2022/04/15 更新

写真a

ヒルタ シユウイチ
蛭田 秀一
HIRUTA, Shuichi
所属
総合保健体育科学センター 体育科学部 教授
大学院担当
大学院教育発達科学研究科
職名
教授

学位 1

  1. 教育学修士 ( 1984年3月   東京大学 ) 

研究分野 1

  1. その他 / その他  / スポーツ科学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 各種産業における健康と体力に関する諸問題

 

論文 15

  1. Relationship between an amount of Key Tasks and Job Satisfaction among Caregivers and Nurses in Elderly Care Facilities 査読有り

    Hiruta S, Shimaoka M, Tatsumi A, Ono Y, Iida T, Hori F

    Annals of Occupational and Environmental Medicine   26 巻   2014年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objectives:The purpose of this study is to examine relationship between an amount of key tasks and job satisfaction among caregivers and nurses in elderly care facilities.
    Methods:Questionnaires were mailed to the caring staff of elderly care facilities. After data collection (return rate 70%), information about work situations and health conditions were analyzed among 325 female workers, who were classified to 4 groups as follows; (1) caregivers under 40 years of age (2) caregivers of 40 years or over (3) nurses under 40 years of age (4) nurses of 40 years or over.
    Results:Mean ages and length of career in caring sector were 37.2+-12.2 yr and 4.5+-3.0 yr for caregivers and 41.6+-9.2 yr and 16.8+-8.9 yr for nurses, respectively. A larger amount of care services were done on average by workers being dissatisfied with their job than by the satisfied workers in each of the 4 groups. The dissatisfied caregivers under 40 years showed significantly higher frequencies (as ratios of 1.4 - 2 to 1) in several care services such as "helping with showers or baths", "helping with eating", "changing diapers", "moving caretakers from bed or chair to wheelchair or vice versa", as compared with the satisfied caregivers under 40 years. Similarly, the 40 plus dissatisfied caregivers helped caretakers sit up in bed significantly more frequently. For nurses, on the other hand, "changing diapers" was found as the only service with a significant difference in frequency between the dissatisfied and the satisfied, but that was limited in the 40 plus age group. A frequency of "changing diapers" was associated with an increase in the risk of job dissatisfaction.
    Conclusions:These results suggested that an appropriate amount of each key task in elderly care facilities should be set to prevent staff's dissatisfaction with their job from growing excessively.

    DOI: 10.1186/s40557-014-0024-1

  2. 大学時代の正課外活動と職業的レリバンス ―「長期アルバイト」が有益とされる背景―

    金森史枝,蛭田秀 一

    総合保健体育科学   44 巻 ( 1 ) 頁: 22 - 29   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    DOI: 10.18999/njhpfs.44.1.22

  3. 社会人が大学時代に学業、部活動等、アルバイトの両立を通じて身に付けた力 ―「責任感」と「タイムマネジメント」の 2 つの力が示唆すること―

    金森史枝,蛭田秀 一

    総合保健体育科学   44 巻 ( 1 ) 頁: 30 - 40   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    DOI: 10.18999/njhpfs.44.1.30

  4. 大学時代の体育会活動と就職後のプロアクティブ行動との関係 ―体育会系の「系」からの離脱モデル―

    金森史枝,蛭田秀一

    総合保健体育科学   43 巻 ( 1 ) 頁: 9 - 23   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    DOI: 10.18999/njhpfs.43.1.9

  5. 就職に対する意識の違いが大学生活の過ごし方に与える影響 ―N 大学生調査から考察する早期の職業決定の是非―

    金森史枝,蛭田秀一

    総合保健体育科学   43 巻 ( 1 ) 頁: 25 - 35   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    DOI: 10.18999/njhpfs.43.1.25

  6. 大学時代の正課外活動が社会人生活に及ぼす影響

    金森史枝,蛭田秀一

    総合保健体育科学   42 巻 ( 1 ) 頁: 7 - 20   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    DOI: 10.18999/njhpfs.42.1.7

  7. 健康感と運動不足感の組み合わせによる多段階健康尺度の検討 ―大学男子新入生の自覚症状および体力項目データとの関連から―

    王旭,張ワンジン,蛭田秀一,島岡みどり

    総合保健体育科学   42 巻 ( 1 ) 頁: 25 - 33   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    DOI: 10.18999/njhpfs.42.1.25

  8. 介護職員の仕事の満足度と体力の関係

    蛭田秀一,金森史枝

    総合保健体育科学   41 巻 ( 1 ) 頁: 15 - 22   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    DOI: 10.18999/njhpfs.41.1.15

  9. 保育士における終業時疲労と健康関連項目及 び体力項目との関連性 ―年齢区分別の特徴について―

    張ワンジン,王旭,蛭田秀一,島岡みどり

    総合保健体育科学   40 巻 ( 1 ) 頁: 29 - 36   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    DOI: 10.18999/njhpfs.40.1.29

  10. 大学新入生における健康感の有無による体力比較

    王旭,張ワンジン,蛭田秀一,島岡みどり

    総合保健体育科学   38 巻 ( 1 ) 頁: 21-26   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. 保育・福祉勤労者における体力指標と骨密度との関連 ― 前腕骨骨密度を中心として―

    飯田忠行、太田充彦、井上顕、間瀬純治、蛭田秀一、島岡みどり、小野雄一郎

    総合保健体育科学   35 巻   頁: 17-21   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. 名古屋大学における「健康・スポーツ科学実習」授業に関する学生の意識調査―実習を選択しない学生の観点からー

    石田浩司、西田保、蛭田秀一、片山敬章、山本祐二、石黒洋、小池晃彦、小林洋平

    総合保健体育科学   33 巻 ( 1 ) 頁: 49-63   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  13. *3軸ジャイロセンサを用いた上体傾斜角と捻転角の測定

    蛭田秀一、島岡みどり、粕谷陽佑、小野雄一郎、今枝敏彦、飯田忠行

    総合保健体育科学   30 巻 ( 1 ) 頁: 61-64   2007年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    小型軽量の3軸ジャイロセンサを利用して、232人の保育士等女性職員(20-59歳)に対し、腰背部についての各方向の柔軟性測定(前後屈、左右側屈、左右回旋)を試み、さらに測定結果と腰痛との関連性を検討した。その結果、回旋(左右平均)における腰痛あり群を除き、加齢にしたがって有意な角度低下傾向がみられた。各年齢区分における腰痛の有無間での平均値の比較では、全体的には腰痛なし群の可動域の方が大きい傾向がみられ、特に40歳代の前屈と20歳代の回旋で有意差が示された。

  14. 病院内高齢者介護施設に勤務する介護・看護職員の身体活動量 -歩数計型記録装置による推定エネルギー消費量と歩数について-

    島岡みどり、蛭田秀一、堀文子

    総合保健体育科学   30 巻 ( 1 ) 頁: 65-70   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  15. *A comparative study on physical work load in Japanese and Swedish nursery school teachers 査読有り

    Shimaoka M., Hiruta S., Ono Y., Nonaka H., Hjelm E.-W., Hagberg M.

    Eur J Appl Physiol   77 巻   頁: 10-18   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 4

  1. 介護・看護現場作業時の上体姿勢

    蛭田秀一,島岡みどり

    日本体育学会第66回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:国士舘大学 世田谷キャンパス   国名:日本国  

  2. 垂直打面横打ちの和太鼓演奏時の3 次元動作解析

    蛭田秀一,島岡みどり,山本裕二,鈴木啓央,三橋良子

    日本体育学会第64回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:立命館大学びわこくさつキャンパス   国名:日本国  

    和太鼓演奏においては、太鼓の設置方法や打法の選択によって多様な動作が見られる。本研究では、垂直の打面を主として横打ちして演奏する和太鼓演目「三宅」演奏時の3次元動作解析を行い、演奏者の動作の特徴を検討した。「三宅」太鼓演奏について熟練度の異なる20-30歳代の男性4名を被検者とし、4台のカメラによる光学式3次元動作解析システム(QUALISYS Oqus300)を用いて身体各部位の空間座標を毎秒200データのサンプリングレートで測定した。熟練度の最も高い演奏者について、左手(打面に近い側)による単発打撃が、他の低熟練度者に比較してより安定した膝と腰の位置(水平方向)で行われていた。また、単発および連打中の右手(打面から遠い側)による打撃の際、算出された両肩結線の水平回転角度によって、低熟練度者がより打面に上体を向けている傾向が示された。これらの結果から、和太鼓演目「三宅」演奏について、打撃時の下半身の安定性と上体が太鼓打面に向きすぎないように注意すべきであることが示唆された.。

  3. 3次元角度センサを用いた上体動作角の測定 -光学式測定との比較-

    蛭田 秀一、島岡 みどり、堀 文子、巽 あさみ、飯田 忠行、小野 雄一郎

    平成22年度日本産業衛生学会東海地方会学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  4. Work Situations of Geriatric-care Personnel in Japan and Sweden 国際会議

    Midori Shimaoka, Shuichi Hiruta, Börje Rehn, Gunnevi Sundelin, Asami Tatsumi, Fumiko Hori and Yuichi ro Ono

    International conference for the 40th anniversary of HES 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

 

担当経験のある科目 (本学) 9

  1. 健康・スポーツ科学実習Ⅰ(卓球)

    2011

  2. 健康・スポーツ科学実習Ⅱ(アダプテッド)

    2011

  3. 健康・スポーツ科学講義

    2011

  4. 健康・スポーツ科学実習Ⅱ(卓球)

    2011

  5. 健康・スポーツ科学実習Ⅱ(卓球)

    2011

  6. 健康・スポーツ科学実習Ⅰ(卓球)

    2011

  7. 健康・スポーツ科学実習Ⅰ(アダプテッド)

    2011

  8. 健康・スポーツ科学実習Ⅰ(卓球)

    2011

  9. 健康・スポーツ科学実習Ⅱ(卓球)

    2011

▼全件表示

 

社会貢献活動 2

  1. 健康の維持・管理・増進のための学習会(保育所職員向け)

    役割:講師, 助言・指導

    NPO法人けんこうを支える会  職員に健康の維持・管理・増進のための学習会(保育所職員向け)  2021年5月

  2. 健康の維持・管理・増進のための学習会(学童保育所職員向け)

    役割:講師, 助言・指導

    NPO法人けんこうを支える会  2021年5月