Updated on 2022/03/29

写真a

 
ITO, Shinji
 
Organization
Nagoya University Hospital Radiology Lecturer
Graduate School
Graduate School of Medicine
Title
Lecturer

Degree 1

  1. 博士(医学) ( 2008.2   名古屋大学 ) 

Research Interests 2

  1. radioactive iodine therapy for thyroid cancer

  2. PET for carcinomas

Education 1

  1. Nagoya University   Faculty of Medicine

    - 2001.3

      More details

    Country: Japan

Professional Memberships 1

  1. 日本医学放射線学会

 

Papers 12

  1. Unexpected radioactive iodine accumulation on whole-body scan after I-131 ablation therapy for differentiated thyroid cancer

    Iwano Shingo, Ito Shinji, Kamiya Shinichiro, Ito Rintaro, Kato Katsuhiko, Naganawa Shinji

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   Vol. 82 ( 2 ) page: 205 - 215   2020.5

     More details

  2. Utility of Metabolic Parameters on FDG PET/CT in the Classification of Early-Stage Lung Adenocarcinoma Prediction of Pathological Invasive Size

    Iwano Shingo, Ito Shinji, Kamiya Shinichiro, Ito Rintaro, Kato Katsuhiko, Naganawa Shinji

    CLINICAL NUCLEAR MEDICINE   Vol. 44 ( 7 ) page: 560 - 565   2019.7

     More details

  3. Predictive factors for the outcomes of initial I-131 low-dose ablation therapy to Japanese patients with differentiated thyroid cancer Reviewed

    Ito S, Iwano S, Kato K, Naganawa S.

    Ann Nucl Med.   Vol. 32   page: 418-424   2018.6

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  4. FDG-PET performed concurrently wit initial I-131 abation for differentiated thyroid cancer. Reviewed

    Iwano Shingo, Kato Katsuhiko, Ito Shinji, Tsuchiya Kenichi, Naganawa Shinji

      Vol. 26 ( 3 ) page: 207-213   2012.4

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  5. Comparisons of I-123 diagnostic and I-131 post-treatment scans for detecting residual thyroid tissue and metastases of differentiated thyroid cancer.

    IWANO SHINGO,KATO KATSUHIKO, NIHASHI TAKASHI,ITO SHINJI, TACHI YASUSHI, NAGANAWA SHINJI

    Ann Nucl Med   Vol. 23 ( 9 ) page: 777-782   2009.11

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  6. Endovascular Management of Ruptured Pancreaticoduodenal Artery Aneurysms Associated with Celiac Axis Stenosis.

    Suzuki Kojiro,Tachi Yasushi, Ito Shinji , Maruyama Kunihiro ,Mori Yoshine,Komada Tomohiro,Matsushima Masaya,Ota Toyohiro,Naganawa Shinji

    Cardiovasc Intervent Radiol   Vol. 31 ( 6 ) page: 1082-1087   2008.4

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  7. Comparison of 18F-FDG PET and Bone Scintigraphy in Detection of Bone Metastases of Thyroid Cancer.

    Ito Shinji, Kato Katsuhiko, Ikeda Mitsuru, Iwano Shingo, Makino Naoki, Tadokoro Masanori, Abe Shinji, Nakano Satoshi, Nishino Masanari, Ishigaki Takeo, Naganawa Shinji

    J Nucl Med   Vol. 48   page: 889-895   2007.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  8. 腹腔動脈狭窄に因る膵仮性動脈瘤に対するTAE

    鈴木耕次郎, 館靖, 森芳峰, 太田豊裕, 長縄慎二, 丸山邦弘, 伊藤信嗣, 白石里支

    日本医学放射線学会雑誌   Vol. S269   2007

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  9. 皮膚原発悪性黒色腫と転移巣における123I-IMPシンチグラフィ 18F-FDG PETとの比較

    加藤克彦, 伊藤信嗣, 岩野信吾, 石垣武男, 池田充, 田所匡典, 小林英敏

    核医学   Vol. 43   page: 360   2006.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  10. 甲状腺癌の骨転移診断における18F-FDG-PETと骨シンチグラフィの比較

    伊藤信嗣, 加藤克彦, 岩野信吾, 石垣武男, 田所匡典, 牧野直樹, 池田充

    核医学   Vol. 43   page: 95   2006

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  11. 甲状腺癌の骨転移診断におけるF-18 FDG-PETと骨シンチグラフィの比較

    伊藤信嗣, 加藤克彦, 石垣武男, 池田充, 田所匡典, 牧野直樹

    核医学   Vol. 43   page: 276   2006

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  12. 皮膚原発悪性黒色腫と転移巣における123I-IMP SPECT:18F-FDG PETとの比較

    加藤克彦, 伊藤信嗣, 池田充, 阿部真治, 西野正成, 田所匡典, 小林英敏, 石垣武男

    核医学   Vol. 43   page: 215   2006

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

Presentations 15

  1. Comparison of Met-PET and FDG-PET for renal cell carcinoma International conference

    Shinji Ito, Katsuhiko Kato, Keiji Matsuo, Shingo Iwano, Shinji Naganawa

    Annual Congress of 2012 the European Association of Nuclear Medicine 

     More details

    Event date: 2012.10

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Italy  

  2. 腎細胞癌のPET F-18 FDGとC-11メチオニンの比較

    伊藤信嗣、岩野信吾、長縄慎二、加藤克彦、松尾啓司

    第74回日本医学核医学会中部地方会 

     More details

    Event date: 2012.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:愛知医科大学   Country:Japan  

  3. 分化型甲状腺癌ablation時のFDG-PETによる残存病巣の検索

    岩野信吾、加藤克彦、伊藤信嗣、二橋尚志、長縄慎二

    第50回日本核医学会学術総会 

     More details

    Event date: 2010.11

    Language:Japanese  

    Country:Japan  

  4. 皮膚原発悪性黒色腫と転移巣の検出における₁₈F-FDG PET/CTと₁₈F-DOPA PET/CTの比較

    加藤克彦、阿部真治、岩野信吾、二橋尚志、太田尚寿、土屋賢一、伊藤信嗣、安藤嘉朗、小川 浩、山崎雅弘、河合雄一、大河内慶行、川上賢一、長縄慎二、横田憲二、富田 靖

    日本核医学会第71回中部地方会 

     More details

    Event date: 2010.6

    Language:Japanese  

    Country:Japan  

  5. 腸管に著明な集積を来した骨シンチグラフィの1例

    日本核医学会第70回中部地方会 

     More details

    Event date: 2010.2

    Language:Japanese  

    Country:Japan  

  6. 脈絡膜悪性黒色腫の診断における123I IMP SPECT, 18F FDG PET/CT, 18F Dopa PET/CTの比較

    加藤克彦、伊藤信嗣、岩野信吾、長縄慎二

    第49回日本核医学会 

     More details

    Event date: 2009.9

    Language:Japanese  

    Country:Japan  

  7. 分化型甲状腺癌に対するI-131 ablation時のFDG-PETの検討

    岩野信吾、加藤克彦、伊藤信嗣、二橋尚志、長縄慎二

    第49回日本核医学会 

     More details

    Event date: 2009.9

    Language:Japanese  

    Country:Japan  

  8. 甲状腺癌に対するI-131内用療法: 骨転移病変におけるFDG集積の変化

    伊藤信嗣、岩野信吾、加藤克彦、長縄慎二

    第49回日本核医学会 

     More details

    Event date: 2009.9

    Language:Japanese  

    Country:Japan  

  9. 腎細胞癌との鑑別が困難であった腎血管筋脂肪腫の1 例

    伊藤信嗣、 亀井誠二、 川瀬世津子、 奥田隆仁、 松田譲、 石口恒男、前田真一、清家健作、 加藤成一、 田代和広、伊藤真弥、小川浩、長縄慎二

    第23回腹部放射線研究会 

     More details

    Event date: 2009.6

    Language:Japanese  

  10. 婦人科腫瘍におけるF-18 FDG-PET後期像の有用性の検討

    伊藤信嗣、川瀬世津子、奥田隆仁、小口秀紀、田所匡典、加藤克彦、長縄慎二

    日本核医学会第68回中部地方会 

     More details

    Event date: 2009.2

    Language:Japanese  

    Country:Japan  

  11. 膵腫瘍のF-18 FDG PET/CT:膵癌と膵炎の鑑別は可能か

    加藤克彦、二橋尚志、伊藤信嗣、阿部真治、西野正成、岩野信吾、伊藤茂樹、池田充、長縄慎二

    第48回日本核医学会学術総会 

     More details

    Event date: 2008.10

    Language:Japanese  

    Country:Japan  

  12. 膵腫瘍の¹⁸F-FDG PET/CT:膵癌と膵炎の鑑別は可能か

    加藤克彦、阿部真治、中野智、西野正成、二橋尚志、岩野信吾、山崎雅弘、松尾啓司、長縄慎二、伊藤信嗣、平澤直樹、伊藤茂樹、池田充

    日本核医学会 第66回中部地方会 

     More details

    Event date: 2008.2

    Language:Japanese  

    Country:Japan  

  13. 検診で発見された腸重積を伴うPeutz-Jeghers”Syndromeの一例

    川瀬世津子、伊藤信嗣、牧野直樹、杉浦正彦、篠田昌孝、高桑康成、伊藤真弥、長縄慎二

    日本医学放射線学会 第142回中部地方会 

     More details

    Event date: 2007.7

    Language:Japanese  

    Country:Japan  

  14. 腹腔動脈狭窄に因る膵仮性動脈瘤に対するTAE

    鈴木耕次郎、館靖、森芳峰、太田豊裕、長縄慎二、丸山邦弘、伊藤信嗣、白石里支

    第66回日本医学放射線学会学術集会 

     More details

    Event date: 2007.4

    Language:Japanese  

    Country:Japan  

  15. 正中弓状靭帯圧迫症候群に合併した背側膵動脈瘤破裂に対してTAEを施行した1例

    伊藤信嗣、川瀬世津子、牧野直樹、鈴木耕次郎、長縄慎二

    日本IVR学会第22回中部地方会 

     More details

    Event date: 2007.2

    Language:Japanese  

    Country:Japan  

▼display all

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 1

  1. 超高精細形態画像と機能画像の統合解析による早期肺癌の次世代予後予測モデルの確立

    Grant number:19K08149  2019.4 - 2022.3

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    岩野 信吾, 中村 彰太, 伊藤 信嗣, 伊藤 倫太郎

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    原発性肺癌の臨床病期分類は胸部CTに様々な画像検査を組み合わせて決定され、最適な治療方針を決定する基盤情報である。しかし限られた空間分解能による形態診断の限界により病理病期分類との間に差を生じることがある。本研究では肺癌症例の膨大な画像・手術・病理データを活用し、浸潤性・予後に関連する超高精細CT、MRI、PETによる新たなバイオマーカー構築を探索し、これらを統合的に解析することで早期肺癌の予後予測の精度向上、次世代の肺癌病期分類改訂に貢献する。
    本研究では、肺癌症例の膨大な画像・手術・病理データを活用し、浸潤性・予後に関連する超高精細CT、MRI、PETによる新たなバイオマーカー構築を探索し、これらを統合的に解析することで早期肺癌の予後予測の精度向上、次世代の肺癌病期分類改訂に貢献することを目的としている。2019年11月より当施設に超高精細CTが導入され、肺癌症例の超高精細CTを収集中である。特にこれまでの画像診断では診断が難しかった胸壁浸潤癌について新たな知見が得られる見通しがついている。ただし胸壁浸潤癌の手術症例は数が少ないことからさらなる症例を収集中である。またPET/CT、従来型高精細CT、マイクロCTについて画像・臨床データベースから抽出し、それらがTNM分類や予後に与える影響についてレトロスペクティブな解析を行っている。2021年3月からは当施設に呼吸同期撮影可能なPET/CTが導入され、さらなる診断能の向上が期待できる。
    2020年度は本研究のベースとなる1本の原著論文が学術誌に掲載され、画像診断による新たなバイオマーカー構築という本研究の方向性が正しいことが明らかになった。Cancer Imaging誌に掲載された論文の内容は、dual-energy CTを用いて小型の原発性肺癌の造影効果を評価し、それが術後再発と相関することを示したものである。小型肺癌の造影効果が肺癌の組織学的悪性度と相関することは既に示していたが、さらに患者の予後と相関することを初めて示した論文である。
    2019年11月には名古屋大学医学部附属病院に超高精細CTが設置され、順調に稼働しており、肺癌症例の収集を開始している。超高精細CTによる胸壁浸潤癌の診断について症例を収集しているが、もともと胸壁浸潤癌の頻度が低いので学会・論文発表できるまでもう少し時間がかかりそうである。
    2020年初頭からのCOVID-19の世界的流行に伴い、国内・海外学会が軒並み中止・延期もしくはオンライン開催となってしまったため、学会発表について十分に行えておらず、他の研究者とのディスカッションが不十分である。
    本研究は3年の期間を設定し、原発性肺癌、特に早期肺癌の超高精細CT、UTE-MRI、PET画像・臨床データ収集・解析し、最終的に統合したデータを多変量解析し、新たな予後予測因子を探索する。研究代表者は、研究総括とともにCT・MRI画像解析を行い、分担者の中村彰太が肺癌症例のリクルートと臨床・病理解析を、伊藤信嗣はPET画像解析を、伊藤倫太郎はCADの開発とデータ解析を担当する。
    2021年度中は肺癌の超高精細CTによる胸壁浸潤の診断について学会発表と論文化を進める。2021年4月中には症例が一通り収集できる見込みであり、その後、直ちに学会発表の準備に取り組む予定である。
    呼吸同期撮影が可能なPET/CTが当施設に導入されたので、肺癌の機能診断の向上が期待できる。まずは呼吸同期の有無によって原発巣のSUVmaxやMTV値がどの程度変化するのか、検討を進める。名古屋大学医学部附属病院では年間250件の原発性肺癌の手術を行っており、半年間で50-100例程度の症例収集が見込める。その後、直ちに統計解析を開始する予定である。