2021/03/18 更新

写真a

カナオ リエ
金尾 梨絵
KANAO, Rie
所属
環境医学研究所 生体適応・防御研究部門 助教
大学院医学系研究科
職名
助教
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(薬学) ( 2009年3月   大阪大学 ) 

経歴 3

  1. 名古屋大学 環境医学研究所 助教

    2010年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学 環境医学研究所 研究員

    2010年9月 - 2010年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 大阪大学大学院生命機能研究科 特任研究員

    2009年4月 - 2010年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 大阪大学   薬学研究科

    2006年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 大阪大学   薬学研究科

    2004年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 大阪大学   薬学部   総合薬学科

    2000年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本分子生物学会

  2. 日本癌学会

  3. 日本薬学会

  4. 日本放射線影響学会

 

論文 11

  1. 哺乳類細胞における紫外線損傷の損傷乗り越えDNA合成とその制御 招待有り 査読有り

    金尾 梨絵

    放射線生物研究   55 巻 ( 1 ) 頁: 25-42   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  2. Preferential digestion of PCNA-ubiquitin and p53-ubiquitin linkages by USP7 to remove polyubiquitin chains from substrates

    Masuda Yuji, Kanao Rie, Kawai Hidehiko, Kukimoto Iwao, Masutani Chikahide

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   294 巻 ( 11 ) 頁: 4177 - 4187   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.RA118.005167

    Web of Science

    PubMed

  3. Regulation of HLTF-mediated PCNA polyubiquitination by RFC and PCNA monoubiquitination levels determines choice of damage tolerance pathway.

    Masuda Y, Mitsuyuki S, Kanao R, Hishiki A, Hashimoto H, Masutani C

    Nucleic acids research     2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/gky943

    PubMed

  4. Regulation of DNA damage tolerance in mammalian cells by post-translational modifications of PCNA

    Kanao Rie, Masutani Chikahide

    MUTATION RESEARCH-FUNDAMENTAL AND MOLECULAR MECHANISMS OF MUTAGENESIS   803 巻   頁: 82 - 88   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.mrfmmm.2017.06.004

    Web of Science

    PubMed

  5. USP7 Is a Suppressor of PCNA Ubiquitination and Oxidative Stress-Induced Mutagenesis in Human Cells 査読有り

    Kashiwaba S, Kanao R, Masuda Y, Kusumoto-Matsuo R, Hanaoka F, Masutani C

    Cell Reports   13 巻   頁: 2072-2080   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Different types of interaction between PCNA and PIP boxes contribute to distinct cellular functions of Y-family DNA polymerases. 査読有り

    Masuda Y, Kanao R, Kaji K, Ohmori H, Hanaoka F, Masudani C

    Nucleic Acids Res.   43 巻 ( 16 ) 頁: 7898-7910   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/gkv712

  7. UV-induced mutagenesis in epidermal cells of mice defective in DNA polymerase η and/or ι 査読有り

    Kanao R., Yokoi M., Ohkumo T., Sakurai Y., Dotsu K., Kura S., Nakatsu Y., Tsuzuki T., Masutani C., Hanaoka F.

    DNA Repair (Amst.)   29 巻   頁: 139-146   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.dnarep.2015.02.006.

  8. Relevance of Simultaneous Mono-Ubiquitinations of Multiple Units of PCNA Homo-Trimers in DNA Damage Tolerance. 査読有り

    Kanao R., Masuda Y., Deguchi S., Yumoto-Sugimoto M., Hanaoka F., Masutani C

    PLoS One   10 巻   頁: e0118775   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0118775

  9. Guanine- 5-carboxylcytosine base pairs mimic mismatches during DNA replication. 査読有り

    Shibutani, T., Ito, S., Toda, M., Kanao, R., Collins, L.B., Shibata, M., Urabe, M., Koseki, H., Masuda, Y., Swenberg, J.A., Masutani, C., Hanaoka, F., Iwai, S., Kuraoka, I.

    Sci. Rep.   4 巻   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep05220

  10. A novel interaction between human DNA polymerase η and MutLα 査読有り

    Rie Kanao, Fumio Hanaoka, and Chikahide Masutani

    Biochemical and Biophysical Research Communications   389 巻   頁: 40-45   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. UV-B radiation induces epithelial tumors in mice lacking DNA polymerase η and mesenchymal tumors in mice deficient for DNA polymerase ι 査読有り

    Tsuyoshi Ohkumo, Yuji Kondo, Masayuki Yokoi, Testuya Tsukamoto, Ayumi Yamada, Taiki Sugimoto, Rie Kanao, Yujiro Higashi, Hisato Kondoh, Masae Tatematsu, Chikahide Masutani, and Fumio Hanaoka

    Molecular and Cellular Biology   26 巻 ( 20 ) 頁: 7696-7706   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示