2022/04/12 更新

写真a

カトウ タカシ
加藤 高志
KATO, Takashi
所属
大学院人文学研究科 人文学専攻 言語文化 准教授
大学院担当
大学院国際開発研究科
大学院人文学研究科
学部担当
文学部 人文学科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 文学修士 ( 1998年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 危機言語

  2. タイ・カダイ諸語

  3. モン・クメール諸語

  4. チベット・ビルマ諸語

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 言語学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 東南アジア大陸部の危機言語の研究

学歴 2

  1. 東京大学   人文社会系研究科   基礎文化研究専攻

    1998年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   文学部   言語学専修課程

    1990年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本言語学会

  2. 日本言語類型論学会

  3. 生き物文化誌学会

 

論文 13

  1. リス語の世界

    加藤高志

    日本語の隣人たちI+II     頁: 114 - 129   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  2. ラオスのムラブリの現地調査 招待有り 査読有り

    加藤高志

    ビオストーリー   33 巻   頁: 62-63   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. 少数言語と消滅危機言語

    加藤高志

    東南アジア文化事典     頁: 196-197   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. リス語の世界

    加藤高志

    日本語の隣人たちⅡ     頁: 114-129   2013年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  5. 音声の録音法

    加藤高志

    言語研究の技法     頁: 199-214   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  6. 音素を発見する方法

    加藤高志

    言語研究の技法     頁: 215-226   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  7. チベット・ビルマ系諸語

    加藤高志

    タイ文化圏の中のラオス:物質文化・言語・民族     頁: 139-166   2009年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  8. モン・クメール系諸語

    加藤高志

    タイ文化圏の中のラオス:物質文化・言語・民族     頁: 166-192   2009年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  9. Chicken in the Lisu language

    Takashi Kato

    The 2007 HCMR Congress     頁: 118-119   2007年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    Lisu is a Tibeto-Burman language spoken in northern Thailand. Words and phrases related to chicken and two other domesticated animals, pig and cattle, were collected. This paper examines chicken in the Lisu langauge in contrast to pig and cattle, from various viewpoints such as 'wild and domesticated', classifier, place for keeping, and castration.

  10. Bisu vocabulary II

    Takashi Kato

    Basic materials in minority languages 2002 (Part 2)     頁: 25-44   2002年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  11. Bisu vocabulary

    Takashi Kato

    Basic materials in minority languages 2002     頁: 115-132   2002年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  12. Khmu vocabulary

    Takashi Kato

    Basic materials in minority languages     頁: 23-32   2000年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  13. The morphology of Lisu nouns

    Takashi Kato

    Studies in minority languages     頁: 14-17   2000年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

▼全件表示

書籍等出版物 4

  1. Linguistic survey of Phong language in Lao P. D. R.

    Takashi Kato( 担当: 単著)

    Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa  2013年12月  ( ISBN:978-4-86337-150-7

     詳細を見る

    記述言語:英語

  2. Linguistic survey of Tibeto-Burman languages in Lao P.D.R.

    Takashi Kato( 担当: 単著)

    Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa  2008年6月  ( ISBN:978-4-87297-998-5

     詳細を見る

    記述言語:英語

  3. Linguistic survey of Phongxaly, Lao P.D.R.

    Tadahiko Shintani, Ryuichi Kosaka, Takashi Kato( 担当: 共著)

    Institute for the Study of Languages and Cultures of Asia and Africa  2001年6月  ( ISBN:4-87297-796-3

     詳細を見る

    記述言語:英語

  4. Lisu folk tales

    Takashi Kato( 担当: 単著)

    Institute for the Study of Languages and Cultures of Asia and Africa  2001年3月  ( ISBN:4-87297-787-4

     詳細を見る

    記述言語:英語

講演・口頭発表等 2

  1. An interim field report of Suma and Mlabri: Two endangered languages of Laos 国際会議

    Takashi Kato

    The 51st International Conference on Sino-Tibetan Languages and Linguistics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto   国名:日本国  

  2. Tibeto-Burman languages of Lao P.D.R.: In a new ethnic classification 国際会議

    Takashi Kato

    36th international conference on Sino-Tibetan languages and linguistics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストラリア連邦  

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. 東アジア・東南アジア大陸における文化圏の形成と他文化圏との接触―タイ文化圏を中心として―

    2011年4月 - 2014年3月

    国内共同研究 

  2. タイ文化圏における山地民の歴史的研究

    2006年4月 - 2011年3月

    国内共同研究 

  3. Human-Chicken Multi-Relationships Research Project

    2003年1月 - 現在

    International Cooperative Research 

科研費 5

  1. ラオス・ポンサーリー県におけるチベット・ビルマ系危機言語の研究

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    加藤 高志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

  2. ラオスにおけるムラブリ語とスマ語の緊急調査

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    加藤 高志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. ラオス北部における危機言語および在来知アーカイブスの構築のための基礎研究

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    加藤高志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. ラオス北部における危機言語および少数言語の研究

    2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. タイおよびラオスにおけるロロ諸語の研究

    2005年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    加藤 高志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 104

  1. 言語学特殊研究Ⅴa

    2021

  2. 音韻論研究

    2021

  3. 英語(上級)

    2021

  4. 英語(上級)

    2021

  5. 英語(基礎)

    2021

  6. 博士論文研究a

    2021

  7. 英語(セミナー)

    2021

  8. 英語(コミュニケーション)

    2021

  9. 博士論文研究b

    2021

  10. 言語学特殊研究Ⅴb

    2021

  11. 個別言語基礎演習Ⅱ

    2021

  12. 英語(基礎)

    2020

  13. 英語(コミュニケーション)

    2020

  14. 英語(コミュニケーション)

    2020

  15. 英語(上級)

    2020

  16. 英語(上級)

    2020

  17. 英語(セミナー)

    2020

  18. 卒業論文

    2020

  19. 卒業論文

    2020

  20. 音韻論講義

    2020

  21. 言語学特殊研究Ⅴb

    2020

  22. 個別言語基礎演習Ⅱ

    2020

  23. 博士論文研究b

    2020

  24. 音韻論研究

    2020

  25. 言語学特殊研究Va

    2020

  26. 博士論文研究a

    2020

  27. 英語(基礎)

    2019

  28. 博士論文研究a

    2019

  29. 言語学特殊研究Vb

    2019

  30. 言語学特殊研究Va

    2019

  31. 個別言語基礎演習II

    2019

  32. 個別言語演習II

    2019

  33. 音韻論講義

    2019

  34. 音韻論研究

    2019

  35. 英語(セミナー)

    2019

  36. 英語(コミュニケーション)

    2019

  37. 英語(上級)

    2019

  38. 英語(サバイバル)

    2019

  39. 博士論文研究b

    2019

  40. 英語(中級)

    2018

  41. 英語(基礎)

    2018

  42. 英語(上級)

    2018

  43. 英語(コミュニケーション)

    2018

  44. 英語(コミュニケーション)

    2018

  45. 言語学特殊研究Vb

    2018

  46. 言語学特殊研究Va

    2018

  47. 個別言語基礎演習II

    2018

  48. 音韻論研究

    2018

  49. 言語学特殊研究Vb

    2017

  50. 言語学特殊研究Va

    2017

  51. 個別言語基礎演習II

    2017

  52. 音韻論研究

    2017

  53. 英語(セミナー)

    2017

  54. 英語(基礎)

    2017

  55. 英語(コミュニケーション)

    2017

  56. 英語(コミュニケーション)

    2017

  57. 英語(上級)

    2017

  58. 英語(コミュニケーション)

    2016

  59. 英語(上級)

    2016

  60. 言語情報処理入門

    2016

  61. フィールド言語学

    2016

  62. 人類言語学

    2016

  63. 英語(コミュニケーション)

    2015

  64. 英語(基礎)

    2015

  65. 英語(上級)

    2015

  66. 英語(コミュニケーション)

    2015

  67. フィールド言語学

    2015

  68. 人類言語学

    2015

  69. 言語情報処理入門

    2014

  70. フィールド言語学

    2014

  71. 人類言語学

    2014

  72. 英語(セミナー)

    2014

  73. 英語(コミュニケーション)

    2014

  74. 英語(中級)

    2013

  75. 文化・社会研究方法論

    2013

  76. 英語(コミュニケーション)

    2013

  77. 英語(コミュニケーション)

    2013

  78. フィールド言語学

    2013

  79. 人類言語学

    2013

  80. 英語(基礎)

    2013

  81. 英語(上級)

    2013

  82. 英語(上級リーディング2)

    2012

  83. 英語(コミュニケーション)

    2012

  84. 人類言語学

    2012

  85. フィールド言語学

    2012

  86. 言語情報処理入門

    2012

  87. 英語(基礎)

    2012

  88. 英語(上級)

    2012

  89. 言語情報処理入門

    2011

  90. フィールド言語学

    2011

  91. 人類言語学

    2011

  92. 英語(コミュニケーション)

    2011

  93. 英語(サバイバル)

    2011

  94. 英語(基礎)

    2011

  95. 英語(コミュニケーション)

    2011

  96. 英語(コミュニケーション)

    2011

  97. 英語(セミナー)

    2011

  98. 英語(上級)

    2011

  99. 言語情報処理入門

    2010

  100. フィールド言語学

    2010

  101. 人類言語学

    2010

  102. 文化・社会研究方法論

    2009

  103. フィールド言語学

    2009

  104. 人類言語学

    2009

▼全件表示