2021/09/15 更新

写真a

アリマ ヒロシ
有馬 寛
ARIMA, Hiroshi
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 病態内科学 教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(医学) ( 1997年11月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 水バランス

  2. 水バランス

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 内分泌学

  2. その他 / その他

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 家族性中枢性尿崩症発症機序の解明

  2. エネルギー代謝調節機序の解明

  3. 免疫チェックポイント阻害薬による内分泌障害

経歴 3

  1. 名古屋大学   医学部 医学科   副研究科長

    2017年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   医学部 医学科   副研究科長

    2017年4月 - 現在

  3. 名古屋大学   大学院医学系研究科 総合医学専攻 病態内科学   教授

    2015年8月 - 現在

学歴 1

  1. 名古屋大学   医学部

    1982年4月 - 1988年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 18

  1. 日本内分泌学会   理事

  2. 日本神経内分泌学会   理事

  3. 日本間脳下垂体腫瘍学会   理事

  4. 日本肥満学会   評議員

  5. 日本肥満症治療学会   評議員

  6. 日本内科学会

  7. 日本糖尿病学会

  8. 日本甲状腺学会

  9. The Eondocrine Society

  10. 日本間脳下垂体腫瘍学会

  11. 日本肥満症治療学会

  12. 日本肥満学会

  13. 日本糖尿病学会

  14. 日本甲状腺学会

  15. 日本内科学会

  16. The Eondocrine Society

  17. 日本神経内分泌学会

  18. 日本内分泌学会

▼全件表示

 

論文 153

  1. Adult-onset autoimmune diabetes identified by glutamic acid decarboxylase autoantibodies: a retrospective cohort study

    Wada Eri, Onoue Takeshi, Kinoshita Tamaki, Hayase Ayaka, Handa Tomoko, Ito Masaaki, Furukawa Mariko, Okuji Takayuki, Kobayashi Tomoko, Iwama Shintaro, Sugiyama Mariko, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Goto Motomitsu, Arima Hiroshi

    DIABETOLOGIA   64 巻 ( 10 ) 頁: 2183 - 2192   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00125-021-05516-1

    Web of Science

    PubMed

  2. Deficiency of WFS1 leads to the impairment of AVP secretion under dehydration in male mice

    Kurimoto Junki, Takagi Hiroshi, Miyata Takashi, Hodai Yuichi, Kawaguchi Yohei, Hagiwara Daisuke, Suga Hidetaka, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Banno Ryoichi, Tanabe Katsuya, Tanizawa Yukio, Arima Hiroshi

    PITUITARY   24 巻 ( 4 ) 頁: 582 - 588   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11102-021-01135-6

    Web of Science

    PubMed

  3. Prediabetes is associated with proteinuria development but not with glomerular filtration rate decline: A longitudinal observational study

    Furukawa Mariko, Onoue Takeshi, Kato Kiminori, Wada Takashi, Shinohara Yukito, Kinoshita Fumie, Goto Motomitsu, Arima Hiroshi, Tsushita Kazuyo

    DIABETIC MEDICINE   38 巻 ( 8 ) 頁: e14607   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/dme.14607

    Web of Science

    PubMed

  4. Preoperative and long-term efficacy and safety of lanreotide autogel in patients with thyrotropin-secreting pituitary adenoma: a multicenter, single-arm, phase 3 study in Japan.

    Shimatsu A, Nakamura A, Takahashi Y, Fujio S, Satoh F, Tahara S, Nishioka H, Takano K, Yamashita M, Arima H, Tominaga A, Tateishi S, Matsushita Y

    Endocrine journal   68 巻 ( 7 ) 頁: 791 - 805   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ20-0707

    PubMed

  5. Glucocorticoid receptor signaling in ventral tegmental area neurons increases the rewarding value of a high-fat diet in mice

    Mizoguchi Akira, Banno Ryoichi, Sun Runan, Yaginuma Hiroshi, Taki Keigo, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Suga Hidetaka, Nagai Taku, Yamada Kiyofumi, Arima Hiroshi

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 12873   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-92386-7

    Web of Science

    PubMed

  6. Comparison of High-Resolution Manometry in Patients Complaining of Dysphagia among Patients with or without Diabetes Mellitus

    Muroi Koichi, Miyahara Ryoji, Funasaka Kohei, Furukawa Kazuhiro, Sawada Tsunaki, Maeda Keiko, Yamamura Takeshi, Ishikawa Takuya, Ohno Eizaburo, Nakamura Masanao, Kawashima Hiroki, Onoue Takeshi, Arima Hiroshi, Hirooka Yoshiki, Fujishiro Mitsuhiro

    DIGESTION   102 巻 ( 4 ) 頁: 554 - 562   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000510081

    Web of Science

    PubMed

  7. Efficacies of programmed cell death 1 ligand 1 blockade in non-small cell lung cancer patients with acquired resistance to prior programmed cell death 1 inhibitor and development of diabetic ketoacidosis caused by two different etiologies: a retrospective case series.

    Ishi A, Tanaka I, Iwama S, Sakakibara T, Mastui T, Kobayashi T, Hase T, Morise M, Sato M, Arima H, Hashimoto N

    Endocrine journal   68 巻 ( 5 ) 頁: 613 - 620   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ20-0769

    PubMed

  8. Macrophages rely on extracellular serine to suppress aberrant cytokine production

    Kurita Kento, Ohta Hiroya, Shirakawa Ibuki, Tanaka Miyako, Kitaura Yasuyuki, Iwasaki Yorihiro, Matsuzaka Takashi, Shimano Hitoshi, Aoe Seiichiro, Arima Hiroshi, Ogawa Yoshihiro, Ito Ayaka, Suganami Takayoshi

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 11137   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-90086-w

    Web of Science

    PubMed

  9. A new primate model of hypophyseal dysfunction

    Kawabata Teppei, Suga Hidetaka, Takeuchi Kazuhito, Nagata Yuichi, Sakakibara Mayu, Ushida Kaori, Ozone Chikafumi, Enomoto Atsushi, Kawamoto Ikuo, Itagaki Iori, Tsuchiya Hideaki, Arima Hiroshi, Wakabayashi Toshihiko

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 10729   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-90209-3

    Web of Science

    PubMed

  10. CD4(+) T cells are essential for the development of destructive thyroiditis induced by anti-PD-1 antibody in thyroglobulin-immunized mice

    Yasuda Yoshinori, Iwama Shintaro, Sugiyama Daisuke, Okuji Takayuki, Kobayashi Tomoko, Ito Masaaki, Okada Norio, Enomoto Atsushi, Ito Sachiko, Yan Yue, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Tsunekawa Taku, Ito Yoshihiro, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Takahashi Masahide, Nishikawa Hiroyoshi, Arima Hiroshi

    SCIENCE TRANSLATIONAL MEDICINE   13 巻 ( 593 )   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/scitranslmed.abb7495

    Web of Science

    PubMed

  11. High-fat Feeding Causes Inflammation and Insulin Resistance in the Ventral Tegmental Area in Mice

    Mizoguchi Akira, Banno Ryoichi, Sun Runan, Yaginuma Hiroshi, Taki Keigo, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Suga Hidetaka, Arima Hiroshi

    NEUROSCIENCE   461 巻   頁: 72 - 79   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroscience.2021.02.009

    Web of Science

    PubMed

  12. Arginine vasopressin-Venus reporter mice as a tool for studying magnocellular arginine vasopressin neurons

    Hagiwara Daisuke, Tochiya Masayoshi, Azuma Yoshinori, Tsumura Tetsuro, Hodai Yuichi, Kawaguchi Yohei, Miyata Takashi, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Arima Hiroshi

    PEPTIDES   139 巻   頁: 170517   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.peptides.2021.170517

    Web of Science

    PubMed

  13. Anti-pituitary antibodies and susceptible human leukocyte antigen alleles as predictive biomarkers for pituitary dysfunction induced by immune checkpoint inhibitors.

    Kobayashi T, Iwama S, Sugiyama D, Yasuda Y, Okuji T, Ito M, Ito S, Sugiyama M, Onoue T, Takagi H, Hagiwara D, Ito Y, Suga H, Banno R, Nishikawa H, Arima H

    Journal for immunotherapy of cancer   9 巻 ( 5 )   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/jitc-2021-002493

    PubMed

  14. Clinical Characteristics, Management, and Potential Biomarkers of Endocrine Dysfunction Induced by Immune Checkpoint Inhibitors

    Iwama Shintaro, Kobayashi Tomoko, Arima Hiroshi

    ENDOCRINOLOGY AND METABOLISM   36 巻 ( 2 ) 頁: 312 - 321   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3803/EnM.2021.1007

    Web of Science

    PubMed

  15. Dietary sodium chloride attenuates increased β-cell mass to cause glucose intolerance in mice under a high-fat diet. 査読有り

    Taki K, Takagi H, Hirose T, Sun R, Yaginuma H, Mizoguchi A, Kobayashi T, Sugiyama M, Tsunekawa T, Onoue T, Hagiwara D, Ito Y, Iwama S, Suga H, Banno R, Sakano D, Kume S, Arima H.

    PLos One   16 巻 ( 3 ) 頁: e0248065   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

  16. Induction of Functional Hypothalamus and Pituitary Tissues From Pluripotent Stem Cells for Regenerative Medicine

    Kano Mayuko, Suga Hidetaka, Arima Hiroshi

    JOURNAL OF THE ENDOCRINE SOCIETY   5 巻 ( 3 ) 頁: bvaa188   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/jendso/bvaa188

    Web of Science

    PubMed

  17. Arginine vasopressin-Venus reporter mice as a tool for studying magnocellular arginine vasopressin neurons. 査読有り

    Hagiwara D, Tochiya M, Azuma Y, Tsumura T, Hodai Y, Kawaguchi Y, Miyata T, Kobayashi T, Sugiyama M, Onoue T, Takagi H, Ito Y, Iwama S, Suga H, Banno R, Arima H

    Peptides   139 巻   頁: 170517   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

  18. High-fat Feeding Causes Inflammation and Insulin Resistance in the Ventral Tegmental Area in Mice. 査読有り

    Mizoguchi A, Banno R, Sun R, Yaginuma H, Taki K, Kobayashi T, Sugiyama M, Tsunekawa T, Onoue T, Takagi H, Hagiwara D, Ito Y, Iwama S, Suga H, Arima H.

    Neuroscience   18 巻 ( 461 ) 頁: 72 - 79   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroscience.2021.02.009.

  19. Hypothalamic-pituitary organoid generation through the recapitulation of organogenesis

    Ozaki Hajime, Suga Hidetaka, Arima Hiroshi

    DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   63 巻 ( 2 ) 頁: 154 - 165   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/dgd.12719

    Web of Science

    PubMed

  20. Open-label, multicenter, dose-titration study to determine the efficacy and safety of tolvaptan in Japanese patients with hyponatremia secondary to syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone.

    Arima H, Goto K, Motozawa T, Mouri M, Watanabe R, Hirano T, Ishikawa SE

    Endocrine journal   68 巻 ( 1 ) 頁: 17 - 29   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ20-0216

    PubMed

  21. Efficacies of programmed cell death 1 ligand 1 blockade in non-small cell lung cancer patients with acquired resistance to prior programmed cell death 1 inhibitor and development of diabetic ketoacidosis caused by two different etiologies: a retrospective case series

    Ishi Azusa, Tanaka Ichidai, Iwama Shintaro, Sakakibara Toshihiro, Mastui Toshinori, Kobayashi Tomoko, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Sato Mitsuo, Arima Hiroshi, Hashimoto Naozumi

    ENDOCRINE JOURNAL   68 巻 ( 5 ) 頁: 613 - 620   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  22. Open-label, multicenter, dose-titration study to determine the efficacy and safety of tolvaptan in Japanese patients with hyponatremia secondary to syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone

    Arima Hiroshi, Goto Koichi, Motozawa Tomohisa, Mouri Makoto, Watanabe Ryo, Hirano Takahiro, Ishikawa San-e

    ENDOCRINE JOURNAL   68 巻 ( 1 ) 頁: 17 - 29   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  23. Preoperative and long-term efficacy and safety of lanreotide autogel in patients with thyrotropin-secreting pituitary adenoma: a multicenter, single-arm, phase 3 in Japan

    Shimatsu Akira, Nakamura Akinobu, Takahashi Yutaka, Fujio Shingo, Satoh Fumitoshi, Tahara Shigeyuki, Nishioka Hiroshi, Takano Koji, Yamashita Miho, Arima Hiroshi, Tominaga Atsushi, Tateishi Shohei, Matsushita Yusaku

    ENDOCRINE JOURNAL   68 巻 ( 7 ) 頁: 791 - 805   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  24. Induction of Functional Hypothalamus and Pituitary Tissues From Pluripotent Stem Cells for Regenerative Medicine 招待有り 査読有り

    Kano M, Suga H, Arima H.

    J Endocr Soc   5 巻 ( 3 ) 頁: bvaa188   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1210/jendso/bvaa188.

  25. Anti-pituitary antibodies as a marker of autoimmunity in pituitary glands.

    Iwama S, Arima H

    Endocrine journal   67 巻 ( 11 ) 頁: 1077 - 1083   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ20-0436

    PubMed

  26. Endoplasmic reticulum chaperone BiP/GRP78 knockdown leads to autophagy and cell death of arginine vasopressin neurons in mice

    Kawaguchi Yohei, Hagiwara Daisuke, Miyata Takashi, Hodai Yuichi, Kurimoto Junki, Takagi Hiroshi, Suga Hidetaka, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Banno Ryoichi, Grinevich Valery, Arima Hiroshi

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 ) 頁: 19730   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-76839-z

    Web of Science

    PubMed

  27. Degradation of Mutant Protein Aggregates within the Endoplasmic Reticulum of Vasopressin Neurons

    Miyata Takashi, Hagiwara Daisuke, Hodai Yuichi, Miwata Tsutomu, Kawaguchi Yohei, Kurimoto Junki, Ozaki Hajime, Mitsumoto Kazuki, Takagi Hiroshi, Suga Hidetaka, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Banno Ryoichi, Matsumoto Mami, Kawakami Natsuko, Ohno Nobuhiko, Sakamoto Hirotaka, Arima Hiroshi

    ISCIENCE   23 巻 ( 10 ) 頁: 101648   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.isci.2020.101648

    Web of Science

    PubMed

  28. Generation of four induced pluripotent stem cell lines (FHUi003-A, FHUi003-B, FHUi004-A and FHUi004-B) from two affected individuals of a familial neurohypophyseal diabetes insipidus family

    Yoshida Satoru, Okura Hanayuki, Suga Hidetaka, Soen Mika, Kawaguchi Yohei, Kurimoto Junki, Miyata Takashi, Takagi Hiroshi, Arima Hiroshi, Fujikawa Tatsuya, Otsuka Fumio, Matsuyama Akifumi

    STEM CELL RESEARCH   48 巻   頁: 101960   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.scr.2020.101960

    Web of Science

    PubMed

  29. The Smart Life Stay (SLS) program: effects of a lifestyle intervention program in combination with health tourism and health guidance for type 2 diabetes (vol 10, 33, 2020)

    Matsushita Madoka, Muramoto Akiko, Nomura Eri, Eguchi Yukari, Kato Ayako, Sano Yoshiko, Kabayama Mai, Arakawa Masashi, Oguma Yuko, Yabe Daisuke, Matsunaga Masaaki, Yatsuya Hiroshi, Arima Hiroshi, Tsushita Kazuyo

    NUTRITION & DIABETES   10 巻 ( 1 ) 頁: 34   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41387-020-00137-w

    Web of Science

    PubMed

  30. The Smart Life Stay (SLS) program: effects of a lifestyle intervention program in combination with health tourism and health guidance for type 2 diabetes

    Matsushita Madoka, Muramoto Akiko, Nomura Eri, Eguchi Yukari, Kato Ayako, Sano Yoshiko, Kabayama Mai, Arakawa Masashi, Oguma Yuko, Yabe Daisuke, Matsunaga Masaaki, Yatsuya Hiroshi, Arima Hiroshi, Tsushita Kazuyo

    NUTRITION & DIABETES   10 巻 ( 1 ) 頁: 33   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41387-020-00136-x

    Web of Science

    PubMed

  31. LUBAC accelerates B-cell lymphomagenesis by conferring resistance to genotoxic stress on B cells.

    Jo T, Nishikori M, Kogure Y, Arima H, Sasaki K, Sasaki Y, Nakagawa T, Iwai F, Momose S, Shiraishi A, Kiyonari H, Kagaya N, Onuki T, Shin-Ya K, Yoshida M, Kataoka K, Ogawa S, Iwai K, Takaori-Kondo A

    Blood   136 巻 ( 6 ) 頁: 684 - 697   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood.2019002654

    PubMed

  32. Generation of three induced pluripotent stem cell (iPSC) lines from a multiple endocrine neoplasia type 1 (MEN1) patient and three iPSC lines from an unaffected relative of the patient 査読有り 国際誌

    Yoshida Satoru, Okura Hanayuki, Suga Hidetaka, Nishitomi Tomohiko, Sakurai Akihiro, Arima Hiroshi, Matsuyama Akifumi

    STEM CELL RESEARCH   46 巻   頁: 101846 - 101846   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.scr.2020.101846

    Web of Science

    PubMed

  33. Hypothalamic glial cells isolated by MACS reveal that microglia and astrocytes induce hypothalamic inflammation via different processes under high-fat diet conditions 査読有り 国際誌

    Sugiyama Mariko, Banno Ryoichi, Yaginuma Hiroshi, Taki Keigo, Mizoguchi Akira, Tsunekawa Taku, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Komine Okiru, Yamanaka Koji, Arima Hiroshi

    NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL   136 巻   頁: 104733 - 104733   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuint.2020.104733

    Web of Science

    PubMed

  34. Anti-thyroid antibodies and thyroid echo pattern at baseline as risk factors for thyroid dysfunction induced by anti-programmed cell death-1 antibodies: a prospective study 査読有り 国際誌

    Okada Norio, Iwama Shintaro, Okuji Takayuki, Kobayashi Tomoko, Yasuda Yoshinori, Wada Eri, Onoue Takeshi, Goto Motomitsu, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Kanda Mitsuro, Yokota Kenji, Hashimoto Naozumi, Ando Masahiko, Fujimoto Yasushi, Nagino Masato, Kodera Yasuhiro, Fujishiro Mitsuhiro, Hibi Hideharu, Sone Michihiko, Kiyoi Hitoshi, Gotoh Momokazu, Ando Yuichi, Akiyama Masashi, Hasegawa Yoshinori, Arima Hiroshi

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   122 巻 ( 6 ) 頁: 771 - 777   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41416-020-0736-7

    Web of Science

    PubMed

    その他リンク: http://www.nature.com/articles/s41416-020-0736-7

  35. Dipeptidyl peptidase-4 inhibitor anagliptin reduces fasting apolipoprotein B-48 levels in patients with type 2 diabetes: A randomized controlled 査読有り 国際誌

    Onoue Takeshi, Goto Motomitsu, Wada Eri, Furukawa Mariko, Okuji Takayuki, Okada Norio, Kobayashi Tomoko, Iwama Shintaro, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Morishita Yoshiaki, Seino Yusuke, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Hamada Yoji, Ando Masahiko, Yamamori Etsuko, Arima Hiroshi

    PLOS ONE   15 巻 ( 1 ) 頁: e0228004   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0228004

    Web of Science

    PubMed

  36. Dipeptidyl peptidase-4 inhibition prevents nonalcoholic steatohepatitis-associated liver fibrosis and tumor development in mice independently of its anti-diabetic effects 国際誌

    Kawakubo Mitsuhiro, Tanaka Miyako, Ochi Kozue, Watanabe Akiko, Saka-Tanaka Marie, Kanamori Yohei, Yoshioka Naoki, Yamashita Satoko, Goto Moritaka, Itoh Michiko, Shirakawa Ibuki, Kanai Sayaka, Suzuki Hiromi, Sawada Makoto, Ito Ayaka, Ishigami Masatoshi, Fujishiro Mitsuhiro, Arima Hiroshi, Ogawa Yoshihiro, Suganami Takayoshi

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 ) 頁: 983   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-57935-6

    Web of Science

    PubMed

  37. Hypothalamic Contribution to Pituitary Functions Is Recapitulated In Vitro Using 3D-Cultured Human iPS Cells 査読有り 国際誌

    Kasai Takatoshi, Suga Hidetaka, Sakakibara Mayu, Ozone Chikafumi, Matsumoto Ryusaku, Kano Mayuko, Mitsumoto Kazuki, Ogawa Koichiro, Kodani Yu, Nagasaki Hiroshi, Inoshita Naoko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Tsunekawa Taku, Ito Yoshihiro, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Banno Ryoichi, Takahashi Jun, Arima Hiroshi

    CELL REPORTS   30 巻 ( 1 ) 頁: 18 - +   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.celrep.2019.12.009

    Web of Science

    PubMed

  38. Flash glucose monitoring helps achieve better glycemic control than conventional self-monitoring of blood glucose in non-insulin-treated type 2 diabetes: a randomized controlled trial 査読有り

    Wada Eri, Onoue Takeshi, Kobayashi Tomoko, Handa Tomoko, Hayase Ayaka, Ito Masaaki, Furukawa Mariko, Okuji Takayuki, Okada Norio, Iwama Shintaro, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Kuwatsuka Yachiyo, Ando Masahiko, Goto Motomitsu, Arima Hiroshi

    BMJ OPEN DIABETES RESEARCH & CARE   8 巻 ( 1 )   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/bmjdrc-2019-001115

    Web of Science

  39. Diagnosis and treatment of autoimmune and IgG4-related hypophysitis: clinical guidelines of the Japan Endocrine Society 国際誌

    Takagi Hiroshi, Iwama Shintaro, Sugimura Yoshihisa, Takahashi Yutaka, Oki Yutaka, Akamizu Takashi, Arima Hiroshi

    ENDOCRINE JOURNAL   67 巻 ( 4 ) 頁: 373 - 378   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ19-0569

    Web of Science

    PubMed

  40. Pituitary dysfunction induced by immune checkpoint inhibitors is associated with better overall survival in both malignant melanoma and non-small cell lung carcinoma: a prospective study 査読有り 国際誌

    Kobayashi Tomoko, Iwama Shintaro, Yasuda Yoshinori, Okada Norio, Okuji Takayuki, Ito Masaaki, Onoue Takeshi, Goto Motomitsu, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Yokota Kenji, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Hashimoto Naozumi, Ando Masahiko, Fujimoto Yasushi, Hibi Hideharu, Sone Michihiko, Ando Yuichi, Akiyama Masashi, Hasegawa Yoshinori, Arima Hiroshi

    JOURNAL FOR IMMUNOTHERAPY OF CANCER   8 巻 ( 2 ) 頁: e000779   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/jitc-2020-000779

    Web of Science

    PubMed

  41. Diagnosis of central diabetes insipidus using a vasopressin radioimmunoassay during hypertonic saline infusion 査読有り 国際誌

    Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Handa Tomoko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Tsunekawa Taku, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Takahashi Kunihiko, Matsui Shigeyuki, Arima Hiroshi

    ENDOCRINE JOURNAL   67 巻 ( 3 ) 頁: 267 - 274   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ19-0224

    Web of Science

    PubMed

  42. Anti-pituitary antibodies as a marker of autoimmunity in pituitary glands

    Iwama Shintaro, Arima Hiroshi

    ENDOCRINE JOURNAL   67 巻 ( 11 ) 頁: 1077 - 1083   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  43. GABA(B) Receptor Signaling in the Mesolimbic System Suppresses Binge-like Consumption of a High-Fat Diet 国際誌

    Tsunekawa Taku, Banno Ryoichi, Yaginuma Hiroshi, Taki Keigo, Mizoguchi Akira, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Bettler Bernhard, Arima Hiroshi

    ISCIENCE   20 巻   頁: 337 - +   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.isci.2019.09.032

    Web of Science

    PubMed

  44. Improved methods for the differentiation of hypothalamic vasopressin neurons using mouse induced pluripotent stem cells.

    Mitsumoto K, Suga H, Sakakibara M, Soen M, Yamada T, Ozaki H, Nagai T, Kano M, Kasai T, Ozone C, Ogawa K, Sugiyama M, Onoue T, Tsunekawa T, Takagi H, Hagiwara D, Ito Y, Iwama S, Goto M, Banno R, Arima H

    Stem cell research   40 巻   頁: 101572   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.scr.2019.101572

    PubMed

  45. TDP-43 regulates early-phase insulin secretion via CaV1.2-mediated exocytosis in islets 国際誌

    Araki Kunihiko, Araki Amane, Honda Daiyu, Izumoto Takako, Hashizume Atsushi, Hijikata Vasuhiro, Yamada Shinichiro, Iguchi Yohei, Hara Akitoshi, Ikumi Kazuhiro, Kawai Kaori, Ishigaki Shinsuke, Nakamichi Yoko, Tsunekawa Shin, Seino Yusuke, Yamamoto Akiko, Takayama Yasunori, Hidaka Shihomi, Tominaga Makoto, Ohara-Imaizumi Mica, Suzuki Atsushi, Ishiguro Hiroshi, Enomoto Atsushi, Yoshida Mari, Arima Hiroshi, Muramatsu Shin-ichi, Sobue Gen, Katsuno Masahisa

    JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION   129 巻 ( 9 ) 頁: 3578 - 3593   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1172/JCI124481

    Web of Science

    PubMed

  46. Automated Feedback Messages With Shichifukujin Characters Using IoT System-Improved Glycemic Control in People With Diabetes: A Prospective, Multicenter Randomized Controlled Trial. 国際誌

    Kobayashi T, Tsushita K, Nomura E, Muramoto A, Kato A, Eguchi Y, Onoue T, Goto M, Muto S, Yatsuya H, Arima H

    Journal of diabetes science and technology   13 巻 ( 4 ) 頁: 796 - 798   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1932296819851785

    PubMed

  47. Tanycyte-Like Cells Derived From Mouse Embryonic Stem Culture Show Hypothalamic Neural Stem/Progenitor Cell Functions

    Kano Mayuko, Suga Hidetaka, Ishihara Takeshi, Sakakibara Mayu, Soen Mika, Yamada Tomiko, Ozaki Hajime, Mitsumoto Kazuki, Kasai Takatoshi, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Banno Ryoichi, Arima Hiroshi

    ENDOCRINOLOGY   160 巻 ( 7 ) 頁: 1701 - 1718   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/en.2019-00105

    Web of Science

    PubMed

  48. Improved water dispersibility and photostability in folic acid nanoparticles with transglycosylated naringin using combined processes of wet-milling and freeze-drying.

    Semba K, Kadota K, Arima H, Nakanishi A, Tandia M, Uchiyama H, Sugiyama K, Tozuka Y

    Food research international (Ottawa, Ont.)   121 巻   頁: 108 - 116   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.foodres.2019.03.034

    PubMed

  49. Short-Term Steroid Regimen for Adult Steroid-Sensitive Minimal Change Disease 国際誌

    Ozeki Takaya, Katsuno Takayuki, Hayashi Hiroki, Kato Sawako, Yasuda Yoshinari, Ando Masahiko, Tsuboi Naotake, Hagiwara Daisuke, Arima Hiroshi, Maruyama Shoichi

    AMERICAN JOURNAL OF NEPHROLOGY   49 巻 ( 1 ) 頁: 54 - 63   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000495352

    Web of Science

    PubMed

  50. Severe hypocalcemia following denosumab treatment in a patient with secondary osteoporosis associated with primary sclerosing cholangitis 国際誌

    Yasuda Yoshinori, Iwama Shintaro, Arima Hiroshi

    ENDOCRINE JOURNAL   66 巻 ( 3 ) 頁: 271 - 275   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ18-0545

    Web of Science

    PubMed

  51. Management of immune-related adverse events in endocrine organs induced by immune checkpoint inhibitors: clinical guidelines of the Japan Endocrine Society

    Arima Hiroshi, Iwama Shintaro, Inaba Hidefumi, Ariyasu Hiroyuki, Makita Noriko, Otsuki Michio, Kageyama Kazunori, Imagawa Akihisa, Akamizu Takashi

    ENDOCRINE JOURNAL   66 巻 ( 7 ) 頁: 581 - 586   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ19-0163

    Web of Science

    PubMed

  52. Association of antithyroglobulin antibodies with the development of thyroid dysfunction induced by nivolumab. 査読有り

    Kimbara S, Fujiwara Y, Iwama S, Ohashi K, Kuchiba A, Arima H, Yamazaki N, Kitano S, Yamamoto N, Ohe Y

    Cancer science     2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.13800

    PubMed

  53. Chemical chaperone 4-phenylbutylate reduces mutant protein accumulation in the endoplasmic reticulum of arginine vasopressin neurons in a mouse model for familial neurohypophysial diabetes insipidus. 国際誌

    Tochiya M, Hagiwara D, Azuma Y, Miyata T, Morishita Y, Suga H, Onoue T, Tsunekawa T, Takagi H, Ito Y, Iwama S, Goto M, Banno R, Arima H

    Neuroscience letters   682 巻   頁: 50 - 55   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neulet.2018.06.013

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  54. Functional adenosine triphosphate-sensitive potassium channel is required in high-carbohydrate diet-induced increase in β-cell mass. 査読有り

        2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jdi.12907

    PubMed

  55. A novel mechanism of autophagy-associated cell death of vasopressin neurons in familial neurohypophysial diabetes insipidus. 招待有り 査読有り

    Hagiwara D, Grinevich V, Arima H

    Cell and tissue research     2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s00441-018-2872-4

    PubMed

  56. Dipeptidyl peptidase-4 inhibitors-associated bullous pemphigoid: A retrospective study of 168 pemphigoid and 9,304 diabetes mellitus patients. 査読有り

    Kawaguchi Y, Shimauchi R, Nishibori N, Kawashima K, Oshitani S, Fujiya A, Shibata T, Ohashi N, Izumi K, Nishie W, Shimizu H, Arima H, Sobajima H

    Journal of diabetes investigation     2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jdi.12877

    PubMed

  57. Functional Pituitary Tissue Generation from Human Embryonic Stem Cells. 査読有り 国際誌

    Kano M, Suga H, Kasai T, Ozone C, Arima H

    Current protocols in neuroscience   83 巻 ( 1 ) 頁: e48   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cpns.48

    PubMed

  58. Patients With Antithyroid Antibodies Are Prone To Develop Destructive Thyroiditis by Nivolumab: A Prospective Study. 国際誌

    Kobayashi T, Iwama S, Yasuda Y, Okada N, Tsunekawa T, Onoue T, Takagi H, Hagiwara D, Ito Y, Morishita Y, Goto M, Suga H, Banno R, Yokota K, Hase T, Morise M, Hashimoto N, Ando M, Kiyoi H, Gotoh M, Ando Y, Akiyama M, Hasegawa Y, Arima H

    Journal of the Endocrine Society   2 巻 ( 3 ) 頁: 241 - 251   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/js.2017-00432

    Web of Science

    PubMed

  59. Vasopressin-secreting neurons derived from human embryonic stem cells through specific induction of dorsal hypothalamic progenitors. 査読有り

    Ogawa K, Suga H, Ozone C, Sakakibara M, Yamada T, Kano M, Mitsumoto K, Kasai T, Kodani Y, Nagasaki H, Yamamoto N, Hagiwara D, Goto M, Banno R, Sugimura Y, Arima H

    Scientific reports   8 巻 ( 1 ) 頁: 3615   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-22053-x

    PubMed

  60. Glucose-dependent insulinotropic polypeptide is required for moderate high fat diet, but not high carbohydrate diet-induced weight gain. 査読有り

    Maekawa R, Ogata H, Murase M, Harada N, Suzuki K, Joo E, Sankoda A, Iida A, Izumoto T, Tsunekawa S, Hamada Y, Oiso Y, Inagaki N, Arima H, Hayashi Y, Seino Y

    American journal of physiology. Endocrinology and metabolism     2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpendo.00352.2017

    PubMed

  61. Critical role of rabphilin-3A in the pathophysiology of experimental lymphocytic neurohypophysitis. 査読有り

    Yasuda Y, Iwama S, Kiyota A, Izumida H, Nakashima K, Iwata N, Ito Y, Morishita Y, Goto M, Suga H, Banno R, Enomoto A, Takahashi M, Arima H, Sugimura Y

    The Journal of pathology     2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/path.5046

    PubMed

  62. Cullin-associated NEDD8-dissociated protein 1, a novel interactor of rabphilin-3A, deubiquitylates rabphilin-3A and regulates arginine vasopressin secretion in PC12 cells.

    Nakashima K, Takeuchi S, Iwama S, Kiyota A, Yasuda Y, Iwata N, Enomoto A, Arima H, Sugimura Y

    Endocrine journal     2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ17-0399

    PubMed

  63. Glucose-dependent insulinotropic polypeptide is required for moderate high fat diet, but not high carbohydrate diet-induced weight gain. 査読有り

    Maekawa R, Ogata H, Murase M, Harada N, Suzuki K, Joo E, Sankoda A, Iida A, Izumoto T, Tsunekawa S, Hamada Y, Oiso Y, Inagaki N, Arima H, Hayashi Y, Seino Y

    Am J Physiol Endocrinol Metab.   1 巻 ( 314 ) 頁: 572 - 583   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Chronic high-sucrose diet increases fibroblast growth factor 21 production and energy expenditure in mice. 国際誌

    Maekawa R, Seino Y, Ogata H, Murase M, Iida A, Hosokawa K, Joo E, Harada N, Tsunekawa S, Hamada Y, Oiso Y, Inagaki N, Hayashi Y, Arima H

    The Journal of nutritional biochemistry   49 巻   頁: 71 - 79   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jnutbio.2017.07.010

    Web of Science

    PubMed

  65. Sequestosome 1 (SQSTMI/p62) maintains protein folding capacity under endoplasmic reticulum stress in mouse hypothalamic organotypic culture 国際誌

    Tominaga Takashi, Goto Motomitsu, Onoue Takeshi, Mizoguchi Akira, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Hagiwara Daisuke, Morishita Yoshiaki, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Arima Hiroshi

    NEUROSCIENCE LETTERS   656 巻   頁: 103 - 107   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neulet.2017.06.014

    Web of Science

    PubMed

  66. Randomized controlled trial for assessment of Internet of Things system to guide intensive glucose control in diabetes outpatients: Nagoya Health Navigator Study protocol. 国際誌

    Onoue T, Goto M, Kobayashi T, Tominaga T, Ando M, Honda H, Yoshida Y, Tosaki T, Yokoi H, Kato S, Maruyama S, Arima H

    Nagoya journal of medical science   79 巻 ( 3 ) 頁: 323 - 329   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.79.3.323

    Web of Science

    PubMed

  67. PTP1B deficiency improves hypothalamic insulin sensitivity resulting in the attenuation of AgRP mRNA expression under high-fat diet conditions. 国際誌

    Sugiyama M, Banno R, Mizoguchi A, Tominaga T, Tsunekawa T, Onoue T, Hagiwara D, Ito Y, Morishita Y, Iwama S, Goto M, Suga H, Arima H

    Biochemical and biophysical research communications   488 巻 ( 1 ) 頁: 116 - 121   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.05.019

    Web of Science

    PubMed

  68. S100B impairs glycolysis via enhanced poly(ADP-ribosyl)ation of glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase in rodent muscle cells. 国際誌

    Hosokawa K, Hamada Y, Fujiya A, Murase M, Maekawa R, Niwa Y, Izumoto T, Seino Y, Tsunekawa S, Arima H

    American journal of physiology. Endocrinology and metabolism   312 巻 ( 6 ) 頁: E471 - E481   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpendo.00328.2016

    Web of Science

    PubMed

  69. Anti-pituitary antibodies against corticotrophs in IgG4-related hypophysitis. 国際誌

    Iwata N, Iwama S, Sugimura Y, Yasuda Y, Nakashima K, Takeuchi S, Hagiwara D, Ito Y, Suga H, Goto M, Banno R, Caturegli P, Koike T, Oshida Y, Arima H

    Pituitary   20 巻 ( 3 ) 頁: 301 - 310   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11102-016-0780-8

    Web of Science

    PubMed

  70. Effects of clozapine on adipokine secretions/productions and lipid droplets in 3T3-L1 adipocytes.

    Tsubai T, Yoshimi A, Hamada Y, Nakao M, Arima H, Oiso Y, Noda Y

    Journal of pharmacological sciences   133 巻 ( 2 ) 頁: 79 - 87   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jphs.2017.01.004

    Web of Science

    PubMed

  71. Deficiency of PTP1B Attenuates Hypothalamic Inflammation via Activation of the JAK2-STAT3 Pathway in Microglia.

    Tsunekawa T, Banno R, Mizoguchi A, Sugiyama M, Tominaga T, Onoue T, Hagiwara D, Ito Y, Iwama S, Goto M, Suga H, Sugimura Y, Arima H

    EBioMedicine   16 巻   頁: 172 - 183   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ebiom.2017.01.007

    Web of Science

    PubMed

  72. NMDA receptor antagonist prevents cell death in the hippocampal dentate gyrus induced by hyponatremia accompanying adrenal insufficiency in rats.

    Izumida H, Takagi H, Fujisawa H, Iwata N, Nakashima K, Takeuchi S, Iwama S, Namba T, Komatu Y, Kaibuchi K, Oiso Y, Arima H, Sugimura Y

    Experimental neurology   287 巻 ( Pt 1 ) 頁: 65 - 74   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.expneurol.2016.08.007

    Web of Science

    PubMed

  73. Clinical practice and mechanism of endocrinological adverse events associated with immune checkpoint inhibitors.

    Iwama S, Arima H

    Nihon Rinsho Men'eki Gakkai kaishi = Japanese journal of clinical immunology   40 巻 ( 2 ) 頁: 90 - 94   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2177/jsci.40.90

    Scopus

    PubMed

  74. Normalization of Bilateral Adrenal Gland Enlargement after Treatment for Cryptococcosis.

    Muraoka Y, Iwama S, Arima H

    Case reports in endocrinology   2017 巻   頁: 1543149   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2017/1543149

    Web of Science

    PubMed

  75. BMP4 and FGF strongly induce differentiation of mouse ES cells into oral ectoderm. 査読有り

      15 巻 ( 2 ) 頁: 290-298   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Identification of the novel autoantigen candidate Rab GDP dissociation inhibitor alpha in isolated adenocorticotropin deficiency 査読有り

    Kiyota A, Iwama S, Sugimura Y, Takeuchi S, Takagi H, Iwata N, Nakashima K, Suzuki H, Nishioka T, Kato T, Enomoto A, Arima H, Kaibuchi K, Oiso Y

    Endocr J   62 巻 ( 2 ) 頁: 153-160   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Comparison of incidence of hyponatremia between intranasal and oral desmopressin in patients with central diabetes insipidus 査読有り

    Kataoka Y, Nishida S, Hirakawa A, Oiso Y, Arima H

    Endocr J   62 巻 ( 2 ) 頁: 195-200   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Glutamate input in the dorsal raphe nucleus as a determinant of escalated aggression in male mice 査読有り

    Takahashi A, Lee R, Iwasato T, Itohara S, Arima H, Bettler B, Miczek K, Koide T

    J Neurosci   35 巻 ( 16 ) 頁: 6452-6463   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Rabphilin-3A as a targeted autoantigen in lymphocytic infundibulo-neurohypophysitis 査読有り

    Iwama S, Sugimura Y, Kiyota A, Kato T, Enomoto A, Suzuki H, Iwata N, Takeuchi S, Nakashima K, Takagi H, Izumida H, Ochiai H, Fujisawa H, Suga H, Arima H, Shimoyama Y, Takahashi M, Nishioka H, Ishikawa SE, Shimatsu A, Caturegli P, Oiso Y

    J Clin Endocrinol Metab   100 巻 ( 7 ) 頁: E946-54   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Effect of hyperglycemia on hepatocellular carcinoma development in diabetes

    Niwa Y, Ishikawa K, Ishigami M, Honda T, Achiwa K, Izumoto T, Maekawa R, Hosokawa K, Iida A, Seino Y, Hamada Y, Goto H, Oiso Y, Arima H, Tsunekawa S

    Biochem Biophys Res Commun   463 巻 ( 3 ) 頁: 344-350   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Activating transcription factor 6a is required for the vasopressin neuron system to maintain water balance under dehydration in male mice

    Azuma Y, Hagimoto D, Lu W, Morishita Y, Suga H, Goto M, Banno R, Sugimura Y, Oyadomari S, Mori K, Shiota A, Asai N, Takahashi M, OisoY, Arima H

    Endocrinology   155 巻   頁: 4905-4914   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Minocycline prevents osmotic demyelination associated with aquaresis

    Takagi H, Sugimura Y, Suzuki H, Iwama S, Izumida H, Fujisawa H, Ogawa K, Nakashima K, Ochiai H, Takeuchi S, Kiyota A, Suga H, Goto M, Banno R, Arima H, Oiso Y

    Kidney Int   86 巻 ( 5 ) 頁: 964-964   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Mitogen-activated protein kinase phosphatase 1 negatively regulates MAPK signaling in mouse hypothalamus

    Adachi K, Goto M, Onoue T, Tsunekawa T, Shibata M, Hagimoto S, Ito Y, Banno R, Suga H, Sugimura Y, Oiso Y, Arima H

    Neurosci Lett   569 巻   頁: 49-54   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Arginine vasopressin neuronal loss results from autophagy-associated cell death in a mouse model for familial neurohypophysial diabetes insipidus 査読有り

    Hagiwara D, Arima H, Morishita Y, Wenjun L, Azuma Y, Ito Y, Suga H, Goto M, Banno R, Sugimura Y, Shiota A, Asai N, Takahashi M, Oiso Y

    Cell Death Dis   5 巻   頁: e1148   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Adipsia increases risk of death in patients with central diabetes insipidus 査読有り

    Arima H, Wakabayashi T, Nagatani T, Fujii M, Hirakawa A, Murase T, Yambe Y, Yamada T, Yamakawa F, Yamamori I, Yamauchi M, Oiso Y

    Endocr J   61 巻 ( 2 ) 頁: 143-148   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Efficacy and safety of desmopressin orally disintegrating tablet in patients with central diabetes insipidus: results of a multicenter open-label dose-titration study 査読有り

    Arima H, Oiso Y, Juul KV, Nørgaard JP

    Endocr J   60 巻 ( 9 ) 頁: 1085-1094   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. GABA Type B Receptor Signaling in Proopiomelanocortin Neurons Protects Against Obesity, Insulin Resistance and Hypothalamic Inflammation in Male Mice on a High Fat Diet. 査読有り

    Ito Y, Banno R, Shibata M, Adachi K, Hagimoto S, Hagiwara D, Ozawa Y, Goto M, Suga H, Sugimura Y, Bettler B, Oiso Y, and Arima H.

    J Neurosci   33 巻 ( 43 ) 頁: 17166-17173   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Expression of neuropeptide Y and agouti-related protein mRNA stimulated by glucocorticoids is attenuated via NF-κB p65 under ER stress in mouse hypothalamic cultures

    Hagimoto S, Arima H, Adachi K, Ito Y, Suga H, Sugimura Y, Goto M, Banno R, and Oiso Y.

    Neurosci Lett   553 巻   頁: 165-169   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Lesion of area postrema attenuated hyperphagic responses to glucoprivation but not transcriptional activation of neuropeptide Y gene in rats

    Ozawa Y, Arima H, Banno R, Ito Y, Goto M, Morishita Y, Sugimura Y, Ozaki N, Nagasaki H, Oiso Y

    Neuroreport   23 巻 ( 11 ) 頁: 673-5   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Inflammatory changes in adipose tissue enhance expression of GPR84, a medium-chain fatty acid receptor TNFα enhances GPR84 expression in adipocytes 査読有り

    Nagasaki H, Kondo T, Fuchigami M, Hashimoto H, Sugimura Y, Ozaki N, Arima H, Ota A, Hamada Y, Oiso Y

    FEBS Lett   586 巻 ( 4 ) 頁: 368-72   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. BiP mRNA expression is upregulated by dehydration in vasopressin neurons in the hypothalamus in mice

    Hagiwara D, Arima H, Morishita Y, Goto M, Banno R, Sugimura Y, Oiso Y

    Peptides   33 巻 ( 2 ) 頁: 346-50   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. TNFα increases hypothalamic PTP1B activity via the NFκB pathway in rat hypothalamic organotypic cultures 査読有り

    Ito Y, Banno R, Hagimoto S, Ozawa Y, Arima H, Oiso Y

    Regul Pept   174 巻 ( 1-3 ) 頁: 58-64   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. Reduction of Insulin Signaling Upregulates Angiopoietin-like Protein 4 Through Elevated Free Fatty Acids in Diabetic Mice 査読有り

    Mizutani N, Ozaki N, Seino Y, Fukami A, Sakamoto E, Fukuyama T, Sugimura Y, Nagasaki H, Arima H, Oiso Y.

    Exp Clin Endocrinol Diabetes   120 巻 ( 3 ) 頁: 139-44   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. Repeated glucoprivation delayed hyperphagic responses while activating neuropeptide Y neurons in rats 査読有り

    Peptides   32 巻 ( 4 ) 頁: 763-769   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Time-dependent changes in proinflammatory and neurotrophic responses of microglia and astrocytes in a rat model of osmotic demyelination syndrome 査読有り

    Glia   59 巻 ( 3 ) 頁: 452-462   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Poly(A) Tail length of neurohypophysial hormones is shortened under endoplasmic reticulum stress 査読有り

    Morishita Y, Arima H, Hiroi M, Hayashi M, Hagiwara D, Asai N, Ozaki N, Sugimura Y, Nagasaki H, Shiota A, Takahashi M, Oiso Y

    Endocrinology   152 巻 ( 12 ) 頁: 4846-55   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Minocycline prevents osmotic demyelination syndrome by inhibiting the activation of microglia 査読有り

    Suzuki H, Sugimura Y, Iwama S, Suzuki H, Ozaki N, Nagasaki H, Arima H, Sawada M, Oiso Y

    J Am Soc Nephrol   21 巻 ( 12 ) 頁: 2090-2098   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Baclofen reduced body weight in obese subjects: a pilot study. 査読有り

    Inter Med   49 巻   頁: 2043-2047   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Protective effect of hedgehog signaling on cytokine-induced cytotoxicity in pancreatic beta-cells 査読有り

    Umeda H, Ozaki N, Mizutani N, Fukuyama T, Nagasaki H, Arima H, Oiso Y

    Exp Clin Endocrinol Diabetes   118 巻 ( 10 ) 頁: 692-698   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. Mechanisms underlying progressive polyuria in familiar neurohypophysial diabetes insipidus. 招待有り 査読有り

    Arima H, Oiso Y

    J Neuroendocrinol   22 巻 ( 7 ) 頁: 754-757   2010年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  101. The feasibility study of docetaxel in patients with anaplastic thyroid cancer. 査読有り

    Kawada K, Kitagawa K, Kamei S, Inada M, Mitsuma A, Sawaki M, Kikumori T, Fujimoto Y, Arima H, Imai T, Ando Y

    Jpn J Clin Oncol   40 巻 ( 6 ) 頁: 596-599   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Activation of vasopressin neurons leads to phenotype progression in a mouse model for familial neurohypophysial diabetes insipidus. 査読有り

    Hiroi M, Morishita Y, Hayashi M, Ozaki N, Sugimura Y, Nagasaki H, Shiota A Oiso Y, Arima H.

    Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol   298 巻 ( 2 ) 頁: R486-93   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. Glucocorticoids increase NPY gene expression in the arcuate nucleus by inhibiting mTOR signaling in rat hypothalamic organotypic cultures 査読有り

    Shimizu H, Arima H, Ozawa Y, Watanabe M, Banno R, Sugimura Y, Ozaki N, Nagasaki H, Oiso Y

    Peptides   31 巻 ( 1 ) 頁: 145-149   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Improvement of respiratory failure by growth hormone replacement in a male patient with panhypopituitarism 査読有り

    Sato I, Yokoyama Y, Misaki R, Taniguchi H, Arima H, Yoshioka S

    BMJ Case Reports     2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/bcr.02.2010.2742

  105. Fos proteins are not prerequisite for osmotic induction of vasopressin transcription in supraoptic nucleus of rats 査読有り

    Arima H, Baler R, Aguilera G

    Neurosci Lett   486 巻 ( 1 ) 頁: 5-9   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. Genetic analysis of two Japanese patients with nonclassical 21-hydroxylase deficiency 査読有り

    Imamine R, Arima H, Kusakabe M, Umeda H, Sato I, Homma K, Usui T, Oiso Y

    Intern Med   48 巻 ( 9 ) 頁: 705-709   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. Central adiponectin functions to inhibit arginine vasopressin release in conscious rats. 査読有り

    Iwama S, Sugimura Y, Murase T, Hiroi M, Goto M, Hayashi M, Arima H, Oiso Y

    J Neuroendocrinol   21 巻 ( 9 ) 頁: 753-759   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. *Progressive Polyuria without Vasopressin Neuron Loss in a Mouse Model for Familial Neurohypophysial Diabetes Insipidus. 査読有り

    Hayashi M, Arima H, Ozaki N, Morishita Y, Hiroi M, Ozaki N, Nagasaki H, Kinoshita N, Ueda M, Shiota A, Oiso Y

    Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol   296 巻 ( 5 ) 頁: R1641-9   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. Inflammatory cytokines regulate glycoprotein subunit beta5 of thyrostimulin through nuclear factor-kappaB. 査読有り

    Suzuki C, Nagasaki H, Okajima Y, Suga H, Ozaki N, Arima H, Iwasaki Y, Oiso Y

    Endocrinology   150 巻 ( 5 ) 頁: 2237-2243   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. Normalization of plasma growth hormone levels improved cardiac dysfunction due to acromegalic cardiomyopathy with severe fibrosis 査読有り

    Yokota F, Arima H, Hirano M, Uchikawa T, Inden Y, Nagatani, T, Oiso Y

    BMJ Case Reports     2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/bcr.12.2009.2559

  111. The medial hypothalamus is required for the feeding response to glucoprivation but not to food deprivation 査読有り

    Watanabe M, Arima H, Ozawa Y, Goto M, Shimizu H, Banno R, Sugimura Y, Ozaki N, Nagasaki H, Oiso Y

    Neurosci Lett   464 巻 ( 1 ) 頁: 6-9   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. Direct and indirect modulation of neuropeptide Y gene expression in response to hypoglycemia in rat arcuate nucleus. 査読有り

    Watanabe M, Arima H, Kuriko Fukushima K, Goto M, Shimizu H, Hayashi M, Banno R, Sato I, Ozaki N, Nagasaki H, Oiso Y

    FEBS Lett   582 巻 ( 25-26 ) 頁: 3632-3638   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. *Increase Neuropeptide Y and Agouti-Related Peptide Gene Expression via AMP-Activated Protein Kinase Signaling in the Arcuate Nucleus of Rats. 査読有り

    Shimizu H, Arima H, Watanabe M, Goto M, Banno R, Sato I, Ozaki N, Nagasaki H, Oiso Y.

    Endocrinology   149 巻 ( 9 ) 頁: 4544-4553   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Novel treatment for lithium-induced nephrogenic diabetes insipidus rat model using the Sendai-virus vector carrying aquaporin 2 gene. 査読有り

    Suga H, Nagasaki H, Kondo TA, Okajima Y, Suzuki C, Ozaki N, Arima H, Yamamoto T, Ozaki N, Akai M, Sato A, Uozumi N, Inoue M, Hasegawa M, Oiso Y

    Endocrinology   149 巻 ( 9 ) 頁: 4544-4553   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. Ping-pong champion with adrenal insufficiency 査読有り

    Arima H, Imamine R, Oiso Y

    BMJ Case Reports     2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/bcr.10.2008.1172

  116. Biochemical roles of the oligosaccharide chains in thyrostimulin, a heterodimeric hormone of glycoprotein hormone subunits alpha 2 (GPA2) and beta 5 (GPB5) 査読有り

    Okajima Y, Nagasaki H, Suzuki C, Suga H, Ozaki N, Arima H, Hamada Y, Civelli O, Oiso Y

    Regul Pept   148 巻 ( 1-3 ) 頁: 62-67   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. Immunological insulin resistance due to insulin antibodies developed after cessation of insulin therapy in a patient with type 2 diabetes 査読有り

    Hirano M, Arima H, Oiso Y

    Diabetes Care   31 巻 ( 11 ) 頁: e84   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. Peripherally administered baclofen reduced food intake and body weight in db/db as well as diet-induced obese mice, FEBS Letters in press. 査読有り

    Sato I, Arima H, Ozaki N, Ozaki N, Watanabe M, Goto M, Shimizu H, Hayashi M, Banno R, Nagasaki H, Oiso Y.

    FEBS Lett   581 巻   頁: 4857-4864   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. Insulin is not a prerequisite for rapid regulation of neuropeptide Y gene transcription in the arcuate nucleus in food-restricted rats. 査読有り

    Goto M, Arima H, Hiroi M, Shimizu H, Watanabe M, Hayashi M, Banno R, Sato I, Ozaki N, Nagasaki H, Oiso Y

    Neurosci Lett   420 巻   頁: 61-65   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  120. Thel LIM domain homobox gene isl-1 is a positive regulator of glycoprotein alpha 2 (GPA2), a subunit of thyrostimulin. 査読有り

    Suzuki C, Nagasaki H, Okajima Y, Suga H, Arima H, Iwasaki H, Oiso Y

    Regul Pept   142 巻 ( 1-2 ) 頁: 60-7   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  121. Central administration of melanocortin agonist increased insulin sensitivity in diet-induced obese rats 査読有り

    Banno R, Arima H, Hayashi M, Goto M, Watanabe M, Sato I, Ozaki N, Nagasaki H, Ozaki N, Oiso Y

    FEBS Letters   581 巻   頁: 1131-6   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. Vasopressin gene transcription increases in response to decreases in plasma volume, but not to increases in plasma osmolality, in chronically dehydrated rats. 査読有り

    Hayashi M, Arima H, Goto M, Banno R, Watanabe M, Sato I, Nagasaki H, Oiso Y

    Am J Physiol Endocrinol Metab   290 巻   頁: E213-7   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  123. Ghrelin increases neuropeptide Y and agouti-related peptide gene expression in the arcuate nucleus in rat hypothalamic organotypic cultures. 査読有り

    Goto M, Arima H, Watanabe M, Hayashi M, Banno R, Sato I, Nagasaki H, Oiso Y

    Endocrinology   147 巻   頁: 5102-5109   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  124. Insulin inhibits neuropeptide Y gene expression in the arcuate nucleus through GABAergic systems. 査読有り

    Sato I, Arima H, Ozaki N, Watanabe M, Goto M, Hayashi M, Banno R, Nagasaki H, Oiso Y

    J Neurosci   25 巻 ( 38 ) 頁: 8657-8664   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. Leukemia inhibitory factor stimulates vasopressin release in rats. 査読有り

    Ishizaki S, Murase T, Sugimura Y, Banno R, Arima H, Miura Y, Oiso Y

    Neurosci Lett   359 巻   頁: 77-80   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. The melanocortin agonist melanotan II increases insulin sensitivity in OLETF rats. 査読有り

    Banno R, Arima H, Sato I, Hayashi M, Goto M, Sugimura Y, Murase T, Oiso Y

    Peptides   25 巻   頁: 1279-1286   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. NFAT Is Involved in the Depolarization-Induced Activation of Growth Hormone Releasing Hormone Gene Transcription In Vitro. 査読有り

    Asai M, Iwasaki Y, Yoshida M, Mutsuga-Nakayama N, Arima H, Ito M, Takano K, Oiso Y

    Mol Endocrinol   18 巻   頁: 3011-3019   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  128. Osmoregulation of vasopressin release and gene transcription under acute and chronic hypovolemia in rats. 査読有り

    Kondo N, Arima H, Banno R, Kuwahara S, Sato I, Oiso Y

    Am J Physiol Endocrinol Metab   286 巻 ( 3 ) 頁: E337-346   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. Centrally administered tuberinfundibular peptide of 39 residues inhibits arginine vasopressin release in conscious rats 査読有り

    Sugimura Y, Murase T, Ishizaki S, Tachikawa K, Arima H, Miura U, Usdin TB, Oiso Y

    Endocrinology   144 巻 ( 7 ) 頁: 2791-2796   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  130. Altered cardiovascular regulation in arginine vasopressin-overexpressing transgenic rat. 査読有り

    Tachikawa K, Yokoi H, Nagasaki H, Arima H, Murase T, Sugimura Y, Miura Y, Hirabayashi M, Oiso Y

    Am J Physiol Endocrinol Metab   285 巻 ( 6 ) 頁: E1161-1166   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  131. Regulation of vasopressin gene expression by cAMP and glucocorticoids in the parvocellualr neurons of the paraventricular nucleus in rat hypothalamic organotypidc cultures. 査読有り

    Kuwahara S, Arima H, Banno R, Sato I, Kondo N, Oiso Y

    J Neurosci   23 巻 ( 32 ) 頁: 10231-10237   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  132. Role of ghrelin in the regulation of vasopressin release in conscious rats. 査読有り

    Ishizaki S, Murase T, Sugimura Y, Kakiya S, Yokoi H, Tachikawa K, Arima H, Miura Y, Oiso Y

    Endocrinology   143 巻 ( 5 ) 頁: 1589-1593   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  133. Ciliary neurotrophic factor increases the survival of magnocellular vasopressin and oxytocin neurons in rat supraoptic nucleus in organotypic cultures 査読有り

    Rusnak M, House SB, Arima H, Gainer H

    Microsc Res Tech   56 巻 ( 2 ) 頁: 101-112   2002年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  134. Overexpression of vasopressin in the rat transgenic for the metallothionein-vasopressin fugion gene 査読有り

    Nagasaki H, Yokoi H, Arima H, Hirabayashi M, Ishizaki S, Tachikawa K, Murase T, Miura Y, Oiso Y

    J Endocrinol   173 巻 ( 1 ) 頁: 35-44   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  135. Adaptation to sustained high plasma vasopressin in water and electrolyte homeostasis in the rat transgenic for the metallothinonein-vasopressin fusion gene 査読有り

    Yokoi H, Nagasaki H, Tachikawa K, Arima H, Murase T, Miura Y, Hirabayashi M, Oiso Y

    J Endocrinol   173 巻 ( 1 ) 頁: 23-33   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  136. Neuronal activity is required for the circadian rhythm of vasopressin gene transcription in the suprachiasmatic nucleus in vivo. 査読有り

    Arima H, House SB, Gainer H, Aguilera G

    Endocrinology   143 巻   頁: 4165-4171   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. Diurnal changes in arginine vasopressin gene transcription in the rat suprachiasmatic nucleus. 査読有り

    Yambe Y, Arima H, Kakiya S, Murase T, Oiso Y

    Mol Brain Res   104 巻   頁: 132-136   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  138. Sulfonylurea receptor transgenic mice resist seizure induction and exonitoxic neuron death 査読有り

    Hernandez-Sanches C, Basile AS, Fedorova I, Arima H, Stannard B, Fernandez A, LeRoith D

      98 巻 ( 6 ) 頁: 3549-3554   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  139. Direct stimulation of arginine vasopressin gene transcription by cAMP in parvocellular neurons of the paraventricular nucleus in organotypic cultures. 査読有り

    Arima H, House SB, Gainer H, Aguilera G

    Endocrinology   142 巻   頁: 5027-5030   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  140. Role of endogenous nociception in the regulation of arginine vasopressin release in conscious rats 査読有り

    Kakiya S, Murase T, Arima H, Yokoi H, Iwasaki Y, Miura Y, Oiso Y

    Endocrinology   141 巻 ( 12 ) 頁: 4466-4471   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  141. Analysis of the vasopressin system and water regulation in genetically polydipsic mice. 査読有り

    Yambe Y, Watanabe-Tomita Y, Kakiya S, Yokoi H, Nagasaki H, Arima H, Murase T, Yuasa H, Kondo K, Yamashita H, Oiso Y

    Am J Physiol Endocrinol Metab   278 巻 ( 2 ) 頁: E189-194   2000年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  142. Vasopressinergic and Oxytocinergic neurons of Hypothalamic Supraoptic and Paraventricular Nuclei Co-express mRNA for Type-1 and Type-2 Corticotropin-Releasing Hormone Receptors. 査読有り

    Arima H, Aguilera G

    J Neuroendocrinol   12 巻   頁: 833-842   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  143. Effects of acute hypotensive stimulli on arginine vasopressin gene transcription in the rat hypothalamus. 査読有り

    Kakiya S, Arima H, Yokoi H, Murase T, Yambe Y, Oiso Y

    Am J Physiol Endocrinol Metab   279 巻 ( 4 ) 頁: E886-E892   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  144. Rapid and sensitive vasopressin heteronuclear RNA response to change in plasma osmolality. 査読有り

    Arima H, Kondo K, Kakiya S, Nagasaki H, Yokoi H, Yambe Y, Murase T, Iwasaki Y, and Oiso Y

    J Neurondocrinology   11 巻   頁: 337-341   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  145. Age-associated decrease in response of rat aquaporin-2 gene expression to dehydration 査読有り

    Terashima Y, Kondo K, Inagaki A, Yokoi H, Arima H, Murase T, Iwasaki Y, Oiso Y

    Life Sci   62 巻 ( 10 ) 頁: 873-882   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  146. Anoretic effect of pituitary adenylate cyclase activating polypeptide (PACAP) in rats:lack of evidence for involvement of hypothalamic neuropeptide gene expression. 査読有り

    Mizuno Y, Kondo K, Terashima Y, Arima H, Murase T, Oiso Y

    J Neuroendocrinol   10 巻 ( 8 ) 頁: 611-616   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  147. Central administration of urocortin inhibits vasopressin release in conscious rats. 査読有り

    Kakiya S, Yokoi H, Arima H, Iwasaki Y, Oki Y, Oiso Y.

    Neurosci Lett   248 巻 ( 2 ) 頁: 144-146   1998年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  148. Antiserum against neuropeptide FF augments vasopressin release in conscious rats 査読有り

    Yokoi H, Arima H, Kondo K, Murase T, Iwasaki Y, Yang HY, Oiso Y

    Peptides   19 巻 ( 2 ) 頁: 393-395   1998年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  149. Regulation of vasopressin synthesis and release by area postrema in rats. 査読有り

    Arima H, Kondo K, Murase T, Yokoi H, Iwasaki Y, Saito H, Oiso Y

    Endocrinology   139 巻   頁: 1481-1486   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  150. Neuropeptide FF reduces food intake in rats 査読有り

    Murase T, Arima H, Kondo K, Oiso Y

    Peptidfes   17 巻 ( 2 ) 頁: 353-354   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  151. Centrally administered neuropeptide FF inhibits arginine vasopressin release in conscious rats. 査読有り

    Arima H, Murase T, Kondo K, Iwasaki Y, and Oiso Y.

    Endocrinology   137 巻   頁: 1523-1529   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  152. Intracerebroventricular injection of adrenomedullin inhibits vasopressin release in conscious rats. 査読有り

    Yokoi H, Arima H, Murase T, Kondo K, Iwasaki Y, Oiso Y

    Neurosci Lett   216 巻 ( 1 ) 頁: 65-67   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  153. The expression of pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide (PACAP) mRNA in rat brain: possible role of endogenous PACAP in vasopressin release 査読有り

    Murase T, Kondo K, Arima H, Iwasaki Y, Ito M, Miura Y, Oiso Y

    Neurosci Lett   185 巻 ( 2 ) 頁: 103-106   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 20

  1. 下垂体の免疫関連有害事象

    岩間信太郎、有馬寛

    医学のあゆみ/医歯薬出版株式会社  2021年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 下垂体オルガノイドによるマイ・メディシン

    須賀英隆、有馬寛

    医学のあゆみ  2021年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:8   担当ページ:8   記述言語:日本語

  3. インスリンを使用していない2型糖尿病患者におけるflash glucose monitoring(FGM)による血糖コントロール

    尾上剛史 有馬寛、他( 担当: 共著)

    Calm, 先端医学社  2021年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:5   担当ページ:5   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  4. 高齢社会における人と自動車

    青木 宏文 尾上剛史 有馬寛、他

    コロナ社  2021年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  5. 抗利尿ホルモン不適切分泌症候群(SIADH)

    萩原大輔、有馬寛

    救急・集中治療 ER・ICUでの薬の使い方・考え方-エキスパートが実践する秘訣(コツ)- 2021-22'/総合医学社  2020年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:4   担当ページ:4  

  6. 特集:夜間頻尿と睡眠障害 夜間頻尿に対する薬物療法(治療後のQOL・メリットを含む) 内科の立場から(多尿・夜間多尿)

    萩原大輔、有馬寛

    PROGRESS IN MEDICINE/ライフ・サイエンス  2020年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  7. iPS細胞由来の下垂体オルガノイドを用いたホルモン補充療法

    多賀詩織、須賀英隆、木村徹、有馬寛

    Drug Delivery System  2020年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:8   担当ページ:8   記述言語:日本語

  8. 免疫チェックポイント阻害薬による内分泌障害

    小林朋子, 岩間信太郎, 有馬寛( 担当: 共著)

    臨床消化器内科  2020年5月 

     詳細を見る

    総ページ数:5   担当ページ:5   記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  9. 尿崩症

    萩原大輔、有馬寛( 担当: 共著)

    薬局2020年3月増刊号「病気と薬2000」/南山堂  2020年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:3   担当ページ:3   記述言語:日本語

  10. 中枢性尿崩症

    有馬寛( 担当: 単著)

    新臨床内科学/医学書院  2020年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:3   担当ページ:3   記述言語:日本語

  11. 内分泌疾患の最近の動向

    有馬寛( 担当: 単著)

    今日の診断指針/医学書院  2020年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:1   担当ページ:1   記述言語:日本語

  12. 高Na血症

    有馬寛( 担当: 単著)

    ライフメディコム  2009年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. 下垂体腫瘍のすべて

    有馬寛、大磯ユタカ( 担当: 共著)

    医学書院  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. 総合臨床 新版処方計画法 尿崩症(中枢性・腎性)

    有馬寛、大磯ユタカ( 担当: 共著)

    永井書院  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  15. 内分泌・糖尿病科・視床下部弓状核を介したエネルギー調節

    有馬寛( 担当: 単著)

    科学評論社  2007年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  16. ホルモンと臨床・バゾプレシンの産生・分泌機構

    有馬寛、大磯ユタカ( 担当: 共著)

    医学の世界社  2006年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  17. 日本臨床・バゾプレシン関連遺伝子改変動物

    林正幸、有馬寛、大磯ユタカ( 担当: 共著)

    日本臨床社  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  18. 最新医学・尿崩症治療の展望

    有馬寛、大磯ユタカ( 担当: 共著)

    最新医学社  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  19. ホルモンと臨床・尿崩症-最近の話題-

    有馬寛、大磯ユタカ( 担当: 共著)

    医学の世界社  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  20. 内分泌・糖尿病科・Vasopressin ニューロンシステム

    有馬寛( 担当: 単著)

    医学の世界社  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

MISC 22

  1. 中枢性尿崩症

    須賀英隆, 髙木博史, 有馬寛  

    内科(特集:内分泌Up To Date)124 巻 ( 6 ) 頁: 2441 - 2444   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  2. 視床下部と下垂体とのハイブリッド 招待有り

    須賀英隆, 有馬寛  

    月刊細胞51 巻 ( 4 ) 頁: 20 - 24   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  3. Chemical chaperone 4-phenylbutylate reduces mutant protein accumulation in the endoplasmic reticulum of arginine vasopressin neurons in a mouse model for familial neurohypophysial diabetes insipidus 査読有り 国際誌

    Masayoshi Tochiya, Daisuke Hagiwara, Yoshinori Azuma, Takashi Miyata, Yoshiaki Morishita, Hidetaka Suga, Takeshi Onoue, Taku Tsunekawa, Hiroshi Takagi, Yoshihiro Ito, Shintaro Iwama, Motomitsu Goto, Ryoichi Banno, Hiroshi Arima  

    Neuroscience Letters682 巻   頁: 50 - 55   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Ireland Ltd  

    Familial neurohypophysial diabetes insipidus (FNDI), characterized by progressive polyuria and loss of arginine vasopressin (AVP) neurons, is an autosomal dominant disorder caused by AVP gene mutations. Our previous studies with FNDI model mice demonstrated that mutant proteins accumulated in the endoplasmic reticulum (ER) of AVP neurons. Here, we examined therapeutic effects of the chemical chaperone 4-phenylbutylate (4-PBA) in FNDI mice. Treatment with 4-PBA reduced mutant protein accumulation in the ER of FNDI mice and increased AVP release, leading to reduced urine volumes. Furthermore, AVP neuron loss under salt loading was attenuated by 4-PBA treatment. These data suggest that 4-PBA ameliorated mutant protein accumulation in the ER of AVP neurons and thereby prevented FNDI phenotype progression.

    DOI: 10.1016/j.neulet.2018.06.013

    Scopus

    PubMed

  4. Functional Pituitary Tissue Generation from Human Embryonic Stem Cells. 査読有り 国際誌

    Kano M, Suga H, Kasai T, Ozone C, Arima H  

    Current protocols in neuroscience83 巻 ( 1 ) 頁: e48   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cpns.48

    PubMed

  5. 炭水化物と脂肪ではGIPによる体重増加作用やインスリン分泌促進作用は異なる

    前川 龍也, 清野 祐介, 村瀬 正敏, 尾方 秀忠, 林 良敬, 有馬 寛  

    糖尿病61 巻 ( Suppl.1 ) 頁: S - 251   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

  6. Patients With Antithyroid Antibodies Are Prone To Develop Destructive Thyroiditis by Nivolumab: A Prospective Study 査読有り 国際誌

    Kobayashi Tomoko, Iwama Shintaro, Yasuda Yoshinori, Okada Norio, Tsunekawa Taku, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Morishita Yoshiaki, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Yokota Kenji, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Hashimoto Naozumi, Ando Masahiko, Kiyoi Hitoshi, Gotoh Momokazu, Ando Yuichi, Akiyama Masashi, Hasegawa Yoshinori, Arima Hiroshi  

    JOURNAL OF THE ENDOCRINE SOCIETY2 巻 ( 3 ) 頁: 241-251   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/js.2017-00432

    PubMed

  7. 高スターチ食によるインスリン分泌増加は、KATPチャンネル依存性の系と非依存性の系により制御されている

    村瀬 正敏, 清野 祐介, 前川 龍也, 丹羽 靖浩, 尾方 秀忠, 飯田 淳史, 細川 香里, 林 良敬, 有馬 寛  

    日本病態栄養学会誌21 巻 ( Suppl. ) 頁: S - 70   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:(一社)日本病態栄養学会  

  8. Chronic high-sucrose diet increases fibroblast growth factor 21 production and energy expenditure in mice 国際誌

    Ryuya Maekawa, Yusuke Seino, Hidetada Ogata, Masatoshi Murase, Atsushi Iida, Kaori Hosokawa, Erina Joo, Norio Harada, Shin Tsunekawa, Yoji Hamada, Yutaka Oiso, Nobuya Inagaki, Yoshitaka Hayashi, Hiroshi Arima  

    JOURNAL OF NUTRITIONAL BIOCHEMISTRY49 巻   頁: 71 - 79   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Excess carbohydrate intake causes obesity in humans. On the other hand, acute administration of fructose, glucose or sucrose in experimental animals has been shown to increase the plasma concentration of anti-obesity hormones such as glucagon-like peptide 1 (GLP-1) and Fibroblast growth factor 21 (FGF21), which contribute to reducing body weight. However, the secretion and action of GLP-1 and FGF21 in mice chronically fed a high-sucrose diet has not been investigated. To address the role of anti-obesity hormones in response to increased sucrose intake, we analyzed mice fed a high-sucrose diet, a high-starch diet or a normal diet for 15 weeks. Mice fed a high-sucrose diet showed resistance to body weight gain, in comparison with mice fed a high-starch diet or control diet, due to increased energy expenditure. Plasma FGF21 levels were highest among the three groups in mice fed a high-sucrose diet, whereas no significant difference in GLP-1 levels was observed. Expression levels of uncoupling protein 1 (UCP-1), FGF receptor 1c (FGFR1c) and beta-klotho (KLB) mRNA in brown adipose tissue were significantly increased in high sucrose-fed mice, suggesting increases in FGF21 sensitivity and energy expenditure. Expression of carbohydrate responsive element binding protein (ChREBP) mRNA in liver and brown adipose tissue was also increased in high sucrose-fed mice. These results indicate that FGF21 production in liver and brown adipose tissue is increased in high-sucrose diet and participates in resistance to weight gain. (C) 2017 The Authors. Published by Elsevier Inc.

    DOI: 10.1016/j.jnutbio.2017.07.010

    Web of Science

    PubMed

  9. Randomized controlled trial for assessment of Internet of Things system to guide intensive glucose control in diabetes outpatients: Nagoya Health Navigator Study protocol 査読有り 国際誌

    Takeshi Onoue, Motomitsu Goto, Tomoko Kobayashi, Takashi Tominaga, Masahiko Ando, Hiroyuki Honda, Yasuko Yoshida, Takahiro Tosaki, Hisashi Yokoi, Sawako Kato, Shoichi Maruyama, Hiroshi Arima  

    Nagoya Journal of Medical Science79 巻 ( 3 ) 頁: 323 - 329   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Nagoya University  

    The Internet of Things (IoT) allows collecting vast amounts of health-relevant data such as daily activity, body weight (BW), and blood pressure (BP) automatically. The use of IoT devices to monitor diabetic patients has been studied, but could not evaluate IoT-dependent effects because health data were not measured in control groups. This multicenter, open-label, randomized, parallel group study will compare the impact of intensive health guidance using IoT and conventional medical guidance on glucose control. It will be conducted in outpatients with type 2 diabetes for a period of 6 months. IoT devices to measure amount of daily activity, BW, and BP will be provided to IoT group patients. Healthcare professionals (HCPs) will provide appropriate feedback according to the data. Non-IoT control, patients will be given measurement devices that do not have a feedback function. The primary outcome is glycated hemoglobin at 6 months. The study has already enrolled 101 patients, 50 in the IoT group and 51 in the non-IoT group, at the two participating outpatient clinics. The baseline characteristics of two groups did not differ, except for triglycerides. This will be the first randomized, controlled study to evaluate IoT-dependent effects of intensive feedback from HCPs. The results will validate a new method of health-data collection and provision of feedback suitable for diabetes support with increased effectiveness and low cost.

    DOI: 10.18999/nagjms.79.3.323

    Scopus

    PubMed

  10. Randomized controlled trial for assessment of Internet of Things system to guide intensive glucose control in diabetes outpatients: Nagoya Health Navigator Study protocol 国際誌

    Takeshi Onoue, Motomitsu Goto, Tomoko Kobayashi, Takashi Tominaga, Masahiko Ando, Hiroyuki Honda, Yasuko Yoshida, Takahiro Tosaki, Hisashi Yokoi, Sawako Kato, Shoichi Maruyama, Hiroshi Arima  

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE79 巻 ( 3 ) 頁: 323 - 329   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:NAGOYA UNIV, SCH MED  

    The Internet of Things (IoT) allows collecting vast amounts of health-relevant data such as daily activity, body weight (BW), and blood pressure (BP) automatically. The use of IoT devices to monitor diabetic patients has been studied, but could not evaluate IoT-dependent effects because health data were not measured in control groups. This multicenter, open-label, randomized, parallel group study will compare the impact of intensive health guidance using IoT and conventional medical guidance on glucose control. It will be conducted in outpatients with type 2 diabetes for a period of 6 months. IoT devices to measure amount of daily activity, BW, and BP will be provided to IoT group patients. Healthcare professionals (HCPs) will provide appropriate feedback according to the data. Non-IoT control, patients will be given measurement devices that do not have a feedback function. The primary outcome is glycated hemoglobin at 6 months. The study has already enrolled 101 patients, 50 in the IoT group and 51 in the non-IoT group, at the two participating outpatient clinics. The baseline characteristics of two groups did not differ, except for triglycerides. This will be the first randomized, controlled study to evaluate IoT-dependent effects of intensive feedback from HCPs. The results will validate a new method of health-data collection and provision of feedback suitable for diabetes support with increased effectiveness and low cost.

    DOI: 10.18999/nagjms.79.3.323

    Web of Science

    PubMed

  11. Sequestosome 1 (SQSTMI/p62) maintains protein folding capacity under endoplasmic reticulum stress in mouse hypothalamic organotypic culture 国際誌

    Takashi Tominaga, Motomitsu Goto, Takeshi Onoue, Akira Mizoguchi, Mariko Sugiyama, Taku Tsunekawa, Daisuke Hagiwara, Yoshiaki Morishita, Yoshihiro Ito, Shintaro Iwama, Hidetaka Suga, Ryoichi Banno, Hiroshi Arima  

    NEUROSCIENCE LETTERS656 巻   頁: 103 - 107   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    Sequestosome 1 (SQSTM1) also known as ubiquitin-binding protein p62 (p62) is a cargo protein involved in the degradation of misfolded proteins via selective autophagy. Disruption of autophagy and resulting accumulation of misfolded proteins in the endoplasmic reticulum (ER) leads to ER stress. ER stress is implicated in several neurodegenerative diseases and obesity. As knockout of p62 (p62KO) reportedly induces obesity in mice, we examined how p62 contributes to ER stress and the ensuing unfolded protein response (UPR) in hypothalamus using mouse organotypic cultures in the present study. Cultures from p62KO mice showed significantly reduced formation of LC3-GFP puncta, an index of autophagosome formation, in response to the chemical ER stressor thapsigargin compared to wild-type (WT) cultures. Hypothalamic cultures from p62KO mice exhibited higher basal expression of the UPR/ER stress markers CHOP mRNA and ATF4 mRNA than WT cultures. Thapsigargin enhanced CHOP, ATF4, and BiP mRNA as well as p-elF2 alpha protein expression in both NWT and p62KO cultures, but all peak values were greater in p621(0 cultures. A proteasome inhibitor increased p62 expression in WT cultures and upregulated the UPR/ER stress markers CHOP mRNA and ATF4 mRNA in both genotypes, but to a greater extent in p62KO cultures. Therefore, p62 deficiency disturbed autophagosome formation and enhanced both basal and chemically induced ER stress, suggesting that p62 serves to prevent ER stress in mouse hypothalamus by maintaining protein folding capacity. (C) 2017 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.neulet.2017.06.014

    Web of Science

    PubMed

  12. Anti-pituitary antibodies against corticotrophs in IgG4-related hypophysitis 国際誌

    Naoko Iwata, Shintaro Iwama, Yoshihisa Sugimura, Yoshinori Yasuda, Kohtaro Nakashima, Seiji Takeuchi, Daisuke Hagiwara, Yoshihiro Ito, Hidetaka Suga, Motomitsu Goto, Ryoichi Banno, Patrizio Caturegli, Teruhiko Koike, Yoshiharu Oshida, Hiroshi Arima  

    PITUITARY20 巻 ( 3 ) 頁: 301 - 310   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Purpose IgG4-related disease is a systemic inflammatory disease characterized by infiltration of IgG4-positive plasma cells into multiple organs, including the pituitary gland. Autoimmunity is thought to be involved in the pathogenesis of IgG4-related disease. The diagnosis of IgG4-related hypophysitis (IgG4-RH) is difficult because its clinical features, such as pituitary swelling and hypopituitarism, are similar to those of other pituitary diseases, including lymphocytic hypophysitis and sellar/suprasellar tumors. The presence and significance of anti-pituitary antibodies (APA) in IgG4-RH is unclear.
    Methods In this case-control study, we used single indirect immunofluorescence on human pituitary substrates to assess the prevalence of serum APA in 17 patients with IgG4-RH, 8 control patients with other pituitary diseases (lymphocytic infundibulo-neurohypophysitis, 3; craniopharyngioma, 2; germinoma, 3), and 9 healthy subjects.We further analyzed the endocrine cells targeted by the antibodies using double indirect immunofluorescence.
    Results APA were found in 5 of 17 patients with IgG4-RH (29%), and in none of the pituitary controls or healthy subjects. The endocrine cells targeted by the antibodies in the 5 IgG4-RH cases were exclusively corticotrophs. Antibodies were of the IgG1 subclass, rather than IgG4, in all 5 cases, suggesting that IgG4 is not directly involved in the pathogenesis. Finally, antibodies recognized pro-opiomelanocortin in 2 of the cases.
    Conclusions Our study suggests that autoimmunity is involved in the pathogenesis of IgG4-RH and that corticotrophs are the main antigenic target, highlighting a possible new diagnostic marker for this condition.

    DOI: 10.1007/s11102-016-0780-8

    Web of Science

    PubMed

  13. S100B impairs glycolysis via enhanced poly(ADP-ribosyl) ation of glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase in rodent muscle cells 国際誌

    Kaori Hosokawa, Yoji Hamada, Atsushi Fujiya, Masatoshi Murase, Ryuya Maekawa, Yasuhiro Niwa, Takako Izumoto, Yusuke Seino, Shin Tsunekawa, Hiroshi Arima  

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-ENDOCRINOLOGY AND METABOLISM312 巻 ( 6 ) 頁: E471 - E481   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER PHYSIOLOGICAL SOC  

    S100 calcium-binding protein B (S100B), a multifunctional macromolecule mainly expressed in nerve tissues and adipocytes, has been suggested to contribute to the pathogenesis of obesity. To clarify the role of S100B in insulin action and glucose metabolism in peripheral tissues, we investigated the effect of S100B on glycolysis in myoblast and myotube cells. Rat myoblast L6 cells were treated with recombinant mouse S100B to examine glucose consumption, lactate production, glycogen accumulation, glycolytic metabolites and enzyme activity, insulin signaling, and poly(ADP-ribosyl)ation of glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase (GAPDH). Glycolytic metabolites were investigated by enzyme assays or metabolome analysis, and insulin signaling was assessed by Western blot analysis. Enzyme activity and poly(ADP-ribosyl) ation of GAPDH was evaluated by an enzyme assay and immunoprecipitation followed by dot blot with an anti-poly(ADP-ribose) antibody, respectively. S100B significantly decreased glucose consumption, glucose analog uptake, and lactate production in L6 cells, in either the presence or absence of insulin. In contrast, S100B had no effect on glycogen accumulation and insulin signaling. Metabolome analysis revealed that S100B increased the concentration of glycolytic intermediates upstream of GAPDH. S100B impaired GAPDH activity and increased poly(ADP-ribosyl) ated GAPDH proteins. The effects of S100B on glucose metabolism were mostly canceled by a poly(ADP-ribose) polymerase inhibitor. Similar results were obtained in C2C12 myotube cells. We conclude that S100B as a humoral factor may impair glycolysis in muscle cells independent of insulin action, and the effect may be attributed to the inhibition of GAPDH activity from enhanced poly(ADP-ribosyl) ation of the enzyme.

    DOI: 10.1152/ajpendo.00328.2016

    Web of Science

    PubMed

  14. PTP1B deficiency improves hypothalamic insulin sensitivity resulting in the attenuation of AgRP mRNA expression under high-fat diet conditions 国際誌

    Mariko Sugiyama, Ryoichi Banno, Akira Mizoguchi, Takashi Tominaga, Taku Tsunekawa, Takeshi Onoue, Daisuke Hagiwara, Yoshihiro Ito, Yoshiaki Morishita, Shintaro Iwama, Motomitsu Goto, Hidetaka Suga, Hiroshi Arima  

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS488 巻 ( 1 ) 頁: 116 - 121   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Hypothalamic insulin receptor signaling regulates energy balance and glucose homeostasis via agouti related protein (AgRP). While protein tyrosine phosphatase 1B (PTP1B) is classically known to be a negative regulator of peripheral insulin signaling by dephosphorylating both insulin receptor beta (IR beta) and insulin receptor substrate, the role of PTP1B in hypothalamic insulin signaling remains to be fully elucidated. In the present study, we investigated the role of PTP1B in hypothalamic insulin signaling using PTP1B deficient (KO) mice in vivo and ex vivo. For the in vivo study, hypothalamic insulin resistance induced by a high-fat diet (HFD) improved in KO mice compared to wild-type (WT) mice. Hypothalamic AgRP mRNA expression levels were also significantly decreased in KO mice independent of body weight changes. In an ex vivo study using hypothalamic organotypic cultures, insulin treatment significantly increased the phosphorylation of both IR beta and Akt in the hypothalamus of KO mice compared to WT mice, and also significantly decreased AgRP mRNA expression levels in KO mice. While incubation with inhibitors of phosphatidylinositol-3 kinase (PI3K) had no effect on basal levels of Akt phosphorylation, these suppressed insulin induction of Akt phosphorylation to almost basal levels in WT and KO mice. The inhibition of the PI3K-Akt pathway blocked the downregulation of AgRP mRNA expression in KO mice treated with insulin. These data suggest that PTP1B acts on the hypothalamic insulin signaling via the PI3K-Akt pathway. Together, our results suggest a deficiency of PTP1B improves hypothalamic insulin sensitivity resulting in the attenuation of AgRP mRNA expression under HFD conditions. (C) 2017 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.05.019

    Web of Science

    PubMed

  15. 慢性的な高スクロース負荷はFGF21分泌と基礎代謝を亢進させる

    前川 龍也, 清野 祐介, 村瀬 正敏, 細川 香里, 林 良敬, 有馬 寛  

    日本内分泌学会雑誌93 巻 ( 1 ) 頁: 331 - 331   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

  16. 高蛋白質食負荷は、グルカゴン分泌増加を介して肝臓のアミノ酸代謝を規定する

    前川 龍也, 高野 悠子, 清野 祐介, 村瀬 正敏, 有馬 寛, 林 良敬  

    糖尿病60 巻 ( Suppl.1 ) 頁: S - 262   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

  17. 高スターチ食によるインスリン分泌増加の機序の検討

    村瀬 正敏, 清野 祐介, 前川 龍也, 林 良敬, 有馬 寛  

    糖尿病60 巻 ( Suppl.1 ) 頁: S - 469   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

  18. Deficiency of PTP1B Attenuates Hypothalamic Inflammation via Activation of the JAK2-STAT3 Pathway in Microglia

    Taku Tsunekawa, Ryoichi Banno, Akira Mizoguchi, Mariko Sugiyama, Takashi Tominaga, Takeshi Onoue, Daisuke Hagiwara, Yoshihiro Ito, Shintaro Iwama, Motomitsu Goto, Hidetaka Suga, Yoshihisa Sugimura, Hiroshi Arima  

    EBIOMEDICINE16 巻   頁: 172 - 183   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Protein tyrosine phosphatase 1B (PTP1B) regulates leptin signaling in hypothalamic neurons via the JAK2-STAT3 pathway. PTP1B has also been implicated in the regulation of inflammation in the periphery. However, the role of PTP1B in hypothalamic inflammation, which is induced by a high-fat diet (HFD), remains to be elucidated. Here, we showed that STAT3 phosphorylation (p-STAT3) was increased in microglia in the hypothalamic arcuate nucleus of PTP1B knock-out mice (KO) on a HFD, accompanied by decreased Tnf and increased Il10 mRNA expression in the hypothalamus compared to wild-type mice (WT). In hypothalamic organotypic cultures, incubation with TNF alpha led to increased p-STAT3, accompanied by decreased Tnf and increased Il10 mRNA expression, in KO compared to WT. Incubation with p-STAT3 inhibitors or microglial depletion eliminated the differences in inflammation between genotypes. These data indicate an important role of JAK2-STAT3 signaling negatively regulated by PTP1B in microglia, which attenuates hypothalamic inflammation under HFD conditions. (C) 2017 The Authors. Published by Elsevier B.V. This is an open access article under the CC BY-NC-ND license (http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/).

    DOI: 10.1016/j.ebiom.2017.01.007

    Web of Science

    PubMed

  19. Effects of clozapine on adipokine secretions/productions and lipid droplets in 3T3-L1 adipocytes.

    Tomomi Tsubai, Akira Yoshimi, Yoji Hamada, Makoto Nakao, Hiroshi Arima, Yutaka Oiso, Yukihiro Noda  

    Journal of pharmacological sciences133 巻 ( 2 ) 頁: 79 - 87   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Clozapine, a second-generation antipsychotic (SGA), is a cause of side effects related to metabolic syndrome. The participation of serotonin 5-HT2C and histamine H1 receptors in the central nervous system has been reported as a mechanism of the weight gain caused by clozapine. In the present study, we investigated the direct pharmacological action of clozapine on the 3T3-L1 adipocytes and compared it to that of blonanserin, an SGA with low affinity for both receptors. Short-term exposure to clozapine decreased secretion and mRNA expression of leptin. Long-term exposure decreased leptin as well as adiponectin secretion, and further increased lipid droplets accumulation. However, short- and long-term exposures to blonanserin did not affect these parameters. A selective serotonin 5-HT2C, but not a histamine H1, receptor antagonist enhanced the decreased secretion of leptin induced by short-term exposure to clozapine, but did not affect the increased accumulation of lipid droplets. Our findings indicate that clozapine, but not blonanserin, strongly and directly affected the secretion of adipokines, such as leptin, in adipocytes and caused adipocyte enlargement.

    DOI: 10.1016/j.jphs.2017.01.004

    PubMed

  20. NMDA receptor antagonist prevents cell death in the hippocampal dentate gyrus induced by hyponatremia accompanying adrenal insufficiency in rats

    Hisakazu Izumida, Hiroshi Takagi, Haruki Fujisawa, Naoko Iwata, Kohtaro Nakashima, Seiji Takeuchi, Shintaro Iwama, Takashi Namba, Yukio Komatu, Kozo Kaibuchi, Yutaka Oiso, Hiroshi Arima, Yoshihisa Sugimura  

    EXPERIMENTAL NEUROLOGY287 巻 ( Pt 1 ) 頁: 65 - 74   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Selective apoptosis of granule cells in the hippocampal dentate gyrus (DG) of rats with bilateral adrenalectomy (ADX) and in patients who died of adrenal insufficiency has been reported. Although adrenal insufficiency is a common disease and is usually associated with hyponatremia, its effect on the central nervous system and in apoptosis in the hippocampus remain to be elucidated. Using rat models to represent clinical hyponatremia accompanying adrenal insufficiency, we show that reduced serum [Na+] was associated with selective apoptosis in the DG. Nine days after ADX, apoptotic cells were observed in the DG of rats whose serum [Na+] was <125 mEq/L (moderate hyponatremia), but rarely in those whose serum [Na+] was 125 mEq/L or in normonatremic rats. Although all hyponatremic ADX rats survived following treatment with corticosterone and saline started 7 days after ADX when apoptosis had not yet occurred, selective apoptosis on day 9 was not prevented in moderately hyponatremic rats. Interestingly, treatment with memantine, a noncompetitive NMDAR antagonist, prevented the selective apoptosis in the DG in moderately hyponatremic, ADX rats, and improved electrophysiological dysfunction, including impaired basal synaptic transmission and long-term potentiation at the entorhinal cortex-DG synapses. These results demonstrated that in adrenal insufficient rats, hyponatremia was associated with apoptosis in the DG, and that memantine prevented the apoptosis and improved cell function. Our data imply the importance of assessing the possibility of neurological impairments after treatment with CORT in patients with moderate or severe hyponatremia accompanying adrenal insufficiency and that memantine may represent a beneficial therapeutic strategy to prevent neurological impairments in such patients. (C) 2016 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.expneurol.2016.08.007

    Web of Science

    PubMed

  21. Clinical practice and mechanism of endocrinological adverse events associated with immune checkpoint inhibitors.

    Iwama S, Arima H  

    Nihon Rinsho Men'eki Gakkai kaishi = Japanese journal of clinical immunology40 巻 ( 2 ) 頁: 90-94   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    DOI: 10.2177/jsci.40.90

    PubMed

  22. Normalization of Bilateral Adrenal Gland Enlargement after Treatment for Cryptococcosis

    Muraoka Yuka, Iwama Shintaro, Arima Hiroshi  

    CASE REPORTS IN ENDOCRINOLOGY2017 巻   頁: 1543149   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2017/1543149

    PubMed

▼全件表示

講演・口頭発表等 80

  1. バソプレシンニューロンと小胞体ストレス 招待有り

    有馬寛

    第35回日本下垂体研究会学術集会  2021年8月20日  日本下垂体研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福岡  

  2. ナトリウム代謝異常 招待有り

    有馬寛

    第94回日本内分泌学会学術総会  2021年4月22日  日本内分泌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:群馬  

  3. 中枢神経によるエネルギーバランスの調節 招待有り

    有馬寛

    第41回日本肥満学会  2021年3月20日  日本肥満学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  4. 免疫チェックポイント阻害薬による内分泌障害の診断と治療 招待有り

    有馬寛

    第21回日本内分泌学会近畿支部学術集会  2020年11月7日  日本内分泌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪  

  5. Management of immune-related adverse events in endocrine organs induced by immune checkpoint inhibitors 招待有り 国際会議

    Arima Hiroshi

    AOCE-SICEM 2020 (The 17th Asia-Oceania Congress of Endocrinology and the 8th Seoul International Congress of Endocrinology and Metabolism)  2020年10月  Korean Endocrine Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語  

  6. 糖代謝異常を呈する内分泌疾患の診断と治療 招待有り 国際共著

    有馬寛

    第54回糖尿病学の進歩  2020年9月2日  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  7. 間脳下垂体機能障害に関する調査研究班の取り組み 招待有り 国際共著

    有馬寛

    第93回日本内分泌学会学術総会  2020年7月  日本内分泌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  8. 免疫チェックポイント阻害薬による内分泌障害 招待有り

    有馬寛

    第93回日本内分泌学会学術総会  2020年7月  日本内分泌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  9. Diagnosis and treatment of central diabetes insipidus 招待有り

    Arima Hiroshi

    Online Symposium of the Korean Endocrine Society  Korean Endocrine Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  10. AVPの最近の進歩 招待有り

    有馬寛

    日本内分泌学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  11. 免疫チェックポイント阻害薬による内分泌関連の副作用と対策 招待有り

    有馬寛

    日本内科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  12. Novel approach to rescue vasopressin neuron functioning in familial diabetes insipidus 招待有り 国際会議

    Hiroshi Arima

    WCNH2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Israel   国名:イスラエル国  

  13. 体重コントロールを目指した糖尿病治療 招待有り

    有馬寛

    日 第7回日本くすりと糖尿病学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  14. バソプレシンからのアプローチ 招待有り

    有馬寛

    第91回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:宮崎   国名:日本国  

  15. 術後の水バランスの管理 招待有り

    有馬寛

    第28回日本間脳下垂体腫瘍学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:浜松   国名:日本国  

  16. 中枢性尿崩症の診断と治療 招待有り

    有馬寛

    第27回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  17. 低ナトリウム血症 招待有り

    有馬寛

    第27回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  18. 体液調節の臨床 招待有り

    有馬寛

    第35回内分泌代謝学サマーセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:群馬   国名:日本国  

  19. 免疫チェックポイント阻害薬による下垂体機能障害 招待有り

    有馬寛

    第90回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  20. A new in vitro model using mouse iPS cells to study endoplasmic reticulum stress in vasopressin neurons 招待有り

    Hiroshi Arima

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  21. 間脳下垂体(後葉) 招待有り

    有馬寛

    日本内分泌学会 第3回生涯教育講習会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:大宮   国名:日本国  

  22. 低ナトリウム血症 招待有り

    有馬寛

    第26回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:大宮   国名:日本国  

  23. バソプレシンニューロンにおけるER-associated compartment (ERAC)の形成 招待有り

    有馬寛

    BMB 2015  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  24. 肥満とストレス 招待有り

    有馬寛

    第36回日本肥満学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  25. Formation of Endoplasmic Reticulum-Associated Compartment (ERAC) in Vasopressin Neurons: A Mechanism by Which ER Stress Is Reduced 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  26. 中枢性尿崩症の治療の新展開 招待有り

    有馬寛

    第41回日本神経内分泌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月 - 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  27. バゾプレシンニューロンと小胞体ストレス 招待有り

    有馬寛

    第87回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  28. 中枢性尿崩症 招待有り

    有馬寛

    第23回 臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  29. Mechanisms underlying glucocorticoid-induced changes in feeding behavior 招待有り

    Hiroshi Arima

    THE 36th Naito Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  30. Aggregate formation in endoplasmic reticulum of vasopressin neurons in familial diabetes insipidus model mice 招待有り 国際会議

    Hiroshi Arima

    WCNH2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Bristol   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  31. 中枢性尿崩症の診断と治療 招待有り

    有馬寛

    第85回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  32. バゾプレシンニューロンにおける 小胞体ストレスと中枢性尿崩症 招待有り 国際会議

    有馬寛

    第85回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  33. 視床下部GABABシステムによる エネルギーバランスの調節 招待有り

    有馬寛

    第32回日本肥満学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:淡路島   国名:日本国  

  34. バゾプレシン分泌異常症 招待有り

    有馬寛 椙村益久 石川三衛 大磯ユタカ

    第84回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  35. Polyuria progressed in the absence of vasopressin neuron loss in a mouse model for familial neurohypophysial diabetes insipidus 招待有り 国際会議

    Hiroshi Arima

    WCNH2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  36. バゾプレシン分泌障害の分子メカニズム

    第81回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  37. Regulation of neuropeptide Y gene expression in arcuate nucleus by glucocorticoids

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  38. エネルギー調節におけるグルココルチコイドとAMPキナーゼの関係

    第26回内分泌代謝学サマーセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  39. Regulation of neuropeptide Y gene expression in the arcuate nucleus

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  40. Mechanisms underlying progressive polyuria in a mouse model for familial neurohypophysial diabetes insipidus 国際会議

    Arima H, Oiso Y

    The 7th International Congress NEUROENDOCRINOLOGY 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:フランス共和国  

  41. 多尿が明らかでない中枢性尿崩症

    有馬寛、大磯ユタカ

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  42. 末梢シグナルによる視床下部弓状核ニューロペプタイドY遺伝子発現の調節

    有馬寛、大磯ユタカ

    第50回日本糖尿病学会年次学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  43. グルココルチコイドによるバゾプレシン分泌調節

    第17回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  44. Rapid increases in neuropeptide Y gene transcription in the arcuate nucleus in response to hypoglycemia in rats 国際会議

    Society for Neuroscience 36th anual meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  45. Estrogen accelerated progressive polyuria in female knock-in mice for familial neurohypopheseal diabetes insipidus. 国際会議

    Society for Neuroscience 36th anual meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  46. 視床下部を介したエネルギー調節

    有馬寛、大磯ユタカ

    第79回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  47. メラノコルチン4型受容体アゴニストの中枢投与が白色脂肪の分化増殖を誘導し、adiponectinおよびleptinの発現を促進する

    坂野僚一、有馬寛、後藤資実、林正幸、渡邉峰守、佐藤郁子、大磯ユタカ

    第49回日本糖尿病学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  48. 家族性中枢性尿崩症

    有馬寛、林正幸、大磯ユタカ

    第79回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  49. 水電解質バランスのコントロールに苦慮する症例

    有馬寛、大磯ユタカ

    第16回臨床内分泌代謝Update 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  50. Changes in neuropeptide Y gene transcription in the arcuate nucleus in schedule-fed rats. 国際会議

    Society for Neuroscience 35th annual meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  51. Insulin inhibits neuropeptide Y gene expression in the arcuate nucleus through GABAergic systems. 国際会議

    Society for Neuroscience 35th annual meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  52. Central administration of melanotan II, a melanocortin agonist, decreased the size of adipocyte and increased the serum levels of adiponectin and leptin in diet-induced obesity rats. 国際会議

    Society for Neuroscience 35th annual meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  53. インスリンは視床下部弓状核におけるGlutamic Acid Decarboxylase (GAD) 遺伝子発現を増強する-視床下部器官培養における検討-

    佐藤郁子、有馬寛、後藤資実、林正幸、坂野僚一、大磯ユタカ

    第78回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  54. Acute hypovolemia, but not osmotic stimuli, increased vasopressin gene transcription in water-deprived rats. 国際会議

    2005 World Congress of Neurohypophysial Hormones 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  55. グレリンがprotein kinase Cを介して弓状核neuropeptide Yの遺伝子発現を増強する

    後藤資実、有馬寛、佐藤郁子、坂野僚一、林正幸、大磯ユタカ

    第32回日本神経内分泌学会/第20回日本下垂体研究会 合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  56. 絶食後のrefeedingにより視床下部弓状核におけるGABAシステムが活性化される

    佐藤郁子、有馬寛、後藤資実、林正幸、坂野僚一、大磯ユタカ

    第32回日本神経内分泌学会/第20回日本下垂体研究会 合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  57. 慢性脱水下におけるvasopressin(AVP)転写調節機構の検討

    有馬寛、林正幸、後藤資実、坂野僚一、佐藤郁子、大磯ユタカ

    第78回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  58. 変異遺伝子導入マウスを用いた家族性中枢性尿崩症の病因の検討

    林正幸、有馬寛、後藤資実、坂野僚一、佐藤郁子、大磯ユタカ

    第78回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  59. メラノコルチン4型受容体(MC4R)アゴニストであるMTIIの中枢投与が白色脂肪細胞を小型化しアディポネクチン分泌を促進する

    坂野僚一、有馬寛、後藤資実、林正幸、佐藤郁子、尾崎紀之、大磯ユタカ

    第48回日本糖尿病学会年次学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  60. 時間制限給餌下におけるインスリン分泌と弓状核Neuropeptide Y 遺伝子転写活性の変化

    後藤資実、有馬寛、佐藤郁子、坂野僚一、林正幸、大磯ユタカ

    第48回日本糖尿病学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  61. 遺伝子組換えマウスによる家族性中枢性尿崩症の病因の検討(第2報)

    林正幸、有馬寛、尾崎紀之、塩田明、木下憲明、中嶋光代、長崎弘、上田正次、杉浦康夫、大磯ユタカ

    第15回バソプレシン研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  62. グレリンによる弓状核neuropeptide Y 遺伝子発現調節―視床下部器官培養を用いた検討―

    後藤資実、有馬寛、佐藤郁子、坂野僚一、林正幸、大磯ユタカ

    第31回日本神経内分泌学会総会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  63. インスリンはGABAを介して弓状核におけるneuropeptide Yの遺伝子発現を抑制する

    佐藤郁子、有馬寛、後藤資実、林正幸、坂野僚一、大磯ユタカ

    第77回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  64. 家族性中枢性尿崩症の変異遺伝子を導入したノックインマウスの作製

    林正幸、有馬寛、尾崎紀之、塩田明、木下憲明、中嶋光代、長崎弘、上田正次、杉浦康夫、大磯ユタカ

    第77回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  65. Melanocortin agonist中枢投与が高脂肪食によるインスリン抵抗性を改善する

    坂野僚一、有馬寛、後藤資実、林正幸、佐藤郁子、大磯ユタカ

    第47回日本糖尿病学会年次学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  66. バゾプレシン遺伝子の発現調節

    有馬寛

    第14回バゾプレシン研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  67. 遺伝子組換えマウスによる家族性中枢性尿崩症の病因の検討

    林正幸、有馬寛、尾崎紀之、塩田明、木下憲明、中嶋光代、長崎弘、上田正次、杉浦康夫、大磯ユタカ

    第14回バゾプレシン研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  68. Insulin inhibits neuropeptide Y expression in the arcuate nucleus through GABAergic neurons in the hypothalamic organotypic cultures. 国際会議

    The Endocrine Society s 86th Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  69. Central administration of melanocortin agonist improves insulin resistance caused by high fat diet in rats. 国際会議

    The Endocrine Society s 86th Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  70. AVPの最近の進歩 招待有り 国際会議

    有馬寛

    日本内分泌学会  2019年6月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:仙台  

  71. 免疫チェックポイント阻害薬による内分泌関連の副作用と対策 招待有り 国際会議

    有馬寛

    日本内科学会  2019年4月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋  

  72. Novel approach to rescue vasopressin neuron functioning in familial diabetes insipidus 招待有り

    Hiroshi Arima

    WCNH2019  2019年4月8日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Israel  

  73. 体重コントロールを目指した糖尿病治療 招待有り 国際会議

    有馬寛

    日 第7回日本くすりと糖尿病学会学術集会  2018年10月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋  

  74. バソプレシンからのアプローチ 招待有り 国際会議

    有馬寛

    第91回日本内分泌学会学術総会  2018年4月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:宮崎  

  75. 術後の水バランスの管理 招待有り 国際会議

    有馬寛

    第28回日本間脳下垂体腫瘍学会  2018年2月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:浜松  

  76. 中枢性尿崩症の診断と治療 招待有り 国際会議

    有馬寛

    第27回臨床内分泌代謝Update  2017年11月24日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:神戸  

  77. 低ナトリウム血症 招待有り 国際会議

    有馬寛

    第27回臨床内分泌代謝Update  2017年11月24日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:神戸  

  78. 体液調節の臨床 招待有り 国際会議

    有馬寛

    第35回内分泌代謝学サマーセミナー  2017年7月13日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:群馬  

  79. 免疫チェックポイント阻害薬による下垂体機能障害 招待有り 国際会議

    有馬寛

    第90回日本内分泌学会学術総会  2017年4月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:京都  

  80. A new in vitro model using mouse iPS cells to study endoplasmic reticulum stress in vasopressin neurons 招待有り 国際会議

    Hiroshi Arima

    The 94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan  2017年3月28日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:浜松  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 9

  1. 糖尿病患者における自己血糖測定記録電子化およびクラウドを介した主治医との共有による糖代謝改善効果の検討

    2019年7月 - 現在

  2. ヒト多能性幹細胞を用いた下垂体機能低下症に対する再生医療の技術開発

    2018年4月 - 現在

    日本医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワーク事業技術開発個別課題 

    須賀英隆

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 間脳下垂体機能障害に関する調査研究

    2017年4月 - 現在

    科学技術振興調整費 

    有馬寛

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. IoT活用による糖尿病重症化予防法の開発を目指した研究

    2017年4月 - 2020年3月

    日本医療研究開発機構 IoT等活用生活習慣病行動変容研究事業 

    植木浩二郎

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 疾患モデル高度化による視床下部・下垂体難病研究

    2017年4月 - 2020年3月

    日本医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム・疾患特異的iPS細胞の利活用促進・難病研究加速プログラム 

    須賀英隆

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. AVPキット「ヤマサ」のRIAキットを用いた血漿バソプレシン濃度の解析

    2016年9月 - 現在

  7. 免疫チェックポイント阻害薬に伴う内分泌障害に関する研究

    2016年7月 - 現在

  8. 2型糖尿病患者の血中脂質に対するDPP4阻害薬スイニー(アナグリプチン)の効果に関する研究

    2014年1月 - 現在

    受託研究 

  9. GABAB agonists as a new therapeutic reagent for obesity

    2010年

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 31

  1. エネルギーバランスにおける弓状核GABABシステムの機能解析

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    有馬 寛

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. NPYニューロンに発現するグルココルチコイドレセプターの機能解析

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 視床下部におけるプロテインタイロシンフォスファターゼ1B発現調節機構の解析

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    坂野僚一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  4. 疾患モデル動物における小胞体ストレスから細胞死に至るプロセスの解析

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金 

    大磯ユタカ

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  5. マウス疾患特異的iPS細胞を用いた遺伝性中枢性尿崩症in vitro実験系の確立

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    須賀英隆

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  6. エネルギーバランスにおける報酬系GABABシステムの機能解析

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. 高脂肪食に伴う視床下部炎症に対するプロテインフォスファターゼ1Bの作用解析

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    坂野僚一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  8. 多能性幹細胞から視床下部と下垂体の機能的ユニットを作る

    2017年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    須賀英隆

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  9. 高脂肪食投与下の報酬系におけるプロテインフォスファターゼ1Bの作用解析

    2018年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    坂野僚一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  10. グルココルチコイドによるバソプレシン分泌調節機構ー仮面尿崩症の病態解明に向けてー

    研究課題/研究課題番号:21K08552  2021年4月 - 2024年3月

    萩原 大輔

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    仮面尿崩症とは,中枢性尿崩症に副腎皮質機能低下症を合併した場合に,グルココルチコイド(GC)の分泌不全に伴い多尿が不顕性化する病態である.GCがバソプレシン(AVP)分泌を抑制することは知られているが,体循環へのAVP分泌を担う大細胞性AVPニューロン(magnAVP)にはGC受容体(GR)は発現しない.一方で,副腎皮質刺激ホルモンの放出を刺激する小細胞性AVPニューロンはGRを発現し,GCのネガティブフィードバックを受ける.本研究では,AVPニューロン特異的GRノックアウトマウスやmagnAVPへの投射ニューロンでGRをノックアウトしたマウスを用い,GCがAVP分泌を制御する機序を検討する.

  11. ヒトES細胞・iPS細胞を用いた視床下部神経幹細胞の創出

    研究課題/研究課題番号:20K08859  2020年4月 - 2023年3月

    須賀 英隆

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    ヒト多能性幹細胞(ES細胞、iPS細胞)から視床下部神経幹細胞への分化誘導法を確立し、誘導した細胞が神経幹細胞として機能を果たすことを示す。
    視床下部神経組織は再生能力が低く、一旦傷つくと回復は難しい。我々はマウスES細胞から視床下部神経を分化させ、その中に増殖能と分化能とを併せ持った細胞、すなわち神経幹細胞が存在することを証明し、単離することに成功した。一方、ヒトでは生体から視床下部組織を採取することが難しく、神経幹細胞の研究は進んでいない。本研究ではヒトES細胞・iPS細胞を利用し、vitroでの分化技術と合わせ、ヒトの視床下部における神経幹細胞の存在に迫る。

  12. 糖尿病患者における自己血糖測定記録電子化およびクラウドを介した主治医との共有による糖代謝改善効果の検討

    2019年7月 - 現在

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  13. 抗PD-1抗体誘発甲状腺炎マウスモデルを用いた免疫関連有害事象の発症機序の解明

    2019年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    岩間信太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  14. 抗PD-1抗体誘発甲状腺炎マウスモデルを用いた免疫関連有害事象の発症機序の解明

    2019年4月 - 現在

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    岩間信太郎

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  15. 抗PD-1抗体誘発甲状腺炎マウスモデルを用いた免疫関連有害事象の発症機序の解明

    研究課題/研究課題番号:19K08976  2019年4月 - 2022年3月

    岩間 信太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    免疫チェックポイント阻害薬を用いたがん免疫療法では、自己免疫機序が想定される免疫関連有害事象(irAEs)の発生が課題であるが、発症機序は不明で、有用な動物モデルもないのが現状である。最も広く使用されている抗PD-1抗体では、irAEsとして甲状腺機能異常症の頻度が高い。
    本課題では、抗PD-1抗体誘発甲状腺炎マウスモデルを開発し、甲状腺irAEs発症に関与する特異的リンパ球を同定する。甲状腺およびその他のirAEs患者検体においてマウスモデルの結果を検証し、ヒトのirAEsに共通する炎症発症機構を解明する。
    irAEsの発症機序を解明し、がん免疫療法の発展および自己免疫疾患の病態解明へ繋げる。

  16. ヒト多能性幹細胞を用いた下垂体機能低下症に対する再生医療の技術開発

    2018年4月 - 現在

    日本医療研究開発機構  日本医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワーク事業技術開発個別課題 

    須賀英隆

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  17. 高脂肪食投与下の報酬系におけるプロテインフォスファターゼ1Bの作用解析

    2018年4月 - 現在

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    坂野僚一

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  18. 高脂肪食投与下の報酬系におけるプロテインフォスファターゼ1Bの作用解析

    研究課題/研究課題番号:18K08473  2018年4月 - 2021年3月

    坂野 僚一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    野生型マウスに高脂肪食投与に伴い、報酬系を構成するVTA(中脳腹側被蓋野)およびNAc(側坐核)においてグリア細胞の活性化および炎症が生じることを確認し、インスリンもしくはレプチンを中枢投与し、各々の領域でインスリンおよびレプチン抵抗性が生じていることを確認した。
    Cre-loxPシステムを用いて組織特異的protein tyrosine phosphatase-1B(PTP1B)欠損マウスを作成した。ドーパミンニューロン特異的にCreが発現するDopamine transporter Cre マウス(Jack stock #006660)もしくは側坐核を含む線条体ニューロン特異的にCreを発現するGpr88 Creマウス(理化学研究所 Hisatsune C et al., 2013 Transgenic Res)とPTP1B flox/floxマウス(米国ペンシルバニア大学 教授 Kendra Bence博士より移譲)を交配させて野生型、ヘテロ接合型およびホモ接合型マウスを作成した。次に、VTAもしくはNAcを含む脳切片を作成し、PTP1Bの発現について組織学的手法(免疫染色)を用いて野生型とホモ接合型の両群間で比較検討しホモ接合型において組織特異的にPTP1Bが欠損していることを確認した。更にVTAもしくはNAcを含む領域からDNAを抽出し、所定のプライマーを使用してPCR法にてloxP配列の組み換えが生じていることを確認した。また、生後3週から雌雄ともに高脂肪食を投与し、体重変化を8週齢まで測定し野生型とホモ接合型の両群間で比較検討した。その結果、8週齢までにおいて両群間に体重差を認めなかった。
    高脂肪食投与に伴い脳内報酬系においても炎症が生じてインスリンおよびレプチン抵抗性が生じることを確認し、報酬系を構成する中脳腹側被蓋野および側坐核を含む線条体でPTP1Bを欠損させたマウスを作成することに成功した。PTP1B欠損によって、炎症は減弱し、インスリンおよびレプチン抵抗性が改善するため、高脂肪食投与による肥満に対し如何なる影響を及ぼすのか8週齢まで検討することができた。
    引き続き、体重測定を継続し、20週齢で淘汰する。内臓脂肪、皮下脂肪の重量、脂肪細胞のサイズを測定し、エネルギー消費の測定には運動量測定装置およびマウス代謝計測システムを用い、マウスの自発運動量、酸素消費量、二酸化炭素排出量および呼吸商を評価する。また、視床下部の摂食関連ペプチド(AgRP、POMC)のmRNA発現についてもRT-PCR法で評価する。さらに、レプチン、インスリンもしくはブドウ糖を腹腔内投与して、それぞれレプチン感受性、インスリン感受性もしくは耐糖能について各群間で比較検討する。
    高脂肪食を用いて条件付け位置嗜好性試験(CPP)を行い、野生型マウスと組織特異的PTP1B欠損マウスでCPP scoreを測定して両群間における高脂肪食への嗜好性の違いを評価する。次にレプチンもしくはインスリンを脳室内投与して同様の評価を行い、VTAおよびNAcにおけるStat3もしくはAktのリン酸化をウエスタンブロット法および免疫染色法でそれぞれ評価する。更に、tyrosine hydroxylase、ドーパミン受容体のmRNAおよび蛋白発現についてRT-PCRおよびウエスタンブロット法を用いて評価し両群間で比較検討する。
    VTAもしくはNAcにおけるミクログリアおよびアストロサイトについて、それぞれIba-1抗体およびACSA-II抗体を用いて免疫染色し、高脂肪食投与に伴う形態および数の変化を経時的に観察し両群間で比較検討する。Magnetic-activated cell sorting法を用いてVTAもしくはNAcからグリア細胞を単離して炎症関連サイトカインのmRNA発現をRT-PCR法で評価、また、グリア細胞とニューロンの形態学的相関を電子顕微鏡で評価し同様に検討する。

  19. 多能性幹細胞から視床下部と下垂体の機能的ユニットを作る

    2017年4月 - 現在

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    須賀英隆

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  20. 間脳下垂体機能障害に関する調査研究

    2017年4月 - 現在

    厚生労働省  厚生労働科学研究費補助金 

    有馬寛

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  21. 多能性幹細胞から視床下部と下垂体の機能的ユニットを作る

    研究課題/研究課題番号:17K09878  2017年4月 - 2020年3月

    須賀 英隆

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    下垂体は生体の恒常性維持において重要な働きをしているが、その下垂体は視床下部の制御のもとで機能している。下垂体機能低下症に対する現行のホルモン補充療法では、視床下部の働きを代償することが出来ないため、きめ細かく変動するべき血中ホルモンを再現できない場合がある。ヒト ES /iPS 細胞を用いた再生医療でこの点を解決すべく、下垂体と、その上位制御器官である視床下部との同時誘導技術を開発した。分化誘導したひとつの細胞塊の中に視床下部組織と下垂体組織とが併存し、機能的に連携していることを示した。
    視床下部と下垂体が機能的に連携する仕組みを試験管内で初めて再現可能とし、低血糖など周囲の環境に反応する機能的な組織となっていることが判明した。下垂体機能低下症の再生医療においてより精密なホルモン分泌を再現できる新しい技術になり得る。加えて、下垂体と視床下部の両方を有した組織を試験管内で再現できているため、下垂体と視床下部の関連を解明する上でのモデルとしても期待でき、下垂体疾患の発症メカニズムの解明にも役立つと考えられる。

  22. IoT活用による糖尿病重症化予防法の開発を目指した研究

    2017年4月 - 2020年3月

    日本医療研究開発機構  日本医療研究開発機構 IoT等活用生活習慣病行動変容研究事業 

    植木浩二郎

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  23. 疾患モデル高度化による視床下部・下垂体難病研究

    2017年4月 - 2020年3月

    日本医療研究開発機構  日本医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム・疾患特異的iPS細胞の利活用促進・難病研究加速プログラム 

    須賀英隆

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  24. AVPキット「ヤマサ」のRIAキットを用いた血漿バソプレシン濃度の解析

    2016年9月 - 現在

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  25. 免疫チェックポイント阻害薬に伴う内分泌障害に関する研究

    2016年7月 - 現在

    小野薬品工業株式会社 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  26. 高脂肪食誘発性の視床下部炎症におけるプロテインフォスファターゼ1Bの作用解析

    研究課題/研究課題番号:15K09381  2015年4月 - 2018年3月

    坂野 僚一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    視床下部は体重調節において重要な役割を担う。高脂肪食を摂取すると早期より視床下部で炎症が生じ肥満形成の起点となることが知られている。レプチン、インスリンおよび炎症の調節因子であるprotein tyrosine phosphatase-1B (PTP1B)の高脂肪食摂取に伴う炎症における役割を調べたところ,ミクログリアにおいて炎症を増強すること、アストロサイトにおいて体重増加に寄与することが示唆された。

  27. エネルギーバランスにおける報酬系GABABシステムの機能解析

    研究課題/研究課題番号:15K09426  2015年4月 - 2018年3月

    有馬 寛

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    ドーパミンニューロンあるいは線条体ニューロン特異的GABAB受容体ノックアウトマウスに高脂肪食を間欠投与すると、高脂肪食の摂取が野生型マウスより増加した。またGABAB受容体アゴニストであるバクロフェンを投与すると高脂肪食の過剰な摂取は抑制された。しかし、ドーパミンニューロンおよび線条体ニューロン特異的GABAB受容体ノックアウトマウスでは高脂肪食の過剰摂取の抑制は来さなかった。
    以上の結果よりドーパミンニューロンあるいは線条体ニューロンのGABABシステムはエネルギーホメオスタシスの調節には関与しないが、報酬系の活性化を伴う高脂肪食の過剰な摂取を抑制する可能性が示唆された。

  28. エネルギーバランスにおける報酬系GABABシステムの機能解析

    2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    坂野僚一, 後藤資実

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  29. 高脂肪食に伴う視床下部炎症に対するプロテインフォスファターゼ1Bの作用解析

    2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    坂野僚一

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  30. マウス疾患特異的iPS細胞を用いた遺伝性中枢性尿崩症in vitro実験系の確立

    2014年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    須賀英隆

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  31. 2型糖尿病患者の血中脂質に対するDPP4阻害薬スイニー(アナグリプチン)の効果に関する研究

    2014年1月 - 現在

    三和化学株式会社  受託研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

産業財産権 1

  1. 抗肥満薬及びその利用

     詳細を見る

    出願人:有馬寛、佐藤郁子、大磯ユタカ

    出願番号:PCT/JP2007/064225  出願日:2007年7月

    出願国:外国  

    GABABアゴニストは摂食を抑え、熱消費を増加させることで肥満および糖代謝を改善する。

 

担当経験のある科目 (本学) 3

  1. 医学入門

    2019

  2. 特別講義:生活習慣病

    2019

  3. 内分泌学講義

    2019

担当経験のある科目 (本学以外) 3

  1. 特別講義:生活習慣病

    名古屋大学)

  2. 医学入門

    名古屋大学)

  3. 内分泌学講義

    名古屋大学)