2021/05/26 更新

写真a

オノ ケンジ
小野 健治
ONO, Kenji
所属
環境医学研究所 生体適応・防御研究部門 助教
大学院医学系研究科
職名
助教
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. 博士 (薬学) ( 2003年3月   名古屋市立大学 ) 

  2. 修士 (薬学) ( 2000年3月   名古屋市立大学 ) 

研究キーワード 7

  1. 骨髄移植

  2. 脱髄

  3. グリア

  4. 細胞外小胞

  5. イメージング

  6. ドラッグデリバリーシステム

  7. ミクログリア

研究分野 4

  1. ライフサイエンス / 神経科学一般

  2. ライフサイエンス / 神経科学一般  / 神経化学・神経薬理学

  3. その他 / その他  / 生物系薬学

  4. その他 / その他  / 医化学一般

現在の研究課題とSDGs 2

  1. ミクログリアの細胞起源に関する研究

  2. 脳移行性骨髄細胞に関する研究

経歴 6

  1. 名古屋大学 環境医学研究所 生体適応・防御研究部門 脳機能分野 助教

    2007年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学 環境医学研究所 高次神経統御部門 脳生命科学分野 助教

    2007年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学 環境医学研究所 生体適応・防御研究部門 脳機能分野 助手

    2006年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学 環境医学研究所 高次神経統御部門 脳生命科学分野 助手

    2005年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 難病治療共同研究部門 助手

    2004年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 独立行政法人放射線医学総合研究所 博士号取得若手研究員

    2003年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋市立大学   大学院薬学研究科

    1998年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋市立大学   薬学部

    1994年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本神経科学学会

  2. 日本神経化学会

  3. 日本生化学会

 

論文 32

  1. The sodium-glucose cotransporter-2 inhibitor Tofogliflozin prevents the progression of nonalcoholic steatohepatitis-associated liver tumors in a novel murine model. 査読有り

    Yoshioka N, Tanaka M, Ochi K, Watanabe A, Ono K, Sawada M, Ogi T, Itoh M, Ito A, Shiraki Y, Enomoto A, Ishigami M, Fujishiro M, Ogawa Y, Suganami T

    Biomed Pharmacother   140 巻   頁: 111738   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.biopha.2021.111738

    PubMed

  2. Secretion of signal peptides via extracellular vesicles. 査読有り 国際誌

    Ono K, Niwa M, Suzuki H, Kobayashi NB, Yoshida T, Sawada M

    Biochem Biophys Res Commun   560 巻   頁: 21 - 26   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2021.04.073

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. Novel Oxindole-Curcumin Hybrid Compound for Antioxidative Stress and Neuroprotection. 査読有り

    Hirata Y, Ito Y, Takashima M, Yagyu K, Oh-Hashi K, Suzuki H, Ono K, Furuta K, Sawada M

    ACS Chem Neurosci   11 巻 ( 1 ) 頁: 76 - 85   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Chemical Neuroscience  

    DOI: 10.1021/acschemneuro.9b00619

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. Inducible nitric oxide synthase during the late phase of sepsis is associated with hypothermia and immune cell migration. 査読有り

    Takatani Y, Ono K, Suzuki H, Inaba M, Sawada M, Matsuda N

    Lab Invest   98 巻 ( 5 ) 頁: 629 - 639   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Laboratory Investigation  

    DOI: 10.1038/s41374-018-0021-z

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. Visualization of Arc promoter-driven neuronal activity by magnetic resonance imaging. 査読有り

    Wu Q, Ono K, Suzuki H, Eguchi M, Yamaguchi S, Sawada M

    Neurosci Lett   666 巻   頁: 92 - 97   2018年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Neuroscience Letters  

    DOI: 10.1016/j.neulet.2017.12.041

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. Extracellular Lactate Dehydrogenase A Release From Damaged Neurons Drives Central Nervous System Angiogenesis. 査読有り

    Lin H, Muramatsu R, Maedera N, Tsunematsu H, Hamaguchi M, Koyama Y, Kuroda M, Ono K, Sawada M, Yamashita T

    EBioMedicine   27 巻   頁: 71 - 85   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:EBioMedicine  

    DOI: 10.1016/j.ebiom.2017.10.033

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. LC-MS/MS imaging with thermal film-based laser microdissection 査読有り

    Michiko Oya, Hiromi Suzuki, Andrea Roxanne, J. Anas, Koichi Oishi, Kenji Ono, Shun Yamaguchi, Megumi Eguchi, Makoto Sawada

    Anal Bioanal Chem   410 巻 ( 2 ) 頁: 491-499   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00216-017-0739-2.

  8. Optogenetic control of cell differentiation in channelrhodopsin-2-expressing OS3, a bipotential glial progenitor cell line. 査読有り

    Ono K, Suzuki H, Yamamoto R, Sahashi H, Takido Y, Sawada M

    Neurochem Int   104 巻   頁: 49 - 63   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Neurochemistry International  

    DOI: 10.1016/j.neuint.2016.12.022

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. Soluble Siglec-9 suppresses arthritis in a collagen-induced arthritis mouse model and inhibits M1 activation of RAW264.7 macrophages. 査読有り

    Takuya Matsumoto, Nobunori Takahashi, Toshihisa Kojima, Yutaka Yoshioka, Jun Ishikawa, Koichi Furukawa, Kenji Ono, Makoto Sawada, Naoki Ishiguro, Akihito Yamamoto

    Arthritis Res Ther   18 巻 ( 1 ) 頁: 133   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Nanoparticles speckled by ready-to-conjugate lanthanide complexes for multimodal imaging. 査読有り

    Nanoscale   7 巻 ( 36 ) 頁: 14829-14837   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C5NR00959F

  11. Novel positively charged nanoparticle labeling for in vivo imaging of adipose tissue-derived stem cells. 査読有り

    Hiroshi Yukawa, Shingo Nakagawa, Yasuma Yoshizumi, Masaki Watanabe, Hiroaki Saito, Yoshitaka Miyamoto, Hirofumi Noguchi, Koichi Oishi, Kenji Ono, Makoto Sawada, Ichiro Kato, Daisuke Onoshima, Momoko Obayashi, Yumi Hayashi, Noritada Kaji, Tetsuya Ishikawa, Shuji Hayashi, Yoshinobu Baba

    PLoS One   9 巻 ( 11 ) 頁: e110142   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Protective effect of INI-0602, a gap junction inhibitor, on dopaminergic neurodegeneration of mice with unilateral 6-hydroxydopamine injection. 査読有り

    Hiromi Suzuki, Kenji Ono, Makoto Sawada

    J Neural Transm   121 巻 ( 11 ) 頁: 1349-1355   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Glutamate release from astrocyte cell-line GL261 via alterations in the intracellular ion environment 査読有り

    J Neural Transm   121 巻 ( 3 ) 頁: 245-257   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Photouncaging Nanoparticles for MRI and Fluorescence Imaging In vitro and In vivo 査読有り

    Edakkattuparambil S Shibu, Kenji Ono, Sakiko Sugino, Ayami Nishioka, Akikazu Yasuda, Yasushi Shigeri, Shin-ichi Wakida, Makoto Sawada, and Vasudevanpillai Biju

    ACS Nano   7 巻 ( 11 ) 頁: 9851-9859   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Singlet-Oxygen-Sensitizing Near-Infrared-Fluorescent Multimodal Nanoparticles 査読有り

    Edakkattuparambil Sidharth Shibu, Sakiko Sugino, Kenji Ono, Hironobu Saito, Ayama Nishioka, Shohei Yamamura, Makoto Sawada, Yoshio Nosaka, Vasudevanpillai Biju

    Angew Chem Int Ed Engl   52 巻 ( 40 ) 頁: 10559-10663   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. In Vivo Imaging of Transplanted Islets Labeled With a Novel Cationic Nanoparticle 査読有り

    Koichi Oishi, Yoshitaka Miyamoto, Hiroaki Saito, Katsutoshi Murase, Kenji Ono, Makoto Sawada, Masami Watanabe, Yasufumi Noguchi, Toshiyoshi Fujiwara, Shuji Hayashi, Hirofumi Noguchi

    PLoS One   8 巻 ( 2 ) 頁: e57046   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Novel positive-charged nanoparticles for efficient magnetic resonance imaging of islet transplantation. 査読有り

    Koichi Oishi, Hirofumi Noguchi, Hiroaki Saito, Hiroshi Yukawa, Yoshitaka Miyamoto, Kenji Ono, Katsutoshi Murase, Makoto Sawada, Shuji Hayashi

    Cell Medicine   3 巻 ( 1 ) 頁: 43-49   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. ミクログリアによるBBB非崩壊型の脳へのターゲティングDDS 招待有り

    澤田 誠, 鈴木弘美, 小野健治

    薬剤学   71 巻 ( 5 ) 頁: 259-267   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  19. Electrosprayed synthesis of red-blood-cell-like particles with dual modality for magnetic resonance and fluorescence imaging. 査読有り

    Hayashi K, Ono K, Suzuki H, Sawada M, Moriya M, Sakamoto W, Yogo T

    Small   6 巻 ( 21 ) 頁: 2384-2391   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. High-frequency, magnetic-field-responsive drug release from magnetic nanoparticle/organic hybrid based on hyperthermic effect. 査読有り

    Hayashi K, Ono K, Suzuki H, Sawada M, Moriya M, Sakamoto W, Yogo T

    ACS Appl Mater Interfaces   2 巻 ( 7 ) 頁: 1903-1911   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Magnetic nanoparticles (MNPs) generate heat when a high-frequency magnetic field (HFMF) is applied to them. Induction heat is useful not only for hyperthermia treatment but also as a driving force for drug-release. beta-Cyclodextrin (CD) can act as drug container because of its inclusion properties. Drugs incorporated in the CD can thus be released through the use of induction heating, or hyperthermic effects, by applying a HFMF. In this study, we have synthesized folic acid (FA) and CD-functionalized superparamagnetic iron oxide nanoparticles, FA-CD-SPIONs, by chemically modifying SPIONs derived from iron(III) allylacetylacetonate. FA is well-known as a targeting ligand for breast cancer tumor and endows the SPIONs with cancer-targeting capability. Immobilization of FA and CD on spinel iron oxide nanoparticles was confirmed by Fourier transform IR (FTIR) and X-ray photoelectron spectroscopy (XPS). The FA-CD-SPIONs have a hydrodynamic diameter of 12.4 nm and prolonged stability in water. They are superparamagnetic with a magnetization of 51 emu g(-1) at 16 kOe. They generate heat when an alternating current (AC) magnetic field is applied to them and have a specific absorption rate (SAR) of 132 W g(-1) at 230 kHz and 100 Oe. Induction heating triggers drug release from the CD cavity on the particle - a behavior that is controlled by switching the HFMF on and off. The FA-CD-SPIONs are noncytotoxic for cells. Thus, FA-CD-SPIONs can serve as a novel device for performing drug delivery and hyperthermia simultaneously.

  21. One-pot biofunctionalization of magnetic nanoparticles via thiol-ene click reaction for magnetic hyperthermia and magnetic resonance 査読有り

    Hayashi K, Ono K, Suzuki H, Sawada M, Moriya M, Sakamoto W, Yogo T

    Chem Mater   22 巻 ( 12 ) 頁: 3768-3772   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Quantum dots labeling using octa-arginine peptides for imaging of adipose tissue-derived stem cells. 査読有り

    Yukawa H, Kagami Y, Watanabe M, Oishi K, Miyamoto Y, Okamoto Y, Tokeshi M, Kaji N, Noguchi H, Ono K, Sawada M, Baba Y, Hamajima N, Hayashi S.

    Biomaterials   31 巻 ( 14 ) 頁: 4094-4103   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Quantum dots (QDs) have been used to study the effects of fluorescent probes for biomolecules and cell imaging. Adipose tissue-derived stem cells, which carry a relatively lower donor site morbidity, while yielding a large number of stem cells at harvest, were transduced with QDs using the octa-arginine peptide (R8) cell-penetrating peptide (CPP). The concentration ratio of QDs:R8 of 1 x 10(4) was optimal for delivery into ASCs. No cytotoxicity was observed in ASCs transduced with less than 16 nM of QDs655. In addition, >80% of the cells could be labeled within 1 h and the fluorescent intensity was maintained at least for 2 weeks. The ASCs transduced with QDs using R8 could be differentiated into both adipogenic and osteogenic cells, thus suggesting that the cells maintained their stem cell potency. The ASCs labeled with QDs using R8 were further transplanted subcutaneously into the backs of mice or into mice through the tail vein. The labeled ASCs could be imaged with good contrast using the Maestro in vivo imaging system. These data suggested that QD labeling using R8 could be utilized for the imaging of ASCs.

  23. Delayed neural damage is induced by iNOS-expressing microglia in a brain injury model 査読有り

    Ono K, Suzuki H, Sawada M

    Neurosci Lett   473 巻 ( 2 ) 頁: 146-150   2010年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. *Ferritin reporter used for gene expression imaging by magnetic resonance 査読有り

    Ono K, Fuma K, Tabata K, Sawada M

    Biochem Biophys Res Commun   388 巻 ( 3 ) 頁: 589-594   2009年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Magnetic resonance imaging (MRI) is a minimally invasive way to provide high spatial resolution tomograms. However, MRI has been considered to be useless for gene expression imaging compared to optical imaging. In this study, we used a ferritin reporter, binding with biogenic iron, to make it a powerful tool for gene expression imaging in MRI studies. GL261 mouse glioma cells were over-expressed with dual-reporter ferritin-DsRed under beta-actin promoter, then gene expression was observed by optical imaging and MRI in a brain tumor model. GL261 cells expressing ferritin-DsRed fusion protein showed enhanced visualizing effect by reducing T2-weighted signal intensity for in vitro and in vivo MRI studies, as well as DsRed fluorescence for optical imaging. Furthermore, a higher contrast was achieved on T2-weighted images when permeating the plasma membrane of ferritin-DsRed-expressing GL261. Thus, a ferritin expression vector can be used as an MRI reporter to monitor in vivo gene expression.

  25. *Activated microglia affect the nigro-striatal dopamine neurons differently in neonatal and aged mice treated with 1-methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridine. 査読有り

    Sawada H, Hishida R, Hirata Y, Ono K, Suzuki H, Muramatsu SI, Nakano I, Nagatsu T, Sawada M

    J Neurosci Res   85 巻 ( 8 ) 頁: 1752-1761   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. *Neuroprotective effect of exogenous microglia in global brain ischemia. 査読有り

    Imai F, Suzuki H, Oda J, Ninomiya T, Ono K, Sano H, Sawada M.

    J Cereb Blood Flow Metab   27 巻 ( 3 ) 頁: 488-500   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. 細胞を用いた脳の標的化とその画像化

    澤田 誠, 小野健治, 鈴木弘美

    日本臨床   65 巻 ( 2 ) 頁: 213-218   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    本論文では、脳選択的移行能を有するミクログリアや一部の骨髄細胞を用いた脳の標的化技術と近赤外波長域蛍光色素を組み合わせたin vivo imagingについて述べている。

  28. Cytokine production of activated microglia and decrease in neurotrophic factors of neurons in the hippocampus of Lewy body disease brains 査読有り

    Kazuhiro Imamura, Nozomi Hishikawa, Kenji Ono, Hiromi Suzuki, Makoto Sawada, Toshiharu Nagatsu, Mari Yoshida and Yoshio Hashizume

    Acta Neuropathol (Berl)   109 巻   頁: 141-150   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Dementia is a frequent complication of Parkinson's disease (PD) and usually occurs late in the protracted course of the illness. We have already reported numerous MHC class II-positive microglia in the hippocampus in PD patients, and that this phenomenon may be responsible for functional changes in the neurons and the cognitive decline in PD patients. In this study, we have investigated the distribution of activated microglia and the immunohistochemical and the mRNA expression of several cytokines and neurotrophic factors of the hippocampus in PD and dementia with Lewy bodies (DLB). The brains from five cases of PD and five cases of DLB that were clinically and neuropathologically diagnosed, and those from four normal controls (NC) were evaluated by immunohistochemistry using anti-HLA-DP, -DQ, -DR (CR3/43), anti-alpha-synuclein, anti-brain-derived neurotrophic factor (BDNF), and anti-glial fibrillary acidic protein antibodies. In addition, the mRNA expressions of cytokines (IL-1alpha, IL-1beta, TNF-alpha, IL-6, TGF-beta) and neurotrophic factors (BDNF, GDNF, NGF, NT-3) of these brains were evaluated by the reverse transcription-PCR method. MHC class II-positive microglia were distributed diffusely in the hippocampus of PD and DLB brains. Although the cytoplasm of pyramidal and granular cells of the hippocampus in NC brains was strongly stained by anti-BDNF antibodies, it was only weakly stained in PD and DLB brains. The mRNA expression of IL-6 was significantly increased in the hippocampus of PD and DLB brains, and that of BDNF was significantly decreased in the hippocampus of DLB brains. The increased number of activated microglia and the production of neurotrophic cytokines such as IL-6, together with the decreased expression of the neurotrophic factors of neurons in the hippocampus of PD and DLB brains, may be related to functional cellular changes associated with dementia.

  29. *マイクログリアの起源および疾患との関連

    小野健治、澤田 誠

    Molecular Medicine   41 巻 ( 8 ) 頁: 965-970   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    脳にはマクロファージ様の細胞としてマイクログリアが存在している。マイクログリアは抗原提示細胞や貪食細胞として働くだけでなく、中枢神経系サイトカインネットワークの中心的役割を果たしたり、神経栄養因子を産生することで神経保護的に働いたりする多様性を持った細胞である。マイクログリアの細胞起源はこれまで明確になっていないが、骨髄細胞の一部にマイクログリアと類似した性質をもつ細胞が存在することが明らかとなってきた。マイクログリアの細胞起源に関する説について概説し、これまで考えられてきた説とは異なり骨髄前駆細胞に由来する可能性について述べる。

  30. *Preservation of Hematopoietic Properties in Transplanted Bone Marrow Cells in the Brain 査読有り

    Kenji Ono, Ken Yoshihara, Hiromi Suzuki, Kenji F. Tanaka, Takemasa Takii, Kikuo Onozaki and Makoto Sawada

    J Neurosci Res   72 巻 ( 4 ) 頁: 503-507   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Recent studies have described the possible transdifferentiation of bone marrow cells (BMC) into neurons and glia when they migrate to the brain. However, we have reported that some immature BMC migrating into the brain parenchyma after bone marrow transplantation express early hematopoietic markers but not neural or glial markers. The present study further characterizes transplanted BMC that migrate to the brain. Double immunolabeling confirmed that BMC migrating to the brain expressed hematopoietic but not neural markers, such as nestin, microtubule-associated protein-2 and glial fibrillary acidic protein, even 4 and 18 weeks after bone marrow transplantation. BMC that expressed green fluorescent protein also expressed hematopoietic but not neural markers when cultured with mixed brain cells according to double immunolabeling and single-cell dissection using a laser. Analysis of the DNA content indicated that most of the migrated BMC were arrested at the G0/G1 phase, and aneuploidy or tetraploidy was undetectable. Thus, BMC that migrate to the brain probably have preserved hematopoietic properties under physiological conditions.

  31. Existence of Functional β1-and β2-Adrenergic Receptors on Microglia 査読有り

    Kenji F. Tanaka, Haruo Kashima, Hiromi Suzuki, Kenji Ono and Makoto Sawada

    J Neurosci Res   70 巻 ( 2 ) 頁: 232-237   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We examined the expression and function of beta-adrenergic receptor (beta-AR) subtypes in both isolated primary rat microglia and a rat microglial cell line. RT-PCR analyses revealed that microglia expressed beta(1)- and beta(2)-ARs but not beta(3)-ARs, whereas rat primary peritoneal macrophages expressed only beta(2)-ARs. Stimulation of beta-ARs on microglia by norepinephrine (NE) resulted in an increase in the level of intracellular cAMP and the subsequent expression of interleukin-1beta mRNA. These effects were prevented by propranolol. Similar results were obtained with other selective beta(1)-AR agonists and antagonists. beta(2)-ARs on microglia were also functional. It is possible that noradrenergic innervations participate in the control of microglial functions via beta(1)-ARs on microglia in the brain, because NE has high affinity for beta(1)- and beta(3)-ARs but little or no affinity for beta(2)-ARs. It seems physiologically significant that microglia can be controlled by NE, which predominates over epinephrine in the brain, whereas macrophages in peripheral tissues can be controlled by epinephrine, which is at higher levels in peripheral tissues.

  32. Migration of exogenous immature hematopoietic cells into adult mouse brain parenchyma under GFP-expressing bone marrow chimera 査読有り

    Kenji Ono, Takemasa Takii, Kikuo Onozaki, Masahito Ikawa, Masaru Okabe and Makoto Sawada

    Biochem Biophys Res Commun   262 巻 ( 3 ) 頁: 610-614   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Bone marrow transplantation with GFP-expressing cells from GFP-transgenic mice resulted in migration of GFP-positive cells into peripheral tissues and brain parenchyma. Most of these cells were observed as colony-like clusters. GFP-positive clusters in the brain were stained by antibody for ER-MP12, but those in the peripheral tissues were not. Since ER-MP12 antigen has been reported as a marker for murine early-stage myeloid precursor, this might suggest that some parts of phagocytic cells in the brain parenchyma such as microglia are derived from undifferentiated pluripotent hematopoietic cells.

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. Etiology and Pathophysiology of Parkinson's Disease, Role of microglia in inflammatory process in Parkinson's disease.

    Hirohide Sawada, Hiromi Suzuki, Kenji Ono, Kazuhiro Imamura, Toshiharu Nagatsu, Makoto Sawada( 担当: 共著)

    InTech  2011年10月  ( ISBN:978-953-307-462-7

     詳細を見る

    記述言語:英語

MISC 5

  1. Inducible nitric oxide synthase during the late phase of sepsis is associated with hypothermia and immune cell migration 査読有り

    Yudai Takatani, Kenji Ono, Hiromi Suzuki, Masato Inaba, Makoto Sawada, Naoyuki Matsuda  

    Laboratory Investigation98 巻 ( 5 ) 頁: 629 - 639   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature Publishing Group  

    Hypothermia is a significant sign of sepsis, which is associated with poor prognosis, but few mechanisms underlying the regulation of hypothermia are known. Inducible nitric oxide synthase (iNOS) is a key inflammatory mediator of sepsis. However, the therapeutic benefit of iNOS inhibition in sepsis is still controversial, and requires elucidation in an accurate model system. In this study, wild-type (WT) mice showed temperature drops in a biphasic manner at the early and late phase of sepsis, and all mice died within 48 h of sepsis. In contrast, iNOS-knockout (KO) mice never showed the second temperature drop and exhibited improved mortality. Plasma nitric oxide (NO) levels of WT mice increased in the late phase of sepsis and correlated to hypothermia. The results indicate that iNOS-derived NO during the late phase of sepsis caused vasodilation-induced hypothermia and a lethal hypodynamic state. The expression of the iNOS mRNA was high in the lung of WT mice with sepsis, which reflects the pathology of acute respiratory distress syndrome (ARDS). We obtained the results in a modified keyhole-type cecal ligation and puncture model of septic shock induced by minimally invasive surgery. In this accurate and reproducible model system, we transplanted the bone marrow cells of GFP transgenic mice into WT and iNOS-KO mice, and evaluated the role of increased pulmonary iNOS expression in cell migration during the late phase of sepsis. We also investigated the quantity and type of bone marrow-derived cells (BMDCs) in the lung. The number of BMDCs in the lung of iNOS-KO mice was less than that in the lung of WT mice. The major BMDCs populations were CD11b-positive, iNOS-negative cells in WT mice, and Gr-1-positive cells in iNOS-KO mice that expressed iNOS. These results suggest that sustained hypothermia may be a beneficial guide for future iNOS-targeted therapy of sepsis, and that iNOS modulated the migratory efficiency and cell type of BMDCs in septic ARDS.

    DOI: 10.1038/s41374-018-0021-z

    Scopus

    PubMed

  2. Visualization of Arc promoter-driven neuronal activity by magnetic resonance imaging 査読有り

    Qi Wu, Kenji Ono, Hiromi Suzuki, Megumi Eguchi, Shun Yamaguchi, Makoto Sawada  

    Neuroscience Letters666 巻   頁: 92 - 97   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Ireland Ltd  

    Visualization of direct neuronal activity to understand brain function is one of the most important challenges in neuroscience. We have previously demonstrated that in vivo and in vitro gene expression of the ferritin reporter system could be detected by magnetic resonance imaging (MRI). In addition, increased neuronal activity induces Arc, an immediate early gene, and insertion of a destabilized fluorescent reporter dVenus under Arc promoter control has been used for monitoring neuronal activities in the brain by optical imaging. In this study, to visualize Arc promoter-driven neuronal activities directly, we generated transgenic mice and cell lines that express a destabilized fusion reporter ferritin-mKate2 under Arc promoter control. When transgenic mice and cell lines were treated with pilocarpine, a non-selective muscarinic agonist, an increase in T2-weighted image signal was successfully found in neuronal cells. There was a difference in peak time between MRI and fluorescence imaging, which might result from the binding process of iron with ferritin. Visualization of Arc promoter-driven neuronal activity is essential to understand neural mechanisms underlying cognitive processes and complex behaviors, and could be a useful tool for therapeutic approaches in the brain by MRI.

    DOI: 10.1016/j.neulet.2017.12.041

    Scopus

    PubMed

  3. LC-MS/MS imaging with thermal film-based laser microdissection 査読有り

    Michiko Oya, Hiromi Suzuki, Andrea Roxanne, J. Anas, Koichi Oishi, Kenji Ono, Shun Yamaguchi, Megumi Eguchi, Makoto Sawada  

    Anal Bioanal Chem410 巻 ( 2 ) 頁: 491-499   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00216-017-0739-2.

  4. Extracellular Lactate Dehydrogenase A Release From Damaged Neurons Drives Central Nervous System Angiogenesis 査読有り

    Hsiaoyun Lin, Rieko Muramatsu, Noriko Maedera, Hiroto Tsunematsu, Machika Hamaguchi, Yoshihisa Koyama, Mariko Kuroda, Kenji Ono, Makoto Sawada, Toshihide Yamashita  

    EBioMedicine27 巻   頁: 71-85   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ebiom.2017.10.033

  5. Optogenetic control of cell differentiation in channelrhodopsin-2-expressing OS3, a bipotential glial progenitor cell line 査読有り

    Kenji Ono, Hiromi Suzuki, Ryusei Yamamoto, Hideki Sahashi, Yuhei Takido, Makoto Sawada  

    NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL104 巻   頁: 49 - 63   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Alterations in the intracellular ion environment have been identified as one of the signals playing a critical role in the control of cellular proliferation and differentiation; however, the mechanisms responsible for signal transduction remain unclear. Recent studies have reported that channelrhodopsin-2 (ChR2) is a rapidly gated blue light (BL)-sensitive cation channel suitable for the non-invasive control of ion influx. We herein examined the expression of differentiation-associated markers by photo-activation and its signal transduction in ChR2-expressing OS3 (OS3ChR2) cells, which are clonal bipotential glial progenitor cells. Increases were observed in intracellular Na+ and Ca2+ concentrations in OS3ChR2 cells with BL exposure. Alterations in the intracellular ion environment, particularly in Ca2+, led to increases in the expression of oligodendrocyte markers including galactocerebrosides (GalC) and decreases in that of astrocyte markers such as glial fibrillary acidic protein (GFAP). These alterations also triggered activation of the ERK1/2 signaling pathway, which is involved in cell survival, and PI3K/Akt/mTOR signaling pathway, which is involved in oligodendrocyte differentiation, characterized by GalC expression. Moreover, when photo-activated OS3ChR2 cells were injected into mice with lysophosphatidyl choline (LPC)-induced demyelination, deficits in motor function were reduced. Our results demonstrated that signal transduction by ChR2-expressing glial progenitor cells may be controlled through alterations induced in the intracellular ion environment by photo-activation and results in oligodendrOcyte differentiation from glial progenitor cells. Our results also suggest that ChR2-expressing glial progenitor cells have potential as a useful tool for therapeutic approaches to brain and spinal cord disorders associated with oligodendrocyte dysfunctions. (C) 2017 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.neuint.2016.12.022

    Web of Science

講演・口頭発表等 81

  1. 魚介類エクソソームの単離

    西海伸哉、浅川修一、黄松銭、Md Asaduzzaman、渡邊壮一、金子豊二、吉武和敏、木下滋晴、木村聡、五十嵐洋治、小野健治、前山薫、永井清仁、渡部終五、吉田徹彦、満山 進

    令和3年度日本水産学会春季大会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  2. オリゴデンドロサイトへ分化誘導したグリア前駆細胞株から放出されるエクソソームの性質

    小野健治、大橋和哉、鈴木弘美、澤田誠

    第43回日本神経科学大会  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  3. ホットメルトレーザーマイクロダイセクションおよび並列LCを用いた高速LC-MSイメージングシステムの開発

    古賀裕介、洪暎淳、松本龍太、鈴木弘美、小野健治、前田裕樹、小河潔、澤田誠

    第68回質量分析総合討論会  2020年5月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  4. がん細胞へのX線照射後の放出される細胞外小胞解析

    大原麻希, 宇佐美徳子, 小野健治, 鈴木弘美, 澤田 誠

    2019年度量子ビームサイエンスフェスタ(第11回MLFシンポジウム、第37回PFシンポジウム) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  5. 光感受性陽イオンチャネルを介したグリア前駆細胞の機能調節

    小野健治

    環研カンファレンス/基盤医学特論 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  6. The analysis of the exosome from the aquatic animals 国際会議

    Shinya Nishiumi, Md Assaduzaman, Shuichi Asakawa, Shigeharu Kinoshita, Kazuyoshi Yoshitake, Tetsuhiko Yoshida, Kiyohito Nagai, Yasunori Iwahashi, Fumito Omori, Kaoru Maeyama, Kenji Ono, Shugo Watanabe

    International Symposium on Aquatic Metagenomics 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  7. 青色光刺激したグリア前駆細胞株OS3ChR2からの細胞外小胞の放出

    小野健治, 橋本洋佑, 鈴木弘美, 澤田 誠

    第42回日本神経科学大会、第62回日本神経化学会大会合同大会(NEURO2019) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟   国名:日本国  

  8. LMD-LC-MSによる脳内の薬物動態と神経伝達物質変化の細胞毎イメージング

    鈴木弘美, Andrea Anas, 小野健治, 大石幸一, 澤田 誠

    第41回日本分子生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  9. 光感受性陽イオンチャネルChR2を介したNG2陽性グリア前駆細胞のオリゴデンドロサイトへの分化

    小野健治, 川嶋裕人, 鈴木弘美, 澤田 誠

    ConBio2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  10. 光感受性陽イオンチャネルChR2を介したNG2陽性グリア前駆細胞のオリゴデンドロサイトへの分化

    小野健治, 川嶋裕人, 鈴木弘美, 澤田 誠

    ConBio2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  11. MALDI MSイメージングでの生体高分子の検出やLC-MS/MS分析でも質量イメージングを可能にする技術の確立

    鈴木弘美, Anas Andrea, 大矢倫子, 小野健治, 大石幸一, 澤田 誠

    ConBio2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  12. 光感受性イオンチャネルChRGRを介したミクログリアの機能調節

    小野健治, 鈴木弘美, 今野 歩, 石塚 徹, 平井宏和, 八尾 寛, 澤田 誠

    第40回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ   国名:日本国  

  13. LC-MS Imagingによる脳内での薬物動態と神経伝達物質変化の同時解析 国際会議

    大矢倫子, 鈴木弘美, 大石幸一, 小野健治, 澤田 誠

    第2回医薬系3部局交流シンポジウム 環境医学研究所・群馬大学生体調節研究所合同シンポジウム  

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  14. LC-MS Imagingによる脳内での薬物動態と神経伝達物質変化の同時解析

    大矢倫子, 鈴木弘美, 大石幸一, 小野健治, 澤田 誠

    第65回質量分析総合討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  15. 光感受性イオンチャネルChRGRを介したミクログリアの機能調節に関する解析

    小野健治,鈴木弘美,今野 歩,平井宏和,八尾 寛,澤田 誠

    第89回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台国際センター   国名:日本国  

  16. グリア前駆細胞株OS3細胞のチャネルロドプシン2を介したオリゴデンドロサイトへの分化

    小野 健治,山本 龍生,佐橋 秀紀,滝戸 悠平,呉 起,鈴木 弘美,澤田 誠

    第39回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  17. 3D質量分析イメージングを実現する前処理技術

    澤田 誠, 鈴木弘美, 小野健治, 大石幸一

    第64回日本質量分析総合討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ホテル阪急エキスポパーク   国名:日本国  

  18. 光刺激したグリア前駆細胞株OS3ChR2細胞注入による脱髄疾患モデルマウスの運動機能改善

    小野健治, 滝戸悠平, 山本龍生, 佐橋秀紀, 鈴木弘美, 澤田 誠

    第38回日本分子生物学会年会 第88回日本生化学会大会 合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  19. 改良型L M D を用いた脳切片上のアミロイドβ(1 - 40)の質量分析イメージング

    鈴木弘美, 大石幸一, 小野健治, 澤田 誠

    第9回日本分子イメージング学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  20. 光感受性イオンチャネル応答を介した細胞分化の光制御

    小野健治

    公益財団法人 光科学技術研究振興財団 平成25年度 研究助成金贈呈・表彰式 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:浜松   国名:日本国  

  21. 光感受性イオンチャネル応答を介したグリア細胞の機能調節

    小野 健治

    平成25年度基盤医学特論「神経疾患とミクログリア」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. グリア前駆細胞株OS3細胞のチャネルロドプシン2を介したオリゴデンドロサイトへの分化

    小野 健治,滝戸 悠平,山本 龍生,佐橋 秀紀,呉 起,鈴木 弘美,澤田 誠

    第86回日本生化学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  23. Photouncaging nanoparticles for bioimaging

    Edakkattuparambil Shibu, Sakiko Sugino, Shohei Yamamura, Shinichi Wakida, Hironobu Saito, Yoshio Nosaka, Kenji Ono, Makoto Sawada, Vasudevanpillai Biju

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  24. アストロサイト株GL261細胞のチャネルロドプシン2活性化によるグルタミン酸放出

    小野健治, 比嘉 円, 田畑香織, 鈴木弘美, 澤田 誠

    第36回日本神経科学大会 第56回日本神経化学会大会 第23回日本神経回路学会大会 合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都   国名:日本国  

  25. チャネルロドプシン2を導入したOS3グリア前駆細胞株における細胞分化の光制御

    小野健治, 山本龍生, 佐橋秀紀, 鈴木弘美, 澤田 誠

    第85回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  26. チャネルロドプシン2を導入したOS3グリア前駆細胞株における細胞分化の光制御

    小野健治, 山本龍生, 佐橋秀紀, 鈴木弘美, 澤田 誠

    第85回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  27. Semiconductor QDs-based Bimodal Nanoparticles for Bioimaging 国際会議

    Edakkattuparambil Sidharth Shibu, Kenji Ono, Sakiko Sugino, Norio Murase, Makoto Sawada, Vasudevanpillai Biju

    7th Asian Photochemistry Conference 2012 (APC2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  28. ChR2を導入した神経系前駆細胞株OS3細胞における細胞分化の光制御

    小野健治, 山本龍生, 佐橋秀紀, 鈴木弘美, 澤田 誠

    第35回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  29. 活性化に伴いiNOSを発現する細胞をMRIで可視化する方法の開発

    小野健治, 田畑香織, 鈴木弘美, 澤田 誠

    第34回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:パシフィコ横浜   国名:日本国  

  30. Control of activation in ChR2-expressing astrocytes by blue light exposure

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    Channel rhodopsin-2 (ChR2), derived from Chlamydomonas reinhardtii, is an ion channel activated by blue light. As ChR2-expressing neurons are induced action potentials by blue light exposure, ChR2 is expected to be useful for analysis of neural circuit and functions. Functions of glial cells are also regulated via ion fluxes, some of which are involved in communication between glial cells and neurons and are essential for brain functions. In this study, ChR2-EYFP gene was transferred in GL261 ce

  31. 青色光照射によるChR2発現アストロサイトの活性化制御に関する検討

    小野健治、比嘉 円、田畑香織、鈴木弘美、澤田 誠

    Neuro2010(第53回日本神経化学会大会、第33回日本神経科学大会、第20回日本神経回路学会大会 合同大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  32. Thiol-ene click反応による磁性ナノ粒子のone-pot生体分子修飾と医療応用

    林 幸壱朗, 小野 健治, 鈴木 弘美, 澤田 誠, 守谷 誠, 坂本 渉, 余語 利信

    日本ゾルーゲル学会 第8回討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  33. 遺伝子発現変化を核磁気共鳴イメージングで可視化する方法の開発

    小野健治、夫馬和也、田畑香織、澤田 誠

    第82回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  34. Protective roles of brain-migrated immature bone marrow cells against NO-dependent neurotoxicity in a brain injury model

    小野健治、山本奈穂、鈴木弘美、澤田 誠

    第32回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. 組織選択的移行能を有する骨髄細胞とその役割に関する解析

    小野健治

    日本薬学会東海支部特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  36. 新規近赤外蛍光担体の生体イメージングへの応用

    小野健治

    平成20年度総長裁量経費成果報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  37. Enhancement of glioma formation and growth by brain-migrated immature bone marrow cells

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  38. 近赤外光源を用いたイメージング応用への可能性

    小野健治

    第3回プロジェクト形成研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  39. 組織選択的移行能を有する骨髄細胞とその役割に関する解析

    小野健治

    第5回環研カンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  40. 脳損傷モデルマウスにおける脳移行性骨髄細胞の神経保護効果

    小野健治、山本奈穂、鈴木弘美、佐藤愛美、澤田 誠

    第51回日本神経化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. 脳移行性骨髄細胞の脳腫瘍形成・増殖に対する促進的関与

    小野健治

    第13回鶴舞公開セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  42. 脳移行性骨髄細胞の脳腫瘍形成・増殖に対する促進的関与

    小野健治、古川大記、鈴木弘美、佐藤愛美、澤田 誠

    第31回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  43. 新規末梢性ベンゾジアゼピン受容体製剤:{18F}FEPPA PETとパーキンソン病モデルラットを用いた活性化ミクログリアのイメージング

    鈴木弘美、外山 宏、旗野健太郎、工藤 元、伊藤文隆、小野健治、加藤隆司、Alan Wilson、伊藤健吾、市瀬正則、澤田 誠

    第3回日本分子イメージング学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  44. Expression of Cytokines and Neurotrophins after acute Subarachnoid Hemorrhage. 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:英語  

  45. 骨髄中に微量に含まれる脳移行性細胞に関する解析

    小野健治

    第3回生理学研究所・名古屋大学環境医学研究所合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  46. 動物PETによるラット線条体障害モデルにおけるミクログリア毒性転換の検討

    鈴木弘美、外山宏、旗野健太郎、工藤元、伊藤文隆、小野健治、加藤隆司、伊藤健吾、澤田誠

    第12回グリア研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  47. 脳損傷モデルマウスにおける脳移行性骨髄細胞の活性化と分化に関する解析

    小野健治

    第12回グリア研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. 動物PETによるラット線条体障害モデルにおけるミクログリア毒性転換の検討

    鈴木弘美、外山宏、旗野健太郎、工藤元、伊藤文隆、小野健治、加藤隆司、伊藤健吾、澤田誠

    第16回日本バイオイメージング学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  49. 脳損傷モデルマウスにおける脳移行性骨髄細胞の活性化と分化のイメージング

    小野健治、山本奈穂、鈴木弘美、神澤孝夫、澤田 誠

    Neuro2007 (第50回日本神経化学会大会・第30回日本神経科学大会・第17回日本神経回路学会大会合同大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  50. microgliaの起源、疾患との関連

    澤田 誠, 小野健治, 鈴木弘美

    第112回日本解剖学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  51. Imaging of activated microglia in brain injury

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  52. βアドレナリン受容体を介したミクログリアの神経毒性の調節

    小野健治, 佐藤愛美, 澤田 誠

    第28回日本生物学的精神医学会・第36回日本神経精神薬理学会・第49回日本神経化学会大会合同年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  53. 骨髄中に微量に含まれる脳移行性細胞の性質に関する解析

    小野健治

    第4回21世紀COE若手研究フォーラム 名古屋大学発のブレイクスルーをめざして 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  54. 神経細胞に対するβアドレナリン受容体を介したミクログリアの機能調節に関する解析

    小野健治, 澤田 誠

    第14回カテコールアミンと神経疾患研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  55. 活性型ミクログリアのIn Vivoイメージング

    鈴木弘美、外山 宏、工藤 元、旗野健太郎、関亦克彦、小野健治、中根正人、加藤隆司、伊藤健吾、澤田 誠

    第14回バイオイメージング学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  56. βアドレナリン受容体を介したミクログリアの神経細胞に対する機能に関する解析

    小野健治、澤田 誠

    第9回神経伝達物質研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  57. HIV-Nefを導入したミクログリア細胞による神経細胞機能障害

    澤田 誠, 三井健一, 鈴木弘美, 小野健治, Karl-Heinz Krause, 鈴木和男

    第16回日本生体防御学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  58. 活性型ミクログリアのIn Vivoイメージング

    鈴木弘美, 外山 宏, 工藤 元, 旗野健太郎, 関亦克彦, 小野健治, 加藤隆司, 伊藤健吾, 澤田 誠

    第9回ニューロイメージングカンファランス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  59. 活性化ミクログリアのIn Vivoイメージング

    鈴木弘美、小野健治、澤田 誠、外山 宏、工藤 元、旗野健太郎、加藤隆司、伊藤健吾

    第13回バイオイメージング学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  60. 骨髄移植後初期に脳内へ移行する未分化骨髄細胞の性質に関する解析

    小野健治、鈴木弘美、澤田 誠

    第27回日本神経科学大会・第47回日本神経化学会大会合同大会(Neuro2004) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  61. 培養血液脳関門モデルによる脳移行性細胞の性質の検討

    吉原 賢、小野健治、臼田信光、瀧井猛将、小野嵜菊夫、澤田 誠

    日本薬学会第124年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  62. 脳・神経系に特異的な細胞浸潤のイメージング

    鈴木弘美、小野健治、澤田 誠

    第31回東海遺伝子・再生医療研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  63. 骨髄移植初期に脳内へ移行する細胞の性質に関する解析

    小野健治、吉原 賢、鈴木弘美、澤田 誠

    第31回東海遺伝子・再生医療研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  64. 骨髄移植初期に脳内へ移行する細胞は造血系細胞の性質を維持する

    小野健治、吉原 賢、鈴木弘美、須原哲也、澤田 誠

    第46回日本神経化学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  65. 脳に移行する細胞を骨髄細胞から選択する方法の検討

    小野健治、吉原 賢、田中謙二、瀧井猛将、小野嵜菊夫、澤田 誠

    第45回日本神経化学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  66. 骨髄キメラマウスでの脳移行性細胞の性質とその増幅に関する解析

    小野健治、瀧井猛将、小野嵜菊夫、澤田 誠

    第27回東海遺伝子医療研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  67. 骨髄キメラマウスでの脳移行性細胞の性質とその増幅に関する解析

    小野健治、瀧井猛将、小野嵜菊夫、澤田 誠

    第74回日本生化学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  68. 骨髄に由来する脳移行性細胞の性質

    小野健治、田中謙二、瀧井猛将、小野嵜菊夫、澤田 誠

    第24回日本神経科学・第44回日本神経化学合同大会(Neuro2001) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  69. 骨髄キメラマウスでの外来性脳内移行細胞と組織マクロファージの相違

    小野健治、瀧井猛将、小野嵜菊夫、澤田 誠

    第5回グリア研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  70. 骨髄キメラマウスでの脳移行性細胞の解析

    小野健治、瀧井猛将、小野嵜菊夫、澤田 誠

    第73回日本生化学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  71. ミクログリアと多能性骨髄前駆細胞の一部細胞群との類似性

    澤田 誠、小野健治

    第4回グリア研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  72. GFP発現骨髄キメラマウスでの脳実質中に移行する細胞の解析

    小野健治、瀧井猛将、小野嵜菊夫、伊川正人、岡部 勝、澤田 誠

    第72回日本生化学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  73. がん細胞へのX線照射後の放出される細胞外小胞解析 国際会議

    大原麻希, 宇佐美徳子, 小野健治, 鈴木弘美, 澤田 誠

    2019年度量子ビームサイエンスフェスタ(第11回MLFシンポジウム、第37回PFシンポジウム)  2020年3月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  74. 光感受性陽イオンチャネルを介したグリア前駆細胞の機能調節 国際会議

    小野健治

    環研カンファレンス/基盤医学特論  2019年12月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  75. The analysis of the exosome from the aquatic animals

    Shinya Nishiumi, Md Assaduzaman, Shuichi Asakawa, Shigeharu Kinoshita, Kazuyoshi Yoshitake, Tetsuhiko Yoshida, Kiyohito Nagai, Yasunori Iwahashi, Fumito Omori, Kaoru Maeyama, Kenji Ono, Shugo Watanabe

    国際水圏メタゲノムシンポシウム2019  2019年11月23日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  76. 青色光刺激したグリア前駆細胞株OS3ChR2からの細胞外小胞の放出 国際会議

    小野健治, 橋本洋佑, 鈴木弘美, 澤田 誠

    第42回日本神経科学大会、第62回日本神経化学会大会合同大会(NEURO2019)  2019年7月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟  

  77. LMD-LC-MSによる脳内の薬物動態と神経伝達物質変化の細胞毎イメージング 国際会議

    鈴木弘美, Andrea Anas, 小野健治, 大石幸一, 澤田 誠

    第41回日本分子生物学会  2018年11月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  78. 光感受性陽イオンチャネルChR2を介したNG2陽性グリア前駆細胞のオリゴデンドロサイトへの分化 国際会議

    小野健治, 川嶋裕人, 鈴木弘美, 澤田 誠

    ConBio2017  2017年12月6日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  79. MALDI MSイメージングでの生体高分子の検出やLC-MS/MS分析でも質量イメージングを可能にする技術の確立 国際会議

    鈴木弘美, Anas Andrea, 大矢倫子, 小野健治, 大石幸一, 澤田 誠

    ConBio2017  2017年12月6日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  80. 光感受性陽イオンチャネルChR2を介したNG2陽性グリア前駆細胞のオリゴデンドロサイトへの分化 国際会議

    小野健治, 川嶋裕人, 鈴木弘美, 澤田 誠

    ConBio2017  2017年12月6日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  81. 光感受性イオンチャネルChRGRを介したミクログリアの機能調節 国際会議

    小野健治, 鈴木弘美, 今野 歩, 石塚 徹, 平井宏和, 八尾 寛, 澤田 誠

    第40回日本神経科学大会  2017年7月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ  

▼全件表示

Works(作品等) 12

  1. 名大トピックス No.229 知の未来へー若手研究者の紹介 「光感受性イオンチャネルを用いた細胞機能の光制御」

    2012年6月

  2. Control of activation in ChR2-expressing astrocytes by blue light exposure. Neurosci Res 68: e57

    2010年

  3. Protective roles of brain-migrated immature bone marrow cells against NO-dependent neurotoxicity in a brain injury model. Neurosci Res 65: S43

    2009年

  4. Expression of cytokines and neurotrophins after acute subarachnoid hemorrhage. Stroke 39(2): 650

    2008年2月

  5. Enhancement of glioma formation and growth by brain-migrated immature bone marrow cells. Neurosci Res 61: S276

    2008年

  6. 脳21 Vol.9, No.3 「神経細胞に対するβアドレナリン受容体を介したミクログリアの機能調節に関する解析」

    2006年7月

  7. Activated microglia affect the nigro-striatal dopamine neurons differently in neonatal and aged mice treated with MPTP. Neurosci Res 55: S201

    2006年

  8. Preservation of hematopoietic properties in transplanted bone marrow cells in brain. Neurochem Res 29 (8): 1600

    2004年

  9. In vitro selection of brain-migrating cells from immature bone marrow cells. Neurochem Res 28 (7): 1143

    2003年

  10. Rat microglia express beta1 and beta2 adrenergic receptors. Neurochem Res 26 (3): 308

    2001年

  11. Characterization of exogenous brain-migrating cells under GFP-expressing bone marrow chimera. Neurochem Res 26 (12): 1362

    2001年

  12. Identification of novel characteristics and possible origin of microglia. Neurochem Res 26 (3): 269

    2001年

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 11

  1. 小動物を対象とする蛍光画像撮影装置に関する研究

    2013年6月 - 2013年8月

    企業からの受託研究 

  2. 小動物を対象とする蛍光画像撮影装置に関する研究

    2012年2月 - 2012年3月

    受託研究 

  3. 光感受性イオンチャネル応答を介した細胞分化の光制御

    2012年1月 - 2013年12月

    光科学技術研究振興財団平成23年度研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 組織傷害の原因となる活性化細胞をMRIで可視化する技術

    2010年10月 - 2011年3月

    A-STEP FS 探索タイプ 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 腫瘍の転移を標的とした新規ガン診断・治療法の開発

    2010年1月 - 2010年12月

    企業からの受託研究 

  6. 記憶・学習に関わる神経回路網に対するミクログリアの機能とその情報伝達に関する解析

    2009年4月 - 2010年3月

    堀情報科学振興財団第18回研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 新規近赤外蛍光担体の生体イメージングへの応用

    2008年8月 - 2009年3月

    名古屋大学総長裁量経費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. 腫瘍の転移に関わるニッシェを標的化した新規低侵襲性ガン診断・治療法の開発

    2008年6月 - 2010年5月

    独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 産業技術研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    腫瘍は我が国の死因の第一であり、その診断・治療法の開発は最重要課題である。手術技術の向上や分子標的化薬物の開発によりさまざまな腫瘍を除去することができるようになってきたが、それでもなお腫瘍が高い死因となっているのは腫瘍の転移を抑制する治療薬がほとんど存在しないことが要因の1つとしてあげられる。最近我々は腫瘍が転移生着する際に必要な「腫瘍ニッシェ」を形成する細胞群を見いだし、それらを濃縮分離できる可能性を示した。そこで本開発ではこれらの細胞特性に基づいた腫瘍転移の制御による新しい腫瘍治療法の開発をめざす。この手法を応用して腫瘍転移前の部位を検出し腫瘍転移の早期発見が可能な新しい診断法が開発できる。さらに、腫瘍切除後の腫瘍転移を抑制し、腫瘍が定着しにくい環境へ変化させる予後の良好な治療も可能になると考えられる。

  9. 脳内転写活性をイメージングする方法の開発

    2008年4月 - 2009年3月

    JST シーズ発掘試験 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  10. 小動物を対象とする蛍光画像装置に関する研究

    2006年10月 - 2007年9月

    企業からの受託研究 

      詳細を見る

    骨などに覆われた組織内の細胞を外部よりOptical ImagingやMRIによって検出する方法について検討した。

  11. 組織標的化ペプチドを用いた新規PETリガンドの開発と実用化

    2005年4月 - 2007年3月

    企業からの受託研究 

▼全件表示

科研費 2

  1. グリア前駆細胞から放出される細胞外小胞を介した再ミエリン化の分子機構解明

    研究課題/研究課題番号:20K06871  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    小野 健治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    脱髄部位においてグリア前駆細胞を刺激しオリゴデンドロサイトへの分化や再ミエリン化を誘導する際に、グリア前駆細胞がその周囲のミクログリアとどのように相互作用するのかはよくわかっていない。分化誘導によってグリア前駆細胞の放出する細胞外小胞(EV)の性質が変化することや、そのEVをミクログリアが取り込むことから、EVを介した細胞間相互作用が再ミエリン化に重要である可能性がある。本研究では、グリア前駆細胞が放出するEVをミクログリアに作用させた際に、再ミエリン化にどのように関わるかを分子レベルで明らかにし、将来的な再生医療応用や治療薬開発へと展開するための基盤を確立する。

  2. 光遺伝学的手法によるオリゴデンドロサイト分化の光制御

    研究課題/研究課題番号:15K18337  2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    小野 健治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    細胞内イオン環境変化によってグリア前駆細胞から髄鞘を形成するオリゴデンドロサイトへ分化誘導できるかどうか検討するために、チャネルロドプシン―2を発現させたグリア前駆細胞に光刺激を行い、細胞の機能変化について解析した。光刺激したグリア前駆細胞は細胞内イオン環境変化を引き金として、PI3K/Akt/mTORシグナル伝達経路を活性化しオリゴデンドロサイトへと分化した。脱髄病変においても光刺激によってオリゴデンドロサイトへ分化誘導させることができ、脱髄の緩解と脱髄から生じる運動機能低下を回復させた。細胞内イオン環境を光操作することで細胞分化を制御できることが分かった。

産業財産権 7

  1. 蛍光プローブ及びその製造方法

    小野健治, 澤田 誠, 渕 真悟, 竹田美和

     詳細を見る

    出願番号:PCT/JP2012/68111  出願日:2012年7月

    出願国:国内  

  2. 蛍光プローブ及びその製造方法

    小野健治, 澤田 誠, 渕 真悟, 竹田美和

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:PCT/JP2012/068111  出願日:2012年7月

    公開番号:WO2013/011984 

    出願国:国内  

  3. 蛍光プローブ及びその製造方法

    小野健治, 澤田 誠, 渕 真悟, 竹田美和

     詳細を見る

    出願番号:特願2011−160261  出願日:2011年7月

    出願国:国内  

  4. 脳移行性骨髄前駆細胞

    小野健治, 澤田 誠

     詳細を見る

    出願番号:PCT/JP2005/18785  出願日:2005年10月

    出願国:外国  

  5. 脳移行性骨髄前駆細胞

    小野健治, 澤田 誠

     詳細を見る

    出願日:2005年10月

    公開番号:WO 2006/041088 

    出願国:外国  

  6. 脳移行性骨髄前駆細胞

    澤田 誠、小野健治

     詳細を見る

    出願番号:特願2004-298170  出願日:2004年10月

    出願国:国内  

  7. 質量分析方法

    澤田 誠, 小野健治, 鈴木弘美, 王勇, 緒方是嗣, 村田 匡

     詳細を見る

    出願人:東海国立大学機構,JSR, 島津製作所

    出願番号:2020-208582 

    登録日:2020年12月 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 28

  1. 自然環境と人間

    2020

  2. 特徴あるプログラム 医薬統合プログラム

    2020

  3. 基盤医科学実習

    2020

  4. 医学セミナー

    2020

  5. 基盤医科学実習

    2019

  6. 特徴あるプログラム 医薬統合プログラム

    2019

     詳細を見る

    イメージング手法を用いた脳細胞活動の測定と薬物動態への応用

  7. 医学セミナー

    2019

  8. 基盤医科学実習

    2018

  9. 特徴あるプログラム 医薬統合プログラム

    2018

     詳細を見る

    イメージング手法を用いた脳細胞活動の測定と薬物動態への応用

  10. 特徴あるプログラム 医薬統合プログラム

    2017

     詳細を見る

    イメージング手法を用いた脳細胞活動の測定と薬物動態への応用

  11. 基礎医学セミナー

    2017

  12. 基盤医科学実習

    2017

  13. 基盤医科学実習

    2016

  14. 基礎医学セミナー

    2016

  15. 基盤医科学実習

    2015

  16. 基礎医学セミナー

    2015

  17. 基盤医科学実習

    2014

  18. 基礎医学セミナー

    2014

  19. 基盤医科学実習

    2013

  20. 基礎医学セミナー

    2013

  21. 基盤医科学実習

    2012

  22. 基礎医学セミナー

    2012

  23. 基盤医科学実習

    2011

  24. 基礎医学セミナー

    2011

  25. 基盤医科学実習

    2010

  26. 基礎医学セミナー

    2010

  27. 基盤医科学実習

    2009

  28. 基礎医学セミナー

    2009

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 13

  1. 生理学

    2020年4月 - 2021年3月 中和医療専門学校)

  2. 生理学

    2019年4月 - 2020年3月 中和医療専門学校)

  3. 生理学

    2018年4月 - 2019年3月 中和医療専門学校)

  4. 生理学

    2017年4月 - 2018年3月 中和医療専門学校)

  5. 生理学

    2016年4月 - 2017年3月 中和医療専門学校)

  6. 生理学

    2015年4月 - 2016年3月 中和医療専門学校)

  7. 生理学

    2014年4月 - 2015年3月 中和医療専門学校)

  8. 生理学

    2013年4月 - 2014年3月 中和医療専門学校)

  9. 生理学

    2012年4月 - 2013年3月 中和医療専門学校)

  10. 生理学

    2011年4月 - 2012年3月 中和医療専門学校)

  11. 生理学

    2010年4月 - 2011年3月 中和医療専門学校)

  12. 生理学

    2009年4月 - 2010年3月 中和医療専門学校)

  13. 生体超分子システム解析学

    2009年4月 - 2010年3月 名古屋市立大学)

▼全件表示