2023/10/14 更新

写真a

キムラ ヒロユキ
木村 宏之
KIMURA, Hiroyuyki
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 脳神経病態制御学 准教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2007年10月   名古屋大学 ) 

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 精神神経科学

学歴 1

  1. 東京慈恵会医科大学   医学部

    - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 7

  1. 日本精神神経学会

  2. 日本総合病院精神医学会   評議員、臓器不全・移植関連委員会 委員長

    2017年9月 - 現在

  3. 日本精神分析学会   運営委員 教育研修委員長

    2020年10月 - 現在

  4. 日本精神分析的精神医学会   運営委員 医療問題委員会副委員長

    2021年 - 現在

  5. 日本移植学会

  6. International Society for the Study of Personality Disorders

  7. 日本うつ病学会

▼全件表示

 

論文 72

  1. The Usefulness of the Short Form-8 for Chronic Pain in the Orofacial Region: A Prospective Cohort Study 査読有り

    Aiji Sato (Boku), Tatsuya Tokura, Hiroyuki Kimura, Mikiko Ito, Shinichi Kishi, Takashi Tonoike, Norio Ozaki, Yumi Nakano, Saori Nakano, Hiroshi Hoshijima, Masahiro Okuda

    Cureus     2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. Comorbid Psychiatric Disorders and Long-Term Survival after Liver Transplantation in Transplant Facilities with a Psychiatric Consultation-Liaison Team: a Multicenter Retrospective Study 査読有り

    Hiroyuki Kimura, Shinichi Kishi, Hisashi Narita, Teruaki Tanaka, Tsuyoshi Okada, Daisuke Fujisawa, Naoko Sugita, Shun’ichi Noma, Yosuke Matsumoto, Ayako Ohashi, Hiroshi Mitsuyasu, Keizo Yoshida, Hiroaki Kawasaki, Katsuji Nishimura, Yasuhiro Ogura, Norio Ozaki

    BMC gastroenterology     2023年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Coping styles and quality of life in oral cancer patients undergoing radical resection and free flap reconstruction 査読有り

    Kento Kaminogo, Satoshi Yamaguchi, Tatsuya Tokura, Hiroyuki Kimura, Shinichi Kishi, Noriyuki Yamamoto, Norio Ozaki, Hideharu Hibi

    Oral Oncology Reports     2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.oor.2023.100015

  4. Social adaptation following radical resection and free flap reconstruction for oral cancer 査読有り

    Satoshi Yamaguchi, Kento Kaminogo, Tatsuya Tokura, Hiroyuki Kimura, Shinichi Kishi, Noriyuki Yamamoto, Norihisa Ichimura, Yoshiro Koma, Norio Ozaki, Hideharu Hibi

    Advances in Oral and Maxillofacial Surgery   10 巻   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.adoms.2023.100416

  5. Postoperative social adaptation in correlation with the number of supporters for patients with oral cancer 査読有り

    Satoshi Yamaguchi, Kento Kaminogo, Tatsuya Tokura, Hiroyuki Kimura, Shinichi Kishi, Noriyuki Yamamoto, Norihisa Ichimura, Norio Ozaki, Hideharu Hibi

    Oral Oncology Reports     2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Turner syndrome presenting with idiopathic regression: A case report 査読有り

    Kosuke Mizobuchi, Itaru Kushima, Hidekazu Kato, Mari Miyajima, Hiroyuki Kimura, Norio Ozaki

    Psychiatry Clin Neurosci   76 巻 ( 12 ) 頁: 680 - 682   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pcn.13483

  7. Duloxetine attenuates pain in association with downregulation of platelet serotonin transporter in patients with burning mouth syndrome and atypical odontalgia 査読有り

    Mariko Nakamura, Akira Yoshimi, Akihiro Mouri, Tatsuya Tokura, Hiroyuki Kimura, Shinichi Kishi, Tomoya Miyauchi, Kunihiro Iwamoto, Mikiko Ito, Aiji Sato-Boku, Norio Ozaki, Toshitaka Nabeshima, Yukihiro Noda

    Hum Psychopharmacol   37 巻 ( 2 ) 頁: e2818   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hup.2818

  8. Treatment-resistant schizophrenia in patients with 3q29 deletion: A case series of four patients 査読有り

    Yoshihiro Nawa, Itaru Kushima, Branko Aleksic, Maeri Yamamoto, Hiroyuki Kimura, Masahiro Banno, Ryota Hashimoto, Norio Ozaki

    Psychiatry and Clinical Neurosciences   76 巻 ( 7 ) 頁: 338 - 339   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pcn.13361

  9. Collaboration of perioperative management in an adult patient with 22 q 11.2 deletion syndrome: A case report. 査読有り

    Ito M, Tokura T, Miyauchi T, Sato Boku A, Kimura H, Tsuchihashi H, Katayama Y

    Clinical case reports   10 巻 ( 2 ) 頁: e05489   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Psychological impact on patients with oral cancer before undergoing resection and free flap reconstruction surgery 査読有り

    Satoshi Yamaguchi, Kento Kaminogo, Tatsuya Tokura, Hiroyuki Kimura, Shinichi Kishi, Noriyuki Yamamoto, Norihisa Ichimura, Naoto Toyama, Yoshiro Koma, Naoka Kouyama, Norio Ozaki, Hideharu Hibi

    Oral Oncology Reports   3-4 巻   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Comparison of quality of life and psychological distress in patients with tongue cancer undergoing a total/subtotal glossectomy or extended hemiglossectomy and free flap transfer: a prospective evaluation 査読有り

    Katsunao Suzuki, Naoki Nishio, Hiroyuki Kimura, Tatsuya Tokura, Shinichi Kishi, Norio Ozaki, Yasushi Fujimoto, Michihiko Sone

    Int J Oral Maxillofac Surg     2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.ijom.2022.11.010.

  12. Psychosocial characteristics of alcoholic and non-alcoholic liver disease recipient candidates in liver transplantation: a prospective observational study 査読有り

    Masato Shizuku, Hiroyuki Kimura, Hideya Kamei, Shinichi Kishi, Tatsuya Tokura, Nobuhiko Kurata, Kanta Jobara, Atsushi Yoshizawa, Chisato Tsuboi, Naoko Yamaguchi, Midori Kato, Keita Kawai, Makoto Yamashiki, Emi Kanai, Kanako Ishizuka, Norio Ozaki, Yasuhiro Ogura

    BMC Gastroenterol   21 巻 ( 1 ) 頁: 449 - 458   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Evaluation of patients suffered from burning mouth syndrome and persistent idiopathic facial pain using Japanese version PainDETECT questionnaire and depression scales 査読有り

    Aiji Sato (Boku), Hiroyuki Kimura, Tatsuya Tokura, Er iUmemura, Tomoya Miyauchi, Mikiko Ito, Shinichi Kishi, Nobumi Ogi, Takashi Tonoike, Norio Ozaki, Yumi Nakano, Masahiro Okuda

    Journal of Dental Sciences   16 巻 ( 1 ) 頁: 131 - 136   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Clinical features and long-term outcomes of living donors of liver transplantation who developed psychiatric disorders 査読有り

    Masato Shizuku, Hideya Kamei, Hiroyuki Kimura, Nobuhiko Kurata, Kanta Jobara, Atsushi Yoshizawa, Kanako Ishizuka, Aoi Okada, Shinichi Kishi, Norio Ozaki, Yasuhiro Ogura

    Annals of Transplantation   25 巻   頁: e918500.   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12659/AOT.918500.

  15. Prospective Evaluation of Health-Related Quality of Life in Patients Undergoing Anterolateral Craniofacial Resection with Orbital Exenteration 査読有り

    Nobuaki Mukoyama, Naoki Nishio, Hiroyuki Kimura, Shinichi Kishi, Tatsuya Tokura, Hiroki Kimura, Mariko Hiramatsu, Takashi Maruo, Hideori Tsuzuki, Masazumi Fujii, Kenichiro Iwami, Keisuke Takanari, Yuzuru Kamei, Norio Ozaki, Michihiko Sone, Yasushi Fujimoto

    Journal of Neurological Surgery Part B: Skull base     2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Serum Metabolic Profiles of the Tryptophan-Kynurenine Pathway in the high risk subjects of major depressive disorder 査読有り

    Masashi Sakurai, Yasuko Yamamoto, Noriyo Kanayama, Masaya Hasegawa, Akihiro Mouri, Masao Takemura, Hidetoshi Matsunami, Tomoya Miyauchi, Tatsuya Tokura, Hiroyuki Kimura, Mikiko Ito, Eri Umemura, Aiji Sato (Boku) , Wataru Nagashima, Takashi Tonoike, Kenichi Kurita, Norio Ozaki, Toshitaka Nabeshima and Kuniaki Saito

    Scientific Reports   10 巻 ( 1 ) 頁: 1961.   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-58806-w.

  17. Hypochondriasis in the elderly and Lewy body disease 査読有り

    Hiroshige Fujishiro, Hiroyuki Kimura, Nakamura Tomohiko, Youta Torii, Shuji Iritani, Norio Ozaki

    Psychogeriatrics   18 巻 ( 5 ) 頁: 516-518   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/psyg.12425. Epub 2019 Feb 13.

  18. Oral medicine psychiatric liaison clinic: study of 1202patients attending over an 18-year period. 査読有り

    Eri Umemura, Tatsuya Tokura, Mikiko Ito, Yuka Kobayashi, Masako Tachibana, Tomoya Miyauchi, Takashi Tonoike, Wataru Nagashima, Hiroyuki Kimura, Munetaka Arao, Aiji Sato, Norio Ozaki, Kenichi Kurita

    Int J Oral Maxillofac Surg   48 巻 ( 5 ) 頁: 644-650   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Effect of antidepressant treatment on plasma levels of neuroinflammation-associated molecules in patients with somatic symptom disorder with predominant pain around the orofacial region 査読有り

      34 巻 ( 4 ) 頁: :e2698.   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hup.2698. Epub 2019 May 24.

  20. Exploration of coping styles in male patients with head and neck cancer 査読有り

    Naohiro Sato, Hiroyuki Kimura, Yasunori Adachi, Naoki Nishio, Masahiko Ando, Tatsuya Tokura, Wataru Nagashima, Shinichi Kishi, Aya Yamauchi, Keizo Yoshida, Mariko Hiramatsu, Yasushi Fujimoto, Norio Ozaki

    Nagoya J Med Sci   81 巻   頁: 249-258   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Trajectories and predictors of post-treatment depression in patients with head and neck cancer 査読有り

    Yasunori Adachi, Hiroyuki Kimura, Hiroki Kimura, Tatsuya Tokura, Norio Ozaki

    Neuropsychiatry   8 巻 ( 1 ) 頁: 739-744   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  22. Risk of alcohol use relapse after liver transplantation for alcoholic liver disease 査読有り

    Yasuharu Onishi and Hiroyuki Kimura, Tomohide Hori, Shinichi Kishi, Hideya Kamei, Nobuhiko Kurata, Chisato Tsuboi, Naoko Yamaguchi, Mayu Takahashi, Saki Sunada, Mitsuaki Hirano, Hiroshige Fujishiro, Takashi Okada, Masatoshi Ishigami, Hidemi Goto, Norio Ozaki, Yasuhiro Ogura

    World Journal of Gastroenterology   23 巻 ( 5 ) 頁: 869-875   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. 精神分析とエビデンス 招待有り 査読有り

    木村宏之

    精神分析研究   61 巻 ( 2 ) 頁: 249-252   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  24. Successful Post-Transplant Psychiatric Interventions During Long-Term Follow-Up of Patients Receiving Liver Transplants for Alcoholic Liver Disease 査読有り

    Hiroyuki Kimura, Yasuharu Onishi, Shinichi Kishi, Nobuhiko Kurata, Satoshi Ogiso, Hideya Kamei, Chisato Tsuboi, Naoko Yamaguchi, Azusa Shiga, Mai Kondo, Yushun Yokoyama, Fumika Takasato, Hiroshige Fujishiro, Kanako Ishizuka, Takashi Okada, Yasuhiro Ogura, Norio Ozaki

    Am J Case Rep   16 巻 ( 18 ) 頁: 1215-1219   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Duloxetine Plasma Concentrations and Its Effectiveness in the Treatment of Nonorganic Chronic Pain in the Orofacial Region. 査読有り

    Yuka Kobayashi, Wataru Nagashima, Tatsuya Tokura, Keizo Yoshida, Eri Umemura, Tomoya Miyauchi, Munetaka Arao, Mikiko Ito, Hiroyuki Kimura, Kenichi Kurita, Norio Ozaki

    Clin Neuropharmacol   40 巻 ( 4 ) 頁: 163-168   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Issues on the diagnosis and etiopathogenesis of mood disorders - reconsidering DSM-5 査読有り

    Kazuyoshi Ogasawara, Yukako Nakamura, Hiroyuki Kimura, Branko Aleksic, Norio Ozaki

    Journal of Neural Transmission   125 巻 ( 2 ) 頁: 211-222   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Current Viewpoints on DSM-5 in Japan 査読有り

    Toshihide Kuroki, Makoto Ishitobi, Yoko Kamio, Genichi Sugihara, Toshiya Murai, Keisuke Motomura, Kazuyoshi Ogasawara, Hiroyuki Kimura, Branko Aleksic, Norio Ozaki, Tomohiro Nakao, Kazuo Yamada, Kazuhiro Yoshiuchi, Nobuo Kiriike, Toshio Ishikawa, Chiharu Kubo, Chiaki Matsunaga, Hisatsugu Miyata, Takashi Asada, Shigenobu Kanba

    Psychiatry Clin Neurosci   70 巻 ( 9 ) 頁: 371-93   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pcn.12421

  28. The prognostic factors and trajectory of HRQOL in patients with pancreatic cancer who received psychiatric intervention. 査読有り

    Sugimoto H, Kawashima H, Ono E, Hayashi D, Kuwahara T, Morishima T, Kawai M, Suhara H, Takeyama T, Yamamura T, Funasaka K, Nakamura M, Miyahara R, Watanabe O, Ishigami M, Suzuki M, Kimura H, Ozaki N, HashimotoS, Goto H, Hirooka Y

    J Gastroenterol Hepatol   31 巻 ( 3 ) 頁: 685-690   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Practices for supporting and confirming decision-making involved in kidney and liver donation by related living donors in Japan: A nationwide survey 査読有り

    Katsuji Nishimura, Sayaka Kobayashi, Junko Tsutsui, Hiroaki Kawasaki, Shuichi Katsuragawa, Shun'ichi Noma, Hiroyuki Kimura, Hiroto Egawa, Kenji Yuzawa, Koji Umeshita, Atsushi Aikawa, Shinji Uemoto, Shiro Takahara, Jun Ishigooka

    Am J Transplantation   16 巻 ( 3 ) 頁: 860-868   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Postoperative psychiatric complications in living liver donors 査読有り

    Hiroyuki Kimura,Yasuharu Onishi,Saki Sunada,Shinichi Kishi,Nobuyuki Suzuki,Chisato Tsuboi,Naoko Yamaguchi,Hisashi Imai, Hideya Kamei,Satoshi Fujisiro,Takashi Okada,Masatoshi Ishigami,Yasuhiro Ogura,Tetsuya Kiuchi,Norio Ozaki

    Transplantation Proceedings   47 巻 ( 6 ) 頁: 1860-1865   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2015.06.021.

  31. Temperament and character profiles of patients with burning mouth syndrome 査読有り

    Tokura T, Kimura H, Ito M, Nagashima W, Sato N, Kimura Y, Arao M, Aleksic B, Yoshida K, Kurita K, Ozaki N

    J Psychosom Res   78 巻 ( 5 ) 頁: 495-498   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpsychores.2015.02.006

  32. Five patients with burning mouth syndrome in whom an antidepressant (SNRI) was not effective, but pregabalin markedly relieved pain 査読有り

    Mikiko Ito,Tatsuya Tokura,Keizo Yoshida,Wataru Nagashima,Hiroyuki Kimura,Eri Umemura,Masako Tachibana,Tomoya Miyauchi,Yuka Kobayashi,Munetaka Arao,Norio Ozaki,Kenichi Kurita

    Clinical Neuropharmacology   38 巻 ( 4 ) 頁: 158-161   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Psychoanalytic psychotherapy for patients with chronic physical diseases. 査読有り

    Hiroyuki Kimura

    Japanese Journal of Psychoanalytical Psychiatry   7 巻   頁: 29 - 38   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Preoperative Level of Depression is a Predictor of Postoperative Levels of Depression in Patients with Head and Neck Cancer 査読有り

    Yasunori Adachi, Hiroyuki Kimura, Naohiro Sato, Wataru Nagashima, Kouki Nakamura, Branko Aleksic, Keizo Yoshida, Yasushi Fujimoto, Tsutomu Nakashima, Norio Ozaki

    Japanese Journal of Clinical Oncology   44 巻 ( 3 ) 頁: 311-7   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Significance of pretransplant abstinence on harmful alcohol relapse after liver transplantation for alcoholic cirrhosis in Japan. 査読有り

    Hiroto Egawa,Yoshihide Ueda,Naoki Kawagishi,Takahito Yagi,Hiroyuki Kimura,Takafumi Ichida

    Hepatol Res   44 巻 ( 4 ) 頁: E428-36   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. ウィルソン病による精神病性障害を呈した1症例  査読有り

    丸井友泰、木村宏之、入谷修司、尾崎紀夫

    総合病院精神医学誌   24 巻 ( 1 ) 頁: 39 - 42   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Effectiveness of low-dose milnacipran for a patient suffering from pain disorder with delusional disorder (somatic type) in the orofacial region. 査読有り

    Katsuyuki Ukai, Hiroyuki Kimura, Munetaka Arao, Branko Aleksic, Aya Yamauchi, Ryoko Ishihara, Shuji Iritani, Kenichi Kurita, Norio Ozaki

    Psychogeriatrics   13 巻 ( 2 ) 頁: 99-102   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Plasma Levels of Milnacipran and Its Effectiveness for the Treatment of Chronic Pain in the Orofacial Region 査読有り

    Hiroyuki Kimura, Keizo Yoshida, Mikiko Ito, Tatsuya Tokura, Wataru Nagashima, Kenichi Kurita, Norio Ozaki

    Hum Psychopharmacol   27 巻 ( 3 ) 頁: 322-328   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Reliability and Validity of the Japanese Version of BEMIB Modified for Patients With Bipolar Disorder: a Self-rating Scale for Medication Adherence 査読有り

    Tatsuya Tokura, Hiroyuki Kimura, Akira Yoshimi, Mitsuki Ohashi, Mie Masuda, Koji Senzaki, Keizo Yoshida, Branko Aleksic, Yukihiro Noda, Kiyofumi Yamada, Norio Ozaki

    Clinical Neuropsychopharmacology and Therapeutics   3 巻   頁: 26-32   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Effectiveness of Duloxetine for the Treatment of Chronic Nonorganic Orofacial Pain 査読有り

    Wataru Nagashima, Hiroyuki Kimura, Mikiko Ito, Tatsuya Tokura, Munetaka Arao, Branko Aleksic, Keizo Yoshida, Kenichi Kurita, Norio Ozaki

    Clinical Neuropharmacology   55 巻 ( 1 ) 頁: 42-49   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. アルコール関連肝不全に対する肝移植の適応基準に関する心理社会的側面 招待有り 査読有り

    木村宏之、佐藤直弘、大林昌子、小山真弓、小久保勲、藤岡史枝、山口尚子、坪井千里、亀井秀弥、大西康晴、岡田俊、木内哲也、尾崎紀夫

    アルコール精神医学会雑誌   47 巻 ( 5 ) 頁: 00   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Total palliative care for a patient suffering from multiple cerebral infarctions that occurred repeatedly in association with gastric cancer (Trousseau's syndrome). 査読有り

    Katsuyuki Ukai, Akiko Okajima, Aya Yamauchi, Eiji Sasaki, Yohsuke Yamaguchi, Hiroyuki Kimura, Branko Aleksic, Norio Ozaki

    Palliat Support Care   30 巻   頁: 1-4   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. 頭頚部癌領域における精神科リエゾン 招待有り 査読有り

    木村宏之、足立康則、丸尾貴志、平松真理子、安藤篤、藤本保志

    頭頸部癌   37 巻 ( 3 ) 頁: 370-375   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. 境界性パーソナリティ障害の病態解明の現状~脳画像による神経回路に関する知見を中心に~ 査読有り

    幸村州洋、木村宏之、尾崎紀夫

    精神科治療学   26 巻 ( 9 ) 頁: 1157 - 1164   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. 成人期の広汎性発達障害における鑑別診断: 3症例の経験 査読有り

    横山和正、鈴木太、木村宏之、梅田健太郎、木村大樹、吉川徹、尾崎紀夫野→原著へ

    精神科   18 巻 ( 4 ) 頁: 474 - 478   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. 頭頚部癌領域における精神科リエゾン 査読有り

    木村宏之、足立康則、丸尾貴志、平松真理子、安藤篤、藤本保志

    頭頸部癌   37 巻 ( 3 ) 頁: 370 - 375   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. *Effectiveness of Milnacipran for the Treatment of Chronic Pain in the Orofacial Region 査読有り

    Mikiko Ito, Hiroyuki Kimura ,Keizo Yoshida, Yuki Kimura, Norio Ozaki, Kenichi Kurita

    Clinical Neuropharmacology   33 巻 ( 2 )   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objectives: The effect of milnacipran for the treatment of chronic pain in the orofacial region, inlcuding burning mouth syndrome (BMS) and atypical odontalgia (AO), was assessed while accounting for the influence of concurrent depressive symptoms on the pain-relieving effect. Methods: Milnacipran was administered for 12 weeks to 36 patients with chronic pain in the orofacial region (3 males and 29 females, aged between 22 and 76 years with a mean age of 59 years). Of those patients, 22 and 10 patients had BMS and AO, respectively. The initial dose level of milnacipran was 15 mg/day, and the dosage was raised up to 100 mg/day. Pain was assessed using the Visual Analog Scale (VAS) and symptoms of depression were evaluated using the Hamilton Depression Rating Scale (HAMD) at baseline and at Weeks 1, 2, 4, 6, 8, 10, and 12 of study treatment. Results: Data from 32 patients who completed the study were included in the analysis. The VAS score significantly decreased after the 12 week treatment, and it showed a simillar time-course of decline irrespective of concurrent depressive symptoms during the 12 weeks. Conclusions: Treatment with milnacipran resulted in a significant improvement of chronic pain in the orofacial region irrespective of concurrent symptoms of depression. The present results suggested that milnacipran may be an effective agent for treatment of such disorders.

  48. *The psychotherapy for borderline personality disorder -From the view point of flexibility- 査読有り

    Hiroyuki Kimura

    Japanese Journal of Psychoanalytical Psychiatry   4 巻   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. 精神療法家と救急医 招待有り

    木村宏之

    精神分析研究   54 巻 ( 2 )   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

     力動精神医学の発展に伴い、面接室の中の精神分析は、概念となって様々な領域で応用された。そして乳幼児精神医学、青年期精神医学、死の臨床まで、人間の幅広いライフステージの理解に貢献した。また医療の現場では、チーム医療における集団力動の理解から始まり、現代ではコンサルテーション・リエゾン精神医学をはじめとする多くの実践領域に広く浸透している。そして臨床の場で生じる様々な精神現象は、力動精神医学によって明確になり患者の治療に、直接、生かされるようになった。しかし、力動精神医学による貢献は、面接室の中の精神分析で培われた経験を概念的に用いたり大局的な集団力動として理解したりすることが多いせいか、こうした力動的理解は煮詰まった臨床の場の整理には有用である一方で、少し理論的すぎて生々しい臨場感や実感に乏しい。おそらく面接の中の患者との転移から派生した生の体験が表現されていないからであろう。
     本稿では、面接室の中からみた「精神療法家と救命医の溝」という経験を通じて「臨床の場」について考える。その当時、筆者が勤務していた総合病院における精神科スタッフと救命センターとの感情的な溝は、その病院が救急医療を中心展開していて夜間に多くの自傷した患者が救命センターを受診していたという病院特有の問題、もうすこし言えば筆者を含む精神科スタッフと救命センタースタッフの個人的な資質の問題であろうと考えていた。しかしながら、6年ほど前に大学病院に赴任し、地域の研修医に精神医学レクチャーを提供する機会が多くなった時、研修医が最も困っておりとても関心を示す話題が、救命センターにおける境界性パーソナリティ障害患者の問題で、同じような問題意識を多かれ少なかれ持っていた。同じ頃、総合病院精神医学会と日本救急医学会との合同シンポジウムに参加した際「境界例の治療をしている精神科医は(安易な投薬など)無責任な治療をしている」と批判するある救急医の講演を聞き、 その批判は救急医の立場に立ってみれば、ある程度、妥当な意見に思えた。
     こうした一連の経験を踏まえ「精神療法家と救命医の溝」について、もう少し普遍的問題として捉えようと試みた。

  50. 自殺念慮・焦燥感を伴ううつ状態にOlannzapineが著効した3例 査読有り

    小笠原一能、木村宏之、尾崎紀夫

    精神科   15 巻 ( 6 ) 頁: 567 - 572   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. *Relationship of psychopathological symptoms and cognitive function to subjective quality of life in patients with chronic schizophrenia. 査読有り

    Psychiatry and Clinical Neuroscience   64 巻 ( 1 )   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    AIMS: The purpose of the present study was to examine the extent of the effects of psychopathological symptoms and cognitive function on quality of life (QOL) in patients with chronic schizophrenia.

    METHODS: Data were obtained using the Japanese Schizophrenia Quality of Life Scale (JSQLS), Positive and Negative Syndrome Scale (PANSS), Wisconsin Card-Sorting Test (WCST) Keio version, and Continuous Performance Test (CPT) for 52 schizophrenia patients.

    RESULTS: Stepwise regression analysis showed that PANSS depression/anxiety factors predicted JSQLS psychosocial conditions and motivation/energy, and that WCST Categories Achieved predicted JSQLS symptoms/side-effects.

    CONCLUSIONS: Psychopathological symptoms and cognitive function affect subjective QOL in patients with schizophrenia. If the final goal is treatment that improves QOL in a manner that patients themselves are aware of, clinicians probably need to consider a treatment strategy that improves depression/anxiety symptom.

  52. 歯科治療恐怖症の2例 査読有り

    荒尾宗孝、木村宏之、徳倉達也、長島渉、伊藤幹子、尾崎紀夫、栗田賢一

    日本歯科心身医学会雑誌   24 巻 ( 2 ) 頁: 73 - 78   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. 口の中に痛みを訴える患者に対する対応ー舌痛症を含むー 査読有り

    荒尾宗孝、木村宏之、木村有希、伊藤幹子、尾崎紀夫、栗田賢一

    心療内科   12 巻 ( 3 ) 頁: 232 - 238   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Successful treatment of trigeminal neuralgia with milnacipran. 査読有り

    Mikiko Ito, Keizo Yoshida, Hiroyuki Kimura, Norio Ozaki, Kenichi Kurita

    Clinical Neuropharmacology   130 巻 ( 3 ) 頁: 183-185   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    : Paroxysmal pain in a 64-year-old woman diagnosed with trigeminal neuralgia disappeared with the administration of carbamazepine, but carbamazepine had to be discontinued because of intolerable lassitude and liver dysfunction. Afterward the paroxysmal pain reoccurred and depressive symptoms appeared. Milnacipran was then administered at a dose of 50 mg/day for two months, and the paroxysmal pain and depression disappeared completely. Carbamazepine is the drug of first choice for trigeminal neuralgia, but the present results suggest that milnacipran is worth investigating for patients who do not respond to carbamazepine, who cannot stay on carbamazepine because of side effects, and who are accompanied with depressive symptoms.

  55. *Age of onset has limited association with body mass index at time of presentation for anorexia nervosa :Comparison of peak-onset and late-onset anorexia nervosa groups 査読有り

    Hiroyuki Kimura, Takashi Tonoike, Tamio Muroya, Keizo Yoshida, Norio Ozaki

    Psychiatry and Clinical Neuroscience   61 巻   頁: 646-650   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objective: The clinical characteristics differentiating late onset anorexia nervosa (AN) from typical pubertal onset AN remain unclear. The purpose of this study was to examine their differences in a retrospective analysis.
    Method: One hundred forty-nine female anorexia nervosa patients were divided into two groups: a peak onset AN group (n=125) in which onset occurred between the ages of 15 and 24 years and a late onset AN group (n=24) in which onset occurred at the age of 25 years or older. A logistic regression analysis was conducted with this classification as the target variable and five clinical factors as explanatory variables for the clinical characteristics at the time of initial examination.
    Results: BMI at the time of presentation was identified as a possible factor affecting classification as peak onset or late onset AN. In addition, a negative linear correlation was detected between age of onset and BMI at the time of initial examination.
    Conclusion: The results suggest that BMI at the time of the initial examination is an important clinical characteristic to differentiate peak onset AN and late onset AN.

  56. 交合不全が機能性胃腸症(呑気症)の原因 であると(自ら)確信していた1例 査読有り

    荒尾宗孝、 木村宏之、木村有希、伊藤隆子、伊藤幹 子、栗田賢一

    日本歯科心身医学会雑誌   22 巻 ( 1 ) 頁: 27 - 30   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. 境界性人格障害(BPD)の個人精神療法について治療者へのアンケート調査 査読有り

    木村 宏之、市田 勝、神谷栄治、成田善弘、木村哲也、近藤三男、寺西佐稚代外ノ池隆史

    精神神経誌   108 巻 ( 8 ) 頁: 801-812   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    境界性人格障害の個人精神療法について、専門家の実状や考えを知ることを目的にアンケート調査を行った。対象として、精神医学、臨床心理学の日本語学術雑誌から「境界性人格障害」と「境界例」をキーワードに論文著者を抽出した。280人にアンケートを送付し、有効回答128人を得た。
     構造化された個人精神療法を行っていた治療者は約6割で、精神科医の約半分、心理職のほぼ全員であった。構造化された個人精神療法は、週1回、50分が多かったが、2週に1回や30~39分、40~49分、20~29分もみられた。基本的治療法は、精神分析的精神療法、支持的精神療法、折衷的療法がこの順にそれぞれ約1/3ずつであった。
     構造化された個人精神療法について以下が多数をしめた。治療目標を話し合う。治療目標として、社会適応の向上、衝動行為の制御、症状の軽減など、具体的な行動や症状を問題にする。自傷には、その意味や効用を話し合う、詳しく経緯を聞く、いけないとはっきりと伝える。自傷が反復する場合は、閉鎖病棟への入院が必要と伝える、精神療法の継続が困難と伝える。治療者への激しい怒りには、その正当部分を認める。治療者自身の怒りや抑うつは、その場は抑えて後で考える、同僚や専門家に話す、治療に役立つよう自分の気持ちを患者に伝える。患者からの頻回の電話には、電話はできるだけしないよう伝えるが、かかってきた電話には短く話をする、あるいは、電話をかけてよい時間を指定し、その時間のみ受ける。治療者の個人情報の開示は、しない、ときどきする。治療者自身の感情は、程度はさまざまだが開示する。治療者の限界や治療者-患者関係を話題にする。患者の達成を評価したり、誉めたりする。治療終結を話し合う。
     治療成績(合意終結数、推定終結数、中断率)から望ましいとされる見解・態度では、精神分析的精神療法、転移解釈がより強調されていた。

  58. The diagnosis and treatment of depression in dialysis patients 招待有り

    Hiroyuki Kimura , Norio Ozaki

    Ther Apher Dial   10 巻 ( 466-8550 ) 頁: 328-332   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    A high prevalence of depressive disorder,
    between 33% and 50%, has been reported in dialysis
    patients, although it is difficult to distinguish the physical
    symptoms like general fatigue, insomnia, and loss of appetite
    which are common among dialysis patients, from the
    psychiatric symptoms seen in depressive patients. Furthermore,
    co-occurrence of depression has been shown to be
    one of the risk factors of poor prognosis in dialysis patients,
    partly because depressed patients are less likely to adhere
    to their medication regimen and modify their lifestyle
    appropriately. The efficacy of psychiatric interventions,
    including pharmacotherapy and psychotherapy, has been
    examined for dialysis patients with co-occurrence of
    depression. Randomized controlled trials of psychiatric
    interventions for depression in dialysis patients are
    needed to investigate the impact of such interventions
    on depression, quality of life, and mortality.

  59. 心理社会的要因(職場のストレス等)の関与が疑われた右側顎下部の違和感他多彩な症状を示した1例 査読有り

    荒尾宗孝、近藤三男、伊藤隆子、伊藤幹子、木村宏之、栗田賢一

    日本歯科心身医学会雑誌   21 巻 ( 1 ) 頁: 13 - 22   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. 愛知学院大学歯学部第1口腔外科における 口腔心身症診療ガイドラインの報告  査読有り

    伊藤幹子、木村宏之、尾崎紀夫、木村有希、伊藤隆子、荒尾宗孝、栗田賢一

    精神科   8 巻 ( 5 ) 頁: 430 - 438   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. 転換機制が背景にあると考えられた歯科治療恐怖症患者の1例  査読有り

    荒尾宗孝、近藤三男、伊藤隆子、伊藤幹子、木村宏之、栗田賢一

    日本歯科心身医学会雑誌   19 巻 ( 1-2 ) 頁: 53 - 38   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. 月経前不快気分障害の治療経験について 査読有り

    長島渉、木村宏之、尾崎紀夫

    精神科   6 巻 ( 4 ) 頁: 405 - 409   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. 疼痛を主要徴候とする顎関節症に対する動作療法の試み 査読有り

    伊藤幹子、近藤三男、木村宏之、伊藤隆子、荒尾宗孝、栗田賢一

    心療内科   9 巻 ( 1 ) 頁: 75 - 81   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. 遅発性摂食障害について 査読有り

    木村 宏之、外ノ池 隆史、室谷 民雄

    精神医学   46 巻 ( 3 ) 頁: 235-242   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    摂食障害は、思春期に後発し、医学的関心も思春期心性との関連に注がれてきた。しかしながら、近年、児童期の症例や中年期の症例など、思春期以外に発症する症例の増加が認められてきている。
    今回、4例の遅発性摂食障害を経験した。4症例を通じ、思春期症例との比較や過去の文献を検討して、以下の知見を得た。
    1) 現実的な分離・喪失体験の影響が大きい。
    2) 重症化には,中年期における環境の硬直化が関与した。
    摂食障害の発症機転や精神病理について、精神発達上の分離・喪失体験が重要視される。思春期の摂食障害では、心理的(内的)分離・喪失体験の影響が大きいことに対し、遅発性摂食障害では、現実的(外的)な分離・喪失体験の影響が大きかった。これは、一般に、中年期が、各種の現実的な分離・喪失体験や幼少期の葛藤の再燃などを認める精神発達上の危機心性を持つこととも関連していると考えられた。

  65. *Treatment with intravenous hyperlimentation for severely anorectic patients and its outcome 査読有り

    Takasi Tonoike, Tosihiko Takahas, Hisasi Watanabe, Hiroyuki Kimura, Mami Suwa,Kaoruko Akahori, and Yosiko Itakura

    Psychiatry and Clinical Neuroscience   58 巻 ( 3 ) 頁: 229-235   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In treating patients with severe anorexia nervosa, it is important to improve their physical condition
    first. Patients who had lost close to 60% standard bodyweight (SBW) were candidates for
    inpatient treatment due to the mortality risk. With 80% SBW as the target for therapy, they were
    given both intravenous hyperalimentation and food by oral intake in order to improve their physical
    condition. In total, 51 patients were admitted. One died and four patients dropped out in the
    course of treatment. Forty-six patients who completed the inpatient treatment were reviewed.
    Although admitted with an average weight of approximately 60% SBW, they were discharged
    with a weight of approximately 80% SBW after approximately 60 days. An average follow up of
    25.0 months was conducted, and two patients were found to have died. The mean weight, percentage
    resuming menstruation, and rehospitalization rate of the 44 survivors were 79% SBW, 23%,
    and 32%, respectively. The patients with the restricting type of anorexia had an earlier onset of the
    disorder and a better social outcome. Patients in whom onset occurred at a younger age had a
    better social outcome. After being discharged, the majority of the patients continued treatment as
    outpatients. Although the results were similar to those of conventional studies in terms of outcome,
    the shorter hospitalization was significant. Overall, in the treatment of patients with severe
    anorexia nervosa, it is important to begin psychotherapy while trying to improve their physical
    condition.

  66. 味覚障害にパロキセチンが奏効したと考えられる一例 査読有り

    伊藤幹子、近藤三男、伊藤隆子、荒尾宗孝、木村宏之、栗田賢一

    Phama Medica   22 巻 ( 8 ) 頁: 181 - 184   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. ある疼痛性障害患者が心身相関に気付いてゆく過程について 査読有り

    木村哲也、木村宏之

    心療内科   7 巻 ( 1 ) 頁: 56-60   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. 家族関係の好転に伴い短期で軽快した解離性障害の3症例 査読有り

    市田勝、木村宏之、川崖拓史

    臨床精神医学   31 巻 ( 5 ) 頁: 577-583   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. 強迫症状と長期のひきこもり歴をもつ中年女性の精神療法 査読有り

    木村宏之

    精神分析研究   45 巻 ( 1 ) 頁: 78-84   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. 心因性健忘を呈した神経性無食欲症の2症例 ―解離の視点から― 査読有り

    木村宏之、外ノ池隆史、室谷民雄

    臨床精神医学   30 巻 ( 6 ) 頁: 647-653   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. 多彩な精神症状を呈した全生活史健忘の一例 ―その回復過程と治療者の役割― 査読有り

    木村宏之、市田勝、近藤三男

    思春期青年期精神医学   9 巻 ( 1 ) 頁: 45-52   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. 生活史の改変と精神病的症状のみられた解離性障害の一例 ―「イメージ性」の視点から― 査読有り

    市田勝、木村宏之

    思春期青年期精神医学   9 巻 ( 1 ) 頁: 53-61   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 29

  1. よくわかる 精神疾患対応これ1冊:内界と精神科医の連携のために

    木村宏之( 担当: 共著 ,  範囲: 各論3 境界性パーソナリティ障害 第5部 内科医にも知って欲しい精神疾患)

    診断と治療社  2024年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 精神療法面接における傾聴と共感

    木村宏之( 担当: 単著)

    金剛出版  2023年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  3. がん患者における気持ちのつらさガイドライン 日本サイコオンコロジー学会/日本がんサポーティブケア学会編集 査読有り

    木村宏之( 担当: 共著 ,  範囲: 精神分析的・精神力動的精神療法 )

    金原出版  2023年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  4. 講座 精神疾患の臨床 7巻「地域精神医療 リエゾン精神医療 精神科救急医療」

    木村宏之、岸辰一( 担当: 共著 ,  範囲: 臓器移植と精神医療)

    中山書店  2022年 

     詳細を見る

    総ページ数:525   担当ページ:299-308   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  5. 日常臨床に活かす精神分析 連携編

    木村宏之( 担当: 共著 ,  範囲: 精神科医療連携の歴史と臨床実践)

    誠信書房  2022年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  6. 精神疾患を合併した、或いは合併の可能性のある妊産婦の 診療ガイド:各論編

    木村宏之、小谷友美、尾崎紀夫( 担当: 共著 ,  範囲: パーソナリティ障害)

    日本精神神経学会・日本産科婦人科学会  2021年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:175   担当ページ:11   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  7. 文化芸術の精神分析

    木村宏之( 担当: 共著 ,  範囲: カズオイシグロ)

    遠見書房  2021年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  8. 精神力動的精神医学 その臨床実践 第5版(DSM-5準拠)8章、19章(共訳)

    木村宏之( 担当: 共訳)

    岩崎学術出版社  2019年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:525   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  9. 精神医学

    木村宏之( 担当: 単著 ,  範囲: パーソナリティ障害)

    理工図書  2018年 

     詳細を見る

    総ページ数:470   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  10. 日常臨床に活かす精神分析

    木村宏之( 担当: 共著 ,  範囲: 病院の臨床)

    誠心書房  2017年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. 面接技術の習得法 患者にとって良質な面接とは?(単著)

    木村宏之( 担当: 単著)

    金剛出版  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. 生体臓器移植ドナーの意思確認に関する指針

    木村宏之 他( 担当: 共著)

    星和書店  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. 全般性不安障害:薬剤師とのクロストーク

    伊藤教道、木村宏之( 担当: 共著)

    南山堂  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. パニック障害 診療ガイドラインup to date

    木村大樹、木村宏之、尾崎紀夫( 担当: 共著)

    メディカルレビュー社  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  15. リエゾン精神医学 精神科必修ハンドブック 改訂版

    木村宏之、尾崎紀夫( 担当: 共著)

    羊土社  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  16. 肝移植後グラフト機能不全/アルコール性肝不全の肝移植適応 第 10 回伊豆肝臓カンファ レンス記録 査読有り

    木村宏之、岸辰一、矢崎慧、大林晶子、佐藤直弘、坪井千里、山口尚子、藤城弘樹、岡田俊、亀井秀弥、大西康晴、石上雅俊、小倉靖弘、尾崎紀夫( 担当: 共著 ,  範囲: アルコール性肝不全の肝移植適応 Sobriety(6-months rule)と Recidivism)

    アークメディア  2014年 

     詳細を見る

    担当ページ:27   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  17. パーソナリティ障害 :ジェネラル診療シリーズ 「あらゆる診療科でよく出会う 精神疾患を見極め、対応する」

    木村宏之、江崎幸生( 担当: 共著)

    羊土社  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  18. 不安障害 :ジェネラル診療シリーズ 「あらゆる診療科でよく出会う 精神疾患を見極め、対応する」

    木村大樹、木村宏之、尾崎紀夫( 担当: 共著)

    羊土社  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  19. 解離[転換]性障害 今日の治療指針2013版

    木村宏之他( 担当: 共著)

    医学書院  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  20. がん診療のサポーティブケアイド/サイコオンコロジー(うつ病・せん妄)

    足立康則 木村宏之 尾崎紀夫( 担当: 共著)

    文光堂  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  21. 身体疾患とうつ:うつ病治療ハンドブック

    徳倉達也、木村宏之、尾崎紀夫( 担当: 共著)

    金剛出版  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  22. 初回面接 葛藤、心的外傷(共訳)

    神谷栄治、木村宏之、市田勝ほか( 担当: 共著)

    金剛出版  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  23. 見捨てられ抑うつ・現代精神医学辞典

    木村宏之 他( 担当: 共著)

    弘文堂  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  24. 境界性パーソナリティ障害<日本版治療ガイドライン> 第9章 境界性パーソナリティ障害の個人精神療法:一般臨床家のために

    木村宏之、神谷栄治、成田善弘( 担当: 共著)

    金剛出版  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  25. パーソナリティ障害治療ガイドー「自己」の成長を支えるアプローチー(共訳)

    浅野元志、市田勝、江崎幸生、神谷栄治、木村哲也、木村宏之、外ノ池隆史、宮原研吾( 担当: 共著)

    金剛出版  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  26. 境界性パーソナリティ障害の精神療法 日本版治療ガイドラインを目指して 成田善弘編

    成田 善弘、木村 宏之浅野 元志、市田 勝、江崎 幸生神谷 栄治、木村 哲也、近藤 三男、寺西 佐稚代、外ノ池 隆史( 担当: 共著)

    金剛出版  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  27. 精神科必修ハンドブック 第5章 リエゾン精神医学

    木村 宏之、尾崎 紀夫( 担当: 共著)

    羊土社  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  28. 境界例と自傷 ―自傷、リストカットを中心に- 現代のエスプリ

    市田 勝、木村 宏之( 担当: 共著)

    至文堂  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  29. 神経性大食症 IV摂食障害 精神医学症候群II―摂食・睡眠・性・人格障害など 日本臨床別冊 領域別症候群シリーズ

    木村宏之、市田勝( 担当: 共著)

    日本臨床社  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

MISC 87

  1. リエゾン精神医学における精神分析的精神医学 査読有り

    木村宏之  

    精神神経125 巻 ( 2 )   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  2. 事例検討会のすすめ(書評) 招待有り

    木村宏之  

    精神分析研究67 巻 ( 1 ) 頁: 155 - 156   2023年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

  3. COVID-19パンデミックに係る国の緊急事態宣言前後におけるサイコセラピー・スーパービジョンの機会提供の変化に関する調査研究 査読有り

    木村宏之、平野直己、岸辰一、岡田暁宜、妙木浩之  

    精神分析研究67 巻 ( 1 ) 頁: 120 - 146   2023年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  4. 日本総合病院精神医学会の将来構想に関する提言(将来構想2022) 招待有り

    西村勝治、赤羽隆樹、井上真一郎、岸泰宏、佐伯吉規、佐竹直子、清水研、高田知二、高橋晶、八田耕太郎、花村温子、和田健、秋月伸哉、疇地道代、庵地雄太、五十嵐江美、上村恵一、臼井千恵、大塚耕太郎、大矢希、岡田剛史、小川朝生、河西千秋、加藤温、上條吉人、岸辰一、木村宏之、小石川比良来、厚坊浩史、小林清香、小松知己、佐々木由里香、佐藤茂樹、須田哲史、諏訪太朗、平俊浩、高橋雄一、竹内崇、竹林実、谷口豪、中神由香子、中嶋義文、中土井芳弘、長谷川雄介、平山貴敏、福本健太郎、船山道隆、星野瑞生、松原敏郎、丸山史、吉村匡史、和田央、和田佐保  

    日本総合病院精神医学雑誌   2023年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  5. 成田善弘先生に聞く 招待有り

    成田善弘、木村宏之  

    精神分析研究67 巻 ( 2 ) 頁: 33 - 45   2023年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  6. Review of Books Abroad Clinical Manual of Supportive Psychotherapy, Second Edition(AMERICAN PSYCHIATRIC ASSOCIATION PUBLISHING Peter N. Novalis, M.D., Ph.D., Virginia Singer, D.N.P., and Roger Peele, M.D.)(書評) 招待有り

    木村宏之  

    精神療法49 巻 ( 5 )   2023年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

  7. がん患者の語りを聴くということー病棟での心理療法の実践から(書評) 招待有り

    木村宏之  

    精神分析研究67 巻 ( 3 ) 頁: 117 - 119   2023年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

  8. 認定スーパーバイザーの集いーオンラインスーパービジョンについて 招待有り

    木村宏之  

    精神分析研究67 巻 ( 3 ) 頁: 126 - 127   2023年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  9. 精神疾患・心理社会的要因が原因と考えられる非歯原性歯痛に対し漢方薬が奏功した症例 査読有り

    佐藤曾士, 徳倉達也, 宮内倫也, 伊藤幹子, 中野健二郎, 鶴田剛士, 富田眞, 外ノ池隆史, 中野有美, 梅村恵理, 木村宏之, 奥田真弘.  

    痛みと漢方31 巻 ( 1 ) 頁: 97 - 100   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  10. 加藤隆弘先生の講演に対する討論:特集 精神分析的精神療法とエヴィデンス

    木村宏之  

    精神分析研究66 巻 ( 1 ) 頁: 22 - 24   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  11. 加藤隆弘先生のレスポンスについて:特集 精神分析的精神療法とエヴィデンス

    木村宏之  

    精神分析研究66 巻 ( 1 ) 頁: 29 - 31   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  12. The compulsion to repeat: An introduction Howard B. Levine/A river with several different tributary streams: Reflections on the repetition compulsion Heinz Weiss INT J PSYCHOANAL 2020, VOL. 101, NO. 6, 1162–1187(反復強迫:イントロダクション/いくつかの支流からなる河川:反復強迫に関する考察 抄訳) 招待有り

    木村宏之  

    精神療法   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

  13. 総合病院における境界性パーソナリティ障害 医療スタッフの過剰な傾聴について考える 招待有り

    木村宏之  

    精神科治療学37増刊 巻   頁: 341 - 344   2022年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  14. “Truth shall spring out of the earth...”: The analyst as gatherer of sense impressions Avner Bergstein Int J Psychoanal 103(2) ; 246-263, 2022 「真実は大地から滲み出ている」;感覚印象の収集者としての分析家(抄訳) 招待有り

    木村宏之  

    精神療法48 巻 ( 6 ) 頁: 136 - 138   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  15. 身体症状症と診断され,精神疾患・心理社会的要因が原因と考えられる非歯原性歯痛に対し漢方薬が奏功した症例 査読有り

    佐藤曾士、徳倉達也、宮内倫也、伊藤幹子、中野健二郎、鶴田剛士、富田慎、外ノ池隆史、中野有美、梅村恵理、木村宏之、奥田真弘  

    痛みと漢方31 巻   頁: 97 - 100   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  16. 適応障害(適応反応症)(Adjustment disorders) 招待有り

    木村宏之  

    精神科治療学36(増刊号) 巻   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  17. 臓器移植希望者(レシピエント)の心理社会的評価に関する提言(日本総合病院精神医学会 臓器不全・移植関連委員会)

    西村勝治、井上真一郎、大橋綾子、岡田剛史、桂川修一、木村宏之、小林清香、成田尚、中西健二、松本洋輔  

    総合病院精神医学33 巻 ( 3 ) 頁: 246 - 285   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  18. 特集 コロナ「COVID-19」禍のメンタルヘルス 海外のロックダウン・隔離とサイコセラピー 招待有り

    木村宏之  

    精神療法47 巻 ( 2 ) 頁: 184 - 190   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  19. 精神科医療面接の基本 招待有り

    木村宏之  

    レジデントノート22 巻 ( 15 ) 頁: 2803 - 2808   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  20. Enactment: Listening to psychic gestures Gabriel Sapisochin /Comments on “Enactment: Listening to Psychic Gestures” by Gabriel Sapisochin John Steiner INT J PSYCHOANAL 100(5)877–905,2019(エンアクトメント:サイキックジェスチャーを傾聴すること/ Gabriel Sapisochin論文に対するコメント) 招待有り

    木村宏之  

    精神療法46 巻 ( 6 ) 頁: 881 - 882   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

  21. 生体ドナーに対する精神科医の第三者面接ー肝臓・腎臓移植における医療倫理コンサルテーションー

    木村宏之、岸辰一  

    精神科治療学35 巻 ( 5 ) 頁: 279 - 284   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  22. Time and the Garden of Eden Illusion John Steiner INT J PSYCHOANAL 2018, VOL. 99(6)1274–1287, 2018(時間とエデンの園幻想 抄訳) 招待有り

    木村宏之  

    精神療法45 巻 ( 6 ) 頁: 900 - 901   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

  23. 支持的精神療法のフォーミュレーション 招待有り

    木村宏之  

    精神療法増 巻 ( 6 ) 頁: 40-48   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  24. 肝疾患に伴ううつ病 招待有り

    木村宏之  

    精神科治療学   頁: (印刷中)   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  25. 石田論文との対話 招待有り 査読有り

    木村宏之  

    精神分析研究62 巻 ( 2 ) 頁: 311 - 312   2018年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  26. 頭頚部癌領域における精神医学的介入の実際 招待有り

    徳倉達也, 木村宏之, 尾崎紀夫  

    ENTONI221 巻   頁: 44-50   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  27. “A special section on Lectures on Technique by Melanie Klein” Rachel B. Blass、Michael Feldman INT J PSYCHOANAL99(4)947-951/990-992, 2018(Lectures on Technique by Melanie Klein について 抄訳) 招待有り

    木村宏之  

    精神療法44 巻 ( 6 ) 頁: 910   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  28. 肝疾患 病態・疾患に応じた向精神薬の使い方と注意点  招待有り

    木村宏之  

    薬事60 巻 ( 10 ) 頁: 1926-1931   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  29. 境界性パーソナリティ障害の薬物療法 最近の知見と臨床実践について 招待有り

    木村宏之  

    臨床精神薬理47増刊 巻   頁: 178-182   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  30. 高齢者の身体症状症  老年医学(下) 招待有り

    木村宏之  

    日本臨床76 巻 ( 増刊7 ) 頁: 89-93   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  31. 境界性パーソナリティ障害(BPD)を知り、対応を考える:過量服用や脱抑制を考えた処方を含めて 招待有り

    水谷裕樹、木村宏之、尾崎紀夫  

    日本精神薬学会誌2 巻 ( 2 ) 頁: 12 - 14   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  32. 支持的精神療法 招待有り

    木村宏之  

    精神科31 巻 ( 5 ) 頁: 396-400   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  33. On excess, trauma and helplessness: Repetitions and transformations. Rosine Jozef Perelberg Int J Psychoanal(2015) (過剰,トラウマ,無力について:反復と変形 抄訳) 招待有り

    木村宏之  

    精神療法43 巻 ( 5 ) 頁: 143-144   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  34. 肝移植をめぐるリエゾン精神医学

    岸辰一、木村宏之、尾崎紀夫  

    精神科治療学32 巻 ( 3 ) 頁: 175-181   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  35. 心疾患を有する患者への向精神薬療法の留意点 招待有り

    宮内倫也、木村宏之、尾崎紀夫  

    臨床精神薬理26 巻 ( 4 ) 頁: 404 - 409   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  36. 書評「エビデンスベイスト精神力動的心理療法ハンドブックー科学と臨床実践をつなぐ試み」RAレヴィ他編著 招待有り

    木村宏之  

    精神分析研究60 巻 ( 1 ) 頁: 128 - 129   2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  37. 高齢者の心因 —神経症から身体症状症(DSM-5)へ− 招待有り

    木村宏之  

    老年精神医学雑誌27 巻 ( 10 ) 頁: 1037-1045   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  38. スーパービジョンに学ぶ -精神療法を教え伝える, そして学び生かす- 招待有り 査読有り

    木村宏之  

    精神療法増刊第3 巻   頁: 190-194   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  39. How and why unconscious phantasy and transference are the defining features of psychoanalytic practice Rachel B. Blass, Lucy LaFarge, Michael Feldman, B. Stern Int J Psychoanal 95:e1-e7;1265-1297, 2014(無意識的空想と転移は精神分析の実践を特徴づけるか 抄訳) 招待有り

    木村宏之  

    精神療法42 巻 ( 4 ) 頁: 143-144   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  40. 口腔領域の非器質性慢性疼痛の治療戦略と薬物療法 招待有り

    徳倉達也、木村宏之、尾崎紀夫  

    臨床精神薬理18 巻 ( 4 ) 頁: 431 - 438   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  41. Fear of breakdown and the unlived life. Thomas H. Ogden、Int J Psychoanal (2014)(Fear of breakdownと死んだような人生 抄訳) 招待有り

    木村宏之  

    精神療法41 巻 ( 3 ) 頁: 141-142   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  42. 境界性パーソナリティ障害の生物学的研究はいま 招待有り

    木村宏之、尾崎紀夫  

    こころの科学185 巻   頁: 24-31   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  43. 対象喪失に向き合うこと  招待有り

    木村宏之  

    精神分析研究58 巻 ( 1 ) 頁: 58 - 59   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  44. 転換性障害 特集[気絶するほど悩ましい危険な失神の見分け方] 招待有り

    片山寛人、木村宏之  

    JIS: Journal of Integrated Medicine24 巻 ( 1 ) 頁: 39 - 42   2014年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  45. On Winnicott’s clinical innovations in the analysis of adults. Int J Psychoanal 93:1439-1473, 2012(成人の精神分析におけるウィニコットの臨床的革新について 抄訳) 招待有り

    木村宏之  

    精神療法40 巻 ( 3 ) 頁: 476-477   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  46. 転移が問題になる事例 特集「困難事例にどう対処するか」 招待有り

    木村宏之  

    精神科治療学29 巻 ( 10 ) 頁: 1223-1228   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  47. 境界型パーソナリティ障害における気分障害の診断と治療 招待有り

    立花昌子、木村宏之、尾崎紀夫  

    Depression Strategy11 巻   頁: 48 - 53   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  48. Brief Evaluation of Medication Influences and Beliefs(BEMIB)を用いた双極性障害の服薬アドヒアランス評価 招待有り

    徳倉達也, 木村宏之, 吉見陽, 大橋美月, 増田美江, 千崎康司, 吉田契造, ブランコ・アレクシッチ , 野田幸裕, 山田清文, 尾崎紀夫  

    Bipolar Disorder11 巻   頁: 48 - 53   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  49. Whose memories are they and where do they go? Problems surrounding internalization in children on the autistic spectrum Maria Rode Int J Psychoanal 2012 93:355-376(誰の記憶なのか?そして、どうなっていくのか?〜自閉スペクトラムの子供における内在化をめぐる問題:抄訳)  招待有り

    木村宏之  

    精神療法196 巻 ( 3 ) 頁: 162-163   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  50. 双極性障害の心理教育:特集 双極性障害;現代社会における特徴 招待有り

    大野佳枝、木村宏之、尾崎紀夫  

    Pharma Medica31 巻 ( 1 ) 頁: 45 - 48   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  51. Helplessness and the exercise of power in the analytic session John Steiner Int J Psychoanal 2011 92:135-147(精神分析セッションにおける無力感と力の行使:抄訳) 招待有り

    木村宏之  

    精神療法38 巻 ( 3 ) 頁: 134-136   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  52. アルコール性肝障害における肝移植 招待有り

    木村宏之  

    治療94 巻 ( 4 ) 頁: 495-499   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  53. 展望 うつ病治療における非薬物療法 招待有り

    木村宏之、尾崎紀夫  

    臨床精神薬理15 巻 ( 12 ) 頁: 3-11   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  54. 境界性パーソナリティ障害と気分障害(特に双極スペクトラムとの関連)「気分障害の治療ガイドライン新訂版」 招待有り

    木村宏之、尾崎紀夫  

    精神科治療学27 巻 ( 増刊 ) 頁: 351-357   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  55. 機能性胃疾患診療における不安抑うつスコアの有用性と機能性胃疾患の発症および増悪因子としての心配性の関与について 招待有り

    洪繁、松浦俊博、木村宏之、石川哲也、京兼和宏、山田理  

    消化器内科55 巻 ( 1 ) 頁: 42 - 29   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  56. 書評「「精神療法の深さー成田善弘コレクション」 招待有り

    木村宏之  

    こころの科学166 巻 ( 11 ) 頁: 114 - 114   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  57. 認知行動療法について 招待有り

    木村宏之  

    精神科治療学26 巻 ( 3 ) 頁: 337-342   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  58. コンサルテーション・リエゾン精神医学における身体疾患による適応障害の臨床研究〜疾病の受容過程における体験反応様式による亜型分類の試み〜 査読有り

    木村哲也、佐藤直弘、木村宏之  

    総合病院精神医学雑誌23 巻 ( 1 ) 頁: 60-70   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  59. 摂食障害の力動的精神療法 招待有り

    木村宏之  

    精神科治療学26 巻 ( 増刊 ) 頁: 251-255   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  60. アルコール性肝障害における肝移植 招待有り

    木村宏之  

    治療8 巻 ( 19 ) 頁: 370 - 375   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  61. 家族関係を知って治療に生かすこと 招待有り

    木村宏之、合澤祐、宮原研吾  

    精神科治療学25 巻 ( 11 ) 頁: 1423 - 1430   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

     近年の精神医学における家族歴は、従来と比較してその重要性を失いつつある印象を持つが、これは操作診断から力動的視点が失われてきたことと無関係ではないだろう。本稿では、神経症水準の患者の精神科治療において「家族関係を知って治療に生かすこと」を力動的視点から考えた。治療者は、初回面接で家族歴を聴取しながら、目の前の患者や家族を観察・評価する。そして同時並行的に、出会った時から始まっている治療者患者関係に配慮する。これに続けて聴取した家族関係を精神科治療に生かす方法について2つの観点から述べた。①付き添ってくる家族に具体的な介入をして変化を促す。②治療者・患者関係の変化に伴って家族関係の変化を促す。

  62. 精神療法の副作用 招待有り

    木村宏之  

    日本青年期精神療法学会誌8 巻 ( 1 ) 頁: 45-53   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  63. 糖尿病とうつ病 招待有り

    長島渉、木村宏之、尾崎紀夫  

    Medical Practice28 巻 ( 19 ) 頁: 1775 - 1778   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  64. 「知っておきたい症状用語」投影同一化 招待有り

    木村宏之  

    精神科治療学25 巻 ( 3 ) 頁: 411 - 413   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  65. 循環器疾患とうつ病 招待有り

    小笠原一能、木村宏之、尾崎紀夫  

    綜合臨床59 巻 ( 5 ) 頁: 1236 - 1242   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  66. 精神療法の副作用 招待有り

    木村宏之  

    ストレス科学25 巻 ( 3 ) 頁: 201 - 211   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  67. Anorexia Nervosaの発症年齢とBody Mass Index(BMI)-peak onset AN群とlate onset AN群との比較から- 招待有り 査読有り

    木村宏之、外ノ池隆史、室谷民雄、吉田契造、尾崎紀夫  

    精神神経学雑誌111 巻 ( 8 ) 頁: 901 - 907   2009年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    精神疾患の中で「低体重に起因する身体合併症」と「頑な痩せへの希求という精神症状」をあわせもち、いまだ有効な治療法がない神経性無食欲症の臨床研究を試みた。
     これまでの臨床経験から中年期以降に顕在化する摂食障害の治療は難渋することが多く、思春期に発症する神経性無食欲症との差異の可能性に着目し、本稿では神経性無食欲症患者(AN)の遅発群と典型的な思春期発症群を峻別する臨床的特徴について検討することを目的とした。摂食障害の診断規準(DSM-Ⅳ)を満たした女性患者400名のうち、神経性大食症患者(251名)をのぞく神経性無食欲症患者(149名)について、15歳から25歳までに発症したPeak onset AN(125名、平均年齢17.8歳)と25歳以上のLate onset AN(24名、平均年齢29.9歳)の2群に分類した。この区分わけを目的変数として、初診時の臨床的特徴である、初診時BMI、発症から受診までの期間、病型(制限型:むちゃ食い/排泄型)、発症から受診までの最大・最小BMIの差、出生順位の5因子を説明変数として、ロジスティック回帰分析をおこなった。
     その結果、Peak onset ANとLate onset ANの区分わけに最も大きな影響を持つ因子は、5因子の中で初診時BMI(オッズ比:1.26、 P=0.052)であり、初診時BMIはLate onset ANの方がPeak onset ANより有意に低値を示していた。Peak onset ANとLate onset ANに区分するのに影響を持つ因子として初診時BMIが抽出された。さらに、発症年齢と初診時BMIの間において、有意な相関関係(r2=0.064、P=0.0018)を認め、発症年齢が高いほどと初診時BMIが低くなる相関が検出された(初診時BMIに対する発症年齢の寄与率は、全変動のうち約6%であった)。これらの結果から、発症年齢の遅いANは初診時BMIが低く、Peak onset ANとLate onset ANという分類に、ある程度の臨床的意義があることを示し得た。

  68. 全生活史健忘の精神療法【特集 解離とその治療】 招待有り

    木村宏之  

    精神療法35 巻 ( 2 ) 頁: 175 - 180   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  69. シリーズケースの見方/考え方 ⅩⅩⅥ-3「生活史健忘の1例」 招待有り

    宮原研吾、木村宏之  

    精神療法35 巻 ( 1 ) 頁: 77 - 87   2009年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  70. シリーズケースの見方/考え方 ⅩⅩⅥ-1「問題行動を繰り返した思春期女性例」 招待有り

    木村哲也、木村宏之  

    精神療法34 巻 ( 3 ) 頁: 353 - 363   2008年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  71. 精神疾患と身体疾患を合併する患者の援助についてーリエゾン・コンサルテーション精神医学の視点からー 招待有り

    木村宏之、尾崎紀夫  

    精神障害とリハビリテーション12 巻 ( 1 ) 頁: 14 - 18   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  72. シリーズケースの見方/考え方 ⅩⅩⅥ-2「自立と依存に揺れる女性との精神療法過程」 招待有り

    江崎幸生、木村宏之  

    精神療法34 巻 ( 6 ) 頁: 83 - 92   2008年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  73. 解離性障害の精神療法 招待有り

    木村宏之  

    精神科治療学22 巻 ( 3 ) 頁: 253-236   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    解離性障害の精神療法について力動的な視点から概説し、各々の治療時期における特徴をできるだけ具体的に描写した。①治療初期には、解離について患者の代わりに周囲が困っていることが多く、患者自身の治療意欲は低い。まずは精神療法が行えるような環境を構築するため、精神療法の中にマネージメント的な要素が必要になる。②治療中期には、治療者との関係性が構築され、解離に受け身的であった患者は、徐々に面接で解離について自ら考えるようになる。そして治療者・患者関係を通じて解離を呈さざるを得ななかった患者への理解が進むと、患者は解離を呈する必要がなくなっていく。③治療後期になると、社会との関わりが増えて医療との関わりが減り、ゆっくりと医療から離れていく。本稿では、解離と対峙しながらも解離に目を奪われすぎることなく、解離を呈さざるを得なかった患者のあり方(歴史)に着目することを強調した。

  74. 【心不全予防 その最前線を探る】 併発した他臓器障害を考慮した予防的介入を探る 心不全とうつ病 招待有り

    木村宏之、尾崎紀夫  

    内科99 巻 ( 3 ) 頁: 465 - 469   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  75. 書評 思春期臨床の考え方・すすめ方 新たなる視点・新たなるアプローチ 鍋田恭孝(編) 招待有り

    木村宏之  

    児童青年精神医学とその近接領域48 巻 ( 4 ) 頁: 533 - 534   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  76. 書評:精神分析入門講座 J・ミルトン他著 招待有り

    木村宏之  

    精神療法33 巻 ( 3 ) 頁: 533 - 534   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  77. 特集「透析室における精神症状と行動異常」食事をとろうとしない 招待有り

    羽渕知可子、木村宏之、尾崎紀夫  

    臨床透析23 巻 ( 6 ) 頁: 704 - 705   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  78. 特集「透析室における精神症状と行動異常」活気がなく沈みがち 招待有り

    佐藤正樹、木村宏之、尾崎紀夫  

    臨床透析23 巻 ( 6 ) 頁: 682 - 684   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  79. 特集「透析室における精神症状と行動異常」あかるく、大声でしゃべりまくる 招待有り

    上田圭介、木村宏之、尾崎紀夫  

    臨床透析23 巻 ( 6 ) 頁: 680 - 681   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  80. 解離性障害:診断と治療(特集:子供の心の問題:最近の話題と多角的アプローチ) 招待有り

    木村宏之  

    小児内科38 巻 ( 1 ) 頁: 87-90   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  81. 特集:移植医療の現状と展望 生体移植ドナーにおける心理・社会的側面  招待有り

    木村宏之、尾崎紀夫  

    現代医学54 巻 ( 2 ) 頁: 233 - 236   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  82. 心筋梗塞に伴ううつ病 招待有り

    鳥居洋太、木村宏之、尾崎紀夫  

    精神科治療学21増刊 巻   頁: 101 - 103   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  83. 解離性障害の治療-困難な状況をいかに乗り切るか-第45回日本児童青年精神医学会総会 シンポジウム「解離性障害」 招待有り

    木村宏之  

    児童青年精神医学とその近接領域46 巻 ( 5 ) 頁: 521-527   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  84. 特集:リエゾン精神医学の現状と課題 サイコカルディオロジー  招待有り

    木村宏之、徳倉達也、尾崎紀夫  

    精神医学47 巻 ( 8 ) 頁: 521 - 527   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  85. 境界性人格障害の個人精神療法―文献の検討から- 招待有り

    成田善弘、市田勝、近藤三男、神谷栄治、加藤洋子、木村宏之、 木村哲也、寺西佐稚代、外ノ池隆史  

    精神療法29 巻 ( 3 ) 頁: 275-283   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  86. 領域別症候群シリーズ 精神医学症候群II―摂食・睡眠・性・人格障害など- IV摂食障害 神経性大食症 招待有り

    木村宏之  

    日本臨床別冊 巻   頁: 17 - 20   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  87. 強迫症状と長期のひきこもり歴をもつスキゾイド患者の精神療法 招待有り

    木村宏之、成田善弘  

    精神療法28 巻 ( 1 ) 頁: 74-82   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

▼全件表示

講演・口頭発表等 143

  1. シンポジウム HIV診療における心理士と精神科医の医療連携 招待有り

    木村宏之、安尾利彦

    第37回日本エイズ学会  2023年12月4日  日本エイズ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  2. HIV領域の心理職と精神科医の連携の現状と課題に関する研究

    安尾利彦、木村宏之

    第37回日本エイズ学会  2023年12月  日本エイズ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都   国名:日本国  

  3. 臓器移植における精神科医の役割/シピエント移植コーディネーター各論(生体移植時) 招待有り

    木村宏之

    第22回日本移植コーディネーター協議会(JATCO)総合研修会  2023年12月2日  本移植コーディネーター協議会(JATCO)

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東京   国名:日本国  

  4. シンポジウム 総合病院精神医学における臨床倫理について考える アルコール使用障害患者に対する肝移植

    木村宏之

    第36回日本総合病院精神医学会  2023年11月  日本総合病院精神医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  5. 心理職が感じるチーム医療での連携の困難さ-効率的なチーム医療構築のための一考察-

    岸辰一、木村宏之、長島渉、徳倉達也、小笠原一能、河合敬太、山内彩、池田匡志、安尾利彦

    第36回日本総合病院精神医学会  2023年11月17日  日本総合病院精神医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  6. 編集委員会企画 論掲載にむけてー応用分野への投稿 招待有り

    木村宏之

    日本精神分析学会第69回大会  2023年11月4日  日本精神分析学

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:広島   国名:日本国  

  7. エヴィデンスの集い 精神分析的精神療法における遺伝学的評価の有用性についての検討

    木村大樹、木村宏之 

    日本精神分析学会第69回大会  2023年11月4日  日本精神分析学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島   国名:日本国  

  8. 認定スーパーバイザーの集い 精神分析的サイコセラピー研修としてのオンラインスーパービジョンに関する調査研究 招待有り

    木村宏之

    日本精神分析学会第69回大会  2023年11月5日  日本精神分析学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:広島   国名:日本国  

  9. シンポジウム 精神分析的臨床のフロントライン(3)ー面接室を出て、現場へと歩き出すこと(アウトリーチ臨床)ー 指定討論 招待有り

    木村宏之

    日本心理臨床学会第42回大会  2023年10月7日  日本心理臨床学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  10. シンポジウム 多職種連携で求められる心理師の役割 -高度医療における心理支援- 指定討論 招待有り

    木村宏之

    日本心理臨床学会第42回大会  2023年10月1日  日本心理臨床学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  11. 臓器横断シンポジウム 生体移植ドナーの精神的・身体的サポート 生体肝移植ドナーの併存精神疾患と精神科連携

    木村宏之、杉田尚子、大橋綾子、成田尚、藤澤大介、岡田剛史、松本洋輔、岸辰一、川㟢弘詔、西村勝治、小倉靖弘、池田匡志

    第59回日本移植学会総会  2023年9月22日  日本移植学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  12. 身体疾患をめぐる精神力動的理解とアプローチ 招待有り

    木村宏之

    力動的心身症臨床セミナー(第3回)  2023年9月18日  小寺財団

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東京   国名:日本国  

  13. HIV領域に従事する心理師が感じるチーム医療での連携困難 -効率的なコンサルテーション・リエゾン医療の構築のための一考察-

    岸辰一、河合敬太、木村宏之、安尾利彦

    日本心理臨床学会第42回大会  2023年9月  日本心理臨床学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  14. アルコール摂取歴と頭頸部がん患者の精神的QOLの関連性

    木全みこ、鈴木結希花、岸辰一、伊藤 萌水、山内 彩、木村 宏之

    日本心理臨床学会第42回大会  2023年9月  日本心理臨床学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  15. 生体肝移植ドナーの特性と術前後QOLの変化についての報告

    髙木都、若子静保、岸辰一、山内彩、木村宏之

    日本心理臨床学会第42回大会  2023年9月  日本心理臨床学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  16. 教育研修セミナー「精神医学とのインターフェイス部門」精神力動的精神医学:応用領域の精神分析的臨床実践について具体的に考える 招待有り

    白波瀬丈一郎、木崎英介、木村宏之、岡田暁宜、水俣健一、江崎幸生

    日本精神分析的精神医学会第21回大会  2023年8月26日  日本精神分析的精神医学

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  17. パネル1 アルコール性肝硬変・肝不全に対する肝移植 アルコール性肝硬変・肝不全に対する肝移植における精神科医療

    木村宏之、岸辰一、若子静保、高木都、葉山泉、松林里佳、坪井千里、山口尚子、倉田信彦、城原幹太、藤本康弘、小倉靖弘、尾崎紀夫、池田匡志

    第41回日本肝移植学会  2023年6月1日  日本肝移植学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:松山   国名:日本国  

  18. 講義 総合病院における心理職の貢献―HIV領域を中心に― 招待有り

    木村宏之、徳倉達也、小笠原一能、長島渉、岸辰一、安尾利彦

    令和4年度東海ブロックカウンセラー連絡拡大会議  2023年2月13日  東海ブロックカウンセラー連絡拡大会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  19. 初発進行頭頸部扁平上皮癌手術症例における心的外傷ストレスと不安抑うつの検討

    都築秀典、西尾直樹、向山宣昭、横井紗矢香、和田明久、木村宏之、徳倉達也、藤本保志、曾根三千彦

    第39回東海頭頸部腫瘍研究会  2023年2月4日  東海頭頸部腫瘍研究

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  20. 特別講演:精神力動的精神療法ーその学びからエビデンスまでー 招待有り

    木村宏之

    第39回日本青年期精神療法学会  2022年12月10日  日本青年期精神療法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋  

  21. うつ症状を併存する口腔内慢性疼痛患者における血小板セロトニントランスポーターの関与 招待有り

    中村真理子、吉見 陽、毛利彰宏、徳倉達也、木村宏之、岸 辰一、宮内倫也、岩本邦弘、伊藤幹子、佐藤曾士、尾崎紀夫、鍋島俊隆、野田幸裕

    BPCNPNPPP4学会合同年会(第44回日本生物学的精神医学会年会/第32回日本臨床精神神経薬理学会年会/第52回日本神経精神薬理学会年会/第6回日本精神薬学会総会・学術集会合同年会)  2022年11月5日  BPCNPNPPP4学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  22. 認定スーパーバイザーの集い「オンラインスーパービジョン」 招待有り

    木村宏之

    日本精神分析学会第68回大会  2022年10月30日  日本精神分析学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  23. 認定制度委員会企画「認定制度の集い」コロナ禍における各地区の認定研修グループの活動について(その1) 招待有り

    木村宏之

    日本精神分析学会第68回大会  2022年10月28日  日本精神分析学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  24. 教育研修委員会企画「倫理について考える」症例報告と研究倫理 招待有り

    木村宏之

    日本精神分析学会第68回大会  2022年10月29日  日本精神分析学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  25. ワークショップ 危機的状況について考える ―多職種・連携・対応― 招待有り

    井上真一郎、井上敦子、大橋綾子、桂川修一、小林清香、岸辰一、成田尚、浦和愛子、木村宏之、西村勝治

    第35回日本総合病院精神医学会  2022年10月28日  日本総合病院精神医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  26. シンポジウム 臨床的危機下における精神分析的精神医学−thinking under the fireー 死の臨床 招待有り 国際共著

    木村宏之

    日本精神分析的精神医学会20回大会  2022年9月25日  日本精神分析的精神医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:広島  

  27. シンポジウム 精神科専攻医が力動精神医学・精神分析的精神医学をどう学ぶか? 精神科専門医プログラムにおける精神力動的精神療法の習得システム

    木村宏之

    第118回日本精神神経学会学術総会  2022年  日本精神神経学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:福岡  

  28. シンポジウム 事例検討会について検討する 大学病院における力動的視点を含む症例検討会のあり方

    木村宏之

    第118回日本精神神経学会学術総会  2022年  日本精神神経学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:福岡  

  29. Association between effect of duloxetine on chronic orofacial pain and expression of platelet serotonin transporter in patients with burning mouth syndrome and atypical odontalgia

    2022年3月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  30. エヴィデンスを考える集い 日本の精神療法の未来 -エヴィデンス神話をエディプス神話から読み解く- 指定討論 招待有り

    木村宏之

    日本精神分析学会第67回大会  2021年11月6日  日本精神分析学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:WEB  

  31. 医療問題委員会 臨床心理委員会合同企画 精神分析的理解に基づく応用的実践 について考える コンサルテーション・リエゾン 招待有り

    木村宏之

    日本精神分析学会第67回大会  2021年11月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  32. 死に向き合う患者の精神療法と多職種カンファレンス(誌上発表)

    木村宏之

    日本精神分析学会第67回大会  2021年11月6日  日本精神分析学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  33. Clinical effect of duloxetine associated with downregulation of platelet serotonin transporter on chronic orofacial pain 国際会議

    Mariko Nakamura, Akira Yoshimi, Akihiro Mouri, Tatsuya Tokura, Hiroyuki Kimura, Shinichi Kishi, Tomoya Miyauchi, Kunihiro Iwamoto, Mikiko Ito, Aiji Sato, Norio Ozaki, Toshitaka Nabeshima, Yukihiro Noda

    AsCNP2021  2021年10月  AsCNP

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  34. シンポジウム COVID-19時代の精神分析臨床 COVID-19時代の精神療法

    木村宏之

    第117回 日本精神神経学会学術総会  2021年9月19日  日本精神神経学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:京都  

  35. シンポジウム これからの精神医療における精神分析的精神医学の役割 コンサルテーション リエゾン精神医学

    木村宏之

    第117回 日本精神神経学会学術総会  2021年9月20日  日本精神神経学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:京都  

  36. シンポジウム「がんとアルコール」 招待有り

    木村宏之

    第34回日本サイコオンコロジー学会総会  2021年9月18日  日本サイコオンコロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:WEB  

  37. 生体肝移植ドナーに併存する精神疾患

    木村宏之、岸辰一、亀井秀弥、尾崎紀夫、杉田尚子、野間俊一、大橋綾子、光安博志、成田尚、田中輝明、藤澤大介、岡田剛史、川㟢弘詔、 西村勝治、小倉靖弘、、尾崎紀夫

    第38回日本肝移植学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松山   国名:日本国  

  38. シンポジウム「精神科医からみた口腔領域の身体症状―難しく避けられがちな病態に立ち向かう―」 口腔領域の慢性疼痛に対する精神科リエゾン

    木村宏之

    第116回日本精神神経学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  39. シンポジウム「精神医学における精神療法の専門性(サブスペシャルティ)」

    岡田暁宜、池田暁史、皆川英明、中川敦夫、木村宏之

    第116回日本精神神経学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  40. シンポジウム「リエゾンにおける意思決定支援について考える」臓器移植 招待有り 国際会議

    木村宏之

    第32回日本総合病院精神医学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  41. 「力動的パーソナリティ査定ツール・SWAP-200日本語版の基礎的検討とうつ病患者に用いた応用的検討」討論 招待有り

    木村宏之

    日本精神分析学会第65回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  42. パネル「アルコール性肝硬変に対する肝移植の諸問題」アルコール性肝硬変に対する肝移植 精神科連携医療の現状

    木村宏之、亀井秀弥、岸辰一、岡田葵、坪井千里、山口尚子、雫真人、倉田信彦、城原幹太、石塚佳奈子、吉澤淳、石上雅俊、小倉靖弘、尾崎紀夫

    第37回日本肝移植学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  43. シンポジウム「「適応障害とその背景 ‐日本精神分析学会企画⁻」適応障害概論 招待有り

    木村宏之

    第115回日本精神神経学会学術総会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  44. シンポジウム「医療倫理コンサルテーションと意思決定支援:リエゾン精神医学の新たな課題」 臓器移植における意思決定支援 招待有り

    木村宏之

    第115回日本精神神経学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:新潟   国名:日本国  

  45. シンポジウム 職場におけるパーソナリティ障害への対応方法「パーソナリティ障害を知り、対応を考える」 招待有り

    木村宏之

    第92回日本産業衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  46. Psychiatry Oral Medicine Liaison Clinic: study of 1202 patients 国際会議

    Eri Umemura, Tatsuya Tokura, Mikiko Ito, Yuka Kobayashi, Masako Tachibana, Tomoya Miyauchi, Takashi Tonoike, Wataru Nagashima, Hiroyuki Kimura, Munetaka Arao, Aiji Sato, Norio Ozaki, Kenichi Kurita

    24th International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery (ICOMS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地: Brazil   国名:ブラジル連邦共和国  

  47. パネルディスカッション「死の臨床」 臓器移植と死の臨床 招待有り

    木村宏之

    日本精神分析的精神医学会第17回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  48. 教育研修セミナー「神経性やせ症(AN)の臨床」 招待有り

    和田良久、小川豊昭、白波瀬丈一郎、木村宏之、奥寺崇、権成鉉

    日本精神分析的精神医学会第17回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  49. 特別講義2019「癌と精神分析」 招待有り

    木村宏之

    精神分析心理療法セミナーみえ 特別講義2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:三重   国名:日本国  

  50. 医療における心理療法的アプローチ 招待有り

    木村宏之

    第29回 医療心理臨床研修会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  51. シンポジウム「精神分的的臨床のいま」症例助言 招待有り

    木村宏之

    第71回九州精神神経学会ポストイベントシンポジウム(日本精神分析学会医療問題委員会企画) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  52. 教育セミナー 身体疾患を有する患者への精神療法 招待有り 国際会議

    木村宏之、小林清香

    第31回日本総合病院精神医学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東京   国名:日本国  

  53. 臨床現場における精神分析的視点について考える −力動精神医学の現在ー 招待有り

    木村宏之、平島奈津子、衞藤暢明、野間俊一、江崎幸生

    日本精神分析学会第64回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  54. 精神疾患併存が肝移植レシピエントの生存に与える影響

    木村宏之、岸辰一、岡田剛史、松本洋輔、町野彰彦、成田尚、田中輝明、藤澤大介、大橋綾子、光安博志、野間俊一、西村勝治、川㟢弘詔、小倉靖弘、尾崎紀夫

    第54回日本移植学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  55. Temperament and depressive state: Is Neuroticism definitive risk factor for depressive state? 国際会議

    Esaki Kosei, Cho taketo, Kimura Hiroyuki, Miyahara Kengo, Saito Takeo, Ikeda Masashi, Iwata Nakao

    ESSPD 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Barcelona   国名:スペイン  

  56. 支持的精神療法 シンポジウム うつ病の精神療法 招待有り

    木村宏之

    第15回日本うつ病学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  57. 精神分析的精神療法家になること 招待有り

    木村宏之

    Japan Psychotherapy Week 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  58. 力動精神医学 最近のトピックス ランチョンセミナー 招待有り

    木村宏之

    日本精神分析学会第63回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  59. 教育研修セミナー:精神分析的マネージメント再考:第三回――精神分析的観点の他領域への応用 招待有り

    木村宏之

    日本精神分析学会第63回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  60. 臨床セミナー 招待有り

    木村宏之

    日本精神分析学会第63回大会   2017年11月  日本精神分析学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  61. コミュニケーションや関係構築に難しさを感じる患者へのアプローチ ~パーソナリティ障害の観点から対応を考える~ 招待有り

    木村宏之、中西健二

    第30回日本サイコオンコロジー学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東京   国名:日本国  

  62. 支持的精神療法の意義 シンポジウム うつ病治療最適化-エビデンスと臨床経験からの再考― 招待有り

    木村宏之

    第14回日本うつ病学会/第17回日本認知療法・認知行動療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  63. 臓器移植と心理プロセス–その理解と支持について- シンポジウム「臓器移植と精神医学の新たな展開(5): 移植医療をめぐるサイコセラピー」 招待有り

    木村宏之

    第113回日本精神神経学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  64. 長期精神分析的精神療法のエビデンス -歴史的変遷と最新知見- 招待有り

    木村宏之

    日本精神分析的精神医学会第15回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  65. OUR LIAISON CLINIC: COMPARISON OF ORAL PSYCHOSOMATIC DISORDERS AT AN INTERVAL OF 10 YEARS 国際会議

    Eri Umemura, Mikiko Ito, Tatsuya Tokura, Wataru Nagashima, Hiroyuki Kimura, Yuka Kobayashi, Tomoya Miyauchi, Munetaka Arao, Norio Ozaki, Kenichi Kurita

    The 23nd International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery  

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月 - 2017年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hong Kong   国名:ホンコン(香港)特別行政区  

  66. エビデンスの集い 招待有り

    木村宏之

    日本精神分析学会62回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  67. 境界性パーソナリティ障害臨床とうつ病 シンポジウム「最近のパーソナリティ障害臨床事情」

    木村宏之

    日本精神神経学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  68. 精神疾患は肝移植レシピエントの除外基準となるか? シンポジウム「臓器移植と精神医学の新たな展開(4)」

    木村宏之

    日本精神神経学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  69. 力動的精神療法の臨床実践とEBMについて シンポジウム「精神療法における、臨床実践とエビデンスのあいだ」

    木村宏之

    第112回日本精神神経学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  70. 精神分析的精神医学講座 PartV 精神科臨床における精神分析的理解〜若手精神科医はどのように学んでいるか〜 招待有り

    木村宏之

    第14回日本精神分析的精神医学会  2016年3月  日本精神分析的精神医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:岡山   国名:日本国  

  71. The treatment pathway of chronic orofacialpain triggered by dental treatment –relieving effect and concurrent depressive symptoms of duloxetine treatment. 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Melbourne   国名:オーストラリア連邦  

  72. 「精神分析的専門性」と「力動的臨床」のつながり

    木村宏之

    第13回日本精神分析的精神医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  73. 境界性パーソナリティ障害の妊娠・出産:生じることと対策

    木村宏之

    第11回日本周産期メンタルヘルス研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  74. A genetic variant in 12q13 associated with depression accounting for stressful life events, personality and candidate genetic variants. 国際会議

    Ayu Shimasaki,Kosei Esaki,Kenji Kondo, Takeo Saito,Hiroyuki Kimura,Kengo Miyahara,Masashi Ikeda,Nakao Iwata

    The 3rd Int. Congress on Borderline Personality Disorder & Allied Disorder 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:イタリア共和国  

  75. Psychiatric profiles of patients with oral psychosomatic disorders 16 year study in Japan 国際会議

    Umemura E, Ito M, Nagashima W, Tokura T, Kimura H, Arao M, Kobayashi Y, Miyauchi T, Ozaki N, Kurita K

    AAOMS 96th Annual Meeting, Scientific Sessions & Exhibition in conjunction with the Japanese Society and Korean Association of Oral and Maxillofacial Surgeons 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  76. 教育研修セミナー「入院治療に精神分析的理解をどう活かすか Part Ⅲ」病棟空間における技法の応用を学ぶ

    木村宏之、権成鉉、奥寺崇

    第12回日本精神分析的精神医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  77. Consultation Liaison Psychiatry: Psychiatric Aspects of Head and Neck Oncology 国際会議

    Kimura Hiroyuki, Adachi Yasunori, Branko Aleksic, Ozaki Norio

    International Joint Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  78. パネル「アルコール性肝不全の肝移植適応-(6-months rule)とRecidivism」

    木村宏之

    第10回伊豆肝臓カンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  79. ワークショップ「移植とアルコール」アルコール性肝硬変に対する肝移植を知る

    木村宏之

    第26回総合病院精神医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  80. ワークショップ「生体臓器ドナーの意思確認に関するガイドラインの紹介」

    西村勝治、川㟢弘詔、桂川修一、野間俊一、木村宏之

    第49回日本移植学会総会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  81. シンポジウム「パーソナリティ障害 職場でどう対応する」 招待有り

    木村宏之

    第23回産業医・産業看護全国協議会  2013年9月  産業医・産業看護全国協議会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  82. ランチョンセミナー「がん臨床におけるパーソナリティ障害」

    木村宏之

    第26回日本サイコオンコロジー学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  83. 疼痛学における口腔顔面痛「口腔顔面領域における慢性疼痛に対するリエゾン治療の実際」

    伊藤幹子、木村宏之、尾崎紀夫

    第18回日本口腔顔面疼痛学会・第35回日本疼痛学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  84. ワークショップ「アルコール性肝硬変に対する肝移植の再考」アルコール性肝不全に対する肝移植治療

    大西康晴、亀井秀弥、坪井千里、山口尚子、石津洋二、石上雅俊、佐藤直弘、矢崎慧、大林晶子、木村宏之、岡田俊、尾崎紀夫、小倉靖弘

    第31回肝移植研究会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  85. ワークショップ「アルコール性肝硬変に対する肝移植の再考」アルコール性肝不全に対する肝移植治療 招待有り

    大西康晴、亀井秀弥、坪井千里、山口尚子、石津洋二、石上雅俊、佐藤直弘、矢崎慧、大林晶子、木村宏之、岡田俊、尾崎紀夫、小倉靖弘

    第31回肝移植研究会  2013年7月  日本肝移植学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:熊本   国名:日本国  

  86. トピックフォーラム「臓器移植と精神医学の新たな展開」:レシピエントの新たな精神医学的課題―アルコール関連肝不全の移植を中心に

    木村宏之

    日本精神神経学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  87. Clinical Research on Adjustment Disorders due to Physical Diseases in Consultation-Liaison Psychiatry 国際会議

    Korean Psychosomaric Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Soul   国名:日本国  

  88. トピックフォーラム「臓器移植と精神医学の新たな展開」:生体臓器ドナーの意思確認のためのガイドラインの作成

    西村勝治、桂川修一、川㟢弘詔、小林清香、木村宏之、野間俊一

    日本精神神経学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  89. シンポジウム「精神分析の精神医学への適応を考える」

    木村宏之

    日本精神分析的精神医学会第11回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  90. 教育研修セミナー「医療に精神分析的理解をどう活かすか PartⅡ:医学教育、リエゾンの「場」から学ぶ 」 招待有り

    木村宏之、小川豊昭、奥寺崇

    第11回日本精神分析的精神医学会  2013年3月  日本精神分析的精神医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  91. ワークショップ「生体臓器移植ドナーの意思決定:判定困難なケースを考える」家族からの心理的圧力

    木村宏之

    第25回日本総合病院精神医学会  日本総合病院精神医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  92. 循環器領域におけるうつに関するジョイントシンポジウム「循環器領域における うつ病スクリーニングの実際・診断・治療」

    木村宏之

    第69回日本循環器心身医学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  93. 重症身体疾患患者に対する精神療法

    木村宏之

    日本精神分析学会第58回大会  2012年11月  日本精神分析学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  94. シンポジウム「生体臓器移植ドナーの意思確認に関するガイドラインの作成」

    西村勝治、川㟢弘詔、桂川修一、野間俊一、木村宏之、小林静香、岡部祥、井山なおみ

    第25回日本総合病院精神医学会  2012年11月  日本総合病院精神医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  95. Effects of psychotherapy implemented by general psychiatrists using expert consensus guidelines on psychotherapy for borderline personality disorder 国際会議

    Esaki kousei, Tsuyoshi Kitajima, Hiroyuki Kimura, Shiori Ogawa, Kengo Miyahara, Motoshi Asano, Eiji Kamiya, Yoshihiro Narita, Norio Ozaki,, Nakao Iwata

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  96. シンポジウム「境界性パーソナリティ障害(BPDの診断・病態・治療)」 境界性パーソナリティ障害(BPD)の力動的精神療法と治療ガイドライン

    木村宏之

    第9回日本うつ病学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  97. 慢性身体疾患患者に対する精神分析的精神療法

    木村宏之

    第10回日本精神分析的精神医学会  2012年3月  日本精神分析的精神医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島   国名:日本国  

  98. シンポジウム1「アルコール肝障害の肝移植」 精神医学的アセスメントと再飲酒予防

    木村宏之

    平成23年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会 (J-ANDAC 2011) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  99. 頭頚部がん患者の飲酒・喫煙歴が不安・抑うつに及ぼす影響

    佐藤直弘、足立康則、木村宏之、山本真江里、横山和正、重冨沙彩、石原真里、藤本保志、尾崎紀夫

    平成23年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会  2011年10月  アルコール・薬物依存関連学会合

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  100. シンポジウム「「対応困難な患者」の心理と精神病理の理解、それに基づく対応」

    木村宏之

    第24回日本サイコオンコロジー学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:埼玉県   国名:日本国  

  101. シンポジウム「精神分析は精神医学にどのように貢献できるか」 総合病院における身体疾患患者と精神分析的精神療法 国際会議

    木村宏之

    日本精神分析的精神医学会第9回大会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  102. 宗教の中で生きてきた女性の精神療法

    木村宏之

    第9回日本精神分析的精神医学会  2011年8月  日本精神分析的精神医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  103. 教育研修セミナー「疾患別講座」:境界性パーソナリティ障害 指定討論

    木村宏之

    第9回日本精神分析的精神医学会  2011年8月  日本精神分析的精神医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  104. シンポジウム「頭頸部癌患者を支えるチーム医療」 頭頸部領域における精神科リエゾン 国際会議

    木村宏之

    第35回 日本頭頸部癌学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  105. 名古屋大学医学部附属病院における、頭頸部がん患者に対する精神科的介入の状況について

    足立康則、木村宏之、丸尾貴志、鈴木秀典、藤本保志

    第35日本頭頸部癌学会  2011年6月  日本頭頸部癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  106. シンポジウム「双極性障害、パーソナリティ障害、発達障害患者への対応 」 職場におけるパーソナリティ障害の対応

    木村宏之

    うつ病リワーク研究会 第4回総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  107. 生体肝移植ドナーにおける移植後の精神医学的合併症

    木村宏之、久保田智香、小山真由美、山内彩、小久保勲、坪井千里、山口尚子、伊藤孝司、大西康晴、中村太郎、木内哲也、尾崎紀夫

    第23回日本総合病院精神医学会総会  2010年11月  日本総合病院精神医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  108. Theoretical orientation of a clinician does not influence the outcome of guideline-based psychotherapy for borderline personality disorder 国際会議

    International Congress on Borderline Personality Disorder 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  109. パネルディスカッション「思春期の精神科的問題を抱える子どもを持つ家族への対応と工夫」

    木村宏之

    第10回外来精神医療学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  110. 死に向かう女性の精神療法 〜性と死と現実〜

    木村宏之

    第7回日本精神分析的精神医学会  2010年3月  日本精神分析的精神医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  111. プレコングレス:公開スーパービジョン 症例提示

    木村宏之

    第8回日本精神分析的精神医学会  2010年3月  日本精神分析的精神医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  112. パネルディスカッション「精神療法の副作用」力動的精神療法の立場から

    木村宏之

    第25回日本ストレス学会学術総会・第27回日本青年期精神療法学会総会合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  113. ワークショップ 植え込み型除細動器(ICD)の植え込み後に発病したうつ病患者の職場復帰

    木村宏之

    第65回日本循環器心身医学会第/第11回日本保管代替医療学会  2009年11月  日本循環器心身医学会第/日本保管代替医療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  114. 口腔内灼熱症候群の人格傾向および養育環境についての検討

    徳倉達也、木村宏之、中村有嘉子、伊藤幹子、木村有希、荒尾宗孝、吉田契造、栗田賢一、尾崎紀夫

    第22回日本総合病院精神医学会総会  2009年11月  日本総合病院精神医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  115. 頭頸部悪性腫瘍患者における精神医学的評価

    足立康則、木村宏之、藤本保志、安藤篤、三宅真理子

    第33回日本頭頸部癌学会  2009年6月  日本頭頸部癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  116. ミニシンポジウム「精神医学における精神分析的精神療法の研修」

    木村宏之

    精神分析的精神医学会第7回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  117. 教育研修セミナー 精神分析的アプローチの実践と、臨床の「場」を読むこと

    木村宏之

    日本精神分析学会第54回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  118. 境界性パーソナリティ障害の精神療法“患者が行動すること”と“治療者が行動すること”

    木村宏之

    第6回日本精神分析的精神医学会  2008年3月  精神分析的精神医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島   国名:日本国  

  119. シンポジウム「身体疾患に精神障害を伴った方の社会復帰」 頭頚部ガン領域におけるリエゾン精神医学

    木村宏之

    第15回日本精神障害者リハビリテーション学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  120. 悪性腫瘍を抱える女性の精神療法 −あるものがないということ−

    木村宏之

    精神分析学会第53回大会  2007年11月  日本精神分析学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  121. 口腔内灼熱症候群に対するミルナシプランの効果

    木村宏之、尾崎紀夫

    第20回日本総合病院精神医学会  2007年11月  日本総合病院精神医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  122. シンポジウム「歯科口腔外科臨床で役立つ精神医学の基礎から応用まで」 歯科口腔外科臨床における連携医療の報告と課題—精神科医の立場から—

    木村宏之

    第22回日本病院歯科口腔外科協議会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  123. Psychiatric problems of children in child welfare institutions in Japan. 国際会議

    the 13th International Congress of the European Society for Child and Adolescent Psychiatry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  124. 口腔心身症に対するミルナシプランの効果

    木村宏之、吉田契造、伊藤幹子、荒尾宗孝、木村有希、栗田賢一、尾崎紀夫

    第102回日本精神神経学会総会  2006年5月  本精神神経学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  125. 摂食障害者の沈黙に体験されたこと

    木村宏之

    第4回日本精神分析的精神医学会  2006年3月  日本精神分析的精神医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  126. 児童養護施設入所児の精神医学的問題について

    野邑健二、吉川徹、木村宏之、菱田理、藤沢陽子、宮本慎也、森茂起、村瀬聡美、 本城秀二、杉山登志郎

    第46回日本児童青年精神医学会総会  2005年11月  日本児童青年精神医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    開催地:神戸   国名:日本国  

  127. 口腔心身症に対するリエゾン活動

    木村宏之、尾崎紀夫

    第18回日本総合病院精神医学会総会  2005年11月  日本総合病院精神医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:島根   国名:日本国  

  128. Depression in chronic renal failure in Japan 国際会議

    17th World Congress the International College of Psychosomatic Medicine 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  129. 当科で経験したパーソナリティ障害と考えられる症例とその対策

    伊藤幹子、木村宏之、近藤三男、荒尾宗孝、木村有希、伊藤隆子、栗田賢一

    日本歯科心身医学会設立20周年記念総会・学術大会  2005年7月  日本歯科心身医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  130. 当科における2004年度口腔心身症患者の臨床統計的検討

    木村有希、伊藤幹子、木村宏之、荒尾宗孝、伊藤隆子、栗田賢一

    日本歯科心身医学会設立20周年記念総会・学術大会  2005年7月  日本歯科心身医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  131. シンポジウム「思春期の心身医学」思春期の転換性障害

    木村宏之

    第55回心身医学会中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  132. 「治療ガイドラインシンポジウム」 境界性人格障害の個人精神療法

    木村宏之

    境界性人格障害の治療ガイドラインシンポジウム -新しいストラテジーを求めて- 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  133. シンポジウム「解離性障害」 解離性障害の治療-困難な状況をいかに乗り切るか-

    木村宏之

    第45回日本児童青年精神医学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  134. 他科からの転科・転棟依頼において苦慮した状況とその対応策

    徳倉達也、木村宏之、尾崎紀夫

    第17回日本総合病院精神医学会総会  2004年11月  日本総合病院精神医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  135. 移植手術のドナーに対する精神医学的介入の重要性

    木村宏之、尾崎紀夫

    第17回日本総合病院精神医学会総会  2004年11月  日本総合病院精神医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  136. A case of denture phobia related to mental trauma in childfood 国際会議

    6th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery and 49th Annual Meeting of Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  137. 過食症の精神療法~治療の「限界」とそのゆくえ

    木村宏之

    精神分析学会第49回大会  2003年10月  日本精神分析学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  138. 解離性健忘状態で、兄に同一化した一例 ~危機的状況における精神医学的介入について

    木村宏之、外ノ池隆史、室谷民雄

    第14回日本総合病院精神医学会総会  2001年11月  日本総合病院精神医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟   国名:日本国  

  139. 摂食障害の精神療法~沈黙に体験されたこと

    木村宏之

    精神分析学会第47回大会  2001年10月  日本精神分析学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  140. 摂食障害の1例 ~分離の視点から

    木村宏之、室谷民雄

    第45回日本心身医学会中部地方会  2000年4月  日本心身医学会中部地方会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  141. 「かかわりが難しい」慢性分裂病者への精神療法的接近について

    木村宏之、阪田恩、森隆夫

    第28回日本精神病院協会精神医学会  2000年3月  日本精神病院協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福島   国名:日本国  

  142. 強迫症状と長期のひきこもり歴をもつ中年女性の精神療法

    木村宏之

    精神分析学会第45回大会  1999年10月  日本精神分析学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  143. 編集委員会企画 応用領域 招待有り

    木村宏之

    日本精神分析学会第69回大会  日本精神分析学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:広島   国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 同種造血幹細胞移植の急性期精神症状(せん妄・抑うつ・不安)に対する移植前後のリスクファクターの同定に関する研究

    2012年1月 - 2012年3月

    学内共同研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

科研費 12

  1. 精神科リエゾン医療における口腔慢性疼痛患者のSNRI治療抵抗性要因の解明に関する研究

    2023年4月 - 2028年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

  2. 口腔領域慢性痛に苦慮する患者に特化した心理社会的介入の内容と在り方についての探索

    2022年4月 - 2027年3月

    科学研究費助成事業   基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  3. HIV感染症および血友病におけ るチーム医療の構築と医療水準 の向上を目指した研究

    2021年4月 - 2024年3月

    厚生労働省  厚生労働行政推進調査事業費  HIV領域のコンサルテーション・リエゾン精神医学診療体制の調査開発に関する研究

    木村宏之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  4. 喉頭摘出者における音声変換技 術を用いた自己音声の再獲得と 発声補助機器の開発

    2021年4月 - 2024年3月

    厚生労働省  障害者対策総合研究開発事業 

    木村宏之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  5. SNRIの疼痛緩和メカニズム探索に関する基礎および臨床の連携研究

    2017年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    木村宏之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  6. 頭頸部癌患者の社会適応状態の調査及び健康関連QOLを障害するメカニズムの解明

    2016年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    足立康則

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  7. アルコール性肝不全に対する肝移植治療における新しい心理社 会 的適応評価法の開発

    2012年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    大西康晴

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  8. 口腔内灼熱症候群に対するヂュロキセチンの疼痛緩和効果に関する包括的研究

    2012年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    木村宏之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 自殺のハイリスク者の実態解明及び自殺予防に関する研究

    2012年4月 - 2015年3月

    厚生労働省  厚生労働科学研究費補助金  慢性心不全に合併したうつ病、運動介入についての研究

    木村宏之

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1700000円

  10. 身体疾患を合併する精神疾患患者の診療の質の向上に資する研究 

    2011年4月 - 2012年3月

    厚生労働省  厚生労働科学研究費補助金  慢性心不全に合併したうつ病と運動介入についての研究

    木村宏之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円

  11. ミルナシプランの口腔内灼熱症候群に対する臨床効果の検討

    2006年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    木村 宏之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  12. 青少年の衝動不耐性と解離機制の関係についての精神病理学的研究

    2005年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

▼全件表示

 

社会貢献活動 5

  1. 高校生悩み相談Q&A

    役割:取材協力

    東進ハイスクール  2023年10月

  2. プライマリー領域のパーソナリティ障害 —そのエヴィデンスと安全な臨床対応―

    役割:講師

    日本医師会  日本医師会生涯教育講座  2022年10月

  3. CBCラジオ 健康ライブラリー 教えてドクター「強迫症」

    役割:出演

    CBCラジオ  健康ライブラリー 教えてドクター  2019年9月

  4. 市民公開講座:肝臓移植を知ろう!お酒ののみすぎと肝臓移植

    役割:講師, 情報提供

    2013年7月

  5. 愛知学院モーニングセミナー:不眠症とはどんな症状?

    役割:講師, 情報提供

    愛知学院大学  2013年3月