2021/06/17 更新

写真a

クズヤ マサフミ
葛谷 雅文
KUZUYA, Masafumi
所属
名古屋大学 未来社会創造機構 ナノライフシステム研究所 マイクロ・ナノメカトロニクス研究部門 教授
職名
教授

学位 1

  1. 医学博士 ( 1991年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 2

  1. フレイル

  2. 老年医学、老年症候群、栄養、サルコペニア、認知症、地域在宅医療

研究分野 5

  1. その他 / その他  / 老年内科学

  2. その他 / その他  / 地域在宅医療学

  3. その他 / その他  / 栄養障害・サルコペニア・動脈硬化

  4. その他 / その他  / 認知症

  5. ライフサイエンス / 内科学一般

現在の研究課題とSDGs 4

  1. 地域・在宅高齢者における摂取嚥下・栄養障害に関する研究

  2. サルコペニア(老化に伴う筋委縮)の機構解明ならびにその治療戦略の確立

  3. 動脈硬化症の成因に関する研究

  4. サルコペニア・フレイリティーの疫学・臨床・基礎研究

経歴 5

  1. 名古屋大学未来社会創造機構   教授

    2014年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    備考:併任

  2. 名古屋大学   予防早期医療創成センター   予防早期医療創成センター 教授

    2013年11月 - 現在

  3. 名古屋大学   医学部附属病院   地域連携・患者相談センター センター長

    2013年4月 - 現在

  4. 名古屋大学   医学部附属病院   Director Nutritional Support Team

    2009年9月 - 現在

  5. 名古屋大学   医学部附属病院 老年内科   診療科長

    2005年11月 - 現在

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学研究科   内科系老年科学

    - 1989年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 大阪医科大学   医学部

    - 1983年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 11

  1. 日本老年医学会   評議員・理事

  2. 日本内科学会

  3. 日本動脈硬化学会   理事

  4. 日本在宅医学会   理事

  5. 日本臨床栄養代謝学会   指導医

  6. 日本臨床栄養学会   理事

  7. 日本血管細胞生物学会   評議員

  8. 日本循環器学会

  9. 日本未病学会   理事

  10. 日本認知症学会

  11. 日本認知症学会

▼全件表示

委員歴 1

  1. 日本血管生物医学会   評議員  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 5

  1. the 4th Geriatrics and Gerontology International Best Article Awardees

    2013年6月   Japanese Geriatric Society  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 日本老年医学会優秀論文賞

    2011年6月   日本老年医学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 日本老年医学会優秀論文賞

    2007年6月   日本老年医学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. かなえ研究奨励賞

    1995年9月   かなえ医薬振興財団  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  5. 日本老年医学会賞(ノバルティス賞)

    1995年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 412

  1. Echo intensity is more useful in predicting hospital-associated complications than conventional sarcopenia-related parameters in acute hospitalized older patients

    Nagae M.

    Experimental Gerontology   150 巻   頁: 111397   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Experimental Gerontology  

    DOI: 10.1016/j.exger.2021.111397

    Scopus

    PubMed

  2. Effects of Aerobic, Resistance, or Combined Exercise Training Among Older Adults with Subjective Memory Complaints: A Randomized Controlled Trial.

    Makino T, Umegaki H, Ando M, Cheng XW, Ishida K, Akima H, Oshida Y, Yoshida Y, Uemura K, Shimada H, Kuzuya M

    Journal of Alzheimer's disease : JAD     2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3233/JAD-210047

    PubMed

  3. Low Amino Acid Score of Breakfast is Associated with the Incidence of Cognitive Impairment in Older Japanese Adults: A Community-Based Longitudinal Study

    Kinoshita K., Otsuka Rei, Takada M., Tsukamoto-Yasui M., Nishita Y., Tange C., Tomida M., Jinzu H., Shimokata H., Kuzuya M., Imaizumi A., Arai H.

    JPAD-JOURNAL OF PREVENTION OF ALZHEIMERS DISEASE     2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Prevention of Alzheimer's Disease  

    DOI: 10.14283/jpad.2021.25

    Web of Science

    Scopus

  4. Long-lived Werner syndrome patient autopsy report: The presence of liver cirrhosis 査読有り

    Kuzuya Masafumi, Shi Rong Qian, Yanagawa Madoka, Watanabe Kazuhisa, Samizo Satoshi, Ando Ryota

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   21 巻 ( 5 ) 頁: 433 - 435   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.14149

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. A novel online interprofessional education with standardised family members in the COVID-19 period

    Suematsu Mina, Takahashi Noriyuki, Okazaki Kentaro, Fuchita Etsuko, Yoshimi Akira, Hanya Manako, Noda Yukihiro, Abe Keiko, Kuzuya Masafumi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MEDICAL EDUCATION   12 巻   頁: 36 - 37   2021年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International journal of medical education  

    DOI: 10.5116/ijme.6043.8be0

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. The Association Between Dietary Amino Acid Intake and Cognitive Decline 8 Years Later in Japanese Community-Dwelling Older Adults 査読有り

    Kinoshita K., Otsuka Rei, Takada M., Tsukamoto-Yasui M., Nishita Y., Tange C., Tomida M., Shimokata H., Kuzuya M., Imaizumi A., Arai H.

    JOURNAL OF NUTRITION HEALTH & AGING   25 巻 ( 2 ) 頁: 165 - 171   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Nutrition, Health and Aging  

    DOI: 10.1007/s12603-020-1470-9

    Web of Science

    Scopus

  7. Dietary Patterns and Muscle Mass, Muscle Strength, and Physical Performance in the Elderly: A 3-Year Cohort Study 査読有り

    Huang C. H., Okada K., Matsushita E., Uno C., Satake S., Martins B. Arakawa, Kuzuya M.

    JOURNAL OF NUTRITION HEALTH & AGING   25 巻 ( 1 ) 頁: 108 - 115   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Nutrition, Health and Aging  

    DOI: 10.1007/s12603-020-1437-x

    Web of Science

    Scopus

  8. Time gap between the onset and diagnosis in Werner syndrome: a nationwide survey and the 2020 registry in Japan 査読有り

    Koshizaka Masaya, Maezawa Yoshiro, Maeda Yukari, Shoji Mayumi f, Kato Hisaya, Kaneko Hiyori, Ishikawa Takahiro, Kinoshita Daisuke, Kobayashi Kazuki, Kawashima Junji, Sekiguchi Akiko, Motegi Sei-ichiro, Nakagami Hironori, Yamada Yoshihiko, Tsukamoto Shinji, Taniguchi Akira, Sugimoto Ken, Shoda Yukiko, Hashimoto Kunihiko, Yoshimura Toru, Suzuki Daisuke, Kuzuya Masafumi, Takemoto Minoru, Yokote Koutaro

    AGING-US   12 巻 ( 24 ) 頁: 24940 - 24956   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  9. Short physical performance battery discriminates clinical outcomes in hospitalized patients aged 75 years and over

    Fujita Kosuke, Nakashima Hirotaka, Kako Masato, Shibata Atsushi, Cheng Yu-ting, Tanaka Shinya, Nishida Yoshihiro, Kuzuya Masafumi

    ARCHIVES OF GERONTOLOGY AND GERIATRICS   90 巻   頁: 104155   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Archives of Gerontology and Geriatrics  

    DOI: 10.1016/j.archger.2020.104155

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  10. Selection of chemotherapy based on geriatric assessment for elderly patients with pancreatic cancer

    Maeda Osamu, Matsuoka Ayumu, Yanagawa Madoka, Muroyama Yukie, Kuzuya Masafumi, Ando Yuichi

    ANNALS OF ONCOLOGY   30 巻   頁: 131 - 131   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1093/annonc/mdz343.060

    Web of Science

  11. Built environment and frailty: neighborhood perceptions and associations with frailty, experience from the Nagoya Longitudinal study

    Martins B. A., Visvanathan R., Barrie H., Huang C. H., Matsushita E., Okada K., Satake S., Edwards S., Uno C., Kuzuya M.

    AUSTRALASIAN JOURNAL ON AGEING   38 巻   頁: 20 - 21   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  12. Exercise restores muscle stem cell mobilization, regenerative capacity and muscle metabolic alterations via adiponectin/AdipoR1 activation in SAMP10 mice. 査読有り 国際誌

    Inoue A, Cheng XW, Huang Z, Hu L, Kikuchi R, Jiang H, Piao L, Sasaki T, Itakura K, Wu H, Zhao G, Lei Y, Yang G, Zhu E, Li X, Sato K, Koike T, Kuzuya M

    Journal of cachexia, sarcopenia and muscle   8 巻 ( 3 ) 頁: 370 - 385   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Cachexia, Sarcopenia and Muscle  

    DOI: 10.1002/jcsm.12166

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  13. Built Environment and Frailty: Neighborhood Perceptions and Associations With Frailty, Experience From the Nagoya Longitudinal Study 査読有り 国際誌

    Martins Beatriz A., Visvanathan Renuka, Barrie Helen R., Huang Chi Hsien, Matsushita Eiji, Okada Kiwako, Satake Shosuke, Edwards Suzanne, Uno Chiharu, Kuzuya Masafumi

    JOURNAL OF APPLIED GERONTOLOGY   40 巻 ( 6 ) 頁: 609 - 619   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Applied Gerontology  

    DOI: 10.1177/0733464820912663

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  14. Friendship-related social isolation is a potential risk factor for the transition from robust to prefrailty among healthy older adults: a 1-year follow-up study 査読有り 国際誌

    Uno Chiharu, Okada Kiwako, Matsushita Eiji, Satake Shosuke, Kuzuya Masafumi

    EUROPEAN GERIATRIC MEDICINE   12 巻 ( 2 ) 頁: 285 - 293   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Geriatric Medicine  

    DOI: 10.1007/s41999-020-00422-y

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  15. Effect of Various Exercises on Intrinsic Capacity in Older Adults With Subjective Cognitive Concerns 査読有り 国際誌

    Huang Chi Hsien, Umegaki Hiroyuki, Makino Taeko, Uemura Kazuki, Hayashi Takahiro, Kitada Tomoharu, Inoue Aiko, Shimada Hiroyuki, Kuzuya Masafumi

    JOURNAL OF THE AMERICAN MEDICAL DIRECTORS ASSOCIATION   22 巻 ( 4 ) 頁: 780 - +   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the American Medical Directors Association  

    DOI: 10.1016/j.jamda.2020.06.048

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  16. Dietary patterns and intrinsic capacity among community-dwelling older adults: a 3-year prospective cohort study 査読有り 国際誌

    Huang Chi Hsien, Okada Kiwako, Matsushita Eiji, Uno Chiharu, Satake Shosuke, Martins Beatriz Arakawa, Kuzuya Masafumi

    EUROPEAN JOURNAL OF NUTRITION     2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Journal of Nutrition  

    DOI: 10.1007/s00394-021-02505-3

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  17. Management guideline for Werner syndrome 2020. 7. Skin ulcer associated with Werner syndrome dermatological treatment 査読有り

    Motegi Sei-ichiro, Takemoto Minoru, Taniguchi Toshibumi, Kubota Yoshitaka, Taniguchi Akira, Nakagami Hironori, Maezawa Yoshiro, Koshizaka Masaya, Kato Hisaya, Mori Seijiro, Tsukamoto Kazuhisa, Kuzuya Masafumi, Yokote Koutaro

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   21 巻 ( 2 ) 頁: 160 - 162   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.14077

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  18. Management guideline for Werner syndrome 2020. 5. Infection associated with Werner syndrome 査読有り

    Taniguchi Toshibumi, Takemoto Minoru, Kubota Yoshitaka, Motegi Sei-ichiro, Taniguchi Akira, Nakagami Hironori, Maezawa Yoshiro, Koshizaka Masaya, Kato Hisaya, Mori Seijiro, Tsukamoto Kazuhisa, Kuzuya Masafumi, Yokote Koutaro

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   21 巻 ( 2 ) 頁: 150 - 152   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.14073

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  19. Association of fear of falling with cognitive function and physical activity in older community-dwelling adults 査読有り 国際誌

    Umegaki Hiroyuki, Uemura Kazuki, Makino Taeko, Hayashi Takahiro, Cheng Xian Wu, Kuzuya Masafumi

    EUROPEAN GERIATRIC MEDICINE   12 巻 ( 1 ) 頁: 99 - 106   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Geriatric Medicine  

    DOI: 10.1007/s41999-020-00410-2

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  20. Management guideline for Werner syndrome 2020. 2. Sarcopenia associated with Werner syndrome 査読有り

    Kuzuya Masafumi, Takemoto Minoru, Kubota Yoshitaka, Taniguchi Toshibumi, Motegi Sei-Ichiro, Taniguchi Akira, Nakagami Hironori, Maezawa Yoshiro, Koshizaka Masaya, Kato Hisaya, Mori Seijiro, Tsukamoto Kazuhisa, Yokote Koutaro

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   21 巻 ( 2 ) 頁: 139 - 141   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.14076

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  21. Management guideline for Werner syndrome 2020. 4. Osteoporosis associated with Werner syndrome 査読有り

    Mori Seijiro, Takemoto Minoru, Kubota Yoshitaka, Taniguchi Toshibumi, Motegi Sei-ichiro, Taniguchi Akira, Nakagami Hironori, Maezawa Yoshiro, Koshizaka Masaya, Kato Hisaya, Tsukamoto Kazuhisa, Kuzuya Masafumi, Yokote Koutaro

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   21 巻 ( 2 ) 頁: 146 - 149   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.14078

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  22. Management guideline for Werner syndrome 2020. 3. Diabetes associated with Werner syndrome 査読有り

    Takemoto Minoru, Kubota Yoshitaka, Taniguchi Toshibumi, Motegi Sei-ichiro, Taniguchi Akira, Nakagami Hironori, Maezawa Yoshiro, Koshizaka Masaya, Kato Hisaya, Tsukamoto Kazuhisa, Mori Seijiro, Kuzuya Masafumi, Yokote Koutaro

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   21 巻 ( 2 ) 頁: 142 - 145   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.14083

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  23. Management guideline for Werner syndrome 2020 1. Dyslipidemia and fatty liver associated with Werner syndrome 査読有り

    Tsukamoto Kazuhisa, Takemoto Minoru, Kubota Yoshitaka, Taniguchi Toshibumi, Motegi Sei-ichiro, Taniguchi Akira, Nakagami Hironori, Maezawa Yoshiro, Koshizaka Masaya, Kato Hisaya, Mori Seijiro, Kuzuya Masafumi, Yokote Koutaro

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   21 巻 ( 2 ) 頁: 133 - 138   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.14095

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  24. Use of Anti-Dementia Drugs Reduces the Risk of Potentially Inappropriate Medications: A Secondary Analysis of a Nationwide Survey of Prescribing Pharmacies 査読有り 国際誌

    Suzuki Yusuke, Sakakibara Mikio, Shiraishi Nariaki, Komiya Hitoshi, Akishita Masahiro, Kuzuya Masafumi

    DEMENTIA AND GERIATRIC COGNITIVE DISORDERS   49 巻 ( 5 ) 頁: 526 - 532   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Dementia and Geriatric Cognitive Disorders  

    DOI: 10.1159/000512043

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  25. Management guideline for Werner syndrome 2020. 6. Skin ulcers associated with Werner syndrome: Prevention and non-surgical and surgical treatment 査読有り

    Kubota Yoshitaka, Takemoto Minoru, Taniguchi Toshibumi, Motegi Sei-ichiro, Taniguchi Akira, Nakagami Hironori, Maezawa Yoshiro, Koshizaka Masaya, Kato Hisaya, Mori Seijiro, Tsukamoto Kazuhisa, Kuzuya Masafumi, Yokote Koutaro

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   21 巻 ( 2 ) 頁: 153 - 159   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.14096

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  26. Management guideline for Werner syndrome 2020 8. Calcification in tendons associated with Werner syndrome 査読有り

    Taniguchi Akira, Tanaka Yasuhito, Takemoto Minoru, Kubota Yoshitaka, Taniguchi Toshibumi, Motegi Sei-ichiro, Nakagami Hironori, Maezawa Yoshiro, Koshizaka Masaya, Kato Hisaya, Tsukamoto Kazuhisa, Mori Seijiro, Kuzuya Masafumi, Yokote Koutaro

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   21 巻 ( 2 ) 頁: 163 - 165   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.14084

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  27. Mild hyponatremia is associated with low skeletal muscle mass, physical function impairment, and depressive mood in the elderly 査読有り 国際誌

    Fujisawa Chisato, Umegaki Hiroyuki, Sugimoto Taiki, Samizo Satoshi, Huang Chi Hsien, Fujisawa Haruki, Sugimura Yoshihisa, Kuzuya Masafumi, Toba Kenji, Sakurai Takashi

    BMC GERIATRICS   21 巻 ( 1 ) 頁: 15 - 15   2021年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BMC Geriatrics  

    DOI: 10.1186/s12877-020-01955-4

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  28. A 3-year prospective cohort study of dietary patterns and frailty risk among community-dwelling older adults 査読有り 国際誌

    Huang Chi Hsien, Martins Beatriz Arakawa, Okada Kiwako, Matsushita Eiji, Uno Chiharu, Satake Shosuke, Kuzuya Masafumi

    CLINICAL NUTRITION   40 巻 ( 1 ) 頁: 229 - 236   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Clinical Nutrition  

    DOI: 10.1016/j.clnu.2020.05.013

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  29. Nutritional status related to poor health outcomes in older people: Which is better, obese or lean? 招待有り 査読有り

    Kuzuya Masafumi

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   21 巻 ( 1 ) 頁: 5 - 13   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.14088

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  30. Mental Health Status of the Older Adults in Japan During the COVID-19 Pandemic 査読有り 国際誌

    Fujita Kosuke, Inoue Aiko, Kuzuya Masafumi, Uno Chiharu, Huang Chi Hsien, Umegaki Hiroyuki, Onishi Joji

    JOURNAL OF THE AMERICAN MEDICAL DIRECTORS ASSOCIATION   22 巻 ( 1 ) 頁: 220 - 221   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the American Medical Directors Association  

    DOI: 10.1016/j.jamda.2020.11.023

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  31. Time gap between the onset and diagnosis in Werner syndrome: a nationwide survey and the 2020 registry in Japan 査読有り 国際誌

    Koshizaka M.

    Aging   12 巻 ( 24 ) 頁: 24940 - 24956   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Aging  

    DOI: 10.18632/aging.202441

    Scopus

    PubMed

  32. The Japan Geriatrics Society consensus statement "recommendations for older persons to receive the best medical and long-term care during the COVID-19 outbreak-considering the timing of advance care planning implementation" 査読有り

    Kuzuya Masafumi, Aita Kaoruko, Katayama Yoko, Katsuya Tomohiro, Nishikawa Mitsunori, Hirahara Satoshi, Miura Hisayuki, Yanagawa Madoka, Arai Hidenori, Iijima Katsuya, Okochi Jiro, Kozaki Koichi, Yamaguchi Yasuhiro, Rakugi Hiromi, Akishita Masahiro

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   20 巻 ( 12 ) 頁: 1112 - 1119   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.14075

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  33. Identifying the brain's connector hubs at the voxel level using functional connectivity overlap ratio 査読有り 国際誌

    Bagarinao Epifanio, Watanabe Hirohisa, Maesawa Satoshi, Mori Daisuke, Hara Kazuhiro, Kawabata Kazuya, Ohdake Reiko, Masuda Michihito, Ogura Aya, Kato Toshiyasu, Koyama Shuji, Katsuno Masahisa, Wakabayashi Toshihiko, Kuzuya Masafumi, Hoshiyama Minoru, Isoda Haruo, Naganawa Shinji, Ozaki Norio, Sobue Gen

    NEUROIMAGE   222 巻   頁: 117241 - 117241   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NeuroImage  

    DOI: 10.1016/j.neuroimage.2020.117241

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  34. Japan Geriatrics Society "Recommendations for the Promotion of Advance Care Planning":End-of-LifeIssues Subcommittee consensus statement 査読有り

    Kuzuya Masafumi, Aita Kaoruko, Katayama Yoko, Katsuya Tomohiro, Nishikawa Mitsunori, Hirahara Satoshi, Miura Hisayuki, Rakugi Hiromi, Akishita Masahiro

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   20 巻 ( 11 ) 頁: 1024 - 1028   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.14042

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  35. Chronic Dehydration in Nursing Home Residents 査読有り 国際誌

    Nagae Masaaki, Umegaki Hiroyuki, Onishi Joji, Huang Chi Hsien, Yamada Yosuke, Watanabe Kazuhisa, Komiya Hitoshi, Kuzuya Masafumi

    NUTRIENTS   12 巻 ( 11 ) 頁: 1 - 12   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nutrients  

    DOI: 10.3390/nu12113562

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  36. Effect of various exercises on frailty among older adults with subjective cognitive concerns: a randomised controlled trial 査読有り 国際誌

    Huang Chi Hsien, Umegaki Hiroyuki, Makino Taeko, Uemura Kazuki, Hayashi Takahiro, Kitada Tomoharu, Inoue Aiko, Shimada Hiroyuki, Kuzuya Masafumi

    AGE AND AGEING   49 巻 ( 6 ) 頁: 1011 - 1019   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Age and Ageing  

    DOI: 10.1093/ageing/afaa086

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  37. Aging Impacts the Overall Connectivity Strength of Regions Critical for Information Transfer Among Brain Networks 査読有り 国際誌

    Bagarinao Epifanio, Watanabe Hirohisa, Maesawa Satoshi, Mori Daisuke, Hara Kazuhiro, Kawabata Kazuya, Yoneyama Noritaka, Ohdake Reiko, Imai Kazunori, Masuda Michihito, Yokoi Takamasa, Ogura Aya, Taoka Toshiaki, Koyama Shuji, Tanabe Hiroki C., Katsuno Masahisa, Wakabayashi Toshihiko, Kuzuya Masafumi, Hoshiyama Minoru, Isoda Haruo, Naganawa Shinji, Ozaki Norio, Sobue Gen

    FRONTIERS IN AGING NEUROSCIENCE   12 巻   頁: 592469 - 592469   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Aging Neuroscience  

    DOI: 10.3389/fnagi.2020.592469

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  38. A Study on the Relationship between Cognitive Performance, Hearing Impairment, and Frailty in Older Adults 査読有り 国際誌

    Bonfiglio Viviana, Umegaki Hiroyuki, Kuzuya Masafumi

    DEMENTIA AND GERIATRIC COGNITIVE DISORDERS   49 巻 ( 2 ) 頁: 156 - 162   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Dementia and Geriatric Cognitive Disorders  

    DOI: 10.1159/000507214

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  39. 血液透析患者における舌圧とサルコペニアおよび栄養指標との関連

    宇野千晴、岡田希和子、松下英二、葛谷雅文.

    日本臨床栄養学会雑誌    42 巻 ( 1 ) 頁: 82-93   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. 血液透析患者における舌圧とサルコペニアおよび栄養指標との関連 査読有り

    宇野 千晴, 岡田 希和子, 松下 英二, 葛谷 雅文

    日本臨床栄養学会雑誌   42 巻 ( 1 ) 頁: 82 - 93   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本臨床栄養学会  

    【目的】透析患者の高齢化が進み、低栄養と生命予後との関連が報告されている。高齢者において舌圧の低下は、摂食嚥下障害やサルコペニア、低栄養と関連することが明らかである。そこで、血液透析患者における舌圧とサルコペニアおよび栄養指標との関連を明らかにすることを目的とした。【方法】対象は透析歴が6ヵ月以上で週3回通院している血液透析患者145人(68.2±12.2歳、男性69.2%、糖尿病28.9%)とした。調査項目は身長、体重、Body mass index(BMI)、体組成の測定、血液検査、舌圧、食事調査・栄養評価、握力、歩行速度、Activities of daily living調査とした。サルコペニアはAsian Working Group for Sarcopenia 2019の診断基準により判定した。【結果】対象者の平均舌圧は29.6±11.2kPaであった。サルコペニアを有する患者で舌圧は有意に低値を示した(P=0.023)。男女ともに、舌圧は握力、筋肉量、エネルギー摂取量、たんぱく質摂取量、Mini nutritional assessment-short formで有意な正の相関関係を示した(P<0.05)。透析歴や歩行速度には有意な相関はみられなかった。【結語】血液透析患者おいて、舌圧はサルコペニア指標や栄養状態と相関がみられ、舌圧の低下はエネルギーやたんぱく質の摂取不足につながる可能性が示唆された。(著者抄録)

  41. Sex-Specific Association between Social Frailty and Diet Quality, Diet Quantity, and Nutrition in Community-Dwelling Elderly 査読有り 国際誌

    Huang Chi Hsien, Okada Kiwako, Matsushita Eiji, Uno Chiharu, Satake Shosuke, Martins Beatriz Arakawa, Kuzuya Masafumi

    NUTRIENTS   12 巻 ( 9 ) 頁: 1 - 13   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nutrients  

    DOI: 10.3390/nu12092845

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  42. Association of the Qualitative Clock Drawing Test with Progression to Dementia in Non-Demented Older Adults 査読有り 国際誌

    Umegaki Hiroyuki, Suzuki Yusuke, Yamada Yosuke, Komiya Hitoshi, Watanabe Kazuhisa, Nagae Masaaki, Kuzuya Masafumi

    JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE   9 巻 ( 9 )   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm9092850

    Web of Science

    PubMed

  43. フレイル高齢者、これからどう診る?そもそもの考え方から現場対応まで、最新フレイル健診にも対応!】(第1章)あらためて、フレイルとは何か 欠損累積モデルのフレイル.

    葛谷雅文

    Gノート (2188-3033)   7 巻 ( 6 ) 頁: 854-861   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  44. 【超高齢社会への対応】超高齢社会に対応するための老年医学教育 諸外国の現状と我が国との比較

    1. 古川 勝敏, 宮澤 イザベル, 金子 英司, 石木 愛子, 荒井 啓行, 石川 崇広, 大西 丈二, 葛谷 雅文.

    BIO Clinica (0919-8237)   35 巻 ( 10 ) 頁: 927-931   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Changes in white matter fiber density and morphology across the adult lifespan: A cross-sectional fixel-based analysis 査読有り 国際誌

    Choy Shao Wei, Bagarinao Epifanio, Watanabe Hirohisa, Ho Eric Tatt Wei, Maesawa Satoshi, Mori Daisuke, Hara Kazuhiro, Kawabata Kazuya, Yoneyama Noritaka, Ohdake Reiko, Imai Kazunori, Masuda Michihito, Yokoi Takamasa, Ogura Aya, Taoka Toshiaki, Koyama Shuji, Tanabe Hiroki C., Katsuno Masahisa, Wakabayashi Toshihiko, Kuzuya Masafumi, Hoshiyama Minoru, Isoda Haruo, Naganawa Shinji, Ozaki Norio, Sobue Gen

    HUMAN BRAIN MAPPING   41 巻 ( 12 ) 頁: 3198 - 3211   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Human Brain Mapping  

    DOI: 10.1002/hbm.25008

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  46. 連載「ガイドライン ココだけおさえる」 高齢者在宅医療・介護サービスガイドライン2019

    葛谷雅文

    週刊「日本医事新報」   ( 5024 ) 頁: 32-35   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  47. Deficiency of cysteinyl cathepsin K suppresses the development of experimental intimal hyperplasia in response to chronic stress 査読有り 国際誌

    Meng Xiangkun, Piao Limei, Wang Hailong, Inoue Aiko, Huang Zhe, Jiang Haiying, Nakamura Kae, Sasaki Takeshi, Li Xiang, Xu Wenhu, Yu Chenglin, Hu Lina, Wu Hongxian, Murohara Toyoaki, Shi Guo-Ping, Kuzuya Masafumi, Cheng Xian Wu

    JOURNAL OF HYPERTENSION   38 巻 ( 8 ) 頁: 1514 - 1524   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Hypertension  

    DOI: 10.1097/HJH.0000000000002424

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  48. Increased dipeptidyl peptidase-4 accelerates chronic stress-related thrombosis in a mouse carotid artery model 査読有り 国際誌

    Jin Xianglan, Jin Chunzi, Nakamura Kae, Jin Tiefeng, Xin Minglong, Wan Ying, Yue Xueling, Jin Shengyu, Wang Hailong, Inoue Aiko, Nan Yongshan, Lin Zhenhua, Kuzuya Masafumi, Cheng Xian Wu

    JOURNAL OF HYPERTENSION   38 巻 ( 8 ) 頁: 1504 - 1513   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Hypertension  

    DOI: 10.1097/HJH.0000000000002418

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  49. Japanese Heart Failure Society 2018 Scientific Statement on Nutritional Assessment and Management in Heart Failure Patients 査読有り

    Yamamoto Kazuhiro, Tsuchihashi-Makaya Miyuki, Kinugasa Yoshiharu, Iida Yuki, Kamiya Kentaro, Kihara Yasuki, Kono Yuji, Sato Yukihito, Suzuki Norio, Takeuchi Harumi, Higo Taiki, Miyazawa Yasushi, Miyajima Isao, Yamashina Akira, Yoshita Katsushi, Washida Koichi, Kuzuya Masafumi, Takahashi Tetsuya, Nakaya Yutaka, Hasebe Naoyuki, Tsutsui Hiroyuki

    CIRCULATION JOURNAL   84 巻 ( 8 ) 頁: 1408 - 1444   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本循環器学会  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-20-0322

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  50. IgG4関連疾患に悪性リンパ腫を合併した超高齢者 査読有り

    長永真明、大西丈二、梅垣宏行、葛谷雅文.

    日本老年医学会雑誌    57 巻 ( 3 ) 頁: 321-326   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. 外来実習に医療面接ピア・ロールプレイを融合した実習での、医師役学生への認知的不協和の影響 質的研究 査読有り

    佐橋 一輝, 高橋 徳幸, 末松 三奈, 岡崎 研太郎, 葛谷 雅文

    医学教育   51 巻 ( Suppl. ) 頁: 99 - 99   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

  52. 医療者教育ワークショップ「糖尿病劇場」の医療者劇場スタッフに生じる学び エンパワーメントに向けて 査読有り

    山田 聡, 岡崎 研太郎, 末松 三奈, 高橋 徳幸, 葛谷 雅文

    医学教育   51 巻 ( Suppl. ) 頁: 121 - 121   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

  53. IgG4関連疾患に悪性リンパ腫を合併した超高齢者 査読有り

    長永 真明, 大西 丈二, 梅垣 宏行, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌   57 巻 ( 3 ) 頁: 321 - 326   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

    IgG4関連疾患は高齢男性に多く,自己免疫異常や血中IgG4高値に加え,全身諸臓器の腫大や結節・肥厚性病変などを認める原因不明の疾患である.IgG4関連疾患ではしばしばリンパ節腫大を伴うが,臨床的に悪性リンパ腫との鑑別が求められる.今回我々はIgG4関連疾患に悪性リンパ腫を合併した超高齢者の症例を経験したので報告する.症例は85歳男性.X-6年に自己免疫性膵炎を指摘されていた.X-1年10月にIgG4関連下垂体炎と診断され,続発性副腎不全に対する補充療法としてヒドロコルチゾンが開始となった.X年2月に中枢性尿崩症を併発したためデスモプレシンが追加となった.X年11月発熱に加え,弾性硬で可動性のある圧痛のない全身性リンパ節腫脹を認めたため入院となった.入院後右腋窩リンパ節生検を施行し,病理所見よりびまん性大細胞型B細胞リンパ腫と診断した.年齢やPerformance Statusなどを考慮した結果,積極的治療は行わず,症状緩和目的でのステロイド投与の方針となり,入院55日目転院となった.悪性リンパ腫とIgG4関連リンパ節症との鑑別は臨床経過,病理所見,血中IgG4値などの検査データ,他臓器病変の有無などを元に総合的に判断する必要がある.今までのIgG4関連疾患に悪性リンパ腫を合併した症例は概ね60〜70歳台であり,本症例の85歳での報告は最高齢である.しかしIgG4関連疾患,悪性リンパ腫共に高齢者に多い疾患であり,一般内科医や老年内科医として知識を深めておく必要があると考えられる.(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J01214&link_issn=&doc_id=20200910170014&doc_link_id=10.3143%2Fgeriatrics.57.321&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3143%2Fgeriatrics.57.321&type=Crossref&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00002_2.gif

  54. COVID-19 and older people in Asia: Asian Working Group for Sarcopenia calls to actions 査読有り

    Lim Wee-Shiong, Liang Chih-Kuang, Assantachai Prasert, Auyeung Tung W., Kang Lin, Lee Wei-Ju, Lim Jae-Young, Sugimoto Ken, Akishita Masahiro, Chia Shu-Lih, Chou Ming-Yueh, Ding Yew-Yoong, Iijima Katsuya, Jang Hak C., Kawashima Shuji, Kim Miji, Kojima Taro, Kuzuya Masafumi, Lee Jenny, Lee Sang Y., Lee Yunhwan, Peng Li-Ning, Wang Ninie Y., Wang Yin-Wei, Won Chang W., Woo Jean, Chen Liang-Kung, Arai Hidenori

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   20 巻 ( 6 ) 頁: 547 - 558   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.13939

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  55. 【パンデミック下の医学教育-現在進行形の実践報告-】オンライン臨床実習 名古屋大学地域枠医学生向け「地域病院臨床実習」のオンライン実施計画 準備ワークショップのWebコンテンツ化を含めて 査読有り

    岡崎 研太郎(名古屋大学 大学院医学系研究科地域医療教育学寄附講座), 高橋 徳幸, 末松 三奈, 葛谷 雅文.

    医学教育   51 巻 ( 3 ) 頁: 290-291   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  56. 【サルコペニア 診断と治療Update】サルコペニアの概念とガイドラインの実地医家のためのオーバービュー サルコペニアの概念 フレイル・ロコモティブシンドロームとどう違うか

    葛谷雅文

    Medical Practice (0910-1551)37巻5号 Page666-670(2020.05   37 巻 ( 5 ) 頁: 666-670   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  57. Combined Impact of Physical Frailty and Social Isolation on Rate of Falls in Older Adults 査読有り 国際誌

    Hayashi T., Umegaki Hiroyuki, Makino T., Huang C. H., Inoue A., Shimada H., Kuzuya M.

    JOURNAL OF NUTRITION HEALTH & AGING   24 巻 ( 3 ) 頁: 312 - 318   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Nutrition, Health and Aging  

    DOI: 10.1007/s12603-020-1316-5

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  58. Asian Working Group for Sarcopenia: 2019 Consensus Update on Sarcopenia Diagnosis and Treatment 査読有り 国際誌

    Chen Liang-Kung, Woo Jean, Assantachai Prasert, Auyeung Tung-Wai, Chou Ming-Yueh, Iijima Katsuya, Jang Hak Chul, Kang Lin, Kim Miji, Kim Sunyoung, Kojima Taro, Kuzuya Masafumi, Lee Jenny S. W., Lee Sang Yoon, Lee Wei-Ju, Lee Yunhwan, Liang Chih-Kuang, Lim Jae-Young, Lim Wee Shiong, Peng Li-Ning, Sugimoto Ken, Tanaka Tomoki, Won Chang Won, Yamada Minoru, Zhang Teimei, Akishita Masahiro, Arai Hidenori

    JOURNAL OF THE AMERICAN MEDICAL DIRECTORS ASSOCIATION   21 巻 ( 3 ) 頁: 300 - +   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the American Medical Directors Association  

    DOI: 10.1016/j.jamda.2019.12.012

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  59. 【日本人の食事摂取基準(2020年版)】高齢者の食事摂取基準

    葛谷雅文

    栄養 (2435-4503)35巻1号 Page17-23(2020.03)   35 巻 ( 1 ) 頁: 17-23   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  60. 福祉の現場から 認知症医療・介護における多職種連携に対する認識 日本とスコットランドの看護師の語りによる質的分析 査読有り

    末松 三奈, 若林 唯, 高橋 徳幸, 岡崎 研太郎, 半谷 眞七子, 渕田 英津子, 阿部 恵子, 鈴木 裕介, 葛谷 雅文

    地域ケアリング   22 巻 ( 2 ) 頁: 67 - 71   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)北隆館  

    認知症を国家戦略として取り組むスコットランドでは、医療福祉職が認知症当事者と家族を重んじた認知症医療・看護が浸透している。また、医療福祉職の多職種連携も発達しており、認知症領域における多職種連携を医療福祉職がどのように認識して取り組んでいるかについて探索することは、意義深い。認知症医療・介護の中心的役割を担う職種は看護師と考えられ、両国で認知症領域における多職種連携に対する認識を聞き、比較した。(著者抄録)

  61. 福祉の現場から 認知症医療・介護における多職種連携に対する認識 日本とスコットランドの看護師の語りによる質的分析 査読有り

    末松 三奈, 若林 唯, 高橋 徳幸, 岡崎 研太郎, 半谷 眞七子, 渕田 英津子, 阿部 恵子, 鈴木 裕介, 葛谷 雅文

    地域ケアリング   22 巻 ( 2 ) 頁: 67 - 71   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)北隆館  

    認知症を国家戦略として取り組むスコットランドでは、医療福祉職が認知症当事者と家族を重んじた認知症医療・看護が浸透している。また、医療福祉職の多職種連携も発達しており、認知症領域における多職種連携を医療福祉職がどのように認識して取り組んでいるかについて探索することは、意義深い。認知症医療・介護の中心的役割を担う職種は看護師と考えられ、両国で認知症領域における多職種連携に対する認識を聞き、比較した。(著者抄録)

  62. 福祉の現場から 認知症医療・介護における多職種連携に対する認識 日本とスコットランドの看護師の語りによる質的分析

    末松 三奈, 若林 唯, 高橋 徳幸, 岡崎 研太郎, 半谷 眞七子, 渕田 英津子, 阿部 恵子, 鈴木 裕介, 葛谷 雅文

    地域ケアリング   22 巻 ( 2 ) 頁: 67-71   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Risk factors for adverse drug reactions in older inpatients of geriatric wards at admission: Multicenter study 査読有り

    Kojima Taro, Matsui Toshifumi, Suzuki Yusuke, Takeya Yasushi, Tomita Naoki, Kozaki Koichi, Kuzuya Masafumi, Rakugi Hiromi, Arai Hiroyuki, Akishita Masahiro

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   20 巻 ( 2 ) 頁: 144 - 149   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.13844

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  64. Chapter 2 Frailty concepts 査読有り

    Arai Hidenori, Kozaki Koichi, Kuzuya Masafumi, Matsui Yasumoto, Satake Shosuke

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   20 巻 ( S1 ) 頁: 14 - 19   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.13831

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  65. Chapter 3 Frailty prevention 査読有り

    Kuzuya Masafumi, Arao Tokuzo, Takehisa Yozo, Satake Shosuke, Arai Hidenori

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   20 巻 ( S1 ) 頁: 20 - 24   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.13832

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  66. 施設入居高齢者における超音波を用いた脱水評価 査読有り

    長永 真明, 大西 丈二, 葛谷 雅文

    日本内科学会雑誌   109 巻 ( Suppl. ) 頁: 245 - 245   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

  67. Falls in community-dwelling prefrail older adults 査読有り 国際誌

    Umegaki Hiroyuki, Makino Taeko, Uemura Kazuki, Shimada Hiroyuki, Cheng Xian Wu, Dodge Hiroko, Kuzuya Masafumi

    HEALTH & SOCIAL CARE IN THE COMMUNITY   28 巻 ( 1 ) 頁: 110 - 115   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Health and Social Care in the Community  

    DOI: 10.1111/hsc.12845

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  68. 名古屋大学地域枠医学生向け「地域病院臨床実習」のオンライン実施計画―準備ワークショップのWebコンテンツ化を含めて―

    岡崎 研太郎, 高橋 徳幸, 末松 三奈, 葛谷 雅文

    医学教育   51 巻 ( 3 ) 頁: 290 - 291   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本医学教育学会  

    DOI: 10.11307/mededjapan.51.3_290

    CiNii Article

  69. 名古屋大学地域枠医学生向け「地域医療セミナー」のWeb開催―新入生への配慮も含めたその意義―

    高橋 徳幸, 末松 三奈, 岡崎 研太郎, 葛谷 雅文

    医学教育   51 巻 ( 3 ) 頁: 272 - 273   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本医学教育学会  

    DOI: 10.11307/mededjapan.51.3_272

    CiNii Article

  70. IgG4関連疾患に悪性リンパ腫を合併した超高齢者

    長永 真明, 大西 丈二, 梅垣 宏行, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌   57 巻 ( 3 ) 頁: 321 - 326   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本老年医学会  

    <p>IgG4関連疾患は高齢男性に多く,自己免疫異常や血中IgG4高値に加え,全身諸臓器の腫大や結節・肥厚性病変などを認める原因不明の疾患である.IgG4関連疾患ではしばしばリンパ節腫大を伴うが,臨床的に悪性リンパ腫との鑑別が求められる.今回我々はIgG4関連疾患に悪性リンパ腫を合併した超高齢者の症例を経験したので報告する.</p><p>症例は85歳男性.X-6年に自己免疫性膵炎を指摘されていた.X-1年10月にIgG4関連下垂体炎と診断され,続発性副腎不全に対する補充療法としてヒドロコルチゾンが開始となった.X年2月に中枢性尿崩症を併発したためデスモプレシンが追加となった.X年11月発熱に加え,弾性硬で可動性のある圧痛のない全身性リンパ節腫脹を認めたため入院となった.入院後右腋窩リンパ節生検を施行し,病理所見よりびまん性大細胞型B細胞リンパ腫と診断した.年齢やPerformance Statusなどを考慮した結果,積極的治療は行わず,症状緩和目的でのステロイド投与の方針となり,入院55日目転院となった.</p><p>悪性リンパ腫とIgG4関連リンパ節症との鑑別は臨床経過,病理所見,血中IgG4値などの検査データ,他臓器病変の有無などを元に総合的に判断する必要がある.今までのIgG4関連疾患に悪性リンパ腫を合併した症例は概ね60~70歳台であり,本症例の85歳での報告は最高齢である.しかしIgG4関連疾患,悪性リンパ腫共に高齢者に多い疾患であり,一般内科医や老年内科医として知識を深めておく必要があると考えられる.</p>

    DOI: 10.3143/geriatrics.57.321

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  71. Reference Intervals of Serum Non-Cholesterol Sterols by Gender in Healthy Japanese Individuals 査読有り

    Yoshida Hiroshi, Tada Hayato, Ito Kumie, Kishimoto Yoshimi, Yanai Hidekatsu, Okamura Tomonori, Ikewaki Katsunori, Inagaki Kyoko, Shoji Tetsuo, Bujo Hideaki, Miida Takashi, Yoshida Masayuki, Kuzuya Masafumi, Yamashita Shizuya

    JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS   27 巻 ( 5 ) 頁: 409 - 417   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本動脈硬化学会  

    <p><b>Aims: </b>The present study was conducted to establish a practical method for measuring non-cholesterol sterols and reference intervals of serum levels.</p><p><b>Methods: </b>Healthy subjects (109 men and 151 women), four patients with sitosterolemia, and 10 heterozygous mutation carriers of <i>ABCG5/ABCG8</i> genes were investigated. Then, three non-cholesterol sterols (sitosterol, campesterol, and lathosterol) of fasting serum samples were measured via a practical and highly sensitive gas chromatography (GC) method with 0.2 µg/mL as the lower limit of quantification. The coefficient of variation (CV) values for within-run reproducibility were 3.06%, 1.89%, and 1.77% for lathosterol, campesterol, and sitosterol, respectively. The CV values for between-run reproducibility were 2.81%, 2.06%, and 2.10% for lathosterol, campesterol, and sitosterol, respectively.</p><p><b>Results: </b>The serum levels of sitosterol and campesterol were significantly higher in women than in men, whereas the serum levels of lathosterol were significantly higher in men than in women. Because of these gender difference, the determination of reference intervals of the three sterol values was performed by considering gender. The reference intervals of sitosterol, campesterol, and lathosterol were 0.99–3.88, 2.14–7.43, and 0.77–3.60 µg/mL in men and 1.03–4.45, 2.19–8.34, and 0.64–2.78 µg/mL in women, respectively. The serum levels of sitosterol and campesterol were higher in patients with sitosterolemia (94.3±47.3 and 66.3±36.6 µg/mL, respectively) than in healthy subjects.</p><p><b>Conclusion: </b>These results demonstrate a practical and highly sensitive GC method to measure non-cholesterol sterol levels and gender-segregated reference intervals of sitosterol, campesterol, and lathosterol in Japanese healthy subjects.</p>

    DOI: 10.5551/jat.50187

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  72. Association Between Sarcopenia and Quality of Life in Patients with Early Dementia and Mild Cognitive Impairment 査読有り 国際誌

    Umegaki Hiroyuki, Bonfiglio Viviana, Komiya Hitoshi, Watanabe Kazuhisa, Kuzuya Masafumi

    JOURNAL OF ALZHEIMERS DISEASE   76 巻 ( 1 ) 頁: 435 - 442   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Alzheimer's Disease  

    DOI: 10.3233/JAD-200169

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  73. Guidelines on the Clinical Evaluation of Medicinal Products for Treatment of Dyslipidemia 査読有り

    Yamashita Shizuya, Masuda Daisaku, Akishita Masahiro, Arai Hidenori, Asada Yujiro, Dobashi Kazushige, Egashira Kensuke, Harada-Shiba Mariko, Hirata Kenichi, Ishibashi Shun, Kajinami Kouji, Kinoshita Makoto, Kozaki Koichi, Kuzuya Masafumi, Ogura Masatsune, Okamura Tomonori, Sato Kayoko, Shimano Hitoshi, Tsukamoto Kazuhisa, Yokode Masayuki, Yokote Koutaro, Yoshida Masayuki

    JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS   27 巻 ( 11 ) 頁: 1246 - 1254   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本動脈硬化学会  

    DOI: 10.5551/jat.CR004

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  74. Effects of Active Learning Education on Arterial Stiffness of Older Adults with Low Health Literacy: A Randomized Controlled Trial 査読有り

    Uemura Kazuki, Yamada Minoru, Kuzuya Masafumi, Okamoto Hiroshi

    Journal of Atherosclerosis and Thrombosis     2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本動脈硬化学会  

    <p><b>Aim: </b>We examined the effects of active learning education on arterial stiffness and physical activity of community-dwelling older adults with low health literacy.<b> </b></p><p><b>Methods: </b>This study is a secondary analysis of randomized controlled trial of 60 participants aged 65 and older with low health literacy. The intervention group (<i>n</i>=30) participated in a weekly 90-minute active learning program session for 24 weeks, which addressed health promotion in older age. The control group (<i>n</i>=30) attended a 90-minute health education class in a didactic manner. The outcomes were measured at baseline and in week 24. The degree of arterial stiffness was assessed based on the cardio-ankle vascular index (CAVI) using the VS-1500 device (Fukuda Denshi Co., Ltd., Tokyo, Japan). The shortened version of the self-reported International Physical Activity Questionnaire was used to assess the amount of total physical activity determined by the metabolic equivalent hours per week. We used analysis by intention-to-treat, with multiple imputation for missing data.<b> </b></p><p><b>Results: </b>Seven participants (11.7%) dropped out prior to the post-intervention assessment. The multiple imputation analysis revealed that the intervention group showed significant improvement in CAVI [between-groups difference (95% confidence interval)=-0.78 (-1.25 to -0.31), Cohen's <i>d</i>=0.82] and physical activity [32.5 (0.3 to 64.7), Cohen's <i>d</i>=0.57] as compared with the control group. The sensitivity analysis for the complete cases showed similar results.<b> </b></p><p><b>Conclusion: </b>Active learning health education may be effective in improving arterial stiffness and physical activity in older adults with low health literacy.</p>

    DOI: 10.5551/jat.58354

    PubMed

    CiNii Article

  75. PLF-1 (Proliferin-1) Modulates Smooth Muscle Cell Proliferation and Development of Experimental Intimal Hyperplasia 査読有り 国際誌

    Hu Lina, Huang Zhe, Ishii Hideki, Wu Hongxian, Suzuki Susumu, Inoue Aiko, Kim Weon, Jiang Haiying, Li Xiang, Zhu Enbo, Piao Limei, Zhao Guangxian, Lei Yanna, Okumura Kenji, Shi Guo-Ping, Murohara Toyoaki, Kuzuya Masafumi, Cheng Xian Wu

    JOURNAL OF THE AMERICAN HEART ASSOCIATION   8 巻 ( 24 ) 頁: e005886   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the American Heart Association  

    DOI: 10.1161/JAHA.117.005886

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  76. Development of a clinical support system for identifying social frailty 査読有り 国際誌

    Kuo Kuang-Ming, Talley Paul C., Kuzuya Masafumi, Chi-Hsien Huang

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MEDICAL INFORMATICS   132 巻   頁: 103979 - 103979   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Medical Informatics  

    DOI: 10.1016/j.ijmedinf.2019.103979

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  77. Cathepsin S-Mediated Negative Regulation of Wnt5a/SC35 Activation Contributes to Ischemia-Induced Neovascularization in Aged Mice 査読有り

    Xu Wenhu, Yu Chenglin, Piao Limei, Inoue Aiko, Wang Hailong, Meng Xiangkun, Li Xiang, Cui Lan, Umegaki Hiroyuki, Shi Guo-Ping, Murohara Toyoaki, Kuzuya Masafumi, Cheng Xian Wu

    CIRCULATION JOURNAL   83 巻 ( 12 ) 頁: 2537 - +   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本循環器学会  

    <p><b><i>Background:</i></b>Given that cathepsin S (CatS) gained attention due to its enzymatic and non-enzymatic functions in signaling, the role of CatS in ischemia-induced angiogenesis of aged mice was explored.</p><p><b><i>Methods and Results:</i></b>To study the role of CatS in the decline in aging-related vascular regeneration capacity, a hindlimb ischemia model was applied to aged wild-type (CatS<sup>+/+</sup>) and CatS-deficient (CatS<sup>−/−</sup>) mice. CatS<sup>−/−</sup>mice exhibited impaired blood flow recovery and capillary formation and increased levels of p-insulin receptor substrate-1, Wnt5a, and SC35 proteins and decreased levels of phospho-endothelial nitric oxide synthase (p-eNOS), p-mTOR, p-Akt, p-ERK1/2, p-glycogen synthase kinase-3α/β, and galatin-3 proteins, as well as decreased macrophage infiltration and matrix metalloproteinase-2/-9 activities in the ischemic muscles. In vitro, CatS knockdown altered the levels of these targeted essential molecules for angiogenesis. Together, the results suggested that CatS<sup>−/−</sup>leads to defective endothelial cell functions and that CatS<sup>−/−</sup>is associated with decreased circulating endothelial progenitor cell (EPC)-like CD31<sup>+</sup>/c-Kit<sup>+</sup>cells. This notion was reinforced by the study finding that pharmacological CatS inhibition led to a declined angiogenic capacity accompanied by increased Wnt5a and SC35 levels and decreased eNOS/Akt-ERK1/2 signaling in response to ischemia.</p><p><b><i>Conclusions:</i></b>These findings demonstrated that the impairment of ischemia-induced neovascularization in aged CatS<sup>−/−</sup>mice is due, at least in part, to the attenuation of endothelial cell/EPC functions and/or mobilization associated with Wnt5a/SC35 activation in advanced age.</p>

    DOI: 10.1253/circj.CJ-19-0325

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  78. Plasma orexin-A levels in patients with delirium 査読有り 国際誌

    Nakashima Hirotaka, Umegaki Hiroyuki, Yanagawa Madoka, Komiya Hitoshi, Watanabe Kazuhisa, Kuzuya Masafumi

    PSYCHOGERIATRICS   19 巻 ( 6 ) 頁: 628 - 630   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Psychogeriatrics  

    DOI: 10.1111/psyg.12444

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  79. 地域在住高齢者における食事パターンとフレイルの関係 NLS-HE研究における横断的解析 査読有り

    黄 継賢, Arakawa Martins Beatriz, 宇野 千春, 松下 英二, 岡田 希和子, Bonfiglio Viviana, 佐竹 昭介, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌   56 巻 ( 4 ) 頁: 553 - 553   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  80. 嘔吐・下痢にて救急搬送された心不全急性増悪の1例 査読有り

    山田 洋介, 大西 丈二, 間宮 慶太, 森本 竜太, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌   56 巻 ( 4 ) 頁: 554 - 554   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  81. Quality of life in cognitively impaired older adults 査読有り

    Bonfiglio Viviana, Umegaki Hiroyuki, Kuzuya Masafumi

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   19 巻 ( 10 ) 頁: 999 - 1005   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.13759

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  82. Association between dysphagia risk and unplanned hospitalization in older patients receiving home medical care 査読有り

    Watanabe Kazuhisa, Umegaki Hiroyuki, Huang Chi-Hsien, Arakawa Martins Beatriz, Asai Atsushi, Kanda Shigeru, Nomura Hideki, Kuzuya Masafumi

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   19 巻 ( 10 ) 頁: 977 - 981   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.13753

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  83. Leriche症候群と手術適応の脊柱管狭窄症を合併した肺炎によるCOPD増悪で死亡した1例 査読有り

    史 榕茜, 大西 丈二, 露木 悠太, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌   56 巻 ( 4 ) 頁: 554 - 554   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  84. 血液透析患者における舌圧とサルコペニアおよび栄養指標との関連 査読有り

    宇野 千晴, 岡田 希和子, 松下 英二, 葛谷 雅文

    New Diet Therapy   35 巻 ( 2 ) 頁: 138 - 138   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床栄養協会  

  85. 地域包括支援センター利用者への栄養介入による低栄養、フレイル予防効果について 査読有り

    熊谷 琴美, 伊藤 勇貴, 岡田 希和子, 葛谷 雅文

    New Diet Therapy   35 巻 ( 2 ) 頁: 146 - 146   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床栄養協会  

  86. 地域在住高齢者の栄養状態とフレイルの関連性の検討 名古屋大学TENG TVプロジェクトベースライン調査 査読有り

    井上 愛子, 宇野 千晴, 松下 英二, 岡田 希和子, 葛谷 雅文

    New Diet Therapy   35 巻 ( 2 ) 頁: 190 - 190   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床栄養協会  

  87. 健常高齢者における骨密度に対する食事・運動習慣に関する検討 査読有り

    宇野 千晴, 岡田 希和子, 松下 英二, 下末 祥代, 葛谷 雅文

    New Diet Therapy   35 巻 ( 2 ) 頁: 154 - 154   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床栄養協会  

  88. HIGHER AND LOWER MUSCLE ECHO INTENSITY IN ELDERLY INDIVIDUALS IS DISTINGUISHED BY MUSCLE SIZE, PHYSICAL PERFORMANCE AND DAILY PHYSICAL ACTIVITY 査読有り 国際誌

    Yoshiko Akito, Natsume Yukie, Makino Taeko, Hayashi Takahiro, Umegaki Hiroyuki, Yoshida Yasuko, Cheng Xian Wu, Kuzuya Masafumi, Ishida Koji, Koike Teruhiko, Oshida Yoshiharu, Akima Hiroshi

    ULTRASOUND IN MEDICINE AND BIOLOGY   45 巻 ( 9 ) 頁: 2372 - 2380   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Ultrasound in Medicine and Biology  

    DOI: 10.1016/j.ultrasmedbio.2019.05.029

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  89. Reorganization of brain networks and its association with general cognitive performance over the adult lifespan 査読有り 国際誌

    Bagarinao Epifanio, Watanabe Hirohisa, Maesawa Satoshi, Mori Daisuke, Hara Kazuhiro, Kawabata Kazuya, Yoneyama Noritaka, Ohdake Reiko, Imai Kazunori, Masuda Michihito, Yokoi Takamasa, Ogura Aya, Taoka Toshiaki, Koyama Shuji, Tanabe Hiroki C., Katsuno Masahisa, Wakabayashi Toshihiko, Kuzuya Masafumi, Ozaki Norio, Hoshiyama Minoru, Isoda Haruo, Naganawa Shinji, Sobue Gen

    SCIENTIFIC REPORTS   9 巻 ( 1 ) 頁: 11352 - 11352   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-019-47922-x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  90. Era of geriatric medical challenges: Multimorbidity among older patients 査読有り

    Kuzuya Masafumi

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   19 巻 ( 8 ) 頁: 699 - 704   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.13742

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  91. Relationship between blood coagulability and sense of burden among caregivers of patients with dementia 査読有り

    Hirano Akemi, Suzuki Yusuke, Umegaki Hiroyuki, Hayashi Toshio, Ina Koichiro, Onishi Joji, Hasegawa Jun, Kuzuya Masafumi

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   19 巻 ( 8 ) 頁: 804 - 808   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.13721

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  92. Plasma orexin-A-like immunoreactivity levels and renal function in patients in a geriatric ward 査読有り 国際誌

    Nakashima Hirotaka, Umegaki Hiroyuki, Yanagawa Madoka, Komiya Hitoshi, Watanabe Kazuhisa, Kuzuya Masafumi

    PEPTIDES   118 巻   頁: 170092 - 170092   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Peptides  

    DOI: 10.1016/j.peptides.2019.170092

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  93. Polypharmacy and gait speed in individuals with mild cognitive impairment 査読有り

    Umegaki Hiroyuki, Yanagawa Madoka, Komiya Hitoshi, Matsubara Masaki, Fujisawa Chisato, Suzuki Yusuke, Kuzuya Masafumi

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   19 巻 ( 8 ) 頁: 730 - 735   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.13688

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  94. Cathepsin S Deficiency Mitigated Chronic Stress-Related Neointimal Hyperplasia in Mice 査読有り 国際誌

    Wang Hailong, Meng Xiangkun, Piao Limei, Inoue Aiko, Xu Wenhu, Yu Chenglin, Nakamura Kae, Hu Lina, Sasaki Takeshi, Wu Hongxian, Unno Kazumasa, Umegaki Hiroyuki, Murohara Toyoaki, Shi Guo-Ping, Kuzuya Masafumi, Cheng Xian Wu

    JOURNAL OF THE AMERICAN HEART ASSOCIATION   8 巻 ( 14 ) 頁: e011994   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the American Heart Association  

    DOI: 10.1161/JAHA.119.011994

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  95. Response to the comments on "Sarcopenia and depressive mood in older adults" 査読有り

    Hayashi Takahiro, Umegaki Hiroyuki, Makino Taeko, Cheng Xian W., Shimada Hiroyuki, Kuzuya Masafumi

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   19 巻 ( 7 ) 頁: 690 - 691   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.13713

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  96. 1年次における医・薬合同多職種連携教育プログラムの効果 査読有り

    末松 三奈, 浅井 遼太, 半谷 眞七子, 渕田 英津子, 高橋 徳幸, 岡崎 研太郎, 大橋 渡, 葛谷 雅文

    医学教育   50 巻 ( Suppl. ) 頁: 148 - 148   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

  97. Association between sarcopenia and depressive mood in urban-dwelling older adults: A cross-sectional study 査読有り

    Hayashi Takahiro, Umegaki Hiroyuki, Makino Taeko, Cheng Xian W., Shimada Hiroyuki, Kuzuya Masafumi

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   19 巻 ( 6 ) 頁: 508 - 512   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.13650

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  98. 経腸栄養患者を対象とした半消化態経腸栄養剤EN-P05の有効性および安全性の検討 OSN-001を対照薬としたEN-P05の検証的試験(第III相)

    丸山 道生, 森 貴志, 日野 哲夫, 葛谷 雅文

    新薬と臨牀   68 巻 ( 5 ) 頁: 572-594   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. 経腸栄養患者を対象とした半消化態経腸栄養剤EN-P05の有効性および安全性の検討 DA-8902を対照薬としたEN-P05の検証的試験(第III相)

    葛谷 雅文, 森 貴志, 菅 忠博, 日野 哲夫, 丸山 道生

    新薬と臨牀   68 巻 ( 5 ) 頁: 554-571   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. 経腸栄養患者を対象とした半消化態経腸栄養剤EN-P05の有効性および安全性の検討 OSN-001を対照薬としたEN-P05の検証的試験(第III相) 査読有り

    丸山 道生, 森 貴志, 日野 哲夫, 葛谷 雅文

    新薬と臨牀   68 巻 ( 5 ) 頁: 572 - 594   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医薬情報研究所  

    EN-P05は厚生労働省策定の「日本人の食事摂取基準2015年版」に規定されたビタミン・微量元素の1日の推奨量または目安量を900kcalでほぼ充足でき、カルニチンも配合した高濃度(1.6kcal/mL)の経腸栄養剤である。経腸栄養管理を必要とする患者を対象に、OSN-001(販売名:ラコールNF配合経腸用液)を対照薬としてEN-P05の有効性および安全性をオープンラベル多施設共同無作為割付並行群間比較試験で検討した。維持エネルギー量の治験薬を投与する期間は7日間とした。本治験には各群50例が登録された。1日平均投与エネルギー量は1000kcal前後の維持エネルギー量が低い患者集団であった。EN-P05は主要評価項目(TTR、RBP、Tf)の治験薬投与前後の変化量から栄養学的な効果が認められ、許容区間外症例の割合からOSN-001と同様の栄養管理が可能な製剤と認められた。有害事象、副作用の発現率は両群で同程度であり、EN-P05はOSN-001と同様の安全性を有すると考えられた。EN-P05に新規または増量配合したセレン、カルニチン、ビタミンDの血中濃度はOSN-001と比較して増加が認められ、長期経腸栄養管理や維持エネルギー量が低い患者において、これらの成分の欠乏症が回避できる可能性が示唆された。(著者抄録)

  101. 地域在住高齢者における健康行動及びヘルスリテラシーとの関連 TENG TVプロジェクトベースライン調査 査読有り

    井上 愛子, 北田 友治, 宇野 千晴, 大西 丈二, 梅垣 宏行, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌   56 巻 ( Suppl. ) 頁: 158 - 158   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  102. 地域在住高齢者における食事パターンとフレイルの関係 NLS-HE研究における四年間の縦断的解析 査読有り

    黄 継賢, Arakawa Martins Beatriz, 岡田 希和子, 松下 英二, 宇野 千晴, 佐竹 昭介, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌   56 巻 ( Suppl. ) 頁: 138 - 138   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  103. 経腸栄養患者を対象とした半消化態経腸栄養剤EN-P05の有効性および安全性の検討 DA-8902を対照薬としたEN-P05の検証的試験(第III相) 査読有り

    葛谷 雅文, 森 貴志, 菅 忠博, 日野 哲夫, 丸山 道生

    新薬と臨牀   68 巻 ( 5 ) 頁: 554 - 571   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医薬情報研究所  

    EN-P05は厚生労働省策定の「日本人の食事摂取基準2015年版」に規定されたビタミン・微量元素の1日の推奨量または目安量を900kcalでほぼ充足でき、カルニチンも配合した高濃度(1.6kcal/mL)の経腸栄養剤である。経腸栄養管理を必要とする患者を対象に、DA-8902(販売名:エンシュア・H)を対照薬としてEN-P05の有効性および安全性をオープンラベル多施設共同無作為割付並行群間比較試験で検討した。維持エネルギー量の治験薬を投与する期間は7日間とした。有効性および安全性の解析対象はEN-P05群57例、DA-8902群54例であった。EN-P05は主要評価項目(TTR、RBP、Tf)の治験薬投与前後の変化量から栄養学的な効果は認められたが、許容区間外症例の割合からDA-8902と同様の栄養管理が可能な製剤とは認められなかった。有害事象、副作用の発現率は両群で同程度であり、EN-P05はDA-8902と同様の安全性を有すると考えられた。EN-P05に新規配合したセレン、カルニチンの血中濃度はDA-8902と比較して増加が認められた。EN-P05とDA-8902で同様の栄養管理が可能な製剤とは認められなかった原因は、一部の主要評価項目において治験薬投与前後の変化量に有意差が認められたためであり、両剤のたん白質配合量およびMCT配合有無に起因すると考えられた。(著者抄録)

  104. 「認知症主介護者のコーピング形態変化」に関する質的研究 査読有り

    玉田 雄大, 末松 三奈, 高橋 徳幸, 岡崎 研太郎, 半谷 眞七子, 渕田 英津子, 鈴木 裕介, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌   56 巻 ( Suppl. ) 頁: 149 - 149   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  105. 臨床研修病院における退院支援ツールと地域連携に関する系統的教育の状況について 査読有り

    大西 丈二, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌   56 巻 ( Suppl. ) 頁: 165 - 165   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  106. 日本とスコットランドの認知症ケアに対する多職種連携の在り方 看護師の語りによる質的分析 査読有り

    若林 唯, 末松 三奈, 高橋 徳幸, 岡崎 研太郎, 半谷 眞七子, 渕田 英津子, 鈴木 裕介, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌   56 巻 ( Suppl. ) 頁: 150 - 150   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  107. 爆発的動作を含む自体重レジスタンストレーニングが地域高齢者のおける身体機能に及ぼす影響 RCT-速報 査読有り

    北田 友治, 井上 愛子, 梅垣 宏行, 大西 丈二, 秋間 広, 石田 浩司, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌   56 巻 ( Suppl. ) 頁: 159 - 159   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  108. Prevalence and risk factors of constipation and pollakisuria among older home-care patients 査読有り

    Komiya Hitoshi, Umegaki Hiroyuki, Asai Atsushi, Kanda Shigeru, Maeda Keiko, Nomura Hideki, Kuzuya Masafumi

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   19 巻 ( 4 ) 頁: 277 - 281   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.13610

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  109. Association of Glucose Fluctuations with Sarcopenia in Older Adults with Type 2 Diabetes Mellitus 査読有り 国際誌

    Ogama Noriko, Sakurai Takashi, Kawashima Shuji, Tanikawa Takahisa, Tokuda Haruhiko, Satake Shosuke, Miura Hisayuki, Shimizu Atsuya, Kokubo Manabu, Niida Shumpei, Toba Kenji, Umegaki Hiroyuki, Kuzuya Masafumi

    JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE   8 巻 ( 3 )   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm8030319

    Web of Science

    PubMed

  110. Potentially inappropriate medications according to STOPP-J criteria and risks of hospitalization and mortality in elderly patients receiving home-based medical services 査読有り 国際誌

    Huang Chi-Hsien, Umegaki Hiroyuki, Watanabe Yuuki, Kamitani Hiroko, Asai Atushi, Kanda Shigeru, Nomura Hideki, Kuzuya Masafumi

    PLOS ONE   14 巻 ( 2 ) 頁: e0211947   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PLoS ONE  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0211947

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  111. ルーブリック評価表活用した老年内科研修指導の試み

    渡邊一久,近藤猛,梅垣広行,葛谷雅文

    医学教育   50 巻 ( 1 ) 頁: 86-87   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. Complaint of poor night sleep is correlated with physical function impairment in mild Alzheimer's disease patients 査読有り

    Fujisawa Chisato, Umegaki Hiroyuki, Nakashima Hirotaka, Kuzuya Masafumi, Toba Kenji, Sakurai Takashi

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   19 巻 ( 2 ) 頁: 171 - 172   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.13593

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  113. 意見 ルーブリック評価表活用した老年内科研修指導指導の試み 査読有り

    渡邊 一久, 近藤 猛, 梅垣 広行, 葛谷 雅文

    医学教育   50 巻 ( 1 ) 頁: 86 - 87   2019年2月

  114. Change in quality of life and potentially associated factors in patients receiving home-based primary care: a prospective cohort study 査読有り 国際誌

    Huang Chi-Hsien, Umegaki Hiroyuki, Kamitani Hiroko, Asai Atushi, Kanda Shigeru, Maeda Keiko, Nomura Hideki, Kuzuya Masafumi

    BMC GERIATRICS   19 巻 ( 1 ) 頁: 21 - 21   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BMC Geriatrics  

    DOI: 10.1186/s12877-019-1040-3

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  115. 地域在住高齢者のヘルスリテラシー低下と動脈硬化リスク

    上村 一貴, 山田 実, 葛谷 雅文, 岡本 啓

    理学療法学Supplement   46 巻 ( 0 ) 頁: C - 79_1-C-79_1   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本理学療法士協会  

    <p>【はじめに、目的】</p><p> 動脈硬化は心血管・脳血管疾患の危険因子であるだけなく、高齢者の骨格筋量や認知機能が低下する要因となり、介護予防の観点からも着目すべき病変といえる。心臓足首血管指数(CAVI)は血圧に依存しない評価指標として、動脈硬化性疾患のリスクを反映する。一方、ヘルスリテラシーは健康情報を獲得・活用する能力を指し、運動や食習慣などの健康行動の実践に関与する。ヘルスリテラシーの低下は、糖尿病などの慢性疾患の自己管理不良や、入院・死亡のリスク増加につながるとされており、動脈硬化の進行にも影響を及ぼすことが予想される。本研究の目的は、地域在住高齢者のヘルスリテラシーがCAVIで測定した動脈硬化リスクに及ぼす影響を検討することであり、動脈硬化の進行予防に向けた理学療法介入の開発に寄与することが期待される。</p><p>【方法】</p><p> 対象は、65歳以上の高齢者向け測定会に参加した300名のうち、閉塞性動脈硬化症の疑いがある者、データ欠損がある者を除いた288名(平均72.4歳、男性99名)とした。動脈硬化指標として、血圧脈波検査装置VS-1500(フクダ電子社製)を用いてCAVIを測定し、9.0以上を動脈硬化リスクありとして判定した。ヘルスリテラシーの評価には、European Health Literacy Survey Questionnaire (HLS-EU-Q47)日本語版を用いた。HLS-EU-Q47は、合計47項目からなる包括的尺度であり、総得点(0-50点)が高いほど、ヘルスリテラシーが高いことを指す。その他の測定項目は、基本属性(年齢,性,教育歴)、Mini–Mental State Examination、歩行速度、服薬数、飲酒・喫煙習慣、身体活動低下の有無とした。なお、国際標準化身体活動質問票に基づき、Inactiveと判定される場合を身体活動低下ありとした。統計解析は、HLS-EU-Q47総得点の四分位群(Q1-4)をカテゴリ化し、CAVI値、動脈硬化リスクありの割合、およびその他の測定項目を一元配置分散分析(2値変数はχ<sup>2</sup>検定)により比較した。さらに、動脈硬化リスクの有無を従属変数、カテゴリ化した四分位群(Q1-4)を独立変数とし、年齢・性別およびその他の測定項目で調整したロジスティック回帰分析を行った。</p><p>【結果】</p><p> 最もヘルスリテラシーの低いQ1は、最も高いQ4に比較して、有意にCAVIが高値であり、教育歴が短く、身体活動低下の割合が高かった(p<0.05)。動脈硬化リスクありの割合は、Q1:67%、Q2:51%、Q3:49%、Q4:44%で、Q1が最も高かった(p<0.05)。最もヘルスリテラシーの低いQ1をリファレンスとすると、その他の変数による調整後も、Q4は有意に動脈硬化リスクの低下に関連していた(OR[95%CI]=0.44 [0.19-0.98])。</p><p>【結論】</p><p> ヘルスリテラシーの低下した地域在住高齢者では、年齢や身体活動の影響を除いても、動脈硬化リスクが高いことが示唆された。動脈硬化の進行による高齢者の疾病・介護の発生を予防するためには、ヘルスリテラシーに着目し、教育的支援を含めた理学療法介入が重要であると考えられた。</p><p>【倫理的配慮,説明と同意】</p><p>本研究はヘルシンキ宣言に則り、対象者に研究の目的や検査内容、個人情報の保護について書面と口頭にて十分に説明した上で同意を得た。富山県立大学「人を対象とする研究」倫理審査部会の承認(H29-1)を受けて実施した。</p>

    DOI: 10.14900/cjpt.46S1.C-79_1

    CiNii Article

  116. Potentially Inappropriate Medications and Polypharmacy: A Study of Older People with Mild Cognitive Impairment and Mild Dementia 査読有り 国際誌

    Bonfiglio Viviana, Umegaki Hiroyuki, Kuzuya Masafumi

    JOURNAL OF ALZHEIMERS DISEASE   71 巻 ( 3 ) 頁: 889 - 897   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Alzheimer's Disease  

    DOI: 10.3233/JAD-190284

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  117. Frailty prevalence using Frailty Index, associated factors and level of agreement among frailty tools in a cohort of Japanese older adults 査読有り

    Martins Beatriz Arakawa, Visvanathan Renuka, Barrie Helen, Huang Chi Hsien, Matsushita Eiji, Okada Kiwako, Satake Shosuke, Uno Chiharu, Kuzuya Masafumi

    ARCHIVES OF GERONTOLOGY AND GERIATRICS   84 巻   頁: 103908   2019年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Archives of Gerontology and Geriatrics  

    DOI: 10.1016/j.archger.2019.103908

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  118. ルーブリック評価表を活用した老年内科研修指導の試み

    渡邊 一久, 近藤 猛, 梅垣 宏行, 葛谷 雅文

    医学教育   50 巻 ( 1 ) 頁: 86 - 87   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本医学教育学会  

    DOI: 10.11307/mededjapan.50.1_086

    CiNii Article

  119. 高齢者栄養における重要かつ悩ましい問題

    葛谷 雅文

    日本静脈経腸栄養学会雑誌   34 巻 ( 2 ) 頁: 71 - 75   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会  

    <p>高齢者、特に75歳以上の高齢者における栄養療法に関しては画一的な対応が困難で、患者ごとのテーラーメイドな栄養療法を行わざるを得ないケースが多い。高齢者では成人にはない種々の栄養に直結する多数の問題が存在する。その多くは未解決であり、今後の研究ならびにエビデンスの蓄積が必要である。本稿ではその中でも高齢者の低栄養のリスク要因に関して、栄養評価、フレイル・サルコペニア、multimorbidity、栄養介入の問題に関して触れてみたいと思う。</p>

    DOI: 10.11244/jspen.34.71

    CiNii Article

  120. 超高齢社会における高齢者医療の現状と今後求められる視点

    葛谷 雅文

    日本口腔インプラント学会誌   32 巻 ( 2 ) 頁: 133 - 139   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本口腔インプラント学会  

    <p>超高齢社会を迎えたわが国では,今後もなお高齢者が増加することが予測されている.今後いかに要介護状態の高齢者数の伸びを抑制し,健康寿命の延伸を図るかはわが国において喫緊の課題である.一つの視点はフレイルやサルコペニアの発生を予防することである.また,これらの病態には口腔機能との関連が強いことが最近の研究で明らかにされてきている.今後医科歯科問わず,日本全体で取り組むべき問題である.</p>

    DOI: 10.11237/jsoi.32.133

    CiNii Article

  121. 血液透析患者における現在歯数と栄養状態および食事摂取状況の検討 査読有り

    宇野 千晴, 岡田 希和子, 松下 英二, 北川 元二, 葛谷 雅文

    Nagoya Journal of Nutritional Sciences   ( 4 ) 頁: 25 - 36   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:名古屋学芸大学管理栄養学部  

    【目的】健康上の問題で、日常生活が制限されることなく生活できる期間を健康寿命という。平均寿命と健康寿命との差は日常生活に制限のある「不健康な期間」である。この「不健康な期間」をできる限り短くすることが日本を始め世界の多くの国で最大の健康政策課題となっている。本研究では国際比較研究から平均寿命と健康寿命の差と、それに影響を与える因子について明らかにすることを目的とした。【方法】国別の健康寿命、平均寿命のデータはGlobal Burden of Disease(GBD) 2015のデータベースを用いた。国連食糧農業機関のデータベース(FAOSTAT)を用い、国民一人当たりのエネルギー供給量とたんぱく質、脂質、炭水化物供給量、そして、それぞれのエネルギー比を求めた。FAOSTATの食糧供給量は生産から消費者に届くまでの減耗を除いた量であり、家庭での消費量を反映している。国別の教育年数は国連教育科学文化機関統計研究所のデータベースから、喫煙率はGBDのデータベースから、肥満率(BMI≧30)は世界保健機関(WHO)のデータベースから引用した。人口、高齢化率(65歳以上の人口割合)、国内総生産(GDP)と国民一人当たりの医療費は世界銀行のデータベースから引用した。データの揃った人口100万人以上の国131ヵ国を解析の対象とした。国別に平均寿命と健康寿命との差と、差に影響を与える因子について、ステップワイズ法による重回帰分析を行った。分析にはR3.5.0を用いた。【結果】2015年度のデータでは日本の平均寿命、健康寿命はともに世界一であった。平均寿命と健康寿命との差は平均寿命が長いほど大きかった。しかし、日本の平均寿命と健康寿命との差は9.3年で、世界131ヵ国中60位であった。社会経済的指標、生活習慣などの要因を入れたステップワイズ法による重回帰分析では、肥満率、GDP、エネルギー供給量がこの順で平均寿命と健康寿命との差を大きくする要因となっていた。また肥満率、医療費が平均寿命と健康寿命との差の割合を大きくする要因であり、教育年数、高齢化率が差の割合を小さくする要因であった。【結語】平均寿命と健康寿命との差及び差の割合は肥満と最も強く関連していた。日本は平均寿命、健康寿命が世界で最も長いが、先進国中では肥満率が少なく、このため平均寿命と健康寿命との差が短くなっていると考えられる。(著者抄録)

  122. 血液透析患者における現在歯数と栄養状態および食事摂取状況の検討

    宇野 千晴, 岡田 希和子, 松下 英二, 北川 元二, 葛谷 雅文

    Nagoya Journal of Nutritional Sciences(名古屋栄養科学雑誌)   ( 4 ) 頁: 25-36   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  123. Impact of Health Literacy on Frailty among Community-Dwelling Seniors 査読有り 国際誌

    Huang Chi Hsien, Lai Yu-Cheng, Lee Yi Chen, Teong Xiao Tong, Kuzuya Masafumi, Kuo Kuang-Ming

    JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE   7 巻 ( 12 )   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm7120481

    Web of Science

    PubMed

  124. ACDF-1Modulates Smooth Muscle Cell Proliferation and Development of Experimental Intimal Hyperplasia

    Hu Lina, Ishii Hideki, Wu Hongxian, Suzuki Susumu, Inoue Aiko, Shi Guo-Ping, Murohara Toyoaki, Kuzuya Masafumi, Cheng Xian Wu

    CIRCULATION   138 巻   頁: .   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  125. Apoptotic Cell-Derived Growth Factor-1 Modulates Noevascularization in Response to Ischemia via the activation of PI3K/Akt/p38MAPK-Depended and -Independent mTOR Signaling Cascades

    Yu Chenglin, Piao Limei, Xu Wenhu, Inoue Aiko, Kuzuya Masafumi, Cheng Xian Wu

    CIRCULATION   138 巻   頁: .   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  126. Cathepsin S Controls Injury-Related Neointimal Formation in Mice Under Chronic Stress via the Modulation of Inflammation and Immune Action

    Wang Hailong, Li Limei, Meng Xiangkun, Inoue Aiko, Shi Guo-Ping, Kuzuya Masafumi, Cheng Xian Wu

    CIRCULATION   138 巻   頁: .   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  127. Cathepsin S Deficiency Impaired Noevascularization in Response to Ischemia via the Activation of Wnt5-SC35 Signaling Pathway in Advanced Age

    Xu Wenhu, Yu Chenglin, Piao Limei, Inoue Aiko, Kuzuya Masafumi, Cheng Xian Wu

    CIRCULATION   138 巻   頁: .   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  128. Adiponectin/AdipoR1 Signal Inactivation Contributes to Impaired Angiogenesis in Mice of Advanced Age

    Piao Limei, Yu Chenglin, Xu Wenhu, Inoue Aiko, Shibata Rei, Ouchi Noriyuki, Murohara Toyoaki, Kuzuya Masafumi, Cheng Xian Wu

    CIRCULATION   138 巻   2018年11月

     詳細を見る

  129. 地域在住高齢者のヘルスリテラシーと動脈硬化リスク 査読有り

    上村 一貴, 山田 実, 葛谷 雅文, 岡本 啓

    日本老年医学会雑誌   55 巻 ( 4 ) 頁: 605 - 611   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

    目的:本研究の目的は、地域在住高齢者のヘルスリテラシーが心臓足首血管指数(CAVI)で測定した動脈硬化リスクに及ぼす影響を検討することである。方法:対象は、65歳以上の地域在住高齢者288名(平均72.4歳、男性99名)とした。血圧脈波検査装置VS-1500(フクダ電子社製)を用いてCAVIを測定し、9.0以上を動脈硬化リスクありとして判定した。包括的なヘルスリテラシーの評価尺度として、European Health Literacy Survey Questionnaire(HLS-EU-Q47)日本語版を用いた。その他の測定項目は、基本属性(年齢、性、教育歴)、Mini-Mental State Examination、握力、通常歩行速度、服薬数、飲酒・喫煙・身体活動低下の有無とした。統計解析は、HLS-EU-Q47総得点の四分位群(Q1-4)をカテゴリ化し、CAVI、動脈硬化リスクありの割合、およびその他の測定項目を一元配置分散分析(2値変数はχ2検定)により比較した。さらに、動脈硬化リスクの有無を従属変数、カテゴリ化した四分位群(Q1-4)を独立変数としたロジスティック回帰分析を、単変量および多変量(年齢、性別、その他の測定項目で調整)にて解析した。結果:最もヘルスリテラシーの低いQ1は、最も高いQ4に比較して、有意にCAVIが高値であり、動脈硬化リスクありの割合が高かった(p<0.05)。Q1をリファレンスとすると、単変量解析ではQ3(OR[95%CI]=0.48[0.24-0.93])、Q4(0.39[0.19-0.77])で、多変量解析ではQ4(0.44[0.19-0.98])で有意に動脈硬化リスクに関連していた。結論:ヘルスリテラシーが低い地域在住高齢者では、年齢や性別の影響を除いても、動脈硬化リスクが高いことが示された。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J01214&link_issn=&doc_id=20181205230010&doc_link_id=10.3143%2Fgeriatrics.55.605&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3143%2Fgeriatrics.55.605&type=Crossref&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00002_2.gif

  130. Development of the Dementia Assessment Sheet for Community-based Integrated Care System 8-items, a short version of the Dementia Assessment Sheet for Community-based Integrated Care System 21-items, for the assessment of cognitive and daily functions 査読有り

    Toyoshima Kenji, Araki Atsushi, Tamura Yoshiaki, Iritani Osamu, Ogawa Sumito, Kozaki Koichi, Ebihara Satoru, Hanyu Haruo, Arai Hiroyuki, Kuzuya Masafumi, Iijima Katsuya, Sakurai Takashi, Suzuki Takao, Toba Kenji, Arai Hidenori, Akishita Masahiro, Rakugi Hiromi, Yokote Koutaro, Ito Hideki, Awata Shuichi

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   18 巻 ( 10 ) 頁: 1458 - 1462   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.13512

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  131. 地域在住高齢者のヘルスリテラシーと動脈硬化リスク

    上村一貴,山田実,葛谷雅文,岡本啓

    日本老年医学会雑誌   55 巻 ( 4 ) 頁: 605-611   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  132. コンプライアンス不良を難治性高血圧症と見なされ8剤の降圧薬を持参した1症例 査読有り

    渡邉 雄貴, 梅垣 宏行, 大西 丈二, 五藤 大貴, 山田 清文, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌   55 巻 ( 4 ) 頁: 704 - 704   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  133. 高齢心不全患者におけるトルバプタン使用経験からの考察 査読有り

    山本 有厳, 柳川 まどか, 大西 丈二, 服部 孝二, 中嶋 宏貴, 伊奈 孝一郎, 梅垣 宏行, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌   55 巻 ( 4 ) 頁: 704 - 704   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  134. Adiponectin/AdiopR1 signal inactivation contributes to impaired angiogenesis in mice of advanced age 査読有り 国際誌

    Piao Limei, Yu Chenglin, Xu Wenhu, Inoue Aiko, Shibata Rei, Li Xiang, Nan Yongshan, Zhao Guangxian, Wang Hailong, Meng Xiangkun, Lei Yanna, Goto Hiroki, Ouchi Noriyuki, Murohara Toyoaki, Kuzuya Masafumi, Cheng Xian Wu

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   267 巻   頁: 150 - 155   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Cardiology  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2018.05.089

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  135. Postprandial Hyperglycemia Is Associated With White Matter Hyperintensity and Brain Atrophy in Older Patients With Type 2 Diabetes Mellitus 査読有り 国際誌

    Ogama Noriko, Sakurai Takashi, Kawashima Shuji, Tanikawa Takahisa, Tokuda Haruhiko, Satake Shosuke, Miura Hisayuki, Shimizu Atsuya, Kokubo Manabu, Niida Shumpei, Toba Kenji, Umegaki Hiroyuki, Kuzuya Masafumi

    FRONTIERS IN AGING NEUROSCIENCE   10 巻 ( SEP ) 頁: 273 - 273   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Aging Neuroscience  

    DOI: 10.3389/fnagi.2018.00273

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  136. 血液透析患者における栄養状態と現在歯数との関連 査読有り

    宇野 千晴, 岡田 希和子, 松下 英二, 葛谷 雅文

    New Diet Therapy   34 巻 ( 2 ) 頁: 161 - 161   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床栄養協会  

  137. Association between insulin resistance and objective measurement of physical activity in community-dwelling older adults without diabetes mellitus 査読有り 国際誌

    Umegaki Hiroyuki, Makino Taeko, Uemura Kazuki, Shimada Hiroyuki, Hayashi Takahiro, Cheng Xian Wu, Kuzuya Masafumi

    DIABETES RESEARCH AND CLINICAL PRACTICE   143 巻   頁: 267 - 274   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Diabetes Research and Clinical Practice  

    DOI: 10.1016/j.diabres.2018.07.022

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  138. Maximum gait speed is associated with a wide range of cognitive functions in Japanese older adults with a Clinical Dementia Rating of 0.5 査読有り

    Umegaki Hiroyuki, Makino Taeko, Yanagawa Madoka, Nakashima Hirotaka, Kuzuya Masafumi, Sakurai Takashi, Toba Kenji

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   18 巻 ( 9 ) 頁: 1323 - 1329   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.13464

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  139. Correlation between regional cerebral blood flow and body composition in healthy older women: A single-photon emission computed tomography study 査読有り

    Fujisawa Chisato, Umegaki Hiroyuki, Kato Takashi, Nakashima Hirotaka, Kuzuya Masafumi, Ito Kengo, Toba Kenji, Sakurai Takashi

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   18 巻 ( 8 ) 頁: 1303 - 1304   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.13444

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  140. 総合診療科専攻医の共感の認識構造 質的研究 査読有り

    當山 萌香, 高橋 徳幸, 青松 棟吉, 末松 三奈, 岡崎 研太郎, 伴 信太郎, 葛谷 雅文

    医学教育   49 巻 ( Suppl. ) 頁: 258 - 258   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

  141. 多職種連携教育に対する認識尺度(IEPS)日本語版の信頼性と妥当性の検証 査読有り

    鈴木 日向, 末松 三奈, 岡崎 研太郎, 高橋 徳幸, 半谷 眞七子, 吉見 陽, 野田 幸裕, 渕田 英津子, 室谷 健太, 葛谷 雅文

    医学教育   49 巻 ( Suppl. ) 頁: 262 - 262   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

  142. Objectively measured physical activity and cognitive function in urban-dwelling older adults 査読有り

    Umegaki Hiroyuki, Makino Taeko, Uemura Kazuki, Shimada Hiroyuki, Cheng Xian W., Kuzuya Masafumi

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   18 巻 ( 6 ) 頁: 922 - 928   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.13284

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  143. Sirtuin 1 as a potential therapeutic target in pulmonary artery hypertension 査読有り 国際誌

    Cheng Xian Wu, Narisawa Megumi, Jin Xiongjie, Murohara Toyoaki, Kuzuya Masafumi

    JOURNAL OF HYPERTENSION   36 巻 ( 5 ) 頁: 1032 - 1035   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Hypertension  

    DOI: 10.1097/HJH.0000000000001694

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  144. Committee for the sarcopenia clinical practice guidelines 2017 Chapter 3 Prevention of sarcopenia

    Kuzuya Masafumi, Sugimoto Ken, Suzuki Takao, Watanabe Yuya, Kamibayashi Kiyotaka, Kurihara Toshiyuki, Fujimoto Masahiro, Arai Hidenori

    Geriatrics and Gerontology International   18 巻 ( Suppl. 1 ) 頁: 23-27 - 27   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.13321

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  145. Effects of Gradient Coil Noise and Gradient Coil Replacement on the Reproducibility of Resting State Networks

    Bagarinao Epifanio, Tsuzuki Erina, Yoshida Yukina, Ozawa Yohei, Kuzuya Maki, Otani Takashi, Koyama Shuji, Isoda Haruo, Watanabe Hirohisa, Maesawa Satoshi, Naganawa Shinji, Sobue Gen

    FRONTIERS IN HUMAN NEUROSCIENCE   12 巻   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Human Neuroscience  

    DOI: 10.3389/fnhum.2018.00148

    Web of Science

    Scopus

  146. Cilostazol for the prevention of pneumonia: a systematic review 査読有り 国際誌

    Nakashima Hirotaka, Watanabe Kazuhisa, Umegaki Hiroyuki, Suzuki Yusuke, Kuzuya Masafumi

    PNEUMONIA   10 巻   頁: 3 - 3   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s41479-018-0046-5

    Web of Science

    PubMed

  147. Response to letter "DPP-4 inhibition as a therapeutic strategy to ameliorate diabetic metabolic memory" 査読有り 国際誌

    Cheng Xian Wu, Lei Yanna, Piao Limei, Inoue Aiko, Yang Guang, Zhu Enbo, Kuzuya Masafumi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   256 巻   頁: 17 - 17   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Cardiology  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2017.08.041

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  148. An unbiased data-driven age-related structural brain parcellation for the identification of intrinsic brain volume changes over the adult lifespan 査読有り 国際誌

    Bagarinao Epifanio, Watanabe Hirohisa, Maesawa Satoshi, Mori Daisuke, Hara Kazuhiro, Kawabata Kazuya, Yoneyama Noritaka, Ohdake Reiko, Imai Kazunori, Masuda Michihito, Yokoi Takamasa, Ogura Aya, Wakabayashi Toshihiko, Kuzuya Masafumi, Ozaki Norio, Hoshiyama Minoru, Isoda Haruo, Naganawa Shinji, Sobue Gen

    NEUROIMAGE   169 巻   頁: 134 - 144   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NeuroImage  

    DOI: 10.1016/j.neuroimage.2017.12.014

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  149. Cognitive Dysfunction in Urban-Community Dwelling Prefrail Older Subjects 査読有り

    Umegaki H., Makino T., Shimada H., Hayashi T., Cheng X. Wu, Kuzuya M.

    JOURNAL OF NUTRITION HEALTH & AGING   22 巻 ( 4 ) 頁: 549 - 554   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Nutrition, Health and Aging  

    DOI: 10.1007/s12603-018-1017-5

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  150. Cathepsin K activity controls cardiotoxin-induced skeletal muscle repair in mice 査読有り 国際誌

    Ogasawara Shinyu, Cheng Xian Wu, Inoue Aiko, Hu Lina, Piao Limei, Yu Chenglin, Goto Hiroki, Xu Wenhu, Zhao Guangxian, Lei Yanna, Yang Guang, Kimura Kaoru, Umegaki Hiroyuki, Shi Guo-Ping, Kuzuya Masafumi

    JOURNAL OF CACHEXIA SARCOPENIA AND MUSCLE   9 巻 ( 1 ) 頁: 160 - 175   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Cachexia, Sarcopenia and Muscle  

    DOI: 10.1002/jcsm.12248

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  151. Identifying the social capital influencing diabetes control in Japan. 査読有り

    Yamada Y, Suematsu M, Takahashi N, Okazaki K, Yasui H, Hida T, Uemura K, Murotani K, Kuzuya M

    Nagoya journal of medical science   80 巻 ( 1 ) 頁: 99 - 107   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nagoya Journal of Medical Science  

    DOI: 10.18999/nagjms.80.1.99

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0003-1982-7019

  152. 在宅医療を受ける高齢者のQOL(quality of life)評価票における本人と介護者による代理評価の回答の一致性の検討 査読有り

    紙谷 博子, 梅垣 宏行, 岡本 和士, 神田 茂, 浅井 真嗣, 下島 卓弥, 野村 秀樹, 服部 文子, 木股 貴哉, 鈴木 裕介, 大島 浩子, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌   55 巻 ( 1 ) 頁: 98 - 105   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

    目的:認知症患者のQOL(quality of life)について、本人による評価と介護者による代理評価との一致に関する研究はあるが、在宅療養患者のためのQOL評価票をもちいて検討したものはない。本研究の目的は、主介護者などの代理人に回答を求めるQOL評価票の作成と、本人の回答との一致性について検討することとした。方法:この研究は在宅患者の観察研究である。我々が開発した、4つの質問からなるQOL評価票であるQOL-HC(QOL for patients receiving home-based medical care)(本人用)に基づいて、QOL-HC(介護者用)を作成した。また、QOL-HC(本人用)とQOL-HC(介護者用)を用いて、患者本人と主介護者から回答を求め、それぞれの質問への回答の一致率についてクロス集計表を用いて考察した。また、合計得点についてはSpearmanの順位相関係数を求めた。結果:質問1「おだやかな気持ちで過ごしていますか。」、質問2「現在まで充実した人生だった、と感じていますか。」、質問3「話し相手になる人がいますか。」、質問4「介護に関するサービスに満足していますか。」について、本人と介護者の回答の一致率は、それぞれ52.3%、52.3%、79.5%、81.8%であった。また、QOL-HC(本人用)合計点とQOL-HC(介護者用)合計点について有意な弱い相関を認めた(Spearmanのρ=0.364*、p=0.015)。結論:本人と介護者による評価とに50%以上の一致率をみとめ、合計点について有意な相関をみとめた。介護者による評価を参考にできる可能性はあるが、評価のかい離の要因およびQOL-HC(介護者用)の信頼性の検討が必要である。(著者抄録)

  153. Factors associated with polypharmacy in elderly home-care patients 査読有り

    Komiya Hitoshi, Umegaki Hiroyuki, Asai Atsushi, Kanda Shigeru, Maeda Keiko, Shimojima Takuya, Nomura Hideki, Kuzuya Masafumi

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   18 巻 ( 1 ) 頁: 33 - 41   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.13132

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  154. 在宅医療を受ける高齢者のQOL(quality of life)評価票における本人と介護者による代理評価の回答の一致性の検討

    紙谷博子,梅垣宏行,岡本和士,神田茂,浅井真嗣,下島卓弥,野村秀樹,服部文子,木股貴哉,鈴木裕介,大島浩子,葛谷雅文

    日本老年医学会雑誌   55 巻 ( 1 ) 頁: 98-105   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  155. 地域在住高齢者のヘルスリテラシーと動脈硬化リスク 査読有り

    上村 一貴, 山田 実, 葛谷 雅文, 岡本 啓

    日本老年医学会雑誌   55 巻 ( 4 ) 頁: 605 - 611   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本老年医学会  

    <p><b>目的:</b>本研究の目的は,地域在住高齢者のヘルスリテラシーが心臓足首血管指数(CAVI)で測定した動脈硬化リスクに及ぼす影響を検討することである.<b>方法:</b>対象は,65歳以上の地域在住高齢者288名(平均72.4歳,男性99名)とした.血圧脈波検査装置VS-1500(フクダ電子社製)を用いてCAVIを測定し,9.0以上を動脈硬化リスクありとして判定した.包括的なヘルスリテラシーの評価尺度として,European Health Literacy Survey Questionnaire(HLS-EU-Q47)日本語版を用いた.その他の測定項目は,基本属性(年齢,性,教育歴),Mini-Mental State Examination,握力,通常歩行速度,服薬数,飲酒・喫煙・身体活動低下の有無とした.統計解析は,HLS-EU-Q47総得点の四分位群(Q1-4)をカテゴリ化し,CAVI,動脈硬化リスクありの割合,およびその他の測定項目を一元配置分散分析(2値変数はχ<sup>2</sup>検定)により比較した.さらに,動脈硬化リスクの有無を従属変数,カテゴリ化した四分位群(Q1-4)を独立変数としたロジスティック回帰分析を,単変量および多変量(年齢,性別,その他の測定項目で調整)にて解析した.<b>結果:</b>最もヘルスリテラシーの低いQ1は,最も高いQ4に比較して,有意にCAVIが高値であり,動脈硬化リスクありの割合が高かった(p<0.05).Q1をリファレンスとすると,単変量解析ではQ3(OR[95%CI] = 0.48[0.24-0.93]),Q4(0.39[0.19-0.77])で,多変量解析ではQ4(0.44[0.19-0.98])で有意に動脈硬化リスクに関連していた.<b>結論:</b>ヘルスリテラシーが低い地域在住高齢者では,年齢や性別の影響を除いても,動脈硬化リスクが高いことが示された.</p>

    DOI: 10.3143/geriatrics.55.605

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  156. 在宅医療を受ける高齢者のQOL(quality of life)評価票における本人と介護者による代理評価の回答の一致性の検討 査読有り

    紙谷 博子, 鈴木 裕介, 大島 浩子, 葛谷 雅文, 梅垣 宏行, 岡本 和士, 神田 茂, 浅井 真嗣, 下島 卓弥, 野村 秀樹, 服部 文子, 木股 貴哉

    日本老年医学会雑誌   55 巻 ( 1 ) 頁: 98 - 105   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本老年医学会  

    <p><b>目的:</b>認知症患者のQOL(quality of life)について,本人による評価と介護者による代理評価との一致に関する研究はあるが,在宅療養患者のためのQOL評価票をもちいて検討したものはない.本研究の目的は,主介護者などの代理人に回答を求めるQOL評価票の作成と,本人の回答との一致性について検討することとした.<b>方法:</b>この研究は在宅患者の観察研究である.我々が開発した,4つの質問からなるQOL評価票であるQOL-HC(QOL for patients receiving home-based medical care)(本人用)に基づいて,QOL-HC(介護者用)を作成した.また,QOL-HC(本人用)とQOL-HC(介護者用)を用いて,患者本人と主介護者から回答を求め,それぞれの質問への回答の一致率についてクロス集計表を用いて考察した.また,合計得点についてはSpearmanの順位相関係数を求めた.<b>結果:</b>質問1「おだやかな気持ちで過ごしていますか.」,質問2「現在まで充実した人生だった,と感じていますか.」,質問3「話し相手になる人がいますか.」,質問4「介護に関するサービスに満足していますか.」について,本人と介護者の回答の一致率は,それぞれ52.3%,52.3%,79.5%,81.8%であった.また,QOL-HC(本人用)合計点とQOL-HC(介護者用)合計点について有意な弱い相関を認めた(Spearmanのρ=0.364*,p=0.015).<b>結論:</b>本人と介護者による評価とに50%以上の一致率をみとめ,合計点について有意な相関をみとめた.介護者による評価を参考にできる可能性はあるが,評価のかい離の要因およびQOL-HC(介護者用)の信頼性の検討が必要である.</p>

    DOI: 10.3143/geriatrics.55.98

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  157. 司会者のことば

    平田 一人, 葛谷 雅文

    日本内科学会雑誌   107 巻 ( 9 ) 頁: 1696 - 1696   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    DOI: 10.2169/naika.107.1696

    CiNii Article

  158. 司会者のことば

    葛谷 雅文, 平田 一人

    日本内科学会雑誌   107 巻 ( 0 ) 頁: 104a - 104a   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    DOI: 10.2169/naika.107.104a

    CiNii Article

  159. [Aging-related frailty and sarcopenia. The concepts and diagnostic criteria of frailty.] 査読有り

    Kuzuya M

    Clinical calcium   28 巻 ( 9 ) 頁: 1171 - 1176   2018年

     詳細を見る

  160. [Aging-related frailty and sarcopenia. Frailty - Sarcopenia and biomarker.] 査読有り

    Inoue A, Kuzuya M, Cheng X

    Clinical calcium   28 巻 ( 9 ) 頁: 1191 - 1200   2018年

     詳細を見る

  161. Frontal White Matter Hyperintensity Is Associated with Verbal Aggressiveness in Elderly Women with Alzheimer Disease and Amnestic Mild Cognitive Impairment 査読有り

    Ogama Noriko, Sakurai Takashi, Saji Naoki, Nakai Toshiharu, Niida Shumpei, Toba Kenji, Umegaki Hiroyuki, Kuzuya Masafumi

    DEMENTIA AND GERIATRIC COGNITIVE DISORDERS EXTRA   8 巻 ( 1 ) 頁: 138 - 150   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Dementia and Geriatric Cognitive Disorders Extra  

    DOI: 10.1159/000486826

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  162. Biallelic WRN Mutations in Newly Identified Japanese Werner Syndrome Patients 査読有り 国際誌

    Maezawa Yoshiro, Kato Hisaya, Takemoto Minoru, Watanabe Aki, Koshizaka Masaya, Ishikawa Takahiro, Sargolzaeiaval Forough, Kuzuya Masafumi, Wakabayashi Hiroshi, Kusaka Takashi, Yokote Koutaro, Oshima Junko

    MOLECULAR SYNDROMOLOGY   9 巻 ( 4 ) 頁: 214 - 218   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Molecular Syndromology  

    DOI: 10.1159/000489055

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  163. Prescription of potentially inappropriate medications to older adults. A nationwide survey at dispensing pharmacies in Japan 査読有り

    Suzuki Yusuke, Sakakibara Mikio, Shiraishi Nariaki, Hirose Takashisa, Akishita Masahiro, Kuzuya Masafumi

    ARCHIVES OF GERONTOLOGY AND GERIATRICS   77 巻   頁: 8 - 12   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Archives of Gerontology and Geriatrics  

    DOI: 10.1016/j.archger.2017.12.010

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  164. Inflammatory Cells and Proteases in Abdominal Aortic Aneurysm and its Complications 査読有り 国際誌

    Jiang Haiying, Sasaki Takeshi, Jin Enze, Kuzuya Masafumi, Cheng Xian Wu

    CURRENT DRUG TARGETS   19 巻 ( 11 ) 頁: 1289 - 1296   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Current Drug Targets  

    DOI: 10.2174/1389450119666180531103458

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  165. Study on Estimation of MMSE Score by Using the Latency of P300 and Alpha Wave

    Miwa Koki, Yoshikawa Tomohiro, Furuhashi Takeshi, Hoshiyama Minoru, Makino Taeko, Yanagawa Madoka, Suzuki Yusuke, Umegaki Hiroyuki, Kuzuya Masafumi

    2018 JOINT 10TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOFT COMPUTING AND INTELLIGENT SYSTEMS (SCIS) AND 19TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ADVANCED INTELLIGENT SYSTEMS (ISIS)     頁: 195 - 199   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Proceedings - 2018 Joint 10th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 19th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, SCIS-ISIS 2018  

    DOI: 10.1109/SCIS-ISIS.2018.00041

    Web of Science

    Scopus

  166. サルコペニアの分子メカニズム

    井上 愛子, 成 憲武, 五籐 大貴, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌   55 巻 ( 1 ) 頁: 13 - 24   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本老年医学会  

    <p>サルコペニア(sarcopenia)は,加齢に伴うさまざまな要因により,骨格筋蛋タンパクの合成と分解のアンバランス,筋肉修復能低下などが生じることより発症すると考えているが,その詳細に関して多くは不明である.サルコペニアをはじめとした骨格筋萎縮と機能低下の臨床的重要性が認知されつつあるとともに,骨格筋疾患に関する研究も新たな転換期を迎えている.加齢に伴う骨格筋の形態ならびに機能的変化に基づいたオリジナリティーの高い基礎研究が続々と発表され,従来では考えもし得なかった目覚しい発展を遂げている状況である.加齢による骨格筋疾患(サルコペニア)には骨格筋障害を伴っていることがしばしば多く,治療には骨格筋障害へのアプローチが必要である.サルコペニアの発症機序は多因子である.サルコペニア発症・進展プロセスにおいて骨格筋リモデリングと再生不全は重要であり,蛋白質分解システムの異常,そしてタンパク質合成と分解のアンバランスや骨格筋幹細胞の機能不全など様々な要因が関わっている.本稿では,プロテアーゼ·細胞外マトリックス代謝異常,骨格筋タンパク質合成と分解のアンバランス,骨格筋幹細胞老化・機能不全,炎症亢進,骨格筋細胞増殖とアポトーシスアンバランスならびにミトコンドリア機能不全の多方面から前3者に焦点を当てて,本研究グループの研究成果を交えてサルコペニアの新たな分子機構に関する最近の知見について概説する.</p>

    DOI: 10.3143/geriatrics.55.13

    CiNii Article

  167. MMSEスコア推定におけるα波の偏回帰係数の同定

    三輪 晃暉, 吉川 大弘, 古橋 武, 寳珠山 稔, 牧野 多恵子, 柳川 まどか, 鈴木 祐介, 梅垣 宏之, 葛谷 雅文

    日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集   34 巻 ( 0 ) 頁: 15 - 18   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本知能情報ファジィ学会  

    <p>高齢認知症患者数は年々増加し,2030年には65歳以上の約20%が認知症患者となると推定されている.また認知症は,症状が進んでからの治療が困難であるため,早期発見が重要とされている.脳波の特徴量であるP300頂点潜時は,認知症スクリーニング検査のMMSE(Mini Mental State Examination)スコア,課題の難易度,年齢,教育歴とそれぞれ関係があることが,個々に報告されている.そのため,P300頂点潜時を計測することでMMSEスコアを推定できれば,認知症の兆候を捉えられ,認知症早期発見につながると期待される.しかしMMSEスコアとP300頂点潜時等との関係は,これまで定量的には同定されていない.そこで本研究では,名古屋大学医学部附属病院老年内科に通院している患者を対象に,オドボール課題による脳波計測実験を行い,MMSEスコアとP300頂点潜時,課題の難易度,年齢,教育歴,更に認知症と関係性があるといわれているα波の重回帰式を同定した.同定の結果,α波はMMSEスコアの推定に統計的に有意な変数であることがわかった.この重回帰式におけるMMSEスコア推定誤差の 95%信頼区間は±3.19であった.</p>

    DOI: 10.14864/fss.34.0_15

    CiNii Article

  168. 高齢者における栄養管理上の問題

    葛谷 雅文

    外科と代謝・栄養   52 巻 ( 1 ) 頁: 11 - 16   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    DOI: 10.11638/jssmn.52.1_11

    CiNii Article

  169. Prevalence of frailty among community-dwellers and outpatients in Japan as defined by the Japanese version of the Cardiovascular Health Study criteria. 査読有り

    Satake S, Shimada H, Yamada M, Kim H, Yoshida H, Gondo Y, Matsubayashi K, Matsushita E, Kuzuya M, Kozaki K, Sugimoto K, Senda K, Sakuma M, Endo N, Arai H

    Geriatrics & gerontology international   17 巻 ( 12 ) 頁: 2629 - 2634   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.13129

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  170. Comparison between clinical gait and daily-life gait assessments of fall risk in older people Reply 査読有り

    Umegaki Hiroyuki, Nonogaki Zen, Makino Taeko, Suzuki Yusuke, Kuzuya Masafumi

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   17 巻 ( 11 ) 頁: 2284 - 2285   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.13105

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  171. Cathepsin K activity controls cardiotoxin-induced skeletal muscle repair in mice.

    Ogasawara S, Cheng XW, Inoue A, Hu L, Piao L, Yu C, Goto H, Xu W, Zhao G, Lei Y, Yang G, Kimura K, Umegaki H, Shi GP, Kuzuya M.

    J Cachexia Sarcopenia Muscle.   in press 巻   頁: in press   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1002/jcsm.12248.

  172. 高齢糖尿病患者における血糖コントロールの現状 査読有り

    服部 孝二, 梅垣 宏行, 小宮 仁, 渡邊 一久, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌   54 巻 ( 4 ) 頁: 531 - 536   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

    目的:高齢糖尿病患者では重症低血糖を来しやすいという特徴があり、高齢者では重症低血糖が、死亡や心血管疾患、認知症などのリスクになりうると報告されている。こうした背景をもとに日本糖尿病学会と日本老年医学会の合同委員会が設置され、2016年5月に高齢者糖尿病の血糖コントロール目標(以下コントロール目標と略す)が提言された。しかしながら高齢者糖尿病の血糖コントロールの実態に関する報告は少なく、我々はコントロール目標の提言がされる以前の高齢者糖尿病の血糖コントロールの状況について検討した。方法:2015年4月1日から2016年3月31日迄に名古屋大学医学部附属病院老年内科に入院した65歳以上の患者を対象に、入院時に糖尿病治療薬を投与されている患者を抽出した。コントロール目標をもとに、入院時に投与されていた糖尿病治療薬と認知機能、BADL、IADLでカテゴリー分けを行い、HbA1cを調べた。結果:期間中の当科入院患者は426例であり、そのうち入院時に糖尿病治療薬を投与されており、HbA1c、従前の認知機能やADLに基づきコントロール目標カテゴリーに分類ができた症例は63例であった。性別は男性35例、年齢は83.1±5.9歳、HbA1cは7.6±1.5%であった。カテゴリー該当数はIが10例(15.9%)、IIが12例(19.0%)、IIIが41例(65.1%)であり、重症低血糖が危惧される薬剤(以下危惧薬と略す)はカテゴリーIが6例(60.0%)、IIが8例(66.7%)、IIIが22例(53.7%)で使用されていた。危惧薬使用群ではHbA1cが有意に高値であったが、その他の臨床的特徴とは有意な関連を認めなかった。危惧薬が使用されている場合、33.3%の症例でHbA1cが目標値未満であった。結論:危惧薬の使用と、カテゴリー分類や年齢との間には有意な関連を認めなかった。また危惧薬が使用されている場合、33.3%もの症例でHbA1cが目標値未満であった。高齢糖尿病患者では、特に危惧薬が使用されている際には低血糖に注意が必要であり、投薬内容の見直しなどの配慮が必要である。(著者抄録)

  173. Characteristics of physical prefrailty among Japanese healthy older adults. 査読有り

    Matsushita E, Okada K, Ito Y, Satake S, Shiraishi N, Hirose T, Kuzuya M.

    Geriatr Gerontol Int.   17(10) 巻   頁: 1568-1574   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1111/ggi.12935.

  174. Characteristics of physical prefrailty among Japanese healthy older adults 査読有り

    Matsushita Eiji, Okada Kiwako, Ito Yui, Satake Shosuke, Shiraishi Ariaki, Hirose Takahisa, Kuzuya Masafurni

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   17 巻 ( 10 ) 頁: 1568 - 1574   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.12935

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  175. Chronic Psychological Stress Accelerates Vascular Senescence and Impairs Ischemia-Induced Neovascularization: The Role of Dipeptidyl Peptidase-4/Glucagon-Like Peptide-1-Adiponectin Axis 査読有り 国際誌

    Piao Limei, Zhao Guangxian, Zhu Enbo, Inoue Aiko, Shibata Rei, Lei Yanna, Hu Lina, Yu Chenglin, Yang Guang, Wu Hongxian, Xu Wenhu, Okumura Kenji, Ouchi Noriyuki, Murohara Toyoaki, Kuzuya Masafumi, Cheng Xian Wu

    JOURNAL OF THE AMERICAN HEART ASSOCIATION   6 巻 ( 10 )   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the American Heart Association  

    DOI: 10.1161/JAHA.117.006421

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  176. Factors associated with unexpected admissions and mortality among low-functioning older patients receiving home medical care 査読有り

    Umegaki Hiroyuki, Asai Atushi, Kanda Shigeru, Maeda Keiko, Shimojima Takuya, Nomura Hideki, Kuzuya Masafumi

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   17 巻 ( 10 ) 頁: 1623 - 1627   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.12943

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  177. プレフレイル高齢者の特徴と性差について NLS-HEより 査読有り

    長谷川 千紗, 岡田 希和子, 松下 英二, 西山 ゆい, 佐竹 昭介, 葛谷 雅文

    日本サルコペニア・フレイル学会雑誌   1 巻 ( 2 ) 頁: 145 - 145   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本サルコペニア・フレイル学会  

  178. フレイル診断基準の2年後への影響の検討 NLS-HEより 査読有り

    松下 英二, 岡田 希和子, 長谷川 千紗, 西山 ゆい, 佐竹 昭介, 葛谷 雅文

    日本サルコペニア・フレイル学会雑誌   1 巻 ( 2 ) 頁: 114 - 114   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本サルコペニア・フレイル学会  

  179. Response to letter "DPP-4 inhibition as a therapeutic strategy to ameliorate diabetic metabolic memory".

    Cheng XW, Lei Y, Piao L, Inoue A, Yang G, Zhu E, Kuzuya M

    Int J Cardiol   in press 巻   頁: pii: S0167-5273(17)34896-9   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.ijcard.2017.08.041.

  180. Increased dipeptidyl peptidase-4 accelerates diet-related vascular aging and atherosclerosis in ApoE-deficient mice under chronic stress 査読有り 国際誌

    Lei Yanna, Yang Guang, Hu Lina, Piao Limei, Inoue Aiko, Jiang Haiying, Sasaki Takeshi, Zhao Guangxian, Yisireyili Maimaiti, Yu Chenglin, Xu Wenhu, Takeshita Kyosuke, Okumura Kenji, Kuzuya Masafumi, Cheng Xian Wu

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   243 巻   頁: 413 - 420   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Cardiology  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2017.05.062

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  181. Chronic Psychological Stress Accelerates Vascular Senescence and Impairs Ischemia-Induced Neovascularization: The Role of Dipeptidyl Peptidase-4/Glucagon-Like Peptide-1-Adiponectin Axis.

    Piao L, Zhao G, Zhu E, Inoue A, Shibata R, Lei Y, Hu L, Yu C, Yang G, Wu H, Xu W, Okumura K, Ouchi N, Murohara T, Kuzuya M, Cheng XW.

    J Am Heart Assoc.   6 巻 ( 10 ) 頁: pii: e006421.   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1161/JAHA.117.006421.

  182. Exenatide mitigated diet-induced vascular aging and atherosclerotic plaque growth in ApoE-deficient mice under chronic stress.

    Yang G, Lei Y, Inoue A, Piao L, Hu L, Jiang H, Sasaki T, Wu H, Xu W, Yu C, Zhao G, Ogasawara S, Okumura K, Kuzuya M, Cheng XW

    Atherosclerosis.   264 巻   頁: 2017/1/10   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.atherosclerosis.2017.07.014.

  183. Exenatide mitigated diet-induced vascular aging and atherosclerotic plaque growth in ApoE-deficient mice under chronic stress 査読有り 国際誌

    Yang Guang, Lei Yanna, Inoue Aiko, Piao Limei, Hu Lina, Jiang Haiying, Sasaki Takeshi, Wu Hongxian, Xu Wenhu, Yu Chenglin, Zhao Guangxian, Ogasawara Shinyu, Okumura Kenji, Kuzuya Masafumi, Cheng Xian-Wu

    ATHEROSCLEROSIS   264 巻   頁: 1 - 10   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Atherosclerosis  

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2017.07.014

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  184. チーム医療に対する家族の潜在的ニーズ 査読有り

    高木 伯馬, 肥田 武, 末松 三奈, 高橋 徳幸, 岡崎 研太郎, 阿部 恵子, 安井 浩樹, 植村 和正, 葛谷 雅文

    日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会プログラム・抄録集   9回 巻   頁: 21 - 21   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本ヘルスコミュニケーション学会  

  185. 福祉の現場から 「糖尿病」と「認知症」および「ソーシャルキャピタル(SC)の」実態調査(中間報告)

    末松 三奈, 高橋 徳幸, 岡崎 研太郎, 室谷 健太, 安井 浩樹, 植村 和正, 葛谷 雅文

    地域ケアリング   19 巻 ( 9 ) 頁: 54-8   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  186. 福祉の現場から 「糖尿病」と「認知症」および「ソーシャルキャピタル(SC)の」実態調査(中間報告)

    末松 三奈, 高橋 徳幸, 岡崎 研太郎, 室谷 健太, 安井 浩樹, 植村 和正, 葛谷 雅文

    地域ケアリング   19 巻 ( 9 ) 頁: 54-8   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  187. Factors associated with polypharmacy in elderly home-care patients.

    Komiya H, Umegaki H, Asai A, Kanda S, Maeda K, Shimojima T, Nomura H, Kuzuya M.

    Geriatr Gerontol Int.   in press 巻   頁: in press   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1111/ggi.13132.

  188. Dipeptidyl Peptidase-4 Regulates Hematopoietic Stem Cell Activation in Response to Chronic Stress.

    Zhu E, Hu L, Wu H, Piao L, Zhao G, Inoue A, Kim W, Yu C, Xu W, Bando YK, Li X, Lei Y, Hao CN, Takeshita K, Kim WS, Okumura K, Murohara T, Kuzuya M, Cheng XW

    J Am Heart Assoc.   6 巻 ( 7 ) 頁: pii: e006394.   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1161/JAHA.117.006394.

  189. FAHA. Increased dipeptidyl peptidase-4 accelerates diet-related vascular aging and atherosclerosis in ApoE-deficient mice under chronic stress.

    Lei Y, Yang G, Hu L, Piao L, Inoue A, Jiang H, Sasaki T, Zhao G, Yisireyili M, Yu C, Xu W, Takeshita K, Okumura K, Kuzuya M, Cheng XW

    Int J Cardiol.   243 巻   頁: 413-420   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.ijcard.2017.05.062.

  190. Dipeptidyl Peptidase-4 Regulates Hematopoietic Stem Cell Activation in Response to Chronic Stress 査読有り 国際誌

    Zhu Enbo, Hu Lina, Wu Hongxian, Piao Limei, Zhao Guangxian, Inoue Aiko, Kim Weon, Yu Chenglin, Xu Wenhu, Bando Yasuko K., Li Xiang, Lei Yanna, Hao Chang-Ning, Takeshita Kyosuke, Kim Woo-Shik, Okumura Kenji, Murohara Toyoaki, Kuzuya Masafumi, Cheng Xian Wu

    JOURNAL OF THE AMERICAN HEART ASSOCIATION   6 巻 ( 7 )   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the American Heart Association  

    DOI: 10.1161/JAHA.117.006394

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  191. Exercise restores muscle stem cell mobilization and regenerative capacity and muscle metabolic alterations via adiponectin/AdipoR1 activation in SAMP10 mice.

    Inoue A, Cheng XW, Huang Z, Hu L, Kikuchi R, Jiang H, Piao L, Sasaki T, Itakura K, Wu H, Zhao G, Lei Y, Yang G, Li X, Sato K, Koike T, Kuzuya M.

    Journal of Cachexia, Sarcopenia and Muscle.   8 巻 ( 3 ) 頁: 370-385   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1002/jcsm.12166

  192. The Soluble VEGF Receptor sFlt-1 Contributes to Impaired Neovascularization in Aged Mice 査読有り 国際誌

    Zhao Guangxian, Cheng Xian W., Piao Limei, Hu Lina, Lei Yanna, Yang Guang, Inoue Aiko, Ogasawara Shinyu, Wu Hongxian, Hao Chang-Ning, Okumura Kenji, Kuzuya Masafumi

    AGING AND DISEASE   8 巻 ( 3 ) 頁: 287 - 300   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Aging and Disease  

    DOI: 10.14336/AD.2016.0920

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  193. 健常高齢者におけるフレイルの進展への要因の検討 査読有り

    長谷川 千紗, 松下 英二, 岡田 希和子, 西山 ゆい, 佐竹 昭介, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌   54 巻 ( Suppl. ) 頁: 197 - 197   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  194. 在宅サービス利用高齢者における低栄養状態と2年間の予後

    古明地 夕佳、杉山 みち子、榎 裕美、川久保 清、葛谷 雅文

    日本健康・栄養システム学会誌   16 巻 ( 2 ) 頁: 28-35   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  195. 在宅サービス利用高齢者における低栄養状態の実態および要因分析

    古明地 夕佳、杉山 みち子、榎 裕美、   川久保 清、葛谷 雅文

    日本健康・栄養システム学会誌   16 巻 ( 2 ) 頁: '20-7   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  196. The Soluble VEGF Receptor sFlt-1 Contributes to Impaired Neovascularization in Aged Mice.

    Zhao G, Cheng XW, Piao L, Hu L, Lei Y, Yang G, Inoue A, Ogasawara S, Wu H, Hao CN, Okumura K, Kuzuya M.

    Aging Dis.   8 巻 ( 3 ) 頁: 287-300.   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.14336/AD.2016.0920.

  197. Physical Function Differences Between the Stages From Normal Cognition to Moderate Alzheimer Disease 査読有り 国際誌

    Fujisawa Chisato, Umegaki Hiroyuki, Okamoto Kazushi, Nakashima Hirotaka, Kuzuya Masafumi, Toba Kenji, Sakurai Takashi

    JOURNAL OF THE AMERICAN MEDICAL DIRECTORS ASSOCIATION   18 巻 ( 4 ) 頁: 368.e9-368.e15 - 368.e15   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the American Medical Directors Association  

    DOI: 10.1016/j.jamda.2016.12.079

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  198. Physical Function Differences Between the Stages From Normal Cognition to Moderate Alzheimer Disease.

    Fujisawa C, Umegaki H, Okamoto K, Nakashima H, Kuzuya M, Toba K, Sakurai T.

    J Am Med Dir Assoc.   18 巻 ( 4 ) 頁: 368.e9-368.e15   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.jamda.2016.12.079

  199. The Associations among Insulin Resistance, Hyperglycemia, Physical Performance, Diabetes Mellitus, and Cognitive Function in Relatively Healthy Older Adults with Subtle Cognitive Dysfunction 査読有り 国際誌

    Umegaki Hiroyuki, Makino Taeko, Uemura Kazuki, Shimada Hiroyuki, Hayashi Takahiro, Cheng Xian Wu, Kuzuya Masafumi

    FRONTIERS IN AGING NEUROSCIENCE   9 巻 ( MAR ) 頁: 72 - 72   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Aging Neuroscience  

    DOI: 10.3389/fnagi.2017.00072

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  200. Impact of frontal white matter hyperintensity on instrumental activities of daily living in elderly women with Alzheimer disease and amnestic mild cognitive impairment 査読有り 国際誌

    Ogama Noriko, Sakurai Takashi, Nakai Toshiharu, Niida Shumpei, Saji Naoki, Toba Kenji, Umegaki Hiroyuki, Kuzuya Masafumi

    PLOS ONE   12 巻 ( 3 ) 頁: e0172484   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PLoS ONE  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0172484

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  201. [Programs for Continuing Medical Education 2016: B Session: 9. Impact of Sarcopenia and Frailty on Preventive Care for Older People]. 査読有り

    Masafumi Kuzuya

    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   106 巻 ( 3 ) 頁: 557 - 61   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  202. [Programs for Continuing Medical Education 2016: B Session: 9. Impact of Sarcopenia and Frailty on Preventive Care for Older People].

    Kuzuya M

    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   106 巻 ( 3 ) 頁: 557 - 61   2017年3月

     詳細を見る

  203. Taking action against malnutrition in Asian healthcare settings: an initiative of a Northeast Asia Study Group. 査読有り

    Higashiguchi T, Arai H, Claytor LH, Kuzuya M, Kotani J, Lee SD, Michel JP, Nogami T, Peng N.

    Asia Pac J Clin Nutr.   26 巻 ( 2 ) 頁: 202-11   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.6133/apjcn.022016.04

  204. Development and validation of a new quality of life scale for patients receiving home-based medical care: The Observational Study of Nagoya Elderly with Home Medical Care. 査読有り

    Kamitani H, Umegaki H, Okamoto K, Kanda S, Asai A, Maeda K, Nomura H, Shimojima T, Suzuki Y, Ohshima H, Kuzuya M.

    Geriatr Gerontol Int.   17 巻 ( 3 ) 頁: 440-8   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1111/ggi.12735

  205. Development and validation of a new quality of life scale for patients receiving home-based medical care: The Observational Study of Nagoya Elderly with Home Medical Care 査読有り

    Kamitani Hiroko, Umegaki Hiroyuki, Okamoto Kazushi, Kanda Shigeru, Asai Atsushi, Maeda Keiko, Nomura Hideki, Shimojima Takuya, Suzuki Yusuke, Ohshima Hiroko, Kuzuya Masafumi

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   17 巻 ( 3 ) 頁: 440 - 448   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.12735

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  206. Randomized double-blind placebo-controlled multicenter trial of Yokukansan for neuropsychiatric symptoms in Alzheimer's disease. 査読有り

    Furukawa K, Tomita N, Uematsu D, Okahara K, Shimada H, Ikeda M, Matsui T, Kozaki K, Fujii M, Ogawa T, Umegaki H, Urakami K, Nomura H, Kobayashi N, Nakanishi A, Washimi Y, Yonezawa H, Takahashi S, Kubota M, Wakutani Y, Ito D, Sasaki T, Matsubara E, Une K, Ishiki A, Yahagi Y, Shoji M, Sato H, Terayama Y, Kuzuya M, Araki N, Kodama M, Yamaguchi T, Arai H.

    Geriatr Gerontol Int.   17 巻 ( 2 ) 頁: 211-8   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  207. Randomized double-blind placebo-controlled multicenter trial of Yokukansan for neuropsychiatric symptoms in Alzheimer's disease 査読有り

    Furukawa Katsutoshi, Tomita Naoki, Uematsu Daisuke, Okahara Kazunori, Shimada Hiroyuki, Ikeda Masaki, Matsui Toshifumi, Kozaki Koichi, Fujii Masahiko, Ogawa Tatsuji, Umegaki Hiroyuki, Urakami Katsuya, Nomura Hiroshi, Kobayashi Naoto, Nakanishi Aki, Washimi Yukihiro, Yonezawa Hisashi, Takahashi Satoshi, Kubota Masaharu, Wakutani Yosuke, Ito Daisuke, Sasaki Takahiro, Matsubara Etsuro, Une Kaori, Ishiki Aiko, Yahagi Yukie, Shoji Mikio, Sato Hiroyasu, Terayama Yasuo, Kuzuya Masafumi, Araki Nobuo, Kodama Manabu, Yamaguchi Takuhiro, Arai Hiroyuki

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   17 巻 ( 2 ) 頁: 211 - 218   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.12696

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  208. Relationship between cardiac autonomic function and cognitive function in Alzheimer's disease. 査読有り

    Nonogaki Z, Umegaki H, Makino T, Suzuki Y, Kuzuya M.

    Geriatr Gerontol Int.   17 巻 ( 1 ) 頁: 92-8   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1111/ggi.12679

  209. Relationship between cardiac autonomic function and cognitive function in Alzheimer's disease 査読有り

    Nonogaki Zen, Umegaki Hiroyuki, Makino Taeko, Suzuki Yusuke, Kuzuya Masafumi

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   17 巻 ( 1 ) 頁: 92 - 98   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.12679

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  210. 高齢糖尿病患者における血糖コントロールの現状 査読有り

    服部 孝二, 梅垣 宏行, 小宮 仁, 渡邊 一久, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌   54 巻 ( 4 ) 頁: 531 - 536   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本老年医学会  

    <p><b>目的:</b>高齢糖尿病患者では重症低血糖を来しやすいという特徴があり,高齢者では重症低血糖が,死亡や心血管疾患,認知症などのリスクになりうると報告されている.こうした背景をもとに日本糖尿病学会と日本老年医学会の合同委員会が設置され,2016年5月に高齢者糖尿病の血糖コントロール目標(以下コントロール目標と略す)が提言された.しかしながら高齢者糖尿病の血糖コントロールの実態に関する報告は少なく,我々はコントロール目標の提言がされる以前の高齢者糖尿病の血糖コントロールの状況について検討した.<b>方法:</b>2015年4月1日から2016年3月31日までに名古屋大学医学部附属病院老年内科に入院した65歳以上の患者を対象に,入院時に糖尿病治療薬を投与されている患者を抽出した.コントロール目標をもとに,入院時に投与されていた糖尿病治療薬と認知機能,BADL,IADLでカテゴリー分けを行い,HbA1cを調べた.<b>結果:</b>期間中の当科入院患者は426例であり,そのうち入院時に糖尿病治療薬を投与されており,HbA1c,従前の認知機能やADLに基づきコントロール目標カテゴリーに分類ができた症例は63例であった.性別は男性35例,年齢は83.1±5.9歳,HbA1cは7.6±1.5%であった.カテゴリー該当数はIが10例(15.9%),IIが12例(19.0%),IIIが41例(65.1%)であり,重症低血糖が危惧される薬剤(以下危惧薬と略す)はカテゴリーIが6例(60.0%),IIが8例(66.7%),IIIが22例(53.7%)で使用されていた.危惧薬使用群ではHbA1cが有意に高値であったが,その他の臨床的特徴とは有意な関連を認めなかった.危惧薬が使用されている場合,33.3%の症例でHbA1cが目標値未満であった.<b>結論:</b>危惧薬の使用と,カテゴリー分類や年齢との間には有意な関連を認めなかった.また危惧薬が使用されている場合,33.3%もの症例でHbA1cが目標値未満であった.高齢糖尿病患者では,特に危惧薬が使用されている際には低血糖に注意が必要であり,投薬内容の見直しなどの配慮が必要である.</p>

    DOI: 10.3143/geriatrics.54.531

    PubMed

    CiNii Article

  211. サルコペニア・フレイルupdate

    石井 好二郎, 葛谷 雅文

    体力科学   66 巻 ( 1 ) 頁: 32 - 32   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本体力医学会  

    DOI: 10.7600/jspfsm.66.32

    CiNii Article

  212. Taking action against malnutrition in Asian healthcare settings: an initiative of a Northeast Asia Study Group 査読有り 国際誌

    Higashiguchi Takashi, Arai Hidenori, Claytor Ling Hui, Kuzuya Masafumi, Kotani Joji, Lee Shyh-Dye, Michel Jean-Pierre, Nogami Tetsushi, Peng Nanhai

    ASIA PACIFIC JOURNAL OF CLINICAL NUTRITION   26 巻 ( 2 ) 頁: 202 - 211   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition  

    DOI: 10.6133/apjcn.022016.04

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  213. フレイルに対する栄養介入

    葛谷 雅文

    日本転倒予防学会誌   3 巻 ( 3 ) 頁: 17 - 20   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本転倒予防学会  

    <p> フレイルの概念は種々存在するが,超高齢社会の日本に求められている,健康寿命の延伸や介護予防を考える時に,deficit accumulation modelと言われる高齢期に起こる様々な障害や疾病などの蓄積をカウントするfrailty index よりもfried らの提唱した障害が発症する前の身体的状態を評価するモデルが適当である。高齢者,特にフレイルの出現するような後期高齢者ではフレイルの概念とは別に,低栄養の問題がクローズアップされてきた。特に過栄養症候群の代表であるメタボリックシンドロームと対極にある高齢期の低栄養は,高齢者の健康に直結する重要な病態であり,特に要介護高齢者の低栄養状態が問題視されて来た。しかし,このフレイルの概念が出てからは,実は低栄養の問題は要介護状態の手前の時期から既に始まっており,フレイルを考えながら早期に評価・介入する重要性が認識されるに至っている。 本項では,フレイルと栄養に関する総論,各論としてフレイルと栄養状態,摂取エネルギーとの関係,栄養素との関係,微量栄養素ならびに脂肪酸との関係,食事種類(内容)などについて記載した。結論的にはフレイル予防や介入にはたんぱく質などの有効な栄養素を十分摂取するという事が重要である。</p>

    DOI: 10.11335/tentouyobou.3.3_17

    CiNii Article

  214. Efficacy of a New Post-Mouthwash Intervention (Wiping Plus Oral Nutritional Supplements) for Preventing Aspiration Pneumonia in Elderly People: A Multicenter, Randomized, Comparative Trial. 査読有り 国際誌

    Higashiguchi T, Ohara H, Kamakura Y, Kikutani T, Kuzuya M, Enoki H, Sanada H, Matsuzaki M, Maruyama M

    Annals of nutrition & metabolism   71 巻 ( 3-4 ) 頁: 253 - 260   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000485044

    PubMed

  215. 9.高齢者医療におけるサルコペニア・フレイルの重要性

    葛谷 雅文

    日本内科学会雑誌   106 巻 ( 3 ) 頁: 557 - 561   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    DOI: 10.2169/naika.106.557

    CiNii Article

  216. 日本における「サルコペニアガイドライン」ならびに「フレイルの定義」

    葛谷 雅文

    体力科学   66 巻 ( 1 ) 頁: 36 - 36   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本体力医学会  

    DOI: 10.7600/jspfsm.66.36

    CiNii Article

  217. Neuropsychological differences in Alzheimer's disease patients with or without type 2 deabetes mellitus. 査読有り

    Yanagawa M, Umegaki H, Makino T, Nakashima H, Kuzuya M.

    Geriatr Gerontol Int.   16 巻 ( 11 ) 頁: 1232-5   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1111/ggi.12703

  218. "Cathepsin S Activity Controls Injury-Related Vascular Repair in Mice via the TLR2-Mediated p38MAPK and PI3K-Akt/p-HDAC6 Signaling Pathway. 査読有り

    Wu H, Cheng XW, Hu L, Takeshita K, Hu C, Du Q, Li X, Zhu E, Huang Z, Yisireyili M, Zhao G, Piao L, Inoue A, Jiang H, Lei Y, Zhang X, Liu S, Dai Q, Kuzuya M, Shi GP, Murohara T.

    Arterioscler Thromb Vasc Biol.   36 巻 ( 8 ) 頁: 1549-57   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1161/ATVBAHA.115.307110

  219. 在宅療養高齢者の栄養状態・摂食状況について 査読有り

    大塚 理加, 齋藤 京子, 葛谷 雅文, 前田 佳予子, 太田 秀樹, 新田 國夫, 大石 善也, 大澤 光司, 佐藤 美穂子, 木村 隆次, 三浦 久幸

    日本在宅栄養管理学会誌   3 巻 ( 1 ) 頁: 3-11   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  220. Risk Factors for the Discontinuation of Home Medical Care aong Low-functioning Older Patients. 査読有り

    Umegaki H, Asai A, Kanda S, Maeda K, Shimojima T, Nomura H, Kuzuya M.

    J Nutr Health Aging.   20 巻 ( 4 ) 頁: 453-7   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1007/s12603-015-0606-9

  221. Effects of leisure activities at home on perceived care burden and the endocrine system of caregivers of dementia patients: a randomized controlled study.

    Hirano A, Umegaki H, Suzuki Y, Hayashi T, Kuzuya M.

    Int Psychogeriatr.   28 巻 ( 2 ) 頁: 261-8   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/S1041610215001295.

  222. Increased expression and activation of cathepsin K in human osteoarthritic cartilage and synovial tissues.

    Kozawa E, Cheng XW, Urakawa H, Arai E, Yamada Y, Kitamura S, Sato K, Kuzuya M, Ishiguro N, Nishida Y.

    J Orthop Res.   34 巻 ( 1 ) 頁: 127-34   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jor.23005.

  223. Changes in Cognitive Functions in the Elderly Living in Temporary Housing after the GreatEast Japan Earthquake.

    Ishiki A, Okinaga S, Tomita N, Kawahara R, Tsuji I, Nagatomi R, Taki Y, Takahashi T, Kuzuya M, Morimoto S, Iijima K, Koseki T, Arai H, Furukawa K.

    PLos One.   11 巻 ( 1 ) 頁: e0147025   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0147025.

  224. Effects of Mild Cognitive Impairment of Fear of Falling in Older Adults:A Prospestive Cohort Study.

    Uemura K, Shimada H, Makizako H, Doi T,Tsutsumimoto K, Lee S, Umegaki H, Kuzuya M, Suzuki Y.

    J Am Med Dir Assoc.   16 巻 ( 12 ) 頁: e9-13   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jamda.2015.09.014.

  225. The prevalence of homebound individuals in the elderly population: a survey in a city area in Japan. 査読有り

    Umegaki H, Yanagawa M, Nakashima H, Makino T, Kuzuya M.

    Nagoya J Med Sci.   77 巻 ( 3 ) 頁: 439-46   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  226. Neuroanatomical correlates of error types on the Clock Drawing Test in Alzheimer's disease patients.

    Nakashima H, Umegaki H, Makino T, Kato K, Abe S, Suzuki Y, Kuzuya M.

    Geriatr Gerontol Int.   16 巻 ( 7 ) 頁: 777-84   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ggi.12550.

  227. Interleukin 18 function in atherosclerosis is mediated by the interleukin 18 receptor and the Na-Cl co-transporter. 査読有り

    Wang J, Sun C, Gerdes N, Liu C, Liao M, Liu J, Shi MA, He A, Zhou Y, Sukhova GK, Chen H, Cheng XW, Kuzuya M, Murohara T, Zhang J, Cheng X, Jiang M, Shull GE, Rogers S, Yang CL, Ke Q, Jelen S, Bindels R, Ellison DH, Jarolim P, Libby P, Shi GP.

    Nat Med   21 巻 ( 7 ) 頁: 820-26   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nm.3890

  228. Intermittent high glucose implements stress-induced senescence in human vascular endothelial cells: role of superoxide production by NADPH oxidase. 査読有り

    Maeda M, Hayashi T, Mizuno N, Hattori Y, Kuzuya M.

    PLoS One   10 巻 ( 4 )   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0123169

  229. PREDICTORS OF DECREASED SKELETAL MUSCLE MASS 査読有り

    Shiraishi N, Suzuki Y. Hirose T, Jeong S, Shimada T, Okada K, Kuzuya M

    J Aging Res Clin Practice   4 巻 ( 2 ) 頁: 74-80   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: org/10.14283/jarcp.2015.52

  230. 在宅療養中の要介護高齢者における栄養摂取方法ならびに食形態と生命予後・入院リスクとの関連 査読有り

    葛谷雅文, 長谷川潤, 榎裕美, 井澤幸子

    日老医誌   52 巻 ( 2 ) 頁: 170-6   2015年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3143/geriatrics.52.170.

  231. Importance of high-density lipoprotein cholesterol levels in elderly diabetic individuals with type IIb dyslipidemia: A 2-year survey of cardiovascular events. 査読有り

    Ina K, Hayashi T, Araki A, Kawashima S, Sone H, Watanabe H, Ohrui T, Yokote K, Takemoto M, Kubota K, Noda M, Noto H, Ding QF, Zhang J, Yu ZY, Yoon BK, Nomura H, Kuzuya M; Japan CDM Group.

    Geriatr Gerontol Int   14 巻 ( 4 ) 頁: 806-10   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ggi.12168

  232. Relationship between small cerebral white matter lesions and cognitive function in patients with Alzheimer's disease and amnestic mild cognitive impairment 査読有り

    Makino T, Umegaki H, Suzuki Y, Yanagawa M, Nonogaki Z, Nakashima H, Kuzuya M

    Geriatr Gerontol Int   14 巻 ( 4 ) 頁: 819-26   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ggi.12176

  233. The role of cysteinyl cathepsins in venous disorders 査読有り

    Cheng XW, Sasaki T, Kuzuya M

    Thromb Haemost   112 巻 ( 1 ) 頁: 216-8   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1160/TH13-10-0889

  234. National survey of the prevalence of swallowing difficulty and tube feeding use as well as implementation of swallowing evaluation in long-term care settings in Japan 査読有り

    Sugiyama M, Takada K, Shinde M, Matsumoto N, Tanaka K, Kiriya Y, Nishimoto E, Kuzuya M

    Geriatr Gerontol Int   14 巻 ( 3 ) 頁: 577-81   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ggi.12137

  235. National survey of the prevalence of swallowing difficulty and tube feeding use as well as implementation of swallowing evaluation in long-term care settings in Japan 査読有り

    Sugiyama M, Takada K, Shinde M, Matsumoto N, Tanaka K, Kiriya Y, Nishimoto E, Kuzuya M

    Geriatr Gerontol Int.   14 巻 ( 3 ) 頁: 577-81   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ggi.12137

  236. Cathepsin K-mediated Notch1 activation contributes to neovascularization in response to hypoxia 査読有り

    Jiang H, Cheng XW, Shi GP, Hu L, Inoue A, Yamamura Y, Wu H, Takeshita K, Li X, Huang Z, Song H, Asai M, Hao CN, Unno K, Koike T, Oshida Y, Okumura K, Murohara T, Kuzuya M

    Nat Commun   5 巻   頁: 3838   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ncomms4838

  237. Factors associated with deterioration of mini nutritional assessment-short form status of nursing home residents during a 2-year period 査読有り

    Izawa S, Enoki H, Hasegawa J, Hirose T, Kuzuya M

    J Nutr Health Aging   18 巻 ( 4 ) 頁: 372-7   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12603-013-0400-5

  238. The effect of additional training on motor outcomes at discharge from recovery phase rehabilitation wards: a survey from multi-center stroke data bank in Japan. 査読有り

    Shiraishi N, Suzuki Y, Matsumoto D, Jeong S, Sugiyama M, Kondo K, Kuzuya M.

    PLoS One.   9 巻 ( 3 ) 頁: e91738   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0091738

  239. Cathepsin k activity controls injury-related vascular repair in mice 査読有り

    Hu L, Cheng XW, Song H, Inoue A, Jiang H, Li X, Shi GP, Kozawa E, Okumura K, Kuzuya M

    Hypertension   63 巻 ( 3 ) 頁: 607-15   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.113.02141

  240. β-Hydroxy-β-methylbutyrate facilitates PI3K/Akt-dependent mammalian target of rapamycin and FoxO1/3a phosphorylations and alleviates tumor necrosis factor α/interferon γ-induced MuRF-1 expression in C2C12 cells 査読有り

    Kimura K, Cheng XW, Inoue A, Hu L, Koike T, Kuzuya M

    Nutr Res   34 巻 ( 4 ) 頁: 368-74   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nutres.2014.02.003

  241. eNOS-dependent antisenscence effect of a calcium channel blocker in human endothelial cells 査読有り

    Hayashi T, Yamaguchi T, Sakakibara Y, Taguchi K, Maeda M, Kuzuya M, Hattori Y

    PLoS One   9 巻 ( 2 ) 頁: e88391   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0088391

  242. Endothelial cellular senescence is inhibited by liver X receptor activation with an additional mechanism for its atheroprotection in diabetes 査読有り

    Hayashi T, Kotani H, Yamaguchi T, Taguchi K, Iida M, Ina K, Maeda M, Kuzuya M, Hattori Y, Ignarro LJ

    Proc Natl Acad Sci U S A   111 巻 ( 3 ) 頁: 1168-73   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1322153111

  243. Accumulation of geriatric conditions is associated with poor nutritional status in dependent older people living in the community and in nursing homes 査読有り

    Hirose T, Hasegawa J, Izawa S, Enoki H, Suzuki Y, Kuzuya M

    Geriatr Gerontol Int   14 巻 ( 1 ) 頁: 198-205   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ggi.12079

  244. Burden reduction of caregivers for users of care services provided by the public long-term care insurance system in Japan. 査読有り

    Umegaki H, Yanagawa M, Nonogaki Z, Nakashima H, Kuzuya M, Endo H.

    Arch Gerontol Geriatr.   58 巻 ( 1 ) 頁: 130-133   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  245. Mechanisms with clinical implications for atrial fibrillation-associated remodeling: cathepsin K expression, regulation, and therapeutic target and biomarker 査読有り

    Fujita M, Cheng XW, Inden Y, Shimano M, Yoshida N, Inoue A, Yamamoto T, Takeshita K, Kyo S, Taguchi N, Shi GP, Kuzuya M, Okumura K, Murohara T

    J Am Heart Assoc   2 巻 ( 6 ) 頁: e000503   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/JAHA.113.000503.

  246. Priorities of health care outcomes for the elderly. 査読有り

    Akishita M, Ishii S, Kojima T, Kozaki K, Kuzuya M, Arai H, Arai H, Eto M, Takahashi R, Endo H, Horie S, Ezawa K, Kawai S, Takehisa Y, Mikami H, Takegawa S, Morita A, Kamata M, Ouchi Y, Toba K.

    J Am Med Dir Assoc   14 巻 ( 7 ) 頁: 479-484   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jamda.2013.01.009

  247. Circulating cathepsin K as a potential novel biomarker of coronary artery disease. 査読有り

    Cheng XW, Kikuchi R, Ishii H, Yoshikawa D, Hu L, Takahashi R, Shibata R, Ikeda N, Kuzuya M, Okumura K, Murohara T.

    Atherosclerosis   228 巻 ( 1 ) 頁: 211-216   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2013.01.004

  248. Matrix metalloproteinase-2 deficiency impairs aortic atherosclerotic calcification in ApoE-deficient mice. 査読有り

    Sasaki T, Nakamura K, Sasada K, Okada S, Cheng XW, Suzuki T, Murohara T, Sato K, Kuzuya M.

    Atherosclerosis   227 巻 ( 1 ) 頁: 43-50   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2012.12.008

  249. Diagnostic criteria for Werner syndrome based on Japanese nationwide epidemiological survey. 査読有り

    Takemoto M, Mori S, Kuzuya M, Yoshimoto S, Shimamoto A, Igarashi M, Tanaka Y, Miki T, Yokote K.

    Geriatr Gerontol Int.   13 巻 ( 2 ) 頁: 475-481   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1447-0594.2012.00913.x

  250. Cognitive dysfunction: an emerging concept of a new diabetic complication in the elderly. 査読有り

    Umegaki H, Hayashi T, Nomura H, Yanagawa M, Nonogaki Z, Nakshima H, Kuzuya M.

    Geriatr Gerontol Int   13 巻 ( 1 ) 頁: 28-34   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1447-0594.2012.00922.x

  251. Cognitive impairments and functional declines in older adults at high risk for care needs. 査読有り

    Umegaki H, Suzuki Y, Yanagawa M, Nonogaki Z, Nakashima H, Kuzuya M, Endo H.

      13 巻 ( 1 ) 頁: 77-82   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1447-0594.2012.00864.x

  252. Slower adaptation to driving simulator and simulator sickness in older adults. 査読有り

    Kawano N, Iwamoto K, Ebe K, Aleksic B, Noda A, Umegaki H, Kuzuya M, Iidaka T, Ozaki N.

    Aging Clin Exp Res   24 巻 ( 3 ) 頁: 285-289   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  253. Day-care service use is a risk factor for long-term care placement in community-dwelling dependent elderly. 査読有り

    Kuzuya M, Izawa S, Enoki H, Hasegawa J.

    Geriatr Gerontol Int.   12 巻 ( 2 ) 頁: 322-329   2012年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1447-0594.2011.00766.x

  254. Role for cysteine protease cathepsins in heart disease: focus on biology and mechanisms with clinical implication. 査読有り

    Cheng XW, Shi GP, Kuzuya M, Sasaki T, Okumura K, Murohara T.

    Circulation.   125 巻 ( 12 ) 頁: 1551-1562   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/CIRCULATIONAHA.111.066712

  255. Process of physical disability among older adults--contribution of frailty in the super-aged society. 招待有り 査読有り

    Kuzuya M.

    Nagoya J Med Sci   74 巻 ( 1-2 ) 頁: 31-37   2012年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  256. Osteoarthritic change is delayed in a Ctsk-knockout mouse model of osteoarthritis. 査読有り

    Kozawa E, Nishida Y, Cheng XW, Urakawa H, Arai E, Futamura N, Shi GP, Kuzuya M, Hu L, Sasaki T, Ishiguro N

    Arthritis Rheum.   64 巻 ( 2 ) 頁: 454-464   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/art.33398.

  257. Cysteine protease cathepsins in atherosclerosis-based vascular disease and its complications. 査読有り

    Cheng XW, Huang Z, Kuzuya M, Okumura K, Murohara T.

    Hypertension   58 巻 ( 6 ) 頁: 978-986   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.111.180935.

  258. Guidelines for non-medical care providers to detect illnesses in elderly evacuees after the 2011 earthquake off the Pacific coast of Tohoku. 査読有り

    Morimoto S, Iijima K, Kuzuya M, Hattori H, Yokono K, Takahashi T.

    J Am Geriatr Soc   59 巻 ( 11 ) 頁: 2189-2191   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1532-5415.2011.03636.x.

  259. Guidelines for non-medical care providers to manage the first steps of emergency triage of elderly evacuees. 査読有り

    Takahashi T, Iijima K, Kuzuya M, Hattori H, Yokono K, Morimoto S.

    Geriatr Gerontol Int.   11 巻 ( 4 ) 頁: 383-394   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1447-0594.2011.00756.x.

  260. Influence of regular exercise on subjective sense of burden and physical symptoms in community-dwelling caregivers of dementia patients: a randomized controlled trial. 査読有り

    Hirano A, Suzuki Y, Kuzuya M, Onishi J, Ban N, Umegaki H.

    Arch Gerontol Geriatr.   53 巻 ( 2 ) 頁: 158-163   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.archger.2010.08.004

  261. Imaging mass spectrometry-based histopathologic examination of atherosclerotic lesions. 査読有り

    Zaima N, Sasaki T, Tanaka H, Cheng XW, Onoue K, Hayasaka T, Goto-Inoue N, Enomoto H, Unno N, Kuzuya M, Setou M.

    Atherosclerosis.   217 巻 ( 2 ) 頁: 427-432   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2011.03.044.

  262. Physical and functional factors in activities of daily living that predict falls in community-dwelling older women. 査読有り

    Aoyama M, Suzuki Y, Onishi J, Kuzuya M.

    Geriatr Gerontol Int.   11 巻 ( 3 ) 頁: 348-357   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1447-0594.2010.00685.x.

  263. Information needs and sources of family caregivers of home elderly patients. 査読有り

    Hirakawa Y, Kuzuya M, Enoki H, Uemura K

    Arch Gerontol Geriatr   52 巻 ( 2 ) 頁: 202-205   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  264. Angiotensin type 1 receptor blocker reduces intimal neovascularization and plaque growth in apolipoprotein e-deficient mice 査読有り

    Cheng XW, Song H, Sasaki T, Hu L, Inoue A, Bando YK, Shi GP, Kuzuya M, Okumura K, Murohara T

    Hypertension   57 巻 ( 5 ) 頁: 981-989   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  265. Impact of caregiver burden on adverse health outcomes in community-dwelling dependent older care recipients. 査読有り

    Kuzuya M, Enoki H, Hasegawa J, Izawa S, Hirakawa Y, Shimokata H, Iguchi A

    Am J Geriatr Psychiatry   19 巻 ( 4 ) 頁: 382-391   2011年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  266. Impact of informal care levels on discontinuation of living at home in community-dwelling dependent elderly using various community-based services 査読有り

    Kuzuya M, Hasegawa J, Hirakawa Y, Enoki H, Izawa S, Hirose T, Iguchi A.

    Arch Gerontol Geriatr.   52 巻 ( 2 ) 頁: 127-132   2011年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  267. Inhibition of mineralocorticoid receptor is a renoprotective effect of the 3-hydroxy-3-methylglutaryl-coenzyme A reductase inhibitor pitavastatin. 査読有り

    Cheng XW, Kuzuya M, Sasaki T, Inoue A, Hu L, Song H, Huang Z, Li P, Takeshita K, Hirashiki A, Sato K, Shi GP, Okumura K, Murohara T

    J Hypertens   29 巻 ( 3 ) 頁: 542-552   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  268. Survey on geriatricians' experiences of adverse drug reactions caused by potentially inappropriate medications: commission report of the Japan Geriatrics Society. 査読有り

    Akishita M, Arai H, Arai H, Inamatsu T, Kuzuya M, Suzuki Y, Teramoto S, Mizukami K, Morimoto S, Toba K

    Geriatr Gerontol Int   10 巻 ( 1 ) 頁: 77-81   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  269. Depressive symptoms of informal caregivers are associated with those of community-dwelling dependent care recipients 査読有り

    Izawa S, Hasegawa J, Enoki H, Iguch A, Kuzuya M

    Int Psychogeriatr.   22 巻 ( 8 ) 頁: 1310-1317   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  270. Matrix Metalloproteinase-2 (MMP-2) Regulates the Expression of Tissue Inhibitor of MMP-2 (TIMP-2) 査読有り

    Kimura K, Cheng XW, Nakamura K, Inoue A, Hu L, Song H, Okumura K, Iguchi A, Murohara T, Kuzuya M

    Clin Exp Pharmacol Physiol.   37 巻 ( 11 ) 頁: 1096-1101   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  271. 在宅療養要介護高齢者の介護環境ならびに生命予後、入院、介護施設入所リスクの性差 査読有り

    葛谷雅文、長谷川潤、榎裕美、井澤幸子、平川仁尚、広瀬貴久、井口昭久

    日本老年医学会誌   47 巻 ( 5 ) 頁: 461-467   2010年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  272. Exercise training stimulates ischemia-induced neovascularization via phosphatidylinositol 3-kinase/Akt-dependent hypoxia-induced factor-1 alpha reactivation in mice of advanced age 査読有り

    Cheng XW, Kuzuya M, Kim W, Song H, Hu L, Inoue A, Nakamura K, Di Q, Sasaki T, Tsuzuki M, Shi GP, Okumura K, Murohara T

    Circulation   122 巻 ( 7 ) 頁: 707-716   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  273. Ca2+ channel blocker benidipine promotes coronary angiogenesis and reduces both left ventricular diastolic stiffness and mortality in hypertensive rats. 査読有り

    Nishizawa T, Cheng XW, Jin Z, Obata K, Nagata K, Hirashiki A, Sasaki T, Noda A, Takeshita K, Izawa H, Shi GP, Kuzuya M, Okumura K, Murohara T

    J Hypertens   28 巻 ( 7 ) 頁: 1515-1526   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  274. Blockade Attenuates Atherosclerotic Plaque Destabilization Accompanied by the Suppression of Cathepsin S Activity in ApoE-Deficient Mice 査読有り

    Sasaki T, Kuzuya M, Nakamura K, Cheng XW, Hayashi T, Song H, Hu L, Okumura K, Murohara T, Iguchi A, Sato K

    Atherosclerosis   210 巻 ( 2 ) 頁: 430-437   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  275. Factors associated with nonadherence to medication of community-dwelling disabled elderly in Japan 査読有り

    Kuzuya M, Enoki H, Izawa S, Hasegawa J, Yusuke S, Iguchi A

    J Am Geriatr Soc   58 巻 ( 5 ) 頁: 1007-1009   2010年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  276. Association between the caregiver's burden and physical activity in community-dwelling caregivers of dementia patients. 査読有り

    Hirano A, Suzuki Y, Kuzuya M, Onishi J, Hasegawa J, Ban N, Umegaki H

    Arch Gerontol Geriatr   52 巻 ( 3 ) 頁: 295-298   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  277. Factors influencing death at home in terminally ill cancer patients 査読有り

    Nakamura S, Kuzuya M, Funaki Y, Matsui W, Ishiguro N

    Geriatr Gerontol Int   10 巻 ( 2 ) 頁: 154-160   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  278. *The longitudinal change in anthropometric measurements and the association with physical function decline in Japanese community-dwelling frail elderly. 査読有り

    Izawa S, Enoki H, Hirakawa Y, Iwata M, Hasegawa J, Iguchi A, Kuzuya M.

    Br J Nutr.   103 巻 ( 2 ) 頁: 1-6   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  279. Association between masticatory performance and anthropometric measurements and nutritional status in the elderly. 査読有り

    Okada K, Enoki H, Izawa S, Iguchi A, Kuzuya M

    Geriatr Gerontol Int.   10 巻 ( 1 ) 頁: 56-63   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  280. Urinary incontinence and behavioral symptoms are independent risk factors for recurrent and injurious falls, respectively, among residents in long-term care facilities. 査読有り

    Hasegawa J, Kuzuya M, Iguchi A

    Arch Gerontol Geriatr   50 巻 ( 1 ) 頁: 77-81   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  281. 薬物有害作用を避ける工夫 アドヒアランスと服薬支援 招待有り

    月刊レジデント   2 巻 ( 12 ) 頁: 29-33   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  282. Statin prevents plaque disruption in apoE-knockout mouse model through pleiotropic effect on acute inflammation. 査読有り

    Nakamura K, Sasaki T, Cheng XW, Iguchi A, Sato K, Kuzuya M.

    Atherosclerosis   206 巻 ( 2 ) 頁: 355-361   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  283. 高齢者の栄養状態の判定法 招待有り

    高齢者診療マニュアル/日本医師会雑誌   138 巻 ( 2 ) 頁: S68-S70   2009年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  284. Long-term administration of nifedipine attenuates cardiac remodeling and diastolic heart failure in hypertensive rats. 査読有り

    Yamada T, Nagata K, Cheng XW, Obata K, Saka M, Miyachi M, Naruse K, Nishizawa T, Noda A, Izawa H, Kuzuya M, Okumura K, Murohara T, Yokota M.

    Eur J Pharmacol   615 巻 ( 1-3 ) 頁: 163-170   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  285. Mechanism of Diastolic Stiffening of the Failing Myocardium and Its Prevention by Angiotensin Receptor and Calcium Channel Blockers. 査読有り

    Cheng XW, Okumura K, Kuzuya M, Jin Z, Nagata K, Obata K, Inoue A, Hirashiki A, Takeshita K, Unno K, Harada K, Shi GP, Yokota M, Murohara T.

    J Cardiovasc Pharmacol.   54 巻 ( 1 ) 頁: 47-56   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  286. 老年医学におけるSarcopenia & Frailtyの重要性 招待有り

    日本老年医学会雑誌   46 巻 ( 4 ) 頁: 279-285   2009年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  287. Opinion survey of nursing or caring staff at long-term care facilities about end-of-life care provision and staff education. 査読有り

    Hirakawa, Y; Kuzuya, M; Uemura, K.

    Arch Gerontol Geriatr.   49 巻 ( 1 ) 頁: 43-48   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  288. 老年病専門医の副作用経験と処方態度に関するNHK との共同アンケート調査(高齢者薬物療法のガイドライン作成のためのワーキンググループ委員会報告) 査読有り

    秋下雅弘、荒井啓行、荒井秀典、稲松孝思、葛谷雅文、鈴木裕介、寺本信嗣。水上勝義、森本茂人、鳥羽研二

    日老医誌   46 巻 ( 3 ) 頁: 271―274   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  289. 高齢者の維持・栄養輸液と経腸栄養 注意点、具体的メニュー、コンサルトを受けた具体例と対処法 招待有り

    綜合臨床   58 巻 ( 巻増刊 ) 頁: 1101-1104   2009年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  290. 【高齢者の終末期をめぐる諸問題】 高齢者の終末期における栄養管理 招待有り

    Geriatric Medicine   47 巻 ( 4 ) 頁: 505-507   2009年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  291. Increased caregiver burden associated with hearing impairment but not vision impairment in disabled community-dwelling older people in Japan. 査読有り

    Kuzuya M, Hirakawa Y.

    J Am Geriatr Soc.   57 巻 ( 2 ) 頁: 357-358   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  292. 高齢者の安全な薬物療法 カルシウム拮抗剤で著しい全身浮腫を起こした症例 招待有り

    Geriatric Medicine   47 巻 ( 2 ) 頁: 235-237   2009年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  293. 高齢者の終末期ケアに関する教育内容について 査読有り

    平川仁尚, 葛谷雅文, 植村和正

    医学教育   40 巻 ( 1 ) 頁: 61-64   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  294. プロが伝える高齢者診療のコツ "食べない老人"への対応 招待有り

    日本老年医学会雑誌   46 巻 ( 1 ) 頁: 15-17   2009年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  295. Raised homocysteine and low folate and vitamin B-12 concentrations predict cognitive decline in community-dwelling older Japanese adults. 査読有り

    Koike T, Kuzuya M, Kanda S, Okada K, Izawa S, Enoki H, Iguchi A.

    Clin Nutr   27 巻 ( 6 ) 頁: 865-871   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  296. リビングウィルに関する患者・家族向け啓発パンフレットの作成 大学医学部附属病院老年科病棟における試み 査読有り

    平川仁尚, 植村和正, 加藤利章, 葛谷雅文

    ホスピスケアと在宅ケア   16 巻 ( 3 ) 頁: 209-212   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  297. 日本の終末期ケアおよび老年医学に関する教科書の内容 高齢者の終末期のケアに関する内容分析 査読有り

    平川仁尚, 葛谷雅文, 植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   16 巻 ( 3 ) 頁: 213-217   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  298. Absence of outcome difference in elderly patients with and without dementia after acute myocardial infarction. 査読有り

    Kimata T, Hirakawa Y, Uemura K, Kuzuya M.

    Int Heart J.   49 巻 ( 5 ) 頁: 533-543   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  299. Superoxide-dependent cathepsin activation is associated with hypertensive myocardial remodeling and represents a target for angiotensin II type 1 receptor blocker treatment. 査読有り

    Cheng XW, Murohara T, Kuzuya M, Izawa H, Sasaki T, Obata K, Nagata K, Nishizawa T, Kobayashi M, Yamada T, Kim W, Sato K, Shi GP, Okumura K, Yokota M.

    Am J Pathol   173 巻 ( 2 ) 頁: 358-369   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  300. 高齢者介護施設における終末期ケアの実施および施設長向け教育に関する課題 査読有り

    平川仁尚, 植村和正, 葛谷雅文.

    医学教育   39 巻 ( 4 ) 頁: 245-250   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  301. White matter lesions as a feature of cognitive impairment, low vitality and other symptoms of geriatric syndrome in the elderly. 査読有り

    Sonohara K, Kozaki K, Akishita M, Nagai K, Hasegawa H, Kuzuya M, Yokote K, Toba K.

    Geriatr Gerontol Int   8 巻 ( 2 ) 頁: 93-100   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  302. *Glutathione peroxidase 1 Pro198Leu variant contributes to the metabolic syndrome in men in a large Japanese cohort. 査読有り

    Kuzuya M, Ando F, Iguchi A, Shimokata H.

    Am J Clin Nutr   87 巻 ( 6 ) 頁: 1939-1944   2008年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    There has been much interest in the role of oxidative stress in the pathogenesis of metabolic syndrome (MetS). Cellular antioxidant enzymes such as glutathione peroxidase 1 (GPX1) play a central role in the control of reactive oxygen species. We examined whether GPX1 polymorphism (Pro198Leu) is associated with MetS as well as with each component of MetS. A cross-sectional analysis of randomly selected, community-dwelling, middle-aged and older Japanese aged 40-70yr (men, 1128; women, 1105). The genotype frequencies for the GPX1 Pro198Leu polymorphism were CC: 0.846, CT:0.151 and TT:0.003 among this cohort. The CT/TT genotypes showed a significantly higher waist-hip-ratio, triglyceride levels, HOMA-&#61538;, and systolic/diastolic blood pressure in men compared with CC genotype, as well as higher insulin in both genders and higher body fat mass and HOMA-IR only in women. The CT/TT genotypes showed significant association with higher prevalence of MetS as defined by two commonly used criteria in men:International Diabetes Federation and modified-National Cholesterol Education Program, but not in women. The CT/TT genotypes showed a higher prevalence of central obesity and hypertriglyceridemia in men but not in women, although there were no differences in other components of MetS between the CC and CT/TT genotypes in both genders.

  303. Caregiver burden among Japanese informal caregivers of cognitively impaired elderly in community settings. 査読有り

    Hirakawa Y, Kuzuya M, Enoki H, Hasegawa J, Iguch A.

    Arch Gerontol Geriatr   46 巻 ( 3 ) 頁: 367-374   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  304. *Association between unmet needs for medication support and all-cause hospitalization in community-dwelling disabled elderly people. 査読有り

    Kuzuya M, Hirakawa Y, Suzuki Y, Iwata M, Enoki H, Hasegawa J, Iguchi A.

    J Am Geriatr Soc.   56 巻 ( 5 ) 頁: 881-886   2008年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    To clarify the association between unmet medication management need and 3-year mortality and hospitalization for community-dwelling older people with various levels of disabilities, prospective study of 1772 community-dwelling elderly subjects was conducted. Among 1772 participants, 681 reported no difficulty with self-medication management and 1091 experienced difficulty with self-medication. Among participants with self-medication management difficulty, 929 had medication assistance and 162 did not. During a 3-year follow up, 424 participants died and 758 participants experienced admission to hospitals among 1772 participants. The comparison of baseline data between participants receiving medication management assistance and not receiving the assistance demonstrated that younger age, better ADL status, and lower comorbidities were observed in participants not receiving medication assistance. Multivariate Cox regression models adjusting for potential confounders showed that the lack of assistance among those who needed medication assistance was associated with hospitalization but not mortality during the study period. In the community-dwelling disabled elderly, lack of medication assistance among those needing medication support was associated with higher risk of hospitalization.

  305. 高齢者の整容・美容ケアに関する看護・介護職員の意識 査読有り

    平川仁尚, 葛谷雅文, 加藤利章, 植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   16 巻 ( 1 ) 頁: 10-15   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  306. Influence of diabetes mellitus on caregiver burden in home care: a report based on the Nagoya Longitudinal Study of the Frail Elderly (NLS-FE). 査読有り

    Hirakawa Y, Kuzuya M, Masuda Y, Enoki H, Iguchi A.

    Geriatr Gerontol Int   8 巻 ( 1 ) 頁: 41-47   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  307. Matrix metalloproteinase-2-/-骨髄由来細胞の動脈硬化形成に与える影響. 査読有り

    丹羽民和, 和田久泰, 葛谷雅文, 清島満.

    岐阜医療科学大学紀要   1881-9168 巻 ( 2 ) 頁: 7-13   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  308. J-shaped relationship between resting pulse rate and all-cause mortality in community-dwelling older people with disabilities. 査読有り

    Kuzuya M, Enoki H, Iwata M, Hasegawa J, Hirakawa Y.

    J Am Geriatr Soc   56 巻 ( 2 ) 頁: 367-368   2008年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  309. 高齢者熱中症の特徴に関する検討 査読有り

    岩田充永、梅垣宏行、葛谷雅文、北川喜己

    日老医誌   45 巻   頁: 330-334   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  310. 介護老人保健施設1施設における看護・介護職員の終末期ケアに関する意識と死生観. 査読有り

    平川仁尚, 葛谷雅文, 加藤利章, 植村和正

    ホスピスケアと在宅ケア   16 巻 ( 1 ) 頁: 16-21   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  311. Angiogenic activity of bFGF and VEGF suppressed by proteolytic cleavage by neutrophil elastase. 査読有り

    Ai S, Cheng XW, Inoue A, Nakamura K, Okumura K, Iguchi A, Murohara T, Kuzuya M.

    Biochem Biophys Res Commun.   354 巻 ( 2 ) 頁: 395-401   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  312. Lack of body weight measurement is associated with mortality and hospitalization in community-dwelling frail elderly. 査読有り

    Izawa S, Enoki H, Hirakawa Y, Masuda Y, Iwata M, Hasegawa J, Iguchi A, Kuzuya M.

    Clin Nutr.   26 巻 ( 6 ) 頁: 764-770   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  313. 高齢者の栄養管理 そのポイントとup to date 招待有り

    葛谷雅文

    静脈経腸栄養   22 巻 ( 4 ) 頁: 433-437   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  314. No association between rs7566605 variant and being overweight in Japanese. 査読有り

    Kuzuya M, Ando F, Iguchi A, Shimokata H.

    Obesity (Silver Spring).   15 巻 ( 11 ) 頁: 2531-2534   2007年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  315. Association between feeding via percutaneous endoscopic gastrostomy and low level of caregiver burden. 査読有り

    Enoki H, Hirakawa Y, Masuda Y, Iwata M, Hasegawa J, Izawa S, Iguchi A, Kuzuya M.

    J Am Geriatr Soc.   55 巻 ( 9 ) 頁: 1486-1486   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  316. Anthropometric measurements of mid-upper arm as a mortality predictor for community-dwelling Japanese elderly: the Nagoya Longitudinal Study of Frail Elderly (NLS-FE). 査読有り

    Enoki H, Kuzuya M, Masuda Y, Hirakawa Y, Iwata M, Hasegawa J, Izawa S, Iguchi A.

    Clin Nutr.   26 巻 ( 5 ) 頁: 597-604   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  317. 認知症診療に対する態度に関する医師会会員へのアンケート調査—地域における認知症診療の診療体制の確立のためにー 査読有り

    梅垣宏行、鈴木裕介、葛谷雅文、井口昭久

    日本老年医学会雑誌   44 巻   頁: 102-106   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  318. Impact of gender on in-hospital mortality of patients with acute myocardial infarction undergoing percutaneous coronary intervention: an evaluation of the TAMIS-II data. 査読有り

    Hirakawa Y, Masuda Y, Kuzuya M, Iguchi A, Kimata T, Uemura K.

    Intern Med.   46 巻 ( 7 ) 頁: 363-366   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  319. Mechanisms underlying the impairment of ischemia-induced neovascularization in matrix metalloproteinase 2-deficient mice. 査読有り

    Cheng XW, Kuzuya M, Nakamura K, Maeda K, Tsuzuki M, Kim W, Sasaki T, Liu Z, Inoue N, Kondo T, Jin H, Numaguchi Y, Okumura K, Yokota M, Iguchi A, Murohara T.

    Circ Res   100 巻   頁: 904-913   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  320. *Is serum albumin a good marker for malnutrition in the physically impaired elderly ? 査読有り

    Kuzuya M, Izawa S, Enoki E, Okada K, Iguchi A

    Clin Nutr   26 巻   頁: 84-90   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  321. Influence of diabetes mellitus on in-hospital mortality in patients with acute myocardial infarction in Japan: A report from TAMIS-II. 査読有り

    Hirakawa Y, Masuda Y, Kuzuya M, Iguchi A, Kimata T, Uemura K

    Diabetes Res Clin Pract   75 巻   頁: 59-64   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  322. Age-specific change of prevalence of metabolic syndrome: Longitudinal observation of large Japanese cohort. 査読有り

    Kuzuya M, Ando F, Iguchi A, Shimokata H

    Atherosclerosis   191 巻   頁: 305-312   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  323. Plaque rupture model in mice. 査読有り

    Sasaki T, Nakamura K, Kuzuya M.

    Methods Mol Med   139 巻   頁: 67-75   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  324. メタボリックシンドローム有病率の加齢変化と過去16年間の有病率の動向. 招待有り

    葛谷雅文、安藤富士子、井口昭久、下方浩史

    内分泌・糖尿病科   24 巻 ( 5 ) 頁: 522-528   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  325. 高齢者の低栄養状態とその対策 招待有り

    葛谷雅文

    日本薬剤師会雑誌   59 巻 ( 10 ) 頁: 1467-1471   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  326. コンプライアンス低下の要因と解決策 招待有り

    葛谷雅文

    Geriatric Medicine   45 巻   頁: 1415-1418   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  327. 高齢者の栄養をどうとらえるか 招待有り

    葛谷雅文

    日本医事新報   4338 巻   頁: 63-69   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  328. 病院内倫理委員会の現状に関する調査 査読有り

    平川仁尚、葛谷雅文、植村和正

    日本老年医学会雑誌   44 巻   頁: 767-769   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  329. 療養型病床群1施設における心肺蘇生および急性期病院への転送に関する家族の希望 査読有り

    平川仁尚、益田雄一郎、葛谷雅文、井口昭久、植村和正

    日本老年医学会雑誌   44 巻   頁: 497-502   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  330. 認知症における白質病変と精神運動速度の関連 招待有り 査読有り

    葛谷雅文、鈴木裕介、長谷川潤、井口昭久

    日本老年医学会誌   44 巻   頁: 328-330   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  331. 終末期医療・看護に関する授業と医学生の死生観との関係 査読有り

    平川仁尚、益田雄一郎、葛谷雅文、井口昭久、植村和正

    日本老年医学会雑誌   44 巻   頁: 247-250   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  332. 訪問看護サービス利用者の身体計測指標と生命予後について the Nagoya Longitudinal Study of Frail Elderly (NLS-FE) より 査読有り

    榎裕美、葛谷雅文、益田雄一郎、平川仁尚、岩田充永、井澤幸子、長谷川潤、井口昭久

    日本老年医学会雑誌   44 巻   頁: 212-218   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  333. 在宅要介護高齢者における栄養指導ADLとの関連 招待有り

    榎裕美、加藤昌彦、葛谷雅文、井澤幸子、岡田希和子、井口昭久

    栄養と評価   22 巻   頁: 607-610   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  334. Prognostic value of serum albumin combined with serum C-reactive protein levels in older hospitalized patients: continuing importance of serum albumin. 査読有り

    Iwata M, Kuzuya M, Kitagawa Y, Iguchi A.

    Aging Clin Exp Res   18 巻   頁: 307-311   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  335. An elastic cathepsin induction/activation system exists in myocardium and is upregulated in hypertensive heart failure. 査読有り

    Cheng XW, Obata K, Kuzuya M, Izawa H, Nakamura K, Asai E, Nagasaka T, Saka M, Kimata T, Nagata K, Jin H, Shi GP, Iguchi A, Murohara T, Yokota M.

    Hypertension   48 巻   頁: 979-987   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  336. *Day-care service use is associated with lower mortality among community-dwelling frail elderly. 査読有り

    Kuzuya M, Masuda Y, Hirakawa Y, Iwata M, Enoki H, Hasegawa J, Iguchi A

    J Am Geriatr Soc   54 巻   頁: 1364-1371   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  337. Japanese patients with acute myocardial infarction who present without chest pain. 査読有り

    Hirakawa Y, Masuda Y, Kuzuya M, Iguchi A, Uemura K.

    Int Heart J.   47 巻   頁: 483-490   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  338. Preproghrelin Leu72Met variant contributes to overweight in middle-aged men of a Japanese large cohort. 査読有り

    Kuzuya M, Ando F, Iguchi A, Shimokata H

    Int J Obes (Lond).   30 巻   頁: 1609-1614   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  339. The nutritional status of frail elderly with care needs according to the mini-nutritional assessment. 査読有り

    Izawa S, Kuzuya M, Okada K, Enoki H, Koike T, Kanda S, Iguchi A

    Clin Nutr   25 巻   頁: 962-967   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  340. Falls of the elderly are associated with burden of caregivers in community. 査読有り

    Kuzuya M, Masuda Y, Hirakawa Y, Iwata M, Enoki H, Hasegawa J, Izawa S, Iguchi A

    Int J Geriatr Psychiatry   21 巻   頁: 740-745   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  341. Effect of smoking habit on age-related changes in serum lipids: A cross-sectional and longitudinal analysis in a large Japanese cohort. 査読有り

    Kuzuya M, Ando F, Iguchi A, Shimokata H

    Atherosclerosis   185 巻   頁: 183-190   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  342. Differences in in-hospital mortality between men and women with acute myocardial infarction undergoing percutaneous coronary intervention (PCI) in Japan: Tokai Acute Myocardial Infarction Study (TAMIS). 査読有り

    Hirakawa Y, Masuda Y, Uemura K, Kuzuya M, Kimata T, Iguchi A.

    Am Heart J   151 巻   頁: 1271-1275   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  343. Age differences in the delivery of cardiac management to women versus men with acute myocardial infarction: an evaluation of the TAMIS-II data. 査読有り

    Hirakawa Y, Masuda Y, Kuzuya M, Iguchi A, Kimata T, Uemura K.

    Int Heart J   47 巻   頁: 209-217   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  344. Comparison of medical treatments for the dying in a hospice and a geriatric hospital in Japan. 査読有り

    Masuda Y, Noguchi H, Kuzuya M, Inoue A, Hirakawa Y, Iguchi A, Uemura K

    J Palliat Med   9 巻   頁: 152-160   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  345. Underuse of medications for chronic diseases in the oldest of community-dwelling older frail Japanese. 査読有り

    Kuzuya M, Masuda Y, Hirakawa Y, Iwata M, Enoki H, Hasegawa J, Cheng XW, Iguchi A

    J Am Geriatr Soc   54 巻   頁: 598-605   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  346. A simple method of plaque rupture induction in ApoE-deficient mice. 査読有り

    Sasaki T, Kuzuya M, Nakamura K, Cheng XW, Shibata T, Sato K, Iguchi A

    Arterioscler Thromb Vasc Biol   26 巻   頁: 1304-1309   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  347. Effect of MMP-2 deficiency on atherosclerotic lesion formation in ApoE-deficient mice. 査読有り

    Kuzuya M, Nakamura K, Sasaki T, Cheng XW, Itohara S, Iguchi A

    Arterioscler Thromb Vasc Biol   26 巻   頁: 1120-1125   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  348. Underappreciated predictors for postdischarge mortality in acute hospitalized oldest-old patients. 査読有り

    Iwata M, Kuzuya M, Kitagawa Y, Suzuki Y, Iguchi A

    Gerontology   52 巻   頁: 92-98   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  349. Localization of cysteine protease, cathepsin S, to the surface of vascular smooth muscle cells by association with integrin alphavbeta3. 査読有り

    Cheng XW, Kuzuya M, Nakamura K, Di Q, Liu Z, Sasaki T, Kanda S, Jin H, Shi GP, Murohara T, Yokota M, Iguchi A

    Am J Pathol   168 巻   頁: 685-694   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  350. End-of-life care at group homes for patients with dementia in Japan Findings from an analysis of policy-related differences. 査読有り

    Hirakawa Y, Masuda Y, Uemura K, Kuzuya M, Kimata T, Iguchi A

    Arch Gerontol Geriatr   42 巻   頁: 233-245   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  351. 高齢重度認知症患者および高齢進行癌患者の在宅終末期ケアに関する研究~「高齢者の在宅終末期ケアに関する前向き研究」から~ 査読有り

    平川仁尚、益田雄一郎、葛谷雅文、井口昭久、旭多貴子、植村和正

    日本老年医学会雑誌   43 巻   頁: 355-360   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  352. 在宅要介護高齢者の「うつ」発症頻度ならびにその関連因子 査読有り

    葛谷雅文、益田雄一郎、平川仁尚、岩田充永、榎裕美、長谷川潤、井口昭久

    日本老年医学会雑誌   43 巻   頁: 512-517   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  353. Effects of home massage rehabilitation therapy for the bed-ridden elderly: a pilot trial with a three month follow-up. 査読有り

    Hirakawa Y, Masuda Y, Kimata T, Uemura K, Kuzuya M, Iguchi A.

    Clinical Rehabilitation   18 巻   頁: 1-8   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  354. Age-related differences in the delivery of cardiac management to women versus men with acute myocardial infarction in Japan: Tokai Acute Myocardial Infarction Study: TAMIS. 査読有り

    Hirakawa Y, Masuda Y, Uemura K, Kuzuya M, Kimata T, Iguchi A

    Int Heart J   46 巻   頁: 939-948   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  355. 癌告知および脳死・臓器移植に関する名古屋大学医学部5年生の意識調査 査読有り

    平川仁尚, 益田雄一郎, 植村和正, 葛谷雅文, 木股貴哉, 井口昭久

    医学教育   36 巻   頁: 187-192   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  356. 全国の医学科・看護科における終末期医療・看護教育の実態調査 査読有り

    平川仁尚、益田雄一郎、上村和正、葛谷雅文、野口美和子、木俣貴哉、井口昭久

    日老医誌   42 巻   頁: 540-545   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  357. 高齢者医療の現場における低栄養ならびに栄養管理に認知度の調査 招待有り 査読有り

    葛谷雅文、大西丈二、井口昭久

    日本臨床栄養学会誌   26 巻   頁: 235-238   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  358. Mechanisms of the inhibitory effect of epigallocatechin-3-gallate on cultured human vascular smooth muscle cell invasion. 査読有り

    Cheng XW, Kuzuya M, Nakamura K, Liu Z, Di Q, Hasegawa J, Iwata M, Murohara T, Yokota M, Iguchi A.

    Arterioscler Thromb Vasc Biol.   25 巻   頁: 1864-1870   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  359. Lack of correlation between total lymphocyte count and nutritional status in the elderly. 査読有り

    Kuzuya M, Kanda S, Koike T, Suzuki Y, Iguchi A.

    Clin Nutr.   24 巻   頁: 427-432   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  360. Evaluation of Mini-Nutritional Assessment for Japanese frail elderly. 査読有り

    Kuzuya M, Kanda S, Koike T, Suzuki Y, Satake S, Iguchi A

    Nutrition   21 巻   頁: 498-503   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  361. Effect of long-term care insurance on communication/recording tasks for in-home nursing care services. 査読有り

    Hirakawa Y, Masuda Y, Uemura K, Kuzuya M, Iguchi A.

    Archives of Gerontology and Geriatrics   38 巻   頁: 101-113   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  362. 大学病院における老年医学専門医の役割ならびに問題点 招待有り 査読有り

    葛谷雅文

    日老医誌   41 巻   頁: 378-380   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  363. 緩和医療の行われていない療養型病床群2施設における痴呆性高齢者の終末期医療に関する研究 査読有り

    平川仁尚、益田雄一郎、木股貴哉、植村和正、葛谷雅文、井口昭久

    日老医誌   41 巻 ( 1 ) 頁: 99-104   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  364. Prevention of late complications by half-solid enteral nutrients in percutaneous endoscopic gastrostomy tube feeding. 査読有り

    Kanie J, Suzuki Y, Akatsu H, Kuzuya M, Iguchi A.

    Gerontology   50 巻 ( 6 ) 頁: 417-419   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  365. Increased expression of elastolytic cysteine proteases, cathepsins S and K, in the neointima of balloon-injured rat carotid arteries. 査読有り

    Cheng XW, Kuzuya M, Sasaki T, Arakawa K, Kanda S, Sumi D, Koike T, Maeda K, Tamaya-Mori N, Shi GP, Saito N, Iguchi A.

    Am J Pathol   164 巻   頁: 243-251   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  366. Patient Transfer from Health Care Facility for the Elderly to Emergency Department: Prospective Observational Study at the Emergency Department in Japan. 査読有り

    Iwata M, Kuzuya M, Kitagawa Y, Ohmiya T, Iguchi A.

    Geriatrics and Gerontology International   3 巻 ( 4 ) 頁: 250-255   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  367. Long-term prognosis and satisfaction after percutaneous endoscopic gastrostomy in a general hospital. 査読有り

    Onishi J, Masuda Y, Kuzuya M, Ichikawa M, Hashizume M, Iguchi A

    Geriatrics and Gerontology International   4 巻   頁: 127-131   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  368. Green Tea Catechins Inhibit Neointimal Hyperplasia in a Rat Carotid Arterial Injury Model by TIMP-2 Overexpression. 査読有り

    Cheng XW, Kuzuya M, Sasaki T, Kanda S, Tamaya-Mori N, Koike T, Maeda K, Nishitani E, Iguchi A.

    Cardiovasc Res   62 巻 ( 3 ) 頁: 594-602   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  369. Neutrophil elastase in pressure ulcer fluid degrades fibronectin in the exudates. 査読有り

    Shingo Ai, Masafumi Kuzuya, Akihisa Iguchi.

    Geriatrics and Gerontology International   4 巻   頁: 141-145   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  370. Pitavastatin, a 3-Hydroxy-3-methylglutaryl-coenzyme A Reductase Inhibitor, Blocks Vascular Smooth Muscle Cell Populated-Collagen Lattice Contraction. 査読有り

    Kuzuya M, Cheng XW , Sasaki T, Tamaya-Mori N, Iguchi A.

    J Cardiovasc Pharmacol.   43 巻 ( 6 ) 頁: 808-814   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  371. Effects of disease, disability, and living environment on depressive mood in elderly inpatients using factor analysis of the Geriatric Depression Scale (GDS)-15 査読有り

    Onishi J, Umegaki H, Suzuki Y, Uemura K, Kuzuya M, Iguchi A.

    J Geriatr Psychiatry Neurol.   17 巻 ( 2 ) 頁: 93-98   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  372. Cognitive function in Japanese elderly with type 2 diabetes mellitus. 査読有り

    Mogi N, Umegaki H, Hattori A, Maeda N, Miura H, Kuzuya M, Shimokata H, Ando F, Ito H, Iguchi A.

    J Diabetes Complications   18 巻 ( 1 ) 頁: 42-46   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  373. A novel model of occlusive thrombus formation in mice. 査読有り

    Sasaki T, Kuzuya M, Cheng XW, Nakamura K, Tamaya-Mori N, Maeda K, Kanda S, Koike T, Sato K, Iguchi A.

    Lab Invest   84 巻 ( 11 ) 頁: 1526-1532   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  374. Survival rate after percutaneous endoscopic gastrostomy in a long-term care hospital. 査読有り

    Onishi J, Kuzuya M, Sakaguchi H.

    Clin Nutr   23 巻   頁: 1248-1249   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  375. Deficiency of the cysteine protease cathepsin S impairs microvessel growth. 査読有り

    Shi G-P, Sukhova GK, Kuzuya M, Ye Q, Du J, Zhang Y, Pan J-H, Lu M, Cheng XW, Iguchi A, Perrey S, Lee AM-E, Libby P.

    Circ Res   92 巻   頁: 493-500   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  376. Green Tea Catechins Inhibit the Cultured Smooth Muscle Cell Invasion Through the Basement Barrier. 査読有り

    Maeda K, Kuzuya M, Cheng XW, Asai T, Kanda S, Tamaya-Mori N, Sasaki T, Shibata T, Iguchi A

    Atherosclerosis   166 巻 ( 1 ) 頁: 23-30   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  377. Atorvastatin, 3-hydroxy-3-methylglutaryl coenzyme A reductase inhibitor, reduces bone resorption in the elderly. 査読有り

    Kuzuya M, Suzuki Y, Asai T, Koike T, Kanda S, Nakamura A, Satake S, Umegaki H, Iguchi A.

    J Am Geriat Soc.   51 巻   頁: 11-12   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  378. Factors associated with long hospital stay in geritatric wards in Japan. 査読有り

    Umegaki H, Ando H, Shimokata H, Yamamoto S, Nakamura A, Endo H, Kuzuya M, Iguchi A.

    Geriatrics and Gerontology International   3 巻   頁: 120-127   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  379. Current admission policies of long-term care facilities in Japan. 査読有り

    Hirakawa Y, Masuda Y, Uemura K, Onishi J, Hattori A, Kuzuya M, Iguchi A.

    Geriatrics and Gerontology International   3 巻   頁: 73-78   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  380. Deficiency of Gelatinase A Suppresses Smooth Muscle Cell Invasion and Development of Experimental Intimal Hyperplasia. 査読有り

    Kuzuya M, Kanda S, Sasaki T, Tamaya-Mori N, Cheng XW, Itoh T, Itohara S,Iguchi A.

    Circulation   108 巻   頁: 1375-1381   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  381. Epigallocatechin-3-Gallate binding to MMP-2 inhibits gelatinolytic activity without influencing the attachment to extracellular matrix proteins but enhances MMP-2 binding to TIMP-2. 査読有り

    Cheng XW,, Kuzuya M, Kanda S, Maeda K, Sasaki T, Wang QL, N Tamaya-Mori N, Shibata T, Iguchi A.

    Arch Biochem Biophys.   415 巻   頁: 126-132   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  382. Changes in Serum Lipid Levels during a 10 Year Period in a Large Japanese Population: A Cross-Sectional and Longitudinal Study 査読有り

    Kuzuya M, Ando F, Iguchi A, Shimokata H.

    Atherosclerosis   163 巻   頁: 313-320   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  383. Effect of Aging on Serum Uric Acid Levels: Longitudinal Changes in a Large Japanese Population Group. 査読有り

    Kuzuya M, Ando F, Iguchi A, Shimokata,H.

    Journal of Gerontology: Medical Sciences   57 巻   頁: M660-M664   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  384. Rho-Rho kinase is involved in smooth muscle cell migration though myosin light chain phosphorylation-dependent and independent pathways 査読有り

    Ai, S., Kuzuya, M., Koike, T., Asai, T., Kanda, S., Maeda, K., Shibata, T., Iguchi, A.

    Atheroscleosis   155 巻   頁: 321-327   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  385. Noninvolvement of hypertriglyceridemia and hyperleptinemia in blood pressure increases induced by dietary lard in rats. 査読有り

    Tamaya N, Uemura K, Yoshioka S, Ueda M, Hattori A, Kuzuya M, Ohmoto Y, Muraguchi M, Nakamura J, Iguchi A.

    Drugs Exptl Clin Res.   27 巻   頁: 177-184   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  386. Rise in plasma leptin levels after stimulation of hypothalamic cholinoceptive neurons by neostigmine in rats. 査読有り

    Ueda M, Tamaya N, Miura H, Kuzuya M, Hattori A, Muraguchi M, Ohmoto Y, Iguchi A, Uemura K.

    Drugs Exptl Clin Res   27 巻   頁: 185-192   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  387. VEGF protects against oxidized LDL toxicity to endothelial cells by an intracellular glutathione-dependent mechanism through the KDR receptor. 査読有り

    Kuzuya M, Ramos MA, Kanda S, Koike T, Asai T, Maeda K, Shitara K, Shibuya M, Iguchi A.

    Arterioscler Thromb Vasc Biol   21 巻   頁: 765-770   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  388. Glycation cross-links inhibit matrix metalloproteinase-2 activation in vascular smooth muscle cells cultured on collagen lattice. 査読有り

    Kuzuya, M., Asai, T., Kanda, S., Maeda, K., Cheng, XW., Iguchi, A.

    Diabetologia.   44 巻   頁: 433-436   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  389. The effect of public long-term care insurance plane on care management and care planning in Japanese geriatric hospitals. 査読有り

    Arch Gerontol. Geriat.   32 巻   頁: 167-177   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  390. Attitude of cardiologists on the use of invasive procedures in frail older patients with coronary heart disease in Japan.

    Journal of American Geiatric Society   48 巻   頁: 1173-1174   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  391. Activation of MMP-2 by Clostridium difficile Toxin B in bovine smooth muscle cells. 査読有り

    Koike, T., Kuzuya, M., Asai, T., Kanda, S., Cheng, XW., Watanabe, K., Banno, Y., Nozawa, Y., Iguchi, A.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   277 巻   頁: 43-46   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  392. Neointima formation in a restenosis model is suppressed in midkine-deficient mice. (共著)

    Journal of Clinical Investigation   105 巻   頁: 489-495   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  393. 高齢者服薬コンプライアンスに影響を及ぼす諸因子に関する研究 (共著)

    日本老年医学会誌   37 巻   頁: 363-370   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  394. 高齢者多機能障害と冠動脈インターベンションー老年医学的総合評価(CGA)をふまえてー

    日本老年医学会誌   37 巻   頁: 292-297   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  395. a1-subunit of smooth muscle Ca2+ channel preserves multiple open states induced by depolarization. (共著)

    Journal of Physiology   526 巻   頁: 47-56   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  396. Matrix metalloproteinase and avb3 integrin-dependent vascular smooth muscle cell invasion through the type I collagen lattice. (共著)

    Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology   20 巻   頁: 998-1005   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  397. 諸外国における老年医学研育とその役割

      11 巻 ( 2 ) 頁: 129-133   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  398. Induction of apoptotic cell death in vascular endothelial cells cultured in three-dimensional collagen lattice.

    Exp. Cell Res,   248 巻   頁: 498-508   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  399. 21世紀へ向けての老年医学-大学における医療と教育と研究

      37 巻 ( 1 ) 頁: 61-64   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  400. Inhibition of angiogenesis on glycated collagen Lattices

    Diabetologia   41 巻   頁: 491-499   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  401. Up-regulation of vascular endothelial growth factor in response to glucose deprivation.

    Biology of the Cell   90 巻   頁: 161-168   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  402. Induction of macrophage VEGF in response to oxidized LDL and VEGF accumulation in human atherosclerotic lesions

    Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology   18 巻 ( 7 ) 頁: 1188-1196   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  403. Angiogenic stimuli are essential for Survival of vascular endothelial cells in three-dimentional collagen lattice.

    Biochemical and Biophysical Research Communication   244 巻   頁: 642-646   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  404. Taxol inhibits neointimal smooth muscle cell accumulation after angioplasty in the rat. (共著)

    J.Clin.Invest.   95 巻   頁: 1867-1876   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  405. Estrogen increases endothelial nitric oxide by a receptor-mediated system.(共著)

    Biochem.Biophys.Res.Commun.   214 巻   頁: 847-855   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  406. Induction of angiogenesis by smooth muscle cell-derived factor : possible role in neovascularization in atherosclerotic plaque.(共著)

    J.Cell.Physiol.   164 巻   頁: 658-667   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  407. Biphasic effect of estrogen on neuronal constitutive nitric oxide synthesis via Ca2+ calmodulin dependant mechanism.(共著)

    Biochem.Biophys.Res.Commun.   203 巻   頁: 1013-1019   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  408. Reorganization of endothelial cord-like structures on basement membrane complex (Matrigel) : involvement of transforming growth factor β1.(共著)

    J.Cell Physiol.   161 巻   頁: 267-276   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  409. Induction of endothelial cell differentiation in vitro by fibroblast-derived soluble factors. (共著)

    Exp.Cel Res.   215 巻   頁: 310-318   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  410. Dexamethasone-induced suppression of aortic atherosclerosis in cholesterol-fed rabbit-possible mechanisms. (共著)

    Arteriosclerosis Thromb.   13 巻   頁: 892-899   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  411. Probucol as an antioxidant and antiatherogenic drug.(共著)

    Free Rad.Biol.Med.   14 巻   頁: 67-77   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  412. Role of lipoprotein-copper complex in copper-catalyzed peroxidation of low density lipoprotein.

    Biochim.Biophys.Acta   1123 巻   頁: 334-341   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

▼全件表示

書籍等出版物 129

  1. 生活習慣病と健康長寿・フレイル対策

    荒井, 秀典, 葛谷, 雅文, 楽木, 宏実

    先端医学社  2021年2月  ( ISBN:9784865504576

     詳細を見る

    総ページ数:iv, 153p   記述言語:日本語

    CiNii Books

  2. 生活習慣病と健康長寿・フレイル対策

    荒井 秀典, 葛谷 雅文, 楽木 宏実

    先端医学社  2021年  ( ISBN:9784865504576

     詳細を見る

  3. サルコペニア・フレイル指導士テキスト フレイル(身体的)

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    株式会社新興医学出版社  2020年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 呼吸器系と健康長寿・フレイル対策

    海老原, 覚, 葛谷, 雅文, 楽木, 宏実

    先端医学社  2020年3月  ( ISBN:9784865504514

     詳細を見る

    総ページ数:iv, 136p   記述言語:日本語

    CiNii Books

  5. 日常生活に活かす診療ガイドライン UP-TO-DATE2020-2021 第XIX章 高齢者「高齢者在宅医療・介護サービス」

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    株式会社メディカルレビュー社  2020年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. 「南山堂医学大辞典」第20版3刷以降 老年症候群、サルコペニア、フレイル、アドバンス ケア プランニング、QOD(quality of death)

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    株式会社南山堂  2020年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. 標準理学療法学・作業療法学/専門基礎分野 老年学[第5版] 第8章 高齢者の機能評価

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    株式会社医学書院  2020年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. 呼吸器系と健康長寿・フレイル対策

    海老原 覚, 葛谷 雅文, 楽木 宏実

    先端医学社  2020年  ( ISBN:9784865504514

     詳細を見る

  9. 筋肉研究最前線 第3章 骨格筋の老化と疾病 第1節 健康寿命と骨格筋の重要性~老いと疾病

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    株式会社エヌ・ティー・エス  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. 高齢者の栄養管理パーフェクトガイド

    葛谷, 雅文

    医歯薬出版  2019年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:395-585p   記述言語:日本語

    CiNii Books

  11. 内科学書 改訂第9版 「加齢・老化と疾病」

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    株式会社中山書店  2019年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. 低栄養対策パーフェクトガイド-病態から問い直す最新の栄養管理 Part1 低栄養の最新知識

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    医歯薬出版株式会社  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. 高齢者在宅医療・介護サービスガイドライン2019 序文「高齢者在宅医療・介護サービスガイドライン作成に当たって」

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    株式会社ライフ・サイエンス  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. 聴平衡覚と健康長寿・フレイル対策

    北原, 糺, 葛谷, 雅文, 楽木, 宏実

    先端医学社  2019年2月  ( ISBN:9784865503913

     詳細を見る

    総ページ数:iv, 133p   記述言語:日本語

    CiNii Books

  15. フレイルとロコモの基本戦略 概念と定義 フレイル・ロコモ介入の意義

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    先端医学社  2019年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  16. 聴平衡覚と健康長寿・フレイル対策

    北原 糺, 葛谷 雅文, 楽木 宏実

    先端医学社  2019年  ( ISBN:9784865503913

     詳細を見る

  17. フレイルとロコモの基本戦略

    葛谷 雅文, 田中 栄(整形外科学), 楽木 宏実

    先端医学社  2019年  ( ISBN:9784865503845

     詳細を見る

  18. 高齢者の栄養管理パーフェクトガイド

    葛谷 雅文

    医歯薬出版  2019年 

     詳細を見る

  19. 診断と治療のABC 137 フレイル 栄養によるフレイルの予防と治療

    秋下雅弘、葛谷雅文ほか27名( 担当: 共著)

    株式会社最新医学社  2018年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  20. 新版栄養・運動で予防するサルコペニア まえがき・サルコペニアの定義とは

    葛谷雅文、楽木宏実ほか 27名( 担当: 共著)

    医歯薬出版株式会社  2018年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  21. 新版 栄養・運動で予防するサルコペニア サルコペニア診療ガイドライン2017年度版準拠

    葛谷 雅文, 雨海 照祥( 担当: 共編者(共編著者))

    医歯薬出版  2018年6月  ( ISBN:426370729X

     詳細を見る

    総ページ数:181  

    ASIN

  22. 栄養・運動で予防するサルコペニア

    葛谷, 雅文, 雨海, 照祥

    医歯薬出版  2018年6月  ( ISBN:9784263707296

     詳細を見る

    総ページ数:vii, 181p   記述言語:日本語

    CiNii Books

  23. 在宅医療バイブル Ⅱ老年医学 2高齢者診療ガイドライン

    川越正平、葛谷雅文ほか66名( 担当: 共著)

    日本医事新報社  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  24. フレイル 超高齢社会における最重要課題と予防戦略 第1版 フレイルとは-その概念と歴史

    葛谷雅文、雨海照祥ほか26名( 担当: 共著)

    医歯薬出版株式会社  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  25. リハ栄養からアプローチするサルコペニアバイブル

    若林 秀隆, 葛谷 雅文, 若林 秀隆, 葛谷 雅文( 担当: 共著)

    日本医事新報社  2018年1月  ( ISBN:4784947264

     詳細を見る

    総ページ数:226  

    ASIN

  26. リハ栄養からアプローチするサルコペニアバイブル

    若林秀隆 葛谷雅文 鈴木瑞恵 會田梨恵 森玲子 橋田直 山田友美 堤内啓太 荒井秀典 他22名( 担当: 単著)

    日本医事新報社  2018年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  27. TODAY'S THERAPY 2018 今日の治療方針 私はこう治療している

    丸山彰一 若林俊彦 勝野雅央 小池春樹 榊原久孝 後藤百万 秋山真志 岡田俊 曾根三千彦 葛谷雅文 他 1,117名( 担当: 単著)

    株式会社 医学書院  2018年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  28. リハ栄養からアプローチするサルコペニアバイブル

    若林, 秀隆, 葛谷, 雅文

    日本医事新報社  2018年1月  ( ISBN:9784784947263

     詳細を見る

    総ページ数:219p   記述言語:日本語

    CiNii Books

  29. 栄養・運動で予防するサルコペニア

    葛谷 雅文, 雨海 照祥

    医歯薬出版  2018年  ( ISBN:9784263707296

     詳細を見る

  30. リハ栄養からアプローチするサルコペニアバイブル

    若林 秀隆, 葛谷 雅文

    日本医事新報社  2018年  ( ISBN:9784784947263

     詳細を見る

  31. すぐに使える 高齢者総合診療ノート

    大庭建三 中嶋宏貴 梅垣宏行 葛谷雅文 他99名 ( 担当: 単著)

    日本医事新報社  2017年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  32. 老化と摂食嚥下障害 「口から食べる」を多職種で支えるための視点

    藤本 篤士, 糸田 昌隆, 葛谷 雅文, 若林 秀隆, 藤本 篤士, 糸田 昌隆, 葛谷 雅文, 若林 秀隆( 担当: 共著)

    医歯薬出版  2017年9月  ( ISBN:4263422333

     詳細を見る

    総ページ数:184  

    ASIN

  33. 老化と摂食嚥下障害 : 「口から食べる」を多職種で支えるための視点

    藤本, 篤士, 糸田, 昌隆, 葛谷, 雅文, 若林, 秀隆

    医歯薬出版  2017年9月  ( ISBN:9784263422335

     詳細を見る

    総ページ数:viii, 175p   記述言語:日本語

    CiNii Books

  34. 高齢者における糖尿病治療薬の使い方-新たなカテゴリー別目標値への適切な対応のために-/フジメディカル出版

    井藤 英喜, 荒井 秀典, 葛谷 雅文, 櫻井 孝, 鈴木 亮, 荒木 厚( 担当: 単著)

    有限会社フジメディカル出版  2017年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  35. 循環器ナーシング2017年5月 Vol.7No.5 特集:循環器疾患患者さんとフレイル・サルコペニア

    葛谷 雅文( 担当: 編集)

    医学出版  2017年5月  ( ISBN:4287860691

     詳細を見る

    総ページ数:96  

    ASIN

  36. 第5章 病態下の静脈・経腸栄養法-Ⅰ.成人-U.高齢者に対する栄養療法

    井川 理、木村 理、片山 寛次、辻川 知之、三好 真琴、宇佐美 眞、大村 健二、瀧藤 克也、増本 幸二、田中 芳明、石井 信二、杉浦 伸一、濵田 康弘、飯島 正平、小山 諭、山東 勤弥、井尻 吉信、中村 卓郎、福島 亮治、川口 巧、鳥村 拓司、栗原 美香、佐々木 雅也、雨海 照祥、佐々木 敏、信岡 隆幸、鷲澤 尚宏、丸山 道生、西口 幸雄、倉田 なおみ、鈴木 裕、山中 英治、鍋谷 圭宏、石橋 生哉、竹山 廣光、曺 英樹、馬場 重樹、安 藤朗、谷口 正哲、海塚 安郎、森 直治、東口 髙志、中屋 豊、白木 亮、土師 誠二、櫻井 洋一、磯崎 泰介、平井 敏弘、比企 直樹、伊藤 彰博、小谷 穣治、和佐 勝史、三原 干惠、卯木 智、前川聡、野上哲史、吉川雅則、木村弘、巨島 文子、稲月 摂、吉田 貞夫、海道 利実、伊藤 明美、葛谷 雅文、土岐 彰、山内 健、浅桐 公男、岡田 晋吾( 担当: 共著)

    株式会社南江堂  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  37. 老化と摂食嚥下障害 : 「口から食べる」を多職種で支えるための視点

    藤本 篤士, 糸田 昌隆, 葛谷 雅文, 若林 秀隆

    医歯薬出版  2017年  ( ISBN:9784263422335

     詳細を見る

  38. これからの在宅医療 ―指針と実務

    大島伸一 、鳥羽研二 、和田忠志 、太田秀樹、大島浩子、秋下雅弘 、平原佐斗司 、川島孝一郎 、梅垣宏行、葛谷雅文、神﨑恒一 、望月 諭、後藤百万、杉浦彩子、( 担当: 共著)

    グリーンプレス  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  39. 臨床栄養別冊JCNセレクト11健康寿命延伸をめざす栄養戦略 フレイル・疾病重症化予防のために

    葛谷 雅文、下方 浩史、勝川 史憲、木戸 康博、多田 紀夫、赤崎 雄一、大石 充、山田 芙美子、荒井 秀典、河野 雄平、横山 純一、千田 愛、石垣 泰、鈴木 芳樹、吉川 雅則、梅垣 宏行、佐竹 昭介、横山 友里、新開 省二、上西 一弘、若林 秀隆、鈴木 瑞恵、飯坂 真司、真田 弘美、丸藤 祐子、宮地 元彦、遠又 靖丈、辻 一郎、島田 裕之、飯島 勝矢、木村 みさか、青柳 幸利、田中 和美、湯野 真理子、中村 育子、島津 さゆり( 担当: 共著)

    医歯薬出版  2016年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  40. フレイルハンドブック ポケット版

    荒木秀典,小川純人,杉本大貴,櫻井孝,藤原佳典,渡邊裕,葛谷雅文,秋下雅弘,松井康素,佐竹昭介,飯島勝矢、海老原覚,武久洋三,百瀬由美子,杉本研,前野聡子,長島文夫,神埼恒一,服部英幸,加知輝彦,池田義之,大石充,荒木厚,千田一嘉,猪阪義隆,須藤紀子,原田厚,鳥井美江,山崎誠,五藤百万,杉浦彩子,福岡秀記( 担当: 共著)

    ライフ・サイエンス  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  41. ガイドライン外来診療2016

    伊藤節子、三輪高善、葛谷雅文、狩野繁之、平原史樹、浜之上はるか、宮武聡子、泉孝英( 担当: 共著 ,  範囲: Appendix医学・医療をめぐる話題)

    日経メディカル開発  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  42. 循環器病・介護予防に向けた未病ガイドライン―その根拠となる論文集―

    足立 香代子、飯島 勝矢、石原 孝子、大内 尉義、加瀬澤 信彦、片山 義章、勝谷 友宏、金川 克子、金澤 武道、上條 美代子、木戸口 公一、清原 裕、葛谷 雅文、久保 明、栗本 誠一、河野 雄平、櫻林 郁之介、佐々木 淳、佐々木 秀忠、澁谷 雪子、笽島 茂、高田 耕基、竹内 秀史、竹内 正義、武田 雅俊、田代 眞一、千葉 仁志、只野 武、都島 基夫、丁 宗鉄、仲森 隆子、福生 吉宏、細井 孝行、松尾 由紀、樅山 幸彦、森下 茂人、山下 静也、山下 尚子、山田 貴之、横野 浩一、米田 孝司、陸岡 淳、和田 高士( 担当: 共著)

    一般社団法人未病息災推進協議会  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  43. 健康寿命延伸をめざす栄養戦略 : フレイル・疾病重症化予防のために

    葛谷 雅文( 担当: 単著)

    医歯薬出版  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  44. 国民の栄養白書2015-2016年版 高齢者の栄養管理と食事が支える生きる力 加齢のリスクを減らし、寝たきり予防を実践する! 第1部 高齢者の栄養と疾病 第2章 サルコペニアの病態と栄養管理

    葛谷雅文( 担当: 共著)

    株式会社 日本医療企画  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  45. 創立65周年記念誌 次代へのイノベーション 食品産業の挑戦 企画3 変化する消費者志向への対応 ②高齢化と商品戦略- 今後の介護食(スマイルケア食)のあり方

    葛谷雅文( 担当: 共著)

    株式会社 食品産業新聞社  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  46. 入院高齢者 診療マニュアル Ⅰ章 総論 4.高齢者の栄養管理の基本

    葛谷雅文( 担当: 共著)

    株式会社 文光堂  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  47. ロコモティブシンドロームのすべて

    中村 耕三, 田中 栄, 大江 隆史, 葛谷 雅文, 星野 雄一( 担当: 共著)

    日本医師会  2015年  ( ISBN:9784787821942

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  48. ロコモティブシンドロームのすべて

    大江 隆史, 葛谷 雅文, 星野 雄一, 中村 耕三, 田中 栄( 担当: 共著)

    日本医師会  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  49. MNA在宅栄養ケア : 在宅高齢者の低栄養予防と早期発見

    葛谷 雅文, 酒元 誠治( 担当: 共著)

    医歯薬出版  2015年  ( ISBN:9784263706374

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  50. 臨床栄養実践ガイド・partⅠ 概論 8高齢者の栄養

    葛谷雅文( 担当: 共著)

    中外医学社  2014年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  51. 栄養管理をマスターする 代謝の理解はなぜ大事?・第Ⅴ章 ライフサイクルと代謝の変化 3.高齢者の栄養管理に必要な知識 1)加齢と消化吸収能 ~健康な高齢者は消化吸収能は衰えない~

    葛谷雅文( 担当: 共著)

    文光堂  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  52. 栄養管理をマスターする 代謝の理解はなぜ大事?・第Ⅴ章 ライフサイクルと代謝の変化 3.高齢者の栄養管理に必要な知識 3)加齢と蛋白質代謝の変化

    葛谷雅文( 担当: 共著)

    文光堂  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  53. 栄養管理をマスターする 代謝の理解はなぜ大事?・第Ⅴ章 ライフサイクルと代謝の変化 3.高齢者の栄養管理に必要な知識 2)加齢とエネルギー消費の変化

    葛谷雅文( 担当: 共著)

    文光堂  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  54. 合併する疾患ごとの栄養ケア 高齢者の糖尿病と栄養・8脂質異常症 病態の特徴

    葛谷雅文( 担当: 共著)

     フジメディカル出版  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  55. フレイルー超高齢社会における最重要課題と予防戦略・総論 フレイルとはーその概念と歴史

    葛谷雅文( 担当: 共著)

    医歯薬出版株式会社  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  56. 在宅の高齢者を支えるー医療・介護・看取りー Advancec in Aging and Health Researchi 2013・在宅における終末期医療の倫理

    葛谷雅文( 担当: 共著)

    公益財団法人 長寿科学振興財団  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  57. すぐに使える 高齢者総合診療ノート・第2章 高齢者に多い症候 11低栄養

    葛谷雅文( 担当: 共著)

    日本医事新報社  2014年3月  ( ISBN:978-4-7849-4413-2

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  58. 加齢症状で悩む患者さんに応える医学 年のせいにしたくない30の症状・筋肉が落ちてきた

    葛谷雅文( 担当: 共著)

    プリメド社  2014年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  59. 加齢症状で悩む患者さんに応える医学 : 年のせいにしたくない30の症状

    葛谷 雅文, 伴 信太郎( 担当: 共著)

    プリメド社  2014年  ( ISBN:9784938866563

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  60. 高齢者の糖尿病と栄養 : 合併する疾患ごとの栄養ケア

    福田 也寸子, 雨海 照祥, 葛谷 雅文, 中島 弘( 担当: 共著)

    フジメディカル出版  2014年  ( ISBN:9784862701503

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  61. フレイル : 超高齢社会における最重要課題と予防戦略

    葛谷 雅文, 雨海 照祥( 担当: 共著)

    医歯薬出版  2014年  ( ISBN:9784263706282

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  62. 内科学 第10班

    葛谷雅文 他( 担当: 共著)

    朝倉書店  2013年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  63. 症例から学ぶ高齢者の安全な薬物療法

    秋下雅弘、葛谷雅文 他( 担当: 共著)

    ライフサイエンス  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  64. 老年医学

    大内尉義、葛谷雅文 他( 担当: 共著)

    西村書店  2013年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  65. 栄養・運動で予防するサルコペニア

    葛谷雅文、雨海照祥 他( 担当: 共著)

    医歯薬出版  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  66. 治療が劇的にうまくいく!高齢者の栄養 はじめの一歩

    葛谷雅文、大村健二 他( 担当: 共著)

    羊土社  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  67. 新・私が決める尊厳死

    井形昭弘 葛谷雅文 他( 担当: 共著)

    中日新聞社  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  68. 老後の真実

    葛谷雅文 他( 担当: 共著)

    文春文庫  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  69. 栄養・運動で予防するサルコペニア

    葛谷 雅文, 雨海 照祥( 担当: 共著)

    医歯薬出版  2013年  ( ISBN:9784263706145

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  70. 症例から学ぶ高齢者の安全な薬物療法

    秋下 雅弘, 葛谷 雅文( 担当: 共著)

    ライフ・サイエンス  2013年  ( ISBN:9784898014448

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  71. 症状から学ぶ医療知識

    葛谷雅文、鈴木裕介 他( 担当: 共著)

    中央法規  2012年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  72. Handbook of Anthropometry Physical Measures of Human Form in Health and Disease

    ( 担当: 共著)

    Springer  2012年  ( ISBN:978-1-4419-1787-4

     詳細を見る

    記述言語:英語

  73. サルコペニアの摂取・嚥下障害

    葛谷雅文、若林秀隆、藤本篤士 他( 担当: 共著)

    医歯薬出版  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  74. 高齢者検査基準値ガイド

    下方浩史、安藤富士子、葛谷雅文、遠藤英俊( 担当: 共著)

    中央法規  2011年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  75. 高齢者の栄養スクリーニングツール MNA ガイドブック

    葛谷雅文、雨海照祥 他( 担当: 共著)

    医歯薬出版  2011年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  76. 高齢者の栄養ケア 高齢者の栄養アセスメントと注意点

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    医歯薬出版  2011年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  77. 高齢者の栄養ケア 地域栄養ケア連携モデル

    榎裕美、加藤恵美、葛谷雅文( 担当: 共著)

    医歯薬出版  2011年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  78. その食べかた、間違っています

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    文藝春秋  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  79. 高齢者の生活機能の総合的評価 栄養不良

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    新興医学出版  2010年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  80. 「栄養アセスメント」 ライフステージ別栄養アセスメント 基礎編 高齢者

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    医歯薬出版  2010年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  81. 「経腸栄養」 高齢者における経腸栄養剤の使い方と選び方

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    医歯薬出版  2010年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  82. 新老年学(第3版)・老年症候群 「低栄養」

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    東京大学出版  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  83. 栄養塾 症例で学ぶクリニカルパール 臨床栄養 認知症高齢者

    葛谷雅文( 担当: 共著)

    医学書院  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  84. 長寿科学総合研究事業高齢者の経口摂取の維持ならびに栄養ケア・マネジメントの活用に関する研究

    葛谷 雅文( 担当: 単著)

    [葛谷雅文]  2010年 

     詳細を見る

  85. よくわかる臨床栄養管理 実践マニュアル・MNAによる高齢者における栄養評価の実際

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    日本病院協会出版  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  86. 臨床栄養学・要介護者の臨床栄養学

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    南山堂  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  87. レジデントのための栄養管理基本マニュアル, 病態別栄養管理、高齢者

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    文光堂  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  88. Vascular Biology Protocol. Plaque Rupture Model in Mice.

    Sasaki T, Nakamura K, Kuzuya M( 担当: 共著)

    Human Press  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  89. 老年医学テキスト 改訂第3版. 第一章 老年医学総論 8.高齢者薬物療法 5.服薬指導

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    Medical View  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  90. 老年医学テキスト 改訂第3版 第一章 第一章 老年医学総論 7.高齢者の栄養 2.高齢者の栄養状態の評価

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    Medical View  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  91. ベッドサイドの高齢者の診かた. X.介護保険サービスの利用法 3.それぞれのサービス利用の根拠

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    南山堂  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  92. ベッドサイドの高齢者の診かた. VI.高齢者の評価法―CGA  2.基本的ADL

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    南山堂  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  93. ベッドサイドの高齢者の診かた. VI.高齢者の評価法―CGA  1.CGA

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    南山堂  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  94. ベッドサイドの高齢者の診かた. II.おさえておきたい重要項目―老年症候群 9.歩行障害

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    南山堂  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  95. ベッドサイドの高齢者の診かた. II.おさえておきたい重要項目―老年症候群 5.食欲低下・低栄養

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    南山堂  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  96. ベッドサイドの高齢者の診かた I.状況・状態に応じた高齢者の診かた. 2.慢性期の診かた a) かかりつけ医の場合

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    南山堂  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  97. 実地医家のための高齢者診療ガイド 4. 高齢者の栄養

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    同人社  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  98. 高齢者を診療する医師のための研修カリキュラム. I高齢者医療総論. 4.高齢者の栄養

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    長寿医療財団  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  99. 老年医学の基礎と臨床I -認知症を理解するための基礎知識-第8章 高齢者における薬物療法 2.高齢者における薬物療法ガイドライン

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    ワールドプランニング  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  100. 認知症治療の最前線―ニコチン治療を中心としてー. 認知症に合併する老年症候群1)低栄養

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    メディカルレビュー  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  101. 新臨床栄養学 加齢と栄養

    葛谷雅文、井口昭久( 担当: 共著)

    医学書院  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  102. 血栓症・動脈硬化モデル動物作成法. プラーク破綻モデル

    佐々木健、葛谷雅文( 担当: 共著)

    金芳堂  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  103. 認知症の予防と治療. 認知症の終末期ケア.

    葛谷雅文、平川仁尚( 担当: 共著)

    長寿医療科学振興財団  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  104. 老年医学 update 2007-08 要介護高齢者の栄養管理. I. 特集 高齢者の栄養管理

    葛谷雅文.( 担当: 単著)

    メディカルビュー  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  105. 動物モデルを用いたアテローム・プラーク破綻機構の解明

    葛谷 雅文( 担当: 単著)

    [出版者不明]  2007年 

     詳細を見る

  106. Health Care Issue in the United States and Japan

    Noguchi H, MasudaY, Kuzuya M, Iguchi, A, Jeffery Geppert, Mark McClellan( 担当: 共著)

    Chicago University Press  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  107. 老年学テキスト-高齢者のターミナルケア

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    南江堂  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  108. 日常診療に活かす老年病ガイドブック 8. 高齢者の退院支援と在宅医療.退院困難例への対処の実際―終末期にある高齢者―

    中井滋、葛谷雅文、浅井真嗣( 担当: 共著)

    メディカルビュー  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  109. 日常診療に活かす老年病ガイドブック 8. 高齢者の退院支援と在宅医療.退院困難例への対処の実際―痴呆のある高齢者―

    鈴木裕介、葛谷雅文( 担当: 共著)

    メディカルビュー  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  110. 日常診療に活かす老年病ガイドブック 8. 高齢者の退院支援と在宅医療 退院支援の実際―施設ケアに向けての退院支援―

    益田雄一郎、葛谷雅文( 担当: 共著)

    メディカルビュー  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  111. 日常診療に活かす老年病ガイドブック 8. 高齢者の退院支援と在宅医療 退院支援の実際―慢性期病院に向けての退院支援―

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    メディカルビュー  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  112. 介護予防ガイドライン 単一危険因子の評価。(4)低栄養

    葛谷雅文( 担当: 単著)

    厚生科学研究所  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  113. 看護のための最新医学講座:老化と関連する指標

    葛谷雅文( 担当: 共著)

    中山書店  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  114. 日常診療に活かす老年病ガイドブック1 老年症候群の診かた

    葛谷雅文( 担当: 共著)

    Medical Review  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  115. 老年症候群の診かた. 日常診療に活かす老年病ガイドブック1:低栄養

    葛谷雅文( 担当: 共著)

    Medical Review  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  116. 老年医学 update 2004-05:高齢者の栄養評価と低栄養の対策

    葛谷雅文( 担当: 共著)

    メジカルビュー社  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  117. 老年症候群関連アセスメント:低栄養の評価

    神田茂、葛谷雅文( 担当: 共著)

    厚生科学研究所  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  118. 高齢者総合機能評価ガイドライン

    ( 担当: 共著)

    厚生科学研究所  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    入院および入所施設におけるCGAの有用性

  119. 血管リモデリングにおけるマトリックス・メタロプロテアーゼの役割に関する研究

    葛谷 雅文( 担当: 単著)

    [出版者不明]  2003年 

     詳細を見る

  120. 動脈硬化進展におけるVEGFの役割に関する研究

    葛谷 雅文( 担当: 単著)

    [出版者不明]  2001年 

     詳細を見る

  121. 血管新生にかかわる内皮細胞インテグリン

    医学のあゆみ  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  122. 細胞増殖とアポトーシス血管新生研究の新展開

    医薬ジャーナル社  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  123. これからの老年学 サイエンスから介護まで:高齢者の医療・概説

    葛谷雅文( 担当: 共著)

    名古屋大学出版  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  124. Lipoprotein metabolism and atherosclerosis:Induction of macrophage VEGF in response to oxidized LDL and VEGF accumulation in human atherosclerotic lesion.

    Kuzuya, M., Ramos, A. M., Kanda S., Iguchi, A.( 担当: 共著)

    Springer-Verlag  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  125. これからの老年学 サイエンスから介護まで:高脂血症

    葛谷雅文( 担当: 共著)

    名古屋大学出版  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  126. これからの老年学 サイエンスから介護まで:多元的高齢者総合機能評価

    葛谷雅文( 担当: 共著)

    名古屋大学出版  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  127. これからの老年学 サイエンスから介護まで:高齢者の疾病の特徴

    葛谷雅文( 担当: 共著)

    名古屋大学出版  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  128. 血管の酸化ストレス-とくに動脈硬化成因に関与する酸化ストレスに関して-

    別冊・医学のあゆみ 医歯薬出版  1996年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  129. Lipid peroxide and transition metals are required for the toxicity of oxidized low density lipoprotein to cultured erdothelial cells

    ( 担当: 単著)

    [s.n.]  1991年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    CiNii Books

▼全件表示

MISC 28

  1. 【在宅診療と地域医療 在宅診療の実際と可能性】在宅医療が求められる社会状況とエビデンス 高齢者在宅医療・介護サービスガイドライン2019 招待有り

    葛谷 雅文  

    Medical Practice38 巻 ( 1 ) 頁: 28 - 33   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)文光堂  

  2. 【これからの高齢者診療-循環器医が人生100年時代にどう向き合うか?】高齢者の「日常」をどう評価するか? 栄養

    葛谷 雅文  

    循環器ジャーナル69 巻 ( 1 ) 頁: 28 - 36   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>Point ・栄養状態の心血管病発症リスクは年齢により異なる.・慢性心不全などの心血管病を抱える高齢者の死亡リスクは過体重,肥満者が低く,"obesity paradox"が存在する.・心血管病を抱える高齢者は定期的な栄養評価(スクリーニング)が必要である.

  3. サルコペニアの病態と治療

    葛谷 雅文  

    学会誌JSPEN2 巻 ( Suppl.1 ) 頁: 40 - 40   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床栄養代謝学会  

  4. 血液透析患者における舌圧とサルコペニアおよび栄養指標との関連

    宇野 千晴, 岡田 希和子, 松下 英二, 葛谷 雅文  

    日本臨床栄養学会雑誌42 巻 ( 1 ) 頁: 82 - 93   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床栄養学会  

    【目的】透析患者の高齢化が進み、低栄養と生命予後との関連が報告されている。高齢者において舌圧の低下は、摂食嚥下障害やサルコペニア、低栄養と関連することが明らかである。そこで、血液透析患者における舌圧とサルコペニアおよび栄養指標との関連を明らかにすることを目的とした。【方法】対象は透析歴が6ヵ月以上で週3回通院している血液透析患者145人(68.2±12.2歳、男性69.2%、糖尿病28.9%)とした。調査項目は身長、体重、Body mass index(BMI)、体組成の測定、血液検査、舌圧、食事調査・栄養評価、握力、歩行速度、Activities of daily living調査とした。サルコペニアはAsian Working Group for Sarcopenia 2019の診断基準により判定した。【結果】対象者の平均舌圧は29.6±11.2kPaであった。サルコペニアを有する患者で舌圧は有意に低値を示した(P=0.023)。男女ともに、舌圧は握力、筋肉量、エネルギー摂取量、たんぱく質摂取量、Mini nutritional assessment-short formで有意な正の相関関係を示した(P<0.05)。透析歴や歩行速度には有意な相関はみられなかった。【結語】血液透析患者おいて、舌圧はサルコペニア指標や栄養状態と相関がみられ、舌圧の低下はエネルギーやたんぱく質の摂取不足につながる可能性が示唆された。(著者抄録)

  5. 名古屋大学老年内科入院患者におけるBarthel Index各項目と退院先の関連

    長永 真明, 大西 丈二, 葛谷 雅文  

    日本老年医学会雑誌57 巻 ( 4 ) 頁: 510 - 510   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  6. 名古屋市の訪問看護ステーションの現状と課題についての考察

    辻 典子, 鈴木 裕介, 小宮 仁, 広瀬 貴久, 葛谷 雅文  

    日本老年医学会雑誌57 巻 ( 4 ) 頁: 506 - 506   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  7. 地域在住高齢者における、放送メディアを活用した非監視下プログラムの効果 名古屋大学TENG-projectより

    藤田 康介, 井上 愛子, 宇野 千晴, 黄 継賢, 梅垣 宏行, 大西 丈二, 葛谷 雅文  

    日本老年医学会雑誌57 巻 ( 4 ) 頁: 506 - 506   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  8. 地域在住高齢者における食物多様性と一年後の新たな低栄養(GLIM基準)発生との関連

    宇野 千晴, 岡田 希和子, 松下 英二, 矢須田 侑兵, 佐竹 昭介, 葛谷 雅文  

    日本未病学会学術総会抄録集27回 巻   頁: 126 - 126   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本未病学会  

  9. レボドパが有効であった高齢発症パーキンソニズムの1例

    史 榕茜, 柳川 まどか, 葛谷 雅文  

    日本老年医学会雑誌57 巻 ( 4 ) 頁: 509 - 509   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  10. 75歳以上膵臓がん患者のGAによる化学療法選択における認知機能変化の検討

    柳川 まどか, 前田 修, 松岡 歩, 渡邊 一久, 葛谷 雅文, 安藤 雄一  

    Dementia Japan34 巻 ( 4 ) 頁: 512 - 512   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

  11. もの忘れ外来に通院する高齢患者のポリファーマシーと歩行速度の関連

    渡邊 一久, 梅垣 宏行, 山田 洋介, 櫻井 孝, 葛谷 雅文  

    Dementia Japan34 巻 ( 4 ) 頁: 498 - 498   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

  12. ヘルスリテラシーの低い高齢者に対する健康教育介入が心臓足首血管指数に及ぼす影響 ランダム化比較試験

    上村 一貴, 山田 実, 葛谷 雅文, 岡本 啓  

    日本老年医学会雑誌57 巻 ( 4 ) 頁: 504 - 504   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  13. 高齢者の未病と栄養に関して

    葛谷 雅文  

    日本未病学会学術総会抄録集27回 巻   頁: 80 - 80   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本未病学会  

  14. 実験にて、Cysteinyl Cathepsin Kの欠如によって、慢性的なストレスから生じる内膜肥厚の発達は抑制される(Deficiency of Cysteinyl Cathepsin K Suppresses the Development of Experimental Intimal Hyperplasia in Response to Chronic Stress)

    井上 愛子, 孟 祥坤, 朴 麗梅, 成 憲武, 葛谷 雅文  

    日本老年医学会雑誌57 巻 ( 4 ) 頁: 510 - 510   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  15. 当科の薬剤総合評価調整加算の実情と管理ツールの作成

    三溝 啓, 梅垣 宏行, 松原 匡希, 葛谷 雅文  

    日本老年医学会雑誌57 巻 ( 4 ) 頁: 510 - 510   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  16. 社会的フレイルに関連のあるリスク因子(The associated risk factors of social frailty)

    黄 継賢, 宇野 千晴, 岡田 希和子, 松下 英二, 佐竹 昭介, 葛谷 雅文  

    日本老年医学会雑誌57 巻 ( 4 ) 頁: 508 - 508   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  17. 認知症を合併した高齢糖尿病患者の管理について

    藤沢 知里, 梅垣 宏行, 渡邊 一久, 葛谷 雅文  

    日本老年医学会雑誌57 巻 ( 4 ) 頁: 507 - 508   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

  18. 認知症予防を目指した多因子介入によるランダム化比較試験(J-MINT) 進捗報告

    岸野 義信, 杉本 大貴, 櫻井 孝, 島田 裕之, 鈴木 啓介, 近藤 和泉, 赤津 裕康, 道川 誠, 木下 文恵, 梅垣 宏行, 葛谷 雅文, 芳野 弘, 武地 一, 鈴木 宏幸, 藤原 佳典, 鈴木 裕子, 若山 聡夢, 荒井 秀典  

    Dementia Japan34 巻 ( 4 ) 頁: 514 - 514   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

  19. 【超高齢社会への対応】超高齢社会に対応するための老年医学教育 諸外国の現状と我が国との比較

    古川 勝敏, 宮澤 イザベル, 金子 英司, 石木 愛子, 荒井 啓行, 石川 崇広, 大西 丈二, 葛谷 雅文  

    BIO Clinica35 巻 ( 10 ) 頁: 927 - 931   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)北隆館  

    現在世界で最も高齢化率の高い我が国において、高齢者医療のqualityとquantityを向上させることは最重要命題の一つである。そのために、今後の老年医学教育を推し進めるにあたり、諸外国の教育の現状を把握、解析し、今後の我々の教育の指針の構築に役立てることは非常に重要である。今回、我々は日本老年医学会教育委員会として、インターネットを用い、海外の卒前老年医学教育についての論文を収集し、systematic reviewを遂行し、我が国の現状との比較、検討を行った。(著者抄録)

  20. 健常高齢者における孤食と栄養摂取および身体・口腔機能との関連

    宇野 千晴, 岡田 希和子, 松下 英二, 葛谷 雅文  

    New Diet Therapy36 巻 ( 2 ) 頁: 113 - 113   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床栄養協会  

  21. 【フレイル高齢者、これからどう診る?そもそもの考え方から現場対応まで、最新フレイル健診にも対応!】(第1章)あらためて、フレイルとは何か 欠損累積モデルのフレイル

    葛谷 雅文  

    Gノート7 巻 ( 6 ) 頁: 854 - 861   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)羊土社  

    <Point>●欠損累積モデルのフレイルは複数の症候、症状、障害、疾病で評価します●欠損累積モデルのフレイル評価により、生命予後、ADL低下、入院、入院期間、手術の成績などを予測することが可能です●欠損累積モデルのフレイルは表現型フレイルと同様にメリット・デメリットがあります(著者抄録)

  22. ガイドライン ココだけおさえる 高齢者在宅医療・介護サービスガイドライン2019

    葛谷 雅文  

    日本医事新報 ( 5024 ) 頁: 32 - 35   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)日本医事新報社  

  23. 外来実習に医療面接ピア・ロールプレイを融合した実習での、医師役学生への認知的不協和の影響 質的研究

    佐橋 一輝, 高橋 徳幸, 末松 三奈, 岡崎 研太郎, 葛谷 雅文  

    医学教育51 巻 ( Suppl. ) 頁: 99 - 99   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

  24. IgG4関連疾患に悪性リンパ腫を合併した超高齢者

    長永 真明, 大西 丈二, 梅垣 宏行, 葛谷 雅文  

    日本老年医学会雑誌57 巻 ( 3 ) 頁: 321 - 326   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本老年医学会  

    IgG4関連疾患は高齢男性に多く,自己免疫異常や血中IgG4高値に加え,全身諸臓器の腫大や結節・肥厚性病変などを認める原因不明の疾患である.IgG4関連疾患ではしばしばリンパ節腫大を伴うが,臨床的に悪性リンパ腫との鑑別が求められる.今回我々はIgG4関連疾患に悪性リンパ腫を合併した超高齢者の症例を経験したので報告する.症例は85歳男性.X-6年に自己免疫性膵炎を指摘されていた.X-1年10月にIgG4関連下垂体炎と診断され,続発性副腎不全に対する補充療法としてヒドロコルチゾンが開始となった.X年2月に中枢性尿崩症を併発したためデスモプレシンが追加となった.X年11月発熱に加え,弾性硬で可動性のある圧痛のない全身性リンパ節腫脹を認めたため入院となった.入院後右腋窩リンパ節生検を施行し,病理所見よりびまん性大細胞型B細胞リンパ腫と診断した.年齢やPerformance Statusなどを考慮した結果,積極的治療は行わず,症状緩和目的でのステロイド投与の方針となり,入院55日目転院となった.悪性リンパ腫とIgG4関連リンパ節症との鑑別は臨床経過,病理所見,血中IgG4値などの検査データ,他臓器病変の有無などを元に総合的に判断する必要がある.今までのIgG4関連疾患に悪性リンパ腫を合併した症例は概ね60〜70歳台であり,本症例の85歳での報告は最高齢である.しかしIgG4関連疾患,悪性リンパ腫共に高齢者に多い疾患であり,一般内科医や老年内科医として知識を深めておく必要があると考えられる.(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J01214&link_issn=&doc_id=20200910170014&doc_link_id=10.3143%2Fgeriatrics.57.321&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3143%2Fgeriatrics.57.321&type=Crossref&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00002_2.gif

  25. 動脈硬化病変形成におけるタンパク分解酵素の役割について

    葛谷 雅文  

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集52回 巻   頁: 82 - 82   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本動脈硬化学会  

  26. 医療者教育ワークショップ「糖尿病劇場」の医療者劇場スタッフに生じる学び エンパワーメントに向けて

    山田 聡, 岡崎 研太郎, 末松 三奈, 高橋 徳幸, 葛谷 雅文  

    医学教育51 巻 ( Suppl. ) 頁: 121 - 121   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

  27. カテプシンK欠損は高齢マウスにおいて虚血誘発性の血管新生を障害する(Cathepsin K Deficiency Impaired Ischemia-Induced Noevascularization in Aged Mice)

    姜 海英, 成 憲武, 葛谷 雅文  

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集52回 巻   頁: 205 - 205   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本動脈硬化学会  

  28. EPAを用いた老年医学分野における初期臨床研修到達目標の開発

    渡邊 一久, 近藤 猛, 葛谷 雅文, 錦織 宏  

    医学教育51 巻 ( Suppl. ) 頁: 207 - 207   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

▼全件表示

講演・口頭発表等 213

  1. サルコペニアの病態と治療

    葛谷 雅文

    学会誌JSPEN  2020年11月  (一社)日本臨床栄養代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語  

  2. 75歳以上膵臓がん患者のGAによる化学療法選択における認知機能変化の検討

    柳川 まどか, 前田 修, 松岡 歩, 渡邊 一久, 葛谷 雅文, 安藤 雄一

    Dementia Japan  2020年10月  (一社)日本認知症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語  

  3. 地域在住高齢者における、放送メディアを活用した非監視下プログラムの効果 名古屋大学TENG-projectより

    藤田 康介, 井上 愛子, 宇野 千晴, 黄 継賢, 梅垣 宏行, 大西 丈二, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌  2020年10月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語  

  4. 名古屋市の訪問看護ステーションの現状と課題についての考察

    辻 典子, 鈴木 裕介, 小宮 仁, 広瀬 貴久, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌  2020年10月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語  

  5. 名古屋大学老年内科入院患者におけるBarthel Index各項目と退院先の関連

    長永 真明, 大西 丈二, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌  2020年10月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語  

  6. レボドパが有効であった高齢発症パーキンソニズムの1例

    史 榕茜, 柳川 まどか, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌  2020年10月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語  

  7. ヘルスリテラシーの低い高齢者に対する健康教育介入が心臓足首血管指数に及ぼす影響 ランダム化比較試験

    上村 一貴, 山田 実, 葛谷 雅文, 岡本 啓

    日本老年医学会雑誌  2020年10月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語  

  8. もの忘れ外来に通院する高齢患者のポリファーマシーと歩行速度の関連

    渡邊 一久, 梅垣 宏行, 山田 洋介, 櫻井 孝, 葛谷 雅文

    Dementia Japan  2020年10月  (一社)日本認知症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語  

  9. 地域在住高齢者における食物多様性と一年後の新たな低栄養(GLIM基準)発生との関連

    宇野 千晴, 岡田 希和子, 松下 英二, 矢須田 侑兵, 佐竹 昭介, 葛谷 雅文

    日本未病学会学術総会抄録集  2020年10月  (一社)日本未病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語  

  10. 高齢者の未病と栄養に関して

    葛谷 雅文

    日本未病学会学術総会抄録集  2020年10月  (一社)日本未病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語  

  11. 認知症予防を目指した多因子介入によるランダム化比較試験(J-MINT) 進捗報告

    岸野 義信, 杉本 大貴, 櫻井 孝, 島田 裕之, 鈴木 啓介, 近藤 和泉, 赤津 裕康, 道川 誠, 木下 文恵, 梅垣 宏行, 葛谷 雅文, 芳野 弘, 武地 一, 鈴木 宏幸, 藤原 佳典, 鈴木 裕子, 若山 聡夢, 荒井 秀典

    Dementia Japan  2020年10月  (一社)日本認知症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語  

  12. 認知症を合併した高齢糖尿病患者の管理について

    藤沢 知里, 梅垣 宏行, 渡邊 一久, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌  2020年10月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語  

  13. 社会的フレイルに関連のあるリスク因子(The associated risk factors of social frailty)

    黄 継賢, 宇野 千晴, 岡田 希和子, 松下 英二, 佐竹 昭介, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌  2020年10月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語  

  14. 当科の薬剤総合評価調整加算の実情と管理ツールの作成

    三溝 啓, 梅垣 宏行, 松原 匡希, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌  2020年10月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語  

  15. 実験にて、Cysteinyl Cathepsin Kの欠如によって、慢性的なストレスから生じる内膜肥厚の発達は抑制される(Deficiency of Cysteinyl Cathepsin K Suppresses the Development of Experimental Intimal Hyperplasia in Response to Chronic Stress)

    井上 愛子, 孟 祥坤, 朴 麗梅, 成 憲武, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌  2020年10月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語  

  16. 健常高齢者における孤食と栄養摂取および身体・口腔機能との関連

    宇野 千晴, 岡田 希和子, 松下 英二, 葛谷 雅文

    New Diet Therapy  2020年9月  (一社)日本臨床栄養協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語  

  17. 75歳以上の胃癌患者手術におけるせん妄発症の関連因子および影響の検討

    柳川 まどか, 田中 千恵, 梅垣 宏行, 渡邊 一久, 小寺 泰弘, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌  2020年7月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語  

  18. 地域在住高齢者における複合的健康増進プログラムによる認知機能と身体機能の変化 Nagoya-TENG Projectより

    井上 愛子, 宇野 千晴, 藤田 康介, 黄 継賢, 北田 友治, 大西 丈二, 島田 裕之, 梅垣 宏行, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌  2020年7月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語  

  19. 地域在住高齢者における社会的脆弱性と脆弱性指数の関連性(Association between social frailty and frailty index in community-dwelling older adults)

    黄 継賢, 井上 愛子, 藤田 康介, 宇野 千晴, 大西 丈二, 梅垣 宏行, 北田 友治, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌  2020年7月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:英語  

  20. 地域在住高齢者における栄養状態と社会的フレイルとの関連 Nagoya-TENG Projectより

    宇野 千晴, 井上 愛子, 藤田 康介, 黄 継賢, 北田 友治, 大西 丈二, 梅垣 宏行, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌  2020年7月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語  

  21. 医療者教育ワークショップ「糖尿病劇場」の医療者劇場スタッフに生じる学び エンパワーメントに向けて

    山田 聡, 岡崎 研太郎, 末松 三奈, 高橋 徳幸, 葛谷 雅文

    医学教育  2020年7月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語  

  22. 動脈硬化病変形成におけるタンパク分解酵素の役割について

    葛谷 雅文

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2020年7月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語  

  23. 処方箋調剤薬局の処方箋内容の全国調査 抗認知症薬の処方実態と高齢者に特に慎重を要する薬剤との関連性の検討

    鈴木 裕介, 白石 成明, 榊原 幹夫, 小宮 仁, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌  2020年7月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語  

  24. ベースラインでサルコペニアを有する高齢者は運動介入に対する治療反応性が乏しいのか? TOPICS trialのsubgroup解析による検討

    藤田 康介, 梅垣 宏行, 黄 継賢, 井上 愛子, 宇野 千晴, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌  2020年7月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語  

  25. フレイル、サルコペニア研究の最前線 サルコペニア研究の基礎的アプローチ

    葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌  2020年7月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語  

  26. スコットランドと日本における介護支援に対する認知症家族介護者の認識

    安藤 大貴, 末松 三奈, 高橋 徳幸, 岡崎 研太郎, 半谷 眞七子, 渕田 英津子, 鈴木 裕介, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌  2020年7月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語  

  27. カテプシンK欠損は高齢マウスにおいて虚血誘発性の血管新生を障害する(Cathepsin K Deficiency Impaired Ischemia-Induced Noevascularization in Aged Mice)

    姜 海英, 成 憲武, 葛谷 雅文

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2020年7月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:英語  

  28. EPAを用いた老年医学分野における初期臨床研修到達目標の開発

    渡邊 一久, 近藤 猛, 葛谷 雅文, 錦織 宏

    医学教育  2020年7月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語  

  29. 外来実習に医療面接ピア・ロールプレイを融合した実習での、医師役学生への認知的不協和の影響 質的研究

    佐橋 一輝, 高橋 徳幸, 末松 三奈, 岡崎 研太郎, 葛谷 雅文

    医学教育  2020年7月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語  

  30. 高齢者のフレイルと軽度低ナトリウム血症の関係

    藤沢 知里, 梅垣 宏行, 杉本 大貴, 黄 継賢, 三溝 啓, 大西 丈二, 小宮 仁, 鈴木 裕介, 葛谷 雅文, 櫻井 孝

    日本老年医学会雑誌  2020年7月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語  

  31. 食事中のアミノ酸摂取量と将来の認知機能の関連 NILS-LSA縦断研究

    木下 かほり, 大塚 礼, 高田 理浩, 安居 昌子, 西田 裕紀子, 丹下 智香子, 下方 浩史, 葛谷 雅文, 今泉 明, 荒井 秀典

    日本老年医学会雑誌  2020年7月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語  

  32. 軽度認知障害または軽度認知症患者における潜在的な不適切処方に関連している因子の検討

    渡邊 一久, 梅垣 宏行, 藤沢 知里, 柳川 まどか, 鈴木 裕介, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌  2020年7月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語  

  33. 軽度認知障害から軽度認知症患者のQOLとフレイルの関連

    梅垣 宏行, 渡邊 一久, 藤沢 知里, 山田 洋介, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌  2020年7月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語  

  34. 脳白質病変と過活動膀胱の関連性

    小宮 仁, 梅垣 宏行, 大釜 典子, 鈴木 裕介, 櫻井 孝, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌  2020年7月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語  

  35. 老年内科病棟における薬剤総合評価調整加算の取得状況と課題

    松原 匡希, 三溝 啓, 梅垣 宏行, 葛谷 雅文, 山田 清文

    日本老年医学会雑誌  2020年7月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語  

  36. 施設入居高齢者における超音波を用いた脱水評価

    長永 真明, 大西 丈二, 梅垣 宏行, 鈴木 裕介, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌  2020年7月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語  

  37. 実地臨床における「高齢者の在宅医療・介護サービスガイドライン2019」の活用と今後の課題 在宅療養者に対する高齢者総合機能評価 ガイドラインの活用と今後の課題

    中嶋 宏貴, 鈴木 裕介, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌  2020年7月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語  

  38. フレイル HIV感染症と老化との関係

    葛谷 雅文

    臨牀と研究  2020年6月  大道学館出版部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語  

  39. 施設入居高齢者における超音波を用いた脱水評価

    長永 真明, 大西 丈二, 葛谷 雅文

    日本内科学会雑誌  2020年2月  (一社)日本内科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語  

  40. フレイル・サルコペニアを考慮した高齢者の栄養管理 身体機能維持とONS(経口的栄養補助)の重要性

    葛谷 雅文

    学会誌JSPEN  2020年1月  (一社)日本臨床栄養代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語  

  41. Leriche症候群と手術適応の脊柱管狭窄症を合併した肺炎によるCOPD増悪で死亡した1例

    史 榕茜, 大西 丈二, 露木 悠太, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌  2019年10月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語  

  42. 地域在住高齢者における食事パターンとフレイルの関係 NLS-HE研究における横断的解析

    黄 継賢, Arakawa Martins Beatriz, 宇野 千春, 松下 英二, 岡田 希和子, Bonfiglio Viviana, 佐竹 昭介, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌  2019年10月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語  

  43. 嘔吐・下痢にて救急搬送された心不全急性増悪の1例

    山田 洋介, 大西 丈二, 間宮 慶太, 森本 竜太, 葛谷 雅文

    日本老年医学会雑誌  2019年10月  (一社)日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語  

  44. Cognitive function, physical function,and body compositions in elderly with diabetes 国際会議

    Hiroyuki Umegaki, Taeko Makino,Kazuki Uemura,Hiroyuki Shimada,Takahiro Hayashi,Xian Wu Cheng,Masafumi Kuzuya

    13th International Conference on Alzheimer's and Parkinson's Diseases 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Austria Centre   国名:オーストリア共和国  

  45. 高齢者医療におけるサルコペアニ・フレイルならびに認知症の重要性

    葛谷 雅文

    認知症連携医・脳卒中連携医合同研修会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  46. 加齢性疾患における血中アディポネクチンとαシヌクレイン濃度の意義について―高齢者長期縦断研究(SONIC)の検討―、病院および地域におけるCGA(高齢者総合評価)の活用と連携について、血管炎症による認知機能障害の機構解明 招待有り

    葛谷 雅文

    Osaka Tokyo Nagoya Geriatrics Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  47. 老年科医からみた大学とクリニックの認知症診療連携のあり方、知っておきたい『認知症診療のピットフォール』 招待有り

    葛谷 雅文

    地域に根ざす認知症治療を語る会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  48. 健康長寿の秘訣:フレイル・サルコペニア対策 招待有り

    葛谷 雅文

    第9回高山市医師会市民公開講座・高山市国民健康保険健康講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:高山市   国名:日本国  

  49. PCSK阻害薬導入・継続の工夫とは 招待有り

    葛谷 雅文

    雑誌掲載座談会企画「PCSK阻害薬導入・継続の工夫とは」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  50. 健康長寿の秘訣 ―特に栄養・食事を中心に 招待有り

    葛谷 雅文

    奈良県病院協会 市民公開講座 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:奈良県   国名:日本国  

  51. フレイル、サルコペニア、認知機能低下予防のためのランダム化比較試験

    葛谷 雅文

    第12回長寿医療研究センター国際シンポジウム(ランチョンセミナー) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:愛知県   国名:日本国  

  52. フレイルから見た認知症と転倒骨折 招待有り

    葛谷 雅文

    第3回在宅医療に役立つLIVEセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  53. 慢性期病棟、高齢者施設における栄養ケアの問題点と工夫 「ワイプとひとくち栄養法」による誤嚥性肺炎予防の効果―日本医療開発機構科学研究費補助金事業より―

    大原 寛之, 東口 髙志, 菊谷 武, 丸山 道生, 葛谷 雅文, 松崎 政三, 真田 弘美, 鎌倉 やよい, 伊藤 彰博, 森 直治

    第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ホテルグランヴィア岡山   国名:日本国  

  54. How to organize a Nutrition Support Team 招待有り

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  55. 最新の認知症予防の知識ついて 招待有り

    葛谷 雅文

    第4回認知症医療介護推進フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  56. 認知症の薬物療法と栄養管理、食事を含めたトータルケアの重要性 招待有り

    葛谷 雅文

    認知症セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:神奈川県   国名:日本国  

  57. フレイル・サルコペニア、その対策と食事(栄養) 招待有り

    葛谷 雅文

    第29回日本老年麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:アスト津   国名:日本国  

  58. 運動性失語を呈した高齢者の一例

    小笠原 真雄, 中嶋 宏貴, 葛谷 雅文

    第97回中部地区老年医学談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  59. 栄養療法協議会② 高齢者糖尿病における栄養療法と運動療法の関係について

    葛谷 雅文

    第20回日本病態栄養学会年次学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  60. サルコペニア・フレイル対策と栄養 サルコペニア・フレイルの後期高齢者の肥満に体重減少は必要か 招待有り

    葛谷 雅文

    第20回日本病態栄養学会年次学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:国立京都国際会館   国名:日本国  

  61. フレイル・サルコペニアの観点から「高齢者におけるサルコペニア・フレイルの病態と臨床医の対応・注意点 ~抗凝固療法を含めて~」 招待有り

    葛谷 雅文

    地域に根ざした 高齢者医療 ~超高齢化の波:めまぐるしく変化する医療情勢、高齢者に取り巻く疾患を考える~ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  62. MCI患者におけるリン酸化タウ(P-tau)上昇の認知機能への影響の検討

    栁川 まどか, 梅垣 宏行, 牧野 多恵子, 中島 宏貴, 小宮 仁, 鈴木 裕介, 葛谷 雅文

    第35回日本認知症学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京国際フォーラム   国名:日本国  

  63. 前頭葉の大脳皮質下病変は言語的攻撃性に関連する

    大釜 典子, 佐治 直樹, 中井 敏晴, 新飯田 俊平, 櫻井孝, 鳥羽 研二, 梅垣 宏行, 葛谷 雅文

    第35回日本認知症学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京国際フォーラム   国名:日本国  

  64. 地域在住高齢者におけるインスリン抵抗性と認知機能の関連

    梅垣 宏行, 牧野 多恵子, 上村 一貴, 島田 裕之, 葛谷 雅文

    第35回日本認知症学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京国際フォーラム   国名:日本国  

  65. 異なる運動要素が地域在住高齢者の認知機能に及ぼす影響-ApoEε4による層別の検討-

    牧野 多恵子, 梅垣 宏行, 林 尊弘, 成 憲武, 吉田 安子, 島田 裕之, 葛谷 雅文

    第35回日本認知症学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京国際フォーラム   国名:日本国  

  66. 中高年者の知能の加齢変化 招待有り

    葛谷 雅文

    第21回中部老年期認知症研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  67. 高齢者のフレイル ~栄養管理を中心に~ 招待有り

    葛谷 雅文

    高齢者のフレイルを考える会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:富山市   国名:日本国  

  68. 健康長寿に向けた食・栄養の役割~ロコモ・フレイル・サルコ対策を中心に~ 招待有り

    葛谷 雅文

    第8回 味の素KK 食と健康セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  69. 高齢者医療におけるフレイル・サルコペニアの重要性~栄養と骨粗鬆症治療の知見を踏まえて~ 招待有り

    葛谷 雅文

    第40回八事整形医療連携会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  70. FHにおけるPCSK9阻害薬の位置付け

    葛谷 雅文

    Webサイト「ケアネット」 My Style -私はPCSK9阻害薬をこう使う- 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  71. SAMP10マウスにおける運動と若齢マウス骨髄移植併用による加齢性筋萎縮の予防効果

    成 憲武, 井上 愛子, 胡 麗娜, 朴 麗梅, 葛谷 雅文

    第3回日本サルコペニア・フレイル研究会研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:今池ガスビル   国名:日本国  

  72. 社会的孤立と1年後のプレフレイルの発生の関係-NLS-HEより

    松下 英二, 岡田 希和子, 長谷川千紗, 西山 ゆい, 佐竹 昭介, 葛谷 雅文

    第3回日本サルコペニア・フレイル研究会研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:今池ガスビル   国名:日本国  

  73. 地域在住高齢者のフレイル・サルコペニアと記憶機能との関連―豊田市運動介入研究ベースラインデータより―

    林 尊弘, 牧野 多恵子, 梅垣 宏行, 成 憲武, 島田 裕之, 葛谷 雅文

    第3回日本サルコペニア・フレイル研究会研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:今池ガスビル   国名:日本国  

  74. 地域在住高齢者のフレイル・サルコペニアと記憶機能との関連―豊田市運動介入研究ベースラインデータより―

    牧野 多恵子, 梅垣 宏行, 林 尊弘, 成 憲武, 島田 裕之, 葛谷 雅文

    第3回日本サルコペニア・フレイル研究会研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:今池ガスビル   国名:日本国  

  75. 健常高齢者におけるオーラル・フレイル(サルコペニア)と食物摂取状況の関連

    長谷川千紗, 松下 英二, 岡田 希和子, 西山 ゆい, 佐竹 昭介, 葛谷 雅文

    第3回日本サルコペニア・フレイル研究会研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:今池ガスビル   国名:日本国  

  76. 運動によるAdiponectin/AdipoR1活性化を介した筋肉幹細胞動員および再生能力の改善

    井上 愛子, 成 憲武, 胡 麗娜, 朴 麗梅, 葛谷 雅文

    第3回日本サルコペニア・フレイル研究会研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:今池ガスビル   国名:日本国  

  77. フレイルのイベントとしての転倒

    葛谷 雅文

    第3回日本サルコペニア・フレイル研究会研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  78. Exercise restores muscle stem cell mobilization and regenerative capacity via adiponectin/AdipoR1 activation 国際会議

    Inoue A, Cheng XW, Hu L, Piao L, Kuzuya M.

    2nd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Imaike Gas Building   国名:日本国  

  79. Association between dental status and dietary behavior in Japanese healthy older people 国際会議

    Okada K, Ito Y, Matsushita E, Hasegawa C, Satake S, Kuzuya M.

    2nd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Imaike Gas Building   国名:日本国  

  80. Association between sarcopenia and depression in the community-dwelling older adults: A cross-sectional study 国際会議

    Hayashi T, Makino T, Umegaki H, Cheng XW, Shimada H, Kuzuya M.

    2nd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Imaike Gas Building   国名:日本国  

  81. Prevention of muscle wasting with aging in SAMP10 mice by a combination of exercise and intrabone young bone marrow injection 国際会議

    Cheng XW, Inoue A, Hu L, Piao L, Kuzuya M.

    2nd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Imaike Gas Building   国名:日本国  

  82. 健康長寿を目指した動脈硬化予防

    葛谷 雅文

    市民公開講座 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  83. 動脈硬化予防、健康長寿を目指す食事・栄養について 招待有り

    葛谷 雅文

    市民公開講座 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  84. 健康長寿を達成するための秘訣~老年医学から認知症予防を考える~ 招待有り

    葛谷 雅文

    2016年度リンクエナジー特別講座 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  85. 高齢者医療におけるサルコペニア・フレイルの重要性 招待有り

    葛谷 雅文

    平成28年度日本内科学会生涯教育講演会Bセッション 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:仙台市   国名:日本国  

  86. フレイルと人参養栄湯

    葛谷 雅文

    到来するフレイル社会への魁 東海フレイル勉強会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  87. 高齢者の栄養に関する諸問題 招待有り

    葛谷 雅文

    第19回 スキルアップセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  88. 老年医学的認知症の診療 招待有り

    葛谷 雅文

    第3回 港区認知症セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  89. 高齢者・フレイル・認知症を考慮した高血圧治療 招待有り

    葛谷 雅文

    高齢者トータルサポート~認知症を防ぐために、今できる降圧療法~ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:奈良市   国名:日本国  

  90. The importance of HDL Cholesterol Levels in Diabetic Individuals 国際会議

    Ina K, Hayashi T, Kuzuya M.

    12th International Congress of the European Union Geriatric Medicine Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Lisboa Congress Centre Praa das Indústrias   国名:ポルトガル共和国  

  91. Impact of dysphagia and undernutrition on mortality and hospitalization in community-dwelling disabled older people 国際会議

    Enoki H, Sugiyama M, Kuzuya M.

    12th International Congress of the European Union Geriatric Medicine Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Lisboa Congress Centre Praa das Indústrias   国名:ポルトガル共和国  

  92. フレイルと転倒予防 フレイルに対する栄養介入

    葛谷 雅文

    日本転倒予防学会第3回学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:ウインクあいち   国名:日本国  

  93. 高齢者・フレイル・サルコペアと骨粗鬆症―高齢者の安全なADLのために― 招待有り

    葛谷 雅文

    岡山県内科医会・岡山県臨床整形外科医会合同学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岡山県内科医会・岡山県臨床整形外科医会合同学術講演会   国名:日本国  

  94. 「フレイル」に対する健康食品のあり方 招待有り

    葛谷 雅文

    第35回健康食品セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  95. 高齢者における体力と内臓脂肪との関係

    夏目 有紀枝, 吉子 彰人, 梅垣 宏行, 吉田 安子, 牧野 多恵子, 成 憲武, 石田 浩司, 秋間 広, 片山 敬章, 小池 晃彦, 葛谷 雅文, 押田 芳治

    第71回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:盛岡市民文化ホール「マリオス」   国名:日本国  

  96. サルコペニア・フレイルupdate 日本における「サルコペニアガイドライン」ならびに「フレイルの定義」

    牧野 多恵子, 梅垣 宏行, 林 尊弘, 成 憲武, 吉田 安子, 島田 裕之, 葛谷 雅文

    第71回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:盛岡市民文化ホール「マリオス」   国名:日本国  

  97. サルコペニア・フレイルupdate

    葛谷 雅文

    第71回日本体力医学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:盛岡   国名:日本国  

  98. 基本チェックリストにおける主観的認知機能と客観的認知機能との関連

    牧野 多恵子, 梅垣 宏行, 林 尊弘, 成 憲武, 吉田 安子, 島田 裕之, 葛谷 雅文

    第6回日本認知症予防学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:川内北キャンパス   国名:日本国  

  99. 気腫性膀胱炎の1例

    五藤 大貴, 小笠原 真雄, 小宮 仁, 鈴木 裕介, 葛谷 雅文

    第27回日本老年医学会東海地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学医学部附属病院 中央診療棟3階 講堂   国名:日本国  

  100. 持効型GLP-1受容体作動薬を導入することで、インスリン量を減らすことのできた後期高齢者の一例

    金 聖泰, 中嶋 宏貴, 服部 孝二, 小宮 仁, 梅垣 宏行, 葛谷 雅文

    第27回日本老年医学会東海地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学医学部附属病院 中央診療棟3階 講堂   国名:日本国  

  101. シロスタゾールの肺炎予防効果:メタアナリシス

    中嶋 宏貴, 鈴木 裕介, 梅垣 宏行, 葛谷 雅文

    第18回日本在宅医学会大会 第21回日本在宅ケア学会学術集会合同大会&nb