2021/03/24 更新

写真a

ナツメ アツシ
夏目 敦至
NATSUME, Atsushi
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 脳神経病態制御学 准教授
医学部
大学院医学系研究科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2000年8月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 遺伝子解析

  2. 神経再生

  3. 脳腫瘍

  4. 脳神経外科学

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 脳神経外科学

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科

    1997年4月 - 2000年8月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部   医学科

    1989年4月 - 1995年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 9

  1. 日本遺伝子治療学会   評議員

  2. 日本脳腫瘍学会   理事

  3. 日本脳神経外科学会

  4. 日本分子脳神経外科学会   運営委員

  5. 日本脳腫瘍病理学会   評議員

  6. アメリカ神経科学会

  7. アメリカ癌学会

  8. 日本癌学会   評議員

  9. 日本脳神経外科コングレス   運営委員

▼全件表示

受賞 1

  1. 第12回日本脳神経外科学会奨励賞

    2006年10月   日本脳神経外科学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 102

  1. Next Generation Sequencing-Based Transcriptome Predicts Bevacizumab Efficacy in Combination with Temozolomide in Glioblastoma.

    Adilijiang A, Hirano M, Okuno Y, Aoki K, Ohka F, Maeda S, Tanahashi K, Motomura K, Shimizu H, Yamaguchi J, Wakabayashi T, Natsume A

    Molecules (Basel, Switzerland)   24 巻 ( 17 )   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/molecules24173046

    PubMed

  2. Pathogenic Epigenetic Consequences of Genetic Alterations in IDH-wild-type Diffuse Astrocytic Gliomas.

    Cancer research     2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-19-1272

    PubMed

  3. Spontaneous Tumor Regression of Intracranial Solitary Fibrous Tumor Originating From the Medulla Oblongata: A Case Report and Literature Review.

    Yamaguchi J, Motomura K, Ohka F, Aoki K, Tanahashi K, Hirano M, Nishikawa T, Shimizu H, Wakabayashi T, Natsume A

    World neurosurgery   130 巻   頁: 400-404   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2019.07.052

    PubMed

  4. Posterior Cerebral Artery Reconstruction by In-Situ Bypass with Superior Cerebellar Artery via Occipital Transtentorial Approach

    Tanahashi Kuniaki, Araki Yoshio, Uda Kenji, Muraoka Shinsuke, Motomura Kazuya, Lushun Chalise, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    WORLD NEUROSURGERY   126 巻   頁: 24-29   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2019.02.127

    Web of Science

    PubMed

  5. Overview of DNA methylation in adult diffuse gliomas

    Aoki Kosuke, Natsume Atsushi

    BRAIN TUMOR PATHOLOGY   36 巻 ( 2 ) 頁: 84-91   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10014-019-00339-w

    Web of Science

    PubMed

  6. Inflammation Flare and Radiation Necrosis Around a Stereotactic Radiotherapy-Pretreated Brain Metastasis Site After Nivolumab Treatment.

    Furuta H, Yoshida T, Natsume A, Hida T, Yatabe Y

    Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer   13 巻 ( 12 ) 頁: 1975-1978   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtho.2018.07.005

    PubMed

  7. A randomized, double-blind, phase III trial of personalized peptide vaccination for recurrent glioblastoma.

    Narita Y, Arakawa Y, Yamasaki F, Nishikawa R, Aoki T, Kanamori M, Nagane M, Kumabe T, Hirose Y, Ichikawa T, Kobayashi H, Fujimaki T, Goto H, Takeshima H, Ueba T, Abe H, Tamiya T, Sonoda Y, Natsume A, Kakuma T, Sugita Y, Komatsu N, Yamada A, Sasada T, Matsueda S, Shichijo S, Itoh K, Terasaki M

    Neuro-oncology     2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/neuonc/noy200

    PubMed

  8. Validation of a novel molecular RPA classification in glioblastoma (GBM-molRPA) treated with chemoradiation: A multi-institutional collaborative study.

    Wee CW, Kim IH, Park CK, Kim JW, Dho YS, Ohka F, Aoki K, Motomura K, Natsume A, Kim N, Suh CO, Chang JH, Kim SH, Cho WK, Lim DH, Nam DH, Choi JW, Kim IA, Kim CY, Oh YT, Cho O, Chung WK, Kim SH, Kim E

    Radiotherapy and oncology : journal of the European Society for Therapeutic Radiology and Oncology   129 巻 ( 2 ) 頁: 347-351   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.radonc.2018.09.001

    PubMed

  9. Supratotal Resection of Diffuse Frontal Lower Grade Gliomas with Awake Brain Mapping, Preserving Motor, Language, and Neurocognitive Functions

    Motomura Kazuya, Chalise Lushun, Ohka Fumiharu, Aoki Kosuke, Tanahashi Kuniaki, Hirano Masaki, Nishikawa Tomohide, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    WORLD NEUROSURGERY   119 巻   頁: 30-39   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2018.07.193

    Web of Science

    PubMed

  10. Characterization of lntraoperative Motor Evoked Potential Monitoring for Surgery of the Pediatric Population with Brain Tumors

    Motomura Kazuya, Sumita Kayo, Chalise Lushun, Nishikawa Tomohide, Tanahashi Kuniaki, Ohka Fumiharu, Aoki Kosuke, Hirano Masaki, Nakamura Tomohiko, Matsushita Tadashi, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    WORLD NEUROSURGERY   119 巻   頁: E1052-E1059   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2018.08.039

    Web of Science

    PubMed

  11. Novel Human NK Cell Line Carrying CAR Targeting EGFRvIII Induces Antitumor Effects in Glioblastoma Cells

    Murakami Toshiharu, Nakazawa Tsutomu, Natsume Atsushi, Nishimura Fumihiko, Nakamura Mitsutoshi, Matsuda Ryosuke, Omoto Koji, Tanaka Yoshitaka, Shida Youichi, Park Young-Soo, Motoyama Yasushi, Nakagawa Ichiro, Yamada Shuichi, Tamura Kentaro, Takeshima Yasuhiro, Takamura Yoshiaki, Wakabayashi Toshihiko, Nakase Hiroyuki

    ANTICANCER RESEARCH   38 巻 ( 9 ) 頁: 5049-5056   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.12824

    Web of Science

    PubMed

  12. Pediatric-Type Follicular Lymphoma in the Dura: A Case Report and Literature Review

    Yamaguchi Junya, Kato Seiichi, Iwata Eri, Aoki Kosuke, Kabeya Ryusuke, Natsume Atsushi, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   115 巻   頁: 176-180   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2018.04.053

    Web of Science

    PubMed

  13. Podoplanin: An emerging cancer biomarker and therapeutic target

    Krishnan Harini, Rayes Julie, Miyashita Tomoyuki, Ishii Genichiro, Retzbach Edward P., Sheehan Stephanie A., Takemoto Ai, Chang Yao-Wen, Yoneda Kazue, Asai Jun, Jensen Lasse, Chalise Lushun, Natsume Atsushi, Goldberg Gary S.

    CANCER SCIENCE   109 巻 ( 5 ) 頁: 1292-1299   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.13580

    Web of Science

    PubMed

  14. Identification of a novel fusion gene HMGA2-EGFR in glioblastoma

    Komuro Akiyoshi, Raja Erna, Iwata Caname, Soda Manabu, Isogaya Kazunobu, Yuki Keiko, Ino Yasushi, Morikawa Masato, Todo Tomoki, Aburatani Hiroyuki, Suzuki Hiromichi, Ranjit Melissa, Natsume Atsushi, Mukasa Akitake, Saito Nobuhito, Okada Hitoshi, Mano Hiroyuki, Miyazono Kohei, Koinuma Daizo

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   142 巻 ( 8 ) 頁: 1627-1639   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.31179

    Web of Science

    PubMed

  15. Immunohistochemical ATRX expression is not a surrogate for 1p19q codeletion

    Yamamichi Akane, Ohka Fumiharu, Aoki Kosuke, Suzuki Hiromichi, Kato Akira, Hirano Masaki, Motomura Kazuya, Tanahashi Kuniaki, Chalise Lushun, Maeda Sachi, Wakabayashi Toshihiko, Kato Yukinari, Natsume Atsushi

    BRAIN TUMOR PATHOLOGY   35 巻 ( 2 ) 頁: 106-113   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10014-018-0312-5

    Web of Science

    PubMed

  16. Neuroendoscopic Cylinder Surgery and 5-Aminolevulinic Acid Photodynamic Diagnosis of Deep-Seated Intracranial Lesions.

    Choo J, Takeuchi K, Nagata Y, Ohka F, Kishida Y, Watanabe T, Satoh Y, Nagatani T, Kato K, Wakabayashi T, Natsume A

    World neurosurgery     2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2018.03.112

    PubMed

  17. JCOG0911 INTEGRA study: a randomized screening phase II trial of interferonβ plus temozolomide in comparison with temozolomide alone for newly diagnosed glioblastoma.

        2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11060-018-2831-7

    PubMed

  18. A novel high-sensitivity assay to detect a small fraction of mutant IDH1 using droplet digital PCR.

    Hirano M, Ohka F, Maeda S, Chalise L, Yamamichi A, Aoki K, Kato A, Tanahashi K, Motomura K, Nishimura Y, Hara M, Shinjo K, Kondo Y, Wakabayashi T, Natsume A

    Brain tumor pathology     2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10014-018-0310-7

    PubMed

  19. Prognostic relevance of genetic alterations in diffuse lower-grade gliomas

    Aoki Kosuke, Nakamura Hideo, Suzuki Hiromichi, Matsuo Keitaro, Kataoka Keisuke, Shimamura Teppei, Motomura Kazuya, Ohka Fumiharu, Shiina Satoshi, Yamamoto Takashi, Nagata Yasunobu, Yoshizato Tetsuichi, Mizoguchi Masahiro, Abe Tatsuya, Momii Yasutomo, Muragaki Yoshihiro, Watanabe Reiko, Ito Ichiro, Sanada Masashi, Yajima Hironori, Morita Naoya, Takeuchi Ichiro, Miyano Satoru, Wakabayashi Toshihiko, Ogawa Seishi, Natsume Atsushi

    NEURO-ONCOLOGY   20 巻 ( 1 ) 頁: 66-77   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/neuonc/nox132

    Web of Science

    PubMed

  20. Chimeric Antigen Receptor Therapeutic Strategies: The Future of Glioblastoma Management

    Natsume Atsushi, Ohno Masasuke, Wakabayashi Toshihiko

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 814-814   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  21. Does ATRX immunohistochemistry deserve a surrogate of 1p/19q codel in grade II, III gliomas?

    Yamamichi Akane, Ohka Fumiharu, Aoki Kosuke, Suzuki Hiromichi, Hirano Masaki, Motomura Kazuya, Wakabayashi Toshihiko, Kato Yukinari, Natsume Atsushi

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 926-926   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  22. Development of anticancer agents targeting long non-coding RNA TUG1

    Katsushima Keisuke, Natsume Atsushi, Ohka Fumiharu, Deguchi Shoichi, Shinjo Keiko, Shibata Tatsuhiro, Miyata Kanjiro, Kataoka Kazunori, Kondo Yutaka

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 398-398   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  23. Aberrant super-enhancers associated with downregulation of RET finger protein overcomes chemoresistance in glioblastoma

    Hirano Masaki, Ranjit Melissa, Yamamichi Akane, Aoki Kosuke, Ohka Fumiharu, Kato Takuya, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 461-461   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  24. The role of CD109 in PDGFB-induced glioma mouse model for sensitivity to Temozolomide

    Shiraki Yukihiro, Mii Shinji, Asai Naoya, Enomoto Atsushi, Momota Hiroyuki, Natsume Atsushi, Wakabayashi Toshihiko, Takahashi Masahide

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 1130-1130   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  25. Targeting Dysregulation of EZH2-H3K27me3 as an Effective Treatment for IDH-wildtype Lower Grade Glioma

    Ohka Fumiharu, Natsume Atsushi, Suzuki Hiromichi, Aoki Kosuke, Deguchi Shoichi, Katsushima Keisuke, Shinjo Keiko, Wakabayashi Toshihiko, Kondo Yutaka

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 463-463   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  26. Symposia on Specific Tumors (SST5) [Japanese] Novel therapeutic strategies for malignant gliomas

    Ichimura Koichi, Natsume Atsushi

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 812-812   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  27. Cytokine Therapy of Gliomas.

    Iwami K, Natsume A, Wakabayashi T

    Progress in neurological surgery   32 巻   頁: 79-89   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000469682

    PubMed

  28. Significance of perivascular tumour cells defined by CD109 expression in progression of glioma

    Shiraki Yukihiro, Mii Shinji, Enomoto Atsushi, Momota Hiroyuki, Han Yi-Peng, Kato Takuya, Ushida Kaori, Kato Akira, Asai Naoya, Murakumo Yoshiki, Aoki Kosuke, Suzuki Hiromichi, Ohka Fumiharu, Wakabayashi Toshihiko, Todo Tomoki, Ogawa Seishi, Natsume Atsushi, Takahashi Masahide

    JOURNAL OF PATHOLOGY   243 巻 ( 4 ) 頁: 468-480   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/path.4981

    Web of Science

    PubMed

  29. Identification of a novel fusion gene HMGA2-EGFR in glioblastoma 査読有り

    Komuro A, Raja E, Iwata C, Soda M, Isogaya K, Yuki K, Ino Y, Morikawa M, Todo T, Aburatani H, Suzuki H, Ranjit M, Natsume A, Mukasa A, Saito N, Okada H, Mano H, Miyazono K, Koinuma D.

    Int J Cancer.     頁: doi: 10.1002/ijc.31179.   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1002/ijc.31179.

  30. Remote ischemic preconditioning protects human neural stem cells from oxidative stress

    Motomura Ayako, Shimizu Mikiko, Kato Akira, Motomura Kazuya, Yamamichi Akane, Koyama Hiroko, Ohka Fumiharu, Nishikawa Tomohide, Nishimura Yusuke, Hara Masahito, Fukuda Tetsuya, Bando Yasuhiko, Nishimura Toshihide, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    APOPTOSIS   22 巻 ( 11 ) 頁: 1353-1361   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10495-017-1425-8

    Web of Science

    PubMed

  31. IS ATRX IMMUNOCHEMISTRY USEFUL AS A SUBSTITUTE FOR ANALYSIS OF 1p/19q CODELETION IN GRADES II, III GLIOMAS?

    Yamamichi Akane, Ohka Fumiharu, Aoki Kosuke, Suzuki Hiromichi, Hirano Masaki, Motomura Kazuya, Wakabayashi Toshihiko, Kato Yukinari, Natsume Atsushi

    NEURO-ONCOLOGY   19 巻   頁: 180-180   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  32. ABERRANT SUPER-ENHANCERS ASSOCIATED WITH DOWNREGULATION OF RET FINGER PROTEIN OVERCOMES CHEMORESISTANCE IN GLIOBLASTOMA

    Hirano Masaki, Ranjit Melissa, Yamamichi Akane, Aoki Kosuke, Ohka Fumiharu, Kato Takuya, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    NEURO-ONCOLOGY   19 巻   頁: 103-103   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  33. POLYION COMPLEX-MEDIATED INTRAVENOUS DELIVERY OF ANTISENSE OLIGONUCLEOTIDES AGAINST THE NOTCH-REGULATED NON-CODING RNA TUG1 IN GLIOMA

    Natsume Atsushi, Katsushima Keisuke, Ohka Fumiharu, Shinjo Keiko, Miyata Kanjiro, Kataoka Kazunori, Kondo Yutaka

    NEURO-ONCOLOGY   19 巻   頁: 265-265   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  34. Surgical benefits of combined awake craniotomy and intraoperative magnetic resonance imaging for gliomas associated with eloquent areas

    Motomura Kazuya, Natsume Atsushi, Iijima Kentaro, Kuramitsu Shunichiro, Fujii Masazumi, Yamamoto Takashi, Maesawa Satoshi, Sugiura Junko, Wakabayashi Toshihiko

    JOURNAL OF NEUROSURGERY   127 巻 ( 4 ) 頁: 790-797   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2016.9.JNS16152

    Web of Science

    PubMed

  35. Comparing the Efficacy of DeVIC Therapy and High-dose Methotrexate Monotherapy with Whole-brain Radiation Therapy for Newly-diagnosed Primary Central Nervous System Lymphoma: A Single Institution Study

    Chalise Lushun, Motomura Kazuya, Ohka Fumiharu, Hirano Masaki, Hara Masahito, Nishimura Yusuke, Natsume Atsushi, Wakabayashi Toshihiko

    ANTICANCER RESEARCH   37 巻 ( 9 ) 頁: 5215-5223   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.11945

    Web of Science

    PubMed

  36. Oncogenic effects of evolutionarily conserved noncoding RNA ECONEXIN on gliomagenesis

    Deguchi S., Katsushima K., Hatanaka A., Shinjo K., Ohka F., Wakabayashi T., Zong H., Natsume A., Kondo Y.

    ONCOGENE   36 巻 ( 32 ) 頁: 4629-4640   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/onc.2017.88

    Web of Science

  37. Synthesis of PET probe O-6-[(3-[C-11]methyl)benzyl]guanine by Pd-0-mediated rapid C-[C-11]methylation toward imaging DNA repair protein O-6-methylguanine-DNA methyltransferase in glioblastoma

    Koyama Hiroko, Ikenuma Hiroshi, Toda Hiroshi, Kondo Goro, Hirano Masaki, Kato Masaya, Abe Junichiro, Yamada Takashi, Wakabayashi Toshihiko, Ito Kengo, Natsume Atsushi, Suzuki Masaaki

    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS   27 巻 ( 9 ) 頁: 1892-1896   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmcl.2017.03.045

    Web of Science

    PubMed

  38. PHASE I TRIAL OF TEMOZOLOMIDE PLUS BEVACIZUMAB FOR NEWLY DIAGNOSED HIGH-GRADE GLIOMAS IN THE ELDERLY: INTERIM REPORT

    Kono M., Arakawa Y., Mineharu Y., Ohka F., Kinoshita M., Nakae S., Miyashita K., Iuchi T., Hirose Y., Natsume A., Nakada M., Sasaki H.

    NEURO-ONCOLOGY   19 巻   頁: 81-81   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  39. Significance of low mTORC1 activity in defining the characteristics of brain tumor stem cells

    Han Yi-Peng, Enomoto Atsushi, Shiraki Yukihiro, Wang Shen-Qi, Wang Xiaoze, Toyokuni Shinya, Asai Naoya, Ushida Kaori, Ara Hosne, Ohka Fumiharu, Wakabayashi Toshihiko, Ma Jie, Natsume Atsushi, Takahashi Masahide

    NEURO-ONCOLOGY   19 巻 ( 5 ) 頁: 636-647   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/neuonc/now237

    Web of Science

    PubMed

  40. A novel all-in-one intraoperative genotyping system for IDH1-mutant glioma

    Ohka Fumiharu, Yamamichi Akane, Kurimoto Michihiro, Motomura Kazuya, Tanahashi Kuniaki, Suzuki Hiromichi, Aoki Kosuke, Deguchi Shoichi, Chalise Lushun, Hirano Masaki, Kato Akira, Nishimura Yusuke, Hara Masahito, Kato Yukinari, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    BRAIN TUMOR PATHOLOGY   34 巻 ( 2 ) 頁: 91-97   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10014-017-0281-0

    Web of Science

    PubMed

  41. The chimeric antibody NZ-12 or CAR T cells targeting human podoplanin possesses antitumor activity against orthotopic xenograft models

    Kato Yukinari, Shiina Satoshi, Natsume Atsushi, Abe Shinji, Nishioka Yasuhiko, Ogasawara Satoshi, Kaneko Mika K.

    CANCER IMMUNOLOGY RESEARCH   5 巻 ( 3 )   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/2326-6074.TUMIMM16-B89

    Web of Science

  42. Development of Database and Genomic Medicine for von Hippel-Lindau Disease in Japan

    Takayanagi Shunsaku, Mukasa Akitake, Nakatomi Hirofumi, Kanno Hiroshi, Kuratsu Jun-ichi, Nishikawa Ryo, Mishima Kazuhiko, Natsume Atushi, Wakabayashi Toshihiko, Houkin Kiyohiro, Terasaka Shunsuke, Yao Masahiro, Shinohara Nobuo, Shuin Taro, Saito Nobuhito

    NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA   57 巻 ( 2 ) 頁: 59-65   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2176/nmc.ra.2016-0206

    Web of Science

  43. Efficacy of the transtemporal approach with awake brain mapping to reach the dominant posteromedial temporal lesions

    Iijima Kentaro, Motomura Kazuya, Chalise Lushun, Hirano Masaki, Natsume Atsushi, Wakabayashi Toshihiko

    ACTA NEUROCHIRURGICA   159 巻 ( 1 ) 頁: 177-184   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00701-016-3035-6

    Web of Science

    PubMed

  44. CAR T Cells Targeting Podoplanin Reduce Orthotopic Glioblastomas in Mouse Brains. 査読有り

    Shiina S, Ohno M, Ohka F, Kuramitsu S, Yamamichi A, Kato A, Motomura K, Tanahashi K, Yamamoto T, Watanabe R, Ito I, Senga T, Hamaguchi M, Wakabayashi T, Kaneko MK, Kato Y, Chandramohan V, Bigner DD, Natsume A.

    Cancer Immunol Res.   4 巻 ( 3 ) 頁: 259-68.   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1158/2326-6066.

  45. Efficacy of early carotid endarterectomy for vulnerable plaque in the common carotid artery. 査読有り

    Tanahashi K, Araki Y, Maruwaka M, Natsume A.

    Acta Neurochir (Wien).     2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: PMID: 26780621

  46. Rapid sensitive analysis of IDH1 mutation in lower-grade gliomas by automated genetic typing involving a quenching probe. 査読有り

    Kurimoto M, Suzuki H, Aoki K, Ohka F, Kondo G, Motomura K, Iijima K, Yamamichi A, Ranjit M, Wakabayashi T, Kimura S, Natsume A.

    Cancer Invest.   34 巻 ( 2 ) 頁: 12   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.3109/07357907.2015.1084001.

  47. Lenalidomide enhances the function of chimeric antigen receptor T cells against the epidermal growth factor receptor variant III by enhancing immune synapses. 査読有り

    Kuramitsu S, Ohno M, Ohka F, Shiina S, Yamamichi A, Kato A, Tanahashi K, Motomura K, Kondo G, Kurimoto M, Senga T, Wakabayashi T, Natsume A.

    Cancer Gene Ther.     2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1038/cgt.2015.47.

  48. Antitumorigenic effect of interferon-β by inhibition of undifferentiated glioblastoma cells. 査読有り

    Yamamuro S, Sano E, Okamoto Y, Ochiai Y, Ohta T, Ogino A, Natsume A, Wakabayashi T, Ueda T, Hara H, Nakayama T, Yoshino A, Katayama Y.

    Int J Oncol.     2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.3892/ijo.2015.3165.

  49. Assessment of tumor cells in a mouse model of diffuse infiltrative glioma by Raman spectroscopy. 査読有り

    Tanahashi K, Natsume A, Ohka F, Momota H, Kato A, Motomura K, Watabe N, Muraishi S, Nakahara H, Saito Y, Takeuchi I, Wakabayashi T.

    Biomed Res Int.     2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1155/2014/860241.

  50. Applicable advances in the molecular pathology of glioblastoma. 査読有り

    Ranjit M, Motomura K, Ohka F, Wakabayashi T, Natsume A.

    Brain Tumor Pathol.   32 巻 ( 3 ) 頁: 153   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1007/s10014-015-0224-6.

  51. Activation of Yes-Associated Protein in Low-Grade Meningiomas Is Regulated by Merlin, Cell Density, and Extracellular Matrix Stiffness. 査読有り

    Tanahashi K, Natsume A, Ohka F, Motomura K, Alim A, Tanaka I, Senga T, Harada I, Fukuyama R, Sumiyoshi N, Sekido Y, Wakabayashi T.

    J Neuropathol Exp Neurol.   74 巻 ( 4 ) 頁: 704   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1097/NEN.0000000000000211.

  52. Effectiveness of plasma treatment on gastric cancer cells. 査読有り

    Torii K, Yamada S, Nakamura K, Tanaka H, Kajiyama H, Tanahashi K, Iwata N, Kanda M, Kobayashi D, Tanaka C, Fujii T, Nakayama G, Koike M, Sugimoto H, Nomoto S, Natsume A, Fujiwara M, Mizuno M, Hori M, Saya H, Kodera Y.

    Gastric Cancer.   18 巻 ( 3 ) 頁: 635   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1007/s10120-014-0395-6.

  53. Ganglioside GD3 Enhances Invasiveness of Gliomas by Forming a Complex with Platelet-derived Growth Factor Receptor α and Yes Kinase. 査読有り

    Ohkawa Y, Momota H, Kato A, Hashimoto N, Tsuda Y, Kotani N, Honke K, Suzumura A, Furukawa K, Ohmi Y, Natsume A, Wakabayashi T, Furukawa K.

    J Biol Chem.   290 巻 ( 26 ) 頁: 16043   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1074/jbc.M114.635755.

  54. Mutational landscape and clonal architecture in grade II and III gliomas. 査読有り

    Suzuki H, Aoki K, Chiba K, Sato Y, Shiozawa Y, Shiraishi Y, Shimamura T, Niida A, Motomura K, Ohka F, Yamamoto T, Tanahashi K, Ranjit M, Wakabayashi T, Yoshizato T, Kataoka K, Yoshida K, Nagata Y, Sato-Otsubo A, Tanaka H, Sanada M, Kondo Y, Nakamura H, Mizoguchi M, Abe T, Muragaki Y, Watanabe R, Ito I, Miyano S, Natsume A, Ogawa S.

    Nat Genet.   47 巻 ( 5 ) 頁: 458   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1038/ng.3273.

  55. Paired related homeobox 1 is associated with the invasive properties of glioblastoma cells. 査読有り

    Sugiyama M, Hasegawa H, Ito S, Sugiyama K, Maeda M, Aoki K, Wakabayashi T, Hamaguchi M, Natsume A, Senga T.

    Oncol Rep.   33 巻 ( 3 ) 頁: 1123   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1155/2014/860241.

  56. Anaplastic meningioma with rapid growth after omental flap transposition: a case report and experimental study. 査読有り

    Iwami K, Momota H, Fujii M, Natsume A, Yagi S, Toriyama K, Kamei Y, Wakabayashi T.

    Brain Tumor Pathol.   32 巻 ( 2 ) 頁: 137   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1007/s10014-014-0190-4.

  57. Blockade of gap junction hemichannel protects secondary spinal cord injury from activated microglia-mediated glutamate exitoneurotoxicity. 査読有り

    Umebayashi D, Natsume A, Takeuchi H, Hara M, Nishimura Y, Fukuyama R, Sumiyoshi N, Wakabayashi T.

    J Neurotrauma.   31 巻 ( 24 ) 頁: 1967   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1089/neu.2013.3223.

  58. Olig2 labeling index is correlated with histological and molecular classifications in low-grade diffuse gliomas. 査読有り

    Suzuki A, Nobusawa S, Natsume A, Suzuki H, Kim YH, Yokoo H, Nagaishi M, Ikota H, Nakazawa T, Wakabayashi T, Ohgaki H, Nakazato Y.

    J Neurooncol.   120 巻 ( 2 ) 頁: 283   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1007/s11060-014-1568-1.

  59. Assessment of tumor cells in a mouse model of diffuse infiltrative glioma by Raman spectroscopy. 査読有り

    Tanahashi K, Natsume A, Ohka F, Momota H, Kato A, Motomura K, Watabe N, Muraishi S, Nakahara H, Saito Y, Takeuchi I, Wakabayashi T

    Biomed Res Int     頁: 860241   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Spinal dural arteriovenous fistula associated with L-4 isthmic spondylolisthesis. 査読有り

    Nishimura Y, Natsume A, Ginsberg HJ.

    J Neurosurg Spine.   20 巻 ( 6 ) 頁: 670   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.3171/2014.3.SPINE13492

  61. Papillary glioneuronal tumor with a high proliferative component and minigemistocytes in a child. 査読有り

    Momota H, Fujii M, Tatematsu A, Shimoyama Y, Tsujiuchi T, Ohno M, Natsume A, Wakabayashi T.

    Neuropathology.   34 巻 ( 5 ) 頁: 484   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1111/neup.12123.

  62. Olig2 labeling index is correlated with histological and molecular classifications in low-grade diffuse gliomas. 査読有り

    Suzuki A, Nobusawa S, Natsume A, Suzuki H, Kim YH, Yokoo H, Nagaishi M, Ikota H, Nakazawa T, Wakabayashi T, Ohgaki H, Nakazato Y.

    J Neurooncol.   120 巻 ( 2 ) 頁: 635   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1007/s11060-014-1568-1.

  63. Novel somatic and germline mutations in intracranial germ cell tumours. 査読有り

    Wang L, Yamaguchi S, Burstein MD, Terashima K, Chang K, Ng HK, Nakamura H, He Z, Doddapaneni H, Lewis L, Wang M, Suzuki T, Nishikawa R, Natsume A, Terasaka S, Dauser R, Whitehead W, Adekunle A, Sun J, Qiao Y, Marth G, Muzny DM, Gibbs RA, Leal SM, Wheeler DA, Lau CC.

    Nature   511 巻 ( 7508 ) 頁: 241   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Lack of presence of the human cytomegalovirus in human glioblastoma. 査読有り

    Yamashita Y, Ito Y, Isomura H, Takemura N, Okamoto A, Motomura K, Tsujiuchi T, Natsume A, Wakabayashi T, Toyokuni S, Tsurumi T.

    Mod Pathol.   27 巻 ( 7 ) 頁: 922   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1038/modpathol.2013.219.

  65. Association of dorsal inferior frontooccipital fasciculus fibers in the deep parietal lobe with both reading and writing processes: a brain mapping study. 査読有り

    Motomura K, Fujii M, Maesawa S, Kuramitsu S, Natsume A, Wakabayashi T.

    J Neurosurg.   121 巻 ( 1 ) 頁: 142   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.3171/2014.2.JNS131234.

  66. Quantitative metabolome analysis profiles activation of glutaminolysis in glioma with IDH1 mutation. 査読有り

    Ohka F, Ito M, Ranjit M, Senga T, Motomura A, Motomura K, Saito K, Kato K, Kato Y, Wakabayashi T, Soga T, Natsume A.

    Tumour Biol.   35 巻 ( 6 ) 頁: 5911   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1007/s13277-014-1784-5.

  67. Epigenetic dysregulation in glioma. 招待有り 査読有り

    Kondo Y, Katsushima K, Ohka F, Natsume A, Shinjo K.

    Cancer Sci.   105 巻 ( 4 ) 頁: 363   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Progressively unstable c2 spondylolysis requiring spinal fusion: case report. 査読有り

    Nishimura Y, Ellis MJ, Anderson J, Hara M, Natsume A, Ginsberg HJ.

    Neurol Med Chir (Tokyo).   54 巻 ( 9 ) 頁: 761   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Preclinical evaluation of an O(6)-methylguanine-DNA methyltransferase-siRNA/liposome complex administered by convection-enhanced delivery to rat and porcine brains. 査読有り

    Tsujiuchi T, Natsume A, Motomura K, Kondo G, Ranjit M, Hachisu R, Sugimura I, Tomita S, Takehara I, Woolley M, Barua NU, Gill SS, Bienemann AS, Yamashita Y, Toyokuni S, Wakabayashi T.

    Am J Transl Res.   6 巻 ( 2 ) 頁: 169   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Peptide-based inhibition of the HOXA9/PBX interaction retards the growth of human meningioma. 査読有り

    Ando H, Natsume A, Senga T, Watanabe R, Ito I, Ohno M, Iwami K, Ohka F, Motomura K, Kinjo S, Ito M, Saito K, Morgan R, Wakabayashi T.

    Cancer Chemother Pharmacol.   73 巻 ( 1 ) 頁: 53   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1007/s00280-013-2316-5.

  71. Expression of miR-17-92 enhances anti-tumor activity of T-cells transduced with the anti-EGFRvIII chimeric antigen receptor in mice bearing human GBM xenografts. 査読有り

    Ohno M, Ohkuri T, Kosaka A, Tanahashi K, June CH, Natsume A, Okada H.

    J Immunother Cancer.   1 巻   頁: 21   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1186/2051-1426-1-21.

  72. Spinal intradural cystic venous angioma originating from a nerve root in the cauda equina. 査読有り

    Nishimura Y, Hara M, Natsume A, Nakajima Y, Fukuyama R, Wakabayashi T, Ginsberg HJ.

    J Neurosurg Spine.   19 巻 ( 6 ) 頁: 716   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.3171/2013.8.SPINE121012.

  73. [Chemotherapy for malignant gliomas: an update]. 招待有り 査読有り

    Gan To Kagaku Ryoho.   40 巻 ( 10 ) 頁: 1283   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. The role of PLK1-phosphorylated SVIL in myosin II activation and cytokinetic furrowing. 査読有り

    Hasegawa H, Hyodo T, Asano E, Ito S, Maeda M, Kuribayashi H, Natsume A, Wakabayashi T, Hamaguchi M, Senga T.

    J Cell Sci.   126 巻 ( 16 ) 頁: 3627   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1242/jcs.124818.

  75. Chromatin regulator PRC2 is a key regulator of epigenetic plasticity in glioblastoma. 査読有り

    Natsume A, Ito M, Katsushima K, Ohka F, Hatanaka A, Shinjo K, Sato S, Takahashi S, Ishikawa Y, Takeuchi I, Shimogawa H, Uesugi M, Okano H, Kim SU, Wakabayashi T, Issa JP, Sekido Y, Kondo Y.

    Cancer Res.   73 巻 ( 14 ) 頁: 4559   2013年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1158/0008-5472.

  76. [IV. Epigenetic analysis for stem cell of brain cancer and treatment]. 招待有り 査読有り

    Gan To Kagaku Ryoho.   40 巻 ( 6 ) 頁: 723   2013年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  77. Adoptive transfer of genetically modified Wilms' tumor 1-specific T cells in a novel malignant skull base meningioma model. 査読有り

    Iwami K, Natsume A, Ohno M, Ikeda H, Mineno J, Nukaya I, Okamoto S, Fujiwara H, Yasukawa M, Shiku H, Wakabayashi T.

    Neuro Oncol.   15 巻 ( 6 ) 頁: 747   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1093/neuonc/not007.

  78. Establishment of novel monoclonal antibodies KMab-1 and MMab-1 specific for IDH2 mutations. 査読有り

    Kaneko MK, Morita S, Tsujimoto Y, Yanagiya R, Nasu K, Sasaki H, Hozumi Y, Goto K, Natsume A, Watanabe M, Kumabe T, Takano S, Kato Y.

    Biochem Biophys Res Commun.   432 巻 ( 1 ) 頁: 40   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.bbrc.2013.01.088.

  79. A hypoxia-inducible factor (HIF)-3α splicing variant, HIF-3α4 impairs angiogenesis in hypervascular malignant meningiomas with epigenetically silenced HIF-3α4. 査読有り

    Ando H, Natsume A, Iwami K, Ohka F, Kuchimaru T, Kizaka-Kondoh S, Ito K, Saito K, Sugita S, Hoshino T, Wakabayashi T.

    Biochem Biophys Res Commun.   433 巻 ( 1 ) 頁: 139   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.bbrc.2013.02.044.

  80. A novel monoclonal antibody GMab-m1 specifically recognizes IDH1-R132G mutation. 査読有り

    Kato Y, Natsume A, Kaneko MK.

    Biochem Biophys Res Commun.   432 巻 ( 4 ) 頁: 564   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.bbrc.2013.02.049.

  81. Interferon-β delivery via human neural stem cell abates glial scar formation in spinal cord injury. 査読有り

    Nishimura Y, Natsume A, Ito M, Hara M, Motomura K, Fukuyama R, Sumiyoshi N, Aoki I, Saga T, Lee HJ, Wakabayashi T, Kim SU.

    Cell Transplant.   22 巻 ( 12 ) 頁: 2187   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.3727/096368912X657882.

  82. Clinical features of patients bearing central nervous system hemangioblastoma in von Hippel-Lindau disease. 査読有り

    Kanno H, Kuratsu J, Nishikawa R, Mishima K, Natsume A, Wakabayashi T, Houkin K, Terasaka S, Shuin T.

    Acta Neurochir (Wien).   155 巻   頁: 1   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1007/s00701-012-1514-y.

  83. Neural stem cell-based dual suicide gene delivery for metastatic brain tumors. 査読有り

    Wang C, Natsume A, Lee HJ, Motomura K, Nishimira Y, Ohno M, Ito M, Kinjo S, Momota H, Iwami K, Ohka F, Wakabayashi T, Kim SU.

    Cancer Gene Ther.   19 巻 ( 11 ) 頁: 796   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1038/cgt.2012.63.

  84. Immunohistochemical analysis-based proteomic subclassification of newly diagnosed glioblastomas. 査読有り

    Motomura K, Natsume A, Watanabe R, Ito I, Kato Y, Momota H, Nishikawa R, Mishima K, Nakasu Y, Abe T, Namba H, Nakazato Y, Tashiro H, Takeuchi I, Mori T, Wakabayashi T.

    Cancer Sci.   103 巻 ( 10 ) 頁: 1871   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1111/j.1349-7006.2012.02377.x.

  85. Contribution of microRNA-1275 to Claudin11 protein suppression via a polycomb-mediated silencing mechanism in human glioma stem-like cells. 査読有り

    Katsushima K, Shinjo K, Natsume A, Ohka F, Fujii M, Osada H, Sekido Y, Kondo Y.

    J Biol Chem.   287 巻 ( 33 ) 頁: 27396   2012年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1074/jbc.M112.359109.

  86. Peptide-pulsed dendritic cell vaccination targeting interleukin-13 receptor α2 chain in recurrent malignant glioma patients with HLA-A*24/A*02 allele. 査読有り

    Iwami K, Shimato S, Ohno M, Okada H, Nakahara N, Sato Y, Yoshida J, Suzuki S, Nishikawa H, Shiku H, Natsume A, Wakabayashi T.

    Cytotherapy.   16 巻 ( 6 ) 頁: 733-42   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.3109/14653249.2012.666633.

  87. Correlation between quantified promoter methylation and enzymatic activity of O6-methylguanine-DNA methyltransferase in glioblastomas. 査読有り

    Kishida Y, Natsume A, Toda H, Toi Y, Motomura K, Koyama H, Matsuda K, Nakayama O, Sato M, Suzuki M, Kondo Y, Wakabayashi T.

    Tumour Biol.   33 巻 ( 2 ) 頁: 373   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1007/s13277-012-0319-1.

  88. Girdin maintains the stemness of glioblastoma stem cells. 査読有り

    Natsume A, Kato T, Kinjo S, Enomoto A, Toda H, Shimato S, Ohka F, Motomura K, Kondo Y, Miyata T, Takahashi M, Wakabayashi T.

    Oncogene   31 巻 ( 22 ) 頁: 2715   2012年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1038/onc.2011.466.

  89. Current trends in targeted therapies for glioblastoma multiforme. 査読有り

    Ohka F, Natsume A, Wakabayashi T.

    Neurol Res Int.   2012 巻 ( 2012 ) 頁: 878425   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1155/2012/878425.

  90. A novel method of intracranial injection via the postglenoid foramen for brain tumor mouse models. 査読有り

    Iwami K, Momota H, Natsume A, Kinjo S, Nagatani T, Wakabayashi T.

    J Neurosurg.   116 巻 ( 3 ) 頁: 630   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1007/s13277-012-0319-1.

  91. Epigenetic subclassification of meningiomas based on genome-wide DNA methylation analyses. 査読有り

    Kishida Y, Natsume A, Kondo Y, Takeuchi I, An B, Okamoto Y, Shinjo K, Saito K, Ando H, Ohka F, Sekido Y, Wakabayashi T.

    Carcinogenesis   33 巻 ( 2 ) 頁: 436   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1093/carcin/bgr260.

  92. Cytokine therapy. 招待有り 査読有り

    Ohno M, Natsume A, Wakabayashi T.

    Adv Exp Med Biol.   746 巻   頁: 86   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: doi: 10.1007/978-1-4614-3146-6_7.

  93. Intra-extradural dumbbell-shaped hemangioblastoma manifesting as subarachnoid hemorrhage in the cauda equina. 査読有り

    Nishimura Y, Hara M, Natsume A, Takemoto M, Fukuyama R, Wakabayashi T.

    Neurol Med Chir (Tokyo).   52 巻 ( 9 ) 頁: 659   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  94. Intravenous administration of temozolomide as a useful alternative over oral treatment with temozolomide capsules in patients with gliomas. 査読有り

    Motomura K, Natsume A, Wakabayashi T.

    J Neurooncol.   106 巻 ( 1 ) 頁: 209   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1007/s11060-011-0651-0.

  95. Long-term survival in patients with newly diagnosed primary central nervous system lymphoma treated with dexamethasone, etoposide, ifosfamide and carboplatin chemotherapy and whole-brain radiation therapy. 査読有り

    Motomura K, Natsume A, Fujii M, Ito M, Momota H, Wakabayashi T.

    Leuk Lymphoma.   52 巻 ( 22 ) 頁: 2069   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.3109/10428194.2011.596967.

  96. The global DNA methylation surrogate LINE-1 methylation is correlated with MGMT promoter methylation and is a better prognostic factor for glioma. 査読有り

    Ohka F, Natsume A, Motomura K, Kishida Y, Kondo Y, Abe T, Nakasu Y, Namba H, Wakai K, Fukui T, Momota H, Iwami K, Kinjo S, Ito M, Fujii M, Wakabayashi T.

    PLoS One.     頁: 2011;6(8):e23332.   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1371/journal.pone.0023332.

  97. Cytokine networks in glioma. 招待有り 査読有り

    Iwami K, Natsume A, Wakabayashi T.

    Neurosurg Rev.   34 巻 ( 3 ) 頁: 253   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1007/s10143-011-0320-y.

  98. A multicenter phase I trial of combination therapy with interferon-β and temozolomide for high-grade gliomas (INTEGRA study): the final report. 査読有り

    Wakabayashi T, Kayama T, Nishikawa R, Takahashi H, Hashimoto N, Takahashi J, Aoki T, Sugiyama K, Ogura M, Natsume A, Yoshida J.

    J Neurooncol.   104 巻 ( 2 ) 頁: 573   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1007/s11060-011-0529-1.

  99. Benefits of interferon-β and temozolomide combination therapy for newly diagnosed primary glioblastoma with the unmethylated MGMT promoter: A multicenter study. 査読有り

    Motomura K, Natsume A, Kishida Y, Higashi H, Kondo Y, Nakasu Y, Abe T, Namba H, Wakai K, Wakabayashi T.

    Cancer   117 巻 ( 8 ) 頁: 1721   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1002/cncr.25637.

  100. Glioma-initiating cells and molecular pathology: implications for therapy.

    Natsume A, Kinjo S, Yuki K, Kato T, Ohno M, Motomura K, Iwami K, Wakabayashi T.

    Brain Tumor Pathol.   28 巻 ( 1 ) 頁: 65   2011年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1007/s10014-010-0011-3.

  101. Rhabdoid glioblastoma in a child: case report and literature review. 査読有り

    Momota H, Iwami K, Fujii M, Motomura K, Natsume A, Ogino J, Hasegawa T, Wakabayashi T.

    Brain Tumor Pathol.   28 巻 ( 1 ) 頁: 65   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1007/s10014-010-0011-3.

  102. A combination of IFN-beta and temozolomide in human glioma xenograft models: implication of p53-mediated MGMT downregulation. 査読有り

    Natsume A, Wakabayashi T, Ishii D, Maruta H, Fujii M, Shimato S, Ito M, Yoshida J.

    Cancer Chemother Pharmacol.   61 巻 ( 4 ) 頁: 653-9   2008年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物 6

  1. 脳腫瘍臨床病理カラーアトラス第3版

    夏目敦至( 担当: 単著)

    に本臨床  2010年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 脳腫瘍―ゲノム異常の最新アトラスー.遺伝子診療学(第2版)

    夏目敦至( 担当: 単著)

    に本臨床  2010年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 脳腫瘍取扱い規約(第3版)

    夏目敦至( 担当: 共著)

    金原出版  2010年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. ヘルペスウイルス学

    夏目敦至( 担当: 共著)

    日本臨床社  2006年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. Delivery of herpes simplex virus-based vectors to the nervous system.

    Goss JR, Natsume A, Wolfe D, Mata M, Glorioso JC, Fink DJ( 担当: 共著)

    Methods Mol Biol.  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  6. ヘルペスウイルスベクターの開発と神経疾患の遺伝子治療.「新臨床医のための分子医学シリーズ 遺伝子治療の新展開

    夏目敦至( 担当: 共著)

    羊土社  2001年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 233

  1. Molecular and genetic classification of brain tumors 招待有り 国際会議

    Atsushi Natsume

    WFNS Educational Course and The 23rd of Annual Scientific Meeting of ISNS 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:インドネシア共和国  

  2. Brain functional mapping and awake craniotomy for brain tumors 招待有り 国際会議

    Atsushi Natsume

    The 23rd Annual Scientific Meeting of ISNS in conjunction with The WFNS Educational Course 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:インドネシア共和国  

  3. Phase I study of a brain penetrant mutant IDH1 inhibitor DS-1001b in patients with recurrent or progressive IDH1 mutant gliomas 国際会議

    Atsushi Natsume, MD, PhD1, Toshihiko Wakabayashi, MD, PhD1, Yasuji Miyakita, MD, PhD2, Yoshitaka Narita, MD, PhD2, Yohei Mineharu, MD, PhD3, Yoshiki Arakawa, MD, PhD3,

    2019 American Society of Clinical Oncology Annual Meeting  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月 - 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:アメリカ合衆国  

  4. Mathematical prediction for precision medicine of CNS glial tumors 国際会議

    Atsushi Natsume, Kosuke Aoki

    11th AACR-JCA Joint Conference on Breakthroughs in Cancer Research: From Biology to Precision Medicine 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  5. シングル細胞レベルのCell AtlasとAIを用いた脳腫瘍治療への展望 招待有り

    夏目敦至

    第38回日本脳神経外科コングレス総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  6. ゲノム時代におけるグリオーマの治療戦略 招待有り

    夏目敦至

    第22回北海道脳腫瘍懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  7. Genome-based Precision Medicine in Brain Tumors 国際会議

    Atsushi Natsume

    First Joint US-Japan Clinical Cancer Genomics and Personalized Medicine Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Tokyo   国名:日本国  

  8. 小児脳腫瘍におけるゲノム解析のレビュー 国際会議

    夏目敦至

    小児血液・がんセミナーin 中部 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  9. Clinical relevance of the molecular classificaton of lower-grade gliomas 国際会議

    Atsushi Natsume

    The 7th Taiwan-Japan Sympoium on Nanomidicine 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  10. Clinical relevance of the molecular classification 国際会議

    Atsushi Natsume

    International Symposium of Nanomedicne Molecular Science, 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  11. 名古屋大学附属病院における遺伝性脳腫瘍のネットワークの構築

    夏目敦至

    第33回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:京都、京都   国名:日本国  

  12. 神経膠腫のゲノムシークエンシングと新規治療への展望

    夏目敦至

    日本癌治療学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:京都国際会館、京都   国名:日本国  

  13. Landscape of aberrations of genome, epigenome and trasncriptome in brain cancers 国際会議

    Atsushi Natsume

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  14. Prognostic Relevance of genotypes in grade II and III gliomas 国際会議

    Atsushi Natsume

    2015 Current Trends in the Management of Malignant Gliomas 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  15. Exploration of Biomarkers to predict glioma prognosis

    Atsushi Natsume

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  16. 757例におけるグレードII, III神経膠腫における遺伝子プロファイリングとクローン階層化におえる予後解析

    夏目敦至

    次世代-医理工連携-研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:豊橋、愛知県   国名:日本国  

  17. 遺伝子解析と分子トレーシングを基盤とした細胞標的分子の創製

    Nanomedine Molecular Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  18. 東海小児脳腫瘍研究の方向性

    夏目敦至

    第13回東海小児脳腫瘍研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:名古屋、愛知県   国名:日本国  

  19. 悪性脳腫瘍 国際会議

    夏目敦至

    日本脳神経財団講習会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  20. 日本の底力を見せたオールジャパンのグレード2/3神経膠腫の次世代シークエンスの網羅的解析

    夏目敦至

    第17回三重・大阪脳腫瘍カンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:津、三重県   国名:日本国  

  21. 757例におけるグレードII, III神経膠腫における遺伝子プロファイリングとクローン階層化におえる予後解析 国際会議

    夏目敦至

    第33回日本脳腫瘍病理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:高松、香川県   国名:日本国  

  22. グリオーマ治療の陰影礼賛 国際会議

    夏目敦至

    第35回日本脳神経外科コングレス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:横浜、神奈川   国名:日本国  

  23. 脳神経外科医が病理診断に期待すること 国際会議

    夏目敦至

    第104回日本病理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  24. 脳腫瘍のゲノム解析と治療のUpdate 国際会議

    夏目敦至

    第12回神戸脳腫瘍カンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  25. 日本における結節性硬化症標準治療を目指して 国際会議

    夏目敦至

    東海小児神経研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  26. Clinical application of Raman spectroscopy in Neurosurgery 国際会議

    Natsume A

    1st Raman-Bio-sensing Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  27. 悪性脳腫瘍における遺伝子異常による多段階発がんメカニズムの解明

    夏目敦至

    MERRO 第1 回次世代若手研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:蒲郡(愛知)   国名:日本国  

  28. AV shunt を伴う大型小児悪性脳腫瘍に対し中大脳動脈本幹からparticleを用い術前塞栓術を施行した一例

    夏目敦至

    第30回NPO 法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  29. テモダールの陰翳礼賛から学ぶ悪性神経膠腫の神秘

    夏目敦至

    第32回日本脳腫瘍学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉   国名:日本国  

  30. 免疫シナプスを強化す免疫シナプスを強化するlenalidomideとEGFRvⅢキメラ抗原受容体発現T細胞の併用効果

    夏目敦至

    第32回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月 - 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉   国名:日本国  

  31. GBMに対するPodoplanin特異的キメラ抗原受容体を発現するT細胞の抗腫瘍効果の検討

    夏目敦至

    第32回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月 - 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉   国名:日本国  

  32. low grade gliomaにおける遺伝子変異の全貌

    夏目敦至

    第32回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月 - 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉   国名:日本国  

  33. 髄膜腫の細胞増殖を制御するmechano-sensor としてのNF2関連遺伝子の機能

    夏目敦至

    第32回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月 - 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉   国名:日本国  

  34. Epigentic plasticity and mutational landscapes reveal intratumoral heterogeneity and clonal evolutions in gliomas

    3rd Cancer Stem Cell Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. COG0911 INTEGRA study : a randomized screening phase II trial of chemoradiotherapy with interferon-b plus temozolomide versus chemoradiotherapy with temozolomide alone for newly-diagnosed glioblastoma 国際会議

    Natsume A

    Society for Neuro-Oncology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  36. 日本におけるTSC標準治療を目指して

    夏目敦至

    TSC Days Japan 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  37. 膠芽腫ガイドラインにおけるギリアデルなどの位置づけ

    夏目敦至

    ギリアデル meet the expert 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  38. グリオーマのゲノム、エピゲノムの進展と悪性化のメカニズムと治療介入

    夏目敦至

    第3回島根脳腫瘍学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  39. Intraoperative image-guided glioma surgery 国際会議

    Natsume A,

    The 4th Russia- Japan Neurosurgical Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  40. Long-term survival in patients with primary intracranial germ cell tumors treated with 国際会議

    Natsume A

    15th European Congress of Neurosurgery(EANS 2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. JCOG0911 INTEGRA study : a randomized screening phase II trial of chemoradiotherapy with interferon- β plus temozolomide versus chemoradiotherapy with temozolomide alone for newlydiagnosed glioblastoma

    Natsume A

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  42. グリオーマ治療における覚醒下手術 intraoperative MRI を駆使した外科的摘出術の意義

    夏目敦至

    日本脳神経外科学会第73 回学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  43. 頭蓋咽頭腫に対する根治的摘出と機能温存の選択

    夏目敦至

    日本脳神経外科学会第73 回学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  44. 全エクソンシークエンスを用いたlow gradegliomaにおけるクローン進化の解析

    夏目敦至

    日本脳神経外科学会第73 回学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  45. GBMに対するPodoplanin特異的キメラ抗原受容体を発現するT細胞の抗腫瘍効果の検討

    夏目敦至

    日本脳神経外科学会第73 回学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  46. 合併キアリ奇形の治療戦略について

    夏目敦至

    日本脳神経外科学会第73 回学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  47. BCNU脳内留置用剤(Gliadel wafer)留置後の再発症例の検討

    夏目敦至

    日本脳神経外科学会第73 回学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  48. KPSが低い再発悪性GliomaにおけるBevacizumabの有効性

    夏目敦至

    日本脳神経外科学会第73 回学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  49. 低悪性度神経膠腫における全エクソーム解析

    夏目敦至

    第73回日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  50. 脳腫瘍に対する臨床試験デザイン

    夏目敦至

    第3回Neuro-Oncology West 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  51. 膠芽腫ガイドラインの目的と推奨レベルの設定根拠

    夏目敦至

    脳腫瘍診療ガイドラインを考える会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  52. 覚醒下手術、intraoperative MRIを統合させたgrade II/IIIグリオーマに対する手術戦略

    夏目敦至

    第19回日本脳腫瘍の外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  53. BCNU脳内留置用剤(Gliadel wafer)留置後の再発症例の検討

    夏目敦至

    第19回日本脳腫瘍の外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  54. 覚醒下機能マッピングによる、書字・音読に関わる白質線維・dorsal inferior frontooccipital fasciculus(IFOF)の同定

    夏目敦至

    第12回日本Awake Surgery 学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  55. 脳腫瘍の基礎と臨床

    夏目敦至

    中外製薬 富士御殿場研究所 研修会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:御殿場   国名:日本国  

  56. 低悪性度神経膠腫における全エクソーム解析

    夏目敦至

    平成26年度がん若手研究者ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茅野   国名:日本国  

  57. 網羅的(エピ)ゲノム解析に基づく治療戦略

    夏目敦至

    第52回日本癌治療学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  58. Temporal and spatial evolution of clones in low grade gliomas 国際会議

    Natsume A

    20th International Conference of Brain Tumor Research and Therapy 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  59. Skull base brain tumor surgery navigation system based on updating preoperative images using positional information of surgical tools 国際会議

    Natsume A

    International conference on brain tumor research and therapy(ICBTRT) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  60. Vaccine-based immunotherapy for malignant gliomas-current trends and future perspectives 国際会議

    Natsume A

    SymBioPharma 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  61. 脊髄損傷後急性期における自己免疫性炎症発生メカニズムの解明

    夏目敦至

    第29回日本脊髄外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  62. Expression of miR-17-92 enhances anti-tumor activity of T-cells transduced with the anti-EGFRvIII chimeric antigen receptor in mice bearing human GBM xenografts 国際会議

    Natsume A

    AACR Annual Meeting 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  63. Whole exome sequencing reveals the landscape of gene mutations and evolution in low-grade glioma 国際会議

    Natsume A

    AACR Annual Meeting 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  64. Engineering T-cells Expressing the Podoplanin Specific Chimeric Antigen Receptors

    Natsume A

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  65. 膠芽腫関連homeoboxのcell biology

    夏目敦至

    第31回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮崎   国名:日本国  

  66. 頭蓋内原発Atypical Teratoid/Rhabdoid Tumor(AT/RT) の特徴所見

    夏目敦至

    第31回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮崎   国名:日本国  

  67. 免疫染色による悪性神経膠腫のpseudoprogression予測法の開発

    夏目敦至

    第31回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮崎   国名:日本国  

  68. Gliomaに対するEGFRvⅢキメラ抗原受容体発現T細胞療法とlenalidomide併用による効果

    夏目敦至

    第31回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎   国名:日本国  

  69. GBMに対する化学療法による低免疫環境に耐性を持つ遺伝子改変T細胞療法の開発

    夏目敦至

    第31回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎   国名:日本国  

  70. 膠芽腫の発生・進展におけるゲノム異常から誘導されるエピゲノム異常の同定

    夏目敦至

    第31回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎   国名:日本国  

  71. Podoplaninに対するキメラ抗原受容体を発現させたT細胞の作製

    夏目敦至

    第31回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮崎   国名:日本国  

  72. Low grade gliomaにおける放射線療法の臨床意義

    夏目敦至

    第31回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮崎   国名:日本国  

  73. 膠芽腫細胞におけるinterferon-betaの未分化性抑制効果

    夏目敦至

    第31回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮崎   国名:日本国  

  74. 次世代医療機器ナビゲーション下経頭蓋磁気刺激(nTMS)システムによる新たな脳機能マッピング法の確立

    夏目敦至

    第31回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎   国名:日本国  

  75. 非小細胞肺癌原発巣と脳転移巣におけるプロテオーム解析及び候補タンパクのvalidation

    夏目敦至

    第31回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮崎   国名:日本国  

  76. ラマン分光装置による浸潤性グリオーマの術中診断への応用

    夏目敦至

    第31回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮崎   国名:日本国  

  77. low grade gliomaにおける次世代全エクソンシークエンス

    夏目敦至

    第31回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎   国名:日本国  

  78. 遺伝子解析と病理診断に基づく新たな脳腫瘍分類の展望

    夏目敦至

    日本脳神経外科学会第72 回学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  79. ナビゲーション下経頭蓋磁気刺激法(nTMS)と覚醒下機能マッピング・モニタリングの融合̶functional MRIとnTMSの比較検討

    夏目敦至

    日本脳神経外科学会第72 回学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  80. 非小細胞肺癌原発巣と脳転移巣におけるプロテオーム解析-候補タンパクのvalidation-

    夏目敦至

    日本脳神経外科学会第72 回学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  81. ラマン分光装置による浸潤性グリオーマの術中診断への応用

    夏目敦至

    日本脳神経外科学会第72 回学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  82. Podoplaninに対するキメラ抗原受容体を発現させたT細胞の作製

    夏目敦至

    日本脳神経外科学会第72 回学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  83. 頭蓋内原発Atypical Teratoid/Rhabdoid Tumor(AT/RT) の画像診断~自験6例から

    夏目敦至

    日本脳神経外科学会第72 回学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  84. Gliomaに対するEGFRvⅢキメラ抗原受容体発現T細胞療法とlenalidomide併用による効果

    夏目敦至

    日本脳神経外科学会第72 回学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  85. EGFRvIII 特異的キメラ抗原レセプターを発現するT細胞へのmiR-17-92遺伝子導入はマウスGBMモデルにおいて抗腫瘍活性を増強させる

    夏目敦至

    日本脳神経外科学会第72 回学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  86. 神経膠腫から二次性膠芽腫への進展に関するゲノム異常とエピゲノム異常とメタボローム異常とのクロストーク

    夏目敦至

    日本脳神経外科学会第72 回学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  87. 神経膠腫における全ゲノム/エクソーム解析

    夏目敦至

    第72回日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  88. Whole genome/exome sequencing reveal genetic basis of low grade glioma

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  89. glioma

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  90. 悪性グリオーマに対する化学療法の適正使用とガイドライン

    夏目敦至

    第85回日本脳神経外科学会中部支部会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛知   国名:日本国  

  91. バイオロジーに基づいたグリオーマの摘出

    夏目敦至

    第18回日本脳腫瘍の外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:滋賀   国名:日本国  

  92. BCNU waferをeloquent areaに留置すべきか?̶BCNU waferを留置した中心前回及び錐体路直上に症候性脳浮腫が遷延した症例についての検討̶

    夏目敦至

    第85回日本脳神経外科学会中部支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長久手 (愛知)   国名:日本国  

  93. 頭頂葉・神経膠腫における覚醒下機能マッピング・モニタリング

    夏目敦至

    第18回日本脳腫瘍の外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大津   国名:日本国  

  94. 覚醒下機能マッピング・モニタリングを駆使した左頭頂葉腫瘍への挑戦

    夏目敦至

    第37回日本神経心理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  95. 覚醒下手術・皮質下マッピングによる書字・音読に関わる白質線維の同定

    夏目敦至

    第11回日本Awake Surgery 研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  96. 当施設における水頭症キャリーオーバーの特徴について

    夏目敦至

    第41回日本小児神経外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  97. 診断に難渋したAtypical Teratoid / Rhabdoid Tumor (AT/RT) の自験例

    夏目敦至

    第41回日本小児神経外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  98. WHO grade II diffuse astrocytomasにおけるPDGFRA / MET gainの腫瘍内不均一性

    夏目敦至

    第31回日本脳腫瘍病理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  99. 術中MRI 導入後のLow grade gliomaの成績

    夏目敦至

    第31回日本脳腫瘍病理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  100. 静注テモゾロミドの利便性とテモゾロミド耐性リンパ球内microRNA

    夏目敦至

    大分脳腫瘍研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分   国名:日本国  

  101. 脳腫瘍のエピジェネティクス異常と治療感受性

    夏目敦至

    第33回日本脳神経外科コングレス総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  102. テモダール療法からみたイメンドの有用性

    夏目敦至

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  103. 悪性脳腫瘍細胞のヒエラルキーとエピゲノム変化

    夏目敦至

    脳腫瘍学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  104. 癌が運動野、言語野の近くに転移したらどうしますか

    夏目敦至

    癌の中枢神経合併症フォーラム2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:三島   国名:日本国  

  105. IDH1変異のある悪性脳腫瘍のメタボローム解析

    夏目敦至

    がんと代謝シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  106. Adoptive transfer of chimeric antigen receptor and miR-17/92-transfected T-cells

    Natsume A

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  107. 免疫組織染色解析に基づく新たな初発膠芽腫のサブタイプ分類と層別化治療への展望

    夏目敦至

    第30回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島   国名:日本国  

  108. Low grade glioma の手術戦略 ─腫瘍制御と機能予後─

    夏目敦至

    第30回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島   国名:日本国  

  109. 膠芽腫細胞の可塑性とエピジェネティクス変化

    夏目敦至

    第30回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島   国名:日本国  

  110. マウスモデルを用いた神経膠腫における網羅的なエピゲノム解析とその意義の検討

    夏目敦至

    第30回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島   国名:日本国  

  111. Whole Exome SequenceによるLow Grade Glioma のsubcloneからの悪性化の解析

    第30回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島   国名:日本国  

  112. 二次性膠芽腫マウスモデルを用いた神経膠腫の発生と進展に関わるエピジェネティクスメカニズムの解析

    夏目敦至

    第71回社団法人日本脳神経外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  113. 術中MRI時代のlow grade glioma に対する手術戦略

    夏目敦至

    第71回日本脳神経外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  114. 脳腫瘍幹細胞を標的としたエピジェネティクス治療薬の創薬開発

    夏目敦至

    第71回日本脳神経外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  115. 下垂体腺腫のエクソーム解析

    夏目敦至

    第71回日本脳神経外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  116. Immunotherapy using gene-modified T-cells expressing chimeric antigen receptors specific to glioma that express EGFRvIII

    Natsume A

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  117. 中枢神経悪性リンパ腫の治療成績と予後因子,眼球内リンパ腫の検討

    夏目敦至

    第71回日本脳神経外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  118. c-Myc induced medulloblastoma mouse models by using the RCAS/tv-a system

    Natsume A

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  119. 膠芽腫マウスモデルを用いたp53, Nf1欠失から引き起こされるエピジェネティクス異常の解析

    夏目敦至

    第71回日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  120. On the intratumoral heterogeneity underlying progression and/or chemoresistance of low-grade gliomas

    Natsume A

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  121. Immunotherapy using gene-modified T-cells expressing chimeric antigen receptors specific to tumor-associated antigens

    Natsume A

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  122. Intravenous administration of temozolomide as a useful alternative over oral treatment with temozolomide capsules in patients with gliomas 国際会議

    Natsume A

    Current Trend for Malignant glioma 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  123. Epigenetics Plasticity and Clonal Evolutions in Glioblastoma 国際会議

    Natsume A

    NIH Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  124. Epigenetic plasticity regulated by Polycomb Repressive Complex-mediated histone H3 lysine 27 trimethylation in human glioblastoma 国際会議

    Natsume A

    19th International Brain Tumor Research and Therapy Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  125. Interferon-beta and temozolomide combination therapy for malignant gliomas; phase I study and phase II clinicla study 国際会議

    Natsume A

    The 19 International Brain Tumor Research and Therapy Conference (Asilomar) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  126. The global DNA methylation surrogate LINE-1 methylation is correlated with MGMT promoter methylation and is a better prognostic factor for glioma 国際会議

    Natsume A

    10th International Conference of the Asian Clinical Oncology Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  127. 大網弁とチタンメッシュによる頭蓋形成後に急速な腫瘍増大を来たした髄膜腫の一例

    夏目敦至

    第30回日本脳腫瘍病理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  128. 先天性水頭症をきたし松果体腫瘍として発生したAT/RTの1例

    夏目敦至

    第30回日本脳腫瘍病理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  129. The current status of image-guided neurosurgery for braintumors and its future perspective 国際会議

    Natsume A

    he 4th International Symposium of Brain Tumor Pathology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  130. Clinical significance of anti-mutated IDH1 antibodies 国際会議

    Natsume A

    Asian Society of Neuro-Oncology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  131. Immunohistochemical analysis-based subclassification of gliomas with integrated genomic and epigenetic profile 国際会議

    Natsume A

    Asian Society of Neuro-Oncology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  132. 髄芽腫再発例に対する新たな治療法の試み

    夏目敦至

    第2回京大・名大合同 駿河・遠江・東三河地区 脳神経外科カンファランス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:浜松   国名:日本国  

  133. Development of nano-medicine in the fields of neurosurgery 国際会議

    Natsume A

    The 5th International Symposium of Nanomedicine 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  134. A functional analysis of HIF in the malignant meningioma

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  135. A functional analysis of HIF in the malignant meningioma

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  136. 悪性髄膜腫におけるDNAメチル化標的遺伝子HIFの機能解析

    夏目敦至

    平成23年神経皮膚症候群調査研究班成果報告 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  137. A functional analysis of HIF in the malignant meningioma

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  138. ヒト脳腫瘍の分子異常を反映したマウスモデルの開発

    夏目敦至

    第29回日本脳腫瘍学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:下呂(岐阜)   国名:日本国  

  139. 頭蓋内teratomaの治療成績

    夏目敦至

    第29回日本脳腫瘍学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:下呂(岐阜)   国名:日本国  

  140. 髄芽腫マウスモデルにおけるc-Mycアイソフォームの機能の比較

    夏目敦至

    第29回日本脳腫瘍学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:下呂(岐阜)   国名:日本国  

  141. 神経膠腫におけるmethylator phenotype の診断と予後に対する意義の検討

    夏目敦至

    第29回日本脳腫瘍学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:下呂(岐阜)   国名:日本国  

  142. Gliomaにおける治療戦略

    夏目敦至

    鹿児島脳神経外科セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島   国名:日本国  

  143. Remote ischemic preconditioningによる神経幹細胞の酸化ストレスからの保護作用

    夏目敦至

    第12回日本分子脳神経外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  144. 悪性脳腫瘍の抗がん剤耐性分子を標的とする核酸医薬のconvection-enhanced deliveryシステムと先駆的ロボティック手術を導入した統合的ナノテク先端医療の実用化

    夏目敦至

    第70回日本脳神経外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  145. 放射線治療の強度を落とし晩期合併症の軽減を目指した大量化学療法による小児CNS embryonal tumorの治療成績

    夏目敦至

    第70回日本脳神経外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  146. 代謝関連遺伝子IDH1変異を中心とした免疫組織染色解析に基づく初発膠芽腫のサブタイプ診断と個別化医療への展望

    夏目敦至

    第70回日本脳神経外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  147. 悪性髄膜腫におけるDNAメチル化標的遺伝子HOXとHIFの機能解析

    夏目敦至

    第70回日本脳神経外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  148. Glioblastotma治療に対する外科の役割 ─術中MRI導入前後の検討から見えてきたもの─

    夏目敦至

    第70回日本脳神経外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  149. Neural stem cell-based interferon-b delivery reduces glial scar formation in spinal cord injury: A critical role for TLR-4

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  150. 頭蓋内teratomaの長期治療成績 33年間の症例を振り返って

    夏目敦至

    第70回日本脳神経外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  151. ロボット技術に支援された次世代機能的定位脳手術

    夏目敦至

    第70回日本脳神経外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  152. 迅速・低侵襲な脳腫瘍マウスモデルの作成法

    夏目敦至

    第70回日本脳神経外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  153. 小脳上面のhemangioblastomaに対するoccipital transtentorial approachの有用性

    夏目敦至

    第70回日本脳神経外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  154. LINE-1 methylation is directly proportional to MGMT promoter methylation and is a better prognostic factor for glioma

    Natsume A

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  155. Development of novel mouse models of medulloblastomas using the RCAS. tv-a gene transfer system

    Natsume A

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  156. 悪性脳腫瘍のエピジェネティクス異常

    夏目敦至

    ナノメディシンキックオフシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  157. Current trends in chemotherapy for glioblastoma multiforme

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  158. グリオーマの化学療法オーバービュー

    夏目敦至

    第70回日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  159. 悪性脳腫瘍のエピジェネティクス異常

    夏目敦至

    神奈川脳神経外科セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川   国名:日本国  

  160. Immuno-therepay using retrovirally engineered T cells expressing chimeric antigen receptors specific to glioma-associated antigens 国際会議

    Natsume A

    2011 Japan Society of Gene Therapy Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  161. Epigenetic alteration in glioma 国際会議

    Natsume A

    Korea Brain Tumor Society Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  162. 術中MRI ─名古屋大学での経験─

    夏目敦至

    第11回日本術中画像情報学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  163. 当施設におけるmini-open TLIFについて

    夏目敦至

    第26回日本脊髄外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:沼津   国名:日本国  

  164. 膠芽腫における組織染色でのmIDH1など16マーカー発現とゲノム・エピゲノム解析によるsubtype分類と予後検討

    夏目敦至

    第29回日本脳腫瘍病理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  165. 神経膠腫におけるジェネティクス,エピジェネティクスに基づく分子病理の解析

    夏目敦至

    第29回日本脳腫瘍病理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  166. 著明なpseudoprogressionを示した小児視床部悪性神経膠腫の一例

    夏目敦至

    第29回日本脳腫瘍病理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  167. 膠芽腫における組織染色でのmIDH1など13マーカー発現とゲノム・エピゲノム解析によるsubtype分類と予後検討

    夏目敦至

    第29回日本脳腫瘍病理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  168. 次世代型核酸医療の臨床応用への展開と展望

    夏目敦至

    脳腫瘍フォーラムin 名古屋 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  169. 当院におけるteratomaの治療成績

    夏目敦至

    第80回日本脳神経外科学会中部支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:浜松   国名:日本国  

  170. 側頭葉内側腫瘍に対する手術戦略

    夏目敦至

    第3回東海脳腫瘍手術手技研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  171. 当施設のおける静注テモゾロミド療法の臨床経験

    夏目敦至

    東海脳腫瘍セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  172. 悪性脳腫瘍の抗がん剤耐性分子を標的とする核酸医薬開発と先駆的ロボティック手術を導入した統合的ナノテク先端医療の実用化

    夏目敦至

    第7回ナノバイオフェア 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  173. 抗がん剤耐性分子を標的とする核酸医薬開発

    夏目敦至

    第4回トランスレーショナル・クラブ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  174. IL13Rα 2を標的としたグリオーマに対する武装化T細胞療法の開発

    夏目敦至

    第28回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:軽井沢   国名:日本国  

  175. 膠芽腫におけるタンパク異常発現パターンの解析

    夏目敦至

    第28回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:軽井沢   国名:日本国  

  176. 初発膠芽腫に対する免疫組織染色を用いたGBM subtype analysisとその予後検討

    夏目敦至

    第28回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:軽井沢   国名:日本国  

  177. グリオーマ幹細胞におけるAkt結合蛋白Girdinによる幹細胞性の維持

    夏目敦至

    第28回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:軽井沢   国名:日本国  

  178. 髄芽腫・PNETの分子異常とマウスモデルの開発

    夏目敦至

    第28回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:軽井沢   国名:日本国  

  179. エピゲノムの見地からみた髄膜腫の再分類

    夏目敦至

    第28回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:軽井沢   国名:日本国  

  180. low grade gliomaの遺伝子解析と治療予後の検討

    夏目敦至

    第28回日本脳腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:軽井沢   国名:日本国  

  181. Neural stem cell-based dual suicide gene delivery for matastatic brain tumors

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  182. The efficacy of interferon-β and temozolomide combination therapy for newly diagnosed primary

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  183. 髄芽腫の発生機構解明とマウスモデルの開発

    夏目敦至

    第3回GCOE国内シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  184. 初発膠芽腫に対するIFN-β +テモダール併用化学放射線療法のランダム化第2相試験

    夏目敦至

    第69回日本脳神経外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  185. 名古屋大学におけるgrade 2 gliomaに対する手術・放射線・化学療法と治療予後についての検討

    夏目敦至

    第69回日本脳神経外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  186. 小児のCNS embryonal tumorに対する末梢血幹細胞移植を用いた放射線化学療法の治療成績

    夏目敦至

    第69回日本脳神経外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  187. 初発膠芽腫に対する免疫組織染色を用いたGBM subtype analysisとその予後検討

    夏目敦至

    第69回日本脳神経外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  188. 統合的ゲノム・エピゲノム・プロテオーム解析による初発膠芽腫に対するテモゾロミド・インターフェロンβ 併用の有効性の評価

    夏目敦至

    第69回日本脳神経外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  189. IFN遺伝子導入神経幹細胞による損傷脊髄機能回復

    夏目敦至

    第45回日本脊髄障害医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松本   国名:日本国  

  190. Immuno-therepay using retrovirally engineered T cells expressing chimeric antigen receptors specific to glioma-associated antigens 国際会議

    Natsume A

    The 4th Indian Japanese Friendship Neurosurgicla Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  191. 脳腫瘍の最新アトラス

    夏目敦至

    静岡がんセンター 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡   国名:日本国  

  192. メチオニンPETとMRI-SWI画像が診断に有用であった基底核部germinomaの4例

    夏目敦至

    第79回日本脳神経外科学会中部支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松本   国名:日本国  

  193. Akt の基質としてのGirdinの脳腫瘍幹細胞での維持の役割

    夏目敦至

    第69回日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  194. The efficacy of interferon-β and temozolomide combination therapy for newly diagnosed primary

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  195. A Multicenter Phase I Trial of Combination Therapy with Interferon-b and Temozolomide for High-grade Gliomas (INTEGRA study): The Final Report 国際会議

    Natsume A

    Asian society for clinical oncology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  196. グリオーマ治療:発生の分子メカニズム解明からトランスレーショナルリサーチまで

    夏目敦至

    第11回日本分子脳神経外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  197. グリオーマ幹細胞におけるAkt結合蛋白Girdinの役割とその腫瘍形成,分化,浸潤への影響

    夏目敦至

    第11回日本分子脳神経外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  198. 髄膜腫のエピゲノム解析

    夏目敦至

    第11回日本分子脳神経外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  199. 東海脳腫瘍セミナーの今後

    夏目敦至

    東海脳腫瘍セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  200. 小児脳腫瘍とは

    夏目敦至

    キャンサーネットワークジャパン 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  201. Immuno-therepay using retrovirally engineered T cells expressing chimeric antigen receptors specific to glioma-associated antigens 国際会議

    Natsume A

    Japan Society of Gene Therapy 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  202. Immunotherapy using retrovirally engineered T cell expressing chimeric antigen receptors specific

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  203. Epigenetic plasticity regulated by polycomb repressive complex in GBM-initiating cells 国際会議

    Natsume A

    Asian Society for Neurooncology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  204. The efficacy of interferon-R and temozolomide combination therapy for newly diagnosed primary glioblatoma:Multicenter study 国際会議

    Natsume A

    6th American Society of Clinical Oncology (ASCO) Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  205. Regulation of heterogeneity by Epigenetic modifications in GBM stem cells 国際会議

    Natsume A

    Memorial Sloan Kettering Cancer Center Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  206. Gliomaの分子遺伝学の新展開

    夏目敦至

    脳腫瘍レビュー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  207. 先行する病変を有したgliosarcomaの一例

    夏目敦至

    第28回日本脳腫瘍病理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  208. EPIGENETIC PLASTICITY REGULATED BY POLYCOMB REPRESSIVE COMPLEX AS A MEDIATOR 国際会議

    Natsume A

    18th International Brain Tumor Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  209. テモダールをはじめとした化学療法の最新の治療成績と今後の展望

    夏目敦至

    第30回日本脳神経外科コングレス総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  210. 言語機能の可視化と覚醒下手術

    夏目敦至

    東海脳腫瘍手術手技研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  211. Rhabdoid glioblastomaの一例

    夏目敦至

    第78回日本脳神経外科学会中部支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山   国名:日本国  

  212. A clinical trial of interleukin-13 receptor alpha 2 peptide-pulsed DC vaccine for malignant gliomas 国際会議

    Natsume A

    World Congress of Vaccine 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  213. 悪性神経膠腫に対する化学療法の最新知見

    夏目敦至

    名古屋neuro oncologyセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  214. 悪性神経膠腫に対する化学療法の最新知見

    夏目敦至

    名古屋neuro oncologyセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  215. A clinical trial of interleukin-13 receptor alpha 2 peptide-pulsed DC vaccine for malignant gliomas 国際会議

    Natsume A

    World Congress of Vaccine 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  216. JCOG 0911「初発膠芽腫に対するインターフェロン–β+テモゾロミド併用療法のランダム化第Ⅱ相試験」の付随研究について

    夏目敦至

    JCOG脳腫瘍グループ合同班会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  217. Glioblastoma subclasses defined by signal transduction pathway activity

    第2回NAGOYAグローバルリトリート 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛知   国名:日本国  

  218. 初発膠芽腫に対する遺伝子解析とIFN-β ,Temozolomide併用療法の功績

    夏目敦至

    第2回静岡県立がんセンターフロンティアセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡   国名:日本国  

  219. 初発膠芽腫に対するIFN-b+テモダールのretrospective study

    夏目敦至

    第4回東海脳腫瘍セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  220. 膠芽腫の組織不均一性を制御するエピジェネティクス機構の解明と小分子化合物の開発

    夏目敦至

    第27回日本脳腫瘍学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪(泉佐野)   国名:日本国  

  221. Epigenetic plasticity in gliomas 国際会議

    Natsume A

    Seoul National University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  222. グリオーマ幹細胞の多分化能を制御するポリコームタンパク郡の分子標的治療薬の開発

    夏目敦至

    第68回日本脳神経外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  223. ポリコームタンパク郡を標的とした脳腫瘍幹細胞に対するエピジェネティクス治療の開発

    夏目敦至

    第68回日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  224. Epigenetic plasticity in gliomas 国際会議

    Natume A

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  225. エピジェネティクス解析とポリコーム蛋白標的治療の開発

    夏目敦至

    GCOE第2回国内シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  226. bench to bed side

    夏目敦至

    平成21年度鶴舞公開セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  227. Interim analysis of combination chemoradiotherapy by means of temozolomide (TMZ) and interferon(IFN) beta for malignant glioma: multicenter clinical trial (INTEGRA study) 国際会議

    Natsume A

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  228. Epigenetic plasticity in gliomas 国際会議

    Natsume A

    UCSF 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  229. INTEGRA study安全性試験中間報告

    夏目敦至

    第4回東海脳腫瘍セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  230. A Japanese multicenter clinical trial of interferon-beta and temozolomide combination therapy for high grade gliomas: from bench to bedside 国際会議

    Natsume A

    The 17th international conference on brain tumor research andtherapy 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  231. グリオーマ幹細胞の網羅的エピジェネティクス解析

    第66回日本脳神経外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  232. Epigenetic target for cancer-testis antigen-based tumor immunotherapy

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  233. HDAC inhibitorとしてのバルプロ酸とDNAメチル化酵素阻害薬によるクロマチンリモデリング:グリオーマの癌精巣抗原の再活性化増強作用

    夏目敦至

    第8回日本分子脳神経外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 8

  1. 次世代がん医療創生研究事業(分担):がん細胞の分化制御に関わるエピゲノムを標的とした革新的治療法の開発

    2016年4月 - 2019年3月

    次世代がん医療創生研究事業 

    近藤 豊

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 難治性疾患等政策研究事業(分担):多彩な内分泌異常を生じる遺伝性疾患(多発性内分泌腫瘍症およびフォンヒッペル・リンドウ病)の実態把握と診療標準化の研究

    2016年4月 - 2019年3月

    科学技術振興調整費 

    櫻井 晃洋

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 次世代がん医療創生研究事業(分担):TGF-βシグナル制御因子CD109を標的とした抗体治療薬の開発研究

    2016年4月 - 2018年3月

    次世代がん医療創生研究事業 

    高橋雅英

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 政策科学総合研究事業(分担):医療・介護連携を目指した"脳腫瘍ノート"の開発と、地域医療連携システム構築に関する研究

    2011年4月 - 2013年3月

    科学技術振興調整費 

    阿部竜也

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 難治性疾患克服研究事業(分担):フォン・ヒッペルリンドウ病の病態調査と診断治療系確立の研究

    2011年4月 - 2012年3月

    科学技術振興調整費 

    執印 太郎

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 脳腫瘍幹細胞(BTSC:Brain tumor stem cell)の同定・解析および分子標的としてのインターフェロンβの効果の検討

    2007年

    第32回(平成19年度)がんその他の悪性新生物研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 悪性脳腫瘍の新規アルキル化剤の耐性機構MGMTを効率的に不活化する分子標的薬剤のトランスレーショナルリサーチ

    2005年 - 2006年

    平成17年度 日本脳神経財団 学術研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. インターフェロンβによる新規アルキル化剤テモダールの感受性増強とDNA修復遺伝子MGMTの発現抑制

    2005年

    第30回(平成17年度)がんその他の悪性新生物研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 12

  1. 新学術領域(計画班代表):分子トレーシングを基盤としたがんと神経の細胞標的分子の創製

    2017年6月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

    夏目敦至

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 基盤B(代表):スーパーエンハンサーによる脳腫瘍の発生と悪性化のクロマチンダイナミクスの解明

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    夏目 敦至

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 総括班(分担):ナノメディシン分子科学

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

    石原一彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  4. 基盤B(代表):悪性脳腫瘍のヒエラルキーと可塑性の解析に基づくエピゲノム創薬

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    夏目敦至

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 基盤A(分担):抗がん剤耐性分子を標的とする核酸医薬のロボティック送達とイメージングの統合医療

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    若林俊彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  6. 新学術領域(計画班代表):遺伝子解析と分子トレーシングを基盤とした細胞標的分子の創製

    2011年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. 基盤B(分担)新規抗腫瘍効果判定を目指した分子標的イメージング診断薬の開発と臨床応用

    2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    若林俊彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 基盤C(分担)ポストゲノム時代における良性脳腫瘍のエピジェネティクス・バイオマーカーの開発

    2009年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    斎藤 清

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  9. 基盤B(代表):悪性脳腫瘍の根治に向けたエピジェネティクスによるリプログラミング創薬の開発

    2009年 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    夏目 敦至

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. 基盤C(代表):ポストゲノム時代における脳腫瘍のエピジェネティクス解析による診断・治療の新展開

    2007年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    夏目 敦至

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. 基盤C(分担) ラット辺縁系てんかんモデルにおける細胞療法と併用した定位的脳深部刺激療法の開発

    2007年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    梶田 泰一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  12. 若手B(代表)インターフェロンβによる中枢神経の機能再生の研究

    2004年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    夏目 敦至

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

産業財産権 1

  1. [2] 11C標識O6-ベンジルグアニン,O6-Methyl Guanine Methyl-Transferase活性を可視化可能なPETプローブ,及びそれらの製造方法

    鈴木正昭,伊藤健吾,池沼 宏,夏目敦至,古山浩子

     詳細を見る

    出願人:開発法人国立長寿医療研究センター,国立大学法人岐阜大学

    出願番号:2016-134187  出願日:2016年7月

    出願国:国内