2021/03/22 更新

写真a

タケノウチ タカシ
竹之内 隆志
TAKENOUCHI, Takashi
所属
総合保健体育科学センター 体育科学部 教授
職名
教授

学位 2

  1. 博士(医学)

  2. 修士(体育学)

研究キーワード 2

  1. 臨床スポーツ心理学

  2. スポーツ心理学

研究分野 1

  1. その他 / その他  / スポーツ科学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 運動経験がパーソナリティ発達に及ぼす影響

  2. スポーツ選手の心理臨床的問題

学歴 1

  1. 筑波大学   体育研究科   体育方法学

    - 1992年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本スポーツ心理学会

  2. 日本体育学会

  3. 日本臨床心理身体運動学会

  4. 身体運動文化学会

受賞 1

  1. 東海体育学会学術奨励賞

    1997年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 31

  1. 中学運動選手における心理社会的発達課題の達成と心理的競技能力

    竹之内隆志,大畑美喜子

    総合保健体育科学   38 巻 ( 1 ) 頁: 13-19   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  2. Causal relationships between the psychological acceptance process of athletic injury and athletic rehabilitation behavior 査読有り

    Tatsumi, T. and Takenouchi, T.

    J. Phys. Ther. Sci.   26 巻   頁: 1247-1257   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. *運動選手の自我発達プロセス:危機事象の発達的変化に基づく検討 査読有り

    竹之内隆志,奥田愛子,大畑美喜子

    体育学研究   57 巻 ( 2 ) 頁: 379-398   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. 大学運動選手の危機経験:競技レベルによる違い

    竹之内隆志,奥田愛子,大畑美喜子

    総合保健体育科学   34 巻   頁: 19-28   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  5. 大学男子運動選手における危機経験と自我発達との関連

    竹之内隆志・奥田愛子・大畑美喜子

    総合保健体育科学   33 巻   頁: 41-48   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  6. 大学運動選手の危機経験と自我発達

    竹之内隆志・奥田愛子・大畑美喜子

    総合保健体育科学   32 巻   頁: 41-47   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  7. 大学運動選手の危機事象

    竹之内隆志・奥田愛子・大畑美喜子

    総合保健体育科学   31 巻   頁: 13-19   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  8. 大学運動部員の被援助志向性

    奥田愛子・竹之内隆志

    総合保健体育科学   29 巻   頁: 35-40   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  9. *中学ならびに高校運動選手のパーソナリティ発達:自我発達を指標とした検討 査読有り

    竹之内隆志・田口多恵・奥田愛子

    体育学研究   51 巻   頁: 757-771   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本研究では,運動選手のパーソナリティ発達のメカニズムやパーソナリティ発達に重要となる事象,そして運動経験がパーソナリティ発達に及ぼす効果が検討された.中学ならびに高校運動選手を対象とし,彼らの自我発達水準をパーソナリティ発達の指標として検討した結果,「運動部活動や日常生活において危機,探求,自己投入を経験することで,パーソナリティが発達する」というメカニズムが確認された.

  10. *スキー実習による自己概念の変容 -有効な介入方略の検討- 査読有り

    竹之内隆志

    スポーツ心理学研究   31 巻   頁: 49-59   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. *Relationship of sports experience and ego development of adolescent Japanese athletes 査読有り

    Takenouchi, T., Taguchi, T. and Okuda, A.

    Psychological Reports   95 巻   頁: 13-26   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. 運動部活動における生徒指導方法の検討を促す指導マッププログラムの効果

    奥田愛子・竹之内隆志

    総合保健体育科学   26 巻   頁: 45-52   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  13. 自我発達と競技レベルおよび実力発揮度の関連:スポーツカウンセリングの理念の実証的検討

    竹之内隆志・奥田愛子

    総合保健体育科学   26 巻   頁: 39-43   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  14. *中学・高校運動選手の自我発達を測定する文章完成テスト12項目版の作成:信頼性と妥当性の検討 査読有り

    竹之内隆志・田口多恵・奥田愛子

    スポーツ心理学研究   29 巻   頁: 9-20   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. 中高年者の運動への動機づけを促進および阻害する要因に関する研究

    西田 保・渡辺俊彦・佐々木 康・竹之内隆志

    デサントスポーツ科学   21 巻   頁: 15-26   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. 体育における学習意欲検査の小学校低学年児への適用可能性

    西田 保・竹之内隆志・西田紀江

    総合保健体育科学   22 巻   頁: 13-23   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  17. スポーツ傷害の受容に関する事例研究

    上向貫志・竹之内隆志

    総合保健体育科学   20 巻 ( 1 ) 頁: 99-106   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  18. *発達段階における運動経験が大学期でのパーソナリティに及ぼす影響 査読有り

    竹之内隆志・奥田愛子・山本裕二

    東海保健体育科学   19 巻   頁: 13-23   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. 中学運動部員の離脱に関わる要因の日米比較

    竹之内隆志・西田 保

    総合保健体育科学   19 巻 ( 1 ) 頁: 27-37   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  20. テニスの技能学習で初心者には何がなぜ難しいのか:自己評価チェックリストからの検討 査読有り

    山本裕二・竹之内隆志

    スポーツ心理学研究   23 巻   頁: 7-15   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. 「生涯健康とスポーツ」の実技に関するアンケート調査

    山本裕二・竹之内隆志・石田浩司・押田芳治・近藤孝晴・中島豊雄・宮村実晴

    総合保健体育科学   19 巻   頁: 71-84   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  22. Jリーグ観戦者における同一視の形成に影響を及ぼす要因

    上向貫志・竹之内隆志・奥田援史・桂 和仁

    総合保健体育科学   19 巻   頁: 39-45   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  23. 大学新入生の体育実技や生涯スポーツに対する意識の分析-運動部所属者と非所属者の比較を中心として-

    竹之内隆志・山本裕二・中島豊雄

    体育の科学   45 巻 ( 9 ) 頁: 736-741   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. 大学生の健康と運動に対する認知:選択性体育実技の参加者を中心として

    竹之内隆志・山本裕二・中島豊雄

    総合保健体育科学   18 巻   頁: 109-120   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  25. 大学運動部員の問題行動の構造

    竹之内隆志・桂 和仁・奥田援史・叶 俊文

    総合保健体育科学   17 巻 ( 1 ) 頁: 51-62   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  26. 競技活動継続に伴う心理的問題への対処様式

    奥田援史・竹之内隆志・上向貫志・岡 浩一朗

    岡山体育学研究   1 巻   頁: 1-9   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. スポーツ活動からの離脱に関する文献的検討

    竹之内隆志

    総合保健体育科学   16 巻   頁: 63-70   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  28. 指導者行動の認知と能力の認知が対人関係ならびにスポーツ活動からの離脱に及ぼす影響

    桂 和仁・高山千代・竹之内隆志・太田鐵男

    武蔵丘短期大学紀要   1 巻   頁: 31-40   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  29. バレーボールの攻撃予測における先行手掛かりの検討 査読有り

    西野 明・奥田援史・竹之内隆志

    スポーツ教育学研究   11 巻   頁: 41-49   1991年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. サッカー選手のゲーム場面における状況判断過程の分析 査読有り

    奥田援史・竹之内隆志・山中邦夫

    スポーツ心理学研究   18 巻   頁: 9-16   1991年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. TSMIからみた熊本県選手の種目別特性

    庭木守彦・中川保敬・竹之内隆志

    熊本県体育協会スポーツ医科学委員会紀要   4 巻   頁: 41-59   1989年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 18

  1. スポーツ選手の心理社会的発達課題の達成と心理的競技能力:発達差の検討

    竹之内隆志,大畑美喜子

    日本スポーツ心理学会第47回大会  2020年11月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月21日 - 2020年12月6日

  2. 大学運動選手の心理的競技能力に関連する経験 国際会議

    竹之内隆志,大畑美喜子

    日本体育学会第69回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月24日 - 2018年8月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  3. Factors related to psychological competitive ability of Japanese college athletes 国際会議

    Takenouchi, T. and Oohata, M.

    ISSP 14th World Congress of Sport Psychology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月10日 - 2017年7月14日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:スペイン  

  4. Developmental differences in achieving psychosocial developmental tasks and psychological competitive ability among male Japanese athletes 国際会議

    Takenouchi, T. and Oohata, M.

    21st Annual Congress of the European College of Sport Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月6日 - 2016年7月9日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストリア共和国  

  5. Achievement of psychosocial developmental tasks and psychological competitive ability in Japanese college athletes 国際会議

    Takenouchi, T. and Oohata, M.

    14th European Congress of Sport Psychology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月14日 - 2015年7月19日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:スイス連邦  

  6. Achievement of psychosocial developmental tasks and psychological competitive ability of Japanese junior high school athletes 国際会議

    Takenouchi, T. and Oohata, M.

    7th Asian-South Pacific Association of Sport Psychology International Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月7日 - 2014年8月10日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  7. Experiences of crisis in Japanese college athletes 国際会議

    Takenouchi, T., Okuda, A., and Oohata, M.

    6th Taipei ASPASP International Congress of Sport Psychology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月11日 - 2011年11月14日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:台湾  

  8. 運動選手の危機経験と自我発達:危機事象の発達的変化

    竹之内隆志,奥田愛子,大畑美喜子

    日本スポーツ心理学会第37回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月19日 - 2010年11月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. Relationship Between Crisis Experience and Ego Development in Japanese Male Athletes 国際会議

    ISSP 12th World Congress of Sport Psychology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語  

  10. Parental Images of Significant others and Psychological Competitive Abilities: Gender Differences among Japanese Athletes 国際会議

    ISSP 12th World Congress of Sport Psychology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:英語  

  11. スポーツ経験とパーソナリティ発達をめぐる研究の課題

    日本体育学会第59回大会体育心理学専門分科会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  12. Relationships between paternal and maternal images of significant others and the psychological competitive abilities of Japanese athletes

    5th Bangkok ASPASP International Congress on Sport Psychology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  13. 運動選手における重要な他者の父性・母性イメージの機能

    竹之内隆志・奥田愛子・大畑美喜子

    日本スポーツ心理学会第34回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語  

  14. 運動選手における内在化された父親・母親的な心性の機能

    竹之内隆志

    日本スポーツ心理学会第33回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  15. Relationship between sports experience and ego development in Japanese junior high school athletes 国際会議

    Takenouchi, T., Taguchi, T., and Okuda, A.

    ISSP 11th World Congress of Sport Psychology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:英語  

  16. The influence of experiences with sports injuries on a self-image 国際会議

    ISSP 11th World Congress of Sport Psychology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:英語  

  17. こころの変化を身体運動システムの滑らかさの変化としてとらえられるか

    山本裕二・竹之内隆志・中村祥子

    東海体育学会第52回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  18. スキー実習での自己概念の変容過程

    竹之内隆志

    日本体育学会第52回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

▼全件表示

科研費 4

  1. スポーツ選手の心の強さの発達:人格発達理論からの理解

    2019年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    竹之内 隆志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. スポーツ選手の心理的発達プロセスの検討:スポーツ発達心理学の構築に向けて

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. スポーツ発達心理学の構築に向けた基礎的研究

    2010年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    竹之内 隆志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 大学運動選手の自我発達に影響する経験の検討

    2006年04月 - 2008年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

 

担当経験のある科目 (本学) 8

  1. 健康・スポーツ科学実習Ⅰ(バレーボール)

    2011

  2. 健康・スポーツ科学実習Ⅱ(ラケット)

    2011

  3. 健康・スポーツ科学講義

    2011

  4. 健康・スポーツ科学実習Ⅰ(テニス)

    2011

  5. 健康・スポーツ科学実習Ⅱ(ラケット)

    2011

  6. 健康・スポーツ科学実習Ⅰ(バレーボール)

    2011

  7. 健康・スポーツ科学実習Ⅱ(バドミントン)

    2011

  8. 健康・スポーツ科学実習Ⅱ(アダプテッド)

    2011

▼全件表示