2023/06/26 更新

写真a

スズキ シヨウゴ
鈴木 章悟
SUZUKI, Shogo
所属
医学部附属病院 麻酔科 講師
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
講師

学位 2

  1. 博士(医学) ( 2022年9月   名古屋大学 ) 

  2. 医学学士 ( 1997年3月   名古屋大学 ) 

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 麻酔・蘇生学

経歴 1

  1. 名古屋大学   医学部附属病院 外科系集中治療部   副部長

    2013年10月 - 現在

学歴 1

  1. 名古屋大学   医学部

    1991年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本集中治療医学会

  2. 日本臨床麻酔学会

  3. 日本麻酔科学会

 

論文 27

  1. Accuracy of a noninvasive estimated continuous cardiac output measurement under different respiratory conditions: a prospective observational study 査読有り

    Takakura Masashi, Fujii Tasuku, Taniguchi Tomoya, Suzuki Shogo, Nishiwaki Kimitoshi

    JOURNAL OF ANESTHESIA     2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Journal of Anesthesia  

    Purpose: The estimated continuous cardiac output (esCCO) system was recently developed as a noninvasive hemodynamic monitoring alternative to the thermodilution cardiac output (TDCO). However, the accuracy of continuous cardiac output measurements by the esCCO system compared to TDCO under different respiratory conditions remains unclear. This prospective study aimed to assess the clinical accuracy of the esCCO system by continuously measuring the esCCO and TDCO. Methods: Forty patients who had undergone cardiac surgery with a pulmonary artery catheter were enrolled. We compared the esCCO with TDCO from mechanical ventilation to spontaneous respiration through extubation. Patients undergoing cardiac pacing during esCCO measurement, those receiving treatment with an intra-aortic balloon pump, and those with measurement errors or missing data were excluded. In total, 23 patients were included. Agreement between the esCCO and TDCO measurements was evaluated using Bland–Altman analysis with a 20 min moving average of the esCCO. Results: The paired esCCO and TDCO measurements (939 points before extubation and 1112 points after extubation) were compared. The respective bias and standard deviation (SD) values were 0.13 L/min and 0.60 L/min before extubation, and − 0.48 L/min and 0.78 L/min after extubation. There was a significant difference in bias before and after extubation (P < 0.001); the SD before and after extubation was not significant (P = 0.315). The percentage errors were 25.1% before extubation and 29.6% after extubation, which is the criterion for acceptance of a new technique. Conclusion: The accuracy of the esCCO system is clinically acceptable to that of TDCO under mechanical ventilation and spontaneous respiration.

    DOI: 10.1007/s00540-023-03176-6

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. Effect of intensive insulin therapy on inflammatory response after cardiac surgery using bedside artificial pancreas: A propensity score-matched analysis 査読有り

    Fujii Tasuku, Hirai Takahiro, Tamura Takahiro, Suzuki Shogo, Nishiwaki Kimitoshi

    ARTIFICIAL ORGANS     2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Artificial Organs  

    Background: Perioperative hyperglycemia leads to poor postoperative clinical outcomes, including compromised immune function, cardiovascular events, and mortality. The optimal perioperative blood glucose levels during cardiac surgery remain unclear. A closed-loop glycemic control system (artificial pancreas, target blood glucose range:120–150 mg/dl) prevents postoperative inflammatory response more effectively than conventional insulin therapy (<200 mg/dl). However, the clinical effects of intensive insulin therapy with strict glycemic control (80–110 mg/dl) are controversial. This study aimed to determine whether intensive insulin therapy would further suppress postoperative inflammatory reactions. Methods: This study analyzed 262 patients who underwent cardiovascular surgery with cardiopulmonary bypass. The patients were divided into two groups according to their target blood glucose range: 80–110 mg/dl and 120–150 mg/dl. The primary outcome was the difference in the C-reactive protein levels between the two groups. Results: Propensity score matching resulted in 95 patients in each group based on their covariates. There was no difference in the postoperative maximum C-reactive protein levels between the two groups (14.81 ± 5.93 mg/dl vs. 14.34 ± 5.52 mg/dl; p = 0.571) following propensity score matching. Hypoglycemia did not occur during intensive insulin therapy. Conclusions: Intensive insulin therapy following cardiac surgery with cardiopulmonary bypass did not demonstrate significant advantages in the suppression of postoperative inflammatory reactions compared to that with mild glycemic control. However, intensive insulin therapy using an artificial pancreas was found to be safe, with no hypoglycemic events.

    DOI: 10.1111/aor.14418

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. Interference of a ventricular assist device with magnetic navigation during insertion of Sherlock 3CG (TM), a bedside peripherally inserted central catheter 査読有り

    Takakura Masashi, Fujii Tasuku, Suzuki Shogo, Nishiwaki Kimitoshi

    JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS   25 巻 ( 2 ) 頁: 105 - 109   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Artificial Organs  

    Recently, the Sherlock 3CG™ Tip Confirmation System, including a magnetic tracking system and an intracavitary electrocardiography guidance system, has been introduced for bedside peripherally inserted central catheter (PICC) insertion. Magnetic field sources interfere with the magnetic tracking system. Electromagnetic interference of the ventricular assist device (VAD) has already been reported with various devices but not on Sherlock 3CG™. We assessed the availability of the magnetic tracking system in patients with and without a VAD during Sherlock 3CG™ insertion and evaluated the rate of optimal PICC tip position. We retrospectively reviewed 99 patients who had undergone PICC insertion using Sherlock 3CG™ on the bedside at our institutional intensive care unit from February 2018 to December 2020. Patients were divided into groups with and without a VAD. The availability of magnetic navigation and the success rate of optimal catheter tip position in each group were assessed. Among 87 cases analyzed, there were 12 and 75 cases with a VAD and without a VAD, respectively. The availability of magnetic navigation during Sherlock 3CG™ insertion was significantly lower in the group with a VAD [4/12 (33%) with VAD vs. 72/75 (96%) without VAD, P < 0.001]. In addition, the rate of optimal PICC tip position was also significantly lower in the group with a VAD [6/12 (50%) vs. 63/75 (84%), P = 0.015] The VAD significantly led to magnetic tracking system failure due to its electromagnetic interference during Sherlock 3CG™ insertion and significantly reduced the success rate of PICC insertions in the optimal position.

    DOI: 10.1007/s10047-021-01293-1

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. Lidocaine inhibits vascular endothelial growth factor-A-induced angiogenesis 査読有り

    Suzuki Shogo, Mori Atsushi, Fukui Aya, Ema Yoshiaki, Nishiwaki Kimitoshi

    JOURNAL OF ANESTHESIA     2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

    DOI: 10.1007/s00540-020-02830-7

    Web of Science

    PubMed

  5. Fibrinogen levels measured by the dry hematology method are lower than those measured by the Clauss method under a high concentration of heparin 査読有り

    Suzuki Shogo, Tamura Takahiro, Hasegawa Kazuko, Maeda Sho, Mori Reona, Kainuma Motoshi, Adachi Yushi, Nishiwaki Kimitoshi

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   81 巻 ( 2 ) 頁: 259 - 267   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.81.2.259

    Web of Science

    PubMed

  6. *Different effects of dibutyryl cAMP on monolayer permeability in human aortic and coronary arterial endothelial cells 査読有り

    Nan, YS, Nan, Yong-Shan, Li, SY (Li, Shao-Yan, Kang, JL, Kang, Ji-Lon, Suzuki, S, Suzuki, Shogo, Ema, Y, Ema, Yoshiaki, Nishiwaki, K, Nishiwaki, Kimitosh

    AFRICAN JOURNAL OF MICROBIOLOGY RESEARCH   5 巻 ( 6 ) 頁: 897-903   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. Effects of midazolam, diazepam, propofol and dexmedetomidine on endothelial cell proliferation and angiogenesis induced by VEGF 査読有り

    Nan, YS; Li, SY; Kang, JL; Suzuki, S; Ema, ; Nishiwaki, K

    AFRICAN JOURNAL OF MICROBIOLOGY RESEARCH   4 巻 ( 23 ) 頁: 2549-2555   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Thromboelastographic evaluation after cardiac surgery optimizes transfusion requirements in the intensive care unit: a single-center retrospective cohort study using an inverse probability weighting method 査読有り

    Tamura Takahiro, Suzuki Shogo, Fujii Tasuku, Hirai Takahiro, Imaizumi Takahiro, Kubo Yoko, Shibata Yasuyuki, Narita Yuji, Mutsuga Masato, Nishiwaki Kimitoshi

        頁: 1 - 9   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-023-01941-8

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. Successful perioperative management of extended right hemihepatectomy in a trisomy 18 infant with coarctation of the aorta after pulmonary artery banding 査読有り

    蘇生   41 巻 ( 1 ) 頁: 38 - 39   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本蘇生学会  

    DOI: 10.11414/jjreanimatology.41.1_38

    CiNii Research

  10. Surgical Site Infections and Inflammatory Reaction After Cardiac Surgery; Bedside Artificial Pancreas Versus Conventional Insulin Therapy: A Propensity Score-Matched Analysis.

    Fujii T, Hirai T, Suzuki S, Nishiwaki K

    Journal of cardiothoracic and vascular anesthesia     2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Journal of Cardiothoracic and Vascular Anesthesia  

    DOI: 10.1053/j.jvca.2021.04.047

    Scopus

    PubMed

  11. Impact of Perioperative Steroid Administration in Patients Undergoing Major Hepatectomy with Extrahepatic Bile Duct Resection: A Randomized Controlled Trial 査読有り

    Onoe Shunsuke, Yokoyama Yukihiro, Ebata Tomoki, Igami Tsuyoshi, Mizuno Takashi, Yamaguchi Junpei, Watanabe Nobuyuki, Suzuki Shogo, Nishiwaki Kimitoshi, Ando Masahiko, Nagino Masato

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY     2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-020-08745-7

    Web of Science

    PubMed

  12. 血小板抗HLA抗体陽性症例においてランダムマッチ血小板輸血で血小板数の増加を認めた経験 査読有り

    森玲央那, 貝沼関志, 鈴木章悟, 西脇公俊

    麻酔   67 巻 ( 6 ) 頁: 642-646   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. [Comparison of Perioperative Outcomes for Esophageal Cancer: Thoracoscopic Versus Thoracotomic Esophagectomy]. 査読有り

    Mori R, Suzuki S, Nishtwai K

    Masui. The Japanese journal of anesthesiology   66 巻 ( 3 ) 頁: 287-290   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  14. 大血管手術後にプロポフォール注入症候群による横紋筋融解を発症したと考えられる一症例 査読有り

    平井 昂宏, 貝沼 関志, 林 智子, 長谷川 和子, 青山 正, 水野 祥子, 鈴木 章悟, 西脇 公俊

    日本集中治療医学会雑誌   23 巻 ( 6 ) 頁: 647-650   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Systemic hemodynamics in advanced cirrhosis: Concerns during perioperative period of liver transplantation. 査読有り

    Hori T, Ogura Y, Onishi Y, Kamei H, Kurata N, Kainuma M, Takahashi H, Suzuki S, Ichikawa T, Mizuno S, Aoyama T, Ishida Y, Hirai T, Hayashi T, Hasegawa K, Takeichi H, Ota A, Kodera Y, Sugimoto H, Iida T, Yagi S, Taniguchi K, Uemoto S.

    world journal of hepatology   8 巻 ( 25 ) 頁: 1047-1060   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4254/wjh.v8.i25.1047

  16. 大血管手術後にプロポフォール注入症候群による横紋筋融解を発症したと考えられる一症例

    平井 昂宏, 貝沼 関志, 林 智子, 長谷川 和子, 青山 正, 水野 祥子, 鈴木 章悟, 西脇 公俊

    日本集中治療医学会雑誌   23 巻 ( 6 ) 頁: 647 - 650   2016年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本集中治療医学会  

    プロポフォール注入症候群(propofol infusion syndrome, PRIS)は,プロポフォール使用中に横紋筋融解,急性腎傷害(acute kidney injury, AKI),乳酸アシドーシス,脂質異常症などを来す症候群である。早期にPRISを疑いプロポフォール中止によって救命できた一例を経験した。症例は44歳の男性,スタンフォードA型大動脈解離に対して弓部置換術を行った。術後にプロポフォールを用いて鎮静を行っていたところ,血液生化学検査でCKが15,247 IU/<I>l</I>まで上昇し,AKI,乳酸アシドーシスを認めたためにPRISを強く疑った。プロポフォールの投与中止によりCKは速やかに減少し,AKI,乳酸アシドーシスも改善した。後に撮影されたCTで大腿から臀部の筋内に高吸収域を認め,横紋筋融解後の変化があった。プロポフォールの長期投与中はCK,pH,乳酸値などを定期的にモニタリングし,PRISを疑った場合は早期に他の鎮静薬への変更が必要であると考えられた。

    DOI: 10.3918/jsicm.23.647

  17. 再膨張性肺水腫にともなう高度低酸素血症に対して一酸化窒素吸入療法を行った1症例 査読有り

    鈴木 克尚,貝沼 関志, 水野 祥子, 萩原 伸昭, 青山 正, 市川 崇, 高橋 英夫, 鈴木 章悟

    日本集中治療医学会雑誌   21 巻 ( 4 ) 頁: 350-353   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. 重症心不全に対し集中治療を施行し補助人工心臓を装着した10症例の検討

    貝沼 関志, 西脇 公俊, 石田 祐基, 長谷川 和子, 林 智子, 平井 昴宏, 水野 祥子, 市川 崇, 青山 正, 鈴木 章悟

    蘇生: 日本蘇生学会雑誌   33 巻 ( 3 ) 頁: 177b - 177b   2014年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本蘇生学会  

    PDFファイルをご覧ください。

    DOI: 10.11414/jjreanimatology.33.177b

  19. 名大外科系集中治療部での体外式補助人工心臓長期管理6症例の検討

    貝沼 関志, 西脇 公俊, 長柄 祐輝, 水野 祥子, 尾関 奏子, 萩原 伸昭, 青山 正, 市川 崇, 鈴木 章悟, 高橋 英夫

    蘇生: 日本蘇生学会雑誌   32 巻 ( 3 ) 頁: 186b - 186b   2013年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本蘇生学会  

    PDFファイルをご覧ください。

    DOI: 10.11414/jjreanimatology.32.186b

  20. レミフェンタニルを用いた麻酔導入後に心電図異常を認めた3症例 査読有り

    田中 克拓, 足立 裕史, 鈴木 章悟, 西脇 公俊, 松田 直之

    麻酔   61 巻 ( 10 ) 頁: 1128-1132   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. [ECG changes after the induction of general anesthesia with remifentanil: a report of three case].

    Tanaka K, Adachi Y, Suzuki S, Nishiwaki K, Matsuda N

    Masui. The Japanese journal of anesthesiology   61 巻 ( 10 ) 頁: 1128 - 32   2012年10月

     詳細を見る

  22. レミフェンタニル、デスフルラン麻酔中に心電図異常を生じた2例(原著論文/症例報告) 査読有り

    足立 裕史, 田中 克拓, 鈴木 章悟, 西脇 公俊, 松田 直之

    臨床麻酔   36 巻 ( 10 ) 頁: 1511-1514   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. 気管挿管後に直達喉頭鏡刺激で高度徐脈を呈した1例 査読有り

    足立 裕史, 田中 克拓, 鈴木 章悟, 西脇 公俊, 松田 直之

    臨床麻酔   36 巻 ( 6 ) 頁: 963-964   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. 当院における癒着胎盤症例の周術期管理 査読有り

    高尾 のぞみ, 尾関 奏子, 鈴木 章悟, 橋本 篤, 金 碧年, 角渕 浩央, 西脇 公俊

    分娩と麻酔   ( 92 ) 頁: 32-36   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Significance of prevention and early treatment of a postoperative twisted neck: atlantoaxial rotatory subluxation after head and neck surgery 査読有り

    Kim B, Iwata K, Sugimoto K, Suzuki S

    J Anesth   4 巻   頁: 598-602   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. 大量出血(大量出血時の凝固障害について) 招待有り

    池山明子, 金碧年

    臨床麻酔   31 巻 ( 4 ) 頁: 753-758   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  27. 小児漏斗胸患者の周術期における鎮痛法の検討 査読有り

    鳥居圭, 西脇公俊, 鈴木章悟

    clin pediatri aneth   9 巻   頁: 130-133   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 4

  1. 麻酔科研修ノート第3版

    ( 担当: 分担執筆)

    診断と治療社  2018年12月 

  2. 麻酔科研修ノート第2版

    鈴木章悟, 西脇公俊( 担当: 共著)

    診断と治療社  2014年5月  ( ISBN:9784787820464

     詳細を見る

    担当ページ:258-260   記述言語:日本語

  3. *麻酔科研修ノート

    鈴木章悟, 西脇公俊( 担当: 共著)

    診断と治療社  2010年7月 

     詳細を見る

    担当ページ:233-235   記述言語:日本語

  4. 麻酔科学レクチャー心臓カテーテル検査:診断と治療手技

    高尾のぞみ, 鈴木章悟, 西脇公俊( 担当: 共著)

    総合医学社  2009年12月 

     詳細を見る

    担当ページ:798-808   記述言語:日本語

MISC 13

  1. 局所麻酔の血管新生に与える影響 招待有り

    鈴木 章悟, 森 厚詞, 西脇 公俊  

    臨床麻酔45 巻 ( 5 ) 頁: 699 - 705   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  2. 血小板抗HLA抗体陽性症例においてランダムマッチ血小板輸血で血小板数の増加を認めた経験 査読有り

    森玲央那, 貝沼関志, 鈴木章悟, 西脇公俊  

    麻酔67 巻 ( 6 ) 頁: 642-646   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  3. 食道がんに対する腹臥位胸腔鏡下食道亜全摘と開胸手術の周術期予後の比較 後ろ向き観察研究 査読有り

    森 玲央那, 鈴木 章悟, 西脇 公俊  

    麻酔66 巻 ( 3 ) 頁: 287-290   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  4. 大血管手術後にプロポフォール注入症候群による横紋筋融解を発症したと考えられる一症例 査読有り

    平井 昂宏, 貝沼 関志, 林 智子, 長谷川 和子, 青山 正, 水野 祥子, 鈴木 章悟, 西脇 公俊  

    日本集中治療医学会雑誌23 巻 ( 6 ) 頁: 647-650   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  5. 再膨張性肺水腫にともなう高度低酸素血症に対して一酸化窒素吸入療法を行った1症例 査読有り

    鈴木 克尚, 貝沼 関志, 水野 祥子, 萩原 伸昭, 青山 正, 市川 崇, 高橋 英夫, 鈴木 章悟  

    日本集中治療医学会雑誌21 巻 ( 4 ) 頁: 350-353   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  6. レミフェンタニル、デスフルラン麻酔中に心電図異常を生じた2例(原著論文/症例報告) 査読有り

    足立 裕史, 田中 克拓, 鈴木 章悟, 西脇 公俊, 松田 直之  

    臨床麻酔36 巻 ( 10 ) 頁: 1511-1514   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  7. レミフェンタニルを用いた麻酔導入後に心電図異常を認めた3症例 査読有り

    田中 克拓, 足立 裕史, 鈴木 章悟, 西脇 公俊, 松田 直之  

    麻酔61 巻 ( 10 ) 頁: 1128-1132   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  8. 気管挿管後に直達喉頭鏡刺激で高度徐脈を呈した1例 査読有り

    足立 裕史, 田中 克拓, 鈴木 章悟, 西脇 公俊, 松田 直之  

    臨床麻酔36 巻 ( 6 ) 頁: 963-964   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  9. *Different effects of dibutyryl cAMP on monolayer permeability in human aortic and coronary arterial endothelial cells 査読有り

    Nan, YS, Nan, Yong-Shan, Li, SY (Li, Shao-Yan, Kang, JL, Kang, Ji-Lon, Suzuki, S, Suzuki, Shogo, Ema, Y, Ema, Yoshiaki, Nishiwaki, K, Nishiwaki, Kimitosh  

    AFRICAN JOURNAL OF MICROBIOLOGY RESEARCH5 巻 ( 6 ) 頁: 897-903   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  10. 当院における癒着胎盤症例の周術期管理 査読有り

    高尾 のぞみ, 尾関 奏子, 鈴木 章悟, 橋本 篤, 金 碧年, 角渕 浩央, 西脇 公俊  

    分娩と麻酔 ( 92 ) 頁: 32-36   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  11. Significance of prevention and early treatment of a postoperative twisted neck: atlantoaxial rotatory subluxation after head and neck surgery 査読有り

    Kim B, Iwata K, Sugimoto K, Suzuki S  

    J Anesth4 巻   頁: 598-602   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  12. 大量出血(大量出血時の凝固障害について) 招待有り

    池山明子, 金碧年  

    臨床麻酔31 巻 ( 4 ) 頁: 753-758   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  13. 小児漏斗胸患者の周術期における鎮痛法の検討 査読有り

    鳥居圭, 西脇公俊, 鈴木章悟  

    clin pediatri aneth9 巻   頁: 130-133   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 26

  1. 心臓外科手術におけるTEG®6sアルゴリズムに基づく輸血戦略は、輸血必要量を適正化する

    小島 彩友美, 田村 高廣, 柴田 康之, 鈴木 章悟, 西脇 公俊

    日本麻酔科学会 第70回学術集会  2023年6月1日  日本麻酔科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

  2. 名古屋大学における脳死下臓器提供2例目について

    鈴木 章悟

    鶴舞移植ドナー研究会2023  2023年4月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年4月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  3. 外科系集中治療室の運営と管理のポイント 招待有り

    鈴木 章悟

    日本集中治療医学会第6回東海北陸支部学術集会  2022年6月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  4. 重症心不全に対する集中治療医の戦略

    鈴木 章悟

    第24回 日本集中治療医学会東海北陸地方会  2016年6月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  5. 当院における経尿道的前立腺切除術(TURP)110例でのTUR症候群に関する検討

    赤根亜希子他6名

    第57回日本麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  6. remifentanilを用いた覚醒下開頭術の麻酔管理の検討

    鈴木雅登他3名

    第57回日本麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  7. 当院における過去7年間の癒着胎盤症例に対する帝王切開術の麻酔管理

    高尾のぞみ他6名

    第57回日本麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  8. 当院における癒着胎盤症例の術中管理

    高尾のぞみ鈴木章悟西脇公俊

    第13回日本産科麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  9. 抗NMDA受容体脳炎患者の周術期管理の経験

    鈴木雅登杉本憲二鈴木章悟西脇公俊

    第29回日本臨床麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  10. レミフェンタニル使用によるMEPモニタリング手術麻酔の変化

    尾関奏子鈴木章悟西脇公俊

    第29回日本臨床麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. 両側総腸骨動脈バルーンカテーテルを用いた全前置胎盤患者の麻酔管理

    尾関奏子鈴木章悟西脇公俊

    第7回日本麻酔科学会東海・北陸支部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  12. 肥満細胞腫合併妊娠に対する帝王切開の麻酔経験

    大橋亜希子鈴木章悟西脇公俊

    第7回日本麻酔科学会東海・北陸支部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  13. WHOから発表された手術安全チェックリストの導入について

    辻里花鈴木章悟西脇公俊

    第56回日本麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  14. *Effects of isoflurane, sevoflurane and propofol on monolayer permeability in HPAECs 国際会議

    2008ASA Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  15. *The mechanism of the isoflurane-induced increase of endothelial cell permeability 国際会議

    2008ASA Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  16. VEGFによる血管新生に対するmorphine、fentanyl、pentazocine、buprenorphineとflurbiprofenの影響

    第55回日本麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  17. *ヒト肺動脈内皮細胞単層膜のアルブミン透過性に対する麻酔薬の影響

    第55回日本麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    ヒト肺動脈内皮細胞単層膜のアルブミン透過性に対する麻酔薬の影響を調べた。イソフルレンで透過性が亢進するが、セボフルレン、プロポフォールでは亢進しなかった。

  18. Effects of isoflurane on monolayer permeability in HPAECs 国際会議

    2007 American society of anesthesiologist Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    Isoflurane increased the permeability of human pulmonary artery endothelial cell monolayers in a time-dependent manner, and calmodulin and protein kinase G pathway may play an important role.

  19. ヒューマン動脈内皮細胞の単層透過性に対するイソフルランの影響

    鈴木章悟 南勇善 西脇公俊 島田康弘

    第54回日本麻酔科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    ヒト動脈内皮細胞の単層膜透過性はイソフルランによって亢進し、その亢進作用はカルモジュリン、PKGのインヒビターにより抑制される。

  20. ヒト肺動脈内皮細胞の単層透過性に対するジアゼパムの影響

    南勇善 鈴木章悟 西脇公俊 島田康弘

    第34回日本集中治療医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    ヒト肺動脈内皮細胞の単層膜透過性はジアゼパムによって亢進する。その亢進作用はフルマゼニルによって抑制される。

  21. Brugada症候群の全身麻酔経験の3例

    山田裕子 丹羽真理子 高須昭彦 鈴木章悟 川瀬美千代 加藤紀子

    第53回日本麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  22. 進行卵巣癌の手術症例の検討

    川瀬美千代 丹羽真理子 高須昭彦 鈴木章悟 加藤紀子 山田裕子

    第53回日本麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  23. 100歳以上の大腿骨骨折患者4名の全身麻酔経験

    天野裕子 鈴木章悟 高須昭彦 丹羽真理子 川瀬美千代

    第25回日本臨床麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    100歳以上の高齢者であっても安全に全身麻酔は行なえる。高齢であることは全身麻酔を避ける理由にはならない。

  24. 3年間の麻酔中止症例についての検討

    丹羽真理子 高須昭彦 鈴木章悟 川瀬美千代 山田裕子

    第52回日本麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  25. 85歳以上の高齢大腿骨骨折患者160例の麻酔症例の検討

    鈴木章悟 高須昭彦 丹羽真理子 加藤紀子 川瀬美千代

    第51回日本麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  26. 腹式子宮全摘術を対象とした全身麻酔と硬膜外麻酔併用全身麻酔での術後鎮痛薬必要量の比較

    加藤紀子 高須昭彦 丹羽真理子 鈴木章悟 川瀬美千代

    第51回日本麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

▼全件表示