., Nakai, T., van der Molen, M.K., Kononov, A.V., Maximov, A.P., Hiyama, T., Iijima, Y., Moors, E.J., Tanaka, H., Toba, T. and Yabuki, H.

    Agricultural and Forest Meteorology   148 巻   頁: 1941-1953   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Energy balance and its closure over a young larch forest in eastern Siberia 査読有り

    Tanaka,H., Hiyama,T., Kobayashi,N., Yabuki,H., Ishii,Y., Desyatkin,R.V., Maximov,T.C. and Ohta,T.

    Agricultural and Forest Meteorology   148 巻   頁: 1954-1967   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Characteristics of vertical circulation in the convective boundary layer over the Huaihe River Basin in China in the early summer of 2004 査読有り

    Endo, S., Shinoda, T., Tanaka, H., Hiyama, T., Tsuboki, K., Uyeda, H. and Nakamura, K.

    Journal of Applied Meteorology and Climatology   47 巻   頁: 2911-2928   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Turbulent flux observations at the tip of a narrow cape on Miyako Island in Japan's Southwestern Islands 査読有り

    Tanaka,H., Hiyama,T. and Nakamura,K.

    Journal of the Meteorological Society of Japan   86 巻 ( 5 ) 頁: 649-667   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Weight loss and isotopic shifts for water drops frozen on a liquid nitrogen surface 査読有り

    Eguchi,K., Abe,O. and Hiyama,T.

    Rapid Communications in Mass Spectrometry   22 巻   頁: 3233-3237   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Diurnal variation of water vapor mixing between the atmospheric boundary layer and free atmosphere over Changwu, the Loess Plateau in China 査読有り

    Takahashi, A., Hiyama, T., Nishikawa, M., Fujinami, H., Higuchi, A., Li, W., Liu, W. and Fukushima, Y.

    SOLA (Scientific Online Letters on the Atmosphere)   4 巻   頁: 33-36   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. 水の酸素・水素安定同位体を用いた地球水循環研究と今後の展望 査読有り

    檜山哲哉・阿部理・栗田直幸・藤田耕史・池田健一・橋本重将・辻村真貴・山中勤

    水文・水資源学会誌   21 巻 ( 2 ) 頁: 158-176   2008年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    水の酸素・水素安定同位体を用いた地球水循環研究を詳細にレビューし、今後の研究の方向性について議論した。

  66. Nighttime transpiration observed over a larch forest in Hokkaido, Japan 査読有り

    Kobayashi,N., Hiyama,T., Fukushima,Y., Lopez,M.L., Hirano,T. and Fujinuma,Y.

    Water Resources Research   43 巻 ( W03407 ) 頁: doi:10.1029/2006WR005556   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Comparing terrestrial carbon fluxes from the scale of a flux tower to the global scale 査読有り

    Sasai,T., Okamoto,K., Hiyama,T. and Yamaguchi,Y.

    Ecological Modelling   208 巻   頁: 135-144   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Detectability of day-to-day variability in the evaporative flux ratio: A field examination in the Loess Plateau of China 査読有り

    Liu,Y. and Hiyama,T.

    Water Resources Research   43 巻 ( W08503 ) 頁: doi:10.1029/2006WR005726   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Turbulence spectra in the near-neutral surface layer over the Loess Plateau in China 査読有り

    Li,W., Hiyama,T. and Kobayashi,N.

    Boundary-Layer Meteorology   124 巻   頁: 449-463   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. The development of local circulations around the Lena River and their effect on tower-observed energy imbalance 査読有り

    Hiyama,T., Strunin,M.A., Tanaka,H. and Ohta,T.

    Hydrological Processes   21 巻   頁: 2038-2048   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Surface flux and atmospheric boundary layer observationsfrom the LAPS project over the middle stream of the Huaihe River basin in China 査読有り

    Tanaka,H., Hiyama,T., Yamamoto,K., Fujinami,H., Shinoda,T., Higuchi,A., Endo,S., Ikeda,S., Li,W. and Nakamura,K.

    Hydrological Processes   21 巻   頁: 1997-2008   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. The behavior of a surface temperature / vegetation index (TVX) matrix derived from 10-day composite AVHRR images over monsoon Asia 査読有り

    Higuchi,A., Hiyama,T., Fukuta,Y., Suzuki,R. and Fukushima,Y.

    Hydrological Processes   21 巻   頁: 1157-1166   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Assessing groundwater quality using GIS 査読有り

    Babiker,I.S., Mohamed,A.A.M. and Hiyama,T.

    Water Resources Management   21 巻   頁: 699-715   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Temporal influences on Landsat-5 Thematic Mapper image in visible band 査読有り

    Liu,Y., Hiyama,T., Kimura,R. and Yamaguchi,Y.

    International Journal of Remote Sensing   27 巻   頁: 3183-3201   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Scaling of land surface temperature using satellite data: A case examination on ASTER and MODIS products over a heterogeneous terrain area 査読有り

    Liu,Y., Hiyama,T. and Yamaguchi,Y.

    Remote Sensing of Environment   105 巻   頁: 115-128   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Seasonal variation in stomatal conductance and physiological factors observed in a secondary warm-temperate forest 査読有り

    Hiyama,T., K.Kochi, N.Kobayashi and S.Sirisampan

    Ecological Research   20 巻   頁: 333-346   2005年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. A GIS-based DRASTIC model for assessing aquifer vulnerability in Kakamigahara Heights, Gifu Prefecture, central Japan

    Babiker,I.S., A.A.M.Mohamed, T.Hiyama and K.Kato

    Science of the Total Environment   345 巻   頁: 127-140   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Spectral structure of small-scale turbulent and mesoscale fluxes in the atmospheric boundary layer over a thermally inhomogeneous land surface 査読有り

    Strunin,M.A. and Hiyama,T.

    Boundary-Layer Meteorology   117 巻   頁: 479-510   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. A momentum exchange model for the surface layer over bare soil and canopy-covered surfaces 査読有り

    Takahashi, A. and T. Hiyama

    Journal of Applied Meteorology   43 巻   頁: 1460-1476   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Analytical estimation of the vertical distribution of CO2 production within soil: application to a Japanese temperate forest 査読有り

    Takahashi, A., T. Hiyama*, H.A. Takahashi and Y. Fukushima

    Agricultural and Forest Meteorology   126 巻   頁: 223-235   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Applying wavelet transforms to analyse aircraft-measured turbulence and turbulent fluxes in the atmospheric boundary layer over Eastern Siberia 査読有り

    Strunin, M.A. and T. Hiyama

    Hydrological Processes   18 巻   頁: 3081-3098   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Response properties of atmospheric turbulence measurement instruments using Russian research aircraft 査読有り

    Strunin, M.A. and T. Hiyama

    Hydrological Processes   18 巻   頁: 3099-3117   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Land surface identification near Yakutsk in eastern Siberia using video images taken from a hedgehopping aircraft 査読有り

    Suzuki, R., T. Hiyama, J. Asanuma and T. Ohata

    International Journal of Remote Sensing   25 巻   頁: 4015-4028   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. 琵琶湖プロジェクト2002年フラックス面的集中観測(Catch A Plume by SATs: CAPS):その概要 査読有り

    玉川一郎・田中賢治・石田祐宣・樋口篤志・松島 大・浅沼 順・小野圭介・多田 毅・林 泰一・石川裕彦・田中広樹・檜山哲哉*・岩田 徹・田中健路・中北英一・CAPS 観測グループ

    水文・水資源学会誌   17 巻 ( 4 ) 頁: 392-400   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Aircraft observations of the development of thermal internal boundary layers and scaling of the convective boundary layer over non-homogeneous land surfaces 査読有り

    Strunin, M.A., T. Hiyama*, J. Asanuma and T. Ohata

    Boundary-Layer Meteorology   111 巻   頁: 491-522   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Hydrometeorological behaviour of pine and larch forests in eastern Siberia. Hydrological Processes 査読有り

    Hamada, S., T. Ohta, T. Hiyama, T. Kuwada, A. Takahashi and T.C. Maximov

    Hydrological Processes   18 巻   頁: 23-39   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. 2001年筑波大学陸域環境研究センター(TERC)における乱流計測機集中観測:機器比較と校正による誤差の解析 査読有り

    石田祐宣・松島 大・樋口篤志・檜山哲哉・戸田 求・浅沼 順・玉川一郎・宮崎 真・田中賢治・杉田倫明・永井秀幸・田中久則・飯田真一・小林菜花子

    水文・水資源学会誌   17 巻 ( 1 ) 頁: 43-60   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Controls on evapotranspiration in a west Siberian bog 査読有り

    Shimoyama, K., T. Hiyama, Y. Fukushima and G. Inoue

    Journal of Geophysical Research   109 巻 ( D08 ) 頁: D08111 (doi:10.1029/2003JD004114)   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Aircraft observations of the atmospheric boundary layer over a heterogeneous surface in Eastern Siberia 査読有り

    Hiyama,T., Strunin,M.A., Suzuki,R., Asanuma,J., Mezrin,M.Y., Bezrukova,N.A. and Ohata,T.

    Hydrological Processes   17 巻   頁: 2885-2911   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Seasonal and interannual variation in water vapor and heat fluxes in a West Siberian continental bog 査読有り

    Shimoyama,K., Hiyama,T., Fukushima,Y. and Inoue,G.

    Journal of Geophysical Research   108 巻 ( D20 ) 頁: 4648 (doi:10.1029/2003JD003485)   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. 落葉・常緑広葉樹から構成される二次林の気孔コンダクタンスの日変化と季節変化 査読有り

    Satiraporn Sirisampan・檜山哲哉・高橋厚裕・橋本哲・福嶌義宏

    水文・水資源学会誌   16 巻 ( 2 ) 頁: 113-130   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. 航空機を用いた大気-地表面相互作用の観測 -その特徴と歴史、そして成果- 査読有り

    浅沼順・玉川一郎・檜山哲哉・松島大

    水文・水資源学会誌   16 巻 ( 2 ) 頁: 183-192   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  93. 熱赤外リモートセンシングと熱収支法に基づいた植生面上の熱フラックス推定法 査読有り

    松島大・浅沼順・檜山哲哉・玉川一郎

    水文・水資源学会誌   16 巻 ( 2 ) 頁: 170-182   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  94. Diurnal variation of CO2 concentration, D14C and d13C in an urban forest: Estimate of the anthropogenic and biogenic CO2 contributions 査読有り

    Takahashi,H.A., Konohira,E., Hiyama,T., Minami,M., Nakamura,T. and Yoshida,N.

    Tellus   54B 巻   頁: 97-109   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. 都市二次林におけるCO2・熱フラックスの季節変化 査読有り

    小栗秀之・檜山哲哉

    水文・水資源学会誌   15 巻 ( 3 ) 頁: 264-278   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. 東シベリア・カラマツ林における移流項を考慮したエネルギー交換速度の再評価 査読有り

    田中広樹・太田岳史・T.C.Maximov・檜山哲哉

    水文・水資源学会誌   15 巻 ( 6 ) 頁: 615-624   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Seasonal variation in the energy and water exchanges above and below a larch forest in eastern Siberia 査読有り

    Ohta,T., Hiyama,T., Tanaka,H., Kuwada,T., Maximov,T.C., Ohata,T. and Fukushima,Y.

      15 巻   頁: 1459-1476   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    東シベリアのカラマツ林における熱収支成分の、主に夏季における季節変化を、世界で始めて示した論文である。

  98. Balance and behavior of carbon dioxide at an urban forest inferred from the isotopic and meteorological approaches 査読有り

    Takahashi,H.A., Hiyama,T., Konohira,E., Takahashi,A., Yoshida,N. and Nakamura,T.

    Radiocarbon   43 巻 ( 2B ) 頁: 659-669   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. A macro-scale hydrological analysis of the Lena River basin 査読有り

    Ma,X., Fukushima,Y., Hiyama,T., Hashimoto,T. and Ohata,T.

    Hydrological Processes   14 巻 ( 3 ) 頁: 639-651   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. 北方落葉樹林における光合成・蒸散特性の季節変化-樹冠単層モデルを用いた解析- 査読有り

    田中広樹・太田岳史・檜山哲哉・Maximov,T.C.

    日本林学会誌   82 巻 ( 3 ) 頁: 259-267   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Regional surface momentum flux derived from atmospheric boundary layer bulk similarity approach 査読有り

    Sugita,M., Endo,N. and Hiyama,T.

    Journal of Geophysical Research   104 巻 ( D14 ) 頁: 16965-16972   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. 暖候性湿潤気候帯の山地流域におけるSVATモデルの適用 査読有り

    水文・水資源学会誌   12 巻 ( 4 ) 頁: 285-294   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. Wind speed measurements in upper and lower boundary layer to determine regional momentum fluxes 査読有り

    Hiyama,T., Sugita,M., Bergstrom,H. and Molder,M.

    Agricultural and Forest Meteorology   98-99 巻   頁: 145-158   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. 永久凍土帯に適用可能な熱輸送に関する数値モデル 査読有り

    水文・水資源学会誌   11 巻 ( 4 ) 頁: 346-359   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Diurnal variations of the surface energy fluxes and its impact for the atmospheric boundary layer over the eastern Siberian taiga region

    Hiyama,T., Ohta,T. and Suzuki,K.

    Research Report of IHAS   ( 4 ) 頁: 36-44   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  106. Regional sensible heat flux and thermal roughness length of an inhomogeneous landscape 査読有り

    Molder,M., Sugita,M., Hiyama,T. and Bergstrom,H.

    Hydrological Processes   12 巻   頁: 2115-2131   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. 埼玉県金子台付近における不圧地下水の硝酸性窒素の起源に関する一考察 査読有り

    小川祐美・田瀬則雄・檜山哲哉・嶋田純

    日本水文科学会誌   28 巻   頁: 125-134   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. How regional are the regional fluxes obtained from lower atmospheric boundary layer data? 査読有り

    Sugita,M., Hiyama,T. and Kayane,I.

    Water Resources Research   33 巻 ( 6 ) 頁: 1437-1445   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. Regional roughness parameters and momentum fluxes over a complex area 査読有り

    Hiyama,T., Sugita,M. and Kotoda,K.

    Journal of Applied Meteorology   35 巻 ( 12 ) 頁: 2179-2190   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. Determination of canopy emissivity : how reliable is it? 査読有り

    Sugita,M., Hiyama,T. and Ikukawa,T.

    Agricaltural and Forest Meteorology   81 巻   頁: 229-239   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. 講座「蒸発散」IV.広域蒸発散の推定法(1) 招待有り 査読有り

    檜山哲哉

    ハイドロロジー(日本水文科学会誌)   26 巻 ( 3 ) 頁: 195-207   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  112. 南八ヶ岳における湧水と地下水の水質 査読有り

    檜山哲哉・安原正也・丸井敦尚・風早康平・鈴木裕一

    ハイドロロジ-(日本水文科学会誌)   26 巻   頁: 253-266   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. Variability of surface fluxes within a complex area observed during TABLE 92 査読有り

    Hiyama,T., Sugita,M. and Kayane,I.

    Agricultural and Forest Meteorology   73 巻   頁: 189-207   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Flux determination over a smooth surface under strongly unstable conditions 査読有り

    Sugita,M., Hiyama,T., Endo,N. and Tian,Shao-Fen.

    Boundary-Layer Meteorology   73 巻   頁: 145-158   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. 水理実験センタ-熱収支・水収支観測圃場における地中熱流量 査読有り

    檜山哲哉・生川智彦・田少奮・杉田倫明

    筑波大学水理実験センタ-報告   19 巻   頁: 63-67   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  116. 那須野原における地下水中の硝酸イオン濃度の時空間変動について 査読有り

    大橋真人・田瀬則雄・檜山哲哉・鈴木裕一

    ハイドロロジ-(日本水文科学会誌)   24 巻 ( 4 ) 頁: 221-232   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. 裸地面蒸発に伴う砂質土壌中の水蒸気の挙動 査読有り

    山中勤・檜山哲哉・嶋田純

    ハイドロロジ-(日本水文科学会誌)   24 巻 ( 1 ) 頁: 31-46   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. 小型デ-タロガ-を搭載した係留気球による大気境界層観測 査読有り

    檜山哲哉・杉田倫明

    筑波大学水理実験センタ-報告   18 巻   頁: 61-68   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  119. 裸地面蒸発とそれに関わる諸現象 -従来の研究成果と今後の研究への展望- 査読有り

    檜山哲哉・山中勤・嶋田純・古藤田一雄

    ハイドロロジ-(日本水文科学会誌)   23 巻 ( 4 ) 頁: 155-168   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  120. ウエイングライシメ-タ-と熱収支法による潜熱フラックスの比較 査読有り

    檜山哲哉・杉田倫明・三上正男

    筑波大学水理実験センタ-報告   18 巻   頁: 41-53   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  121. 静電容量式高分子膜湿度センサ-にる乾燥表層の形成機構の評価 査読有り

    檜山哲哉・嶋田純・古藤田一雄

    筑波大学水理実験センタ-報告   17 巻   頁: 109-118   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  122. 那須野原における地下水 -特に水質の空間的変化と季節的変化について- 査読有り

    檜山哲哉・鈴木裕一

    ハイドロロジ-(日本水文科学会誌)   21 巻 ( 3 ) 頁: 143-154   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 18

  1. Permafrost Hydrology: Linkages and Feedbacks. In: Arctic Hydrology, Permafrost and Ecosystems (Yang, D. and Kane, D.L. eds.)

    Hiyama, T., Yang, D. and Kane, D.L.( 担当: 共著)

    Springer Nature Switzerland  2021年  ( ISBN:978-3-030-50928-6

     詳細を見る

    総ページ数:914   記述言語:英語 著書種別:学術書

  2. Water-Carbon Dynamics in Eastern Siberia

    Ohta, T., T. Hiyama, Y. Iijima, A. Kotani, T.C. Maximov (eds.)( 担当: 共編者(共編著者))

    Springer Nature Singapore  2019年7月  ( ISBN:978-981-13-6317-7

     詳細を見る

    総ページ数:301   記述言語:英語 著書種別:学術書

  3. Global Warming and Human-Nature Dimension in Northern Eurasia

    Hiyama, T. and Takakura, H. (eds.)( 担当: 共編者(共編著者))

    Springer Nature Singapore  2018年  ( ISBN:978-981-10-4648-3

     詳細を見る

    総ページ数:224   記述言語:英語 著書種別:学術書

  4. 自然地理学事典

    小池一之・山下脩二・岩田修二・漆原和子・小泉武栄・田瀬則雄・松倉公憲・松本淳・山川修治( 担当: 分担執筆 ,  範囲: C4-6 気候と水文現象 熱帯・温帯・乾燥帯・寒冷帯(冷帯と寒帯))

    朝倉書店  2017年1月  ( ISBN:978-4-254-16353-7

     詳細を見る

    総ページ数:465   記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  5. 自然地理学事典

    小池一之・山下脩二・岩田修二・漆原和子・小泉武栄・田瀬則雄・松倉公憲・松本淳・山川修治( 担当: 分担執筆 ,  範囲: C4-9 植被・土地利用と水文現象 森林・草原・砂漠・都市・水田・畑地の水文現象)

    朝倉書店  2017年1月  ( ISBN:978-4-254-16353-7

     詳細を見る

    総ページ数:465   記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  6. 環境人間学と地域 シベリア -温暖化する極北の水環境と社会

    檜山哲哉・藤原潤子 編( 担当: 共編者(共編著者))

    京都大学学術出版会  2015年3月  ( ISBN:978-4-87698-315-5

     詳細を見る

    総ページ数:511   記述言語:日本語

  7. 草原と都市 -変わりゆくモンゴル

    石井祥子・鈴木康弘・稲村哲也 編( 担当: 共著)

    風媒社  2015年3月  ( ISBN:978-4-8331-0569-9

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. 北半球寒冷圏陸域の気候・環境変動 (気象研究ノート 第230号)

    飯島慈裕・佐藤友徳 編( 担当: 共著)

    日本気象学会  2014年10月  ( ISBN:978-4-904129-13-5

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. Groundwater as a Key for Adaptation to Changing Climate and Society

    Taniguchi, M. and Hiyama, T. (eds.)( 担当: 共編者(共編著者))

    Springer  2014年7月  ( ISBN:978-4-431-54967-3

     詳細を見る

    総ページ数:145   記述言語:英語

  10. 地球環境学マニュアル 第2巻 -はかる・みせる・読みとく-

    総合地球環境学研究所( 担当: 共著)

    朝倉書店  2014年1月  ( ISBN:978-4-254-18046-6

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. 極寒のシベリアに生きる -トナカイと氷と先住民

    高倉浩樹 編( 担当: 共著)

    新泉社  2012年4月  ( ISBN:978-4-7877-1112-0

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. 水の環境学 ―人との関わりから考える―

    清水裕之・檜山哲哉・河村則行 編( 担当: 共編者(共編著者))

    名古屋大学出版会  2011年8月  ( ISBN:978-4-8158-0675-0

     詳細を見る

    総ページ数:311   記述言語:日本語

  13. 地下水流動 -モンスーンアジアの資源と循環-

    谷口真人 編( 担当: 共著)

    共立出版  2011年5月  ( ISBN:978-4-320-04708-2

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. 新しい地球学 -太陽-地球-生命圏相互作用系の変動学-

    渡邊誠一郎・檜山哲哉・安成哲三 編( 担当: 共編者(共編著者))

    名古屋大学出版会  2008年3月  ( ISBN:978-4-8158-0590-6

     詳細を見る

    総ページ数:341   記述言語:日本語

  15. 黄河の水環境問題 -黄河断流を読み解く-

    福嶌義宏・谷口真人 編( 担当: 共著)

    学報社  2008年3月  ( ISBN:978-4-904079-01-0

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  16. Water and Carbon Cycles in Terrestrial Ecosystems.

    Hiyama,T.(ed.)( 担当: 共著)

    IHP, UNESCO  2006年11月  ( ISBN:4-9980619-6-8

     詳細を見る

    記述言語:英語

  17. 地球環境と生態系 -陸域生態系の科学-

    武田博清・占部城太郎 編( 担当: 共著)

    共立出版  2006年5月  ( ISBN:4-320-05637-X

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  18. 身近な気象・気候調査の基礎

    牛山素行 編( 担当: 共著)

    古今書院  2000年2月  ( ISBN:4-7722-4017-9

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 40

  1. Decadal scale variation of permafrost active layer thickness at larch forests in eastern Siberia 国際会議

    Kotani, A., T. Nakai, T. Hiyama, T. Yamazaki, T. Ohta

    The 11th Symposium on Polar Science  2020年11月16日  National Institute of Polar Research

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月16日 - 2020年12月18日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Online   国名:日本国  

  2. Modeling of soil moisture dynamics in a larch forest in eastern Siberia 国際会議

    Nakai, T., T. Hiyama

    The 11th Symposium on Polar Science  2020年11月16日  National Institute of Polar Research

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月16日 - 2020年12月18日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Online   国名:日本国  

  3. Cross-comparison of NDVI time series among three different satellite sensors for two different larch forests in eastern Siberia 国際会議

    Nagano, H., K. Ichii, H. Mizuochi, A. Kotani, T. Hiyama

    The 11th Symposium on Polar Science  2020年11月16日  National Institute of Polar Research

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月16日 - 2020年12月18日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Online   国名:日本国  

  4. Investigation of the ability of a passive microwave sensor to monitor surface water over complex landscape in Eastern Siberia 国際会議

    Mizuochi, H., T. Hiyama

    2020 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium  2020年10月2日  IEEE Geoscience and Remote Sensing Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月26日 - 2020年10月2日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Online   国名:アメリカ合衆国  

  5. A climatological study on freezing rain, freezing drizzle, and freezing fog in northeastern China 国際共著 国際会議

    Bai, Y., T. Hiyama, H. Fujinami

    JpGU-AGU Joint Meeting 2020  2020年7月13日  Japan Geoscience Union

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月12日 - 2020年7月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online   国名:日本国  

  6. Effect of precipitation on interannual variability of permafrost active layer thickness at larch forests in eastern Siberia 国際共著 国際会議

    Kotani, A., T. Hiyama, T. Nakai, T. Yamazaki, T. Maximov

    JpGU-AGU Joint Meeting 2020  2020年7月16日  Japan Geoscience Union

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月12日 - 2020年7月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online   国名:日本国  

  7. Trends of summer precipitation over northern Eurasia in historical simulations with MIROC6 国際会議

    Abe, M., H. Kanamori, H. Fujinami, T. Hiyama, H. Tatebe

    JpGU-AGU Joint Meeting 2020  2020年7月16日  Japan Geoscience Union

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月12日 - 2020年7月16日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Online   国名:日本国  

  8. Study on the surface energy balance and development of atmospheric boundary layer over the Shouxian region, China 国際会議

    The Third Japan-China Joint Workshop on Lower Atmosphere and Precipitation Study (LAPS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. Surface flux and atmospheric boundary layer observations over the middle of the Huaihe River basin in China. 国際会議

    The Third Japan-China Joint Workshop on Lower Atmosphere and Precipitation Study (LAPS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  10. Characteristics of vertical wind observed within and over the convective boundary layer on the Loess Plateau, China. 国際会議

    The Third Japan-China Joint Workshop on Lower Atmosphere and Precipitation Study (LAPS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月13日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  11. Turbulence spectra and surface fluxes in the atmospheric surface layer over the Loess Plateau. 国際会議

    The Third Japan-China Joint Workshop on Lower Atmosphere and Precipitation Study (LAPS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. Satellite-observed global ecosystems response to ENSO events 国際会議

    Proceedings of Kuwait First International Remote Sensing Conference and Exhibition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  13. A scaling approach for satellite-derived land surface temperature over terrain area 国際会議

    The 12th International Symposium on Remote Sensing 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  14. Effect of temporal factors on satellite image in reflective band - A simulation with regard to change detection - . 国際会議

    IEEE International Geosciences and Remote Sensing Symposium(IGRASS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  15. Effect of temporal factors on satellite image in reflective band - A simulation with regard to change detection - 国際会議

    The 25th Anniversary IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium(IGRASS) 2005 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  16. 中国・黄土高原における大気境界層観測-大気境界層発達過程の日変化及び季節変化特性

    西川将典・檜山哲哉・樋口篤志・高橋厚裕・福嶌義宏

    日本気象学会2005年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  17. Comparison of land surface temperature from ASTER and MODIS products: A spatial scaling perspective 国際会議

    The 4th ASTER Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月9日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  18. 中国・黄土高原における大気境界層観測-大気境界層発達過程の日変化及び季節変化特性-

    西川将典・檜山哲哉・樋口篤志・高橋厚裕・福嶌義宏

    日本気象学会2005年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. ウインドプロファイラにより観測された中国淮河流域における大気境界層内の鉛直循環

    遠藤智史・篠田太郎・田中広樹・檜山哲哉・樋口篤志・藤波初木・山本 鉱・池田祥一郎・上田 博・中村健治

    日本気象学会2005年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  20. 中国淮河中流域における地表面熱収支と大気境界層構造に関する研究

    山本鉱・檜山哲哉・田中広樹・樋口篤志・藤波初木・篠田太郎・中村健治

    日本気象学会2005年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. 都市化が森林からの熱・水・CO2フラックスと境界層構造に及ぼす影響の定量的評価

    田中隆文・Turton Steeve・太田岳史・服部重昭・檜山哲哉

    第116回日本森林学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  22. Spectral structure of turbulent fluxes in the atmospheric boundary layer over a thermally non-Homogeneous land surface - with a small summary of GAME related ABL studies - 国際会議

    The 6th International Study Conference on GEWEX in Asia and GAME 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  23. A scheme for exploring spatial scaling issues using remote sensing: A case of evapotranspiration 国際会議

    Second International Workshop on Yellow River Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  24. Introductions of ABL observation system on the "Changwu Agro-Ecological Experimental Station" 国際会議

    Second International Workshop on Yellow River Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. Use of multi-radiation sensors to detect phenological activity and those application for remote sensing study of terrestrial ecosystem 国際会議

    Second International Workshop on Yellow River Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  26. On applicability of air collision model for momentum transport in the atmospheric mixing layer 国際会議

    Second International Workshop on Yellow River Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  27. Preliminary results of ABL conditions over Loess Plateau using Wind Profiler Radar (WPR) 国際会議

    Second International Workshop on Yellow River Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  28. Preliminary results of surface fluxes over the Loess Plateau using Flux & Radiation Observation System (FROS) 国際会議

    Second International Workshop on Yellow River Studies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  29. A GIS-based DRASTIC model for assessing aquifer vulnerability in Kakamigahara Heights, Gifu Prefecture, central Japan

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  30. 中国安徽省・寿県における大気境界層観測 -熱収支インバランスに関する検討-

    山本鉱・檜山哲哉・田中広樹・樋口篤志・藤波初木・篠田太郎・中村健治

    日本気象学会2004年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  31. 不均一地表被覆上の大気境界層内で観測された二つの卓越渦

    檜山哲哉・M.Strunin

    日本気象学会2004年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  32. 大気境界層における乱流フラックス観測研究会

    玉川一郎・石田祐宣・浅沼順・樋口篤志・檜山哲哉・松島大・田中賢治

    水文・水資源学会2004年度研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  33. Integrated observation of the ABL structure over the Southwestern Islands of Japan 国際会議

    2004 Western Pacific Geophysics Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  34. Dynamics of raindrops and water vapor using stable isotopes in precipitation 国際会議

    2004 Western Pacific Geophysics Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  35. 降雨の安定同位体比の短期時系列変動を用いた大気境界層内における水蒸気の動態の把握

    池田健一・檜山哲哉

    日本気象学会2004年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月17日

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  36. エアロゾンデで観測された亜熱帯高気圧下での大気境界層の構造

    篠田太郎・樋口篤志・檜山哲哉・田中広樹・中村健治

    日本気象学会2004年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. Flux Observation on the Cape Nishi-Henna, South-western lslands, Japan 国際会議

    Second China-Japan Joint Workshop on Lower Atmosphere and Precipitation Study (LAPS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  38. General introductions of ABL observations in LAPS project at Shouxian Meteorological Observatory 国際会議

    Second China-Japan Joint Workshop on Lower Atmosphere and Precipitation Study(LAPS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  39. Preliminary results of ABL observations at Shouxian Meteorological Observatory 国際会議

    Second China-Japan Joint Workshop on Lower Atmosphere and Precipitation Study (LAPS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  40. Preliminary results of ABL observations in LAPS project in Huaihe river basin 国際会議

    The 6th International Study Conference on GEWEX in Asia and GAME 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

Works(作品等) 8

  1. Introductions of ABL observation system on the "Changwu Agro-Ecological Experimental Station"

    2004年11月

     詳細を見る

    発表場所: Research Institute for Humanity and Nature, 54-57  

  2. A scheme for exploring spatial scaling issues using remote sensing: A case of evapotranspiration

    2004年11月

     詳細を見る

    発表場所:Research Institute for Humanity and Nature, 157-160  

  3. Preliminary results of surface fluxes over the Loess Plateau using Flux & Radiation Observation System (FROS)

    2004年11月

     詳細を見る

    発表場所:Research Institute for Humanity and Nature, 123-126  

  4. Preliminary results of ABL conditions over the Loess Plateau using a Wind Profiler Radar (WPR)

    2004年11月

     詳細を見る

    発表場所:Research Institute for Humanity and Nature, 119-122  

  5. On applicability of air collision model for momentum transport in the atmospheric mixing layer

    2004年11月

     詳細を見る

    発表場所:Research Institute for Humanity and Nature, 117-118  

  6. Use of multi-radiation sensors to detect phenological activity and those application for remote sensing study of terrestrial ecosystem

    2004年11月

     詳細を見る

    発表場所:Research Institute for Humanity and Nature, 58-61  

  7. GAME-Siberia 2000年IOPにおける航空機観測の最近の研究成果

    2004年4月

     詳細を見る

    発表場所: 北ユーラシア水循環シンポジウム報告集, 44-47  

  8. 第23回国際測地学・地球物理学連合総会(IUGG2003・札幌)の報告(1)

    2004年

     詳細を見る

    発表場所:天気  

▼全件表示

科研費 7

  1. 北極海-大気-植生-凍土-河川系における水・物質循環の時空間変動 国際共著

    研究課題/研究課題番号:19H05668  2019年06月 - 2024年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(S)

    檜山 哲哉

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:201110000円 ( 直接経費:154700000円 、 間接経費:46410000円 )

    北極海氷縮小によって大気-陸域水循環が大きく変動する北ユーラシア永久凍土域を対象に、多圏(大気・陸域・海洋)にまたがり起源別の水の動きを追跡する水循環統合モデルを開発し、衛星リモートセンシングデータを活用して湛水域時系列マップと植生変化域時系列マップを作成する。それらを用いて、並行して開発中の陸域生態系物質循環モデルにより、温室効果気体の放出・吸収量の時系列マップを作成する。北ユーラシアの複数点で温室効果気体フラックス観測を行い、得られた観測データを機械学習によるデータ駆動型経験モデルを用いて広域化し、温室効果気体の放出・吸収量の時系列マップの検証を行う。

  2. 凍土環境利用と保全に向けた凍土荒廃影響評価の共創

    研究課題/研究課題番号:19H00556  2019年04月 - 2023年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    飯島 慈裕

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、現地・海外研究者を含めた文理融合の国際共同研究体制を敷き、凍土荒廃現象とその地域社会への影響の解釈を加えた「凍土荒廃影響評価」を作成し、その普及を目的とする。その新たな知の実践として、凍土荒廃の影響分析を、現地検証観測・衛星リモートセンシングの自然地理的手法で総合化し、都市インフラと生業の両面からみた地域社会の安定性や持続可能性を、人文地理・文化人類学の手法と組合せて評価する。そして、地域社会との対話から、保全活動に向けた社会への利用しやすい成果の発信・普及へとつなげる。
    2019年度は、当初計画に従い、自然環境調査と人文社会調査で下記の課題を開始した。また、これまで先行的に実施していた本研究に関連する研究活動と構想について国内外での成果発表や意見交換を積極的に行った。年度末に、新型コロナウィルスの影響で海外研究者との打合せや巡検が中止になった影響はあったものの、研究立上げとして初年度は順調に進捗した。
    1. 自然環境調査として、2019年9-10月にかけて、ロシア・サハ共和国のレナ川中流域とバタガイにて、永久凍土荒廃状況の調査を実施した。永久凍土荒廃現象の広域解析に使用するALOS2-PALSAR2のデータの収集・整備を進め、モンゴルでは、永久凍土融解地域の水源枯渇に関連した水サンプルの取得や成分分析に関して現地研究機関の協力で現地調査と解析を実施した。UAVを新規に導入し、近接リモートセンシングによる永久凍土荒廃地形の検出に向けた3次元地形モデルの作成方法に関する検討を開始した。
    2. 人文社会調査として、ロシア、モンゴルの現地研究協力機関と、地理情報データの整備状況に関する打合せと、解析方法に関する検討を開始した。永久凍土の融解が地域社会に及ぼす影響についての既往研究成果をまとめた、超学際的な環境教育教材冊子「永久凍土と文化」を執筆・出版し、11月にロシア・サハ共和国のヤクーツク市とチャラプチャ郡で、研究者向けおよび調査村落での発表会を行った。
    3. 先行して実施していた関連研究成果の公表と普及について、国内外で活動を展開した。JpGU(5月日本)、AGU(12月アメリカ)において、本研究に関連する発表を行ったほか、先述の環境教育教材の出版と11月には現地での普及活動に関するワークショップを開催し、現地研究者やステークホルダーからその重要性に関して認知が進んだ。また、永久凍土地域の気候変動の影響と今後必要な研究課題に関する総説が掲載された。
    採択後速やかにメールベースでの意見交換や研究会議(6月)をもち、研究分担者間での研究方針の確認を行った後、分担する研究手法の検討を進めつつ、各課題の相互連携研究を開始できた。モンゴルとロシア・東シベリアの集中観測地域の設定と、観測調査も現地研究協力機関との共同で順調に実施でき、永久凍土融解に関する調査と解析が初年度から開始できた。モンゴルでは、北部・ハンガイ山脈周辺域の湧水を季節別に採取し、それらのトリチウム濃度とCFCs濃度を定量した解析を進めた。重要な結果として、サーモカルスト地形に存在し、地下氷に富む場所で湧出する湧水については地下氷融解水の寄与が大きい傾向をつかみ、一方、地下氷融解水の寄与が減少し、近年の降水の寄与が増加している可能性も得られた。
    GIS解析では、ALOS-PALSARおよびALOS2-PALSAR2を用いたロシア・サハ共和国レナ川中流域のインターフェロメトリ解析によって、凍土融解にともなう地形沈降現象の検出に関する解析手法の検討を開始し、現象が顕著に表れていることが現地で確認できた、レナ川中流域やバタガイ地域などでは、その有効性を確認できた。また、凍土荒廃に伴う水域(サーモカルスト湖)拡大の地域的特徴を抽出する方法についても検討を開始した。
    本研究を進めるにあたっての、北極域そして北東ユーラシア域での凍土環境変化に関する現在までの研究動向のとりまとめとして、総説論文を出版できた。また、査読付国際誌への論文公表も初年度から進み、JpGU、AGU、ISAR-6などの国際会議において、本研究課題に関する研究構想や初期成果の紹介を積極的に行うなど、国内外への成果の発信も数多く行った。
    初年度の成果を踏まえ、今年度は研究を本格的に推進する予定である。昨年度末から続く新型コロナウィルスの影響が強い今年度前半においては、オンライン会議などを多用して、研究分担者と海外の現地協力研究機関との密接な連携を図り、データ解析を先行しつつ、緩和後の速やかな現地調査実施に向けた準備を進めていく。個別の計画は下記の通りである。
    自然環境調査では、ロシアとモンゴルで設定された2地域を中心に、現地観測データとGISデータの収集を現地共同研究機関との連携で進める。また、衛星リモートセンシング解析をALOS2-PALSAR2によるInSAR解析と、多時期の高分解能可視画像データによるサーモカルスト発達と地形・植生変遷情報の解析を進める。これらの解析では、機械学習による地表面状態分類の効率化も試みる。さらに、地上検証のためのUAV計測システムの構築と運用を開始し、その解析手法を確定する。本年度は国内での試験をさらに進め、状況が好転して、海外調査が可能になり次第、集中調査地域での実施のための現地調査を実施する。
    人文社会調査では、凍土荒廃と関係した都市や集落域のGISデータの収集・整備を進める。各集中調査地域での集落位置、土地利用区分、道路の地理情報化を進め、凍土荒廃による経年的な変化との対応関係を考察する。各地域のセンサスデータ、地形図や空中写真を現地共同研究機関から提供を受けるほか、自然環境調査で得られる衛星可視・近赤外画像を用いた地表面分類も用いる。
    また、これまでの国際共同研究成果に基づき、当該研究の普及活動を進める。今年度は、年度前半は成果導出と論文執筆を推進するほか、ロシア・サハ共和国の凍土環境変化と人間社会への影響をとりまとめた教材資料の英語版の作成を進める。ドイツのアドバイザリー研究者と打合せを行い、本研究の有効性の検討と国際的な連携を進める。

  3. 地域生態資源の動態評価に適用できる永久凍土分布図の作成

    研究課題/研究課題番号:17H01849  2017年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    石川 守

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では以下3つの課題を設定している。これまでの研究実績の概要を記す。
    1.永久凍土地図化:今年度はこれまでにモンゴル各地で蓄積してきた観測データをベースに永久凍土の分布モデリングを実施した。具体的には、広域展開中の深層地温データ、ウランバートル近郊で2002年より継続している気象観測データ、モンゴル国家気象水文局が有する全国31測候所での観測値、リモートセンシングデータから得た地表面状態(ESACCI)、などを用いモデル駆動に必要な土壌パラメータ、モデルへの入力パラメーター(気温、積雪深)を決めた。モデリングはノルウェー・オスロ大学に研究代表者が長期滞在し、ここで開発が進められている非定常全球永久凍土マッピングモデル、CryoGrid_CCIによって実施した。全土を対象に過去40年程度の10m深までの地温、活動動厚などの変遷を1x1kmグリッドスケールで図化した。
    2.陸水動態解析:大学院生とともに昨年度に引き続き湧水地点の現況を現地で調べた。湧水ポイントの踏査に加え住民への聞き取り調査も実施した。これら現地での知見をもとに、リモートセンシングによってハンガイ山脈全域を網羅した湧水現況マップを作製した。さらに、枯れた湧水がどのような地理的条件下に多く見られるかを調べた。
    3.森林動態解析:LANDSATデータを時系列的に解析することにより森林劣化の変遷を復元すべく、データの取得や自動解析処理の方法を確立した。
    理由
    1.永久凍土地図化:いくつかの地点にてデータロガーやセンサーの不調があり、データ欠測が生じたが、これまでに蓄積したデータによって補完することによ り、永久凍土の様態・動態を示すパラメーターはほぼ算出することが出来た。観測的知見の論文公表それを基にしたモデリング作業を進めており、本サブテーマの進捗はおおむね順調である。
    2.陸水動態解析:1980年代発行の完成地図上に記載されている湧水ポイントを悉皆的に調査する有効な方法が確立した。本サブテーマはおおむね順調に進んでいる。
    3.森林動態解析:膨大なLANDSATデータを自動的に解析する手法を確立した。次の段階としてこの解析を対象地域全土に広げる。やや遅れ気味である。
    4.凍土地形変動解析:サーモカルスト地形と永久凍土動態の関連では特に進展がなかった。その一方でモンゴル西部のアルタイ山脈で岩石氷河が多く発達しており、それらが永久凍土の指標地形となりうることが見いだされた。1のテーマ(永久凍土分布の地図化)を待っている段階である。
    1.永久凍土地図化:観測データを基に、モンゴル全土を対象とした永久凍土分布図を完成する。
    2.陸水動態解析:GoogleEarthやArcGISのサービス画像といったリモートセンシングデータを活用し湧水の劣化傾向の全体像をとらえ、それと1の結果を比較検討する。
    3.森林動態解析班:LANDSAT解析を進め、森林劣化傾向を示す。これと1の永久凍土分布図を比較検討し、永久凍土劣化と森林劣化の対応を調べる。
    4.凍土地形変動班:岩石氷河分布図を作成する。これは永久凍土分布図の検証資料としても利用する。

  4. 東南アジア熱帯林全域の炭素貯留能力を解明する

    研究課題/研究課題番号:17H01477  2017年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    熊谷 朝臣

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    観測継続予定にあったプロットにおいては、プロトコルに則り観測が継続された。
    昨年度設定予定であったプロットに関しては、設定の最後の仕上げの段階が新型コロナウィルス感染拡大に見舞われ、宙に浮いた状態となってしまった。
    炭素循環研究でメタン動態は極めて重要な研究項目であり、当初本研究で予定していなかったメタン動態追跡を、昨年度は、開始する予定であった。設定に手間取ったが、昨年度末には設定完了間近であった。しかし、この件に関しても、最終段階において新型コロナウィルス感染拡大の影響で、完了することができなかった。
    DGVM関連研究に関しては、計算アルゴリズムの改良に著しい進展があり、今後の地球レベル計算に展望が開けた。
    全体的に進捗は遅れ気味であったが、年度末には多くの予定していた事項が完了できるはずであった。年度終了寸前に完了予定を置いた不備を認めながらも、昨年度末の新型コロナウィルス感染拡大による影響を避けることはできなかった。
    2020年5月30日現在の「新型コロナウィルスの世界的感染拡大」の状況を考えると、少なくとも今年度中期までの活動はあり得ないと考えるのが現実的であろう。よって、今年度中期までは、DGVMの適用・未来予測シミュレーションの実行など、理論的研究を重視する姿勢を取りたい。
    既存観測については、これまで通りのプロトコルに則り観測を続行する。設定予定であるが現在未完了のプロットが少なからず存在する。今年度が本科研計画の最終年度であることを鑑み、このまま設定をあきらめるか、現地関係者とのコンタクトを続け短くても観測を開始するかを早期に決定する。また、現実的な策として、本科研課題の1年延長を勘案すべきである。

  5. アブラヤシ農園の拡大が東南アジア熱帯林の水・炭素循環に与えるインパクト

    研究課題/研究課題番号:15H02645  2015年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    熊谷 朝臣

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    熱帯林域において、天然林からアブラヤシ農園への土地利用変化は、熱帯林破壊の元凶であり、生物多様性や地域環境に及ぼす悪影響が指摘されているが、その定量的評価は絶対的に不足している。本研究では、マレーシア・ボルネオのアブラヤシ農園拡大域においてアブラヤシ農園造成が地域環境に及ぼす影響を明らかにするため、アブラヤシ農園の個体レベル~農園レベルでの水・炭素循環とその環境応答を主にタワーフラックス観測により定量的に明らかにした。さらに、近隣の熱帯雨林天然林の同様のデータセットとの比較により、土地利用変化の影響を考察した。
    世界のヤシ油需要は常に増加しており、特に東南アジアにおいて、アブラヤシ農園が急速に拡大しており、今後さらに加速すると予測されている。アブラヤシ農園への土地利用変化は、熱帯林破壊の元凶であり、生物多様性や地域環境に及ぼす悪影響が指摘されている。ヤシ油生産国にとってアブラヤシ農園は国全体にとっても地域経済にとっても重要な収入源であり続けている。現在のアブラヤシ農園拡大の速度から考えて、ヤシ油生産と環境保全のバランスを取る合理的な理由を見つけることが喫緊の要事である。本研究の成果は、その合理的理由の大勢を決するものと考える。

  6. 東シベリア・レナ河における加湿状態が森林の蒸発散・光合成に与える影響

    研究課題/研究課題番号:26252021  2014年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    太田 岳史

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    東シベリア・レナ河で2005年~2008年の急激な加湿状態における森林環境特性と森林蒸発散・光合成の影響について,森林生理学的反応(A反応),森林生態学的反応(B反応),凍土物理学的反応(C反応),河川水文学的反応(D反応)毎に調べた.
    その結果,A反応,B反応,C反応は加湿条件の影響が森林特性に表れ,加湿状態が進みすぎると蒸発散・光合成特性が減少し,森林特性が変化することが分かった.また,D反応については加湿状態による森林の反応がなく,これは流域流出量の発生場が原因すると考えられた.
    1つ小さなまたは大きなグループ間での相違は,蒸発散,光合成,永久凍土の違いにより認められた.

  7. 植生景観構造を考慮した東ユーラシア永久凍土変化の広域評価

    研究課題/研究課題番号:26242026  2014年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    飯島 慈裕

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    東ユーラシアの永久凍土分布地域において、植生調査、活動層分布と永久凍土融解地形の測量、水文分析などの現地調査、衛星データ解析による地形変動や植生変化領域の解析、陸面過程・河川流出モデルの改良に基づく、凍土荒廃プロセスの地域特性と空間分布の評価を行った。特筆すべき成果として、植生構造の変遷が凍土(活動層)変動と密接に関係し、衛星・近接リモセンの併用で凍土融解による地形変化現象の詳細な構造を示すとともに、永久凍土の荒廃状況を凍土水文分析から初めて示したこと、凍土温度変化に地表の植生層と地下氷の効果を加味したモデルを開発し、その適用可能性を広げたことが上げられる。

▼全件表示

 

社会貢献活動 4

  1. 「気温上昇と降水量増加が引き起こすシベリアの永久凍土荒廃」について講演

    パネリスト, 講師

    北極域研究加速プロジェクト(ArCS II)  第1回 北極域研究加速プロジェクト 公開講演会  2021年4月25日

  2. 「ピックアップNEWS」北極海の海氷縮小と今後予想される北極海での資源開発についてコメント

    コメンテーター, 取材協力

    テレビ朝日  大下容子ワイド!スクランブル  2021年3月9日

  3. 地球温暖化による永久凍土融解とその社会への影響についての解説

    コメンテーター, 取材協力

    CBCラジオ  多田しげおの気分爽快~朝からP・O・N  2021年2月1日

  4. 「金曜ゲスト」永久凍土についての解説

    出演, コメンテーター

    CBCラジオ  多田しげおの気分爽快~朝からP・O・N  2020年8月7日

メディア報道 1

  1. 薄氷のシベリア 温暖化への警告 テレビ・ラジオ番組

    NHK BS1  BS世界のドキュメンタリー  2021年1月26日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外