2022/06/13 更新

写真a

イズミ タカシ
泉 孝嗣
IZUMI Takashi
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 脳神経病態制御学 准教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
准教授

学位 1

  1. 医学博士 ( 名古屋大学 ) 

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 脳神経外科

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科   脳神経外科

    2003年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部

    1992年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本脳神経血管内治療学会   理事、生涯教育委員、地方会整備委員

    2012年12月 - 現在

  2. 日本脳卒中学会   理事、評議員

  3. 日本脳神経外科学会   代議員

  4. 日本脳卒中の外科学会   代議員

  5. World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology

 

論文 55

  1. Medical Management of a Mural Thrombus Inducing Repeated Ischemic Strokes in a Patient with Congenital Afibrinogenemia. 査読有り

    Nishihori M, Araki Y, Suzuki N, Tamura S, Hattori M, Izumi T, Goto S, Yokoyama K, Uda K, Matsushita T, Saito R

    Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association   31 巻 ( 7 ) 頁: 106526   2022年7月

     詳細を見る

  2. Changes in cerebral blood flow in the postoperative chronic phase after combined cerebral revascularization for moyamoya disease with ischaemic onset 査読有り

    Araki Yoshio, Mamiya Takashi, Fujita Naotoshi, Uda Kenji, Yokoyama Kinya, Kanamori Fumiaki, Takayanagi Kai, Ishii Kazuki, Nishihori Masahiro, Takeuch Kazuhito, Tanahashi Kuniaki, Nagata Yuichi, Nishimura Yusuke, Tanei Takafumi, Sumitomo Masaki, Okamoto Sho, Izumi Takashi, Kato Katsuhiko, Saito Ryuta

    NEUROSURGICAL REVIEW   45 巻 ( 3 ) 頁: 2471 - 2480   2022年6月

     詳細を見る

  3. Blood flow stagnation after treatment of a giant internal carotid artery aneurysm: a computed fluid dynamics analysis 査読有り

    Muraoka Shinsuke, Takagi Reiya, Araki Yoshio, Uda Kenji, Sumitomo Masaki, Okamoto Sho, Nishihori Masahiro, Izumi Takashi, Nakamura Masanori, Saito Ryuta

    SCIENTIFIC REPORTS   12 巻 ( 1 ) 頁: 7283   2022年5月

     詳細を見る

  4. Advantages of petrosectomy for superficial temporal artery to superior cerebellar artery bypass based on three-dimensional distance measurements using cadaver heads 査読有り

    Uda Kenji, Tanahashi Kuniaki, Mamiya Takashi, Kanamori Fumiaki, Yokoyama Kinya, Nishihori Masahiro, Izumi Takashi, Araki Yoshio, Saito Ryuta

    NEUROSURGICAL REVIEW   45 巻 ( 2 ) 頁: 1617 - 1624   2022年4月

     詳細を見る

  5. Risk Factors for Cerebral Infarction Early After Revascularization in Children Younger than 5 Years with Moyamoya Disease. 査読有り

    Araki Y, Uda K, Yokoyama K, Kanamori F, Kurimoto M, Shiba Y, Mamiya T, Nishihori M, Takeuchi K, Tanahashi K, Nagata Y, Nishimura Y, Okamoto S, Sumitomo M, Izumi T, Saito R

    World neurosurgery   160 巻   頁: e220 - e226   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2021.12.115

    PubMed

  6. Challenging direct bypass surgery for very young children with moyamoya disease: technical notes 査読有り

    Araki Yoshio, Uda Kenji, Yokoyama Kinya, Kanamori Fumiaki, Kurimoto Michihiro, Shiba Yoshiki, Mamiya Takashi, Nishihori Masahiro, Takeuchi Kazuhito, Tanahashi Kuniaki, Nagata Yuichi, Nishimura Yusuke, Okamoto Sho, Sumitomo Masaki, Izumi Takashi, Saito Ryuta

    NEUROSURGICAL REVIEW   45 巻 ( 2 ) 頁: 1799 - 1807   2022年4月

     詳細を見る

  7. Postoperative stroke and neurological outcomes in the early phase after revascularization surgeries for moyamoya disease: an age-stratified comparative analysis 査読有り

    Araki Yoshio, Yokoyama Kinya, Uda Kenji, Kanamori Fumiaki, Kurimoto Michihiro, Shiba Yoshiki, Mamiya Takashi, Nishihori Masahiro, Izumi Takashi, Sumitomo Masaki, Okamoto Sho, Matsui Kota, Emoto Ryo, Wakabayashi Toshihiko, Matsui Shigeyuki, Natsume Atsushi

    NEUROSURGICAL REVIEW   44 巻 ( 5 ) 頁: 2785 - 2795   2021年10月

     詳細を見る

  8. Triggering of Carotid Sinus Reflex during Deployment the Flow-diverter Device 査読有り

    Goto Shunsaku, Izumi Takashi, Nishihori Masahiro, Tsukada Tetsuya, Araki Yoshio, Uda Kenji, Yokoyama Kinya, Saito Ryuta

    NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA   61 巻 ( 10 ) 頁: 583 - 590   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.2176/nmc.oa.2021-0049

    Web of Science

    PubMed

  9. Evaluation of the differences in pressure applied to the vessel wall by different types of balloon remodeling microcatheters in an experimental model 査読有り

    Ikezawa Mizuka, Izumi Takashi, Nishihori Masahiro, Tsukada Tetsuya, Tamari Yosuke, Araki Yoshio, Yokoyama Kinya, Uda Kenji, Goto Shunsaku, Kropp Asuka E., Otsuka Takafumi, Kato Naoki, Nakano Mizuki, Saito Ryuta

    INTERVENTIONAL NEURORADIOLOGY     頁: 15910199211031765   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.1177/15910199211031765

    Web of Science

    PubMed

  10. Indocyanine green emission timing of the recipient artery in revascularization surgery for moyamoya disease 査読有り

    Kanamori Fumiaki, Araki Yoshio, Yokoyama Kinya, Uda Kenji, Mamiya Takashi, Nishihori Masahiro, Izumi Takashi, Okamoto Sho, Natsume Atsushi

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   83 巻 ( 3 ) 頁: 523 - 534   2021年8月

     詳細を見る

  11. Streak Metal Artifact Reduction Technique in Cone Beam Computed Tomography Images after Endovascular Neurosurgery 査読有り

    Otsuka Takafumi, Nishihori Masahiro, Izumi Takashi, Uemura Takeshi, Sakai Takashi, Nakano Mizuki, Kato Naoki, Kanamori Fumiaki, Tsukada Tetsuya, Uda Kenji, Yokoyama Kinya, Araki Yoshio, Saito Ryuta

    NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA   61 巻 ( 8 ) 頁: 468 - 474   2021年8月

     詳細を見る

  12. Clinical trial of carotid artery stenting using dual-layer CASPER stent for carotid endarterectomy in patients at high and normal risk in the Japanese population 査読有り

    Imamura Hirotoshi, Sakai Nobuyuki, Matsumoto Yasushi, Yamagami Hiroshi, Terada Tomoaki, Fujinaka Toshiyuki, Yoshimura Shinichi, Sugiu Kenji, Ishii Akira, Matsumaru Yuji, Izumi Takashi, Oishi Hidenori, Higashi Toshio, Iihara Koji, Kuwayama Naoya, Ito Yasushi, Nakamura Masato, Hyodo Akio, Ogasawara Kuniaki

    JOURNAL OF NEUROINTERVENTIONAL SURGERY   13 巻 ( 6 ) 頁: 524 - 529   2021年6月

     詳細を見る

  13. Evaluation of the Straightening Phenomenon of Various Types of Coils 査読有り

    Ishida Mamoru, Izumi Takashi, Araki Yoshio, Nishihori Masahiro, Yokoyama Kinya, Uda Kenji, Tsukada Tetsuya, Wakabayashi Toshihiko

    NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA   61 巻 ( 6 ) 頁: 356 - 360   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.2176/nmc.oa.2020-0348

    Web of Science

    PubMed

  14. Effects of aspirin and heparin treatment on perioperative outcomes in patients with Moyamoya disease 査読有り

    Kanamori Fumiaki, Araki Yoshio, Yokoyama Kinya, Uda Kenji, Mamiya Takashi, Nishihori Masahiro, Izumi Takashi, Okamoto Sho, Natsume Atsushi

    ACTA NEUROCHIRURGICA   163 巻 ( 5 ) 頁: 1485 - 1491   2021年5月

     詳細を見る

  15. Ipsilateral late stroke after revascularization surgery for patients with Moyamoya disease 査読有り

    Araki Yoshio, Yokoyama Kinya, Uda Kenji, Kanamori Fumiaki, Mamiya Takashi, Nishihori Masahiro, Sumitomo Masaki, Okamoto Sho, Izumi Takashi

    ACTA NEUROCHIRURGICA   163 巻 ( 5 ) 頁: 1493 - 1502   2021年5月

     詳細を見る

  16. Development and clinical evaluation of a contactless operating interface for three-dimensional image-guided navigation for endovascular neurosurgery 査読有り

    Nishihori Masahiro, Izumi Takashi, Nagano Yoshitaka, Sato Masaki, Tsukada Tetsuya, Kropp Asuka Elisabeth, Wakabayashi Toshihiko

    INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY   16 巻 ( 4 ) 頁: 663 - 671   2021年4月

     詳細を見る

  17. Short-segment Internal Trapping for Symptomatic Thrombosed Large Fusiform Vertebral Artery Aneurysms (Bird's Nest Trapping): A Technical Note 査読有り

    Nishihori Masahiro, Izumi Takashi, Tsukada Tetsuya, Kropp Asuka Elisabeth, Uda Kenji, Yokoyama Kinya, Araki Yoshio, Wakabayashi Toshihiko

    NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA   61 巻 ( 4 ) 頁: 284 - 291   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.2176/nmc.tn.2020-0329

    Web of Science

    PubMed

  18. Anterior Communicating Artery Aneurysm with a Peculiar Angiographic Appearance: A Case Study. 査読有り

    Otawa M, Izumi T, Nishihori M, Tsukada T, Oshima R, Kawaguchi T, Goto S, Ikezawa M, Kropp AE, Wakabayashi T

    NMC case report journal   8 巻 ( 1 ) 頁: 57 - 61   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.2176/nmccrj.cr.2020-0036

    PubMed

  19. Analysis of relationship between superior hypophyseal artery visualization and preservation and postoperative visual field deficit in paraclinoid aneurysm 査読有り

    Otawa Masato, Izumi Takashi, Nishihori Masahiro, Tsukada Tetsuya, Oshima Ryosuke, Kawaguchi Tomomi, Goto Shunsaku, Ikezawa Mizuka, Kropp Asuka Elisabeth, Araki Yoshio, Uda Kenji, Wakabayashi Toshihiko

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   83 巻 ( 1 ) 頁: 21 - 30   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.18999/nagjms.83.1.21

    Web of Science

    PubMed

  20. Direct Vertebral Artery Puncture During Open Surgery for the Endovascular Treatment of a Recurrent Vertebro-Vertebral Arteriovenous Fistula 査読有り

    Ikezawa Mizuka, Izumi Takashi, Nishihori Masahiro, Nagashima Yoshitaka, Nishimura Yusuke, Tsukuda Tetsuya, Kropp Asuka E., Goto Shunsaku, Otsuka Takafumi, Kato Naoki, Nakano Mizuki

    WORLD NEUROSURGERY   146 巻   頁: 166 - 170   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2020.10.156

    Web of Science

    PubMed

  21. Case-control study of postprocedural arterial puncture site hemorrhage after neuroendovascular treatment 査読有り

    Tamari Yosuke, Izumi Takashi, Nishihori Masahiro, Imai Tasuku, Ito Masashi, Tsukada Tetsuya, Ishida Mamoru, Wakabayashi Toshihiko

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   83 巻 ( 1 ) 頁: 125 - 133   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.18999/nagjms.83.1.125

    Web of Science

    PubMed

  22. Coexistence of a Dural Arteriovenous Fistula and Pial Arteriovenous Malformation Sharing a Common Drainer. 査読有り

    Uda K, Izumi T, Kanamori F, Yokoyama K, Tsukada T, Nishihori M, Shintai K, Okamoto S, Araki Y

    NMC case report journal   8 巻 ( 1 ) 頁: 557 - 563   2021年

     詳細を見る

  23. Management of Asymptomatic Vertebral Artery Injury Caused by a Cervical Pedicle Screw Malposition: Two Case Reports. 査読有り

    Otsuka T, Izumi T, Nishihori M, Tsukada T, Araki Y, Yokoyama K, Uda K, Goto S, Ikezawa M, Kato N, Nakano M, Saito R

    NMC case report journal   8 巻 ( 1 ) 頁: 713 - 717   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.2176/nmccrj.cr.2021-0062

    PubMed

  24. Levodopa-responsive Parkinsonism Caused by Recurrence of Large Basilar-tip Aneurysm after Stent-assisted Coil Embolization: A Case Report. 査読有り

    Nishihori M, Izumi T, Tsukada T, Araki Y, Yokoyama K, Uda K, Wakabayashi T

    NMC case report journal   8 巻 ( 1 ) 頁: 107 - 111   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.2176/nmccrj.cr.2020-0023

    PubMed

  25. A case of internal trapping to a thrombosed giant rapidly growing aneurysm at the posterior cerebral artery

    Otawa Masato, Izumi Takashi, Nishihori Masahiro, Tsukada Tetsuya, Oshima Ryosuke, Kawaguchi Tomomi, Goto Shunsaku, Ikezawa Mizuka, Kropp Asuka Elisabeth, Araki Yoshio, Yokoyama Kinya, Uda Kenji, Wakabayashi Toshihiko

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 3 ) 頁: 557 - 566   2020年8月

     詳細を見る

  26. Surgical Designs of Revascularization for Moyamoya Disease: 15 Years of Experience in a Single Center

    Araki Yoshio, Uda Kenji, Yokoyama Kinya, Kanamori Fumiaki, Mamiya Takashi, Nishihori Masahiro, Izumi Takashi, Tanahashi Kuniaki, Masaki Sumitomo, Sho Okamoto, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    WORLD NEUROSURGERY   139 巻   頁: E325 - E334   2020年7月

     詳細を見る

  27. Endovascular Therapy for Intracranial Artery Stenosis: Results from the Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy (JR-NET)3

    Izumi Takashi, Nishibori Masahiro, Imamura Hirotoshi, Iihara Koji, Sakai Nobuyuki

    NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA   60 巻 ( 5 ) 頁: 256 - 263   2020年5月

     詳細を見る

  28. Comparison of hemodynamic stress in healthy vessels after parent artery occlusion and flow diverter stent treatment for internal carotid artery aneurysm

    Tsukada Tetsuya, Izumi Takashi, Isoda Haruo, Nishihori Masahiro, Kropp A. Elisabeth, Mizuno Takashi, Wakabayashi Toshihiko

    JOURNAL OF NEUROSURGERY   136 巻 ( 3 ) 頁: 619 - 626   2020年3月

     詳細を見る

  29. Brain Compression by Encephalo-Myo-Synangiosis is a Risk Factor for Transient Neurological Deficits After Surgical Revascularization in Pediatric Patients with Moyamoya Disease

    Kanamori Fumiaki, Araki Yoshio, Yokoyama Kinya, Uda Kenji, Nishihori Masahiro, Izumi Takashi, Okamoto Sho, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   133 巻   頁: E558 - E566   2020年1月

     詳細を見る

  30. Effectiveness of staged angioplasty for avoidance of cerebral hyperperfusion syndrome after carotid revascularization

    Hayakawa Mikito, Sugiu Kenji, Yoshimura Shinichi, Hishikawa Tomohito, Yamagami Hiroshi, Fukuda-Doi Mayumi, Sakai Nobuyuki, Iihara Koji, Ogasawara Kuniaki, Oishi Hidenori, Ito Yasushi, Matsumaru Yuji, Ichihashi Toshikazu, Suzuki Kensuke, Tanaka Yoshihiro, Hyodo Akio, Hayase Makoto, Miyakoshi Akinori, Toda Hiroki, Enomoto Yukiko, Egashira Yusuke, Yamauchi Keita, Iwama Toru, Haraguchi Koichi, Yoshioka Tsutomu, Sambongi Yoshiki, Okata Takuya, Mizoue Tatsuya, Uchida Kazutaka, Shirakawa Manabu, Yamada Kiyofumi, Yoshimura Shinichi, Oishi Hidenori, Yamamoto Munetaka, Teranishi Kosuke, Yatomi Kenji, Okauchi Masanobu, Kawanishi Masahiko, Tamiya Takashi, Uchiyama Naoyuki, Mohri Masanao, Misaki Kouichi, Nakada Mitsutoshi, Takagaki Masatoshi, Nakagawa Yu, Akiyama Takenori, Yoshida Kazunari, Takemoto Hideki, Nishiyama Hirokazu, Tetsuo Yoshiaki, Matsumoto Hiroyuki, Arimura Koichi, Imamura Hirotoshi, Todo Kenichi, Sakai Nobuyuki, Sato Kenichi, Matsumoto Yasushi, Miyata Haruka, Ishii Akira, Matsumoto Shoji, Nakahara Ichiro, Kikuchi Takayuki, Ishii Akira, Takenobu Yohei, Toma Naoki, Yasuda Ryuta, Izumi Takashi, Ito Masashi, Maruyama Daisuke, Satow Tetsu, Kataoka Hiroharu, Takahashi Jun C., Shigeta Keigo, Yatsushige Hiroshi, Hayakawa Takanori, Koyanagi Masaomi, Narumi Osamu, Ezura Masayuki, Suma Takeshi, Yoshino Atsuo, Tanoue Shuichi, Kiyosue Hiro, Kubo Takeshi, Hishikawa Tomohito, Haruma Jun, Takasugi Yuji, Shinji Yukei, Nishihiro Shingo, Sugiu Kenji, Ohnishi Hiroyuki, Miyachi Shigeru, Kuroiwa Toshihiko, Asai Katsunori, Nishida Takeo, Kishima Haruhiko, Nakamura Hajime, Ogata Atsushi, Nakagaki Hideaki, Yamada Takeshi, Kojima Atsuhiro, Saga Isako, Nomura Tatsufumi, Onda Toshiyuki, Nonaka Tadashi, Tsuji Atsushi, Nakazawa Takuya, Nozaki Kazuhiko, Murata Takahiro, Nagashima Hisashi, Morioka Jun, Murao Kenichi, Suyama Yoshio, Ishii Yosuke, Imamura Eiji, Wakabayashi Shinichi, Srivatanakul Kittipong, Aoki Rie, Abe Hajime, Kanenaka Naosuke, Satou Hiroaki, Amano Tatsuo, Sato Masayuki, Matsumaru Yuji, Ikeda Norio, Shojima Masaaki, Ono Hideaki, Dofuku Shogo, Saito Nobuhito, Tsuruta Wataro, Marushima Aiki, Takigawa Tomoji, Ito Yoshiro, Hashimoto Koji, Kanemaru Kazuya, Yoshioka Hideyuki, Kinouchi Hiroyuki, Ishihara Hideyuki, Oku Takayuki, Oka Fumiaki, Suzuki Michiyasu, Hattori Itaro, Nemoto Akihiro, Hikita Chiyoe, Iwasaki Mitsuhiro, Morimoto Masafumi

    JOURNAL OF NEUROSURGERY   132 巻 ( 1 ) 頁: 51 - 61   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.3171/2018.8.JNS18887

    Web of Science

  31. Assessing the Risk of Intracranial Aneurysm Rupture Using Morphological and Hemodynamic Biomarkers Evaluated from Magnetic Resonance Fluid Dynamics and Computational Fluid Dynamics

    Perera Roshani, Isoda Haruo, Ishiguro Kenta, Mizuno Takashi, Takehara Yasuo, Terada Masaki, Tanoi Chiharu, Naito Takehiro, Sakahara Harumi, Hiramatsu Hisaya, Namba Hiroki, Izumi Takashi, Wakabayashi Toshihiko, Kosugi Takafumi, Onishi Yuki, Alley Marcus, Komori Yoshiaki, Ikeda Mitsuru, Naganawa Shinji

    MAGNETIC RESONANCE IN MEDICAL SCIENCES   19 巻 ( 4 ) 頁: 333 - 344   2020年

     詳細を見る

  32. Factors influencing blood flow resistance from a large internal carotid artery aneurysm revealed by a computational fluid dynamics model

    Imai Tasuku, Izumi Takashi, Isoda Haruo, Ishiguro Kenta, Mizuno Takashi, Tsukada Tetsuya, Kropp Asuka, Ito Masashi, Nishihori Masahiro, Ishida Mamoru, Tamari Yosuke, Wakabayashi Toshihiko

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   81 巻 ( 4 ) 頁: 629 - 636   2019年11月

     詳細を見る

  33. Prospective Registry of Embolization of Intracranial Aneurysms Using HydroSoft Coils: Results of the Japanese HydroSoft Registry

    Imamura Hirotoshi, Sakai Nobuyuki, Ito Yasushi, Sakai Chiaki, Hyodo Akio, Miyachi Shigeru, Matsumaru Yuji, Yoshimura Shinichi, Abe Toshi, Yamagami Hiroshi, Hayakawa Mikito, Sato Hiroaki, Fujinaka Toshiyuki, Tanabe Kenichiro, Haraguchi Koichi, Sakamoto Makoto, Morimoto Masashi, Higashi Toshio, Sugiu Kenji, Ishii Akira, Nakahara Ichiro, Oishi Hidenori, Matsumoto Yasushi, Niimi Yasunari, Yonaha Hirokatsu, Enomoto Yukiko, Iinoshi Tomoshi, Kawanishi Masahiko, Hyodo Akio, Ushikoshi Satoshi, Toma Naoki, Kiura Sadanori, Mase Mitshuhito, Izumi Takashi

    WORLD NEUROSURGERY   127 巻   頁: E631 - E637   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2019.03.234

    Web of Science

  34. Experimental study of coil delivery wire insertion force in intracranial aneurysm embolization: force discrepancy generated inside the microcatheter through that coil delivery wire passes

    Shintai Kazunori, Matsubara Noriaki, Izumi Takashi, Miyachi Shigeru, Yamada Hiroyuki, Marui Naoki, Wakabayashi Toshihiko

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   81 巻 ( 2 ) 頁: 217 - 225   2019年5月

     詳細を見る

  35. Cardiac Arrest Induced by Carotid Sinus Reflex Activation During Flow-Diverter Stent Deployment

    Goto Shunsaku, Izumi Takashi, Nishihori Masahiro, Ishida Mamoru, Ishida Tetsuya, Otawa Masato, Kawaguchi Tomoki, Oshima Ryosuke, Kropp Asuka, Ikezawa Mizuka, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   124 巻   頁: 22 - 24   2019年4月

     詳細を見る

  36. Intraoperative evaluation of local cerebral hemodynamic change by indocyanine green videoangiography: prediction of incidence and duration of postoperative transient neurological events in patients with moyamoya disease

    Uda Kenji, Araki Yoshio, Muraoka Shinsuke, Ota Shinji, Wada Kentaro, Yokoyama Kinya, Nishihori Masahiro, Izumi Takashi, Okamoto Sho, Wakabayashi Toshihiko

    JOURNAL OF NEUROSURGERY   130 巻 ( 4 ) 頁: 1367 - 1375   2019年4月

     詳細を見る

  37. Japanese Surveillance of Neuroendovascular Therapy in JR-NET - Part II. Japanese Registry of NeuroEndovascular Treatment 3. Main Report

    Sakai Nobuyuki, Uchida Kazutaka, Iihara Koji, Satow Tetsu, Ezura Masayuki, Hyodo Akio, Miyachi Shigeru, Miyamoto Susumu, Nagai Yoji, Nishimura Kunihiro, Toyoda Kazunori, Yoshimura Shinichi, Imamura Hirotoshi, Sakai Chiaki, Matsumaru Yuji, Sakai Nobuyuki, Iihara Koji, Satow Tetsu, Ezura Masayuki, Hyodo Akio, Miyachi Shigeru, Miyamoto Susumu, Nagai Yoji, Nishimura Kunihiro, Toyoda Kazunori, Fujinaka Toshiyuki, Higashi Toshio, Hirohata Masaru, Ishii Akira, Imamura Hirotoshi, Ito Yasushi, Kuwayama Naoya, Oishi Hidenori, Matsumaru Yuji, Matsumoto Yasushi, Nakahara Ichiro, Sakai Chiaki, Sugiu Kenji, Terada Tomoaki, Yoshimura Shinichi, Sakai N., Adachi H., Ueno Y., Yamagami H., Imamura H., Kunieda T., Koyanagi M., Kuramoto Y., Todo K., Ishikawa T., Shigematsu T., Yamamoto S., Sato S., Asai K., Arimura K., Tani S., Mineharu Y., Narumi O., Ishii A., Sakai C., Ikeda H., Kono T., Matsumoto Y., Kondo R., Furui E., Suzuki I., Takahashi T., Akiyama T., Endo H., Sato K., Kageyama Y., Ssawa S., Niizuma K., Yazawa Y., Itabashi R., Ezura M., Kimura N., Tsuboi K., Sato K., Nishimura S., Sato K., Osawa S., Suzuki I., Sugiu K., Terai Y., Tokunaga K., Katsumata A., Kusaka N., Nishida A., Kawada S., Watanabe K., Hishikawa T., Hirashita K., Itami H., Ota S., Sekihara Y., Shimizu N., Maeda K., Matsumaru Y., Izumoto H., Tsuruta W., Nakane Y., Okumura H., Hayakawa M., Hirota Y., Sato M., Kamiya Y., Watanabe A., Amano T., Aoki M., Hyuga T., Watanabe D., Mori K., Seida M., Osanai T., Hirohata M., Takeuchi M., Tsutsumi M., Nii K., Eto H., Kazekawa K., Aikawa H., Onizuka M., Yoshida H., Sakamoto K., Mizokami T., Oishi H., Iko M., Nakai K., Kin S., Nonaka T., Yonemasu Y., Takahashi A., Onda T., Kogure S., Ueda R., Shimizu T., Nomura T., Yamamura A., Hayashi S., Nakahara I., Nakamura M., Furuichi S., Iwamuro Y., Ohta T., Toyota S., Furui E., Watanabe Y., Matsumoto S., Ishibashi R., Urabe Y., Gomi M., Fukushima Y., Saka M., Nakazawa T., Matsuda Y., Hyodo A., Hori Y., Shirato M., Suzuki K., Suzuki S., Takigawa T., Shimizu N., Tanaka Y., Takano I., Satow T., Iihara K., Okazaki T., Morita K., Yamagami H., Ito K., Sugata S., Hayakawa M., Matsushige T., Ishii D., Ishikawa T., Fukuda K., Masuda K., Hashimoto T., Miyazaki Y., Hamano E., Maruyama D., Nakajima N., Okumura H., Funatsu N., Yoshimura S., Kokuzawa J., Enomoto Y., Yoshida Y., Egashira Y., Takagi T., Yamada K., Ishiguro M., Tsujimoto M., Watarai H., Yamauchi K., Kitajima H., Ishihara H., Oka F., Oku T., Kumasaka A., Harada K., Morioka J., Hattori I., Morimoto M., Ozaki S., Kobanawa S., Sasaki M., Matsumaru Y., Kawaguchi K., Kawanishi M., Shindo A., Hayashi N., Kawakita K., Yano T., Inukai T., Okauchi M., Kuroiwa T., Shimizu F., Shirakawa M., Oonishi H., Nakahara T., Yamashita K., Ohta H., Kamata I., Araki H., Ogami R., Hatano T., Ishii A., Hasegawa H., Kunieda T., Loyanagi M., Yakenobu Y., Yoshida K., Ogino E., Kikuchi T., Takemoto K., Yamana N., Goto M., Munemitsu T., Yokoyama Y., Chihara H., Mineharu Y., Ando M., Saiki M., Sekihara Y., Murai N., Yamao Y., Ikeda H., Hayashi H., Waro T., Sateshima S., Arai D., Sakai N., Nakamura M., Mizobe T., Miyachi S., Ikushima I., Izumi T., Matsubara N., Haraguchi K., Makiuchi T., Hashimoto K., Asai T., Hyogo T., Kataoka T., Ogino T., Imai K., Takegami T., Hamanaka M., Yamada T., Ikeda N., Okamoto T., Kano T., Toi H., Matsubara S., Murao K., Nakazawa K., Takahashi A., Nakajima N., Iwamuro Y., Ohta T., Aketa S., Takabatake N., Kunieda T., Fukuda H., Takemoto K., Miyake K., Morioka J., Yukawa H., Akiyama T., Konno H., Nakahara K., Nishio M., Hiramatsu H., Shibanai K., Nishio A., Yamauchi S., Kondo K., Hayasaki K., Mitsuhashi Y., Kawakami T., Yamauchi S., Mizuguchi A., Demura K., Satoh K., Hanaoka M., Manabe S., Tamura T., Kinouchi T., Tsurukiri J., Horie N., Morikawa M., Hayashi K., Higashi T., Morofuji Y., Nakai Y., Irie S., Tsuruta W., Takigawa T., Matsumaru Y., Sato M., Ikeda G., Nakazawa K., Ayabe J., Akaji K., Iwai T., Naito I., Dembo T., Ueda R., Ishimori H., Kimura H., Suzuki K., Fujinaka T., Kajikawa R., Nishida T., Ohara N., Sakaguchi M., Nakamura H., Tone O., Shigeta K., Yatsushige H., Mohri M., Uchiyama N., Hamada J., Misaki K., Toma N., Shibata M., Sato Y., Hayashi K., Nonaka T., Sakaida H., Satomi J., Manabe S., Tamura T., Tsurukiri J., Fujimoto K., Morishima H., Ito H., Terada T., Wada T., Onodera H., Kuwayama N., Tsumura K., Nagao S., Kiura Y., Okazaki T., Sakamoto S., Sahara Y., Shibukawa M., Mitsuhara T., Shinagawa K., Hirashita K., Matsushige T., Ishii D., Tsumoto T., Yasumori K., Uwatoko T., Sambongi Y., Tokunaga S., Toma N., Asakura F., Sakaida H., Sano T., Umeda Y., Nakatsuka Y., Yamamoto A., Miura Y., Saka M., Takayama K., Nakagawa H., Nakagawa I., Shibata Y., Wada T., Naito I., Miyamoto N., Iwai T., Takatama S., Shimizu T., Tomizawa S., Wakabayashi K., Matsumoto M., Suyama T., Ubagai R., Itokawa H., Okazaki T., Fujimoto, Moriya M., Kubota S., Okamoto N., Sato D., Sasaki T., Nagashima H., Nomura T., Kanemaru K., Yagishita T., Ohta H., Ikushima I., Isaka F., Kuroiwa T., Yamada M., Oonishi H., Uamada Y., Ozawa H., Kurata A., Sasaki M., Koguchi Y., Yamauchi T., Masuda K., Tanaka M., Kobayashi S., Kobayashi E., Suzuki K., Kuroiwa T., Oonishi H., Hiramatsu R., Shoda D., Tamakawa N., Tomokiyo M., Manabe S., Moroi J., Yoshioka S., Matsumoto Y., Kitajima H., Tenjin H., Nanto M., Osaka Y., Higa T., Niimi Y., Onozuka S., Katayama M., Kagami H., Iwabuchi S., Hayashi M., Yokouchi T., Yamana N., Toyota S., Ohara N., Nakamura H., Nishida T., Iito O., Yamaguchi S., Mase M., Hashimoto N., Ohno T., Oomura M., Yamada K., Ushikoshi S., Miyamoto M., Yamaguchi S., Ito O., Uda K., Yasumori K., Ueno Y., Kuramoto Y., Shinoda N., Tateshima S., Sakai C., Sakai N., Momoji J., Shimamura N., Owada K., Inoue Y., Ebihara K., Nakahara I., Oishi H., Hayasaka M., Matsumoto H., Takemoto H., Hirohata Y., Naito I., Asakura K., Shimaguchi H., Wakabayashi K., Sato K., Sakamoto M., Takeuchi H., Uno T., Mase M., Aihara N., Nishikawa Y., Akiyama Y., Ogino E., Mitsuhashi Y., Nishio A., Yamauchi S., Takahashi T., Matsumoto Y., Morishima H., Ooshima K., Maekawa M., Morioka J., Watanabe S., Sakata Y., Ohashi M., Hayashi N., Kawanishi M., Shindo A., Yano T., Ogata A., Takase Y., Takada T., Otsuka Y., Ueda T., Nogoshi S., Takeuchi H., Arakawa H., Sugawara T., Ozaki S., Ichikawa T., Okamoto T., Munemitsu T., Saiki M., Ueba Y., Yoshida Y., Kominami S., Suzuki M., Watanabe A., Kikuchi O., Wada H., Sakurai J., Takata H., Shiraga S., Terada T., Morishima H., Koyama S., Wakui D., Onodera H., Ooshima K., Tsuji A., Tanaka T., Higuchi K., Uchida K., Shirakawa M., Maeno K., Tanaka Y., Kojima A., Suzuki M., Watanabe A., Srivatanakul K., Tanoue S., Okahara M., Kashiwagi J., Kiyosue H., Sagara Y., Shimada R., Yoshioka T., Sambongi Y., Negoro M., Miyasaki A., Hamasaki O., Takabatake Y., Handa A., Higuchi K., Hamada K., Ichihashi T., Fukazawa S., Nonaka Y., Shojima M., Kato T., Kaku Y., Sakai H., Fukui K., Mina-Mide H., Suyama T., Kobayashi J., Ohara N., Takeda N., Ota S., Arai M., Uemura A., Fukui N., Fujimura N., Uchiyama N., Mohri M., Higashi R., Misaki K., Sugiura Y., Watanabe K., Yamazaki S., Munemitsu T., Murai N., Miyakoshi A., Yamao Y., Yoshida Y., Yamaura I., Minami H., Matsumoto H., Masuda A., Hara Y., Iihara K., Suyama Y., Yamasaki H., Ishii Y., Wakabayashi S., Tanoue S., Kubo T., Tsutsumi M., Shimada A., Oura Y., Fujita A., Kimoto A., Abe H., Takemoto H., Okada H., Yoshimura R., Obata Y., Yoshino Y., Kawano Y., Matsumoto K., Mutoh T., Dehara M., Kubota T., Kawarabuki K., Shirato M., Asano T., Sagara Y., Shibuya T., Suma T., Amari K., Oishi H., Yamamoto M., Iihoshi S., Miyata K., Fukasaku K., Tamaki R., Nishio M., Kojima T., Maekawa H., Yanaka M., Okawa M., Iwaasa M., Goda M., Kubo T., Hirai M., Yamada M., Yoshino Y., Nemoto S., Kuwayama N., Yamamoto H., Akioka N., Nakayama H., Nakabayashi K.

    NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA   59 巻 ( 3 ) 頁: 106 - 115   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2176/nmc.oa.2018-0267

    Web of Science

  38. Experimental study of the characteristics of various types of filling coils for intracranial aneurysm embolisation

    Ito Masashi, Matsubara Noriaki, Izumi Takashi, Miyachi Shigeru, Ota Keisuke, Imai Tasuku, Nishihori Masahiro, Wakabayashi Toshihiko

    INTERVENTIONAL NEURORADIOLOGY   24 巻 ( 5 ) 頁: 513 - 519   2018年10月

  39. Efficacy of Carotid Artery Stenting by the Universal Protection Method

    Goto Shunsaku, Ohshima Tomotaka, Kato Kyozo, Izumi Takashi, Wakabayashi Toshihiko

    JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES   27 巻 ( 8 ) 頁: 2187 - 2191   2018年8月

  40. Case of Subarachnoid Hemorrhage from Ruptured Oncotic Fusiform Aneurysms from Choriocarcinoma Metastasis Treated with Aneurysmectomy and Vessel Reconstruction

    Ito Yuichi, Araki Yoshio, Izumi Takashi, Okamoto Sho, Kimura Masaaki, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   113 巻   頁: 98 - 102   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2018.02.049

    Web of Science

    PubMed

  41. Hemodynamic vascular biomarkers for initiation of paraclinoid internal carotid artery aneurysms using patient-specific computational fluid dynamic simulation based on magnetic resonance imaging

    Watanabe Tomoya, Isoda Haruo, Takehara Yasuo, Terada Masaki, Naito Takehiro, Kosugi Takafumi, Onishi Yuki, Tanoi Chiharu, Izumi Takashi

    NEURORADIOLOGY   60 巻 ( 5 ) 頁: 545 - 555   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00234-018-2002-8

    Web of Science

    PubMed

  42. Association between CYP2C19 genotype and the additional effect of cilostazol to clopidogrel resistance in neuroendovascular therapy

    Tajima Hayato, Izumi Takashi, Miyachi Shigeru, Matsubara Noriaki, Ito Masashi, Imai Tasuku, Nishihori Masahiro, Shintai Kazunori, Okamoto Sho, Araki Yoshio, Kumakura Yasuo, Furukawa-Hibi Yoko, Yamada Kiyofumi, Wakabayashi Toshihiko

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   80 巻 ( 2 ) 頁: 207 - 215   2018年5月

  43. High-resolution cone beam CT for evaluation of vascular channel in intracranial partial thrombosed aneurysm

    Shintai Kazunori, Matsubara Noriaki, Izumi Takashi

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   80 巻 ( 2 ) 頁: 279 - 284   2018年5月

  44. Association between CYP2C19 genotype and the additional effect of cilostazol to clopidogrel resistance in neuroendovascular therapy.

    Tajima H, Izumi T, Miyachi S, Matsubara N, Ito M, Imai T, Nishihori M, Shintai K, Okamoto S, Araki Y, Kumakura Y, Furukawa-Hibi Y, Yamada K, Wakabayashi T

    Nagoya journal of medical science   80 巻 ( 2 ) 頁: 207 - 215   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.18999/nagjms.80.2.207

    PubMed

  45. Default Mode Network Changes in Moyamoya Disease Before and After Bypass Surgery: Preliminary Report

    Sakamoto Yusuke, Okamoto Sho, Maesawa Satoshi, Bagarinao Epifanio, Araki Yoshio, Izumi Takashi, Watanabe Hirohisa, Sobue Gen, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   112 巻   頁: E652 - E661   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2018.01.117

    Web of Science

    PubMed

  46. Evaluation for shunted pouches of cavernous sinus dural arteriovenous fistula and the treatment outcome of transvenous embolization

    Sato Masaki, Izumi Takashi, Matsubara Noriaki, Nishihori Masahiro, Miyachi Shigeru, Wakabayashi Toshihiko

    INTERVENTIONAL NEURORADIOLOGY   24 巻 ( 2 ) 頁: 189 - 196   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1591019917743064

    Web of Science

    PubMed

  47. Elevation of Proenkephalin 143-183 in Cerebrospinal Fluid in Moyamoya Disease

    Yokoyama Kinya, Maruwaka Mikio, Yoshikawa Kazuhiro, Araki Yoshio, Okamoto Sho, Sumitomo Masaki, Kawamura Akino, Sakamoto Yusuke, Shimizu Kenzo, Izumi Takashi, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   109 巻   頁: E446 - E459   2018年1月

  48. Contrast-induced Encephalopathy Following Embolization of Intracranial Aneurysms in Hemodialysis Patients

    Matsubara Noriaki, Izumi Takashi, Miyachi Shigeru, Ota Keisuke, Wakabayashi Toshihiko

    NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA   57 巻 ( 12 ) 頁: 641-648   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2176/nmc.oa.2017-0132

    Web of Science

    PubMed

  49. Clinical Application of Insertion Force Sensor System for Coil Embolization of Intracranial Aneurysms

    Matsubara Noriaki, Miyachi Shigeru, Izumi Takashi, Yamada Hiroyuki, Marui Naoki, Ota Keisuke, Tajima Hayato, Shintai Kazunori, Ito Masashi, Imai Tasuku, Nishihori Masahiro, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   105 巻   頁: 857-863   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2017.06.092

    Web of Science

    PubMed

  50. Effectiveness of Preradiosurgical Embolization with NBCA for Arteriovenous Malformations - Retrospective Outcome Analysis in a Japanese Registry of 73 Patients (J-REAL study).

    Miyachi S, Izumi T, Satow T, Srivatanakul K, Matsumoto Y, Terada T, Matsumaru Y, Kiyosue H, J-REAL study investigators.

    Neurointervention   12 巻 ( 2 ) 頁: 100-109   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5469/neuroint.2017.12.2.100

    PubMed

  51. Innovations in Endovascular Treatment Strategies for Large Carotid Cavernous Aneurysms-The Safety and Efficacy of a Flow Diverter

    Miyachi Shigeru, Ohnishi Hiroyuki, Hiramatsu Ryo, Izumi Takashi, Matsubara Noriaki, Kuroiwa Toshihiko

    JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES   26 巻 ( 5 ) 頁: 1071 - 1080   2017年5月

     詳細を見る

  52. Evaluation of the characteristics of various types of finishing coils for the embolization of intracranial aneurysms in an experimental model with radiolucent coils

    Ota Keisuke, Matsubara Noriaki, Miyachi Shigeru, Izumi Takashi, Ito Masashi, Asai Takumi, Yamanouchi Takashi, Wakabayashi Toshihiko

    INTERVENTIONAL NEURORADIOLOGY   23 巻 ( 2 ) 頁: 143 - 150   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1591019916685713

    Web of Science

    PubMed

  53. Coiling of a Ruptured Large Internal Carotid Artery Aneurysm via Extracranial-Intracranial Saphenous Vein Bypass Graft Just After Proximal Ligation of the Internal Carotid Artery

    Tajima Hayato, Araki Yoshio, Izumi Takashi, Nishihori Masahiro, Okamoto Sho, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   98 巻   頁: 879.e1-879.e4   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2016.11.066

    Web of Science

    PubMed

  54. 内頚動脈瘤に対する母血管閉塞中に離脱型コイルの近位端に直線化現象を呈した1 例:症例報告 査読有り

    泉 孝嗣、宮地 茂、松原 功明、内藤 丈裕、原口 健一、若林 俊彦

    JNET   5 巻   頁: 173-176   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. *Thrombophilic abnormalities among patients with cranial dural arteriovenous fistulas 査読有り

    Izumi T, Miyachi S, Hattori K, Iizuka H, Nakane Y, Yoshida J

    Neurosurgery   61 巻   頁: 262-269   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 7

  1. 脳血管内治療の進歩2021

    泉 孝嗣( 担当: 分担執筆 ,  範囲: ACC部dAVFにおけるtarget embolization)

    診断と治療社  2022年5月 

     詳細を見る

    総ページ数:176   担当ページ:5  

  2. 最新臨床脳卒中学(第2版)下

    泉 孝嗣( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 経皮的血管形成術とステント留置術)

    日本臨床社  2022年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:721   担当ページ:6   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. 脳血管内治療の進歩2020

    泉 孝嗣( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 分岐部動脈瘤に対するダブルカテーテルテクニックを用いた塞栓術)

    診断と治療社  2021年5月 

     詳細を見る

    総ページ数:187   担当ページ:6   記述言語:日本語

  4. 脳血管内治療の進歩 2014

    坂井 信幸、他( 担当: 共著)

    診断と治療社  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. 脳血管内治療の進歩 2013

    坂井 信幸、他( 担当: 共著)

    診断と治療社  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. 脳血管内治療の進歩 2012

    坂井 信幸、他( 担当: 共著)

    診断と治療社  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. 脳血管内治療の進歩 2011

    坂井 信幸、他( 担当: 共著)

    診断と治療社  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 8

  1. 海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻に対するsinus packingとtarget embolizationの成績

    泉 孝嗣、他

    第28回NPO法人日本脳神経血管内治療学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  2. 治療困難な脳動脈瘤に対するステント支援下塞栓術の有用性

    泉 孝嗣、他

    第71回社団法人日本脳神経外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  3. Safe and effective internal trapping for large and giant internal carotid artery aneurysms distal balloon protection and inverted blood flow system 国際会議

    10th Meeting of Asian Australasian Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  4. 塞栓術中にExtra soft coilが急激に硬くなり直線化してしまった一例

    泉 孝嗣,宮地 茂, 松原 功明, 内藤 丈裕,原口 健一, 市川 剛, 若林 俊彦

    第25回NPO法人日本脳神経血管内治療学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  5. *Tips and pitfall of double catheter technique for aneurysm 国際会議

    9th International Conference on Cerebrovascular Surgery 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  6. *AngioGuardXP ?導入前後におけるCASの短期成績の比較とprotection deviceの特性に対する考察

    泉 孝嗣,宮地 茂,松原 功明, 内藤 丈裕、原口 健一、市川 剛、若林 俊彦

    第68回社団法人日本脳神経外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. *The long-term prognosis of cervical carotid artery stenting 国際会議

    10th Congress of World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  8. *Key Note Lecture NBCA塞栓術

    泉 孝嗣

    脳血管内治療ライブセミナー2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

▼全件表示

科研費 3

  1. 脳血管内治療における治療デバイス先端部の挿入力推定システムの開発

    研究課題/研究課題番号:21K09141  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    永野 佳孝, 宮地 茂, 大島 共貴, 泉 孝嗣

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    脳血管内カテーテル治療において、血管内壁に触れる治療デバイスの先端力測定の研究は、本治療が普及し始めた10~15年位前にいくつか試みられているが、その多くはデバイスの先端に直接的に力センサを組み込んだものであり、臨床適用のハードルが非常に高い。
    本研究では、計測可能なX線透視画像と治療デバイス末端の手元挿入力とからこの先端力を推定する方式とした。本方式は、現在使用している治療デバイスをそのまま利用できることが、従来研究とは異なる大きな利点である。本方式の実現に必要となる、X線透視画像からカテーテルの湾曲角度の計算と、体外で使用する手元挿入力センサを開発し、臨床適用できるシステムを構築する。

  2. 術者の視線データを指標とした手術トレーニング方法と視線計測装置の開発

    研究課題/研究課題番号:19K09538  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    山本 雅也, 泉 孝嗣, 小濱 剛

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    医療の質と安全性向上のため、手術のトレーニングをより効率的な形へと発展させることは医療業界の責務である。新しいトレーニングの手法の一つとして眼の動き(視線情報)を指標としたトレーニングに着目している。生体情報工学の分野において熟練者と初学者の間には視線情報に差があるという知見があり、初学者が熟練者の視線情報を真似ることでトレーニング効率が向上すると言われている。
    本研究では、視線情報に基づく効率的なトレーニング手法の確立することを目的とする。指導医と訓練医の視線情報を取得、解析し、トレーニング応用する方法を明らかにする。さらに、このトレーニング手法を低価格で実現する視線計測装置を開発する。
    昨年度までの実績として、手術室環境において治療を行う医師の眼球運動データを取得し解析を行なった。実験データの一部には、注視箇所の座標系が合わない等の課題が残るが、指導医と訓練医の注視行動に違いがあることを確認した。
    2020年度の研究実績は2019年度の研究から浮き彫りとなった課題をいくつか解決した点。さらには、課題の解決により安定した眼球運動計測が可能となったため、再度実験を行い取得したデータの解析によって知見を得たことが実績となる。
    2019年に浮き彫りとなった研究課題は「キャリブレーションに必要な時間が長い」、「医師の装備品と眼球計測装置の干渉による計測装置の位置ズレが発生する」、「計測装置を無線接続した際に電源供給時間が限られる」、「計測装置を装着した医師の移動による座標のズレが生じる」以上の4点である。これら4点の課題に対しそれぞれ「従来の9点注視キャリブレーションから、1点注視キャリブレーションに変更した」「眼球運動の計測を実際の手術中から手術シミュレータを用いた手技トレーニング中に変更し、放射線照射に配慮を加えることで医師の装備品を減らし、計測装置との干渉が無いようにすることで、計測装置の位置ズレを除いた」「無線接続から有線による接続にし、計測の安定性と継続性を確保した」「実験環境における空間座標を把握するためのTagを配置し空間座標の補正をした」以上の方策により解決した。
    以上の課題解決をした後に行った2020年度の実験では、手術シミュレータを用い同じ条件下で脳血管内治療のエキスパート3名、ノービス3名が手技トレーニングを行う最中の眼球運動を計測し、それぞれの注視行動の分析や解析を行った。この注視行動の中には医師が実践において取得していた暗黙知が現れている箇所をいくつか確認することができた。
    本研究は「視線データを指標とした手術トレーニング方法の開発」と「視線計測装置の開発」という2つの目的を掲げている。本項ではそれぞれの進捗状況について記載する。
    「視線データを指標とした手術トレーニング方法の開発」においては、「5。研究実績の概要」に記載した形で手術トレーニング中の医師の視線計測が可能となった。この結果から、エキスパートとノービスの注視行動の差のうち特徴的なものを取り上げ、医師間の研鑽に利用できるようになったため、現状でも目標とするレベルのボーダーラインに到達したと考える。しかし、より良いトレーニング方法の開発に向けて、「眼球運動計測装置を非接触で装着可能とすることで装着負担を減らす」「放射線防御ゴーグル使用下でも眼球運動計測の精度を担保する」「眼球運動から視線解析をするためのより良いデータ処理方法、ノイズ処理方法をさらに検討する」「解析の初心者でも簡便に解析結果を導けるシステムを作る」といった課題があると考える。この研究課題への方策は「8。今後の研究の推進方策」に記載する。
    「視線計測装置の開発」において、安価でロバストな視線計測装置を開発するため、市販されているデプスカメラを用いる。まずはこのデプスカメラに一般的な視線計測を行うための8つの画像処理工程を組み込み、視線計測を可能とすることを第一の到達目標とし、チャレンジ目標として、デプスカメラで取得可能な深度の情報を組み合わせて性能向上を計画している。現時点では8つの画像処理工程のうち全ての動作確認が完了しているが、この工程を一連の動作で繋げられずオフライン処理を入れる必要があるため、これらを連続して処理ができるように各工程間の調整を行なっている。
    以上より、本研究の進捗はおおむね順調に進展していると考える。
    本研究は「視線データを指標とした手術トレーニング方法の開発」と「視線計測装置の開発」という2つの目的を掲げている。本項ではそれぞれの進捗状況について記載する。
    「視線データを指標とした手術トレーニング方法の開発」では、より良いトレーニング方法に向けた課題解決が今後の活動となる。具体的に「後述する開発中の視線計測装置を本実験に応用し、非接触での計測を試す」、「放射線防御ゴーグルに直接眼球計測カメラを取り付けるか、非接触で放射線防御ゴーグルのみ装着した状態での計測を試す」、「眼球運動の解析に現在導入している簡易なノイズ処理だけでなく、他の信号処理を試す」、「簡易解析ソフトウェアの開発を試す」といった方策が考えられる。また、これら課題の解決以外にも改善を施した実験環境において実験参加者の数を増やしデータの信頼性度合いを高めるなど、いくつか改善候補案があるため、優先順位を共同研究者間で協議し研究を進める。
    「視線計測装置の開発」では、まずデプスカメラのカメラ機能のみで画像処理が可能な段階になるまで、ソフトウェアのデバッグを進める。非接触で遠方から眼球運動を捉えようとした場合、解析に十分な解像度が得られるかという課題が推測されるため、眼球運動を捉えるためにハードウェアの再考による解像度自身の改良、もしくは画像処理ソフトウェアの改良による精度向上を計画している。特にこのソフトウェア開発に関して、近畿大学が有するアルゴリズムを参考に共同の成果導出を狙いたい。
    さらに愛知工科大学では、これら2つの目的の課題解決に対し意欲を有する学生をそれぞれ1名割り当てることにより研究推進を狙う。

  3. カテーテルシェイピング支援システムの開発

    研究課題/研究課題番号:18K09010  2018年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    永野 佳孝, 宮地 茂, 泉 孝嗣, 大島 共貴

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、カテーテルを用いる脳血管内治療において、カテーテルの先端形状を変形させるシェイピング作業の支援システムを開発する。そのコンセプトは、従来では医師が頭の中で構築していたカテーテルの変形形状をコンピュータを用いて設計支援すること、変形に用いる芯金の可視化と自動製作を実現することである。本研究の具体的目的は、研究1から5に分けられている。2020年度では、主に研究1から4について進めた。
    研究1であるカテーテル形状入力システムについては、実際の医療機関での使用を考慮して操作インターフェイスの改良を行った。本システムは、昨年度にぺン型の力覚デバイスを使った形状入力を実装しているが、力覚デバイスは高価かつ大型である。医療機関への導入を容易にするため、汎用的なマウス操作での形状入力を実現した。研究2の2倍曲率の芯金計算処理については、開発を終了して研究1のシステムに組み込み、本システムで表示できるようにした。
    研究3の裸眼立体視表示システムについては、2020年度も引き続き3D血管の映像表示部の製作を継続している。血管表示部の開発が遅れているため、この表示原理が実際に臨床で使用できるかを映像ではなく3Dプリンタで造形した血管モデルを用いて実証評価を行った。実証評価には、患者の血管画像をもとに3Dプリンタで造形した血管モデルを、2つの凹面鏡から構成されるボルマトリクスの中に入れてホログラム投影を行い、このホログラムと芯金を挿入されたカテーテルの先端を医師が手で形状加工を実施し、実際に患者の治療に用いて評価した。ホログラム映像が映像中心からずれると拡大率が変わるなどの歪みが確認されたため、映像表示ではこの歪みを補正することとした。
    研究4の芯金加工システムでは、現在、研究1のシステムで設計した形状が加工できるように、システム内部へ処理プログラムを実装中である。
    2020年度の目標は、研究1から4を完成させて評価を行い改良することと、研究5について試作品を完了させることである。研究1におけるカテーテル形状入力システムについては、評価段階に入り、現在改良中である。研究2について、カテーテル形状の2倍曲率となる芯金形状の計算部分が完了した。研究3については、映像の表示部分の開発が遅れているが、代替手法によってホログラム映像表示の実証評価をした。研究4については、芯金を送り出す機械体が完成している。研究5については未着手である。全体として1年程度の遅れと考えられる。
    全体として1年程度遅れているため、補助事業期間延長承認申請により研究期間を1年延長し、当初に計画した研究目的を達成していく。主に遅れている研究3から5の推進方針を述べる。
    研究3の映像表示部については、FPGAボードと高速プロジェクタを用いて実装することになる。基本設計は完了しており、2021年度前半で実装し、後半で評価を行う予定である。
    研究4の芯金加工システムについては、残りの開発は先端部のワイヤ曲げ機構部とその制御部である。2021年度前半で実装し、後半で評価を行う予定である。
    研究5の計算力学的な適性形状の算出システムについては、曲げ点の摩擦力の最大化と全体の摩擦力の最小化をもとにした計算アルゴリズムを2021年度前半で構築し、後半にて実装と評価を行う予定である。

 

担当経験のある科目 (本学) 2

  1. 脳神経外科学

    2021

     詳細を見る

    脳血管内治療の臨床的意義・技術革新について概説する

  2. 脳卒中の外科的治療

    2021

     詳細を見る

    脳卒中に対する外科的治療について概説する