2021/03/30 更新

写真a

ナカツカ タケシ
中塚 武
NAKATSUKA, Takeshi
所属
大学院環境学研究科 地球環境科学専攻 地球環境変動論 教授
職名
教授

学位 1

  1. 博士(理学) ( 1995年12月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 5

  1. 樹木年輪

  2. 古海洋学

  3. 古気候学

  4. 生物地球化学

  5. 同位体比

研究分野 6

  1. その他 / その他  / 環境動態解析

  2. その他 / その他  / 地球宇宙化学

  3. 人文・社会 / 考古学

  4. 人文・社会 / 考古学

  5. 環境・農学 / 環境動態解析

  6. 自然科学一般 / 宇宙惑星科学

▼全件表示

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 森林-河川-沿岸-外洋系の物質循環と陸・海生態系間の相互作用

  2. 樹木年輪セルロースの同位体比を用いた気候変動解析

経歴 6

  1. 名古屋大学   大学院環境学研究科 地球環境科学専攻 地球環境変動論   教授

    2018年10月 - 現在

  2. 総合地球環境学研究所   研究部   教授

    2013年10月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   大学院環境学研究科   教授

    2008年10月 - 2013年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 北海道大学   低温科学研究所   准教授

    1996年7月 - 2008年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学   大気水圏科学研究所   助手

    1993年4月 - 1996年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学   水圏科学研究所   助手

    1991年11月 - 1993年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 名古屋大学   理学研究科   大気水圏科学専攻

    1988年4月 - 1991年11月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   理学研究科   大気水圏科学専攻

    1986年4月 - 1988年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 京都大学   理学部

    1982年4月 - 1986年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本文化財科学会   評議員

    2018年7月 - 現在

  2. 日本地球化学会

  3. 日本海洋学会

  4. 日本第四紀学会

  5. 日本気象学会

委員歴 3

  1. 日本文化財科学会   評議員  

    2018年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本学術会議 環境学・地球惑星科学合同委員会 IGBP/WCRP分科会   分科会委員  

    2008年10月 - 現在   

  3. IGBP/PAGES Science Steering Committee   Member of Science Steering Committee  

    2007年1月 - 2012年12月   

受賞 3

  1. 第45回三宅賞(地球化学研究協会学術賞)

    2017年12月   地球化学研究協会   樹木年輪酸素同位体比を用いた高時間分解能による古気候学の推進と歴史学・考古学への応用

    中塚 武

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. 日本地球化学会Geochemical Journal賞

    2005年5月   日本地球化学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 日本海洋学会岡田賞

    1997年4月   日本海洋学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 172

  1. 古気候学者から歴史学者への協働の呼びかけ―現代の諸問題に対峙するために- 招待有り

    中塚 武

    日本史研究   700 巻   頁: 147 - 162   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. A 2600-year summer climate reconstruction in central Japan by integrating tree-ring stable oxygen and hydrogen isotopes 査読有り 国際共著 国際誌

    Nakatsuka T.

    Climate of the Past   16 巻 ( 6 ) 頁: 2153 - 2172   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Climate of the Past  

    DOI: 10.5194/cp-16-2153-2020

    Scopus

  3. 酸素同位体比年輪年代法-高精度編年への挑戦 招待有り

    中塚 武

    季刊考古学   150 巻   頁: 142-145   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. 年輪を用いた南アルプスにおける1774 年以降の夏期気温の復元 査読有り

    安江 恒, 久保典子, 赤尾実紀子, 佐野雅規, 中塚 武

    地学雑誌   128 巻 ( 1 ) 頁: 49-59   2019年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5026/jgeography.128.49

  5. Seasonal changes of δD and δ18O in tree-ring cellulose of Quercus crispula suggest a change in post-photosynthetic processes during earlywood growth. 査読有り 国際共著 国際誌

    Nabeshima E, Nakatsuka T, Kagawa A, Hiura T, Funada R

    Tree physiology   38 巻 ( 12 ) 頁: 1829-1840   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/treephys/tpy068

    PubMed

  6. A 180-year-long isotopic record of tree-ring cellulose on Okinawa Island, Japan. 査読有り 国際誌

    Ryu Uemura, Miki Uemura, Masaki Sano, Takeshi Nakatsuka

    Geochemical Journal   52 巻   頁: e21-e27   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. Early summer precipitation in the lower Yangtze River basin for AD 1845-2011 based on tree-ring cellulose oxygen isotopes 査読有り 国際共著 国際誌

    Chenxi Xu, Jiangfeng Shi, Yesi Zhao, Takeshi Nakatsuka, Masaki Sano, Shiyuan Shi, Zhengtang Guo

    Climate Dynamics     2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. 酸素同位体比年輪年代法による池島・福万寺遺跡の弥生時代水田に関する年代観の構築

    井上智博, 中塚 武, 李 貞, 對馬あかね, 佐野雅規, 遠部 慎, 中原 計

    大阪文化財研究   51 巻   頁: 1-26   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. 年輪酸素同位体比分析による多賀城跡西辺の柵木の年代決定 招待有り

    斉藤颯人, 木村勝彦, 箱崎真隆, 佐野雅規, 對馬あかね, 李 貞, 中塚 武

    多賀城跡(宮城県多賀城跡調査研究所年報)   2017 巻   頁: 42-45   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  10. 酸素同位体比年輪年代法の誕生と展開 招待有り 査読有り

    中塚 武

    考古学と自然科学   76 巻   頁: 1-13   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Fine structure and reproducibility of radiocarbon ages of middle to early modern Japanese tree rings. 査読有り 国際誌

    Minoru Sakamoto, Masataka Hakozaki, Nanae Nakao, Takeshi Nakatsuka

    Radiocarbon   59 巻   頁: 1907-1917   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. 『CD-ROM版 鎌倉遺文』に収録された古文書件数と気候復元データの関係の定量的分析 招待有り 査読有り

    伊藤啓介, 中塚 武

    鎌倉遺文研究   40 巻   頁: 23-53   2017年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. 原始・古代史の時間認識と気候変動 招待有り

    中塚 武

    歴博   204 巻   頁: 15-18   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Recent enhancement of central Pacific El Niño variability relative to last eight centuries. 査読有り 国際共著 国際誌

    Liu Y, Cobb KM, Song H, Li Q, Li CY, Nakatsuka T, An Z, Zhou W, Cai Q, Li J, Leavitt SW, Sun C, Mei R, Shen CC, Chan MH, Sun J, Yan L, Lei Y, Ma Y, Li X, Chen D, Linderholm HW

    Nature communications   8 巻   頁: 15386   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ncomms15386

    PubMed

  15. 気候変動が古代日本人に与えたインパクト 招待有り

    中塚 武

    科学   87 巻   頁: 140-148   2017年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Oxygen isotopes in tree rings from greenland: A new proxy of NAO 査読有り 国際共著 国際誌

    Xu C.

    Atmosphere   12 巻 ( 1 )   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Atmosphere  

    DOI: 10.3390/atmos12010039

    Scopus

  17. Delayed warming in Northeast China: Insights from an annual temperature reconstruction based on tree-ring δ<sup>18</sup>O 査読有り 国際共著 国際誌

    Li Q.

    Science of the Total Environment   749 巻   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Science of the Total Environment  

    DOI: 10.1016/j.scitotenv.2020.141432

    Scopus

  18. Synchronizations of tree-ring δ<sup>18</sup>O time series within and between tree species and provinces in Korea: a case study using dominant tree species in high elevations 査読有り 国際共著 国際誌

    Choi E.B.

    Journal of Wood Science   66 巻 ( 1 )   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Wood Science  

    DOI: 10.1186/s10086-020-01901-3

    Scopus

  19. Unstable relationship between tree-ring δ<sup>18</sup>O in the transitional zone of the Asian summer monsoon and the Indian summer monsoon 査読有り 国際共著 国際誌

    Fan H.

    Journal of Hydrology   590 巻   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Hydrology  

    DOI: 10.1016/j.jhydrol.2020.125522

    Scopus

  20. An assessment of diatom assemblages in the Sea of Okhotsk as a proxy for sea-ice cover 査読有り 国際共著 国際誌

    Nakamura H

    Journal of Micropalaeontology   39 巻 ( 1 ) 頁: 77-92 - 92   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Micropalaeontology  

    DOI: 10.5194/jm-39-77-2020

    Scopus

  21. A 338-year tree-ring oxygen isotope record from Thai teak captures the variations in the Asian summer monsoon system. 査読有り 国際共著 国際誌

    Pumijumnong N, Bräuning A, Sano M, Nakatsuka T, Muangsong C, Buajan S

    Scientific reports   10 巻 ( 1 ) 頁: 8966   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-020-66001-0

    Scopus

    PubMed

  22. Oxygen stable isotopes of a network of shrubs and trees as high-resolution plaeoclimatic proxies in Northwestern China 査読有り 国際共著 国際誌

    Li Qiang, Liu Yu, Nakatsuka Takeshi, Zhang Qi-Bin, Ohnishi Keiko, Sakai Akiko, Kobayashi Osamu, Pan Yingnan, Song Huiming, Liu Ruoshi, Sun Changfeng, Fang Congxi

    AGRICULTURAL AND FOREST METEOROLOGY   285 巻   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Agricultural and Forest Meteorology  

    DOI: 10.1016/j.agrformet.2020.107929

    Web of Science

    Scopus

  23. Climate variability over the past 100 years in Myanmar derived from tree-ring stable oxygen isotope variations in Teak 査読有り 国際共著 国際誌

    Pumijumnong Nathsuda, Muangsong Chotika, Buajan Supaporn, Sano Masaki, Nakatsuka Takeshi

    THEORETICAL AND APPLIED CLIMATOLOGY   139 巻 ( 3-4 ) 頁: 1401 - 1414   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Theoretical and Applied Climatology  

    DOI: 10.1007/s00704-019-03036-y

    Web of Science

    Scopus

  24. 酸素同位体比年輪年代法-高精度編年への挑戦 招待有り

    中塚 武

    季刊考古学   150 巻   頁: 142-145   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  25. Reconstruction of multi-millennial summer climate variations in central Japan by integrating tree-ring cellulose oxygen and hydrogen isotope ratios 査読有り 国際共著 国際誌

    Nakatsuka, T, Sano, M, Li, Z, Xu, C, Tsushima, A, Shigeoka, Y, Sho, K, Ohnishi, K, Sakamoto, M, Ozaki, H, Higami, N, Nakao, N, Yokoyama, M, Mitsutani, T

    Climate of the Past Discussion     2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/cp-2020-6

  26. Specific response of earlywood and latewood δ18O from the east and west of Mt. Qomolangma to the Indian summer monsoon. 査読有り 国際共著 国際誌

    An W, Xu C, Liu X, Tan N, Sano M, Li M, Shao X, Nakatsuka T, Guo Z

    The Science of the total environment   689 巻   頁: 99-108   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.scitotenv.2019.06.268

    PubMed

  27. Oxygen isotope ratios of subalpine conifers in Jirisan National Park, Korea and their dendroclimatic potential. 査読有り 国際共著 国際誌

    Jeong-Wook Seo, Masaki Sano, Hyun-Min Jeong, Kwang-Hee Lee, Hong-Chul Park, Takeshi Nakatsuka, Chang-Seob Shin

    Dendrochronologia   57 巻   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.dendro.2019.125626

  28. Increased variability of Thailand's Chao Phraya River peak-season flow and its association with ENSO variability: Evidence from tree ring δ18O. 査読有り 国際共著 国際誌

    Chenxi Xu, Brendan M. Buckley, Parichart, Promchote, S. Y, Simon Wang, Nathsuda Pumijumnong, Wenling An, Masaki Sano, Takeshi Nakatsuka, Zhengtang Guo

    Geophysical Research Letters     2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2018GL081458

  29. Increased drought events in southwest China revealed by tree ring oxygen isotopes and potential role of Indian Ocean Dipole. 査読有り 国際共著 国際誌

    Xu C, An W, Wang SS, Yi L, Ge J, Nakatsuka T, Sano M, Guo Z

    The Science of the total environment   661 巻   頁: 645-653   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.scitotenv.2019.01.186

    PubMed

  30. Cellulose oxygen isotopic composition of teak (Tectona grandis) collected from Java Island: a tool for dendrochronological and dendroclimatological analysis 査読有り 国際共著 国際誌

    Hisamochi Ryo, Watanabe Yumiko, Sano Masaki, Nakatsuka Takeshi, Kurita Naoyuki, Matsuo-Ueda Miyuki, Yamamoto Hiroyuki, Tazuru Suyako, Sugiyama Junji, Subiyanto Bambang, Marsoem Sri Nugroho, Tsuda Toshitaka, Tagami Takahiro

    DENDROCHRONOLOGIA   52 巻   頁: 80-86 - 86   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Dendrochronologia  

    DOI: 10.1016/j.dendro.2018.09.010

    Web of Science

    Scopus

  31. A 180-year-long isotopic record of tree-ring cellulose on Okinawa Island, Japan. 査読有り

    Ryu Uemura, Miki Uemura, Masaki Sano, Takeshi Nakatsuka

      52 巻   頁: e21-e27   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.2343/geochemj.2.0543

  32. East Asian Summer Monsoon moisture sustains summer relative humidity in the southwestern Gobi Desert, China: evidence from δ18O of tree rings. 査読有り

    Qiang Li, Yu Liu, Takeshi Nakatsuka, Keyan Fang, Huiming Song, Ruoshi Liu, Changfeng Sun, Gang Li, Ke Wang

    Climate Dynamics     2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1007/s00382-018-4515-6

  33. Evaluation of the effect of the 2011 Tsunami on coastal forests by means of multiple isotopic analyses of tree-rings. 査読有り 国際共著 国際誌

    Lopez Caceres ML, Nakano S, Ferrio JP, Hayashi M, Nakatsuka T, Sano M, Yamanaka T, Nobori Y

    Isotopes in environmental and health studies   54 巻 ( 5 ) 頁: 494-507   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/10256016.2018.1495203

    PubMed

  34. East Asian Summer Monsoon moisture sustains summer relative humidity in the southwestern Gobi Desert, China: evidence from δ18O of tree rings. 査読有り 国際共著 国際誌

    Qiang Li, Yu Liu, Takeshi Nakatsuka, Keyan Fang, Huiming Song, Ruoshi Liu, Changfeng Sun, Gang Li, Ke Wang

    Climate Dynamics     2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Inter-annual and multi-decadal variability of monsoon season rainfall in central Thailand during the period of 1804-1999-inferred from tree ring oxygen isotopes. 査読有り

    Chenxi Xu, Nathsuda Pumijumnong, Takeshi Nakatsuka, Masaki Sano, Zhengtang Guo

    International Journal of Climatology   38 巻 ( 15 ) 頁: 5766-5776   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1002/joc.5859

  36. Inter-annual and multi-decadal variability of monsoon season rainfall in central Thailand during the period of 1804-1999-inferred from tree ring oxygen isotopes. 査読有り 国際共著 国際誌

    Chenxi Xu, Nathsuda Pumijumnong, Takeshi Nakatsuka, Masaki Sano, Zhengtang Guo

    International Journal of Climatology   38 巻 ( 15 ) 頁: 5766-5776   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Decreasing Indian summer monsoon on the northern Indian sub-continent during the last 180 years: evidence from five tree-ring cellulose oxygen isotope chronologies. 査読有り

    Chenxi Xu, Masaki Sano, Ashok Priyadarshan Dimri, Rengaswamy Ramesh, Takeshi Nakatsuka, Feng Shi, and Zhengtang Guo

    Climate of the Past   14 巻   頁: 653-664   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.5194/cp-14-653-2018

  38. Decreasing Indian summer monsoon on the northern Indian sub-continent during the last 180 years: evidence from five tree-ring cellulose oxygen isotope chronologies. 査読有り 国際共著 国際誌

    Chenxi Xu, Masaki Sano, Ashok Priyadarshan Dimri, Rengaswamy Ramesh, Takeshi Nakatsuka, Feng Shi, Zhengtang Guo

    Climate of the Past   14 巻   頁: 653-664   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Early summer precipitation in the lower Yangtze River basin for AD 1845-2011 based on tree-ring cellulose oxygen isotopes 査読有り

    Chenxi Xu, Jiangfeng Shi, Yesi Zhao, Takeshi Nakatsuka, Masaki Sano, Shiyuan Shi and Zhengtang Guo

    Climate Dynamics     2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1007/s00382-018-4212-5

  40. 酸素同位体比年輪年代法による池島・福万寺遺跡の弥生時代水田に関する年代観の構築

    井上智博・中塚 武・李 貞・對馬あかね・佐野雅規・遠部 慎・中原 計

    大阪文化財研究   51 巻   頁: 1-26   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. 酸素同位体比年輪年代法の誕生と展開 招待有り 査読有り

    中塚 武

    考古学と自然科学   76 巻   頁: 1-13   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. 多賀城跡出土西辺柵木の樹種 招待有り

    箱崎真隆・木村勝彦・中塚 武

    多賀城跡(宮城県多賀城跡調査研究所年報)   2017 巻   頁: 40-41   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  43. 年輪酸素同位体比分析による多賀城跡西辺の柵木の年代決定 招待有り

    斉藤颯人・木村勝彦・箱崎真隆・佐野雅規・對馬あかね・李 貞・中塚 武

    多賀城跡(宮城県多賀城跡調査研究所年報)   2017 巻   頁: 42-45   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  44. 多賀城跡出土西辺柵木の樹種 招待有り

    箱崎真隆, 木村勝彦, 中塚 武

    多賀城跡(宮城県多賀城跡調査研究所年報)   2017 巻   頁: 40-41   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  45. 三内丸山遺跡出土木材の酸素同位体分析 招待有り

    小林謙一・木村勝彦・佐野雅規・箱崎真隆・中塚 武

    特別史跡三内丸山遺跡 年報   21 巻   頁: 43-61   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  46. 三内丸山遺跡出土木材の酸素同位体分析 招待有り

    小林謙一, 木村勝彦, 佐野雅規, 箱崎真隆, 中塚 武

    特別史跡三内丸山遺跡 年報   21 巻   頁: 43-61   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  47. Age determination on a catastrophic rock avalanche using tree-ring oxygen isotope ratios - the scar of a historical gigantic earthquake in the Southern Alps, central Japan 査読有り

    Ryuji Yamada, Yoshihiko Kariya, Takashi Kimura, Masaki Sano, Zhen LI, Takeshi Nakatsuka

    Quaternary Geochronology   44 巻   頁: 47-54   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Age determination on a catastrophic rock avalanche using tree-ring oxygen isotope ratios - the scar of a historical gigantic earthquake in the Southern Alps, central Japan 査読有り 国際誌

    Ryuji Yamada, Yoshihiko Kariya, Takashi Kimura, Masaki Sano, Zhen LI, Takeshi Nakatsuka

    Quaternary Geochronology   44 巻   頁: 47-54   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Relationship between the Northern Paciic Gyre Oscillation and tree-ring cellulose oxygen isotopes in northeastern Japan. 査読有り

    Wataru Sakashita, Hiroko Miyahara, Yusuke Yokoyama, Takahiro Aze, Stephen P. Obrochta and Takeshi Nakatsuka

    Geoscience Letter   4 巻 ( 29 )   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1186/s40562-017-0095-2

  50. Fine structure and reproducibility of radiocarbon ages of middle to early modern Japanese tree rings. 査読有り

    Minoru Sakamoto, Masataka Hakozaki, Nanae Nakao and Takeshi Nakatsuka

    Radiocarbon   59 巻   頁: 1907-1917   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Relationship between the Northern Paciic Gyre Oscillation and tree-ring cellulose oxygen isotopes in northeastern Japan. 査読有り 国際共著 国際誌

    Wataru Sakashita, Hiroko Miyahara, Yusuke Yokoyama, Takahiro Aze, Stephen P. Obrochta, Takeshi Nakatsuka

    Geoscience Letter   4 巻 ( 29 )   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. 高分解能古気候データを『日本書紀』の解釈に利用する際の留意点 招待有り

    中塚 武

    日本書紀研究   32 巻   頁: 155-171   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. 高分解能古気候データを『日本書紀』の解釈に利用する際の留意点 招待有り

    中塚 武

    日本書紀研究   32 巻   頁: 155-171   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Negligible local-factor influences on tree ring cellulose δ18O of Qilian juniper in the Animaqing Mountains of the eastern Tibetan Plateau. 査読有り

    Chenxi Xu, Xuemei Shao, Wenling An, Takeshi Nakatsuka, Yong Zhang, Masaki Sano and Zhengtang Guo

    Tellus B: Chemical and Physical Meteorology   69 巻   頁: 1391663   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1080/16000889.2017.1391663

  55. Negligible local-factor influences on tree ring cellulose δ18O of Qilian juniper in the Animaqing Mountains of the eastern Tibetan Plateau. 査読有り 国際共著 国際誌

    Chenxi Xu, Xuemei Shao, Wenling An, Takeshi Nakatsuka, Yong Zhang, Masaki Sano, Zhengtang Guo

    Tellus B: Chemical and Physical Meteorology   69 巻   頁: 1391663   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. 『CD-ROM版 鎌倉遺文』に収録された古文書件数と気候復元データの関係の定量的分析 招待有り

    伊藤啓介・中塚 武

    鎌倉遺文研究   40 巻   頁: 23-53   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. 原始・古代史の時間認識と気候変動 招待有り

    中塚 武

    歴博   204 巻   頁: 15-18   2017年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  58. 樹木年輪セルロースの酸素・水素同位体比の統合による中部日本の短周期及び長周期の夏季降水量変動の復元

    中塚 武, 佐野 雅規, 李 貞, 對馬 あかね, 重岡 優希

    日本地球化学会年会要旨集   64 巻 ( 0 )   2017年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>本州の中部及び近畿地方の多数の地点から得られた、様々な時代の約70個体の長樹齢(百~九百年)の木材年輪試料から、年層毎にセルロースを抽出して酸素同位体比を測定し、過去2600年間に及ぶ高精度の酸素同位体比クロノロジーを完成させると共に、同時に測定した水素同位体比と組み合わせることで、酸素同位体比に含まれる樹齢効果を理論的に削除し、純粋に気候(降水量)変動の成分のみを計算することに成功した。その方法の詳細、及び得られた成果の気候学的、歴史学的、考古学的意義について紹介する。</p>

    DOI: 10.14862/geochemproc.64.0_15

    CiNii Article

  59. Moisture source signals preserved in a 242-year tree-ring δ18O chronology in the western Himalaya. 査読有り

    Masaki Sano, A P Dimri, R. Ramesh, Chenxi Xu, Zhen Li, Takeshi Nakatsuka

    Global and Planetary Change   157 巻   頁: 73-82   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.gloplacha.2017.08.009

  60. Moisture source signals preserved in a 242-year tree-ring δ18O chronology in the western Himalaya. 査読有り 国際共著 国際誌

    Masaki Sano, A P Dimri, R. Ramesh, Chenxi Xu, Zhen Li, Takeshi Nakatsuka

    Global and Planetary Change   157 巻   頁: 73-82   2017年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Hydroclimate reconstruction in central Japan over the past four centuries from tree-ring cellulose δ18O. 査読有り

    Wataru Sakashita, Hiroko Miyahara, Yusuke Yokoyama, Takahiro Aze, Takeshi Nakatsuka, Yasuharu Hoshino, Motonari Ohyama, Hitoshi Yonenobu, Keiji Takemura

    Quaternary International     2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.quaint.2017.06.020

  62. Hydroclimate reconstruction in central Japan over the past four centuries from tree-ring cellulose δ18O. 査読有り 国際誌

    Wataru Sakashita, Hiroko Miyahara, Yusuke Yokoyama, Takahiro Aze, Takeshi Nakatsuka, Yasuharu Hoshino, Motonari Ohyama, Hitoshi Yonenobu, Keiji Takemura

    Quaternary International     2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Sampling strategy and climatic implication of tree-ring cellulose oxygen isotopes of Hippophae tibetana and Abies georgei on the southeastern Tibetan Plateau. 査読有り 国際共著 国際誌

    Xu C, Zhu H, Nakatsuka T, Sano M, Li Z, Shi F, Liang E, Guo Z

    International journal of biometeorology     2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00484-017-1365-6

    PubMed

  64. Assessment of sungkai tree-ring delta O-18 proxy for paleoclimate reconstruction in western Java, Indonesia 査読有り 国際共著 国際誌

    Harada Mao, Watanabe Yumiko, Nakatsuka Takeshi, Tazuru-Mizuno Suyako, Horikawa Yoshiki, Subiyanto Bambang, Sugiyama Junji, Tsuda Toshitaka, Tagami Takahiro

    QUATERNARY INTERNATIONAL   432 巻   頁: 33-38 - 38   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Quaternary International  

    DOI: 10.1016/j.quaint.2015.03.038

    Web of Science

    Scopus

  65. 気候変動が古代日本人に与えたインパクト 招待有り

    中塚 武

    科学   87 巻   頁: 140-148   2017年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  66. 高分解能古気候データから始まる新しい災害史研究の方向性 招待有り 査読有り

    中塚 武

    国立歴史民俗博物館研究報告   203 巻   頁: 9-26   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Analysis of the interdecadal variability of summer precipitation in central Japan using a reconstructed 106-year-long oxygen isotope record from tree-ring cellulose. 査読有り

    Naoyuki Kurita, Takeshi Nakatsuka, Keiko Ohnishi, Takumi Mitsutani and Tomo'omi Kumagai

    Journal of Geophysical Research-Atmosphere   121 巻 ( 20 ) 頁: 12089-12107   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1002/2016JD025463

  68. 高分解能古気候データを用いた新しい歴史学研究の可能性 招待有り 査読有り

    中塚 武

    日本史研究   646 巻   頁: 3-18   2016年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. 日本近世における年貢上納と気候変動-近世史研究における古気候データ活用の可能性をさぐる- 招待有り 査読有り

    鎌谷かおる・佐野雅規・中塚 武

    日本史研究   646 巻   頁: 36-56   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. 酸素同位体比年輪年代法がもたらす新しい考古学研究の可能性 招待有り

    中塚 武

    考古学研究   62 巻   頁: 17-30   2015年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. 稲沢市下津宿遺跡出土井戸枠の酸素同位体比年輪年代測定結果について

    樋上 昇・中塚 武・大石恭平

    愛知県埋蔵文化財センター研究紀要   16 巻   頁: 49-68   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  72. 平家はなぜ滅んだのか-気候変動という視点 招待有り

    中塚 武

    HUMAN   7 巻   頁: 132-141   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  73. A 400-year record of hydroclimate variability and local ENSO history in northern Southeast Asia inferred from tree-ring δ18O 査読有り

    Xu, C., M. Sano and T. Nakatsuka

    Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology   386 巻   頁: 588-598   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Fe/Al ratio of suspended particulate matter from intermediate water in the Okhotsk Sea: Implications for long-distance lateral transport of particulate Fe 査読有り

    Shigemitsu, M., J. Nishioka, Y. W. Watanabe, Y. Yamanaka, T. Nakatsuka, Y. N. Volkov

    Marine Chemistry   157 巻   頁: 41-48   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Decadal time evolution of ocean uptake of anthropogenic carbon in the Okhotsk Sea 査読有り

    Watanabe Y. W., J. Nishioka and T. Nakatsuka

    Geophysical Research Letter   40 巻   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/grl.50113

  76. Summer precipitation in the Bhutan Himalaya since 1743 CE as reconstructed from tree-ring cellulose δ18O 査読有り

    Sano, M., P. Tshering, J. Komori, K. Fujita, C. Xu and T. Nakatsuka

    Journal of Geophysical Research   118 巻   頁: 1-12   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1002/jgrd.50664

  77. Availability of particulate Fe to phytoplankton in the Sea of Okhotsk 査読有り

    Sugie, K., J. Nishioka, K. Kuma, Y. N. Volkov and T. Nakatsuka

    Marine Chemistry   152 巻   頁: 20-31   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Continental-scale temperature variability during the last two millennia 査読有り

    M. Ahmed, K. J. Anchukaitis, A. Asrat, H. P. Borgaonkar, M. Braida, B. M. Buckley, U. Büntgen, B. M. Chase, D. A. Christie, E. R. Cook, M. A. J. Curran, H. F. Diaz, J. Esper, Z. Fan, N. P. Gaire, Q. Ge, J. Gergis, J. F. González-Rouco, H. Goosse, S. W. Grab, N. Graham, R. Graham, M. Grosjean, S. T. Hanhijärvi, D. S. Kaufman, T. Kiefer, K. Kimura, A. A. Korhola, P. J. Krusic, A. Lara, A-M. Lézine, F. C. Ljungqvist, A. M. Lorrey, J. Luterbacher, V. Masson-Delmotte, D. McCarroll, J. R. McConnel, N. P. McKay, M. S. Morales, A. D. Moy, R. Mulvaney, I. A. Mundo, T. Nakatsuka, D. J. Nash, R. Neukom, S. E. Nicholson, H. Oerter, J. G. Palmer, S. J. Phipps, M. R. Prieto, A. Rivera, M. Sano, M. Severi, T. M. Shanahan, X. Shao, F. Shi, M. Sigl, J. E. Smerdon, O. N. Solomina, E. J. Steig, B. Stenni, M. Thamban, V. Trouet, C. S.M. Turney, M. Umer, T. van Ommen, D. Verschuren, A. E. Viau, R. Villalba, B. M. Vinther, L. von Gunten, S. Wagner, E. R. Wahl, H. Wanner, J. P. Werner, J. W. C. White, K. Yasue, E. Zorita

    Nature Geoscience   6 巻   頁: 339-346   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Influence of Amur River discharge on phytoplankton 1 photophysiology in the Sea of Okhotsk during late summer 査読有り

    Isada, T., T. Iida, H. Liu, S. Saitoh, J. Nishioka, T. Nakatsuka and K. Suzuki

    Journal of Geophysical Research   118 巻   頁: 1995-2013   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Comparison of the dryness/wetness index in China with the Monsoon Asia Drought Atlas. 査読有り

    Yang, F., F. Shi, S. Kang, S. Wang, Z. Xiao, T. Nakatsuka and J. Shi

    Theoretical and Applied Climatology     2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00704-013-0858-4

  81. Comparison of Sungkai Tree-Ring Components and Meteorological Data from Western Java, Indonesia 査読有り

    Watanabe, Y., S. Tamura, T. Nakatsuka, S. Tazuru, J. Sugiyama, B. Subiyanto, T. Tsuda, and T. Tagami

    Journal of Disaster Research   8 巻   頁: 95-102   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Intensive mixing along an island chain controls oceanic 査読有り

    Nishioka, J., T. Nakatsuka, Y. W. Watanabe, I. Yasuda, K. Kuma, H. Ogawa, N. Ebuchi, A. Scherbinin, Y. N. Volkov, T. Shiraiwa and M. Wakatsuchi

    Global Biogeochemical Cycles   27 巻   頁: 1-10   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/gbc.20088

  83. Tree-ring reconstructed summer temperature anomalies for temperate East Asia since 800 C.E 査読有り

    Cook, E. R., P. J. Krusic, K. J. Anchukaitis, B. M. Buckley, T. Nakatsuka, M. Sano and PAGES Asia2k Members

    Climate Dynamics   39 巻   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00382-012-1611-x

  84. A 300-year Vietnam hydroclimate and ENSO variability record reconstructed from tree-ring d18O 査読有り

    Sano, M., C. Xu and T. Nakatsuka

    Journal of Geophysical Research   117 巻   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2012JD017749

  85. Sea surface temperature changes in the Okhotsk Sea and adjacent North Pacific during the last glacial maximum and deglaciation 査読有り

    Harada, N., M. Sato, O. Seki, A. Timmermann, H. Moossen, J. Bendle, Y. Nakamura, K. Kimoto, Y. Okazaki, K. Nagashima, S. A. Gorbarenko, A. Ijiri, T. Nakatsuka, L. Menviel, M. O. Chikamoto, A. Abe-Ouchi, S. Schouten

    Deep-Sea Research II   61-64 巻   頁: 93–105   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Assessment for paleoclimatic utility of terrestrial biomarker record in the Okhotsk Sea sediments 査読有り

    Seki, O., N. Harada, M. Sato, A. Ijiri and T. Nakatsuka

    Deep Sea Research II   61–64 巻   頁: 85–92   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Regional hydroclimate and precipitation d18O revealed in tree-ring cellulose d18O from different tree species in semi-arid Northern China 査読有り

    Li, Q., T. Nakatsuka, K. Kawamura, Y. Liu and H. Song

    Chemical Geology   282 巻   頁: 19-28   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chemgeo.2011.01.004

  88. Hydroclimate variability in the North China Plain and its link with El Nino-Southern Oscillation since 1784 A.D. Insights from tree-ring cellulose d18O 査読有り

    Li, Q, T. Nakatsuka, K. Kawamura, Y. Liu, H. Song

    Journal of Geophysical Research   116 巻   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2011JD015987

  89. Tree-ring cellulose δ18O of Fokienia hodginsii in Northern Laos: a promising proxy to reconstruct ENSO? 査読有り

    Xu, C., M. Sano, T. Nakatsuka

    Journal of Geophysical Research   116 巻   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2011JD016694

  90. Plant-wax hydrogen isotopic evidence for postglacial variations in delivery of precipitation in the monsoon domain of China 査読有り

    Seki, O., P. A. Meyers, S. Yamamoto, K. Kawamura, T. Nakatsuka, W. Zhou, Y. Zheng

    Geology   39 巻   頁: 875-878   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Strong vertical mixing in the Urup Strait 査読有り

    Itoh, S., I. Yasuda, M. Yagi, S. Osafune, H. Kaneko, J. Nishioka, T. Nakatsuka and Y. N. Volkov

    Geophysical Research Letters   38 巻   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2011GL048507

  92. 古環境科学の統合と地球環境の将来予測 招待有り

    中塚 武

    月刊海洋   42 巻   頁: 131-132   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  93. 地球環境の将来予測のための古環境研究の役割―過去1000年間からの教訓― 招待有り

    中塚 武

    月刊海洋   42 巻   頁: 133-141   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  94. Seasonal changes in relative humidity recorded by intra-ring variations in oxygen isotopic ratio of tree-ring cellulose 査読有り

    Nakatsuka, T., K. Ohnishi and Y. Takahashi

    "Earth, Life and Isotope", edited by N. Ohkouchi, I. Tayasu and K. Koba, Kyoto University Press, Kyoto     頁: 291-301   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Compound-specific n-alkane δ13C and δD approach for assessing source and delivery processes of terrestrial organic matter within a forested watershed in northern Japan 査読有り

    Seki, O., T. Nakatsuka, H. Shibata and K. Kawamura

    Geochimica et Cosmochimica Acta   74 巻   頁: 599-613   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Fine- and microstructure observations in the Urup Strait, Kuril Islands, during August of 2006 査読有り

    Itoh, S., I. Yasuda, T. Nakatsuka, J. Nishioka and Y. N. Volkov

    Journal of Geophysical Research   115 巻   頁: C08004, doi:10.1029/ 2009JC005629   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Stable carbon isotope ratios of ethane over the North Pacific: atmospheric measurements and global chemical transport modeling 査読有り

    Saito, T., O. Stein, U. Tsunogai, K. Kawamura, T. Nakatsuka, T. Gamo and N. Yoshida

    Journal of Geophysical Research   116 巻   頁: D02308   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2010JD014602

  98. Iron nutritional status of the phytoplankton assemblage in the Okhotsk Sea during summer 査読有り

    Yoshimura, T., J. Nishioka and T. Nakatsuka

    Deep Sea Research I   57 巻   頁: 1454-1464   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Synchronized Northern Hemisphere Climate Change and Solar Magnetic Cycles during the Maunder Minimum. 査読有り

    Yamaguchi, Y., Y. Yokoyama, H. Miyahara, K. Sho and T. Nakatsuka

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   107 巻   頁: 20697–20702   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. Phytoplankton growth and microzooplankton grazing in the Sea of Okhotsk during late summer of 2006. 査読有り

    Liu, H., K. Suzuki, J. Nishioka, R. Sohrin and T. Nakatsuka

    Deep-Sea Research I   56 巻   頁: 561-570   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Increases of alkalinity and pH in the Okhotsk Sea during the 1990s and 2000s 査読有り

    Watanabe, Y. W., J. Nishioka, M. Shigemitsu, A. Mimura and T. Nakatsuka

    Geophysical Research Letter   36 巻 ( 15 ) 頁: doi:10.1029/2009GL038520   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Photochemical histories of non-methane hydrocarbons inferred from their stable carbon isotope ratio measurements over East Asia, 査読有り

    Saito, T., K. Kawamura, U. Tsunogai, Tai-Yih Chen, H. Matsueda, T. Nakatsuka, T. Gamo, M. Uematsu and B. J. Huebert

    Journal of Geophysical Research   114 巻   頁: D11303, doi:10.1029/2008JD011388   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. Benthic foraminifera as trophic links between phytodetritus and benthic metazoans: carbon and nitrogen isotopic evidence. 査読有り

    Nomaki, H., N. O. Ogawa, N. Ohkouchi, H. Suga, T. Toyofuku, M. Shimanaga, T. Nakatsuka, and H. Kitazato

    Marine Ecology Progress Series   357 巻   頁: 153-164   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. 内陸と外洋の生態系の河川・陸棚・中層を介した物質輸送による結びつき-2006/2007オホーツク海航海の作業仮説-.

    中塚 武・西岡 純・白岩孝行

    月刊海洋   号外50 巻   頁: 68-76   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  105. カムチャッカ半島のカラマツ年輪セルロースの水素・酸素同位体比による夏季気温変動の復元.

    中塚 武・大西啓子・原登志彦

    月刊地球   30 巻   頁: 207-215   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  106. Processes influencing iron distributions in the coastal waters of the Tsugaru Strait, Japan. 査読有り

    Saitoh, Y., K. Kuma, Y. Isoda, H. Kuroda, H. Matsuura, T. Wagawa, H. Takata, N. Kobayashi, S. Nagao and T. Nakatsuka

    Journal of Oceanography   64 巻   頁: 815-830   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. Summer relative humidity in northern Japan inferred from tree-ring d18O (1776-2002 AD)- Influence of paleoclimate indices of atmospheric circulation. 査読有り

    Tsuji, H., T. Nakatsuka, K. Yamazaki and K. Takagi

    Journal of Geophysical Research   113 巻   頁: D18103, doi:10.1029/2007JD009080.   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Time-series sediment trap record of alkenones from the western Sea of Okhotsk. 査読有り

    Seki, O., T. Nakatsuka, K. Kawamura, S. Saitoh and M. Wakatsuchi

    Marine Chemistry   104 巻   頁: 253-265   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. *Iron supply to the western subarctic Pacific: Importance of iron export from the Sea of Okhotsk. 査読有り

    Nishioka, J., T. Ono, H. Saito, T. Nakatsuka, S. Takeda, T. Yoshimura, K. Suzuki, K. Kuma, S. Nakabayashi, D. Tsumune, H. Mitsudera, W. K. Johnson, and A. Tsuda

    Journal of Geophysical Research   112 巻   頁: C10012, doi:10.1029/2006JC004055   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. Different ingestion patterns of 13C-labeled bacteria and algae by deep-sea benthic foraminifera. 査読有り

    Nomaki, H., P. Heinz, T. Nakatsuka, M. Shimanaga, N. Ohkouchi, N. O. Ogawa, K. Kogure, E. Ikemoto and H. Kitazato

    Marine Ecology Progress Series   310 巻   頁: 95-108   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. 樹木年輪セルロースの酸素同位体比による古気候の復元を目指して.

    中塚 武

    低温科学   65 巻   頁: 49-56   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  112. 地球温暖化とアイソトープ-同位体古気候学の挑戦-. 招待有り

    中塚 武

    くらしと放射線   19 巻   頁: 10-21   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  113. Distribution of N* in the Sea of Okhotsk and its use as a biogeochemical tracer of Okhotsk Sea Intermediate Water formation process. 査読有り

    Yoshikawa, C., T. Nakatsuka and M. Wakatsuchi

    Journal of Marine Systems   63 巻   頁: 49-62   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Cycladophora davisiana (Radiolaria) in the Okhotsk Sea : a key for reconstructing glacial ocean conditions. 査読有り

    Okazaki, Y., O. Seki, T. Nakatsuka, T. Sakamoto, M. Ikehara and K. Takahashi

    Journal of Oceanography   62 巻   頁: 639-648   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. Nitrate-nitrogen isotopic patterns in surface waters of the western and central equatorial Pacific. 査読有り

    Yoshikawa, C., Y. Yamanaka and T. Nakatsuka

    Journal of Oceanography   62 巻   頁: 511-525   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. d18O of tree-rings cellulose in two species (spruce and oak) as proxies of precipitation amount and relative humidity in Northern Japan. 査読有り

    Tsuji, H., T. Nakatsuka and K. Takagi

    Chemical Geology   231 巻   頁: 67-76   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. Fluxes, source and transport of organic matter in the western Sea of Okhotsk: stable carbon isotopic ratios of n-alkanes and total organic carbon. 査読有り

    Seki, O., C. Yoshikawa, T. Nakatsuka, K. Kawamura and M. Wakatsuchi

    Deep-Sea Research I   53 巻   頁: 253-270   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. Species-specific ingestion of organic carbon by deep-sea benthic foraminifera and meiobenthos: In situ tracer experiments. 査読有り

    Nomaki, H., P. Heinz, T. Nakatsuka, M. Shimanaga and H. Kitazato

    Limnology and Oceanography   50 巻   頁: 134-146   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. Ice-rafted debris (IRD) based sea-ice expansion events during the past 100 kyrs in the Okhotsk Sea. 査読有り

    Sakamoto, T., M. Ikehara, K. Aoki, K. Iijima, N. Kimura, T. Nakatsuka and M. Wakatsuchi

    Deep-Sea Research II   52 巻   頁: 2275-2301   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  120. Transition of low-salinity water in the Western Pacific Warm Pool recorded in the nitrogen isotopic ratios of settling particles. 査読有り

    Yoshikawa, C., T. Nakatsuka and H. Kawahata

    Geophysical Research Letter   32 巻   頁: L14615, doi:10.1029/2005GL023103   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  121. Shock-induced isotope evolution of hydrogen and carbon in meteorites. 査読有り

    Mimura, K., M. Okamoto, T. Nakatsuka, K. Sugitani, and O. Abe

    Geophysical Research Letter   32 巻   頁: L08710, doi:10.1029/2004GL022177   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. Decreased surface salinity in the Sea of Okhotsk during the last glacial period estimated from alkenones, 査読有り

    Seki, O., K. Kawamura, T. Sakamoto, M. Ikehara, T. Nakatsuka, and M. Wakatsuchi

    Geophysical Research Letter   32 巻   頁: L08710, doi:10.1029/2004GL022177   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  123. An ecosystem model including nitrogen isotopes: Perspectives on a study of the marine nitrogen cycle. 査読有り

    Yoshikawa, C., Y. Yamanaka and T. Nakatsuka

    Journal of Oceanography   61 巻   頁: 921-942   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. *Oxygen and carbon isotopic ratios of tree-ring cellulose in a conifer-hardwood mixed forest in northern Japan. 査読有り

    Nakatsuka, T., K. Ohnishi, T. Hara, A. Sumida, D. Mitsuishi, N. Kurita and S. Uemura

    Geochemical Journal   38 巻   頁: 77-88   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. 過去の生物生産と物質循環

    中塚 武(2004):

    月刊 地球   号外 44 巻   頁: 117-121   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  126. In situ measurement of butane and pentane isomers over the subtropical North Pacific. 査読有り

    Saito, T., K. Kawamura, T. Nakatsuka and B. J. Huebert

    Geochemical Journal   38 巻   頁: 397-404   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. *Dissolved and particulate organic carbon in the Sea of Okhotsk: Transport from continental shelf to ocean interior. 査読有り

    Nakatsuka, T., M. Toda, K. Kawamura and M. Wakatsuchi

    Journal of Geophysical Research   109 巻   頁: C09S14, doi:10.1029/2003JC001909.   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  128. *Biogenic and lithogenic particle flux in the western region of the Sea of Okhotsk: Implications for lateral material transport and biological productivity. 査読有り

    Nakatsuka, T., T. Fujimune, C. Yoshikawa, S. Noriki, K. Kawamura, Y. Fukamachi, G. Mizuta and M. Wakatsuchi

    Journal of Geophysical Research   109 巻   頁: C09S13, doi:10.1029/2003JC001908   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. Reconstruction of paleoproductivity in the Sea of Okhotsk over the last 30 kyrs. 査読有り

    Seki, O., M. Ikehara, K. Kawamura, T. Nakatsuka, K. Ohnishi, M. Wakatsuchi, H. Narita and T. Sakamoto

    Paleoceanography   19 巻   頁: PA1016, doi:10.1029/2002PA000808   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  130. Variation of alkenone sea surface temperature in the Sea of Okhotsk over the last 85 kyrs. 査読有り

    Seki, O., K. Kawamura, M. Ikehara, T. Nakatsuka and T. Oba

    Organic Geochemistry   35 巻   頁: 347-354   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  131. Sediment core profiles of long-chain n-alkanes in the Sea of Okhotsk: Enhanced transport of terrestrial materials in the last deglacial to the early Holocene. 査読有り

    Seki, O., K. Kawamura, T. Nakatsuka, K. Ohnishi M. Ikehara and M. Wakatsuchi

    Geophysical Research Letter   30 巻   頁: 10.1029/2001GL014464   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  132. 鉛210およびセシウム137から見た相模湾における沈降粒子の振る舞いと堆積フラックス. 査読有り

    加藤義久・中塚 武・増澤敏行・白山義久・嶋永元裕・北里 洋

    日本海水学会誌   57 巻   頁: 150-165   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  133. Radiolarians under the seasonally sea-ice covered conditions in the Okhotsk Sea: flux and their implications for paleoceanography. 査読有り

    Okazaki, Y., Takahashi, K., Yoshitani, H., Nakatsuka, T., Ikehara, M., and Wakatsuchi, M.

    Marine Micropaleontology   49 巻   頁: 195-230   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  134. The production scheme of Cycladophora davisiana (Radiolaria) in the Okhotsk Sea and the northwestern North Pacific: implication for the paleoceanographic conditions during the glacials in the high latitude oceans. 査読有り

    Okazaki, Y., K. Takahashi, T. Nakatsuka and M. C. Honda

    Geophysical Research Letter   30 巻   頁: 1939 doi.10,1029/2003 GL018070.   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  135. 210Pb and 237Cs in sediments from Sagami Bay, Japan: Sedimentation rates and inventories. 査読有り

    Kato, Y., H. Kitazato, M. Shimanaga, T. Nakatsuka, Y. Shirayama and T. Masuzawa

    Progress in Oceanography   57 巻   頁: 77-95   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  136. Temporal variation in mass fluxes and their major components of sinking particles in Sagami Bay off Japan. 査読有り

    Masuzawa, T., Tie Li, Y. Duan, M. Yamamoto, Y. Hibi, T. Nakatsuka, H. Kitazato and Y. Kato

    Progress in Oceanography   57 巻   頁: 59-75   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. Particle dynamics in the deep water column of Sagami Bay, Japan –II: Seasonal change in profiles of suspended phytodetritus. 査読有り

    Nakatsuka, T., J. Kanda and H. Kitazato

    Progress in Oceanography   57 巻   頁: 47-57   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  138. Particle dynamics in the deep water column of Sagami Bay, Japan- I: Origins of apparent flux of sinking particles. 査読有り

    Nakatsuka, T., T. Masuzawa, J. Kanda, H. Kitazato, Y. Shirayama, M. Shimanaga and A. Yamaoka

    Progress in Oceanography   57 巻   頁: 31-45   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  139. Long-term monitoring of the sedimentary process at the central part of Sagami Bay, Japan: Rationale, logistics and overview of results. 査読有り

    Kitazato, H., T. Nakatsuka, M. Shimanaga, J. Kanda, W. Soh, Y. Kato, Y. Okada, A. Yamaoka, T. Masuzawa, K. Suzuki, and Y. Shirayama

    Progress in Oceanography   57 巻   頁: 3-16   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  140. The role of benthic foraminifera in deep-sea food webs at the sediment-water interface: Results from in situ feeding experiments in Sagami bay. 査読有り

    Kitazato, H., H. Nomaki, P. Heinz and T. Nakatsuka

    Frontier Research on Earth Evolution   1 巻   頁: 227-232   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  141. Stable carbon isotopic compositions of light hydrocarbons over the western North Pacific and implication for their photochemical ages. 査読有り

    Saito, T., U. Tsunogai, K. Kawamura, T. Nakatsuka, and N. Yoshida

    Journal of Geophysical Research   107 巻 ( D4 ) 頁: 10.1029/2000JD000127   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  142. Biogenic opal indicating less productive northwestern North Pacific during the glacial ages. 査読有り

    Narita, H., M. Sato, S. Tsunogai, M. Murayama, M. Ikehara, T. Nakatsuka, and M. Wakatsuchi

    Geophysical Research Letter   29 巻   頁: 10.1029/2001GL014320   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  143. An extremely turbid intermediate water in the Sea of Okhotsk : Implication for the transport of particulate organic carbon in a seasonally ice-bound sea. 査読有り

    Nakatsuka, T., C. Yoshikawa, M. Toda, K. Kawamura and M. Wakatsuchi

    Geophysical Research Letter   29 巻   頁: 10.1029/2001GL014029   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  144. A biomarker approach for assessing marine and terrigenous inputs to the sediments of Sea of Okhotsk for the last 27,000 years. 査読有り

    Ternois, Y., K. Kawamura, L. Keigwin, N. Ohkouchi and T. Nakatsuka

    Geochimica et Cosmochimica Acta   65 巻   頁: 791-802   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  145. 有能な語り手-有機物と同位体. 招待有り 査読有り

    中塚 武

    「海と環境」日本海洋学会編, 講談社サイエンティフィク     頁: 28-38   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  146. N*による縁辺海における窒素収支解析の試み.

    中塚 武

    月刊 海洋   33 巻   頁: 518-522   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  147. 窒素同位体海洋化学の展開 – オホーツク海を例として -.

    中塚 武・吉川知里・大西啓子

    月刊 海洋   号外 25 巻   頁: 114-120   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  148. 海溝斜面域における粒状有機物の分散・集積メカニズム –リバウンド&スキャベンジモデル-.

    中塚 武

    月刊 地球   号外32 巻   頁: 90-95   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  149. Implication of carbon isotope ratios of C27-C33 alkanes and C37 alkenes for the sources of organic matter in the Southern Ocean surface sediments. 査読有り

    Ohkouchi, N., K. Kawamura, N. Takemoto, M. Ikehara and T. Nakatsuka

    Geophysical Research Letters,   27 巻   頁: 233-236   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  150. 北部北太平洋・ベーリング海における懸濁粒子の脂質成分・炭素安定同位体比の鉛直分布. 査読有り

    河村公隆・加治 貴・大河内直彦・中塚 武・池原 実

    日本プランクトン学会報   47 巻   頁: 140-143   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  151. 14C budget of sinking particulate organic matter in Japan Trench: a new approach to estimate the contribution from resuspended particles in deep water column. 査読有り

    Nakatsuka, T., A. Hosokawa, N. Handa, E. Matsumoto and T. Masuzawa

    "Dynamics and Characterization of Marine Organic Matter" edited by N. Handa, E. Tanoue and T. Hama, TERRAPUB, Tokyo     頁: 169-186   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  152. Seasonal phytodetritus deposition and responses of bathyal benthic foraminiferal populations in Sagami Bay, Japan: preliminary results from “Project Sagami 1996-1999". 査読有り

    Kitazato, H., Y. Shirayama, T. Nakatsuka, S. Fujiwara, M. Shimanaga, Y. Kato, Y. Okada, J. Kanda, A. Yamaoka, T. Masuzawa and K. Suzuki

    Marine Micropaleontology   40 巻   頁: 135-149   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  153. 室内実験による不飽和脂肪酸からの低分子ジカルボン酸の光化学的生成(予報). 査読有り

    松永 壮・河村公隆・中塚 武・大河内直彦

      14 巻   頁: 19-26   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  154. Production and transport of long-chain alkenones and alkyl alkenoates in a sea water column in the northwestern Pacific off central Japan. 査読有り

    Sawada, K., N. Handa and T. Nakatsuka

    Marine Chemistry   59 巻   頁: 219-234   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  155. 堆積有機物の炭素・窒素安定同位体比による古海洋解析. 招待有り 査読有り

    中塚 武

    地学雑誌   107 巻   頁: 54-68   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  156. Origin and decomposition of sinking particulate organic matter in the deep water column inferred from the vertical distributions ofδ15N, δ13C and δ14C. 査読有り

    Nakatsuka,T., N.Handa, N.Harada, T.Sugimoto and S.Imaizumi

    Deep-Sea Research I   44 巻   頁: 1957-1979   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  157. Reconstruction of seasonal variation in nutrient budget of surface mixed layer using δ15N of sinking particle collected by time-series sediment trap system. 査読有り

    Nakatsuka,T. and N.Handa

    Journal of Oceanography   53 巻   頁: 105-116   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  158. 海洋堆積物の窒素同位体比に関する研究 -窒素同位体比による海洋表層環境の復元-. 招待有り 査読有り

    中塚 武

    海の研究   6 巻   頁: 383-397   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  159. Fresh water seepage and pore water recycling on the seafloor: Sagami Trough subduction zone, Japan. 査読有り

    Tsunogai,U., J.Ishibashi, H.Wakita, T.Gamo, T.Masuzawa, T.Nakatsuka, Y.Nojiri, and T.Nakamura

    Earth and Planetary Science Letter   138 巻   頁: 157-168   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  160. 有機物の炭素・窒素安定同位体比-その外洋表層環境の復元の論理.

    中塚 武

    月刊 海洋   号外11 巻   頁: 148-154   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  161. AMS 14C measurements of dissolved inorganic carbon in pore waters from a deep-sea "cold seep" giant clam community off Hatsushima Island, Sagami Bay, Japan. 査読有り

    Masuzawa,T., H.Kitagawa, T.Nakatsuka, N.Handa, and T.Nakamura

    Radiocarbon   37 巻   頁: 617-627   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  162. Glacial to interglacial surface nutrient variations of Bering deep basins recorded by δ13C and δ15N of sedimentary organic matter. 査読有り

    Nakatsuka,T., K.Watanabe, N.Handa, E.Matsumoto, and E.Wada

    Paleoceanography   10 巻   頁: 1047-1061   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  163. Geochemistry of pore waters from a bathyal Calyptogena community off Hatsushima Island, Sagami Bay, Japan. 査読有り

    Masuzawa,T., T.Nakatsuka and N.Handa

    "Biogeochemical Processes and Ocean Flux in the Western Pacific" edited by H.Sakai and Y.Nozaki, TERRAPUB, Tokyo.     頁: 407-421   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  164. Spatial and temporal variation of δ15N in sinking particles in deep waters: its implication for the origin and transport of particulate organic matter. 査読有り

    Nakatsuka,T., N.Handa and S.Imaizumi

    "Biogeochemical Processes and Ocean Flux in the Western Pacific" edited by H.Sakai and Y.Nozaki, TERRAPUB, Tokyo,     頁: 355-374   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  165. Glacial-interglacial migration of an upwelling field in the western equatorial Pacific recorded by sediment 15N/14N. 査読有り

      22 巻   頁: 2525-2528   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  166. 海洋深層における粒子状有機炭素の起源と輸送-炭素同位体組成(14C/12C, 13C/12C)からの評価-.

    中塚 武

    月刊 海洋   号外 8 巻   頁: 121-126   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  167. 堆積物窒素同位体比による西赤道太平洋における 湧昇・海流系変動の復元.

    中塚 武・原田尚美・松本英二

    月刊 海洋   27 巻   頁: 483-487   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  168. Vertical fluxes of organic materials in the Northern North West Pacific and Breid Bay, Antarctica, with special reference in the effect of phytoplankton bloom. 査読有り

    "Deep Ocean Circulation, Physical and Chemical Aspects" edited by T.Teramoto, Elsevier, Amsterdam     頁: 221-233   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  169. 古海洋の生物生産環境の記録としての有機物の窒素同位体比.

    中塚 武

    月刊 地球,   号外 8 巻   頁: 65-69   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  170. 海のプランクトンとマリンスノー

    中塚 武

    遺伝   47 巻   頁: 15-20   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  171. *The dynamic changes of stable isotopic ratios of carbon and nitrogen in suspended and sedimented particulate organic matter during a plankton bloom. 査読有り

    Nakatsuka,T., N.Handa, E.Wada and C-S.Wong

    Journal of Marine Research   50 巻   頁: 267-296   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  172. Vertical Fluxes and ecological significance of organic materials during the phytoplankton bloom during austral summer in Breid Bay, Antarctica. 査読有り

      112 巻   頁: 469-478   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 11

  1. 古気候の復元と年代論の構築(気候変動から読みなおす日本史 第2巻) 査読有り

    中塚 武監修 中塚 武, 對馬 あかね, 佐野 雅規編( 担当: 共編者(共編著者))

    臨川書店  2021年1月  ( ISBN:9784653045021

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

  2. 新しい気候観と日本史の新たな可能性(気候変動から読みなおす日本史 第1巻) 査読有り

    中塚 武監修 中塚 武, 鎌谷 かおる, 佐野 雅規, 伊藤 啓介, 對馬 あかね編( 担当: 共編者(共編著者))

    臨川書店  2021年1月  ( ISBN:9784653045014

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

  3. 気候変動から近世をみなおす―数量・システム・技術(気候変動から読みなおす日本史 第5巻) 査読有り

    中塚 武監修 鎌谷かおる・渡辺浩一編( 担当: 監修)

    臨川書店  2020年11月  ( ISBN:9784653045052

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

  4. 近世の列島を俯瞰する―南から北へ(気候変動から読みなおす日本史 第6巻) 査読有り

    中塚 武監修 鎌谷かおる・佐藤大介編( 担当: 監修)

    臨川書店  2020年11月  ( ISBN:9784653045069

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

  5. 先史・古代の気候と社会変化(気候変動から読みなおす日本史 第3巻) 査読有り

    中塚 武監修;中塚 武, 若林 邦彦, 樋上 昇編( 担当: 共編者(共編著者))

    臨川書店  2020年9月  ( ISBN:9784653045038

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

  6. 気候変動と中世社会(気候変動から読みなおす日本史 第4巻) 査読有り

    中塚 武監修 伊藤啓介・田村憲美・水野章二編( 担当: 監修)

    臨川書店  2020年9月  ( ISBN:9784653045038

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

  7. 人文学と自然科学の理想的な連携とは『環境問題を解く―ひらかれた協働研究のすすめ―』(近藤康久・大西秀之編) 査読有り

    中塚 武( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第13章(p.185-197))

    かもがわ出版  2021年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  8. 高分解能古気候データから始まる新しい災害史研究の方向性. 『資料が語る災害の記録と記憶』樋口雄彦編,国立歴史民俗博物館研究叢書6 査読有り

    中塚 武( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2019年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:176   担当ページ:6-34   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  9. 樹木年輪セルロースの酸素同位体比による気候変動の復元.「現代の生態学⑪ 地球環境変動の生態学」(原登志彦編)

    中塚 武( 担当: 分担執筆)

    共立出版  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  10. 環境の日本史① 気候変動と歴史学

    中塚 武( 担当: 単著)

    吉川弘文館  2012年11月  ( ISBN:978-4-642-01723-7

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. 安定同位体というメガネ-人と環境のつながりを診る 気候と社会の歴史を診る-樹木年輪の酸素同位体比からの解読

    中塚 武( 担当: 単著)

    昭和堂  2010年3月  ( ISBN:978-4-8122-1017-8

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 38

  1. 樹木年輪酸素同位体比を用いた先史時代の人口変動のシミュレーション

    中塚 武

    2020年日本第四紀学会大会  2020年12月26日  日本第四紀学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  2. 酸素同位体比年輪年代法-その原理・課題・未来- 招待有り

    中塚 武

    2020年地球惑星科学連合大会  2020年7月12日  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  3. 古気候データは歴史研究にどう活用できるか―文理協働の実現に向けて(プロジェクト代表の集中講義形式) 招待有り

    中塚 武

    北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター公募プロジェクト型共同研究『「14世紀の危機」に関する文理協働研究-北東アジア地域を突破口として』公開発表会  2021年3月6日  北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月6日

    記述言語:日本語  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  4. Interactive approaches to climatic impacts on human societies among historians, archaeologists and dendrochronologists 招待有り 国際会議

    Takeshi NAKATSUKA

    Data-Oriented Approaches to the Social Sciences and Humanities  2021年2月12日  Data-oriented Area Studies Unit, Kyoto University

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月12日 - 2021年2月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Kyoto   国名:日本国  

  5. Periodically enhanced multi-decadal tree-ring δ18O variations in central Japan and their implication for East Asian 2600-year history 招待有り 国際会議

    Takeshi Nakatsuka, Masaki Sano, Zhen Li, Tsukasa Mizutani, Chenxi Xu, Akane Tsushima, Kenjiro Sho, Keiko Ohnishi, Minoru Sakamoto, Hiromasa Ozaki, Noboru Higami, Nanae Nakao, Misao Yokoyama, and Takumi Mitsutani

    The 6th Asian Dendrochronology Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月24日 - 2019年11月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Lucknow, India   国名:インド  

  6. Reconstruction of multi-millennial precipitation variations in central Japan by integrating of tree-ring cellulose oxygen and hydrogen isotope ratios 国際会議

    Takeshi Nakatsuka, Masaki Sano, Zhen Li, Chenxi Xu, Akane Tsushima, Yuki Shigeoka, Kenjiro Sho, Keiko Ohnishi, Minoru Sakamoto, Hiromasa Ozaki, Noboru Higami, Nanae Nakao, Misao Yokoyama, Takumi Mitsutani

    The 6th Asian Dendrochronology Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月24日 - 2019年11月30日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Lucknow, India   国名:インド  

  7. 樹木年輪の安定同位体比からみた西日本の環境変動 招待有り

    中塚 武

    日本考古学協会・2019年度岡山大会・分科会1「環境変化と生業からみた社会変動」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月26日 - 2019年10月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:岡山大学   国名:日本国  

  8. Climate periodicity and human vulnerability -Lessons from East Asian 2600-year history- 招待有り 国際会議

    Takeshi Nakatsuka

    International Symposium on Multiscale Climate Variability and Dynamics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月13日 - 2019年10月19日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Xi'an, China   国名:中華人民共和国  

  9. 歴史学・考古学と地球惑星科学の協働をいかに活性化できるか?-気候適応史プロジェクト(2014~2018)の教訓- 招待有り

    中塚 武

    日本地球惑星科学連合2019年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月26日 - 2019年5月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:幕張メッセ   国名:日本国  

  10. 享保の飢饉は、何故起きたか?-樹木年輪同位体比研究から見た小氷期モンスーン変動の特異性-

    中塚 武、大西啓子、安江 恒、光谷拓実、三瓶良和

    日本地球化学会2010年度年会、熊谷 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. Spatial and temporal reconstructions of past summer monsoon activities in Japan using oxygen isotopic ratios of tree-ring cellulose 国際会議

    PAGES Asia 2K Workshop, Nagoya, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. Challenge of High-Resolution Paleoclimatology:its Potential Impacts for Understanding of Relashionships between Climate and Societies

    International Symposium "Rethinking the Impacts of Climate Change in the Past", Kyoto, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  13. Changes in Teleconnection Pattern between Baiu and ENSO during Last Three Centuries: Evidences from Oxygen Isotopic Ratios of Tree-Ring Cellulose in Northern, Central and Southern Japan 国際会議

    Worlddendro 2010, Rovaniemi, Finland 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  14. Spatial and temporal reconstructions of past Asian summer monsoon activities using oxygen isotopic ratios of tree-ring cellulose 国際会議

    PAGES Regional Workshop in Japan, Nagoya, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月5日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  15. 樹木年輪酸素同位体比研究の急速な進展 - 陸と海のプロキシーの協同によるアジアの気候変動の解明に向けて

    中塚 武

    古海洋学シンポジウム、東京 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. BC1~AD3世紀における埋没木曽ヒノキの年輪セルロースの酸素同位体比の経年変動:考古学・歴史学との接点

    中塚 武・大西啓子・河村公隆・尾嵜大真・光谷拓実

    日本地球化学会2009年度年会、東広島 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  17. 季節-年レベルの樹木年輪同位体比が 語る過去の気候

    中塚 武

    日本木材学会・組織と材質研究会、つくば 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. Summer hydroclimate variability during BC 1st –AD 3rd centuries in Japan : its potential impact on the integration of Japanese nation. 国際会議

    PAGES Open Science Meeting, Corvallis, USA 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月11日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  19. Reconstruction of inter-annual variation in Okhotsk High from d18O of tree-ring cellulose in northeastern Japan 国際会議

    PAGES Open Science Meeting, Corvallis, USA 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月9日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  20. 樹木年輪の酸素同位体比を用いたオホーツク高気圧の経年変動の復元

    中塚 武・大西啓子・辻寛之・光谷拓実

    日本気象学会2009年度春季大会、つくば 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. Anomalous decadal variability in O and C isotopic ratios of tree-ring cellulose in southwestern Japan during the little ice age

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. 地球環境の将来予測のための古環境研究の役割 ―過去1000年間からの教訓-

    中塚 武

    日本地球惑星科学連合年会,幕張 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  23. 樹木年輪同位体比による気候-植生相互作用の解析

    中塚 武

    日本生態学会、盛岡 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  24. Linkage between inland and open ocean ecosystems by iron transport through large river and ocean current systems

    Perspective of Frontier Ecosystem Studies Linking Observation and Modeling, Nagoya, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  25. 北太平洋亜寒帯域における生物地球化学と古海洋学の融合をめざして-“鉄の生物地球化学”の古海洋学的解明の可能性-

    2009年古海洋学シンポジウム、東京 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  26. Spatial and temporal variations in oxygen isotopic ratios of tree-ring cellulose in Japan during last three centuries 国際会議

    AGU 2008 Fall Meeting, San Francisco, USA 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月17日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  27. 樹木年輪同位体比の精密分析による高時空間分解能での気候変動解析の展望

    中塚 武

    日本質量分析学会・同位体比部会2008年度年会、新城 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  28. 樹木年輪同位体比による気候変動解析-新たなブレークスルーと異分野との連携の可能性-

    中塚 武・大西啓子・辻 寛之・原 登志彦・沢田 健・光谷拓実・安江 恒・藤原 健・三瓶良和

    樹木年輪研究会2008年度年会、東京 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  29. 後期中新世(11‐10Ma)の木材化石の年輪セルロースのd18Oとd13C:高時間分解能の気候変動解析の可能性

    中塚 武・大西啓子・沢田 健・中村英人・塚腰 実

    日本地球化学会2008年度年会、東京 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  30. Biogeochemical linkage between Amur River basin and western subarctic Pacific by iron transport through Okhotsk Sea Intermediate Water : A new paradigm to explain changes in ocean primary productivity 国際会議

    PICES Okhotsk Workshop, Abashiri, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  31. 樹木年輪安定同位体比による気候-植生相互作用の解析の可能性

    中塚 武・大西啓子・原登志彦・光谷拓実・安江 恒

    京大生態研シンポジウム、京都 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  32. 樹木年輪セルロースの同位体比を用いた気候・植生相互作用の長期変動の解析

    中塚 武・大西啓子・原 登志彦・安江 恒

    日本有機地球化学会2008年度年会、名古屋 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  33. Linkage between Inland and Open Ocean Ecosystems through River and Intermediate Water Flows -Huge but Vulnerable System in the Amur River Watershed and the Sea of Okhotsk- 国際会議

    AOGS(Asia Oceania Geoscience Society), Busan, Korea 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  34. Changes in Teleconnection Pattern between Baiu and ENSO during Last Three Centuries: Evidences from Oxygen Isotopic Ratios of Tree-Ring Cellulose in Northern, Central and Southern Japan 国際会議

    AOGS(Asia Oceania Geoscience Society) 2008 Annual Meeting, Busan, Korea 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  35. 過去3世紀における梅雨とENSOのテレコネクションパターンの周期的変化:樹木年輪セルロースの酸素同位体比からの証拠

    中塚 武・大西啓子・辻 寛之・安江 恒・光谷拓実

    日本地球惑星科学連合2008年度年会、幕張 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  36. 屋久杉年輪の酸素・炭素同位体比に記録された過去300年間の水循環プロセスの変化

    中塚 武・大西啓子・辻 寛之・安江 恒・嶋田千春

    日本気象学会2008年度春季大会、横浜 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. Linkage between inland and open ocean ecosystems by iron transport through river and intermediate water flows -Huge but vulnerable system in the Amur River watershed and the Sea of Okhotsk- 国際会議

    IGBP-Congress, Cape Town, South Africa 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  38. Non-stationary and cyclic teleconnection between Japanese summer monsoon (Baiu) and ENSO during last three centuries: Evidence from oxygen isotopic ratio of tree-ring cellulose in Japanese cypress 国際会議

    IGBP-congress, Capetown, South Africa 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月8日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. 高分解能古気候学と歴史・考古学の連携による気候変動に強い社会システムの探索 国際共著

    2014年04月 - 2019年03月

    総合地球環境学研究所 プロジェクト研究費 

    中塚 武

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:300000000円 ( 直接経費:300000000円 )

  2. 気候変動影響予測に向けたアジアの水循環変動の過去2千年間における年単位での復元

    2010年11月 - 2012年03月

    住友財団・環境助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 北東アジアの人間活動が北太平洋の生物生産に与える影響評価

    2005年04月 - 2010年03月

    総合地球環境学研究所 プロジェクト研究費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    日本の北に広がるオホーツク海と親潮は、世界的にみても突出して植物プランクトンの生産量の多い海域です。本研究では、その理由をアムール川流域に起源を持つ鉄に求めました。鉄は、植物プランクトンの生育に必須の元素であるものの、水に溶けにくいため、外洋では枯渇しがちです。しかし、海氷生成に起因する熱塩循環によって、アムール川が輸送した鉄が中層を通じてオホーツク海および遠く親潮まで効率的に輸送されている可能性に着目しました。アムール川流域に広がる森林地帯や湿原を鉄の供給地と考え、五年間に及ぶ陸と海でのフィールド観測からこの作業仮説を立証することに力を注ぎました。その結果、親潮域で年間に生産される植物プランクトンの約40%がアムール川起源の鉄を利用しており、残りの60%は微生物ループを通じて再生産される鉄を利用していることが判明しました。また、アムール川流域においては、中流域に存在する広大な湿原が主たる鉄の供給地であり、森林や耕作地に比べて圧倒的に高濃度の鉄をアムール川に供給していることもわかりました。一方、鉄の起源である中流域の湿原は、20世紀を通じた干拓と農地の拡大に伴い、大きく面積を減じてきました。1930年と2000年のアムール川流域の土地利用状況を古地図と衛星データによって復元し、それぞれの時代の鉄の輸送量を陸面水文モデルで計算した結果、この70年間に湿原はおおよそ50%減少し、アムール川が輸送する鉄は20%減ったことが推定されました。更なる湿原や森林の減少は、アムール川が輸送する鉄の減少、そしてオホーツク海や親潮域の基礎生産量の減少につながります。アムール川流域で生じている土地利用変化の背景を理解して、この問題に関わる様々なステークホルダーが共通の土台で議論する必要性がプロジェクトを通して各国の研究者の間で育まれてきました。

科研費 9

  1. 年輪酸素同位体比を用いた日本列島における先史暦年代体系の再構築と気候変動影響評価

    研究課題/研究課題番号:17H06118  2017年05月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究S

    中塚 武

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:208000000円 ( 直接経費:160000000円 、 間接経費:48000000円 )

    年輪年代法は、考古学における最も精度の高い年代決定法である。本研究は、従来の年代決定の指標である「年輪幅」を「年輪セルロースの酸素同位体比」におきかえることで樹種の違いを越えた普遍的な年代決定を可能にした「酸素同位体比年輪年代法」を、日本列島の先史時代史の解明に全面的に活用していくために立ち上げられたものである。その中では、全国各地の埋蔵文化財調査機関の協力の下で、年輪年代決定の物差しと気候変動の復元を念頭に置いた「クロノロジー構築班」、遺跡出土材の年輪年代決定と官民への技術移転を進める「年輪年代測定班」、酸素同位体比年輪年代を用いた土器編年の暦年代化を進める「土器編年対応班」及び、全体の成果をとりまとめて先史時代における気候変動の社会影響評価を行う「総括班」の4つの班が相互に連携して研究を進めてきた。今年度は研究代表者の所属機関の異動に伴い大型分析装置の移動を行ったが、それに加えて以下のような特筆すべき研究成果があった。「クロノロジー構築班」では、紀元前3000年前の縄文時代中期まで年単位で遡れる酸素同位体比のクロノロジーを世界で初めて構築することに成功した。また中部日本では酸素と水素の同位体比を組み合わせることで、過去2500年間の気候変動の年~千年のあらゆる周期での復元に成功し、そのデータを公開した。「年輪年代測定班」では、全国各地の弥生時代から近世までの様々な時代の遺跡・文化財の年代決定に成功するとともに、自治体の発掘調査員を主な対象とした酸素同位体比年輪年代法の講習会を2回に亘って開催した。「土器編年対応班」では、弥生・古墳時代の遷移期の重要土器との一括性が明確な遺跡出土材の年代決定を進め、遺跡の層位学的状況に照らして年単位での年代の検討を進めた。「総括班」では、先史時代の日本列島の人々の気候応答に関する論考を取りまとめた、編著・単著の出版の準備を行った。
    3つの班と1つの総括班の取り組みは、当初の計画以上に進展している。「クロノロジー構築班」では、5000年前まで遡れる年輪セルロース酸素同位体比のクロノロジーの構築に世界で初めて成功したが、これは日本の先史時代のみならず、朝鮮半島や中国東部の古代文明の成立の解明にも利用できる国際的な成果であり、既に新羅の王朝の遺跡の年代決定などに成功裡に利用され始めている。また、酸素と水素を組み合わせて樹齢効果を取り除き、あらゆる周期での正確な気候変動の復元に成功した中部日本のデータからは、先史時代から近世に至る日本史の全体に気候変動が大きく影響してきた可能性が、考古学・文献史学の両面から詳細に明らかになってきており、今後の歴史研究への全面的な応用の発展が期待できる。「年輪年代決定班」では、日本列島の内外での各地域・各時代の遺跡の年代決定が順調に進むと共に、酸素同位体比年輪年代法の官民への技術移転を目的とした技術講習会も複数回に亘って開催してきた。講習会は受講者から概ね好評を得ると共に、今後の技術移転に向けた具体的な課題も明らかになり、次の講習会の内容の検討が進められている。また、小径木の年代決定を念頭に置いたセルロース同位体比の季節変動の分析が進められ、酸素同位体比年輪年代法の今後の飛躍的な発展と精緻化につながる、さまざまな新しい樹木生理学的な発見があった。「土器編年対応班」では、弥生/古墳時代の年代観を明らかにする上で重要な庄内式、布留式、初期須恵器などの土器型式の暦年代化につながる年輪年代データが次々と得られ、詳細な考古学的・層位学的な検討が進められている。こうした成果を社会に広く発信していくために、「酸素同位体比年代法」(単著)、「気候変動から読みなおす日本史」(編著)の出版の準備も進められ、研究成果を普及していく体制も整ってきている。
    3つの研究班(①クロノロジー構築班、②年輪年代測定班、③土器編年対応班)と1つの総括班が互いに連携しながら、以下のように、各々の目標に向かって研究を進める。
    ①クロノロジー構築班 酸素同位体比クロノロジーの拡充と精度の向上に努め、年代決定の成功率を上げ、正確な気候復元を行う。放射性炭素の2400年問題(BC800-BC400年の資料の14C年代が区別できない問題)に対応して、縄文晩期~弥生前期のデータベースを拡充し、「資料取得済だが分析個数が少ない時代・地域」の測定個数を増やす。データは、気候復元と合わせて国際誌で出版するとともに、公的データベースに登録して公開する。
    ②年輪年代測定班 幅広く国内外の遺跡出土材の年輪年代決定を進めるとともに、酸素・水素同位体比の年層内変動の検討を進め、小径木の年代決定技術を発展させる。同時に官民への技術移転のための講習会を拡大して実施する。講習会を受講した発掘調査員ら自らが、他機関の支援を受けながら、酸素同位体比年輪年代法の作業を進められる体制を構築していく。
    ③土器編年対応班 重要な型式の土器と木材が一括性の高い状態で出土している、弥生後期~古墳中期の遺跡について、これまでの研究成果を慎重に検討するとともに、年輪年代測定班と協力して更なる出土材の収集と分析に取り組み、土器型式の暦年代の検討結果を公表していく。
    ④総括班 気候復元及び年代決定の成果を国内外の関係者に広く発信して活用を促進するために、論文や著書の出版、データベースの公開に加えて、全体を総合する編著本(「気候変動から読みなおす日本史」や単著本「酸素同位体比年輪年代法-最新技術で先史・古代を探る」の出版を行う。さらに「気候‐生産-備蓄-人口」に関するモデリングや、出土木器数の年別ヒストグラム等の社会定量指標の開発など、先史時代の社会像を高精度化するための最先端の研究にも取り組む。

  2. 温暖化が日本海側および太平洋側のブナとミズナラの季節的成長に与える影響

    研究課題/研究課題番号:16K07778  2016年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 

    中塚 武

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    ブナとミズナラは、日本の冷温帯林における優占樹種である。系統的に近い一方で、葉や幹の木部形成のフェノロジーには大きな違いがあることから、気候変動 への応答の違いを明らかにし、種に応じた適応策を構築する上で重要な材料といえる。本研究では、温度環境と積雪環境が異なる地域におけるブナとミズナラを 対象に、季節的な成長の変動とその生理的、解剖学的メカニズムについて明らかにすることが目的であり、これまでの研究結果から、開葉フェノロジーおよび個 葉光合成の季節変化と、幹や枝における木部形成の季節変化との間には、両樹種ともに密接な関係があることが明らかとなった。具体的には、環孔材であるミズ ナラでは貯蔵デンプンを用いて幹の木部形成が開始し、孔圏道管が形成された後に個葉の光合成速度が最大化するが、散孔材であるブナでは葉からの光合成供給 の開始後に幹の木部形成が開始する。しかし、枝ではどちらも葉の形成開始頃に木部形成が開始しており、貯蔵デンプンの減少とその後の展葉に伴う貯蔵デンプ ンの回復がみられた。枝での両樹種の結果は、少なくとも枝においては、展葉に伴って貯蔵デンプンの利用から当年の光合成産物の利用へと炭素ソースがシフト すること、および、これらが両樹種で共通することを示唆している。また、ミズナラで行った幹の木部における水素と酸素の安定同位体比の結果からは、貯蔵デ ンプンの利用が孔圏形成中に急激に低下することが示唆されており、孔圏の形成は展葉期間とほぼ一致する。よって安定同位体比の結果からも、展葉に伴う炭素 ソースのシフトが起きることが支持された。
    残りの安定同位体分析を行う必要があるが、コロナの影響により施設や必要な機器を使うことができず、中断している。
    コロナの影響が緩和され、分析に必要な機器が使えるようになり次第、安定同位体分析の続きを再開する。ブナの年輪の安定同位体分析を行い、季節変化におけるミズナラとの違いを明らかにする。

  3. 酸素同位体比を用いた新しい木材年輪年代法の高度化に関する研究

    2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    中塚 武

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  4. 酸素同位体比を用いた新しい木材年輪年代法の開発とその考古学的応用

    2011年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    中塚 武

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    樹木年輪に含まれるセルロースの酸素同位体比の経年変動パターンが、広域の水循環変動を反映して、個体や樹種の違いを越えて、同じになることを利用して、考古学的に重要な木材試料の1年単位での絶対年代決定を行う。そのために、まず日本の本州南部で共通となる樹木年輪セルロースの酸素同位体比の標準変化曲線を確立させる。2011年6月現在、過去2300年間の中で、既に1000年を越える時代について、年単位の暫定標準変化曲線を確立した。今後1年以内に、過去3000年間の標準変化曲線を確立し、水循環変動の解析を進めると共に、考古学的な年代決定への応用を開始する計画である。

  5. 生物起源炭酸塩の有機物酸素同位体比分析による水温及び海水酸素同位体比の両方の復元

    研究課題/研究課題番号:16K13912  2016年04月 - 2018年03月

    白井 厚太朗

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者  資金種別:競争的資金

    貝殻やサンゴ骨格など生物がつくる炭酸カルシウムの骨格を分析することで過去の環境を復元することが可能である.炭酸カルシウムの「酸素同位体比」という指標は,形成時の水温を復元するための強力な指標としてこれまで用いられてきたが,最も重要な問題が塩分の影響を分離できないことであった.本研究では,炭酸カルシウム骨格に微量に含まれる有機物に着目し,そこに含まれる「酸素同位体比」や「炭素同位体比」に着目することで塩分の影響を分離する手法の開発を試みた.ムラサキイガイの殻に付着した有機物の皮の「炭素同位体比」の分析手法を確立し,指標としての有用性を評価した結果,河川流入量の良い指標となることを明らかにした.

  6. 気候変化は樹木の季節成長にどう影響するか-年輪酸素同位体比の精密測定による解析

    2011年04月 - 2013年03月

    科学研究費補助金 

    中塚 武

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. 樹木年輪の酸素・水素同位体比を用いた日本各地における長期水循環変動の精密復元

    2007年04月 - 2010年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    中塚 武

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    日本各地の森林から採取された樹木試料、および歴史学的・考古学的・地質学的な調査によって得られた木材試料の中に見られる“年輪”から、セルロースを抽出し、その酸素・水素および炭素同位体比を測定することで、過去数百~数千年間以上に亘る、日本各地における気候変動、特に水循環の変動を、年・月の単位の高い時空間分解能で精密に復元した。

  8. 年輪セルロースの酸素・水素同位体比による降水同位体比の広域マッピング法の確立

    2005年04月 - 2007年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    中塚 武

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 海氷の古海洋学Proxyの開発とオホーツク海氷の歴史的変遷の解析

    2000年04月 - 2002年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    中塚 武

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    オホーツク海という海域に、現在特徴的に見られる海氷が、過去どのように分布し、大気・海洋システムにどのような影響を与えてきたかを解明するため、まず海氷の古海洋学的Proxyの開発を行い、それを堆積物コアに応用して、オホーツク海氷の歴史的変遷を解析した。海氷Proxyとしては、海氷が運ぶ陸起源砕屑粒子と海氷付着性藻類のバイオマーカーの2つを対象とし、それをオホーツク海の堆積物コアに適用して、古海洋学的解析を行った。その結果、オホーツク海の過去の海氷分布がグローバルな気候変動と極めて良く相関していること、オホーツク海の生物生産力が、氷期に低く間氷期に高い顕著な変動を示すことなどが明らかとなり、合わせて生物生産に対する海氷の役割を定量的に明らかにすることが出来た。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 17

  1. 大気水圏科学基礎

    2020

  2. 気候科学

    2020

  3. 地球惑星科学セミナーI

    2020

  4. 大気水圏環境計測論

    2020

  5. 体系理解科目「温暖化概論」

    2019

  6. 自然環境と人間

    2019

  7. 気候科学

    2019

  8. 大気水圏環境計測論

    2013

  9. 大気水圏環境の科学

    2013

  10. 気候科学

    2012

  11. 大気水圏環境計測論

    2012

  12. 大気水圏環境の科学

    2012

  13. 気候科学

    2011

  14. 大気水圏環境の科学

    2011

  15. 大気水圏環境計測論

    2011

  16. 地球環境変動論

    2011

  17. 地球学I

    2011

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 4

  1. 理学部 地球惑星科学特別講義

    2019年4月 - 2020年3月 京都大学)

  2. 理学部 地球惑星科学特別講義

    2010年4月 - 2011年3月 京都大学)

  3. 理学部 環境学 特別講義

    2010年4月 - 2011年3月 信州大学)

  4. 理学部 「同位体気候学」

    2009年4月 - 2010年3月 静岡大学)

 

社会貢献活動 10

  1. ⑥ 歴史から何を学ぶべきか ―現代と未来へのメッセージ-(『気候データから読みなおす日本史』)

    講師

    朝日カルチャーセンター  横浜校講座  2021年3月13日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

  2. 樹木年輪セルロースの酸素同位体比 による古気候復元 -気候と社会の歴史的関係を探る-

    講師

    中部原子力談話会  第56回RI・放射線利用促進セミナー  オンライン  2021年2月19日

     詳細を見る

    対象: 研究者, 企業, 行政機関

    種別:セミナー・ワークショップ

  3. ⑤ 近世(江戸) -小氷期における市場経済の展開-(『気候データから読みなおす日本史』)

    講師

    朝日カルチャーセンター  横浜校講座  2021年2月13日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

  4. ④ 中世(平安・鎌倉・南北朝・室町) -気候の不安定化と武士の興亡-(『気候データから読みなおす日本史』)

    講師

    朝日カルチャーセンター  横浜校講座  2021年1月9日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

  5. ③ 古代(古墳・飛鳥・奈良・平安前期) -律令制の導入と崩壊-(『気候データから読みなおす日本史』)

    講師

    朝日カルチャーセンター  横浜校講座  2020年12月12日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

  6. 樹木の年輪が語る日本史 -気候変動と人間社会の関係-

    講師

    朝日カルチャーセンター  名古屋校講座  2020年11月28日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

  7. ② 先史(縄文・弥生・古墳) -気候の長期変動と稲作の広がり-(『気候データから読みなおす日本史』)

    講師

    朝日カルチャーセンター  横浜校講座  2020年11月14日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

  8. ① 気候復元と年代決定 -新しい歴史観の土台-(『気候データから読みなおす日本史』)

    講師

    朝日カルチャーセンター  横浜校講座  2020年10月10日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

  9. 樹木年輪からみた気候と環境の 過去・現在・未来

    講師

    あいちサイエンス・コミュニケーション・ネットワーク事務局  あいちサイエンストーク  オンライン  2020年10月9日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:サイエンスカフェ

  10. 気候変動から読みなおす日本史 -最新の気候データと歴史学・考古学の融合-

    講師

    朝日カルチャーセンター  横浜校講座  2020年7月25日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

▼全件表示

メディア報道 2

  1. 『気候変動から読みなおす日本史』 斬新な世界像への期待 新聞・雑誌

    毎日新聞社  毎日新聞  毎日新聞 夕刊 東京版など 4面  2021年3月22日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  2. 誕生 ヤマト王権〜いま前方後円墳が語り出す〜 テレビ・ラジオ番組

    NHK  ETV特集  NHK教育テレビ 23:00-24:00  2021年3月27日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    番組の中で取材を受けた内容が紹介された。