2022/03/30 更新

写真a

タナカ マサミツ
田中 雅光
TANAKA, Masamitsu
所属
大学院工学研究科 電子工学専攻 量子システム工学 助教
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 電気電子情報工学科
職名
助教
外部リンク

学位 2

  1. 博士(工学) ( 2006年3月   名古屋大学 ) 

  2. 修士(工学) ( 2003年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 超伝導エレクトロニクス

  2. 集積回路システム

研究分野 1

  1. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電子デバイス、電子機器  / 電子工学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 超伝導を利用した超高速超低消費電力エレクトロニクスの創製

経歴 8

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科電子工学専攻   助教

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   大学院工学研究科量子工学専攻   助教

    2016年7月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   PhD登龍門推進室   特任講師

    2013年2月 - 2016年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学   PhD登龍門推進室設立準備室   特任講師

    2012年12月 - 2013年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学   高等研究院   特任助教

    2010年7月 - 2012年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学   大学院情報科学研究科情報システム学専攻   特任助教

    2009年4月 - 2010年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学   大学院情報科学研究科情報システム学専攻   研究員

    2007年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 日本学術振興会   研究員

    2005年4月 - 2007年3月

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   工学研究科   電子情報学専攻

    2003年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   工学研究科   電子工学専攻

    2001年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 電気学会   正員

    2013年9月 - 現在

  2. 低温工学・超電導学会   正会員

    2013年7月 - 現在

  3. Institute of Electrical and Electronics Engineers   Senior Member

    2005年1月 - 現在

  4. 応用物理学会   一般会員

    2004年1月 - 現在

  5. 電子情報通信学会   正員

    2002年4月 - 現在

委員歴 8

  1. IEEE Transactions on Applied Superconductivity Editorial Staff   Associate Editor  

    2020年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. Member  

    2016年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 電子情報通信学会英文論文誌C編集委員会   英文論文誌編集委員  

    2020年6月 - 2023年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. 電子情報通信学会Electronics Express編集委員会   英文論文誌編集委員  

    2020年6月 - 2023年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 電気学会量子コンピュータ周辺回路としての低温デジタル回路活用に関する調査専門委員会   幹事  

    2019年11月 - 2021年10月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  6. 電子情報通信学会和文論文誌C編集委員会   和文論文誌編集委員  

    2019年6月 - 2022年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  7. 日本学術振興会超伝導エレクトロニクス第146委員会   幹事  

    2015年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  8. 電気学会位相エンジニアリングに基づく低温エレクトロニクス調査専門委員会   幹事  

    2013年10月 - 2016年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

受賞 4

  1. Design Contest Award Honorable Mention, The 23rd International Symposium on Low Power Electronics and Design (ISLPED)

    2017年7月   The 23rd International Symposium on Low Power Electronics and Design (ISLPED)   1.6-mW, 56-GHz Arithmetic Logic Unit Based on Superconductor Single-Flux-Quantum Logic Circuit

    Masamitsu Tanaka, Ryo Sato, Yuki Hatanaka, Yuichi Matsui, Hiroyuki Akaike, Akira Fujimaki, Koki Ishida, Takatsugu Ono and Koji Inoue

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:台湾

  2. 第19回超伝導科学技術賞

    2015年4月   一般社団法人未踏科学技術協会超伝導科学技術研究会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 日本学術振興会第146委員会賞

    2015年4月   日本学術振興会超伝導エレクトロニクス第146委員会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. 2014年優良発表賞

    2014年5月   低温工学・超電導学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 37

  1. 量子コンピュータ超伝導周辺回路の現状と課題 査読有り

    田中雅光, 山梨裕希

    電気学会論文誌A(基礎・材料・共通部門誌)   142 巻 ( 5 )   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. QECOOL: On-Line Quantum Error Correction with a Superconducting Decoder for Surface Code 査読有り

    Y. Ueno, M. Kondo, M. Tanaka, Y. Suzuki, and Y. Tabuchi

    2021 58th ACM/IEEE Design Automation Conference (DAC)     頁: 451 - 456   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/DAC18074.2021.9586326

  3. Planarized Nb 4-Layer Fabrication Process for Superconducting Integrated Circuits and Its Fabricated Device Evaluation 査読有り 国際誌

    Shuichi Nagasawa, Masamitsu Tanaka, Naoki Takeuchi, Yuki Yamanashi, Shigeyuki Miyajima, Fumihiro China, Taiki Yamae, Koki Yamazaki, Yuta Somei, Naonori Sega, Yoshinao Mizugaki, Hiroaki Myoren, Hirotaka Terai, Mutsuo Hidaka, Nobuyuki Yoshikawa, Akira Fujimaki

    IEICE Transactions on Electronics   E104-C 巻 ( 9 ) 頁: 435 - 445   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We developed a Nb 4-layer process for fabricating superconducting integrated circuits that involves using caldera planarization to increase the flexibility and reliability of the fabrication process. We call this process the planarized high-speed standard process (PHSTP). Planarization enables us to flexibly adjust most of the Nb and SiO2 film thicknesses; we can select reduced film thicknesses to obtain larger mutual coupling depending on the application. It also reduces the risk of intra-layer shorts due to etching residues at the step-edge regions. We describe the detailed process flows of the planarization for the Josephson junction layer and the evaluation of devices fabricated with PHSTP. The results indicated no short defects or degradation in junction characteristics and good agreement between designed and measured inductances and resistances. We also developed single-flux-quantum (SFQ) and adiabatic quantum-flux-parametron (AQFP) logic cell libraries and tested circuits fabricated with PHSTP. We found that the designed circuits operated correctly. The SFQ shift-registers fabricated using PHSTP showed a high yield. Numerical simulation results indicate that the AQFP gates with increased mutual coupling by the planarized layer structure increase the maximum interconnect length between gates.

    DOI: https://doi.org/10.1587/transele.2020SUP0001

  4. Investigation of Timing Parameters in Single-Flux-Quantum Circuits Using Low Critical-Current Junctions and Low Bias Voltages 招待有り 査読有り 国際誌

    M. Kuniyoshi, K. Murase, I. Nagaoka, K. Sano, M. Tanaka, T. Yamashita, and A. Fujimaki

    IEEE Transactions on Applied Superconductivity   31 巻 ( 5 ) 頁: 1101405   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TASC.2021.3067827

  5. Demonstration of a 52-GHz Bit-Parallel Multiplier Using Low-Voltage Rapid Single-Flux-Quantum Logic 招待有り 査読有り 国際誌

    I. Nagaoka, K. Ishida, M. Tanaka, K. Sano, T. Yamashita, T. Ono, K. Inoue, and A. Fujimaki

    IEEE Transactions on Applied Superconductivity   31 巻 ( 5 ) 頁: 1302505   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TASC.2021.3071996

  6. High-Speed Memory Driven by SFQ Pulses Based on 0-π SQUID 査読有り 国際誌

    Yuto Takeshita, Feng Li, Daiki Hasegawa, Kyosuke Sano, Masamitsu Tanaka, Taro Yamashita, Akira Fujimaki

    IEEE Transactions on Applied Superconductivity   31 巻 ( 5 ) 頁: 1100906   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We propose a new cryogenic high-speed and low-power matrix memory required for achieving a high-performance superconductor computing system. The memory cell is based on the 0-π SQUID with conventional Josephson junctions (0-junctions) and a π-shifted ferromagnetic Josephson junction (π-junction). The memory state is stored in the form of two stable states in the 0-π SQUID. The π shift feature of the π-junction eliminates the need for any bias current or magnetic field for the formation of two states, i.e., the memory is non-volatile. In this memory, an impulse-shaped voltage signal generated in single-flux-quantum (SFQ) circuits is used for the write and read operations of the memory state. By using the pulses propagating in passive transmission lines, high-speed and low-power operation can be achieved because a recharging process determining the operation speed and the dominant energy consumption can be eliminated. We fabricated the 0-π SQUID-based pulse-driven memory cells with an SFQ driver. From the static characteristics, we confirmed that the current needed for rewriting can be sufficiently reduced. In addition, we successfully demonstrated the correct write operation in the memory cell by the SFQ pulse train transmitted from the SFQ driver via the passive transmission line.

    DOI: 10.1109/TASC.2021.3060351

  7. 64-GHz Datapath Demonstration for Bit-Parallel SFQ Microprocessors Based on a Gate-Level-Pipeline Structure 招待有り 査読有り 国際誌

    Ryota Kashima, Ikki Nagaoka, Masamitsu Tanaka, Taro Yamashita, Akira Fujimaki

    IEEE Transactions on Applied Superconductivity   31 巻 ( 5 ) 頁: 1301006   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We successfully demonstrated an 8-bit-wide, bit-parallel datapath composed of an arithmetic logic unit and register files for high-throughput oriented SFQ microprocessors based on a gate-level-pipeline structure. Achieving high-speed operation in the bit-parallel datapath is difficult because of feedback paths. We used concurrent-flow clocking and counter-flow clocking in combination to solve the timing problem at the feedback path in the datapath, and we optimized the number of JJs and pipeline stages in the register file for solving the timing issue. We designed the datapath with the cell library for the AIST 10 kA/cm 2 Advanced Process. The total number of pipeline stages, Josephson junctions, and circuit area of the designed datapath were 52, 18448, and 3.81 mm × 4.05 mm, respectively. We obtained a relatively wide bias margin of the designed datapath at the target clock frequency of 50 GHz, and it operated up to 64 GHz in on-chip high-speed testing.

    DOI: 10.1109/TASC.2021.3061353

  8. Synchronous SFQ address encoder for superconductor detector arrays 査読有り 国際共著 国際誌

    Ali Bozbey, Eren Can Aydogan, Kubra Usenmez, Sasan Razmkhah, Masamitsu Tanaka, Akira Fujimaki

    IEEE Transactions on Applied Superconductivity     2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    With the advances in superconductor detectors and single flux quantum (SFQ) logic circuits, megapixel imagers have become possible. Various detectors such as superconducting stripline detectors (SSLD), kinetic inductance detectors (KID), nanowire single-photon detectors have quite matured in terms of speed and performance. However, scaling of the read-out electronics is still a challenge. We propose an SFQ based synchronous address encoder to read-out the response of an SSLD array. The encoder circuit provides two sets of outputs at each clock period: one is the time-division multiplexed, serial data output, and the other is the synchronized address output associated with the time-multiplexed data. So, the number of connections to the room temperature is substantially reduced. We experimentally demonstrate a 2-bit encoder. Then we present the scalability of the circuit to larger arrays and show the simulation results of a 4-bit encoder which is suitable to read-out a 16x16 detector array.

    DOI: 10.1109/TASC.2021.3065000

  9. 超伝導プロセッサ・アーキテクチャ 査読有り

    井上 弘士, 田中 雅光, 石田 浩貴

    低温工学   56 巻 ( 2 ) 頁: 87 - 93   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2221/jcsj.56.87

  10. Low-power high-speed half-flux-quantum circuits driven by low bias voltages 査読有り 国際誌

    Feng Li, Yuto Takeshita, Daiki Hasegawa, Masamitsu Tanaka, Taro Yamashita, Akira Fujimaki

    Superconductor Science and Technology   34 巻 ( 2 ) 頁: 025013   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Half-flux-quantum (HFQ) circuits store and propagate half-flux quanta. The basic circuit element is a 0-π SQUID, which is a superconducting quantum interference device with a conventional Josephson junction (0-junction) and a π-shifted ferromagnetic junction (π-junction). A 0-π SQUID achieves a small critical current in the absence of an external magnetic field, thus reducing power consumption. It is easy to set up 0-0-π SQUIDs with two 0-junctions and a π-junction which serves as a π phase-shifter. We simulated 0-0-π SQUID-based HFQ circuits driven by low bias voltages, referred to as LV-HFQ circuits. In these circuits, shunt resistors are not required for switching junctions because there is no hysteresis in the current–voltage characteristics of 0-0-π SQUIDs. We estimated the power consumption and maximum operating frequency of an HFQ Josephson transmission line based on 0-0-π SQUIDs. When operating at 43.5 GHz, the power dissipation of a single element composed of a 0-0-π SQUID and a bias resistor fell to about 0.165 nW when biased at 60 μV. The LV-HFQ circuit is potentially more power-efficient than all other currently available superconducting logic circuits.

    DOI: 10.1088/1361-6668/abcaac

  11. SFQ Parallel Encoders Promising for Video Imaging With Superconductor Stripline Detectors 査読有り 国際共著 国際誌

    Masamitsu Tanaka, Misaki Kozaka, Kyohei Kamiya, Kübra Üsenmez, Eren Can Aydo ̆gan, Sasan Razmkhah, Ali Bozbey, Akira Fujimaki

    IEEE Transactions on Applied Superconductivity   31 巻 ( 1 ) 頁: 1300106   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report demonstration of a readout circuit with high-throughput single flux quantum (SFQ) based encoders for a large-scale video imaging system with a conventional frame rate. The encoders are fully parallel and integrated on the same chip as linear arrays of serially connected superconductor stripline detectors (SSLDs), superconducting quantum interference device (SQUID) based comparators, and SFQ synchronizers. Mutual coupling of parallel SSLDs and SQUID-based comparators allows the use of only one dc bias line; it is possible to use thousands of SSLDs without increasing the bias current or number of bias ports. To achieve crosstalk-free readout, the serially connected SSLDs are separated by low-pass filters or large inductors. We experimentally demonstrated crosstalk-free readout including SFQ parallel encoders from 1-D or 2-D serially connected SSLD arrays.

    DOI: 10.1109/TASC.2020.3013385

  12. Investigation of Timing Parameters in Single-Flux-Quantum Circuits Using Low Critical-Current Junctions and Low Bias Voltages 査読有り 国際誌

    Manami Kuniyoshi, Ken Murase, Ikki Nagaoka, Kyosuke Sano, Masamitsu Tanaka, Taro Yamashita, Akira Fujimaki

    IEEE Transactions on Applied Superconductivity     2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this study, the trade-off among power consumptions, operating frequencies, and error rates in low-power single-flux-quantum (SFQ) circuit is investigated. The power consumption of SFQ circuits can be reduced by the lowering critical currents (Ic values) of the Josephson junctions (JJs), or the bias voltage (Vb). The shifts and spreads of timing parameter fluctuations when Ic and Vb were lowered were numerically analyzed, with consideration of thermal noise at 4.2 K. The timing behaviors after Ic was lowered were relatively simple, being based on the signal-to-noise ratio, whereas those for lowered Vb values were complicated because of the dynamic behaviors of JJs driven at reduced voltage. The simulation results imply that the operating frequencies decreased because the timing windows narrowed, but the highest energy efficiency was obtained when we lowered Ic or Vb to 6.25% of their conventional values, and the energy reduction after lowering of Vb was 26% better than that after lowering of Ic. Moreover, if a small error rate (for example 10-6) is acceptable, further improvement in energy efficiency would be expected at significantly higher clock frequencies than would be the case if the SFQ circuit must exhibit error-free operation.

    DOI: 10.1109/TASC.2021.3067827

  13. Demonstration of a 52-GHz Bit-Parallel Multiplier Using Low-Voltage Rapid Single-Flux-Quantum Logic 査読有り 国際誌

    Ikki Nagaoka, Koki Ishida, Masamitsu Tanaka, Kyosuke Sano, Taro Yamashita, Takatsugu Ono, Koji Inoue, Akira Fujimaki

    IEEE Transactions on Applied Superconductivity     2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. SuperNPU: An Extremely Fast Neural Processing Unit Using Superconducting Logic Devices 査読有り 国際共著

    Koki Ishida, Ilkwon Byun, Ikki Nagaoka, Kosuke Fukumitsu, Masamitsu Tanaka, Satoshi Kawakami, Teruo Tanimoto, Takatsugu Ono, Jangwoo Kim, Koji Inoue

    2020 53rd Annual IEEE/ACM International Symposium on Microarchitecture (MICRO)     頁: 58 - 72   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/MICRO50266.2020.00018

  15. 32 GHz 6.5 mW Gate-Level-Pipelined 4-Bit Processor using Superconductor Single-Flux-Quantum Logic 査読有り 国際誌

    Koki Ishida, Masamitsu Tanaka, Ikki Nagaoka, Takatsugu Ono, Satoshi Kawakami, Teruo Tanimoto, Akira Fujimaki, Koji Inoue

    2020 IEEE Symposium on VLSI Circuits     2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    A Single-Flux-Quantum (SFQ) 4-bit throughput-oriented processor has successfully been demonstrated at up to 32 GHz with the measured power consumption of 6.5 mW. This is the first implementation of the gate-level-pipelined processor, and it achieves 2.5 Tera-Operations Per Watt (TOPS/W) by circuit and architectural optimizations.

    DOI: 10.1109/VLSICircuits18222.2020.9162826

  16. A 48GHz 5.6mW Gate-Level-Pipelined Multiplier Using Single-Flux Quantum Logic 査読有り 国際誌

    Nagaoka Ikki, Tanaka Masamitsu, Inoue Koji, Fujimaki Akira

    2019 IEEE International Solid-State Circuits Conference (ISSCC)   62 巻   頁: 460   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    A multiplier based on superconductor single-flux-quantum (SFQ) logic is demonstrated up to 48GHz with the measured power consumption of 5.6 mW. The multiplier performs 8 × 8-bit signed multiplication every clock cycle. The design is based on a bit-parallel, gate-level-pipelined structure that exploits ultimately high-throughput performance of SFQ logic. The test chip fabricated using a 1.0-μm, 9-layer process consists of 20,251 Nb/AlOx/Nb Josephson junctions (JJs). The correctness of operation is verified by on-chip high-speed testing.

    DOI: 10.1109/ISSCC.2019.8662351

    Web of Science

  17. ムーアの法則の限界が見えた今,デバイス研究はどこに向かうのか ―コンピュータアーキテクチャの視点から― 査読有り

    井上弘士, 川上哲志, 田中雅光

    電子情報通信学会誌   102 巻 ( 10 ) 頁: 957-962   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  18. Fundamental Study on the Nanocryotron Properties by the Numerical Calculation

    Inoue Masumi, Izaki Kazuki, Goto Yuki, Sano Kyosuke, Yamashita Taro, Tanaka Masamitsu, Fujimaki Akira

    IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY   29 巻 ( 5 )   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TASC.2019.2904585

    Web of Science

  19. Magnetic Josephson Junctions on Nb Four-layer Structure for Half Flux Quantum Circuits

    Hasegawa Daiki, Takeshita Yuto, Sano Kyosuke, Tanaka Masamitsu, Fujimaki Akira, Yamashita Taro

    2019 IEEE INTERNATIONAL SUPERCONDUCTIVE ELECTRONICS CONFERENCE (ISEC)     2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  20. Demonstration of an Energy-Efficient, Gate-Level-Pipelined 100 TOPS/W Arithmetic Logic Unit Based on Low-Voltage Rapid Single-Flux-Quantum Logic

    Nagaoka Ikki, Tanaka Masamitsu, Sano Kyosuke, Yamashita Taro, Fujimaki Akira, Inoue Koji

    2019 IEEE INTERNATIONAL SUPERCONDUCTIVE ELECTRONICS CONFERENCE (ISEC)     2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  21. 超伝導単一磁束量子回路による50 GHzビット並列演算マイクロプロセッサに向けた要素回路設計 招待有り 査読有り

    田中雅光, 佐藤諒, 石田浩貴, 畑中湧貴, 松井裕一, 小野貴継, 井上弘士, 藤巻朗

    電子情報通信学会論文誌C   101-C 巻 ( 10 ) 頁: 389-399   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Energy/Space-Efficient Rapid Single-Flux-Quantum Circuits by Using pi-Shifted Josephson Junctions

    Kamiya Tomohiro, Tanaka Masamitsu, Sano Kyosuke, Fujimaki Akira

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E101C 巻 ( 5 ) 頁: 385-390   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/transele.E101.C.385

    Web of Science

  23. Towards Ultra-High-Speed Cryogenic Single-Flux-Quantum Computing 招待有り 査読有り

    Ishida Koki, Tanaka Masamitsu, Ono Takatsugu, Inoue Koji

    IEICE Transactions on Electronics   E101C 巻 ( 5 ) 頁: 359-369   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/transele.E101.C.359

    Web of Science

  24. Thermally Assisted Superconductor Transistors for Josephson-CMOS Hybrid Memories 招待有り 査読有り

    Sano Kyosuke, Suzuki Masato, Maruyama Kohei, Taniguchi Soya, Tanaka Masamitsu, Fujimaki Akira, Inoue Masumi, Yoshikawa Nobuyuki

    IEICE Transactions on Electronics   E101C 巻 ( 5 ) 頁: 370-377   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/transele.E101.C.370

    Web of Science

  25. 単一磁束量子回路に基づくマイクロプロセッサの動向と展望 査読有り

    田中雅光, 藤巻朗, 井上弘士

    低温工学   52 巻 ( 5 ) 頁: 323-331   2017年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.2221/jcsj.52.323

  26. Investigation Into the Individual Configuration of Superconducting Phase Shift Elements Made of Ferromagnetic Patterns for Reconfigurable Circuits 査読有り

    Taniguchi Soya, Ito Hiroshi, Ishikawa Kouta, Kurokawa Sota, Tanaka Masamitsu, Akaike Hiroyuki, Fujimaki Akira

    IEEE Transactions on Applied Superconductivity   27 巻 ( 4 )   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TASC.2016.2642054

    Web of Science

  27. Josephson-CMOS Hybrid Memory With Nanocryotrons 査読有り

    Tanaka Masamitsu, Suzuki Masato, Konno Gen, Ito Yuki, Fujimaki Akira, Yoshikawa Nobuyuki

    IEEE Transactions on Applied Superconductivity   27 巻 ( 4 )   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TASC.2016.2646929

    Web of Science

  28. High-Speed Operation of Random-Access-Memory-Embedded Microprocessor With Minimal Instruction Set Architecture Based on Rapid Single-Flux-Quantum Logic 招待有り 査読有り

    Sato Ryo, Hatanaka Yuki, Ando Yuki, Tanaka Masamitsu, Fujimaki Akira, Takagi Kazuyoshi, Takagi Naofumi

    IEEE Transactions on Applied Superconductivity   27 巻 ( 4 ) 頁: 1300505   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TASC.2016.2642049

    Web of Science

  29. 単一磁束量子回路向けマイクロプロセッサのアーキテクチャ探索 査読有り

    石田浩貴, 田中雅光, 小野貴継, 井上弘士

    情報処理学会論文誌   58 巻 ( 3 ) 頁: 629–643   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. 強磁性パターンを用いた磁束量子パラメトロンの論理機能切り替え 査読有り

    伊藤大, 谷口壮耶, 黒川綜太, 田中雅光, 赤池宏之, 藤巻朗

    電気学会論文誌A(基礎・材料・共通部門誌)   136 巻 ( 12 ) 頁: 753-758   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejfms.136.753

  31. シャント抵抗を排した低電圧駆動単一磁束量子回路の低エネルギー化 査読有り

    田中雅光, 佐藤諒, 畑中湧貴, 藤巻朗

    電気学会論文誌A(基礎・材料・共通部門誌)   136 巻 ( 12 ) 頁: 740-746   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejfms.136.740

  32. Development of an Optimizer for Vortex Transitional Memory Using Particle Swarm Optimization 招待有り 査読有り

    Karamuftuoglu Mustafa Altay, Demirhan Seda, Komura Yuto, Celik Mustafa Eren, Tanaka Masamitsu, Bozbey Ali, Fujimaki Akira

    IEEE Transactions on Applied Superconductivity   26 巻 ( 8 )   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TASC.2016.2598761

    Web of Science

  33. High-Density Shift-Register-Based Rapid Single-Flux-Quantum Memory System for Bit-Serial Microprocessors 査読有り

    Tanaka Masamitsu, Sato Ryo, Hatanaka Yuki, Fujimaki Akira

    IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY   26 巻 ( 5 )   2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TASC.2016.2555905

    Web of Science

  34. Design and Demonstration of an 8-bit Bit-Serial RSFQ Microprocessor: CORE e4 査読有り

    Ando Yuki, Sato Ryo, Tanaka Masamitsu, Takagi Kazuyoshi, Takagi Naofumi, Fujimaki Akira

    IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY   26 巻 ( 5 )   2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TASC.2016.2565609

    Web of Science

  35. High-Throughput Rapid Single-Flux-Quantum Circuit Implementations for Exponential and Logarithm Computation Using the Radix-2 Signed-Digit Representation 査読有り

    Tanaka Masamitsu, Takagi Kazuyoshi, Takagi Naofumi

    IEICE Transactions on Electronics   E99C 巻 ( 6 ) 頁: 703-709   2016年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/transele.E99.C.703

    Web of Science

  36. Development of an Advanced Circuit Model for Superconducting Strip Line Detector Arrays 査読有り

    Bozbey Ali, Kita Yuma, Kamiya Kyohei, Kozaka Misaki, Tanaka Masamitsu, Ishida Takekazu, Fujimaki Akira

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E99C 巻 ( 6 ) 頁: 676-682   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/transele.E99.C.676

    Web of Science

  37. Rapid Single-Flux-Quantum Circuits Fabricated Using 20-kA/cm2 Nb/AlOx/Nb Process 査読有り

    Masamitsu Tanaka, Misaki Kozaka, Yuma Kita, Akira Fujimaki, Shuichi Nagasawa, Mutsuo Hidaka

    IEEE Trans. Appl. Supercond.   25 巻 ( 3 ) 頁: 1100304   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TASC.2014.2365100

▼全件表示

MISC 3

  1. Superconductor Computing for Neural Networks 査読有り 国際共著

    K. Ishida, I. Byun, I. Nagaoka, K. Fukumitsu, M. Tanaka, S. Kawakami, T. Tanimoto, T. Ono, J. Kim, K. Inoue  

      41 巻 ( 3 ) 頁: 19 - 26   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/MM.2021.3070488

  2. QECOOL: On-Line Quantum Error Correction with a Superconducting Decoder for Surface Code

    Yosuke Ueno, Masaaki Kondo, Masamitsu Tanaka, Yasunari Suzuki, Yutaka Tabuchi  

    arXiv:2103.14209 [quant-ph]   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

    Due to the low error tolerance of a qubit, detecting and correcting errors on it is essential for fault-tolerant quantum computing. Surface code (SC) associated with its decoding algorithm is one of the most promising quantum error correction (QEC) methods. % One of the challenges of QEC is its high complexity and computational demand. QEC needs to be very power-efficient since the power budget is limited inside of a dilution refrigerator for superconducting qubits by which one of the most successful quantum computers (QCs) is built. In this paper, we propose an online-QEC algorithm and its hardware implementation with SFQ-based superconducting digital circuits. We design a key building block of the proposed hardware with an SFQ cell library and evaluate it by the SPICE-level simulation. Each logic element is composed of about 3000 Josephson junctions and power consumption is about 2.78 uW when operating with 2 GHz clock frequency which meets the required decoding speed. Our decoder is simulated on a quantum error simulator for code distances 5 to 13 and achieves a 1.0% accuracy threshold.

  3. 超伝導技術に基づく超省エネルギーコンピューティング 査読有り

    田中 雅光  

    電子情報通信学会誌 = The journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers101 巻 ( 12 ) 頁: 1207-1211   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

講演・口頭発表等 180

  1. π-π-π SQUIDs: The Switching Element of HFQ Circuits Operating at mK 招待有り

    F. Li, D. Pham, Y. Takeshita, K. Kato, M. Tanaka, T. Yamashita, A. Fujimaki

    The 69nd Japan Society of Applied Physics Spring Meeting, 2022  2022年3月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Sagamihara and Online   国名:日本国  

  2. インパルス信号によるメモリセルの状態制御の実証

    竹下雄登, 藤澤日向, 加藤健人, 東正志, 李峰, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    第69回応用物理学会春季学術講演会  2022年3月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:青山学院大学相模原キャンパス(神奈川県相模原市)+オンライン   国名:日本国  

  3. 高透磁率を得るためのπ接合を用いたSQUIDの解析

    東正志, 竹下雄登, 加藤健人, 藤澤日向, 李峰, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    第69回応用物理学会春季学術講演会  2022年3月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:青山学院大学相模原キャンパス(神奈川県相模原市)+オンライン   国名:日本国  

  4. 25 kA/cm2 Nb/Al/AlOx /Al/Nb接合を用いた単一磁束量子シフトレジスタの170 GHz動作

    田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗, 牧瀬圭正, 永沢秀一, 日高睦夫

    第69回応用物理学会春季学術講演会  2022年3月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:青山学院大学相模原キャンパス(神奈川県相模原市)+オンライン   国名:日本国  

  5. NbNベース半磁束量子回路によるトグルフリップフロップ回路の設計と作製

    杉本理駆, 大場絢次郎, Pham Duong, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    第69回応用物理学会春季学術講演会  2022年3月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:青山学院大学相模原キャンパス(神奈川県相模原市)+オンライン   国名:日本国  

  6. 量子ビットとのモノリシック実装に向けたNbNベース超低消費電力単一磁束量子回路の設計

    中山彪之助, 上田伴春, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    第69回応用物理学会春季学術講演会  2022年3月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:青山学院大学相模原キャンパス(神奈川県相模原市)+オンライン   国名:日本国  

  7. 超伝導量子ビット制御に向けた窒化物系超伝導集積回路プロセスの開発

    宮嶋茂之, 山下太郎, 田中雅光, 竹内尚輝, 寺井弘高

    第69回応用物理学会春季学術講演会  2022年3月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:青山学院大学相模原キャンパス(神奈川県相模原市)+オンライン   国名:日本国  

  8. 量子ビット制御に向けた250 A/cm2低臨界電流密度プロセスによる単一磁束量子回路の設計

    田中雅光, 北川佳廣, 佐藤哲朗, 山本剛

    第69回応用物理学会春季学術講演会  2022年3月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:青山学院大学相模原キャンパス(神奈川県相模原市)+オンライン   国名:日本国  

  9. 単一磁束量子回路に基づくゲートレベルパイプライン浮動小数点演算器の動作実証

    長岡一起, 加島亮太, 田中雅光, 川上哲志, 谷本輝夫, 山下太郎, 井上弘士, 藤巻朗

    2022年電子情報通信学会総合大会  2022年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  10. 半磁束量子回路の回路パラメータ最適化

    種村匠真, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    2022年電子情報通信学会総合大会  2022年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  11. 単一磁束量子回路の面積削減へ向けた細線受動伝送線路用ビアホールの設計と評価

    加島亮太, 長岡一起, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    2022年電子情報通信学会総合大会  2022年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  12. SFQ伝搬回路のインタラクティブ可視化

    三浦昭, 松崎恵一, 石田貴行, 田中雅光, 井上弘士

    2022年電子情報通信学会総合大会  2022年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  13. 宇宙機での利用に向けたデバイス開発に係る可視化 —単一磁束量子回路の例—

    三浦昭, 松崎恵一, 石田貴行, 田中雅光, 井上弘士

    2021年度宇宙科学情報解析シンポジウム  2022年2月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  14. Half-flux-quantum circuits using π-shifted ferromagnetic junctions 招待有り 国際会議

    Feng Li, Yuto Takeshita, Daiki Hasegawa, Masamitsu Tanaka, Taro Yamashita, Akira Fujimaki

    34th International Symposium on Superconductivity (ISS2021)  2021年12月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月 - 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Online   国名:日本国  

  15. π-phase shift in NbN-based Josephson junctions with weak ferromagnet Pd89Ni11 interlayer

    Duong Pham, Riku Sugimoto, Kenjiro Oba, Yuto Takeshita, Feng Li, Masamitsu Tanaka, Taro Yamashita, Akira Fujimaki

    2021年11月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  16. Superconducting Quantum Circuits toward Demonstration of Quantum Advantage in Simultaneous Quantum Messages Protocols 国際会議

    T. Yamashita, D. Pham, M. Tanaka, K. Inomata, and H. Nishimura

    The Joint Workshop of 14th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2021) and 3rd Workshop on Quantum and Classical Cryogenic Devices, Circuits, and Systems (QCCC 2021)  2021年11月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  17. Low-power Half-flux-quantum Circuits and the Fabrication Process Based on Ferromagnetic SFIS Josephson Junctions 国際会議

    F. Li, Y. Takeshita, D. Hasegawa, M. Tanaka, T. Yamashita, and A. Fujimaki

    The Joint Workshop of 14th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2021) and 3rd Workshop on Quantum and Classical Cryogenic Devices, Circuits, and Systems (QCCC 2021)  2021年11月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  18. Controlling Flexibility of Information Carrier Using Magnetic Josephson Junctions toward Highly Energy-Efficient Processing 国際会議

    M. Tanaka, M. Higashi, T. Yamashita, A. Fujimaki, K. Makise, and T. Ono

    The Joint Workshop of 14th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2021) and 3rd Workshop on Quantum and Classical Cryogenic Devices, Circuits, and Systems (QCCC 2021)  2021年11月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  19. Study on Pulse-Driven, Low Energy Consumption Memory Based on 0-π SQUIDs 国際会議

    Y. Takeshita, F. Li, H. Fujisawa, K. Kato, M. Higashi, M. Tanaka, T. Yamashita, and A. Fujimaki

    The Joint Workshop of 14th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2021) and 3rd Workshop on Quantum and Classical Cryogenic Devices, Circuits, and Systems (QCCC 2021)  2021年11月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  20. Pursuit of High-Speed Operation and Low Energy Consumption in Superconductor Logic Circuits 国際会議

    A. Fujimaki, F. Li, M. Tanaka, and T. Yamashita

    The Joint Workshop of 14th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2021) and 3rd Workshop on Quantum and Classical Cryogenic Devices, Circuits, and Systems (QCCC 2021)  2021年11月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  21. 単一磁束量子回路に基づくゲートレベルパイプライン浮動小数点演算器の設計

    長岡一起, 加島亮太, 田中雅光, 山下太郎, 川上哲志, 井上弘士, 藤巻朗

    2021年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2021年9月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  22. アンシャント接合による加算器の高速化

    国吉真波, 長岡一起, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    2021年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2021年9月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  23. 低レイテンシ化を目的としたインターリーブ方式レジスタを伴う単一磁束量子データパスの動作実証

    加島亮太, 長岡一起, 中埜智貴, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    2021年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2021年9月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  24. 磁性ジョセフソン接合を用いたインパルス駆動型超伝導メモリセルの動作実証

    藤澤日向, 竹下雄登, 加藤健人, 東正志, 李峰, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    第82回応用物理学会秋季学術講演会  2021年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  25. 高透磁率を得るためのπ接合を用いた人工スピン系の提案

    東正志, 竹下雄登, 加藤健人, 藤澤日向, 李峰, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗, 藤巻朗

    第82回応用物理学会秋季学術講演会  2021年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  26. 10kA/cm2プロセスを用いた単一磁束子100GHzビット並列加算器の実証

    中埜智貴, 長岡一起, 加島亮太, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    第82回応用物理学会秋季学術講演会  2021年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  27. 半磁束量子を利用した小面積Tフリップフロップの解析

    中村, 祐介正志, 東正志, 竹下雄登, 李峰, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗, 山下太郎, 藤巻朗

    第82回応用物理学会秋季学術講演会  2021年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  28. インパルス信号による超伝導マトリクスメモリの内部状態の読み出し

    加藤健人, 竹下雄登, 藤澤日向, 東正志, 李峰, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗, 藤巻朗

    第82回応用物理学会秋季学術講演会  2021年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  29. 量子ビット応用に向けた絶縁層を含む強磁性ジョセフソン接合の開発

    大場絢次郎, PhamDuong, 杉本理駆, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    第82回応用物理学会秋季学術講演会  2021年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  30. π-π-π SQUIDに基づく半磁束量子Tフリップフロップ

    李峰, 竹下雄登, 東正志, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    第82回応用物理学会秋季学術講演会  2021年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  31. Demonstration of impulse-driven, high-speed memories based on 0-π SQUIDs 国際会議

    Y. Takeshita, H. Fujisawa, K. Kato, M. Higashi, F. Li, M. Tanaka, T. Yamashita, and A. Fujimaki

    15th European Conference on Applied Superconductivity (EUCAS 2021)  2021年9月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Online  

  32. Demonstration of π-phase shift in NbN-based Josephson junctions with Pd89 Ni11 ferromagnetic interlayers 国際会議

    D. Pham, R. Sugimoto, K. Oba, Y. Takeshita, F. Li, M. Tanaka, T. Yamashita, and A. Fujimaki

    15th European Conference on Applied Superconductivity (EUCAS 2021)  2021年9月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online  

  33. Implementation of a High-Throughput Bit-Parallel Microprocessor Using Single-Flux-Quantum Logic 招待有り 国際会議

    I. Nagaoka, R. Kashima, T. Nakano, M. Tanaka, T. Yamashita, and A. Fujimaki

    15th European Conference on Applied Superconductivity (EUCAS 2021)  2021年9月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Online  

  34. Study on magnetic properties of π-junction-based artificial spin systems 国際会議

    M. Higashi, Y. Takeshita, K. Kato, H. Fujisawa, F. Li, M. Tanaka, T. Yamashita, and A. Fujimaki

    15th European Conference on Applied Superconductivity (EUCAS 2021)  2021年9月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Online  

  35. Demonstration of Half-Flux-Quantum T-Flip Flops Made up with only π Junctions 国際会議

    F. Li, Y. Takeshita, K. Kato, M. Higashi, M. Tanaka, T. Yamashita, and A. Fujimaki

    15th European Conference on Applied Superconductivity (EUCAS 2021)  2021年9月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Online  

  36. 磁場変調周期が半磁束量子となるSQUIDの評価

    竹下雄登, 東正志, 李峰, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    電子情報通信学会超伝導エレクトロニクス研究会  2021年8月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  37. フィードバックパスを伴う単一磁束量子回路の高スループット・低レイテンシ化

    加島亮太, 長岡一起, 中埜智貴, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    電子情報通信学会超伝導エレクトロニクス研究会  2021年8月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  38. 超伝導回路を用いた量子誤り訂正向け オンライン復号器の提案

    上野洋典, 近藤正章, 田中雅光, 鈴木泰成, 田渕豊

    情報処理学会第2回量子ソフトウェア研究発表会  2021年3月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  39. 超伝導ニューラルネットワーク・アクセラレータのアーキテクチャ探索を目的とした電力性能モデリング 国際共著

    石田浩貴, IlkwonByun, 長岡一起, 福光孝介, 田中雅光, 川上哲志, 谷本輝夫, 小野貴継, 藤巻朗, JangwooKim, 井上弘士

    組込み技術とネットワークに関するワークショップ ETNET2021  2021年3月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  40. 磁性ジョセフソン接合を含むSQUIDによる半磁束量子単位変調

    竹下雄登, 加藤健人, 長谷川大輝, 李峰, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    第68回応用物理学会春季学術講演会  2021年3月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  41. 半磁束量子-単一磁束量子変換回路の実証

    中村祐介, 長谷川大輝, 竹下雄登, 李峰, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    第68回応用物理学会春季学術講演会  2021年3月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  42. パルス駆動型超伝導マトリクスメモリにおけるセル選択に関する研究

    加藤健人, 竹下雄登, 東正志, 長谷川大輝, 藤澤日向, 李峰, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    第68回応用物理学会春季学術講演会  2021年3月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  43. パルス駆動型メモリの実現に向けた低電流で駆動可能なメモリセルの設計と評価

    藤澤日向, 竹下雄登, 加藤健人, 東正志, 長谷川大輝, 李峰, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    第68回応用物理学会春季学術講演会  2021年3月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  44. NbN/PdNi/NbN 接合におけるジョセフソン臨界電流の強磁性膜厚依存性

    杉本理駆, PhamDuong, 中村颯, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    第68回応用物理学会春季学術講演会  2021年3月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  45. SFQアニーラに向けた単一のスピン素子の特性評価

    東正志, 長谷川大輝, 竹下雄登, 加藤健人, 藤澤日向, 李峰, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    第68回応用物理学会春季学術講演会  2021年3月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  46. NbN-based Josephson junction with PdNi-ferromagnetic barrier 国際会議

    Duong Pham, Riku Sugimoto, Hayate Nakamura, Masamitsu Tanaka, Taro Yamashita, Akira Fujimaki, Yasunobu Nakamura

    American Physical Society (APS) March Meeting 2021  2021年3月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online   国名:アメリカ合衆国  

  47. アンシャント接合によるSFQ論理ゲートのエネルギー効率の向上

    国吉真波, 長岡一起, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    電子情報通信学会2021年総合大会  2021年3月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  48. 単一磁束量子回路に基づく 50GHzビット並列演算マイクロプロセッサの設計

    長岡一起, 加島亮太, 中埜智貴, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    電子情報通信学会2021年総合大会  2021年3月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  49. 単一磁束量子回路の高集積化へ向けた細線受動伝送線路の評価

    加島亮太, 長岡一起, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    電子情報通信学会2021年総合大会  2021年3月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  50. 低消費電力単一磁束量子回路の動作周波数の調査

    国吉真波, 村瀬健, 長岡一起, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    電子情報通信学会超伝導エレクトロニクス研究会  2021年1月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  51. Study on superconductor low-energy particle detectors for measurement of angular correlation between neutrino and electron in beta decay

    Masamitsu Tanaka and Masaaki Kitaguchi

    2020年12月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  52. Quantum error correction with a superconducting decoder 国際会議

    Yosuke Ueno, Masaaki Kondo, Masamitsu Tanaka, Yasunari Suzuki, Yutaka Tabuchi

    2nd Workshop on Quantum and Classical Cryogenic Devices, Circuits, and Systems (QCCC 2020)  2020年12月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online   国名:日本国  

  53. Extremely energy-efficient processing using superconductor circuits near physical limits 国際会議

    Masamitsu Tanaka, Manami Kuniyoshi, Ken Murase, Ikki Nagaoka, Taro Yamashita, Akira Fujimaki

    2nd Workshop on Quantum and Classical Cryogenic Devices, Circuits, and Systems (QCCC 2020)  2020年12月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online   国名:日本国  

  54. Study on pulse-driven, high-speed memory based on 0-π SQUIDs with passive transmission lines 国際会議

    Yuto Takeshita, Feng Li, Daiki Hasegawa, Kyosuke Sano, Masamitsu Tanaka, Taro Yamashita, Akira Fujimaki

    2020 Applied Superconductivity Conference (ASC 2020)  2020年10月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月 - 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online   国名:アメリカ合衆国  

  55. 50-GHz datapath for parallel SFQ microprocessors based on gate-level-pipeline architecture 招待有り 国際会議

    Ryota Kashima, Ikki Nagaoka, Masamitsu Tanaka, Kyosuke Sano, Taro Yamashita, Akira Fujimaki

    2020 Applied Superconductivity Conference (ASC 2020)  2020年11月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月 - 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Online   国名:アメリカ合衆国  

  56. Demonstration of π-junction-based SQUIDs with half-flux-quantum modulation periods for energy-efficient circuits 国際会議

    Feng Li, Yuto Takeshita, Daiki Hasegawa, Masamitsu Tanaka, Taro Yamashita, Akira Fujimaki

    2020 Applied Superconductivity Conference (ASC 2020)  2020年11月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月 - 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online   国名:アメリカ合衆国  

  57. Investigation of timing parameters in single flux quantum circuits using low critical current junctions and low bias voltages 国際会議

    Manami Kuniyoshi, Ken Murase, Ikki Nagaoka, Kyosuke Sano, Masamitsu Tanaka, Taro Yamashita, Akira Fujimaki

    2020 Applied Superconductivity Conference (ASC 2020)  2020年11月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月 - 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Online   国名:アメリカ合衆国  

  58. High-density routing with wire length matching for single-flux-quantum circuits using thin passive transmission lines 国際会議

    Kei Kitamura, Masamitsu Tanaka, Takahiro Kawaguchi, Ikki Nagaoka, Kazuyoshi Takagi, Akira Fujimaki, Naofumi Takagi

    2020 Applied Superconductivity Conference (ASC 2020)  2020年11月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月 - 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online   国名:アメリカ合衆国  

  59. Analysis on half flux quantum circuits formed with π and conventional Josephson junctions 国際会議

    Daiki Hasegawa, Yuto Takeshita, Feng Li, Kyosuke Sano, Masamitsu Tanaka, Taro Yamashita, Akira Fujimaki

    2020 Applied Superconductivity Conference (ASC 2020)  2020年11月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月 - 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Online   国名:アメリカ合衆国  

  60. Study on the nanocryotron switching behavior by the numerical calculation 国際会議

    Masumi Inoue, Ikumi Miyazaki, Kazuki Izaki, Kyosuke Sano, Taro Yamashita, Masamitsu Tanaka, Akira Fujimaki

    2020 Applied Superconductivity Conference (ASC 2020)  2020年11月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月 - 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Online   国名:アメリカ合衆国  

  61. Demonstration of a 52-GHz, energy-efficient, bit-parallel multiplier using low-voltage rapid single-flux-quantum logic 国際会議

    Ikki Nagaoka, Koki Ishida, Masamitsu Tanaka, Kyosuke Sano, Taro Yamashita, Takatsugu Ono, Koji Inoue, Akira Fujimaki

    2020 Applied Superconductivity Conference (ASC 2020)  2020年11月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月 - 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online   国名:アメリカ合衆国  

  62. Proposal of SFQ annealer using π-junction-based SQUIDs operating at 4 k 国際会議

    Masashi Higashi, Daiki Hasegawa, Yuto Takeshita, Feng Li, Masamitsu Tanaka, Taro Yamashita, Akira Fujimaki

    2020 Applied Superconductivity Conference (ASC 2020)  2020年10月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月 - 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online   国名:アメリカ合衆国  

  63. 単一磁束量子回路に基づく並列処理データパスの 64GHz動作実証

    加島亮太, 長岡一起, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    2020年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2020年9月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  64. フィードバックループを含む単一磁束量子回路の高周波設計に向けたカウンターフロー方式シフトレジスタのタイミング解析

    長岡一起, 加島亮太, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    2020年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2020年9月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  65. 低消費電力単一磁束量子回路における論理ゲートのタイミングパラメータ解析

    国吉真波, 長岡一起, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    2020年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2020年9月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  66. 半磁束量子回路の実現に向けた基本素子の作製

    長谷川大輝, 加藤健人, 東正志, 竹下雄登, 李峰, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    第81回応用物理学会秋季学術講演会  2020年9月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  67. SFQパルス駆動型超伝導メモリ実現に向けたメモリセルの静特性評価

    竹下雄登, 李峰, 長谷川大輝, 加藤健人, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    第81回応用物理学会秋季学術講演会  2020年9月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  68. 広帯域配線を備えた超伝導デジタル回路用冷凍機システムの特性評価

    村瀬健, 藤巻朗, 山下太郎, 田中雅光, 佐野京佑

    第81回応用物理学会秋季学術講演会  2020年9月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  69. SFQアニーラにおける隣接するスピン間の相互作用の影響

    東正志, 長谷川大輝, 竹下雄登, 李峰, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    第81回応用物理学会秋季学術講演会  2020年9月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  70. π位相シフタに向けたコバルト障壁層をもつ強磁性ジョセフソン接合の作製と評価

    中村颯, 杉本理駆, PhamDuong, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    第81回応用物理学会秋季学術講演会  2020年9月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  71. 単一磁束量子回路に基づく50 GHz並列処理データパスの設計

    加島亮太, 長岡一起, 田中雅光, 佐野京佑, 山下太郎, 藤巻朗

    電子情報通信学会2020年総合大会  2020年3月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島大学   国名:日本国  

  72. 単一磁束量子回路に基づく低電圧駆動ゲートレベルパイプライン算術論理演算器の設計と評価

    長岡一起, 田中雅光, 佐野京佑, 山下太郎, 井上弘士, 藤巻朗

    電子情報通信学会2020年総合大会  2020年3月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島大学   国名:日本国  

  73. 低電圧駆動単一磁束量子回路における論理ゲートのタイミングパラメータの解析

    国吉真波, 村瀬健, 長岡一起, 佐野京佑, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    電子情報通信学会2020年総合大会  2020年3月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島大学   国名:日本国  

  74. 超伝導受動線路を用いたパルス駆動型超伝導メモリの開発

    竹下雄登, 長谷川大輝, 李峰, 佐野京佑, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    第67回応用物理学会春季学術講演会  2020年3月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:上智大学   国名:日本国  

  75. 半磁束量子回路の実証に向けた動作解析

    長谷川大輝, 竹下雄登, 李峰, 佐野京佑, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    第67回応用物理学会春季学術講演会  2020年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:上智大学   国名:日本国  

  76. 4.2Kで動作するSFQアニーラに向けたπ接合を用いたSQUIDの解析

    東正志, 長谷川大輝, 竹下雄登, LiFeng, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    第67回応用物理学会春季学術講演会  2020年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:上智大学   国名:日本国  

  77. コバルト障壁層をもつ強磁性ジョセフソン接合の作製と評価

    中村颯, 加藤悠輝, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗

    第67回応用物理学会春季学術講演会  2020年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:上智大学   国名:日本国  

  78. 接合付加による半磁束量子回路の低消費エネルギー化

    藤巻朗, 李峰, 竹下雄登, 長谷川大輝, 佐野京佑, 田中雅光, 山下太郎

    第67回応用物理学会春季学術講演会  2020年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:上智大学   国名:日本国  

  79. Pi-phase shift in NbN-based Josephson junctions with weak ferromagnet Pd89Ni11 interlayer

    D. Pham, R. Sugimoto, K. Oba, Y. Takeshita, F. Li, M. Tanaka, T. Yamashita, A. Fujimaki

    2021年11月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:online   国名:日本国  

  80. インパルス駆動型マルチビットメモリの作製と実証

    竹下雄登, 藤澤日向, 加藤健人, 東正志, 李峰, 田中雅光, 山下太郎, 藤巻朗, 藤巻朗

    第82回応用物理学会秋季学術講演会  2021年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  81. Development of gate-level-pipelined SFQ circuits toward ultra-high-speed cryogenic computing 招待有り 国際会議

    Masamitsu Tanaka, Ikki Nagaoka, Koki Ishida, Kyosuke Sano, Taro Yamashita, Takatsugu Ono, Koji Inoue, Akira Fujimaki

    13th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2020) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Yokohama, Japan   国名:日本国  

  82. Development of 50-GHz, high-throughput rapid single-flux-quantum circuits toward ultra-fast, energy-efficient computing 招待有り 国際会議

    Masamitsu Tanaka, Ikki Nagaoka, Kyosuke Sano, Taro Yamashita, Koki Ishida, Takatsugu Ono, Koji Inoue, Akira Fujimaki

    10th Asian Conference on Applied Superconductivity and Cryogenics (ACASC), 2nd International Cryogenic Materials Conference in Asia (Asian-ICMC), and CSSJ Joint Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Okinawa, Japan   国名:日本国  

  83. 単一磁束量子回路の現状と将来展望 ~高速性と低エネルギー性を如何に両立するか~

    田中雅光

    応用物理学会超伝導分科会第60回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  84. π-shifted SQUID based circuits and applications for classical computing and beyond 国際会議

    Masamitsu Tanaka, Yuto Takeshita, Daiki Hasegawa, Feng Li, Kyosuke Sano, Taro Yamashita, Akira Fujimaki

    1st Workshop on Quantum and Classical Cryogenic Devices, Circuits, and Systems (QCCC 2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Japan   国名:日本国  

  85. ランダムアクセスメモリにおける超伝導ナノ構造ラインドライバの検討 (超伝導エレクトロニクス)

    佐野 京佑, 近藤 真生, 田中 雅光, 山下 太郎, 井上 真澄, 藤巻 朗

    電子情報通信学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  86. Numerical analysis of low-power logic family based on half flux quantum using π-shifted Josephson junctions 国際会議

    Masamitsu Tanaka, Tomohiro Kamiya, Yuto Takeshita, Yuta Yoshinomoto, Daiki Hasegawa, Kyosuke Sano, Taro Yamashita, Akira Fujimaki

    17th International Superconductive Electronics Conference (ISEC 2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Riverside, CA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  87. 単一磁束量子回路に基づくゲートレベル・パイプライン算術論理演算器の高エネルギー効率化と0.3mW, 30GHz動作実証

    田中雅光, 長岡一起, 石田浩貴, 佐野京佑, 山下太郎, 小野貴継, 井上弘士, 藤巻朗

    2019年並列/分散/協調処理に関する『北見』サマー・ワークショップ(SWoPP2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北見   国名:日本国  

  88. Study on superconductor low-energy particle detectors for measurement of angular correlation between neutrino and electron in beta decay

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  89. 単一磁束量子回路によるビット並列演算マイクロプロセッサに向けたデータパスの高速動作

    畑中湧貴, 長岡一起, 松井裕一, 石田浩貴, 佐野京佑, 田中雅光, 小野貴継, 井上弘士, 藤巻朗

    電子情報通信学会2018年総合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  90. πシフトジョセフソン接合を用いた超伝導デジタル回路の設計

    神谷智大, 谷口壮耶, 佐野京佑, 田中雅光, 藤巻朗

    第65回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  91. 強磁性マトリクスメモリと断熱型量子磁束パラメトロンによる読み出し回路の設計と試作

    岩下颯斗, 谷口壮耶, 加藤悠輝, 佐野京佑, 田中雅光, 藤巻朗

    第65回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  92. ナノクライオトロンの作製と静特性評価

    丸山晃平, 鈴木雅斗, 佐野京佑, 山下太郎, 田中雅光, Ali Bozbey, 藤巻朗, 井上真澄

    第65回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  93. 位相エンジニアリングによる磁束量子回路の高性能化

    藤巻朗, 谷口壮耶, 田中雅光

    平成30年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡市   国名:日本国  

  94. Power conversion efficiency of superconductor rectifier 国際会議

    Soya Taniguchi, Haruki Kato, Tomohiro Kamiya, Hayato Iwashita, Kyosuke Sano, Masamitsu Tanaka, Akira Fujimaki

    11th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2018) / 6th CRAVITY Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tsukuba   国名:日本国  

  95. AQFP readout for ferromagnetic matrix memory 国際会議

    Hayato Iwashita, Soya Taniguchi, Haruki Kato, Kyosuke Sano, Masamitsu Tanaka, Akira Fujimaki

    11th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2018) / 6th CRAVITY Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tsukuba   国名:日本国  

  96. Study on operation principle of nanocryotrons 国際会議

    Kyohei Maruyama, Masato Suzuki, Naoki Kondo, Kyosuke Sano, Masamitsu Tanaka, Masumi Inoue, Akira Fujimaki

    11th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2018) / 6th CRAVITY Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tsukuba   国名:日本国  

  97. Study on magnetically-controlled delay time in Josephson transmission lines 国際会議

    Yuichi Matsui, Kyosuke Sano, Masamitsu Tanaka, Akira Fujimaki

    11th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2018) / 6th CRAVITY Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tsukuba   国名:日本国  

  98. Low-power half single flux quantum circuits using π-shifted Josephson junctions 国際会議

    Tomohiro Kamiya, Soya Taniguchi, Kyosuke Sano, Masamitsu Tanaka, Akira Fujimaki

    11th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2018) / 6th CRAVITY Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tsukuba   国名:日本国  

  99. 擬二次元超伝導を利用したナノ構造デバイスの検討

    佐野京佑, 鈴木雅斗, 丸山晃平, 田中雅光, 藤巻朗, 井上真澄

    電気学会金属・セラミックス超電導機器合同研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  100. 超伝導整流素子による単一磁束量子回路の高効率駆動の検討

    加藤悠輝, 谷口壮耶, 神谷智大, 岩下颯斗, 佐野京佑, 田中雅光, 藤巻朗

    電気学会金属・セラミックス超電導機器合同研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  101. Numerical analysis of rapid single-flux-quantum circuits composed of 0- and π-shifted Josephson junctions 国際会議

    Tomohiro Kamiya, Soya Taniguchi, Kyosuke Sano, Masamitsu Tanaka, Akira Fujimaki

    30th International Symposium on Superconductivity (ISS2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tokyo   国名:日本国  

  102. Cryogenic Digital Electronics --Challenges for Practical Use-- 招待有り 国際会議

    Akira Fujimaki, Masamitsu Tanaka

    30th International Symposium on Superconductivity (ISS2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Tokyo   国名:日本国  

  103. Execution of stored programs in a single­flux­quantum microprocessor with embedded memories at 50 GHz 招待有り 国際会議

    Akira Fujimaki, Ryo Sato, Yuki Hatanaka, Yuichi Matsui, Kazuyoshi Takagi, Naofumi Takagi, Masamitsu Tanaka

    13th European Conference on Applied Superconductivity (EUCAS 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Geneva   国名:スイス連邦  

  104. 単一磁束量子回路による並列演算マイクロプロセッサに向けたデータパスの設計と評価

    畑中湧貴, 松井裕一, 田中雅光, 佐野京佑, 藤巻朗, 石田浩貴, 小野貴継, 井上弘士

    電子情報通信学会2017年ソサイエティ大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  105. 単一磁束量子回路による並列演算マイクロプロセッサに向けたレジスタファイル

    松井裕一, 畑中湧貴, 田中雅光, 佐野京佑, 藤巻朗, 石田浩貴, 小野貴継, 井上弘士

    電子情報通信学会2017年ソサイエティ大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  106. Towards to ultra high-speed single-flux-quantum computing 国際会議

    Koji Inoue, Masamitsu Tanaka

    Arm Research Summit 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Cambridge   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  107. NbN薄膜における抵抗率の膜厚依存性

    榊原啓人, 佐野京佑, 田中雅光, 赤池宏之, 藤巻朗

    第78回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡市   国名:日本国  

  108. 磁性体を用いた単一磁束量子4入力ルックアップテーブルの動作実証

    岩下颯斗, 谷口壮耶, 田中雅光, 藤巻朗

    第78回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡市   国名:日本国  

  109. 熱拡散効果を取り入れた熱援用ナノ構造デバイスモデルの検討

    佐野京佑, 鈴木雅斗, 丸山晃平, 田中雅光, 藤巻朗, 井上真澄

    第78回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡市   国名:日本国  

  110. NbTiN薄膜を用いたナノクライオトロンの特性評価

    鈴木雅斗, 丸山晃平, 佐野京佑, 田中雅光, 藤巻朗, 井上真澄

    第78回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡市   国名:日本国  

  111. 超伝導デジタル回路のための磁性体を用いた超伝導整流素子の開発

    谷口壮耶, 神谷智大, 岩下颯斗, 佐野京佑, 田中雅光, 藤巻朗

    第78回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡市   国名:日本国  

  112. NbTiN薄膜を用いた超伝導熱援用ナノ構造トランジスタの作製と評価

    佐野京佑, 鈴木雅斗, 丸山晃平, 田中雅光, 藤巻朗

    電気学会金属・セラミックス超電導機器合同研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:いわき市   国名:日本国  

  113. 磁性体を用いた超伝導整流素子

    谷口壮耶, 岩下颯斗, 佐野京佑, 田中雅光, 藤巻朗

    電気学会金属・セラミックス超電導機器合同研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:いわき市   国名:日本国  

  114. Monolithic image sensor chips with highly sensitive single-flux-quantum readout circuits 国際会議

    Akira Fujimaki, Kyohei Kamiya, Hayato Iwashita, Masamitsu Tanaka, Ali Bozbey

    16th International Superconductive Electronics Conference (ISEC 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Sorrento   国名:イタリア共和国  

  115. High-throughput bit-parallel arithmetic logic unit using rapid single-flux-quantum logic 国際会議

    Masamitsu Tanaka, Ryo Sato, Yuki Hatanaka, Yuichi Matsui, Hiroyuki Akaike, Akira Fujimaki, Koki Ishida, Takatsugu Ono, Koji Inoue

    16th International Superconductive Electronics Conference (ISEC 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sorrento   国名:イタリア共和国  

  116. Impact of recent advancement in cryogenic circuit technology 招待有り 国際会議

    Akira Fujimaki, Masamitsu Tanaka

    16th International Superconductive Electronics Conference (ISEC 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Sorrento   国名:イタリア共和国  

  117. Demonstration of a compact look-up table based on superconducting phase shift elements using ferromagnetic patterns 国際会議

    Soya Taniguchi, Hiroshi Ito, Takuya Kurihara, Masamitsu Tanaka, Hiroyuki Akaike, Akira Fujimaki

    16th International Superconductive Electronics Conference (ISEC 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Sorrento   国名:イタリア共和国  

  118. NbTiN薄膜によるナノ構造熱援用デバイスの作製

    田中雅光, 鈴木雅斗, 丸山晃平, 佐野京佑, 赤池宏之, 藤巻朗

    第94回低温工学・超電導学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  119. 50 GHz動作を目指した単一磁束量子並列算術論理演算回路

    佐藤諒, 畑中湧貴, 松井祐一, 田中雅光, 赤池宏之, 藤巻朗, 井上弘士

    電子情報通信学会2017年総合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  120. アドバンスドプロセスにおける超伝導受動伝送線路の細線化

    畑中湧貴, 田中雅光, 赤池宏之, 藤巻朗

    電子情報通信学会2017年総合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  121. 磁性体を用いた単一磁束量子ルックアップテーブルの高速動作実証

    谷口壮耶, 伊藤大, 栗原卓也, 田中雅光, 赤池宏之, 藤巻朗

    第64回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜市   国名:日本国  

  122. NbTiN薄膜によるナノ構造CMOSドライバの作製

    鈴木雅斗, 丸山晃平, 田中雅光, 赤池宏之, 藤巻朗

    第64回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜市   国名:日本国  

  123. 超伝導ストリップライン検出器における読み出し回路の評価

    岩下颯斗, 神谷恭平, 田中雅光, Ali Bozbey, 赤池宏之, 藤巻朗

    第64回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜市   国名:日本国  

  124. プログラム実行のための最小構成単一磁束量子マイクロプロセッサCORE e2の高周波動作評価

    佐藤諒, 田中雅光, 畑中湧貴, 赤池宏之, 藤巻朗, 高木一義, 髙木直史

    第64回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜市   国名:日本国  

  125. Demonstration of stored program computing in a 50-GHz SFQ microprocessor with embedded memories 国際会議

    Akira Fujimaki, Ryo Sato, Yuki Hatanaka, Hiroyuki Akaike, Kazuyoshi Takagi, Takagi Naofumi, Masamitsu Tanaka

    10th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Japan   国名:日本国  

  126. Design of arithmetic logic ALU toward single-flux-quantum gate- level-pipelined microprocessor 国際会議

    Masamitsu Tanaka, Ryo Sato, Yuki Hatanaka, Yuichi Matsui, Hiroyuki Akaike, Akira Fujimaki, Koki Ishida, Takatsugu Ono, Koji Inoue

    10th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Japan   国名:日本国  

  127. Interface circuits for high-impedance superconductor passive transmission lines 国際会議

    Yuki Hatanaka, Masamitsu Tanaka, Hiroyuki Akaike, Akira Fujimaki

    10th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Japan   国名:日本国  

  128. Fabrication of nano-structure transistor based on NbTiN thin films for driving CMOS 国際会議

    Masato Suzuki, Kohei Maruyama, Masamitsu Tanaka, Hiroyuki Akaike

    10th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Japan   国名:日本国  

  129. Evaluation of a SFQ look-up table based on superconducting phase shift elements for reconfigurable circuits 国際会議

    Soya Taniguchi, Hiroshi Ito, Takuya Kurihara, Masamitsu Tanaka, Hiroyuki Akaike, Akira Fujimaki

    10th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Japan   国名:日本国  

  130. Detection sensitivity of single-flux-quantum readout circuits for superconducting strip line detectors 国際会議

    Hayato Iwashita, Kyohei Kamiya, Masamitsu Tanaka, Ali Bozbey, Hiroyuki Akaike, Akira Fujimaki

    10th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Japan   国名:日本国  

  131. Logic design of a single-flux-quantum gate-level-pipelined microprocessor 招待有り 国際会議

    Koki Ishida, Masamitsu Tanaka, Takatsugu Ono, Koji Inoue

    10th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Nagoya, Japan   国名:日本国  

  132. Energy-efficient, high-performance microprocessors based on single-flux-quantum logic 招待有り 国際会議

    Masamitsu Tanaka, Ryo Sato, Yuki Hatanaka, Yuki Ando, Takahiro Kawaguchi, Koki Ishida, Akira Fujimaki, Kazuyoshi Takagi, Naofumi Takagi, Takatsugu Ono, Koji Inoue

    29th International Symposium on Superconductivity (ISS 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Tokyo, Japan   国名:日本国  

  133. Implementation of a look-up table based on phase shift elements and dual-rail SFQ circuits 国際会議

    Soya Taniguchi, Hiroshi Ito, Takuya Kurihara, Masamitsu Tanaka, Hiroyuki Akaike, Akira Fujimaki

    29th International Symposium on Superconductivity (ISS 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tokyo, Japan   国名:日本国  

  134. 単一磁束量子回路を用いたシフトレジスタ型キャッシュメモリ・アーキテクチャの提案

    石田浩貴, 田中雅光, 小野貴継, 井上弘士

    デザインガイア2016 —VLSI設計の新しい大地— 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨木市   国名:日本国  

  135. Demonstration of position-identifying SFQ circuits with two dimensional superconducting strip line detector arrays 国際会議

    Akira Fujimaki, Kyohei Kamiya, Misaki Kozaka, Ryosuke Naito, Masamitsu Tanaka, Hiroyuki Akaike

    3rd International Workshop on Superconducting Sensors and Detectors (IWSSD 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tsukuba, Japan   国名:アメリカ合衆国  

  136. Eight-bit bit-serial stored-program computer prototype based on rapid single-flux-quantum logic 招待有り 国際会議

    Ryo Sato, Yuki Hatanaka, Yuki Ando, Takahiro Kawaguchi, Masamitsu Tanaka, Akira Fujimaki, Kazuyoshi Takagi, Naofumi Takagi

    1st Asian ICMC and CSSJ 50th Anniversary Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Kanazawa, Japan   国名:日本国  

  137. Investigation on cryogenic systems for superconductor digital electronics 国際会議

    Akira Fujimaki, Masato Suzuki, Yuki Ito, Hiroyuki Akaike, Masamitsu Tanaka

    1st Asian ICMC and CSSJ 50th Anniversary Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kanazawa, Japan   国名:日本国  

  138. 2次元直列接続超伝導細線検出器アレイによるイメージセンシングシステムの構築

    神谷恭平, 上阪岬, 内藤亮介, 田中雅光, Ali Bozbey, 赤池宏之, 藤巻朗

    電子情報通信学会超伝導エレクトロニクス研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台市   国名:日本国  

  139. Single-flux-quantum cache memory architecture 国際会議

    Koki Ishida, Masamitsu Tanaka, Takatsugu Ono, Koji Inoue

    13th International SoC Design Conference (ISOCC 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Jeju, Korea   国名:大韓民国  

  140. プログラム実行のための最小構成単一磁束量子マイクロプロセッサCORE e2 の試作と評価

    佐藤諒, 田中雅光, 畑中湧貴, 赤池宏之, 藤巻朗, 高木一義, 高木直史

    電子情報通信学会2016年ソサイエティ大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌市   国名:日本国  

  141. 100 万画素中性子イメージングに向けた超伝導細線検出器アレイと単一磁束量子読み出し回路の開発

    藤巻朗, 神谷恭平, 内藤亮介, 上阪岬, 田中雅光, 赤池宏之

    電子情報通信学会2016年ソサイエティ大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌市   国名:日本国  

  142. アンシャント接合を用いた高エネルギー効率高速単一磁束量子回路

    畑中湧貴, 佐藤諒, 田中雅光, 赤池宏之, 藤巻朗

    電子情報通信学会2016年ソサイエティ大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌市   国名:日本国  

  143. PdNi/AlOx障壁層を用いたπジョセフソン接合の作製

    伊藤大, 谷口壮耶, 栗原卓也, 田中雅光, 赤池宏之, 藤巻朗

    第77回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟市   国名:日本国  

  144. 磁性体を用いた二線式SFQ回路に基づくルックアップテーブルの評価

    谷口壮耶, 伊藤大, 田中雅光, 赤池宏之, 藤巻朗

    第77回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟市   国名:日本国  

  145. HfOx障壁層形成法がNbTiN接合特性に与える効果

    宗本健太郎, 榊原啓人, 田中雅光, 赤池宏之, 藤巻朗

    第77回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟市   国名:日本国  

  146. NbTiN薄膜によるナノ構造トランジスタの作製

    鈴木雅斗, 田中雅光, 赤池宏之, 藤巻朗

    第77回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟市   国名:日本国  

  147. Investigation on the individual configuration method of superconducting phase shift elements made of ferromagnetic patterns 国際会議

    Soya Taniguchi, Hiroshi Ito, Kota Ishikawa, Sota Kurokawa, Masamitsu Tanaka, Hiroyuki Akaike, Akira Fujimaki

    2016 Applied Superconductivity Conference (ASC 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Denver, CO, USA   国名:アメリカ合衆国  

  148. Josephson-CMOS hybrid memory with nanocryotrons 国際会議

    Akira Fujimaki, Yuki Ito, Masato Suzuki, Masamitsu Tanaka, Gen Konno, Nobuyuki Yoshikawa

    2016 Applied Superconductivity Conference (ASC 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Denver, CO, USA   国名:アメリカ合衆国  

  149. Demonstration of 4×4 superconductor matrix image sensors integrated with single-flux-quantum digital signal processors 国際会議

    Akira Fujimaki, Misaki Kozaka, Kyohei Kamiya, Ryosuke Naito, Mutsuo Hidaka, Takekazu Ishida, Masamitsu Tanaka

    2016 Applied Superconductivity Conference (ASC 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Denver, CO, USA   国名:アメリカ合衆国  

  150. High-speed operation of random-access-memory-embedded microprocessors based on rapid single-flux- quantum logic 招待有り 国際会議

    Akira Fujimaki, Ryo Sato, Yuki Hatanaka, Yuki Ando, Masamitsu Tanaka, Kazuyoshi Takagi, Naofumi Takagi

    2016 Applied Superconductivity Conference (ASC 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Denver, CO, USA   国名:アメリカ合衆国  

  151. Operation of adiabatic quantum flux parametron logic circuits based on π phase shift elements with ferromagnetic material 国際会議

    Hiroshi Ito, Soya Taniguchi, Sota Kurokawa, Kota Ishikawa, Takuya Kurihara, Masamitsu Tanaka, Hiroyuki Akaike, Akira Fujimaki

    2016 Applied Superconductivity Conference (ASC 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Denver, CO, USA   国名:アメリカ合衆国  

  152. Suppression of heat inflow and Joule heat in closed cycle refrigerator test system with broad band inputs and outputs 国際会議

    Akira Fujimaki, Yuki Ito, Masato Suzuki, Masamitsu Tanaka

    2016 Applied Superconductivity Conference (ASC 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Denver, CO, USA   国名:アメリカ合衆国  

  153. 直列接続超伝導細線検出器アレイのSFQ読み出しとディジタル信号処理

    内藤亮介, 神谷恭平, 上阪岬, 田中雅光, 藤巻朗

    電子情報通信学会超伝導エレクトロニクス研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:さいたま市   国名:日本国  

  154. 単一磁束量子回路を用いたマイクロプロセッサの論理設計と評価

    石田浩貴, 田中雅光, 小野貴継, 井上弘士

    LSIとシステムのワークショップ2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  155. アンシャント接合を用いた低電圧単一磁束量子回路の動作実証

    畑中湧貴, 佐藤諒, 田中雅光, 藤巻朗

    電子情報通信学会超伝導エレクトロニクス研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  156. 高機能単一磁束量子マイクロプロセッサとランダムアクセスメモリのオンチップ実装

    佐藤諒, 安藤友紀, 田中雅光, 藤巻朗, 高木一義, 高木直史

    電子情報通信学会超伝導エレクトロニクス研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  157. Demonstration of Individual Readout of Serially-Connected Superconducting Strip Line Detectors 国際会議

    Kyohei Kamiya, Yuma Kita, Misaki Kozaka, Masamitsu Tanaka, Ali Bozbey, and Akira Fujimaki

    15th International Superconductive Electronics Conference (ISEC 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  158. Low-Voltage Bit-Serial Single-Flux-Quantum Microprocessor for Integrating Memories 国際会議

    Ryo Sato, Kensuke Takata, Masamitsu Tanaka, Akira Fujimaki, Naofumi Takagi, and Kazuyoshi Takagi

    15th International Superconductive Electronics Conference (ISEC 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  159. Development of an Optimizer for Vortex Transitional Memory using Particle Swarm Optimization 国際会議

    Mustafa A. Karamüftüoğlu, Seda Demirhan, Yuto. Komura, Mustafa E. Çelik, Masamitsu Tanaka, Ali Bozbey, and Akira Fujimaki

    15th International Superconductive Electronics Conference (ISEC 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  160. Reconfigurable Logic Gate of Quantum-Flux-Parametron Using Magnetic Material 国際会議

    Sota Kurokawa, Akihisa Tsune, Hiroshi Ito, Soya Taniguchi, Kota Ishikawa, Masamitsu Tanaka, Hiroyuki Akaike, and Akira Fujimaki

    15th International Superconductive Electronics Conference (ISEC 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  161. Development of Bit-Serial RSFQ Microprocessors Integrated with Shift-Register-Based Random Access Memories 国際会議

    Masamitsu Tanaka, Kensuke Takata, Ryo Sato, Akira Fujimaki, Takahiro Kawaguchi, Yuki Ando, Kazuyoshi Takagi, Naofumi Takagi, and Nobuyuki Yoshikawa

    15th International Superconductive Electronics Conference (ISEC 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  162. Demonstration of an 8-bit SFQ Carry Look-Ahead Adder using Clockless Logic Cells 国際会議

    Takahiro Kawaguchi, Masamitsu Tanaka, Kazuyoshi Takagi, and Naofumi Takagi

    15th International Superconductive Electronics Conference (ISEC 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  163. Application of Superconducting Phase Shift Elements Made of Ferromagnetic Patterns to Single-Flux-Quantum Circuits for Reconfigurable Functions 国際会議

    Soya Taniguchi, Hiroshi Ito, Kota Ishikawa, Sota Kurokawa, Akihisa Tsune, Masamitsu Tanaka, Hiroyuki Akaike, and Akira Fujimaki

    15th International Superconductive Electronics Conference (ISEC 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  164. Vortex Transitional Memory Developed with Nb 4-Layer, 10-kA/cm2 Fabrication Process 国際会議

    Yuto Komura, Masamitsu Tanaka, Akira Fujimaki, Shuichi Nagasawa, and Ali Bozbey

    15th International Superconductive Electronics Conference (ISEC 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  165. Experimentally Verified Numerical analysis of serially connected superconducting strip line detector arrays driven by a single current source 国際会議

    Ali Bozbey, Yuma Kita, Misaki Kozaka, Masamitsu Tanaka, Takekazu Ishida, and Akira Fujimaki

    15th International Superconductive Electronics Conference (ISEC 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  166. 80-GHz Operation of an 8-bit RSFQ Arithmetic Logic Unit 国際会議

    Yuki Ando, Ryo Sato, Masamitsu Tanaka, Kazuyoshi Takagi, and Naofumi Takagi

    15th International Superconductive Electronics Conference (ISEC 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  167. ニオブ4 層高JCプロセスを用いた小型磁束遷移メモリの開発

    幸村勇斗, 田中雅光, 藤巻朗, 永沢秀一, Ali Bozbey

    第91回2015年度春季低温工学・超電導学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:産業技術総合研究所つくばセンター(茨城県つくば市)   国名:日本国  

  168. 直列接続多元超伝導検出器アレイの個別読出し

    神谷恭平, 喜多祐真, 上阪岬, Ali Bozbey, 藤巻朗, 田中雅光

    2015年第62回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東海大学湘南キャンパス(神奈川県平塚市)   国名:日本国  

  169. 磁性体を用いた超伝導位相シフタによる単一磁束量子回路の多機能化の検討

    谷口壮耶, 伊藤大, 石川航太, 黒川綜太, 津根彰久, 田中雅光, 赤池宏之, 藤巻朗

    2015年第62回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東海大学湘南キャンパス(神奈川県平塚市)   国名:日本国  

  170. 磁性体を用いた再構成可能な磁束量子パラメトロン回路

    黒川綜太, 津根彰久, 伊藤大1, 谷口 壮耶, 田中雅光, 赤池宏之, 藤巻 朗

    2015年第62回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東海大学湘南キャンパス(神奈川県平塚市)   国名:日本国  

  171. 20kA/cm2 Nb/AlOx/Nb接合を用いたRSFQ 100 GHzビットシリアル加算器

    田中雅光, 佐藤諒, 藤巻朗, 永沢秀一, 日高 睦夫

    2015年第62回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東海大学湘南キャンパス(神奈川県平塚市)   国名:日本国  

  172. 機能を拡張した8ビットシリアル単一磁束量子マイクロプロセッサの設計

    佐藤諒, 高田賢介, 田中雅光, 藤巻朗, 高木一義, 高木直史

    2015年電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学びわこ・くさつキャンパス(滋賀県草津市)   国名:日本国  

  173. 高密度単一磁束量子シフトレジスタメモリシステムの実装

    田中雅光, 藤巻朗

    2015年電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学びわこ・くさつキャンパス(滋賀県草津市)   国名:日本国  

  174. 35-GHz Demonstration of Energy-Efficient Microprocessor Based on Low-Voltage RSFQ Circuit 国際会議

    Masamitsu Tanaka, Yuhi Hayakawa, Kensuke Takata, Akira Fujimaki

    Applied Superconductivity Conference (ASC 2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  175. Low-Voltage Rapid Single-Flux-Quantum Circuits Fabricated Using 20-kA/cm2 Nb/AlOx/Nb Process 国際会議

    Masamitsu Tanaka, Misaki Kozaka, Yuma Kita, Akira Fujimaki, Shuichi Nagasawa, Mutsuo Hidaka

    Applied Superconductivity Conference (ASC 2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  176. Monolithic Integrated Circuits Composed of 1000 Neutron Detectors and Rapid Single Flux Quantum Readout Circuits 国際会議

    Akira Fujimaki, Yuma Kita, Keisuke Ito, Misaki Kozaka, Masamitsu Tanaka, Mutsuo Hidaka, Takekazu Ishida

    Applied Superconductivity Conference (ASC 2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  177. 20kA/cm2プロセスによる低エネルギ単一磁束量子回路の評価

    田中雅光, 上阪岬, 喜多佑真, 藤巻朗, 永沢秀一, 日高睦夫

    第89回2014年度春季低温工学・超電導学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:タワーホール船堀(東京都江戸川区)   国名:日本国  

  178. Development of Datapath for RSFQ High-Performance, Energy-Efficient Microprocessors Based on Bit-Slice Microarchitecture 国際会議

    Masamitsu Tanaka, Yuhi Hayakawa, Kensuke Takata, Akira Fujimaki, Yukio Ohmomo, Takahiro Kawaguchi, Kazuyoshi Takagi, Naofumi Takagi

    4th International Conference on Superconductivity and Magnetism (ICSM 2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月 - 2014年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:トルコ共和国  

  179. 高エネルギー効率超伝導回路

    田中雅光

    日本学術振興会超伝導エレクトロニクス第146委員会第92回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:メルパルク東京(東京都港区)   国名:日本国  

  180. 10 kA/cm2 Nbプロセスを用いた4bit ビットスライスALUの設計と評価

    髙田賢介, 早川雄飛, 田中雅光, 藤巻朗

    電子情報通信学会2014年総合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟大学   国名:日本国  

▼全件表示

Works(作品等) 1

  1. 超伝導単一磁束量子集積回路測定結果データベース Leporis

    2005年7月
    -
    現在

     詳細を見る

    作品分類:データベース  

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. 人工スピンで作る柔らかさ可変の担体による高エネルギー効率情報処理

    研究課題番号:JPMJCR20C5  2020年12月 - 2026年3月

    戦略的創造研究推進事業(CREST) 

    田中 雅光

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:186550000円 ( 直接経費:143500000円 、 間接経費:43050000円 )

    柔らかさ可変の情報担体とは、安定して情報を保持する状態から、外部の擾乱を受けやすい状態までを自在に調整でき、その代わりスイッチングに伴う消費エネルギーを広い範囲で動的に調整できる情報担体を指します。超伝導デバイスを用いた人工スピンを集積化し、柔らかさ可変の情報担体による非厳密高エネルギー効率演算回路や、情報担体の相互作用を利用したコンピューティングについて、分野横断型アプローチにより研究します。

  2. 超伝導量子回路の集積化技術の開発

    研究課題番号:JPMJMS2067  2020年12月 - 2026年3月

    ムーンショット型研究開発事業 

    山本 剛

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:183300000円 ( 直接経費:141000000円 、 間接経費:42300000円 )

  3. 低炭素AI 処理基盤のための⾰新的超伝導コンピューティング

    研究課題番号:JPMJMI18E1  2018年11月 - 2023年3月

    未来社会創造事業 

    井上弘士

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:61100000円 ( 直接経費:47000000円 、 間接経費:14100000円 )

    現代コンピュータの飛躍的な性能向上を支えてきた半導体の微細化がついに終焉を迎えようとしている。この問題を解決するには、トランジスタ数の増大という従来の量的アプローチではなく、デバイスから抜本的に見直した質的変革が必要である。そこで本研究では、我が国が世界的優位性を持つ超伝導集積回路に着目し、100 TOPS/W 級の超高速かつ低消費電力動作が可能な新しいAI処理エンジンの実現可能性を明らかにする。挑戦性は、従来の回路レベルに閉じたタイミングエラーの解決は敢えて放棄し、徹底的な高速動作を探求すると同時に、アーキテクチャや機械学習によりエラーの悪影響を吸収・隠蔽する。このような技術階層を跨いだコデザインにより計算結果の質と超高速性のトレードオフを適切に定め、単一磁束量子デバイスの潜在能力を引き出すことで、現代コンピュータでは到底実現できない極めて高い電力効率を達成する点にある。

  4. 極低温単一磁束量子ニューラル・コンピューティング

    2017年10月 - 2018年3月

    未来社会創造事業 

    井上弘士

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

科研費 12

  1. 可逆量子磁束回路を用いた熱力学的限界を超える超低エネルギー集積回路技術の創成

    研究課題/研究課題番号:19H05614  2019年6月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(S)

    吉川 信行, 山梨 裕希, 竹内 尚輝, アヤラ クリストファー, 田中 雅光, 牧瀬 圭正

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:49400000円 ( 直接経費:38000000円 、 間接経費:11400000円 )

    本研究は、低エネルギー動作を特徴とする断熱的量子磁束回路(AQFP)を用いた双方向演算が可能な可逆回路の学理を明らかにし、論理回路の熱力学的極限を超える究極の低消費エネルギー集積回路を実現する。これにより回路の消費エネルギーを半導体回路に対して6桁以上低減し、冷却電力を考慮しても十分な優位性を生み出す。本研究は可逆AQFP を中核技術とし、回路設計技術、新規可逆回路、プロセッサアーキテクチャ、磁性体を用いた位相シフトAQFP、3 次元集積回路技術を研究し、超省エネ集積回路の基盤技術を確立する。最終目標として100nW 以下の動作が可能な4b可逆AQFPプロセッサの実現を目指す。
    本研究は、双方向演算が可能な論理回路である可逆断熱的量子磁束パラメトロン(AQFP)を用いて熱力学的極限を超える究極の低消費エネルギー集積回路を実現する。可逆AQFPの理論的・実験的研究を通して可逆演算回路の学理明らかにすると共に、可逆AQFPを用いた超省エネ集積回路を実現するための基盤技術を確立する。
    可逆AQFPの学理の解明においては、有限温度において可逆AQFPの消費エネルギーを評価するための方法について検討を行い、複雑な可逆AQFP回路の消費エネルギーを評価するための数値計算法を定式化した。可逆AQFPの設計基盤技術の確立においては、可逆AQFPの基本ゲートの最適化と構造設計を行い、基本セルライブラリを完成させた。以上に基づき1ビット可逆全加算器を設計・試作し、1ビット可逆全加算器の低速での論理動作を確認した。新規可逆量子磁束回路の創生においては、多数のAQFPアレイの一斉励起による高い論理機能を持つ可逆論理ゲートを設計するためのモデルを提案した。プロセッサアーキテクチャの研究においては、可逆AQFPを用いた単一命令マイクロプロセッサの基本設計を行った。
    AQFP上に置いた磁性体薄膜パターンにより実現する位相シフト可逆AQFPにおいては、大規模な回路の作製評価に向けて測定環境の構築と作製プロセスの見直しを行い、成膜方法の合金ターゲットによるスパッタ法への変更と成膜条件の最適化を行った。
    3次元超伝導回路の高密度集積化においては、1段の積層AQFP構造をNb6層、ダブルAQFP構造をNb11層で構成できる見通しを得た。また、設計された各種AQFP回路のNb9層およびNb4層プロセスを用いた試作を行った。
    可逆AQFPの学理の解明においては、有限温度において複雑な可逆AQFP回路の消費エネルギーを評価するための数値計算法を定式化したことは、今後の可逆計算器のエネルギー評価を行う上で重要な成果である。可逆AQFPの設計基盤技術の確立においては、本年度開発した可逆AQFPの基本セルライブラリを用いて1ビット可逆全加算器を設計し、その消費エネルギーの周波数特性を数値計算により評価することができた。その結果、可逆全加算器の消費エネルギーは動作周波数の低下に対して下限値が無く、ランダウア限界以下の消費エネルギーで演算が行えることを示すことができた。また、実際に回路を試作し、1ビット可逆全加算器の低速での論理動作を確認したことは可逆演算回路における初の動作実証である。新規可逆量子磁束回路の創生において、多数のAQFPアレイの一斉励起による高い論理機能を持つ可逆論理ゲート提案し、その演算エネルギーや演算性能を評価したことは、新たな可逆計算への可能性を示すものである。プロセッサアーキテクチャの研究においては、可逆AQFPを用いた単一命令マイクロプロセッサの基本設計を行い、数値シミュレーションによる動作確認を行った。これにより可逆計算器実現への見通しを立てることができた。
    磁性体薄膜を用いた位相シフト可逆AQFPにおいては、大規模な回路の作製評価に向けて測定環境の構築と作製プロセスの見直しを行った。チップ内に複数の磁性体パターンを再現性、制御性よく作り込むため、成膜プロセスを合金ターゲットによるスパッタ法に変更し、成膜条件の最適化を行った。これにより安定な磁性対薄膜を作製するための準備を完了した。
    3次元超伝導回路の高密度集積化においては、1段の積層AQFP構造をNb6層で構成できる見通しを得た。これによりAQFP本体と磁気結合部を上下に重ねた積層AQFP構造の作製が可能となった
    可逆AQFPの学理の解明においては、フリップフロップについて演算エネルギーの下限値を数値シミュレーションにより調べ、情報の読出しや書き換えにおけるエントロピーの変化と消費エネルギーの関係を明らかにする。可逆AQFPの設計基盤技術の確立においては、可逆AQFPの大規模集積回路を実現するために必要な、設計方法論、セルライブラリ、CADツールなどの設計基盤技術を確立する。本年度は、フリップフロップなどのメモリ素子の最適化と構造設計を行い、可逆回路のセルライブラリを完成させる。新規可逆量子磁束回路の創生においては、提案したAQFPアレイモデルにおいて、有限温度における入力データに対する出力データの確率分布の関係を調べる。プロセッサアーキテクチャの研究においては、可逆プロセッサの動作実証を目的として、単一命令アーキテクチャに基づく可逆プロセッサを設計・試作し、その動作実証を目指す。
    位相シフト可逆AQFP ゲートの研究においては、強磁性体薄膜の再現性を上げるため、合金ターゲットによる成膜に変更した。今後は、これにより可逆AQFPに磁性薄膜を導入した位相シフト素子の試作・評価を進め、静的バイアスを削減した可逆AQFP、再構成可能可逆AQFPの原理実証を目指す。
    3次元超伝導回路の高密度集積化においては、シングルゲートプロセスをダブルゲートプロセスに拡張するための最適化プロセスの開発を行い、11層ダブルゲートプロセスの回路試作を行う。

  2. 量子超越性を実証する超伝導スピントロニクス大規模量子計算回路の創出

    研究課題/研究課題番号:19H05615  2019年6月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(S)

    山下 太郎, 竹内 尚輝, 田中 雅光, 猪股 邦宏, 宮嶋 茂之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:2500000円 ( 直接経費:2500000円 )

    量子計算分野において、古典計算機を凌駕する計算能力を表す「量子超越性」の実験的実証は、全世界的に喫緊の研究課題として注目されている。その実証には、量子回路の大規模化(量子ビット数の増加)を、コヒーレンス時間(量子状態を保持可能な時間)等の性能劣化なく達成することが必要不可欠である。本研究では、本研究チームが誇る大規模化可能なπ接合量子回路と超低消費電力性を有する半磁束量子回路という世界最高峰のコア技術を融合することで量子超越性の実証を目指す。
    本年度は量子計算回路実現に向けた基盤となる、磁性ジョセフソン接合を有する量子回路及び半磁束量子(HFQ)回路に関する各要素技術及び評価系の研究開発を進めた。山下は、π量子ビット量子回路を作製し、理論提案されていた外部磁場フリー動作の実証に世界で初めて成功した。またマスクレス露光装置等の設備を導入し、今後の効率的な大規模回路素子作製の技術基盤を立ち上げた。猪股は、π量子ビット及び周辺回路の材料となるNbN/TiN超伝導薄膜の極低温評価を進めた。NbN/TiNのマイクロ波共振器を設計・作製し、量子回路の重要な性能指標である共振器のQ値を10mKで評価した結果、約3×10^5が得られ更なる改善を進めている。田中は、量子ビットの制御や読み出しを行う超低エネルギー回路を実現するため、HFQ回路の低エネルギー化に関する検討を進めた。低エネルギー化の手法として、駆動電圧の低減化について数値解析を進めた結果、磁性ジョセフソン接合のループの導入により従来回路に比べ、1/10以下に駆動電圧を下げることが可能であることが分かった。消費エネルギー、動作速度への影響に関する解析結果をまとめ、論文投稿の準備を進めている。宮嶋は、HFQ回路を実現するための回路作製プロセスの検討を進めた。HFQ回路は通常のジョセフソン接合とπ接合の2種類の接合が混在した集積回路であるため、この回路を1つのチップ上に実現するためにNbNベースHFQ回路の作製プロセスを考案し、プロセス条件の最適化を行った。竹内は、断熱磁束量子パラメトロン(AQFP)回路を用いることで、非常に低い電力でマイクロ波のオン/オフ制御を行うことが可能であることを明らかにした。本回路をNbプロセスを用いて作製し、液体ヘリウム中でマイクロ波のオン/オフ制御を実証した。さらに数値解析を用いて、出力マイクロ波の振幅や位相を制御可能な回路の検討を行った。
    本年度は、本研究の核となる磁性ジョセフソン接合を含んだπ量子ビットに関して、明瞭な外部磁場フリー量子動作実証に成功した。これは今後の量子回路の大規模化実現に対して極めて重要なステップを達成したことを意味する。現在、量子ビットの性能指標であるエネルギー緩和時間として、1μ秒程度が得られており、作製プロセスや材料選択、設計等の様々な観点から性能改善を進めている。また極低温評価系の構築及び量子回路評価に関しても、産総研を中心に計画通り進展しており、既にNbN/TiN量子回路の作製と極低温評価を行った他、希釈冷凍機システムによる大規模量子ビット評価のための測定系増設に向けた準備を進めている。さらに室温評価系の整備により時間領域測定に向けた準備も着手済みである。また名古屋大学においても、希釈冷凍機による量子回路及び半磁束量子(HFQ)回路の極低温特性評価系の構築が順調に進んでいる。HFQ回路に関しては、臨界電流値の低減と今回検討した低電圧駆動とを併用することにより、2, 3桁の低エネルギー化を見込めることが明らかとなり、量子ビットと同じ温度ステージに回路を設置しても十分冷却が可能である見込みが得られた。また量子ビット操作のためのマイクロ波制御低温回路の検討も順調に進んでおり、新たに低電力マイクロ波制御回路を提案・設計・作製し、低温下でのマイクロ波のオン/オフ制御の実証にも成功している。回路素子の作製プロセスについても、NICTにおいてNbN接合による超伝導集積回路の作製を行い、最終的な大規模モノリシック回路まで見据えたプロセスの最適化を進めた。さらにNICT保有の露光装置を用いて0.5 μmの優れた位置分解能を実現することが出来ており、回路を作製するために十分な位置精度が達成されている。以上の事実から、本研究は順調に進展していると言える。
    まずπ量子回路に関しては、主に山下と猪股が中心となり、π量子ビットの1量子ビットゲート動作において、継続して量子ビットの性能指数であるエネルギー緩和時間及びコヒーレンス時間を評価し性能指数の改善に取り組む。また、量子回路の大規模化に向けたレイアウトの検討に着手する。具体的には,スケール可能な2量子ビットゲートの結合方式及びレイアウトの検討を行い量子回路の作製を進める。さらに、山下が中心となって各研究分担者との議論を通じ、その先のモノリシック量子回路を念頭に置いた全体レイアウト設計や作製プロセス検討も行う。また並行して産総研においては、複数量子ビット評価系の立ち上げや実装・測定環境の整備を進める。半磁束量子(HFQ)回路については田中が中心となり、現在立ち上げが進んでいる名古屋大学内の希釈冷凍機システムを用いて、回路要素の10mKステージでの特性評価を計画している。まずは量子ビット制御を念頭に、マイクロ波信号のスイッチ回路についての設計と極低温評価を進める。竹内は、チップレイアウトの改善等を行うことで入出力ポート間のクロストークを抑制し、2019年度に動作実証したマイクロ波制御回路のオン/オフ比の改善を行い、量子回路制御に要求される30dB程度の達成を目指す。さらに、出力マイクロ波の振幅や位相を制御可能な回路の動作実証も行う。量子回路及びHFQ回路の作製プロセスに関しては、宮嶋が中心となり回路作製プロセスの最適化を進め、簡単な構成の回路の作製及び動作実証を目指す。また、低消費エネルギー集積回路として低臨界電流密度を有するNbN接合を用いた集積回路作製プロセスの構築を行うことを計画している。

  3. ベータ崩壊ニュートリノ・電子角相関項測定のための、低エネルギー粒子検出器の特性

    研究課題/研究課題番号:19H05098  2019年4月 - 2021年3月

    文部科学省  科学研究費助成事業  新学術領域研究(研究領域提案型)

    田中 雅光

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    中性子のベータ崩壊は原子核と比べて核構造に由来する不定性が無いため、例えばベータ崩壊ニュートリノ・電子角相関項の精密測定は素粒子標準模型を検証する良いプローブとなる。実際の実験では、ベータ崩壊ニュートリノ自体を測定することはできないので、1keV未満の反跳陽子を調べることになるが、そのような低エネルギー荷電粒子のエネルギースペクトルが取得できるかどうかが鍵となる。本研究では、超伝導検出器による低エネルギー粒子の直接計測実験の可能性を明らかにすることを目的とし、未解明となっている、低エネルギー荷電粒子が検出器の金属電極に衝突した際のエネルギー付与のメカニズムと応答特性の解析、モデルの構築を行う。

  4. 単一磁束量子回路における動作速度の量子力学的極限の追究

    研究課題/研究課題番号:18H01498  2018年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    田中 雅光

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17030000円 ( 直接経費:13100000円 、 間接経費:3930000円 )

    本研究は、高速性と低エネルギー性を両立する超伝導単一磁束量子回路(SFQ回路)により、量子力学的不確定性(ΔE Δt ~ h)に迫る領域、即ち低エネルギー動作と高速動作が両立できる条件での論理回路を追究することを目的としている。
    2019年度は、大規模集積回路技術が十分に確立している、ニオブ集積回路技術を用いて、単一磁束量子回路の高周波設計のさらなる追求と動作実証を引き続き進めた。消費エネルギーと動作速度のトレードオフに関する具体的な設計事例としては、低電圧駆動により、算術論理演算器(ALU)を0.3mW, 30GHzで動作させることに成功している。この設計は、低エネルギー動作時のタイミングパラメータ(遅延やセットアップ時間/ホールド時間などのタイミング制約)のゆらぎを数値解析で解析し、論理ゲートやシフトレジスタを対象とした回路シミュレーションで得られた知見に基づくものとなっている。また、当初想定していた低電圧駆動や低電流化に加え、高速低エネルギー性を追求する別の手法として、半磁束量子を情報担体とした回路についても平行して数値計算を中心に解析を進めてきたが、今年度は回路を構成する基本単位となる超伝導ループの作り方や、回路パラメータが消費エネルギーや動作速度にどのように影響を与えるのかを詳細に検討した。
    ニオブ接合より高速動作が期待できる、窒化ニオブ接合については、デバイス作製と評価を進めるとともに、他機関のデバイスとのパラメータ比較を行い、回路設計モデルの見直しを行った。
    本研究においては、高速性と低エネルギー性の両面の追究が鍵である。確立しているニオブ接合を用い、単一磁束量子回路の高速性と低エネルギー化について数値解析と実験により検討を進めているが、低エネルギー化を進めた大規模回路においても、高周波での動作実証に成功するなど、両者のトレードオフの制御技術は確実に進展していると言える。ただし、タイミングパラメータに関する基礎実験において、数値解析と実験結果が一致しない部分もあり、系統的な実験を継続する必要がある。また、熱雑音による影響を取り入れたシミュレーションについては、複数の回路シミュレータを用いて結果の比較を進めているところである。
    単一磁束量子回路をより高速に動作させることについては、窒化ニオブ接合による置き換えを目指して研究を進めた。設計にはデバイスモデルの精度が重要となるため、他機関の作製したデバイスも参考に進め、今後、回路の評価を行う予定である。
    なお、回路は熱雑音の影響も受けるため、温度依存の調査も必須となる。このための計測環境の整備も進めている。以上から、本研究は概ね順調に進展していると考えられる。
    高速性と低消費電力性の両面を追求して設計した、単一磁束量子回路において、タイミング揺らぎやビット誤り率を精密に計測することにより、論理回路における量子力学的揺らぎの効果を明らかにすることを目指す。(1) デバイス作製プロセス、(2) 回路設計、(3) 高周波精密計測の3つの項目に対
    して以下のように進める。
    項目(1)のデバイス作製プロセスについては、昨年度に続き、窒化ニオブを用い、回路作製に適用可能な特性をもつジョセフソン接合の作製と集積回路設計に向けたデバイスモデルの精緻化を進める。
    項目(2)の回路設計については、これまでに得られた、低エネルギー回路におけるビット誤り率に関する知見や、デバイスモデルを反映し、アナログ回路シミュレーションを用いて回路パラメータの見直しを行う。オンチップ高周波テストのためのシフトレジスタや、タイミング揺らぎを評価するためのリング発振回路などの設計を行う。
    項目(3)の極低温高周波計測については、引き続き、低エネルギー化した小規模SFQ回路やリングオシレータを評価する。液体ヘリウム温度(4K)またはそれ以下での温度での回路動作を調べる。系統的なデータを効率よく取得するため、多ピンの低温プローブを用いて効率的に計測が行えるよう、測定環境の整備も行う。

  5. 熱力学的極限に挑む断熱モード磁束量子プロセッサの研究

    研究課題/研究課題番号:26220904  2018年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(S)

    吉川 信行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:2535000円 ( 直接経費:1950000円 、 間接経費:585000円 )

    本研究は、超伝導回路の位相をゆっくりと断熱的に変化させることで、高速性が特徴の磁束量子回路において、熱力学的極限に迫る究極的な低消費エネルギー化を図る。本提案の断熱的磁束量子(AQFP)回路は、半導体CMOS回路に対して6桁以上のエネルギー低減化が可能であり、冷却コストを考慮しても情報機器の消費エネルギーを格段に小さくすることができる。本研究ではAQFP回路の基本特性を解明すると共に、大規模AQFP回路設計のための基盤技術を確立した。また、情報処理システムの実用化のために有用な高密度メモリと3次元集積回路プロセスを開発し、AQFPプロセッサの高速動作実証を行った。
    本研究の成果は、コンピュータの消費エネルギーの熱力学的限界を明らかにするという意味で学術的に大きな意味を持つ。応用面では、冷凍機の電力を見込んでもハイエンド情報機器の消費電力を圧倒的に低減でき、現在、急増しているデータセンタやAI機器などの高性能情報機器の消費電力を飛躍的に低減できる。また、本技術による極限的な回路の低消費電力化は、量子ビットシステムや超伝導検出器など、超低消費電力の周辺回路を必要とする多くの分野への波及効果が期待できる。

  6. ポストムーア時代を支える100ギガヘルツ級時空間超伝導コンピューティング

    研究課題/研究課題番号:19H01105  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    井上 弘士, 松永 裕介, 田中 雅光, 岩下 武史, 谷本 輝夫, 小野 貴継

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:12220000円 ( 直接経費:9400000円 、 間接経費:2820000円 )

    本研究では,①空間計算型SFQプロセッサ技術の確立,②時間計算型SFQプロセッサ技術の確立,③100 GHz級SFQ回路を対象とする設計自動化技術の確立,④時空間超伝導コンピューティング法の確立,の4つの研究課題を設定する.これらを遂行することにより,単一磁束量子回路を用いた 100 GHz 級超高速ビット並列型プロセッサを世界に先駆けて実現する.汎用空間方向処理とレースロジック方式による時間方向処理を融合した新しい超伝導コンピューティング・アーキテクチャ技術を確立し,ポストムーア時代を支えるコンピューティング基盤へとつなげる.

  7. 量子超越性を導く超伝導スピントロニクス量子計算回路の創出

    研究課題/研究課題番号:19H00764  2019年4月 - 2019年6月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    山下 太郎, 田中 雅光, 猪股 邦宏, 宮嶋 茂之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:84660円 ( 直接経費:84660円 )

    量子計算分野において、古典計算機を凌駕する計算能力を表す「量子超越性」の実験的実証は、全世界的に喫緊の研究課題として注目されている。その実証には、量子回路の大規模化(量子ビット数の増加)を、コヒーレンス時間(量子状態を保持可能な時間)等の性能劣化なく達成することが必要不可欠である。本研究では、本研究チームが誇る大規模化可能なπ接合量子回路と超低消費電力性を有する半磁束量子回路という世界最高峰のコア技術を融合することで、その量子超越性の実証に向けた基盤技術の確立を目指す。

  8. シリコン限界を凌駕する100ギガヘルツ級超伝導プロ セッサ・アーキテクチャの研究

    研究課題/研究課題番号:16H02796  2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    井上 弘士

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:13910000円 ( 直接経費:10700000円 、 間接経費:3210000円 )

    単一磁束量子回路の利用を前提とした新しいアーキテクチャであるゲートレベルパイプライン構造を提案した。また、その実現可能性を実証するために乗算回路を対象とした試作を行い、世界初となる 48 GHz 5.6mW での動作に成功した。この結果は半導体分野で著名な国際会議であるISSCCにて発表している。また、4ビット超伝導マイクロプロセッサの試作を行い、シミュレーションにより 30 GHz 動作を確認した。これらを結果に基づき、冷却コストを踏まえた場合でも従来プロセッサに対し大きな電力効率向上を達成できることを明らかにした。
    これまでのコンピュータ・システムの発展は半導体微細化に支えられてきたといっても過言ではない。しかしながら、ついに半導体の微細化にも限界が見えてきており、継続的なコンピュータ・システムの性能向上を実現するには新たな技術革新が必要とされている。本研究は、単一磁束量子回路を用いた新しいマイクロプロセッサを提案するとともに、その実現可能性と有効性を実チップ開発により示したものであり、ポストCMOSコンピューティングの新たな方向性として学術的意義は大きい。

  9. 宇宙空間コンピューティングの実現に向けた超伝導プロセッサアーキテクチャの研究

    研究課題/研究課題番号:26540022  2014年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    井上 弘士

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者  資金種別:競争的資金

    本研究では、超高性能かつ超低消費電力なコンピューティングを実現すべく、単一磁束量子(SFQ)回路を用いたマイクロプロセッサ・アーキテクチャに関する研究を行った。SFQの利点を活用し、その欠点を隠蔽する新しいマイクロアーキテクチャを提案した。見積もりによる評価を行った結果、現代のCMOSマイクロプロセッサに対し50倍以上の高速動作を実現できる可能性が明かになった。また、その時の消費電力は数ワットと極めて小さく、将来の超高性能・低消費電力コンピューティング実現に向け極めて有効であることが分かった。本見積りではレイアウトによる影響を考慮していないため、今後は物理設計に基づく評価を行う予定である。

  10. 単一磁束量子シフトレジスタ型メモリの大容量化と低消費電力化に関する研究

    研究課題/研究課題番号:24760276  2012年4月 - 2015年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  若手研究(B)

    田中雅光

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    単一磁束量子回路による大規模計算システムの実現に向け,大容量で低消費電力なシフトレジスタ型メモリの研究を行った.コンパクトで低消費電力なシフトレジスタを実現する新しい回路構造を提案した.また,メモリだけでなく一般の大規模回路に適用可能な,低電圧駆動技術を確立し,エネルギ効率の高い回路設計技術を確立した.これらにより,数キロビット規模の超高速メモリが実用的な面積と消費電力で実現できる見通しを得た.

  11. 百万画素サブミクロン分解能中性子ラジオグラフィのための固体超伝導検出器システム

    研究課題/研究課題番号:23226019  2011年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(S)

    石田 武和

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者  資金種別:競争的資金

    直列接続の電流バイアス運動インダクタンス検出器(CB-KID)の各CH出力から中性子飛来番地をエンコードするSFQ回路を完成し動作を確認した。さらに、X1000CH、Y1000CHの100万画素配列とSFQ読出回路の中性子イメージングチップを完成させたが、J-PARCの過大ノイズ環境では回路が動作せず想定外となった。新たに、膜厚40nm、サブミクロン線幅0.9μmのNbナノ細線(全長150m)を22mm角チップの15mm角有感域にXY直交配置した遅延時間型CB-KID方式で位置同定を創出し、当初計画の100万画素級中性子イメージングに成功し、当初計画を超える波長分散型ラジオグラフィを実現した。

  12. 単一磁束量子回路による高信頼性セルライブラリの生成支援に関する研究

    研究課題/研究課題番号:21760256  2009年4月 - 2012年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  若手研究(B)

    田中雅光

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2730000円 ( 直接経費:2100000円 、 間接経費:630000円 )

    大規模な単一磁束量子(SFQ)ディジタル集積回路の設計において必要不可欠な、基本要素回路(セル)の集まりであるセルライブラリの構築に関する研究を行った。信頼性の高いセルを作るため、電源供給方法や性能と消費電力とのトレードオフを含めた種々の検討を行い、従来よりも優れたセル設計指針を見いだした。また、レイアウト設計支援ツールを開発し、セルライブラリ内で多数を占める配線要素セルの設計自動化を試みた。

▼全件表示

産業財産権 1

  1. 整流素子および超伝導回路用の電源回路

    藤巻朗, 田中雅光, 谷口壮耶

     詳細を見る

    出願番号:2017-064951  出願日:2017年3月

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 28

  1. 電気・電子工学実験第2

    2021

     詳細を見る

    See Syllabus.

  2. 電磁理論

    2021

     詳細を見る

    See Syllabus.

  3. 電気・電子工学実験第1

    2021

     詳細を見る

    See Syllabus.

  4. 量子集積デバイス工学特論

    2021

     詳細を見る

    See Syllabus.

  5. 量子力学及び演習

    2021

     詳細を見る

    See Syllabus.

  6. 量子集積デバイス工学特論

    2020

     詳細を見る

    See SYLLABUS.

  7. 電気・電子工学実験第2

    2020

     詳細を見る

    See Syllabus.

  8. 電気・電子工学実験第1

    2020

     詳細を見る

    See Syllabus.

  9. 電磁理論

    2020

  10. 量子集積デバイス工学特論

    2019

     詳細を見る

    See SYLLABUS.

  11. 量子力学及び演習

    2019

     詳細を見る

    See Syllabus.

  12. 電気・電子工学実験第1

    2019

     詳細を見る

    See Syllabus.

  13. 電気・電子工学実験第2

    2019

     詳細を見る

    See Syllabus.

  14. 量子力学及び演習

    2018

     詳細を見る

    See Syllabus.

  15. 電気・電子工学実験第1

    2018

     詳細を見る

    See Syllabus.

  16. 量子集積デバイス工学特論

    2018

     詳細を見る

    See SYLLABUS.

  17. 電気・電子工学実験第2

    2018

     詳細を見る

    See Syllabus.

  18. 量子力学及び演習

    2017

     詳細を見る

    See Syllabus.

  19. 量子集積デバイス工学特論

    2017

     詳細を見る

    See SYLLABUS.

  20. 電気・電子工学実験第2

    2017

     詳細を見る

    See Syllabus.

  21. 電気・電子工学実験第1

    2017

     詳細を見る

    See Syllabus.

  22. 電気・電子工学実験第2

    2016

     詳細を見る

    See Syllabus (code 10594).

  23. 量子力学及び演習

    2016

     詳細を見る

    See Syllabus.

  24. 量子集積デバイス工学特論

    2016

     詳細を見る

    See SYLLABUS.

  25. 量子集積デバイス工学特論

    2015

     詳細を見る

    See SYLLABUS.

  26. 量子力学及び演習

    2015

     詳細を見る

    See Syllabus.

  27. 量子集積デバイス工学特論

    2014

     詳細を見る

    See SYLLABUS.

  28. 量子力学及び演習

    2014

     詳細を見る

    See Syllabus.

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 2

  1. デジタル電子回路

    2021年4月 - 2021年9月 名城大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  2. デジタル電子回路

    2020年4月 - 2020年9月 名城大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

 

メディア報道 2

  1. 大規模量子コンピューター開発に光明 新聞・雑誌

    科学新聞社  科学新聞  5面  2021年12月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  2. 極低温で量子誤り訂正 新聞・雑誌

    日刊工業新聞社  日刊工業新聞  23面  2021年11月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

学術貢献活動 8

  1. Associate Editor, IEEE Transactions on Applied Superconductivity Editorial Staff 国際学術貢献

    役割:査読

    2020年6月 - 現在

     詳細を見る

    種別:査読等 

  2. 電子情報通信学会英文論文誌C編集委員 国際学術貢献

    役割:査読

    2020年6月 - 2023年6月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  3. 電子情報通信学会Electronics Express編集委員 国際学術貢献

    役割:査読

    2020年6月 - 2023年6月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  4. 電気学会量子コンピュータ周辺回路としての低温デジタル回路活用に関する調査専門委員

    役割:学術調査立案・実施

    2019年11月 - 2021年10月

     詳細を見る

    種別:学術調査 

  5. 電子情報通信学会和文論文誌C編集委員

    役割:査読

    2019年6月 - 2025年6月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  6. Program Committee, International Symposium on Superconductivity 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    2016年4月 - 現在

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  7. 日本学術振興会超伝導エレクトロニクス第146委員会幹事

    役割:企画立案・運営等

    2015年4月 - 現在

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  8. 電気学会位相エンジニアリングに基づく低温エレクトロニクス調査専門委員

    役割:学術調査立案・実施

    2013年10月 - 2016年9月

     詳細を見る

    種別:学術調査 

▼全件表示