2021/03/30 更新

写真a

イイダカ テツヤ
飯高 哲也
IIDAKA Tetsuya
所属
脳とこころの研究センター 基盤整備部門 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(医学) ( 1997年11月   筑波大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 神経科学 精神医学 脳画像 fMRI 扁桃体 顔認知

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 精神神経科学  / 脳画像 扁桃体 情動

現在の研究課題とSDGs 9

  1. 情動とストレス脆弱性の脳科学-機能的MRIを用いた扁桃体研究-

  2. 機能的MRIと拡散テンソル画像を用いた脳領域間連結性

  3. 学際的研究による顔認知メカニズムの解明

  4. 安静時脳機能ネットワークによる思春期特性の解明

  5. 自然な映像を用いた感情の神経基盤に関する研究

  6. MRIを用いた気分障害の診断補助法についての実用化研究

  7. 社会脳の神経回路

  8. デフォルトモードネットワークの機能的意義についての研究

  9. 脳内電極脳波を用いたヒト高次脳機能の研究

▼全件表示

経歴 7

  1. 名古屋大学 脳とこころの研究センター   教授

    2018年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学・大学院医学系研究科・リハビリテーション療法学専攻・作業療法学講座   教授

    2016年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学・大学院医学系研究科   准教授

    2005年10月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学・大学院環境学研究科   助教授

    2001年4月 - 2005年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学・情報文化学部   助教授

    2000年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 福井医科大学・高エネルギー医学研究センター   研究員

    1998年8月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. トロント大学・心理学講座   派遣研究員

    1997年2月 - 1998年7月

▼全件表示

学歴 1

  1. 筑波大学   医学専門学群

    1978年4月 - 1984年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 7

  1. Society for Neuroscience

  2. 日本精神神経学会

  3. 日本ヒト脳機能マッピング学会

  4. 日本神経心理学会   評議員

  5. 日本神経科学会

  6. 日本生物学的精神医学会   評議員

  7. Organization for Human Brain Mapping

▼全件表示

 

論文 74

  1. Support vector machine-based classification of schizophrenia patients and healthy controls using structural magnetic resonance imaging from two independent sites. 査読有り

    Yamamoto M, Bagarinao E, Kushima I, Takahashi T, Sasabayashi D, Inada T, Suzuki M, Iidaka T, Ozaki N

    PloS one   15 巻 ( 11 ) 頁: e0239615   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0239615

    PubMed

  2. Cultural influences on neural systems of intergroup emotion perception: An fMRI study 査読有り

    Harada Tokiko, Mano Yoko, Komeda Hidetsugu, Hechtman Lisa A., Pornpattananangkul Narun, Parrish Todd B., Sadato Norihiro, Iidaka Tetsuya, Chiao Joan Y.

    NEUROPSYCHOLOGIA   137 巻   頁: 107254   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuropsychologia.2019.107254

    Web of Science

    PubMed

  3. Thalamocortical Hyperconnectivity and Amygdala-Cortical Hypoconnectivity in Male Patients With Autism Spectrum Disorder 査読有り

    Iidaka T, Kogata T, Mano Y, Komeda H

    Frontiers in Psychiatry     2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.3389/fpsyt.2019.00252

  4. Comparative Analyses of Copy-Number Variation in Autism Spectrum Disorder and Schizophrenia Reveal Etiological Overlap and Biological Insights 査読有り

    Kushima Itaru, Aleksic Branko, Nakatochi Masahiro, Shimamura Teppei, Okada Takashi, Uno Yota, Morikawa Mako, Ishizuka Kanako, Shiino Tomoko, Kimura Hiroki, Arioka Yuko, Yoshimi Akira, Takasaki Yuto, Yu Yanjie, Nakamura Yukako, Yamamoto Maeri, Iidaka Tetsuya, Iritani Shuji, Inada Toshiya, Ogawa Nanayo, Shishido Emiko, Torii Youta, Kawano Naoko, Omura Yutaka, Yoshikawa Toru, Uchiyama Tokio, Yamamoto Toshimichi, Ikeda Masashi, Hashimoto Ryota, Yamamori Hidenaga, Yasuda Yuka, Someya Toshiyuki, Watanabe Yuichiro, Egawa Jun, Nunokawa Ayako, Itokawa Masanari, Arai Makoto, Miyashita Mitsuhiro, Kobori Akiko, Suzuki Michio, Takahashi Tsutomu, Usami Masahide, Kodaira Masaki, Watanabe Kyota, Sasaki Tsukasa, Kuwabara Hitoshi, Tochigi Mamoru, Nishimura Fumichika, Yamasue Hidenori, Eriguchi Yosuke, Benner Seico, Kojima Masaki, Yassin Walid, Munesue Toshio, Yokoyama Shigeru, Kimura Ryo, Funabiki Yasuko, Kosaka Hirotaka, Ishitobi Makoto, Ohmori Tetsuro, Numata Shusuke, Yoshikawa Takeo, Toyota Tomoko, Yamakawa Kazuhiro, Suzuki Toshimitsu, Inoue Yushi, Nakaoka Kentaro, Goto Yu-ichi, Inagaki Masumi, Hashimoto Naoki, Kusumi Ichiro, Son Shuraku, Murai Toshiya, Ikegame Tempei, Okada Naohiro, Kasai Kiyoto, Kunimoto Shohko, Mori Daisuke, Iwata Nakao, Ozaki Norio

    CELL REPORTS   24 巻 ( 11 ) 頁: 2838-2856   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.celrep.2018.08.022

    Web of Science

    PubMed

  5. A review of impaired visual processing and the daily visual world in patients with schizophrenia 査読有り

    Kogata Tomohiro, Iidaka Tetsuya

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   80 巻 ( 3 ) 頁: 317-328   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.80.3.317

    Web of Science

    PubMed

  6. Aberrant functional connectivity between the thalamus and visual cortex is related to attentional impairment in schizophrenia 査読有り

    Yamamoto M, Kushima I, Suzuki R, Branko A, Kawano N, Inada T, Iidaka T, Ozaki N

    Psychiatry Research: Neuroimaging   278 巻   頁: 35-41   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. Regional decrease in gray matter volume is related to body dissatisfaction in anorexia nervosa 査読有り

    Kohmura Kunihiro, Adachi Yasunori, Tanaka Satoshi, Katayama Hiroto, Imaeda Miho, Kawano Naoko, Nishioka Kazuo, Ando Masahiko, Iidaka Tetsuya, Ozaki Norio

    PSYCHIATRY RESEARCH-NEUROIMAGING   267 巻   頁: 51-58   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pscychresns.2017.07.004

    Web of Science

    PubMed

  8. High-resolution copy number variation analysis of schizophrenia in Japan 査読有り

    Kushima I, Aleksic B, Nakatochi M, Shimamura T, Shiino T, Yoshimi A, Kimura H, Takasaki Y, Wang C, Xing J, Ishizuka K, Oya-Ito T, Nakamura Y, Arioka Y, Maeda T, Yamamoto M, Yoshida M, Noma H, Hamada S, Morikawa M, Uno Y, Okada T, Iidaka T, Iritani S, Yamamoto T, Miyashita M, Kobori A, Arai M, Itokawa M, Cheng MC, Chuang YA, Chen CH, Suzuki M, Takahashi T, Hashimoto R, Yamamori H, Yasuda Y, Watanabe Y, Nunokawa A, Someya T, Ikeda M, Toyota T, Yoshikawa T, Numata S, Ohmori T, Kunimoto S, Mori D, Iwata N, Ozaki N.

    Mol Psychiatry   3 巻   頁: 430-440   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/mp.2016.88.

    PubMed

  9. Humor Appreciation Involves Parametric and Synchronized Activity in the Medial Prefrontal Cortex and Hippocampus. 査読有り

    Iidaka T

    Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)     2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/cercor/bhw325

    PubMed

  10. Abnormal asymmetries in subcortical brain volume in schizophrenia 査読有り

    Okada N, Fukunaga M, Yamashita F, Koshiyama D, Yamamori H, Ohi K, Yasuda Y, Fujimoto M, Watanabe Y, Yahata N, Nemoto K, Hibar DP, van Erp TG, Fujino H, Isobe M, Isomura S, Natsubori T, Narita H, Hashimoto N, Miyata J, Koike S, Takahashi T, Yamasue H, Matsuo K, Onitsuka T, Iidaka T, Kawasaki Y, Yoshimura R, Watanabe Y, Suzuki M, Turner JA, Takeda M, Thompson PM, Ozaki N, Kasai K, Hashimoto R.

    Mol Psychiatry   10 巻   頁: 1460-6   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/mp.2015.209.

    PubMed

  11. Resequencing and Association Analysis of Six PSD-95-Related Genes as Possible Susceptibility Genes for Schizophrenia and Autism Spectrum Disorders. 査読有り

    Xing J, Kimura H, Wang C, Ishizuka K, Kushima I, Arioka Y, Yoshimi A, Nakamura Y, Shiino T, Oya-Ito T, Takasaki Y, Uno Y, Okada T, Iidaka T, Aleksic B, Mori D, Ozaki N

    Scientific reports   6 巻   頁: 27491   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep27491

    PubMed

  12. Cultural influences on neural basis of inhibitory control. 査読有り

    Pornpattananangkul N, Hariri AR, Harada T, Mano Y, Komeda H, Parrish TB, Sadato N, Iidaka T, Chiao JY

    NeuroImage   139 巻   頁: 114-126   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroimage.2016.05.061

    PubMed

  13. Association study of BCL9 gene polymorphism rs583583 with schizophrenia and negative symptoms in Japanese population. 査読有り

    Kimura H, Tanaka S, Kushima I, Koide T, Banno M, Kikuchi T, Nakamura Y, Shiino T, Yoshimi A, Oya-Ito T, Xing J, Wang C, Takasaki Y, Aleksic B, Okada T, Ikeda M, Inada T, Iidaka T, Iwata N, Ozaki N

    Scientific reports   5 巻   頁: 15705   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep15705

    PubMed

  14. White matter microstructure between the pre-SMA and the cingulum bundle is related to response conflict in healthy subjects. 査読有り

    Yamamoto M, Kushima I, Kimura H, Hayashi A, Kawano N, Aleksic B, Iidaka T, Ozaki N

    Brain and behavior   5 巻 ( 10 ) 頁: e00375   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/brb3.375

    PubMed

  15. Identification of Rare, Single-Nucleotide Mutations in NDE1 and Their Contributions to Schizophrenia Susceptibility. 査読有り

    Kimura H, Tsuboi D, Wang C, Kushima I, Koide T, Ikeda M, Iwayama Y, Toyota T, Yamamoto N, Kunimoto S, Nakamura Y, Yoshimi A, Banno M, Xing J, Takasaki Y, Yoshida M, Aleksic B, Uno Y, Okada T, Iidaka T, Inada T, Suzuki M, Ujike H, Kunugi H, Kato T, Yoshikawa T, Iwata N, Kaibuchi K, Ozaki N

    Schizophrenia bulletin   41 巻 ( 3 ) 頁: 744-53   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/schbul/sbu147

    PubMed

  16. Resting state functional magnetic resonance imaging and neural network classified autism and control. 査読有り

    Iidaka T

    Cortex; a journal devoted to the study of the nervous system and behavior   63 巻   頁: 55-67   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cortex.2014.08.011

    PubMed

  17. False memory for face in short-term memory and neural activity in human amygdala. 査読有り

    Iidaka T, Harada T, Sadato N

    Brain research   1591 巻   頁: 74-85   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.brainres.2014.10.003

    PubMed

  18. Common variants at 1q36 are associated with superior frontal gyrus volume 査読有り

    Hashimoto R, Ikeda M, Yamashita F, Ohi K, Yamamori H, Yasuda Y, Fujimoto M, Fukunaga M, Nemoto K, Takahashi T, Tochigi M, Onitsuka T, Yamasue H, Matsuo K, Iidaka T, Iwata N, Suzuki M, Takeda M, Kasai K, Ozaki N

    Translational Psychiatry   4 巻   頁: e472   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Novel rare variants in F-box protein 45 (FBXO45) in schizophrenia. 査読有り

    Wang C, Koide T, Kimura H, Kunimoto S, Yoshimi A, Nakamura Y, Kushima I, Banno M, Kawano N, Takasaki Y, Xing J, Noda Y, Mouri A, Aleksic B, Ikeda M, Okada T, Iidaka T, Inada T, Iwata N, Ozaki N

    Schizophrenia research   157 巻 ( 1-3 ) 頁: 149-56   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.schres.2014.04.032

    PubMed

  20. Social insecurity in relation to orbitofrontal activity in patients with eating disorders: a near-infrared spectroscopy study. 査読有り

    Katayama H, Kohmura K, Tanaka S, Imaeda M, Kawano N, Noda Y, Nishioka K, Ando M, Aleksic B, Iidaka T, Ozaki N

    BMC psychiatry   14 巻   頁: 173   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1471-244X-14-173

    PubMed

  21. Default mode network in young male adults with autism spectrum disorder: relationship with autism spectrum traits. 査読有り

    Jung M, Kosaka H, Saito DN, Ishitobi M, Morita T, Inohara K, Asano M, Arai S, Munesue T, Tomoda A, Wada Y, Sadato N, Okazawa H, Iidaka T

    Molecular autism   5 巻   頁: 35   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/2040-2392-5-35

    PubMed

  22. Distant functional connectivity for bimanual finger coordination declines with aging: an fMRI and SEM exploration. 査読有り

    Kiyama S, Kunimi M, Iidaka T, Nakai T

    Frontiers in human neuroscience   8 巻   頁: 251   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnhum.2014.00251

    PubMed

  23. [Congenital prosopagnosia: symptoms, cognition, and neural correlates]. 査読有り

    Iidaka T

    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   66 巻 ( 4 ) 頁: 403-11   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  24. The effects of acute treatment with paroxetine, amitriptyline, and placebo on the equilibrium function in healthy subjects: a double-blind crossover trial. 査読有り

    Miyata S, Noda A, Iwamoto K, Takahashi M, Hara Y, Kojima J, Iidaka T, Ozaki N

    International journal of psychiatry in clinical practice   18 巻 ( 1 ) 頁: 32-6   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3109/13651501.2013.813551

    PubMed

  25. Effects of sedative antidepressants on prefrontal cortex activity during verbal fluency task in healthy subjects: a near-infrared spectroscopy study. 査読有り

    Kohmura K, Iwamoto K, Aleksic B, Sasada K, Kawano N, Katayama H, Noda Y, Noda A, Iidaka T, Ozaki N

    Psychopharmacology   226 巻 ( 1 ) 頁: 75-81   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00213-012-2885-8

    PubMed

  26. Functional connectivity between amygdala and facial regions involved in recognition of facial threat. 査読有り

    Miyahara M, Harada T, Ruffman T, Sadato N, Iidaka T

    Social cognitive and affective neuroscience   8 巻 ( 2 ) 頁: 181-9   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/scan/nsr085

    PubMed

  27. Neuroanatomical substrates involved in true and false memories for face. 査読有り

    Iidaka T, Harada T, Kawaguchi J, Sadato N

    NeuroImage   62 巻 ( 1 ) 頁: 167-76   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroimage.2012.04.044

    PubMed

  28. Effects of mild cognitive impairment on driving performance in older drivers. 査読有り

    Kawano N, Iwamoto K, Ebe K, Suzuki Y, Hasegawa J, Ukai K, Umegaki H, Iidaka T, Ozaki N

    Journal of the American Geriatrics Society   60 巻 ( 7 ) 頁: 1379-81   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1532-5415.2012.04021.x

    PubMed

  29. [The role of the superior temporal sulcus in face recognition and perception]. 査読有り

    Iidaka T

    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   64 巻 ( 7 ) 頁: 737-42   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  30. Slower adaptation to driving simulator and simulator sickness in older adults. 査読有り

    Kawano N, Iwamoto K, Ebe K, Aleksic B, Noda A, Umegaki H, Kuzuya M, Iidaka T, Ozaki N

    Aging clinical and experimental research   24 巻 ( 3 ) 頁: 285-9   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  31. Distinct human face representations in the perirhinal cortex and fusiform gyrus. 査読有り

    Iidaka T, Harada T, Eifuku S, Nakata R, Sadato N

    Brain research   1452 巻   頁: 119-29   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.brainres.2012.02.072

    PubMed

  32. White matter connectivity between superior temporal sulcus and amygdala is associated with autistic trait in healthy humans. 査読有り

    Iidaka T, Miyakoshi M, Harada T, Nakai T

    Neuroscience letters   510 巻 ( 2 ) 頁: 154-8   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neulet.2012.01.029

    PubMed

  33. Wisconsin Card Sorting Test scores and clinical and sociodemographic correlates in Schizophrenia: multiple logistic regression analysis. 査読有り

    Banno M, Koide T, Aleksic B, Okada T, Kikuchi T, Kohmura K, Adachi Y, Kawano N, Iidaka T, Ozaki N

    BMJ open   2 巻 ( 6 )   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/bmjopen-2012-001340

    PubMed

  34. Common variants in MAGI2 gene are associated with increased risk for cognitive impairment in schizophrenic patients. 査読有り

    Koide T, Banno M, Aleksic B, Yamashita S, Kikuchi T, Kohmura K, Adachi Y, Kawano N, Kushima I, Nakamura Y, Okada T, Ikeda M, Ohi K, Yasuda Y, Hashimoto R, Inada T, Ujike H, Iidaka T, Suzuki M, Takeda M, Iwata N, Ozaki N

    PloS one   7 巻 ( 5 ) 頁: e36836   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0036836

    PubMed

  35. Evaluation of factors affecting continuous performance test identical pairs version score of schizophrenic patients in a Japanese clinical sample. 査読有り

    Koide T, Aleksic B, Kikuchi T, Banno M, Kohmura K, Adachi Y, Kawano N, Iidaka T, Ozaki N

    Schizophrenia research and treatment   2012 巻   頁: 970131   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2012/970131

    PubMed

  36. Forming a negative impression of another person correlates with activation in medial prefrontal cortex and amygdala. 査読有り

    Iidaka T, Harada T, Sadato N

    Social cognitive and affective neuroscience   6 巻 ( 4 ) 頁: 516-25   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/scan/nsq072

    PubMed

  37. [Relationship of psychopathological symptoms and cognitive function to subjective quality of life in patients with chronic schizophrenia]. 査読有り

    Tomita K, Takahashi N, Saito S, Maeno N, Iwamoto K, Yoshida K, Kimura H, Iidaka T, Ozaki N

    Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica   113 巻 ( 2 ) 頁: 135-43   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  38. Transient neural activation in human amygdala involved in aversive conditioning of face and voice. 査読有り

    Iidaka T, Saito DN, Komeda H, Mano Y, Kanayama N, Osumi T, Ozaki N, Sadato N

    Journal of cognitive neuroscience   22 巻 ( 9 ) 頁: 2074-85   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1162/jocn.2009.21347

    PubMed

  39. White matter microstructure of the cingulum and cerebellar peduncle is related to sustained attention and working memory: a diffusion tensor imaging study. 査読有り

    Takahashi M, Iwamoto K, Fukatsu H, Naganawa S, Iidaka T, Ozaki N

    Neuroscience letters   477 巻 ( 2 ) 頁: 72-6   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neulet.2010.04.031

    PubMed

  40. Theory and methods in cultural neuroscience. 査読有り

    Chiao JY, Hariri AR, Harada T, Mano Y, Sadato N, Parrish TB, Iidaka T

    Social cognitive and affective neuroscience   5 巻 ( 2-3 ) 頁: 356-61   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/scan/nsq063

    PubMed

  41. EEG evidence of face-specific visual self-representation. 査読有り

    Miyakoshi M, Kanayama N, Iidaka T, Ohira H

    NeuroImage   50 巻 ( 4 ) 頁: 1666-75   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroimage.2010.01.030

    PubMed

  42. The effects of acute treatment with tandospirone, diazepam, and placebo on driving performance and cognitive function in healthy volunteers. 査読有り

    Takahashi M, Iwamoto K, Kawamura Y, Nakamura Y, Ishihara R, Uchiyama Y, Ebe K, Noda A, Noda Y, Yoshida K, Iidaka T, Ozaki N

    Human psychopharmacology   25 巻 ( 3 ) 頁: 260-7   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hup.1105

    PubMed

  43. Relationship of psychopathological symptoms and cognitive function to subjective quality of life in patients with chronic schizophrenia. 査読有り

    Tomida K, Takahashi N, Saito S, Maeno N, Iwamoto K, Yoshida K, Kimura H, Iidaka T, Ozaki N

    Psychiatry and clinical neurosciences   64 巻 ( 1 ) 頁: 62-9   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1440-1819.2009.02033.x

    PubMed

  44. Insufficient sleep impairs driving performance and cognitive function. 査読有り

    Miyata S, Noda A, Ozaki N, Hara Y, Minoshima M, Iwamoto K, Takahashi M, Iidaka T, Koike Y

    Neuroscience letters   469 巻 ( 2 ) 頁: 229-33   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neulet.2009.12.001

    PubMed

  45. Dynamic cultural influences on neural representations of the self. 査読有り

    Chiao JY, Harada T, Komeda H, Li Z, Mano Y, Saito D, Parrish TB, Sadato N, Iidaka T

    Journal of cognitive neuroscience   22 巻 ( 1 ) 頁: 1-11   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1162/jocn.2009.21192

    PubMed

  46. Neural correlates of memory in depression measured by brain perfusion SPECT at rest. 査読有り

    Azuma H, Segawa K, Nakaaki S, Murata Y, Kawakami K, Tohyama J, Iidaka T, Shinagawa Y, Nakano Y, Yamada A, Watanabe N, Hongo J, Akechi T, Furukawa TA

    Psychiatry and clinical neurosciences   63 巻 ( 5 ) 頁: 685-92   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1440-1819.2009.02013.x

    PubMed

  47. Neural basis of individualistic and collectivistic views of self. 査読有り

    Chiao JY, Harada T, Komeda H, Li Z, Mano Y, Saito D, Parrish TB, Sadato N, Iidaka T

    Human brain mapping   30 巻 ( 9 ) 頁: 2813-20   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hbm.20707

    PubMed

  48. Changes after behavior therapy among responsive and nonresponsive patients with obsessive-compulsive disorder. 査読有り

    Yamanishi T, Nakaaki S, Omori IM, Hashimoto N, Shinagawa Y, Hongo J, Horikoshi M, Tohyama J, Akechi T, Soma T, Iidaka T, Furukawa TA

    Psychiatry research   172 巻 ( 3 ) 頁: 242-50   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pscychresns.2008.07.004

    PubMed

  49. Cultural specificity in amygdala response to fear faces. 査読有り

    Chiao JY, Iidaka T, Gordon HL, Nogawa J, Bar M, Aminoff E, Sadato N, Ambady N

    Journal of cognitive neuroscience   20 巻 ( 12 ) 頁: 2167-74   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1162/jocn.2008.20151

    PubMed

  50. Gamma band synchronization and the formation of representations in visual word processing: evidence from repetition and homophone priming. 査読有り

    Matsumoto A, Iidaka T

    Journal of cognitive neuroscience   20 巻 ( 11 ) 頁: 2088-96   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1162/jocn.2008.20136

    PubMed

  51. [Relationship between the amygdala activity and emotion/stress responses as revealed by fMRI and genetic analysis]. 査読有り

    Iidaka T

    Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology   28 巻 ( 5-6 ) 頁: 185-8   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  52. Plasma amitriptyline level after acute administration, and driving performance in healthy volunteers. 査読有り

    Iwamoto K, Kawamura Y, Takahashi M, Uchiyama Y, Ebe K, Yoshida K, Iidaka T, Noda Y, Ozaki N

    Psychiatry and clinical neurosciences   62 巻 ( 5 ) 頁: 610-6   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1440-1819.2008.01838.x

    PubMed

  53. ERP study of viewpoint-independence in familiar-face recognition. 査読有り

    Miyakoshi M, Kanayama N, Nomura M, Iidaka T, Ohira H

    International journal of psychophysiology : official journal of the International Organization of Psychophysiology   69 巻 ( 2 ) 頁: 119-26   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijpsycho.2008.03.009

    PubMed

  54. The effects of acute treatment with paroxetine, amitriptyline, and placebo on driving performance and cognitive function in healthy Japanese subjects: a double-blind crossover trial. 査読有り

    Iwamoto K, Takahashi M, Nakamura Y, Kawamura Y, Ishihara R, Uchiyama Y, Ebe K, Noda A, Noda Y, Yoshida K, Iidaka T, Ozaki N

    Human psychopharmacology   23 巻 ( 5 ) 頁: 399-407   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hup.939

    PubMed

  55. An association study of tachykinin receptor 3 gene with schizophrenia in the Japanese population. 査読有り

    Saito S, Takahashi N, Maeno N, Ito Y, Aleksic B, Usui H, Iidaka T, Inada T, Ozaki N

    Neuroreport   19 巻 ( 4 ) 頁: 471-3   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/WNR.0b013e3282f600b4

    PubMed

  56. Imaging brain and immune association accompanying cognitive appraisal of an acute stressor. 査読有り

    Ohira H, Isowa T, Nomura M, Ichikawa N, Kimura K, Miyakoshi M, Iidaka T, Fukuyama S, Nakajima T, Yamada J

    NeuroImage   39 巻 ( 1 ) 頁: 500-14   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroimage.2007.08.017

    PubMed

  57. SPECT-identified neuroanatomical predictor of the cognitive effects of donepezil treatment in patients with Alzheimer's disease. 査読有り

    Hongo J, Nakaaki S, Shinagawa Y, Murata Y, Sato J, Tatsumi H, Tohyama J, Soma T, Iidaka T, Fukui T, Mimura M, Furukawa TA

    Dementia and geriatric cognitive disorders   26 巻 ( 6 ) 頁: 556-66   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000181148

    PubMed

  58. Association study between the transferrin gene and schizophrenia in the Japanese population. 査読有り

    Maeno N, Takahashi N, Saito S, Ji X, Branko A, Ishihara R, Yoshida K, Inada T, Iidaka T, Ozaki N

    Neuroreport   18 巻 ( 5 ) 頁: 517-20   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/WNR.0b013e3280586890

    PubMed

  59. Volume of left amygdala subregion predicted temperamental trait of harm avoidance in female young subjects. A voxel-based morphometry study. 査読有り

    Iidaka T, Matsumoto A, Ozaki N, Suzuki T, Iwata N, Yamamoto Y, Okada T, Sadato N

    Brain research   1125 巻 ( 1 ) 頁: 85-93   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.brainres.2006.09.015

    PubMed

  60. Gamma band activity and its synchronization reflect the dysfunctional emotional processing in alexithymic persons. 査読有り

    Matsumoto A, Ichikawa Y, Kanayama N, Ohira H, Iidaka T

    Psychophysiology   43 巻 ( 6 ) 頁: 533-40   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1469-8986.2006.00461.x

    PubMed

  61. Regional cerebral blood flow changes in depression after electroconvulsive therapy. 査読有り

    Segawa K, Azuma H, Sato K, Yasuda T, Arahata K, Otsuki K, Tohyama J, Soma T, Iidaka T, Nakaaki S, Furukawa TA

    Psychiatry research   147 巻 ( 2-3 ) 頁: 135-43   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pscychresns.2004.08.006

    PubMed

  62. Frontoparietal network involved in successful retrieval from episodic memory. Spatial and temporal analyses using fMRI and ERP. 査読有り

    Iidaka T, Matsumoto A, Nogawa J, Yamamoto Y, Sadato N

    Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)   16 巻 ( 9 ) 頁: 1349-60   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/cercor/bhl040

    PubMed

  63. High-dose of multiple antipsychotics and cognitive function in schizophrenia: the effect of dose-reduction. 査読有り

    Kawai N, Yamakawa Y, Baba A, Nemoto K, Tachikawa H, Hori T, Asada T, Iidaka T

    Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry   30 巻 ( 6 ) 頁: 1009-14   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pnpbp.2006.03.013

    PubMed

  64. Hemodynamic and electrophysiological relationship involved in human face processing: evidence from a combined fMRI-ERP study. 査読有り

    Iidaka T, Matsumoto A, Haneda K, Okada T, Sadato N

    Brain and cognition   60 巻 ( 2 ) 頁: 176-86   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bandc.2005.11.004

    PubMed

  65. Association of neural and physiological responses during voluntary emotion suppression. 査読有り

    Ohira H, Nomura M, Ichikawa N, Isowa T, Iidaka T, Sato A, Fukuyama S, Nakajima T, Yamada J

    NeuroImage   29 巻 ( 3 ) 頁: 721-33   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroimage.2005.08.047

    PubMed

  66. A variant C178T in the regulatory region of the serotonin receptor gene HTR3A modulates neural activation in the human amygdala. 査読有り

    Iidaka T, Ozaki N, Matsumoto A, Nogawa J, Kinoshita Y, Suzuki T, Iwata N, Yamamoto Y, Okada T, Sadato N

    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   25 巻 ( 27 ) 頁: 6460-6   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.5261-04.2005

    PubMed

  67. Linking semantic priming effect in functional MRI and event-related potentials. 査読有り

    Matsumoto A, Iidaka T, Haneda K, Okada T, Sadato N

    NeuroImage   24 巻 ( 3 ) 頁: 624-34   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroimage.2004.09.008

    PubMed

  68. Dissociation of conscious and unconscious repetition priming effect on event-related potentials. 査読有り

    Matsumoto A, Iidaka T, Nomura M, Ohira H

    Neuropsychologia   43 巻 ( 8 ) 頁: 1168-76   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuropsychologia.2004.11.020

    PubMed

  69. Spatial frequency of visual image modulates neural responses in the temporo-occipital lobe. An investigation with event-related fMRI. 査読有り

    Iidaka T, Yamashita K, Kashikura K, Yonekura Y

    Brain research. Cognitive brain research   18 巻 ( 2 ) 頁: 196-204   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  70. Functional association of the amygdala and ventral prefrontal cortex during cognitive evaluation of facial expressions primed by masked angry faces: an event-related fMRI study. 査読有り

    Nomura M, Ohira H, Haneda K, Iidaka T, Sadato N, Okada T, Yonekura Y

    NeuroImage   21 巻 ( 1 ) 頁: 352-63   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  71. Frontal lobe networks for effective processing of ambiguously expressed emotions in humans. 査読有り

    Nomura M, Iidaka T, Kakehi K, Tsukiura T, Hasegawa T, Maeda Y, Matsue Y

    Neuroscience letters   348 巻 ( 2 ) 頁: 113-6   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  72. Interaction of prime and target in the subliminal affective priming effect. 査読有り

    Haneda K, Nomura M, Iidaka T, Ohira H

    Perceptual and motor skills   96 巻 ( 2 ) 頁: 695-702   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2466/pms.2003.96.2.695

    PubMed

  73. Dissociable neural responses in the hippocampus to the retrieval of facial identity and emotion: an event-related fMRI study. 査読有り

    Iidaka T, Terashima S, Yamashita K, Okada T, Sadato N, Yonekura Y

    Hippocampus   13 巻 ( 4 ) 頁: 429-36   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hipo.10059

    PubMed

  74. Age-related differences in the medial temporal lobe responses to emotional faces as revealed by fMRI. 査読有り

    Iidaka T, Okada T, Murata T, Omori M, Kosaka H, Sadato N, Yonekura Y

    Hippocampus   12 巻 ( 3 ) 頁: 352-62   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hipo.1113

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物 8

  1. 入門こころの医学: 臨床精神科医への質問(理工選書)

    飯高哲也( 担当: 単著)

    理工図書  2020年8月  ( ISBN:4844609009

     詳細を見る

    総ページ数:274   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  2. メディカルスタッフ専門基礎科目シリーズ 精神医学

    飯高哲也他( 担当: 編集)

    理工図書  2018年  ( ISBN:4844608770

  3. Cultural values modulate emotional processing in amygdala. The Oxford Handbook of Cultural Neuroscience

    Iidaka T, Harada T( 担当: 共著)

    Oxford University Press  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  4. 顔を科学する:適応と障害の脳科学, 第9章 「顔は脳のどこで処理されているのか?」

    飯高哲也( 担当: 単著)

    東京大学出版会  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. 脳画像で見る精神疾患 「それぞれの画像検査法と臨床応用:fMRI(BOLD)」

    飯高哲也( 担当: 単著)

    新興医学出版  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. 社会脳科学の展望 脳から社会を見る 社会脳シリーズ1, 「顔認知の発達と情動・社会性」

    飯高哲也( 担当: 単著)

    新曜社  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. 脳とソシアル:ノンバーバルコミュニケーションと脳―自己と他者をつなぐもの 「ストレス、遺伝子、そして扁桃体」

    編集 岩田誠/川村満( 担当: 共著)

    医学書院  2010年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. 精神疾患の脳画像解析・診断学」Ⅱ 脳画像検査から病態を探る B. 機能的変化が表すもの

    飯高哲也 編集 平安良雄, 笠井清澄( 担当: 共著)

    南山堂  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 15

  1. 脳とこころ:ここまで見えるようになった精神神経疾患 招待有り

    飯高哲也

    第30回日本医学会総会2019中部 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月28日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  2. 人間が創った機械は人間のこころを理解できるか? 招待有り

    飯高哲也

    平成30年度名古屋大学公開講座「人間と機械-道具を生み出す動物、人間の行くすえは? 」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月18日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋大学ESホール   国名:日本国  

  3. サイエンスから見た心の問題・心の発達, こころを画像化する「自然な映像を用いた感情の神経基に関する研究」 招待有り 国際会議

    飯高哲也

    第29回日本医学会総会  2015年4月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月12日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:京都市  

  4. Resting state functional magnetic resonance imaging and neural network classified autism and control 招待有り

    Iidaka, T

    International Workshop on Molecular Functional Imaging for Brain and Gynecological Oncology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月3日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Fukui, Japan   国名:日本国  

  5. 最先端の医療研究 社会の中の心と脳 招待有り

    飯高哲也

    NHK大河講座・人の大学 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月12日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:NHK文化センター名古屋教室   国名:日本国  

  6. Cultural values modulate emotional processing in the amygdala 国際会議

    Tetsuya Iidaka

    International Cultural Neuroscience Consortium Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  7. Face Perception and Recognition ". Distinct neural correlates of empathy for happy and sad emotions - 3T fMRI study - 国際会議

    Tetsuya Iidaka

    43rd NIPS International Symposium. "Face Perception and Recognition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月1日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  8. 社会脳における扁桃体の役割

    飯高哲也

    第182回北陸精神神経学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福井市   国名:日本国  

  9. 社会脳における扁桃体の役割

    飯高哲也

    社会行動と脳-イメージングと分子- 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  10. 情動の機能を脳画像で探る

    札幌医科大学教育研究高度化プロジェクト・シンポジウム「脳機能検索法の未来」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  11. 情動と脳機能―扁桃体を中心として―

    第59回日本アレルギー学会秋季学術大会特別企画シンポジウム生活環境習慣病としてのアレルギーを検証する 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  12. Neuroimaging study of the human amygdala-From social, affective, and cultural perspectives-

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月6日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  13. 社会性の脳内機構と文化差

    国際シンポジウム ことば・社会・文化を生みだす脳のしくみと教育 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  14. 情動とストレス脆弱性を脳画像で探る―扁桃体の機能を中心として―

    第45回脳の医学・生物学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  15. 感情とストレスを脳画像で探る―扁桃体の機能を中心として―

    第3回精神疾患とニューロイメージング講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

▼全件表示

その他研究活動 1

  1. 社会感情神経科学研究会主催

    2008年12月

科研費 10

  1. 脳内電極脳波による顔・身体学と情動・社会性の研究

    研究課題/研究課題番号:20H04576  2020年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  公募研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 )

  2. デフォルト・モード・ネットワークの機能的意義にかんする研究

    研究課題/研究課題番号:18K07347  2018年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    直接経費:3400000円 )

  3. 脳機能ネットワーク解析による思春期特性の研究

    2017年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    直接経費:5000000円 )

  4. 相互主体性の解析に基づく社会行動の神経基盤と発達過程の解明

    2015年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  5. MRIを用いた気分障害の診断補助法についての実用化研究

    2013年10月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  厚生労働科学研究費補助金

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  6. 自然な映像を用いた感情の神経基盤に関する研究

    2013年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    直接経費:3700000円 )

  7. 向社会行動の神経基盤と発達過程の解明

    2009年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(S)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  8. 学際的研究による顔認知メカニズムの解明

    2008年11月 - 2013年03月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    直接経費:37300000円 )

  9. 機能的MRIと拡散テンソル画像を用いた脳領域間連結性についての研究

    2009年04月 - 2012年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    飯高 哲也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    直接経費:3700000円 )

  10. 情動と社会性の脳内機構と、その人種・文化差に関する研究

    2008年04月 - 2008年10月

    科学研究費補助金  特定領域研究

    飯高 哲也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    直接経費:2700000円 )

▼全件表示

 

メディア報道 4

  1. 「先天性相貌失認」のインタビュー記事 新聞・雑誌

    朝日学生新聞  2020年11月28日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  2. NHKスペシャル取材協力 「家族が非常事態!? 第1集わが子がキレる本当のワケ」2017年6月10日放映 テレビ・ラジオ番組

    2017年6月10日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  3. フジテレビ取材 アンビリーバボー 顔認知メカニズム 2008年4月24日放映 テレビ・ラジオ番組

    2008年4月24日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  4. 朝日新聞取材 心をのぞく 「性格の遺伝 要因複雑」 2008年4月10日版 新聞・雑誌

    2008年4月10日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外