2021/03/24 更新

写真a

イシダ コウジ
石田 浩司
ISHIDA, Koji
所属
総合保健体育科学センター 体育科学部 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. 博士(医学) ( 1994年6月   名古屋大学 ) 

  2. 教育学修士 ( 1987年3月   神戸大学 ) 

研究キーワード 13

  1. 運動生理学

  2. 呼吸循環機能

  3. 運動開始

  4. 換気応答

  5. 呼吸法

  6. 二重課題

  7. 認知機能

  8. 急性高山病

  9. 登山

  10. 低酸素

  11. 運動時換気亢進

  12. 活動不足

  13. 循環応答

研究分野 2

  1. その他 / その他  / スポーツ科学

  2. その他 / その他  / 環境生理学(含体力医学・栄養生理学)

現在の研究課題とSDGs 7

  1. 運動と認知の二重課題に関する研究

  2. 急性高山病のスクリーニングテストの開発

  3. 運動開始時の呼吸循環応答

  4. 低酸素に対する生体の応答

  5. ディコンディショニングが呼吸循環応答に及ぼす影響

  6. 健康関連商品の生理学的効果の検証

  7. ディトレーニング・リトレーニングに関する研究

▼全件表示

経歴 7

  1. 名古屋大学   大学院医学系研究科   教授(兼担)

    2014年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   総合保健体育科学センター   副センター長

    2013年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. オックスフォード大学   客員研究員

    2010年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

  4. 名古屋大学   総合保健体育科学センター   教授

    2005年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学   総合保健体育科学センター   准教授

    1996年5月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学   総合保健体育科学センター   講師

    1991年10月 - 1996年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学   総合保健体育科学センター   助手

    1987年4月 - 1991年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 神戸大学   教育学研究科   保健体育専攻

    1985年4月 - 1987年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 神戸大学   教育学部   中等教員養成課程体育科

    1981年4月 - 1985年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 7

  1. 日本体力医学会東海地方会   理事長

    2019年4月 - 現在

  2. 日本体力医学会   評議員

    2000年4月 - 現在

  3. 日本体育学会   代議員

    2013年7月 - 2015年6月

  4. 日本生理学会

  5. 日本運動生理学会

  6. 東海体育学会   理事

    2012年1月 - 2019年12月

  7. European College of Sports Science

    2008年 - 現在

▼全件表示

委員歴 10

  1. 日本体力医学会 全国地方会実行委員会   委員  

    2018年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本体力医学会東海地方会   理事長  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 日本体力医学会 学会賞選考委員会   委員  

    2015年8月 - 2019年7月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. 日本体力医学会東海地方会 20周年記念事業実行委員会   委員  

    2015年4月 - 2016年3月   

  5. 東海体育学会 学会大会委員会   理事  

    2012年1月 - 2015年12月   

  6. 日本体力医学会 プログラム委員会   委員  

    2012年5月 - 2015年9月   

  7. 日本体力医学会東海地方会 第19回学術集会実行委員会   大会長  

    2014年4月 - 2015年3月   

  8. 日本体力医学会 将来構想検討委員会   委員  

    2009年4月 - 2012年3月   

  9. 東海体育学会 編集委員会   委員長  

    2006年1月 - 2007年12月   

  10. 第11回日本運動生理学会大会実行委員会   事務局長  

    2002年4月 - 2003年12月   

▼全件表示

 

論文 108

  1. Age and sex differences in blood pressure responses during hyperpnoea 査読有り

    Shimizu Kaori, Shiozawa Kana, Ishida Koji, Saito Mitsuru, Mizuno Sahiro, Akima Hiroshi, Katayama Keisho

    EXPERIMENTAL PHYSIOLOGY   106 巻 ( 3 ) 頁: 736 - 747   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1113/EP089171

    Web of Science

  2. Comparison of fascicle behaviors between superficial and deeper muscles of triceps brachii during isometric contractions 査読有り

    Akima Hiroshi, Maeda Hisashi, Koike Teruhiko, Ishida Koji, Ando Ryosuke

    JOURNAL OF ELECTROMYOGRAPHY AND KINESIOLOGY   54 巻   2020年10月

     詳細を見る

  3. Relationships between resting blood flow and the indices of muscle damage after eccentric contractions 査読有り

    Maeda Hisashi, Saito Mitsuru, Ishida Koji, Akima Hiroshi

    EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY   120 巻 ( 10 ) 頁: 2183 - 2192   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s00421-020-04442-1

    Web of Science

  4. Quadriceps Thickness and Echo Intensity Predict Gait Independence in Individuals with Severe and Mild Hemiparetic Stroke 査読有り

    Maeda Hisashi, Imada Ken, Ishida Koji, Akima Hiroshi

    EUROPEAN NEUROLOGY   83 巻 ( 2 ) 頁: 167 - 173   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1159/000507548

    Web of Science

  5. Comparison Of Fascicle Behaviors Between Superficial And Deeper Muscles Of Triceps Brachii During Isometric Contractions 査読有り

    Akima Hiroshi, Maeda Hisashi, Koike Teruhiko, Ishida Koji, Ando Ryosuke

    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   52 巻 ( 17 ) 頁: 946 - 946   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  6. Blood pressure and limb blood flow responses during hyperpnoea are not affected by menstrual cycle phase in young women 査読有り

    Shimizu Kaori, Shiozawa Kana, Ishida Koji, Saito Mitsuru, Mizuno Sahiro, Akima Hiroshi, Katayama Keisho

    RESPIRATORY PHYSIOLOGY & NEUROBIOLOGY   275 巻   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.resp.2020.103387

    Web of Science

  7. The interactive effects of acute exercise and hypoxia on cognitive performance: A narrative review 査読有り

    Ando Soichi, Komiyama Takaaki, Sudo Mizuki, Higaki Yasuki, Ishida Koji, Costello Joseph T., Katayama Keisho

    SCANDINAVIAN JOURNAL OF MEDICINE & SCIENCE IN SPORTS   30 巻 ( 3 ) 頁: 384 - 398   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/sms.13573

    Web of Science

  8. Muscle deoxygenation and neuromuscular activation in synergistic muscles during intermittent exercise under hypoxic conditions 査読有り

    Yoshiko Akito, Katayama Keisho, Ishida Koji, Ando Ryosuke, Koike Teruhiko, Oshida Yoshiharu, Akima Hiroshi

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 )   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1038/s41598-019-57099-y

    Web of Science

  9. HIGHER AND LOWER MUSCLE ECHO INTENSITY IN ELDERLY INDIVIDUALS IS DISTINGUISHED BY MUSCLE SIZE, PHYSICAL PERFORMANCE AND DAILY PHYSICAL ACTIVITY

    Yoshiko Akito, Natsume Yukie, Makino Taeko, Hayashi Takahiro, Umegaki Hiroyuki, Yoshida Yasuko, Cheng Xian Wu, Kuzuya Masafumi, Ishida Koji, Koike Teruhiko, Oshida Yoshiharu, Akima Hiroshi

    ULTRASOUND IN MEDICINE AND BIOLOGY   45 巻 ( 9 ) 頁: 2372 - 2380   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ultrasmedbio.2019.05.029

    Web of Science

  10. Effects of Respiratory Muscle Endurance Training in Hypoxia on Running Performance

    Katayama Keisho, Goto Kazushige, Ohya Toshiyuki, Iwamoto Erika, Takao Kenji, Kasai Nobukazu, Sumi Daichi, Mori Hisashi, Ishida Koji, Shimizu Kaori, Shiozawa Kana, Suzuki Yasuhiro

    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   51 巻 ( 7 ) 頁: 1477 - 1486   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1249/MSS.0000000000001929

    Web of Science

  11. Relationship Between Increased Resting Muscle Blood Flow And Muscle Force Loss After Repeated Eccentric Contractions

    Maeda Hisashi, Saito Mitsuru, Ishida Koji, Akima Hiroshi

    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   51 巻 ( 6 ) 頁: 489 - 490   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  12. Inspiratory Muscle Strength And Diaphragm Thickness In Elderly Women

    Shimizu Kaori, Shiozawa Kana, Watanabe Kohei, Saito Mitsuru, Ishida Koji, Akima Hiroshi, Katayama Keisho

    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   51 巻 ( 6 ) 頁: 655 - 655   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  13. Effect of Increased Respiratory Muscle Activation on Blood Flow to Inactive and Active Limb Muscles

    Shiozawa Kana, Goto Kanako, Shimizu Kaori, Saito Mitsuru, Ishida Koji, Zhang Luyu, Sheel William, Katayama Keisho

    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   51 巻 ( 6 ) 頁: 488 - 488   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  14. The Effect of Pedaling Cadence on Skeletal Muscle Oxygenation During Cycling at Moderate Exercise Intensity

    Formenti Federico, Dockerill Cameron, Kankanange Lasitha, Zhang Luyu, Takaishi Tetsuo, Ishida Koji

    INTERNATIONAL JOURNAL OF SPORTS MEDICINE   40 巻 ( 5 ) 頁: 305 - 311   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/a-0835-6286

    Web of Science

  15. Skeletal muscle oxygenation during cycling at different power output and cadence

    Shastri Lisha, Alkhalil Mariana, Forbes Claire, El-Wadi Tina, Rafferty Gerrard, Ishida Koji, Formenti Federico

    PHYSIOLOGICAL REPORTS   7 巻 ( 3 )   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14814/phy2.13963

    Web of Science

  16. Neuromuscular activation of the knee and hip extensor muscles during high-intensity interval and moderate-intensity constant cycling

    Ando Ryosuke, Kondo Shohei, Katayama Keisho, Ishida Koji, Akima Hiroshi

    JOURNAL OF ELECTROMYOGRAPHY AND KINESIOLOGY   44 巻   頁: 64-69   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jelekin.2018.11.012

    Web of Science

  17. Effect of increased inspiratory muscle work on blood flow to inactive and active limbs during submaximal dynamic exercise

    Katayama Keisho, Goto Kanako, Shimizu Kaori, Saito Mitsuru, Ishida Koji, Zhang Luyu, Shiozawa Kana, Sheel A. William

    EXPERIMENTAL PHYSIOLOGY   104 巻 ( 2 ) 頁: 180-188   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1113/EP087380

    Web of Science

  18. Relationship of Quadriceps Muscle Thickness with Motor Paralysis and Muscle Echo Intensity in Post-Stroke Patients

    Maeda Hisashi, Imada Ken, Ishida Koji, Akima Hiroshi

    EUROPEAN NEUROLOGY   81 巻 ( 1-2 ) 頁: 56 - 62   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000500415

    Web of Science

  19. Effects of post-fracture non-weight-bearing immobilization on muscle atrophy, intramuscular and intermuscular adipose tissues in the thigh and calf 査読有り

    Yoshiko Akito, Yamauchi Koun, Kato Takayuki, Ishida Koji, Koike Teruhiko, Oshida Yoshiharu, Akima Hiroshi

    SKELETAL RADIOLOGY   47 巻 ( 11 ) 頁: 1541-1549   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00256-018-2985-6

    Web of Science

  20. Blunted Sympathetic Vasomotor Outflow To Inspiratory Resistive Breathing During Exercise In Women Compared to Men

    Katayama Keisho, Smith Joshua R., Goto Kanako, Shimizu Kaori, Saito Mitsuru, Ishida Koji, Koike Teruhiko, Iwase Satoshi, Harms Craig A.

    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   50 巻 ( 5 ) 頁: 284-285   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  21. Relationships Between Quadriceps Femoris Quality And Locomotor Functions In Disabled Patients

    Maeda Hisashi, Imada Ken, Ishida Koji, Akima Hiroshi

    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   50 巻 ( 5 ) 頁: 833-833   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  22. Elevated sympathetic vasomotor outflow in response to increased inspiratory muscle activity during exercise is less in young women compared with men 査読有り

    Katayama Keisho, Smith Joshua R., Goto Kanako, Shimizu Kaori, Saito Mitsuru, Ishida Koji, Koike Teruhiko, Iwase Satoshi, Harms Craig A.

    EXPERIMENTAL PHYSIOLOGY   103 巻 ( 4 ) 頁: 570-580   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1113/EP086817

    Web of Science

  23. Blood pressure response during normocapnic hyperpnoea is blunted in young women compared to men 査読有り

    Shimizu Kaori, Goto Kanako, Ishida Koji, Saito Mitsuru, Akima Hiroshi, Katayama Keisho

    RESPIRATORY PHYSIOLOGY & NEUROBIOLOGY   247 巻   頁: 52-56   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.resp.2017.08.014

    Web of Science

  24. Mechanism and implications of hyperpnea exaggeration at the onset of exercise in mechanical hyperalgesia after eccentric exercise 査読有り

    Hotta, N. and Ishida, K.

    J Phys Fitness Sports Med   7 巻 ( 3 ) 頁: 161-170   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  25. Estimation of individual thigh muscle volumes from a single-slice muscle cross-sectional area and muscle thickness using magnetic resonance imaging in patients with knee osteoarthritis 査読有り

    Yamauchi Koun, Yoshiko Akito, Suzuki Shigetoshi, Kato Chisato, Akima Hiroshi, Kato Takayuki, Ishida Koji

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SURGERY   25 巻 ( 3 )   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/2309499017743101

    Web of Science

  26. Muscle atrophy and recovery of individual thigh muscles as measured by magnetic resonance imaging scan during treatment with cast for ankle or foot fracture 査読有り

    Yamauchi Koun, Yoshiko Akito, Suzuki Shigetoshi, Kato Chisato, Akima Hiroshi, Kato Takayuki, Ishida Koji

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SURGERY   25 巻 ( 3 ) 頁: 1 - 10   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/2309499017739765

    Web of Science

  27. Cognitive function during exercise under severe hypoxia 査読有り

    Komiyama Takaaki, Katayama Keisho, Sudo Mizuki, Ishida Koji, Higaki Yasuki, Ando Soichi

    SCIENTIFIC REPORTS   7 巻   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-10332-y

    Web of Science

  28. Does degree of alteration in effort sense caused by eccentric exercise significantly affect initial exercise hyperpnea in humans? 査読有り

    Hotta, N., Yamamoto, K., Ogata, H., Maher, P., Okumura, N. and Ishida, K.

    J. Physiol. Anthropol.   35 巻   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40101-016-0107-5

  29. Blunted blood pressure response during hyperpnoea in endurance runners. 査読有り

    Itoh, Y., Katayama, K., Iwamoto, E., Goto, K., Suzuki, Y., Ohya, T., Takao, K., and Ishida, K.

    Respir. Physiol. Neurobiol.   230 巻   頁: 22-28   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Hypoxia attenuates cardiopulmonary reflex control of sympathetic nerve activity during mild dynamic leg exercise. 査読有り

    Katayama, K., Ishida, K., Saito, M., Koike, T. and Ogoh, S.

    Exp. Physiol.   101 巻   頁: 377-386   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Responses of sex steroid hormones to different intensities of exercise in endurance athletes. 査読有り

    Sato, K., Iemitsu, M., Katayama, K., Ishida, K., Kanao, Y., and Saito, M.

    Exp. Physiol.   101 巻   頁: 168-175   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Flow-mediated dilation in the inactive limb following acute hypoxic exercise. 査読有り

    Katayama, K., Yamashita, S., Iwamoto, E., and Ishida, K.

    Clin Physiol Funct Imaging   36 巻   頁: 60-69   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Sympathetic vasomotor outflow and blood pressure increase during exercise with expiratory resistance 査読有り

    Katayama, K., Itoh, Y., Saito, M., Koike, T., and Ishida, K.

    Physiological Report   3 巻   頁: e12421   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Exercise intensity modulates brachial artery retrograde blood flow and shear rate during leg cycling in hypoxia 査読有り

    Iwamoto, E., Katayama, K., and Ishida, K.

    Physiological Report   3 巻   頁: e12423   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Hypoxia exaggerates inspiratory accessory muscle deoxygenation during hyperpnoea 査読有り

    Katayama, K., Suzuki, Y., Hoshikawa, M., Ohya, T., Oriishi, M., Itoh, Y., and Ishida, K.

    Respiratory Physiology and Neurobiology   211 巻   頁: 1-8   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 1-8

  36. Tibetans living at sea level have a hyporesponsive hypoxia-inducible factor system and blunted physiological responses to hypoxia. 査読有り

    Nayia Petousi, K., Croft, Q.P.P., Cavalleri, G.L., Cheng,H-Y., Formenti, F., Ishida, K., Lunn, D., McCormack, M., Shianna, K.V., Talbot, N.P., Ratcliffe, P.J. and Robbins, P.A.

    Joural of Applied Physiology   116 巻   頁: 893-904   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 893-904

  37. 高強度運動時の心拍同期性交感神経活動反応の検討

    齊藤満,山本薫,片山敬章,石田浩司

    愛知学院大学論叢 心身科学部紀要   10 巻   頁: 1-7   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 1-7

  38. 4週間の血流制限下自転車トレーニングが筋機能と有酸素性作業能力及び動脈スティフネスに及ぼす影響 査読有り

    堀田典生,石田浩司

    スポーツ健康科学研究   36 巻   頁: 1-10   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 1-10

  39. Enhanced muscle pump during mild dynamic leg exercise inhibits sympathetic vasomotor outflow. 査読有り

    Physiological Report   2 巻   頁: e12070   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. The effect of acute exercise in hypoxia on flow-mediated vasodilation. 査読有り

    Katayama, K., Fujita, O., Iemitsu, M., Kawano, H., Iwamoto, E., Saito, M. and Ishida, K.

    Eur J Appl Physiol   113 巻   頁: 349-357   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Hypoxic effects on sympathetic vasomotor outflow and blood pressure during exercise with inspiratory resistance. 査読有り

    Katayama, K., Yamashita, S., Ishida, K., Iwamoto, E., Koike T. and Saito, M.

    Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol   304 巻   頁: R374-R382   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Retrograde blood flow in the inactive limb is enhanced during constant-load leg cycling in hypoxia. 査読有り

    Iwamoto, E., Katayama, Yamashita, S., K., Oshida, Y. and Ishida, K.

    Eur J Appl Physiol   113 巻   頁: 2565-2575   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. 運動生理学を応用した運動時の呼吸法‐特集・呼吸の重要性を知る‐ 招待有り

    石田浩司

    コーチング・クリニック   27 巻   頁: 4-8   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  44. 定常負荷運動時の運動種目による呼気中アセトン濃度変動の比較 査読有り

    永峰康一郎,原亜珠沙,野津真知子,石田浩司,片山敬章,近藤孝晴

    安定同位体と生体ガス   5 巻   頁: 44-51   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 44-51

  45. Neural regulation of respiration during exercise -Beyond the conventional central command and afferent feedback mechanisms-. 招待有り

    Ishida, K. and Miyamura, M.

    J Phys Fitness Sports Med   1 巻 ( 2 ) 頁: 235-245   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  46. 胸部圧迫が運動時の呼吸・循環応答,筋酸素動態およびパフォーマンスに及ぼす影響

    石田浩司,片山敬章,岩本えりか,堀田典生,杉浦弘通

    デサントスポーツ科学   33 巻   頁: 33-42   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Hypoxia Augments Oscillatory Blood Flow in Brachial Artery during Leg Cycling. 査読有り

    Iwamoto, E., Katayama, K., Oshida, Y. and Ishida, K.

    Med Sci Sports Exerc   44 巻   頁: 1035-1042   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Inspiratory muscle fatigue increases sympathetic vasomotor outflow and blood pressure during submaximal exercise. 査読有り

    Katayama, K., Iwamoto, E., Ishida, K., Koike, T. and Saito, M.

    Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol   302 巻   頁: R1167-R1175   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Hypoxia augments muscle sympathetic neural response to leg cycling 査読有り

    Katayama K., Ishida K., Iwamoto E., Iemitsu M., Koike T, Saito M.

    American Journal of Physiology     頁: R456-R464   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. 名古屋大学における「健康・スポーツ科学実習」授業に関する学生の意識調査-実習を選択しない学生の観点から-

    石田浩司,西田保,蛭田秀一,片山敬章,山本裕二,石黒洋,小池晃彦,小林洋平

    総合保健体育科学   33 巻   頁: 49-63   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Effects of deconditioning on the initial ventilatory and circulatory responses at the onset of exercise in man

    Ishida, K., Katayama K., Akima H., Iwase S., Sato K, Hotta N., Miyamura M.

    Adv. Exp. Med. Biol.   669 巻   頁: 319-322   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Muscle deoxygenation during sustained and intermittent isometric exercise in hypoxia 査読有り

    Katayama K., Yoshitake Y., Watanabe K., Akima H., Ishida K.

    Med Sci Sports Exerc   42 巻   頁: 1269-1278   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Aerobic exercise capacity and muscle volume after lower limb suspension with exercise countermeasure 査読有り

    Sato K., Katayama K., Hotta N., Ishida K., Akima, H.

    Aviat. Space. Environ.   81 巻   頁: 1085-1091   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Substrate utilization during exercise and recovery at moderate altitude 査読有り

    Katayama, K., Goto, K., Ishida, K. and Ogita, F

    Metabolism   59 巻   頁: 959-966   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Aerobic exercise capacity and muscle volume after lower limb suspension with exercise countermeasure. 査読有り

    Sato, K., Katayama, K., Hotta, N., Ishida, K. and Akima, H.

    Aviat. Space. Environ. Med   81 巻   頁: 1085-1091   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Effects of deconditioning on the initial ventilatory and circulatory responses at the onset of exercise in man.

    Ishida, K., Katayama, K., Akima, H., Iwase, S., Sato, K, Hotta, N. and Miyamura, M.

    Adv. Exp. Med. Biol.   669 巻   頁: 319-322   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Muscle deoxygenation during sustained and intermittent isometric exercise in hypoxia 査読有り

    Katayama, K., Yoshitake, Y., Watanabe, K., Akima, H. and Ishida, K.

    Med Sci Sports Exerc   42 巻   頁: 1269-1278   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. The respiratory response to passive and active arm movements is enhanced in delayed onset muscle soreness 査読有り

    Hotta, N., Yamamoto, K., Katayama, K., and Ishida, K.

    Eur J Appl Physiol   105 巻   頁: 483-491   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. 伸長性収縮運動後における筋機能と筋の状態や形態との関係 査読有り

    堀田典生,山本薫,前野信久,石田浩司

    東海保健体育科学   31 巻   頁: 41-48   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. The effect of external cuff pressure on initial exercise hyperpnea. 査読有り

    Hotta, N., Yamamoto, K., and Ishida, K.

    J Physiol Anthropol   28 巻   頁: 91-95   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. 短期間の間欠的低酸素暴露が持久的鍛練者の呼吸循環応答に及ぼす影響

    片山敬章,石田浩司,斉藤満

    デサントスポーツ科学   30 巻   頁: 15-23   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  62. 機械的振動が血液循環に与える影響 査読有り

    梶大介, 長谷和徳, 井上剛志, 石田浩司, 大日方五郎

    日本機械学会論文集   75 巻   頁: 248-249   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  63. The adaptive responses in several mediators linked with hypertrophy and atrophy of skeletal muscle after lower limb unloading in humans. 査読有り

    Sakuma, K., Watanabe, K., Hotta, N., Koike, T., Ishida, K., Katayama, K. and Akima, H.

    Acta Physiol   197 巻   頁: 151-159   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Electromyographic analysis of hip adductor muscles during incremental fatiguing pedaling exercise. 査読有り

    Watanabe, K., Katayama, K., Ishida, K. and Akima, H.

    Eur J Appl Physiol   106 巻   頁: 815-825   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Cycle ergometer exercise to counteract muscle atrophy during unilateral lower limb suspension. 査読有り

    Akima, H., Hotta, N., Sato, K., Ishida, K., Koike, T. and Katayama, K.

    Aviat Space Environ Med   80 巻   頁: 652-656   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Effect of intensive interval training during unloading on muscle deoxygenation kinetics. 査読有り

    Furuichi, Y., Masuda, K., Takakura, H., Hotta, N., Ishida, K., Katayama, K. and Akima, H.

    Int J Sports Med   30 巻   頁: 563-568   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Effect of two durations of short-term intermittent hypoxia on ventilatory chemosensitivity in humans. 査読有り

    Katayama,K., Ishida, K., Iwasaki, K. and Miyamura, M

    Eur J Appl Physiol   105 巻   頁: 815-821   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Intermittent hypoxia does not increase exercise ventilation at simulated moderate altitude 査読有り

    Katayama, K., Sato, K., Hotta, N., Ishida, K., Iwasaki, K. and Miyamura, M.

    Int J Sports Med   28 巻   頁: 480-487   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Ventilatory and heart rate responses at the onset of passive movement in eudurance- and sprint runners.

    Miyamura, M., Sato, K., Hashimoto, I., Yuza, N., Matsuo, H., Ishida, K., and Katayama, K.

      11 巻   頁: 3-16   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  70. The effect of the amount of eccentric exercise on ventilatory response at the onset of exercise. 査読有り

    Hotta, N., Yamamoto, K., Katayama, K., Fukuoka, Y., and Ishida, K.

    J Physiol Sci   57 巻   頁: 193-197   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Ventilatory and circulatory responses at the onset of dominant and non-dominant limb exercise. 査読有り

    Hotta, N., Yamamoto, K., Sato, K., Katayama, K., Fukuoka, Y., and Ishida, K.

    Eur J Appl Physiol   101 巻   頁: 347-358   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. *運動開始直後の換気亢進のまとめと展望 招待有り

    石田 浩司

    第20回呼吸研究会プロシーディング     頁: 51-57   2006年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    第20回呼吸研究会の記念シンポジウム「運動と呼吸研究のこれまでとこれから」での発表内容をまとめたもので、運動生理学で1世紀以上も議論され続けている、運動開始直後の換気急増(Exercise Hyperpnea)について、そのメカニズムをリビューし、これまで当研究室で行ってきた研究をまとめ、さらに今後の展望までをパワーポイント形式でまとめた。

  73. 自己運動感覚を誘導する視覚刺激に対する生体反応の分析 査読有り

    後藤玲子, 工藤博章, 佐藤耕平, 堀田典生, 石田浩司, 大西昇

    映像情報メディア学会誌   60 巻   頁: 589-596   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. 運動器系・循環器系の統合的数理モデルの構築

    長谷和徳, 小林慎哉, 加納豊広, 石田浩司, 堀田典生, 大日方五郎

    バイオメカニズム   18 巻   頁: 57-68   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  75. 不活動による身体諸機能低下と運動による対抗策

    石田浩司

    高齢社会に対応した人間支援技術に関する総合的研究抄録集     頁: 119-137   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  76. 片脚サスペンジョンが運動開始直後の呼吸・循環応答に及ぼす影響 査読有り

    堀田典生, 佐藤耕平, 片山敬章, 秋間広, 石田浩司

    東海保健体育科学   28 巻   頁: 21-27   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Oxygen uptake kinetics following 20 days of unilateral lower limb suspension 査読有り

    Hotta, N., Sato, K., Katayama, K., Koga, S., Masuda, K., Miyachi, M., Akima, H., and Ishida, K.

    J Physiol Sci   56 巻   頁: 347-353   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Ventilatory and circulatory responses at the onset of exercise after eccentric exercise 査読有り

    Hotta, N., Sato, K., Sun, Z., Katayama, K., Akima, H., Kondo, T., and Ishida, K.

    Eur J Appl Physiol   97 巻   頁: 598-606   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Ventilatory and heart rate responses at the onset of passive movement in eudurance- and sprint runners

      11 巻   頁: 1-14   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  80. Cardiorespiratory responses at the onset of chair rotation in the open-and closed-eye conditions.

      10 巻   頁: 45-56   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  81. 酸素充填水摂取は運動時の呼吸・循環応答に影響を及ぼすか?

    堀田典生, 片山敬章, 佐藤耕平, 孫志虎, 山本親, 中塚正博, 石田浩司

    総合保健体育科学   28 巻   頁: 23-28   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    酸素水が持久力を高めるか否かを明らかにするため、長距離選手を被検者に2回に分けてどちらか告げずに酸素水または普通の水を飲ませ(二重盲検法)、その後トレッドミルで疲労困憊まで走らせ、両条件を比較した。その結果、酸素摂取量や心拍数、走行時間など、全ての項目で両者に差は認められず、酸素水は持久力を向上させる効果はないことが明らかとなった。

  82. 運動器系・循環器系の統合的数理モデルの構築

    長谷和徳, 小林慎哉, 鈴木弘道, 石田浩司, 片山敬章, 堀田典生, 大日方五郎

    バイオメカニズム     頁: 367-378   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  83. Intensive cycle training with artificial gravity maintains muscle size during bed rest 査読有り

    Akima, H., Katayama, K., Sato K., Ishida, K., Masuda, K., Takada, H., Watanabe, Y. and Iwase, S.

    Aviat Space Environ Med   76 巻   頁: 923-929   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Vestibulo-cardiorespiratpry responses at the onset of chair rotation in endurance runners 査読有り

    Sato, K., Katayama, K., Katayama, N., Hotta, N., Ishida, K. and Miyamura, M.

    Jpn J Physiol   55 巻   頁: 11-18   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Effect of a repeated series of intermittent hypoxic exposures on ventilatory response in humans 査読有り

    Katayama, K., Fujita, H., Sato, K., Ishida, K., Iwasaki, K. and Miyamura, M.

    High Alt Med Biol   6 巻   頁: 50-59   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Changes in ventilatory responses to hypercapnia and hypoxia after intermittent hypoxia in humans 査読有り

    Katayama, K., Sato, K., Matsuo, H., Hotta, N., Sun, Z., Ishida, K., Iwasaki, K. and Miyamura, M.

    Respir Physiol Neurobiol   146 巻   頁: 55-65   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. 肺機能のはかり方 招待有り

    石田浩司, 宮村実晴

    体育の科学   54 巻   頁: 231-236   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    体育関係者の必読誌である「体育の科学」の実験・実習教室というシリーズの一つとして執筆を依頼されたもの。人間ドッグなどで行われている肺活量に代表される安静時の肺機能検査及び運動時の換気量測定について、測定方法、解析方法、評価の仕方、さらに測定や解析上の注意点について解説している。

  88. Ventilatory and heart rate responses at the onset of chair rotation in man 査読有り

    Miyamura, M., Ishida, K., Katayama, K., Shima, N., Matsuo, H. and Sato, K.

    Jpn J Physiol   54 巻   頁: 499-503   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Acceleration with exercise during head-down bed rest preserves upright exercise responses 査読有り

    Katayama, K., Sato K., Akima, H., Ishida, K., Takada, H., Watanabe, Y., Iwase, M., Miyamura, M. and Iwase, S.

    Aviat Space Environ Med   75 巻   頁: 1029-1035   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Effects of intermittent hypoxic training and detraining on ventilatory chemosensitive adaptations in endurance athletes 査読有り

    Katayama, K., Sato, K., Matsuo, H., Ishida, K., Mori, S. and Miyamura, M.

    Adv Exp Med Biol   551 巻   頁: 299-304   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Ventilatory and circulatory responses at the onset of voluntary exercise and passive movement in sprinters 査読有り

    Sato, K., Matsuo, H., Katayama, K., Ishida, K., Honda, Y., Katsumata, K. and Miyamura, M.

      92 巻   頁: 196-203   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. Effects of intermittent hypoxia on oxygen uptake during submaximal exercise in endurance athlets 査読有り

    Katayama, K., Sato, K., Matsuo, H., Ishida, K., Iwasaki, K. and Miyamura, M.

    Eur J Appl Physiol   92 巻   頁: 75-83   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. Ventilatory and cardiovascular responses to hypercapnia after 20 days head-down bed rest 査読有り

    Katayama, K., Sato, K., Akima, H., Ishida, K., Yanagiya, T., Kanehisa, H., Fukuoka, H., Fukunaga, T. and Miyamura, M.

    Aviat Space Environ Med   75 巻   頁: 312-316   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. Validity of the adaptive filter for accurate measurement of cardiac output in impedance cardiography 査読有り

    Ono, T., Yasuda, Y., Ito, T., Barros, A.K., Ishida, K., Miyamura, M., Yoshizawa, M. and Yambe, T.

    Tohoku J Exper Med   202 巻   頁: 181-191   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. 呼吸と運動の限界因子

    体育の科学   53 巻   頁: 90-95   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  96. *Initial ventilatory and circulatory responses to dynamic exercise are slowed in the elderly 査読有り

    Ishida, K., Sato, Y., Katayama, K. and Miyamura, M.

    Journal of Applied Physiology   89 巻 ( 5 ) 頁: 1771-1777   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Effects of combined β-adrenergic and cholinergic blockade on the initial ventilatory response to exercise in human 査読有り

    Ishida, K., Hayashi, T., Moritani, T. and Miyamura, M.

    European Journal of Applied Physiology   76 巻   頁: 230-235   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Ventilatory responses at the onset of passive movement and voluntary exercise with arms and legs 査読有り

    Ishida, K., Takaishi, T. and Miyamura, M.

    Acta Physiologica Scandinavica   151 巻   頁: 343-352   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. 呼吸運動と自律神経

    石田浩司, 宮村実晴

    体育の科学   44 巻   頁: 437-442   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  100. Cardiorespiratory response at the onset of passive leg movements during sleep in humans 査読有り

    Ishida, K., Yasuda, Y. and Miyamura, M.

    European Journal of Applied Physiology   66 巻 ( 6 ) 頁: 507-513   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Ventilatory response at the onset of passive exercise during sleep in man 査読有り

    Control of breathing and its modeling perspective     頁: 275-278   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Ventilatory response at the onset of passive exercise during sleep in man

    Ishida, K., Yasuda, Y. and Miyamura, M.

    Control of Breathing and Its Modeling Perspective     頁: 275-278   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  103. 筋疲労回復にはどのような方法が最も効果的か? 査読有り

    石田浩司, 高石鉄雄, 宮村実晴

    デサントスポーツ科学     頁: 13   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. デ・トレーニングがヒトの筋収縮特性に及ぼす影響

    石田浩司, 宮村実晴

    第3回宇宙医学シンポジウム     頁: 78-84   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  105. 短時間の低酸素吸入が随意的筋力発揮能力に及ぼす影響

    石田浩司, 宮村実晴, 矢部京之助

    総合保健体育科学   13 巻   頁: 37-45   1990年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. Changes in voluntary and electrically induced contractions during strength training and detraining. 査読有り

    Ishida, K., Moritani, T. and Itoh, K.

    European Journal of Applied Physiology   60 巻   頁: 244-248   1990年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. 短時間の低酸素吸入が誘発張力およびH反射に及ぼす影響

    石田浩司, 宮村実晴, 矢部京之助

    総合保健体育科学   12 巻   頁: 54-64   1989年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Effects of CO2 inhalation prior to maximal exercise on physical performance. 査読有り

    Ishida, K., Hiruta, S. and Miyamura, M.

    Japanese Journal of Physiology   38 巻   頁: 929-933   1988年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 17

  1. 健康運動指導士養成講習会テキスト(上)

    石田浩司 他多数( 担当: 共著 ,  範囲: 第4章 運動生理学 1. 呼吸器系と運動)

    健康・体力づくり事業財団  2019年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:1-382   担当ページ:157-164   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    第4章 運動生理学 1.呼吸器系と運動 を担当

  2. 健康運動指導士養成講習会テキスト

    石田浩司 他多数( 担当: 共著)

    健康・体力づくり事業財団  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    第4章 運動生理学 1.呼吸器系と運動 を担当

  3. ニュー運動生理学

    宮村實晴, 石田浩司 他多数( 担当: 単著)

    真興交易医書出版部  2015年1月  ( ISBN:978-4-88003-890-2

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    Section 10 運動と呼吸 の ①換気調節 を担当

  4. 身体運動と呼吸・循環機能

    宮村實晴, 石田浩司 他多数( 担当: 共著)

    真興交易(株)医書出版部  2012年8月  ( ISBN:978-4880038681

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    運動時の呼吸・循環応答など運動と呼吸・循環機能について、専門家50名で書き上げたもの

  5. 健康・運動の科学

    田口貞善, 石田浩司 他多数( 担当: 共著)

    講談社  2012年5月  ( ISBN:978-4-06-280659-6

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    健康・運動について、介護と生活習慣病予防のための運動処方という観点から、各分野のエキスパート20人ほどが執筆した。

  6. 「身体トレーニング」

    宮村 實晴(編)( 担当: 共著)

    真興交易医書出版部  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    「呼吸の神経調節」を担当。運動時の換気応答における神経調節の役割とトレーニングによる影響について解説した。

  7. 運動療法と運動処方 第2版

    佐藤祐造(編)( 担当: 共著)

    文光堂  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    「日本人の体力特性」を担当。日本人の体力特性について、文部科学省の体力テストの結果を元に継時的変化を追った。また、国際比較として陸上競技記録の日本と世界の差を調べた。

  8. 健康運動指導士養成講習会テキスト

    石田浩司 他多数( 担当: 共著)

    健康・体力づくり財団  2007年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    第4章 運動生理学 1.呼吸器系と運動 を担当

  9. スポーツの百科事典

    田口貞善、石田浩司 他多数( 担当: 共著)

    丸善  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    「呼吸と運動」を担当

  10. 最新スポーツ科学事典

    石田浩司 他多数( 担当: 共著)

    平凡社  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    「肺気量分画」と「換気の神経調節」を担当

  11. 運動と呼吸

    宮村實晴、石田浩司 他多数( 担当: 共著)

    真興交易医書出版部  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    「換気の神経性調節-末梢性因子-」の章を担当

  12. 新運動生理学

    宮村實晴、石田浩司 他多数( 担当: 共著)

    真興交易医書出版部  2001年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    「運動時の換気亢進」の章を担当

  13. 運動と循環

    石田浩司、加賀谷淳子 他多数( 担当: 共著)

    ナップ  2001年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    「運動開始直後の呼吸・循環連関」の章を担当

  14. 身体活動と生活習慣病

    石河利寛、石田浩司 他多数( 担当: 共著)

    日本臨牀  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    「身体活動と呼吸機能」の章を担当

  15. 呼吸

    宮村實晴、石田浩司 他多数( 担当: 共著)

    ナップ  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    「運動時の換気増大」の章を担当

  16. スポーツ生理学

    森谷敏夫、石田浩司 他多数( 担当: 共著)

    朝倉書店  1994年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    「ディトレーニングの生理学」の章を担当

  17. 成人病の治療と予防の基礎と実際

    石田浩司、宮村實晴 他多数( 担当: 共著)

    杏林書院  1993年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    「主観的運動強度」の章を担当

▼全件表示

講演・口頭発表等 57

  1. 運動と認知の二重課題開始時の呼吸循環応答 国際共著

    石田浩司,張魯玉, 須藤みず紀,安藤創一,片山敬章

    第74回日本体力医学会大会  2019年9月  日本体力医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月19日 - 2019年9月21日

    記述言語:日本語  

    開催地:つくば市   国名:日本国  

  2. Effects of different pedaling cadences on motor-cognitive dual-task performances and cardio-respiratory responses. 国際共著 国際会議

    Ishida, K., Zhang, L., Sugimori, H. and Katayama, K.

    24th Annual Congress of the European College of Sport Science  2019年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月3日 - 2019年7月6日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:プラハ   国名:チェコ共和国  

  3. 中高年登山家を用いた 急性高山病スクリーニングテストの開発

    石田浩司,片山敬章,張魯玉, 後藤歌奈子, 清水香, 伊藤初江, 山内高雲,佐藤耕平, 島岡清

    第72回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月16日 - 2017年9月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:松山   国名:日本国  

  4. Cardiorespiratory responses to gradual and acute hypoxia during constant load exercise. 国際会議

    Ishida, K., Yamauchi, K., Sato, K., and Katayama, K.

    21st Annual Meeting of the European College of Sports Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月5日 - 2016年7月9日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Vienna (Austria)   国名:日本国  

  5. 運動中の酸素濃度急減および漸減に対する呼吸循環応答の比較

    石田浩司,山内高雲,伊藤佑華,片山敬章,佐藤耕平

    第70回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月18日 - 2015年9月20日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:和歌山   国名:日本国  

  6. 短期間の低酸素トレーニングによる運動時換気亢進の学習効果

    石田浩司,片山敬章,小池晃彦,山内高雲,伊藤佑華,堀田典生,岩本えりか

    第69回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月19日 - 2014年9月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎   国名:日本国  

  7. 運動時の換気応答 -生理学的基礎と理学療法への応用-

    石田浩司

    札幌医科大学公開講座「スポーツ理学療法とスポーツ科学の融合」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌医科大学   国名:日本国  

  8. 胸郭制限トレーニングによる運動時換気亢進の学習効果

    石田浩司,片山敬章,山下晋,岩本えりか,堀田典生

    第68回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月21日 - 2013年9月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本教育会館(東京)   国名:日本国  

  9. 胸郭制限が定常負荷運動時の呼吸循環応答に及ぼす影響

    石田浩司,片山敬章,岩本えりか,堀田典生,杉浦弘通

    第67回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月14日 - 2012年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岐阜   国名:日本国  

  10. 大会運営に関する検討と提案-学会大会の理想と現実‐ (「これからの日本体力医学会の発展を目指して‐将来構想検討委員会報告」シンポジウム)

    石田浩司, 伊坂忠夫, 川中健太郎, 近藤徳彦, 重松良祐

    第67回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月14日 - 2012年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:岐阜   国名:日本国  

  11. Effects of Chest Wall Restriction on Cardio-respiratory Responses, Muscle Deoxygenation and Performance during Maximal Exercise. 国際会議

    Ishida, K., Katayama, K., Iwamoto, E., Sugiura, H. and Hotta, N.

    17th Annual Meeting of the European College of Sports Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月3日 - 2012年7月7日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ベルギー王国  

  12. Effects of Deconditioning on the Initial Ventilatory and Circulatory Responses at the Onset of Exercise in Man. 国際会議

    11th Oxford Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  13. Bed rest attenuates the initial ventilatory and circulatory responses to dynamic exercise 国際会議

    European College of Sports Science 13th Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    Conclusion is that bed rest, as the ultimate inactivity, should induce attenuated initial ventilatory and circulatory responses at the onset of exercise.

  14. Respiratory Control during exercise and its contribution to homeostasis (Control of homeostasis during exercise in humans Symposia)

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  15. 「運動しなくなる」とどうなる? -Deconditioningとその対抗策- (「運動しないとどうなる?」シンポジウム)

    石田浩司

    第11回日本体力医学会東海地方会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. 負荷頻度が運動開始直後の呼吸・循環応答に及ぼす影響

    石田浩司, 堀田典生, 山本薫, 片山敬章

    第61回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  17. 運動開始直後の換気亢進のまとめと展望(「運動と呼吸研究のこれまでとこれから」シンポジウム)

    石田浩司

    第20回呼吸研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. 不活動による身体所機能低下と運動による対抗策. (高齢社会に対応した人間支援技術に関する総合的研究)

    石田浩司

    エコトピア融合プロジェクト・シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. 呼吸系応答からみた運動へのからだの適応-運動開始時の適応メカニズムから考える-

    石田 浩司

    第60回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  20. 片脚サスペンジョンによる運動開始直後の呼吸・循環応答の変化

    石田浩司, 堀田典生, 佐藤耕平, 片山敬章, 小池晃彦, 増田和実, 宮地元彦, 秋間広

    第60回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  21. ベッドレストが運動開始直後の呼吸・循環応答に及ぼす影響

    石田浩司, 佐藤耕平, 片山敬章, 秋間広, 渡邉順子, 高田宗樹, 岩瀬敏, 宮村実晴

    第59回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  22. Interrelationships between ventilatory and circulatory responses at the onset of dynamic exercise 国際会議

    2004 Pre-Olympic Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  23. 運動開始直後の換気亢進メカニズム

    石田 浩司

    第17回呼吸ディスカッションの会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  24. 運動開始時の呼吸・循環調節

    石田 浩司

    第43回日本ME学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  25. 顔面冷却は運動開始直後の換気・心拍応答を抑制する

    石田浩司, 片山敬章, 松尾宏, 佐藤耕平, 林直亨, 宮村実晴

    第57回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  26. Initial ventilatory and circulatory responses during exercise

    Conference on Perspective on Exercise and Circulation Research 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  27. 運動と換気亢進

    石田 浩司

    日本運動生理学会第9回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  28. 衰えを科学する

    石田 浩司

    名古屋大学総合保健体育科学センターコロキュウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  29. Changes in muscle strength and contractile properties during strength training, detraining, retraining and de-retraining 国際会議

    2000 Pre-Olympic Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  30. 運動開始直後の呼吸・循環連関

    石田 浩司

    2000「運動と循環」研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  31. 随意及び電気刺激による最大筋力の左右差

    石田浩司, 島典広, 諸留克史, 佐藤靖丈, 片山敬章: 宮村実晴

    日本運動生理学会第7回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  32. Twitch Interpolation法による筋力トレーニング効果の電気生理学的解明

    石田浩司, 島典広, 諸留克史, 佐藤靖丈, 片山敬章, 宮村実晴

    第3回日本電気生理運動学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  33. 筋力トレーニング、ディトレーニング、リトレーニングに関する電気生理学的研究

    石田浩司, 宮村実晴, 島典広, 片山敬章, 佐藤靖丈, 諸留克史

    第54回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  34. 筋持久力トレーニング、ディトレーニング、リトレーニングによる酸素動態の変化

    第53回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    石田浩司, 片山敬章, 佐藤靖丈, 宮村実晴

  35. 高齢者の運動開始時の呼吸・循環応答特性

    石田浩司, 佐藤靖丈, 片山敬章, 宮村実晴

    第52回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  36. 運動開始時の呼吸と循環の関連性

    石田浩司, 佐藤靖丈, 片山敬章, 宮村実晴

    日本運動生理学会第5回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  37. The application of exponential work load change by use of an improved cycle ergometer system at the start of exercise 国際会議

    The 1996 International Pre-Olympic Scientific Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  38. 運動開始時における換気亢進のメカニズムを探る

    名古屋大学総合保健体育科学センター・コロキュウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  39. 異なる負荷方法が運動開始時の呼吸・循環応答に及ぼす影響

    石田浩司, 宮村実晴, 高石鉄雄, 小野隆, 安田好文

    第50回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  40. Effects of autonomic blockade on ventilatory response at the onset of voluntary exercise and passive movements in humans 国際会議

    The Second Joint Meeting of the Physiological Societies of Japan and U.K. and Eire 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  41. 運動開始時における換気亢進のメカニズムを探る

    石田 浩司

    Strength and relaxation conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  42. 腕・脚単独運動及び複合運動開始時の換気応答

    石田浩司, 宮村実晴, 高石鉄雄

    第49回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  43. 自律神経ブロックが脚運動開始時の換気応答に及ぼす影響

    石田浩司, 宮村実晴, 森谷敏夫, 林達也, 見正冨美子, 柴田真志, 高石鉄雄

    日本運動生理学会第2回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  44. 腕及び脚運動におけるPhase Iの比較

    石田浩司, 宮村実晴, 高石鉄雄

    第20回呼吸調節研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. 腕及び脚運動開始時の換気応答

    石田浩司, 宮村実晴, 高石鉄雄

    第48回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  46. 調息呼吸法が神経機構に及ぼす影響

    石田浩司, 宮村実晴, 高石鉄雄, 安田好文

    第47回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1992年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  47. 呼吸リズムが神経興奮レベルに及ぼす影響

    石田浩司, 宮村実晴

    第46回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1991年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. Ventilatory response at the onset of passive exercise during sleep in man 国際会議

    OXFORD CONFERENCE. 5th meeting on control of breathing and its modeling perspective 

     詳細を見る

    開催年月日: 1991年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  49. デ・トレーニングがヒトの筋収縮特性に及ぼす影響

    石田浩司, 宮村実晴

    第3回宇宙医学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 1991年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  50. H波及びV1波からみた随意筋収縮中の脊髄興奮レベルの変化

    石田浩司, 宮村実晴, 矢部京之助, 高石鉄雄

    第45回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1990年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  51. 短時間の低酸素吸入が随意的筋力発揮能力に及ぼす影響

    石田浩司, 宮村実晴

    日本体育学会第40回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1989年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  52. 随意筋収縮中のH波及びM波の変動

    石田浩司, 宮村実晴, 矢部京之助, 高石鉄雄

    第44回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1989年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  53. 血液透析患者における身体トレーニングの運動強度に関する研究

    石田浩司, 宮村実晴, 杢子耕一, 生田善一, 柘植美智子, 山北由理, 太田和宏, 斎藤明

    第34回日本透析療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1989年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  54. 低酸素吸入が誘発筋電図および誘発張力に及ぼす影響

    石田浩司, 宮村実晴, 矢部京之助

    日本体育学会第39回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1988年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  55. 低圧暴露によるラット骨格筋の機能的・組織化学的変化に関する研究(Ⅱ) -機能的変化-

    第42回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1987年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  56. 筋力トレーニング効果に関する電気生理学的研究

    石田浩司, 森谷敏夫, 伊藤一生

    日本体育学会第38回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1987年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  57. 短距離選手の電気生理学的特性

    石田浩司, 森谷敏夫, 伊藤一生

    日本体育学会第37回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1986年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

Works(作品等) 3

  1. 特集「健康食品2兆円市場の疑似科学エセ医学」

    2014年8月

     詳細を見る

    発表場所:週刊新潮, 2014.08.14, p65  

    週刊新潮の取材を受け、酸素水の効果についての記事が掲載れた。

  2. 「運動と呼吸」の観点からも必要 特集 10K企画「ランナーに全力疾走はよく似合う?!」

    2014年4月

     詳細を見る

    発表場所:ランナーズ,39(4): 11  

    雑誌「ランナーズ」にコラムを書いた。

  3. トレーニングを中断しても体力を維持する方法があった!

    2012年

     詳細を見る

    発表場所:夢ナビ (http://yumenavi.info/lecture.aspx?GNKCD=g004588)  

その他研究活動 1

  1. 8th International Conference on Sport Science Research and Technology Support

    2020年11月

     詳細を見る

    プログラム委員会委員

共同研究・競争的資金等の研究課題 6

  1. 「低酸素環境が運動時の血流パターンに与える影響-新たな運動処方プログラム作成を目指して-」

    2013年06月

    YMFSスポーツチャレンジ研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 胸郭圧迫が運動時の呼吸・循環応答、筋酸素動態およびパフォーマンスに及ぼす影響

    2011年04月 - 2012年03月

    (財)石本記念デサントスポーツ科学振興財団学術研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    スポーツ関連科学に関する研究として、胸郭の動きをコルセットで制限して運動をおこなわせたときのヒトの呼吸循環応答を探る研究

  3. 振動刺激が生体に及ぼす影響

    2007年04月 - 2008年03月

    企業からの受託研究 

      詳細を見る

    振動刺激マシーンによる生体への影響について、代謝および筋活動について検討した。

  4. ポリデキストロースが安静時代謝に及ぼす影響

    2005年10月 - 2006年02月

    企業からの受託研究 

      詳細を見る

    ポリデキストロースを摂取後、脂肪代謝などがどのように変化するか明らかにした

  5. 酸素水が運動時の呼吸循環応答に及ぼす影響

    2004年04月 - 2004年07月

    企業からの受託研究 

      詳細を見る

    酸素を通常より多く含んだ水を飲んで運動すると、持久的な能力が増大するか否かを明らかにした。

  6. ベッドレストが生体に及ぼす影響とその対抗策

    2003年04月 - 2008年03月

    宇宙フォーラム 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    20日間のベッドレストによりヒトの諸機能、体力がどのように変化し、それらの変化に対抗するためにトレーニング装置を開発し、効果を確かめた

▼全件表示

科研費 8

  1. 運動中の認知課題遂行における認知・運動・呼吸循環機能の相互関連性

    研究課題/研究課題番号:17K01758  2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金 

    石田 浩司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    運動と認知の二重課題について,一方の課題の種類や難易度を変えた時の,両方のパフォーマンスへの影響と加齢による違い,さらに二重課題開始時の呼吸循環応答の動態を検討した.その結果,1)自転車運動の回転数を変えて二重課題を実施すると,運動の正確性が低下し,高齢者では低速時に速く漕ぐ傾向があること,2)認知課題を変えた時の二重課題では,運動パフォーマンスが作業記憶課題で低下し,認知パフォーマンスでは注意機能が影響を受けやすく,高齢者では向上する場合もあること,3)二重課題開始時の各種応答は単独運動より大きく,それは認知と運動の効果が単純加算されること,高齢者の応答は若年者より遅いことが明らかとなった.
    これまで二重課題について,本研究のような基礎的な部分についてのエビデンスが少なかった.先行研究において,二重課題による認知への影響や,二重課題トレーニングの効果が異なるのは,用いる課題によって結果が異なることが原因の一つであることが今回研究で示唆されるなど,今後の二重課題に関する研究の発展に,本研究が多大に寄与するという点で,学術的意義が高いといえる.
    また,高齢者の二重課題実行時に,運動が速くなることや精神的ストレスがかかりやすいなど,二重課題の注意すべき点が示されたこと,高齢者の認知機能は課題が複雑になるほど低下する,という社会通念を覆したという点で,社会的意義があるといえる.

  2. 急性高山病のスクリーニングテストの開発

    研究課題/研究課題番号:26560349  2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金 

    石田 浩司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    高地に行って急性高山病にかかる人を、平地でのスクリーニングテストで予知しようとする研究

  3. 有酸素性運動時の効果的呼吸法とそのメカニズムの解明

    研究課題/研究課題番号:23500777  2011年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    石田 浩司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    運動時の呼吸について「学習効果」「同調」の観点からその効果やメカニズムを明らかにし、有酸素性運動じの効果的な呼吸法を示唆する研究

  4. パッシブ・リズミック・エクササイズの開発と寝たきり老人への応用

    研究課題/研究課題番号:17650193  2005年04月 - 2007年03月

    科学研究費補助金 

    石田 浩司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    受動的に身体を動かすと一過性に換気や心拍が亢進することを応用して、寝たきり老人にこの受動的運動を実施し、呼吸循環機能に刺激を与えるとともに、神経筋機能及び精神的に効果があるかを明らかにするため、2ヶ月間週3回のパッシブ体操を実施した。その結果、関節可動域増大やストレス低下、気分改善などの効果が見られた。

  5. 身体不活動及び運動トレーニングが身体機能に及ぼす宇宙医学的研究

    研究課題/研究課題番号:17300207  2005年04月 - 2009年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    秋間 広

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    不活動のモデルである片脚サスペンションによって生体の諸機能がどのように影響を受け、対抗策としてどのようなトレーニングが有効か明らかにする

  6. 運動時の呼吸をシミュレートした新しい呼吸筋トレーニングの開発

    研究課題/研究課題番号:19K22803  2019年06月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  挑戦的研究(萌芽)

    片山 敬章

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では,運動時の呼吸動態を模擬した新しい呼吸筋トレーニングの開発と全身持久性パフォーマンスへの効果を明らかにすることを目的として研究を進める.持久的アスリートを対象に,トレッドミルあるいは自転車エルゴメータを用いて高強度の運動を行い,運動中の吸気・呼気流速,口腔内圧変化などを記録する.得られたデータをもとに,安静状態で運動時の呼吸をシミュレーションできるコンピュータソフトウェアを開発し,運動時の呼吸動態(呼吸筋活動)が模擬できることを確認する.作成したソフトウェアを使用し,持久的アスリートを対象に呼吸筋の持久的トレーニングを行い,全身持久性パフォーマンスへの効果を検証する.
    【目的】呼吸筋活動時の代謝特性を測定可能な装置を作成する.
    【実施内容】安静状態において呼吸筋持久力テスト(自発的な漸増過換気)を実施するための再呼吸回路装置を作成した.この再呼吸装置を用いることにより,自発的な過換気による動脈血の二酸素炭素分圧低下を抑制できることを確認した.具体的には,部分開放回路内に再呼吸バッグを接続することにより,随意過換気中の呼気終末二酸化炭素分圧(動脈血の二酸化炭素分圧の指標)を安静時のそれの4mmHg以内に維持することが可能となった.この回路を用いて,呼吸筋持久力テスト(自発的な漸増過換気)を実施し,酸素摂取量,筋酸素動態(呼吸補助筋),筋電図の変化をモニターした.再呼吸回路を用いた場合,酸素摂取量の算出が困難となるが,過換気開始から2分程度で妥当な値が得られること,その後の漸増過換気によって妥当な酸素摂取量の増加が認められることを予備実験において確認した(現状対象者7名).これにより,運動時の呼吸をシミュレートした過換気時における呼吸筋の代謝動態をモニターすることが可能となった.また,呼吸筋持久力テスト中に近赤外分光装置および筋電図計を用いて呼吸補助筋(肋間筋,胸鎖乳突筋)の筋酸素動態および神経筋活動を測定できることを確認した.筋電図の解析には,呼吸パターン(吸息・呼息)に対応した解析方法が必要となる.今回対象とする呼吸補助筋(胸鎖乳突筋・外肋間筋)はいずれも吸息時の活動筋であることから,呼吸流量データを用いて吸息時のみに対応するプログラムを研究分担者により作成しその妥当性についても確認した.
    再呼吸回路を使用した際に,二酸化炭素濃度の変化が通常環境と異なるため,酸素摂取量を算出するアルゴリズムを再設定する必要があった.このため,予備実験開始までに時間を要した.
    再呼吸装置による測定データの妥当性が確認できたことから,呼吸筋持久力テスト,固定負荷テスト,インターバルテストそれぞれを進めていく.現状の予備実験では非鍛錬者を対象としているが,日常的にトレーニングを実施している持久的鍛錬者も対象とし,呼吸筋活動時の代謝特性を明らかにする.これらの結果から,全身持久的運動パフォーマンス向上のための呼吸筋トレーニング・プトロコール作成を進める.

  7. 運動時の血圧調節に筋ポンプおよび心肺圧受容器が果たす役割の解明

    研究課題/研究課題番号:19H03998  2019年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金 

    片山 敬章

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    運動時の動脈血圧の上昇は,活動筋への血流量(酸素運搬)と,脳や心臓など生命維持に不可欠な臓器への血流を維持することに貢献する.これまで我々は,筋ポンプによる静脈還流量の増加が心肺圧受容器を刺激し,血管運動神経活動を抑制することを明らかにした.この結果は,筋ポンプによる心肺圧受容器刺激が,血圧が過度に上昇しないように末梢血管抵抗を調節することを示唆する.
    本研究ではこれまでの研究成果をさらに発展させ,特に高齢者において,運動時の血圧上昇に対する筋ポンプ機能および心肺圧受容器機能の影響を明らかにし,運動時の血圧調節メカニズムのさらなる解明を目的とし研究を進める.
    【目的】運動時の心肺圧受容器反射による血管運動神経活動を年代間で比較する.血管運動神経活動に対する,筋ポンプ作用による心肺圧受容器反射と,筋代謝受容器反射の相互関係を明らかにする.
    【実施内容】対象者を若年(18~24歳)および高齢(65~75歳)の男女とした.運動にはリカンベント型の自転車エルゴメータを用いた.運動負荷を予備心拍数の10%,20%,40%に設定し,それぞれ4分ずつの運動とした.安静時および運動中には心拍数,動脈血圧,血管運動神経活動(筋交感神経活動)を連続的に測定した.今年度は若年者5名,高齢者7名において運動時の筋交感神経活動を取得できた.現在対象者の追加とデータ解析を進めている.若年者においては,筋交感神経活動の調節に対する心肺圧受容器反射と筋代謝受容器反射による相互関係を明らかにするために,20%および40%強度におけるハンドグリップ運動+運動後阻血により筋代謝受容器反射を誘発させ,自転車運動(筋ポンプ作用)による心肺圧受容器反射を刺激し,筋交感神経活動の変化を観察した.その結果,筋代謝受容器反射刺激が弱い場合には,自転車運動による心肺圧受容器反射刺激により筋交感神経活動の低下が認められるが,筋代謝受容器反射が強くなると血管運動神経活動の低下が認められなかった.これらの結果から,筋ポンプ作用による心肺圧受容器反射を介した血管運動神経活動の抑制は,高強度の筋代謝受容器反射により減弱されることが明らかとなった.
    自転車エルゴメータ運動時の橈骨神経からの筋交感神経活動の測定は成功率が高くないものの,高齢者においても運動の練習を行うことでデータ取得が可能でるため.
    対象者数を目標である15名(現状:若年者5名,高齢者7名)に近づけるように増加させる.また,心肺圧受容器への刺激の程度を推測するため,推定中心静脈圧を測定し,若年者と高齢者における比較を行う.これにより,心肺圧受容器反射を介した血管運動神経活動への影響メカニズムをより詳細に明らかにすることが可能となる.

  8. 運動時の循環調節およびパフォーマンスに対する呼吸筋活動の影響

    研究課題/研究課題番号:15H03079  2015年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金 

    片山 敬章

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では,呼吸筋活動の増加が循環調節に及ぼす影響を明らかにすることを試みた.研究1:運動中の呼息筋活動の増加により,有意な血圧上昇および血管運動神経活動の増加が認められた.研究2:換気量を増加させた場合の血圧上昇の程度は,若年女性で同年代の男性と比較して有意に小さかった.研究3:若年男女を対象に,自転車エルゴメータ運動時に吸息筋の活動を増加させた.男女とも,呼吸筋活動増加により血圧上昇および血管運動神経活動の増加が認められたが,その増加の程度は若年女性の方が小さかった.これらの結果から,呼吸筋活動は運動時の循環調節に影響を及ぼすこと,またその影響には性差があることが明らかとなった.

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 76

  1. 医科学セミナー

    2020

  2. 医科学実験研究

    2020

  3. 基盤医科学実習 「運動時の呼吸・循環応答の測定および分析法」

    2020

  4. 健康運動科学実験研究

    2020

  5. 健康運動科学セミナー

    2020

  6. 健康・スポーツ科学実習(バドミントン)

    2019

  7. 健康・スポーツ科学実習(バドミントン)

    2019

  8. 健康・スポーツ科学講義

    2019

  9. 健康・スポーツ科学実習(バドミントン)

    2019

  10. 健康・スポーツ科学実習(テニス)

    2019

  11. 健康・スポーツ科学実習(バドミントン)

    2019

  12. 健康・スポーツ科学実習(バドミントン)

    2019

  13. 健康・スポーツ科学実習(バドミントン)

    2019

  14. 健康・スポーツ科学実習(テニス)

    2018

  15. 健康・スポーツ科学実習(バドミントン)

    2018

  16. 健康・スポーツ科学実習(バドミントン)

    2018

  17. 健康・スポーツ科学実習(バドミントン)

    2018

  18. 健康・スポーツ科学実習(ソフトボール)

    2018

  19. 健康・スポーツ科学講義

    2018

  20. 健康・スポーツ科学実習(テニス)

    2018

  21. 健康・スポーツ科学実習(テニス)

    2018

  22. 健康・スポーツ科学実習(バドミントン)

    2018

  23. 健康・スポーツ科学講義

    2017

  24. 健康・スポーツ科学実習(バドミントン)

    2017

  25. 健康・スポーツ科学実習(テニス)

    2017

  26. 健康・スポーツ科学実習(バドミントン)

    2017

  27. 健康・スポーツ科学実習(テニス)

    2017

  28. 健康・スポーツ科学実習(バドミントン)

    2017

  29. 健康・スポーツ科学実習(バドミントン)

    2017

  30. 健康・スポーツ科学実習(バドミントン)

    2017

  31. 健康・スポーツ科学実習(テニス)

    2017

  32. 健康・スポーツ科学実習(ソフトボール)

    2017

  33. 健康・スポーツ科学実習(テニス)

    2016

  34. 健康・スポーツ科学実習(ソフトボール)

    2016

  35. 健康・スポーツ科学実習(バドミントン)

    2016

  36. 健康・スポーツ科学実習(バドミントン)

    2016

  37. 健康・スポーツ科学講義

    2016

  38. 健康・スポーツ科学講義

    2016

  39. 健康・スポーツ科学実習(テニス)

    2016

  40. 健康・スポーツ科学実習(バドミントン)

    2016

  41. 健康・スポーツ科学実習(テニス)

    2016

  42. 健康・スポーツ科学講義

    2015

  43. 健康・スポーツ科学実習(テニス)

    2015

  44. 健康・スポーツ科学実習(バドミントン)

    2015

  45. 健康・スポーツ科学実習(バドミントン)

    2014

  46. 健康・スポーツ科学実習(ソフトボール)

    2014

  47. 健康・スポーツ科学実習(テニス)

    2014

  48. 健康・スポーツ科学講義

    2014

  49. 健康・スポーツ科学実習(バドミントン)

    2014

  50. 健康・スポーツ科学実習(テニス)

    2013

  51. 健康・スポーツ科学講義

    2013

  52. 健康・スポーツ科学実習(バドミントン)

    2013

  53. 健康・スポーツ科学実習(バドミントン)

    2013

  54. 健康・スポーツ科学実習(アダプティッド)

    2012

  55. 健康・スポーツ科学実習(トレーニング)

    2012

  56. 健康・スポーツ科学実習(テニス)

    2012

  57. 健康・スポーツ科学実習(ソフトボール)

    2012

  58. 健康・スポーツ科学講義

    2012

  59. 健康スポーツ科学実習(バドミントン)

    2012

  60. スポーツ生理学

    2012

  61. スポーツ生理学

    2011

  62. 健康・スポーツ科学講義

    2011

  63. 健康・スポーツ科学実習Ⅰ(アダプテッド)

    2011

  64. 健康・スポーツ科学実習Ⅰ(テニス)

    2011

  65. 健康・スポーツ科学実習Ⅰ(バドミントン)

    2011

  66. 健康・スポーツ科学実習(ソフトボール)

    2011

  67. 健康・スポーツ科学実習(バドミントン)

    2011

  68. 健康・スポーツ科学実習Ⅱ(フィットネス)

    2008

  69. 健康・スポーツ科学実習Ⅱ(バドミントン)

    2008

  70. 健康・スポーツ科学実習Ⅱ(ソフトボール)

    2008

  71. 健康・スポーツ科学実習Ⅰ(バドミントン)

    2008

  72. 健康・スポーツ科学実習Ⅰ(テニス)

    2008

  73. 健康・スポーツ科学実習Ⅰ(ソフトボール)

    2008

  74. 健康・スポーツ科学実習Ⅰ(アダプテッド)

    2008

  75. 健康・スポーツ科学講義

    2008

  76. スポーツ生理学

    2008

     詳細を見る

    スポーツ生理学(運動生理学)の実験方法や解析方法及びプレゼンテーションやディベイトの仕方について学ぶことを通して、各自の研究の促進、論文作成に役立てることを目的とします。単にコンピュータの操作方法を覚えるだけでなく、実験・解析に必要なプログラミング法の知識を得るなど、その基礎になっている部分に目を向けていきます。また、一人一人が自分の意見を述べる機会を多く作り、堂々と的確に発言できるようになることも目指します。

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 身体の衰えを科学する

    2009年4月 - 2010年3月 放送大学)

 

社会貢献活動 6

  1. 健康運動指導士養成講習会

    2007年7月 - 現在

     詳細を見る

    年1回程度で講習会の講師を務める

  2. 「運動と呼吸および認知機能 ~メカニズムと健康への応用~」

    講師

    日本技術士会・中部本部・岐阜県支部  平成31年度1月講演会  2019年1月

  3. ふわく山の会・ふわく岳習

    講師

    ふわく山の会  2017年12月

     詳細を見る

    対象: 市民団体

    種別:セミナー・ワークショップ

  4. NHKカルチャー大河講座「ひとの大学」

    講師

    NHK  2015年12月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

  5. 健康づくり支援用具開発マッチング・ワーキング・グループ

    講師

    2010年2月

     詳細を見る

    講演

  6. 日本医師会認定スポーツ医学講習会

    講師

    2008年8月

     詳細を見る

    医師会の講習会の講師

▼全件表示