2022/05/24 更新

写真a

ニシダ ヨシヒロ
西田 佳弘
NISHIDA, Yoshihiro
所属
医学部附属病院 リハビリテーション科 病院教授
職名
病院教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(医学) ( 1994年4月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 5

  1. 5.ヒアルロン酸

  2. 4.細胞外マトリックス

  3. 3.変形性関節症

  4. 2.軟骨代謝

  5. 1.骨軟部腫瘍

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 整形外科学

現在の研究課題とSDGs 4

  1. がん骨転移の新規治療法開発

  2. 骨軟部腫瘍切除後再建法の確立

  3. ヒアルロン酸の軟骨再生への応用

  4. 細胞外マトリックス制御による抗腫瘍効果について

経歴 12

  1. 名古屋大学医学部附属病院リハビリテーション科・病院教授

    2018年7月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学医学部附属病院リハビリテーション部・病院教授

    2018年5月 - 2018年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   大学院医学系研究科   特命教授

    2013年4月 - 2018年4月

  4. 名古屋大学大学院医学系研究科機能構築医学専攻・准教授

    2010年3月 - 2018年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学大学院医学系研究科機能構築医学専攻・講師

    2009年12月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学医学部附属病院整形外科・講師

    2004年6月 - 2009年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学医学部附属病院整形外科・助手

    2000年10月 - 2004年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 名古屋大学医学部附属病院整形外科・医員

    1999年10月 - 2000年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. Instructor, Department of Biochemistry,Rush Medical College, Chicago, USA

    1997年4月 - 1999年10月

  10. 国立療養所中部病院臨床研究部・リサーチレジデント

    1994年4月 - 1997年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 名古屋大学医学部附属病院整形外科・医員

    1993年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  12. 袋井市民病院・研修医

    1988年6月 - 1989年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科

    1989年4月 - 1993年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部

    1982年4月 - 1988年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 28

  1. Orthopaedic Research Society

  2. American Academy of Orthopaedic Surgeons

  3. International Society of Limb Salvage

  4. 日本整形外科学会   代議員

    2013年4月 - 現在

  5. 日本整形外科学会   軟部腫瘍診断ガイドライン改訂委員会委員

    2008年4月 - 2013年3月

  6. 日本整形外科学会   骨軟部腫瘍委員会アドバイザー

    2009年4月 - 2010年3月

  7. 日本整形外科学会   骨軟部腫瘍委員会委員

    2010年4月 - 2014年3月

  8. 日本整形外科学会   JOS Editorial Board

    2010年4月 - 現在

  9. 日本整形外科学会   利益相反管理委員会委員

    2011年4月 - 現在

  10. 日本整形外科学会   定款等検討委員会委員

    2013年4月 - 2017年3月

  11. 日本整形外科学会   悪性骨腫瘍取扱い規約第4版作成委員

    2013年4月 - 2014年3月

  12. 日本整形外科学会   骨軟部腫瘍委員会臨時アドバイザー

    2014年4月 - 2017年3月

  13. 日本整形外科学会   悪性骨腫瘍診療ガイドライン策定委員会委員

    2015年4月 - 現在

  14. 日本整形外科学会   軟部腫瘍診療ガイドライン改訂委員会委員

    2017年1月 - 現在

  15. 日本軟骨代謝学会   評議員

    2003年4月 - 現在

  16. 日本結合組織学会   評議員

    2004年4月 - 現在

  17. 日本リウマチ学会   評議員

    2008年4月 - 現在

  18. 中部日本整形外科災害外科学会   評議員

    2011年4月 - 現在

  19. 日本レックリングハウゼン病学会   理事

    2016年4月 - 現在

  20. 日本急性期リハビリテーション医学会   代議員

    2017年12月 - 現在

  21. 東海骨軟部腫瘍コンソーシアム   代表幹事

    2014年4月 - 現在

  22. 東海小児がん研究会   幹事

    2012年4月 - 現在

  23. 骨軟部肉腫治療研究会   幹事

    2010年4月 - 現在

  24. 骨・軟部腫瘍治療法検討会   幹事

    2002年12月 - 2010年6月

  25. 東海骨軟部腫瘍研究会   幹事

    2002年4月 - 現在

  26. 日本癌治療学会

  27. 日本リハビリテーション医学会

  28. 日本癌学会

▼全件表示

委員歴 2

  1. 日本学術振興会科学研究費委員会   専門委員  

    2016年 - 現在   

  2. 国立大学附属病院長会議、製薬企業及び医療機器企業からの資金提供状況の公表に向けての検討委員会   委員  

    2013年4月 - 2015年3月   

受賞 7

  1. 第52回日本癌治療学会優秀演題賞

    2014年8月   日本癌治療学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    日本人骨巨細胞腫患者を対象とした抗RANKL抗体デノスマブの第II相臨床試験

  2. 第2回日本レックリングハウゼン病学会学会賞・Riccardi賞

    2011年11月   日本レックリングハウゼン病学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 平成21年度骨軟部肉腫治療研究会奨励賞

    2009年   骨軟部肉腫治療研究会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    Osteosarcoma in The Elderly Over 60 Years: A Multicenter Study by The Japanese Musculoskeletal Oncology Group.Nishida Y, Isu K, Ueda T, Nishimoto Y, Tsuchiya H, Wada T, Sato K, Tsukushi S, Sugiura H. J Surg Oncol. 100:48-54, 2009

  4. JOA-AOA Traveling Fellow

    2005年   日本整形外科学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    平成17年1月29日―3月2日 Mayo Clinic, Memorial Sloan Kettering Cancer Center, MD Anderson Cancer Centerなどを訪問,講演,交流

  5. 平成13年度日米がん研究協力事業派遣研究者

    2001年   日本学術振興会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    平成13年8月29日―平成13年10月4日 シカゴ,ニューヨーク

  6. 第6回軟骨代謝学会賞 山本・新名賞

    2001年   日本軟骨代謝学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    Antisense inhibition of hyaluronan synthase-2 in human articular chondrocytes inhibits proteoglycan retention and matrix assembly. J Biol Chem

  7. Research Scholarship of Orthopaedic Science and Tissue Engineering in Gordon Research Conference

    1998年   Gordon Research Conference  

▼全件表示

 

論文 429

  1. Surgical treatment for extremity rhabdomyosarcoma: longitudinal national questionnaire survey in Japan. 査読有り

    Nishida Y, Kawai A.

    Jpn J Clin Oncol   52 巻 ( 4 ) 頁: 362 - 369   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1093/jjco/hyab206

  2. Successful treatment with denosumab for pelvic fibrous dysplasia: A case report and review of the literature. 査読有り

    Ikuta K, Sakai T, Koike H, Ito K, Imagama S, Nishida Y.

    Medicine (Baltimore).   100 巻 ( 49 ) 頁: e28138. - e28138.   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000028138

  3. Clinical outcome in patients who underwent amputation due to extremity soft tissue sarcoma: Tokai Musculoskeletal Oncology Consortium study. 査読有り

    Hagi T, Nakamura T, Nagano A, Koike H, Yamada K, Aiba H, Fujihara N, Wasa J, Asanuma K, Kozawa E, Ishimura D, Kawanami K, Izubuchi Y, Shido Y, Sudo A, Nishida Y.

    Jpn J Clin Oncol   52 巻 ( 2 ) 頁: 157 - 162   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1093/jjco/hyab184

  4. Clinical Outcome in Soft Tissue Sarcoma Patients with Lung Metastasis Who Received Metastasectomy and/or Radiofrequency Ablation: Tokai Musculoskeletal Oncology Consortium Study. 査読有り

    Nakamura T, Asanuma K, Takao M, Yamanaka T, Koike H, Chen-Yoshikawa TF, Tsukushi S, Kuroda H, Kozawa E, Sano M, Aiba H, Nakanishi R, Nagano A, Yamada K, Shido Y, Kawanami K, Izubuchi Y, Sudo A, Nishida Y.

    Cancer Manag Res.   13 巻   頁: 8473 - 8480   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Trends in diagnostic and therapeutic strategies for extra-abdominal desmoid-type fibromatosis: Japanese musculoskeletal oncology group questionnaire survey. 査読有り

    Murase F, Nishida Y, Hamada S, Sakai T, Shimizu K, Ueda T.

    Jpn J Clin Oncol.   51 巻 ( 11 ) 頁: 1615 - 1621   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyab146.

  6. Response to Letter to the Editor. 査読有り

    Nishida Y, Kano K, Nobuoka Y, Seo T.

    Arthritis Rheumatol.   73 巻 ( 11 ) 頁: 2148 - 2149   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/art.41786.

  7. Pathophysiology of Hyaluronan Accumulation/Depolymerization in Osteoarthritic Joints. 査読有り

    Nishida Y.

    Am J Pathol.   191 巻 ( 11 ) 頁: 1963 - 1965   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j .ajpath.2021.08.007.

  8. S100-negative epithelioid malignant peripheral nerve sheath tumor with possible perineurial differentiation. 査読有り

    Yamashita K, Funauchi Y, Hayakawa K, Ae K, Matsumoto S, Ikuta K, Nishida Y, Ueno T, Shimoyama Y, Hiruta N, Machinami R, Kawachi H, Takeuchi K.

    Virchows Arch.     2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00428-021-03218-y.

  9. Diffusion-weighted magnetic resonance imaging improves the accuracy of differentiation of benign from malignant peripheral nerve sheath tumors. 査読有り

    Koike H, Nishida Y, Ito S, Shimoyama Y, Ikuta K, Urakawa H, Sakai T, Shimizu K, Ito K, Imagama S.

    World Neurosurg.   S1878-8750 巻 ( 21 ) 頁: 01483-2 - 01483-2   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Reconstruction of the extensor mechanism augmented with reverse transferred iliotibial band after proximal tibia tumor resection and mega-prosthetic replacement. 査読有り

    Ikuta K, Nishida Y, Tsukushi S, Sakai T, Koike H, Imagama S.

    Knee.   33 巻   頁: 102 - 109   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. 【骨・軟部腫瘍のマネジメント(その2)】良性骨腫瘍・腫瘍類似疾患の治療 類骨骨腫 類骨骨腫に対するO-armガイド下手術の有用性 査読有り

    小池 宏, 西田 佳弘, 生田 国大, 酒井 智久, 伊藤 鑑, 今釜 史郎

    別冊整形外科   ( 80 ) 頁: 71 - 73   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. 【骨・軟部腫瘍のマネジメント(その2)】再建法、その他 骨欠損への対応 悪性骨・軟部腫瘍切除後の骨性再建における自家加温処理骨の長期成績 査読有り

    生田 国大, 西田 佳弘, 杉浦 英志, 今釜 史郎

    別冊整形外科   ( 80 ) 頁: 113 - 116   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Less-invasive fascia-preserving surgery for abdominal wall desmoid. 査読有り

    Nishida Y, Hamada S, Sakai T, Ito K, Ikuta K, Urakawa H, Koike H, Imagama S.

    Sci Rep.   11 巻 ( 1 ) 頁: 19379 - 19379   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Pathophysiology of Hyaluronan Accumulation/Depolymerization in Osteoarthritic Joints. 査読有り

    Nishida Y.

    Am J Pathol.   S0002-9440 巻 ( 21 ) 頁: 00380 - 00381   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Efficacy and safety of diclofenac-hyaluronate conjugate(diclofenac etalhyaluronate) for knee osteoarthritis: a randomaized phase 3 trial in Japan. 査読有り

    Yoshihiro Nishida, Kazuyuki Kano, Yuji Nobuoka, Takayuki Seo.

    Arthritis Rheumatol.   73 巻 ( 9 ) 頁: 1646 - 1655   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/art.41725.

  16. Tumor location and type affect local recurrence and joint damage in tenosynovial giant cell tumor: a multi-center study. 査読有り

    Ota T, Nishida Y, Ikuta K, Tsukushi S, Yamada K, Kozawa E, Urakawa H, Imagama S.

    Sci Rep.   11 巻 ( 1 ) 頁: 17384 - 17384   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Spontaneous Regression of Brown Tumor in a Patient Treated With Peritoneal Dialysis. 査読有り

    Ito K, Ikuta K, Nishida Y, Sakai T, Imagama S.

    Cureus.   13 巻 ( 8 ) 頁: e17078 - e17078   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Effect of Neoadjuvant Therapies on Soft Tissue Sarcomas with Tail-like Lesions: A Multicenter Retrospective Study. 査読有り

    Aiba H, Ikuta K, Asanuma K, Kawanami K, Tsukushi S, Matsumine A, Ishimura D, Nagano A, Shido Y, Kozawa E, Yamada K, Wasa J, Kimura H, Sakai T, Murakami H, Sakai T, Nakamura T, Nishida Y.

    Cancers (Basel).   13 巻 ( 15 ) 頁: 3901 - 3901   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. 転移性骨腫瘍に対するデノスマブ長期使用により非定型大腿骨骨折を生じた1例 査読有り

    家崎 雄介, 生田 国大, 酒井 智久, 小池 宏, 今釜 史郎, 西田 佳弘

    整形・災害外科   64 巻 ( 9 ) 頁: 1151 - 1154   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. A Novel Technique to Lengthen the Reverse Latissimus Dorsi Muscle Flap Arc. 査読有り

    Takanari K, Nakamura Y, Uchibori T, Nakamura R, Ebisawa K, Kambe M, Urakawa H, Nishida Y, Kamei Y.

    Plast Reconstr Surg Glob Open.   9 巻 ( 7 ) 頁: 3525 - 3525   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Overexpression of KIAA1199, a novel strong hyaluronidase, is a poor prognostic factor in patients with osteosarcoma. 査読有り

    Ito K, Nishida Y, Ikuta K, Urakawa H, Koike H, Sakai T, Zhang J, Shimoyama Y, Imagama S.

    J Orthop Surg Res.   16 巻 ( 1 ) 頁: 439 - 439   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Establishment of in-hospital clinical network for patients with neurofibromatosis type 1 in Nagoya University Hospital. 査読有り

    Nishida Y, Ikuta K, Natsume A, Ishihara N, Morikawa M, Kidokoro H, Muramatsu Y, Nonobe N, Ishizuka K, Takeichi T, Kanbe M, Mizuno S, Imagama S, Ozaki N.

    Sci Rep.   11 巻 ( 1 ) 頁: 11933 - 11933   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-91345-6.

  23. The prognostic role of β-catenin mutations in desmoid-type fibromatosis undergoing resection only: a meta-analysis of individual patient data. 査読有り

    Milea J.M. Timbergen, Chiara Colombo, Michel Renckens, Hee Sung Kim, Joost van Rosmalen, Sébastien Salas, John T. Mullen, MD, Piergiuseppe Colombo, Yoshihiro Nishida, MD, Erik A.C. Wiemer, Cornelis Verhoef, Stefan Sleijfer, Alessandro Gronchi, Dirk J. Grünhagen

    Ann Surg.   273 巻 ( 6 ) 頁: 1094 - 1101   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/SLA.0000000000003698.

  24. Preoperative paraspinous muscle sarcopenia and physical performance as prognostic indicators in non-small-cell lung cancer. 査読有り

    Tanaka S, Ozeki N, Mizuno Y, Nakajima H, Hattori K, Inoue T, Nagaya M, Fukui T, Nakamura S, Goto M, Sugiyama T, Nishida Y, Chen-Yoshikawa TF.

    J Cachexia Sarcopenia Muscle.   12 巻 ( 3 ) 頁: 646 - 656   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/art.41786. 10.1002/jcsm.12691

  25. A comparison of the usefulness of nuclear beta-catenin in the diagnosis of demoid-type fibromatosis among commonly used anti-beta-catenin antibodies. 査読有り

    Yamada Y, Hirata M, Sakamoto A, Noguchi T, Ito K, Nishida Y, Matsuda S, Haga H

    Pathol Int.   71 巻 ( 6 ) 頁: 392 - 399   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pin.13096

  26. Short-range UV-LED irradiation in postmenopausal osteoporosis using ovariectomized mice. 査読有り

    Ochiai S, Nishida Y, Higuchi Y, Morita D, Makida K, Seki T, Ikuta K, Imagama S.

    Sci Rep.   11 巻 ( 1 ) 頁: 7875 - 7875   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. 巻頭言 希少疾患から学び、得られる診療の底力 査読有り

    西田 佳弘

    日本義肢協会誌   125 巻   頁: 1 - 1   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. 【骨・軟部腫瘍のマネジメント(その1)】診断 組織・遺伝子診断 デスモイド型線維腫症の病理組織診断におけるピットフォール CTNNB1遺伝子変異解析の有用性 査読有り

    酒井 智久, 西田 佳弘, 生田 国大, 小池 宏, 伊藤 鑑, 今釜 史郎

    別冊整形外科   ( 79 ) 頁: 55 - 57   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Sustained-release diclofenac conjugated to hyaluronate (diclofenac etalhyaluronate) for knee osteoarthritis: a randomized phase 2 study. 査読有り

    Nishida Y, Kano K, Nobuoka Y, Seo T.

    Rheumatology (Oxford)   60 巻 ( 3 ) 頁: 1435 - 1444   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/rheumatology/keaa605

    PubMed

  30. Open-label phase 3 study of diclofenac conjugated to hyaluronate (diclofenac etalhyaluronate: ONO-5704/SI-613) for treatment of osteoarthritis: 1-year follow-up. 査読有り

    Nishida Y, Kano K, Osato T, Seo T.

    BMC Musculoskelet Disord.   22 巻 ( 1 ) 頁: 233 - 233   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  31. Comprehensive molecular and clinicopathological profiling of desmoid tumours. 査読有り

    Kohsaka S, Hirata M, Ikegami M, Ueno T, Kojima S, Sakai T, Ito K, Naka N, Ogura K, Kawai A, Iwata S, Okuma T, Yonemoto T, Kobayashi H, Suehara Y, Hiraga H, Kawamoto T, Motoi T, Oda Y, Matsubara D, Matsuda K, Nishida Y, Mano H.

    Eur J Cancer.   145 巻   頁: 109 - 120   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語  

  32. Limitations and benefits of FDG-PET/CT in NF1 patients with nerve sheath tumors: A cross-sectional/longitudinal study. 査読有り

    Nishida Y, Ikuta K, Ito S, Urakawa H, Sakai T, Koike H, Ito K, Imagama S.

    Cancer Sci.   112 巻 ( 3 ) 頁: 1114 - 1122   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  33. 骨軟部 良性軟部腫瘍・デスモイド型線維腫症の診断・治療指針 査読有り

    西田 佳弘

    最新腫瘍文献とガイドラインでみる整形外科学レビュー2021-'22     頁: 239 - 244   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Bone fragility of a school child during COVID-19 査読有り

    Yoshihiro Nishida and Kunihiro Ikuta

    Nagoya J Med Sci.   83 巻 ( 1 ) 頁: 217 - 218   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  35. 腹壁原発C/C-rearranged sarcomaの1例 査読有り

    加藤 万結, 服部 浩佳, 川田 しお梨, 秋田 直洋, 関水 匡大, 小野 学, 二村 昌樹, 後藤 雅彦, 堀部 敬三, 生田 国大, 新井 英介, 西田 佳弘, 前田 尚子

    日本小児血液・がん学会雑誌   57 巻 ( 5 ) 頁: 414 - 414   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Phase II clinical trial of pazopanib for patients with unresectable or metastatic malignant peripheral nerve sheath tumors. 査読有り

    Yoshihiro Nishida, Hiroshi Urakawa, Robert Nakayama, Eisuke Kobayashi, Toshifumi Ozaki, Keisuke Ae, Yoshihiro Matsumoto, Hiroyuki Tsuchiya, Takahiro Goto, Hiroaki Hiraga, Norifumi Naka, Shunji Takahashi, Yuichi Ando, Masahiko Ando, Yachiyo Kuwatsuka, Shunsuke Hamada , Takafumi Ueda, Akira Kawai

    Int J Cancer   148 巻 ( 1 ) 頁: 140 - 149   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.33201

  37. Prognostic significance of the MDM2/HMGA2 ratio and histological tumor grade in dedifferentiated liposarcoma. 査読有り

    Yamashita K, Kohashi K, Yamada Y, Akatsuka S, Ikuta K, Nishida Y, Toyokuni S, Oda Y.

    Genes Chromosomes Cancer.   60 巻 ( 1 ) 頁: 26-37   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/gcc.22899.

    PubMed

  38. Characteristics of primary and repeated recurrent retroperitoneal liposarcoma: outcomes after aggressive surgeries at a single institution. 査読有り

    Kenta Ishii, Yukihiro Yokoyama, Yoshihiro Nishida, Suguru Yamada, Yasuhiro Kodera, Naoto Sassa, Momokazu Gotoh, Masato Nagino

    Jpn J Clin Oncol   50 巻 ( 12 ) 頁: 1412 - 1418   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyaa126.

  39. What Factors Are Associated with Treatment Outcomes of Japanese Patients with Clear Cell Chondrosarcoma? 査読有り

    Nakayama R, Hayakawa K, Kobayashi E, Endo M, Asano N, Yonemoto T, Kawashima H, Hamada K, Watanabe I, Futani H, Goto T, Nishida Y, Ozaki T.

    Clin Orthop Relat Res.   478 巻 ( 11 ) 頁: 2537 - 2547   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/CORR.0000000000001266.

  40. Desmoid with biweekly methotrexate and vinblastine shows similar effects to weekly administration: A phase II clinical trial. 査読有り

    Nishida Y, Hamada S, Urakawa H, Ikuta K, Sakai T, Koike H, Ito K, Emoto R, Ando Y, Matsui S.

    Cancer Sci.   111 巻 ( 11 ) 頁: 4187-4194   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14626.

    PubMed

  41. Effectiveness of doxorubicin-based and liposomal doxorubicin chemotherapies for patients with extra-abdominal desmoid-type fibromatosis: A systematic review. 査読有り

    Koki Shimizu, Hiroyuki Kawashima, Akira Kawai, Masahiro Yoshida, Yoshihiro Nishida

    Jpn J Clin Oncol.   50 巻 ( 11 ) 頁: 1274-1281   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyaa125

    PubMed

  42. Is mutation analysis of β-catenin useful for the diagnosis of desmoid-type fibromatosis? A systematic review. 査読有り

    Sakai T, Hamada S, Koike H, Shimizu K, Yoshida M, Nishida Y.

    Jpn J Clin Oncol   50 巻 ( 9 ) 頁: 1037 - 1042   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyaa080.

  43. Is tumour location a prognostic factor for pharmacological treatment in patients with desmoid-type fibromatosis? a systematic review. 査読有り

    Koike H, Hamada S, Sakai T, Shimizu K, Yoshida M, Nishida Y.

    Jpn J Clin Oncol.   50 巻 ( 9 ) 頁: 1032 - 1036   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyaa078.

  44. Short physical performance battery discriminates clinical outcomes in hospitalized patients aged 75 years and over. 査読有り

    Fujita K, Nakashima H, Kako M, Shibata A, Yu-Ting C, Tanaka S, Nishida Y, Kuzuya M.

    Arch Gerontol Geriatr.   90 巻   頁: 104155   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.archger.2020.104155.

  45. Phase II trial of pazopanib in patients with metastatic or unresectable chemoresistant sarcomas 査読有り

    Urakawa H, Kawai A, Goto T, Hiraga H, Ozaki T, Tsuchiya H, Nakayama R, Naka N, Matsumoto Y, Kobayashi E, Okuma T, Kunisada T, Ando M, Ueda T, Nishida Y.

    Cancer Sci.   111 巻 ( 9 ) 頁: 3303 - 3312   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14542.

  46. Forced Expression of KIAA1199, a Novel Hyaluronidase, Inhibits Tumorigenicity of Low-Grade Chondrosarcoma 査読有り

    Koike H , Nishida Y, Shinomura T, Zhuo L, Hamada S, Ikuta K, Ito K, Kimata K, Ushida T, Ishiguro N

    J Orthop Res.   38 巻 ( 9 ) 頁: 1942 - 1951   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jor.24629.

  47. 膝蓋骨および大腿四頭筋の広範欠損に対して大腿筋膜付き前外側大腿皮弁による機能的再建を行った1例 査読有り

    伊藤 弘幸, 高成 啓介, 中村 優, 蛯沢 克巳, 神戸 未来, 内堀 貴文, 宮永 亨, 新井 英介, 西田 佳弘, 亀井 讓

    日本形成外科学会会誌   40 巻 ( 9 ) 頁: 489-496   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Cardiac metastases from primary myxoid liposarcoma of the thigh: a case report. 査読有り

    Ikuta K, Sakai T, Koike H, Okada T, Imagama S, Nishida Y.

    World J Surg Oncol.   18 巻 ( 1 ) 頁: 227 - 227   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

  49. Risk Factors of Local Recurrence after Surgery in Extra-Abdominal Desmoid-Type Fibromatosis:A Multicenter Study in Japan. 査読有り

    Nishida Y, Hamada S, Kawai A, Kunisada T, Ogose A, Matsumoto Y, Ae K, Toguchida J, Ozaki T, Hirakawa A, Motoi T, Sakai T, Kobayashi E, Gokita T, Okamoto T, Matsunobu T, Shimizu K, Koike H.

    Cancer Sci.   111 巻 ( 8 ) 頁: 2935 - 2942   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14528.

  50. Low energy irradiation of narrow-range UV-LED prevents osteosarcopenia associated with vitamin D deficiency in senescence-accelerated mouse prone 6. 査読有り

    Kazuya Makida, Yoshihiro Nishida, Daigo Morita, Satoshi Ochiai, Yoshitoshi Higuchi, Taisuke Seki, Kunihiro Ikuta, Naoki Ishiguro

    Sci Rep.   10 巻 ( 1 ) 頁: 11892   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-68641-8.

  51. Functional evaluation following deltoid muscle resection in patients with soft tissue sarcoma 査読有り

    Hamada S, Nishida Y, Takanari K, Ota T, Urakawa H, Ikuta K, Sakai T, Tsukushi S, Kamei Y, Ishiguro N

    Jap J Clin Oncol.   50 巻 ( 7 ) 頁: 772 - 778   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyaa039.

  52. Clinical value of serum bone resorption markers for predicting clinical outcomes after use of bone modifying agents in metastatic bone tumors:A prospective cohort study. 査読有り

    Urakawa H,Ando Y,Hase T,Kikumori T,Arai E,Maeda O,Mitsuma A,Sugishita M,Shimokata T,Ikuta K,Ishiguro N,Nishida Y.

    Int J Cancer.   146 巻 ( 12 ) 頁: 3504 - 3515   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.32836.

  53. A case of retroperitoneal dedifferentiated liposarcoma successfully treated by neoadjuvant chemotherapy and subsequent surgery. 査読有り

    Yokoyama Y, Nishida Y, Ikuta K, Nagino M.

    Surg Case Rep.   6 巻 ( 1 ) 頁: 105 - 105   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  54. Definitive radiation therapy in patients with unresectable desmoid tumors: A systematic review. 査読有り

    Matsunobu T, Kunisada T, Ozaki T, Iwamoto Y, Yoshida M, Nishida Y

    Jpn J Clin Oncol   50 巻 ( 5 ) 頁: 568 - 573   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyaa007

  55. Usefulness of surgical treatment for asymptomatic patients with extra-peritoneal desmoid-type fibromatosis: A systematic review and meta-analysis. 査読有り

    Kito M, Ogose A, Yoshida M, Nishida Y

    Jpn J Clin Oncol   50 巻 ( 5 ) 頁: 574-580   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyaa009

  56. Thoracic dumbbell-shaped paraganglioma arising in extra-adrenal area: A case report and literature review. 査読有り

    Tsushima M, Imagama S, Ando K, Kobayashi K, Ito K, Matsumoto A, Nishida Y, Ishiguro N

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   25 巻 ( 3 ) 頁: 525 - 528   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2017.08.022

    PubMed

  57. How Many Steps Per Day are Necessary to Prevent Postoperative Complications Following Hepato-Pancreato-Biliary Surgeries for Malignancy? 査読有り

    Nakajima H, Yokoyama Y, Inoue T, Nagaya M, Mizuno Y, Kayamoto A, Nishida Y, Nagino M.

    Ann Surg Oncol   27 巻 ( 5 ) 頁: 1387 - 1397   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-020-08218-x

  58. 全身性強皮症および多発性筋炎のオーバーラップ症候群に合併したⅡ型呼吸不全に対して呼吸器リハビリテーション治療が有効であった1例 査読有り

    岡田 貴士, 門野 泉, 金野 鈴奈, 杉山 純也, 菱田 愛加, 西田 佳弘, 杉浦 英志

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   57 巻 ( 5 ) 頁: 468 - 473   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Clinical characteristics and surgical outcomes of retroperitoneal tumors: a comprehensive data collection from multiple departments. 査読有り

    Sassa N, Yokoyama Y, Nishida Y, Yamada S, Uchida H, Kajiyama H, Nagino M, Kodera Y, Gotoh M.

    Int J Clin Oncol   25 巻 ( 5 ) 頁: 929 - 936   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-020-01620-1.

  60. Efficacy of low dose chemotherapy with methotrexate and vinblastine for patients with extra-abdominal desmoid-type fibromatosis : A systematic review. 査読有り

    Shimizu K, Hamada S, Sakai T, Koike H, Yoshida M, Nishida Y

    Jpn J Clin Oncol   50 巻 ( 4 ) 頁: 419 - 424   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyz204.

  61. Genomics of MPNST (GeM) Consortium: Rationale and Study Design for Multi-Omic Characterization of NF1-Associated and Sporadic MPNSTs. 査読有り 国際共著

    Miller DT, Cortés-Ciriano I, Pillay N, Hirbe AC, Snuderl M, Bui MM, Piculell K, Al-Ibraheemi A, Dickson BC, Hart J, Jones K, Jordan JT, Kim RH, Lindsay D, Nishida Y, Ullrich NJ, Wang X, Park PJ, Flanagan AM.

    Genes (Basel).   11 巻 ( 4 ) 頁: e387   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/genes11040387

  62. 上腕骨近位部の骨表面に発生したグロムス腫瘍の1例 査読有り

    杉浦 喬也, 生田 国大, 新井 英介, 酒井 智久, 小池 宏, 西田 佳弘

    臨床整形外科   55 巻 ( 4 ) 頁: 385-388   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Preoperative six-minute walk distance as a predictor of postoperative complication in patients with esophageal cancer. 査読有り

    Inoue T, Ito S, Kanda M, Niwa Y, Nagaya M, Nishida Y, Hasegawa Y, Koike M, Kodera Y

    Diseases of the esophagus : official journal of the International Society for Diseases of the Esophagus   33 巻 ( 2 ) 頁: doz050 - doz050   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/dote/doz050

    PubMed

  64. Osteosarcoma in patients over 50 years of age: Multi-institutional retrospective analysis of 104 patients. 査読有り

    Nagano A, Matsumoto S, Kawai A, Okuma T, Hiraga H, Matsumoto Y, Nishida Y, Yonemoto T, Hosaka M, Takahashi M, Yoshikawa H, Kunisada T, Asanuma K, Naka N, Emori M, Kubo T, Kawashima H, Kawamoto T, Yokoyama R, Tsukushi S, Sato K, Okamoto T, Hiraoka K, Morioka H, Tanaka K, Takagi T, Iwamoto Y, Ozaki T

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   25 巻 ( 2 ) 頁: 319-323   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2019.04.008

    PubMed

  65. Effects of ultraviolet irradiation with a LED device on bone metabolism associated with vitamin D deficiency in senescence-accelerated mouse P6 査読有り

    Morita D, Higuchi Y, Makida K, Seki T, Ikuta K, Ishiguro N, Nishida Y

    Heliyon   6 巻 ( 2 ) 頁: e03499   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.heliyon.2020.e03499

  66. Targetable driver mutations in multicentric reticulohistiocytosis. 査読有り

    Murakami N, Sakai T, Arai E, Muramatsu H, Ichikawa D, Asai S, Shimoyama Y, Ishiguro N, Takahashi Y, Okuno Y, Nishida Y

    Haematologica   105 巻 ( 2 ) 頁: e61-e64   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3324/haematol.2019.218735

    PubMed

  67. The management of desmoid tumours: A joint global consensus-based guideline approach for adult and paediatric patients. 査読有り

    Desmoid Tumor Working Group. (Alman B, Nishida Y, et al)

    Eur J Cancer.   127 巻   頁: 96-107   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejca.2019.11.013

  68. The role of chemotherapy and radiotherapy in localized extraskeletal osteosarcoma. 査読有り

    Heng M, Gupta A, Chung PW, Healey JH, Vaynrub M, Rose PS, Houdek MT, Lin PP, Bishop AJ, Hornicek FJ, Chen YL, Lozano-Calderon S, Holt GE, Han I, Biau D, Niu X, Bernthal NM, Ferguson PC, Wunder JS; Japanese Musculoskeletal Oncology Group (JMOG, Nishida Y included); Soft Tissue Osteosarcoma International Collaborative (STOIC).

    Eur J Cancer.   125 巻   頁: 130-141   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejca.2019.07.029.

  69. Massively parallel sequencing of tenosynovial giant cell tumors reveals novel CSF1 fusion transcripts and novel somatic CBL mutations. 査読有り

    Tsuda Y, Hirata M, Katayama K, Motoi T, Matsubara D, Oda Y, Fujita M, Kobayashi H, Kawano H, Nishida Y, Sakai T, Okuma T, Goto T, Ogura K, Kawai A, Ae K, Anazawa U, Suehara Y, Iwata S, Miyano S, Imoto S, Shibata T, Nakagawa H, Yamaguchi R, Tanaka S, Matsuda K

    International journal of cancer   145 巻 ( 12 ) 頁: 3276 - 3284   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.32421

    PubMed

  70. Integrated Exome and RNA Sequencing of Dedifferentiated Liposarcoma. 査読有り

    Makoto Hirata, Naofumi Asano, Kotoe Katayama, Akihiko Yoshida, Yusuke Tsuda, Masaya Sekimizu, Sachiyo Mitani, Eisuke Kobayashi, Motokiyo Komiyama, Hiroyuki Fujimoto, Takahiro Goto, Yukihide Iwamoto, Norifumi Naka, Shintaro Iwata, Yoshihiro Nishida, Toru Hiruma, Hiroaki Hiraga, Hirotaka Kawano, Toru Motoi, Yoshinao Oda, Daisuke Matsubara, Masashi Fujita, Tatsuhiro Shibata, Hidewaki Nakagawa, Robert Nakayama, Tadashi Kondo, Seiya Imoto, Satoru Miyano, Akira Kawai, Rui Yamaguchi, Hitoshi Ichikawa, and Koichi Matsuda

    Nat Commun   10 巻 ( 1 ) 頁: 5683   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-019-13286-z.

  71. Clinical Frailty Scale Score Before ICU Admission Is Associated With Mobility Disability in Septic Patients Receiving Early Rehabilitation. 査読有り

    Nakajima H, Nishikimi M, Shimizu M, Hayashi K, Inoue T, Nishida K, Takahashi K, Matsui S, Nishida Y, Matsuda N.

    Crit Care Explor.   1 巻 ( 12 ) 頁: e0066   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/CCE.0000000000000066.

  72. MRI characteristics predict the efficacy of meloxicam treatment in patients with desmoid-type fibromatosis 査読有り

    Shimizu Koki, Hamada Shunsuke, Sakai Tomohisa, Ito Shinji, Urakawa Hiroshi, Arai Eisuke, Ikuta Kunihiro, Koike Hiroshi, Ishiguro Naoki, Nishida Yoshihiro

    JOURNAL OF MEDICAL IMAGING AND RADIATION ONCOLOGY   63 巻 ( 6 ) 頁: 751-757   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1754-9485.12940

    Web of Science

    PubMed

  73. Clinical Features of Thoracic Myelopathy: A Single-Center Study. 査読有り

    Ando K, Imagama S, Kobayashi K, Ito K, Tsushima M, Morozumi M, Tanaka S, Machino M, Ota K, Nakashima H, Nishida Y, Ishiguro N.

    J Am Acad Orthop Surg Glob Res Rev.   3 巻 ( 11 ) 頁: -   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5435/JAAOSGlobal-D-18-00090

  74. Clinical features and treatment outcome of desmoid-type fibromatosis: based on a bone and soft tissue tumor registry in Japan. 査読有り

    Nishida Y, Kawai A, Toguchida J, Ogose A, Ae K, Kunisada T, Matsumoto Y, Matsunobu T, Takahashi K, Nishida K, Ozaki T

    International journal of clinical oncology   24 巻 ( 11 ) 頁: 1498-0505   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-019-01512-z

    PubMed

  75. Pazopanib for progressive desmoid tumours: children, persistant effects, and cost. 査読有り

    Nishida Y, Sakai T, Koike H, Ito K.

    Lancet Oncol.   20 巻 ( 10 ) 頁: e555   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S1470-2045(19)30543-1.

  76. The clinical outcome of eribulin treatment in Japanese patients with advanced soft tissue sarcoma: a Tokai Musculoskeletal Oncology Consortium study 査読有り

    Nakamura Tomoki, Tsukushi Satoshi, Asanuma Kunihiro, Katagiri Hirohisa, Ikuta Kunihiro, Nagano Akihito, Kozawa Eiji, Yamada Satoshi, Shido Yoji, Yamada Kenji, Kawanami Katsuhisa, Ishimura Daisuke, Sudo Akihiro, Nishida Yoshihiro

    CLINICAL & EXPERIMENTAL METASTASIS   36 巻 ( 4 ) 頁: 343-350   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10585-019-09980-3

    Web of Science

    PubMed

  77. Treatment of tenosynovial giant-cell tumour types. 査読有り

    Nishida Y, Ikuta K

    The Lancet. Oncology   20 巻 ( 8 ) 頁: e399   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S1470-2045(19)30398-5

    PubMed

  78. Cilostazol use is associated with FIM cognitive improvement during convalescent rehabilitation in patients with ischemic stroke: a retrospective study. 査読有り

    Senda J, Ito K, Kotake T, Kanamori M, Kishimoto H, Kadono I, Nakagawa-Senda H, Wakai K, Katsuno M, Nishida Y, Ishiguro N, Sobue G.

    Nagoya J Med Sci.   81 巻 ( 3 ) 頁: 359-373   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.81.3.359.

  79. Frequent mutations of genes encoding vacuolar H+ -ATPase components in granular cell tumors. 査読有り

    Sekimizu M, Yoshida A, Mitani S, Asano N, Hirata M, Kubo T, Yamazaki F, Sakamoto H, Kato M, Makise N, Mori T, Yamazaki N, Sekine S, Oda I, Watanabe SI, Hiraga H, Yonemoto T, Kawamoto T, Naka N, Funauchi Y, Nishida Y, Honoki K, Kawano H, Tsuchiya H, Kunisada T, Matsuda K, Inagaki K, Kawai A, Ichikawa H.

    Genes Chromosomes Cancer.   58 巻 ( 6 ) 頁: 373-380   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/gcc.22727.

  80. Roles of hyaluronan in cardiovascular and nervous system disorders 査読有り

    Ding Hong-yan, Xie Ya-nan, Dong Qiang, Kimata Koji, Nishida Yoshihiro, Ishiguro Naoki, Zhuo Li-sheng

    JOURNAL OF ZHEJIANG UNIVERSITY-SCIENCE B   20 巻 ( 5 ) 頁: 428-436   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1631/jzus.B1900155

    Web of Science

    PubMed

  81. A randomized phase III trial of denosumab before curettage for giant cell tumor of bone: Japan Clinical Oncology Group Study JCOG1610. 査読有り

    Urakawa H, Mizusawa J, Tanaka K, Eba J, Hiraga H, Kawai A, Nishida Y, Hosaka M, Iwamoto Y, Fukuda H, Ozaki T.

    Jpn J Clin Oncol.   49 巻 ( 4 ) 頁: 379-382   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyz004.

  82. Fusion surgery with instrumentation following carbon ion radiotherapy for primary lumbar tumors: A case series. 査読有り

    Ando K, Kobayashi K, Machino M, Ota K, Morozumi M, Tanaka S, Imai R, Nishida Y, Ishiguro N, Imagama S.

    J Clin Neurosci.   62 巻   頁: 264-268   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jocn.2019.01.001.

  83. Successful treatment of a recurrent chest wall desmoid tumor with cyclooxygenase-2 inhibitors. 査読有り

    Kaiho T, Nakajima T, Nishida Y, Yoshino I.

    J Thorac Cardiovasc Surg.   157 巻 ( 3 ) 頁: e195-e197.   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtcvs.2018.10.106.

  84. Randomized placebo-controlled double-blind phase II study of zaltoprofen for patients with diffuse-type and unresectable localized tenosynovial giant cell tumors: a study protocol. 査読有り

    Takeuchi A, Nomura A, Yamamoto N, Hayashi K, Igarashi K, Tandai S, Kawai A, Matsumine A, Miwa S, Nishida Y, Nakamura T, Terauchi R, Hoshi M, Kunisada T, Endo M, Yoshimura K, Murayama T, Tsuchiya H.

    BMC Musculoskelet Disord.   20 巻 ( 1 ) 頁: 68   2019年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12891-019-2453-z.

  85. Is immunohistochemical staining for β-catenin the definitive pathological diagnostic tool for desmoid-type fibromatosis?: a multi-institutional study. 査読有り

    Koike H, Nishida Y, Kohno K, Shimoyama Y, Motoi T, Hamada S, Kawai A, Ogose A, Ozaki T, Kunisada T, Matsumoto Y, Matsunobu T, Ae K, Gokita T, Sakai T, Shimizu K, Ishiguro N.

    Hum Pathol.   84 巻   頁: 155-163   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.humpath.2018.09.018.

  86. Wave Change of Intraoperative Transcranial Motor-Evoked Potentials During Corrective Fusion for Syndromic and Neuromuscular Scoliosis. 査読有り

    Ando K, Kobayashi K, Ito K, Tsushima M, Morozumi M, Tanaka S, Machino M, Ota K, Nishida Y, Ishiguro N, Imagama S.

    Oper Neurosurg (Hagerstown).   16 巻 ( 10 ) 頁: 53-58   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ons/opy045.

  87. Clinical Benefit of Preoperative Exercise and Nutritional Therapy for Patients Undergoing Hepato-Pancreato-Biliary Surgeries for Malignancy. 査読有り

    Nakajima H, Yokoyama Y, Inoue T, Nagaya M, Mizuno Y, Kadono I, Nishiwaki K, Nishida Y, Nagino M.

    Ann Surg Oncol.   26 巻 ( 10 ) 頁: 264-272   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-018-6943-2.

  88. RareとCommon:面白いのは何か?

    西田 佳弘

    整形・災害外科   62 巻 ( 1 ) 頁: 1   2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. 画像診断と病理 骨芽細胞腫

    駒田 智大, 岩野 信吾, 長縄 慎二, 新井 英介, 西田 佳弘, 下山 芳江

    画像診断   39 巻 ( 1 ) 頁: 4-5   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  90. 【骨軟部腫瘍】AYA世代における骨軟部肉腫診療

    西田 佳弘

    Clinician クリニシアン   65 巻 ( 669 ) 頁: 1041-1047   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Feasibility and effects of a self-assembling peptide as a scaffold in bone healing: An in vivo study in rabbit lumbar posterolateral fusion and tibial intramedullary models. 査読有り

    Ando K, Imagama S, Kobayashi K, Ito K, Tsushima M, Morozumi M, Tanaka S, Machino M, Ota K, Nishida K, Nishida Y, Ishiguro N.

    J Orthop Res.   36 巻 ( 12 ) 頁: 3285-3293   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jor.24109.

  92. Post-operative regression of retro-odontoid pseudotumors treated with and without fusion. 査読有り

    Kobayashi K, Imagama S, Ando K, Nishida Y, Ishiguro N.

    Eur Spine J.   27 巻 ( 12 ) 頁: 3105-3112   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-018-5573-5.

  93. Postoperative Complications Associated With Spine Surgery in Patients Older Than 90 Years: A Multicenter Retrospective Study. 査読有り

    Kobayashi K, Imagama S, Sato K, Kato F, Kanemura T, Yoshihara H, Sakai Y, Shinjo R, Hachiya Y, Osawa Y, Matsubara Y, Ando K, Nishida Y, Ishiguro N.

    Global Spine J.   8 巻 ( 8 ) 頁: 887-891   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/2192568218767430.

  94. Successful treatment of a recurrent chest wall desmoid tumor with cyclooxygenase-2 inhibitors. 査読有り

    Kaiho T, Nakajima T, Nishida Y, Yoshino I.

    J Thorac Cardiovasc Surg.   ( 18 ) 頁: 32881-2   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtcvs.2018.10.106

  95. Serum cystatin C level is associated with locomotive syndrome risk and can be an early predictor in community-living people: The Yakumo study. 査読有り

    Tanaka S, Ando K, Kobayashi K, Hida T, Ito K, Tsushima M, Morozumi M, Machino M, Ota K, Seki T, Suzuki K, Nishida Y, Ishiguro N, Hasegawa Y, Imagama S

    Modern rheumatology   28 巻 ( 6 ) 頁: 1035-1040   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/14397595.2018.1441675

    PubMed

  96. Atypical vertebral column fracture at the middle of fused area after instrumented posterior decompression and fusion surgery for beak type thoracic ossification of the posterior longitudinal ligament. 査読有り

    Imagama S, Ando K, Kobayashi K, Hida T, Ito K, Tsushima M, Ishikawa Y, Matsumoto A, Nishida Y, Ishiguro N.

    J Orthop Sci.   23 巻 ( 6 ) 頁: 1100-1104   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2016.09.015.

  97. Impact of variation in physical activity after total joint replacement. 査読有り

    Hayashi K, Kako M, Suzuki K, Takagi Y, Terai C, Yasuda S, Kadono I, Seki T, Hiraiwa H, Ushida T, Nishida Y.

    J Pain Res.   11 巻   頁: 2399-2406   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/JPR.S178853.

  98. Carbon ion radiotherapy for unresectable localized axial soft tissue sarcoma. 査読有り

    Imai R, Kamada T, Araki N; and the Working Group for Carbon Ion Radiotherapy for Bone and Soft Tissue Sarcomas.

    Cancer Med.   7 巻 ( 9 ) 頁: 4308-4314   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cam4.1679.

  99. What Is the Success of Repeat Surgical Treatment of a Local Recurrence After Initial Wide Resection of Soft Tissue Sarcomas? 査読有り

    Sugiura H, Tsukushi S, Yoshida M, Nishida Y.

    Clin Orthop Relat Res.   476 巻 ( 9 ) 頁: 1791-1800   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11999.0000000000000158.

  100. 軟骨無形成症に起因する脊柱管狭窄症に対して手術とリハビリテーションを行った1例

    菱田 愛加, 門野 泉, 岡田 貴士, 今釜 史郎, 西田 佳弘

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61 巻 ( 5 ) 頁: 963-964   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. 脚長差に伴う機能性側彎の特徴

    三島 健一, 鬼頭 浩史, 松下 雅樹, 門野 泉, 長田 侃, 西田 佳弘, 石黒 直樹

    日本小児整形外科学会雑誌   27 巻 ( 1 ) 頁: 105-109   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Clinical outcome of primary giant cell tumor of bone after curettage with or without perioperative denosumab in Japan: from a questionnaire for JCOG 1610 study. 査読有り

    Urakawa H, Yonemoto T, Matsumoto S, Takagi T, Asanuma K, Watanuki M, Takemoto A, Naka N, Matsumoto Y, Kawai A, Kunisada T, Kubo T, Emori M, Hiraga H, Hatano H, Tsukushi S, Nishida Y, Akisue T, Morii T, Takahashi M, Nagano A, Yoshikawa H, Sato K, Kawano M, Hiraoka K, Tanaka K, Iwamoto Y, Ozaki T.

    World J Surg Oncol.   16 巻 ( 1 ) 頁: 160   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12957-018-1459-6.

  103. Post-operative delayed ambulation after thymectomy is associated withpre-operative six-minute walk distance.

    Hayashi K, Fukumoto K, Yokoi K, Nagaya M, Inoue T, Ito S, Nakajima H, Hattori K, Kadono I, Nishida Y

    Disability and rehabilitation   40 巻 ( 16 ) 頁: 1900-1905.   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/09638288.2017.1315182

    PubMed

  104. Epidemiological trends in spine surgery over 10 years in a multicenter database. 査読有り

    Kobayashi K, Ando K, Nishida Y, Ishiguro N, Imagama S.

    Eur Spine J.   27 巻 ( 8 ) 頁: 1698-1703   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-018-5513-4.

  105. <Editors' Choice> Effect of postoperative doxorubicin administration on ischemic wound healing. 査読有り

    Morishita T, Toriyama K, Takanari K, Yagi S, Ebisawa K, Hishida M, Narita Y, Osaga S, Nishida Y, Kamei Y.

    Nagoya J Med Sci.   80 巻 ( 3 ) 頁: 357-366   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.80.3.357.

  106. Preoperative 6-Minute Walk Distance Is Associated With Postoperative Cognitive Dysfunction. 査読有り

    Hayashi K, Oshima H, Shimizu M, Kobayashi K, Matsui S, Nishida Y, Usui A.

    Ann Thorac Surg.   106 巻 ( 2 ) 頁: 505-512   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2018.03.010.

  107. Reoperation within 2 years after lumbar interbody fusion: a multicenter study. 査読有り

    Kobayashi K, Ando K, Kato F, Kanemura T, Sato K, Hachiya Y, Matsubara Y, Kamiya M, Sakai Y, Yagi H, Shinjo R, Nishida Y, Ishiguro N, Imagama S.

    Eur Spine J.   27 巻 ( 8 ) 頁: 1972-1980   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-018-5508-1.

  108. Surgical intervention for a pediatric isolated intramedullary spinal aneurysm. 査読有り

    Morozumi M, Imagama S, Ando K, Kobayashi K, Hida T, Ito K, Tsushima M, Matsumoto A, Tanaka S, Machino M, Ota K, Nishida Y, Ishiguro N

    Eur Spine J.   27 巻 ( Suppl 3 ) 頁: 342-346.   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-017-5256-7

    PubMed

  109. Surgical outcomes of spinal cord and cauda equina ependymoma: Postoperative motor status and recurrence for each WHO grade in a multicenter study. 査読有り

    Kobayashi K, Ando K, Kato F, Kanemura T, Sato K, Kamiya M, Nishida Y, Ishiguro N, Imagama S.

    J Orthop Sci.   23 巻 ( 4 ) 頁: 614-621   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2018.03.004.

  110. 前医切除後に受診した悪性末梢神経鞘腫瘍の臨床的特徴

    生田国大, 西田佳弘, 筑紫聡, 浦川浩, 新井英介, 濵田俊介, 大田剛広, 石黒直樹

    日本レックリングハウゼン病学会雑誌   9 巻 ( 1 ) 頁: 34   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. The Feature of Clinical and Radiographic Outcomes in Elderly Patients with Cervical Spondylotic Myelopathy: A Prospective Cohort Study on 1025 Patients. 査読有り

    Machino M, Imagama S, Ando K, Kobayashi K, Ito K, Tsushima M, Matsumoto A, Morozumi M, Tanaka S, Ito K, Kato F, Nishida Y, Ishiguro N.

    Spine.   43 巻 ( 12 ) 頁: 817-823   2018年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000002446.

  112. Suppression of hyaluronan synthesis attenuates the tumorigenicity of low grade chondrosarcoma. 査読有り

    Hamada S, Nishida Y, Zhuo L, Shinomura T, Ikuta K, Arai E, Koike H, Kimata K, Ushida T, Ishiguro N.

    J Orthop Res.   36 巻 ( 6 ) 頁: 1573-1580   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jor.23794.

  113. Predictors of complications in heat-treated autograft reconstruction after intercalary resection for malignant musculoskeletal tumors of the extremity. 査読有り

    Ikuta K, Nishida Y, Sugiura H, Tsukushi S, Yamada K, Urakawa H, Arai E, Hamada S, Ishiguro N.

    J Surg Oncol.   117 巻 ( 7 ) 頁: 1469-1478   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jso.25028.

  114. Perioperative Management of Patients with Hemophilia during Spinal Surgery. 査読有り

    Kobayashi K, Imagama S, Ando K, Ito K, Tsushima M, Morozumi M, Tanaka S, Machino M, Ota K, Nishida Y, Ishiguro N.

    Asian Spine J.   12 巻 ( 3 ) 頁: 442-445   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4184/asj.2018.12.3.442.

  115. Efficacy of Conical Laminoplasty After Thoracic Laminectomy. 査読有り

    Kobayashi K, Imagama S, Ando K, Nishida Y, Ishiguro N

    Clinical spine surgery   31 巻 ( 4 ) 頁: 156-161   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BSD.0000000000000560

    PubMed

  116. Self-efficacy is an independent predictor for postoperative six-minute walk distance after elective open repair of abdominal aortic aneurysm 査読有り

    Hayashi Kazuhiro, Kobayashi Kiyonori, Shimizu Miho, Tsuchikawa Yohei, Kodama Akio, Komori Kimihiro, Nishida Yoshihiro

    Disability and rehabilitation   40 巻 ( 10 ) 頁: 1114-1118   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/09638288.2017.1287962

    Web of Science

    PubMed

  117. Long-term functional outcome of tibial osteomyelitis reconstruction with free tissue transfer. 査読有り

    Takanari K, Toriyama K, Kambe M, Nakamura R, Nakamura Y, Sato H, Ebisawa K, Tsukushi S, Nishida Y, Kamei Y

    Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS   71 巻 ( 5 ) 頁: 758-760   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bjps.2017.11.021

    PubMed

  118. Analysis of the Infiltrative Features of Chordoma: The Relationship Between Micro-Skip Metastasis and Postoperative Outcomes 査読有り

    Akiyama Toru, Ogura Koichi, Gokita Tabu, Tsukushi Satoshi, Iwata Shintaro, Nakamura Tomoki, Matsumine Akihiko, Yonemoto Tsukasa, Nishida Yoshihiro, Saita Kazuo, Kawai Akira, Matsumoto Seiichi, Yamaguchi Takehiko

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   25 巻 ( 4 ) 頁: 912-919   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-017-6268-6

    Web of Science

    PubMed

  119. Osteogenic differentiation in dedifferentiated liposarcoma: a study of 36 cases in comparison to the cases without ossification 査読有り

    Yamashita Kyoko, Kohashi Kenichi, Yamada Yuichi, Ishii Takeaki, Nishida Yoshihiro, Urakawa Hiroshi, Ito Ichiro, Takahashi Mitsuru, Inoue Takeshi, Ito Masafumi, Ohara Yuuki, Oda Yoshinao, Toyokuni Shinya

    HISTOPATHOLOGY   72 巻 ( 5 ) 頁: 729-738   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/his.13421

    Web of Science

    PubMed

  120. 【運動器画像診療の最前線】部位別・疾患別画像診療の最前線 軟部腫瘍の画像診療

    生田 国大, 西田 佳弘

    関節外科   37 巻   頁: 144-152   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  121. Post-operative regression of retro-odontoid pseudotumors treated with and without fusion. 査読有り

    Kobayashi K, Imagama S, Ando K, Nishida Y, Ishiguro N

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society     2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-018-5573-5

    PubMed

  122. Surgical outcomes of spinal cord and cauda equina ependymoma: Postoperative motor status and recurrence for each WHO grade in a multicenter study. 査読有り

    Kobayashi K, Ando K, Kato F, Kanemura T, Sato K, Kamiya M, Nishida Y, Ishiguro N, Imagama S

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association     2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2018.03.004

    PubMed

  123. Wave Change of Intraoperative Transcranial Motor-Evoked Potentials During Corrective Fusion for Syndromic and Neuromuscular Scoliosis. 査読有り

    Ando K, Kobayashi K, Ito K, Tsushima M, Morozumi M, Tanaka S, Machino M, Ota K, Nishida Y, Ishiguro N, Imagama S

    Operative neurosurgery (Hagerstown, Md.)     2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ons/opy045

    PubMed

  124. Single metastasis of myxoid liposarcoma from the thigh to thyroid gland: a case report 査読有り

    Urakawa Hiroshi, Nakanishi Kenichi, Arai Eisuke, Ikuta Kunihiro, Hamada Shunsuke, Ota Takehiro, Ishiguro Naoki, Nishida Yoshihiro

    WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY   16 巻 ( 1 ) 頁: 71   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12957-018-1370-1

    Web of Science

    PubMed

  125. Image Diagnostic Classification of Magnetic Resonance T2 Increased Signal Intensity in Cervical Spondylotic Myelopathy: Clinical Evaluation Using Quantitative and Objective Assessment. 査読有り

    Machino M, Imagama S, Ando K, Kobayashi K, Ito K, Tsushima M, Matsumoto A, Morozumi M, Tanaka S, Ito K, Kato F, Nishida Y, Ishiguro N

    Spine   43 巻 ( 6 ) 頁: 420-426   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000002328

    PubMed

  126. Predictors of complications in heat-treated autograft reconstruction after intercalary resection for malignant musculoskeletal tumors of the extremity. 査読有り

    Ikuta K, Nishida Y, Sugiura H, Tsukushi S, Yamada K, Urakawa H, Arai E, Hamada S, Ishiguro N

    Journal of surgical oncology     2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jso.25028

    PubMed

  127. Multicentric reticulohistiocytosis misdiagnosed as tenosynovial giant cell tumour 査読有り

    Nishida Yoshihiro, Asai Shuji, Arai Eisuke

    RHEUMATOLOGY   57 巻 ( 3 ) 頁: 461-461   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/rheumatology/kex312

    Web of Science

    PubMed

  128. Sarcopenia and physical function are associated with inflammation and arteriosclerosis in community-dwelling people: The Yakumo study 査読有り

    Hida Tetsuro, Imagama Shiro, Ando Kei, Kobayashi Kazuyoshi, Muramoto Akio, Ito Kenyu, Ishikawa Yoshimoto, Tsushima Mikito, Nishida Yoshihiro, Ishiguro Naoki, Hasegawa Yukiharu

    Modern rheumatology   28 巻 ( 2 ) 頁: 345-350   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/14397595.2017.1349058

    Web of Science

    PubMed

  129. 当院における小児肝移植患者に対する呼吸リハビリテーションの現状

    水野 陽太, 井上 貴行, 高木 優衣, 服部 慶子, 門野 泉, 西田 佳弘, 小倉 靖弘, 永谷 元基, 伊藤 理

    国立大学リハビリテーション療法士学術大会誌39回   - 巻 ( - ) 頁: 122-126   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  130. 軟部悪性腫瘍広範切除に伴い肩甲骨の大部分を切除した症例に対して復職を目的にアクティビティを用いた介入の報告

    富田 紗依子, 吉田 彬人, 新井 英介, 安田 尚太郎, 西川 貴久子, 松井 泰行, 杉浦 英志, 西田 佳弘

    国立大学リハビリテーション療法士学術大会誌39回   - 巻 ( - ) 頁: 30-35   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  131. Epidemiological trends in spine surgery over 10 years in a multicenter database. 査読有り

        2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-018-5513-4

    PubMed

  132. Reoperation within 2 years after lumbar interbody fusion: a multicenter study. 査読有り

        2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-018-5508-1

    PubMed

  133. Preoperative six-minute walk distance is associated with pneumonia after lung resection 査読有り

    Hattori Keiko, Matsuda Toshiaki, Takagi Yui, Nagaya Motoki, Inoue Takayuki, Nishida Yoshihiro, Hasegawa Yoshinori, Kawaguchi Koji, Fukui Takayuki, Ozeki Naoki, Yokoi Kohei, Ito Satoru

    INTERACTIVE CARDIOVASCULAR AND THORACIC SURGERY   26 巻 ( 2 ) 頁: 277-283   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/icvts/ivx310

    Web of Science

    PubMed

  134. Surgical outcomes of decompressive laminoplasty with spinous process osteotomy to treat lumbar spinal stenosis

    Kanbara Shunsuke, Urasaki Testuya, Tomita Hiroyuki, Ando Kei, Kobayashi Kazuyoshi, Ito Kenyu, Tsushima Mikito, Matsumoto Akiyuki, Morozumi Masayoshi, Tanaka Satoshi, Ota Kyotaro, Machino Masaaki, Ito Sadayuki, Nishida Yoshihiro, Ishiguro Naoki, Imagama Shiro

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   80 巻 ( 1 ) 頁: 1-9   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.80.1.1

    Web of Science

    PubMed

  135. A genome-wide association study in the Japanese population identifies the 12q24 locus for habitual coffee consumption: The J-MICC Study 査読有り

    Nakagawa-Senda Hiroko, Hachiya Tsuyoshi, Shimizu Atsushi, Hosono Satoyo, Oze Isao, Watanabe Miki, Matsuo Keitaro, Ito Hidemi, Hara Megumi, Nishida Yuichiro, Endoh Kaori, Kuriki Kiyonori, Katsuura-Kamano Sakurako, Arisawa Kokichi, Nindita Yora, Ibusuki Rie, Suzuki Sadao, Hosono Akihiro, Mikami Haruo, Nakamura Yohko, Takashima Naoyuki, Nakamura Yasuyuki, Kuriyama Nagato, Ozaki Etsuko, Furusyo Norihiro, Ikezaki Hiroaki, Nakatochi Masahiro, Sasakabe Tae, Kawai Sayo, Okada Rieko, Hishida Asahi, Naito Mariko, Wakai Kenji, Momozawa Yukihide, Kubo Michiaki, Tanaka Hideo

    SCIENTIFIC REPORTS   8 巻   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-19914-w

    Web of Science

  136. Effects of a self-assembling peptide as a scaffold on bone formation in a defect 査読有り

    Ando Kei, Imagama Shiro, Kobayashi Kazuyoshi, Ito Kenyu, Tsushima Mikito, Morozumi Masayoshi, Tanaka Satoshi, Machino Masaaki, Ota Kyotaro, Nishida Koji, Nishida Yoshihiro, Ishiguro Naoki

    PLOS ONE   13 巻 ( 1 ) 頁: e0190833   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0190833

    Web of Science

    PubMed

  137. Factors for a Good Surgical Outcome in Posterior Decompression and Dekyphotic Corrective Fusion with Instrumentation for Thoracic Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament: Prospective Single-Center Study. 査読有り

    Imagama S, Ando K, Kobayashi K, Hida T, Ito K, Tsushima M, Ishikawa Y, Matsumoto A, Morozumi M, Tanaka S, Machino M, Ota K, Nakashima H, Nishida Y, Matsuyama Y, Ishiguro N

    Operative neurosurgery (Hagerstown, Md.)   13 巻 ( 6 ) 頁: 661-669   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ons/opx043

    PubMed

  138. Analysis of falls that caused serious events in hospitalized patients 査読有り

    Kobayashi Kazuyoshi, Imagama Shiro, Ando Kei, Inagaki Yuko, Suzuki Yusuke, Nishida Yoshihiro, Nagao Yoshimasa, Ishiguro Naoki

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   17 巻 ( 12 ) 頁: 2403-2406   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ggi.13085

    Web of Science

    PubMed

  139. Efficacy of Early Fusion With Local Bone Graft and Platelet-Rich Plasma in Lumbar Spinal Fusion Surgery Followed Over 10 Years. 査読有り

    Imagama S, Ando K, Kobayashi K, Ishikawa Y, Nakamura H, Hida T, Ito K, Tsushima M, Matsumoto A, Morozumi M, Tanaka S, Machino M, Ota K, Nakashima H, Takamatsu J, Matsushita T, Nishida Y, Ishiguro N, Matsuyama Y

    Global spine journal   7 巻 ( 8 ) 頁: 749-755   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/2192568217696690

    PubMed

  140. Suppression of hyaluronan synthesis attenuates the tumorigenicity of low-grade chondrosarcoma. 査読有り

    Hamada S, Nishida Y, Zhuo L, Shinomura T, Ikuta K, Arai E, Koike H, Kimata K, Ushida T, Ishiguro N

    Journal of orthopaedic research : official publication of the Orthopaedic Research Society     2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jor.23794

    PubMed

  141. Acute non-traumatic idiopathic spinal subdural hematoma: radiographic findings and surgical results with a literature review 査読有り

    Kobayashi Kazuyoshi, Imagama Shiro, Ando Kei, Nishida Yoshihiro, Ishiguro Naoki

    EUROPEAN SPINE JOURNAL   26 巻 ( 11 ) 頁: 2739-2743   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-017-5013-y

    Web of Science

    PubMed

  142. Independent association of joint space narrowing, cyst formation and health-related quality of life of patients with hip osteoarthritis in Japan 査読有り

    Takegami Yasuhiko, Seki Taisuke, Higuchi Yoshitoshi, Komatsu Daigo, Nishida Yoshihiro, Ishiguro Naoki

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   22 巻 ( 6 ) 頁: 1096-1101   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2017.08.014

    Web of Science

    PubMed

  143. Intrawound Vancomycin powder as the prophylaxis of surgical site infection after invasive spine surgery with a high risk of infection 査読有り

    Hida Tetsuro, Ando Kei, Kobayashi Kazuyoshi, Ito Kenyu, Tsushima Mikito, Matsumoto Akiyuki, Morozumi Masayoshi, Tanaka Satoshi, Machino Masaaki, Ota Kyotaro, Kanbara Shunsuke, Ito Sadayuki, Nishida Yoshihiro, Ishiguro Naoki, Imagama Shiro

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   79 巻 ( 4 ) 頁: 545-550   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.79.4.545

    Web of Science

    PubMed

  144. The Feature of Clinical and Radiographic Outcomes in Elderly Patients with Cervical Spondylotic Myelopathy: A Prospective Cohort Study on 1025 Patients. 査読有り

    Machino M, Imagama S, Ando K, Kobayashi K, Ito K, Tsushima M, Matsumoto A, Morozumi M, Tanaka S, Ito K, Kato F, Nishida Y, Ishiguro N

    Spine     2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000002446

    PubMed

  145. Intravenous immunoglobulin for maintenance treatment of chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy: a multicentre, open-label, 52-week phase III trial 査読有り

    Kuwabara Satoshi, Mori Masahiro, Misawa Sonoko, Suzuki Miki, Nishiyama Kazutoshi, Mutoh Tatsuro, Doi Shizuki, Kokubun Norito, Kamijo Mikiko, Yoshikawa Hiroo, Abe Koji, Nishida Yoshihiko, Okada Kazumasa, Sekiguchi Kenji, Sakamoto Ko, Kusunoki Susumu, Sobue Gen, Kaji Ryuji

    JOURNAL OF NEUROLOGY NEUROSURGERY AND PSYCHIATRY   88 巻 ( 10 ) 頁: 832-838   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/jnnp-2017-316427

    Web of Science

  146. Factors associated with the decision of operative procedure for proximal femoral bone metastasis: Questionnaire survey to institutions participating the Bone and Soft Tissue Tumor Study Group of the Japan Clinical Oncology Group 査読有り

    Araki Nobuhito, Chuman Hirokazu, Matsunobu Tomoya, Tanaka Kazuhiro, Katagiri Hirohisa, Kunisada Toshiyuki, Hiruma Toru, Hiraga Hiroaki, Morioka Hideo, Hatano Hiroshi, Asanuma Kunihiro, Nishida Yoshihiro, Hiraoka Koji, Okamoto Takeshi, Abe Satoshi, Watanuki Munenori, Morii Takeshi, Sugiura Hideshi, Yoshida Yukihiro, Ohno Takatoshi, Outani Hidetatsu, Yokoyama Koichiro, Shimose Shoji, Fukuda Haruhiko, Iwamoto Yukihide

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   22 巻 ( 5 ) 頁: 938-945   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2017.05.012

    Web of Science

    PubMed

  147. Macronutrient intakes and serum oestrogen, and interaction with polymorphisms in CYP19A1 and HSD17B1 genes: a cross-sectional study in postmenopausal Japanese women 査読有り

    Takagi Sahoko, Naito Mariko, Kawai Sayo, Okada Rieko, Nagata Chisato, Hosono Satoyo, Nishida Yuichiro, Takashima Naoyuki, Suzuki Sadao, Shimoshikiryo Ippei, Mikami Haruo, Uemura Hirokazu, Kuriyama Nagato, Ohnaka Keizo, Kubo Michiaki, Hamajima Nobuyuki, Tanaka Hideo, Wakai Kenji

    BRITISH JOURNAL OF NUTRITION   118 巻 ( 6 ) 頁: 463-472   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/S0007114517002239

    Web of Science

  148. 大腿骨遠位骨腫瘍の1例

    新井 英介, 筑紫 聡, 浦川 浩, 小澤 英史, 二村 尚久, 西田 佳弘

    骨軟部腫瘍治療   5 巻   頁: 95-97   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  149. 小児同種造血幹細胞移植後の下肢痛症例の検討

    三島 健一, 鬼頭 浩史, 松下 雅樹, 門野 泉, 杉浦 洋, 北村 暁子, 西田 佳弘, 石黒 直樹

    日本小児整形外科学会雑誌   26 巻 ( 1 ) 頁: 120-124   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  150. 右後頸部軟部肉腫の一例

    小澤 英史, 筑紫 聡, 浦川 浩, 生田 国大, 濱田 俊介, 西田 佳弘, 佐藤 啓, 下山 芳江, 中村 栄男

    東海骨軟部腫瘍   28 巻   頁: 7-8   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  151. 下腹壁に発生した軟部腫瘍の1例

    生田 国大, 小澤 英史, 浦川 浩, 濱田 俊介, 西田 佳弘, 露木 悠太, 佐藤 啓, 下山 芳江, 中村 栄男

    生田 国大, 小澤 英史, 浦川 浩, 濱田 俊介, 西田 佳弘, 露木 悠太, 佐藤 啓, 下山 芳江, 中村 栄男   28 巻   頁: 23-24   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  152. 右後頸部軟部腫瘍の1例

    濱田 俊介, 浦川 浩, 小澤 英史, 生田 国大, 西田 佳弘, 露木 悠太, 下山 芳江, 中村 栄男

    東海骨軟部腫瘍   28 巻   頁: 31-32   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  153. 左大腿軟部腫瘍の1例

    濱田 俊介, 浦川 浩, 新井 英介, 生田 国大, 西田 佳弘, 島田 聡子, 下山 芳江, 中村 栄男

    東海骨軟部腫瘍   28 巻   頁: 43-44   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  154. リンパ節転移を有する肛門周囲原発横紋筋肉腫

    筑紫 聡, 西田 佳弘, 浦川 浩, 新井 英介

    骨軟部腫瘍治療   5 巻   頁: 5-7   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  155. 膝関節部軟部腫瘍の一例

    新井 英介, 西田 佳弘, 筑紫 聡, 浦川 浩

    骨軟部腫瘍治療   5 巻   頁: 30-32   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  156. 左肘に発生した滑膜肉腫の1例

    小澤 英史, 西田 佳弘, 筑紫 聡, 浦川 浩, 新井 英介

    骨軟部腫瘍治療   5 巻   頁: 46-49   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  157. 大腿骨遠位骨腫瘍の1例

    新井 英介, 西田 佳弘, 筑紫 聡, 浦川 浩, 小澤 英史, 二村 尚久

    骨軟部腫瘍治療   5 巻   頁: 61-63   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  158. 右大腿MPNSTの一例

    浦川 浩, 西田 佳弘, 筑紫 聡, 小澤 英史, 新井 英介, 二村 尚久

    骨軟部腫瘍治療   5 巻   頁: 72-75   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  159. Immunohistochemical staining with non-phospho beta-catenin as a diagnostic and prognostic tool of COX-2 inhibitor therapy for patients with extra-peritoneal desmoid-type fibromatosis 査読有り

    Sakai Tomohisa, Nishida Yoshihiro, Hamada Shunsuke, Koike Hiroshi, Ikuta Kunihiro, Ota Takehiro, Ishiguro Naoki

    DIAGNOSTIC PATHOLOGY   12 巻 ( 1 ) 頁: 66   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13000-017-0654-z

    Web of Science

    PubMed

  160. Clinical and Radiographical Differences Between Thoracic Idiopathic Spinal Cord Herniation and Spinal Arachnoid Cyst 査読有り

    Nakashima Hiroaki, Imagama Shiro, Yagi Hideki, Kato Fumihiko, Kanemura Tokumi, Sato Koji, Kawakami Noriaki, Kamiya Mitsuhiro, Yoshihara Hisatake, Ito Kenyu, Matsuyama Yukihiro, Nishida Yoshihiro, Ishiguro Naoki

    SPINE   42 巻 ( 16 ) 頁: E963-E968   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000002013

    Web of Science

    PubMed

  161. Conditional knockdown of hyaluronidase 2 in articular cartilage stimulates osteoarthritic progression in a mice model. 査読有り

    Higuchi Y, Nishida Y, Kozawa E, Zhuo L, Arai E, Hamada S, Morita D, Ikuta K, Kimata K, Ushida T, Ishiguro N.

    Sci Rep.   7 巻 ( 1 ) 頁: 7028   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-07376-5.

  162. Analysis of Incident and Accident Reports and Risk Management in Spine Surgery 査読有り

    Kobayashi Kazuyoshi, Imagama Shiro, Ando Kei, Hida Tetsuro, Ito Kenyu, Tsushima Mikito, Ishikawa Yoshimoto, Matsumoto Akiyuki, Morozumi Masayoshi, Nishida Yoshihiro, Nagao Yoshimasa, Ishiguro Naoki

    SPINE   42 巻 ( 15 ) 頁: 1184-1188   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000002072

    Web of Science

    PubMed

  163. Incidence and characteristics of accidental falls in hospitalizations 査読有り

    Kobayashi Kazuyoshi, Imagama Shiro, Inagaki Yuko, Suzuki Yusuke, Ando Kei, Nishida Yoshihiro, Nagao Yoshimasa, Ishiguro Naoki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   79 巻 ( 3 ) 頁: 291-298   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.79.3.291

    Web of Science

    PubMed

  164. The poor quality and reliability of information on periacetabular osteotomy on the internet in Japan 査読有り

    Takegami Yasuhiko, Seki Taisuke, Amano Takafumi, Higuchi Yoshitoshi, Komatsu Daigo, Nishida Yoshihiro, Ishiguro Naoki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   79 巻 ( 3 ) 頁: 375-385   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.79.3.375

    Web of Science

    PubMed

  165. Risk Factors for Ineffectiveness of Posterior Decompression and Dekyphotic Corrective Fusion with Instrumentation for Beak-Type Thoracic Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament: A Single Institute Study (vol 80, pg 800, 2017) 査読有り

    Ando Kei, Ito Zenya, Kobayashi Kazuyoshi, Hida Tetsuro, Ito Kenyu, Tsushima Mikito, Ishikawa Yoshimoto, Matsumoto Akiyuki, Morozumi Masayoshi, Tanaka Satoshi, Machino Masaaki, Ota Kyotaro, Nakashima Hiroaki, Nishida Yoshihiro, Ishiguro Naoki

    NEUROSURGERY   81 巻 ( 2 ) 頁: 403-403   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/neuros/nyx358

    Web of Science

  166. Collaboration with an infection control team for patients with infection after spine surgery. 査読有り

    Kobayashi K, Imagama S, Kato D, Ando K, Hida T, Ito K, Tsushima M, Matsumoto A, Morozumi M, Tanaka S, Yagi T, Nishida Y, Ishiguro N.

    Am J Infect Control.   45 巻 ( 7 ) 頁: 767-770   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajic.2017.01.013.

  167. Heat-stimuli-enhanced osteogenesis using clinically available biomaterials. 査読有り

    Ota T, Nishida Y, Ikuta K, Kato R, Kozawa E, Hamada S, Sakai T, Ishiguro N.

    PLoS One.   12 巻 ( 7 ) 頁: e0181404   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajic.2017.01.013.

  168. Early radiographic risk factors for rigid relapse in idiopathic clubfoot treated with the Ponseti method.

    Mishima K, Kitoh H, Matsushita M, Sugiura H, Hasegawa S, Kitamura A, Nishida Y, Ishiguro N

    Foot and ankle surgery : official journal of the European Society of Foot and Ankle Surgeons     2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fas.2017.06.003

    PubMed

  169. Characteristics of Residual Symptoms following Laminoplasty in Diabetic Patients with Cervical Spondylotic Myelopathy: A Prospective Cohort Study. 査読有り

    Machino M, Imagama S, Ando K, Kobayashi K, Hida T, Ito K, Tsushima M, Matsumoto A, Tanaka S, Morozumi M, Ito K, Kato F, Nishida Y, Ishiguro N

    Spine.   42 巻 ( 12 ) 頁: E708-715   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000001947.

  170. Characteristics of Residual Symptoms After Laminoplasty in Diabetic Patients With Cervical Spondylotic Myelopathy

    Machino Masaaki, Imagama Shiro, Ando Kei, Kobayashi Kazuyoshi, Hida Tetsuro, Ito Kenyu, Tsushima Mikito, Matsumoto Akiyuki, Tanaka Satoshi, Morozumi Masayoshi, Ito Keigo, Kato Fumihiko, Nishida Yoshihiro, Ishiguro Naoki

    SPINE   42 巻 ( 12 ) 頁: E708-E715   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000001947

    Web of Science

    PubMed

  171. Analysis of Factors for Predicting Survival in Soft-tissue Sarcoma with Metastatic Disease at Initial Presentation. 査読有り

    Nakamura T, Katagiri H, Shido Y, Hamada S, Yamada K, Nagano A, Yamada S, Tsukushi S, Ishimura D, Matsumine A, Sudo A, Nishida Y.

    Anticancer Res.   37 巻 ( 6 ) 頁: 3137-3141   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.11671

  172. 低負荷運動療法と多職種連携によりADL改善が得られた、胸膜肺全摘術を施行した悪性胸膜中皮腫の一症例

    安田 尚太郎, 中島 裕貴, 福井 高幸, 井上 貴行, 服部 慶子, 林 和寛, 寺井 千晶, 麻生 裕紀, 伊藤 理, 横井 香平, 西田 佳弘, 永谷 元基

    愛知県理学療法学会誌   29 巻 ( 1 ) 頁: 41-47   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  173. Aggressive osteoblastoma of the cervical spine involving the canal and vertebral artery: a case report. 査読有り

    Ando K, Imagama S, Kobayashi K, Nishida Y, Ishiguro N.

    Eur Spine J.     頁: 111-116   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-016-4904-7.

  174. Primary extraskeletal osteosarcoma: a clinicopathological study of 18 cases focusing on MDM2 amplification status.

    Yamashita K, Kohashi K, Yamada Y, Nishida Y, Urakawa H, Oda Y, Toyokuni S

    Human pathology   63 巻   頁: 63-69   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.humpath.2017.02.007

    PubMed

  175. Risk Factors for Ineffectiveness of Posterior Decompression and Dekyphotic Corrective Fusion with Instrumentation for Beak-Type Thoracic Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament: A Single Institute Study

    Imagama Shiro, Ando Kei, Ito Zenya, Kobayashi Kazuyoshi, Hida Tetsuro, Ito Kenyu, Tsushima Mikito, Ishikawa Yoshimoto, Matsumoto Akiyuki, Morozumi Masayoshi, Tanaka Satoshi, Machino Masaaki, Ota Kyotaro, Nakashima Hiroaki, Wakao Norimitsu, Nishida Yoshihiro, Matsuyama Yukihiro, Ishiguro Naoki

    NEUROSURGERY   80 巻 ( 5 ) 頁: 800-808   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/neuros/nyw130

    Web of Science

    PubMed

  176. Associations among pain catastrophizing, muscle strength, and physical performance after total knee and hip arthroplasty. 査読有り

    Hayashi K, Kako M, Suzuki K, Hattori K, Fukuyasu S, Sato K, Kadono I, Sakai T, Hasegawa Y, Nishida Y.

    World J Orthop.   8 巻 ( 4 ) 頁: 336-341   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5312/wjo.v8.i4.336.

  177. Prospective Comparison of Age- and Sex-Related Differences in Quantifiable 10-S Grip and Release and 10-S Step Test Results for Diagnosis of Cervical Spondylotic Myelopathy in 454 Patients with Cervical Spondylotic Myelopathy and 818 Asymptomatic Subjects. 査読有り

    Machino M, Imagama S, Ando K, Kobayashi K, Hida T, Ito K, Tsushima M, Matsumoto A, Tanaka S, Morozumi M, Ito K, Kato F, Nishida Y, Ishiguro N.

    Spine.   42 巻 ( 8 ) 頁: 578-585   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000001849.

  178. Comparative Study of Surgical Treatment and Nonsurgical Follow Up for Thoracic Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament: Radiological and Clinical Evaluation. 査読有り

    Ando K, Imagama S, Kobayashi K, Hida T, Ito K, Tsushima M, Ishikawa Y, Matsumoto A, Nishida Y, Ishiguro N.

    Spine.   42 巻 ( 6 ) 頁: 407-410   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1097/BRS.0000000000001769.

  179. Discrimination between spinal extradural meningioma and both intra and extradural meningioma: Case Report

    Ito Kenyu, Imagama Shiro, Ando Kei, Kobayashi Kazuyoshi, Hida Tetsuro, Tsushima Mikito, Matsumoto Akiyuki, Morozumi Masayoshi, Tanaka Satoshi, Nishida Yoshihiro, Ishiguro Naoki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   79 巻 ( 1 ) 頁: 115-121   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.79.1.115

    Web of Science

    PubMed

  180. Intraspinal meningioma with malignant transformation and distant metastasis

    Ito Kenyu, Imagama Shiro, Ando Kei, Kobayashi Kazuyoshi, Shido Yoji, Yoshida Go, Arima Hideyuki, Kanbara Shunsuke, Hirose Takanori, Matsuyama Yukihiro, Nishida Yoshihiro, Ishiguro Naoki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   79 巻 ( 1 ) 頁: 97-102   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.79.1.97

    Web of Science

    PubMed

  181. Preoperative 6-minute walk distance accurately predicts postoperative complications after operations for hepato-pancreato-biliary cancer

    Hayashi Kazuhiro, Yokoyama Yukihiro, Nakajima Hiroki, Nagino Masato, Inoue Takayuki, Nagaya Motoki, Hattori Keiko, Kadono Izumi, Ito Satoru, Nishida Yoshihiro

    SURGERY   161 巻 ( 2 ) 頁: 525-532   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2016.08.002

    Web of Science

    PubMed

  182. MRI Signal Intensity Classification in Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament -Predictor Of Surgical Outcomes. 査読有り

    Ito K, Imagama S, Ito K, Ito Z, Ando K, Kobayashi K, Hida T, Tsushima M, Ishikawa Y, Matsumoto A, Machino M, Nishida Y, Ishiguro N, Kato F.

    Spine.   42 巻 ( 2 ) 頁: E98-E103   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000001717.

  183. Antitumor effects of 4-methylumbelliferone, a hyaluronan synthesis inhibitor, on malignant peripheral nerve sheath tumor. 査読有り

    Ikuta K, Ota T, Zhuo L, Urakawa H, Kozawa E, Hamada S, Kimata K, Ishiguro N, Nishida Y.

    Int J Cancer.   140 巻 ( 2 ) 頁: 469-479   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.30460.

  184. Transcranial motor evoked potential waveform changes in corrective fusion for adolescent idiopathic scoliosis. 査読有り

    Kobayashi K, Imagama S, Ito Z, Ando K, Hida T, Ito K, Tsushima M, Ishikawa Y, Matsumoto A, Nishida Y, Ishiguro N.

    J Neurosurg Pediatr.   19 巻 ( 1 ) 頁: 108-115   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2016.6.

  185. Phase II study of the effectiveness and safety of trastuzumab and paclitaxel for taxane- and trastuzumab-naive patients with HER2-positive, previously treated, advanced, or recurrent gastric cancer (JFMC45-1102)

    Nishikawa Kazuhiro, Takahashi Tsunehiro, Takaishi Hiromasa, Miki Akira, Noshiro Hirokazu, Yoshikawa Takaki, Nishida Yasunori, Iwasa Satoru, Miwa Hiroto, Masuishi Toshiki, Boku Narikazu, Yamada Yasuhide, Kodera Yasuhiro, Yoshida Kazuhiro, Morita Satoshi, Sakamoto Junichi, Saji Shigetoyo, Kitagawa Yuko

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   140 巻 ( 1 ) 頁: 188-196   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.30383

    Web of Science

  186. Combination Treatment of Perioperative Rehabilitation and Psychoeducation Undergoing Thoracic Surgery. 査読有り

    Hayashi K, Inoue T, Nagaya M, Ito S, Nakajima H, Hattori K, Kadono I, Yokoi K, Nishida Y.

    Case Rep Med.     2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2017/4743952.

  187. Modelling of Compressive Hydraulic Fluid in Cylinders Considering Potential Energy, State Equation and Energy Loss

    Takasuga Kazuki, Asai Toru, Nishida Yoshiharu, Tsutsui Akira, Yamada Takashi

    2017 56TH ANNUAL CONFERENCE OF THE SOCIETY OF INSTRUMENT AND CONTROL ENGINEERS OF JAPAN (SICE)     頁: 1343-1346   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  188. Staged decrease of physical ability on the locomotive syndrome risk test is related to neuropathic pain, nociceptive pain, shoulder complaints, and quality of life in middle-aged and elderly people - The utility of the locomotive syndrome risk test

    Imagama Shiro, Hasegawa Yukiharu, Ando Kei, Kobayashi Kazuyoshi, Hida Tetsuro, Ito Kenyu, Tsushima Mikito, Nishida Yoshihiro, Ishiguro Naoki

    MODERN RHEUMATOLOGY   27 巻 ( 6 ) 頁: 1051-1056   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/14397595.2017.1285856

    Web of Science

    PubMed

  189. Feasibility and efficacy of gemcitabine and docetaxel combination chemotherapy for bone and soft tissue sarcomas: multi-institutional retrospective analysis of 134 patients. 査読有り

    Tanaka K, Joyama S, Chuman H, Hiraga H, Morioka H, Yoshikawa H, Hosaka M, Takahashi M, Kubo T, Hatano H, Kaya M, Toguchida J, Nishida Y, Nagano A, Tsumura H, Iwamoto Y.

    World J Surg Oncol.   14 巻 ( 1 ) 頁: 306   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12957-016-1059-2.

  190. Impact of disease free status on prognosis in metastatic non-small round cell soft tissue sarcomas. 査読有り

    Urakawa H, Kozawa E, Ikuta K, Hamada S, Ishiguro N, Nishida Y.

    Clin Exp Metastasis.   33 巻 ( 8 ) 頁: 799-807   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10585-016-9820-z.

  191. Resection of Beak-Type Thoracic Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament from a Posterior Approach under Intraoperative Neurophysiological Monitoring for Paralysis after Posterior Decompression and Fusion Surgery. 査読有り

    Imagama S, Ando K, Ito Z, Kobayashi K, Hida T, Ito K, Ishikawa Y, Tsushima M, Matsumoto A, Tanaka S, Morozumi M, Machino M, Ota K, Nakashima H, Wakao N, Nishida Y, Matsuyama Y, Ishiguro N.

    Global Spine J.   6 巻 ( 8 ) 頁: 812-821   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0036-1579662.

  192. Changes in Muscle Strength and Six-Minute Walk Distance Before and After Living Donor Liver Transplantation. 査読有り

    Mizuno Y, Ito S, Hattori K, Nagaya M, Inoue T, Nishida Y, Onishi Y, Kamei H, Kurata N, Hasegawa Y, Ogura Y.

    Transplant Proc.   48 巻 ( 10 ) 頁: 3348-3355   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2016.08.042.

  193. Ponseti法におけるX線学的予後予測因子

    三島 健一, 鬼頭 浩史, 松下 雅樹, 門野 泉, 杉浦 洋, 長谷川 幸, 北村 暁子, 西田 佳弘, 石黒 直樹

    日本小児整形外科学会雑誌   25 巻 ( 2 ) 頁: 251-254   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  194. Ponseti法におけるX線学的予後予測因子

    三島 健一, 鬼頭 浩史, 松下 雅樹, 門野 泉, 杉浦 洋, 長谷川 幸, 北村 暁子, 西田 佳弘, 石黒 直樹

    日本小児整形外科学会雑誌   25 巻 ( 2 ) 頁: 251-254   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  195. Changes in exercise capacity, muscle strength, and health-related quality of life in esophageal cancer patients undergoing esophagectomy. 査読有り

    Inoue T, Ito S, Ando M, Nagaya M, Aso H, Mizuno Y, Hattori K, Nakajima H, Nishida Y, Niwa Y, Kodera Y, Koike M, Hasegawa Y.

    BMC Sports Sci Med Rehabil.   8 巻   頁: 34   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13102-016-0060-y

  196. Short-range ultraviolet irradiation with LED device effectively increases serum levels of 25(OH)D. 査読有り

    Morita D, Nishida Y, Higuchi Y, Seki T, Ikuta K, Asano H, Ishiguro N.

    J Photochem Photobiol B.   164 巻   頁: 256-63   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jphotobiol.2016.09.036.

  197. Self-assembling Peptide Reduces Glial Scarring, Attenuates Posttraumatic Inflammation, and Promotes Neurite Outgrowth of Spinal Motor Neurons. 査読有り

    Ando K, Imagama S, Ito Z, Kobayashi K, Hida T, Nakashima H, Ito K, Tsushima M, Ishikawa Y, Matsumoto A, Nishida K, Nishida Y, Ishiguro N.

    Spine.   41 巻 ( 2 ) 頁: e1201-7   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000001611.

  198. Analysis of cervical kyphosis and spinal balance in young idiopathic scoliosis patients classified by the apex of thoracic kyphosis. 査読有り

    Ito K, Imagama S, Ito Z, Ando K, Kobayashi K, Hida T, Tsushima M, Ishikawa Y, Matsumoto A, Nishida Y, Ishiguro N.

    Eur Spine J.   25 巻 ( 10 ) 頁: 3220-25   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-016-4699-6

  199. Desmin phosphorylation by Cdk1 is required for efficient separation of desmin intermediate filaments in mitosis and detected in murine embryonic/newborn muscle and human rhabdomyosarcoma tissues. 査読有り

    Makihara H, Inaba H, Enomoto A, Tanaka H, Tomono Y, Ushida K, Goto M, Kurita K, Nishida Y, Kasahara K, Goto H, Inagaki M.

    Biochem Biophys Res Commun.   478 巻 ( 3 ) 頁: 1323-9   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2016.08.122.

  200. Simple resection of truncal desmoid tumors: A case series. 査読有り

    Nishida Y, Tsukushi S, Urakawa H, Hamada S, Kozawa E, Ikuta K, Ishiguro N

    Oncol Lett.   12 巻 ( 2 ) 頁: 1564-68   2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2016.4792

  201. Low bone mineral density in achondroplasia and hypochondroplasia. 査読有り

    Matsushita M, Kitoh H, Mishima K, Kadono I, Sugiura H, Hasegawa S, Nishida Y, Ishiguro N.

    Pediatr Int.   58 巻 ( 8 ) 頁: 705-8   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ped.12890.

  202. Oncological outcome after lung metastasis in patients presenting with localized chondrosarcoma at extremities: Tokai Musculoskeletal Oncology Consortium study. 査読有り

    Nakamura T, Matsumine A, Yamada S, Tsukushi S, Kawanami K, Ohno T, Katagiri H, Sugiura H, Yamada K, Yamada Y, Sudo A, Nishida Y

    Onco Targets Ther.   9 巻   頁: 4747-51   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/OTT.S107638.

  203. Clinical outcome of recurrent giant cell tumor of the extremity in the era before molecular target therapy: the Japanese Musculoskeletal Oncology Group study. 査読有り

    Takeuchi A, Tsuchiya H, Ishii T, Nishida Y, Abe S, Matsumine A, Kawai A, Yoshimura K, Ueda T.

    BMC Musculoskelet Disord.   17 巻   頁: 306   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12891-016-1163-z.

  204. The clinical outcome of pazopanib treatment in Japanese patients with relapsed soft tissue sarcoma: A Japanese Musculoskeletal Oncology Group (JMOG) study. 査読有り

    Nakamura T, Matsumine A, Kawai A, Araki N, Goto T, Yonemoto T, Sugiura H, Nishida Y, Hiraga H, Honoki K, Yasuda T, Boku S, Sudo A, Ueda T

    Cancer.   122 巻 ( 9 ) 頁: 1408-16   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cncr.29961.

  205. Clinical Results and Complications of Lower Limb Lengthening for Fibular Hemimelia: A Report of Eight Cases. 査読有り

    Mishima K, Kitoh H, Iwata K, Matsushita M, Nishida Y, Hattori T, Ishiguro N

    Medicine (Baltimore).   95 巻 ( 21 ) 頁: e3787   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000003787.

  206. Giant cell tumor of bone arising in long bones possibly originates from the metaphyseal region. 査読有り

    Futamura N, Urakawa H, Tsukushi S, Arai E, Kozawa E, Ishiguro N, Nishida Y.

    Oncol Lett.   11 巻 ( 4 ) 頁: 2629-34   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2016.4264

  207. 悪性末梢神経鞘腫瘍患者における手術成績

    生田 国大, 筑紫 聡, 浦川 浩, 小澤 英史, 濱田 俊介, 石黒 直樹, 西田 佳弘

    日本レックリングハウゼン病学会雑誌   7 巻 ( 1 ) 頁: 60-63   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  208. Gait Speeds Associated with Anxiety Responses to Pain in Osteoarthritis Patients. 査読有り

    Hayashi K, Kako M, Suzuki K, Hattori K, Fukuyasu S, Sato K, Kadono I, Sakai T, Hasegawa Y, Nishida Y.

    Pain Med.   17 巻 ( 3 ) 頁: 606-13   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pme.12897.

  209. Characteristics of cultured desmoid cells with different CTNNB1 mutation status. 査読有り

    Hamada S, Urakawa H, Kozawa E, Arai E, Ikuta K, Sakai T, Ishiguro N, Nishida Y.

    Cancer Med.   5 巻 ( 2 ) 頁: 352-60   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cam4.582.

  210. Predictive factors for a distal adjacent disorder with L3 as the lowest instrumented vertebra in Lenke 5C patients. 査読有り

    Ando K, Imagama S, Ito Z, Kobayashi K, Hida T, Ito K, Tsushima A, Ishikawa Y, Matsumoto A, Nishida Y, Ishiguro N.

    Eur J Orthop Surg Traumatol.   26 巻 ( 1 ) 頁: 59-66   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00590-015-1712-4

  211. Predictive factors for a distal adjacent disorder with L3 as the lowest instrumented vertebra in Lenke 5C patients. 査読有り

    Ando K, Imagama S, Ito Z, Kobayashi K, Hida T, Ito K, Tsushima A, Ishikawa Y, Matsumoto A, Nishida Y, Ishiguro N.

    Eur J Orthop Surg Traumatol.   26 巻 ( 1 ) 頁: 59-66   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1007/s00590-015-1712-4

  212. Association of Leukoaraiosis With Convalescent Rehabilitation Outcome in Patients With Ischemic Stroke. 査読有り

    Senda J, Ito K, Kotake T, Kanamori M, Kishimoto H, Kadono I, Suzuki Y, Katsuno M, Nishida Y, Ishiguro N, Sobue G

    Stroke.   47 巻 ( 1 ) 頁: 160-6   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/STROKEAHA.115.010682.

  213. Increased expression and activation of cathepsin K in human osteoarthritic cartilage and synovial tissues. 査読有り

    Kozawa E, Cheng XW, Urakawa H, Arai E, Yamada Y, Kitamura S, Sato K, Kuzuya M, Ishiguro N, Nishida Y.

    J Orthop Res.   34 巻 ( 1 ) 頁: 127-34   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jor.23005.

  214. Combination of Continuous Epidural Block and Rehabilitation in a Case of Complex Regional Pain Syndrome. 査読有り

    Hayashi K, Nishiwaki K, Kako M, Suzuki K, Hattori K, Sato K, Kadono I, Nishida Y.

    J Nippon Med Sch.   83 巻 ( 6 ) 頁: 262-267   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1272/jnms.83.262.

  215. Low-dose chemotherapy with methotrexate and vinblastine for patients with desmoid tumors: relationship to CTNNB1 mutation status. 査読有り

    Nishida Y, Tsukushi S, Urakawa H, Hamada S, Kozawa E, Ikuta K, Ando Y, Ishiguro N.

    Int J Clin Oncol.   20 巻 ( 6 ) 頁: 1211-7   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-015-0829-0.

  216. Post-operative pulmonary and shoulder function after sternal reconstruction for patients with chest wall sarcomas. 査読有り

    Nishida Y, Tsukushi S, Urakawa H, Toriyama K, Kamei Y, Yokoi K, Ishiguro N.

    Int J Clin Oncol.   20 巻 ( 6 ) 頁: 1218-25   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-015-0844-1.

  217. Ponseti法における初期治療の重要性

    三島 健一, 鬼頭 浩史, 門野 泉, 松下 雅樹, 杉浦 洋, 長谷川 幸, 北村 暁子, 西田 佳弘, 石黒 直樹

    日本小児整形外科学会雑誌   24 巻 ( 2 ) 頁: 242-245   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  218. Development and external validation of nomograms predicting distant metastases and overall survival after neoadjuvant chemotherapy and surgery for patients with nonmetastatic osteosarcoma: A multi-institutional study. 査読有り

    Ogura K, Fujiwara T, Yasunaga H, Matsui H, Jeon DG, Cho WH, Hiraga H, Ishii T, Yonemoto T, Kamoda H, Ozaki T, Kozawa E, Nishida Y, Morioka H, Hiruma T, Kakunaga S, Ueda T, Tsuda Y, Kawano H, Kawai A

    Cancer.   121 巻 ( 21 ) 頁: 3844-52   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cncr.29575.

  219. Objective tumor response to denosumab in patients with giant cell tumor of bone: a multicenter phase II trial. 査読有り

    Ueda T, Morioka H, Nishida Y, Kakunaga S, Tsuchiya H, Matsumoto Y, Asami Y, Inoue T, Yoneda T.

    Ann Oncol.   26 巻 ( 10 ) 頁: 2149-2154   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/annonc/mdv307

  220. Prediction of Clinically Significant Leg-Length Discrepancy in Congenital Disorders. 査読有り

    Mishima K, Kitoh H, Kadono I, Matsushita M, Sugiura H, Hasegawa S, Kitamura A, Nishida Y, Ishiguro N.

    Orthopedics.   38 巻 ( 10 ) 頁: e919-24   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3928/01477447-20151002-60.

  221. 【整形外科領域における移植医療】 骨および軟骨に対する人工・生体材料、組織細胞移植の臨床成績 骨・軟部腫瘍への対応 骨・軟部腫瘍切除後の広範囲骨欠損に対する加温処理骨移植術 術後10年以上の長期成績

    杉浦英志, 西田佳弘, 中島浩敦, 山田芳久, 山田健志, 中西啓介, 高橋満

    別冊整形外科   ( 68 ) 頁: 182-186   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  222. 【整形外科領域における移植医療】 骨および軟骨に対する人工・生体材料、組織細胞移植の臨床成績 骨・軟部腫瘍への対応 良性骨腫瘍掻爬後の骨欠損に対するハイドロキシアパタイト配向連通多孔体の短期治療成績

    大田剛広, 中島浩敦, 吉田雅博, 山田健志, 細野幸三, 西田佳弘

    別冊整形外科   ( 68 ) 頁: 153-157   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  223. Subchondral Fracture of the Femoral Head in a High School Badminton Player: A Case Report 査読有り

    Urakawa H, Hasegawa Y, Tsukushi S, Seki T, Kozawa E, Ishiguro N, Nishida Y.

    Curr Sports Med Rep.   14 巻 ( 5 ) 頁: 386-8   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1249/JSR.0000000000000189

  224. Inhibition of hyaluronan synthesis alters sulfated glycosaminoglycans deposition during chondrogenic differentiation in ATDC5 cells. 査読有り

    Yoshioka Y, Kozawa E, Urakawa H, Arai E, Futamura N, Zhuo L, Kimata K, Ishiguro N, Nishida Y.

    Histochem Cell Biol.   144 巻 ( 2 ) 頁: 167-77.   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00418-015-1325-3.

  225. Expression of colony-stimulating factor 1 is associated with occurrence of osteochondral change in pigmented villonodular synovitis. 査読有り

    Ota T, Urakawa H, Kozawa E, Ikuta K, Hamada S, Tsukushi S, Shimoyama Y, Ishiguro N, Nishida Y.

    Tumour Biol.   36 巻 ( 7 ) 頁: 5361-7.   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13277-015-3197-5.

  226. Secondary aneurysmal bone cyst in the distal humerus after resection of intra-articular nodular fasciitis of the elbow. 査読有り

    Yamamoto M, Urakawa H, Nishida Y, Hirata H.

    BMC Res Notes.   22 巻 ( 8 ) 頁: 311.   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13104-015-1279-5.

  227. 背部に発生し自然消退したinfantile hemangiopericytomaの1例

    大田剛広, 筑紫聡, 浦川浩, 石黒直樹, 西田佳弘

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   58 巻 ( 4 ) 頁: 729-730   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  228. Association of short duration from initial symptoms to specialist consultation with poor survival in soft-tissue sarcomas. 査読有り

    Urakawa H, Tsukushi S, Arai E, Kozawa E, Futamura N, Ishiguro N, Nishida Y.

    Am J Clin Oncol.   38 巻 ( 3 ) 頁: 266-71.   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/COC.0b013e318295aea2.

  229. 【放っておいてはいけない『しこり・こぶ・腫れ』】 軟部腫瘤診療における他科との連携

    西田佳弘, 筑紫聡

    Orthopaedics   28 巻 ( 6 ) 頁: 7-12   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  230. Surgical treatment for fibrous dysplasia of femoral neck with mild but prolonged symptoms: a case series. 査読有り

    Nishida Y, Tsukushi S, Hosono K, Nakashima H, Yamada Y, Urakawa H, Ishiguro N.

    J Orthop Surg Res.   10 巻   頁: 63   2015年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13018-015-0208-6.

  231. Postoperative brain metastases in soft tissue sarcomas. 査読有り

    Urakawa H, Tsukushi S, Kozawa E, Ikuta K, Hamada S, Ishiguro N, Nishida Y.

    Clin Exp Metastasis.   32 巻 ( 4 ) 頁: 345-51.   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10585-015-9713-6.

  232. 未成年者に生じた悪性末梢神経鞘腫瘍の検討

    生田国大, 筑紫聡, 浦川浩, 小澤英史, 濵田俊介, 石黒直樹, 西田佳弘

    日本レックリングハウゼン病学会雑誌   6 巻 ( 1 ) 頁: 68-71   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  233. Aggressive surgical treatment with bony pelvic resection for locally recurrent rectal cancer. 査読有り

    Uehara K, Ito Z, Yoshino Y, Arimoto A, Kato T, Nakamura H, Imagama S, Nishida Y, Nagino M.

    Eur J Surg Oncol.   41 巻 ( 3 ) 頁: 413-20.   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejso.2014.11.005.

  234. In vivo heat-stimulus-triggered osteogenesis. 査読有り

    Ikuta K, Urakawa H, Kozawa E, Hamada S, Ota T, Kato R, Honda H, Kobayashi T, Ishiguro N, Nishida Y.

    Int J Hyperthermia.   31 巻 ( 1 ) 頁: 58-66.   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  235. 硬膜内髄外腫瘍の自然経過

    安藤 圭, 今釜 史郎, 伊藤 全哉, 小林 和克, 八木 秀樹, 新城 龍一, 飛田 哲朗, 伊藤 研悠, 石川 喜資, 西田 佳弘, 石黒 直樹

    Journal of Spine Research   6 巻 ( 2 ) 頁: 161-165   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  236. Solitary fibrous tumors in the extremities: imaging findings for six patients.

    Hyodo R, Komada T, Takada A, Kawai H, Ito S, Nishida Y, Naganawa S.

    Nagoya J Med Sci.   77 巻 ( 1-2 ) 頁: 167-78.   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  237. Non-rigid reconstruction of chest wall defects after resection of musculoskeletal tumors. 査読有り

    Tsukushi S, Nishida Y, Sugiura H, Yamada Y, Kamei Y, Toriyama K, Ishiguro N.

    Surg Today.   45 巻 ( 2 ) 頁: 150-5.   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  238. これは何でしょう?Q&A Multicentric reticulohistiocytosis(MRH;多中心性細網組織球症)

    高橋伸典, 西田佳弘, 石黒直樹

    Bone Joint Nerve   5 巻 ( 1 ) 頁: 217-220   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  239. Neoadjuvant and adjuvant chemotherapy with doxorubicin and ifosfamide for bone sarcomas in adult and older patients.

    Urakawa H, Tsukushi S, Sugiura H, Yamada K, Yamada Y, Kozawa E, Arai E, Futamura N, Ishiguro N, Nishida Y.

    Oncol Lett.   8 巻 ( 6 ) 頁: 2485-2488   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  240. A case of severe proximal focal femoral deficiency with overlapping phenotypes of Al-Awadi-Raas-Rothschild syndrome and Fuhrmann syndrome. 査読有り

    Matsushita M, Kitoh H, Mishima K, Nishida Y, Ishiguro N.

    Pediatr Radiol.   44 巻 ( 12 ) 頁: 1617-9.   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  241. レックリングハウゼン病患者に発生した肉腫の経験

    生田国大, 筑紫聡, 小澤英史, 浦川浩, 石黒直樹, 西田佳弘

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   57 巻 ( 6 ) 頁: 1249-1250   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  242. 【Free Flapと有茎皮弁の使い分け】 四肢悪性骨軟部腫瘍切除後の皮弁による再建術の経験 遊離皮弁の適応について

    鳥山和宏, 八木俊路朗, 高成啓介, 筑紫聡, 西田佳弘, 亀井譲

    創傷   5 巻 ( 4 ) 頁: 181-188   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  243. 【整形外科の手術手技-私はこうしている】 下肢 大腿骨 大腿骨近位骨巨細胞腫に対する前方アプローチによる掻爬および側方アプローチによる内固定術

    中島浩敦, 吉田雅博, 新井英介, 山田健志, 西田佳弘

    別冊整形外科   66 巻   頁: 169-172   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  244. 膝周囲の原発性骨悪性腫瘍切除後の腓腹筋弁による再建

    鳥山和宏, 八木俊路朗, 高成啓介, 小野昌史, 筑紫聡, 西田佳弘, 亀井譲

    創傷   5 巻 ( 4 ) 頁: 196E-202E   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  245. Prognostic significance of histological invasion in high grade soft tissue sarcomas.

    Tsukushi S, Nishida Y, Urakawa H, Kozawa E, Ishiguro N.

    Springerplus.   3 巻   頁: 544   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  246. Early and late fracture following extensive limb lengthening in patients with achondroplasia and hypochondroplasia.

    Kitoh H, Mishima K, Matsushita M, Nishida Y, Ishiguro N.

    Bone Joint J.   96-B 巻 ( 9 ) 頁: 1269-73   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  247. Keratan sulfate expression is associated with activation of a subpopulation of microglia/macrophages in Wallerian degeneration.

    Shinjo R, Imagama S, Ito Z, Ando K, Nishida Y, Ishiguro N, Kadomatsu K.

    Neurosci Lett.   579 巻   頁: 80-5   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  248. 切除縁評価法の問題点 軟部肉腫における広範切除術後の局所再発と切除縁についての検討

    杉浦英志, 西田佳弘, 筑紫聡, 中島浩敦, 山田健志, 山田芳久, 長谷川弘晃, 吉田雅博

    日本整形外科学会雑誌   88 巻 ( 9 ) 頁: 575-581   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  249. Hyaluronan expression as a significant prognostic factor in patients with malignant peripheral nerve sheath tumors. 査読有り

    Ikuta K, Urakawa H, Kozawa E, Arai E, Zhuo L, Futamura N, Hamada S, Kimata K, Ishiguro N, Nishida Y.

    Clin Exp Metastasis.   31 巻 ( 6 ) 頁: 715-25   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  250. Residual tumor after unplanned excision reflects clinical aggressiveness for soft tissue sarcomas

    Arai E, Sugiura H, Tsukushi S, Nakashima H, Urakawa H, Kozawa E, Ishiguro N, Nishida Y

    Tumor Biology   35 巻 ( 8 ) 頁: 8043-9   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  251. EMMPRIN co-expressed with matrix metalloproteinases predicts poor prognosis in patients with osteosarcoma.

    Futamura N, Nishida Y, Urakawa H, Kozawa E, Ikuta K, Hamada S, Ishiguro N.

    Tumour Biol.   35 巻 ( 6 ) 頁: 5159-5   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  252. High incidence of regional and in-transit lymph node metastasis in patients with alveolar rhabdomyosarcoma. 査読有り

    Nishida Y, Tsukushi S, Urakawa H, Sugiura H, Nakashima H, Yamada Y, Ishiguro N.

    Int J Clin Oncol.   19 巻 ( 3 ) 頁: 536-43   2014年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  253. Clinical factors affecting pathological fracture and healing of unicameral bone cysts.

    Urakawa H, Tsukushi S, Hosono K, Sugiura H, Yamada K, Yamada Y, Kozawa E, Arai E, Futamura N, Ishiguro N, Nishida Y.

    BMC Musculoskelet Disord.   15 巻   頁: 159   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  254. Lower leg compartment syndrome in neurofibromatosis 1 patient with plexiform neurofibrom: a case report of aneurysm rupture.

    Nishida Y, Tsukushi S, Urakawa H, Arai E, Kozawa E, Ishiguro N.

    Ann Vasc Surg.   28 巻 ( 4 ) 頁: 1035.e5-9   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  255. Nuclear expression of β-catenin predicts the efficacy of meloxicam treatment for patients with sporadic desmoid tumors.

    Hamada S, Urakawa H, Kozawa E, Futamura N, Ikuta K, Shimoyama Y, Nakamura S, Ishiguro N, Nishida Y.

    Tumour Biol.   35 巻 ( 5 ) 頁: 4561-6   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  256. CTNNB1 S45F mutation predicts poor efficacy of meloxicam treatment for desmoid tumors: a pilot study. 査読有り

    Hamada S, Futamura N, Ikuta K, Urakawa H, Kozawa E, Ishiguro N, Nishida Y.

    PLoS One.   9 巻 ( 5 ) 頁: e96391.   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  257. ヒト悪性末梢神経鞘腫瘍細胞に対するヒアルロン酸合成阻害剤の抗腫瘍効果

    生田 国大, 浦川 浩, 新井 英介, 小澤 英史, 二村 尚久, 濱田 俊介, 石黒 直樹, 西田 佳弘

    日本レックリングハウゼン病学会雑誌   5 巻 ( 1 ) 頁: 69-71   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  258. Multiple primary malignancies in elderly patients with high grade soft tissue sarcoma.

    Kozawa E, Sugiura H, Tsukushi S, Urakawa H, Arai E, Futamura N, Nakashima H, Yamada Y, Ishiguro N, Nishida Y.

    Int J Clin Oncol.   19 巻 ( 2 ) 頁: 384-90   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  259. Equivalent cross-relaxation rate imaging positively correlates with pathological grade and cell density of adipocytic tumors.

    Okuda H, Matsushima S, Sugiura H, Yamada K, Hamada S, Nishida Y, Ishiguro N.

    Magn Reson Imaging.   32 巻 ( 3 ) 頁: 206-10   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  260. Clinical outcomes of Kyocera Modular Limb Salvage system after resection of bone sarcoma of the distal part of the femur: the Japanese Musculoskeletal Oncology Group study.

    Nakamura T, Matsumine A, Uchida A, Kawai A, Nishida Y, Kunisada T, Araki N, Sugiura H, Tomita M, Yokouchi M, Ueda T, Sudo A.

    Int Orthop.   38 巻 ( 4 ) 頁: 825-30   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  261. 良性腫瘍に対する最新の治療戦略 色素性絨毛結節性滑膜炎(PVNS)

    西田 佳弘, 筑紫 聡, 浦川 浩, 酒井 忠博, 石黒 直樹

    臨床整形外科   49 巻 ( 3 ) 頁: 243-247   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  262. Correlation between equivalent cross-relaxation rate and cellular density in soft tissue tumors.

    Hamada S, Matsushima S, Sugiura H, Yamada K, Nishida Y, Ishiguro N.

    Skeletal Radiol.   43 巻 ( 2 ) 頁: 141-7   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  263. Favorable outcome after complete resection in elderly soft tissue sarcoma patients: Japanese Musculoskeletal Oncology Group study.

    Yoneda Y, Kunisada T, Naka N, Nishida Y, Kawai A, Morii T, Takeda K, Hasei J, Yamakawa Y, Ozaki T; Japanese Musculoskeletal Oncology Group.

    Eur J Surg Oncol.   40 巻 ( 1 ) 頁: 49-54   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  264. Surgical procedures and prognostic factors for local recurrence of soft tissue sarcomas.

    Sugiura H, Nishida Y, Nakashima H, Yamada Y, Tsukushi S, Yamada K.

    J Orthop Sci.   19 巻 ( 1 ) 頁: 141-9   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  265. Unilateral instrumented fixation for cervical dumbbell tumors.

    Ando K, Imagama S, Ito Z, Kobayashi K, Ukai J, Muramoto A, Shinjo R, Matsumoto T, Nakashima H, Nishida Y, Ishiguro N.

    J Orthop Surg Res.   9 巻   頁: 2   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  266. 関節の変性・破壊、滑膜炎におけるsyndecanの役割

    西田 佳弘

    リウマチ科   50 巻 ( 4 ) 頁: 501-506   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  267. 神経線維腫症I型患者に悪性末梢神経鞘腫瘍と鑑別を要する肉腫を生じた2例

    生田 国大, 筑紫 聡, 小澤 英史, 浦川 浩, 新井 英介, 二村 尚久, 濱田 俊介, 石黒 直樹, 西田 佳弘

    日本レックリングハウゼン病学会雑誌   4 巻 ( 1 ) 頁: 78-81   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  268. 【小児整形外科疾患 診断・治療の進歩】 手術的治療の進歩 腫瘍性疾患 小児の色素性絨毛結節性滑膜炎の診断と治療

    宮本 健太郎, 中島 浩敦, 吉田 雅博, 山田 健志, 西田 佳弘, 酒井 忠博

    別冊整形外科   ( 64 ) 頁: 207-212   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  269. 膝周囲の原発性骨悪性腫瘍切除後の腓腹筋弁による再建

    鳥山 和宏, 八木 俊路朗, 高成 啓介, 小野 昌史, 筑紫 聡, 西田 佳弘, 亀井 譲

    創傷   4 巻 ( 4 ) 頁: 196-202   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  270. 後方及び開腹アプローチで切除した骨盤後腹膜脂肪肉腫の1例

    紫藤 洋二, 西田 佳弘, 筑紫 聡, 細野 幸三, 石黒 直樹

    骨軟部腫瘍治療   4 巻   頁: 13-15   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  271. Neurofibromatosis type 1(NF1)に生じた大腿MPNSTの一例

    紫藤 洋二, 西田 佳弘, 筑紫 聡, 細野 幸三, 石黒 直樹

    骨軟部腫瘍治療   4 巻   頁: 23-26   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  272. 左第9肋骨基部に発生した軟骨肉腫の1例

    紫藤 洋二, 西田 佳弘, 筑紫 聡, 和佐 潤志, 石黒 直樹

    骨軟部腫瘍治療   4 巻   頁: 39-42   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  273. 胸壁Ewing肉腫の一例

    筑紫 聡, 西田 佳弘, 紫藤 洋二, 和佐 潤志

    骨軟部腫瘍治療   4 巻   頁: 51-53   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  274. 初診時肺転移を有した右大腿骨遠位骨肉腫の一例

    筑紫 聡, 西田 佳弘, 和佐 潤志, 浦川 浩

    骨軟部腫瘍治療   4 巻   頁: 63-65   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  275. 初診時に大腿骨骨転移を有した下腿横紋筋肉腫の一例

    筑紫 聡, 西田 佳弘, 和佐 潤志, 浦川 浩

    骨軟部腫瘍治療   4 巻   頁: 83-85   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  276. Hyaluronan synthesis inhibitor supplements the inhibitory effects of zoledronic acid on bone metastasis of lung cancer. 査読有り

    Futamura N, Urakawa H, Arai E, Kozawa E, Ishiguro N, Nishida Y.

    Clin Exp Metastasis.   30 巻 ( 5 ) 頁: 595-606   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  277. 【外来で見逃さない軟部腫瘍】 軟部腫瘍診療におけるMRI検査の意義

    西田 佳弘

    関節外科   32 巻 ( 6 ) 頁: 637-643   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  278. Suppression of hyaluronan synthesis alleviates inflammatory responses in murine arthritis and in human rheumatoid synovial fibroblasts. 査読有り

    Yoshioka Y, Kozawa E, Urakawa H, Arai E, Futamura N, Zhuo L, Kimata K, Ishiguro N, Nishida Y.

    Arthritis Rheum.   65 巻 ( 5 ) 頁: 1160-70   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  279. Planned preservation surgery for soft tissue sarcomas adjacent to critical structures.

    Tsukushi S, Nishida Y, Urakawa H, Arai E, Kozawa E, Ishiguro N.

    Arch Orthop Trauma Surg.   133 巻 ( 4 ) 頁: 481-6   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  280. Osteosarcoma after bone marrow transplantation.

    Ueki H, Maeda N, Sekimizu M, Tsukushi S, Nishida Y, Horibe K.

    J Pediatr Hematol Oncol.   35 巻 ( 2 ) 頁: 134-8   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  281. Metastasis of osteosarcoma to stomach made clinically evident by hematemesis: a case report.

    Urakawa H, Tsukushi S, Tsurudome I, Hirata A, Arai E, Kozawa E, Futamura N, Miyahara R, Ishiguro N, Nishida Y.

    World J Surg Oncol.     頁: 11-48   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  282. Midterm outcome of risedronate therapy for patients with Paget's disease of bone in the central part of Japan. 査読有り

    Nishida Y, Yamada Y, Tsukushi S, Sugiura H, Urakawa H, Ishiguro N.

    Clin Rheumatol. 2013 Feb;32(2):241-5.   32 巻 ( 2 ) 頁: 241-5   2013年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  283. 膝周囲の原発性骨悪性腫瘍切除後の腓腹筋弁による再建

    鳥山 和宏, 八木 俊路朗, 高成 啓介, 小野 昌史, 筑紫 聡, 西田 佳弘, 亀井 譲

    創傷   4 巻 ( 3 ) 頁: 196-202   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  284. Evaluation of long-term outcomes of pasteurized autografts in limb salvage surgeries for bone and soft tissue sarcomas.

    Sugiura H, Nishida Y, Nakashima H, Yamada Y, Tsukushi S, Yamada K.

    Arch Orthop Trauma Surg.   132 巻 ( 12 ) 頁: 1685-95   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  285. Orthopaedic surgical technique 腫瘍 膝周辺の骨肉腫患肢温存手術(大腿骨遠位発生骨肉腫)

    西田 佳弘

    整形外科Surgical Technique   2 巻 ( 6 ) 頁: 611-625   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  286. Enhancement of malignant properties of human osteosarcoma cells with disialyl gangliosides GD2/GD3.

    Shibuya H, Hamamura K, Hotta H, Matsumoto Y, Nishida Y, Hattori H, Furukawa K, Ueda M, Furukawa K.

    Cancer Sci.   103 巻 ( 9 ) 頁: 1656-64   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  287. 軟部肉腫の治療成績はどこまで改善したか 悪性末梢神経鞘腫瘍の画像診断・治療・予後関連因子

    西田 佳弘, 和佐 潤志, 筑紫 聡, 浦川 浩, 高橋 満, 杉浦 英志, 片桐 浩久, 中島 浩敦, 山田 芳久, 石黒 直樹

    日本整形外科学会雑誌   86 巻 ( 9 ) 頁: 660-664   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  288. Osteochondroma with metaphyseal abnormalities after total body irradiation followed by stem cell transplantation.

    Shido Y, Maeda N, Kato K, Horibe K, Tsukushi S, Ishiguro N, Nishida Y.

    J Pediatr Hematol Oncol.   34 巻 ( 5 ) 頁: 378-82   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  289. Clinicopathological prognostic factors of superficial non-small round cell soft tissue sarcomas.

    Tsukushi S, Nishida Y, Shido Y, Wasa J, Ishiguro N.

    J Surg Oncol.   105 巻 ( 7 ) 頁: 668-72   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  290. Versican V1 isoform regulates cell-associated matrix formation and cell behavior differentially from aggrecan in Swarm rat chondrosarcoma cells. 査読有り

    Wasa J, Nishida Y, Shinomura T, Isogai Z, Futamura N, Urakawa H, Arai E, Kozawa E, Tsukushi S, Ishiguro N.

    Int J Cancer.   130 巻 ( 10 ) 頁: 2271-81   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  291. Therapeutic potential of hyaluronan oligosaccharides for bone metastasis of breast cancer.

    Urakawa H, Nishida Y, Knudson W, Knudson CB, Arai E, Kozawa E, Futamura N, Wasa J, Ishiguro N.

    J Orthop Res.   30 巻 ( 4 ) 頁: 662-72   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  292. Is it possible to identify clinically useful prognostic groups for patients with desmoid tumors? 査読有り

    Nishida Y, Tsukushi S, Urakawa H, Arai E, Ishiguro N.

    J Clin Oncol.   30 巻 ( 12 ) 頁: 1390   2012年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  293. Chondroblastoma of the femoral neck as a cause of hip synovitis.

    Kaneko H, Kitoh H, Wasa J, Nishida Y, Ishiguro N.

    J Pediatr Orthop B.   21 巻 ( 2 ) 頁: 179-82   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  294. Transition of Treatment for Patients with Extra-Abdominal Desmoid Tumors: Nagoya University Modality.

    Nishida Y, Tsukushi S, Shido Y, Urakawa H, Arai E, Ishiguro N.

    Cancers.   4 巻 ( 1 ) 頁: 88-99   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  295. Osteoarthritic change is delayed in a Ctsk-knockout mouse model of osteoarthritis. 査読有り

    Kozawa E, Nishida Y, Cheng XW, Urakawa H, Arai E, Futamura N, Shi GP, Kuzuya M, Hu L, Sasaki T, Ishiguro N.

    Arthritis Rheum.   64 巻 ( 2 ) 頁: 454-64   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  296. Osteochondral destruction in pigmented villonodular synovitis during the clinical course. 査読有り

    Nishida Y, Tsukushi S, Nakashima H, Sugiura H, Yamada Y, Urakawa H, Arai E, Ishiguro N.

    J Rheumatol.   39 巻 ( 2 ) 頁: 345-51   2012年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  297. Inhibition of hyaluronan synthesis in breast cancer cells by 4-Methylumbelliferone suppresses tumorigenicity in vitro and metastatic lesions of bone in vivo. 査読有り

    Urakawa H, Nishida Y, Wasa J, Arai E, Zhuo L, Kimata K, Kozawa E, Futamura N, Ishiguro N.

    Int J Cancer.   130 巻 ( 2 ) 頁: 454-66   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  298. Locally Recurrent Rectal Cancer Successfully Treated by Total Pelvic Exenteration with Combined Ischiopubic Rami Resection: Report of a Case.

    Uehara K, Yoshioka Y, Taguchi Y, Igami T, Ebata T, Yokoyama Y, Sugawara G, Tsukushi S, Nishida Y, Yoshino Y, Nagino M.

    Jpn J Clin Oncol.   42 巻 ( 1 ) 頁: 58-62   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  299. Foot sarcomas: Factors affecting oncological and functional outcomes.

    Kozawa E, Nishida Y, Nakashima H, Tsukushi S, Toriyama K, Kamei Y, Ishiguro N.

    Oncology Lett. 2012 Jan   3 巻 ( 1 ) 頁: 82-88   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  300. 仙骨脊索腫の外科療法と重粒子線治療の長期成績(5-10年未満と10年以上) 仙骨発生脊索腫に対する重粒子線治療の臨床成績 手術治療との比較

    西田佳弘, 筑紫聡, 山田芳久, 杉浦英志, 紫藤洋二, 和佐潤志, 石黒直樹

    日本整形外科学会雑誌   86 巻 ( 1 ) 頁: 15-18   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  301. 軟部肉腫の治療成績はどこまで改善したか 悪性末梢神経鞘腫瘍の画像診断・治療・予後関連因子

    西田 佳弘, 和佐 潤志, 筑紫 聡, 浦川 浩, 高橋 満, 杉浦 英志, 片桐 浩久, 中島 浩敦, 山田 芳久, 石黒 直樹

    日本整形外科学会雑誌   86 巻 ( 9 ) 頁: 660-664   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  302. 私論 日本の医療は輝きを維持できるか

    西田佳弘

    臨床雑誌整形外科   63 巻 ( 7 ) 頁: 630   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  303. NF1に関連して発症したMPNSTの診断にいたる経過の考察

    西田 佳弘, 筑紫 聡, 浦川 浩, 新井 英介, 石黒 直樹

    日本レックリングハウゼン病学会雑誌   3 巻 ( 1 ) 頁: 66-68   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  304. 細胞および細胞周囲ヒアルロン酸発現は悪性末梢神経鞘腫瘍の予後と関連する

    生田 国大, 西田 佳弘, 筑紫 聡, 浦川 浩, 新井 英介, 小澤 英志, 二村 尚久, 石黒 直樹

    日本レックリングハウゼン病学会雑誌   3 巻 ( 1 ) 頁: 69-72   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  305. 軟部肉腫の治療成績はどこまで改善したか 粘液型および脱分化型脂肪肉腫の治療成績 年代別治療成績の検討を中心に

    穴澤 卯圭, 森岡 秀夫, 鈴木 禎寿, 森井 健司, 保坂 聖一, 浅野 尚文, 岩田 慎太郎, 尾崎 敏文, 柳川 天志, 川井 章, 西田 佳弘, 保坂 泰介, 上田 孝文, 矢部 啓夫, 戸山 芳昭

    日本整形外科学会雑誌   86 巻 ( 9 ) 頁: 647-653   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  306. 膝窩部軟部肉腫の治療経験

    二村尚久, 西田佳弘, 中島浩敦, 杉浦英志, 山田芳久, 石黒直樹

    整形外科   63 巻 ( 4 ) 頁: 319-323   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  307. Clinical outcome of sacral chordoma with carbon ion radiotherapy compared with surgery. 査読有り

    Nishida Y, Kamada T, Imai R, Tsukushi S, Yamada Y, Sugiura H, Shido Y, Wasa J, Ishiguro N.

    Int J Radiat Oncol Biol Phys.   79 巻 ( 1 ) 頁: 110-6   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  308. Recurrent alveolar rhabdomyosarcoma with prior surgery and radiotherapy: altered lymphatic drainage limits the reliability of sentinel lymph node biopsy. 査読有り

    Nishida Y, Tsukushi S, Yamada Y, Shimoyama Y, Shido Y, Wasa J, Ishiguro N.

    J Pediatr Hematol Oncol.   33 巻 ( 1 ) 頁: e26-8.   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  309. Keratan Sulfate Restricts Neural Plasticity after Spinal Cord Injury. 査読有り

    Imagama S, Sakamoto K, Tauchi R, Shinjo R, Ohgomori T, Ito Z, Zhang H, Nishida Y, Asami N, Takeshita S, Sugiura N, Watanabe H, Yamashita T, Ishiguro N, Matsuyama Y, Kadomatsu K.

    J Neurosci.   31 巻 ( 47 ) 頁: 17091-17102.   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  310. Pedicle omental flap transfer combined with vascular reconstruction after wide resection of a myxoid liposarcoma in the inguinal region. 査読有り

    Tsukushi S, Nishida Y, Yamada Y, Kamei Y, Toriyama K, Ishiguro N.

    Ann Vasc Surg.   25 巻 ( 8 ) 頁: 1139.e1-4.   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  311. Vascularized fibular flaps enhance histological repair in pasteurized autogenous bone graft. 査読有り

    Nishida Y, Tsukushi S, Wasa J, Urakawa H, Toriyama K, Kamei Y, Ishiguro N.

    Ann Plast Surg.   67 巻 ( 4 ) 頁: 416-20.   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  312. Difficulties to Detect In-Transit Lymphatic Metastasis in Patients With Rhabdomyosarcoma of the Extremity: In Regard to La et al. (Int J Radiat Oncol Biol Phys 2011; 80: 1151-1157.). 査読有り

    Nishida Y, Tsukushi S, Urakawa H, Arai E, Ishiguro N.

    Int J Radiat Oncol Biol Phys.   81 巻 ( 2 ) 頁: 606.   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  313. Clinicopathological assessment of T1 soft tissue sarcomas. 査読有り

    Tsukushi S, Nishida Y, Wasa J, Urakawa H, Ishiguro N.

    Arch Orthop Trauma Surg.   131 巻 ( 5 ) 頁: 695-9.   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  314. Inhibition of hyaluronan retention by 4-methylumbelliferone suppresses osteosarcoma cells in vitro and lung metastasis in vivo.

    Arai E, Nishida Y, Wasa J, Urakawa H, Zhuo L, Kimata K, Kozawa E, Futamura N, Ishiguro N.

    Br J Cancer.   105 巻 ( 12 ) 頁: 1839-49   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  315. 悪性末梢神経鞘腫瘍の診断・治療成績・予後関連因子

    西田佳弘, 和佐潤志, 筑紫聡, 石黒直樹

    日本レックリングハウゼン病学会雑誌   2 巻 ( 1 ) 頁: 77-80   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  316. Oncologic and functional outcomes of soft tissue sarcomas of the distal upper extremity: comparison with those of the proximal upper extremity. 査読有り

    Yamada Y, Nishida Y, Nakashima H, Sugiura H, Tsukushi S, Kamei Y, Toriyama K, Ishiguro N.

    Int Surg.   95 巻 ( 1 ) 頁: 33-9.   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  317. Intramuscular Granular Cell Tumor in the Lower Extremities. 査読有り

    Arai E, Nishida Y, Tsukushi S, Sugiura H, Ishiguro N.

    Clin Orthop Rel Res.   468 巻 ( 5 ) 頁: 1384-9   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  318. 胸膜外発生solitary fibrous tumor 9例の臨床病理学的検討

    吉田雅博, 中島浩敦, 高桑康成, 二村尚久, 杉浦英志, 西田佳弘

    整形外科   60 巻 ( 13 ) 頁: 1349-1355   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  319. Musculoskeletal Tumor 骨・軟部腫瘍 デスモイド型線維腫症に対する治療戦略 薬物治療の位置づけ

    西田佳弘

    癌と化学療法   37 巻 ( 3 ) 頁: 425-429   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  320. 【股関節疾患の治療 up-to-date】 腫瘍性疾患の治療 股関節に発症した色素性絨毛結節性滑膜炎の診断・治療

    西田佳弘, 筑紫聡, 中島浩敦, 石黒直樹

    別冊整形外科   ( 57 ) 頁: 173-176   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  321. 5cm以下の軟部肉腫の治療成績

    筑紫聡, 西田佳弘, 紫藤洋二, 和佐潤志, 石黒直樹

    整形外科   61 巻 ( 7 ) 頁: 620-623   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  322. 軟骨再生 基礎と臨床 ヒアルロン酸の関節内注射による治療

    西田佳弘

    臨床整形外科   45 巻 ( 9 ) 頁: 779-783   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  323. CT-guided needle biopsy for musculoskeletal lesions. 査読有り

    Tsukushi S, Nishida Y, Yamada Y, Yoshida M, Ishiguro N.

    Arch Orthop Trauma Surg.   130 巻 ( 5 ) 頁: 699-703.   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  324. Nodular fasciitis causing axillary nerve palsy: a case report. 査読有り

    Nishida Y, Koh S, Fukuyama Y, Hirata H, Ishiguro N.

    J Shoulder Elbow Surg.   19 巻 ( 4 ) 頁: e1-4.   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  325. MRI features in the differentiation of malignant peripheral nerve sheath tumors and neurofibromas. 査読有り

    Wasa J, Nishida Y, Tsukushi S, Shido Y, Sugiura H, Nakashima H, Ishiguro N.

    AJR Am J Roentgenol.   194 巻 ( 6 ) 頁: 1568-74.   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  326. Nodular fasciitis of the finger and hand: case report. 査読有り

    Nishida Y, Tsukushi S, Wasa J, Iwata Y, Kozawa E, Ishiguro N.

    J Hand Surg Am.   35 巻 ( 7 ) 頁: 1184-6.   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  327. Glanzmann thrombasthenia detected because of knee hemarthrosis: a case report. 査読有り

    Urakawa H, Nishida Y, Tsukushi S, Katsumi A, Ishiguro N.

    J Pediatr Orthop B.   19 巻 ( 6 ) 頁: 521-3.   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  328. Clinical and treatment outcomes of planned and unplanned excisions of soft tissue sarcomas. 査読有り

    Arai E, Nishida Y, Tsukushi S, Wasa J, Ishiguro N.

    Clin Orthop Relat Res.   468 巻 ( 11 ) 頁: 3028-34.   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  329. Clinicopathologic prognostic factors of pure myxoid liposarcoma of the extremities and trunk wall. 査読有り

    Nishida Y, Tsukushi S, Nakashima H, Ishiguro N.

    Clin Orthop Relat Res.   468 巻 ( 11 ) 頁: 3041-6.   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  330. Targeted hyperthermia using magnetite cationic liposomes and an alternating magnetic field in a mouse osteosarcoma model. 査読有り

    Shido Y, Nishida Y, Suzuki Y, Kobayashi T, Ishiguro N.

    J Bone Joint Surg Br.   92 巻 ( 4 ) 頁: 580-5.   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  331. *Successful treatment with meloxicam, a COX-2 inhibitor, of patients with extra-abdominal desmoid tumors: a pilot study. 査読有り

    Nishida Y, Tsukushi S, Yamada Y, Shido Y, Wasa J, Ishiguro N.

    J Clin Oncol.   28 巻 ( 6 ) 頁: e107-9.   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  332. Suppression of tumour metastasis in a murine osteosarcoma model with anti-CD25 monoclonal antibody treatment. 査読有り

    Kozawa E, Sugiura H, Wasa J, Kohyama K, Yamada K, Nishioka A, Nishida Y, Ishiguro N, Taguchi O.

    Anticancer Res.   30 巻 ( 12 ) 頁: 5019-22   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  333. Surgical treatment for local control of extremity and trunk desmoid tumors. 査読有り

    Shido Y, Nishida Y, Nakashima H, Katagiri H, Sugiura H, Yamada Y, Ishiguro N.

    Arch Orthop Trauma Surg   129 巻   頁: 929-933   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  334. 制圧への治療戦略 再発性骨・軟部悪性腫瘍 再発性軟部肉腫に対する再発広範切除術の成績と予後因子について

    杉浦英志, 山田健志, 小澤英史, 西田佳弘, 米川正洋, 中島浩敦

    日本整形外科学会雑誌   83 巻 ( 1 ) 頁: 28-32   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  335. 【整形外科疾患におけるinterventional radiology】 転移性骨腫瘍におけるCTガイド下生検

    吉田雅博, 筑紫聡, 水野正昇, 西田佳弘

    関節外科   28 巻 ( 6 ) 頁: 674-678   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  336. Pericellular Matrix Formation Alters the Efficiency of Intracellular Uptake of Oligonucleotides in Osteosarcoma Cells. 査読有り

    Suzuki Y, Nishida Y, Naruse T, Gemba T, Ishiguro N.

    J Surg Res   152 巻   頁: 148-156   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  337. Constitutively activated ALK2 and increased smad1/5 cooperatively induce BMP signaling in fibrodysplasia ossificans progressiva. 査読有り

    Fukuda T, Kohda M, Kanomata K, Nojima J, Nakamura A, Kamizono J, Noguchi Y, Iwakiri K, Kondo T, Kurose J, Endo KI, Awakura T, Fukushi J, Nakashima Y, Chiyonobu T, Kawara A, Nishida Y, Wada I, Akita M, Komori T, Nakayama K, Nanba A, Maruki Y, Yoda T, Tomoda H, Yu PB, Shore EM, Kaplan FS, Miyazono K, Matsuoka M.

    J Biol Chem   284 巻   頁: 7149-7156   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  338. Vascularized clavicular rotation graft for revised shoulder arthrodesis after tumor resection of the proximal humerus: A case report. 査読有り

    Tsukushi S, Nishida Y, Yamada Y, Hosono K, Ishiguro N.

    J Shoulder Elbow Surg   18 巻   頁: e13-16   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  339. Vocabulary IDO

    浦川浩, 西田佳弘

    整形外科   60 巻 ( 13 ) 頁: 1382   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  340. 運動器疾患予防の最先端 変形性膝関節症の予防

    西田佳弘, 石黒直樹

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   52 巻 ( 5 ) 頁: 1185-1186   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  341. Prognostic value of indoleamine 2, 3-dioxygenase expression in high grade osteosarcoma. 査読有り

    Urakawa H, Nishida Y, Nakashima H, Shimoyama Y, Nakamura S, Ishiguro N.

    Clin Exp Metastasis.   26 巻 ( 8 ) 頁: 1005-12.   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  342. Soft tissue sarcomas of the chest wall. 査読有り

    Tsukushi S, Nishida Y, Sugiura H, Nakashima H, Ishiguro N.

    J Thorac Oncol.   4 巻   頁: 834-7   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  343. *Osteosarcoma in The Elderly Over 60 Years: A Multicenter Study by The Japanese Musculoskeletal Oncology Group. 査読有り

    Nishida Y, Isu K, Ueda T, Nishimoto Y, Tsuchiya H, Wada T, Sato K, Tsukushi S, Sugiura H.

    J Surg Oncol.   100 巻   頁: 48-54   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  344. Cyclo-oxygenase-2 Overexpression May Predicts Poor Survival in Patients With High-grade Extremity Osteosarcoma. 査読有り

    Urakawa H, Nishida Y, Naruse T, Nakashima H, Ishiguro N.

    Clin Orthop Rel Res.   467 巻   頁: 2932-8   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  345. Reconstruction of the first and second metatarsals with free vascularised double-barrelled fibular graft after resection of a chondrosarcoma. 査読有り

    Toriyama K, Kamei Y, Yagi S, Uchibori M, Nishida Y, Torii S.

    J Plast Reconstr Aesthet Surg.   62 巻 ( 12 ) 頁: e580-3.   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  346. 【上肢の外科 最近の進歩】 上肢悪性腫瘍に対する手術の成績と問題点 上腕・前腕発生軟部肉腫に対する治療成績

    西田佳弘, 山田芳久, 中島浩敦, 杉浦英志, 筑紫聡, 石黒直樹

    別冊整形外科   54 巻   頁: 222-225   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  347. 左足部軟部腫瘍の1例

    細野幸三, 西田佳弘, 筑紫聡, 紫藤洋二, 山田芳久, 宮田友子, 下山芳江, 長坂徹郎, 川井久美, 榊原綾子, 中村栄男, 安江敬

    東海骨軟部腫瘍   20 巻   頁: 7-8   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  348. 右側胸部軟部腫瘍の1例

    細野幸三, 西田佳弘, 筑紫聡, 紫藤洋二, 島田聡子, 下山芳江, 長坂徹郎, 中村栄男

    東海骨軟部腫瘍   20 巻   頁: 13-14   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  349. 後腹膜軟部腫瘍の1例

    和佐潤志, 西田佳弘, 筑紫聡, 紫藤洋二, 下山芳江, 島田聡子, 長坂徹郎, 中村栄男

    東海骨軟部腫瘍   20 巻   頁: 25-26   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  350. 学会を聞く 第41回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会

    西田佳弘

    整形外科   59 巻 ( 12 ) 頁: 1519-1520   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  351. Results of limb-salvage surgery with vascular reconstruction for soft tissue sarcoma in the lower extremity: comparison between only arterial and arterovenous reconstruction. 査読有り

    Tsukushi S, Nishida Y, Sugiura H, Nakashima H, Ishiguro N.

    J Surg Oncol   97 巻 ( 3 ) 頁: 216-20   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  352. Differential expression of angiogenic factors in peripheral nerve sheath tumors. 査読有り

    Wasa J, Nishida Y, Suzuki Y, Tsukushi S, Shido Y, Hosono K, Shimoyama Y, Nakamura S, Ishiguro N.

    Clin Exp Metastasis   25 巻 ( 7 ) 頁: 819-25   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  353. Challenge 貴方も名医 招待有り

    西田佳弘、石黒直樹

    Clinic magazine   460 巻 ( 3 ) 頁: 38, 72-73   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  354. 【見逃さないための骨軟部腫瘍診断のABC】 骨腫瘍 骨腫瘍と鑑別を要する疾患 招待有り

    西田佳弘

    Orthopaedics   21 巻 ( 9 ) 頁: 25-32   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  355. 胸壁発生軟部肉腫の治療成績

    筑紫聡, 西田佳弘, 杉浦英志, 中島浩敦, 石黒直樹

    整形外科   59 巻 ( 10 ) 頁: 1197-1200   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  356. *Reconstruction of the proximal humerus after extensive extraarticular resection for osteosarcoma: a report of two cases with clavicula pro humero reconstruction. 査読有り

    Nishida Y, Tsukushi S, Yamada Y, Kamei Y, Toriyama K, Ishiguro N.

    Oncol Rep   20 巻 ( 5 ) 頁: 1105-9   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  357. Pasteurized intercalary autogenous bone graft combined with vascularized fibula. 査読有り

    Sugiura H, Takahashi M, Nakanishi K, Nishida Y, Kamei Y.

    Clin Orthop Relat Res.   456 巻   頁: 196-202   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  358. 大腿骨遠位部骨腫瘍の1例

    細野幸三, 西田佳弘, 山田芳久, 筑紫聡, 石黒直樹, 下山芳江, 榊原綾子, 川井久美, 長坂徹郎, 中村栄男

    東海骨軟部腫瘍   19 巻   頁: 5-6   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  359. 上腕骨骨腫瘍の1例

    筑紫聡, 西田佳弘, 山田芳久, 細野幸三, 下山芳江, 長坂徹郎, 中村栄男

    東海骨軟部腫瘍   19 巻   頁: 19-20   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  360. 脛骨近位部骨腫瘍の1例

    細野幸三, 西田佳弘, 山田芳久, 筑紫聡, 石黒直樹, 下山芳江, 榊原綾子, 川井久美, 長坂徹郎, 中村栄男

    東海骨軟部腫瘍   19 巻   頁: 27-28   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  361. Synovial osteochondromatosis of the carpometacarpal joint. 査読有り

    Nakashima H, Sugiura H, Nishida Y, Yamada Y, Ishiguro N.

    Am J Orthop   36 巻 ( 10 ) 頁: E151-2   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  362. 臨床室 思春期に発症した舟状-第1楔状骨間癒合症の3例

    山田芳久, 西田佳弘, 筑紫聡, 細野幸三, 石黒直樹

    整形外科   58 巻 ( 13 ) 頁: 1737-1740   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  363. 孤立性骨病変を伴ったPOEMS症候群の3例

    細野幸三、西田佳弘、筑紫聡、杉浦英志、山田芳久、石黒直樹

    整形外科   58 巻 ( 9 ) 頁: 1229-1232   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  364. 上腕骨近位悪性骨腫瘍広範切除後再建の機能評価

    筑紫聡、西田佳弘、杉浦英志、中島浩敦、高橋満、石黒直樹

    整形外科   58 巻 ( 4 ) 頁: 379-383   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  365. 大腿骨遠位悪性骨腫瘍に対する腫瘍用人工膝関節置換術後に伸展障害を生じた1例

    筑紫聡、西田佳弘、山田芳久、細野幸三、石黒直樹

    整形外科   58 巻 ( 3 ) 頁: 277-279   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  366. 関節軟骨とヒアルロン酸 軟骨細胞ヒアルロン酸阻害モデルにおける回復程解析 招待有り

    西田佳弘、石黒直樹

    臨床整形外科   42 巻 ( 4 ) 頁: 307-311   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  367. 【良性骨軟部腫瘍に対する手術治療のpitfall】 デスモイド 招待有り

    西田佳弘、紫藤洋二、山田芳久、筑紫聡、細野幸三、石黒直樹

    整形・災害外科   50 巻 ( 6 ) 頁: 671-677   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  368. Brachialis muscle tear mimicking an intramuscular tumor: A report of two cases. 査読有り

    Nishida Y, Tsukushi S, Yamada Y, Hosono K, Ishiguro N.

    J Hand Surg   32 巻 ( 8 ) 頁: 1237-41   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  369. Re-operation results in osteoarthritic change of knee joints in patients with giant cell tumor of bone. 査読有り

    Suzuki Y, Nishida Y, Yamada Y, Tsukushi S, Sugiura H, Nakashima H, Ishiguro N.

    Knee   14 巻   頁: 369-374   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  370. *Hyaluronan oligosaccharides inhibit tumorigenicity of osteosarcoma cell lines MG-63 and LM-8 in vitro and in vivo via perturbation of hyaluronan-rich pericellular matrix of the cells. 査読有り

    Hosono K, Nishida Y, Knudson W, Knudson CB, Naruse T, Suzuki Y, Ishiguro N.

    Am J Pathol   171 巻   頁: 274-286   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  371. Combined fibular osteocutaneous and omental flaps. 査読有り

    Kamei Y, Nakayama B, Toriyama K, Hyodo I, Yagi S, Sugiura H, Nishida Y, Nakanishi K, Torii S.

    Plast Reconstr Surg   119 巻   頁: 1499-1504   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  372. Synergistic effects of meloxicam and conventional cytotoxic drugs in human MG-63 osteosarcoma cells. 査読有り

    Naruse T, Nishida Y, Ishiguro N.

    Biomed Pharmacother   61 巻   頁: 338-346   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  373. Serum tumor markers in skeletal metastasis 査読有り

    Tsukushi S, Katagiri H, Kataoka T, Nishida Y, Ishiguro N.

    Jpn J Clin Oncol   36 巻   頁: 439-444   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  374. Clavicula pro humero reconstruction after wide resection of the proximal humerus 査読有り

    Tsukushi S, Nishida Y, Takahashi M, Ishiguro N.

    Clin Orthop   447 巻   頁: 132-137   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  375. 【マトリックスメタロプロテアーゼの最新知見 癌増殖・浸潤・転移を中心として】 癌の骨転移のメカニズム 招待有り

    西田佳弘

    G.I.Research   14 巻 ( 6 ) 頁: 566-571   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  376. 関節軟骨組織におけるヒアルロン酸合成 招待有り

    西田佳弘、石黒直樹

    リウマチ科   36 巻 ( 4 ) 頁: 421-427   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  377. 学会レポート 第73回米国整形外科学会議(American Academy of Orthopaedic Surgeons)

    西田佳弘

    Arthritis   4 巻 ( 2 ) 頁: 60-61   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  378. Persistent popliteal pain derived from cavernous hemangioma involving gracilis tendon and tendon sheath 査読有り

    Nishida Y, Yamada Y, Tsukushi S, Shimoyama Y, Nagasaka T, Ishiguro N.

    Knee   13 巻   頁: 252-254   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  379. 胸椎部腫瘍の1例

    細野幸三、西田佳弘、山田芳久、筑紫聡、中村博司、松山幸弘、川井久美、下山芳江、榊原綾子、長坂徹郎、中村栄男

    東海骨軟部腫瘍   18 巻   頁: 39-40   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  380. 左大腿骨骨腫瘍の1例

    山田芳久、西田佳弘、筑紫聡、細野幸三、石黒直樹、下山芳江、中村栄男、長坂徹郎、榊原綾子、川井久美

    東海骨軟部腫瘍   18 巻   頁: 25-26   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  381. 右上腕骨骨腫瘍の1例

    吉田雅博、西田佳弘、山田芳久、筑紫聡、下山芳江、榊原綾子、長坂徹郎

    東海骨軟部腫瘍   18 巻   頁: 3-4   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  382. CTガイド下マーキング後に切除した距骨頸部発生類骨骨腫の1例

    玉井良樹、西田佳弘、金村徳相、申正樹、吉田剛、新井英介

    整形外科   57 巻 ( 4 ) 頁: 426-429   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  383. 加温処理骨による骨軟部腫瘍切除後再建

    杉浦英志、山田健志、西田佳弘、高橋満、米川正洋

    中部整災誌   49 巻 ( 4 ) 頁: 675-676   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  384. 自家末梢血幹細胞移植併用下にThiotepa+Melphalanの大量化学療法を施行した難治性横紋筋肉腫の4例

    前田尚子、村松友佳子、瀧本哲也、吉田潤、西田佳弘、安藤久實、堀部敬三

    小児がん   43 巻 ( 2 ) 頁: 233-240   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  385. 【骨腫瘍の手術のコツと落とし穴】 上腕骨近位悪性骨腫瘍切除後再建法 各種再建術式のコツと落とし穴 招待有り

    西田佳弘、筑紫聡

    骨・関節・靱帯   19 巻 ( 12 ) 頁: 1143-1150   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  386. Meloxicam inhibits osteosarcoma growth, invasiveness and metastasis by COX-2-dependent and independent routes. 査読有り

    Naruse T, Nishida Y, Hosono K, Ishiguro N

    Carcinogenesis   27 巻   頁: 584-592   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  387. Increased expression of membrane-type matrix metalloproteinase-1 is correlated with poor prognosis in patients with osteosarcoma. 査読有り

    Uchibori M, Nishida Y, Nagasaka T, Yamada Y, Nakanishi K, Ishiguro N

    Int. J Oncol   28 巻   頁: 33-42   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  388. 【関節症の診断と治療 最近のトピックス】 関節症とヒアルロン酸 細胞外マトリックス内のヒアルロン酸の意義 招待有り

    西田佳弘、石黒直樹

    関節外科   24 巻 ( 1 ) 頁: 24-30   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  389. 著明な炎症所見を呈した上腕骨転移性骨腫瘍の1例

    筑紫聡、西田佳弘、山田芳久、柴田浩範、石黒直樹

    整形外科   56 巻   頁: 1689-1692   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  390. 腹壁外デスモイド腫瘍の手術治療成績

    紫藤洋二、中島浩敦、西田佳弘、中西啓介、片桐浩久

    整形外科   56 巻 ( 5 ) 頁: 520-524   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  391. 左上腕骨骨腫瘍の1例

    筑紫聡、西田佳弘、山田芳久、下山芳江、長坂徹郎

    東海骨軟部腫瘍   17 巻   頁: 31-32   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  392. 胸椎骨腫瘍の1例

    筑紫聡、西田佳弘、山田芳久、中西啓介、下山芳江、長坂徹郎

    東海骨軟部腫瘍   17 巻   頁: 15-16   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  393. 原発性腫瘍広範切除後の腫瘍用人工関節、腫瘍用人工骨頭置換術における術後感染治療、感染リスクファクターの検討

    紫藤洋二、中島浩敦、筑紫聡、西田佳弘、杉浦英志、中西啓介、杉山晴敏、片桐浩久

    日本人工関節学会誌   34 巻   頁: 263-264   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  394. 仙骨発生脊索腫に対する治療 手術治療と重粒子線治療の選択

    西田佳弘、山田芳久、筑紫聡、杉浦英志、石黒直樹

    中部整災誌   48 巻 ( 1 ) 頁: 119-120   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  395. 右下腿軟部腫瘍の1例

    山田芳久、西田佳弘、吉田雅博、田畑出、村上朋子、長坂徹郎、下山芳江

    東海骨軟部腫瘍   17 巻   頁: 9-10   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  396. Dose-dependent inhibition of proliferation, invasiveness and stimulation of apoptosis in osteosarcoma cell line, MG-63, by COX-2 inhibitor, meloxicam. 査読有り

    Naruse T, Nishida Y, Hosono K, Ishiguro N.

    Trans Orthop Res Soc   30 巻   頁: 436   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  397. Sentinel lymph node biopsy reveals a positive popliteal node in clear cell sarcoma: a case report 査読有り

    Nishida Y, Yamada Y, Tsukushi S, Shibata S, Ishiguro N

    Anticancer Res   25 巻   頁: 4413-4416   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  398. Antisense inhibition of hyaluronan synthase-2 in human osteosarcoma cells inhibits hyaluronan retention and tumorigenicity 査読有り

    Nishida Y, Knudson W, Knudson CB, Ishiguro N

    Exp Cell Res   307 巻   頁: 194-203   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  399. Regenerating the fibula with beta-tricalcium phosphate minimizes morbidity after fibula resection 査読有り

    Arai E, Nakashima H, Tsukushi S, Shido Y, Nishida Y, Yamada Y, Sugiura H, Katagiri H

    Clin Orthop Rel Res   431 巻   頁: 233-237   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  400. Hyaluronan oligosaccharides inhibit proliferation and invasiveness of osteosarcoma cell line, MG-63, by suppression of hyaluronan in pericellular matrix of the tumor cells. 査読有り

    Hosono K, Nishida Y, Knudson W, Ishiguro N.

    Trans Orthop Res Soc   30 巻   頁: 435   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  401. 【骨転移の診断と最新治療】 がんの骨転移過程における細胞外マトリックス マトリックスメタロプロテアーゼ(MMP)の役割を中心に 招待有り

    西田佳弘

    骨・関節・靱帯   17 巻 ( 4 ) 頁: 323-330   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  402. 骨軟部腫瘍切除後の加温処理骨による再建

    杉浦英志、山田健志、西田佳弘、高橋満、中西啓介

    中部整災誌   47 巻 ( 5 ) 頁: 1067-1068   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  403. 左大腿骨骨腫瘍の1例

    吉田雅博、西田佳弘、山田芳久、田畑出、下山芳江、長坂徹郎、岩田洋介、中島浩敦、筑紫聡、稲熊真悟

    東海骨軟部腫瘍   16 巻   頁: 35-36   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  404. 右大腿骨骨腫瘍の1例

    田畑出、西田佳弘、山田芳久、吉田雅博、下山芳江、長坂徹郎

    東海骨軟部腫瘍   16 巻   頁: 23-24   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  405. 右側腹部軟部腫瘍の1例

    吉田雅博、西田佳弘、山田芳久、田畑出、下山芳江、岩田洋介、長坂徹郎

    東海骨軟部腫瘍   16 巻   頁: 15-16   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  406. 腓骨採取後の骨補填材料としてのb-tricalcium phosphate(b-TCP)の使用経験

    新井英介、中島浩敦、筑紫聡、紫藤洋二、西田佳弘、山田芳久、杉浦英志、片桐浩久

    臨床整形外科   39 巻 ( 3 ) 頁: 331-335   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  407. 大腿骨近位転移性骨腫瘍に対する腫瘍切除・人工骨頭置換術の治療経験

    中島浩敦、筑紫聡、紫藤洋二、新井英介、杉浦英志、山田健志、西田佳弘、山田芳久、吉田雅博、高橋満、片桐浩久

    関節外科   23 巻 ( 2 ) 頁: 285-289   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  408. 原発性腫瘍広範切除後の腫瘍用人工関節、腫瘍用人工骨頭置換術における術後感染治療、感染リスクファクターの検討

    紫藤洋二、中島浩敦、筑紫聡、西田佳弘、杉浦英志、中西啓介、杉山晴敏、片桐浩久

    日本人工関節学会誌   34 巻   頁: 263-264   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  409. 下肢悪性骨腫瘍に対し血管柄付き腓骨と加温処理骨を併用した再建法

    小久保晃伸、中西啓介、米川正洋、西田佳弘、杉浦英志、高橋満

    整形外科   55 巻 ( 12 ) 頁: 1535-1538   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  410. 腫瘍切除後非血管枝付き遊離腓骨移植を用いて再建した橈骨遠位端骨巨細胞腫の2例

    中島浩敦、西田佳弘、山田芳久、杉浦英志、浅野昌育、柘植哲、石川忠也

    臨床整形外科   39 巻   頁: 367-371   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  411. 複数回手術を行ったデスモイド腫瘍の治療成績

    紫藤洋二、中島浩敦、筑紫聡、西田佳弘、中西啓介

    中部整災誌   47 巻 ( 4 ) 頁: 709-710   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  412. 骨軟部腫瘍遠隔転移患者に対する化学療法感受性試験の有用性

    西田佳弘、田畑出、山田芳久、吉田雅博、石黒直樹

    中部整災誌   47 巻 ( 4 ) 頁: 717-718   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  413. Osteogenic Protein-1 inhibits matrix depletion in a hyaluronan hexasaccharide-induced model of osteoarthritis 査読有り

    Nishida Y, Knudson CB, Knudson W.

    Osteoarthritis Cartilage   12 巻   頁: 374-82   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  414. Expression of Matrix Metalloproteinases and Tissue Inhibitors of Metalloproteinases in Pigmented Villonodular Synovitis Suggests Their Potential Role for Joint Destruction

    Uchibori M, Nishida Y, Tabata I, Sugiura H, Nakashima H, Yamada Y, Ishiguro N.

    J Rheum   31 巻   頁: 110-119   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  415. Stimulated Type I Collagen Turnover in Patients With Giant Cell Tumor of Bone. 査読有り

    Hiroatsu Nakashima, Hideshi Sugiura, Yoshihiro Nishida, Yoshihisa Yamada , Izuru Tabata , Naoki Ishiguro.

    Calcif Tissue Int.   73 巻   頁: 5-8   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  416. Extracellular matrix recovery by human articular chondrocytes after treatment of hyaluronan hexasaccharides or Streptomyces hyaluronidase 査読有り

    Nishida Y, Knudson CB, Knudson W.

    Mod Rheum   13 巻   頁: 62-68   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  417. Telomerase Activity in Osteosarcoma; Comparison to p53 and PCNA expression. 査読有り

    Hiroatsu Nakashima, Yoshihiro Nishida, Hideshi Sugiura, Yoshihisa Yamada, Hirohisa Katagiri, Masahiro Yonekawa, Hisashi Iwata, Tetsuro Nagasaka, Naoki Ishiguro.

    Eur J Surg Oncol   29 巻   頁: 564-567   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  418. A study of inter-alpha-trypsin inhibitor chains expression in lipoarcoma. 査読有り

    Tabata I, Nishida Y, Sugiura H, Zhuo L, Yoneda M, Kimata K, Nakashima H, Ishiguro N.

    Eur J Surg Oncol.   29 巻   頁: 665-669   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  419. Remodelling and healing process of moderately heat-treated bone grafts after wide resection of bone and soft-tissue tumors. 査読有り

    Sugiura H, Yamamura S, Sato K, Katagiri H, Nishida Y, Nakashima H, Yamada Y.

    Arch Orthop Trauma Surg.   123 巻   頁: 514-520   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  420. Epithelioid sarcoma mimicking a primary osseous multifocal scapula lesion. 査読有り

    Nakashima H, Katagiri H, Sugiura H, Yonekawa M, Nishida Y, Yamada Y.

    Skeletal Radiol   31 巻 ( 7 ) 頁: 430-3   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  421. Additional wide resection of malignant soft tissue tumors. 査読有り

    Sugiura H, Takahashi M, Katagiri H, Nishida Y, Nakashima H, Yonekawa M, Iwata H.

    Clin Orthop Relat Res   394 巻   頁: 201-10   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  422. Heat-treated autogenous bone graft after wide resection of bone and soft tissue tumors: radiographic, scintigraphic, and magnetic imaging features.

    Hideshi Sugiura, Yoshihiro Nishida, Hiroatsu Nakashima, Yoshihisa Yamada, Shigeki Yamamura, Keiji Sato, Hisashi Iwata

        頁: 181-185   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  423. Osteogenic Protein-1 stimulates cell-associated matrix assembly by human articular chondrocytes: upregulation of hyaluronan synthase, CD44 and aggrecan. 査読有り

    Yoshihiro Nishida, Cheryl B Knudson, Wolfgang Eger, Klaus E Kuettner and Warren Knudson.

    Arthritis Rheum   43 巻   頁: 206-214   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  424. Osteogenic protein-1 promotes the synthesis and retention of extracellular matrix within bovine articular cartilage and chondrocyte cultures. 査読有り

    Yoshihiro Nishida, Cheryl B Knudson, Arkady Margulis and Warren Knudson.

    Osteoarthritis Cartilage   8 巻   頁: 127-36   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  425. Stimulation of hyaluronan metabolism by interleukin-1 alpha in human articular cartilage 査読有り

    Nishida Y, D'Souza AL, Thonar EJ, Knudson W.

    Arthritis Rheum   43 巻   頁: 1315-26   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  426. Hyaluronan oligosaccharides perturb cartilage matrix homeostasis and induce chondrocytic chondrolysis. 査読有り

    Warren Knudson, Brian Casey, Yoshihiro Nishida, Wolfgang Eger, Klaus E. Kuettner and Cheryl B. Knudson.

    Arthritis Rheum   43 巻   頁: 1165-74   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  427. Differential effects of interleukin-1 on hyaluronan and proteoglycan metabolism in two compartments of the matrix formed by articular chondrocytes maintained in alginate. 査読有り

    Aloma L. D`Souza, Koichi Masuda, Lari M. Otten, Yoshihiro Nishida, Warren Knudson and Eugene J-M.A. Thonar.

    Arch Biochem Biophys   374 巻   頁: 59-65   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  428. Antisense inhibition of hyaluronan synthase-2 in human articular chondrocytes inhibits proteoglycan retention and matrix assembly. 査読有り

    Nishida Y, Knudson CB, Nietfeld JJ, Margulis A, Knudson W.

    J Biol Chem   274 巻 ( 31 ) 頁: 21893-21899   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  429. The effect of Da-Fang-Feng-Tang on treatment of type II collagen-induced arthritis in DBA/1 Mice. 査読有り

    Lian Rong Wang, Naoki Ishiguro, Eiji Yamada, Yoshihiro Nishida, Koji Sato, Hisashi Iwata.

    Am J Chin Med   27 巻   頁: 205-215   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 15

  1. 今日の治療指針2020 整形外科疾患 骨・軟部腫瘍(悪性) 

    西田 佳弘( 担当: 単著)

    医学書院  2020年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 今日の治療指針2019 整形外科疾患 良性骨軟部腫瘍 

    西田 佳弘( 担当: 単著)

    医学書院  2019年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. スタンダード小児がん手術 臓器別アプローチと手技のポイント 横紋筋肉腫 / 四肢・体幹

    西田佳弘( 担当: 単著)

    メジカルビュー社  2017年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 専門医の整形外科外来診療-最新の診断・治療 4.下肢:(19)下肢の腫瘍

    西田佳弘( 担当: 単著)

    南江堂  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. 今日の整形外科治療指針 第7版 デスモイド型線維腫症 6. 骨・軟部腫瘍および腫瘍類似疾患

    西田佳弘( 担当: 単著)

    医学書院  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. 今日の整形外科治療指針 第7版 トピックス:デスモイド型線維腫症に対する薬物療法

    西田佳弘( 担当: 単著)

    医学書院  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. Osteosarcoma in the Elderly: Clinical Features and Outcome, In Osteosarcoma

    Nishida Y( 担当: 単著)

    Springer  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  8. 肉腫化学療法マスタークラス Lesson 5. 肉腫化学療法の組織別治療戦略を理解する 6. デスモイド

    西田佳弘( 担当: 単著)

    南山堂  2015年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. 今日の治療指針2014

    西田佳弘( 担当: 単著)

    医学書院  2014年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. 運動器診療 最新ガイドライン「骨腫瘍 軟骨肉腫の診断・治療の一般指針」

    西田佳弘( 担当: 単著)

    総合医学社  2012年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. 小児がん診療ハンドブック「治療的アプローチ 外科治療 整形外科:骨腫瘍の整形外科治療」

    西田佳弘( 担当: 単著)

    医薬ジャーナル社  2011年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. 整形外科臨床パサージュ6「軟部腫瘍プラクティカルガイド 悪性軟部腫瘍のインフォームドコンセント,QOLと緩和ケア」

    西田佳弘( 担当: 単著)

    中山書店  2011年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. アトラス骨・関節画像診断「4.骨・軟部腫瘍 骨腫瘍 原発性骨腫瘍 骨線維肉腫/骨悪性線維性組織球腫」

    西田佳弘( 担当: 単著)

    中外医学社  2010年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. Maintenance of cartilage extracellular matrix: The participation of HAS-2 and CD44, In: Hyaluronan: Biomedical, Medical and Clinical Aspects

    Knudson W, Nishida Y and Peterson RS( 担当: 共著)

    Woodhead Publishing  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  15. A large chondroitin sulfate proteoglycan (PG-M) and cartilage differentiation, In Articular Cartilage and Osteoarthritis

    Tamayuki Shinomura, Yoshihiro Nishida and Koji Kimata( 担当: 共著)

    Raven Press  1992年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

▼全件表示

MISC 15

  1. レックリングハウゼン病等の難病に対する診療科横断的、総合医療 査読有り

    西田佳弘  

    日本整形外科学会雑誌95 巻 ( 9 ) 頁: 657 - 665   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  2. 巻頭言 希少疾患から学び、得られる診療の底力

    西田佳弘  

    日本義肢協会誌125 巻   頁: 1 - 1   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  3. 骨・軟部腫瘍のマネジメント(その1) I. 総論 1. 診療体制 癌の遺伝的素因を有する患者に対する診療体制-神経線維腫症1型 査読有り

    西田佳弘、生田国大、夏目敦至、城所博之、野々部典枝、森川真紀、尾崎紀夫  

    別冊整形外科79 巻   頁: 13 - 17   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  4. 骨粗鬆症-指導に役立つエビデンス- 紫外線によるビタミンD産生-必要な日照時間と影響因子 査読有り

    西田佳弘、牧田和也、落合聡  

    総合リハビリテーション49 巻 ( 4 ) 頁: 351 - 355   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  5. 骨軟部 良性軟部腫瘍・デスモイド型線維腫症の診断・治療指針 査読有り

    西田佳弘  

    最新主要文献とガイドラインでみる整形外科学レビュー 2021-’22 第1版   頁: 239 - 244   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  6. 希少がん がん診療の新たな課題  II希少がん疾患各論 10.骨軟部腫瘍 (11)悪性末梢神経鞘腫瘍 査読有り

    西田佳弘  

    日本臨床79 巻 ( 増刊1 ) 頁: 511 - 515   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  7. Current Organ Topics 骨・軟部腫瘍 骨軟部に対する薬物療法-最近の話題- デスモイドに対するエビデンスに基づいた薬物療法-抗がん剤、分子標的薬 査読有り

    西田佳弘  

    癌と化学療法48 巻 ( 3 )   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  8. 多中心性細網組織球症における遺伝子解析と治療可能性 査読有り

    奥野 友介, 酒井 智久, 浅井 秀司, 村松 秀城, 村上 典寛, 西田 佳弘  

    リウマチ科65 巻 ( 2 ) 頁: 243 - 246   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  9. 【泌尿器・生殖器がん、希少がん】希少がん デスモイド腫瘍に対する治療方針 日本と世界の診療ガイドラインにもとづいて 査読有り

    西田佳弘  

    腫瘍内科26 巻 ( 4 ) 頁: 407 - 412   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  10. 【肉腫-基礎・臨床の最新知見-】肉腫の外科的治療 骨の再建 自家処理骨 パスツール処理骨 査読有り

    杉浦英志、生田国大、中島浩敦、西田佳弘  

    日本臨床78 巻 ( 増刊5 ) 頁: 333 - 338   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  11. 【肉腫-基礎・臨床の最新知見-】肉腫の組織型別治療と成績  デスモイド型線維腫症 査読有り

    西田佳弘  

    日本臨床78 巻 ( 増刊5 ) 頁: 682 - 686   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  12. 家族性大腸腺腫症に合併するデスモイド腫瘍の診断・治療と重症度分類の提案 査読有り

    石田秀行、近谷賢一、母里淑子、百瀬修二、長田久人、山野智基、冨田尚裕、秋山泰樹、平田敬治、六車直樹、高山哲治、西田佳弘、石川秀樹  

    遺伝性腫瘍20 巻 ( 2 ) 頁: 45 - 58   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  13. 【治療選択 誌上ディベート(第20回)】 デスモイドの治療選択 保存治療VS手術 保存治療の立場から: (解説) 査読有り

    西田佳弘  

    Loco Cure6 巻 ( 1 ) 頁: 68 - 71   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  14. 【希少がんの病理診断体制】希少がんの病理診断に臨床の立場から求めるもの 骨軟部腫瘍登録と四肢横紋筋肉腫アンケート調査からみた希少がん診療 査読有り

    川井章、西田佳弘  

    病理と臨床38 巻 ( 1 ) 頁: 21 - 26   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  15. 【肝臓リハビリテーションUpdate】肝がん患者のリハビリテーション がんロコモとの新しい提言 査読有り

    西田佳弘、岡田貴士、永谷元基、井上貴行、中島裕貴、水野陽太  

    Journal of Clinical Rehabilitation29 巻 ( 1 ) 頁: 37 - 41   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 210

  1. ランチョンセミナー 変性性関節症に対する新規作用機序を有する関節内注射治療

    西田 佳弘

    第46回日本足の外科学会学術集会  2021年11月11日  日本足の外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  2. シンポジウム 後腹膜肉腫に対する集学的治療 原発および再発後腹膜脂肪肉腫の外科治療 単施設における積極的手術療法の術後成績(英語)

    生田 国大、西田 佳弘、筑紫 聡、山田 健志、小澤 英史、杉浦 英志、今釜 史郎

    第59回日本癌治療学会学術集会  2021年10月22日  日本癌治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  3. 主題:腹壁デスモイドに対する治療アルゴリズム 機能温存R1手術の意義

    西田 佳弘, 酒井 智久, 生田 国大, 小池 宏, 伊藤 鑑, 今釜 史郎

    第54回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会  2021年7月15日  日整会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島   国名:日本国  

  4. シンポジウム 薬物療法の適応と限界 デスモイドに対する薬物治療

    西田 佳弘、酒井 智久、生田 国大、小池 宏、伊藤 鑑、今釜 史郎

    第54回⽇本整形外科学会⾻・軟部腫瘍学術集会  2021年7月15日  日整会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:広島   国名:日本国  

  5. 教育研修講演5 骨・軟部腫瘍に対する診療戦略の変遷

    西田 佳弘

    第54回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術総会  2021年7月16日  日整会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島   国名:日本国  

  6. シンポジウム 処理骨移植の現状と課題 悪性骨・軟部腫瘍切除後の骨性再建における自家加温処理骨の長期成績

    生田 国大、西田 佳弘、筑紫 聡、山田 健志、小澤 英史、杉浦 英志、今釜 史郎

    第54回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会  2021年7月16日  日整会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:広島   国名:日本国  

  7. ランチョンセミナー 変形性膝関節症に対する新規関節注射治療

    西田 佳弘

    JOSKAS/JOSSM meeting 2021  JOSKAS/JOSSM

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  8. 骨粗鬆症・サルコペニアに対する医療機器開発 LED技術を用いて

    西田 佳弘, 森田 大悟, 牧田 和也, 落合 聡, 樋口 善俊, 生田 国大, 関 泰輔, 今釜 史郎

    第94回日本整形外科学会学術総会  日整会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京、web   国名:日本国  

  9. シンポジウム9 ADL・QOLを考慮した難治性良性骨・軟部腫瘍診療 叢状神経線維腫、非典型神経線維腫に対する適切な診療方法

    西田 佳弘、生田 国大、酒井 智久、小池 宏、伊藤 鑑、今釜 史郎

    第94回日本整形外科学会学術総会   日整会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京、web   国名:日本国  

  10. ランチョンセミナー 変形性膝関節症に対する新たな保存治療戦略

    西田 佳弘

    第94回日本整形外科学会学術総会  日整会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京、web   国名:日本国  

  11. 骨肉腫の治療成績におけるADCマップの有効性

    小池 宏, 西田 佳弘, 生田 国大, 酒井 智久, 伊藤 鑑, 今釜 史郎

    第94回日本整形外科学会学術総会  2021年5月20日  日整会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  12. A multidisciplinary association of sarcoma established in Japan: Japanese Association of Sarcoma Treatment and Research (JSTAR). 国際会議

    Nishida Y, Nishida T, Hosoi H, Katsumata N, Yoshimoto S, Tanaka S, Akiyama T, Miyachi M, Kawai A.

    The 13th Asia Pacific Musculoskeletal Tumor Society Meeting,   Asia Pacific Muculoskeletal Tumor Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Okayama(Hybrid)   国名:日本国  

  13. シンポジウム 治療への展開 叢状神経線維腫に対するMEK阻害剤:セルメチニブの開発と可能性

    西田 佳弘

    第12回日本レックリングハウゼン病学会  2021年2月21日  日本レックリングハウゼン病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:web   国名:日本国  

  14. 主題:難治性デスモイド型線維腫症の化学療法 世界、日本の診療ガイドラインに基づくデスモイド型線維腫症に対する薬物治療

    西田 佳弘, 濱田 俊介, 酒井 智久, 小池 宏, 清水 光樹, 伊藤 鑑, 生田 国大, 腹腔外発生デスモイド診療ガイドライン策定委員会

    第53回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  15. 主題:難治性デスモイド型線維腫症の化学療法 難治性デスモイドに対する低用量メトトレキサートとビンブラスチン化学療法:2週間間隔投与の有用性

    西田 佳弘, 酒井 智久, 小池 宏, 浦川 浩, 生田 国大, 安藤 雄一, 石黒 直樹

    第53回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  16. 教育研修講演6 レックリングハウゼン病等の難病に対する診療科横断的、総合医療

    西田 佳弘

    第53回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  17. 超稀少疾患に対するリハビリテーション医療の問題点 多中心性網膜組織球症

    西田 佳弘, 岡田 貴士, 菱田 愛加, 杉浦 英志, 杉山 純也, 金野 鈴奈

    第57回日本リハビリテーション医学会学術総会  2020年8月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都・ハイブリッド   国名:日本国  

  18. 稀少疾患に対するリハビリテーション医療の問題点と重要性 デスモイド

    西田 佳弘, 岡田 貴士, 杉浦 英志, 菱田 愛加, 杉山 純也, 金野 鈴奈

    第57回日本リハビリテーション医学会学術総会  2020年8月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都・ハイブリッド   国名:日本国  

  19. シンポジウム 骨・軟部腫瘍治療30年-治療法はどう変わったか-・デスモイド腫瘍に対する診療の進歩

    西田 佳弘, 浜田 俊介, 酒井 智久, 清水 光樹, 小池 宏, 伊藤 鑑, 浦川 浩, 新井 英介, 生田 国大

    第93回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月 - 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  20. 変形性膝関節症患者に対するdiclofenac etalhyaluronate(ONO-5704/SI-613)の第Ⅲ相試験

    西田 佳弘

    第93回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月 - 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  21. シンポジウム 骨軟部腫瘍診断:更なる飛躍に向けての取り組み・デスモイドに対するprecision medicineの試み

    西田 佳弘, 酒井 智久, 小池 浩, 伊藤 鑑, 生田 国大

    第134回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:大阪(紙面発表)   国名:日本国  

  22. シンポジウム レックリングハウゼン病患者における血管病変

    西田 佳弘, 生田 国大

    第11回日本レックリングハウゼン病学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  23. TWO WEEKS INTERVAL OF METHOTREXATE AND VINBLASTION CHEMOTHERAPY SHOWS THE SIMILAR EFFECT AS WEEKLY ADMINISTRATION 国際会議

    Yoshihiro Nishida, MD, PhD1; Tomohisa Sakai2; Hiroshi Koike2; Hiroshi Urakawa2; Eisuke Arai2;Kunihiro Ikuta2; Yuichi Ando3; Koki Shimizu4; Naoki Ishiguro2

    The CTOS 2019 Annual Meeting  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tokyo (Japan )   国名:日本国  

  24. シンポジウム 関節周囲骨軟部腫瘍に対する再建術・肩関節部広範切除後の再建術

    西田 佳弘, 浦川 浩, 新井 英介, 生田 国大, 石黒 直樹

    第47回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  25. Function preserving, R1 surgery for selected patients with desmoid-type fibromatosis. 国際会議

    Yoshihiro Nishida, Tomohisa Sakai, Hiroshi Urakawa, Eisuke Arai, Kunihiro Ikuta, Hiroshi Koike, Naoki Ishiguro

    ISOLS 2019 20thGeneral Meeting of the International Society of Limb Salvage 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Athens (Greece)   国名:ギリシャ共和国  

  26. シンポジウム 軟部腫瘍取り扱い-他科も含む現状と今後の対策-・名大病院での神経線維腫症1型診療ネットワーク診療体制 適切な腫瘍診療に向けて

    西田 佳弘, 夏目 敦至, 森川 真紀, 城所 博之, 生田 国大, 野々部 典枝, 石塚 佳奈子, 河野 通浩, 高成 啓介, 水野 誠司, 尾崎 紀夫

    第52回⽇本整形外科学会⾻・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:川越   国名:日本国  

  27. 大学病院全体における骨転移患者と整形外科コンサルト患者の比較(第1報)

    西田 佳弘, 岡田 貴士, 杉浦 英志, 門野 泉, 杉山 純也, 菱田 愛加, 金野 鈴奈

    第56回 日本リハビリテーション医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  28. Low-dose chemotherapy with methotrexate and vinblastine for patients with refractory desmoid tumors: A second report of relationship between efficacy and various factors 国際会議

    Yoshihiro Nishida, Tomohisa Sakai, Koki Shimizu, Hiroshi Urakawa, Eisuke Arai, Kunihiro Ikuta, Yuichi Ando, Naoki Ishiguro

    2019 Annual Meeting of the American Society of Clinical Oncology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月 - 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Chicago (USA)   国名:アメリカ合衆国  

  29. 骨・軟部腫瘍領域におけるprecision medicineの試み

    西田 佳弘, 濱田 俊介, 酒井 智久, 浦川 浩, 新井 英介, 生田 国大, 大田 剛広, 清水 光樹, 石黒 直樹

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  30. シンポジウム がん診療拠点病院における整形外科 -その現状と課題-・小児がん拠点病院における整形外科診療 小児がん治療後の整形外科的問題点と小児期の骨・軟部肉腫

    西田 佳弘, 内田 広夫, 高橋 義行, 石黒 直樹

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  31. Atypical NF, low grade MPNSTに対する手術的アプローチ

    西田 佳弘

    第10回日本レックリングハウゼン病学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  32. Effects of matrix stiffness on cultured cells of desmoid-type fibromatosis. 国際会議

    Sakai T, Nishida Y, Hamada S, Ikuta K, Ota T, Koike H, Shimizu K, Ishiguro N.

    Connective Tissue Oncology Society 2018 Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Rome (Italy)   国名:イタリア共和国  

  33. Significant risk factors of local recurrence after surgery in extra-peritoneal desmoid-type fibromatosis : a multicenter study in Japan. 国際会議

    Nishida Y, Hamada S, Kawai A, Kunisada T, Ogose A, Matsumoto Y, Ae K,Toguchida J, Ozaki T, Hirakawa A, Sakai T, Shimizu K, Kobayashi E, Gokita T, Okamoto T, Matsunobu T.

    Connective Tissue Oncology Society 2018 Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Rome (Italy)   国名:イタリア共和国  

  34. Signal intensity of MRI could pedict the efficacy of meloxicam treatment in patients with desmoid-type fibromatosis. 国際会議

    Shimizu K, Hamada S, Sakai T, Urakawa H, Arai E, Ikuta K, Ota T, Koike H, Ishiguro N, Nishida Y.

    Connective Tissue Oncology Society 2018 Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Rome (Italy)   国名:イタリア共和国  

  35. Clinical outcomes after unplanned resection in patients with malignant peripheral nerve sheath tumors. 国際会議

    Ikuta K, Tsukushi S, Urakawa H, Arai E, Ota T, Ishiguro N, Nishida Y.

    2018 Joint Global Neurofibromatosis Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Paris (France)   国名:フランス共和国  

  36. 1661TiP - A randomized phase III study of denosumab before curettage for giant cell tumor of bone: Japan Clinical Oncology Group study JCOG1610. 国際会議

    Urakawa H, Mizusawa J, Tanaka K, Eba J, Hiraga H, Hosaka M, Kawai A, Nakatani F, Kobayashi E, Nishida Y , Okamoto T, Matsunobu T, Iwamoto Y, Fukuda H, Ozaki T.

    ESMO 2018 Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Munich (Germany)   国名:ドイツ連邦共和国  

  37. デスモイド型線維腫症におけるMRIの信号強度とCTNNB1遺伝子によるメロキシカム治療反応性の予後予測解析

    清水 光樹, 濱田 俊介, 酒井 智久, 浦川 浩, 新井 英介, 生田 国大, 大田 剛広, 小池 宏, 石黒 直樹, 西田 佳弘

    第33回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:奈良   国名:日本国  

  38. β-TCP配向連通多孔体を用いた骨腫瘍切除後欠損部再建の臨床成績 多施設共同前向き研究

    生田 国大, 大田 剛広, 山田 芳久, 筑紫 聡, 中島 浩敦, 山田 健志, 浦川 浩, 新井 英介, 濱田 俊介, 石黒 直樹, 西田 佳弘

    第33回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:奈良   国名:日本国  

  39. 低悪性度軟骨肉腫細胞における新規ヒアルロニダーゼHYBID高発現による抗腫瘍効果の検討

    小池 宏, 西田 佳弘, 濱田 俊介, 篠村 多摩之, 石黒 直樹

    第33回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:奈良   国名:日本国  

  40. The relationship between tumor infiltration into surrounding tissues and prognosis in leiomyosarcoma. 国際会議

    Ota T, Urakawa H, Arai E, Ikuta K, Sakai T, Ishiguro N, Nishida Y.

    12th Asia Pacific Musculoskeletal Tumor Society Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Jaipur (India)   国名:インド  

  41. The impact of neoadjuvant/adjuvant chemotherapy with definitive treatments for patients with metastatic soft tissue sarcoma. 国際会議

    Urakawa H, Arai E, Ikuta K, Ota T, Sakai T, Ishiguro N, Nishida Y.

    12th Asia Pacific Musculoskeletal Tumor Society Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Jaipur (India)   国名:インド  

  42. Effects of uniaxial stretch forces and matrix stiffness on the cell behavior of desmoid-type fibromatosis. 国際会議

    Nishida Y.

    2018 DTRF International Desmoid Tumor Research Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Philadelphia (USA)   国名:アメリカ合衆国  

  43. シンポジウム 骨軟部腫瘍・パゾパニブ、オララツマブ、それに続く分子標的治療薬

    西田佳弘

    第16回日本臨床腫瘍学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  44. 伸長型人工膝関節置換症例における関節対側の骨成長障害に関する調査

    新井 英介, 西田 佳弘, 浦川 浩, 生田 国大, 濱田 俊介, 大田 剛広, 石黒 直樹

    第51回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡   国名:日本国  

  45. 加温処理骨を用いた骨・軟部腫瘍切除再建の治療成績

    生田 国大, 西田 佳弘, 杉浦 英志, 筑紫 聡, 山田 健志, 山田 芳久, 浦川 浩, 新井 英介, 濱田 俊介, 大田 剛広, 石黒 直樹

    第51回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡   国名:日本国  

  46. AYA世代の骨・軟部肉腫患者およびサバイバーに対する遺伝カウンセリングの重要性

    森川 真紀, 尾崎 紀夫, 服部 浩佳, 堀部 敬三, 西田 佳弘

    第51回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:静岡   国名:日本国  

  47. 軟骨芽細胞腫17例の治療成績

    清水 光樹, 西田 佳弘, 浦川 浩, 新井 英介, 生田 国大, 濱田 俊介, 大田 剛広, 酒井 智久, 小池 宏, 石黒 直樹

    第51回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:静岡   国名:日本国  

  48. 色素性絨毛結節性滑膜炎における骨軟骨破壊の発生、進行に関与する因子の検討

    大田 剛広, 西田 佳弘, 杉浦 英志, 山田 健志, 山田 芳久, 浦川 浩, 新井 英介, 生田 国大, 濱田 俊介, 石黒 直樹

    第51回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡   国名:日本国  

  49. デスモイド型線維腫症の診断におけるCTNNB1変異解析の有用性

    酒井 智久, 西田 佳弘, 濱田 俊介, 清水 光樹, 浦川 浩, 新井 英介, 生田 国大, 大田 剛広, 小池 宏, 石黒 直樹

    第51回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡   国名:日本国  

  50. デスモイド型線維腫症に対する薬物治療における治療予測マーカーとしてのCTNNB1変異解析の役割

    濱田 俊介, 西田 佳弘, 酒井 智久, 浦川 浩, 新井 英介, 生田 国大, 大田 剛広, 石黒 直樹

    第51回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡   国名:日本国  

  51. 伸長型人工膝関節と健側大腿骨骨端線抑制を併用した大腿骨遠位骨肉腫の1例

    小池 宏, 西田 佳弘, 新井 英介, 浦川 浩, 生田 国大, 濱田 俊介, 大田 剛広, 石黒 直樹

    第51回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:静岡   国名:日本国  

  52. AYA世代高悪性度骨肉腫患者における受診の遅れと予後の検討

    浦川 浩, 新井 英介, 生田 国大, 濱田 俊介, 大田 剛広, 石黒 直樹, 西田 佳弘

    第51回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:静岡   国名:日本国  

  53. 悪性末梢神経鞘腫瘍における不適切切除症例の検討

    生田 国大, 西田 佳弘, 筑紫 聡, 浦川 浩, 新井 英介, 濱田 俊介, 大田 剛広, 石黒 直樹

    第51回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:静岡   国名:日本国  

  54. 平滑筋肉腫における周囲組織浸潤性の検討

    大田 剛広, 西田 佳弘, 浦川 浩, 新井 英介, 生田 国大, 濱田 俊介, 石黒 直樹

    第51回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:静岡   国名:日本国  

  55. 骨転移患者における骨修飾薬投与前後の疼痛に影響する因子の検討

    浦川 浩, 西田 佳弘, 新井 英介, 前田 修, 満間 綾子, 杉下 美保子, 生田 国大, 濱田 俊介, 大田 剛広, 安藤 雄一, 石黒 直樹

    第51回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:静岡   国名:日本国  

  56. 骨軟部腫瘍患者における術前筋量の評価と短期予後への影響

    西田 佳弘, 岡田 貴士, 門野 泉, 菱田 愛加, 杉山 純也, 杉浦 英志

    第55回日本リハビリテーション医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月 - 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  57. デスモイド型線維腫症に対する低用量化学療法

    西田 佳弘, 濱田 俊介, 酒井 智久, 浦川 浩, 新井 英介, 生田 国大, 大田 剛広, 石黒 直樹

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  58. 骨腫瘍を疑われた骨折症例の検討

    清水 光樹, 西田 佳弘, 浦川 浩, 新井 英介, 生田 国大, 濱田 俊介, 大田 剛広, 酒井 智久, 小池 宏, 石黒 直樹

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  59. 骨肉腫患者における症状出現時期と予後との相関性

    濱田 俊介, 西田 佳弘, 浦川 浩, 新井 英介, 生田 国大, 大田 剛広, 石黒 直樹

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  60. 骨端線開存患者における骨肉腫進展様式の検討

    生田 国大, 西田 佳弘, 浦川 浩, 新井 英介, 濱田 俊介, 大田 剛広, 石黒 直樹

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  61. デスモイド型線維腫症培養細胞における基質硬度の影響

    酒井 智久, 西田 佳弘, 濱田 俊介, 浦川 浩, 新井 英介, 生田 国大, 大田 剛広, 小池 宏, 清水 光樹, 石黒 直樹

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  62. 再発性骨巨細胞腫症例の検討

    大田 剛広, 西田 佳弘, 筑紫 聡, 山田 芳久, 山田 健志, 浦川 浩, 新井 英介, 生田 国大, 濱田 俊介, 石黒 直樹

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  63. 骨代謝マーカーによる転移性骨腫瘍に対する骨修飾薬の効果予測

    浦川 浩, 西田 佳弘, 新井 英介, 前田 修, 満間 綾子, 杉下 美保子, 生田 国大, 濱田 俊介, 大田 剛広, 安藤 雄一, 石黒 直樹

    第92回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  64. 良悪性境界領域の骨・軟部腫瘍

    西田 佳弘

    第92回日本整形外科学会学術総会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  65. 足底部に生じた胞巣型横紋筋肉腫の経験

    小池 宏, 生田 国大, 新井 英介, 石黒 直樹, 西田 佳弘

    第130回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:松山   国名:日本国  

  66. シンポジウム 非腫瘍性NF1症候に対する治療戦略・NF1患者における整形外科関連症候に対する治療戦略

    西田 佳弘, 鬼頭 浩史, 今釜 史郎

    第9回日本レックリングハウゼン病学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  67. パネルディスカッション JSTAR Sarcoma Conference チーム対抗戦! 治療困難な肉腫に対する集学的アプローチ

    西田佳弘,下方智也,秋田直洋

    第1回日本サルコーマ治療研究学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  68. パネルディスカッション 小児がん治療後の長期フォローアップにおける整形外科的問題点

    西田佳弘,前田尚子,堀部敬三,新井英介,石黒直樹

    第28回日本小児整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  69. Setting up an in-hospital clinical care network for patients with neurofibromatosis type-1. 国際会議

    Nishida Y, Ikuta K, Ishiguro N, Natsume A, Morikawa M.

    22nd Annual Meeting Connective Tissue Oncology Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  70. デスモイド型線維腫症患者に対する前向きR1切除の臨床成績

    西田 佳弘, 浦川 浩, 新井 英介, 生田 国大, 濱田 俊介, 酒井 智久, 石黒 直樹

    第50回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  71. 下肢軟部肉腫術後疼痛に対するプレガバリンの抑制効果 無作為化比較対照試験

    西田 佳弘, 浦川 浩, 新井 英介, 生田 国大, 濱田 俊介, 石黒 直樹

    第90回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  72. シンポジウム 骨・軟部腫瘍の集学的治療 他科スペシャリストとの診療連携・東海地区の取り組み

    西田 佳弘, 奥野 友介, 堀部 敬三, 安藤 雄一, 尾崎 紀夫, 石黒 直樹

    第90回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  73. Effects of pregabalin on postoperative pain control: a randomized controlled study in surgery for soft tissue sarcoma of lower extremities. 国際会議

    Nishida Y, Urakawa H, Arai E, Ikuta K, Hamada S, Ishiguro N.

    19th International Society of Limb Salvage General Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kanazawa (Japan)   国名:日本国  

  74. Planned R1 resection for selected patients with extra-peritoneal desmoids-type fibromatosis. 国際会議

    Nishida Y, Hamada S, Urakawa H, Arai E, Ikuta K, Ishiguro N.

    The 30th annual meeting of the European Musculo Skeletal Oncology Society  

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ハンガリー共和国  

  75. Clinical features and treatment outcome of desmoid-type fibromatosis based on data of the bone and soft tissue tumor registry in japan. 国際会議

    Nishida Y, Kawai A, Toguchida J, Ogose A, Ae K, Kunisada T, Matsunobu T, Hamada S, Sakai T.

    21st Annual Meeting Connective Tissue Oncology Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ポルトガル共和国  

  76. 小児膝周囲発生悪性骨腫瘍に対する伸長式腫瘍用人工関節置換術後の膝機能

    西田 佳弘, 浦川 浩, 小澤 英史, 生田 国大, 濱田 俊介, 石黒 直樹

    第49回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  77. 矯正不要な大腿骨頸椎部発生線維性骨異形成に対する手術治療

    西田 佳弘, 細野 幸三, 中島 浩敦, 浦川 浩, 小澤 英史, 生田 国大, 濱田 俊介, 石黒 直樹

    第49回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  78. Roles of FDG-PET in the Evaluation of Deep-Seated Peripheral Nerve Sheath Tumor. 国際会議

    Nishida Y, Ikuta K, Urakawa H, Kozawa E, Hamada S, Ishiguro N.

    The 2016 NF Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  79. 小児膝周囲発生骨肉腫に対する伸長式腫瘍用人工関節置換術後の膝機能

    西田 佳弘

    第53回日本リハビリテーション医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  80. パネルディスカッション 胸骨切除を要した骨軟部腫瘍患者の術後肺機能および肩関節機能

    西田 佳弘

    第53回日本リハビリテーション医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  81. R1 resection for selected patients with extra-peritoneal desmoid-type fibromatosis. 国際会議

    Nishida Y.

    The 29th annual meeting of the European Musculo Skeletal Oncology Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:フランス共和国  

  82. 日整会骨・軟部腫瘍登録データに基づいたデスモイド型線維腫症の診療実態・治療成績調査

    西田 佳弘, 戸口田 淳也, 生越 章, 阿江 啓介, 国定 俊之, 松延 知哉, 濱田 俊介, 酒井 智久, 川井 章

    第89回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  83. Planned Simple Resection for Selected Patients with Desmoid-Type Fibromatosis in the Conservative Treatment Algorithm. 国際会議

    Nishida Y, Urakawa H, Hamada S, Kozawa E, Ikuta K, Sakai T, Ishiguro N.

    The 11th Meeting of The Asia Pacific Musculoskeletal Tumour Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:シンガポール共和国  

  84. Novel Findings Of Deep-seated Tumors In Patients With Neurofibromatosis Type I Using Prospective Positron Emission Tomography 国際会議

    Nishida Y, Tsukushi S, Urakawa H, Kozawa E, Ikuta K, Hamada S, Ishiguro N.

    20th Annual Meeting Connective Tissue Oncology Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  85. Educational Activities Effectively Improved The Referral Pathway Of Patients With Soft Tissue Tumos 国際会議

    Nishida Y, Tsukushi S, Urakawa H, Kozawa E, Ikuta K, Hamada S, Ishiguro N

    20th Annual Meeting Connective Tissue Oncology Society  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語  

    国名:アメリカ合衆国  

  86. Planned simple resection for selected patients with extra-peritoneal desmoid tumors 国際会議

    Nishida Y.

    2015 DTRF Desmoid Tumor Research Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  87. Specialty For Patient With Trunk Or Extremity Soft Tissue Tumors: Referral Pattern At Local Base Hospital In Central Japan 国際会議

    Nishida Y, Tsukushi S, Urakawa H, Kozawa E, Ikuta K, Hamada S, Ueda T, Ishiguro N.

    18th General Meeting of the International Society of Limb Salvage (ISOLS) and the Musculoskeletal Tumor Society (MSTS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  88. メロキシカム治療抵抗性デスモイド腫瘍患者に対するメソトレキセートとビンブラスチンによる低用量化学療法

    西田佳弘, 筑紫聡, 浦川浩, 濵田俊介, 小澤英史, 生田国大, 石黒直樹

    第48回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高松   国名:日本国  

  89. ランチョンセミナー:適切な骨・軟部腫瘍診療 診療連携ネットワークの重要性

    西田佳弘

    第48回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:高松   国名:日本国  

  90. Musculoskeletal Oncology Research in Japan: Current Status and Future Problems 国際会議

    Nishida Y.

    2015 Seoul Sarcoma Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:大韓民国  

  91. Low-dose chemotherapy with methotrexate and vinblastine for Japanese patients with desmoid tumors: Relationship to CTNNB1 mutational status. 国際会議

    Nishida Y, Tsukushi S, Urakawa H, Hamada S, Kozawa E, Ikuta K, Ando Y, Ishiguro N.

    51st Annual Meeting of the American Society of Clinical Oncology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月 - 2015年6月

    記述言語:英語  

    国名:アメリカ合衆国  

  92. 神経線維腫症I型に伴う深部発生末梢神経鞘腫瘍に対するFDG-PET検査の意義

    西田佳弘, 筑紫聡, 浦川浩, 小澤英史, 生田国大, 濵田俊介, 石黒直樹

    第88回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  93. 骨・軟部腫瘍に対する診療の現状と課題 東海地区での取り組みを含めて

    西田佳弘, 筑紫聡, 浦川浩, 小澤英史, 生田国大, 濵田俊介, 石黒直樹

    第88回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  94. Treatment Algorithm for Sporadic Desmoid Tumors Based on CTNNB1 Mutational Status 国際会議

    Nishida Y, Tsukushi S, Hamada S, Urakawa H, Kozawa E, Ikuta K, Ishiguro N.

    2015 Annual Meeting of American Academy of Orthopaedic surgeons Las Vegas (USA) 2015. 3. 24-28 (Day1) Nishida Y, Tsukushi S, Hamada S, Urakawa H, Kozawa E, Ikuta K, Ishiguro N. Treatment Algorithm for Sporadic Desmoid Tumors Based on CTNNB1 Mutational Status  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  95. 名大病院における神経線維腫症Ⅰ型診療ネットワークの構築

    西田佳弘, 夏目敦至, 城所博之, 大瀬戸久美子, 生田国大, 石黒直樹, 若林俊彦, 尾崎紀夫

    第6回日本レックリングハウゼン病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  96. CTNNB1 mutational status directed treatment modality for patients with extra-peritoneal desmoids tumors 国際会議

    Nishida Y, Hamada S, Urakawa H, Ikuta K, Tsukushi S, Kozawa E, Ota T, Ishiguro N

    19th Annual meeting Connective Tissue Oncology society  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  97. 軟骨の発生から老化まで-分子の関わりを紐解く-軟骨の発生から老化まで 分子の関わりを紐解く 関節軟骨細胞外マトリックスの維持と破綻 ヒアルロン酸の関わり

    西田佳弘, 高橋伸典, 寺部健哉, 石黒直樹

    西田佳弘, 高橋伸典, 寺部健哉, 石黒直樹 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島   国名:日本国  

  98. 日本人骨巨細胞腫患者を対象とした抗RANKL抗体デノスマブの第II相臨床試験

    西田佳弘, 森岡秀夫, 角永茂樹, 土屋弘行, 松本嘉寛, 米田俊之, 上田孝文

    第52回日本癌治療学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  99. 腫瘍径の大きなデスモイド腫瘍に対する治療アルゴリズム

    西田佳弘, 筑紫聡, 浦川浩, 小澤英史, 新井英介, 二村尚久, 浜田俊介, 生田国大, 石黒直樹

    第47回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  100. 横紋筋肉腫外科治療に関するアンケート調査より

    西田佳弘, 川井章, 戸口田淳也, 生越章, 下瀬省二, 大野貴敏, 平賀博明, 森岡秀夫, 播广谷勝三, 山本哲司, 土屋弘行, 日本整形外科学会骨・軟部腫瘍委員会

    第47回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  101. 腫瘍用人工関節と生物学的再建

    西田佳弘

    第47回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  102. Treatment algorithm for patients with desmoid tumors: Key to an "enigma" tumor 国際会議

    Nishida Y.

    Catholic University International Symposium of Musculoskeletal Oncology and Case Conferernce of KBJTS 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:大韓民国  

  103. MTX and VBL treatment for patients with desmoid tumors resistant to meloxicam treatment: Relationship between efficacy and CTNNB1 mutation status. 国際会議

    Nishida Y, Hamada S, Tsukushi S, Urakawa H, Ishiguro N, Ando Y.

    American Society of Clinical Oncology Annual '14 Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月 - 2014年6月

    記述言語:英語  

    国名:アメリカ合衆国  

  104. デスモイド治療のアルゴリズム メロキシカム抵抗性デスモイド腫瘍

    西田佳弘, 筑紫聡, 浦川浩, 小澤英史, 新井英介, 二村尚久, 濱田俊介, 生田国大, 石黒直樹

    第87回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  105. 本邦における四肢横紋筋肉腫の外科治療に関するアンケート調査

    西田佳弘, 川井章, 戸口田淳也, 生越章, 下瀬省二, 大野貴敏, 平賀博明, 森岡秀夫, 播广谷勝三, 山本哲司, 土屋弘行,

    第87回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  106. 骨・軟部腫瘍における画像診断の進歩 骨・軟部腫瘍のMRI 良悪性鑑別への有用性と限界

    西田佳弘, 筑紫聡, 浦川浩, 小澤英史, 石黒直樹

    第87回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  107. Low-dose Chemotherapy or Intentional Marginal Resection Following Meloxicam Treatment for Patients with Desmoid 国際会議

    Nishida Y, Tsukushi S, Urakawa H, Kozawa E, Arai E, Futamura N, Ishiguro N.

    2014 Annual Meeting of American Academy of Orthopaedic Surgeons, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  108. Post-operative Flap Complication of Soft Tissue Sarcoma Arising in Thigh and Pelvic Girdle 国際会議

    Nishida Y, Tsukushi S, Urakawa H, Kozawa E, Arai E, Futamura N, Ishiguro N.

    2014 Annual Meeting of American Academy of Orthopaedic Surgeons, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  109. 軟骨組織・疾患におけるヒアルロン酸の役割

    西田佳弘

    第27回軟骨代謝学会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月 - 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  110. Low dose chemotherapy with methotrexate and vinblastine for patients with extra-peritoneal desmoid tumors following meloxicam treatment 国際会議

    18th Annual meeting Connective Tissue Oncology Society , 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月 - 2013年11月

    記述言語:英語  

    国名:アメリカ合衆国  

  111. 骨・軟部腫瘍治療の最前線 デスモイド腫瘍に対する治療戦略 

    西田佳弘, 濱田俊介, 筑紫聡, 浦川浩, 小澤英史, 新井英介, 二村尚久, 生田国大, 石黒直樹 

    第51回日本癌治療学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月 - 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  112. 「軟骨変性の病態」変形性関節症病態形成におけるカテプシンKの役割

    西田 佳弘, 小澤 英史, 成 憲武, 山田 芳久, 北村 伸二, 葛谷 雅文, 石黒 直樹

    第28回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:千葉   国名:日本国  

  113. Clinical course of NF1 patients until diagnosis of MPNST 国際会議

    Nishida Y, Tsukushi S, Urakawa H, Kozawa E, Arai E, Futamura N, Ishiguro N.

    17th General Meeting International Society of Limb Salvage, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:イタリア共和国  

  114. Internatinal marginal resection for patients with extra-peritoneal desmoid tumors following meloxicam treatment 国際会議

    Nishida Y, Tsukushi S, Urakawa H, Kozawa E, Arai , Futamura N, Ishiguro N.

    17th General Meeting International Society of Limb Salvage,  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:イタリア共和国  

  115. 胸骨合併切除を要した骨・軟部腫瘍症例の検討

    西田 佳弘, 筑紫 聡, 浦川 浩, 新井 英介, 小澤 英史, 二村 尚久, 石黒 直樹

    第46回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  116. 腫瘍用人工関節再置換の手技的問題点 処理骨併用腫瘍用人工関節の再置換

    西田 佳弘, 筑紫 聡, 浦川 浩, 小澤 英史, 新井 英介, 二村 尚久, 石黒 直樹

    第46回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  117. 軟部肉腫患者治療のセンター化に向けた啓発活動と実態調査

    西田 佳弘, 筑紫 聡, 浦川 浩, 新井 英介, 小澤 英史, 二村 尚久, 石黒 直樹

    第46回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  118. 関節症における内因性・外因性ヒアルロン酸の意義

    西田佳弘

    第5回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  119. Introduction and Overview of Treatment of Tumors and Metastases 国際会議

    Yoshihiro Nishida

    9th International Conference on Hyaluronan,  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  120. Hyarluronan, a possible therapeutic target, for musculoskeletal malignancies 国際会議

    Yoshihiro Nishida, Hiroshi Urakawa, Eisuke Arai, Naohisa Futamura, Lisheng Zhuo, Koji Kimata, Tamayuki Shinomura, Zenzo Isogai, Kunihiro Ikuta, Shunsuke Hamada, Naoki Ishiguro

    9th International Conference on Hyaluronan,  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  121. 未来への扉 骨・軟部腫瘍 ADL、QOL維持をめざした治療体系の確立

    西田 佳弘

    第86回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:広島   国名:日本国  

  122. 良性腫瘍に対する新しい治療 デスモイド

    西田 佳弘, 筑紫 聡, 浦川 浩, 新井 英介, 小澤 英史, 二村 尚久, 石黒 直樹

    第86回日本整形外科学会学術総会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:広島   国名:日本国  

  123. 胸骨発生原発性悪性骨腫瘍に対する切除後再建

    西田 佳弘, 筑紫 聡, 浦川 浩, 新井 英介, 小澤 英史, 石黒 直樹

    第120回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:和歌山   国名:日本国  

  124. High Incidence of Regional and In-transit Lymph Node Metastasis in Patients with Alveolar Rhabdomyosarcoma 国際会議

    Nishida Y, Sugiura H, Tsukushi S, Urakawa H, Arai E, Kozawa E, Futamura N, Ishiguro N.

    2013 Annual Meeting of American Academy of Orthopaedic Surgeons,  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  125. Successive Multimodality Approach To Extra-Peritoneal Desmoid Tumors 国際会議

    Nishida Y, Tsukushi S, Urakawa H, Arai E, Kozawa E, Futamura N, Ishiguro N.

    17th Anuual Meeting of the Connective Tissue Oncology Society,  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:チェコ共和国  

  126. 関節症の病態形成・治療におけるヒアルロン酸の果たす役割:陰と陽

    西田佳弘

    第40回日本関節病学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島   国名:日本国  

  127. 神経線維腫症I型患者に発症した下腿コンパートメント症候群の1例

    西田佳弘, 筑紫聡, 浦川浩, 新井英介, 小澤 英史, 生田 国大,石黒直樹

    第4回レックリングハウゼン病学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  128. 骨・軟部腫瘍治療の基礎研究 −多方面からのアプローチ−「腫瘍微小環境:細胞外マトリックス制御による悪性骨腫瘍抑制効果」

    西田 佳弘, 細野 幸三, 和佐 潤志, 浦川 浩, 新井 英介, 二村 尚久, 石黒 直樹

    第27回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  129. 良悪性中間腫瘍であるデスモイド腫瘍の治療戦略

    西田 佳弘, 筑紫 聡, 浦川 浩, 新井 英介, 小澤 英史, 石黒 直樹

    第119回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井   国名:日本国  

  130. 腹腔外デスモイド腫瘍に対する選択的COX2阻害剤による治療成績

    西田佳弘

    第71回日本癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  131. Challenges In Successive Approach To Extra-Peritoneal Desmoid Tumors, As Intermediate Group of Tumors 国際会議

    Nishida Y, Tsukushi S, Urakawa H, Arai E, Kozawa E, Ishiguro N.

    The 9th Asia Pacific Musculoskeletal Tumor Society Meeting,  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:マレーシア  

  132. 骨・軟部腫瘍診療における病診連携の実態と問題点 名古屋大学関連施設へのアンケート調査

    西田 佳弘, 筑紫 聡, 浦川 浩, 新井 英介, 小澤 英史, 石黒 直樹

    第45回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  133. 縮小手術の現状と可能性「縮小手術に向けて 難治性良性骨腫瘍に対する掻爬後温水処理」

    西田 佳弘, 杉浦 英志, 中島 浩敦, 筑紫 聡, 浦川 浩, 新井 英介, 小澤 英史, 二村 尚久, 石黒 直樹

    第45回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  134. 骨Paget病に対する高用量リセドロネート8週間投与の中期成績

    西田佳弘, 山田芳久, 杉浦英志, 筑紫聡, 浦川浩, 新井英介, 石黒直樹

    第85回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都   国名:日本国  

  135. 難治性良性骨・軟部腫瘍治療の創意 デスモイドに対する治療法の工夫

    西田佳弘, 筑紫聡, 浦川浩, 新井英介, 小澤英史, 石黒直樹

    第85回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  136. 横紋筋肉腫再発・転移様式の検討

    西田佳弘, 筑紫聡, 杉浦英志, 浦川浩, 中島浩敦, 山田芳久, 新井英介, 小澤英史, 二村尚久, 石黒直樹

    第85回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  137. 骨Paget病に対する薬物治療成績

    西田佳弘, 筑紫聡, 浦川浩, 新井英介, 小澤英史, 石黒直樹

    第118回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 2012.4.7 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  138. 関節機能におけるヒアルロン酸研究 up to date「軟骨組織におけるヒアルロン酸—プロテオグリカンアグリゲート」

    西田佳弘

    第25回日本軟骨代謝学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  139. Transition of Treatment for Patients with Extraabdominal Desmoid Tumors 国際会議

    Nishida Y, Tsukushi S, Urakawa H, Arai E, Ishiguro N.

    Annual Meeting of American Academy of Orthopaedic Surgeons 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  140. NF1に関連して発症したMPNSTの診断にいたる経過の考察

    西田佳弘, 筑紫聡, 浦川浩, 新井英介, 石黒直樹

    第3回レックリングハウゼン病学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  141. Hyaluronan inhibition suppresses tumorigenicity of primary and metastatic malignant bone tumors 国際会議

    Nishida Y, Urakawa H, Arai E, Zhuo L, Kimata K, Futamura N, Ishiguro N.

    2011 Combined Meeting of the Connective Tissue Oncology Society and the Musculoskeletal Tumor Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  142. Treatment with meloxicam, a COX2 inhibitor, of patients with extra-abdominal desmoid tumors 国際会議

    Nishida Y, Tsukushi S, Urakawa H, Arai E, Ishiguro N.

    International Society of Limb Salvage 16th General Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  143. 腹腔外デスモイドに対する治療法の変遷

    西田佳弘, 筑紫聡, 和佐潤志, 浦川浩, 紫藤洋二, 山田芳久, 石黒直樹

    第44回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  144. 変形性膝関節症 ヒアルロン酸関節内投与と軟骨代謝

    西田佳弘

    第44回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  145. 腹腔外デスモイドに対するメロキシカム治療

    西田佳弘, 筑紫聡, 和佐潤志, 浦川浩, 新井英介, 石黒直樹

    第84回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  146. 軟部肉腫の治療成績はどこまで改善したか 悪性末梢神経鞘腫瘍の画像診断・治療・予後関連因子

    西田佳弘, 和佐潤志, 筑紫聡, 浦川浩, 高橋満, 杉浦英志, 片桐浩久, 中島浩敦, 山田芳久, 石黒直樹

    第84回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Web開催   国名:日本国  

  147. In-transit metastasisと考えられる転移形式を示した四肢発生胞巣型軟部肉腫

    西田佳弘, 筑紫聡, 山田芳久, 和佐潤志, 浦川浩, 石黒直樹

    第116回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  148. 悪性末梢神経鞘腫瘍の診断・治療成績・予後関連因子

    西田佳弘

    第2回レックリングハウゼン病学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  149. 膝関節発生色素性絨毛結節性滑膜炎の臨床成績:他部位発生症例との比較

    西田佳弘, 筑紫聡, 中島浩敦,杉浦英志,山田芳久, 紫藤洋二,和佐潤志, 石黒直樹

    第43回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  150. 仙骨脊索腫の外科療法と重粒子線治療の長期成績(5-10年未満と10年以上)「仙骨発生脊索腫に対する重粒子線治療の臨床成績:手術治療との比較」

    西田佳弘,筑紫聡,山田芳久,杉浦英志,紫藤洋二, 和佐潤志, 鎌田正, 今井礼子,石黒直樹

    第43回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  151. Hyaluronan plays significant roles not only in maintenance of musculoskeletal systems but also in tumorigenicity of musculoskeletal malignant tumors. 国際会議

    Yoshihiro Nishida, Junji Wasa, Hiroshi Urakawa, Eisuke Arai, Tamayuki Shinomura, Lisheng Zhuo, Koji Kimata, Warren Knudson, Cheryl B Knudson, Naoki Ishiguro.

    8th International Conference on Hyaluronan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  152. 四肢・体幹発生粘液型脂肪肉腫の予後関連因子について

    西田佳弘, 筑紫聡, 紫藤洋二, 和佐潤志, 中島浩敦, 石黒直樹

    第83回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  153. 手に発生した結節性筋膜炎の診断と治療

    西田佳弘, 筑紫聡, 和佐潤志, 小澤英史, 岩田佳久, 石黒直樹

    第114回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  154. 良悪性骨軟部腫瘍手術における切除縁の意義

    西田佳弘

    第57回東海小児がん研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  155. Histological evaluation of pasteurized bone graft for reconstruction after resection of sarcomas. 国際会議

    The 8th Asia Pacific Musculoskeletal Tumor Society Meeting, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  156. 骨腫瘍、その診断と治療(良性腫瘍を含めて)

    西田佳弘

    一宮外科系医会学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  157. 骨再建に使用した加温処理骨の組織学的検討

    西田佳弘, 筑紫聡, 紫藤洋二, 和佐潤志, 石黒直樹

    第113回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  158. Myxoid Liposarcoma: Prognostic Factors in 53 Completely Resected Cases. 国際会議

    ISOLS/MSTS Combined Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語  

  159. デスモイドに対するCOX-2阻害剤による保存的治療

    西田佳弘, 筑紫聡, 紫藤洋二, 細野幸三, 和佐潤志, 石黒直樹

    第42回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  160. 小児骨原発悪性腫瘍の治療法 -切除後関節再建法を中心に-

    第18回小児固形腫瘍研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  161. シンポジウム 運動器疾患の予防「変形性膝関節症の予防」

    西田佳弘

    第112回中部日本整形外科災害外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  162. Meloxicam, a cox-2 inhibitor, as a non-surgical therapy for desmoids tumors. 国際会議

    14th Anuual Connective Tissue Oncology Society meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:英語  

  163. 関節症におけるヒアルロン酸の役割

    第4回岡山運動器疾患研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  164. 骨・軟部肉腫進行例患者に対する外来化学療法の試み

    西田佳弘, 筑紫聡, 細野幸三, 紫藤洋二, 村瀬熱紀, 安藤雄一, 石黒直樹

    第41回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  165. Liposarcoma: A Clinincopathologic Analysis of 117 Cases. 国際会議

    Annual Meeting of American Academy of Orthopaedic Surgeons 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:英語  

  166. Roles of hyaluronan, a key molecule of extracellular matrix, for musculockeletal physiological and pathological condition. 国際会議

    8th International Symposium on Biomimetic Materials Proceeding 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  167. 上腕部軟部腫瘍を疑われたきわめて稀な上腕筋単独損傷について

    中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  168. シンポジウム ヒアルロン酸と再生医療「軟骨細胞ヒアルロン酸阻害モデルにおける回復過程解析」

    西田佳弘,石黒直樹

    第35回日本リウマチ・関節外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  169. 切除不能肺転移を有する肉腫患者に対する化学療法感受性試験の有用性

    西田佳弘,細野幸三,田畑出,筑紫聡,紫藤洋二,石黒直樹

    第109回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  170. Roles of hyaluronan, a key molecule of extracellular matrix, for musculoskeletal physiological and pathological condition. 国際会議

    Seminars in Department of Physiological Chemistry, Muenster Universty 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  171. Claviculo pro humero reconstruction for an extensive defect after resection of malignant bone tumors of proximal humerus. 国際会議

    14th International Symposium on Limb Salvage 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:英語  

  172. 仙骨発生脊索腫に対する手術治療と重粒子線治療後の機能およびQOL評価

    西田佳弘, 山田芳久, 杉浦英志, 筑紫聡, 細野幸三, 紫藤洋二, 石黒直樹

    第40回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  173. 上腕骨近位悪性骨腫瘍切除後広範囲欠損に対するClavicula Pro Humero法による再建

    西田佳弘, 筑紫聡, 山田芳久, 細野幸三, 石黒直樹

    第40回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  174. シンポジウム 変形性関節症に対する薬物療法「ヒアルロン酸―基礎と臨床―」

    西田佳弘

    第12回日本関節症研究会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  175. Significance of serum levels of hyaluronan and hyaluronan binding protein in patients with primary bone tumors. 国際会議

    12th Anuual Connective Tissue Oncology Society meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語  

  176. Treatment for sacral chordomas: surgery or carbon ion radiotherapy. 国際会議

    12th Anuual Connective Tissue Oncology Society meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語  

  177. 軟骨細胞ヒアルロン酸阻害モデルにおける回復過程解析

    西田佳弘,石黒直樹

    第2回OAとヒアルロン酸研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  178. 細胞外マトリックス抑制による骨肉腫制御および細胞外マトリックス分子発現による骨肉腫患者の予後予測

    西田佳弘,内堀充敏,細野幸三,鈴木喜貴,石黒直樹

    第21回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  179. 脛骨近位発生骨肉腫24例の臨床成績

    西田佳弘,山田芳久,筑紫聡,細野幸三,杉浦英志,米川正洋,中島浩敦,石黒直樹

    第39回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  180. Perturbation of cell-associated hyaluronan-rich matrix formation by hyaruronan oligosaccharides or antisense hyaluronan synthase inhibits tumorigenicity of osteosarcoma cells. 国際会議

    Extracellular Glycomatrix in Health and Disease 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  181. Liposarcoma: A Clinicopathologic Analysis of 117 Cases.

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  182. 再生医療・骨髄移植のリウマチ性疾患への適応 整形外科リウマチ性疾患における再生医療の展望 ヒアルロン酸代謝を中心として

    西田佳弘,三嶋真爾,鬼頭浩史,石黒直樹

    第50回日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年4月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  183. Treatment for sacral chordomas: surgery or carbon ion radiotherapy. 国際会議

    Nishida Y, Yamada Y, Tuskushi S, Sugiura H, Hosono K, Ishiguro N.

    The 6th Meeting of Asia Pacific Musculoskeletal Tumor Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    記述言語:英語  

  184. 軟部悪性腫瘍に対するsentinel lymph node biopsyの有用性と将来の展望

    西田佳弘,山田芳久,筑紫聡,細野幸三,石黒直樹

    第43回日本癌治療学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  185. 骨軟部悪性腫瘍に対する化学療法感受性試験の有用性

    西田佳弘,山田芳久,筑紫聡,細野幸三,石黒直樹

    第64 回日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  186. Osteosarcoma in adults older than 60 years: a multicenter study by the japanese musculoskeletal oncology group. 国際会議

    The 13th International Symposium on Limb Salvage 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:英語  

  187. 色素性絨毛結節性滑膜炎による骨,軟骨破壊の病態

    西田佳弘,内堀充敏,山田芳久,筑紫聡,細野幸三,石黒直樹

    第38回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  188. 骨盤原発悪性骨腫瘍の治療成績

    西田佳弘,山田芳久,筑紫聡,細野幸三,杉浦英志,米川正洋,中島浩敦,高橋満,杉山晴敏,石黒直樹

    第38回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  189. Diffuse型色素性絨毛結節性滑膜炎39例の治療成績

    西田佳弘,山田芳久,筑紫聡,杉浦英志,米川正洋,中島浩敦,石黒直樹

    第78回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  190. 結合組織疾患 ―分子基盤と新規治療戦略―骨軟部腫瘍 ―細胞外マトリックスの役割とその制御―

    西田佳弘,細野幸三,内堀充敏,田畑出,卓麗聖,木全弘治,石黒直樹

    第37回日本結合組織学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  191. Role of Hyaluronan in Bone Soft Tissue Tumors. 国際会議

    Presentations at Mount Sinai School of Medicine 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  192. Roles of Hyaluronan in Bone and Soft Tissue Tumors. 国際会議

    JOA presentations at Memorial Sloan Kettering Cancer Center 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  193. Osteosarcoma on Adults Older than 60 Years: A Multicenter Study by the Japanese Musculoskeletal Oncology Group Study. 国際会議

    JOA/AOA Traveling fellow lecture at Duke University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  194. Reconstruction of the pelvis after resection of malignant tumors. 国際会議

    Orthopaedic Ground Rounds at Indianapolis University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  195. Roles of Hyaluronan in Bone and Soft Tissue Tumors. 国際会議

    2005 American Orthopaedic Association (AOA) – Japanese Orthopaedic Association (JOA) Traveling Fellowship Symposium at University of Chicago 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  196. Role of hyaluronan in bone soft tissue tumors. 国際会議

    Symposium “Meet the Professors" at Mayo Clinic 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  197. Osteosarcoma in adults. Older than 60 years; A multicentric study by the Japanese musculoskeletal oncology group. 国際会議

    Orthopaedic Symposium at Texas University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  198. 仙骨発生脊索腫に対する治療 手術治療と重粒子線治療の選択

    西田佳弘,山田芳久,筑紫聡,杉浦英志,石黒直樹

    第103回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  199. 骨軟部悪性腫瘍治療戦略における化学療法感受性試験

    西田佳弘,田畑出,山田芳久,吉田雅博,杉浦英志,中島浩敦,石黒直樹

    第37回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  200. 細胞外マトリックス内のヒアルロン酸の意義

    西田佳弘,石黒直樹

    第9回日本関節症研究会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  201. 骨軟部腫瘍と細胞外マトリックス

    第2回関東骨軟部腫瘍の基礎を語る会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  202. 骨軟部腫瘍遠隔転移患者に対する化学療法感受性試験の有用性

    西田佳弘,田畑出,山田芳久,吉田雅博,石黒直樹

    第102回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  203. Inhibition of hyaluronan synthesis in osteosarcoma cell line, MG-63, reduces the tumorigenicity of the cells. 国際会議

    The 50h Annual Meeting of Orthopedic Research Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:英語  

  204. 転移性右骨盤腫瘍切除後,floating hipとした1例

    西田佳弘,山田芳久,吉田雅博,田畑出,石黒直樹

    第45回東海小児がん研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年2月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  205. 左薄筋腱部に発生した血管腫の1例

    中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  206. 60歳以上発症骨肉腫95例の臨床病理学的検討 多施設共同研究

    西田佳弘,杉浦英志,山田芳久,吉田雅博,中西啓介,中島浩敦,高橋満,杉山晴敏,石黒直樹

    第36回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  207. Heterogeneous hyaluronan synthase expression and hyaluronan accumulation in osteosarcoma cell lines and tissues. 国際会議

    5th Pan-Pacific Connective Tissue Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  208. 色素性絨毛結節性滑膜炎と周辺組織におけるMMP,TIMP発現の相違:骨・軟骨破壊への関与について

    西田佳弘,内堀充敏,田畑出,山田芳久,吉田雅博,石黒直樹

    第16回日本軟骨代謝学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  209. Differential expression of matrix metalloproteinases in pigmented villonodular synovitis and the surrounded tissues: its involvemnet in osteochondral destruction. 国際会議

    The 49th Annual Meeting of Orthopedic Research Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年2月

    記述言語:英語  

  210. 骨肉腫細胞株における細胞外マトリックス分子の役割 ヒアルロン酸,合成酵素発現とその制御における抗腫瘍効果

    日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

▼全件表示

Works(作品等) 2

  1. 整形外科・病理 悪性骨腫瘍取扱い規約 第4版

    2013年10月
    -
    現在

  2. 軟部腫瘍診療ガイドライン2012

    2008年4月
    -
    2013年3月

共同研究・競争的資金等の研究課題 12

  1. 波長を限定したLED機器による新規骨粗鬆症治療法

    2017年

    橋渡し研究戦略的推進プログラム シーズA 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 腹腔外発生デスモイド型線維腫症患者の診断基準、重症度分類および診療ガイドライン確立に向けた研究

    2016年4月 - 2018年3月

    科学技術振興調整費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. アクテムラ点滴静注用副作用詳細調査

    2015年2月 - 2015年12月

    企業からの受託研究 

  4. ランマーク皮下注120mg特定使用成績調査(骨巨細胞腫患者を対象とした特定使用成績調査)

    2014年9月 - 2024年5月

    企業からの受託研究 

  5. 腹腔外発生デスモイド腫瘍患者の実態把握および診療ガイドライン確立に向けた研究

    2014年4月 - 2016年3月

    科学技術振興調整費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. ヴォトリエントⓇ錠 使用成績調査

    2012年9月 - 2022年8月

    企業からの受託研究 

  7. 骨巨細胞腫患者を対象としたAMG162(デノスマブ)非盲検多施設共同第Ⅱ相臨床試験

    2011年11月 - 2014年6月

    企業からの受託研究 

  8. 骨微小環境におけるヒアルロン酸をターゲットとした骨転移に対する新規保存治療の開発

    2011年11月 - 2012年12月

    平成23年度公益財団法人鈴木謙三記念医科学応用研究財団調査研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  9. 転移を有する骨・軟部腫瘍患者を対象とした維持療法のMK-8669第Ⅱ相試験

    2009年11月 - 2013年3月

    企業からの受託研究 

  10. 骨Paget病に対する調査(全例調査)投与開始後48週間までの調査

    2009年3月 - 2017年7月

    企業からの受託研究 

  11. ヒアルロン酸合成能制御による軟骨組織変性からの再生についての研究

    2007年

    中冨健康科学振興財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  12. 関節リウマチ、変形性関節症の病態形成におけるヒアルロン酸の関与

    2005年

    愛知糖尿病リウマチ通風財団医学研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 15

  1. 合併症軽減をめざした新規破骨細胞分化抑制薬の開発

    研究課題/研究課題番号:21K19561  2021年7月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    西田 佳弘, 小池 宏, 伊藤 鑑

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    骨巨細胞腫を初めとする破骨細胞増殖性疾患に対して、従来の薬剤とは異なり、副作用少なく効果が認められる治療薬を開発することを目的とする。原発巣再発および多発転移を有する骨巨細胞腫患者において、支持療法として使用した薬剤Xに著明な抗腫瘍効果を認めた。15年以上にわたって腫瘍縮小を維持し、長期の継続使用で副作用を認めていない。また、in vitro実験で薬剤Xが破骨細胞分化を抑制する結果を得た。本研究では、薬剤Xの濃度、分子量、投与頻度による効果の違い、PDXマウスモデルでの非臨床POCの取得、従来の薬剤で重大な副作用のある患者への臨床研究としての薬剤Xの効果を検証し、薬剤Xの保険適用をめざす。

  2. 患者由来組織を用いた神経線維腫に対する新規治療開発:神経線維腫症1型の進行予防

    研究課題/研究課題番号:21K09321  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    生田 国大, 西田 佳弘, 酒井 智久, 小池 宏, 伊藤 鑑

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    NF1は多発する神経線維腫を特徴とする遺伝性腫瘍症候群である。神経線維腫は疼痛、機能障害、醜状をきたし患者QOLの低下につながるが、保険診療による薬物治療は現状ない。本邦の患者数は4万人であり、神経線維腫に対する薬物治療、予防治療の開発へのニーズは高い。本研究では、NF1患者の神経線維腫に対する実現可能な新規治療法の基盤データの構築を目指す。経年的に増大、増加する全身の神経線維腫に対して、drug repositioning法により既存薬剤から腫瘍抑制効果を有する候補薬剤を同定し、神経線維腫培養細胞における薬効メカニズムの確認とpreclinical modelにおける抗腫瘍効果の評価・検討をおこなう。

  3. デスモイド型線維腫症の病態に基づく診断、新規治療開発への学際的・国際的共同研究

    研究課題/研究課題番号:17H01585  2017年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    西田 佳弘, 莚田 泰誠, 酒井 智久, 青木 正博, 松田 浩一, 新井 英介, 濱田 俊介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:37440000円 ( 直接経費:28800000円 、 間接経費:8640000円 )

    (i) Apc1638N変異マウスにおいてデスモイド様腫瘍組織が発生することを確認した。次にdrug repositioning法で特定した薬剤Xを本マウスに投与して、デスモイド様組織の発症を抑制していることを明らかにした。Meflin特異的CTNNB1exon3欠損マウスを作成し、皮下にデスモイド様組織が発生することを見いだした。(ii)Pdgf-CreとCTNNB1exon3欠損マウスをかけあわせると皮下に線維芽細胞様腫瘍が発生することを見いだした。(iii)64例のデスモイドに対してwhole exome sequencingとRNA sequencingを実施し、従来から報告されているCTNNB1変異に加えてchr6コピー数の喪失が、デスモイド腫瘍形成の原因変異である可能性を示した。また、デスモイドに対する術後成績に関して、3つの遺伝子セット(IFI6、LGMN、およびCKLF)の発現が強力な予後マーカーとなることを見いだした。(iv)ゲノムワイド関連解析については24例を追加して合計98例の解析を実施した。有望な遺伝子Yについてはカットオフ以下となった。(v)drug repositioningによって特定された薬剤Xについてはモデルマウスによってデスモイド発症抑制を確認した。この結果に基づき、PMDAの事前相談、対面助言を実施した。(vi)NIHで作成されたデスモイド患者報告型のQOL評価の和訳版を完成させた。(vii)腹腔外発生デスモイド型線維腫症の診療ガイドラインを完成させて発刊した(2019年9月)。市民公開講座を2019年7月に開催して、ガイドラインや海外での臨床試験の情報を患者・家族に対して発信した。国際的デスモイド研究組織であるDTRFに参加して情報共有を行った。
    腹腔外発生デスモイドの診療ガイドラインを完成させ、発刊することができた。デスモイド患者のQOLを評価するNIHの作成したシステムを和訳することができ、今後国際的共通スケールによって評価、比較することが可能となった。デスモイドの発症原因であるCTNNB1のエクソン3の変異遺伝子をmeflinやpdgf特異的に発現させることでデスモイド様腫瘍が発生することを見いだした。多施設共同研究により集積された64例のデスモイに対してwhole exome sequencingとRNA sequencing解析を実施することで、CTNNB1変異以外には明らかな病因遺伝子がないこと、手術成績に関連する3種の有意な遺伝子セットを明らかにした。 Drug repositioning法により特定された薬剤Xのデスモイド発症抑制効果が明らかとなり、今後医師主導治験を開始する基盤データとなった。以上より本研究はおおむね順調に進んでいる。
    腹腔外発生デスモイドに対する診療ガイドラインについては、策定しても遵守されるかは不明であるため、今後診療専門施設に対して、診断治療のアンケート調査を実施し、ガイドラインに準じた診療を実施しているかについて調査する。またガイドライン作成過程で各クリニカルクエスチョンに対して実施したシステマティックレビューを各々英語論文化する予定である。Drug repositioning法によって同定された薬剤Xについては、デスモイドを抑制するメカニズムを解析することを予定している。また、薬剤Xの臨床試験に向けてのPMDAとの対面助言の結果に基づいて、医師主導治験用のプロトコール作成を行うとともに臨床試験実施の向けての研究助成金の取得をめざす。whole exome sequencingとRNA sequencing解析を実施することで、CTNNB1変異以外には明らかな病因遺伝子がないこと、手術成績に関連する3種の有意な遺伝子セットを明らかにした成果を論文発表する。ゲノムワイド関連解析について合計98例の解析結果について、臨床情報つけて有望な遺伝子Yについて再解析を実施する。NIHの作成したデスモイド患者のQOL評価和訳版を使用して、日本のデスモイド患者に対する各種治療に関するQOL評価を実施する予定である。Pdgf-CreとCTNNB1exon3欠損マウスをかけあわせたマウスに対してkrasやp53欠損を掛け合わせた場合の発生腫瘍について解析予定としている。Meflin特異的CTNNB1exon3欠損マウスの皮下に発生するデスモイド様組織の再現性の評価および炎症下での発生について追加して評価を行う。

  4. 骨軟部腫瘍における診断マーカーの同定と腫瘍概念の再構築を目指した融合遺伝子の探索

    研究課題/研究課題番号:16H02676  2016年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    松田 浩一, 中村 卓郎, 中山 タラントロバート, 竹中 聡, 高阪 真路, 松本 嘉寛, 植田 幸嗣, 穴澤 卯圭, 比留間 徹, 河野 博隆, 阿江 啓介, 小林 寛, 堀内 圭輔, 河本 旭哉, 平賀 博明, 土屋 弘行, 坂本 昭夫, 朴木 寛弥, 秋山 達, 片山 琴絵, 大隈 知威, 元井 亨, 西田 佳弘, 中川 英刀, 平田 真, 米本 司, 馬場 一郎, 小田 義直, 末原 義之, 國定 俊之, 山田 聡, 相羽 久輝, 松原 大祐, 川井 章, 筑紫 聡, 山口 類, 綿貫 宗則, 王谷 英達, 吉川 秀樹, 中 紀文, 岡本 健, 五嶋 孝博, 岩田 慎太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本課題では、骨軟部腫瘍の多様性の分子メカニズムの解明と新規治療方法の開発を目的として、骨軟部腫瘍のゲノム解析・機能解析を進めた。国内28医療機関、14研究機関からなる骨軟部腫瘍ゲノムコンソーシアムのネットワークを通じて、腫瘍、正常検体の収集と対象20疾患(脱分化型脂肪肉腫、腱滑膜巨細胞腫、類上皮肉腫、類骨骨腫、骨芽細胞腫など)について400例を超えるゲノム解析を実施した。その結果、疾患特異的な融合遺伝子として、CTDSP1/2-DNM3OS fusion(脱分化型脂肪肉腫)などを同定した。また腱滑膜巨細胞腫における高頻度のCBL変異やDesmoid腫瘍の有用な予後マーカーを同定した。
    本研究課題では28医療機関、14研究機関からなるオールジャパンの共同研究体制を通じて、希少がんである骨軟部腫瘍に対する試料・臨床情報収集、ゲノム解析の実施体制が構築された。20の組織型を対象に400例を超える検体を用いた大規模ゲノム解析の成果として、新規の疾患融合遺伝子が腱滑膜巨細胞腫や脱分化型脂肪肉腫で同定された。さらにデスモイド腫瘍や粘液型脂肪肉腫においては複数の予後マーカーが同定され、また骨肉腫に対する治療候補分子も同定された。これらの一連の成果は、希少がんである骨軟部腫瘍の発症メカニズムの解明だけでなく、診断・予後マーカーや新規治療法の開発などの臨床応用につながると期待される。

  5. 臨床応用へ向けた温熱刺激による新規骨形成法

    研究課題/研究課題番号:17H06751  2017年8月 - 2019年3月

    大田 剛広

      詳細を見る

    担当区分:その他 

    臨床的に使用可能な加温担体、人工骨、加温機器を用いてラット、ウサギ両種における臨床応用に向けた動物モデルを作成した。
    週一回、45度15分の温熱刺激においてラット、ウサギ両種でmicroCTや組織学的検査にて有意な骨形成が確認できた。力学的強度も増す可能性が示唆され温熱刺激により石灰化促進効果や骨代謝亢進が生じていると考えられた。
    本研究では動物モデルに深刻な副作用は生じず、安全に温熱刺激が行えることが確認されたため、近い将来安全性の確認を主眼においたヒトにおける第一相の臨床研究を検討している。
    病気や事故により欠損した骨に対する治療方法は現状限られており、早期に骨形成を生じる方法について研究が必要な状態である。
    本研究により適切な温度、時間、頻度の温熱刺激が骨形成を促進することが確認された。また、熱傷など明らかな副作用は認められなかった。
    複数の動物モデルで骨形成促進効果を確認できたことからヒトでも同様の効果があることが示唆され、将来的に骨欠損の治療方法の新たな選択肢となる可能性がある。

  6. 深紫外線LEDによる横断的加齢性疾患治療の基盤構築

    研究課題/研究課題番号:17K19903  2017年6月 - 2020年3月

    挑戦的研究(萌芽)

    西田 佳弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:5720000円 ( 直接経費:4400000円 、 間接経費:1320000円 )

    深紫外線の波長を限局して照射できるLED機器により、副作用の少ない波長(315nm)で、血中25(OH)D値を有意に上昇させることを明らかにした。血中25(OH)D値を有意に上昇させる最小照度・照射量の条件(週2回、1回照射照度0.16mW/cm2、照射量1 kJ/m2)を決定し、加齢モデルマウス(SAM-P6マウス)を用いて、Trabecular bone mineral densityの上昇を確認し、破骨細胞誘導が抑制されることが確認された。また筋量も有意に上昇することを確認した。波長限定LED照射により、骨粗鬆症、サルコペニアの新規治療法となる非臨床POCを得ることができた。
    骨粗鬆症に対しては有効な薬物治療は各種開発されているがコストが高く、大きな副作用が報告されている。患者の薬物に対するアドヒアランスも問題となる。またサルコペニアに対する有効な治療法はまだ確立されていない。本研究により、LED機器を使用した深紫外線照射は、ビタミンD産生上昇を介して副作用少なく骨粗鬆症とサルコペニアの新規治療法となる可能性が示された。超高齢化社会を迎える日本、世界に対して低コストで汎用性のある治療法となることが期待される。また治療機器は携帯化が可能であるため、多様な医療現場、家庭で使用できることも利点である。

  7. 進行期骨軟部肉腫に対する細胞外マトリックス制御による新規腫瘍免疫療法の開発

    研究課題/研究課題番号:17K10963  2017年4月 - 2020年3月

    浦川 浩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    骨軟部肉腫におけるヒアルロン酸を中心とした細胞外マトリックス・細胞膜上受容体・細胞内シグナル伝達のネットワークと腫瘍免疫との関係を明らかにし、これらをターゲットとした新規免疫治療の確立を目的として免疫チェックポイント分子とヒアルロン酸ネットワークの関係を評価した。骨軟部肉腫細胞においては豊富な細胞外マトリックスを認め免疫チェックポイント分子の発現との関係において一定の関係がみられ、骨軟部肉腫腫瘍組織においては豊富なヒアルロン酸発現を認め、一部の組織型において免疫細胞浸潤と免疫チェックポイント分子発現を認めた。
    腫瘍内では腫瘍免疫により抗がん剤など既存治療への抵抗性が獲得されており、骨軟部肉腫においてヒアルロン酸を中心とした細胞外マトリックス・細胞膜上受容体・細胞内シグナル伝達のネットワークが腫瘍免疫にかかわっている可能性が示唆された。細胞外マトリックスの産生・蓄積の制御、あるいはマトリックス-細胞膜上受容体の相互作用を制御することにより、骨軟部腫瘍において抗腫瘍免疫応答を引き起こすことが可能となり、新規腫瘍免疫療法の開発が期待される。

  8. がんの骨・肺転移におけるCathepsin Kの役割の解明

    研究課題/研究課題番号:15K10438  2015年4月 - 2018年3月

    小澤 英史

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    Cathepsin Kは骨転移の際に破骨細胞や腫瘍細胞、腫瘍周囲にある貪食細胞や線維芽細胞から産生され、骨基質破壊に関与すると考えられている。我々はマウス骨転移モデルを作製するために、乳癌細胞と肺癌細胞をマウスの脛骨に注射して、溶骨性病変が形成されるのを確認した。2週と4週間目にレントゲン撮影を行い、骨破壊が2週間で進行し、両群に優位な差はみられなかった。
    ひとの肺原発腫瘍と転移性肺腫瘍の骨浸潤例は50例で、骨軟部腫瘍の骨浸潤例は19例であった。これらの予後は5年全生存率57.7%であった。悪性腫瘍の骨浸潤を組織学的に評価した結果、術前MRIでは感度100%であり、特異度96%であった。

  9. デスモイド腫瘍の変異解析と新規治療アルゴリズムの確立にむけた研究

    2014年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. 転移性骨腫瘍に対するイメージ下凍結療法の開発と確立

    研究課題/研究課題番号:26462260  2014年4月 - 2018年3月

    筑紫 聡

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究には局所治療の範囲を決定すべく、悪性軟部腫瘍の局所制御に主眼をおいて研究を行った。非円形細胞肉腫387例の解析の結果、5年生存率は85.7%、5年無局所再発生存率89.8%であった。単変量解析にて組織学的悪性度(p=0.015)・組織学的切断端陽性(p<0.001)・腫瘍の深さ(p=0.003)・腫瘍径(p=0.005)が有意な予後不良因子となった。多変量解析では組織学的悪性度(p<0.001)と組織学的断端陽性(p=0.03)のみが有意な予後不良因子として残った。これらの因子を念頭において局所治療の範囲を決定すべきである。

  11. ヒアルロン酸ネットワークと破骨細胞制御による骨転移治療の確立

    研究課題/研究課題番号:26462261  2014年4月 - 2018年3月

    浦川 浩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    骨転移は悪性腫瘍において患者のQOLを低下させる。ヒアルロン酸を中心とした細胞外マトリックスの制御に焦点を当て、既存の骨転移治療薬への相互作用を評価した。4-methylumbelliferone (MU)の乳がんと肺がんのセルラインに対するヒアルロン酸発現と腫瘍原性への影響を評価した。MUとゾレドロン酸の増殖能、運動能、浸潤能への影響を評価し、相乗効果についても評価した。これらの薬剤を組み合わせることによりin vivoの骨転移病変を相加的に抑制し、MUのヒアルロン酸蓄積や破骨細胞の抑制がみられた。骨修飾薬に加え、ヒアルロン酸合成を抑制することは骨転移治療のターゲットとなりうる。

  12. 熱による新規骨形成促進法の開発:マグネタイト微粒子の応用

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  13. ヒアルロン酸ネットワークをターゲットとした新規骨転移保存的治療法の開発

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  14. 乳癌骨転移に対する新規保存的治療法についての基礎研究―ヒアルロン酸制御による― 

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    西田 佳弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  15. 整形外科分野におけるCD-RAPの臨床応用

    2004年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    西田 佳弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

産業財産権 5

  1. 治療器

    浅野英樹,西田佳弘,森田大悟,樋口善俊

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学、日機装株式会社

    出願番号:特願2013-128021  出願日:2016年5月

    出願国:国内  

  2. 発熱による骨を新生させるシステム

    西田佳弘

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:PCT/JP2014/064920  出願日:2014年6月

    出願国:国内  

  3. 骨新生用組成物及び骨新生システム

    西田佳弘,生田国大,本多浩之,加藤竜司,小林猛

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2013-128021  出願日:2013年6月

    出願国:国内  

  4. 炎症性関節疾患治療薬

    西田佳弘,吉岡裕,石黒直樹

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2012-112588  出願日:2012年5月

    公開番号:特許公開2013-237649  公開日:2013年11月

    出願国:国内  

  5. がん骨転移治療薬

    西田佳弘、浦川浩、新井英介、二村尚久、石黒直樹

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2010-001065  出願日:2010年1月

    公開番号:特許公開2011-140450  公開日:2011年7月

    特許番号/登録番号:特許第5610336号  登録日:2014年9月 

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 12

  1. 骨軟部腫瘍とリハビリ

    2016

  2. 骨軟部腫瘍

    2016

  3. 骨軟部腫瘍とリハビリ

    2015

  4. 骨軟部腫瘍

    2015

  5. 骨軟部腫瘍とリハビリ

    2014

  6. 骨軟部腫瘍

    2014

  7. 骨軟部腫瘍とリハビリ

    2013

  8. 骨軟部腫瘍

    2013

  9. 骨軟部腫瘍

    2012

  10. 骨軟部腫瘍とリハビリ

    2012

  11. 骨軟部腫瘍

    2011

  12. 骨軟部腫瘍とリハビリ

    2011

▼全件表示

 

社会貢献活動 1

  1. 特定非営利活動法人鶴舞骨軟部腫瘍研究会 理事長

    2011年4月 - 現在