2021/04/14 更新

写真a

アンドウ ユウイチ
安藤 雄一
ANDO Yuichi
所属
医学部附属病院 化学療法部 教授
医学部附属病院 先端医療開発部 部長
職名
教授
外部リンク

学位 1

  1. 医学 ( 1999年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 臨床腫瘍学

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 臨床腫瘍学

経歴 2

  1. 名古屋大学   医学部附属病院 先端医療開発部   部長

    2018年8月 - 現在

  2. 名古屋大学医学部附属病院化学療法部教授

    2012年5月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科

    1996年4月 - 1999年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部

    1984年4月 - 1990年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 7

  1. 日本臨床腫瘍学会   理事

  2. 日本癌学会   評議員

  3. 日本臨床薬理学会   理事

  4. 日本がん治療学会

  5. 米国臨床腫瘍学会

  6. 日本呼吸器学会

  7. 日本緩和医療学会

▼全件表示

受賞 1

  1. 日本癌学会奨励賞

    2004年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 68

  1. Phase I study of alpelisib (BYL719), an alpha-specific PI3K inhibitor, in Japanese patients with advanced solid tumors

    Ando Yuichi, Iwasa Satoru, Takahashi Shunji, Saka Hideo, Kakizume Tomoyuki, Natsume Kazuto, Suenaga Naoko, Quadt Cornelia, Yamada Yasuhide

    CANCER SCIENCE   110 巻 ( 3 ) 頁: 1021 - 1031   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.13923

    Web of Science

    PubMed

  2. Efficacy of Prophylactic Treatment for Oxycodone-Induced Nausea and Vomiting Among Patients with Cancer Pain (POINT): A Randomized, Placebo-Controlled, Double-Blind Trial 査読有り

    Tsukuura Hiroaki, Miyazaki Masayuki, Morita Tatsuya, Sugishita Mihoko, Kato Hiroshi, Murasaki Yuka, Gyawali Bishal, Kubo Yoko, Ando Masahiko, Kondo Masashi, Yamada Kiyofumi, Hasegawa Yoshinori, Ando Yuichi

    ONCOLOGIST   23 巻 ( 3 ) 頁: 367 - 374   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1634/theoncologist.2017-0225

    Web of Science

    PubMed

  3. Clinical effectiveness of geriatric assessment for predicting the tolerability of outpatient chemotherapy in older adults with cancer 査読有り

    Hayashi Naomi, Matsuoka Ayumu, Goto Hidemi, Gotoh Momokazu, Kiyoi Hitoshi, Kodera Yasuhiro, Nagino Masato, Nagashima Fumio, Ando Yuichi

    JOURNAL OF GERIATRIC ONCOLOGY   9 巻 ( 1 ) 頁: 84 - 86   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jgo.2017.07.014

    Web of Science

    PubMed

  4. Feasibility of dose-dense epirubicin and cyclophosphamide with subcutaneous pegfilgrastim 3.6 mg support: a single-center prospective study in Japan 査読有り

    Morita Sachi, Kikumori Toyone, Tsunoda Nobuyuki, Inaishi Takahiro, Adachi Yayoi, Ota Akiko, Shibata Masahiro, Matsuoka Ayumu, Nakanishi Kenichi, Takeuchi Dai, Mizutani Takefumi, Shimokata Tomoya, Hayashi Hironori, Maeda Osamu, Ando Yuichi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   23 巻 ( 1 ) 頁: 195 - 200   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-017-1177-z

    Web of Science

    PubMed

  5. Phase I Assessment of Safety and Therapeutic Activity of BAY1436032 in Patients with IDH1-Mutant Solid Tumors.

    Wick A, Bähr O, Schuler M, Rohrberg K, Chawla SP, Janku F, Schiff D, Heinemann V, Narita Y, Lenz HJ, Ikeda M, Ando Y, Wick W, Steinbach JP, Burger MC, Wenger K, Lassen U, Sankhala KK, Roggia C, Genvresse I, Munhoz C, Rentzsch C, Reschke S, Langer S, Wagner M, Kaulfuss S, Cai C, Lagkadinou E, Jeffers M, Peña C, Tabatabai G

    Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research     2021年2月

  6. Phase I study of the antiprogrammed cell death-1 Ab spartalizumab (PDR001) in Japanese patients with advanced malignancies

    Minami Hironobu, Doi Toshihiko, Toyoda Masanori, Imamura Yoshinori, Kiyota Naomi, Mitsuma Ayako, Shimokata Tomoya, Naito Yoichi, Matsubara Nobuaki, Tajima Takeshi, Tokushige Kota, Ishihara Kae, Cameron Scott, Ando Yuichi

    CANCER SCIENCE   112 巻 ( 2 ) 頁: 725 - 733   2021年2月

  7. Randomised phase II trial of capecitabine plus oxaliplatin with continuous versus intermittent use of oxaliplatin as adjuvant chemotherapy for stage II/III colon cancer (CCOG-1302 study)

    Nakayama Goro, Takano Nao, Taniguchi Hiroya, Ishigure Kiyoshi, Yokoyama Hiroyuki, Teramoto Hitoshi, Hashimoto Ryoji, Sakai Mitsuru, Ishiyama Akiharu, Kinoshita Takashi, Hayashi Naomi, Nakamura Masanori, Hattori Norifumi, Sato Yusuke, Umeda Shinichi, Uehara Kei, Aiba Toshisada, Sonohara Fuminori, Hayashi Masamichi, Kanda Mitsuro, Kobayashi Daisuke, Tanaka Chie, Yamada Suguru, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Murotani Kenta, Ando Masahiko, Ando Yuichi, Muro Kei, Kodera Yasuhiro

    EUROPEAN JOURNAL OF CANCER   144 巻   頁: 61 - 71   2021年2月

  8. Protocol for a multi-site, cluster-randomized, phase III, comparative clinical trial of geriatric assessment of older patients with non-small-cell lung cancer: the ENSURE-GA study

    Tsubata Yukari, Shinomiya Shun, Inoue Koji, Ishikawa Nobuhisa, Saito Ryota, Nakashima Kazuhisa, Hotta Katsuyuki, Hamada Akinobu, Nagashima Fumio, Ando Yuichi, Morita Satoshi, Kobayashi Kunihiko, Isobe Takeshi

    BMC GERIATRICS   21 巻 ( 1 ) 頁: 74   2021年1月

  9. PhaseIIclinical trial of pazopanib for patients with unresectable or metastatic malignant peripheral nerve sheath tumors

    Nishida Yoshihiro, Urakawa Hiroshi, Nakayama Robert, Kobayashi Eisuke, Ozaki Toshifumi, Ae Keisuke, Matsumoto Yoshihiro, Tsuchiya Hiroyuki, Goto Takahiro, Hiraga Hiroaki, Naka Norifumi, Takahashi Shunji, Ando Yuichi, Ando Masahiko, Kuwatsuka Yachiyo, Hamada Shunsuke, Ueda Takafumi, Kawai Akira

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   148 巻 ( 1 ) 頁: 140 - 149   2021年1月

  10. Desmoid with biweekly methotrexate and vinblastine shows similar effects to weekly administration: A phase II clinical trial

    Nishida Yoshihiro, Hamada Shunsuke, Urakawa Hiroshi, Ikuta Kunihiro, Sakai Tomohisa, Koike Hiroshi, Ito Kan, Emoto Ryo, Ando Yuichi, Matsui Shigeyuki

    CANCER SCIENCE   111 巻 ( 11 ) 頁: 4187 - 4194   2020年11月

  11. Chemotherapy for biliary tract cancer: real-world experience in a single institute

    Maeda Osamu, Ebata Tomoki, Shimokata Tomoya, Matsuoka Ayumu, Inada-Inoue Megumi, Morita Sachi, Takano Yuko, Urakawa Hiroshi, Miyai Yuki, Sugishita Mihoko, Mitsuma Ayako, Ando Masahiko, Mizuno Takashi, Nagino Masato, Ando Yuichi

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 4 ) 頁: 725 - 733   2020年11月

  12. Solitary fibrous tumor/hemangiopericytoma treated with temozolomide plus bevacizumab: a report of four cases and literature review

    Maeda Osamu, Ohka Fumiharu, Maesawa Satoshi, Matsuoka Ayumu, Shimokata Tomoya, Mitsuma Ayako, Urakawa Hiroshi, Nakamura Shota, Shimoyamas Yoshic, Nakaguro Masato S., Wakabayashi Toshihiko, Ando Yuichi

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 4 ) 頁: 631 - 644   2020年11月

  13. What is the impact of systemic chemotherapy for lateral lymph nodes in patients with locally advanced low rectal cancer?

    Ogura Atsushi, Uehara Kay, Aiba Toshisada, Hattori Norifumi, Nakayama Goro, Maeda Osamu, Ando Yuichi, Kodera Yasuhiro, Ebata Tomoki, Nagino Masato

    INTERNATIONAL JOURNAL OF COLORECTAL DISEASE   35 巻 ( 11 ) 頁: 2073 - 2080   2020年11月

  14. Gap between pediatric and adult approvals of molecular targeted drugs

    Nishiwaki Satoshi, Ando Yuichi

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 ) 頁: 17145   2020年10月

  15. Phase I Study of LFA102 in Patients With Advanced Breast Cancer or Castration-resistant Prostate Cancer

    Minami Hironobu, Ando Yuichi, Tamura Kenji, Tajima Takeshi, Isaacs Randi

    ANTICANCER RESEARCH   40 巻 ( 9 ) 頁: 5229 - 5235   2020年9月

  16. 5-FU, Irinotecan, Nab-Paclitaxel in Gastrointestinal Cancers-Letter

    Maeda Osamu, Shimokata Tomoya, Ando Yuichi

    CLINICAL CANCER RESEARCH   26 巻 ( 14 ) 頁: 3889 - 3889   2020年7月

  17. Experiences and hidden needs of older patients, their families and their physicians in palliative chemotherapy decision-making: a qualitative study

    Tsuboi Rie, Sugishita Mihoko, Hirakawa Yoshihisa, Ando Yuichi

    JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   50 巻 ( 7 ) 頁: 779 - 786   2020年7月

  18. Clinical value of serum bone resorption markers for predicting clinical outcomes after use of bone modifying agents in metastatic bone tumors: A prospective cohort study

    Urakawa Hiroshi, Ando Yuichi, Hase Tetsunari, Kikumori Toyone, Arai Eisuke, Maeda Osamu, Mitsuma Ayako, Sugishita Mihoko, Shimokata Tomoya, Ikuta Kunihiro, Ishiguro Naoki, Nishida Yoshihiro

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   146 巻 ( 12 ) 頁: 3504 - 3515   2020年6月

  19. Real world data of liver injury induced by immune checkpoint inhibitors in Japanese patients with advanced malignancies

    Mizuno Kazuyuki, Ito Takanori, Ishigami Masatoshi, Ishizu Yoji, Kuzuya Teiji, Honda Takashi, Kawashima Hiroki, Inukai Yosuke, Toyoda Hidenori, Yokota Kenji, Hase Tetsunari, Maeda Osamu, Kiyoi Hitoshi, Nagino Masato, Hibi Hideharu, Kodera Yasuhiro, Fujimoto Yasushi, Sone Michihiko, Gotoh Momokazu, Ando Yuichi, Akiyama Masashi, Hasegawa Yoshinori, Fujishiro Mitsuhiro

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   55 巻 ( 6 ) 頁: 653 - 661   2020年6月

  20. Phase II clinical trial of pazopanib for patients with unresectable or metastatic malignant peripheral nerve sheath tumors.

    Nishida Yoshihiro, Urakawa Hiroshi, Nakayama Robert, Ozaki Toshifumi, Ae Keisuke, Matsumoto Yoshihiro, Ando Yuichi, Kuwatsuka Yachiyo, Ueda Takafumi, Kawai Akira

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   38 巻 ( 15 )   2020年5月

     詳細を見る

  21. Significance of meflin-positive cancer-associated fibroblasts in predicting response to immune checkpoint inhibitors in non-small cell lung cancer.

    Miyai Yuki, Enomoto Atsushi, Ando Yuichi, Takahashi Masahide

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   38 巻 ( 15 )   2020年5月

     詳細を見る

  22. Anti-thyroid antibodies and thyroid echo pattern at baseline as risk factors for thyroid dysfunction induced by anti-programmed cell death-1 antibodies: a prospective study

    Okada Norio, Iwama Shintaro, Okuji Takayuki, Kobayashi Tomoko, Yasuda Yoshinori, Wada Eri, Onoue Takeshi, Goto Motomitsu, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Kanda Mitsuro, Yokota Kenji, Hashimoto Naozumi, Ando Masahiko, Fujimoto Yasushi, Nagino Masato, Kodera Yasuhiro, Fujishiro Mitsuhiro, Hibi Hideharu, Sone Michihiko, Kiyoi Hitoshi, Gotoh Momokazu, Ando Yuichi, Akiyama Masashi, Hasegawa Yoshinori, Arima Hiroshi

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   122 巻 ( 6 ) 頁: 771 - 777   2020年3月

  23. Detection of bacteria in blood circulation in patients receiving cancer chemotherapy

    Ota Akiko, Morita Sachi, Matsuoka Ayumu, Shimokata Tomoya, Maeda Osamu, Mitsuma Ayako, Yagi Tetsuya, Asahara Takashi, Ando Yuichi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   25 巻 ( 1 ) 頁: 210 - 215   2020年1月

  24. Correlation Between the Metabolic Conversion of a Capecitabine Metabolite, 5 '-Deoxy-5-fluorocytidine, and Creatinine Clearance

    Inaishi Takahiro, Fujita Ken-Ichi, Matsumoto Natsumi, Shimokata Tomoya, Maeda Osamu, Kikumori Toyone, Hattori Norifumi, Nakayama Goro, Ando Yuichi

    IN VIVO   34 巻 ( 6 ) 頁: 3539 - 3544   2020年

  25. Pituitary dysfunction induced by immune checkpoint inhibitors is associated with better overall survival in both malignant melanoma and non-small cell lung carcinoma: a prospective study

    Kobayashi Tomoko, Iwama Shintaro, Yasuda Yoshinori, Okada Norio, Okuji Takayuki, Ito Masaaki, Onoue Takeshi, Goto Motomitsu, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Yokota Kenji, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Hashimoto Naozumi, Ando Masahiko, Fujimoto Yasushi, Hibi Hideharu, Sone Michihiko, Ando Yuichi, Akiyama Masashi, Hasegawa Yoshinori, Arima Hiroshi

    JOURNAL FOR IMMUNOTHERAPY OF CANCER   8 巻 ( 2 )   2020年

  26. Application of the New Process for Unapproved Drug Use: Dilemma of Universal Health Care Coverage in Japan

    Nishiwaki Satoshi, Ando Yuichi

    JOURNAL OF GLOBAL ONCOLOGY   5 巻   頁: 1 - 3   2019年11月

  27. A longitudinal tracking and quantitative assessment of paclitaxel-induced peripheral neurotoxicity

    Matsuoka A., Mitsuma A., Maeda O., Tsunoda N., Kikumori T., Ando Y.

    ANNALS OF ONCOLOGY   30 巻   2019年10月

     詳細を見る

  28. Selection of chemotherapy based on geriatric assessment for elderly patients with pancreatic cancer

    Maeda Osamu, Matsuoka Ayumu, Yanagawa Madoka, Muroyama Yukie, Kuzuya Masafumi, Ando Yuichi

    ANNALS OF ONCOLOGY   30 巻   頁: 131 - 131   2019年10月

  29. Safety, efficacy, PK and PD biomarker results of the first-in-human study of mutant isocitrate dehydrogenase 1 (mIDH1) inhibitor BAY 1436032 in patients (pts) with mIDH1 advanced solid tumours

    Wick W., Tabatabai G., Schuler M., Rorhberg K., Chawla S. P., Janku F., Schiff D., Heinemann V., Narita Y., Ando Y., Lenz H. J., Ikeda M., Genvresse I., Rentzsch C., Reschke S., Cyris C., Cai C., Jeffers M., Pena C., Baehr O.

    ANNALS OF ONCOLOGY   30 巻   頁: 170 - +   2019年10月

     詳細を見る

  30. Recent progress of chemotherapy and biomarkers for gastroesophageal cancer

    Maeda Osamu, Ando Yuichi

    WORLD JOURNAL OF GASTROINTESTINAL ONCOLOGY   11 巻 ( 7 ) 頁: 518 - 526   2019年7月

  31. Alterations in gene expression and DNA methylation profiles in gastric cancer cells obtained from ascitic fluids collected before and after chemotherapy

    Maeda Osamu, Matsuoka Ayumu, Furukawa Kazuhiro, Miyahara Ryoji, Hirooka Yoshiki, Ando Yuichi

    MOLECULAR AND CLINICAL ONCOLOGY   11 巻 ( 1 ) 頁: 91 - 98   2019年7月

  32. Low-dose chemotherapy with methotrexate and vinblastine for patients with refractory desmoid tumors: A second report of relationship between efficacy and various factors.

    Nishida Yoshihiro, Sakai Tomohisa, Shimizu Koki, Urakawa Hiroshi, Arai Eisuke, Ikuta Kunihiro, Ando Yuichi, Ishiguro Naoki

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   37 巻 ( 15 )   2019年5月

     詳細を見る

  33. Influence of tumor size and Eastern Cooperative Oncology Group performance status (ECOG PS) at baseline on patient (pt) outcomes in lenvatinib-treated radioiodine-refractory differentiated thyroid cancer (RR-DTC).

    Wirth Lori J., Leboulleux Sophie, Kiyota Naomi, Tahara Makoto, Muro Kei, Ahn Myung-Ju, Ando Yuichi, Taylor Matthew H., Takahashi Shunji, Kim Sung-Bae, Misir Soamnauth, Dutcus Corina E., Xie Ran, Joshi Prashant Ramesh, Hughes Brett Gordon Maxwell, Aller Javier, Krzyzanowska Monika K., Capdevila Jaume

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   37 巻 ( 15 )   2019年5月

     詳細を見る

  34. Phase II study of chemoradiotherapy combined with gemcitabine plus nab-paclitaxel for unresectable locally advanced pancreatic ductal adenocarcinoma (NUPAT 05 Trial): study protocol for a single arm phase II study

    Takano Nao, Yamada Suguru, Hirakawa Akihiro, Yokoyama Yukihiro, Kawashima Hiroki, Maeda Osamu, Okada Tohru, Ohno Eizaburo, Yamaguchi Junpei, Ishikawa Takuya, Sonohara Fuminori, Suenaga Masaya, Takami Hideki, Hayashi Masamichi, Niwa Yukiko, Hirooka Yoshiki, Ito Yoshiyuki, Naganawa Shinji, Ando Yuichi, Nagino Masato, Goto Hidemi, Fuji Tsutomu, Kodera Yasuhiro

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   81 巻 ( 2 ) 頁: 233 - 239   2019年5月

  35. Modified Docetaxel plus Cisplatin plus Capecitabine (DCX) for Gastric Cancer

    Maeda Osamu, Ando Yuichi, Matsuoka Ayumu, Furukawa Kazuhiro, Funasaka Kohei, Miyahara Ryoji, Hirooka Yoshiki, Goto Hidemi

    DIGESTION   99 巻 ( 1 ) 頁: 113 - 113   2019年

     詳細を見る

  36. Spiritual pain and care needs of elderly cancer patients facing palliative chemotherapy decision-making: Qualitative study.

    Tsuboi Rie, Sugishita Mihoko, Hirakawa Hirohisa, Ando Yuichi

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   36 巻 ( 34 )   2018年12月

  37. Phase 1 study of olaratumab plus doxorubicin in Japanese patients with advanced soft-tissue sarcoma

    Yonemori Kan, Kodaira Makoto, Satoh Taroh, Kudo Toshihiro, Takahashi Shunji, Nakano Kenji, Ando Yuichi, Shimokata Tomoya, Mori Joji, Inoue Koichi, Oakley Gerard J., Sakaguchi Sachi, Tamura Kenji

    CANCER SCIENCE   109 巻 ( 12 ) 頁: 3962 - 3970   2018年12月

  38. Reporting harms more transparently in trials of cancer drugs

    Gyawali Bishal, Shimokata Tomoya, Honda Kazunori, Ando Yuichi

    BMJ-BRITISH MEDICAL JOURNAL   363 巻   頁: k4383   2018年11月

  39. Cabozantinib in Hepatocellular Carcinoma

    Maeda Osamu, Ando Yuichi

    NEW ENGLAND JOURNAL OF MEDICINE   379 巻 ( 14 ) 頁: 1384 - 1384   2018年10月

     詳細を見る

  40. Cabozantinib in Hepatocellular Carcinoma.

    Maeda O, Ando Y

    The New England journal of medicine   379 巻 ( 14 ) 頁: 1384   2018年10月

     詳細を見る

  41. A longitudinal study of a new point-of-care nerve conduction device for quantitative assessment of chemotherapy-induced peripheral neurotoxicity

    Matsuoka A., Maeda O., Mitsuma A., Uehara K., Nakayama G., Nagino M., Kodera Y., Ando Y.

    ANNALS OF ONCOLOGY   29 巻   2018年10月

     詳細を見る

  42. Docetaxel, cisplatin and fluorouracil as neoadjuvant chemotherapy for esophageal cancer with prophylactic pegfilgrastim

    Maeda Osamu, Koike Masahiko, Fukaya Masahide, Miyata Kazushi, Iwata Naoki, Nagino Masato, Kodera Yasuhiro, Ando Yuichi

    ANNALS OF ONCOLOGY   29 巻   2018年10月

     詳細を見る

  43. Outpatient chemotherapy for patients with unresectable or metastatic bone sarcomas

    Urakawa Hiroshi, Nishida Yoshihiro, Mitsuma Ayako, Maeda Osamu, Sugishita Mihoko, Shimokata Tomoya, Mizutani Takeshi, Arai Eisuke, Ikuta Kunihiro, Hamada Shunsuke, Ota Takehiro, Ishiguro Naoki, Ando Yuichi

    ANNALS OF ONCOLOGY   29 巻   2018年10月

     詳細を見る

  44. Phase I study of spartalizumab (PDR001), an anti-PD1 mAb, in Japanese patients with advanced malignancies

    Ando Yuichi, Doi Toshihiko, Mitsuma Ayako, Mizutani Takefumi, Toyoda Masanori, Imamura Yoshinori, Kiyota Naomi, Naito Yoichi, Matsubara Nobuaki, Ishihara Kae, Tajima Takeshi, Tokushige Kota, Cameron Scott, Minami Hironobu

    ANNALS OF ONCOLOGY   29 巻   2018年10月

     詳細を見る

  45. Randomized Phase II Trial of CapOX plus Bevacizumab and CapIRI plus Bevacizumab as First-Line Treatment for Japanese Patients with Metastatic Colorectal Cancer (CCOG-1201 Study)

    Nakayama Goro, Mitsuma Ayako, Sunagawa Yuki, Ishigure Kiyoshi, Yokoyama Hiroyuki, Matsui Takanori, Nakayama Hiroshi, Nakata Kazuhiko, Ishiyama Akiharu, Asada Takahiro, Umeda Shinichi, Ezaka Kazuhiro, Hattori Norifumi, Takami Hideki, Kobayashi Daisuke, Tanaka Chie, Kanda Mitsuro, Yamada Suguru, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Fujii Tsutomu, Murotani Kenta, Ando Yuichi, Kodera Yasuhiro

    ONCOLOGIST   23 巻 ( 8 ) 頁: 919 - 927   2018年8月

  46. Phase I study of chemoradiotherapy using gemcitabine plus nab-paclitaxel for unresectable locally advanced pancreatic cancer

    Yamada Suguru, Fujii Tsutomu, Yokoyama Yukihiro, Kawashima Hiroki, Maeda Osamu, Suzuki Kojiro, Okada Tohru, Ono Eizaburo, Yamaguchi Junpei, Takano Nao, Takami Hideki, Hayashi Masamichi, Niwa Yukiko, Hirooka Yoshiki, Ito Yoshiyuki, Naganawa Shinji, Ando Yuichi, Nagino Masato, Goto Hidemi, Kodera Yasuhiro

    CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY   81 巻 ( 5 ) 頁: 815 - 821   2018年5月

  47. Patients With Antithyroid Antibodies Are Prone To Develop Destructive Thyroiditis by Nivolumab: A Prospective Study

    Kobayashi Tomoko, Iwama Shintaro, Yasuda Yoshinori, Okada Norio, Tsunekawa Taku, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Morishita Yoshiaki, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Yokota Kenji, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Hashimoto Naozumi, Ando Masahiko, Kiyoi Hitoshi, Gotoh Momokazu, Ando Yuichi, Akiyama Masashi, Hasegawa Yoshinori, Arima Hiroshi

    JOURNAL OF THE ENDOCRINE SOCIETY   2 巻 ( 3 ) 頁: 241 - 251   2018年3月

  48. Phase II trial of oral S-1 plus bevacizumab for patients with metastatic colorectal cancer refractory to standard chemotherapies (CCOG-1105 study).

    Ezaka Kazuhiro, Nakayama Goro, Yokoyama Hiroyuki, Matsui Takanori, Umeda Shinichi, Sunagawa Yuki, Murotani Kenta, Ando Yuichi, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   36 巻 ( 4 )   2018年2月

     詳細を見る

  49. Randomized phase II trial of CapOX plus bevacizumab versus CapIRI plus bevacizumab as first-line treatment in Japanese patients with metastatic colorectal cancer (CCOG-1201).

    Sasahara Masahiro, Nakayama Goro, Ishigure Kiyoshi, Yokoyama Hiroyuki, Uehara Keisuke, Ishiyama Akiharu, Matsui Takanori, Nakayama Hiroshi, Kobayashi Daisuke, Umeda Shinichi, Sunagawa Yuki, Murotani Kenta, Ando Yuichi, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   36 巻 ( 4 )   2018年2月

     詳細を見る

  50. Guidelines for treatment of renal injury during cancer chemotherapy 2016

    Horie Shigeo, Oya Mototsugu, Nangaku Masaomi, Yasuda Yoshinari, Komatsu Yasuhiro, Yanagita Motoko, Kitagawa Yuko, Kuwano Hiroyuki, Nishiyama Hiroyuki, Ishioka Chikashi, Takaishi Hiromasa, Shimodaira Hideki, Mogi Akira, Ando Yuichi, Matsumoto Koji, Kadowaki Daisuke, Muto Satoru

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY   22 巻 ( 1 ) 頁: 210 - 244   2018年2月

  51. Real-world experience with FOLFIRINOX and gemcitabine plus nab-paclitaxel in the treatment of pancreatic cancer in Japan

    Maeda O., Yokoyama Y., Yamaguchi J., Ota A., Matsuoka A., Morita S., Inoue M., Mizutani T., Shimokata T., Urakawa H., Mitsuma A., Nagino M., Ando Y.

    ANNALS OF ONCOLOGY   28 巻   頁: 69 - 69   2017年11月

     詳細を見る

  52. FDA Approval Summary: Sonidegib-Letter

    Gyawali Bishal, Ando Yuichi

    CLINICAL CANCER RESEARCH   23 巻 ( 19 ) 頁: 5993 - 5993   2017年10月

  53. Gemcitabine plus cisplatin and S-1 for biliary tract cancer: a single institute analysis

    Maeda Osamu, Shimokata Tomoya, Mizutani Takefumi, Inoue Megumi, Matsuoka Ayumu, Ota Akiko, Mizuno Takashi, Ebata Tomoki, Nagino Masato, Ando Yuichi

    ANNALS OF ONCOLOGY   28 巻   頁: 50 - 50   2017年10月

     詳細を見る

  54. Correlation and differences in Effect sizes between Progression Free Survival (PFS) and Overall Survival (OS) among PD-1 inhibitors

    Gyawali B., Shimokata T., Ando Y.

    ANNALS OF ONCOLOGY   28 巻   2017年9月

     詳細を見る

  55. A phase 1 study of BYL719, an a-isoform selective PI3K inhibitor, in Japanese patients with advanced solid malignancies

    Tomomatsu J., Iwasa S., Saka H., Takahashi S., Nakano K., Morita S., Inoue M., Nakahama H., Kogure Y., Kakizume T., Natsume K., Aoki T., Quadt C., Yamada Y., Ando Y.

    ANNALS OF ONCOLOGY   28 巻   2017年9月

     詳細を見る

  56. Erratum: High-dose chemotherapy with autologous peripheral blood stem cell transplantation for choriocarcinoma: A case report and literature review.

    Yamamoto E, Niimi K, Fujikake K, Nishida T, Murata M, Mitsuma A, Ando Y, Kikkawa F

    Molecular and clinical oncology   7 巻 ( 3 ) 頁: 510   2017年9月

     詳細を見る

  57. The efficacy and safety of CapeOX plus bevacizumab therapy followed by capecitabine plus bevacizumab maintenance therapy in patients with metastatic colorectal cancer: a multi-center, single-arm, phase II study (CCOG-0902)

    Nakayama Goro, Ishigure Kiyoshi, Yokoyama Hiroyuki, Uehara Keisuke, Kojima Hiroshi, Ishiyama Akiharu, Hayashi Naomi, Takano Nao, Hattori Norifumi, Kobayashi Daisuke, Tanaka Chie, Hayashi Masamichi, Kanda Mitsuro, Yamada Suguru, Sugimoto Hiroyuki, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Fujii Tsutomu, Murotani Kenta, Ando Yuichi, Kodera Yasuhiro

    BMC CANCER   17 巻 ( 1 ) 頁: 243   2017年4月

  58. Adjuvant sunitinib for high-risk-resected renal cell carcinoma: a meta-analysis of ASSURE and S-TRAC trials

    Gyawali B., Ando Y.

    ANNALS OF ONCOLOGY   28 巻 ( 4 ) 頁: 898 - 899   2017年4月

  59. Assessment of left ventricular diastolic function during trastuzumab treatment in patients with HER2-positive breast cancer

    Honda Kazunori, Takeshita Kyosuke, Murotani Kenta, Mitsuma Ayako, Hayashi Hironori, Tsunoda Nobuyuki, Kikumori Toyone, Murohara Toyoaki, Ando Yuichi

    BREAST CANCER   24 巻 ( 2 ) 頁: 312 - 318   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12282-016-0705-4

    Web of Science

    PubMed

  60. [Nephropathy in Patients Undergoing Cancer Drug Therapy - Platinum Derivatives(Cisplatin and Carboplatin)].

    Matsuoka A, Ando Y

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 巻 ( 3 ) 頁: 200 - 203   2017年3月

     詳細を見る

  61. Modified docetaxel, cisplatin and capecitabine for stage. gastric cancer in Japanese patients: A feasibility study

    Maeda Osamu, Matsuoka Ayumu, Miyahara Ryoji, Funasaka Kohei, Hirooka Yoshiki, Fukaya Masahide, Nagino Masato, Kodera Yasuhiro, Goto Hidemi, Ando Yuichi

    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   23 巻 ( 6 ) 頁: 1090 - 1097   2017年2月

  62. Risk of serious adverse events and fatal adverse events with sorafenib in patients with solid cancer: a meta-analysis of phase 3 randomized controlled trials

    Gyawali B., Shimokata T., Ando M., Honda K., Ando Y.

    ANNALS OF ONCOLOGY   28 巻 ( 2 ) 頁: 246 - 253   2017年2月

  63. Unconvincing Benefit of Combination TherapyWith Gefitinib and Pemetrexed in Advanced Non-Small-Cell Lung Cancer

    Ota Akiko, Gyawali Bishal, Matsuoka Ayumu, Ando Yuichi

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   35 巻 ( 6 ) 頁: 691 - +   2017年2月

  64. Carboplatin dosing for adult Japanese patients 招待有り 査読有り

    Yuichi Ando, Tomoya Shimokata, Yoshinari Yasuda, and Yoshinori Hasegawa.

    Nagoya J Med Sci   76 巻 ( 1 ) 頁: 1-9   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. A Phase I dose-escalation study of buparlisib (BKM120), an oral pan-class I PI3K inhibitor, in Japanese patients with advanced solid tumors. 査読有り

    Yuichi Ando, Megumi Inada-inoue, Ayako Mitsuma, Takayuki Yoshino, Atsushi Ohtsu, Naoko Suenaga, Masahiko Sato, Tomoyuki Kakizume, Matthew Robson, Cornelia Quadt, Toshihiko Doi.

    Cancer Sci   105 巻 ( 3 ) 頁: 347-53   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Prospective evaluation of pharmacokinetically guided dosing of carboplatin in Japanese patients with cancer. 査読有り

    Cancer Sci   101 巻   頁: 2601-5   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. UGT1A1*6 and UGT1A1*27 for individualized irinotecan chemotherapy. 招待有り 査読有り

    Yuichi Ando, et al.

    Curr Opin Mol Ther   9 巻   頁: 258-262   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  68. Polymorphisms of UDP-glucuronosyltransferase gene and irinotecan toxicity: a pharmacogenetic analysis 査読有り

    Yuichi Ando, et al.

    Cancer Res   60 巻   頁: 6921-6926   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. 高齢者のがん薬物療法ガイドライン

    統括委員長 安藤雄一

    編集:日本臨床腫瘍学会・日本癌治療学会  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 治療学 内科学総論 内科学書

    安藤雄一( 担当: 分担執筆)

    中山書店  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 薬物動態・薬力学.新臨床腫瘍学 がん薬物療法専門医のために

    安藤雄一( 担当: 分担執筆)

    南江堂  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

科研費 14

  1. 抗がん薬による下痢・腸炎の病態解明と新治療法の開発

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  2. がん薬物療法におけるサルコペニアの臨床的意義

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 消化器がん化学療法における新規バイオマーカーとしてのDNAメチル化の探索的研究

    研究課題/研究課題番号:20K08328  2020年04月 - 2023年03月

    前田 修

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    主要なエピジェネティック変化であるDNAメチル化に着目しながら、胃がんおよび食道がんに対する薬物療法の臨床経過中に腫瘍の遺伝子変化を繰り返し評価することによって、より適切な効果予測や薬剤選択のためのバイオマーカーを探索する。腫瘍組織の採取は消化管内視鏡生検により行い、DNAメチル化の経時的変化を遺伝子発現および遺伝子変異とともに解析する。さらに血中循環腫瘍DNAを用いたDNAメチル化解析も行う。

  4. がん関連線維芽細胞の多様性による免疫チェックポイント阻害薬の効果予測の機序解明

    研究課題/研究課題番号:20H03528  2020年04月 - 2023年03月

    安藤 雄一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17290000円 ( 直接経費:13300000円 、 間接経費:3990000円 )

    近年,さまざまな悪性腫瘍に対して免疫チェックポイント阻害薬(ICI)が使用されているが,その大きな問題点として奏効する患者の予測が依然として困難であることがあげられる.研究代表者らは最近,非小細胞肺がんの間質組織に存在するがん関連線維芽細胞(CAF)のマーカーとしてMeflinを同定し,Meflin陽性CAFの存在量がICIによる奏効率と高い相関を示すことを見出した.本研究は,(1)肺がん以外の悪性腫瘍においてICI奏効率とMeflin陽性CAFの関連を明らかにする,(2)Meflin陽性CAFがICI奏効率を制御する分子メカニズムを,マウス実験系とヒト病理検体を用いて明らかにする研究である.

  5. がん薬物療法における抗がん薬曝露に対する科学的エビデンスの創出

    研究課題/研究課題番号:19K07083  2019年04月 - 2023年03月

    満間 綾子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    新規抗がん薬の開発により、外来化学療法で取り扱う抗がん薬レジメンは増加する一方である。外来化学療法室の利用患者は年々増加し、多様なニーズに応えるがん薬物療法に習熟した医療者の関わりが重要となっている。がん薬物療法を専門とする医療者の育成、拡充にあたっては、専門的な教育・訓練とともに抗がん薬を扱う現場における医療者の安全、職場環境の整備も提唱されている。曝露防止のための機器開発が進む中で過去の報告は現状と乖離しており、医療者がコストと時間をかけてどこまで曝露対策を行うかの科学的実証は未確立である。本研究では、抗がん薬曝露の実態を経年的・経時的に調査し現状に即したエビデンスを創出する。
    本研究では、がん薬物療法における抗がん薬曝露の実態を調査し、繰り返しモニタリングを行うことで、国内での閾値の設定や予防の根拠となるエビデンスを創出することを目的としている。当院外来化学療法室では、院内すべての点滴抗がん薬の外来投与を専任の医療者が担当している。年間10000件以上の実施にあたり、職業性曝露のモニタリングとして環境モニタリングと生物学的モニタリングの経年的実施を行う。
    <環境モニタリング>
    当院外来化学療法室での環境モニタリングを行うにあたり、モニタリングの手法、場所を絞り込んだ後に、抗がん薬曝露予防を目的とした機器導入、マニュアルの改訂・整備の現状を把握できている。閉鎖式薬物移送システム(closed system drug transfer device: CSTD) は、当院において抗がん薬のミキシングすべてには使用していない。揮発性抗がん薬であるベンダムスチン、イホスファミド、シクロホスファミドにはCSTDを使用しているのが実情であり、現状でのモニタリングを進めている。
    <生物学的モニタリング>
    外来化学療法室で実施する膀胱内注入後の抗がん薬曝露について、同意を得た患者および医療者の排尿より生物学的モニタリングを行う。ドキソルビシンの投与が予定されており、投与量、排尿回数など臨床薬理学的解析を加えて経時的変化を観察する予定であったが、治療対象者が乏しい状況が続いている。がん関連学会での情報収集を継続し、侵襲の程度が少ない新たな手法(唾液検体からの検出)について検討中である。
    環境モニタリングは順調に推移している。生物学的モニタリングは対象患者が乏しい状況があった。
    生物学的モニタリングの対象となる泌尿器疾患の患者が前年度と比較し減少あり、このまま減少していれば、協力可能な新たな対象者を検討する。がん薬物療法の分野では新たな治療法の開発により治療選択が変遷する場合もあり、状況に応じて研究代表者および研究分担者とも討議し研究の推進に努める。
    また、生物学的モニタリングの検体として排尿時の尿検体を対象としていたが、新たに唾液採取からの検出手法が開発されており、侵襲が少なく簡便な手段として検討する。

  6. バイオ医薬品の有効性・安全性に関わる因子の検討

    研究課題/研究課題番号:19K07224  2019年04月 - 2022年03月

    中村 克徳

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    申請者が勤務する医療現場では、約 1500 品目の医薬品を用い医療を実践しているが、従来治療法のなかった疾患に関しても著効を示す医薬品が採用されるようになってきた。この主役となっているのが、生体内の目的分子にターゲットを絞って結合して効果を発揮する「バイオ医薬品」である。本研究では、バイオ医薬品の副作用予防および有効性の個人差を考慮した最適な使用法の研究を行う。
    2019 年度に実施した研究の成果
    【意義】抗体医薬の動態に関与する抗体医薬の生体内輸送タンパクは、研究が始まったばかりで、特に抗体医薬の血中半減期に関与する細胞内輸送タンパク遺伝的多型の影響は十分に検討されていない。「研究の目的」本研究では、何がバイオ医薬品による副作用の原因となるのか、バイオ医薬品の副作用軽減に用いる併用薬は何が最適なのかを明らかにする。
    【具体的内容】バイオ医薬品の一種であるリツキシマブのインフュージョンリアクションの発生頻度と、FcRn 遺伝的多型との相関を解析する。この手段として、FcRn 遺伝的多型迅速診断法を開発する。モノクローナル抗体医薬の投与速度を遅くすることや副腎皮質ステロイド剤の追加投与、抗ヒスタミン薬と解熱鎮痛剤のうち、患者に薬剤アレルギーのあるものの代わりに副腎皮質ステロイド剤の投与をすることでコントロールされている。しかし、併用薬によるインフュージョンリアクション発現の程度の差については、十分に明らかになっていないため、最適な併用薬剤を検討する。
    【今後の研究の展開に関する計画】バイオシミラーの導入前後での先行バイオ医薬品との臨床検査値的な違いを明らかにすることも検討したい。現状では、バイオシミラーの切り替えが律速になる可能性が高いことから、既にバイオシミラーを導入している近隣施設との比較検討も考慮したい。検討項目としては、バイオシミラーでは先行バイオ医薬品との免疫原性等の差異にも注意する必要があるため、有効性・安全性に関する臨床検査値のカルテ調査を行う。
    【進捗状況】
    本研究は、おおむね順調に進展している。ただし、現在は、新型コロナ対策として研究打ち合わせ、研究実施、研究発表の機会が全て失われている。今後の推進方策に従い、出来る限り研究を進めていく予定である。
    今後の推進方策
    【研究計画の変更あるいは研究を遂行する上での課題】
    現在は、新型コロナ対策として研究打ち合わせ、研究実施、研究発表の機会が全て失われている。そこで、研究セミナーに関しては、遠隔会議システムを用いて実施することとしている。大学の研究施設には、現在のところ当分立ち入り禁止となっているため、現在までのデータを吟味して、可能なものは英文誌への投稿を目標に論文化している。学会発表についても、web参加が可能なものに演題を出していくよう検討したい。主以下の項目に取り組んでいる。1)併用薬によるインフュージョンリアクション発現の程度の差、2)FcRn 遺伝的多型迅速診断法を開発、3)リツキシマブのインフュージョンリアクションの発生頻度と FcRn 遺伝的多型との相関解析、4)バイオシミラーの導入前後での先行バイオ医薬品との臨床検査値的な差の有無の解析。

  7. 抗がん薬による下痢・腸炎の病態解明と新治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:17K08950  2017年04月 - 2020年03月

    安藤 雄一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3510000円 ( 直接経費:2700000円 、 間接経費:810000円 )

    ヒトの腸内細菌が循環血液中に移動する現象であるバクテリアルトランスロケーションに着目して,ヒト血液中の細菌を高感度に検出する検査法を用いて,抗がん薬の副作用の発症との関連を調べた.その結果,がん患者は抗がん薬の投与に関わらず常にバクテリアルトランスロケーションが発生しやすい状態であることが判明した.バクテリアルトランスロケーションは抗がん薬の副作用である発熱性好中球減少症や感染症,さらに下痢・腸炎の誘因となっている可能性が考えられた.
    一般に,抗がん薬の副作用は骨髄細胞をはじめとする正常細胞の傷害によって引き起こされる.本研究では,抗がん薬の投与による腸管壁細胞の傷害とは直接関係なく,がん患者ではバクテリアルトランスロケーションが常に発生しやすい状態であること,それが副作用の発症に関わっている可能性を見出した.抗がん薬の副作用の新しい治療法の開発につながる可能性がある.

  8. がん薬物療法における血管新生阻害作用に関連した臨床薬理研究

    研究課題/研究課題番号:16K08906  2016年04月 - 2020年03月

    満間 綾子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    がん薬物療法において新たに開発された抗がん薬の中には、血管新生阻害作用により有害事象として出血・血栓症を引き起こす薬物が含まれる。また、がん患者の生存期間の延長、高齢化により、合併症として心・脳血管障害のために抗凝固薬を併用する患者が増加している。本研究では、がん患者における出血・血栓症の出現リスクについて、関連する薬物相互作用などを含め外来通院治療を行ったがん患者を対象に検討した。海外から提唱されている予測モデルとの比較を行った。特定の抗凝固薬における治療経過に違いは認められず、がん薬物療法の治療経過、患者状態により血栓症の経過に影響がみられた。
    がん患者における血栓症のリスクは海外から予測モデルが提唱されているが、日本での出現頻度、臨床経過についての検討は少なく、確立されたモデルは存在しない。本研究による解析から、国際的な予測モデルは参考になる面もあるが、特に高齢者では予測リスクゼロであっても血栓症の発症者がみられ、慎重な観察が求められた。また、薬物相互作用の影響は観察されなかったが、多職種でのチーム医療が奏効し、全身状態が保たれた状態でがん薬物療法を継続する患者が多かったことにも起因する。無症候での血栓症発症者は抗凝固薬での治療後にがん治療が再開できており、適切な治療介入により安全ながん薬物療法の推進につながるものと考えられる。

  9. 抗体医薬リツキシマブ投与によるインフュージョンリアクション発症メカニズムの解明

    研究課題/研究課題番号:16K08374  2016年04月 - 2019年03月

    中村 克徳

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    インフュージョンリアクションは、抗体医薬投与直後に発現する副作用であり、その予測は非常に重要になってきている。本研究では、リツキシマブ投与直後に副作用を発現した患者の遺伝子多型を解析することによりインフュージョンリアクションリスク因子を明らかにした。【意義】FcRn 遺伝的多型の影響などのリスク因子を明らかにしたことで、リツキシマブ誘発性インフュージョンリアクションの予防および有効性の個人差を考慮した最適な使用が可能となることが期待される。【重要性等】リツキシマブによる本研究を抗体医薬に一般化し、抗体医薬を最初にヒトへ投与する臨床試験前に行う「前臨床試験」に応用可能であることが期待される。
    現在、ヒトにおけるインフュージョンリアクションを正確に評価するインビトロ試験系は存在しない。さらにインフュージョンリアクションを評価する場合には、ヒトであっても治療および予防に用いる薬物の有無・投与量、人種差および環境因子による影響が無視できないことが予想される。本研究では、現在解明されていないインフュージョンリアクションリスクの高い患者の遺伝的傾向を明らかにした。今後有効に活用することにより、予防効果を発揮することが期待される。さらに、インフュージョンリアクション評価系の開発につなげることで、ヒトに薬物を最初に投与する臨床試験前に行う前臨床試験に応用可能であることが期待される。

  10. がん悪液質におけるサルコペニア発症機序の解明

    研究課題/研究課題番号:15K08906  2015年04月 - 2019年03月

    下方 智也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    悪液質にいたる過程において、サルコペニアに加え脂肪組織も重要な役割を果たしているという仮説を検証するため、がん薬物療法を受ける患者を被験者として筋肉量、脂肪組織量の評価を行った。6ヶ月以上mTOR阻害薬の単剤治療を受けた患者における体組成変化の推移を後ろ向きに解析し、筋肉量は有意に減少したが脂肪組織量は有意な変化を認めなかった。また進行がん患者を被験者として体組成変化や代謝量を前向きに評価するコホート研究を行った。28例を集積し、現在最終解析を行っている。
    がん悪液質はがん患者における死因の一つとして重要な症候群であるが、発症メカニズムの詳細はいまだ不明である。悪液質の特徴の中でもサルコペニアは特に重要な病態であるが、発症に脂肪組織が重要な役割を果たしている可能性が最近指摘されている。がん悪液質におけるサルコペニアと脂肪組織の関係を臨床的に評価した本研究の結果により、今後更にがん悪液質の予防や治療に展開するための研究基盤を確立する重要な情報となりうる。

  11. がん薬物療法におけるサルコペニアの臨床的意義

    研究課題/研究課題番号:26460626  2014年04月 - 2018年03月

    安藤 雄一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3510000円 ( 直接経費:2700000円 、 間接経費:810000円 )

    サルコペニアを有するがん患者ではがん薬物療法による副作用が強く,また治療の耐容性が低いという仮説を検証するため,がん薬物療法を受ける患者を被験者としてサルコペニアの評価を行った.mTOR阻害薬の単剤治療を受けた患者において筋肉量の推移をレトロスペクティブに解析し,治療によって筋肉量が有意に減少したことを報告した.続いて、mTOR阻害薬を含むキナーゼ阻害薬を単剤投与される患者28例に対して,サルコペニアを前向きに評価する観察研究を行った.28例のうち17例が6ヶ月の時点まで,7例が3ヶ月の時点まで治療を継続できた.現在最終解析を行っている.

  12. ヒアルロン酸ネットワークと破骨細胞制御による骨転移治療の確立

    研究課題/研究課題番号:26462261  2014年04月 - 2018年03月

    浦川 浩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    骨転移は悪性腫瘍において患者のQOLを低下させる。ヒアルロン酸を中心とした細胞外マトリックスの制御に焦点を当て、既存の骨転移治療薬への相互作用を評価した。4-methylumbelliferone (MU)の乳がんと肺がんのセルラインに対するヒアルロン酸発現と腫瘍原性への影響を評価した。MUとゾレドロン酸の増殖能、運動能、浸潤能への影響を評価し、相乗効果についても評価した。これらの薬剤を組み合わせることによりin vivoの骨転移病変を相加的に抑制し、MUのヒアルロン酸蓄積や破骨細胞の抑制がみられた。骨修飾薬に加え、ヒアルロン酸合成を抑制することは骨転移治療のターゲットとなりうる。

  13. がん薬物療法における血管新生阻害薬の薬物効果予測因子としての眼底所見の探索的研究

    2011年04月 - 2013年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  14. がん薬物療法における薬剤誘発性QT延長の遺伝的要因を含めた患者要因       

    2008年04月 - 2011年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    安藤 雄一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示