2023/09/08 更新

写真a

オオヤマ シンイチロウ
大山 伸一郎
OYAMA, Shin-ichiro
所属
宇宙地球環境研究所 基盤研究部門 電磁気圏研究部 講師
大学院担当
大学院理学研究科
職名
講師

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2001年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 非干渉散乱レーダー

  2. 熱圏

  3. 電離圏

  4. オーロラ

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 超高層大気観測物理学

  2. その他 / その他  / 宇宙空間物理学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 高緯度帯における地磁気活動の熱圏・電離圏に与える影響

  2. 高エネルギー降下粒子の大気への影響

所属学協会 2

  1. 地球電磁気・地球惑星圏学会

  2. 米国地球物理学連合

 

論文 108

  1. An Implication of Detecting the Internal Modulation in a Pulsating Aurora: A Conjugate Observation by the Arase Satellite and All-Sky Imagers

    Nanjo S., Ebukuro S., Nakamura S., Miyoshi Y., Kurita S., Oyama S. -I., Ogawa Y., Keika K., Kasahara Y., Kasahara S., Matsuoka A., Hori T., Yokota S., Matsuda S., Shinohara I., Wang S. -Y., Kazama Y., Jun C. -W., Kitahara M., Hosokawa K.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS   128 巻 ( 8 )   2023年8月

  2. A Ground-Based Instrument Suite for Integrated High-Time Resolution Measurements of Pulsating Aurora With Arase

    Hosokawa K., Oyama S. -I., Ogawa Y., Miyoshi Y., Kurita S., Teramoto M., Nozawa S., Kawabata T., Kawamura Y., Tanaka Y. -M., Miyaoka H., Kataoka R., Shiokawa K., Brandstrom U., Turunen E., Raita T., Johnsen M. G., Hall C., Hampton D., Ebihara Y., Kasahara Y., Matsuda S., Shinohara I., Fujii R.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS   128 巻 ( 8 )   2023年8月

  3. IMF Dependence of Midnight Bifurcation in the Thermospheric Wind at an Auroral Latitude Based on Nine Winter Measurements in Tromso, Norway

    Oyama S., Hosokawa K., Vanhamaki H., Aikio A., Sakanoi T., Cai L., Virtanen I. I., Shiokawa K., Nishitani N., Shinbori A., Ogawa Y.

    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS   50 巻 ( 14 )   2023年7月

  4. Geomagnetic activity dependence and dawn-dusk asymmetry of thermospheric winds from 9-year measurements with a Fabry-Perot interferometer in Tromso, Norway

    Oyama Shin-ichiro, Aikio Anita, Sakanoi Takeshi, Hosokawa Keisuke, Vanhamaki Heikki, Cai Lei, Virtanen Ilkka, Pedersen Marcus, Shiokawa Kazuo, Shinbori Atsuki, Nishitani Nozomu, Ogawa Yasunobu

    EARTH PLANETS AND SPACE   75 巻 ( 1 )   2023年5月

  5. Ionospheric modulation by EMIC wave-driven proton precipitation: Observations and simulations 招待有り 査読有り 国際共著

    (101) Tian, X., Y. Yu, F. Gong, L. Ma, J. Cao, S. C. Solomon, P. R. Shreedevi, K. Shiokawa, Y. Otsuka, S. Oyama, Y. Miyoshi

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS     2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1029/2022JA030983

  6. Multi-event analysis of magnetosphere-ionosphere coupling of nighttime medium-scale traveling ionospheric disturbances from the ground and the Arase satellite 招待有り 査読有り

    (100) Kawai, K., K. Shiokawa, Y. Otsuka, S. Oyama, M. G. Connors, Y. Kasahara, Y. Kasaba, S. Nakamura, F. Tsuchiya, A. Kumamoto, A. Shinbori, A. Matsuoka, I. Shinohara, and Y. Miyoshi

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS     2023年1月

     詳細を見る

  7. A statistical study of longitudinal extent of Pc1 pulsations using seven PWING ground stations at subauroral latitudes 招待有り 査読有り

    (99) Liu, J., K. Shiokawa, S. Oyama, Y. Otsuka, C. W. Jun, M. Nose, T. Nagatsuma, K. Sakaguchi, A. Kadokura, M. Ozaki, M. Connors, D. Baishev, N. Nishitani, A. Oinats, V. Kurkin and T. Raita

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS     2023年1月

     詳細を見る

  8. Plasma-neutral gas interactions in various space environments: Assessment beyond simplified approximations as a Voyage 2050 theme

    Yamauchi Masatoshi, De Keyser Johan, Parks George, Oyama Shin-ichiro, Wurz Peter, Abe Takumi, Beth Arnaud, Daglis Ioannis A., Dandouras Iannis, Dunlop Malcolm, Henri Pierre, Ivchenko Nickolay, Kallio Esa, Kucharek Harald, Liu Yong C-M, Mann Ingrid, Marghitu Octav, Nicolaou Georgios, Rong Zhaojin, Sakanoi Takeshi, Saur Joachim, Shimoyama Manabu, Taguchi Satoshi, Tian Feng, Tsuda Takuo, Tsurutani Bruce, Turner Drew, Ulich Thomas, Yau Andrew, Yoshikawa Ichiro

    EXPERIMENTAL ASTRONOMY   54 巻 ( 2-3 ) 頁: 521 - 559   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1007/s10686-022-09846-9

    Web of Science

  9. Thermospheric wind response to a sudden ionospheric variation in the trough: event at a pseudo-breakup during geomagnetically quiet conditions 査読有り 国際共著

    Oyama, Si., Vanhamäki, H., Cai, L. et al.

    Earth, Planets and Space   74 巻 ( 154 )   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1186/s40623-022-01710-6

  10. Observation of Source Plasma and Field Variations of a Substorm Brightening Aurora at L similar to 6 by a Ground-Based Camera and the Arase Satellite on 12 October 2017

    Chen L., Shiokawa K., Miyoshi Y., Oyama S., Jun C-W, Ogawa Y., Hosokawa K., Inaba Y., Kazama Y., Wang S. Y., Tam S. W. Y., Chang T. F., Wang B. J., Asamura K., Kasahara S., Yokota S., Hori T., Keika K., Kasaba Y., Kumamoto A., Tsuchiya F., Shoji M., Kasahara Y., Matsuoka A., Shinohara I, Imajo S., Nakamura S., Kitahara M.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS   127 巻 ( 11 )   2022年10月

  11. Slow Contraction of Flash Aurora Induced by an Isolated Chorus Element Ranging From Lower-Band to Upper-Band Frequencies in the Source Region

    Ozaki Mitsunori, Yagitani Satoshi, Shiokawa Kazuo, Tanaka Yoshimasa, Ogawa Yasunobu, Hosokawa Keisuke, Kasahara Yoshiya, Ebihara Yusuke, Miyoshi Yoshizumi, Imamura Kousuke, Kataoka Ryuho, Oyama Shin-ichiro, Chida Teppei, Kadokura Akira

    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS   49 巻 ( 9 )   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1029/2021GL097597

    Web of Science

  12. Altitude of pulsating arcs as inferred from tomographic measurements

    Safargaleev Vladimir, Sergienko Tima, Hosokawa Keisuke, Oyama Shin-ichiro, Ogawa Yasunobu, Miyoshi Yoshizumi, Kurita Satoshi, Fujii Ryochi

    EARTH PLANETS AND SPACE   74 巻 ( 1 )   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1186/s40623-022-01592-8

    Web of Science

  13. Study of an Equatorward Detachment of Auroral Arc From the Oval Using Ground-Space Observations and the BATS-R-US-CIMI Model

    Yadav Sneha, Shiokawa K., Oyama S., Inaba Y., Takahashi N., Seki K., Keika K., Chang Tzu-Fang, Tam S. W. Y., Wang B. J., Kazama Y., Wang S. Y., Asamura K., Kasahara S., Yokota S., Hori T., Kasaba Y., Tsuchiya F., Kumamoto A., Shoji M., Kasahara Y., Matsuoka A., Matsuda S., Jun C. W., Imajo S., Miyoshi Y., Shinohara I

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS   126 巻 ( 12 )   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1029/2020JA029080

    Web of Science

  14. Multipoint Measurement of Fine-Structured EMIC Waves by Arase, Van Allen Probe A, and Ground Stations

    Matsuda S., Miyoshi Y., Kasahara Y., Blum L., Colpitts C., Asamura K., Kasaba Y., Matsuoka A., Tsuchiya F., Kumamoto A., Teramoto M., Nakamura S., Kitahara M., Shinohara I, Reeves G., Spence H., Shiokawa K., Nagatsuma T., Oyama S., Mann I. R.

    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS   48 巻 ( 23 )   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1029/2021GL096488

    Web of Science

  15. Simulated seasonal impact on middle atmospheric ozone from high-energy electron precipitation related to pulsating aurorae

    Verronen Pekka T., Kero Antti, Partamies Noora, Szelag Monika E., Oyama Shin-Ichiro, Miyoshi Yoshizumi, Turunen Esa

    ANNALES GEOPHYSICAE   39 巻 ( 5 ) 頁: 883 - 897   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.5194/angeo-39-883-2021

    Web of Science

  16. Periodicities and Colors of Pulsating Auroras: DSLR Camera Observations From the International Space Station

    Nanjo Sota, Hozumi Yuta, Hosokawa Keisuke, Kataoka Ryuho, Miyoshi Yoshizumi, Oyama Shin-ichiro, Ozaki Mitsunori, Shiokawa Kazuo, Kurita Satoshi

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS   126 巻 ( 10 )   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1029/2021JA029564

    Web of Science

  17. Isolated Proton Aurora Driven by EMIC Pc1 Wave: PWING, Swarm, and NOAA POES Multi-Instrument Observations

    Kim Hyangpyo, Shiokawa Kazuo, Park Jaeheung, Miyoshi Yoshizumi, Miyashita Yukinaga, Stolle Claudia, Connor Hyunju Kim, Hwang Junga, Buchert Stephan, Kwon Hyuck-Jin, Nakamura Satoko, Nakamura Kohki, Oyama Shin-Ichiro, Otsuka Yuichi, Nagatsuma Tsutomu, Sakaguchi Kaori

    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS   48 巻 ( 18 )   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1029/2021GL095090

    Web of Science

  18. Simultaneous Pulsating Aurora and Microburst Observations With Ground-Based Fast Auroral Imagers and CubeSat FIREBIRD-II

    Kawamura Miki, Sakanoi Takeshi, Fukizawa Mizuki, Miyoshi Yoshizumi, Hosokawa Keisuke, Tsuchiya Fuminori, Katoh Yuto, Ogawa Yasunobu, Asamura Kazushi, Saito Shinji, Spence Harlan, Johnson Arlo, Oyama Shin'ichiro, Brandstrom Urban

    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS   48 巻 ( 18 )   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1029/2021GL094494

    Web of Science

  19. First Simultaneous Observation of a Night Time Medium-Scale Traveling Ionospheric Disturbance From the Ground and a Magnetospheric Satellite

    Kawai K., Shiokawa K., Otsuka Y., Oyama S., Kasaba Y., Kasahara Y., Tsuchiya F., Kumamoto A., Nakamura S., Matsuoka A., Imajo S., Kazama Y., Wang S-Y, Tam S. W. Y., Chang T. F., Wang B. J., Asamura K., Kasahara S., Yokota S., Keika K., Hori T., Miyoshi Y., Jun C., Shoji M., Shinohara I

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS   126 巻 ( 9 )   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1029/2020JA029086

    Web of Science

  20. Variations in Cosmic Noise Absorption in Association With Equatorward Development of the Pulsating Auroral Patch: A Case Study to Estimate the Energy Spectra of Auroral Precipitating Electrons

    Miyamoto Taishiro, Oyama Shin-ichiro, Raita Tero, Hosokawa Keisuke, Miyoshi Yoshizumi, Ogawa Yasunobu, Kurita Satoshi

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS   126 巻 ( 9 )   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1029/2021JA029309

    Web of Science

  21. Penetration of MeV electrons into the mesosphere accompanying pulsating aurorae

    Miyoshi Y., Hosokawa K., Kurita S., Oyama S. -I., Ogawa Y., Saito S., Shinohara I., Kero A., Turunen E., Verronen P. T., Kasahara S., Yokota S., Mitani T., Takashima T., Higashio N., Kasahara Y., Matsuda S., Tsuchiya F., Kumamoto A., Matsuoka A., Hori T., Keika K., Shoji M., Teramoto M., Imajo S., Jun C., Nakamura S.

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 )   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1038/s41598-021-92611-3

    Web of Science

  22. Spatial Evolution of Wave-Particle Interaction Region Deduced From Flash-Type Auroras and Chorus-Ray Tracing

    Ozaki Mitsunori, Inoue Tomohiro, Tanaka Yoshimasa, Yagitani Satoshi, Kasahara Yoshiya, Shiokawa Kazuo, Miyoshi Yoshizumi, Imamura Kousuke, Hosokawa Keisuke, Oyama Shin-ichiro, Kataoka Ryuho, Ebihara Yusuke, Ogawa Yasunobu, Kadokura Akira

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS   126 巻 ( 7 )   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1029/2021JA029254

    Web of Science

  23. Multi-Event Analysis of Plasma and Field Variations in Source of Stable Auroral Red (SAR) Arcs in Inner Magnetosphere During Non-Storm-Time Substorms 査読有り 国際共著

    Inaba Yudai, Shiokawa Kazuo, Oyama Shin-ichiro, Otsuka Yuichi, Connors Martin, Schofield Ian, Miyoshi Yoshizumi, Imajo Shun, Shinbori Atsuki, Gololobov Artem Yu, Kazama Yoichi, Wang Shiang-Yu, Tam Sunny W. Y., Chang Tzu-Fang, Wang Bo-Jhou, Asamura Kazushi, Yokota Shoichiro, Kasahara Satoshi, Keika Kunihiro, Hori Tomoaki, Matsuoka Ayako, Kasahara Yoshiya, Kumamoto Atsushi, Matsuda Shoya, Kasaba Yasumasa, Tsuchiya Fuminori, Shoji Masafumi, Kitahara Masahiro, Nakamura Satoko, Shinohara Iku, Spence Harlan E., Reeves Geoff D., Macdowall Robert J., Smith Charles W., Wygant John R., Bonnell John W.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS   126 巻 ( 4 )   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2020JA029081

    Web of Science

  24. Over-Darkening of Pulsating Aurora 査読有り 国際誌

    Hosokawa K., Miyoshi Y., Oyama S- I, Ogawa Y., Kurita S., Kasahara Y., Kasaba Y., Yagitani S., Matsuda S., Ozaki M., Tsuchiya F., Kumamoto A., Takashima T., Shinohara I, Fujii R.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS   126 巻 ( 4 )   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2020JA028838

    Web of Science

  25. Formation of an additional density peak in the bottom side of the sodium layer associated with the passage of multiple mesospheric frontal systems 査読有り 国際共著

    Narayanan Viswanathan Lakshmi, Nozawa Satonori, Oyama Shin-Ichiro, Mann Ingrid, Shiokawa Kazuo, Otsuka Yuichi, Saito Norihito, Wada Satoshi, Kawahara Takuya D., Takahashi Toru

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   21 巻 ( 4 ) 頁: 2343 - 2361   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-21-2343-2021

    Web of Science

  26. Study of Spatiotemporal Development of Global Distribution of Magnetospheric ELF/VLF Waves Using Ground-Based and Satellite Observations, and RAM-SCB Simulations, for the March and November 2017 Storms

    Takeshita Yuhei, Shiokawa Kazuo, Miyoshi Yoshizumi, Ozaki Mitsunori, Kasahara Yoshiya, Oyama Shin-ichiro, Connors Martin, Manninen Jyrki, Jordanova Vania K., Baishev Dmitry, Oinats Alexey, Kurkin Vladimir

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS   126 巻 ( 2 )   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1029/2020JA028216

    Web of Science

  27. OI 630.0-nm and N-2 1PG Emissions in Pulsating Aurora Events Observed by an Optical Spectrograph at Tromso, Norway 査読有り 国際共著

    Tsuda T. T., Li C., Hamada S., Hosokawa K., Oyama S. -I., Nozawa S., Kawabata T., Mizuno A., Kurihara J., Nishiyama T., Kosch M. J.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS   125 巻 ( 12 )   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2020JA028250

    Web of Science

  28. Relativistic Electron Microbursts as High-Energy Tail of Pulsating Aurora Electrons 査読有り

    Miyoshi Y., Saito S., Kurita S., Asamura K., Hosokawa K., Sakanoi T., Mitani T., Ogawa Y., Oyama S., Tsuchiya F., Jones S. L., Jaynes A. N., Blake J. B.

    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS   47 巻 ( 21 )   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1029/2020GL090360

    Web of Science

  29. An Ephemeral Red Arc Appeared at 68 degrees MLat at a Pseudo Breakup During Geomagnetically Quiet Conditions 査読有り 国際共著

    Oyama S., Shinbori A., Ogawa Y., Kellinsalmi M., Raita T., Aikio A., Vanhamaeki H., Shiokawa K., Virtanen I., Cai L., Workayehu A. B., Pedersen M., Kauristie K., Tsuda T. T., Kozelov B., Demekhov A., Yahnin A., Tsuchiya F., Kumamoto A., Kasahara Y., Matsuoka A., Shoji M., Teramoto M., Lester M.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS   125 巻 ( 10 )   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2020JA028468

    Web of Science

  30. Plasma and Field Observations in the Magnetospheric Source Region of a Stable Auroral Red (SAR) Arc by the Arase Satellite on 28 March 2017 査読有り

    Inaba Yudai, Shiokawa Kazuo, Oyama Shin-ichiro, Otsuka Yuichi, Oksanen Arto, Shinbori Atsuki, Gololobov Artem Yu, Miyoshi Yoshizumi, Kazama Yoichi, Wang Shiang-Yu, Tam Sunny W. Y., Chang Tzu-Fang, Wang Bo-Jhou, Yokota Shoichiro, Kasahara Satoshi, Keika Kunihiro, Hori Tomoaki, Matsuoka Ayako, Kasahara Yoshiya, Kumamoto Atsushi, Kasaba Yasumasa, Tsuchiya Fuminori, Shoji Masafumi, Shinohara Iku, Stolle Claudia

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS   125 巻 ( 10 )   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1029/2020JA028068

    Web of Science

  31. Estimation of the emission altitude of pulsating aurora using the five-wavelength photometer 査読有り

    Kawamura Yuki, Hosokawa Keisuke, Nozawa Satonori, Ogawa Yasunobu, Kawabata Tetsuya, Oyama Shin-Ichiro, Miyoshi Yoshizumi, Kurita Satoshi, Fujii Ryoichi

    EARTH PLANETS AND SPACE   72 巻 ( 1 )   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1186/s40623-020-01229-8

    Web of Science

  32. Development of low-cost multi-wavelength imager system for studies of aurora and airglow 査読有り

    Ogawa Y., Tanaka Y., Kadokura A., Hosokawa K., Ebihara Y., Motoba T., Gustaysson B., Brandstrom U., Sato Y., Oyama S., Ozaki M., Raita T., Sigernes F., Nozawa S., Shiokawa K., Kosch M., Kauristie K., Hall C., Suzuki S., Miyoshi Y., Gerrard A., Miyaoka H., Fujii R.

    POLAR SCIENCE   23 巻   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1016/j.polar.2019.100501

    Web of Science

  33. Multievent Analysis of Oscillatory Motion of Medium-Scale Traveling Ionospheric Disturbances Observed by a 630-nm Airglow Imager Over Tromso 査読有り

    Yadav Sneha, Shiokawa K., Oyama S., Otsuka Y.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS   125 巻 ( 3 )   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1029/2019JA027598

    Web of Science

  34. Fine-Scale Visualization of Aurora in a Wide Area Using Color Digital Camera Images From the International Space Station 査読有り

    Nanjo Sota, Hozumi Yuta, Hosokawa Keisuke, Kataoka Ryuho, Miyoshi Yoshizumi, Oyama Shin-ichiro, Ozaki Mitsunori, Shiokawa Kazuo, Kurita Satoshi

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS   125 巻 ( 3 )   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1029/2019JA027729

    Web of Science

  35. Multiple time-scale beats in aurora: precise orchestration via magnetospheric chorus waves 査読有り

    Hosokawa K., Miyoshi Y., Ozaki M., Oyama S- I, Ogawa Y., Kurita S., Kasahara Y., Kasaba Y., Yagitani S., Matsuda S., Tsuchiya F., Kumamoto A., Kataoka R., Shiokawa K., Raita T., Turunen E., Takashima T., Shinohara I, Fujii R.

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 )   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1038/s41598-020-59642-8

    Web of Science

  36. Potential for the measurement of mesosphere and lower thermosphere (MLT) wind, temperature, density and geomagnetic field with Superconducting Submillimeter-Wave Limb-Emission Sounder 2 (SMILES-2) 査読有り

    Baron Philippe, Ochiai Satoshi, Dupuy Eric, Larsson Richard, Liu Huixin, Manago Naohiro, Murtagh Donal, Oyama Shin-ichiro, Sagawa Hideo, Saito Akinori, Sakazaki Takatoshi, Shiotani Masato, Suzuki Makoto

    ATMOSPHERIC MEASUREMENT TECHNIQUES   13 巻 ( 1 ) 頁: 219 - 237   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.5194/amt-13-219-2020

    Web of Science

  37. Diffuse and Pulsating Aurora 査読有り

    Nishimura Yukitoshi, Lessard Marc R., Katoh Yuto, Miyoshi Yoshizumi, Grono Eric, Partamies Noora, Sivadas Nithin, Hosokawa Keisuke, Fukizawa Mizuki, Samara Marilia, Michell Robert G., Kataoka Ryuho, Sakanoi Takeshi, Whiter Daniel K., Oyama Shin-ichiro, Ogawa Yasunobu, Kurita Satoshi

    SPACE SCIENCE REVIEWS   216 巻 ( 1 )   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1007/s11214-019-0629-3

    Web of Science

  38. Longitudinal Extent of Magnetospheric ELF/VLFWaves using Multipoint PWING Ground Stations at Subauroral Latitudes 査読有り

    Takeshita Yuhei, Shiokawa Kazuo, Ozaki Mitsunori, Manninen Jyrki, Oyama Shin-Ichiro, Connors Martin, Baishev Dmitry, Kurkin Vladimir, Oinats Alexey

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS   124 巻 ( 12 ) 頁: 9881 - 9892   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1029/2019JA026810

    Web of Science

  39. Ground Echoes Observed by the Meteor Radar and High-Speed Auroral Observations in the Substorm Growth Phase 査読有り

    Kozlovsky A., Shalimov S., Oyama S., Hosokawa K., Lester M., Ogawa Y., Hall C.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS     2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/0.1029/2019JA026829

  40. Ground Echoes Observed by the Meteor Radar and High-Speed Auroral Observations in the Substorm Growth Phase 査読有り

    Kozlovsky A., Shalimov S., Oyama S., Hosokawa K., Lester M., Ogawa Y., Hall C.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS   124 巻 ( 11 ) 頁: 9278 - 9292   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1029/2019JA026829

    Web of Science

  41. High-latitude thermospheric wind study using a Fabry-Perot interferometer at Tromso in Norway: averages and variations during quiet times 査読有り

    Xu Heqiucen, Shiokawa Kazuo, Oyama Shin-ichiro, Nozawa Satonori

    EARTH PLANETS AND SPACE   71 巻 ( 1 )   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1186/s40623-019-1093-8

    Web of Science

  42. Thermospheric wind variations observed by a Fabry-Perot interferometer at Tromso, Norway, at substorm onsets 査読有り

    Xu Heqiucen, Shiokawa Kazuo, Oyama Shin-ichiro, Otsuka Yuichi

    EARTH PLANETS AND SPACE   71 巻 ( 1 )   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1186/s40623-019-1072-0

    Web of Science

  43. Tracking the Region of High Correlation Between Pulsating Aurora and Chorus: Simultaneous Observations With Arase Satellite and Ground-Based All-Sky Imager in Russia 査読有り

    Kawamura S., Hosokawa K., Kurita S., Oyama S., Miyoshi Y., Kasahara Y., Ozaki M., Matsuda S., Matsuoka A., Kozelov B., Kawamura Y., Shinohara I

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS     2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/amt-2019-217

  44. Visualization of rapid electron precipitation via chorus element wave-particle interactions 査読有り

    Ozaki Mitsunori, Miyoshi Yoshizumi, Shiokawa Kazuo, Hosokawa Keisuke, Oyama Shin-ichiro, Kataoka Ryuho, Ebihara Yusuke, Ogawa Yasunobu, Kasahara Yoshiya, Yagitani Satoshi, Kasaba Yasumasa, Kumamoto Atsushi, Tsuchiya Fuminori, Matsuda Shoya, Katoh Yuto, Hikishima Mitsuru, Kurita Satoshi, Otsuka Yuichi, Moore Robert C., Tanaka Yoshimasa, Nose Masahito, Nagatsuma Tsutomu, Nishitani Nozomu, Kadokura Akira, Connors Martin, Inoue Takumi, Matsuoka Ayako, Shinohara Iku

    NATURE COMMUNICATIONS   124 巻 ( 5 )   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2018JA026241

  45. A PROPOSAL FOR SATELLITE OBSERVATION OF THE WHOLE ATMOSPHERE - SUPERCONDUCTING SUBMILLIMETER-WAVE LIMB-EMISSION SOUNDER (SMILES-2) 査読有り

    Shiotani M., Saito A., Sakazaki T., Ochiai S., Baron P., Nishibori T., Suzuki M., Abe T., Maezawa H., Oyama S.

    2019 IEEE INTERNATIONAL GEOSCIENCE AND REMOTE SENSING SYMPOSIUM (IGARSS 2019)   124 巻 ( 5 ) 頁: 3709 - 3728   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1029/2018JA026241

    Web of Science

  46. Tracking the Region of High Correlation Between Pulsating Aurora and Chorus: Simultaneous Observations With Arase Satellite and Ground-Based All-Sky Imager in Russia 査読有り

    Kawamura S., Hosokawa K., Kurita S., Oyama S., Miyoshi Y., Kasahara Y., Ozaki M., Matsuda S., Matsuoka A., Kozelov B., Kawamura Y., Shinohara I

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS   124 巻 ( 4 ) 頁: 2769 - 2778   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2019JA026496

    Web of Science

  47. Rapid Loss of Relativistic Electrons by EMIC Waves in the Outer Radiation Belt Observed by Arase, Van Allen Probes, and the PWING Ground Stations 査読有り

    Kurita S., Miyoshi Y., Shiokawa K., Higashio N., Mitani T., Takashima T., Matsuoka A., Shinohara I., Kletzing C. A., Blake J. B., Claudepierre S. G., Connors M., Oyama S., Nagatsuma T., Sakaguchi K., Baishev D., Otsuka Y.

    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS   10 巻 ( 257 )   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-018-07996-z

    Web of Science

  48. Electrostatic Electron Cyclotron Harmonic Waves as a Candidate to Cause Pulsating Auroras 査読有り

    Fukizawa M., Sakanoi T., Miyoshi Y., Hosokawa K., Shiokawa K., Katoh Y., Kazama Y., Kumamoto A., Tsuchiya F., Miyashita Y., Tanaka Y-M., Kasahara Y., Ozaki M., Matsuoka A., Matsuda S., Hikishima M., Oyama S., Ogawa Y., Kurita S., Fujii R.

    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS     頁: 8788 - 8791   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  49. Spatiotemporal development of pulsating auroral patch associated with discrete chorus elements: Arase and PWING observations 査読有り

    Ozaki M., Shiokawa K., Miyoshi Y., Hosokawa K., Oyama S., Yagitani S., Kasahara Y., Kasaba Y., Matsuda S., Kataoka R., Ebihara Y., Ogawa Y., Otsuka Y., Kurita S., Moore R. C., Tanaka Y. -M., Nose M., Nagatsuma T., Connors M., Nishitani N., Hikishima M., Kumamoto A., Tsuchiya F., Kadokura A., Nishiyama T., Inoue T., Imamura K., Matsuoka A., Shinohara I.

    2019 URSI ASIA-PACIFIC RADIO SCIENCE CONFERENCE (AP-RASC)     2019年

     詳細を見る

  50. Height-dependent ionospheric variations in the vicinity of nightside poleward expanding aurora after substorm onset 査読有り

    Oyama, S., Y. Miyoshi, K. Shiokawa, J. Kurihara, T. T. Tsuda, and B. J. Watkins

    J. Geophys. Res. Space Physics   45 巻 ( 23 ) 頁: 12720 - 12729   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2018GL080262

    Web of Science

  51. Generation of atmospheric gravity waves in the polar thermosphere in response to auroral activity 査読有り

    Oyama, S., and B. J. Watkins

    Space Science Review   45 巻 ( 23 ) 頁: 12661 - 12668   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2018GL080145

    Web of Science

  52. Variance of the vertical ion speed measured with the EISCAT UHF radar in the polar lower ionosphere at Tromsoe, Norway 査読有り

    Oyama, S., A. Brekke, T. T. Tsuda, J. Kurihara, and B. J. Watkins

    J. Geophys. Res.   45 巻 ( 22 ) 頁: 12125 - 12134   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2018GL079812

    Web of Science

  53. Purple Auroral Rays and Global Pc1 Pulsations Observed at the CIR-Associated Solar Wind Density Enhancement on 21 March 2017 査読有り

    Shiokawa K., Ozaki M., Kadokura A., Endo Y., Sakanoi T., Kurita S., Miyoshi Y., Oyama S. -I., Connors M., Schofield I., Ruohoniemi J. M., Nose M., Nagatsuma T., Sakaguchi K., Baishev D. G., Pashinin A., Rakhmatulin R., Shevtsov B., Poddelsky I., Engebretson M., Raita Tero, Tanaka Y. -M., Shinohara M., Teramoto M., Nomura R., Fujimoto A., Matsuoka A., Higashio N., Takashima T., Shinohara I., Albert Jay M.

    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS   45 巻 ( 20 ) 頁: 10819-10828   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2018GL079103

    Web of Science

  54. Auroral molecular-emission effects on the atomic oxygen line at 777.4nm 査読有り

    Oyama Shin-ichiro, Tsuda Takuo T., Hosokawa Keisuke, Ogawa Yasunobu, Miyoshi Yoshizumi, Kurita Satoshi, Kero Antti E., Fujii Ryoichi, Tanaka Yoshimasa, Mizuno Akira, Kawabata Tetsuya, Gustavsson Bjorn, Leyser Thomas

    EARTH PLANETS AND SPACE   70 巻   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40623-018-0936-z

    Web of Science

  55. Survey of conditions for artificial aurora experiments by the second electron gyro-harmonic at EISCAT Tromso using dynasonde data 査読有り

    Tsuda T. T., Rietveld M. T., Kosch M. J., Oyama S., Ogawa Y., Hosokawa K., Nozawa S., Kawabata T., Mizuno A.

    EARTH PLANETS AND SPACE   70 巻   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40623-018-0864-y

    Web of Science

  56. Survey of conditions for artificial aurora experiments at EISCAT Tromso using dynasonde data 査読有り

    Tsuda T. T., Rietveld M. T., Kosch M. J., Oyama S., Hosokawa K., Nozawa S., Kawabata T., Mizuno A., Ogawa Y.

    EARTH PLANETS AND SPACE   70 巻   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40623-018-0805-9

    Web of Science

  57. Ground-based instruments of the PWING project to investigate dynamics of the inner magnetosphere at subauroral latitudes as a part of the ERG-ground coordinated observation network 査読有り

    Shiokawa Kazuo, Katoh Yasuo, Hamaguchi Yoshiyuki, Yamamoto Yuka, Adachi Takumi, Ozaki Mitsunori, Oyama Shin-Ichiro, Nose Masahito, Nagatsuma Tsutomu, Tanaka Yoshimasa, Otsuka Yuichi, Miyoshi Yoshizumi, Kataoka Ryuho, Takagi Yuki, Takeshita Yuhei, Shinbori Atsuki, Kurita Satoshi, Hori Tomoaki, Nishitani Nozomu, Shinohara Iku, Tsuchiya Fuminori, Obana Yuki, Suzuki Shin, Takahashi Naoko, Seki Kanako, Kadokura Akira, Hosokawa Keisuke, Ogawa Yasunobu, Connors Martin, Ruohoniemi J. Michael, Engebretson Mark, Turunen Esa, Ulich Thomas, Manninen Jyrki, Raita Tero, Kero Antti, Oksanen Arto, Back Marko, Kauristie Kirsti, Mattanen Jyrki, Baishev Dmitry, Kurkin Vladimir, Oinats Alexey, Pashinin Alexander, Vasilyev Roman, Rakhmatulin Ravil, Bristow William, Karjala Marty

    EARTH PLANETS AND SPACE   69 巻   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40623-017-0745-9

    Web of Science

  58. Simultaneous FPI and TMA Measurements of the Lower Thermospheric Wind in the Vicinity of the Poleward Expanding Aurora After Substorm Onset 査読有り

    Oyama Shin-ichiro, Kubota Ken, Morinaga Takatoshi, Tsuda Takuo T., Kurihara Junichi, Larsen Miguel F., Yamamoto Masayuki, Cai Lei

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS   122 巻 ( 10 ) 頁: 10864-10875   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2017JA024613

    Web of Science

  59. Energetic electron precipitation and auroral morphology at the substorm recovery phase 査読有り

    Oyama S., Kero A., Rodger C. J., Clilverd M. A., Miyoshi Y., Partamies N., Turunen E., Raita T., Verronen P. T., Saito S.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS   122 巻 ( 6 ) 頁: 6508-6527   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2016JA023484

    Web of Science

  60. Measurement of thermospheric temperatures using OMTI Fabry-Perot interferometers with 70-mm etalon 査読有り

    Nakamura Y., Shiokawa K., Otsuka Y., Oyama S., Nozawa S., Komolmis T., Komonjida S., Neudegg Dave, Yuile Colin, Meriwether J., Shinagawa H., Jin H.

    EARTH PLANETS AND SPACE   69 巻   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40623-017-0643-1

    Web of Science

  61. Mesospheric ozone destruction by high-energy electron precipitation associated with pulsating aurora 査読有り

    Turunen, E., A. Kero, P. T. Verronen, Y. Miyoshi, S.-I. Oyama, and S. Saito

    J. Geophys. Res. Atmos.     2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2016JD025015

  62. Thermospheric Nocturnal Wind Climatology Observed by Fabry-Perot Interferometers over the Asia-Oceania Region 査読有り

    Yatagai, A., and S. Oyama

    J. Meteorol. Soc. Japan     2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2151/jmsj.2016-026

  63. Lower thermospheric wind variations in auroral patches during the substorm recovery phase 査読有り

    Shin-ichiro Oyama, Kazuo Shiokawa, Yoshizumi Miyoshi, Keisuke Hosokawa, Brenton J. Watkins, Junichi Kurihara, Takuo T. Tsuda andChristopher T. Fallen

    J. Geophys. Res., Space Physics   121 巻 ( 4 ) 頁: 3564-3577   2016年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2015JA022129

  64. Relation between fine structure of energy spectra for pulsating aurora electrons and frequency spectra of whistler mode chorus waves 査読有り

    Miyoshi, Y., S. Saito, K. Seki, T. Nishiyama, R. Kataoka, K. Asamura, Y. Katoh, Y. Ebihara, T. Sakanoi, M. Hirahara, S. Oyama, S. Kurita, and O. Santolik

    J. Geophys. Res. Space Physics     2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2015JA021562

  65. A case study on generation mechanisms of a sporadic sodium layer above Tromsoe (69.6N) during a night of high auroral activity 査読有り

    Takahashi, T., Nozawa, S., Tsuda, T. T., Ogawa, Y., Saito, N., Hidemori, T., Kawahara, T. D., Hall, C., Fujiwara, H., Matuura, N., Brekke, A., Tsutsumi, M., Wada, S., Kawabata, T., Oyama, S., and Fujii, R

    Ann. Geophys.     2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/angeo-33-941-2015

  66. Statistical study of auroral fragmentation into patches 査読有り

    Hashimoto, A., K. Shiokawa, Y. Otsuka, S.-i. Oyama, S. Nozawa, T. Hori, M. Lester, and M. G. Johnsen

    J. Geophys. Res. Space Physics     2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2015JA021000

  67. Energetic electron precipitation associated with pulsating aurora: EISCAT and Van Allen Probe observations 査読有り

    Miyoshi, Y., S. Oyama, S. Saito, S. Kurita, H. Fujiwara, R. Kataoka, Y. Ebihara, C. Kletzing, G. Reeves, O. Santolik, M. Cliverd, C. J. Rodger, E. Turunen, and F. Tsuchiya

    J. Geophys. Res. Space Physics     2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2014JA020690

  68. Approximate forms of daytime ionospheric conductance 査読有り

    Ieda, A., S. Oyama, H. Vanhamäki, R. Fujii, A. Nakamizo, O. Amm, T. Hori, M. Takeda, G. Ueno, A. Yoshikawa, R. J. Redmon, W. F. Denig, Y. Kamide, and N. Nishitani

    J. Geophys. Res. Space Physics     2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2014JA020665

  69. A case study of gravity wave dissipation in the polar MLT region using sodium LIDAR and radar data 査読有り

    Takahashi, T., S. Nozawa, M. Tsutsumi, C. Hall, S. Suzuki, T. T. Tsuda, T. D. Kawahara, N. Saito, S. Oyama, S. Wada, T. Kawabata, H. Fujiwara, A. Brekke, A. Manson, C. Meek, and R. Fujii

    Ann. Geophys.     2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/angeo-32-1195-2014

  70. Auroral fragmentation into patches 査読有り

    Shiokawa, K., A. Hashimoto, T. Hori, K. Sakaguchi, Y. Ogawa, E. Donovan, E. Spanswick, M. Connors, Y. Otsuka, S. Oyama, S. Nozawa, and K. McWilliams

    J. Geophys. Res. Space Physics     2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2014JA020050

  71. Height‐dependent ionospheric variations in the vicinity of nightside poleward expanding aurora after substorm onset 査読有り

    Oyama, S., Y. Miyoshi, K. Shiokawa, J. Kurihara, T. T. Tsuda, and B. J. Watkins

      119 巻   2014年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1002/2013JA019704

  72. Decrease in sodium density observed during auroral particle precipitation over Tromsoe, Norway 査読有り

    Tsuda, T., S. Nozawa, T. D. Kawahara, T. Kawabata, N. Saito, S. Wada, Y. Ogawa, S. Oyama, C. M. Hall, M. Tsutsumi, M. K. Ejiri, S. Suzuki, T. Takahashi, T. Nakamura

    Geophys. Res. Let.     2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/grl.50897

  73. Observation of nighttime medium-scale travelling ionospheric disturbances by two 630-nm airglow imagers near the auroral zone 査読有り

    Shiokawa, K., M. Mori, Y. Otsuka, S. Oyama, S. Nozawa, S. Suzuki, and M. Connors

    J. Atmos. Solar-Terr. Phys.     2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jastp.2013.03.024

  74. Estimation of the layered ionospheric conductance using data from a multi-wavelength photometer at the European Incoherent Scatter (EISCAT) radar site 査読有り

    Oyama, S., T. Watanabe, R. Fujii, S. Nozawa1, and T. T. Tsuda

    Antarctic Record   57 巻 ( 3 ) 頁: 339-356   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Development of low-cost sky-scanning Fabry-Perot interferometers for airglow and auroral studies 査読有り

    Shiokawa, K., Y. Otsuka, S. Oyama, S. Nozawa, M. Satoh, Y. Katoh, Y. Hamaguchi, Y. Yamamoto, and J. Meriwether

    Earth Planets Space     2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5047/eps.2012.05.004

  76. Motion of high-latitude nighttime medium-scale traveling ionospheric disturbances associated with auroral brightening 査読有り

    Shiokawa, K., M. Mori, Y. Otsuka, S. Oyama, and S. Nozawa

    J. Geophys. Res.     2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2012JA017928

  77. Mean winds, tides, and quasi-2 day waves above Bear Island 査読有り

    Nozawa, S., C. M. Hall, M. Tsutsumi, A. Brekke, Y. Ogawa, T. T. Tsuda, S. Oyama, and R. Fujii

    J. Atmos. Solar-Terr. Phys.     2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jastp.2012.05.002

  78. Temporal variations of the ion-neutral collision frequency from EISCAT observations in the polar lower ionosphere during periods of geomagnetic disturbances 査読有り

    Oyama, S., J. Kurihara, B. J. Watkins, T. T. Tsuda, and T. Takahashi

    J. Geophys. Res.   117 巻 ( A05308 )   2012年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1029/2011JA017159

  79. Generation of atmospheric gravity waves in the polar thermosphere in response to auroral activity 査読有り

    Oyama, S., and B. J. Watkins

    Space Science Review     2011年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11214-011-9847-z

  80. Fine structure of sporadic sodium layer observed with a sodium lidar at Tromsoe, Norway 査読有り

    Tsuda, T. T., S. Nozawa, T. Kawahara, T. Kawabata, N. Saito, S. Wada, C. Hall, S. Oyama, Y. Ogawa, S. Suzuki, T. Ogawa, T. Takahashi, H. Fujiwara, R. Fujii, N. Matuura, and A. Brekke

    Geophys. Res. Lett.     2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2011GL048685

  81. Variance of the vertical ion speed measured with the EISCAT UHF radar in the polar lower ionosphere at Tromsoe, Norway 査読有り

    Oyama, S., A. Brekke, T. T. Tsuda, J. Kurihara, and B. J. Watkins

    J. Geophys. Res.   116 巻 ( A00K06 )   2011年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2010JA016129

  82. Lower-thermospheric wind fluctuations measured with an FPI during pulsating aurora at Tromsø, Norway 査読有り

    S. Oyama, K. Shiokawa, J. Kurihara, T. T. Tsuda, S. Nozawa, Y. Ogawa, Y. Otsuka, and B. J. Watkins

    Ann. Geophysicae   28 巻   頁: 1847-1857   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Simultaneous observations were conducted with a Fabry-Perot Interferometer (FPI) at a wavelength of 557.7 nm, an all-sky camera at a wavelength of 557.7 nm, and the European Incoherent Scatter (EISCAT) UHF radar during the Dynamics and Energetics of the Lower Thermosphere in Aurora 2 (DELTA-2) campaign in January 2009. This paper concentrated on two events during periods of pulsating aurora. The lower-thermospheric wind velocity measured with the FPI showed obvious fluctuations in both vertical and horizontal components. Of particular interest is that the location of the fluctuations was found in a darker area that appeared within the pulsating aurora. During the same time period, the EISCAT radar observed sporadic enhancements in the F-region backscatter echo power, which suggests the presence of low-energy electron (1 keV or lower) precipitation coinciding with increase in amplitude of the electromagnetic wave (at the order of 10 Hz or higher). While we have not yet identified the dominant mechanism causing the fluctuations in FPI-derived wind velocity during the pulsating aurora, the frictional heating energy dissipated by the electric-field perturbations may be responsible for the increase in ionospheric thermal energy thus modifying the local wind dynamics in the lower thermosphere.

    DOI: 10.5194/angeo-28-1847-2010

  83. Tidal waves in the polar lower thermosphere observed using the EISCAT long run data set obtained in September 2005 査読有り

    Nozawa, S., Y. Ogawa, S. Oyama, H. Fujiwara, T. Tsuda, A. Brekke, C. M. Hall, Y. Murayama, S. Kawamura, H. Miyaoka, and R. Fujii

    J. Geophy. Res.     2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2009JA015237

  84. Links between a stratospheric sudden warming and thermal structures and dynamics in the high-latitude mesosphere, lower thermosphere, and ionosphere 査読有り

    Kurihara, J., Y. Ogawa, S. Oyama, S. Nozawa , M. Tsutsumi , C. Hall , Y. Tomikawa , R. Fujii

    Geophys. Res. Lett.     2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2010GL043643

  85. Temperature enhancements and vertical winds in the lower thermosphere associated with auroral heating during the Dynamics and Energetics of the Lower Thermosphere in Aurora (DELTA) campaign 査読有り

    Kurihara, J., S. Oyama, S. Nozawa, T. T. Tsuda, R. Fujii, Y. Ogawa, H. Miyaoka, N. Iwagami, T. Abe, K.-I. Oyama, M. Kosch, A. Aruliah, E. Griffin, and K. Kauristie

    J. Geophys. Res.     2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2009JA014392

  86. Ion heating in high-speed flow channel within the duskside cell of the polar-cap ion convection under large IMF-By condition 査読有り

    Maeda, S., Y. Ogawa, K. Hosokawa, S. Nozawa, S. Oyama, T. Tsuda and A. Brekke

    J. Geophysical Research     2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2009JA014300

  87. Relations between proton auroras, intense electric field and ionospheric electron density depletion 査読有り

    Fujii, R., Y. Iwata, S. Oyama, S. Nozawa, and Y. Ogawa

    J. Geophysical Research     頁: 114, A09304, doi:10.1029/2009JA014319   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2009JA014319

  88. Spatial evolution of frictional heating and the predicted thermospheric-wind effects in the vicinity of an auroral arc measured with the Sondrestrom incoherent-scatter radar and the Reimei satellite 査読有り

    Oyama, S., T. T. Tsuda, T. Sakanoi, Y. Obuchi, K. Asamura, M. Hirahara, A. Yamazaki, Y. Kasaba, R. Fujii, S. Nozawa, and B. J. Watkins

    J. Geophysical Research   114 巻 ( A07311 ) 頁: doi:10.1029/2009JA014091   2009年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2009JA014091

  89. Acceleration mechanism of high-speed neutral wind observed in the polar lower thermosphere 査読有り

    Tsuda, T. T., S. Nozawa, S. Oyama, T. Motoba, Y. Ogawa, H. Shinagawa, N. Nishitani, K. Hosokawa, N. Sato, M. Lester, and R. Fujii

    J. Geophysical Research     2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2008JA013867

  90. *Generation of the lower-thermospheric vertical wind estimated with the EISCAT KST radar at high latitudes during periods of moderate geomagnetic disturbance 査読有り

    Oyama, S., B. J. Watkins, S. Maeda, H. Shinagawa, S. Nozawa, Y. Ogawa, A. Brekke, C. Lathuillere, and W. Kofman

    Ann. Geophysicae   26 巻   頁: 1491-1505   2008年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/angeo-26-1491-2008

  91. Excitation and diagnosis of cascading Langmuir waves in ionospheric plasmas at Gakona, Alaska, 査読有り

    Burton, L. M., J. A. Cohen, R. Pradipta, A. Labno, M. C. Lee, O. Batishchev, D. L. Rokusek, S. P. Kuo, B. J. Watkins, and S. Oyama

    Phys. Scr.     2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/0031-8949/2008/T132/014030

  92. Temporal evolution of pump beam self-focusing at the High-Frequency Active Auroral Research Program 査読有り

    Kosch M. J., T. Pedersen, E. Mishin, M. Starks, E. Gerken-Kendall, D. Sentman, S. Oyama, B. Watkins

    J. Geophysical Research     2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2007JA012264

  93. Coordinated optical and radar observations of ionospheric pumping for a frequency pass through the second electron gyroharmonic at HAARP 査読有り

    Kosch M. J., T. Pedersen, E. Mishin, S. Oyama, J. Hughes, A. Senior, B. Watkins, B. Bristow

    J. Geophysical Research     2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2006JA012146

  94. A two-dimensional simulation of thermospheric vertical winds in the vicinity of an auroral arc 査読有り

    Shinagawa, H., and Oyama, S

    Earth Planets and Space   58 巻 ( 9 ) 頁: 58(9), 1173-1181   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Persistent enhancement of the HF pump-induced plasma line measured with a UHF diagnostic radar at HAARP 査読有り

    Oyama, S., B. J. Watkins, F. T. Djuth, M. J. Kosch, P. Bernhardt, and C. J. Heinselman

    J. Geophysical Research   111 巻 ( A06309 ) 頁: 2005JA011363   2006年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Plasma lines excited by a powerful, high-frequency (HF) radio wave are studied using
    data obtained with an ultrahigh frequency (UHF) radar at HAARP (High Frequency
    Active Auroral Research Program) from 3 to 5 February 2005. Of particular interest is
    persistent enhancement of the radar backscatter power during HF on at several HF
    frequencies. The persistent enhancement is induced with the HF frequency slightly lower
    than foF2 by a few hundred kHz; by contrast the persistent enhancement does not
    appear when the HF frequency is equal to and higher than foF2 or lower than foF2 by
    more than 500 kHz. When persistent enhancements of the radar backscatter power
    appear, two case studies show that the local plasma frequency at the reflection height of
    the O-mode polarization wave is close to the second or third electron gyroharmonic
    frequencies, but one case study shows that the local plasma frequency at the reflection
    height is significantly different from the third electron gyroharmonic frequency.

    DOI: 10.1029/2005JA011363

  96. *Application of a new beam configuration to estimate lower thermospheric vertical velocities at high latitudes with mono-static incoherent scatter radars 査読有り

    Oyama, S., B. J. Watkins, S. Maeda, and J. Watermann

    Radio Science   40 巻 ( RS4005 ) 頁: 2004RS003205   2005年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We have developed a new beam configuration for monostatic incoherent scatter (IS)
    radars at high latitudes in order to estimate the vertical component of the neutral wind
    velocity in the lower thermosphere (from 100 to 120 km). This method has been applied to
    experiments with the Sondrestrom IS radar, Greenland, on 5 and 8 March 2004. The
    measurement and the analysis methods provide various temporal and altitudinal structures
    of the vertical neutral wind velocity with amplitude of a few tens of meters per second at
    3 km height resolution. This paper also demonstrates how to evaluate assumptions
    adopted in calculations of the vertical neutral wind velocity using experimental data on
    5 and 8 March 2004. Caution should be exercised in inferring effects of variations in
    the thermospheric density or the ion-neutral collision frequency in association with
    vertical thermospheric motions, in particular above 112 km.

    DOI: 10.1029/2004RS003205

  97. *Vertical ion motions observed with incoherent-scatter radars in the polar lower ionosphere 査読有り

    Oyama, S., B. J. Watkins, S. Nozawa, S. Maeda, and M. Conde

    J. Geophysical Research   110 巻 ( A04302 ) 頁: 2004JA010705   2005年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2004JA010705

  98. Summer-winter dependences of day-night differences in the ion temperature in the polar upper F region 査読有り

    Oyama, S., C. Lathuillere, S. Maeda, and B. J. Watkins

    Geophysical Research Letter   31 巻 ( L05806 ) 頁: 2003GL018820   2004年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The daily variation of ion temperature observed with the
    European Incoherent Scatter (EISCAT) Tromsø UHF radar in
    the upper F region (from 300 to 500 km) has been found to
    be significantly dependent on season. Of particular interest
    is the statistics that the ion temperature at local night is
    higher than that at local daytime for near solar maximum
    summer conditions; by contrast no differences for winter.
    Using the ion energy equation estimates of the heat
    exchange with electrons suggest these local time and
    seasonal differences. A case study using summer-time
    data from the Sondrestrom incoherent-scatter radar
    (ISR) also shows local-time dependences similar to
    that observed with the Tromsø ISR. The case study
    using a summer-time data from the EISCAT Svalbard
    radar (ESR) shows the opposite sense. These seasonal
    characteristics of the ion temperature that depend on the
    observation site suggest that the day-night difference of ion
    temperature in the polar upper F region has complicated
    magnetic-latitudinal dependences.

    DOI: 10.1029/2003GL018820

  99. The quasi 2-day wave observed in the polar mesosphere (2): Comparison of the characteristics observed at Tromso and Poker Flat 査読有り

    Nozawa, S., H. Iwahashi, A. Brekke, C. M. Hall, C. Meek, A. Manson, S. Oyama, Y. Murayama, and R. Fujii

    J. Geophysical Research     頁: 108 , 101029/2002JD003221   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2002JD003221

  100. Thermospheric and ionosphric dynamics in the auroral region 査読有り

    Shinagawa, H., S. Oyama, S. Nozawa, S. C. Buchert, R. Fujii, and M. Ishii

    Advances in Space Research   31 巻 ( 4 ) 頁: 951-956   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0273-1177(02)00792-5

  101. Field-aligned ion motions in the polar E-F transition region: Mean characteristics 査読有り

    Oyama, S., S. Nozawa, S. Maeda, Y. Murayama, R. Fujii, and H. Shinagawa

    J. Geophysical Research     頁: 108(A8), 1334, doi:10.1029/2003JA009830   2003年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2003JA009830

  102. The quasi 2-day wave observed in the polar mesosphere 査読有り

    Nozawa, S., S. Imaida, A. Brekke, C. Hall, C. Meek, A. Manson, S. Oyama, K. Dobashi, and R. Fujii

    J. Geophysical Research     頁: 108, 10.1029/2002JD002440   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2002JD002440

  103. A comparison study of the auroral lower thermopsheric neutral winds derived by the EISCAT UHF radar and the Tromso MF radar 査読有り

    Nozawa, S., A. Brekke, A. Manson, C. M. Hall, C. Meek, K. Morise, S. Oyama, K. Dobashi, and R. Fujii

    J. Geophysical Research     頁: 107, 10.1029/2000JA007581   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2000JA007581

  104. Field-aligned ion motions in the E and F region 査読有り

    Fujii, R., S. Oyama, S. C. Buchert, S. Nozawa, and N. Matuura

    J. Geophysical Research     頁: 107, 10.1029/ 2001JA900148   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Effects of auroral arc on the generation of atmospheric gravity waves in the polar F-region 査読有り

    Oyama, S., H. Shinagawa, S. C. Buchert, R. Fujii, S. Nozawa, M. Ishii, Y, Murayama, and W. Kofman

    Advances in Space Res.   27 巻   頁: 1767-1772   2001年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0273-1177(01)00335-0

  106. *Generation of atmospheric gravity waves associated with auroral activity in the polar F region 査読有り

    Oyama, S., M. Ishii, Y. Murayama, H. Shinagawa, S. C. Buchert, S. Nozawa, R. Fujii, and W. Kofman

    J. Geophysical Research   106 巻   頁: 18,543-18,554   2001年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Relationships between the generation of atmospheric gravity waves and
    auroral activity were investigated using data on neutral
    oscillations, at periods of 20-30 min,
    estimated from European Incoherent Scatter radar data in the polar
    F-region (150-300 km).
    The equation for the neutral dispersion relation gave
    the values of the wave parameters,
    such as the
    phase velocity and wavelength, applicable to the estimated oscillations.
    These values were used to estimate the distance between the observation
    position and the region where the oscillations were generated.
    The estimated distance superimposed on all-sky images
    taken at Kilpisjarvi suggests
    that the auroral arc extended in an almost zonal direction related to
    the generation of the oscillations.
    The oscillations were compared with ones calculated
    using the Francis model.
    The phase surface of the modeled atmospheric gravity waves showed fairly
    good agreement with that of the observed oscillations,
    suggesting that the estimated distance is acceptable
    for reproducing the estimated oscillations with the model.
    It is concluded that auroral activities significantly relate to the AGW
    generation in the polar thermosphere as investigated with theoretical
    studies.

  107. Effects of atmospheric oscillations on the field-aligned ion motions in the polar F-region 査読有り

    Oyama, S., S. Nozawa, S. C. Buchert, M. Ishii, S. Watari, E. Sagawa, W. Kofman, J. Lilensten, and R. Fujii

    Ann. Geophysicae   18 巻   頁: 1154-1163   2000年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Dynamics of neutral wind in the polar region observed with two Fabry-Perot interferometers 査読有り

    Ishii, M., S. Oyama, S. Nozawa, R. Fujii, E. Sagawa, S. Watari, and H. Shinagawa

    Earth Planets and Space   51 巻   頁: 833-844   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 30

  1. Geomagnetic activity dependence and dawn-dusk asymmetry of thermospheric winds at high latitudes 国際共著

    Shin-ichiro Oyama, Anita Aikio, Takeshi Sakanoi, Keisuke Hosokawa, Heikki Vanhamaki, Lei Cai, Ilkka Virtanen, Marcus Pedersen, Kazuo Shiokawa, Atsuki Shinbori, Nozomu Nishitani and Yasunobu Ogawa

    2023年3月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  2. Geomagnetic activity dependence and dawn-dusk asymmetry of thermospheric winds at high latitudes 国際共著

    Shin-ichiro Oyama, Anita Aikio, Takeshi Sakanoi, Keisuke Hosokawa, Heikki Vanhamaki, Lei Cai, Ilkka Virtanen, Marcus Pedersen, Kazuo Shiokawa, Atsuki Shinbori, Nozomu Nishitani and Yasunobu Ogawa

    2023年3月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  3. SDI-3D project 国際共著

    Oyama, S. and SDI-3D project team

    5th ISEE Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  4. SDI-3D project to study the Thermosphere-Ionosphere coupling at high latitudes 国際会議

    Oyama, Shin-ichiro

    Spase Physics Seminar in Univ. Oulu 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:フィンランド共和国  

  5. SDI-3D project 国際共著 国際会議

    Oyama and SDI-3D project team

    20th international EISCAT symposium 2022 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:スウェーデン王国  

  6. What can we learn from the quiet high-latitude ionosphere? 国際共著 国際会議

    Oyama, S., H. Vanhamäki, L. Cai, A. Aikio, M. Rietveld, Y. Ogawa, T. Raita, M. Kellinsalmi, K. Kauristie, B. Kozelov, A. Shinbori, K. Shiokawa, T. T. Tsuda and T. Sakanoi

    JpGU 2022 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. 地磁気静穏時のサブオーロラ帯における熱圏風加速

    大山伸一郎、細川敬祐、坂野井健、塩川和夫、西谷望、新堀淳樹、小川泰信

    EISCAT研究集会  2022年3月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  8. What can we learn from the quiet high-latitude ionosphere? 招待有り 国際会議

    Oyama, Shin-ichiro

    45th Apatity Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ロシア連邦  

  9. 地磁気静穏時のサブオーロラ帯における熱圏風加速

    大山伸一郎、細川敬祐、坂野井健、塩川和夫、西谷望、新堀淳樹、小川泰信

    極域・中緯度SuperDARN研究集会  2022年2月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  10. International joint observations of electron precipitation from Geospace using combined radio and optical techniques

    Oyama, S., K. Hosokawa, C. Maltinez and Y. Tanaka

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  11. SDI-3D and collaborations with ground-based instruments in Fennoscandia 国際共著 国際会議

    Oyama, S., SDI-3D project team and JSPS Kokusai-B team

    SGO Observatory Days 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:フィンランド共和国  

  12. Delay of the thermospheric wind response to a sudden westward turning of the ionospheric velocity at a pseudo breakup and irresistible force of the thermosphere in the energy dissipation process

    Oyama, S., H. Vanhamäki, L. Cai, A. Aikio, M. Rietveld, Y. Ogawa, T. Raita, M. Kellinsalmi, K. Kauristie, B. Kozelov, A. Shinbori, , K. Shiokawa, T. T. Tsuda and T. Sakanoi

    AGU Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語  

    国名:アメリカ合衆国  

  13. Thermospheric wind response to ionospheric variations at a pseudo breakup during geomagnetically quiet conditions

    Oyama, S., H. Vanhamäki, L. Cai, A. Aikio, M. Rietveld, Y. Ogawa, T. Raita, M. Kellinsalmi, K. Kauristie, B. Kozelov, A. Shinbori, , K. Shiokawa, T. T. Tsuda and T. Sakanoi

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. A case study to estimate energy spectra of pulsating auroral electrons from cosmic noise absorption and auroral brightness 国際共著 国際会議

    Shin-ichiro Oyama, Miyamoto Taishiro, Tero Raita, Keisuke Hosokawa, Yoshizumi Miyoshi, Yasunobu Ogawa, and Satoshi Kurita

    JpGU 2021 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月 - 2021年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  15. SDI-3D project 国際共著

    2021年3月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  16. SDI-3D project 招待有り 国際共著 国際会議

    Shin-ichiro Oyama

    44th Apatity Seminar  2021年3月18日  Polar Geophysical Institute, Russia

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:online  

  17. A case study to estimate energy spectra of pulsating auroral electrons from cosmic noise absorption and auroral brightness 国際共著 国際会議

    Shin-ichiro Oyama, Miyamoto Taishiro, Tero Raita, Keisuke Hosokawa, Yoshizumi Miyoshi, Yasunobu Ogawa, and Satoshi Kurita

    44th Apatity Seminar  2021年3月16日  Polar Geophysical Institute, Russia

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:online  

  18. Event study of the M-I-T coupling in the ionospheric trough region for Kp = 0+ 国際共著 国際会議

    S. Oyama, A. Aikio, H. Vanhamäki, A. Shinbori, M. Rietveld, Y. Ogawa, M. Kellinsalmi, T. Raita, K. Shiokawa, I. Virtanen, L. Cai, A. Workayehu, M. Pedersen, K. Kauristie, B. Kozelov and A. Demekhov

    PWING-ERG workshop  2021年3月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  19. Thermospheric wind acceleration in the ionospheric trough for Kp = 0+ 招待有り 国際共著 国際会議

    S. Oyama, A. Aikio, H. Vanhamäki, A. Shinbori, M. Rietveld, Y. Ogawa, M. Kellinsalmi, T. Raita, K. Shiokawa, I. Virtanen, L. Cai, A. Workayehu, M. Pedersen, K. Kauristie, B. Kozelov and A. Demekhov

    COSPAR 2021  2021年1月30日  COSPAR

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月 - 2021年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:online  

  20. Variations of cosmic noise absorption in association with equatorward development of the pulsating auroral patch: A case study with the meridional riometer chain in Finland 国際共著

    Miyamoto Taishiro, Shin-ichiro Oyama, Tero Raita, Keisuke Hosokawa, Yoshizumi Miyoshi, Yasunobu Ogawa, and Satoshi Kurita

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  21. Variations of cosmic noise absorption in association with equatorward development of the pulsating auroral patch: A case study with the meridional riometer chain in Finland 国際共著

    Miyamoto Taishiro, Shin-ichiro Oyama, Tero Raita, Keisuke Hosokawa, Yoshizumi Miyoshi, Yasunobu Ogawa, and Satoshi Kurita

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  22. An event study of the M-I-T coupling at a pseudo breakup during geomagnetically quiet conditions 国際共著 国際会議

    Oyama, S., A. Shinbori, Y. Ogawa, M. Kellinsalmi, T. Raita, M. Rietveld, A. Aikio, H. Vanhamäki, K. Shiokawa, I. Virtanen, L. Cai, A. B. Workayehu, M. Pedersen, K. Kauristie, T. T. Tsuda, B. Kozelov, A. Demekhov, A. Yahnin, F. Tsuchiya, A. Kumamoto, Y. Kasahara, A. Matsuoka, M. Shoji and M. Teramoto

    AGU Fall meeting 2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:online  

  23. An event study of the thermospheric response at a pseudo breakup during geomagnetically quiet conditions 国際共著 国際会議

    Oyama, S., A. Shinbori, Y. Ogawa, M. Kellinsalmi, T. Raita, M. Rietveld, A. Aikio, H. Vanhamäki, K. Shiokawa, I. Virtanen, L. Cai, A. B. Workayehu, M. Pedersen, K. Kauristie, T. T. Tsuda, B. Kozelov, A. Demekhov, A. Yahnin, F. Tsuchiya, A. Kumamoto, Y. Kasahara, A. Matsuoka, M. Shoji and M. Teramoto

    地球電磁気・地球惑星圏学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  24. SDI-3D 招待有り 国際共著 国際会議

    Shin-ichiro Oyama, SDI-3D project team

    CHAMOS workshop 2020  2020年10月20日  CHAMOS

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:online  

  25. 極域熱圏風加速の空間分布とSDIによる二次元測定の重要性 招待有り 国際共著

    大山伸一郎, SDI-3Dプロジェクトチーム

    中間圏・熱圏・電離圏 (MTI) 研究集会  宇宙地球環境研究所, 情報通信研究機構, 京都大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  26. 超高層大気におけるN-I結合の理解に向けた衛星-地上共同観測への期待 招待有り 国際共著

    大山伸一郎

    宇宙空間からの地球超高層大気観測に関する研究会  宇宙地球環境研究所, 京都大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  27. Thermospheric wind acceleration in the ionospheric trough for Kp = 0+ 国際共著

    Shin-ichiro Oyama, Anita Aikio, Heikki Vanhamaki, Atsuki Shinbori, Mike Rietveld, Yasunobu Ogawa, Mirjam Kellinsalmi, Tero Raita, Kazuo Shiokawa, Ilkka Virtanen, Lei Cai, Abiyot Workayehu, Marcus Pedersen, Kirsti Kauristie, Boris Kozelov and Andrei Demekhov

    JpGU 2020  JPGU

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  28. SAR arc at 68o geomagnetic (71o geographic) North for Kp = 0+ 国際共著

    Shin-ichiro Oyama, Atsuki Shinbori, Anita Aikio, Heikki Vanhamaki, Yasunobu Ogawa, Mirjam Kellinsalmi, Tero Raita, Mike Rietveld, Kazuo Shiokawa, Ilkka Virtanen, Lei Cai, Abiyot Workayehu, Marcus Pedersen, Kirsti Kauristie, Boris Kozelov and Andrei Demekhov

    JpGU 2020  JPGU

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  29. SAR arc at 68o geomagnetic (71o geographic) North for Kp = 0+ 国際共著 国際会議

    Shin-ichiro Oyama, Atsuki Shinbori, Anita Aikio, Heikki Vanhamaki, Yasunobu Ogawa, Mirjam Kellinsalmi, Tero Raita, Mike Rietveld, Kazuo Shiokawa, Ilkka Virtanen, Lei Cai, Abiyot Workayehu, Marcus Pedersen, Kirsti Kauristie, Boris Kozelov and Andrei Demekhov

    Apatity Seminar 2020  Polar Geophysical Institute, Russia

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  30. Diversity of the auroral-subauroral ionosphere and thermosphere during very low Kp condition 国際共著 国際会議

    Shin-ichiro Oyama, Anita Aikio, Heikki Vanhamaki, Yasunobu Ogawa, Atsuki Shinbori, Mike Rietveld, Mirjam Kellinsalmi, Abiyot Workayehu, Marcus Pedersen

    Observatory Days 2020  Sodankyla Geophysical Observatory, Univ. of Oulu

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

科研費 15

  1. 極域大気4次元センシング:メソスケールオーロラを介した宇宙と大気の結合過程の解明

    研究課題/研究課題番号:22H00173  2022年4月 - 2027年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    細川 敬祐, 小川 泰信, 三好 由純, 大山 伸一郎, 田中 良昌

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    宇宙空間と極域大気が結合した系において,エネルギーの流入量と消費量の間に量的な不整合があることが,近年の汎地球的な計測によって明らかになっている.本研究では,このエネルギー収支における謎を解明するために,2023年から北欧において稼働する次世代大型大気レーダー EISCAT_3D の周辺に高空間解像度カメラを配備し,メソスケールオーロラの動態や背景物理量を3次元的に,かつ高速に観測できる統合観測システムを構築する.この拠点的観測によって極域大気の4次元センシングを実現し,宇宙から大気へのエネルギー伝達・散逸過程において,メソスケールオーロラが担っている役割を明らかにする.

  2. 極域熱圏加熱の起源の解明:光と電波を用いた統合高解像度イメージング観測

    研究課題/研究課題番号:22H01283  2022年4月 - 2027年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    大山 伸一郎, 小川 泰信, 坂野井 健, 細川 敬祐

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    本研究は最新大型レーダー(EISCAT_3D)、大型光学干渉計(SDI)、高分解能全天カメラネットワークからなる、北欧に集約された世界最高水準の観測装置群を使い、世界初となる電離圏・熱圏・オーロラの同時・イメージング測定を行う。そしてオーロラと電離圏速度のメソスケール構造が極域熱圏を加熱・膨張させるメカニズムを解明する。

  3. 光と電波を用いた国際共同観測によって明らかにするジオスペース電子降下の時空間変動

    研究課題/研究課題番号:21KK0059  2021年10月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    細川 敬祐, 大山 伸一郎, Martinez・Calderon Claudia, 田中 良昌

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    国際共同の枠組みによって,新たな「光と電波を用いた広域観測網」を構築し,オーロラと降下電子の双方を広い領域で面的に観測する.代表者らが北欧で継続してきた高時間分解能光学観測と,フィンランドとの協働によって設置をするリオメータや VLF 電波観測, 化学シミュレーションを組み合わせることによって,オーロラに伴うジオスペース電子降下の時空間変動,オーロラの形態による特性の違い,大気への影響を定量的に明らかにする.
    国際共同の枠組みによって,新たな「光と電波を用いた広域観測網」を構築し,オーロラと降下電子の双方を広い領域で面的に観測することを目的として,観測機器の導入に関する準備作業を行った.特に,リオメータの開発・製作・較正作業について,海外研究協力者であるソダンキラ地球物理観測所(Sodankyla Geophysical Observatory: SGO)の Antti Kero 博士と連携し,設置場所の絞り込み,および導入するリオメータのスペックに関する確認を実施した.VLF 受信観測についても,SGO の Jyrki Manninen 博士とのやりとりを継続し,2022 年に実施予定の設置作業に向けた観測場所の絞り込み,周辺ノイズ環境の把握を行うことができた.また,2021 年 11 月にオンラインで開催された北欧の超高層大気観測のためのワーキンググループ(NOM: Nordic Observatory Meeting)において,本計画に関するプレゼンテーションを行い,北欧の研究者との連携基盤を構築した.すでに北欧 4 地点において実施している高感度カメラによる光学観測については,2021 年冬季シーズンの観測を,機器のリモート制御を行うことによって継続した.欧州非干渉散乱レーダー(EISCAT レーダー)による特別実験も 1-3 月の期間に集中的に実施し,ジオスペースからの電子降下に伴う低高度電離現象の事例を多数得ることができている.今後観測を開始するリオメータや VLF 電波観測, 化学シミュレー ションを組み合わせることによって,オーロラに伴うジオスペース電子降下の時空間変動,オーロラの形態による特性の違い,大気への影響を定量的に明らかにすることが期待できる.
    北欧 4 地点における光学観測を継続し 2021 年度冬季シーズンにも良好なデータを得ることができている.また,新規に設置を行うリオメータについても,NOM の枠組みのもとでプロジェクトが位置づけられており,2022 年度以降に予定されている観測機器の導入およびテスト観測の実施への準備が行えている.VLF 電波観測についても,観測候補地の絞り込みが進められており,周辺ノイズ環境の把握もできつつある.これらのことから,おおむね順調に進展していると言うことができる.
    北欧 5 地点における光学観測を継続し,研究期間中にさらに 4 回の「冬季集中観測」を実施する.観測の実施やデータの回収は,NOM との連携のもとに,代表者の細川および大学院生が毎年現地に出張することによって行う.2022 年度にリオメータの開発・製作・較正を SGO との連携で実施し,2022 年度秋以降にフィンランドにおいてテスト観測を開始する.設置場所の絞り込みおよび現地調査,降下電子エネルギースペクトル導出手法の開発も並行して進める.2023 年夏にフィンランド国内 2 地点で定常連続観測を開始する.2023 年以降,得られたデータを用いて電子密度の高度分布を推定する.VLF 受信機については,2022 年秋にフィンランド中部に設置し,定常観測を開始する.得られた波動データからサイクロトロン共鳴の条件を仮定して降下電子エネルギーを算出する.SGO の Kero 博士,Turunen 博士を中心に,電子降下による HOx, NOx, オゾンなどの大気微量成分の生成,消滅過程を再現する化学反応シミュレーションを実データを入力にする形に整備する.2023 年以降,リオメータや VLF 観測からのインプットに基づいた計算を実施し,大気微量成分の変動を再現し,粒子降下の影響を評価する.

  4. 青いオーロラの高分解能分光観測に基づく地球大気の窒素分子イオン流出の計測

    研究課題/研究課題番号:21K18651  2021年7月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    塩川 和夫, 大山 伸一郎, 小川 泰信

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    極域のオーロラでは、その上辺が青く光ることがある。この青いオーロラは、窒素分子イオンが高い高度まで上昇し、薄明の太陽光を共鳴散乱して光っていると考えられてきた。しかし質量の重い窒素分子イオンがなぜ高い高度に上昇するか、その機構はよくわかっていない。本研究では、高高度で発光する青いオーロラを、ファブリ・ペロー干渉計を用いて世界で初めて高分解能分光することにより、発光している窒素分子イオンの上昇速度を計測し、高高度の青いオーロラ発光の発生メカニズムを探る。さらに、青いオーロラ発光の分光計測というこれまで行われなかった新しい手法で、地球大気の宇宙空間への流出過程の解明にも貢献する。
    ・令和3年度は、研究代表者・分担者(塩川・大山)がノルウェー・トロムソ観測点で運用しているファブリ・ペロー干渉計(FPI)で波長427.8nmの青いオーロラ発光を観測できるように、この波長のみを透過するバンドパスフィルターを米国のフィルター製造会社から購入した。
    ・コロナウイルスの拡大のために現地に行ってこのフィルターを設置することができなかったため、以前からFPIに装着している波長732nmの酸素原子イオンの発光を観測するフィルターを使って、酸素原子イオンの干渉フリンジの計測を令和3年度後半の9-12月に実施した。この中で、特に令和3年9月28日、9月30日のデータを詳細に解析し、干渉フリンジがイオンのdoublet構造により2重になっていることを確認するとともに、鉛直方向のイオンの速度を求めた。今後、さらに他の日のデータも解析し、酸素原子イオンの動きの速度の日による違いを決定していく。
    ・電離圏・磁気圏の分子イオンの人工衛星による観測の過去の論文をレビューし、これまでに得られている知見をまとめて、今回の観測の新規性をよりはっきりさせた。
    コロナウイルスの拡大のために、ノルウェー・トロムソの現地に行くことができず、新たに購入した427.8nmのフィルターをFPIに装着して観測を実施することができていない。代わりのフィルターで酸素原子イオンの観測を行っているが、当初目的である窒素分子イオンはまだ観測できていない状況である。
    R4年度には、昨年度に購入した427.8nmを9-12月のどこかでノルウェー・トロムソのFPIに装着し、窒素分子イオンの観測を開始する。また、すでに観測データを得ることができた酸素原子イオンのデータを解析し、日ごとの違いやオーロラとの対応関係を明らかにして、結果を研究会等で発表していく。

  5. 地上多点ネットワークに基づく超高層大気変動の緯度間結合の観測的研究

    研究課題/研究課題番号:21H04518  2021年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    塩川 和夫, 西谷 望, 大山 伸一郎, 横山 竜宏, 大塚 雄一, 藤本 晶子, 野澤 悟徳, 吉川 顕正, 能勢 正仁

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    地球周辺の宇宙空間のプラズマは磁力線に沿って地球の極域に流れ込み、オーロラに代表される極域の超高層大気の擾乱を引き起こし、さらに中緯度から赤道域に広がっていく。本研究では、既存のアジア域の地上観測ネットワークに加えて、北欧からアフリカ赤道域に至る緯度方向に、夜間大気光を撮像する高感度全天カメラによる地上観測ネットワークを新たに構築し、極域から赤道への超高層大気変動の伝搬過程を2つの経度で同時に測定する。これに人工衛星による観測やモデリングを組み合わせ、極域から赤道域への超高層大気・電磁場変動の発生・伝搬メカニズムとその経度・地方時による拡がりや違いを明らかにする。

  6. サブストーム回復相における極域熱圏でのエネルギー収支の解明

    研究課題/研究課題番号:16K05569  2016年10月 - 2019年3月

    科学研究費補助金 

    大山 伸一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    オーロラの急激な増光を伴う、サブストームと呼ばれる一連の活動は、成長相・拡大相・回復相の3つの時間帯で構成されている。本研究が着目する回復相には、輝度が明滅するオーロラや、不規則な水平構造(パッチ)を持ったオーロラが現れる。本研究は、このパッチ状オーロラに着目し、その周辺で発生する、磁気圏、電離圏、熱圏の間でのエネルギー収支を、観測的に研究した。欧州非干渉散乱(EISCAT)レーダー、高感度カメラ・ファブリペロー干渉計(FPI)を組合わせた観測実験を実施し、パッチ状オーロラには数百keVの高エネルギー電子の降込みが含まれ、下部熱圏の風速変動がそれと連動していることが分かった。
    本研究により、数百keVを超える高エネルギー電子がオーロラパッチと一緒に発生し、それと同時に熱圏大気が変動することが分かった。オーロラパッチが出現する時間帯は数時間以上あり、かなり長い時間、熱圏は変動することが分かる。熱圏は低高度衛星が飛翔する高度でもあり、安定した衛星運用を実現するためには、熱圏が変動する時間と場所を知ることは重要である。本研究は、それを知るための指針となる成果と言える。

  7. 地上多点ネットワーク観測による内部磁気圏の粒子・波動の変動メカニズムの研究

    研究課題/研究課題番号:16H06286  2016年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  特別推進研究

    塩川 和夫, 西谷 望, 関 華奈子, 大山 伸一郎, 大塚 雄一, 田中 良昌, 尾崎 光紀, 能勢 正仁, 片岡 龍峰, 三好 由純

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ・本事業で各観測点に設置されたVLFアンテナ、誘導磁力計、高感度全天カメラ、リオメータ、EMCCDカメラや、平成28年12月に打ち上げられたあらせ衛星、本事業で開発されているモデリングなどを通じ、令和元年度には38件の査読付き論文を国際学術誌に出版した。代表的な成果は以下が挙げられる。
    ・ロシアのZhigansk観測点や米国のRBSP衛星における観測、モデル計算を組み合わせて、電磁イオンサイクロトロン波動(EMIC波動)が数百keVという従来考えられているよりも低いエネルギー範囲の放射線帯電子の消失に貢献していることを明らかにした。また、アラスカのGakona観測点のEMCCDカメラで高速撮像された脈動オーロラと、あらせ衛星で観測された磁気圏ELF/VLF波動(コーラス波動)の明滅の1対1対応を見出し、秒以下の時間スケールのオーロラの脈動が、コーラス波動の微細構造によって作られていることを世界で初めて明らかにした。さらにフィンランドのKannuslehto観測点とあらせ衛星で同時観測された磁気圏ELF/VLF波動を詳細に解析し、磁気圏赤道面における地球磁場の曲率が、ここで生成される波動の特性を大きく左右していることを明らかにした。これらの電磁波動の衛星ー地上観測の成果は、人類の宇宙利用の脅威となる放射線帯粒子の生成・消失の機構の解明につながる重要な成果である。
    ・ノルウェーのトロムソ観測点で得られた熱圏風のデータ解析から、オーロラサブストーム開始前後の熱圏風の変動や地磁気静穏時の熱圏風の動態を明らかにした。また、北欧と南極昭和基地の大型レーダーとあらせ衛星の同時観測により、高エネルギー粒子の降込みに伴う中間圏レーダーエコーの発生を見出した。これらの観測は、宇宙空間からの高エネルギープラズマ粒子の流入に対する地球大気の応答を明らかにする上で重要な成果である。
    ・フィンランド、アイスランド、カナダ、ロシア、アラスカ、日本などの既存の観測点の自動定常観測を維持・継続している。残っているカナダのNain観測点もすべての装置及び記録計の設置を終了し、キャンペーンベースで稼働させることができており、得られたデータの解析も進められている。
    ・引き続き、これらの観測で得られるデータをERGサイエンスセンターとIUGONETによるデータベースを利用してデータベース化して公開し、国内・海外との共同研究を促進することができている。
    ・定常観測を継続している日本のERG(あらせ)衛星の軌道に合わせて、令和元年度の秋にもキャンペーン観測を行った。また、米国のVan Allen Probe衛星・THEMIS衛星などの内部磁気圏衛星との同時観測データの解析を進めることもできている。
    ・波動と粒子の相互作用を局所的およびグローバルに評価するモデリングの開発を継続し、これらの観測と比較することで、モデルの改良と粒子加速・消失の定量評価を行いつつある。
    ・これらの地上・衛星観測、モデリングから、数多くの研究成果が得られている。
    ・カナダのNain観測点は、電源が得られない場合は発電機を活用してあらせ上空通過時などに観測を行ってデータを取得していく。
    ・本研究では8か所の観測点・5種類の機器から大量のデータを得ている。これらの観測データはすべて大容量ストレージに保管され、世界的に広く使われているCDFフォーマットに変換されて、ネットワークを介して世界の研究者に公開されている。昨年度に引き続き、新しく得られてくるデータも世界の研究者に公開し、データ利用の促進と成果の創出をはかっていく。
    ・本事業ではホームページ(http://www.isee.nagoya-u.ac.jp/dimr/PWING/)を立ち上げてデータの説明や進捗状況、データへのリンク先などを公開している。このホームページを引き続き運用し、情報発信をはかっていく。さらに、関連研究の国際ワークショップや国際シンポジウムを開催して、成果の創出をはかっていく。
    ・本研究の成果は、科学論文として発表していくだけでなく、さまざまな形で社会へ発信していくことが重要である。このために、出前授業や、大学院生・若手研究者向けの国際スクール、重要な成果のプレスリリースなどを実施していく。

  8. 宇宙地球系結合機構の実証的研究と次世代電磁気圏探査計画の基盤となる戦略的技術開拓

    研究課題/研究課題番号:16H02230  2016年4月 - 2020年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    平原 聖文, 齋藤 義文, 大山 伸一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    地球放射線帯探査科学衛星「ERG(あらせ)」に次ぐ将来の宇宙空間・地球超高層探査衛星計画として、複数衛星による同時多点観測を実現する「FACTORS」計画を推進しつつある。高度約350-3500kmにおいて編隊飛行衛星間距離として1-50kmを維持するために化学推薬・スラスターを用いる従来方式と近地点通過時の地球大気からの空力抵抗を積極的に用いる方式を採用する。今年度は化学推進システムの詳細検討を行い、推薬タンクからスラスターまでの配管・バルブ位置を設計した。また、大量の理学観測データの機上処理のための高速演算・大容量ストレージを特徴とする宇宙計画対応回路システムの検討を実施した。
    地球極域における電磁気圏環境を支配するイオン・中性粒子とプラズマ波動・電磁場・オーロラのエネルギー収支に関わるダイナミクスの知見を深化させる実証的研究を、探査計画推進・主要分析器開発、衛星・地上観測、データ解析・モデリングとの統合を機軸として実施する。特に、宇宙空間物理学・超高層大気物理学分野における次世代探査機計画に関する戦略的技術開拓を理工融合体制により実施し、搭載機器としてのプラズマ・中性粒子分析器とオーロラカメラの開発に必須となる技術基盤開拓を行う。並行して、電磁気圏イオンの波動粒子相互作用による加速機構に関する事象・統計解析を実施し、地球極域での観測データ処理技術を確立する。

  9. 偏光分光イメージング観測によるオーロラ偏光過程の解明

    研究課題/研究課題番号:26302005  2014年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金 

    坂野井 健

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    本研究は、世界で初めてオーロラの発光スペクトルの広視野偏光分布を観測する偏光分光メージャーと機器偏光を定量的に校正可能な光源を開発した。この装置を2015年に北米アラスカに設置し、厳密な校正データ取得とオーロラの連続観測を行った。この結果、630nmオーロラの直線偏光度が1.6±0.9%であることを明かにした。また、偏光度は天頂付近で小さく、低い仰角で大きいことがわかった。このようにオーロラ偏光を天頂から低い仰角まで一度に測定されたのは世界初である。また、この計画では北欧EISCATレーダーと光学観測等でも国際貢献した。本研究を通じて4名の修士、2名の学士がうまれており、高い教育効果があった。

  10. 脈動オーロラが起こす熱圏風速変動の解明

    研究課題/研究課題番号:24540478  2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    大山伸一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. EISCATレーダーを用いたジオスペースに関する国際協同研究

    研究課題/研究課題番号:22403010  2010年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    藤井 良一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  12. EISCATレーダーを主に用いた磁気圏・電離圏・熱圏・中間圏結合の総合的研究

    研究課題/研究課題番号:18403010  2006年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    藤井 良一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  13. 磁気圏-電離圏結合における電離圏の能動的役割の研究

    研究課題/研究課題番号:17340145  2005年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    藤井良一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  14. レーダー観測とシミュレーションによる北極域下部熱圏-中間圏結合の解明

    研究課題/研究課題番号:16340146  2004年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    野澤 悟徳

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  15. 極域中間圏・熱圏における中性風の研究

    1999年4月 - 2001年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    野澤 悟徳

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 8

  1. 先端物理学基礎III

    2021

     詳細を見る

    本授業では、宇宙地球環境システムの研究に係る研究者が、それぞれの専門性を活かしつつ最先端の研究トピックスを紹介するとともに、それらを理解するために必要不可欠な太陽・宇宙プラズマ、地球大気水圏、宇宙線、電磁放射に関する基礎概念を説明することで、宇宙地球環境システムについての包括的な理解を促す。

  2. 物理学実験

    2021

     詳細を見る

    実験・観測を通じて仮説を構築し、その実験的検証を通じて自然を理解することを真髄とする物理実験科学の入門コース。様々な物理量の測定や物理現象の観察を通して、その背景にある法則を追究する方法を体得することを主目的とする。基本的な測定の方法や原理、実験の技術等を習得することも行う。また、実験結果の発表・討論を行うことによりプレゼンテーションの仕方も学ぶ。

  3. 先端物理学基礎III

    2020

     詳細を見る

    本授業では、宇宙地球環境システムの研究に係る研究者が、それぞれの専門性を活かしつつ最先端の研究トピックスを紹介するとともに、それらを理解するために必要不可欠な太陽・宇宙プラズマ、地球大気水圏、宇宙線、電磁放射に関する基礎概念を説明することで、宇宙地球環境システムについての包括的な理解を促す。

  4. 先端物理学基礎III

    2019

     詳細を見る

    本授業では、宇宙地球環境システムの研究に係る研究者が、それぞれの専門性を活かしつつ最先端の研究トピックスを紹介するとともに、それらを理解するために必要不可欠な太陽・宇宙プラズマ、地球大気水圏、宇宙線、電磁放射に関する基礎概念を説明することで、宇宙地球環境システムについての包括的な理解を促す。

  5. 先端物理学基礎III

    2018

     詳細を見る

    本授業では、宇宙地球環境システムの研究に係る研究者が、それぞれの専門性を活かしつつ最先端の研究トピックスを紹介するとともに、それらを理解するために必要不可欠な太陽・宇宙プラズマ、地球大気水圏、宇宙線、電磁放射に関する基礎概念を説明することで、宇宙地球環境システムについての包括的な理解を促す。

  6. 物理学実験

    2017

     詳細を見る

    実験・観測を通じて仮説を構築し、その実験的検証を通じて自然を理解することを真髄とする物理実験科学の入門コース。様々な物理量の測定や物理現象の観察を通して、その背景にある法則を追究する方法を体得することを主目的とする。基本的な測定の方法や原理、実験の技術等を習得することも行う。また、実験結果の発表・討論を行うことによりプレゼンテーションの仕方も学ぶ。

  7. 物理学実験

    2013

     詳細を見る

    実験・観測を通じて仮説を構築し、その実験的検証を通じて自然を理解することを真髄とする物理実験科学の入門コース。様々な物理量の測定や物理現象の観察を通して、その背景にある法則を追究する方法を体得することを主目的とする。基本的な測定の方法や原理、実験の技術等を習得することも行う。また、実験結果の発表・討論を行うことによりプレゼンテーションの仕方も学ぶ。

  8. 物理学実験

    2009

     詳細を見る

    実験・観測を通じて仮説を構築し、その実験的検証を通じて自然を理解することを真髄とする物理実験科学の入門コース。様々な物理量の測定や物理現象の観察を通して、その背景にある法則を追究する方法を体得することを主目的とする。基本的な測定の方法や原理、実験の技術等を習得することも行う。また、実験結果の発表・討論を行うことによりプレゼンテーションの仕方も学ぶ。

▼全件表示