2022/04/03 更新

写真a

ヨシノブ ヤスオ
吉信 康夫
YOSHINOBU, Yasuo
所属
大学院情報学研究科 数理情報学専攻 数理情報基礎論 教授
大学院担当
大学院情報科学研究科
大学院情報学研究科
学部担当
情報学部 自然情報学科
情報文化学部 自然情報学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. 博士(学術) ( 2003年12月   名古屋大学 ) 

  2. 修士(理学) ( 1994年3月   名古屋大学 ) 

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 数学一般(含確率論・統計数学)

学歴 2

  1. 名古屋大学   理学研究科   数学

    1992年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 京都大学   理学部

    - 1992年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 1

  1. 日本数学会

 

論文 21

  1. Fragility of Properness

    YOSHINOBU, Yasuo

      2198 巻   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  2. Properness Under Closed Forcing 査読有り

    Springer Proceedings in Mathematics and Statistics   369 巻   頁: 223 - 229   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1007/978-981-16-4173-2_11

    Scopus

  3. A further variation of the Banach-Mazur game and forcing axioms

    YOSHINOBU, Yasuo

      2081 巻   頁: 69 - 72   2018年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  4. The *-variation of Banach-Mazur game and forcing axioms 査読有り

    Yasuo Yoshinobu

    Annals of Pure and Applied Logic   168 巻 ( 4 ) 頁: 1335-1359   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apal.2017.01.003

  5. Operations, climbability and the Proper Forcing Axiom 査読有り

    Yasuo Yoshinobu

    Annals of Pure and Applied Logic   164 巻 ( 7-8 ) 頁: 749-762   2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.apal.2012.11.010

  6. Kurepa trees and Namba forcing 査読有り

    Bernhard Koenig, Yasuo Yoshinobu

    Journal of Symbolic Logic   77 巻 ( 4 ) 頁: 1281-1290   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2178/jsl.7704130

  7. Galois-Tukey connection involving sets of metrics 査読有り

    Masaru Kada, Yasuo Yoshinobu

    Tsukuba Journal of Mathematics   36 巻 ( 1 ) 頁: 53-66   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. *Dense non-reflection for stationary collections of countable sets 査読有り

    David Aspero, John Krueger, Yasuo Yoshinobu

    Annals of Pure and Applied Logic   161 巻 ( 1 ) 頁: 94-108   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Variety of sa(X)

    Yasuo Yoshinobu

      ( 1595 ) 頁: 89-96   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  10. Pκλ 上の club guessing

    吉信康夫

    京都大学数理解析研究所講究録   ( 1530 ) 頁: 103-109   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  11. *Guessing clubs in the generalized club filter 査読有り

    Bernhard Koenig, Paul Larson, Yasuo Yoshinobu

    Fundamenta Mathematicae   195 巻 ( 2 ) 頁: 177-191   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. 連続体問題とゲーデル

    数学のたのしみ   ( 2006秋 ) 頁: 60-80   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  13. How many miles to βX? -- d miles, or just one foot 査読有り

    Masaru Kada, Kazuo Tomoyasu, Yasuo Yoshinobu

    Topology and its Applications   153 巻   頁: 3313-3319   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. How many miles to βω? II

      ( 1419 ) 頁: 105-125   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  15. *How many miles to βω? --- Approximating βω by metric-dependent compactifications 査読有り

    Masaru Kada, Kazuo Tomoyasu, Yasuo Yoshinobu

    Topology and its Applications   145 巻   頁: 277-292   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. *Fragments of Martin's Maximum in generic extensions 査読有り

    Bernhard Koenig, Yasuo Yoshinobu

    Mathematical Logic Quarterly   50 巻 ( 3 ) 頁: 296-302   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. σ-short Boolean algebras 査読有り

    Makoto Takahashi, Yasuo Yoshinobu

    Mathematical Logic Quarterly   49 巻 ( 6 ) 頁: 543-549   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Approachability and games on posets 査読有り

    Yasuo Yoshinobu

    Journal of Symbolic Logic   68 巻 ( 2 ) 頁: 589-606   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Directive trees and games on posets 査読有り

    Tetsuya Ishiu, Yasuo Yoshinobu

    Proceedings of the American Mathematical Society   130 巻 ( 5 ) 頁: 1477-1485   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. 半順序集合上のゲーム

    吉信康夫

    京都大学数理解析研究所講究録   ( 1202 ) 頁: 75-82   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  21. On Strength of Precipitousness of Some Ideals and Towers 査読有り

    Journal of the Mathematical Society of Japan   51 巻   頁: 3   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 42

  1. Fragility of Properness 国際会議

    YOSHINOBU, Yasuo

    SET THEORY: REALS AND TOPOLOGY  2020年11月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  2. Indestrutcible properness and absolute properness

    2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. **-tactically closed forcing and the Mapping Reflection Principle 国際会議

    YOSHINOBU, Yasuo

    Workshop on Axiomatic set theory and its applications  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  4. Indestructible and absolute properness 国際会議

    YOSHINOBU, Yasuo

    Symposium on Adsvances in Mathematical Logic 2018  2018年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  5. Properness under κ-closed forcing

    2018年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  6. A further variation of the Banach-Mazur game and forcing axioms

    Yasuo Yoshinobu

    Iterated Forcing Theory and Cardinal Invariants 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. The setwise climbability property and its variations 国際会議

    Yasuo Yoshinobu

    Workshop on Mathematical Logic on the Occasion of Sakae Fuchino's 60th Birthday 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  8. Fragments of Martin's Maximum and closure properties of posets 国際会議

    Yasuo YOSHINOBU

    International Conference on Topology and Geometry 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  9. Operations vs. *-tactics

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  10. 距離関数の順序構造とGalois-Tukey connection

    嘉田勝, 吉信康夫

    日本数学会秋季総合分科会トポロジー分科会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学   国名:日本国  

  11. On weakly opreationally closed posets 国際会議

    Yasuo YOSHINOBU

    FMF/JSPS joint seminar on Forcing in Set Theory 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. The Banach-Mazur game with imperfect recall

    Yasuo YOSHINOBU

    Aspects of Descriptive Set Theory 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. 強制法と位相空間の被覆の性質について

    薄葉季路, 吉信康夫

    日本数学会秋季総合分科会(トポロジー分科会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月 - 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:信州大学   国名:日本国  

  14. Lindeloef 空間と Hechler 強制

    足立裕基, 薄葉季路, 吉信康夫

    日本数学会秋季総合分科会(数学基礎論及び歴史分科会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月 - 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:信州大学   国名:日本国  

  15. 強制法のもとでの被覆の性質の保存について

    薄葉季路, 吉信康夫

    第46回位相空間論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡大学   国名:日本国  

  16. Set theoretic aspects of Lindeloef spaces

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  17. How many miles to βX, after all?

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. Large cardinals and the Continuum Hypothesis 国際会議

    2009 Logic Summer School "Set Theory, a passage to the diamond" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  19. 半順序集合上のゲームとPFA

    吉信康夫

    日本数学会秋季総合分科会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  20. Forcing axioms and closure properties of posets 国際会議

    Yasuo Yoshinobu

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  21. Variety of sa(X)

    Yasuo Yoshinobu

    京都大学数理解析研究所研究集会「公理的集合論と集合論的位相空間論」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. Pκλ上の club guessing

    吉信康夫

    京都大学数理解析研究所研究集会「実数の集合論と反復強制法の相互関係」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  23. コンパクト化の近似と距離関数の順序構造

    嘉田勝・友安一夫・吉信康夫

    日本数学会秋季総合分科会(トポロジー分科会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  24. Kurepa trees and Namba forcing

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. Kurepa trees and Namba forcing

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  26. Kurepa trees and Namba forcing 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  27. Approximations of Stone-Cech compactifications by metric-dependent compactifications

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  28. Kurepa trees and Namba forcing

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  29. How many miles to βX? 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  30. 距離に依存するコンパクト化の族によるβωの近似

    嘉田勝・友安一夫・吉信康夫

    日本数学会秋季総合分科会(トポロジー分科会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  31. Approximations of Stone-Cech compactifications by metric-dependent compactifications

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  32. How many miles to βω? 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  33. βωまで何マイル?距離に依存するコンパクト化の族によるβωの近似

    嘉田勝・友安一夫・吉信康夫

    第39回位相空間論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  34. ゲーム閉な半順序集合と強制公理

    Bernhard Koenig・Yasuo Yoshinobu

    日本数学会年会(数学基礎論および歴史分科会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. Game closed posets and forcing axioms

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  36. σ-short Boolean algebras

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. Banach-Mazur games on Boolean algebras and σ-short Boolean algebras

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  38. Square 原理とその応用

    吉信康夫

    日本数学会年会(数学基礎論および歴史分科会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  39. Games on Posets

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  40. Games on Posets

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. On strength of precipitousness of some ideals and towers

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  42. Precipitous ideals over the successor of a limit cardinal

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

科研費 3

  1. 強制公理とその強制法不変性についての研究

    研究課題/研究課題番号:18K03394  2018年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    吉信 康夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    固有強制法公理(PFA)やマーティンの極大公理(MM)は、強制公理と呼ばれる集合論の公理の一種であり、連続体の濃度がアレフ2であることなど多くの帰結をもたらすことから集合論における重要な研究対象である。本研究の目的は、これらの強制公理たちが、どのような半順序集合による強制拡大の下でどの程度保存されるかを体系的に明らかにすることである。
    昨年度までの研究では主にPFAの保存性について調べていたが、今年度はMMの保存性についての考察を開始した。MMを他の強制公理と比べたときの大きな違いの一つは、この公理が難波強制法と呼ばれる半順序集合に対して適用可能であることである。そこで、難波強制法の性質を詳しく調べることは、MMの保存性の研究において重要なステップになりうると考えられる。実は、いくつかの文献で難波強制と呼ばれている半順序集合には定義の異なるものが2種類あり、多くの点ではそれら2種類の強制拡大の性質は類似しているのだが、シェラハはその著書において、連続体仮説の仮定のもとでこれら2種類の半順序集合による強制拡大が互いに互いを含むことがなく、本質的に異なるものであることを示している。代表者は、このシェラハの証明やブコウスキ・コプラコヴァ=ハルトヴァ、アブラハムらの先行研究を精査することにより、連続体仮説の仮定なしでこれら2種類のいわゆる難波強制法の相互排除性を示せることを観察した。MMの下では連続体仮説は否定されるため、この観察はシェラハの結果をMMの下でも利用できるようにした点で有用と考えられる。
    今年度は、新型コロナウイルスの流行により、その対応のために公私問わず多くのエフォートを割かなければならず、また研究集会への参加や対面での研究打ち合わせが困難となるなど研究手法についても大きな制約を課されたため、十分に研究に打ち込めたとは言い難いが、初年度にPFAの保存について大きな進展があり、続く各年度も間接的にではあるが研究テーマにつながる成果は徐々に得られているので、研究全体としては概ね順調に進展していると考える。
    PFAの保存についてこれまでに得られている成果に関する論文を執筆中であるので、まずはこれを完成して投稿することを目指す。また本年度の成果をふまえて、MMの保存性について本格的に研究を再開する。
    当面は新型コロナウイルスの流行が続き、国内外の学会や研究集会への参加、その他研究打ち合わせのための出張は困難な状況が継続するとみられるので、その間はビデオ会議やメールなどを通して他の研究者との連携を図る。年度後半に流行の収束がみられれば、まずは国内の研究集会での成果発表をめざす。

  2. 中規模無限基数上の不変な構造

    2012年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 中規模無限基数上の組合せ論                           

    2008年

    科学研究費補助金  基盤研究(C),課題番号:20540114

    吉信 康夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 22

  1. 数理情報学基礎論概論2

    2017

  2. 線形代数学II

    2017

  3. 線形代数学I

    2017

  4. 数学基礎論特論

    2016

  5. 線形代数学II

    2016

  6. 線形代数学I

    2016

  7. 情報科学概論

    2016

  8. 計算論基礎特論

    2015

  9. 情報科学概論

    2015

  10. 線形代数学II

    2015

  11. 線形代数学I

    2015

  12. 線形代数学II

    2014

  13. 線形代数学I

    2014

  14. 数学基礎論特論

    2014

  15. 線形代数学II

    2013

  16. 線形代数学I

    2013

  17. 線形代数学 II

    2012

  18. 数学基礎論特論

    2012

  19. 線形代数学 I

    2012

  20. 情報数理基礎特論

    2012

  21. 線形代数学Ⅰ

    2011

  22. 線形代数学Ⅱ

    2011

▼全件表示