2022/01/05 更新

写真a

マエサワ サトシ
前澤 聡
MAESAWA, Satoshi
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 脳神経病態制御学 准教授
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 名古屋大学大学院医学系研究科医学博士(医博1738号) ( 2004年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 11

  1. 定位放射線治療

  2. 覚醒下手術

  3. 電気生理学モニタリング

  4. 術中MRI

  5. 画像誘導手術

  6. 脳機能マッピング

  7. 難治性疼痛

  8. 不随意運動

  9. パーキンソン病

  10. てんかん

  11. 機能的脳神経外科

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 脳神経外科学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 次世代の皮質下機能的脳外科手術の確立を目指したコネクトームマップの開発

  2. 安静時fMRI、DTI及びMEGを使ったてんかんの脳内コネクトームの多角的解析

  3. 機能連絡解析を駆使したてんかん外科コネクトームマップと定位的脳波記録による実証

経歴 11

  1. 名古屋大学 脳とこころの研究センター・脳神経外科   特任教授

    2019年5月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学脳とこころの研究センター・脳神経外科・特任准教授

    2015年6月 - 2019年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学 脳と心の研究センター・脳神経外科 特任講師

    2013年7月 - 2015年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 医仁会さくら総合病院 脳神経外科 部長

    2011年10月 - 2013年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 助教:名古屋大学 脳神経外科

    2009年7月 - 2011年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 主任医長:名古屋セントラル病院脳神経外科

    2006年8月 - 2009年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 医長:JR東海病院脳神経外科

    2005年4月 - 2006年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 常勤医:名古屋第二赤十字病院脳神経外科

    2004年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 医局員:名古屋大学脳神経外科

    2000年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 客員研究員:ピッツバーグ大学脳神経外科

    1998年3月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 小牧市民病院脳神経外科

    1994年5月 - 1998年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科   細胞機能情報医学

    2000年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 岐阜大学   医学部

    1988年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 8

  1. 日本脳神経外科学会   専門医・指導医・代議員

  2. 日本てんかん学会   評議員・専門医・指導医

  3. 日本てんかん外科学会   世話人

  4. 日本脳機能マッピング学会   世話人

  5. 日本高次脳機能障害学会   代議員

  6. 日本定位機能脳神経外科学会   技術認定医

  7. 日本超音波集束治療研究会   世話人・会計

  8. 日本脳神経外科コングレス

▼全件表示

受賞 5

  1. 第51回日本てんかん学会 English presentation award

    2017年10月   日本てんかん学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. 第50回日本てんかん学会 English presentation award

    2016年10月   第50回日本てんかん学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  3. 第49回日本てんかん学会 English presentation award

    2015年10月   第49回日本てんかん学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  4. 日本術中画像情報学会学会賞

    2014年7月   第14回日本術中画像情報学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  5. 日本脳神経外科学会中部支部会優秀論文賞

    2009年10月   日本脳神経外科学会中部支部会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 69

  1. Bridging large-scale cortical networks: Integrative and function-specific hubs in the thalamus.

    Kawabata K, Bagarinao E, Watanabe H, Maesawa S, Mori D, Hara K, Ohdake R, Masuda M, Ogura A, Kato T, Koyama S, Katsuno M, Wakabayashi T, Kuzuya M, Hoshiyama M, Isoda H, Naganawa S, Ozaki N, Sobue G

    iScience   24 巻 ( 10 ) 頁: 103106   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.isci.2021.103106

    PubMed

  2. Involvement of brain structures in childhood epilepsy with centrotemporal spikes.

    Ito Y, Maki Y, Okai Y, Kidokoro H, Bagarinao E, Takeuchi T, Ohno A, Nakata T, Ishihara N, Okumura A, Yamamoto H, Maesawa S, Natsume J

    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society     2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/ped.15001

    PubMed

  3. Techniques, Indications, and Outcomes in Magnetic Resonance-guided Focused Ultrasound Thalamotomy for Tremor.

    Maesawa S, Nakatsubo D, Tsugawa T, Kato S, Shibata M, Takai S, Torii J, Ishizaki T, Wakabayashi T, Saito R

    Neurologia medico-chirurgica     2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.2176/nmc.ra.2021-0187

    PubMed

  4. Transcriptome-wide analysis of intracranial artery in patients with moyamoya disease showing upregulation of immune response, and downregulation of oxidative phosphorylation and DNA repair

    Kanamori Fumiaki, Yokoyama Kinya, Ota Akinobu, Yoshikawa Kazuhiro, Karnan Sivasundaram, Maruwaka Mikio, Shimizu Kenzo, Ota Shinji, Uda Kenji, Araki Yoshio, Okamoto Sho, Maesawa Satoshi, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    NEUROSURGICAL FOCUS   51 巻 ( 3 ) 頁: E3   2021年9月

     詳細を見る

  5. Individual voxel-based morphometry adjusting covariates in multiple system atrophy

    Ebina Junya, Hara Kazuhiro, Watanabe Hirohisa, Kawabata Kazuya, Yamashita Fumio, Kawaguchi Atsushi, Yoshida Yusuke, Kato Toshiyasu, Ogura Aya, Masuda Michihito, Ohdake Reiko, Mori Daisuke, Maesawa Satoshi, Katsuno Masahisa, Kano Osamu, Sobue Gen

    PARKINSONISM & RELATED DISORDERS   90 巻   頁: 114 - 119   2021年9月

     詳細を見る

  6. [Magnetic Resonance-guided Focused Ultrasound Ablation:Techniques and Neurological Applications].

    Maesawa S, Nakatsubo D, Tsugawa T, Kato S, Shibata M, Takai S, Torii J, Wakabayashi T, Saito R

    No shinkei geka. Neurological surgery   49 巻 ( 4 ) 頁: 847 - 856   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.11477/mf.1436204463

    PubMed

  7. [Electrical Stimulation Mapping of Multilingualism].

    Futamura M, Fujii M, Maesawa S

    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   73 巻 ( 3 ) 頁: 247 - 255   2021年3月

     詳細を見る

  8. Identifying the brain's connector hubs at the voxel level using functional connectivity overlap ratio

    Bagarinao Epifanio, Watanabe Hirohisa, Maesawa Satoshi, Mori Daisuke, Hara Kazuhiro, Kawabata Kazuya, Ohdake Reiko, Masuda Michihito, Ogura Aya, Kato Toshiyasu, Koyama Shuji, Katsuno Masahisa, Wakabayashi Toshihiko, Kuzuya Masafumi, Hoshiyama Minoru, Isoda Haruo, Naganawa Shinji, Ozaki Norio, Sobue Gen

    NEUROIMAGE   222 巻   頁: 117241   2020年11月

     詳細を見る

  9. Solitary fibrous tumor/hemangiopericytoma treated with temozolomide plus bevacizumab: a report of four cases and literature review

    Maeda Osamu, Ohka Fumiharu, Maesawa Satoshi, Matsuoka Ayumu, Shimokata Tomoya, Mitsuma Ayako, Urakawa Hiroshi, Nakamura Shota, Shimoyamas Yoshic, Nakaguro Masato S., Wakabayashi Toshihiko, Ando Yuichi

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 4 ) 頁: 631 - 644   2020年11月

     詳細を見る

  10. Cerebello-basal ganglia connectivity fingerprints related to motor/cognitive performance in Parkinson's disease

    Kawabata Kazuya, Watanabe Hirohisa, Bagarinao Epifanio, Ohdake Reiko, Hara Kazuhiro, Ogura Aya, Masuda Michihito, Kato Toshiyasu, Tsuboi Takashi, Maesawa Satoshi, Katsuno Masahisa, Sobue Gen

    PARKINSONISM & RELATED DISORDERS   80 巻   頁: 21 - 27   2020年11月

     詳細を見る

  11. Aging Impacts the Overall Connectivity Strength of Regions Critical for Information Transfer Among Brain Networks

    Bagarinao Epifanio, Watanabe Hirohisa, Maesawa Satoshi, Mori Daisuke, Hara Kazuhiro, Kawabata Kazuya, Yoneyama Noritaka, Ohdake Reiko, Imai Kazunori, Masuda Michihito, Yokoi Takamasa, Ogura Aya, Taoka Toshiaki, Koyama Shuji, Tanabe Hiroki C., Katsuno Masahisa, Wakabayashi Toshihiko, Kuzuya Masafumi, Hoshiyama Minoru, Isoda Haruo, Naganawa Shinji, Ozaki Norio, Sobue Gen

    FRONTIERS IN AGING NEUROSCIENCE   12 巻   頁: 592469   2020年10月

     詳細を見る

  12. Effects of Head Motion on the Evaluation of Age-related Brain Network Changes Using Resting State Functional MRI.

    Kato S, Bagarinao E, Isoda H, Koyama S, Watanabe H, Maesawa S, Mori D, Hara K, Katsuno M, Hoshiyama M, Naganawa S, Ozaki N, Sobue G

    Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine     2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.2463/mrms.mp.2020-0081

    PubMed

  13. Changes in white matter fiber density and morphology across the adult lifespan: A cross-sectional fixel-based analysis

    Choy Shao Wei, Bagarinao Epifanio, Watanabe Hirohisa, Ho Eric Tatt Wei, Maesawa Satoshi, Mori Daisuke, Hara Kazuhiro, Kawabata Kazuya, Yoneyama Noritaka, Ohdake Reiko, Imai Kazunori, Masuda Michihito, Yokoi Takamasa, Ogura Aya, Taoka Toshiaki, Koyama Shuji, Tanabe Hiroki C., Katsuno Masahisa, Wakabayashi Toshihiko, Kuzuya Masafumi, Hoshiyama Minoru, Isoda Haruo, Naganawa Shinji, Ozaki Norio, Sobue Gen

    HUMAN BRAIN MAPPING   41 巻 ( 12 ) 頁: 3198 - 3211   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hbm.25008

    Web of Science

    PubMed

  14. Subsecond EEG-fMRI analysis for presurgical evaluation in focal epilepsy

    Ito Yuji, Maesawa Satoshi, Bagarinao Epifanio, Okai Yu, Nakatsubo Daisuke, Yamamoto Hiroyuki, Kidokoro Hiroyuki, Usui Naotaka, Natsume Jun, Hoshiyama Minoru, Wakabayashi Toshihiko, Sobue Gen, Ozaki Norio

    JOURNAL OF NEUROSURGERY   134 巻 ( 4 ) 頁: 1027 - 1036   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2020.1.JNS192567

    Web of Science

    PubMed

  15. y Distributed source analysis of magnetoencephalography using a volume head model combined with statistical methods improves focus diagnosis in epilepsy surgery

    Ishizaki Tomotaka, Maesawa Satoshi, Nakatsubo Daisuke, Yamamoto Hiroyuki, Takai Sou, Shibata Masashi, Kato Sachiko, Natsume Jun, Hoshiyama Minoru, Wakabayashi Toshihiko

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 ) 頁: 5263   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-62098-5

    Web of Science

    PubMed

  16. Longitudinal Speech Change After Subthalamic Nucleus Deep Brain Stimulation in Parkinson's Disease Patients: A 2-Year Prospective Study

    Tanaka Yasuhiro, Tsuboi Takashi, Watanabe Hirohisa, Nakatsubo Daisuke, Maesawa Satoshi, Kato Sachiko, Kajita Yasukazu, Sato Maki, Oodake Reiko, Hattori Makoto, Yamamoto Masahiko, Wakabayashi Toshihiko, Katsuno Masahisa, Sobue Gen

    JOURNAL OF PARKINSONS DISEASE   10 巻 ( 1 ) 頁: 131 - 140   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3233/JPD-191798

    Web of Science

    PubMed

  17. Reorganization of brain networks and its association with general cognitive performance over the adult lifespan

    Bagarinao Epifanio, Watanabe Hirohisa, Maesawa Satoshi, Mori Daisuke, Hara Kazuhiro, Kawabata Kazuya, Yoneyama Noritaka, Ohdake Reiko, Imai Kazunori, Masuda Michihito, Yokoi Takamasa, Ogura Aya, Taoka Toshiaki, Koyama Shuji, Tanabe Hiroki C., Katsuno Masahisa, Wakabayashi Toshihiko, Kuzuya Masafumi, Ozaki Norio, Hoshiyama Minoru, Isoda Haruo, Naganawa Shinji, Sobue Gen

    SCIENTIFIC REPORTS   9 巻 ( 1 ) 頁: 11352   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-47922-x

    Web of Science

    PubMed

  18. Clinical correlates of repetitive speech disorders in Parkinson's disease

    Tsuboi Takashi, Watanabe Hirohisa, Tanaka Yasuhiro, Ohdake Reiko, Sato Maki, Hattori Makoto, Kawabata Kazuya, Hara Kazuhiro, Nakatsubo Daisuke, Maesawa Satoshi, Kajita Yasukazu, Katsuno Masahisa, Sobue Gen

    JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES   401 巻   頁: 67 - 71   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jns.2019.04.012

    Web of Science

    PubMed

  19. Novel non-invasive modalities for presurgical evaluation in focal epilepsy

    Ito Yuji, Yamamoto Hiroyuki, Okanishi Tohru, Maesawa Satoshi, Natsume Jun

    PEDIATRICS INTERNATIONAL   61 巻 ( 3 ) 頁: 319-321   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ped.13793

    Web of Science

    PubMed

  20. Anatomo-electro-clinical correlations of hypermotor seizures with amygdala enlargement: Hippocampal seizure origin identified using stereoelectroencephalography

    Ishizaki Tomotaka, Maesawa Satoshi, Nakatsubo Daisuke, Yamamoto Hiroyuki, Shibata Masashi, Kato Sachiko, Yoshida Mari, Natsume Jun, Hoshiyama Minoru, Wakabayashi Toshihiko

    EPILEPSY & BEHAVIOR CASE REPORTS   11 巻   頁: 10-13   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ebcr.2018.09.011

    Web of Science

    PubMed

  21. Application of Awake Surgery for Epilepsy in Clinical Practice

    Maesawa Satoshi, Nakatsubo Daisuke, Fujii Masazumi, Iijima Kentaro, Kato Sachiko, Ishizaki Tomotaka, Shibata Masashi, Wakabayashi Toshihiko

    NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA   58 巻 ( 10 ) 頁: 442-452   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2176/nmc.oa.2018-0122

    Web of Science

    PubMed

  22. Long-term Effect and Predictive Factors of Motor Cortex and Spinal Cord Stimulation for Chronic Neuropathic Pain

    Tanei Takafumi, Kajita Yasukazu, Maesawa Satoshi, Nakatsubo Daisuke, Aoki Kosuke, Noda Hiroshi, Takebayashi Shigenori, Nakahara Norimoto, Wakabayashi Toshihiko

    NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA   58 巻 ( 10 ) 頁: 422-434   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2176/nmc.oa.2018-0106

    Web of Science

    PubMed

  23. Corpus callosal involvement is correlated with cognitive impairment in multiple system atrophy

    Hara Kazuhiro, Watanabe Hirohisa, Bagarinao Epifanio, Kawabata Kazuya, Yoneyama Noritaka, Ohdake Reiko, Imai Kazunori, Masuda Michihito, Yokoi Takamasa, Ogura Aya, Tsuboi Takashi, Ito Mizuki, Atsuta Naoki, Niwa Hisayoshi, Taoka Toshiaki, Maesawa Satoshi, Naganawa Shinji, Katsuno Masahisa, Sobue Gen

    JOURNAL OF NEUROLOGY   265 巻 ( 9 ) 頁: 2079-2087   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00415-018-8923-7

    Web of Science

    PubMed

  24. Effects of Gradient Coil Noise and Gradient Coil Replacement on the Reproducibility of Resting State Networks

    Bagarinao Epifanio, Tsuzuki Erina, Yoshida Yukina, Ozawa Yohei, Kuzuya Maki, Otani Takashi, Koyama Shuji, Isoda Haruo, Watanabe Hirohisa, Maesawa Satoshi, Naganawa Shinji, Sobue Gen

    FRONTIERS IN HUMAN NEUROSCIENCE   12 巻   頁: 148   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnhum.2018.00148

    Web of Science

    PubMed

  25. An unbiased data-driven age-related structural brain parcellation for the identification of intrinsic brain volume changes over the adult lifespan

    Bagarinao Epifanio, Watanabe Hirohisa, Maesawa Satoshi, Mori Daisuke, Hara Kazuhiro, Kawabata Kazuya, Yoneyama Noritaka, Ohdake Reiko, Imai Kazunori, Masuda Michihito, Yokoi Takamasa, Ogura Aya, Wakabayashi Toshihiko, Kuzuya Masafumi, Ozaki Norio, Hoshiyama Minoru, Isoda Haruo, Naganawa Shinji, Sobue Gen

    NEUROIMAGE   169 巻   頁: 134-144   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroimage.2017.12.014

    Web of Science

    PubMed

  26. Default Mode Network Changes in Moyamoya Disease Before and After Bypass Surgery: Preliminary Report

    Sakamoto Yusuke, Okamoto Sho, Maesawa Satoshi, Bagarinao Epifanio, Araki Yoshio, Izumi Takashi, Watanabe Hirohisa, Sobue Gen, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   112 巻   頁: E652-E661   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2018.01.117

    Web of Science

    PubMed

  27. Distinct manifestation of cognitive deficits associate with different resting-state network disruptions in non-demented patients with Parkinson's disease

    Kawabata Kazuya, Watanabe Hirohisa, Hara Kazuhiro, Bagarinao Epifanio, Yoneyama Noritaka, Ogura Aya, Imai Kazunori, Masuda Michihito, Yokoi Takamasa, Ohdake Reiko, Tanaka Yasuhiro, Tsuboi Takashi, Nakamura Tomohiko, Hirayama Masaaki, Ito Mizuki, Atsuta Naoki, Maesawa Satoshi, Naganawa Shinji, Katsuno Masahisa, Sobue Gen

    JOURNAL OF NEUROLOGY   265 巻 ( 3 ) 頁: 688-700   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00415-018-8755-5

    Web of Science

    PubMed

  28. Detecting sub-second changes in brain activation patterns during interictal epileptic spike using simultaneous EEG-fMRI

    Bagarinao Epifanio, Maesawa Satoshi, Ito Yuji, Usui Naotaka, Natsume Jun, Watanabe Hirohisa, Hoshiyama Minoru, Wakabayashi Toshihiko, Sobue Gen, Naganawa Shinji, Isoda Haruo

    CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY   129 巻 ( 2 ) 頁: 377-389   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.clinph.2017.11.018

    Web of Science

    PubMed

  29. Severe hyposmia and aberrant functional connectivity in cognitively normal Parkinson's disease

    Yoneyama Noritaka, Watanabe Hirohisa, Kawabata Kazuya, Bagarinao Epifanio, Hara Kazuhiro, Tsuboi Takashi, Tanaka Yasuhiro, Ohdake Reiko, Imai Kazunori, Masuda Michihito, Hattori Tatsuya, Ito Mizuki, Atsuta Naoki, Nakamura Tomohiko, Hirayama Masaaki, Maesawa Satoshi, Katsuno Masahisa, Sobue Gen

    PLOS ONE   13 巻 ( 1 ) 頁: e0190072   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0190072

    Web of Science

    PubMed

  30. てんかん手術を企図した脳機能画像ネットワーク解析 招待有り

    石崎友崇、前澤 聡

    脳神経外科速報   28 巻   頁: 27-33   2018年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. [(1)Detection of Epileptic Focus Using Electroencephalography-Functional Magnetic Resonance Imaging(EEG-fMRI)].

    Maesawa S, Bagarinao E, Nakatsubo D, Wakabayashi T

    No shinkei geka. Neurological surgery   46 巻 ( 1 ) 頁: 67-79   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11477/mf.1436203677

    PubMed

  32. An unbiased data-driven age-related structural brain parcellation for the identification of intrinsic brain volume changes over the adult lifespan. 査読有り

    Bagarinao E, Watanabe H, Maesawa S, Mori D, Hara K, Kawabata K, Yoneyama N, Ohdake R, Imai K, Masuda M, Yokoi T, Ogura A, Wakabayashi T, Kuzuya M, Ozaki N, Hoshiyama M, Isoda H, Naganawa S, Sobue G.

    Neuroimage   166 巻   頁: 133-144   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Early detection of speech and voice disorders in Parkinson's disease patients treated with subthalamic nucleus deep brain stimulation: a 1-year follow-up study

    Tsuboi Takashi, Watanabe Hirohisa, Tanaka Yasuhiro, Ohdake Reiko, Hattori Makoto, Kawabata Kazuya, Hara Kazuhiro, Ito Mizuki, Fujimoto Yasushi, Nakatsubo Daisuke, Maesawa Satoshi, Kajita Yasukazu, Katsuno Masahisa, Sobue Gen

    JOURNAL OF NEURAL TRANSMISSION   124 巻 ( 12 ) 頁: 1547-1556   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00702-017-1804-x

    Web of Science

    PubMed

  34. Detecting sub-second changes in brain activation patterns during interictal epileptic spike using simultaneous EEG-fMRI

    Clinical Neurophysiology   129 巻 ( 2 ) 頁: 377-389   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Instability of syllable repetition in Parkinson's disease after subthalamic nucleus deep brain stimulation

    Tanaka Y., Tsuboi T., Watanabe H., Nakatsubo D., Maesawa S., Kajita Y., Hattori M., Ohdake R., Yamamoto M., Wakabatkabayashi T., Katsuno M., Sobue G.

    JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES   381 巻   頁: 1036-1036   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jns.2017.08.2924

    Web of Science

  36. Longitudinal changes in speech and voice functions after subthalamic nucleus deep brain stimulation in Parkinson's disease patients

    Tsuboi T., Watanabe H., Tanaka Y., Ohdake R., Hattori M., Kawabata K., Hara K., Ito M., Nakatsubo D., Maesawa S., Kajita Y., Katsuno M., Sobue G.

    JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES   381 巻   頁: 1042-1042   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jns.2017.08.2943

    Web of Science

  37. Surgical benefits of combined awake craniotomy and intraoperative magnetic resonance imaging for gliomas associated with eloquent areas

    Motomura Kazuya, Natsume Atsushi, Iijima Kentaro, Kuramitsu Shunichiro, Fujii Masazumi, Yamamoto Takashi, Maesawa Satoshi, Sugiura Junko, Wakabayashi Toshihiko

    JOURNAL OF NEUROSURGERY   127 巻 ( 4 ) 頁: 790-797   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2016.9.JNS16152

    Web of Science

    PubMed

  38. Paroxysmal nonepileptic events in children with epilepsy

    Ito Yuji, Kidokoro Hiroyuki, Negoro Tamiko, Tanaka Masaharu, Okai Yu, Sakaguchi Yoko, Ogawa Chikako, Takeuchi Tomoya, Ohno Atsuko, Yamamoto Hiroyuki, Nakata Tomohiko, Maesawa Satoshi, Watanabe Kazuyoshi, Takahashi Yoshiyuki, Natsume Jun

    EPILEPSY RESEARCH   132 巻   頁: 59-63   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.eplepsyres.2017.02.009

    Web of Science

    PubMed

  39. A case of secondary somatosensory epilepsy with a left deep parietal opercular lesion: successful tumor resection using a transcortical approach via the subcentral gyrus under awake surgery 査読有り

    Maesawa S, Fujii M, Futamura M, Iijima K, Wakabayashi T

    Journal of Neurosurgery     頁: 10.3171/2015.2.JNS142737.   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: accepted

  40. Neural basis of language: an overview of evolving model 招待有り 査読有り

    Fujii M, Maesawa S, Ishiai S, Iwami K, Futamura M, Saito K

    Neurol med chir (Tokyo)   56(7) 巻   頁: 379-386   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2176/nmc.ra.2016-0014.

  41. Use of Network Analysis to Establish Neurosurgical Parameters in Gliomas and Epilepsy 招待有り 査読有り

    Neurol med chir (Tokyo)   56(4) 巻   頁: 158-169   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2176/nmc.ra.2015-0302.

  42. 【脳機能解剖の多次元解析】 大脳白質解剖と言語 招待有り

    藤井正純、前澤聡 他

    脳神経外科ジャーナル   25 巻 ( 5 ) 頁: 396-401   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  43. Evaluation of resting state networks in patients with gliomas: Connectivity changes in the unaffected side and its relation to cognitive function 査読有り

    Maesawa S, Bagarinao E, Fujii M, Futamura M, Motomura K, Watanabe H, Mori D,Sobue G, Wakabayashi T

    PLOS ONE   10 巻 ( 2 ) 頁: e0118072.2015   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0118072.

  44. 覚醒下開頭術における高次脳機能温存の試み―優位半球背外側前頭前野に注意機能関連領域を認めた一例 査読有り

    松井泰行、前澤聡、二村美也子、飛永真希、藤井正純

    高次脳機能研究   35 巻 ( 1 ) 頁: in press   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Intraoperative subcortical mapping of a language-associated deep frontal tract connecting the superior frontal gyrus to Broca’s area in the dominant hemisphere of patients with glioma 査読有り

    Fujii M, Maesawa S, Motomura K, Futamura M, Hayashi Y, Koba I, Wakabayashi T

    Journal of Neurosurgery     頁: in press   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2014.10.JNS14945.

  46. 覚醒下開頭術中に二か国語共通領域と一言語特異的領域が確認されたバイリンガルの一例 査読有り

    二村美也子、古場伊津子、前澤聡、藤井正純、若林俊彦

    高次脳機能研究     頁: 00   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 00

  47. 脳神経外科手術におけるhodotopyに基づいた脳機能評価 招待有り

    前澤聡、藤井正純、若林俊彦

    Clinical Neuroscience   33 巻 ( 12 ) 頁: 1426-1428   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  48. 島回zoneIIおよび深部頭頂弁蓋病変に対するtrans-subcentral gyral approachの有用性 招待有り

    前澤聡、藤井正純、二村美也子、飯島健太郎、若林俊彦

    第29回日本微小脳神経外科解剖研究会 講演集     頁: 100-102   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  49. 構造を可視化する術中画像支援技術の開発 招待有り 査読有り

    藤井正純 , 前澤聡, 林雄一郎 ,森健策 , 津坂昌利 , 若林俊彦

    脳神経外科ジャーナル   23 巻 ( 11 ) 頁: 854-861   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Association of dorsal inferior frontooccipital fasciculus fibers in the deep parietal lobe with both reading and writing processes: a brain mapping study. 査読有り

    Motomura K, Fujii M, Maesawa S, Kuramitsu S, Natsume A, Wakabayashi T.

    Journal of Neurosurgery   121 巻 ( 1 ) 頁: 142-148   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 142-148

  51. 30. Clinical use of 11C-methionine and 18F-FDG PET for germinoma in central nervous system : 査読有り

    Okochi, Y.; Nihashi, T.; Fujii, M.; Kato, K.; Okada, Y.; Ando, Y.; Maesawa, S.; Takebayashi, S.; Wakabayashi, T.; Naganawa, S

    Ann Nucl Med.   28 巻 ( 2 ) 頁: 94-102   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. fMRIを用いた作業記憶の局在評価 ― 数唱課題の有用性 査読有り

    前澤聡、二村美也子、藤井正純、松井泰行、若林俊彦

    高次脳機能研究   34 巻 ( 2 ) 頁: 226-233   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. てんかん外科の基本-自験例を中心に 招待有り

    前澤聡

    尾北医報   316 巻   頁: 19-25   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  54. Functional connectivity of epileptogenic focus: detection and relationship with default mode network: 査読有り

    Kaneoke Y, Maesawa S, Kajita Y, Wakabayashi T, Nihashi T, Naganawa S

    Complex Medical Engineering (CME)     頁: 333-338   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. 27. Differentiation of newly diagnosed glioblastoma multiforme and intracranial diffuse large B-cell Lymphoma using 11C-methionine and 18F-FDG PET 査読有り

    Okada Y, Nihashi T, Fujii M, Kato K, Okochi Y, Ando Y, Yamashita M, Maesawa S, Takebayashi S, Wakabayashi T, Naganawa S

    Clin Nucl Med.   37 巻 ( 9 ) 頁: 843-849   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. 術中MRIの現在と未来(<特集>21世紀のOperation Suite) 査読有り

    藤井正純 , 前澤聡, 林雄一郎 , 中原紀元 , 森健策 , 吉田純 , 若林俊彦

    脳神経外科ジャーナル   20 巻 ( 4 ) 頁: 259-269   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. 7. MRIガイドナビゲーション手術(脳) (新しい手術のモダリティ) -- (最新の外科治療総論 : アプローチを中心に) 招待有り

    前澤聡, 藤井正純 , 若林俊彦

    がん治療レクチャー   2 巻 ( 4 ) 頁: 760-766   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  58. 26. Clinical outcomes after stereotactic radiosurgery for idiopathic trigeminal neuralgia: 査読有り

    Maesawa S, Salame C, Flickinger JC, Pirris S, Kondziolka D, Lunsford LD

    Journal of Neurosurgery   115 巻 ( S ) 頁: 14-20   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. 25. Efficacy of motor cortex stimulation for intractable central neuropathic pain: comparison of stimulation parameters between post-stroke pain and other central pain. 査読有り

    Tanei T, Kajita Y, Noda H, Takebayashi S, Nakatsubo D, Maesawa S, Wakabayashi T.

    Neurol Med Chir (Tokyo)   51 巻 ( 1 ) 頁: 8-14   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Intraoperative Tractography and MEP Monitoring in Surgery for Gliomas around the Corticospinal Tract 査読有り

    Maesawa,S, Fujii M, Nakahara N, Watanabe T, Wakabayashi T, Yoshida J

    World Neurosurgery   74 巻   頁: 153-161   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. *Clinical Indications for High-Field 1.5 T Intraoperative Magnetic Resonance Imaging and Neuro-navigation for Neurosurgical Procedures-Review of Initial 100 Cases 査読有り

    Maesawa S, Fujii M, Nakahara N, Watanabe T, Saitou K, Kajita Y, Nagatani T, Wakabayashi T, Yoshida J.

    Neurol Med Chir (Tokyo)   49 巻   頁: 339-348   2009年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. 21. Advanced new neurosurgical procedure using integrated system of intraoperative MRI and neuronavigation with multimodal neuroradiological images. 査読有り

    Wakabayashi T, Fujii M, Kajita Y, Natsume A, Maezawa S, Yoshida J.

    Nagoya J Med Sci.   71 巻 ( 3-4 ) 頁: 101-107   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. 22. Molecular hydrogen is protective against 6-hydroxydopamine -induced nigrostriatal degeneration in a rat model of Parkinson's disease 査読有り

    Fu Y, Ito M, Fujita Y, Ito M, Ichihara M, Masuda A, Suzuki Y, Maesawa S, Kajita Y, Hirayama M, Ohsawa I, Ohta S, Ohno K.

    Neuroscience letter   453 巻 ( 2 ) 頁: 81-85   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. *脳腫瘍外科の最前線ー術中MRIを使用した画像誘導手術 招待有り

    前澤聡、中原紀元、渡邉督、吉田純

    現代医学   55 巻 ( 3 ) 頁: 531-537   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  65. *BrainSUITEでの術中tractographyとMEPモニタリングを駆使したグリオーマ手術 招待有り 査読有り

    前澤聡、藤井正純、中原紀元、渡邉督、吉田純

    CI研究   30 巻   頁: 135-142   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. *Suppression of secondary generalization of limbic seizures by stimulation of subthalamic nucleus in rats. 査読有り

    Usui N, Maesawa S, Kajita Y, Endo O, Takebayashi S, Yoshida J

    Journal of Neurosurgery   102 巻 ( 6 ) 頁: 1122-1129   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. *Long-term stimulation of the subthalamic nucleus in hemiparkinsonian rats: neuroprotection of dopaminergic neurons 査読有り

    Maesawa S, Kaneoke Y, Kajita Y, Usui N, Misawa N, Nakayama A, Yoshida J

    Journal of Neurosurgery   100 巻 ( 4 ) 頁: 679-687   2004年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Clinical outcomes after stereotactic radiosurgery for idiopathic trigeminal neuralgia 査読有り

    Maesawa S, Salame C, Flickinger JC, Pirris S, Kondziolka D, Lusford LD

      94 巻 ( 1 ) 頁: 14-20   2001年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Subnecrotic stereotactic radiosurgery controlling epilepsy produced by kainic acid injection in rats 査読有り

    Journal of Neurosurgery   93 巻 ( 6 ) 頁: 1033-1040   2000年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 7

  1. てんかん学用語辞典:頭頂葉てんかん

    日本てんかん学会( 担当: 共著)

    診断と治療社  2017年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:163   記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  2. 神経疾患治療ストラテジー:脳深部刺激療法

    辻省次、祖父江元他( 担当: 共著)

    中山書店  2017年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:450   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  3. Annual Review 2016 神経 - Hodotopyと言語

    鈴木則宏、祖父江元他( 担当: 分担執筆)

    中外医学社  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  4. 脳神経外科マニュアル

    若林俊彦他( 担当: 分担執筆)

    医学書院  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  5. e-learning薬剤師生涯研修プレミアムコース 脳神経外科講座 てんかんに対する外科治療

    若林俊彦他( 担当: 分担執筆)

    IME 医療教育研究所00-  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:映像

  6. 脳腫瘍の外科

    大畑健治他( 担当: 分担執筆)

    ミック大阪  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  7. 脳腫瘍の外科

    原岡襄他( 担当: 分担執筆)

    編集室なるにあ  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

▼全件表示

講演・口頭発表等 11

  1. Novel analysis for focus detection using EEG-fMRI in epilepsy (English presetantation award)

    Maesawa S, Bagarinao E, et al

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  2. Focus detection by resting-state fMRI, EEG-fMRI and MEG, and surgical outcomes in epilepsy surgery 国際会議

    Maesawa S, Bagarinao E, et al

    The 22nd Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping (OHBM) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:スイス連邦  

  3. Epileptic focus detection by nobel techniques using resting-state fMRU, EEG-fMRI and MEG and its potential in improving surgical outcomes in epilepsy surgery (English presentation award) 国際会議

    Maesawa S, Bagarinao E, et al

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  4. fMRI, EEG-fMRI, MEGを用いた脳機能ネットワーク解析―てんかん、脳腫瘍に対する次世代脳外科手術への展開(ランチョンセミナー) 招待有り

    前澤聡

    第17回日本ヒト脳機能マッピング学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月 - 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  5. 脳はどこまで見えるようになりましたかー脳内ネットワークを考慮した脳神経外科手術(市民公開講座) 招待有り

    前澤聡

    第44回日本神経放射線学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  6. A case of secondary somatosensory epilepsy (S2 epilepsy) with a left deep parietal opercular lesion, successfully treated by awake surgery (English session)

    Maesawa S,Fujii M,Futamura M,Motomura K,Yamamoto T,Iijima K,Wakabayashi

    第48回日本てんかん学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. 術中MRIによるナビゲーション情報の更新(学会賞受賞)

    前澤聡、林雄一郎、藤井正純、若林俊彦

    第14回術中画像情報学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  8. 覚醒下てんかん外科手術を再考する―侵襲的検査(step2)困難例を中心に

    前澤聡、藤井正純、 飯島健太郎、林 雄一郎、二村 美也子、本村 和也、山本 高士、若林 俊彦

    第73回日本脳神経外科総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  9. 拡張し続ける言語性ネットワーク理論―覚醒下手術皮質下マッピング所見の後方視的解析

    前澤 聡、藤井正純、本村和也、二村美也子、下田伊津子、杉浦淳子、若林俊彦

    第72回日本脳神経外科学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  10. Glioma surgery using intraoperative tractography and MEP monitoring 国際会議

    XIV World Congress of Neurological Surgery, Boston, USA 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  11. Operating in the eloquent area with high-field intraoperative MRI (BrainSUITE) and MEP monitoring 国際会議

    World Federation of Neurosurgical Societies, 13th Interim meeting, Nagoya, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. 発作間欠期てんかん性活動における EEG-fMRI 信号同期、安静時fMRI コネクトーム解析、及びMEG 信号源推定によるてんかん焦点診断能の比較検討、及びこれらを融合した新たな手法の開発

    2015年4月 - 現在

    てんかん治療研究振興財団研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 安静時fMRIを用いたてんかん焦点診断システムの開発

    2010年3月 - 2011年3月

    先端医療開発等経費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    てんかん焦点診断の新しい手法として安静時fMRIを用いた解析方法の開発を行った。自己相関法(auto-correlation)、Hub analysis、functional connectivity等の解析プログラムの開発と検証を行った。

科研費 7

  1. 術中情報を統合した4Dマルチレイヤーナビゲーション・手術支援プラットホームの開発

    2015年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  2. リアルタイム機能的MRI-脳波同時測定装置を用いた時間的空間的脳内神経回路解析

    2015年4月 - 現在

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  3. Real-time precision functional network mapping of the human brain for neurosurgical applications

    研究課題/研究課題番号:21K09149  2021年4月 - 2024年3月

    Grants-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  4. 機能連絡解析を駆使したてんかん外科コネクトームマップと定位的脳波記録による実証

    研究課題/研究課題番号:17K10890  2017年4月 - 2020年3月

    前澤 聡

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    焦点性てんかんに対して安静時fMRIやEEG-fMRI、MEGの新規ネットワーク解析を行い、コネクトームマップを作成しSEEGにて検証した。安静時fMRIの複層的解析では焦点側に強いhubを形成し、対側に向かっての促通性の、またDMNへ抑制性の結合を形成して病態に関連する事が分かった。MEGでは修正DS法を開発しEEG-fMRIではsubsecond解析を開発して、ネットワーク的な焦点診断をより正確にした。Hubより各ネットワークへの結合性の強さを示す新しい指標を開発しコネクトームマップとした。SEEGではまたcoherenceを解析で焦点が形成するネットワークを評価可能である事が分かった。
    学術的意義としては、焦点性てんかんはネットワーク疾患である、という仮説に基づいてネットワーク的な解析を行う事で、てんかんの焦点、及び焦点より形成されるてんかん性ネットワークを明らかにした事が挙げられる。特に安静時fMRI、EEG-fMRI、MEGといったモダリティは非侵襲的であり、改良を加え新規解析を開発した点は、てんかん患者にとって非侵襲的で有効な検査法が増えた事となり、社会的意義が高い。SEEG(定位的頭蓋内電極による脳波記録)は海外で導入が始まっているが日本は遅れをとっており、その安全且つ有効な手法を確立し日本で最初に示し、更に脳波解析の可能性を示した点も意義がある。

  5. 多様なmodalityによる振戦の病態解明とFUSやDBSによる病態修飾

    研究課題/研究課題番号:17K10891  2017年4月 - 2020年3月

    中坪 大輔

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本態性振戦などの不随意運動の治療において、非侵襲的な凝固術として、MRガイド下集束超音波治療MRgFUS(MR-guided focused ultrasound)が日本でも可能となった。本研究では、治療後1年後の上肢の改善率が約65%であり、重篤な合併症は認めなかった。また、安静時fMRIによるネットワーク解析により、振戦が重度であるほど、ネットワークの結合性が低下していることが判明し、前頭葉を中心とした高次脳機能の障害も進む傾向にあることが明らかになった。
    本態性振戦の病因、病態に関してはまだ不明な点が多く、小脳―下オリーブ核系の機能異常の関与が示唆されているものの、視床Vim核の治療により、どのように改善するか不明である。安静時fMRIによる本研究では、そのネットワーク異常を可視化し、治療による病態修飾の解明に繋がると考えられる。また、本態性振戦は有効な薬剤がなく、振戦が進行するとMRgFUSなど外科治療でしか症状を緩和することができない。高次脳機能障害を伴うことも多く、どのような患者に治療が有効となるかバイオマーカーを確立することで、振戦で困っている患者の助けとなる。

  6. 脳波-機能的MRI同時記録によるウエスト症候群のてんかん焦点の解明と予後予測

    研究課題/研究課題番号:16K09987  2016年4月 - 2019年3月

    夏目 淳

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    潜因性ウェスト症候群6例、結節性硬化症によるウェスト症候群1例において、発症時にEEG-機能的MRI同時記録検査を行った。全例でACTH療法によっててんかん性スパズムは消失したが、2例でスパズムの再発、2例で焦点発作がみられた。生後12か月の脳波では3例で焦点性のてんかん放電がみられた。発症時のEEG-fMRIでは7例中6例で脳幹に陽性BOLD信号を認め、大脳皮質にも散在する陽性BOLDを認めた。残る1例では前頭葉のみに陽性BOLDを認めた。1歳時に脳波異常を認めた3例でEEG-fMRIを再検し2例で両側前頭葉、1例で左海馬に陽性BOLDを認めた。全例で脳幹部の異常活動は消失していた。
    今回の研究結果から、ヒプスアリズミアと呼ばれるWest症候群に特異的なてんかん性活動には、脳幹と大脳皮質の異常なネットワーク形成が関わっていることが示唆された。また、治療により脳波でヒプスアリズミアが焦点性てんかん放電に変化したのに伴いEEG-fMRIでは脳幹の異常活動が消失したことから、EEG-fMRIは治療効果の客観的評価にも有用と考えられた。1歳のEEG-fMRIで左海馬に陽性BOLDが存続する1例では同部位に局在性皮質形成異常が潜在する可能性があり、てんかん外科治療が有効な可能性があると考えられた。

  7. 術中情報を統合した4Dマルチレイヤーナビゲーション・手術支援プラットホームの開発

    研究課題/研究課題番号:15H04948  2015年4月 - 2019年3月

    藤井 正純

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    脳外科手術では顕微鏡・内視鏡画像はもちろんのこと、蛍光画像や脳血流画像など光学系術中診断が導入され、さらに脳機能マッピングなど機能情報が加わるなど高度化が進んでいる。本研究では、これら手術室で得られる各種の光学系画像を、MRI、CTなど放射線画像と統合する技術開発を行った(Multimodal Optico-Radiological Image Integration; MORI)。実際の臨床例において、脳機能野の詳細かつ客観的な位置の同定、術中の蛍光診断に基づく残存腫瘍の同定が可能であった。今後さらに本技術を発展させることで、従来にない有機的な手術情報プラットフォームの実現が期待される。
    MORIによる高度な画像統合技術は、これ自体が従来の光学式・磁場式と異なる新たな手術ナビゲーション機能の実現につながるとともに、それと同時に、これまでの単純な手術ビデオ映像記録を超える、MRI、CT、PETなど臨床放射線画像情報と手術情報を統合した3次元の有機的な情報の経時的記録(=4次元的手術情報プラットフォーム)として機能することが期待される。これにより、今後の手術安全、臨床情報の詳細解析等につながるはずである。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 4

  1. ポリクリ 機能外科

    2016

  2. PBL チュートリアル 脳神経外科

    2016

  3. 全学教育科目―脳神経外科

    2015

  4. 医学部生特別講義ー脳の若返り

    2015