2022/03/03 更新

写真a

イエダ アキマサ
家田 章正
IEDA, Akimasa
所属
宇宙地球環境研究所 基盤研究部門 総合解析研究部 助教
大学院担当
大学院理学研究科
職名
助教
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(理学) ( 1998年3月   京都大学 ) 

研究キーワード 7

  1. 磁気再結合

  2. プラズモイド

  3. 磁気圏

  4. 電離圏

  5. サブストーム

  6. オーロラ爆発

  7. オーロラ

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 太陽地球系電磁気学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 地磁気逆計算法を用いたオーロラ電流系の解明

  2. 衛星観測と地磁気逆計算法によるオーロラ爆発開始条件の解明

経歴 2

  1. 宇宙科学研究所

    2001年4月 - 2003年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 米国航空宇宙局ゴダード宇宙飛行センター

    1998年7月 - 2001年3月

学歴 3

  1. 京都大学   理学研究科   地球惑星科学専攻

    1995年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 京都大学   理学研究科   地球物理学専攻

    1993年4月 - 1995年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 京都大学   理学部

    1989年4月 - 1993年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 2

  1. 地球電磁気・地球惑星圏学会

  2. 米国地球物理学会

受賞 1

  1. 米国 National research council resident research associateship award

    1998年5月   米国 National research council  

 

論文 48

  1. 地球電離圏の電荷交換衝突におけるカーブ軌道効果 査読有り

    Ieda, A.

    Journal of Geophysical Research: Space Physics     2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    電離圏と磁気圏の結合を理解するためには、電離圏電気伝導度を定量的に把握することが必要である。電気伝導度の主体は、イオンと中性粒子の衝突断面積である。この断面積は、2つの成分を持つが両成分の和ではなく、高温では電荷交換成分に、低温では中性粒子の分極による成分に漸近する。両成分が等しくなる遷移温度は、電離圏温度(200-2000 K)付近である。これまで電離圏分野の古典的研究では、遷移温度において、トータルの衝突断面積は、分極成分や電荷交換成分に等しいと近似されてきた。すなわち、両成分は結合しないと仮定されてきた。一方、原子衝突分野の研究では、トータルの断面積は、電離圏の古典的研究よりも1.4倍大きいと近似されている。この電離圏分野と原子衝突分野の違いの根拠は不明瞭であった。

    本研究では、電荷交換衝突と分極衝突の結合を、カーブ粒子軌道効果により表現した。すなわち、粒子軌道が曲がることにより電荷交換衝突断面積が実効的に増大する効果を取り入れた。その結果、遷移温度において、トータルの断面積は、電荷交換成分から22%増大することを見いだした。原子衝突分野では、この結合を物理的意味のない二乗平均により表現したために過大評価している。電離圏分野の古典的研究がこの結合を無視した原因は、カーブ粒子軌道効果と、外部境界付近をかすめる軌道の小さい効果とを、混同したことであると思われる。もうひとつの原因は、結合を表現する理論式がなかったためであると思われる。その様な理論式は本研究で初めて導いたので、今後は電荷交換衝突と分極衝突の結合を無視せずに含めて、イオン-中性衝突断面積を計算すれば良い。

    DOI: 10.1029/2020JA028441

    DOI: 10.1029/2020JA028441

  2. Atomic Oxygen Ion‐Neutral Collision Frequency Models at Ionospheric Temperatures 査読有り

    Ieda, A.

    Journal of Geophysical Research: Space Physics     2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2021JA029612

    DOI: 10.1029/2021JA029612

  3. Ion-Neutral Collision Frequencies for Calculating Ionospheric Conductivity 査読有り

    Ieda A.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS   125 巻 ( 2 )   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2019JA027128

    Web of Science

  4. Simultaneous observation of auroral substorm onset in Polar satellite global images and ground-based all-sky images 査読有り

    Ieda Akimasa, Kauristie Kirsti, Nishimura Yukitoshi, Miyashita Yukinaga, Frey Harald U., Juusola Liisa, Whiter Daniel, Nose Masahito, Fillingim Matthew O., Honary Farideh, Rogers Neil C., Miyoshi Yoshizumi, Miura Tsubasa, Kawashima Takahiro, Machida Shinobu

    EARTH PLANETS AND SPACE   70 巻   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40623-018-0843-3

    Web of Science

  5. Stepwise tailward retreat of magnetic reconnection: THEMIS observations 査読有り

    Ieda, A. , Y. Nishimura, Y. Miyashita, V. Angelopoulos, A. Runov, T. Nagai, H. U. Frey, D. H. Fairfield, J. A. Slavin, H. Vanhämaki, H. Uchino, R. Fujii, Y. Miyoshi, and S. Machida

    J. Geophys. Res. Space Physics   121 巻   頁: 4548-4568   2016年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Auroral stepwise poleward expansions were clarified by investigating a multiple-onset substorm that occurred on 27 February 2009. Five successive auroral brightenings were identified in all-sky images, occurring at approximately 10 min intervals. The first brightening was a faint precursor. The second brightening had a wide longitude; thus, it represented the Akasofu substorm onset. Other brightenings expanded poleward; thus, they were interpreted to be auroral breakups. These breakups occurred stepwise; that is, later breakups were initiated at higher latitudes. Corresponding reconnection signatures were studied using Time History of Events and Macroscale Interactions during Substorms (THEMIS) satellite observations from between 8 and 24 Re down the magnetotail. The Akasofu substorm onset was not accompanied by a clear reconnection signature in the tail. In contrast, the three subsequent auroral breakups occurred simultaneously (within a few min) with three successive fast flows at 24 Re; thus, these were interpreted to be associated with impulsive reconnection episodes. These three fast flows consisted of a tailward flow and two subsequent earthward flows. The flow reversal at the second breakup indicated that a tailward retreat of the near-Earth reconnection site occurred during the substorm expansion phase. In addition, the earthward flow at the third breakup was consistent with the classic tailward retreat near the end of the expansion phase; therefore, the tailward retreat is likely to have occurred in a stepwise manner. We interpreted the stepwise characteristics of the tailward retreat and poleward expansion to be potentially associated by a stepwise magnetic flux pile-up.

    DOI: 10.1002/2015JA022244

  6. Approximate forms of daytime ionospheric conductance 査読有り

    Ieda, A., S. Oyama, H. Vanhamäki, R. Fujii, A. Nakamizo, O. Amm, T. Hori, M. Takeda, G. Ueno, A. Yoshikawa, R. J. Redmon, W. F. Denig, Y. Kamide, and N. Nishitani

    J. Geophys. Res.   119 巻   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The solar zenith angle (SZA) dependence of the conductance is studied and a simple theoretical form for the Hall-to-Pedersen conductance ratio is developed, using the peak plasma production height. The European Incoherent Scatter (EISCAT) radar observations at Tromso (67 MLAT) on 30 March 2012 were used to calculate the conductance. The daytime electric conductance is associated with plasma created by solar extreme ultraviolet radiation incident on the neutral atmosphere of the Earth. However, it has been uncertain whether previous conductance models are consistent with the ideal Chapman theory for such plasma productions. We found that the SZA dependence of the conductance is consistent with the Chapman theory after simple modifications. The Pedersen conductance can be understood by approximating the plasma density height profile as being flat in the topside E region, and by taking into account the upward gradient of atmospheric temperature. An additional consideration is necessary for the Hall conductance, which decreases with increasing SZA more rapidly than the Pedersen conductance. This rapid decrease is presumably caused by a thinning of the Hall conductivity layer from noon towards nighttime. We expressed this thinning in terms of the peak production height in the Chapman theory.

    DOI: 10.1002/2014JA020665

  7. A Statistical Study of Near-Earth Magnetotail Evolution During Pseudosubstorms and Substorms With THEMIS Data

    Fukui Kento, Miyashita Yukinaga, Machida Shinobu, Miyoshi Yoshizumi, Ieda Akimasa, Nishimura Yukitoshi, Angelopoulos Vassilis

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS   125 巻 ( 1 )   2020年1月

  8. Simultaneous observation of auroral substorm onset in Polar satellite global images and ground-based all-sky images (vol 70, 73, 2018)

    Ieda Akimasa, Kauristie Kirsti, Nishimura Yukitoshi, Miyashita Yukinaga, Frey Harald U., Juusola Liisa, Whiter Daniel, Nose Masahito, Fillingim Matthew O., Honary Farideh, Rogers Neil C., Miyoshi Yoshizumi, Miura Tsubasa, Kawashima Takahiro, Machida Shinobu

    EARTH PLANETS AND SPACE   71 巻   2019年7月

  9. Revisiting substorm events with preonset aurora

    Miyashita Yukinaga, Ieda Akimasa

    ANNALES GEOPHYSICAE   36 巻 ( 5 ) 頁: 1419-1438   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/angeo-36-1419-2018

    Web of Science

  10. Theory, modeling, and integrated studies in the Arase (ERG) project

    Seki Kanako, Miyoshi Yoshizumi, Ebihara Yusuke, Katoh Yuto, Amano Takanobu, Saito Shinji, Shoji Masafumi, Nakamizo Aoi, Keika Kunihiro, Hori Tomoaki, Nakano Shin'ya, Watanabe Shigeto, Kamiya Kei, Takahashi Naoko, Omura Yoshiharu, Nose Masahito, Fok Mei-Ching, Tanaka Takashi, Ieda Akimasa, Yoshikawa Akimasa

    EARTH PLANETS AND SPACE   70 巻   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40623-018-0785-9

    Web of Science

  11. Visualization tool for three-dimensional plasma velocity distributions (ISEE_3D) as a plug-in for SPEDAS

    Keika Kunihiro, Miyoshi Yoshizumi, Machida Shinobu, Ieda Akimasa, Seki Kanako, Hori Tomoaki, Miyashita Yukinaga, Shoji Masafumi, Shinohara Iku, Angelopoulos Vassilis, Lewis Jim W., Flores Aaron

    EARTH PLANETS AND SPACE   69 巻   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40623-017-0761-9

    Web of Science

  12. A direct link between chorus emissions and pulsating aurora on timescales from milliseconds to minutes: A case study at subauroral latitudes 査読有り

    Ozaki, M., S. Yagitani, K. Sawai, K. Shiokawa, Y. Miyoshi, R. Kataoka, A. Ieda, Y. Ebihara, M. Connors, I. Schofield

    J. Geophys. Res. Space Physics   120 巻   頁: 9617-9631   2015年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2015JA021381

  13. Statistical visualization of the Earth's magnetotail and the implied mechanism of substorm triggering based on superposed-epoch analysis of THEMIS data 査読有り

    Machida, S., Y. Miyashita, A. Ieda, M. Nosé, V. Angelopoulos, and J. P. McFadden

    Ann. Geophys.   32 巻   頁: 99–111   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/angeo-32-99-2014

  14. Ground-based ELF/VLF chorus observations at subauroral latitudes - VLF-CHAIN Campaign 査読有り

    Shiokawa, K., Y. Yokoyama, A. Ieda, Y. Miyoshi, R. Nomura, S. Lee, N. Sunagawa, Y. Miyashita, M. Ozaki, K. Ishizaka, S. Yagitani, R. Kataoka, F. Tsuchiya, I. Schofield, and M. Connors

    J. Geophys. Res.   119 巻   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2014JA020161

  15. General solution for calculating polarization electric fields in the auroral ionosphere and application examples 査読有り

    Amm, O., R. Fujii, H. Vanhamäki, A. Yoshikawa, and A. Ieda

    J. Geophys. Res.   118 巻   頁: A11217   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1002/jgra.50254

  16. An application of the finite length Cowling channel model to auroral arcs with longitudinal variations 査読有り

    Fujii, R., O. Amm, H. Vanhamäki, A. Yoshikawa, and A. Ieda

    J. Geophys. Res.   117 巻   頁: A11217   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1029/2012JA017953

  17. Observed correlation between pulsating aurora and chorus waves at Syowa Station in Antarctica 査読有り

    Ozaki, M., S. Yagitani, K. Ishizaka, K. Shiokawa, Y. Miyoshi, A. Kadokura, H. Yamagishi, R. Kataoka, A. Ieda, Y. Ebihara, N. Sato, and I. Nagano

    J. Geophys. Res.   117 巻   頁: A08211   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: A08211, doi:10.1029/2011JA017478

  18. Rayleigh-Taylor type instability in auroral patches 査読有り

    Shiokawa, K., A. Nakajima, A. Ieda, K. Sakaguchi, R. Nomura, T. Aslaksen,M. Greffen, and E. Donovan

    J. Geophys. Res.   115 巻   頁: A02211, doi:10.1029/2009JA014273   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. A statistical investigation of the Cowling channel efficiency in the auroral zone 査読有り

    Amm, O., R. Fujii, K. Kauristie, A. Aikio, A. Yoshikawa, A. Ieda, and H. Vanhamäki

    J. Geophys. Res.   116 巻   頁: A02304, doi:10.1029/2010JA015988   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Reformulation and energy flow of the Cowling channel 査読有り

    Fujii, R., O. Amm, A. Yoshikawa, A. Ieda, and H. Vanhamäki

    J. Geophys. Res.   116 巻   頁: A02305, doi:10.1029/2010JA015989   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Pressure changes associated with substorm depolarization in the near-Earth plasma sheet 査読有り

    Y. Miyashita, S. Machida, A. Ieda, D. Nagata, Y. Kamide, M. Nosé, K. Liou, T. Mukai, S. P. Christon, C. T. Russell, I. Shinohara, and Y. Saito

    J. Geophys. Res.   115 巻   頁: A12239, doi:10.1029/2010JA015608   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Optical and particle observations of type B red aurora 査読有り

    Ebihara, Y., T. Sakanoi, K. Asamura, M. Hirahara, and A. Ieda

    Geophys. Res. Lett.   36 巻   頁: L20105, doi:10.1029/2009GL041037   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Geotail observations of plasma sheet ion composition over 16 years: On variations of average plasma ion mass and O+ triggering substorm model 査読有り

    Nose, M., A. Ieda, and S. P. Christon

    J. Geophys. Res.   114 巻   頁: A07223, doi:10.1029/2009JA014203   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Longitudinal development of a substorm brightening arc 査読有り

    Shiokawa, K., A. Ieda, A. Nakajima, K. Sakaguchi, R. Nomura, T. Aslaksen, M. Greffen, E. Spanswick, E. Donovan, S. B. Mende, J. McFadden, K.-H. Glassmeier, V. Angelopoulos, and Y. Miyashita

    Ann. Geophys.   27 巻 ( 5 ) 頁: 1935-1940   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Statistical visualization of the Earth's magnetotail based on Geotail data and the implied substorm model 査読有り

    Machida, S., Y. Miyashita, A. Ieda, M. Nosé, D. Nagata, K. Liou, T. Obara, A. Nishida, Y. Saito, and T. Mukai

    Ann. Geophys.   27 巻   頁: 1035-1046   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. *Longitudinal association between magnetotail reconnection and auroral breakup based on Geotail and Polar observations 査読有り

    Ieda, A., D. H. Fairfield, J. A. Slavin, K. Liou, C.-I. Meng, S. Machida, Y. Miyashita, T. Mukai, Y. Saito, M. Nosé, J.-H. Shue, G. K. Parks, and M. O. Fillingim

    J. Geophys. Res.   113 巻 ( A8 ) 頁: A08207, 10.1029/2008JA013127   2008年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. *Two classes of earthward fast flows in the plasma sheet 査読有り

    J.-H. Shue, A. Ieda, A. T. Y. Lui, G. K. Parks, T. Mukai, and S. Ohtani

    J. Geophys. Res.   113 巻 ( A2 ) 頁: A002205, doi:10.1029/2007JA012456   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Towards understanding the electrodynamics of the 3-dimensional high-latitude ionosphere: present and future, 査読有り

    Amm, O., A. Aruliah, S. C. Buchert, R. Fujii, J.W. Gjerloev, A. Ieda, T. Matsuo, C. Stolle, H. Vanham¨aki, and A. Yoshikawa

    Ann. Geophys.   26 巻   頁: 3913–3932   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Mapping of ionospheric parameters for space weather predictions: A concise review 招待有り 査読有り

    Kamide Y., and A. Ieda

    Sci. China Ser. E-Tech. Sci.   51 巻 ( 10 ) 頁: 1589-1599, doi:10.1007/s11431-008-0254-y   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Simultaneous ground and satellite observations of an isolated proton arc at subauroral latitudes 査読有り

    Sakaguchi, K., K. Shiokawa, A. Ieda, Y. Miyoshi, Y. Otsuka, T. Ogawa, M. Connors, E. F. Dononvan, and F. J. Rich

    J. Geophys. Res   112 巻   頁: A04202, doi:10.1029/2006JA012135   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. ERG - A small-satellite mission to investigate the dynamics of the inner magnetosphere 査読有り

    Shiokawa, K., K. Seki, Y. Miyoshi, A. Ieda, T. Ono, M. Iizima, T. Nagatsuma, T. Obara, T. Takashima, K. Asamura, Y. Kasaba, A. Matsuoka, Y. Saito, H. Saito, M. Hirahara, Y. Tonegawa, F. Toyama, M. Tanaka, M. Nose, Y. Kasahara, K. Yumoto, H. Kawano, A. Yoshikawa, Y. Ebihara, A. Yukimatsu, N. Sato, S. Watanabe, and the Inner Magnetosphere Subgroup in the Society of Geomagnetism and Earth, Planetary and Space Sciences

    Adv. Space Res.   38 巻 ( 8 ) 頁: 1861-1869   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Plasmoids observed in the near-Earth magnetotail at X~-7 Re 査読有り

    J. Geophys. Res   110 巻   頁: A12214, doi:10.1029/2005JA011263   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Solar wind control of the radial distance of the magnetic reconnection site in the magnetotail 査読有り

    Nagai T., M. Fujimoto, R. Nakamura, W. Baumjohann, A. Ieda, I. Shinohara, S. Machida, Y. Saito, and T. Mukai

    J. Geophys. Res   110 巻   頁: A09208, doi:10.1029/2005JA011207   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Geotail observations of signatures in the near-Earth magnetotail for the extremely intense substorms of the 30 October 2003 storm 査読有り

    Miyashita Y., Y. Miyoshi, Y. Matsumoto, A. Ieda, Y. Kamide, M. Nosé, S. Machida, H. Hayakawa, R. W. McEntire, S. P. Christon, D. S. Evans, and O. A. Troshichev

    J. Geophys. Res   110 巻   頁: A09S25, doi:10.1029/2005JA011070   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Magnetotail response to prolonged southward IMF Bz intervals: Loading, unloading, and continuous magnetospheric dissipation 査読有り

    Tanskanen, E. I., J. A Slavin, D. H. Fairfield, D. G Sibeck, J. Gjerloev, T. Mukai, A. Ieda, and T. Nagai

    J. Geophys. Res   110 巻   頁: A03216, doi: 10.1029/2004JA010561   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Real-time modeling of the ionosphere using GEDAS/KRM for space weather

    Ieda, A. and Y. Kamide

    Proceedings of The 7th International School/Symposium for Space Simulations     頁: 259-260   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  37. Difference between earthward and tailward flows in their dependences on geomagnetic and IMF conditions 査読有り

    Ieda, A., T. Mukai, S. Machida, J.-H. Shue, S.-I. Ohtani, T. Nagai, and Y. Saito

    COSPAR Colloquia Series   16 巻   頁: 186-189   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Difference in magnetotail variations between intense and weak substorms 査読有り

    Miyashita Y., Y. Kamide, S. Machida, K. Liou, T. Mukai, Y. Saito, A. Ieda, C.-I. Meng, and G. K. Parks

    J. Geophys. Res   109 巻   頁: doi:10.1029/2004JA010588   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Roles of the magnetic reconnection in the Earth's magnetotail during substorms: Geotail observations 招待有り 査読有り

    Machida, S., A. Ieda, and Y. Miyashita

    Physics of Magnetic Reconnection in High-Temperature Plasmas, edited by M. Ugai, Research Signpost, Kerala, India     頁: 161-191   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  40. *Quiet time magnetotail plasma flow: Coordinated Polar ultraviolet images and Geotail observations 査読有り

    Ieda, A., J.-H. Shue, K. Liou, S.-I. Ohtani, C.-I. Meng, D.H. Fairfield, T. Mukai, Y. Saito, S. Machida, T. Nagai, and G.K. Parks

    J. Geophys. Res.   108 巻   頁: 10.1029/2002JA009739   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Quantitative relationships between rlasma sheet fast flows and nightside auroral power 査読有り

    J.-H. Shue, S. Ohtani, P.T. Newell, K. Liou, C.-I. Meng, A. Ieda, and T. Mukai

    J. Geophys. Res   108 巻   頁: 10.1029/2002JA009794   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Geotail observations of magnetic flux ropes in the plasm a sheet, 査読有り

    Slavin, J.A., R.P. Lepping, J. Gjerloev, D.H. Fairfield, M. H esse, C.J. Owen, M.B. Moldwin, T. Nagai, A. Ieda, and T. Mukai

    J. Geophys. Res   108 巻   頁: 10.1029/2002JA009557   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Simultaneous observations of earthward flow burst and plasmoid ejection during magnetospheric substorms 査読有り

    Slavin, J.A., D.H. Fairfield, R.P. Lepping, M. Hesse, A. Ieda, E. Tanskanen, N. Ostgaard, T. Mukai, T. Nagai, H.J. Singer, and P.R. Sutcliffe

    J. Geophys. Res   107 巻   頁: 10.1029/2000JA003501   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Magnetospheric signature of an ionospheric traveling convection vortex event 査読有り

    Moretto, T., M. Hesse, A. Yahnin, A. Ieda, D. Man, and J.F. Waternann

    J. Geophys. Res   107 巻   頁: 10.1029/2001JA000049   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. *Plasmoid ejection and auroral brightenings 査読有り

    Ieda, A., D.H. Fairfield, T. Mukai, Y. Saito, S. Kokubun, K. Liou, C.-I. Meng, G.K. Parks, and M.J. Brittnacher

    J. Geophys. Res.   106 巻   頁: 3845-3857   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Statistical visualization of Earth's magnetotail during substorms by means of multidimensional superposed epoch analysis with Geotail data 査読有り

    Machida, S., A. Ieda, T. Mukai, Y. Saito, and A. Nishida

    J. Geophys. Res.   105 巻   頁: 25,291-25,303   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. GEOTAIL observations of flow velocity and north-south magnetic field variations in the near and mid-distant tail associated with substorm onsets 査読有り

    Machida, S., Y. Miyashita, A. Ieda, A. Nishida, T. Mukai, Y. Saito, and S. Kokubun,

    Geophys. Res. Lett   26 巻   頁: 635-638   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. *Statistical analysis of the plasmoid evolution with Geotail observations 査読有り

    Ieda, A., S. Machida, T. Mukai, Y. Saito, T. Yamamoto, A. Nishida, T. Terasawa, and S. Kokubun

    J. Geophys. Res.   103 巻   頁: 4453-4465   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 4

  1. 尾部リコネクション領域の移動:THEMIS地上・衛星観測

    家田章正

    磁気圏ダイナミクス研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学, 名古屋   国名:日本国  

  2. オーロラキロメートル放射とオーロラ極方向拡大との関係:Geotail衛星と地上全天観測 国際会議

    家田章正, 宮下幸長, 町田忍, 三浦翼, 川嶋貴大

    , 地球電磁気・地球惑星圏学会(第142回総会・講演会), 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学, 宇治   国名:日本国  

  3. Simultaneous observation of auroral substorm onset in Polar satellite global images and ground-based all-sky images 招待有り 国際会議

    The 13th International Conference on Substorms 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Sheraton Portsmouth Harborside Hotel, Portsmouth, NH, USA   国名:日本国  

  4. Simultaneous observation of auroral substorm onset in Polar satellite global images and ground-based all-sky images 国際会議

    19. Ieda, A., S. Machida, Y. Miyoshi, T. Kawashima, T. Miura, K. Kauristie, Y. Nishimura, Y. Miyashita, G. K. Parks, and M. O. Fillingim

    地球惑星科学連合2017年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ, 幕張   国名:日本国  

科研費 3

  1. 編隊衛星を用いたオーロラ電流系の解明

    研究課題/研究課題番号:16K05568  2016年4月 - 2020年3月

    家田 章正

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    地球の極域電離圏(高度100 km)では、数時間に一度、真夜中付近でオーロラが爆発的に増光する。このオーロラ爆発は、より遠方(高度5-20万km)の磁気圏尾部に流れる電流が、電離圏にショートする現象であると想像される。本研究では地上と衛星からの同時観測を用いてオーロラ爆発を解明した。特に、オーロラ爆発が10分周期で高緯度にジャンプする現象を理解し、また、地上と衛星からでは何故オーロラ爆発が異なって見えるのかを理解した。
    オーロラは宇宙から降下する電子が地球の中性大気を励起することにより発生する。すなわち、オーロラ爆発は恒星大気と惑星大気が激しく相互作用していることを意味しており、オーロラ爆発を理解することは宇宙と地球の境界領域を理解することである。この近宇宙領域は国際宇宙ステーション(高度400 km)や気象衛星軌道(高度4万km)を含み、そこでの電磁気擾乱を理解することは人類の宇宙活動に貢献すると考えられる。

  2. 地磁気逆計算法を用いたオーロラ電流系の解明

    2008年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    家田 章正

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 衛星観測と地磁気逆計算法によるオーロラ爆発開始条件の解明

    2005年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    家田 章正

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者